「矛盾」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 矛盾とは

2018-11-22

anond:20181122200039

矛盾はしないが、女の稼ぎが男並になればわざわざ女子会プランなるものを発案する酔狂者もいなくなるかも知れないなと思ったのだよ。

そもそもだって女子だけに特になるわけでもなく、「メンズデー」みたいなのも存在するよな。

anond:20181122195526

稼ぎが男並になることと女子会プラン(ここでいう女子会プランとは比喩である)を利用してさらなる利得を得る抜け駆けをする女性が現れることは矛盾せず

資本主義社会下においてはこれは止められないことなので

最終的には女子会プランなるもの消滅すなわち資本主義廃止を目指すことになる

日本韓国に偉そうにするな

国際条約を守れない国は情けないと安倍晋三は言っている。

では国連女性障害者難民人権規約加入している日本はどうしてそれを守ろうとしないのか。

そういう矛盾があるからいつまでたっても舐められる。

恋ってなんだろう

好きな人がいる。

ちなみにわたしアラサーである

今の好きな人は、仕事が一緒で、その仕事のための勉強会出会った。

彼の方が年下だけど、真面目で直向きで、正直わたしなんかより全然仕事が出来る。

人望も厚い。

職場は別なので、一緒に仕事したことはない。

時々、何で自分はこんなに出来ないんだろうとコンプレックスを感じることもある。

でも、彼はとても優しいし、勉強会で会って話していると安心する。趣向というか、感覚も合う気がする。

あと顔が好き。

彼を好きになって1年が経った。

赤裸々な話を書こうと思う。

そもそも、彼を好きだと気付いたのは、ひょんなきっかけだった。

まぁ、端的に言うと、別の人間からレイプ被害に遭って、その時に「あいたいな」と思いついたのが彼だったのである

個人的には、すごい衝撃だった。

ちなみにわたし10年近く恋人がいない。

好きな人が出来なかったわけじゃなくて、好きな人とは付き合えなかったし、そういう雰囲気になった人もいなかった。

いい年なので、最近は一晩限りみたいな声の掛けられ方はするけど、気持ち悪くてほぼ全て断ってきた。

レイプ被害に遭う1年程前に、ものは試しと思って、あえてノッてみたことが一度だけあるけれど、それだけだ。

まりわたし元カレと別れてから1回しかセックスしたことがなかったのである

大したものではないので特筆しないが、別の経験からやや男性トラウマを抱えてきたこともあり、誰かとセックスしたいと思ったことがこの10年近く、なかったのだ。

なのに、レイプ経験で、恋心を自覚するなんて。

好きな人と以外したくないと思うのは間違っていないと思っているし、これでいいと思ってきた。

でも、もしかしたらそれも自分に自信がないからなのではないかと思い始めてしまったのである

好きな人を仮にA君として、彼とは別に職場で知り合った、顔がそこそこタイプ性格もいいB君という存在がいる。

B君はA君と同い年で、やはりわたしより年下だ。最初会った時から、いいなとは思っていた。ただ、A君と比べると、友人関係はB君の方が少し派手というかヤンチャな感じである。どちらかというと周りの人は苦手で、きっと見えないB君の部分はそういう性質なんだろう。

が、B君は童貞らしいのだ。それを聞いた時、ちょっとだけ「B君とセックスしてみたい」という気持ちが湧いたのである

A君に対しては、正直お付き合いをしたいと心から思っている。でもどこかに出掛けてデートをしたいとか、そういうことではなく、ただ一緒にいたいのだ。くだらない話を聞いてほしかったり、好きなものを共有したかったり。手は繋ぎたいと思うけど、セックスしたいとはあまり思っていない。意識したこともない。

B君に対しては逆で、付き合いたいとは思わない。あくま仕事での関係なので趣向もよく知らないし、交友関係を聞く限りわたしとは合わないだろう。真面目なところなどはA君に通ずるところがあるので、重ねて見ているのかもしれないけれど。

別にB君ともセフレになりたいとか、継続的関係を望んでいるわけでもない。

デートしたいわけでもないし、何かを共有したり、手を繋いだりしたいわけでもない。

この気持ちは何なんだろう。

今まで、わたしにとって恋心とは性欲とイコールだと思ってきた。これは、直接的なセックスしたいということではなく、手を繋ぎたい、とかそういう意味である

でも、レイプされて、改めて「男は好きじゃない相手とでも寝れるんだな」と、まざまざ感じた。無だった。

それでも、嫌いな相手とか全く魅力がない相手とはセックスしないだろうと思ってしまったのも、皮肉ものだ。

ちなみにレイプ相手仕事で知り合った人間で、事件の後は直ぐに全ての連絡先を消した。元々苦手だなと思っていた相手だったので、余計に気持ち悪かったし、こんな男にしか好かれないのかと思うと悔しくて惨めだった。

わたしはとにかく自分に自信がない。直ぐ何かに根拠を求めるし、容姿も特段して美しいわけでも可愛いわけでもない。どちらかというとデブだし、卑屈で捻くれてる。自分がまず自分を愛さなきゃ、誰も愛してくれないとわかっていても、うまくいかない。

好きな人に好きになってもらえたことがない。それも、自信がない理由の一つと言える。

ずっと一人だったから今更恋人がいなくて寂しいとは思ってないし、このまま独り身だったらどうしようという漠然とした不安はあってもそれは現実的問題ではなかった。

ただ、この年になって、誰も相手がいないイコールどこか欠陥がある人間判断されてるのではないかという恐怖が増えた。

それでも、レイプされたことは、今でもすごく怖い。B君としてみたい、という感情とは矛盾するようだが、仮に実際に致せるかどうかは正直わからない。きっと、身体は竦むし、嫌悪は強いだろう。でも、A君もB君も、きっと無理強いはしないだろうと、勝手妄想をしてしまうから、怖くないのではないかという淡い期待をするのだ。

友人たちは幸せそうに彼氏たちと過ごしている。それは羨ましいと思う。年齢的に結婚話題もよく出る。

A君と付き合いたいと思う。でも、きっとA君の意識わたしに向かないだろう。彼の周りには沢山の美しくて素敵な女性がいる。今は仕事が精一杯で恋愛に興味がないのは、見ていてわかる。A君に余裕が出来て、恋愛できるとなった時、候補に上がる自信がない。

でもB君は、候補には食い込めるのではないかと思ってしまうのである。それは、何となく態度や言動でそう思う。もちろん、彼の周りにも沢山の美しくて素敵な女性がいる。だから一軍ではないだろう。それでも、なんとなくナシじゃないという不思議な自信はある。初物だし。童貞を捨てたいなら、考えてくれるのでは。ちょっとでもいいなと思える人と、もしセックスが出来たら、少しは自信を持てるんじゃないか

そんな気持ちから、B君とはしてみたいと思ったのではないかというのが今の見解である

自分気持ちがよくわからない。

A君が大好きだ。いつでも会いたいと思うし、話を聞きたいし、聞いて欲しい。わたしは臆病者なので、自分から誘えないし、勉強会で会うのを心待ちにするだけだ。ウジウジしていて、他の女の人と彼がいい感じになっていても、どうせわたしなんか、と思う気持ちで納得するんだろう。めちゃめちゃ泣くと思うけど。

B君のことは、正直ほとんど考えない。共通の知り合いがいて、その人から話を聞くことはあるけど、それだけだ。会った時に、やっぱりB君は魅力的だなあと思うのである。付き合いたいとは思ってないけど、付き合うことになっても吝かでない。ただ、A君が段違いに好きだから、諦められないのかもしれない。

10年近くも恋人がいないというと、色んな人に心配される。両親含め、友人にも。わたしに欠陥があるから、そうなってしまうのではと思うのが辛い。

片想い全然楽しくない。

久し振りにこんなに好きになれたA君に振られたくない。もうちょっと距離を詰めたい。でも思い切ってアタックも出来ない。

周りの人には、グイグイ行かないと返ってこないよ、と言われる。わたしもそう思う。

それでも、怖い。

A君以上に素敵な人に会える自信がない。彼の恋愛候補にはなれないと思っているのに、運命だと信じたい自分もいる。

こじらせすぎなのかもしれない。でも、それでも、ちゃんと愛されたい。

A君がいい。

でも、行動に移せない。苦しい。

周りの皆がどうやって恋をして結ばれているのか、わたしには理解が出来ない。

こんな年だから自然にお互い好きになって、は難しいんだろうか。

理想現実ギャップに苦しむ。

夏の目標花火を一緒に観に行く、だった。達成出来なかった。

冬の目標初詣に一緒に行く、かな。出来るといいな。

2018-11-21

「ぼくらの」矛盾

漫画版小説版を読んでて思った

漫画版マキ編で弟が生まれた直後に命の光を確認している

出産前の弟の命の光は見えていない=胎内にいる赤ん坊は命が無い?


小説版チズ編で体内の赤ん坊パイロット権が移っている

生命力あふれる赤ん坊は敵アムシベを即破壊している

そもそも漫画版でチズの胎内の赤ん坊パイロットとして契約されている


どのタイミング生命誕生しているんだろう

2018-11-20

https://togetter.com/li/1289803

これ。

「『私はパートをして家計を支えるのを手伝うよ』と言う女も叩かれるぞー!」と言ってる男が多いけど、

普通にそんな女は袋叩き案件だろ。

パートなんか働いてるとは言わない、そんなの専業主婦と同じ、で専業主婦志望女はゴミ、ってごくごく普通に言われる事だし。

共働きなら家事分担しよう、って場合の「共働き」は「妻も正社員」と言う意味であって、

フルタイムだろうがパートだと(「フルタイムパート」って本来矛盾してるんだが)専業主婦と同じ、

正社員でなければ共働きとは言わないんだから女が全部家事やるのが当然、と言われるもんな。

正社員でなければ人権なんかないよね。

何で女だとそれが許されてると思ってるんだろう。普通に袋叩きにされてるのに。

しろ、何で「家事を手伝うと言う男は地雷」って言説にここまで男が反発するのか分からん

普段他に何も言われないか打たれ弱いんだろうか。

女だと家事やるのは当たり前、正社員として働くのも当たり前、子供産んで育てるのも当たり前、どれか一つでもやってない女はゴミ

って言われるのは普通だしそう言われていちいち傷ついてたら生きていけないよなあ。

男は仕事が忙しいか家事育児なんか出来ない!ってのも、女は同じ仕事をしていてもそんな事言ったら袋叩きだよ。

一昔前なら男なら許されてたけど今は男だからと言って許されない、女が普通に言われてる事を男も言われるようになりつつある、ってだけだろうに

何で「女は言われてないのに男だけ言われる」と言う被害妄想に陥るんだろうか。

2018-11-19

anond:20181119151703

非モテオナニーして死ね」→ググったが上野が直接そう言ったというソースは見当たらなかった。元となる発言があると思うんだが、そっちを貼ってくれ。

エマ・ワトソンペテン師エマ国連演説も読んだが、特におかしな事は言ってない。やってる事がおかしいと言うことだろうが、演説内容と上層男性ばかりと付き合うってのは別に矛盾しないんじゃね?

2018-11-18

「人との繋がり」の大切さを軽視したHikakinに大変失望した

例のPremiumの動画についての件。

いや、俺は別にPremiumがどうとかはどうでもいい。金銭感覚は人に依る。

問題は以下の、

高校生にとってラーメン一杯、友達と行く1回のゲーセン

どれだけ大切な時間か…YouTubeなんかに使うくらいならそっちにお金かけたほうがいい

個人的には思います。」

というユーザーコメントに対しての返信。

『そういう普通から逸脱した人が僕は成功すると考えてます!』

俺はこれに大変失望した。幻滅した。

Hikakinに対して抱いていた「尊敬」が一瞬にして「憎悪」に変わった。

普通から逸脱する」こと。

それが「成功」に繋がる、と言った意見

そんなわけないだろうが!

いや、「普通」、つまり常識なんかを疑い、新たな道を見つけること、これは確かに成功に繋がることがある。

例えばベンチャー社長なんかがよく言っている通りだ。

だが、言及元のコメントで言えば、「Youtubeより、友達との大切な時間に金をかける」ということを「普通」として、それから「逸脱」した方が良いと言っている。

友達」より「動画」を優先しろと。

もう一度言う。

そんなわけ、ないだろうが!!!

Hikakinがこれまでやってこれたのも「支援者」、「人の繋がり」があってこそだろう。

そしてHikakinもそれに応え得るために様々な活動を行ってきた。それには当然金銭コストが掛かるだろう。

Hikakinを中心としたオープンコミュニティみたいなもの形成されるために、Hikakin毎日様々なことをして、様々なもののために金をかけてやって来た。

そう言った、「人」の温かみに囲まれてやってきたはずの人間が、「友達」よりも「動画至上主義となり、言葉は汚いが『Youtubeの犬』に成り下がってしまたことに俺は大変失望している。

俺がわざわざはてなアカウントを作ってまでこの匿名ダイアリーにこの記事を載せようと思った理由はたった一つ、

この考えがユーザー特にそのメインである学生」に波及してしまったら大変まずいと思ったからだ。

それは、自分の話になるが、そんな「動画至上主義」が「学生」の自分社会から置いてけぼりにしてしまたからだ。

Youtuberが台頭し始めた頃、俺は丁度高校生になりたてだった。

もちろんHikakinもそうだが、はじめとかマホトとか様々なYoutuberがいて、俺はそれにどっぷりのめり込んでいった。

動画時間は短いようで、長い。平均10分の彼らの動画を夜に30本見るためには300分、5時間かかる。

実際はもっと見ていた。大体の人気のYoutuberをフォローしていた。

俺の人生が、俺の昼の時間までもが、Youtuberに浸食されている危機感に、俺は気付いていなかった。

休み動画を見ていた。気付けば、生身の友達の横で、まだ見ぬYoutuberを捜索していた。

元々高校に入る前からネットにはまり気味だった俺にも、高校ネット仲間、別にネットについて詳しくはなくても他の繋がりで仲の良い友達がわりといた。

部活に入っていなかった俺にだってクラス友達を作ることは簡単だった。

放課後に、部活に入っていない友達同士で色んなところに遊びに行ったり、食べに行ったりすることが、学校生活一番の楽しみだった。

楽しみだった。

いつからか、「あー、今日は帰るわ」と、無意識に口をついて出るようになるまでは。

俺が下校時まで、下を見ながらYoutuberの動画に笑い歩くようになるまでは。

もう俺は動画に「洗脳」されていた。

今思えば、どう見ても面白くない内容の動画が、学校での他愛ない雑談よりも「面白い」と考えるくらいには。

その先は言わなくても分かるだろうが、一日中スマホを見続ける俺から友達は離れていった。

「それでもいい」と思っていた。ここまでくれば明確に「頭がおかしい」、と今の俺でも思う。

受験になって、時間の大切さを改めて知るまで、正確に言えば、スマホ中毒だと俺を病院に連れて行った母とそこの医者に言われるまで、それは治らなかった。

スマホ中毒自体Youtubeに限ったことではなかったが、俺はそれによって初めて自分の異常さに気付いた。

大量にチャンネル登録していたそのアカウントは消した。今はサブ垢一つになった。

動画を見るのはすっかり一日一時間程度になった。俺にとってはかなりの進歩だと思う。

もう昔ハマっていたYoutuberを見ることもほとんどない。今でも面白いと思えるチャンネルしか見ない。

でも、フォローがやめられない。

いや、書いた通り日本Youtuberはほとんどフォローしていない。

海外だ。

英語が分からない俺にでも面白動画がかなりある

今の冷静な頭で、面白いと思える動画が、世界にはまだまだある。

言ってしまえば、「追っかけ中毒」は終わっていない。

あの頃に「友達との喋り方」みたいなもの、いやもっと根源的に言えば「友達の作り方」みたいなものをすっかり忘失してしまった一浪大学生の俺に、今も友達は一人もいない。

言い過ぎているわけではなく、文字通り友達が「一人もいない」。

俺の人生は、「インターネット」に壊された。

いや、正確に言おう、「友達より動画を優先した自分に」。

自業自得だった。

Hikakinのあの一言が、恐らく安易気持ちで返信したあのコメントが、そんな事態不特定多数に遭わせようとしている。

もう自業自得ではない。

あのコメントを見たユーザーが、Hikakinの考えは意識が高いな、じゃあ自分も…となり、俺のような事態になってしまったら。

その責任は、言うまでもなくHikakinにある。言い逃れはできない。

自らのリプライが、学生人生を壊してしまう。

そんな「影響力」が自分コメントにあることに、彼は気づいていない。

正直Hikakin活動については俺はかなり肯定的であったと思うが、今回の一言でさすがに幻滅した。

これからは堂々とHikakinアンチを名乗ろうと思う。

これを書くためにキーボードタイプしているこの手もまだ怒りで震えている。

これまでHikakinが行ってきた人道的な活動好意的交流については変わらず称賛したい。それは誰も文句が言えないことだと思う。

しかし、Hikakinよ。お前の影響力がどれだけか、まだ分かっていないのか。

そもそも小学生の夢がYoutuberって時点でヤバいのは分かる、だがそれは「個人」の影響ではない。

ただ、お前の「一言」には確実に大きな、莫大な力があるんだよ。

お前の普通を語るなよ。

『人それぞれいろんな考えやお金の使い方、自分への投資、あると思うけど』と言うなら、お前の普通社会普通と思うなよ。

『僕は~と考えてます!』という予防線は「普通」という単語を使った時点で矛盾してるんだよ。

お前は才能があったから、「コミュニティから逸脱しても、ネットで囲われることができたんだ。

大多数の人間には、「独り」から広げられる人脈はごく限られている。俺に限っては無かったんだけどな。

友達がいなくなる。

「それでもいい、『普通から逸脱する』ことが成功につながると、Hikakinも言ってた」

俺はそんなことを言い始める学生が一人でも現れたら、発狂しそうなくらい悔しくなると思う。

Hikakin、もし運命と偶然によってこの記事出会ったら、お願いします、どうかあのコメントを消してください。

俺は、どの学生にも「普通」の人間関係を築いてほしい。

君はそうは思わないだろうが、一億の凡人にとって、「友達」ってのは、未来を切り開く一番大事ものなんだよ。

anond:20181118111531

3000−6000円の居酒屋自体は高級でも何でもなく、普通に客層悪いけどな

3000円のランチに行く女性は贅沢バカ女扱いしながら

3000円の居酒屋夜行男性貧乏人扱いするのを見ると矛盾してるよな、と思う。

anond:20181118090240

ここにある種のパラドックスがあって、男の価値観が重視される男社会からこそ、美少女が礼賛されやすい傾向が生まれる。

では美少年はどうだろうか。美少年を称賛できるのは女だけど、男社会現在では女の価値観はあまり表に出てこない。

女性社会進出が進めば進むほど、逆に男は女から讃えられるようになるという矛盾(ただし美少年に限るけど)。

強さを作ることと金の出しやすさの矛盾

以前これをかいたが、

https://anond.hatelabo.jp/20181029083514

イノベーション必要なのは、強み、市場とのマッチングの2点だ。

逆に外部から金を入れやすさということを考えれば、不確実性が少ないほうが良い。つまり、すぐに売れるようなものであることが望ましい。

数カ月で軌道に乗る旨いラーメンができたということであれば、銀行融資でも出してもらえるだろう。

あるいはどこぞの会社に勤めて、フリーランス仕事うけれるぐらいのもの独立するのでもいいだろう。

景気がいい時に創業率が高い、景気が悪い時に創業率が低いというのを曲解して、創業率を高めれば景気が良くなるという原理のもとに動いてる日本イノベーション

無論おだてて役所に20万円出させればそれは「創業率を高めた」という結果を産みだすことが出来る。そのために今日ワナビーや頭の弱い大学生をおだてて起業させる昨今。

強みというのは何らかの科学技術特許バックグラウンドにしたものが多いために理系畑の話となることが多い。

市場とのマッチング文系、というか経営学範囲だな。経済学にも比較的近い。投資対効果というものも扱う。

投資をするにしても不確実性が高いと金利は高く取らないとならない。更に長期間になると想定利益がべらぼうなものでなくてはならない。

理屈ではこうは言えるが、何よりも実際に投資する判断をする人間は数件にフルで力を入れるわけで、その中で成功事例がなければ首を釣る。だからリスクを取れない。

長期間かかるだけでリスクになる。

ということで、どうしても結果が短期案件になる。

その間に強みなぞ作れない。

思いつきがたまたまうまく行ったというものか、あるいはどこかで爆発的にうまく行ったもの劣化コピー+αぐらいだ。

どこかで爆発的にうまく行ったもの劣化コピーとなるとと、どこかに勤めて情報が入って来やす環境人間になるだろう。

さすがに一般庶民にあそこ儲かるかもしれんよ?という話が入ってくるぐらいでは遅すぎる。

その情報すらもないやつは本当に「ただの思いつき」

もちろん思いつきを改善していけばいい商品になる可能性があるが、そこまでに資金が尽きるのが当たり前。

あるいは、別途金を作って研究開発できる大企業大学人間を何とか起業地獄世界におだてて引き込めないか?と目算する。

多少頭がある奴は騙されないが、時に頭の弱い人間もいる。けど、技術開発には論理能力必要から基本的にだまされない。安定して金が降ってくる環境で開発したほうが幸せだ。

自称強み、だけしか見れない理系畑の人間も多いが、

自称市場とのマッチング(+投資対効果しか見れない経営経済畑の人間も多い。

もちろん、自分自身が金を出す投資家は自分立場虎の子の金が大事から仕方がない。問題はその周りで金も出さずに起業を煽る人間

「でもイノベーションがないと日本沈没、、、」しらんわ。世界のためにお前死ねというキュウべぇどもが。

まあ、無論起業なんて自己責任から、騙されてやる奴が悪いというのはそうかもしれない

馬鹿な連中をおだてて「思いつき」レベルでなんとか起業させて成果にしようという魑魅魍魎共がうごめく現代日本、、、、。

良い子は騙されちゃいけないよ!

あくま起業というのは儲かるならする、儲からないならしない。その原則を忘れずにな!

anond:20181117113030

まさに自分に自信がないために化粧しない一人だけど、中身がアレなのに飾ってよく思われようなんて、まるで詐欺じゃないかと思うから出来ない。

あとナルシスト自分が受け入れられないので、鏡が見れない。

職場トイレとかでチラッと鏡が目に入るときも、誰かに見られてないか、おそろしくて仕方がない。洗面台の前で人と鉢合わせるのがこわい。

基本、他人とは目を合わせないし、反論もしないので(話を反らすことはするけど)、矛盾はしてないと思う。

anond:20181117113030

主旨は違うんだけど増田ちょっとこれでも読んで落ち着け

https://anond.hatelabo.jp/20181022223332

人が身なりを整える理由も整えない理由もそれを何のために誰のためにやったりやらなかったりするかもみんな違ってるし

自分自分の考え方や悩みや苦しみの根源について言語化が出来てる人ばっかりじゃないんだから

「どうして?」に答えはなかなか出ないと思うよ 自分の行動を常に誰もが制御できてるわけじゃない 増田自分

>そういう人に限って仕事人間関係に対して受動的だったり何か言われると猛烈に反発するのって矛盾していませんか?

って言ってるように、元記事に色々な人が答えてくれているけど増田の中で想定してる答えに近いものがないか

何となく反駁している現状がないかな それを見て「なんで納得しないんだろう?」って思う人もいるだろうなと思うよ

自分他人じゃないか他人を思うままにはできないし、他人から思うような答えは返ってこないよ

みんな違う事を考えてて当たり前だし、そこに踏み込むことはどうしても押しつけがましさが発生せざるを得ないと思う

2018-11-17

自分に自信が無い人ほどファッションや化粧をしない説

この自論について他者から意見を聞いてみたく書いてます

自分観測範囲内だけですが、自分に自信が無いと言っている人ほどファッションや化粧をしない人が多いです。

自信が無いのであればまずは見た目だけでも手入れをして努力して、見た目が良くなれば少しでも自信が持てるんじゃないのかなと思っています

でも聞いたところによるとおしゃれな服やメイクを購入するために必要な服がないと言う人もいます。だけど今ドキ通販もあるわけだし努力の仕方だって色々あるのにと思ってしまっている自分がいて、差別的だと反省しないといけないと感じています

「化粧映えしそうなくらい目がぱっちりしていて綺麗ですね」と相手の良い部分を伝えても「自分はそんなことはない」と否定する人がいます。こんなことを聞いて申し訳ないのですが自分に自信が無いというツラい状況をなんとか打破したいと思わないのですか?

ぶっちゃけた話、私も一重でニキビ顔で自分に自信が無く卑屈だったので中学時代はいじめられることがありました。そんな現状にある自分が嫌で見た目を変えてみたらだんだん自分に自信が持てるようになり人との交流も増えました。

自分自身にそういったコンプレックスがあるので余計に「見た目の手入れをしない自尊心自己肯定感の低い人」を見るともどかしく感じてしまます。自信がないのになぜノーメイクで外出できるのですか?

そういう人達特に仕事において自信が無いから行動できず、そのような消極的姿勢上司から注意されるそうです。なのでなぜその辛い状態でとどまってしまうのか、理屈気持ちをまずは理解できたらいいなと思いました。

みなさんの知見をご教授願いますよろしくお願いします。

追記

自論→持論でした。ごめんなさい。

今回はファッションメイクについて取り上げましたけど、自分の現状がマイナスもしくはゼロだと感じながらもなかなか動きだせない人もいますよね。でもそういう人に限って仕事人間関係に対して受動的だったり何か言われると猛烈に反発するのって矛盾していませんか?状況によって自己責任かどうか判断していくものだと思うので一概に是非は問えませんが。

私は確かに生存者バイアス的な思考が強いしコンプレックスも多分にあるので、職場上司にもその傲慢さを指摘されることがあります。指摘してもらえる分、他者から心のエネルギーを注いでもらっているんだと感謝して過ごしたいなと考えています。でもそう思う一方で常にそう考えるのは日々謙虚さを保つための心の整理が必要で難しいところです。

アトピーとかで仕方なく何もできない人もいるとは思います。でもそうではなくてファッションや化粧ができてプラスになるものがあるので、できないからやらないはもったいないのではないかと。

追記

ファッションや化粧はやらないよ。知らんがな、ほっといてもいう気持ちはなんとなくわかりました。それで自信獲得の作業の要不要自分で決めたとします。そして仕事という場面になったとき

自分に自信がない→動きだせず受動的で消極的→成果がでない→評価プラスフィードバックが減りさらに自信がでない」という状況をみているともやもやするんです。だって自分の自信の無さを理由業務に取り組まないって、労働をなんだと思っているのかと。それで自信が無いことを切々に伝えられても、具体的にこうしてみたらというアドバイスはできるけど、最終的に動くのは貴方なんですからねと思います

ファッションメイクなら目に見えて成果がわかるし自分に自信を持つきっかけとして導入しやすいのではと思ったんです。

自信が無いと嘆くことは必要だと思います。でもその嘆きが次の動きだしのキッカケになればいいなって。仕事とはそういうものではないのですか。

「唯一神」「創造主」は思考停止装置=支配の道具

数学論理学)を学べば、セム教(ユダヤキリストイスラム)には矛盾があるとが分かる。

結論から言えば、神は「存在」ではなくて「状態」が正解。(=グノーシス

「理神論」では、神が存在しなくても矛盾しないように修正を試みている。

現代人は、宗教の前にまず数学勉強しようw

2018-11-16

anond:20181116234233

お前以外のやつにとってはお前の感想とかどーでもいいんだけど何で偉そうに書き込んでるんだ?

その時点で矛盾してるんだが

anond:20181116144645

そのときそのとき流行について後付けの思いつきで説明してるだけなんだよな。

しかも狭い範囲作品しか想定してないから、他の作品と突き合わせると容易に矛盾する。

現実絶望した日本人は血なまぐさい漫画ではなく萌え4コマに癒やしを求めるのだ…」

とカッコつけてる横で進撃の巨人が大流行してるとかな。

anond:20181116040528

教えるまでなにもしない、というのは一理あるかもしれない。義務教育受験を受けた人、特に塾や予備校に通わせられた人は教えられることを待つ傾向が強い。最近だと自発的教育という方針議論されているが、大前提としての社会的義務がある以上、つまり義務による強制自発的学習とが矛盾している以上、そして自発的学習自己矛盾してる以上、本質的に変わるとは思えない。まあこれからいつもどおりに凄い子が現れたら教育革新のお陰だという人も現れるだろうが、そもそも大切なのは自発的学習」ではない。

仕事をする人たちから見たら、教えられるまで何もしない、と思うかもしれないが、ではなぜ教えてあげないのか。課題を与えたらやるのだから、とことん与えれてやればいい。時間をかけさせるほどの量を与えたらいい。でも、大人はそうしない。学生がいなくなるから、嫌がるから、らしいが、今ですら大学学生はいない。なぜならアルバイトしたり遊べるから。そして、量を与えれば自然と質に変わることがある。質に変わらないならば、おかしいと人は思う。だから工夫する。

仕事をする人たち、大人が見る学生観は結局、義務教育者となんら変わらないところがある。それは自分たち立場だけしか考えないで、若い人間の萌芽を枯らしてしまうことだ。

2018-11-15

anond:20181115131151

id:meshupecialshi1 「7×7は7の段にしかないだろ」というブコメがおそらく晒し意図なしで星を集めてるのをみると「この話の矛盾にいち早く気がついたあなたは〜」以降の後半部を読まない人って本当に多いんだろうなと思う

すまんが、このブコメの流れが良く分からない。

キズナアイはナシ(2018年10月)、原爆Tシャツはアリ(2018年11月)

この両端から少しずつ反対側へと表現を近づけていくと、途中のどこかに善悪の判定が著しく困難な領域が出てくるはずだ

(ナシ)キズナアイ→→→ ? ←←←原爆T(アリ)

予想だが、その中間に入る存在鉄腕アトムだと思う

手塚治虫悪書追放運動の餌食になったのに、なぜか老若男女から漫画神様としても崇められる矛盾した状況とも整合性がある

anond:20181115163639

更に

・女なのに男に金払わないと相手にされないような奴

が加わるな。

普通は女ってだけで、選びさえしなければタダどころか自分が金貰える立場で男と付き合えるのにな。

まり見ただけで大半の男が逃げ出すようなヤバい奴、となる。

となると「そんな奴が高級ATM持ち専業主婦になったり大金稼いだり出来るのか?」と言う矛盾が起こる。

九九で七の段不要

子供が七の段が苦手でとても苦労しているのだけど、別に七の段はいらないんじゃないかって割と本気で思ってる。

なぜなら他の段に七の段の答えが全部含まれてるから

から七の段ができないことを恥じることはない。俺も苦手だけど人より計算早いし2桁掛け算くらいなら暗算でできる。

この話の矛盾にいち早く気がついたあなた数学の才能がある人かもしれない。

ただよく考えてほしいのは、その答えは七の段でも1~2を争うほどに小学生に好まれる答えだということだ。

それさえ理解できれば、七の段で死ぬほど苦しむ必要なんてない。なんつってな。

anond:20181115113259

本当にどっちもどっちってケースは確かにあるんだが、大抵は馬鹿中立ぶって冷静さをアピールしてるだけなのでくだらないよな

本当にどっちもどっちなら具体的に双方の主張の正当性矛盾を指摘できるはずだが、そんなケースは一回たりとも見た事ないな

2018-11-14

anond:20181114142650

矛盾では無いが。よくよく調べてみると「日本でだけの事件」ではない事が多いのに、なんでそう予断を持って非日本人的な立場日本人をぶん殴ろうとするのかな?と。自分日本人という意識があるなら「自分も戒めねば」とは成らないのが不思議。彼らはとにかくぶん殴り好きの印象。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん