「なのは」を含む日記 RSS

はてなキーワード: なのはとは

2017-06-30

過激なやり方も仕方ない」って言ってるやつって

実際は

過激なやり方も仕方ない」(俺の我慢できる範囲で)

なんだよな

 

で、本来必要なのは

①「過激なやり方も仕方ない」②(俺の我慢できる範囲で)③[しかしだから俺も負担許容範囲を広げなきゃいけない]

ということなんだろうけど

 

はてな民は②を隠し③については考えず何の負担もない立場から①だけを声高に主張してるっていう

 

問題本質障害ではなくて匿名ネットの方にある

もし自分障害を負ったら、とか、障害者がどのような気持ちになっているか、とかそんな想像力共感力もなく、ただ差別したいという感情だけで、道理の通らない、法にすら反している飛行機の搭乗拒否といった事態擁護しようとする。

遺伝子が悪いのか育った環境が悪いのか教育が悪いのか、多分全部なんだけど、そうやって人間の腐ったゴミのような存在になった自分に悪びれもせず、他に同じような差別主義者の同類を見つけて匿名醜悪意見を書き込んでは喜んでいる。こういうゴミをのさばらせる匿名ネットというものをなんとかしない限り、いずれ人類はこのゴミもの影響力に屈してしまうよ。トランプ大統領になるわイギリスEUから離脱するわで、理性的判断より差別感情が勝るゴミの方が多数派なのは十分わかったでしょう。

こんな奴らに言論の自由を与えても弱者人権侵害し続けゴミ政党投票して世界に悪影響をばら撒くだけなんだから、少なくとも匿名から逃げられるようにしちゃダメだよ。ライン越えた書き込みはちゃんと本人と紐付けして晒し、度を超えていれば名誉毀損といった罪に問うていかないと。

2017-06-29

大器晩成意味

増田で『老子』もしくは『魏書』を引いている投稿があったので、久しぶりに『老子』の原文に触れた。

大器晩成」っていつも疑問で、漢代以降の「大人物(あるいは大事業)は時間をかけて完成するのだ」的な解釈でもいいんだけどさ。

最近、古い文字資料が出てきて「大器免成」と書かれてて、「大器」は成立することを免れる、だから成立しないのだ、なんて逆の解釈することもある。

この新解釈は耳目を引きがちだが、それゆえに、取ってつけたような印象を受ける。

老子の原文、「大器晩成」がある辺りはおんなじような文構成になっている。

明道若昧。進道若退。夷道若纇。上徳若谷。大白若辱。廣徳若不足。建徳若偸。質眞若渝。大方無隅。大器晩成。大音希聲。大象無形


明るい道は暗きがごとし。

道を進んでいるようで退いている。

高い徳は谷のように深く。

大いに白いものは辱(よご)れているように見え、

広い徳は、足りていないように見え、

剛健な徳は、愉しんでいるように(怠けているように)見え

質実は渝(うつろからっぽ)のように見える。

大きな四角には隅がない。

大きな器は晩成する。

大きな音は、その音が聴こえない。

大きなカタチは姿が見えない。

この辺りの文章は、ものすごく良いモノや大きいモノは、それゆえに逆のようにも見える(あるいはそのように見えない)、という文脈だ。

特に大器晩成のあるところは、

A大きすぎる四角は、それゆえに四角く見えず隅がない。

B大きすぎる音はそれゆえに聴こえない。

C大きすぎる物はそれゆえに見ることができない。

という流れ。

これを踏まえると、「大きすぎる器は、それゆえに完成しているように見えない」とするのが妥当なのではないだろうか。

から「晩成」でも「免成」でも良いような気がするんだ。

出来あがるのにめちゃくちゃ時間がかかる⇔いつまでたっても完成しない って、意味が通ずるよね。

ここでむしろ重要なのは、出来あがるのに時間がかかるorいつまで経っても出来ない……ように見える! じつは大器! ってところなんじゃないだろうか。

大きな器は、大き過ぎるあまり、出来あがっていないように見えるのだ。そう考えるのが文脈的ではないだろうか。

これを踏まえて現代的に譬えると「器のでかいやつは、器がでかすぎるあまり凡人にはなにやっているか伝わりにくい。あるいは、アホみたいな振る舞いに見える」とでもなるだろうか。

「晩成」か「免成」か、の議論だと大きな器が成立するかしないか、すなわち大人物は成功するかしないか議論が向きがちだ。

しかし原文の文脈に照らすと、大器は一見すると器として成っていないように見える。

(徳のある、あるいは「道」に沿う)大人物は一見してそのように見えない、とも読み得るのではないかというのが本増田のいいたいところだ。

LCCなんだから障害者への対応が未熟なのは仕方が無い←これ

この理論そもそもの良し悪しはとりあえず置いといて

本当にLCC全般問題なのか?LCCの中でもバニラエアけが法令違反してたんじゃないのか?という疑問

ジェットスター春秋航空はどうなんだろう?

https://anond.hatelabo.jp/20170629223329

からこそ、“守れなかった過去”が悔しくて、悔しくて

何よりも屈辱なのは、それを許してしまった自分自身

環境相手や状況より、何より、膝を着いてしまった自分自身に最も腹が立つ

人を傷付ける最も効率の良い方法は、例え形だけでも自ら尊厳自由を手放させるように仕向けることである

バニラエア

今回の件でむしろ応援したくなった。

単なる判官贔屓なのはわかってるけど、がんばってほしい。

もう灰羽同盟なのはやる前から売れないって分かるからやらねえんだろうな

から俺はもうアニメはいらないとそう思ったんだ

猫はかわいい

子どもの頃は言う事聞いて懐く犬が好きだったんだよ

 

でも実際飼い始めて亡くなるまでに印象が変わった

猫はちゃんと懐く

ただそれが人間本位ではなく猫本意だから分かりづらいだけ

気分屋なのはそうだけどベタベタしてくると思えば知らんぷりしたりする

そういうコロコロと違う反応を見せてくれるのが楽しかった

寝入ったところで顔を舐めてきて布団には入ってくるくせに

先に入れようとすると逃げるとか

そんなところが好きになった

 

まあ…

何考えてるのかちょっとよくわからない時もあった

何して欲しいのかも分からないことがあった

でもその選択が間違ってたとしても俺はそれでよかったと思ってる

色々ひっくるめて俺と猫の出会い総てを俺は肯定してる

 

熱中してゲームしてるときにお前が膝に乗ってこないだけで

随分と貼りあいの無いものになってしまった

 

もしあの世があって再びであったらその時にでもこんこんと怨みを言ってくれたらいいし

俺がいない間何してたのか話を聞かせてもらうとしよう

バニラエア問題事前連絡しようという意見が多いですが

いずみ鉄道社長ブログさんの素晴らしいと絶賛されていた記事

http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2918

結論車椅子人間事前連絡しましょうということでした

私はこれはおかしいと思います

なぜなら事前連絡コストしかいからです

つまるところ車椅子人間は健常者がスムーズ社会生活を送るために無用コストを払えと言ってるだけに思えます

事前連絡くらいは当たり前」「事前連絡くらい大したコストにもならない」と言う人もいるかと思います

そういう方はもし

「弊社では車椅子をご利用のお客様には特別対応必要としており、ご搭乗可能な人数に限りがございます

つきましては人数の把握のため全ての健常者の方は予約の際、健常者であることを事前連絡して下さい」

というコロンブスの卵的な解決方法を導入されたとしても文句を言わず

事前連絡くらい大したコストではないからもちろんOKだよと言えるのでしょうか

現在多くの人にとって事前連絡不要なのは健常者という多数派に属し、その特権無意識享受しているからに過ぎません

この問題に対して「みんながみんな少しずつ配慮を出来る社会になれば良いね」と言っている人を多く見かけます

具体的な内容を見てみると、配慮しているのは障害者のみで

結局のところ「弱者迷惑をかける存在なのだから健常者のために常に配慮するべきだ」と言っているだけに思えます

みんながみんなに配慮する社会というなら

そして、航空会社ハード面の限界として車椅子人間が搭乗出来る枠に限りがあるなら

障害の有無に関わらず全員が事前連絡をすれば良い話です

もしこれに対して「なんで車椅子人間のために健常者の私がわざわざ事前連絡しないといけないんだ」と思うのであれば

それはそのまま障害者だけに事前連絡を課することへの裏返しだと思います

まり、この問題に対する解決策はニつ

健常者か否かに関わらず全員から障害の有無を聞く

もしくは全員から障害の有無を聞かない

どちらかだと思います

障害者だけに事前連絡を課するのは真にバリアフリー社会とは思えません

はてなブログ複数写真を横並びにさせる方法が分からない。

ググる先駆者がいらっしゃり様々な方法を伝授してくれる。

ただ、問題なのは僕にそんな難しい方法指南されても困る。

1度出来ても2度3度続けるには相当面倒臭い

いっそはてな運営側実装してくれればと思う。

まりボタンを押せばすぐに横並び(4枚ずつとか)出来る様になれば、画像サイトを見る人なら見やすくなって良いと思うし

そういうサイトを目指す人にはやりやすくなると思うのですよ。

なのでお願いします。横並び機能実装、またはもっと簡単に行える方法教えて下され。

https://anond.hatelabo.jp/20170628085442

う~ん、まず世界各国の中央銀行意思統一されているのは、プラスインフレ率が経済にとって重要だということ。

から白川日銀までの日本例外として、先進国では上限と下限を明示したインフレターゲット採用されている。

まあ実は白川日銀福井日銀プラスインフレ率が好ましい政策目標としていたし、アリバイ程度に金融緩和はしてたんだけどね。

で、経済にとってプラスインフレ率が重要なのは景気循環にとって欠かすべからざる要素だから

ある経済には自然利子率というもの存在して、おおむね長期国債金利を想定する市場利子率が

これを下回った時に、労働資本設備といった経済生産能力所得の源がフル稼働する。

でも我々が通常目にする国債金利預金金利、ローン金利ゼロを下回るのが非常に難しい(人に貸すより

現金保有している方が得だから)ので、自然利子率がゼロに近いorマイナスになった時には大変困ったことになる。

からその打開策としてインフレ率をプラスに引き上げて、実質的な(この”実質”は実質賃金の”実質”と同じ)

市場利子率をマイナスに引き下げることが、経済のフル稼働を実現するのに必要なわけ。

具体的な流れとしては、まず国債の追加発行を伴う拡張型の財政政策と合わせた金融緩和政策を進め、

インフレ率がプラスになり次第、金融を緩和したまま徐々に緊縮型の財政政策へ移行する。

インフレ率が上昇すれば、金利ゼロに据え置いたままでも実質市場利子率はどんどん低下していくので、

金融の緩和水準を維持するだけで、緊縮財政のショックに耐える余地がどんどん生まれていく。

そして財政収支とインフレ率の両方が各々の目標水準(プライマリーバランスなり目標インフレ率なり)に達したら、

金融の方もいわゆる「出口」や「正常化」を模索し始めるという段取りが望ましい。

昨今言われる緊縮論はこうしたプロセスを全部すっ飛ばしているので、概ねポジショントークと見ていい。

増税による利権に与る人達や、金利ゼロ近傍になると商売あがったりになる人なんかがその中心。

無謬性を志向する官僚組織OBが、過去の過ちを認められずにグダグダ愚痴っている例も多い。

自然利子率は国の長期的な成長率に左右されるから日本のような低成長国にとって

他国比較してなおさらプラスインフレ率の実現が重要であることが、この話で理解できると思う。

まあ低成長といってもマイナス成長になると決まっているわけじゃないけどね。

国の長期的な成長率は労働人口資本設備生産性の伸びが合わさったものから

労働人口が下がってもその他の2要素を(たとえばロボット設備AIの導入など)引き上げていけばいい。

実際労働人口の減少はたかだか1%も成長率を引き下げないので、仕事効率を年率2%も引き上げればまだまだ全然対処できる。

それと「庶民にとってインフレはそんなに甘いもんじゃない」というような見解

アメリカを例にした話だと思うけど、それは景気循環でなく所得分配問題なので

全く的はずれなツッコミになっている。所得分配是正必要だと思うなら、

税なり社会保険料なりを財源として、所得再分配を行えばそれで済む話でしかない。

そもそも経済の不平等度は国ごとに様々なのに、その中でも特異なアメリカの一例だけを用いて、

プラスインフレ目標を持つ世界各国を代表させるのが、無理筋議論であることは理解できるよね?

あと「フリーランチはない」という紋切り型セリフは、緊縮論者が愛好する思考停止ワードの一つだけれど、

ここ数年の日本経済を見ても、財政収支を改善させながら(そう、安倍政権は緊縮政策を布いている)も

雇用が増えているわけで、誰がどう見てもフリーランチ存在したこともやはり理解できると思う。

正直、追記を見てもプリミティブで紋切り型の緊縮論から抜け出せていない。また沢山トラバが付きそうだね。

https://anond.hatelabo.jp/20170628192722

わかる

要は、高齢者預金なるものが消えたら

財やら富やらが霞となって消えていく感覚があるんだろう

 

実際のところ今日本で問題なのは富の偏りで、

国債を真面目に返却するととの偏りを固定してしま

いま偏ってる先は高齢者生産性が低いので

そこを政治が高い若者世代さらにいうと人口のもの再生産する子育て世代に再分配する必要がある

 

元々増田が「夢物語」と切り捨てたベーシックインカムはこれを補正する効果があるし

そうじゃなくてもマイルドインフレで偏りを補正してもいい

障害者と老人甘やかさなくてよくない?

自分生活費を稼げる人とかお金に余裕がある人はいいよ

でもさ、介護されてるだけで何も生み出さない人を公費で支える必要なくない?

一億総活躍と言わず労働力にならないようなのはいっそ切り捨てようよ

周りに迷惑掛けてるだけの人に生きてる価値はあるの?

日本人は「安くてクオリティはいまいち」みたいなのは許せなくて「安くて良いもの」じゃないと認めないあたり神経質すぎる

https://anond.hatelabo.jp/20170629091546

空母烈風キャリアになるのは単純に装備がショボすぎるだけ。

烈風改岩井六二、岩元五三、その他のネームド装備をきちんと★MAXにしたものが有れば制空権取るのは全く難しくない。

キラ付して被弾するのはレベルと運の改修不足。

レベル155で運最大まで改修すれば一部の超低回避除いてほぼ被弾することはない。

改修MAXというか奴に限って運は放置殆どなのは笑うところ。

毎日1回程度最低値での大型建造するぐらいの資源自然回復するんだから運不足は言い訳しかない。

https://anond.hatelabo.jp/20170629083746

それはとても都合の良い言い訳に思える

よく親が高学歴からプレッシャーになるというが、

からみるとそんなのは最低限の目標指標になるわけで好都合に思える

逆に親が低学歴すぎると自分もここでいいのかという甘えや、

親以上の学歴になったときの達成感がない

これを考えたところで私をお創りになった両親が中卒であるという事実は変わらない

親としては中卒が楽なのかもしれないがそれは自分にとって楽であり、

子供にとって楽だとは必ずしも言い切れない

https://anond.hatelabo.jp/20170629012138

声かけ必要なのは仕方ないとするよ。でも駅員はすぐに対応できるわけじゃない。

手が空いていなければ声かけから何分も待たなきゃいけないんだよ。

健常者みたいに改札くぐってすぐ乗ればいいだけ、ってわけには行かない。

それを考慮して1020分前に駅についていないといけないんだよ。

これはバニラ事前連絡しろってのと同じ話。

飛行機どころじゃない。毎日乗るような電車なんだぞ。これのどこが不平等じゃないんだ。

そもそもの話でいうなら、ホーム電車の間にスロープを渡さないといけないような隙間が空くのがおかしいという発想になるべき。

これは技術解決できる問題。すでにそうなっている路線もある。

鉄血のオルフェンズの失敗

ヤクザ映画新撰組イメージして、主人公達が成り上がり破滅して全滅する物語として監督が構想を練り脚本に依頼した所がそもそも失敗。

主人公目的は達成されるべきだし殺すべきではない、そもそも主人公達にはっきり目標を持たせず流されるように動くようにしたのも悪い。

特に主人公はサブ主人公理想思考も託しており、敵に向ける人間味や外部への興味は薄く、自らの意思で行動しないまま最終回まで来てしまった。

しかも二期はサブ主人公までその状態になってしまった。

時間ヤクザ映画ならともかく四クールの長丁場の物語でこれをやるのはいけない。

世界設定も伝わりにくかった、酷い世界なのは解るが何をどうすればいいのか悪いのか視聴者には解らなかった。

主人公達が下層過ぎて目先の生存利益を目指して進むしかなく、ヒロイン火星の目先の利益を掴む為に動くしか無かった為に、視聴者にも主人公達の目先しか見えず世界に関わる物語目的が無かった。

一期は主人公達が成り上がり成功する物語だった、最終回では監督脚本希望を持って明るく終わらせろと依頼した結果驚くほどの御都合主義になってしまったがそれでも多くのファンに歓迎され受け入れられた。

しかし二期は一期で得たものを失っていきどんどん追い詰められ最後破滅する物語だった、主人公は死にガンダムの首は切り落とされ晒し首のようにかかげられた。

監督の構想ではヒロイン達も含めて主人公サイドを全滅させ三日月を殺してエンディングが流れ、生き残ったライドノブリスに復讐をして終わる予定だったが、脚本が救いが無さすぎると抵抗した為に多くの仲間が生き残り子作りや最終回Bパートが無理矢理捩込まれた。

キャラを救うためのこの中途半端さもいけない、悲劇をやらかすならとことん突き詰めた方がまだ物語としてまとまった。

主人公補正とも言えるほどに無理矢理主人公達が滅びに向かう中で、最終回Bパートの為に急に色々な物が主人公達に都合よく働き、何ともいびつ中途半端になってしまった。

無理矢理な救いは半年かけて主人公達がひたすら破滅する拷問に堪えた視聴者を救うほどの希望でも無かった。

しかしこの救いが無ければキツすぎる物語だった。

敵に監督脚本感情移入たから二期は面白く無くなったと言う意見を見かけるが私はそうは思わない。

しろ監督の興味が主人公サイドに集中し過ぎていた為に主人公達に時間を割き丹念に描写する反面、敵の最低限必要説明を削り本編に入れられず、視聴者に愛されるように個性描写された主人公達が描写が不足している敵に無様に追い詰められ滅びていく様子を見ると言う嫌な話になってしまったのだ。

強くするべき敵キャラ間抜けヘイト引き受け役や主人公サイドの引立て役に使われ、強パイロットを作らなかった結果最強主人公を倒せるのが遠距離兵器のみになってしまモビルスーツ戦も盛り上がらなかった。

脚本は確かに敵に愛着を持ったが、それは主人公の成長と変化を許さな監督三日月へのこだわりの為に主人公を動かせず、監督ノーマークなので好きに動かせて成長させられるガエリオ面白くなった為だ。

ガエリオ活躍シーンはヒロイック面白かった、監督の書きたかった変化せず感情もあまり表にださない強い主人公骨太興亡物語と、脚本の書きたかったドラマチックな物語の食い違いを感じる。

結果他と関係を持とうとしない主人公からドラマの中心が動いてしまった。

しかガエリオに尺はあまり割かれず視聴者説明をされなかった為によくわからないキャラになってしまった、普通に見てたら何で最終回で急に車椅子に乗っているのか解らない、監督インタビューで漏らすまで一期最終回時点で半身不随だった事すら解らなかった。

一期で一番面白くなかったのはドルコロニー辺りだと思うが、監督脚本が殺したかった主人公サイドキャラを殺させて貰えなかったと言っていて納得した、そのために中弛みしたのかと。

脚本が気に入った為に初期に殺す予定だったアインが一期のラスボスになり、初期に死ぬ予定だったガエリオユージン最後まで生き延び、最後鉄華団は生き延びた。

バンダイドラマを削りモビルスーツ戦を増やすように口を出した。

そのようなライブ感覚物語作りと、監督が譲らなかった滅びの物語の骨格の食い合わせが悪かった。

やるなら短編もっと根底が動かない骨太物語としてやるべきだった。

2017-06-28

https://anond.hatelabo.jp/20170628223135

ここで問題なのは日銀保有してる国債じゃなくて銀行銀行とやりとりする際に使ってる国債流通量じゃね。

銀行銀行の間で国債を売って日本円を獲得ないしその逆が発生していることは日常茶飯事だと思うけど、日本銀行より先に国債流通するようになると

銀行銀行の間で円と国債をやりとりすることすらなくなってなんか特殊国債とまた別な国債をやりとりするっていう不思議状態になったりするんじゃねって話かと。

その辺の数字はあるんか?

新顔三匹だがもう既に体格の差が出てきている

積極的な奴がふた周りほど大きい

子猫の頃の食事量が大人になってからの大きさも決めるそうなので沢山食べて欲しいのだが、臆病なのはなかなか近づいてこない

そもそもまり食欲なさそう

一番小さい奴はこの先生きのこれるのか心配

物陰から食事を眺めていたら物凄く毛並みが汚い猫がやってきて食事に加わった

母猫が意外にも追い払わない

以前何度か白子猫と行動を共にしているのを見かけたことがあるがどういう間柄だろう

体格的にはメスか?

人馴れはしておらず今回も自分が近づくとあっという間に逃げてしまった

触らせてくれない猫に食わせる飯は無いよ

https://anond.hatelabo.jp/20170628214356

やれやれ

アホがいる

あの説が駄目なのは本来原因というものは一つに絞ることはできないからだよ

https://anond.hatelabo.jp/20170628085442

ここ20年ぐらい出回ってる物凄くプリミティブでありがちな借金怖い』論だと思うけど、

どういう部分がプリミティブかというと、長期的な所得分配問題短期的な景気循環問題区別できてない。

福祉の充実は前者の所得分配に関わる政策で、消費税減税はおおむね後者景気循環に関わる政策

もちろん福祉の充実を財源確保に先行させて景気対策とすることも可能だし

消費税減税を他の増税とワンセットにして税収中立と長期的な所得分配とすることも可能ではあるけど、

通常福祉の充実を言う人は財源を必ず提示する。現に民進党消費増税大好きでしょ?

あれは社会保障と税の一体改革とか尊厳ある生活保障だとかい理念を実現するために必要なわけ。

もちろん自民党本来の主流派のように企業田舎にばらまくのに消費増税必要立場もある。

それらに対して短期的な景気対策の財源は国債発行に決まっているんだから議論余地はない。

景気の悪化とともに膨らみ(膨らませられ)、景気の好転とともに縮小される。

で、後者景気循環視点重要なのは日本が低成長の中で低インフレデフレに直面しているから。

低成長トレンドの中では、比較的高いインフレ率にしておかないと本来可能国民所得の実現が困難になる。

(市場利子率が完全雇用をもたらす自然利子率へ到達するのにインフレ必要という議論)

これはもちろん税収の減少に直結するし、年金マクロ経済スライドによって、

現在高齢世代への過剰な年金給付是正されない等々の世代間格差問題解決もつながる。

というわけで『借金怖い』論の人も、当面はデフレ脱出することをまず考えた方がいいと思うよ。

車いす飛行機に乗る時のこと

車いすユーザーになって10年目です。

車いす飛行機に何度か乗ってますがその時のことを書こうと思います

・予約時

自分場合自力車いすを乗り降りできないし、機内で必要ものもあるので事前連絡します。

JALとか大手だと登録しておけば二回目からは大体伝わっているので交渉は楽ですが、初めての航空会社だとけっこう手間です。

・受付時間

受付時間が出発時刻の1時間前なのと、そもそも空港に行くのに人より時間がかかるのでかなり早めに出ないといけないのがちょっと大変です。

空港車いすに乗り替え

積み込みの関係チェックイン時に乗り替えられる人は乗り替えた方がいいんでしょうが自分車いすじゃないと安定して座っていられないので直前まで自分車いすに乗っています

ただ、機内に入る時は機内の通路を通れる専用の車いすに乗り替えないといけません。

乗り替えるとき職員の方だと自分の体を扱うのに慣れていないため(当然ですが)、同乗者主導でやってサポートしてもらう感じです。

・乗車時

乗るのに時間がかかるので一番最初に乗せてもらいます。同じ優先順の人がいたら先に行ってもらいます

機内用車いす体幹の効かない自分にとっては恐ろしく不安定な乗り物なので、なるべく直前まで自分車いすで移動させてもらいます

ボーディングブリッジ場合飛行機の入口まで行けるのですが、タラップだと特殊タラップ車に乗らないといけないので早めの乗り替えでちょっと大変です。

特殊タラップ車だとバスの車体ごと高さが変わる感じなので階段昇降機がなくても入口まで行けるので便利です。

普通タラップに階段昇降機が付いていても自分だと乗るのも大変だし多分まともに座ってられないのでなるべくなら乗りたくないところです。

階段昇降機すらない場合自分ならそこに行くのを諦めるレベルですね。

職員の方が乗せてくれるといっても慣れない人が自分の体を扱うのは危ない事が多いので怖いです。

正直そういう場合は信頼できる同行者がいるならその人にお願いするのが一番楽で安心なのは事実かなと思います

・機内

機内用車いすは機内に入る時にタイヤとアームレストをはずして補助輪だけにするのですが、これは自分にはかなり怖いです。

ちょっと傾いてバランスを崩すと体が横に倒れてそのまま落車してしまますが、職員の方は割と豪快に動かすことが多いのでいつもヒヤヒヤします。

座席への移動も手伝ってもらいますが、女性職員さんはやはり非力な方が多いので、男性が一人でもいるとかなりスムーズにできます

・降車時

降車も時間がかかるので一番最後になります

怖いのは乗るときと一緒です。

今度のニュースに対する自分感想は、

階段昇降機のない奄美空港飛行機を飛ばすのにその対応をしていなかった点はバニラ責任があると思います

事前連絡しなかった点は、そもそも飛行機なんかのインフラに関する事前連絡は当日にスムーズに事を進めるのに必要ものだと思っているので、事前連絡をしなかったがために飛行機に乗れないということはあってはいけないことだと思います

急に必要になることもあるわけですし、ニュースの人は比較的に自立度の高い車いすユーザーのようですしそこまで特殊パターンとは言えないと思います

・当日の対応はいずれにしても何らかの方法で乗るかしかなかったわけで、なんとかなったなら今回はそれで仕方ないと思います。今後は対応するみたいですし。

正直言って同じ乗せるなら同乗者がやるのが一番手軽だっただろうとは思いますが、自力で上がったって事実センセーショナルに扱われ過ぎて議論があらぬ方に言っているなと言う感じがします。

勧善懲悪作品のなにが悪いのか?

昨今のヒーロー作品で、悪役側の視点も描くことでドラマ性を膨らませた

……なんて話は要らないということを語りたい。

世界地球征服」「テロ」「暴力」題材は何でもいいけど、

何かしらの方法不利益を被っている人たちを守るために戦う。

それだけの話でいいのに、出演者やそのプロダクションへの配慮か、

完全なる悪(組織軍団)として出てくる敵が少ない事が不満なんだ。

同じ理屈ヒーローヒーローも要らない。

そういうのは、お得意の番外編(Vシネ等)でやってほしい。

これについては、良いことも悪いことも両面から教えよう

という人もいるための配慮という話もあるが、まずは正しい事は正しいと

認識させてから視野を広げる意味で何がどう悪いのかを知りたくなるように気づかせ、

振り返り(総括)ができるようにした方が、後々、論理的思考もできそうな気がするのだ。

あと、登場人物みんなそれぞれの事情があるみたいな、

どっちつかずなキャラ設定ストーリーが昨今のヒーロー作品

さらダメにしていると思っている。

また、レトロ趣味とかじゃないが、主題歌にしても

知名度が高いだけのアーティストとのタイアップ色が強すぎて、

英語歌詞普通に入っていたり、そもそも聞き取るのが困難な発声

歌っている歌手の多い事。

その弊害として、後に関連ライブを開催することになっても、

オリジナルシンガーを呼ぶ事ができず、

RIDER CHIPS仮面ライダーGIRLSみたいな便利バンドユニット

抜けた穴を埋めないといけなくなる事態もつながっているわけだ。

また、若手のイケメンばかり登用されるために、主役を引き立たせるような

「名悪役」と言われるような味のある役者もなかなか出てこないのも難点だ。

ベテラン俳優を悪役で出しても、それほど怖くない役(コミカル調に見える)

しかでてこないのもどうかと思う。

たとえば「平成ライダー昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」での

仮面ライダーZX(村雨良 役)の菅田俊さんが敵より怖いってどういうこと?

(菅田さんはヤクザ役が多い人なので、これについては賛否はあると思うが)

……みたいな感じ。

それと話はちょっとズレるけど、

1話完結じゃない回が多い作品が増えたのも気になっている。

尺を増やすことでドラマパートを充実させ、戦闘パートでの合成等でのコスト

下げたいのも分かるけど、見逃した時の取り戻しが大変なんだよ。

あと、朝に放送しているかなのはわかるが、

ゴルフ中継高校野球放送回を飛ばすのをやめてくれ。

毎週の楽しみが先延ばしになる苦痛たるや……つらい。

https://anond.hatelabo.jp/20170628152016

ガチ勢という言葉がありますが、かれらはゲームのものではなく、勝つことを楽しんでいる層であります

はっきり言っておきましょう、かれらはゲームには不要です[要出典]。

かれらのような存在排除してこそ、ゲームコミュニティ健全に保たれる[要出典]といって過言ではありません[誰によって?]。

かれらがゲームに対して見出している楽しみ方は勝つことのみである[要出典]ことを、今一度よく認識する必要があります[なぜ?]。

かれらにとって重要なのは勝利であって、それは何のゲームによるものでもいいのです[要出典]。

かれらはこのゲームを楽しんでいるわけではなく[なぜ?]、勝つことを楽しんでいるのです[要出典]。

そんな層をお客として認識し、彼らの声に耳を傾けるなら、間違いなくそゲーム破滅へと向かうことでしょう[疑問点]。

そうなれば、かれらは別の勝てるゲームを求めて旅立ち[いつ?]、後には何も残りません[なぜ?]。

繰り返し強調しましょう[なぜ?]。ゲーム開発者運営サイドは、ガチ勢排除するべきです[信頼性]。

キッズでもわかるようにwikipedia風にインラインしておきました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん