「なのだ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: なのだとは

2021-01-20

新しい略称提案

前にこんなことを書いた。

https://anond.hatelabo.jp/20201126200538

弊社はリモートワークが基本なのだけど、今日は久しぶりに書類提出の用事があって出社した。ランチの後にセブングアテマラブランドの L を選んだ。

レジの人も簡便に済ませたいだろうから、次は「デカマラブランド」と言ってあげたら親切だろうか。

なぜ補助金手続き煩雑なのか。

某有名声優が、新型コロナ対策補助金手続き煩雑だと嘆いている。

周囲の人間が誰も給付できてないし書類不備差し戻しされているらしい。

でもまあ残念ながら国民自業自得

生活保護受給要件を「本当に必要な人だけに。ズルは許さない」「国のお金なんだから厳正に審査されるべき」厳しくしていった結果、自分必要になった時の審査が異常に厳しくなるのは公務員のせいでもシステム設計のせいでもない。

自分関係ないと思っていた国民のせいだ。

なぜ政府補助金手続き煩雑なのか?

財政支出を小さくするためにあれこれ条件をつけて手続き煩雑にしている」

これは明らかに間違い。

補助金には「売り込み」という作業があって「お願いだから使ってください」とお願いしている有り様だ。

不正受給が起きるたびに厳しくしろと言った結果。

今更「手続きが難しい」「金を出さないつもりか」と怒るのは筋違いだよ。公務員だってこんなくそ煩雑なのかシステム給付なんてしたくないんだよ。

これで金額間違いや不正受給が起きたら許せないって怒るだろう。

何回も書類不備で差し戻されるということは「実際に審査して給付する気がある」ということだ。

給付する気がないならどこが不備だから直してくれなんて言わない。差し戻される、この書類をつけろと言ってるのは「出す気がある」ことの裏返しだ。

これはエンドレスに公金の取り扱いを厳しくしろ要求をされ続けた結果なのだ。こんな審査誰もしたくないが、国民要求に応えた結果である

補助金は、「出しすぎて予算が足りないので要件を厳しくする」ってこの前みたいなことはあってもことは「払いたくないか予算内だけれど申請の段階で最初から書類不備を作り出してはねる」なんってことは絶対にない。だって予算消化しないと実績にならないじゃん。

国民要求に応えた結果だ。

補助金漬けだの財政健全化だの言いまくった結果、いざ自分補助金必要な時には、こんなにしちめんどくさいことになってるってだけの話だ。

コピペが思い出せない

強迫性障害みたいな、自分言動をあとでひたすら繰り返してるみたいなやつ

すみませんすみません、」みたいなのだたかはい、わかりました、はい、わかりました」みたいなのだった気がするけど調べても出てこない

anond:20210120145245

宇野は音圧戦争帰結や現状まではわかってると思うよ。彼が根本的におかしいのはそこじゃない。

それを技術解決したのがYoutubeとかSpotifyとかですね。彼らは音圧が高い曲の音量を下げて、他の曲との音量差を少なくしました。揚げ物使った弁当弁当箱のサイズ強制的に2/3にするイメージですね。そうして消費者錯覚に騙されず本当に美味しい弁当を選ぶことができるようになりました。めでたしめでたし

ここはめでたしめでたし終点じゃなくて、今も音圧戦争は形を変えて続いている。音圧が高い曲の音量を下げるのを「ラウドネスノーマライゼーション」という。配信プラットフォームはそれぞれノーマライゼーションアルゴリズム(主にはLUFS、聴感上の音圧を数値化するパラメータ)を定めている。そして音楽エンジニアリング業界は、この制約上限に抵触せずにどうやって聴感上「圧のある」音を出せるか、という一種のハックに向かっている。「測定結果が-14.0LUFSを超える楽曲強制的に-14.0LUFSまで下げる」ということがわかっているなら、そのアルゴリズムを狙って作ればいい。

君は音圧戦争を生き抜けるか? 音楽ストリーミング時代のラウドネス・ウォー対策 (1/3)

配信時代の音楽制作〜ミックス、マスタリングの傾向と対策 – 今知るべき配信テクニック

音圧戦争から遠く離れてーラウドネスノーマライゼーションの誤解と意義

配信最適化エンジニアリングマスタリングだけでなく、基本的ビートの作り方にまで影響しつつあって、これなんかはテクノロジー音楽を変えるという最新の事例といえるんだけど、それはともかくとして、この話は結局のところ「いまの聴取環境に合わせた、いまの流行り」でしかない。リスナーに目立つように、印象に残るように聴かせる最新のテクニックではあっても、音楽自体構造が優れているか劣っているかという話とはほとんど関係ない。

ましてポップス=popular musicの一番の評価指標は「どれだけ売れているかなのだ。現にバンバン売れている楽曲を捕まえてきて、その音圧が今時っぽいかどうかにケチをつける行為には生産性がない。よく繁盛してる飯屋で「店が汚い、食器が野暮だ、なぜこんなに客が入っているのか」と言ってるのに近い。クレーマーがどう言おうが、料理が美味いと思った客が多ければ店は流行る。音楽評論家を名乗るなら、今の技術トレンドに沿っていない楽曲がなんでこんなに売れているか、という分析に傾注すべきだと思う。

https://anond.hatelabo.jp/20210120145245

ソシャゲ推しキャラの近くに人気のキャラがいる。推し自体もまあまあ人気なんだけど、体感一番人気はそのキャラ。その2人のカップリングが界隈ではめちゃくちゃ出てる。

まあぶっちゃけ言うと地雷である。正直推しカプ以外地雷なので、そこは生きにくい世の中だなあ…と思いながら見ないふりするしかない。一時期地雷すぎてそのキャラゲーム内で見ること自体きつくなっていた。

でも公式から供給を得て思った。あれ?この子めっちゃ良い子じゃない?

そう。人気キャラは良い子なのである。作中でもなかなか変な部類に入るが、突飛な思想をしていて推しに対する言動が「マジかこいつ」みたいな感想を抱かせる扱いをしているが、本当に嫌がっていることはしない(というか事前にちゃん許可を得ている)し、考え方が大人なのだ

一方二次創作の人気キャラは人の話聞かないわすぐ下の話になるわつまるところ変態化されているのが多い。そんな子じゃねえじゃん。知らんけど…。なんでこの話読んでそんなの浮かぶの?みたいなのが結構ある。セックスさせたいだけなら喋んなくていいのにとすら思う。

キャラのことは嫌いじゃないけど、このキャラ推してるやつのことは嫌い。絶対そうじゃない人もおるだろうけど、いかんせん旬ジャンル数が多すぎて精査できない。とにもかくにも関わらんとこ!と思った。

コミュニケーションが人並みにできるようになりたい

一度だけ人と付き合ったことがある。

時間無意味LINEのやり取りをするのやそもそも電話が苦手なのだが、相手はそれをコミュニケーション手段とするタイプだったらしく頻繁に要求してくるので、3回に1回くらいは返答していた。

結果、「僕のこと嫌いになった?」を日に何度も言ってくるようになった。

面倒になったので別れた。正直組み合わせが悪すぎたと思う。


最近ネット上で仲の良い友人ができた。

文章ネタがとめどなく溢れてくるタイプで、創作者として尊敬している。ただし連絡が多い。あと会話の主導権を強引に持っていくところがある。

嫌いではないけど、自分精神力が十分あるときでないと辛いものがある。返事はたまにだけ返す。(というか、こちらが返答を練っている間に3通くらい別の話題ポンポン飛んでくるため結果的にそうなる)

一週間前、いつも通りTwitterDMに連絡が来た。

曰く、「ごめん、私のこと嫌いになった?」


返事はまだしていない。

時代に追いつけてないので、今のデジタル技術に閉塞感を感じてる

時代についていけてないオッサン独り言なのだが、今のデジタル技術に閉塞感を感じている。


機械学習論文を読んで実装してを繰り返しているが、なんせ金がなくてクラウドを使えない。

(安いクラウドくらいは書籍ネットで調べて使えているが、業務でやってる人からするとレベルは低い)

1回数十万~億単位の金なんて個人では無理で、RTX3090だと結果が出ない。

電気代も数万かかってしまっている。

時代に追いつこうとして取り組んでいるが、やりたいことではない。


物理が好きなので、応力、流体、電磁波光学電子といったシミュレーションがやりたいことだが、

GAFAMと呼ばれるところが良い物を出してくれるわけではないので、良くならない。

UIを作れるスキルがあればいいのだが、残念ながら古臭いインタフェースしか作れない。それにUIを作りたいわけでもない。


電子回路だとラズパイを使うよりも作りたいのだが、

オープンソース個人で買えるレベル設計ソフトでは機能が足りていないし、

USBHDMIの規格にあっているかのチェックをするハードウェア個人では買えない価格のままだ。


ゲーム配信したり、ネットフリックスを見たり、漫画電子書籍で読むといった、

時代にあった物が楽しいと思えればいいのだが、自分には合わず止めてしまった。

今の主流に乗っていて、次々と新しいものが出てくるのを楽しめていれば閉塞感も感じないのだろうが。

エンタメ」ってジャンルがよくわからない

よくニュースサイトで「エンタメ」ってあるぢゃん?

あれがよくわからない。

中身をみると、たいてい芸能人がどうしたという話なのだが、

直訳するとエンタメは「娯楽」である

芸能人情報が「娯楽」かどうか、という点がなぞである

さらにつきつめると、

人間とは、他人や隣人のウワサ話を、

根本的に好む性質がある、といえるのではまいか

からこそ、見も知らぬ芸能人がどーしたという話を

「娯楽」ととらえているのではないか

今日の二階幹事長

1939年昭和14年2月17日まれ

もう引退間近の二階なのだ

老害甚だしい

自民党青年局が二階幹事長ら党幹部に次の衆議院選挙で「73歳定年制」のルールを厳守するように求めました。

自民党衆議院選挙比例区では73歳以上の候補者を認めない「定年制」を設けています

菅総理大臣山口選対委員長は定年ルールを堅持すると確認していますが、去年6月にはベテラン議員を中心に、このルール撤廃するよう求め、二階幹事長理解を示していました。

鼻出しマスクと釈放

まだまだ冬のツラい季節で、場所によっては雪の影響もうせないところだが、鼻出君の病気も次第に快方に向かい共通テスト受験できるようになった。

「なぜ鼻を出していたのか。?」

眼鏡をかける人なら分かると思い、鼻まで覆うと眼鏡が曇ってしまう。そうなると問題文が読めない。読めないと解けない。ないないづくりの無限連鎖なのだ

ウィスキーと雪

昨夜は再び降雪があったようで道がうっすらと白くなっていた。自動車などが通ったあとは凍り付いており、いわゆるアイスバーン状態と化していた。このような悪いコンディションであるにもかかわらず競隈君は復帰し出社してくる予定だ。

▲出社する前に近くの薬局に立ち寄った。その店は薬局だというのに乳製品などのいろいろな食料も取り扱ってるのであった。会社での休憩時に楽しむことができるものどもを購入することとした。その店は薬局なのにキャッシュレスシステムなんぞにも対応していた。私はレジにおいて携帯端末を取り出し支払いを済ませることができた。財布の中にある小銭には指一本触れさせなかった▲その後薬局から雪の中ひたすら会社まで歩いた。今週から部署が配置換になっていたのを忘れ異なる道をたどってしまった。つまり遠回りしてしまった属性が私なのだ。社に着くとすでに出社していた競隈君が話しかけてきた。

「君はニッカ派なのか?それともサントリーか」というので、私は何をたずねているのかよくのみ込めず「ニッカとかサントリとかなんのことですか?」と答えた。▲彼は「トホホギス」と笑いながら「ウイスキーだよ。君にはお世話になったかウイスキーの一つも贈呈しようと思っちゃったりしちゃったりして。。。」競隈君の郷里にはウイスキー醸造所が乱立しており、実家の知り合いを通じてウイスキーを実費で取り寄せることができるとのことだ。ほどなくして、ニッカのウイスキーボトルをもって私の下宿にやってきてくれた。

デスクトップパソコンWiFi

春になって、陽気がだんだんと暖かになると、V君の病気も次第に快方に向かい、五月の末にはまた出勤できるようになった。

「君の家のPCメーカーはどこかね?」

彼が久しぶりに出勤した最初の日に突然尋ねた。私は不審に思いながらこたえた

「岩派です。台湾の有名な。。。何ですか?」

「いや、じつわね。僕も長いこと休んで少なからず世話になったのでそのお礼に思っているのだが、同じ事ならお気に入り

メーカーがよかろうと思ってね。そうだろ?その方がよかろう」

V君の郷里工場城下町で、彼の親類に関係者がいるので、そこから安く実費で分けてもらえるということであった。

数日たって、V君は自分で××社のベアボーンPCを持って私の部署を訪ねてきてくれた。

情弱な私はデスクトップまさかWiFi付属してようとは思わなかった。WiFiオプションなのだがV君が気を利かせて取り付けておいてくれたのだ。

その後社に不幸があり、私の属していた部署エアコン故障したのであった。そこで私は緊急避難的にほかの部屋に移動することとなった。そこには情報コンセントといった高級な設備はなくただ野良WiFiが飛んでいるのみであったが、

新しいパソコンがここでも役に立ったのだ。筐体の後ろからそびえたつ2本の細長いアンテナが微弱な野良電波を強力に捉え、私の仕事を下支えするのであった。

妻は、××社のパソコン作業をシコシコしている私を見る毎に次のように言った

「なんといいデスクトップですこと。あなたのような情弱がこんなデスクトップを持っているのが不思議なくらいですわ」

この処置について社員の中には不平を抱いた人もいたそうだ。まだ2年ほどしかいないものに××社製品を謹呈するなどということは嘗て例のないことだからであった。

anond:20210120041553

ふたなりにも女性器は有るから、見れば普通に興奮できるのはそうでしょう

男性器は男性なら産まれた時から付いてるんだから、見て興奮しなくても感覚普通に解るよね

「女体を見て興奮する事」も「男性器が気持ちいい」という事も普通なのに、合わさると異常になるのはおかしいという話なのだろう

anond:20210120111012

日本語として「人権の差」ってのは不自然なのがわからんの?

日本語として不自然なのがわかるかどうかの質問

 

でも宗教に近いみんなが信じるか信じないかの類のものなのだから仕方ないじゃん

質問無視してなぜか人権宗教に近いとかいう謎理論を主張しだす

 

論点ずらしで逃げ出したので論ぱっぱとさせて頂きます

本日も有難う御座いました。

anond:20210120110808

でも宗教に近いみんなが信じるか信じないかの類のものなのだから仕方ないじゃん

anond:20210120103505

日本人男性からすれば、男性のみが徴兵される韓国男性はむしろ可哀想だと思うよ。

男女平等なのだから、女も徴兵して38度線に送ればいいのに。

anond:20210120094330

そりゃフェミに言わせれば「科学のもの男性中心主義」だからだよ

同じ理屈でその気になればいつでもなんでもちゃぶ台をひっくり返せる

奴らは本質的アナーキストなのだ

活字を追えない人々

数年前、コンビニで働いていた。某からあげの容器が足りず、代わりに別の味の容器で提供する事になった。もちろん大きな文字で容器と中身の味が違うことはポップに簡潔に書き、ケースに目立つように貼り付けた。容器にもわかりやすい様に表示をつけた。それらの工夫はなんの意味もなさず、9割の人がポップなど読まずに注文してきた段階で、人は文字を読まない生き物なのだと悟った。

イベント運営をした際、指示書を作る機会があった。前年、事細かに書いた指示書は全く読まれトラブル多発の悲惨な目にあった経験から、その年は箇条書きで簡潔に、大きな文字指示書作成した。特に拘ったのは小学生がわかるレベル簡単文章記載し、必要事項は一行でまとめることだった。しかし、前年通りのトラブルは発生した。全く指示書は読まれず、書いてあることについて散々問い合わせがきた。果たして読まない人種はどのレベルの文量なら読めるのだろうか、という疑問だけが頭の中をぐるぐると駆け巡っていった。お手上げである

近頃、読解力が不足していると言われ続けているが、そもそもその要因の一つに文章を読む習慣が身に付いていない人の多さがあると考えられる。現に、Twitterなんかはその象徴として脊髄反射で怒り狂う人々が溢れている(ネットニュースなんかはメディア印象操作したタイトルをつけているのも問題だが)。記事を読んでいない事を曝け出しながら、見えない敵と戦っている姿は滑稽を通り越して最早哀れに見えてくる。ちなみに、たかだか280文字も読めない人間は本当に多い。

何故人はそんなにも文章を読む、ということができないのだろうか。活字中毒の身からすると不思議で仕方ない。気づけば生活の中に溢れる文を全て目で追ってしまうのは当たり前の事で、むしろ活字に触れないと気が狂いそうになる。しかし世の中にはたった一行ですら読めない人々が数多くいる。その一行を読むことができれば、恐らく見える世界はまた変わってくると考えられるのだが。

冷静に目の前の情報を読む、分析する、ということを誰もができるようになれば、もう少し世界は生きやすくなる様な気がする。少なくとも、読めばわかる事をわざわざ説明させられたり、読めばわかる事で無駄攻撃を受けることはなくなるだろう。

と、まあここまで書いたところで文章を読まない人間には一生この呆れを通り越した感情は届くことがないので、インターネットの片隅にしたためて鬱憤を晴らす事にする。

無職転生はなぜ「俺たちの1位」であるのか

anond:20210118194110

無職転生」を俺たちの1位と評したのは、リゼロの作者だが、これは単に、「無職転生」が長らく累計ランキングで1位を保持したからではない。他作品アニメ化に伴い、今は5位あたりに下がっているが、それでも「俺たちの1位」なのだ。その理由小説書きとしてはかなりオーソドックスものであり、単純に「出来が良く」「人間をきちんと描けているから」だ。つまり文学作品として抜きんでているから、小説であるならば自然と頭が下がるのであって、消費財的なニュアンスライトノヴェルと言う言葉にあるのであれば、「無職転生」はフォーマットこそライトノヴェルだが、本質的にはライトノヴェルではない。従って諸々の要素が、その後のライトノヴェル派生において起源位置づけられると言うこともそもそもあり得ない。フォーマット的に共通する部分があるとしてもその質と意味がまったく異なるからだ。

そう言う意味では21世紀ポップ小説界の主流ではなく、むしろ80年代90年代の「文学的にも評価されたジュヴィナイル小説」、「銀河英雄伝説」とか「十二国記」とか、新井素子の「チグリスとユーフラテス」などの系譜位置づけられる作品である

「なろう」の人気作は、いかにも「なろう」っぽいものが上位を占めると同時に、「リゼロ」もそうだが、「本好きの下克上」などところどころ前世紀のジュヴナイル小説系譜を継ぐ作品もあり、一口にまとめられるものではない。

無職転生」はニートひきこもりと言ういかにもな属性持ちを主人公にしながら、それをギャグとしては用いない。真剣にその影響、生まれ変わってもひきずる痛みを徹底的に描く。その時点ですでに「なろう」のフォーマットから遠く離れている。筆者は作者は本当にニート経験があるのではないかと思ったほどだ。つまり一個の人間属性を軽々しくは扱わないのだ。その端的な扱いがゲイ描写だろう。ライトノヴェルでは、主要な読者層である若年男性感情に訴えるホモフォビアがそのまま剥き出しで晒されている例が結構あるのだが、代表的な例がこれもまた人気作の「盾の勇者の成り上がり」だろう。まったく必要必然も無い場面で男性キャラ同士をギャグとしてくっつけて、「ホモじゃねーよ!」と言わせることが笑いになると思っているしょうもない感性が見られる。それも一度だけではなく二度三度と。他人であっても、一個の人間が生きるということへの想像力が致命的に欠落しているのだ。

無職転生」では番外編でゲイキャラクターを主題に据えた短編があるのだが、その苦悩も自負も覚悟愛情も、決して同性愛好意的ではない人にも感じられるようにしっかりと描いている。まず、そうした「創作者としての当たり前の感性」を持っている時点で、「無職転生」の作者は、なろうの主流からはかなりかけ離れている。

フォーマット的には、

1.トラックに轢かれて死ぬことで転生する

2.生まれかわって赤ん坊の時から意識があるために、ひたすら魔力圧縮の訓練をすることで膨大な魔力を手に入れる

3.複数ヒロイン結婚し、ハーレム状態になる

などのエピゴーネン派生させた要素もあるのだが、その処理の仕方はエピゴーネンとはまったく異なっている。

例として3の要素を見てみよう。

無職転生」では主人公ローデウスは、幼馴染尽くし型のシルフィ、元家庭教師ロリっ子お姉さんキャラロキシー脳筋ヴァイオレンス少女エリスと3人の女性結婚するのだが、それが読者にもキャラクターらにも受け入れられるよう、しっかりと事情を描いている。形式的にはハーレムなのだが、内実はハーレムからは程遠い。どの子大事と言う必然がきちんとあり、それぞれに誠実であろうとするから3人と結婚すると言う事情がある。

ローデウス人生において3度、アイデンティティクライシスに直面するのだが、それぞれの危機で寄り添ってくれたのがそれぞれ3人の妻なのであるドラクエVでビアンカを選ばないと罪悪感があるように、人として「そりゃこの子は捨てられないだろうよ、ローデウスさんよ!」と言う事情がそれぞれにあるのだ。

正体不明の爆発があり、家庭教師先のお嬢さんはるか土地に飛ばされて、やっとのことで2年かけて元の文明地域に戻ってきて、たまたま父親と再会できて一安心と思ったら、その父親奥さん行方不明になっていてあっぷあっぷになっていて、出来のいい息子を頼りたい気持ちもあり、いやとりあえずお嬢さんを無事に送り届けないといけないからという息子に、「おまえ、お母さんのことは大事じゃないのかっ!」と責めて、父子の断絶(和解はするけれど)、その「なんだよっ、親父も分かってくれないのかよ!」と捨て鉢な時になぐさめてくれたのが、そのお嬢さんエリス

ところがそのお嬢さん脳筋ものから、ローデウスと一緒に故郷に戻ったはいものの、なんでも出来るローデウスと較べて自分は何にもできない、横に立つためには鍛えなければ!とローデウスに「(今の自分はまだあなたには)相応しくない」というような置手紙を残して修行出奔。ローデウスは「はは。身分違いって、俺、捨てられたんだな。信じてたのに!信じてたのに!」と人間不信に。悲しくもインポに。

それを癒したのが魔法学院で再会した幼な馴染みのシルフィ。ああ、やっぱり俺を分かってくれるのは幼馴染だけだわ、とラブラブに。そこへ、親父から、「おまえのお母さんが囚われている洞窟が分かったので、救出にあたる。おまえも手伝え」と手紙が来て、妻を残して行ってみればそこにはかつての家庭教師ロキシーパーティーメンバーとして参加していた。で、この作戦、お母さんは助け出せたもの昏睡状態で、親父さんはローデウスを庇って死んでしまう。ローデウスも悲しみのどん底。慰めてくれるロキシーに縋っても誰が責められようか。で、シルフィの承諾も得て、ロキシーとも結婚

最後にはエリスが「はあ? 修行に行ってただけだけど? そう書いてたでしょ? あんたと別れるなんてあたし言ってないんだけど!?」と戻ってきて、エリスも捨てられないので結婚

そう言う事情が丁寧に描かれているだけではなく、読者が納得できるよう仕掛けも施してある。

この3人妻出会う順番は①ロキシーシルフィエリスの順序なのだが、恋仲になる順序が①エリスシルフィロキシーであり、結婚の順序が①シルフィロキシーエリスになっている。つまり出会い、フォーリンラヴ、結婚の順序がシャッフルされているのであり、「先にローデウスに目付けたのはあたしなんだからねっ!」の先が基準ごとで入れ替わるようになっている。だから「みんな先なんだから誰も捨てられないよね」と読者の納得が得やすいようになっていて、その丁寧さはハーレムからは程遠い。妻をモノとして描かずそれぞれキャラクターとして尊重してなおかつローデウス複数の妻を持たせてローデウスの誠実さも毀損しない描き方になっているのだ。

そのそれぞれのキャラクターを人間として尊重しながら物語としての整合性を両立させる姿勢は、他のライトノヴェルハーレム物にはまったく無い要素であり、形こそ複数妻ではあるものの内容はまったく別の物である。こういう丁寧さが「小説としてきちんとしている」と言うことであって、私もなろうで200作以上読んできたが、単純に完成度が「無職転生」は圧倒的に抜きんでている。

今回、日本アニメが望み得る最高の品質アニメ化されたのだが、作り手にこの作品アニメ化するためだけのために新しい会社を興させるほどの、敬意を引き出す作品なのだ。それはもう、凡百のライトノヴェルの「起源」などであったてたまるかと言うべきものである

君はある日突然、僕の前から姿を消してしまった。

何か月も何か月も大事にして、君の元に通っていた。僕は君の事が本当に大好きだった。

でも、君はある日突然姿を消してしまった。かすかに目にした記憶がある名前すら、もう自信があるほど思い出せない。

しかし間違っていたのは僕の方だ。甘えていて、対価を払う事も知らず、名前すらまともに控えておかなかった僕のせいなのだ

という訳でpornhubで「美乳」で検索すると結構上の方に出てきたビデオAV女優さんのお名前が分かる方がいたら誰か教えてください……お願いします……。

黒髪の清楚な雰囲気若い女性で、腰の動きがぐねっぐねしてたのが記憶に残ってて、動画タイトル上では女子高生ホテルでみたいな感じだったような気がする。

多分終始全裸で、バックにあるカーテンから夕焼け差していて全体的にオレンジの画面だったのが印象的だったんだけど……。

西野亮廣サロン生を見ていて気になった点

80プぺの彼と、北海道女子大生noteざっと読んだ。

彼らは外部の人間サロン勧誘しないし、

映画女子大生舞台)のチケットを外部の人間に売ろうとはしない。

サロンの内部の人に、「君から買いたい」と、「信用」「応援」によって購入されることを前提にしている。

もっと上の人だと、また違うのかもしれないが。

その点がマルチと違う。

マルチと違い、サロン以前に築いた人間関係を食いつぶすリスクはなさそうだ。

外の人間迷惑をこうむるわけではない。

そのぶん、なんのためにやっているのかがよくわからない。

サロンでの経験を、「外」でいかすため?

そのわりに、彼らがサロンの外を見ている様子はあまりない。

隗より始めよ」で、まずはサロンの内部でキラキラすることが大事なのだろうか。

それとも、西野サロンは彼らにとってはすばらしい場所で持続性があり、

内部でキラキラすることが、人生目標となっているのだろうか。

女子大生周りは、「私と雑談1時間500円」などを皆が設定しており、

その枠を買って、相談に乗ったり乗られたりしている。

そういった雑談システムを使わず相談に乗ってくれた相手には、

一円の得にもならないのに、いつも相談に乗ってくれてありがとう!」みたいなことを言っている。

女子大生は、「西野作品二次創作を書く」と宣言し、お題を募集する。

そのさい、「提供枠」として、投げ銭ができる枠を用意する。

女子大生は「応援してくれる人を増やしたい」としきりに言う。

これが「評価経済学」の実践なのだろうか。

評価経済学」と耳にするとき、すでに高い評価を得ている人が唱え、実践しているケースが多い。

しかし、評価がまだまだ低い人が実践しようとしたときに広がるのは、こういう風景なのか。

彼らが欲している評価は、あくまで内向きに映る。

西野サロン内部での評価を高めたい。

価値観を同じくする内部の人に、映画チケットを売りたい。

それらは、外から見ると、ぬるま湯にも見えてしまう。

叱咤激励はありつつも、ベース価値観ひとつ

頑張れば、否定されることはない世界

もちろん、摩擦だけが人生経験ではないし、

西野サロンに限らず、コミュニティに属すれば、

その内部での評価は気になるもの

内部から見れば厳しい世界なのかもしれない。

商法説明する」の増田は、プペルはBBQエンタメと書いていた。

BBQとしては楽しそうだけれど、サロン所属している人は、

BBQで得られるもの以上を期待して、人生を賭しているように思える。

(プペルとサロンはまた別かもしれない)

そのあたり、読んでいて居心地の悪さを覚えた。

2021-01-19

ある人生成功法則真実になるとき

成功率が0.01%だとしたら、これを10000人が実行すると1人が本当に成功する。

そしてこの1人が「私はこの方法成功しました」と証言することで、この成功法則は決して嘘・デタラメトンデモではない本物である証明される。

嘘ではないとしても確率表記されていないクソガチャなのだが、人はつい確率という概念を忘れてしまい、自分成功できるんじゃないかとこの成功法則に群がって、99.99%が何も得ずに終わる。

0.01%成功者が上に立つための死体の山の礎になるのだ。

モテなくて辛い

20代後半だが彼女が8年くらいいない。

身長も170後半、顔も普通に褒められる程度に悪くない。極度のコミュ障でもなく普通に話せる。

環境の変化があり今は収入はそこまで高くないが、前職は所謂ウケがいい業界

条件だけ見れば、普通に彼女いてもおかしくないのに、

これだけいないとなると重大な欠陥があるのではないか自分でも思う。

こうなった原因は彼女作りのために始めたナンパにあるのではないかと思う。

男子校出身自分彼女を作るために始め。結果的経験人数だけでいえば100人を超える。

しかし、恋愛経験ないままに下手に小手先でヤることばかりを重ねてしまい、

きちんと付き合ったのは1人だけ(自分は付き合うつもりでいても、相手はそうじゃないとかのパターンが多かった)。

ちなみに、前にWAISⅢ受けてグレーゾーンだったしADHD気質があることも原因のひとつだと思う。

ナンパをする中で知った女性貞操観念モテなさすぎることで、

女性嫌いになってきている自覚があり、

本当にどうしたらいいかと悩んでいる。

(のわりにすぐにコロッとドキッとしてしまうくらいには単純なのだが。)

異性に受け入れられないということで、自己肯定感がとても下がり、

なにより最近コロナで単純に人との接触も減りとても寂しい。

道ゆくカップルを見るとリアルに呻いてしまう。

他者に依らない自分の軸が不安定だとか、自分の身の丈にあってない理想の高さとか、

いろいろ原因は考えつくのだが付き合うということが分からない。

別に遊びたいとかじゃなくて、ただただ普通に好きな人時間体験を共有しあいたい。

anond:20210119223658

童貞絶滅列島高齢版にして反転させたようなやつ

世界を救うためには高齢童貞の力が必要なのだが誰も名乗り出ない

やがて一般人は「このおっさんキモいから童貞だろ」と手当たり次第に通報するようになり、おっさんの方は「徴集に応じたら生贄にされるんじゃないのか」という疑いもあって偽装に奔走する

社会疑心暗鬼があふれていく雰囲気のほうにフォーカスした終末サスペンス

やーやーなの!!!

先ほど鍋を使って出来合いの茶碗蒸し湯煎した。

茶碗蒸しはおいしい。うまいからだが温まる。

最強の食べ物ひとつなのだイマイチ話題にあがらないな。

とくに中に入っているシイタケがおいしい。

シイタケはいいぞ。ビタミンD豊富だ。

ビタミンD日光を浴びた時に皮膚で合成される。

自粛リモートワークで日光を浴びる機会が減った人も多いんじゃないか

ビタミンDにどんな効果があるのかは忘れたが、とにかくきのこを食べよう。

茶碗蒸しだけを湯煎するのもなんなので、古い生卵が一個残ってたので一緒に茹でてある。

時間適当

ゆでたまごを作るのって結構ゆで時間必要だよね。

たまに作ろうとしてレシピを見るとあまりのゆで時間の長さに度肝を抜く。

そう考えると茹で卵のコスパって悪いな。卵よりも光熱費の方が高いんじゃないか

今日私が晩酌に飲んでいるのは氷結ストロング塩レモンアルコール度数は9%だ。

大酒のみのセフレ24缶入りの奴を私の部屋に送り付けてきた。

9%は良くないと思うよ。一周回ってほろよいの3%とかがおいしくお酒を飲めると思う。

みなさんもお酒の飲み過ぎには気を付けて。

茹で卵のゆで時間を測っているわけではないので、今どういう状態かわからないんだよね。

から殻をむいて食べてみます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん