「なのだ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: なのだとは

2018-10-23

ここがダメだよジュノンボーイコンテスト

仮面ライダーになるにはどうしたらいいですか?」

ジュノンボーイコンテストに出てオスカー所属しよう!」

それが最適解なのではないか、そう思う今日この頃。皆さまどうお過ごしでしょうか。

以下の文章コンテストのものの歪みや、運営に対する不信感への愚痴ですので、ジュノンボーイ男の子たち自身問題があるということではないと最初宣言しておきます。直近(第31回)のコンテストジュノンボーイには、推し、いませんし。

まず、審査方法ブラックボックスすぎる。

今年度はチアーズ 、ショールームプラチナジュノン(ジュノンの有料携帯サイト)、本誌のアンケートハガキ審査項目となっており、それぞれの項目の順位ごとにポイントが付けられ、そのポイント上位者が次のラウンドに進める、という方式になっていた。ラウンドはBEST1000→100→50→30→15→ファイナリスト、のはず。途中で敗者復活も入ってきたりするが。

このうち、チアーズとショールームリアルタイムで結果のわかるアプリなので、順位ははっきりとわかる。大体でしかないが、通過有望な候補者が発表前に予想できるわけだ。

が、各通過段階でかなりの番狂わせが生じていた。プラチナジュノンと本誌アンケート順位公表されていないので、その2つで下克上したという言い訳通用する場合もある。しかし、どう計算しても落ちるはずのない候補者が脱落していたりもした。勿論、私の試算がザルである可能性は十分にあるが、4つのうち2つの審査項目で上位に組み込んでいる候補者が、他の2つで圧倒的に弱い、などということがそう何度も、ギリギリの線で起こり得るだろうか?

次に、候補者の扱いが蔑ろすぎる。私は候補者自身ではないので推測でしかないが、サポートがあまりにも希薄すぎるような印象を抱いた。

コンテスト候補者10から20代事務所所属している人間エントリーできないので、全員素人である

あくま自分から立候補してきているのだし、ある程度は大変なことは覚悟すべきだとは思う。しかし、学生がメイン候補者であるのに都内に集まらせる行事を平日にやったり、チェキ会までやらせるのはどうかと思う。というか、チェキ会は明白に労働ではないだろうか…。

あと弁当がショボい。(言いがかり)



最後素人をダシにして金を絞り取りすぎ。

前述したように、このコンテストショールームチアーズ、プラチナジュノン、本誌読者アンケートの4つの項目で審査される。この4つに金が絡まないものは一つもない。

プラチナジュノンは確か月額300円くらいだし、本誌は当たり前に代金がかかる。ショールームチアーズは無課金でも応援できるが、まあ、そんなものは塵と同じである

飼いならされたオタクである私は、今更芸能界搾取構造に憤ることはできない。金出す奴が偉いし金なし茶の間は黙ってろ、というのはどの界隈でも見られる空気感ではある。

しかし、それはあくまでそれが推し還元されるという前提があってこそのものだ。(その前提も希望的観測の上に立っているに過ぎないが。)

どれだけ課金しようとも、ジュノンボーイコンテストでは推しの懐には一銭も入らない。もちろんポイントを稼げればラウンド通過なり敗者復活なりはできる。が、そこにはブラックボックスがあるし、出来なければそれで終わりだ。

素人なのに金が関わってくるというのは、読者投票で成り立っている雑誌系のオーディション全てにおいて、昔から言えることではある。だが、SNSの発達によって、金を出している相手ダイレクト交流出来るようになった今、それが候補者プレッシャーになりすぎていると思う。

まだ成人していないような一般人男の子たちが、なんのリターンもサポートもない状態課金たからとデカイ口を叩く人間やよくわからん荒らし配信で捌きつつ、課金の金は運営に全部行くのである。謎。

てか何度も言うけどチェキ会は労働じゃね?!!?!?

私の推しはそんなにぶっちゃけて話す子ではなかったが、「課金してもらうのは心苦しい」というニュアンスのことは言っていたし、重課金説教オタクにあーだこーだ言われて疲れているように見えた。(私がその人のこと嫌いだったからそう見えただけかもしれないけど)

お金を払われることに責任を感じることは悪いことではないけれど、それはお仕事に出来てからの話だ。リターンを貰えないのに責任を感じるいわれはないし、でも感じてしまわざるを得ない構造に心底吐き気がした。

はっきり言ってしまえば推しに偉そーなクソリプ送るやつらが嫌いだっただけの話なのだし、ここでぐちぐち言っても何も変わりはしないのだが、ネットに投げることで何か変わればいいなーと0.0000000001%くらい思っている。

吉野家の鳥つくね丼が食べたい

商品を出して回していくと思ってたのに、もう何年も出ていない。

鳥すき丼は甘すぎるのだ。

うなぎよりも、つくねなのだ

アズールレーンpixivイラストを見てる時が一番面白い

周回が面倒だったのでアズールレーンアプリは削除したけど

いつもpixivアズールレーンイラストを見てる

俺はアズールレーン信者なのだろうか?

2018-10-22

結局腐女子原作などどうでも良かったのだ

某人気漫画スピンオフ結構売れている。キャラ人気に頼ったものであることを否定するつもりは無いが、そこそこ気楽に読めて、今まで知らなかったキャラのことを取り上げられるのはファン向けで興味深いものがある。

需要供給は確かに存在する。スピンオフのメイン男キャラ女性人気は間違いない。

そこに重点を置くなれば、某スピンオフには女キャラは出てこなかったのかもしれない。

しかし女キャラはしっかり出てくる。そりゃそうだ、元作品ラブコメだらけなのだから

そのスピンオフは作者監修(もはや作品を隠していないが)で、かなりのところまで原作者意向に沿って描かれていることが明かされている。

元の作品内容を知っていれば、その女キャラがメインで出て来るのは連載前からも予想できたことだった。

しかし反発があった。ラブコメ炎上した。(なんの漫画バレバレである)

実はそれまでは恐ろしいほど絶賛されていたのだ。

しかしそれ以降、手のひらを返したように、レビューは荒れまくった。

アマゾンのレビューを参考にして漫画買う人がどれくらい居るだろうか?1巻も荒らされてたが売れまくっている。

書かれたレビュー内容を否定するつもりはない。いや、内心なにいってんだコイツ?と思っては居るが、感想自由だ。書き込んだ人が本当に思っていることなのかもしれない。

しかしだ。もはや、身元を隠すという脳すら無かったのだろう。

その漫画腐女子専用スレ

「尼レビュー酷評書いた」「荒れてるのが嬉しい」「もっと書こう」「これが一般意見だ!」「はやく漫画終われ」

との書き込みが何度も散見されている。

確実にその腐女子専用スレアマゾンレビューでのネガキャン煽動しているのだ。

いわゆる「解釈違い」というもので気に食わないということはあるだろうが、何故そこまでしてしまうのだろう。

このスピンオフ青山が(名前出しちゃった)プロットまで立てていて、2巻では10話中実に7話が作者の考えた話になっている。他の話もネームから手直しが入っており、内容はギャグ日常寄りだが原作と同等扱いが出来るレベルだ。

それでもスピンオフ作者が執拗に叩かれている。原作とは違う、と怒られる。(繰り返すが漫画は売れている)

そして、キャラ叩きだ。

腐女子スレで堂々と登場キャラを叩いている。

キャラに至っては叩くのが当然レベル。メインの男より女のほうが原作には前から居るキャラなのにね…。

それにキャラ別グッズ売上マウントが酷い。グッズなくても生計立ててきた漫画なのに、売上によってスピンオフに出すキャラ変えろとか無茶苦茶言ってるのだ。

自分たちが気に食わない内容は全て不要だ。金を払うのは自分たちだ。気に食わないから買わない。ネタバレ見て叩いてやる。

アンチスレなら分かるが(?)、そうでないのが怖い。ツイでも同じことをしているやつがいる。人の感想お節介に苦言を言うためのアカウントがあるのだ。毎日毎日発狂するように批判を繰り返している。それがいくつもある。やばい

重ね重ね言うが、原作を見ていれば、この漫画がどういうものなのかは分かる。決して腐女子向けでは無い。腐女子が期待するようなことは多分この漫画では無理だ…。

言い方は悪いがここまで腐女子がこの漫画でつけ上がってしまったのは、金に目が眩みサービスしてしまった公式サイドにあるのかもしれない。

なんとかしてくれ。普通に感想が呟けて、普通に読める日は、後どれくらい待てば来るのだろうか…。ノイジーマイノリティサイレントマジョリティについて考えるばかりである

名探偵コナン95巻はめちゃくちゃ重要な巻です。

ゼロ日常2巻も既に発行部数110万部になってます

犯沢さんも売れてます。ぜひお買い求めを。

上に書いた話は犯沢さんのことかもしれないよ!?

駆動悪魔の唄に第二形態な人ってこの上なく冒涜

自身は天地万物何もしてないのに、あたかも愛すべきこの[earth ]の主人公当事者であるかのごとくスポーツ応援トランスする人がいる。

過激に身をやつすと「かの者」チームやファン罵倒したりする人もいる…奇しくもそれは、予言書に記された記述と同一の状況であった…。単なる祈り子に過ぎない…帝国にあるウータイ料理屋でウータイ料理をたらふく食べたのに…、光の戦士まで何かを成し遂げたかのように勝ち誇る。

一体何を投影してるん、これも全ては宝条のせいなのだろうね。

錯覚してるだけなら上っ面の預言書の言葉意味なんてどうだっていいんだけど、応援し……チョコボといっしょにあてのない旅をしてるだけで完全体で相手モーグリより優れた存在だと思ってるならどうかしてる。

anond:20181022224043

ブサイク芸人とかアトピーとか

ブサイクを売り?にしている芸人の多くは清潔感を感じる

一方で、ブサイクを売りにしていないけれど清潔感のない芸人存在する

アトピーから清潔感最初からない、みたいなことを言う人もいるけれど、それは努力している人に失礼だと思う

自分アトピーからわかるけど、歩くのも辛いくらい酷くなると匂いもするけれど、それでも努力している人はいて、一方で普通に歩けるようなアトピー文句ばかり言う人もいる

具体的な名前は挙げずらいので書かないけれど、ブサイク清潔感だと考えている人には通じなのだろう

GitHubインシデントレポートが大変参考になる話。

10月21日世界標準時)、日本ではちょうど午前8時頃にGitHubで大規模障害が起きた。この増田を書いている最中もまだ復旧作業中のようだ。

それはいいとして、IT技術者以外にも見てもらいたい文章がある。

October 21 Incident Report | The GitHub Blog

GitHubが出したインシデントレポート日本でいう『障害報告書』)なのだが、まず日本ではありえないぐらい短文である

日本企業でこんな短文の障害報告書なんて提出したら間違いなく上から吊し上げを喰らう。ましてや公開するとなったら『顧客馬鹿にしているのか!』と怒鳴られるのが必至。下手すりゃクビである

そんな与太話は10mぐらい放り投げて、まずは気になった部分をピックアップしていきたい。

冒頭から謝罪文が入っていない。

日本会社で大規模障害が起き、障害報告書をネットなどに上げる際にまず冒頭に入っているのが『謝罪文』。

例文として「弊社のシステムトラブルにより、多数のお客様にご迷惑をおかけ致しました事をお詫び申し上げます。」などが挙げられる。

GitHub世界中で使われているWebサービスであり、お金を払ってまで利用しているユーザーも多々存在する。(私もその一人である

当然ながら日本以外でも海外企業含め多数の利用者存在し、実際に損害を受けたところもあるだろう。

ただ、このインシデントレポートでは『冒頭から世界標準時基準で何日何時何分ごろにどういう理由で大規模障害が起きたかを書かれている。あえて翻訳するならこんな感じになるだろう。

10月21日(日) 午後10時52分(UTC) ごろ、GitHub上で展開されている複数サービス間でネットワーク障害が起こり、それと連鎖してデータベース障害が引き起こされ、正しくないデータが表示されました。

細心の注意を払いつつWebhookイベントや内部処理システム一時的に停止するなどを行い、データ整合性を保つ措置を行いました。

前文でも書いた通り、GitHubは超巨大なWebサービスであり世界中顧客を持っている存在であるいくら親会社マイクロなんとかであろうと関係がない。

しかし、このインシデントレポートでは冒頭で一切謝罪もせず淡々システム障害に対してどういう風な措置を取ったかという事を簡単に纏められている。

顧客が知りたいのは『謝罪文』ではなく『システム障害に対してどのような措置を行ったかである。その点でノイズとなる『謝罪文』を省く事により『顧客が本当に知りたかった情報』へと素早くたどり着ける。

空行を挟んで次にある文章も大変素晴らしい。

当社のサービスが開発フローに対してどれほど重要であるかを認識しており、完全復旧までの予定を確立するために積極的に取り組んでいます。この情報が利用可能になるとすぐお客様と共有します。

この間、GitHub.comで表示される古いデータが表示されましたが、保存されているデータ自体は失われませんでした。サービスの復旧が終わると、すべて正常に戻ります

さらに、このインシデントMySQLデータベースに格納されている課題やプルリクエストなどのWebサイトメタデータにのみ影響を与えました。 Gitリポジトリデータ自体に影響はありません。

具体的に何のデータが失われしまい、何のデータは影響を受けなかったのかをこれまた簡潔に書かれている。下手な謝罪などではなく、素早く顧客との情報共有を行う事も書き記されている。

個人的には、自社サービスがどれほど多くの人に利用されているか分かっているからこそ書ける文章であると考えている。問題曖昧にせず、すべてをさらけ出す事により築き上げた信用の破壊を最小限に抑えられている。

もちろん今回のような大規模インシデントは勘弁してほしいが、こういう問題天災レベルで必ず発生するものであり、事故が起きた場合にどのような企業対応を取ればいいか大変参考になった。

蛇足

炎上商法っぽいのでリンクは貼りたくなかったが、以下のツイートが気になったので引用しておく。

コミュ障エンジニア」の他の特徴として、Slackやプルリク等での文章のやりとりにおいて「断定形/詰問形/命令形が非常に多い」というのがありまして、「違います/~しまたか/~してください」みたいな、ビジネスマナー理解できてない稚拙言葉遣いをしてしまう傾向が見受けられますねw(^.^;)

https://twitter.com/poly_soft/status/1053466632561905664

…この人の理論で考えるとGitHubシステムエンジニアは全員コミュ障であり、ビジネスマナーも考えないロクでなしと言うことなのだろうか。私には理解できない。

竹村訳も含めて読んだことがなく、ジェンダー論などの知識もない素人が単に該当部分の前後英語として読んだ感じでは以下のように思った:

章のまとめ的な段落であることも踏まえると、この部分の those attributes は直前の true / false / real ... ではなくて前段落gender attributes と解する方が自然と思う。

gender attributes は acts とともに前段落で the various ways in which a body shows or produces its cultural signification と言い換えられている。これは たとえば「逞しさ」「優しさ」など、特定ジェンダーと結びつくとされる属性のことを指している、と素人には思われる(この議論文脈での常識的解釈については知らない)。バトラーはそれは expressive ではなく performative なのだという。表現的なものではなく行為遂行的なものだ、くらいに思われる。

まり、含意としては

ジェンダー自体は真とか偽とか(略)にはなり得ない。それどころか、「逞しさ」や「優しさ」のような行為遂行的な属性を確かに帯びているジェンダーは、まさにそれ故に、徹底して根本的に不確かなものともいえる」

と読める。

これを踏まえると、この段落の訳はほぼ竹村訳でよいが、those attribute を「そのような属性」と訳すと直前の「真実」などと解する誤解を呼ぶので、前段落を踏まえた理解を促す語を補った方が素人には親切な気もする。

加えて、incredible にポジティブ意味での「すばらしい」のような informal な意味も重ねて込められていると読むのはこの文脈では合わないし、そんな安っぽい言葉遊びをする理由がないように感じる。ここで斜体になっているのは単純に credible / incredible の対比と、確かな所与と思われているジェンダーが実は根本的に不確かなものといえるのだ、ということを強調したものと考えた方がいいと思う。その上で、それって incredible なことだよね、という読みを促すという意味では文彩の一種だと言えなくはないと思うが、解釈ファンシー過ぎる気もする。

anond:20181022180801

まだ日本が影響力あるとされるゲーム任天堂といいソニーといいパクリばかり、ノーベル賞とかも怪しいもんだ。

何もかも偽りしかなかった国なのだろうこの国は。そりゃあ日本すごいという嘘にすがりたくもなるだろうよ。

教養の有無と人生の充実

社会人になって数年。最近痛感するのが教養の有無と人生の充実の相関だ。

年収が高く役職持ちな人はみな教養持ちだ」、といった次元が低いことが言いたいのではない。

教養のある人物はなんというか、充実感に満ちており有意義に生きていて感性も見た目も若い気がする。

趣味も多いし、フットワークも軽い。何歳になっても好奇心知的探求心が衰えないのだろう。

少しでも気になった事があればその日の帰り道で専門書を買って熟読、海外だろうが平気で現地に赴いたりする。

常に勉強を欠かさないし、当人は「勉強」を苦を伴うものと思っておらず、むしろ楽しんでいるのだ。

類は友を呼ぶのか、周囲の家族や友人も相応に知的な人が多く、頽廃的だったり怠惰人間はあまり見受けられない。

当然、教養のある人はそれ相応の社会的地位についていることも多い。

社会的地位を獲得した後に付け焼き刃で教養を身に付けたのだろうか?いや違う、幼少期からの習慣の積み重ねだろう。

こういった知的な態度を有する人たちに接すると、無教養・無学な自分コンプレックスを非常に刺激される。

教養のある人達の会話はありきたりな雑談の途中で話題が予想しない箇所に飛ぶのだ。

姫路城改修から池田輝政の功績に飛んだり、クリミア半島からソルジェニーツィン著作に飛んだり。

ベラスケスやらサルトル、後期コルトレーンの話が出たこともあったが、無学な自分ではちんぷんかんぷんだ。

こちらが話題に参加できないでいると「あ、興味ないよね〜。うんちく晒してごめんごめん。」とすぐに平謝りし、

それ以降はグッと敷居を下げた会話(ワールドカップやらジブリアニメ、近所の旨いラーメン屋の話など)を展開してくれる。

こういう出来事が何度かあると、彼らはそのことを覚えているようで配慮からハードル高めな話をあまりしてこなくなる。

その「優しい配慮」が、かえって悲しいような悔しいような不思議感覚自分の中に呼び起こさせた。

上記の行動は、彼らの衒学趣味由来の嫌味や当てこすりだろうか?私にはあまりそう思えない。(ゼロではないだろうが。)

第一、こんな何処の馬の骨分からん小僧マウンティングしたところでなんの得もない。

なんというか彼らの「知」に対する基本的スタンスは、自分のそれと一から十まで

まるで異なっていて、そのほころびに自分勝手につまづいて痛がっているだけなのだろう。

痛がっている自分を見て彼らは「まずい!」と察し、ほころびを取り除くために

平易な話題シフトしてくれいているのだ。その気遣いが余計に胸に刺さった。

加えて彼らの凄いところはジャンルの垣根を設けずに、気になったら徹底的に探究する姿勢だ。

自分子供の頃から怪獣映画が好きなので彼らとの酒の席でシンゴジラ話題が出た際に、

第五福竜丸被爆事件からゴジラ誕生した、田子の浦港ヘドロ公害からヘドラが生まれ

バイオテクノロジーの隆盛からビオランテが生まれた、シンゴジラは言うまでもなく津波原発である

といったような感じで社会問題ゴジラ怪獣の密接な繋がりを時系列簡単に話した。

すると彼らは決してバカにする事などなく、「それでそれで」と少年のように目を輝かせて聞いてくれる。

ありがとう勉強になった。もう少し調べる。」とその場でアマゾンを使い、DVD解説本の購入を済ませていた。

うーむ、この人たちには逆立ちしても敵わないなぁ、と帰りのタクシーで溜め息が漏れた。

(次に会った時には彼は初代ゴジラはもちろん、宇宙大戦争やらサンダ対ガイラまで鑑賞済だった。これには舌を巻いた。)

彼らは目の回る忙しさの合間を塗って絶えず教養を身に付けているのだ。多忙な彼らの何倍も時間を有している自分には教養がない。

自分も彼らのような「知」に対して極めて能動的な人間になりたいが、どうやったら彼らに少しでも追い付けるのだろう。

なんにでも興味を持つ知的探究心。古典から新書まで常に読書を怠らない継続力。そして読書で得た知見をすぐに実行してしまう行動力

自分のように怠惰で流されるままに生きているような人間では彼らの足元にも近付けそうもないが頑張ってみよう。

ソルジェニーツィン、読んでみますね。あ、ドストエフスキーすら読んだ事ないからまずはそこからか。

2019年下期は外食が面倒くさい。

消費税の引き上げについては、仕方ないもんだろうと思う。

が、「酒類外食を除く食品全般」と「週2回以上発行し、定期購読されている新聞」の税率は8%のまま据え置く「軽減税率」については疑問だ。

買う側としては、まぁ、特に手間が増えるわけではないから良いか。と最初は思ったが、コンビニの利用頻度がそこそこ高いユーザーとしては、同じ商品であっても、持ち帰れば税率は8%に、イートインで食べれば外食とみなされて10%になり、イートインか持ち帰りか、会計のたび確認されることになるらしい。

ファストフード店と同じ流れになるだけ。なのだが、コンビニほど、パッと選んで、サッと帰りたいのだ。

「お持ち帰りですか?」「はい(いいえ)」のやり取りのたった4,5秒のことだけど、一度、「面倒くさいなー。」という印象を持ってしまうともう面倒くさい。

最近ではイートインのあるスーパーも増えてるがそのへんはどうなるんだろう?

スーパーで買った惣菜スーパー敷地である駐車場に停めてる車の中で食べる場合は?

大型ショッピングモールフードコートにある持ち帰りも対応している店舗なんかは?

持ち帰りとイートインどちらもある場合は別会計になるのか?

いやー。面倒くさいなー。

低所得者への配慮として設けられた「軽減税率制度

一時対策だろうけど、どうせまた増税あるだろうし綺麗事わずに一律で上げればいいのに。

異常なほど寒がりな女

同僚の40代の女だ。

デスクワーク仕事で、基本的に1日中自席に座っている。

夏場冷房をつけると異常に寒がり、ここ数週間は窓を開けるだけで寒いといい窓を閉める。

オフィスは南向きの1Fで日当たりは良い。

服装インナーヒートテックを着ており、小型のダウンジャケット羽織っている時もある。

デスク下に小型のヒーターを持ちこんでもある。

10名程度のオフィスで、その人以外は暑いと感じている。

窓を少しでも開けると、風の流れが発生し寒いと窓を閉めるため、換気も行えない。

室温計で計ると27℃。換気ができないためかなり蒸し暑い

何らかの病気では?と病院受診を勧めても、「冷房により体調を崩したから体調が悪い」

一点張り病気寒い ではなく 寒い病気 になったとのこと。

とうとう最近では自席を離れて休憩スペース等で仕事をし始めた。

もちろんPCはないので資料整理だとか、そんなレベル仕事しかしなくなっている。

換気のために窓を少しでも開けると、もの凄いスピードで窓を閉める。

離席している際に換気を行うと、戻ってきたときに寒くて体調を崩したと早退する。

まり体感温度が違う人間とどう仕事をすべきなのだろう

anond:20181022001417

政治家というより政策を見たほうが良いと思っている。

どんな政治家でも、自分と全く同じ意見ということはなくて、意見の会う政策指向していることもあれば、そうでもないこともあったりする。

ちなみに、政策っていうやつは、”悪い”ということはあり得ない。

政策化されるからには、何かしらそれによって利益(金銭という意味だけではない)を得る人がいるか政策になる。

から政策には悪いものはないが、優先順位個人的ポリシーによって異なったりする。

良いものだったら全部やればいいじゃないか、なんて言う頭の悪い人はいないと思うが、良い政策を全部できないのは、常に予算が有限だから

限られた予算の中で政策実施すれば、当然その対象にならない人、境界にあって惜しくも外れたりするひともいて、それなりに不満が残ったりするものだ。

思うに、政策善悪とか良いとか悪いとかっていう問題というよりは、優先順位問題なのだ

物事優先順位自分と近そうな人を応援する、それが選挙になる。

主語が大きいと思ったら、文の末尾に、「と思う」とつけて読んでね。

anond:20181022125158

自由闘争のなにがすばらしいってとりあえず公平なところよね。観客席も安全地帯もなし。金持ち貧乏人もファイトクラブでは平等なのだ。なんせ歯茎をむき出しにして鼻血をまきちらかす闘争空間からして。この地平に至ってはヲタフェミもやっとフラット人間関係(つかみ合いだけど)を築けるって寸法よ。こりゃ吉宗も暴れるしかねえや。

問題はそういう結末を理解しないで(相手を傷つけるという意味では言葉だけであっても)暴力を振り回してる人たちなのね。殴ったら殴り返される。当たり前だよね。殴っておいて殴り返されて鼻血が出たあとに「そんなつもりじゃなかったのにっ!!」とか言い出すひと。良くないね相手罵倒するってのは「暴力世界への参加OKサインだってのを理解しないとね−。

「じゃあ俺のお気持ちは誰が考慮してくれるの?」という痛み

昨今の流れでは、お気持ち、と揶揄されがちだが、他者感情に対する配慮自体は確かに重要なことである

ていうか、最近重要ってことになった。

というのも、ちょっと前までの人権っていうのは、個人感情というものを全く無視していた。弱者への保護は、「無知のヴェール」で有名なロールズ流の功利主義的な操作によってのみ正当化されていたし、そうでないといけないと考えられていた。だって客観的論理的議論を進めるには、感情無視した功利主義を使うしかなかったから。

でもそれじゃあやっぱり理屈から取りこぼされるものが出てくるし、そもそも現実に即してない。現実人間感情を持っていて、感情に基づいて人を助ける。もし自分弱者だったら、とかいちいち想像力を働かせて人権を守ってる奴なんていない。

理屈にならない感情個人お気持ちに対する配慮共感こそが人権を守る本当のキーなのだ

そういう事を言い出したのがだいたい20世紀後半だ。「相手気持ちを考えましょう」と俺も学校で教わった。

でもここでKKOとかの話が問題になってくるわけだ。

感情感情から理屈じゃなくて、平等じゃないんだよ。

キモいオッサン共感する人は少ない。人権の話をしているのに、*ただイケ、みたいな事が起きてしまう。

そもそも昔、ロールズ功利主義人権定義づけようとしたのは、そうしないと平等には出来なかったからだ。なのに功利主義を捨てて共感メインに走ったら、それはもちろん不平等・身内ひいきになる。そういう批判は昔からされていたが、ポリコレ運動の結実とSNSの普及が始まった2010年代になって、現実社会危惧顕在化してきた。

増田ツイッターの上っ面だけじゃなく、もっと別の文脈でも、このような批判は、既に始まっている。

https://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018080275981.html

「でた、お気持ちー!」とか揶揄している人たちが本質的に求めているのは「お前の気持ちはいいけど俺らの気持ちは?」ということだ。ヘイトスピーチを広めるネトウヨたちにも気持ちはある。しかも彼らは往々にして低所得者で、つまり社会弱者だよ。人権運動家が彼らと敵対するしかなかったの、ほんと思想危機と思うわ。

かといって、今更ロールズに戻るわけにもいかず、一体どうするんだろうね。

anond:20181022121044

規制はクソだという趣旨には同意した上で

anond:20181021192616

いくつか指摘したい。

洋ゲーって、8000円も金払ってR18ゾーニングされて

挙句乳首ゴア規制済みって

アニメ少年誌漫画とかより遥に酷い状況



漫画アニメ規制

少年誌洋ゲーよりも規制が強いとは言わないが(単純に比較できない)、

乳首ゴア描写は当然自主規制されているので、洋ゲーの方が、とも言いにくい。

ジャンプ本誌では数十年ほど乳首描写されていないし、単行本乳首を解禁できるのも限られた作品だけのようだ。

ハンター×ハンターなどは本誌ではゴアシーンは全面黒潰し、単行本では上からトーンが貼られ修正されている。(他の少年誌の例を知らなくてすまん)

リンクは、

2017年ヤングチャンピオンコミックスから出た「青年漫画」の殺戮モルフという作品ゴアシーンが、作者に連絡なくコマごと黒潰しされた例。実はこういうケースもある。

https://www.huffingtonpost.jp/2017/12/13/hokazono-masaya_a_23305844/

多重人格探偵サイコアイアムアヒーローなどは長崎有害図書指定されている。これは後述するが、ゲームレーティングなどより遥かに重い規制で、簡単に言えばAVレベルの扱いだ。

漫画場合でもグロゴアは重く扱われることがたまにあるのだ。

アニメ場合

地上波だと乳首ゴアシーンが修正されることがあるが、円盤ならそこが解禁されるのであまり問題はないか

金額についても、

洋ゲー1本あたりのクリア時間がわからないが、例え十時間だとしても少年誌でその時間を潰すには20冊は必要だろうしこれで8000円になるので、金額を持ち出すのは違うと思う。

ゾーニング

R18ゾーニングという言葉も少し微妙ゲームは厳密にはR18ゾーニングではない。

売り場を分けるなどのゆるい意味でのゾーニングなら合っているが、ゲーム年齢制限は正確には「レーティング」か。

最近おたく作品向けに使われる「ゾーニング」という言葉は、「成年コンテンツ化」の意味で、これはレーティングとは比べ物にならない規制だ。

18歳未満に販売すれば条例違反になるし、商品棚も隔離しなければいけないなど細かいルールがある。(TSUTAYAドンキホーテ、またはエロ専門店を思い出されたし) 裁判になった例もある。

有害指定も大雑把に言えばこれと同じ規制で、TSUTAYA暖簾の向こうやエロ専門店じゃないと買えなくなってしまうのだ。

レーティング

勘違いした解説をよく見るが、成年コンテンツに比べればゲームはそこまで規制が強くない。(乳首ゴア規制は許しがたいだろうが、説明するための言い回しなので勘弁して欲しい)

CERO Zの商品も全年齢向けと同じ売り場に置かれている。ジャンルごとに分かれている一般棚と大差ない。(地域店舗方針によって違うことがある)

CERO関係に法的な強制力はないので、実質的にはCERO Zを小学生が購入してもプレイしても、成年向けコンテンツと違って本来何ら問題はない。(現にプレイ動画もあるよね)

ただメーカーが注意書きを表示し、販売店が売らないだけなのだ。(一部都道府県例外があるので、そこは注意)

成年向けゾーニングもっと厳しく、CERO Zとエロゲ、R-18映画AVの差と言えばわかるだろうか。

フォールアウトやGTA、なんなら国産バイオハザードも、TSUTAYAの奥やエロ専門店しか買えないようにしろなんてことを言われたら、そりゃあ皆騒ぐでしょう。何より売り上げにも絶対影響するので業界自体が危うくなる。

表現の自由戦士が騒ぐのは、レーティングなどの段階を飛ばして、規制から成年向けゾーニングをいきなり求められるからというのも大きな理由だと思う。

規制派はこういうことを知らずに何でもかんでも規制しろ感情的に騒ぐ馬鹿なので、反対派はなるべく知識をつけた方が良いと思う。

表現の自由戦士

全然あてにならないのはその通り。

表現の自由戦士」という言葉は、

もともとが規制推進派の揶揄から始まったものなので、ご立派な大儀などはないと思われる。

敢えて言うなら、洋ゲーのように既になされた規制には何も言わないが、これから起こりそうな規制にはうるさいと言ったところか。

表現の自由戦士が無関心なのは洋ゲーだけではなく、先ほどの例で言えば、殺戮モルフという漫画の黒潰し修正に関しても、表現の自由戦士文句を言っているところをみたことがない。(ハンターハンターもかな)

表現の自由戦士は主に萌え絵専門で、「漫画アニメ」というジャンル内でも一筋縄はいかないのだ。

映画

洋ゲー規制反対については、映画と組んだほうが良いと思う。

ユーザー層が(漫画アニメより)かぶっている印象だし、ホラーに限らず映画も似たような被害も受けている。

R-18だろうと日本向けには性器セックスゴアシーンが修正カットされることが多い。

日本権利を持つオリジナルフィルム自体修正がなされたため、永遠に解禁不可能映画存在する。

加えて言えば、映画館で流れたホラー映画の予告にアニオタからクレームがついたという泣ける話もあるので、同情もしてもらえそうだ。

どこの界隈も大変だ。

一般の人はラーメン二郎絶対理解できない。

実を言うと、一般人大勝軒以前の拉麺理解できないんだけど、あれらはまだ昼食的な要素を内在してるから、そっちだけを受け取ることはできる。

それまで昼食的な要素+拉麺的な要素だった中華料理屋(中国)が、ラーメン二郎へと移行する時に大衆的な要素を切り捨てたのね。より純粋拉麺進化するために。

から、それまで昼食部分だけを受け取って喜んでた一般人は急に食べきれなくなりゲリピーを起こした。

だけど、拉麺理解者は大勝軒以前にも拉麺部分しか見てないか一般人が何を騒いでるのかわからない。

一般の人って、盛付けの凄いやつがラーメン二郎になるとか勘違いしがちだけど(二郎=豚エサ論もその変奏)、全く質の違うもの

意識高い系ラーメンって、スープをひすたらゴミひとつなく綺麗にアク取りするようなもの。食った気がしない。

日本エリート(慶應大学三田キャンパスを除く)って教養がない極東田舎者からラーメン二郎理解できない。すぐに「意識高い系」を持ち上げる。怖いんだろう。自分理解できない拉麺が。二郎インスパイアですら大多数は完食できないんだものあん初心者向けなものですら。

とにかくアジア(三田近辺除く)って拉麺後進国なのね。トップ日本ですらこうなのだから新横浜"ラーメン"博物館野菜ポタージュと焼き醤油脈絡なく展示してマシマシしてるレベルもの

まず日本(三田近辺除く)に生まれた時点で、ラーメン二郎理解するには圧倒的に不利。こんなこと言うと、「一般人にもわかやすく(量を)説明できるのが一流ダー」みたいな恥ずかしい駄々っ子が沸いてくるけど、二郎って歴史上一度も少食を相手にしてないので。

昔は慶應ボーイ体育会系で、今は超大食いジロリアン

暖簾分けの恩恵で、関西人京都ラーメン二郎を数百円で食えるようになっただけで泣いて喜ぶべき。

そしてあれは、将来のジロリアン店長入り口としてやってるの。1000人に1人、将来二郎に貢献する人材いるかもしれないと信じて。

ジロリアンにも店長にもなれない一般人はまあ、おこぼれで"二郎系"インスパイアして食べログでもやればいいんだと思うよ。

https://anond.hatelabo.jp/20181021093430

先延ばしに関連する脳の働き

頭前皮質とは「今君は勉強すべきなんだ、成績の40%に関わる宿題の提出は明日だぞ」と私達に語りかけてくる部分で、脳内でも高機能な働きをする部分です。

そして、こちらが大脳辺縁系。これは脳内でも原始的な部分を司ります。これが「もう一話だけゴシップガールを見てから取り掛かろう」と僕らがやるべきことを後回しにする原因をつくるのです。 なぜ大脳辺縁系が常にこの議論の勝者になるのでしょうか? そこ答えは脳内のこのキュートな部分、偏桃体にあります

偏桃体は恐れや不安危険可能性を含む刺激に対する闘争・逃走反応を司る部分です。例えばジャングルで野生のライオンを遠くに発見したとします。どうしますか? 僕はどうするかまったくわかりません、野生のライオンに遭遇したことはないですから(笑)。でも、宿題提出日に宿題をやっていない時に先生こちらに向かってくる時の恐怖は知っています。 (会場笑) ライオン出会ったときと、先生が向かってくる時の恐怖に対する偏桃体の働きは非常に似ているのではないかと思います。 (会場笑) その瞬間、まずは身体が動かなくなります。 (会場笑) 手のひらに汗をかき、心臓バクバクし始め、意思決定を司る前頭前皮質機能しなくなります。なぜなら、もし野生のライオンジャングルで遭遇したとして、その時「エッセイの提出締め切りが近いぞ」と語りかけてくる脳の部分が機能し始めると、状況に対応するのに邪魔になりますよね。身を守る為に今その時その瞬間どうすべきかを決定せねばなりません。

私達が物事先延ばしにすると、身の危険を含む刺激に対する軽度の不安反応が起こります。 一体私達は何が怖いというのでしょうか? ちょっと怖くてどこから手をつけて良いのかわからず、それに直面したくないのかもしれない。そしてそれが面倒で嫌な作業であれば、不快感を感じます。それが複雑な作業で、自分能力を測られてしま作業であれば、失敗することを怖いと感じることでしょう。 完璧主義者は物事先延ばしにすることで個人的な失敗を逃れようとします。例えば、宿題の提出日が金曜日だとします。今日月曜日です。明日にでも宿題を終わらせることは可能です。しか宿題の出来がもし悪ければ、自分能力は疑われてしまます。 木曜の夜にその宿題を始め、一晩で終わらせることにした場合、もしも宿題の出来が悪くても一晩で一夜漬けしたのだから出来が悪くても仕方がないと言い訳をすることができます。「自分バカではない、一夜漬けなのだから当然だ」と。人の前頭前皮質は、それが愚かな決断であることを知っていますしかし、偏桃体は無意識のうちに反応します。

物事先延ばしにしないための対処



では、私達はいかにして物事先延ばしにする癖を直すことができるのか? 答えはメタ認知にあります。つまり「考えることを考える」という意味です。私達は「他の誰でもない私達自身明日必ず勉強をするという意思決定をする」という事実をまずは認めねばなりません。その決定をするのが怖いので、私達は自由でなまけもの思考意思決定をしてもらうのです。 それを避けるにはまず、ゴールを設定をせねばなりません。実際具体的に何をせねばならないのかをステップごとに分けて設定します。ステップごとに分けることで、その作業に対する苦手意識が薄くなります。 次に時間の設定、つまり何をいつまでにするのかを決定します。しかし何かやらねばならないことに取り組むためにこれを毎回すべきであると言っているわけではありませんよ。何かやらねばならないことに取り組む際には、これを自動的にできるよう習慣づけるのです。 そして資源計画する。作業に取り組む前の10分間を使って、その作業に取り組むために必要ものをすべて机の上に揃えます。 そしてプロセス計画します。研究によると、その作業に取り組む前に、その作業プロセスを頭の中で思い描き想像してみると、その作業が取り組みやすくなるのだそうです。目を閉じて、やらねばならないことを考えてみると、脳はそれを自分過去にすでにやったことがあるものだと認識するので、その作業がより容易になります

障害物を計画

これはつまり、何かに取り組んでいても5分ごとにFacebookを見たくなってしまうことを自分理解し、今はその作業に集中するのだと自分約束することです。 最後に失敗も計画します。例えば数学に取り組んでいるとして、ある問題が全く解けないとします。こんな時は「考えるのを諦めて、5分休憩しよう」と思うのが人の常です。「あきらめてはいけない!」というのはありきたりなセリフであるとわかっていますが、何かを終わらせようとする時に「あきらめるな」と考えることは重要であると思います勉強作業に取り組むことだけではなく、人生いかなるポイントでもそうです。何かにつまづいたからといって、他のことに逃げてはその根本的な問題解決できないのではないかと思います。歯を食いしばってとにかくそれに取り組めるようにならねばなりません。 「待っていてもダメだ。それをするのに正しい時などないのだから」というナポレオン・ヒル名言があります。私達が物事先延ばしにするのは、それをやるのに状況が完璧に整っていないと思うからだと思います。 例えば、エッセイを書くのに週末にまとめて時間を取ろうとしたり、ものすごい集中力を発揮するその時までやるべき勉強先延ばしにしたり、充分にお金を稼げるようになるまで寄付などできないと思ったり。 計画すること、思考思考すること、やるべき事をなるべき早く終わらせることを習慣づければ

異性に対してクソという人

これだから女はクソ

これだから男はクソ


同性だと関わる機会が多いので多面性があることを知っている。

性格が合わない友達とは付き合わなくなるので性格が合う同性が周囲にいることになる。

異性ももちろん同性と同じように多面性があり、性格の合う合わないがある。

異性である前に人間なのだから

異性と関わりが少ない人間はそのことに気付いておらず、理想化してしまう。

そして理想から外れた一面が見えた時「これたから男は/女はクソだわ」とひとまとめにする。

裏切る人間や、人を表面しか見ない人間自分のことしか考えてない人間は男女問わず確実に存在する。

プリキュアショーツが白いのは、パンツの設定がないか

今北産業なので、今さら書くのを許して欲しい。

変身前のプリキュアの白いショーツ性的からしからんという意見を読んだ。

わざわざ覗いて、ショーツが白いの何のと大騒ぎをする男子中学生マインドには恐れ入るが、だからといって、このキャラクターショーツの設定を決めるのは間違っていると思う。

変身後のプリキュアは、基本的にはアクションシーンで下着が見えることはない。

おおよそはスパッツパニエ下着(というかショーツ)が見えない設定になっているし、下着が見えるようなアングルで描かれることもない。

では変身前はどうかというと、これも、スカートがめくれて下着が見えるようなシーンはない。

ずっこけようとすっ転ぼうと、下着が見えてしまう描かれ方はしない。

これは15年間徹底している「お約束なのだろう。

描かないのだから、設定すら必要ないことになる。

だが、玩具として着せ替えやフィギュアになったときに、「下着は着ていません」ということは有り得ない。

そこで、デフォルトとして「白、あるいはキャラクターイメージカラーの単色の下着」を取り敢えず着せておく。

500円くらいで売っているグンゼの白いショーツだと考えるのが一番イメージやすいだろう。

フィギュアは一つ一つ手塗りだろうから、一律に白いショーツにしてしまうのが一番簡単で良い。

今どき、白いショーツ自体が珍しいアイテムなのは言うまでもないのだが、下手な設定を付け加えるよりはフェティシズムを刺激しない(無論、そういうフェティシズムを持つ人もいるだろう。しかし万人が納得するものなどこの世にはないのだ)点で選ばれるのは「白かピンク」であろうし「プリキュアちゃんパンツ穿いてるよ」というわかりやす記号でもある。

白いシンプルショーツは、むしろ性的記号を排した結果」であろう。

どんな下着を着せようと着せまいと、性的に興奮する人の存在はなくせない。それをなくせという方が無謀だ。

ただ、大きいお友だちは、もう少し節度を持ったレビューを心がけるくらいの気遣いは、あって良いとは思う。

シャアってなんかとにかく甘やかされたいだけなんじゃないの。そういう立場になかったからさ。ないものねだりをするもんなのだろうよ人は。

シャアアズナブルはあまえたい!」

なんか語呂がいいしダメな感じの4コマ漫画っぽいな。

anond:20181022005848

おくすりいいよー

心療内科精神科自分に合うおくすりをさがそう。

気分や感情がおくすりで簡単コントロールできるのを体験すると、気分や感情なんてしょせんそんなものなのだとわかるからいいよー

のもう、おくすり!

anond:20181021093430

現代美術理解してることと頭の良さは関係ないんだけど、なんでこういう人が多いんだろうね。



一般人印象派以前の藝術も理解できないんだけど、あれらはまだ大衆的な要素を内在してるから、そっちだけを受け取ることはできる。

言ってることがよくわからない。理解っていうのは神話とかの寓意性のことかな?それとも絵画史の流れや歴史的な背景とかかな?研究者でもなければ解説で補えばいいんじゃないかな。


>それまで大衆的な要素+芸術的な要素だった美術絵画(彫刻)が、現代アートへと移行する時に大衆的な要素を切り捨てたのね。より純粋な藝術に進化するために。

さらによくわからない。コンセプチュアルアートミニマルアート派生してきたことについて言っているのかな。現代美術はどちらかというと、大衆的な美意識を取り込んできた歴史だと思うんだけどな。


>だから、それまで大衆部分だけを受け取って喜んでた一般人は急にわからなくなりヒステリーを起こした。

>だけど、藝術理解者は印象派以前にも藝術部分しか見てないか一般人が何を騒いでるのかわからない。

もっとからない…。歴史的に見ても、新しい表現表現がでてきて反発するのはまず芸術家というか、君の言う「藝術理解者」そのものなんだよね。



一般の人って、工芸品の凄いやつが現代アートになるとか勘違いしがちだけど(オタクアート論もその変奏)、全く質の違うもの

工芸品って、部屋をひすたらゴミひとつなく綺麗に掃除するようなものクリエイティブじゃない。

日本エリート(東大京大文系理系とか)って教養がない極東田舎者からクリエイティブ理解できない。すぐに「工芸品」を持ち上げる。怖いんだろう。自分理解できない藝術が。佐藤可士和デザインですら大多数は理解できないんだものあん教科書的なものですら。

うーん、話がごちゃごちゃだね。工芸品も現代アートになるよ。オタクアート論は関係ないよ。工芸ももちろんクリエイティブだし、掃除とは関係ないよ。

ただ、役所的なところで工芸というかテクニック重視のものが持ち上げられるのは仕方ないね、わかりやすいし理解も得られやすいからね。

佐藤可士和デザインは受け入れられていると言えるでしょう。個人的に残念だったのはザハかな。


>とにかくアジアって文化後進国なのね。トップ日本ですらこうなのだから東京"国立"博物館デュシャン日本美術脈絡なく展示してホルホルしてるレベルもの

アジア文化後進国と見なすような西洋中心的な視点から脱却しよう、というのがまさに今の現代美術のメイントピックの一つだと思うんだけど、大丈夫


>まず日本に生まれた時点で、現代アート理解するには圧倒的に不利。

それはそのとおりなんだけど、「アメリカに生まれた時点で萌えアニメ理解するのは圧倒的に不利」と言ってるのと同じなんだよね。それはそうでしょう。


アートって歴史上一度も大衆相手にしてないので。

>昔は王侯貴族宗教的権威で、今は超金持ち美術批評家

? 例えば聖人の像なんかは大衆啓蒙用だよね。想定してる歴史範囲が狭すぎるのかな。


民主主義恩恵で、一般人美術館で億の作品を数百円で見れるようになっただけで泣いて喜ぶべき。

? 民主主義関係なさすぎて泣いた。


>そしてあれは、将来のお客さんとアーティスト入り口としてやってるの。1000人に1人、将来アートに貢献する人材いるかもしれないと信じて。

そんなこと考えてる人いないと思うなあ。


金持ちにもアーティストにもなれない一般人はまあ、おこぼれで"文化的"コスプレしてインスタグラムでもやればいいんだと思うよ。

おこぼれ?文化的?の意味がわからないけど、コスプレいいよね。



アート勉強し始めの高校生とかかなあ。頑張ってね。

2018-10-21

穴を卒業しま

クソみたいな気持ち成仏させるために書いたらとんでもなく長くなってしまった。便所の落書きよりひどい。









大学卒業就職して今日に至るまでの7年間、上司不倫関係にあった。ドラマ映画、巷に溢れる不倫イメージとはだいぶ違う関係だった。いや、していたことは一緒なんだけれども。とにかく今、唯一の連絡手段LINEで彼をブロック削除した。

月1、2程度セックスする関係だった。連絡が来たら私の家でセックス、2時間弱でさようなら。一番初めに一度だけ食事をしたが物は何もあげていない、貰っていない。私から連絡したことはない。LINEでのやりとりは、今から会える?→大丈夫です/今家にいませんごめんなさい/今生理中ですごめんなさい。それ以外のやりとりは0。

初めて関係を持った日の明け方、頭に叩き込んだ。何も求めない。穴だけ差し出せ、余計なことはするな。私に求められている役は、使いたい時いつでも使える無料の穴だと承知済み。だから話す時は必ず敬語名前職場と同じように◯部長と呼ぶことを徹底した。

家に来る度いつもスマホを躊躇いなくスクロールして、写真を見せながらご家族の話をしてくれた。公園でお子様の自転車練習を手伝う美しい奥様、旅先ではしゃぐかわいいお子様。

このかわいさ、親バカかもしれないけどキッズモデルになれると思わない?性格が俺に似てるんだよ、余計いじらしくて。彼氏とか絶対許さんよ(笑)一人暮らしさせるのも不安、変な虫がつかないようにしなくちゃ。大学の頃、仕送りどのくらいだった?嫁も仕事復帰してくれて教育資金貯めてるけどなかなか大変で、もっと頑張らなくちゃいけない。

嫁とは社会人2年目で結婚したよ。美人?よく言われるけど実は外見は俺の好みのタイプとは違うんだよね。結婚の決め手?性格ものの考え方、特に家族に関する考え方が俺と同じでさ、この人と一緒に生きていきたいと思ったんだよね...

写真に写るお子様はとてもかわいくて、才色兼備の奥様を心から羨ましく思った。恨み辛み妬み嫉み僻みその他負の感情は一切抱かなかった。いや、抱けなかった。勝ち負けもなかった。土俵が違った。なにもかもがダメな私とあらゆることが違いすぎた。

ないものばかりの私にないものが全てあるのは勿論、一際輝くものを沢山持っていらっしゃった。生得的なものも、努力で手に入れたものも、何もかも眩しかった。

から自分は穴でしかないと毎回確認できた。私は人間ではないのだと理解できた。

余計な口は一切聞くな。生きている穴に徹しろ。醜く貧相な顔と身体のせいで彼が萎えしまわないよう一所懸命演技をした。ごくたまに私の私生活へと話題を振られた時は、昔付き合っていた男性との話を小分けにして話した。時には友達との思い出を男性との思い出のように話した。そもそも穴の話など誰も興味はない。自分から発話する時は極力主語が"私"にならないよう心掛けた。

穴はあなたに執着していませんよ。恋愛感情なんてないですよ。形に残るものも、何もあなたに求めませんよ。誰にも話していません。誰も私みたいな奴がこんなことしていると思っていないですし。SNSにも匿名の場にも私の痕は何一つ残しません。なので、使いたい時いつでも安心して使ってください。なるべく便利な穴でいられるよう頑張ります

そういう態度を7年間取り続けた。だから7年間も続いてしまった。

しかし、彼の気持ちが私に全くなく、彼にとって私が穴でしかなくとも、そしてそのことを私が承知していても、既婚者とセックスしているので私と上司とは民法上の不倫関係にある。そんなことより何より奥様やお子様がこのことを知った時どう思うか。気持ちがないからマシだという話ではない。どんな気持ちにさせてしまうか。どれだけ傷つけるか。

家族がまだ知らないからこの愚かな行いを続けるのか?一生かけても癒えないかもしれない深い傷をつけるのか?どの口で憧れだなんてほざくのか。家族の待つ家に家に帰るのを2時間弱遅らせ、その分"お父さん"の時間を奪っているのは紛うことなきこの関係、私が自らの意思で続けている関係だ。

幼い頃、平日は父におはようしか言えないのが寂しかった。深夜お手洗いに目を覚ましてもまだ父は帰って来ていない。翌朝早起きして仕事に出る父を見送った後、お父さん昨日は2時に帰ってきたんだよ、お仕事大変だったのと母は言う。そんな職種じゃないのに。

受験のため通い始めた塾には、帰りが早くなった父が毎回迎えに来てくれていた。父は毎回必ずコンビニに車を停めて、ちょっと待ってねと私に声をかけた後聞いたことのない優しい声でどこかに電話をかける。最後には必ず、また明日と名残惜しそうに言って電話を切る。その後、お菓子アイスを買ってくれて静かな車内でそれを食べながら帰宅していた。これから家に帰るんだから母ではない。部下にはいつも詰問口調だし祖父祖母とも違う。電話相手は一体誰なのか、毎回疑問に思っていた。ただ、決して誰なのか聞いてはいけないということだけなんとなく分かっていた。

最近久しぶりに思い出して、あれは不倫だったとようやく分かった。家族での外出中、鳴り止まない携帯の着信を無視する父に母が激昂していた姿も思い出した。あの頃寂しかった私がこれ以上こんなことを続けてはだめだ。

上司仕事が出来、優しく余裕があり、仕事の話もプライベートな話もとても面白い。初めて顔を合わせて挨拶した瞬間、ああこの人のことを好きになるなぁと何の根拠もない直感が走ったが案の定、一緒に働き始めてからすぐ上司を好きになった。周りから、×さんのこと◯部長が褒めていたよと話を聞くと浮かれた。あまりにもベタパターン。私の目はハートマークを隠せていなかっただろう。思い返すと苦笑しか出てこない。だからプライベートの連絡先を聞かれて嬉しかった。一緒に食事をとっている時、これは夢なのかと思った。

ネジが外れている大馬鹿女だから、ご家族の話を聞くとますます好きになった。こんなに素敵な人だからこんなに素敵なご家族がいるんだ、いや、素敵なご家族がこんなに素敵な人を作っているんだ。そんな人が、好きな人が、身も心も醜い私の穴を使ってくれる。せめて求められた穴役だけは完璧に、穴でいいから求められていたい。気持ち悪いことを考えていた。

しかし頭の悪い私に自分コントロール出来るはずもなく、毎晩泣いていた。何もかも違いすぎる、あまりにも遠すぎる。だからこそ好きで好きで仕方がない。自分にないものを持つ上司勝手に引力を感じてしまう。上司自分の欠けた部分を埋められるような錯覚に陥ってしまう。自分馬鹿さに呆れる。穴として求められることに必死にしがみついている、惨めで哀れな救いようのない馬鹿

私が断れば終われるのに断れない。会えるのが嬉しいから。たくさん自分自分言い訳をしたが、結局自分が会いたいかっただけだ。自分卑下すれば許される訳でもないのに。自分勝手気持ちに蓋ができなくなる度、深夜汚い声でわんわん泣きながら人気のない場所まで車を飛ばした。

仕事後、その後予定もなく真っ直ぐ家に帰ってもメイクは落とさなかった。連絡が来るかもしれないから、2時までは極力起きておく。友人と出かける時もずっと携帯が気になって仕方がなかった。アロマが好きだったが炊かなくなった。万が一匂いをつけてしまってはいけないと思ったから。私に興味を持ってくれた人からの誘いを断り続け1人の世界に閉じこもった。

私がそうしているうちに、遠方の友人から恋愛相談は結婚の報告とお式への招待へとだんだん変わっていき、気付けば友人の半分以上が結婚し家庭を築いている。残りの友人も、恋人同棲をしていたり、趣味にいきいきと取り組んでいる。何も変わらず空っぽのままの自分が惨めで恥ずかしい。

両親からのいい人はできた?という質問祖父祖母からの×ちゃん花嫁姿が見たいなという言葉、全部笑って誤魔化してきた。ごめんなさい。本当にごめんなさい。7年間ずっと彼のご家族をご家族の知らないところで傷つけ、誰にも顔向けできないことを自分意思で続けてきた。加害者自分からもう目をそらしてはいけない。そして正直、毎晩泣くことに疲れた

本当は最後にもう一度だけ連絡を待って、世界一好きだったと伝えて終わらせようと今朝まで考えていた。でも、そんなことをしたら気持ち悪がらせてしまう。引き止められる可能性もまあ0%ではない。何よりこの期に及んでも自分に酔っている気持ち悪さ。

慰謝料のための貯金目標金額に達した。奥様やご家族が求める裁きをきちんと受ける準備をする、自分の罪と向き合う。

それから私なんかと関わりをもってくれている人達幸福をしっかり大切にできる、人間にならねばいけない。人間になりたい。それには私が悪行を断たなかった7年間以上の時間必要だろうと思う。

家族と一緒にどうか世界幸せになってほしいと思う。私なんかが願わずともそうなるのだろうと、いやもうとっくにそうなのだろうと分かっている。というかそもそも上司もご家族も私なんかに願われたくないだろう。我ながら気持ち悪い。それでもどうか心の中で願うことだけ許してほしい。

業務の引き継ぎに必要で、私の資料に書いてくれた直筆のメモが嬉しくて、こっそり写真に撮って時々眺めていたが、これは連絡先と一緒に消した。残ったのは私の頭の中の記憶とこの文章だけだ。話してくれたことはどんな些細な内容だって全部覚えている。忘れたくなくて何度も繰り返し思い出してしまう。これもやめなくては。

たくさんごめんなさい。世界中の誰より何より好きでした。さようなら

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん