「なのだ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: なのだとは

2021-11-27

BL雑記最近めぼしい本がない。

 とかいいつつ、お給料が出てお小遣いを充填したので『Canna 10th anniversary 2/4』を買った。朝田ねむい先生と文善やよひ先生とハジ先生SS連続で載っていて次の次に座裏屋蘭丸先生が載っている! すごく嬉しい!

 しかし座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥』番外編は一発ネタ1ページだった悲しい……。でも連載二本抱えた人気作家さんだから仕方ない……あるだけ有り難いんだ……。

 朝田ねむい先生SSは、連載中の『スリピングデッド』ではなく、なんと伝説の『兄の忠告』だ。ハジメとツヅキの兄弟は、短編登場人物ながらなんかすごく心に残るキャラクターから、時々蒸し返すように再登場してくれると嬉しい。ちなみに、私は朝田先生ブログ無料公開されているSS漫画に書かれていたツヅキの設定「Tシャツタグが出てる」の萌の瞬間最大風速の凄さが忘れられない。

 

ともあれ最近めぼしい本がない。

 ここの所、某BLレビューサイトツイ垢から流れてくるBL新刊情報が、どうもパッとしない。どれもこれも表紙からやる気満々の素っ裸ツルツル絵。一時、裸絡み絵じゃない表紙が多かった気がするけど、急にまた元のエロ売りに戻ったような。気のせいかもしれないが。しかし、大概のBL漫画は多かれ少なかれエロありなので、裸絡み絵表紙はゾーニングの一環としてそれはそれで読者とリアル書店のお客さん達に対しては親切だったりするのだろうか。私は一目見て「面白くなさそう」と思ってしまうのだが。

 新しいもので良さげなものが無いとなれば、先月より前に良さそうだが買うのは躊躇したものの中から選ぶかぁ。

 以下、買うかどうか迷い本。


坊主蜘蛛』(ハジ)

 カップリングタイトルとは逆に蜘蛛×坊主であるらしい。人外蜘蛛キャラデザがとてもいい。ただ、最近ハジ先生漫画連続で買っているので、ストーカーめいた自分の購買行動がちょっと嫌で買うのを躊躇している。

『辺獄のカレンデュラ』(ハジ)

 買うのを躊躇する理由上記に同じ。面白そうだけど。

『寄越す犬、めくる夜』2巻(のばらあいこ

 シーモア無料で1巻を読んだらよかったので。でもこれ全5巻なんだよなぁ(最終巻はクリスマスに発売予定とか)。長い上に1巻を無料で読んでしまったというのは、全巻コンプリートするのに長い年月を要するパターン

BANANA FISH』2巻と3巻(吉田秋生

 あ、これ非BL作品だ。

 苦労して全巻コンプリートしたぞと思ったら、なんと、2巻と3巻は0円の時に購入したものだった! Kindle本棚整理中、データを消したら2巻3巻だけ完全に消失した(購入記録まで……)。悲しい、とても悲しい! あの達成感は偽りのものだったなんて……。

 心折れてしまったので、当分買う気が湧かないと思う。

『屍と花嫁』(赤河左岸

 兄弟もの……ゴクリ。私は謎に兄弟BLが好きなのだ。好きがあまり余って自分で書いてしまうほどに……。だが、これは試し読みを読んだら嫌な予感しかしなかった。兄弟ものだしネタ面白げなのに、趣味に合わないにおいがぷんぷんにする。こういう勘って大事にした方がいいと思うんだな。

ハッピーくそライフ2』(はらだ)

 1巻を買って読んだので面白いのは分かるんだけど、読むと気力体力を削がれる系なので、どうしようかと。一般少年漫画でいえば『銀魂』とか『ボボボーボ・ボーボボ』とかみたいな、笑えるけど、読後にどっと疲れが押し寄せる感じ。

『きのう何食べた』3巻以降(よしながふみ

 これこそ、一度集め始めたら途方もないな。しかも手許にある1、2巻はKindle0円なので、コンプリートしたと思った後で泣くやつだ。



とか考えているうちに、『日々、君』(小池定路)の存在を思い出した。これか、これかな? だがお小遣いは少ない。も少し悩もう。

バカ質問にはボケで返すのが礼儀

「鮭の切り身がそのままで泳いでると思いますか?」

そう聞かれればもちろんそうだと答えるだろう。

あえて間違った答えを自信満々に言い張る。

これは質問者への礼儀であり、洗礼なのだ

anond:20211125142647

消費税は金の動きを止める税金なのだが。

金は使って、誰かの収入になって給料になって使っての連鎖となるんだが、消費にかかるから金の動きを止める。

それが故に財政出動アベノミクス効果をなくしてしまった。景気が悪くなったため、他人の足元を見れるやつだけが儲かる社会になった。

2021-11-26

クズ扱いなんでしょうね

転職3~4ヶ月目の会社が本当に嫌だ。

居る人達性格が本当に合わない。

都のやっている某事業から今のIT系会社転職して数ヶ月。

元々自分人間関係諸々が苦手であり、入社後の客先配属面談ではうまくいかず、今から1ヶ月前に唯一受かった場所現在夜勤をしている。

夜勤自体も正直、頭痛吐き気等体調が悪くなりやすく、これだけでも嫌なのだか、先述の通り人間関係不特定である自分は人の近い環境が非常に苦しい。

(一緒に勤めている人が厳しいとか業務が難しい訳ではない)

体調の悪さもあり、現場リーダーに声をかけられ、今の状況が苦しいということ伝えたところ、こちから本社(自分側)に伝えようか?と提案を持ち掛けられた。

ここまではまだ良かった。

それからしばらく、本社担当営業から客先からクレームが来ている、との連絡。

クレーム…?良くわからなかった。

この時配属していた現場本社との間には、もう一つ会社存在し、面談時に営業の人として会っていた。

(この当たりの関係がどうなっているのか、自分はいまいち分かっていない。)

おそらく、この間に何かが起こったと考えられる。

良く分からないまま、本社社長からヒアリングが行われた。

この会社社員50人程度の中小企業であり、社長との距離が近い。総務事務も1人の社員が行っている。

(それが嫌な点でもあるが)

社長から現場リーダーとどのような話をしたか色々と聞かれ、自分夜勤しんどいと感じていること、人と近い環境が嫌だということを改めて伝えた。

社長からは、客先に心配をかけないように、人間関係仕事上避けられないと言われた。

…まぁ、正しい意見ではある。

しかしその後、人間関係諸々を鍛えるため、次回勤務から現場社員雑談をして、それが出来たかどうか週報(1週間毎に提出する勤務時間に何をしたか報告書)に書いて出すように言われた。

…これ以上人を苦しめてどうしたいんだ。

自分は本当に人間関係諸々が苦手で嫌いなんだ。

それを経験努力解決しろ、というのか。

悪気は無いだろうが、あまりにも無神経に感じてしまう。

何故、ここでクビにするなりしない?何故切り捨てない?

お客様至上主義にも感じる。

まぁ、でも経験スキルが乏しい自分は仮にまた転職しても同じような失敗になるだろう。

そもそも会社で働くことが致命的に向いていないんだよ。

このまま生きても幸せにはなれないだろうな。

30になる前には死ぬべきかな。

「~なので」って書こうとして「~なのだ」ってタイプミスしてちょっとかわいいなって思っちゃった

ゲームセンターニモ

糸井重里の『MOTHER』を解き終わった。ラストでは泣いてしまったさ。けれども僕の気持ちがほんとにキュンと来ちゃったのは、最後流れるスタッフロールの、その最後最後に書き込まれ名前を見たときだった。きみがまだゲームを解き終わってないと、それが誰の名前だか言っちゃつまらいから、ここでは伏せておくよ。

でも、僕は泣けたな。ラストとは違う感じで。そして、あの人のことを思い出したんだ。僕が昔ゲームセンターでよく会ったあの人のことを。

1

その頃、僕はあるビデオゲームに熱中していた。どうしてもクリアできないエリアがあって、いつもあと少しのところで、僕のシップは大破してしまうのだった。くやしくて、ありったけの百円玉ポケットに、ゲーセンに通う日が続いた。

レバーを力まかせに動かすだけじゃだめだよ。もっと敵の動きを冷静に見るんだ」

あの人は、僕の後ろから声をかけてきた。

「きりもみ回転する敵の軌跡を見てごらん。ほら、最初に現れた無人円盤と寸分たがわない動きをしているじゃないか。あのきりもみは、きみを驚かせてあせらせて追いつめるための見せかけの回転にすぎないんだ。怖がらないで」

そのとおりだった。画面に、高速回転する敵機が一挙に来襲すると、僕はただあせってしまって、自分自分を隅に追いつめていただけたった。

「画面に映ったものよりも、形や動きのおおもとを読むんだよ」

あの人のひと言で、クリアできなかった危険エリアを通過したときの僕のうれしさときたら、そうだな、あれに似ていたよ、初めて自転車に乗れたとき声をあげたくなる感じに。その日から、あの人と僕はゲーセン友だちになった。

2

あの人は20歳くらいに見えた。僕はまだ中学生で、2人はいつもゲーセン出会った。

あの人は、ちょっと気取ったところがあった。僕に名前を明かしてくれないのだ。どうしてもと、しつこくたずねると、

「そうだな。じゃあニモニモ艦長ということにしておこうか」

と言って笑った。ゲーセンニモ艦長。もちろんそのとき、僕はニモ艦長活躍するお話を知らなかったし、ニモって言葉意味もわからなかった。

名無しの」といえば、そうそう、あの人は不思議なことを言っていた。

「僕がこうしてゲーセンにやってくる理由がわかるかい?それは、ここがまだ名前の付けられていない場所からだよ」

そんな、と僕は言いかけた。あの人は口に指を立てて、「しっ! そんなに大きな声を出しちゃ、オヤジが起きるぜ」

店番のオヤジ両替台に座って居眠りしている。あの人は続けた。

「ここには、『UFOハウス』って名前があって、ほかにも『ゲームセンターヤマト』とか『パンプキン」とか、そしてそれをひっくるめて、ゲーセンって呼ぶ名前がある。でもそれはすごく不確かな呼び方なんだ。大人たちは、どうも名付けたがるくせがあるからね。ほんとうは僕ときみがいま会っているこの場所に、名前は未だ無い」

そして、

名前が無いってことは、歴史も未だ無い。それはとても素敵なことだ」

とつけくわえた。

「でも、あいつらは名付けられないものに恐れを感じて、必ずやってくるんだ。もうすぐ、ここも追いつかれてしまうよ。夜の12時になると、たとえきみがゲームの途中でも、オヤジ申し訳無さそうに言うんだ。百円玉は返すよ、って。そして台の横にあるスイッチをいきなり切ってしまう。画面の真ん中に小さな輝点が残ってそれで終わりだ。きっと、あいつらが言いたいのはこういうことさ。12時を過ぎたら、魔法の馬車はただのかぼちゃに戻る。どうだい、少年、やっぱりかぼちゃだったろう、って」

僕は、なんだかその話を聞いてむしょうに悲しくなって、レバーから手を離してしまった。僕のシップは敵弾の雨あられのなかで、4パターンの書きかえの小さな爆発を起こした。

3

それからしばらくして、新風営法でゲーセン12時に閉まることが決まったと、友達に聞いた。あわてて僕はゲーセンに走った。もしかしたら、まだ間に会うかもしれない。でも、その期待はやっぱり甘くて、僕はあの人と会えなくなってしまった。

あの人が、ゲーセンで僕に教えてくれた事は多すぎて、とてもここには書ききれない。あの人は、なにもかも知っているようだった。でも、教師のようにふるまったことはけっしてなかった。たとえばある日、あの人は、ゲーセンの目立たないところに置かれた古いキャビネットのほうを見て、「あそこに白雪姫のお付きの精が降りてきているよ」

と言った。

パックランドの追っかけモンスターインキーピンキープリンキーたちは、白雪論姫に登場する七人の小人気持ちを託して名付けられたものだ。そのことを僕が知ったのは、ついこのあいだのことだ。ニモ艦長はいつも答えを教えないで、真実やそれに近い何かを伝えてくれたのだ。

4

MOTHER』の最後最後スタッフコール最後に書かれた名前。それに関することを、ニモ艦長が話したときがある。

映画トロン』を観て興奮気味だった僕が、あんな素晴らしい映画はない、とあの人に話したとき

「ほんとうに、そう思うかい?」

いつになく神妙な顔をされた。やがてそれは気難しい顔に変わって、やりかけのゲームが終わるまで沈黙支配した。そしてニモ艦長は話しはじめた。

「あの映画のすべてがいけないとは思わない。たしかに、あの映画機械のなかで起こりつつある事件を見えるようにしようとしている。でも、プログラムユーザー関係きみにわかやすいように言えば、ゲームゲーマー関係あん撮り方じゃ不十分なんだ。ゲームは、もっと素敵なものだ。そしてそれはプレイするきみが素敵を目指してプレイするからなんだよ。とても大切な事でいちばん目に見えない部分を、あの映画はバッサリ切っている。そしてそれは、どうじ同時にとても危険なことでもあるんだ」

僕はギクッとした。あの人がこんなに説明口調になったことは無かったし、艦長は怒っているようにさえ見えた。僕があの映画でひっかかりながらも放っぽらかしていた暗闇に向かって、あの人は矢を引いたのだ。一気に話しすぎたことを後悔したのか、あの人はちょっと照れくさそうにした。そして

「……だったら」

と誰にも聞こえないような声で、つぶやいた。その……の人の名前を、僕は聞きとることができなかった。(でも、今の僕にはあなたが呼んだ人の名前を言いあてることができます艦長。「ウォルトだったら」とあなたは言いたかったのですね)

「もうすぐ、3つの夢の時代がはじまる。いいかい、まず最初の夢は生きものならばみんな見る眠りの夢、ふつう夢と呼ばれる夢がいちばんめの夢だ。それから最後のは、きみの現実、つまりみっつめの夢は現実という夢だ。そのあいだに入るふたつめの夢、それはいままでもあるにはあったんだけれど、ひとによっては大きくなかったりした。この、ふたつめの夢の力が増して、3つの夢を平行して見る世の中がはじまる」

ふたつめの夢いは僕がみているゲームのなかの夢も入るんですね、と僕は心のなかでうなづいた。

「ふたつめの夢がコンピュータビデオ信号でやりとりされると、時間場所を超えて急に勢力を伸ばしはじめる。ほんとうは、このふたつの夢は、類人猿が骨を空中に投げ上げた瞬間に生まれた夢、すばらしい力を持っている夢なのだ。同時に、コンピュータビデオを通じてコピーされたこの夢の力は、ときに他の二つの夢をねじふせてしまうような恐ろしいことを起こしてしまときがある。大切なのは3つの夢のあいだを自由に飛び回れるきみの勇気だ。画面にうつったものは、画面の外部にあるもの投影に過ぎない。画面は直接光を発しているが、それを救いの光だと勘違いしてはいけない。それでも、勘違いやすいんだな、人間は。なんていうか、そそっかしいから」

すぐに状態お茶を濁してしまうところも、艦長にはあった。

「また、ふたつめの愛は、森にたとえられるだろう。深くて暗い森のなかで、とき地図やコパスは役に立たないことがある。迷わないためには、パンくずをちぎっていく方法だ。だけど、パンくずにたよりすぎると、鳥が食べてしまうこともあるから気をつけなくちゃいけないよ」

僕は、とても幸せ気持ちになった。ゲーセンには30台くらいのビデオゲームがあって、それぞれがそれぞれの夢を反復していた。サーカスの玉乗りの夢、第二次世界大戦飛行機乗りの夢、迷路怪物に追いかけられる夢、未知の惑星の上空を飛ぶ夢。それぞれのキャビネットゲームミュージックを奏でている。なにも知らない大人たちには、騒々しくて不快空間だろう。でも、僕にとっては、ディズニーランドエレクトリカルパレードなのだ。これはやっぱり美しいシンデレラの馬車だ。たとえ、意地悪な大人たちが寄ってたかって、かぼちゃだと言いふくめようと。

5

MOTHER』を最後まで解いた人は、『MOTHER』のストーリーとはまた別の、でもどっかで『MOTHER』とつながっている、僕とニモ艦長ストーリーに興味をもっていただけたと思う。

この夏、『インディ・ジョーンズ3』を僕は見た。そして、きみも知っている不幸な事件に心を痛めた。

「Both You and I have FUTURE.」

その男は、中学卒業するときの色紙に、そう書いた。「君と僕には、未来がある」それは僕とあの人の、ゲーセンでの暗黙の取り決めと同じだった。

艦長、どうしてあなたは、あの男に話しかけなかったのですか。それとも、僕が大きくなるにつれてあなたのことを忘れがちになったように、あの男も昔は艦長とよく話をしたのですか。色紙に書かれたメッセージは、艦長とあの男の合い言葉ではなかったのですか。

僕はそこで筆を置こうと思って、引き出しを開けた。そこにはブルーの便せんに書かれた手紙が。僕は急いで開封した。

インディ3を観た親愛なる君へ
君は成長したことと思う。インディ3は、人類最大の隠された宝物、聖杯をめぐる物語だったね。聖杯は、とき場所を変えて現れる。今日までたくさんの騎士冒険者たち聖杯を求める旅に出た。聖杯を、悪い考えの者が手にすると恐しい災いが身にふりかかる。そして探索の旅に出る者はみな自分が正しいと思っているから、誰にも災厄がふりかかるかはわからない。その人たちの前を、意外なとき聖杯は横切っていくんだ。
そこで質問をしよう。聖杯には及ばずとも聖杯に敬意をささげてプログラミングされた宝物が、初期のコンピュータゲームなかにある。

ウィザードリィの名刀ムラマサですね。「艦長!」と僕は、机の前で声を上げた。サムライにとって聖杯匹敵する名刀、迷宮の最下層にあって誰も手にしたことがないと噂される名刀ムラマサ。だから、ムラマサの噂は画面を越えて僕たちのあいだを活き活きと駆けめぐったんですね。パックマン世界白雪姫小人たちが棲んでいたのと同じで、気をつけなきゃいけないのは、聖杯はいつも聖杯のかたちで現れるのではないと、あなたはおっしゃりたいのですね。

君はもう立派な若者だ。君は、君の聖杯を探す旅に出なければいけない。君がプレイヤーなのだ。そして、忘れてはいけない。3つの夢の時代に入るとき、あの不幸を繰り返してはいけないんだ。インディの父を思い出してごらん。斎にこもりながら、あの人は古文書と向き合うことで時間空間を旅していたんだよ。あれが、ふたつめの夢の力の正しい使い方だ。ヴェニスにあるテンペラ画を、あの人はアメリカの片田舎に居ながらにしてスケッチしていたじゃないか。そして、インディアナの実際の冒険も、あの人の正しい力が守ってくれたんだ。
そして、僕も旅に出よう。きみの言うとおり、僕は臆病者だった。ふたつめの力が予想以上に強くなったので、虚無と手とつなごうとさえ考えたこともあった。あやうく過ちを犯すところだった。また。探索の旅のとこかで、僕ときみは出会えるだろう。

Summer,1989
Nemo.

出典『マザー百科』マザーゲーム論 / 野々村文宏 https://summer1989nemo.tumblr.com/

[]

JRが下記の2項目を実現すると発表するまで日記を書こうと思う。

  

JR今日も何も発表してくれなかった。

こうしてここで悲痛の叫びを書いているがJRはいまだに届かないようだ。

なぜJR障害者生活のことを考えてくれないのだろうか。

障害者は日々苦しんでいる。

からこそ日本一鉄道会社であるJR障害者のために活動する必要がある。

莫大な利益を上げているのに障害者への対応はいまだに強化しない。

頑なに障害者のことを放置し続けている。

4月車椅子事件があったというのに

何も対応強化がない。

結局JRはああしたことが何度も起きないと現状を変えないことなかれ主義なのだろうか。

障害者が苦しんでいるのがわかっているならすぐに対応するべきなのに。

そんなJRであっても明日こそは発表をしてくれると信じたい。

それしかできることがないから。

  

①全駅をバリアフリー化 ※運賃は据え置き

JR日本一鉄道会社だ。従ってバリアフリーは当然の義務

JRは莫大な利益を上げている。それをバリアフリー還元するのは当然の義務

JRがやらないと他の鉄道会社JRやらないから出来ないと言う口実が出来る。

  

②100km以下でも障害者運賃を半額

障害者が最も利用するのは電車だ。それを半額にするのは当然の義務

バス飛行機、船、公共施設等が半額及び無料なのにJRがしないのは差別に等しい。

JR日本一鉄道会社だ。それなのに他の会社がやってJRがしないのは差別に等しい。

アイドルグループが怖い

アイドルグループが怖い

すぐわかるかもしれないが、問題児が出て、メンバーの一人が急遽消えてしまったグループだ。

その一人が消えた理由はいまだにはっきりと公表していない。

建前上「体調不良」にしてあるが、メンバー心配するそぶりもせず、

しろ存在自体一切触れない。

それが「アイドル偶像」としてむしろ正しい姿なのはわかる。

人間的に一人がいきなりいなくなったことに動揺して、

ついつい話に出しちゃったり、怒ったり、そういうことが

人間的」になってしまうがゆえに、「偶像」ゆえに、

一切いなかったかのようにふるまうほうが、アイドルであることは、

納得しているのだが。

それがやはりどうしても怖いんだな。

そこに「いない」ことがまざまざと見せつけられているのに、

ここまで堂々といなかったことにできるものなのか。

前まで全員で歌っていたPVが一人減っている。

全員で歌った曲が消えている。

それがさも当たり前のように淡々と過ぎる。

そして、ファンも当たり前のように「わあ!楽しみ!」とコメントする。

いや、何度も言うが、「仕事」だし、それがアイドルとして正しい姿なのだ

から匿名に書いたのだが、やはりどうしても、怖い。

仕事だといくらわかっていても、ある日突然いなくなったメンバーのことを

一切触れずに笑顔で「次のアルバム出ましたー!」と言える人々の

ことを見ると、「ああ、この人たちアイドルとしてすごいなあ」と思う反面、

やはり、怖い。

アイドルは確かに偶像だが、別に神とか人外として見ているわけではない。

あくまでも我々に近い人間偶像として見ているのであって、

神を拝めているわけではない。

から存在がエラく遠くなった気がしてすごく怖い。

とても距離感を感じる。

あの日YoutubeLiveにコメント返してくれた反応も、

お便りを読んでペンネームを呼んでくれた時も、

あんなに近くに感じたのに、

今じゃそれがむしろ、「偶像たる存在の、人間のまねごと」にしか見えなくて怖い。

ちなみに、匿名ダイアリーに書いたのは、ただただ「怖い」という感情

吐露たかたからであって、批判するなら表のブログで堂々と書く。

しつこいようだが、「仕事である以上、それが正しいことは分かっている。

ただ、それがわかっているからこその否定的感情がどうしても抑えられないことが耐えきれず、

ここに吐き出した。

後は好きに愚痴肥溜めとして使ってくれ。

LoLを筆頭にMOBAってジャンルゲーム治安の悪いゲームなのだ

VTuber生放送だと比較コメント欄治安が良い

VTuberファンでは全くないのだが、治安の良さだけは好ましいのでたまに動画実況を見ている

anond:20211126184452

そういう考えいいと思う

自分コミュニティ有意さにただ安穏としてる人より魅力的に見える!

ところで私はほぼ①に該当する人材なのだけれどいかがかね?

冗談です

45歳以上のホワイト会社員ほとんどが働いてない

日系の大手ホワイト企業に勤務しているが、生産性が高いのは25~39歳くらいの社員で、45~65歳は働いていない。

リモートワークによってそれがはっきりとした。彼らは肩書だけあって何もしていなかった。

しか賃金テーブル40歳・50歳辺りで二度急上昇するように組まれている。

かに専業主婦子供を養っている男性社員必要とする金額」というところから給与を決めれば、

子供高校生になる40代から父親所得を高くすることになるだろう。

しかしこの考え方って「労働対価」ではなく「福祉」ではないだろうか?

 

アメリカでは解雇規制がないからすぐクビになるが、すぐ雇用保険給付されるという。

日本解雇規制が厳しく、大手企業では全く仕事をしない人もクビにならないかわりに、雇用保険書類手続きが面倒で給付が遅い。

そして解雇規制の厳しさがまともに機能しているのは大手ホワイトだけだ。

中小零細では法令順守がガバガバなので、法令無視した解雇会社倒産による防ぎようのない失業が頻発し、

そこにアメリカよりハードルが高い粗悪な雇用保険に直面させられる。

労働者を雇用している民間企業に「福祉」の機能が預けられ過ぎていることによって、

所属している企業大手ホワイトか、中小零細ブラックかによって、待遇が雲泥の差になるという状況が日本で起きていないだろうか?

 

まず、子供高校生になりこれから大学に入るから学費がかかる、というときに、

ホワイト企業社内ニートのように安住している父親に金を与える、というのが仕組みとしておかしい。

父親をここで挟む必要がないのだ。子供学費に使わずに、援助交際に使う可能性もある。

売春婦に流れた金は、フランス企業製のブランドバッグ代や、BTSの同じCD握手権のために大量購入するなどの形で、外資流れるか、

ホスト風俗ケツ持ちヤクザなどの反社流れるだけである

あるいは父親から直接、ソーシャルゲームパチスロかもしれない。何にせよ中高年の父親の財布を通過させるべきではない。

また、父親ホワイト企業勤めで子供学費を払う善良な人格なら大学に行けて、

父親ブラック企業低賃金や、買春ソシャゲパチスロの屑人格なら、

子供大学に行けない・あるいは奨学金長期間苦しむ、というのは差別じゃないだろうか。

私立大学に使っている税金ゼロにして、浮いた金を国公立大学学費無料にすることに使えないのか?

私立大学Fランなど存在価値のない大学が多すぎる。あんもの税金を使うのは100%金ドブである

私立大学などに金を使うなら国公立大学学費無料にして、地方から都市に進学した若者学生寮費に補助を出せば良いのだ。

 

また、日本は25~39歳を安い賃金で働かせて、働かない45~65歳男性に高い賃金を与えるという仕組みをとり、

45~65歳男性から家庭において子供子供母親に金を流すという仕組みをとっている。

一般男性」が「子供母親」を雇用して、出産育児家事委託するような仕組みである

家庭内に「親事業者」と「下請事業者」を作るような仕組みである

この仕組みが家庭内パワハラDVを誘発していないだろうか?

子供母親が行った出産育児といった仕事は、社会再生産に寄与する立派な仕事である

から直接、出産労働育児労働に対する賃金支給していいくらいである。

しかし現状の仕組みは、民間企業中年男性→その妻という金の流れになるように組まれている。

から夫が勤めている民間企業資本力によって妻の待遇が左右され、その結果が子供に反映されるという格差社会になっている。

民間企業に「福祉」の役割を担わせる仕組みは間違っている。これは「父親ホワイトではない子供を全滅させる最悪の仕組み」だ。

間違った仕組みのせいで、出産は「しないほうが良いもの」「リスクしかないもの」になってしまったのだ。

これも「人口再生支援福祉民間給与にして父親の財布を通過させるべきではない」案件だ。

育児労働とし、国から賃金を払うべきなのだ

 

25~39歳くらいの生産性の高い社員には高賃金を与えて、高い税率で徴税する。

そして出産した人には出産労金支給し、子供乳児から幼稚園児までの育児担当している人には毎月、

子供の世話を国のための仕事として国から手当てを支給する。育児担当するのが男性であってもだ。

そして45~65歳くらいで生産性が低下したら賃金は当然に下げる。

賃金が下がっても子供無料国立大学に行けるから困ることはない。

それがあるべき姿なんじゃないだろうか?

 

現在の45~65歳が働かずに非常に優遇されているのを見てあまりにもやるせなく、

分配されるべきところへの分配がされていないという考えが強固なものになったので、書きなぐった。

攻撃対象は日系の大手ホワイト企業社内ニートしながら年収2000万円もらっている45~65歳である

零細企業低賃金で働いているこの年代の人々については攻撃対象ではない。

しろ彼ら彼女らはもっと報われるべきである

また、乳幼児を育てた女性男性ももっと報われるべきである

動画を5分間、集中して見ていられない

数分おきに一時停止し、他のサイトを見たりして少し時間が経ってから視聴を再開する。

こんなことをここ何日か繰り返してる気がする。

テレビなんか見ていても、少ししたらチャンネルを変えてしまうし、家族と見ているときは画面を見ながら別のことを考えてしまう。

楽しい物を見ていてさえこなのだ

この落ち着きの無さはなんなのだろう?

anond:20211126162641

なまじ「わ、私はよんどしーでも一生懸命な感じあって嬉しいよ!」みたいなことを言うオタク君に優しい顔だけするけど実際はちょっと遊んでるタイプの方が好みなやつらが悪いのさ

 

そして、そういう奴らはそういう遊び慣れた奴らが小慣れたセンスで選んだものを「はい、コレ」って言いながら渡されて、そういう安すぎもしないが高すぎもしない多少人気があって売りやすい品物を渡されて小躍りするぐらいに喜ぶのさ

まさか出来損ないの少女漫画のような妙ちきりんセンスで買ったものなんてワンナイトザーメンをかけられて青臭い匂いと共にコンドーム丸めてポイされるのさ

 

から俺は『よんどしーはやめとけ』って言った人達のことを優しい奴らだと思っているぜ

そんなもん買うこともなければ買うとするならそういう手頃で小綺麗なものを買ってしまうだろうから

そして、その時に『こんな安いものだけど、気持ちが伝われば』とか思って気持ちを乗せちゃったりして

そんなことやっちゃうもんだからその後よんどしーは貰った相手の部屋で、自分は貰った相手スマホメモリーで廃棄されるのを待つだけになるとは思いもしないのさ。

まさか昔ながらのシャネルだのバーキンだのの方が使うにしても売るにしても本当に実用的だとは思わないし…

 

ましてやそんな小難しいことするより小道具とか失せ物の方が処分やすいからありがたく思われるとは考えもしないのさ…

 

でもそんな何も聞かずにサプライズプレゼントして扱いに困られるより

普通に一緒に出かけて「記念日なので何か買いませんか」とか言った方が億倍マシな気がするよ

そういうことだ、気を遣わない関係ならすぐ使えるものでもあげればいいし、気を遣いたい関係なら何がいいかを一緒に考えればいいじゃないの

からRUSHかいカラフル石鹸屋があるんでしょう、そういうところから考えていかなきゃなのかもしれません

 

まぁおいどんにはそういう経験ないんすけどね

くろむはーつ?も付けたことないし、多分アレルギーとか出てお肌が赤くなっちゃうと思うから

 

だけどまぁ、誰かになにかを買おうと思うだけ尊い行為だと思う

相手が喜ぶかどうかは別として、他者を思った行為なのだとしたら。

肛門は繊細な様でセンサーガバガバ

人間、熱いもの触ると熱く感じるし、ある一定まで

ぬるけりゃぬるい、めっちゃ熱かったら熱く感じる。

重たさも明るさも量を感じることができる。

けど肛門はそこがガバガバである

お前らうんこしてどれくらいの大きいうんこが出たか出した感覚でわかる?

スルッと落ちたと思えばめっちゃ太く長いうんこ出てる時もあるし

脂汗かい必死にひり出してみてもウサギのクソくらいの時もある。

アナルは拡がる感覚ガバガバなのだ

ということはやたらアナル拡張しようとしてる奴らは

何のためにしてるのだろう?

アナルセックスしたことないが

アナルに太いものが入ろうが細いものが入ろうが

感覚は同じなのだからアナル拡張は全くの無駄と言わざるを得ない。

anond:20211124112641

性犯罪に対する世間の反応

・そんなひどい親がいるわけがない

・報告者が嘘つきだ

・同情を引いて周囲から優しくされたい嘘つきなのだろう

食べ物きっかけで行った場所

館山

寿司が安くて美味いと聞き行ってみたが、想像以上に美味しかった上に、館山自体が良かった。また行きたい。

国立

うなちゃん。店に入って座ったら勝手うなぎの串が出てくると聞いて入店

本当に勝手に出てきたが、めちゃくちゃ美味かった。瓶ビール日本酒でやった。

国立も良かった。大学がある位しかイメージが無かったが、色々な店があり住みやすそうだった。

呼子

出張で行った。初めての九州。何の前情報無しに行った。居酒屋に入ったら凄いイカ推し。頼む。驚愕イカが透明。めちゃくちゃ美味い。鍋島でやる。

また行きたい。

川崎

タンタンメン目当て。

良かった。ソウルフード的な存在なのだろうか?

帰りに川崎競馬場でビールを飲みながら馬券を買った。2万勝った。

また行きたい。

猿払。

競馬で勝った2万をそのまま航空券に。

ホタテ目当て。

美味すぎる。そして安い。本州居酒屋でもう頼む気がしない。

これからもこの旅は続けていきたい。

年末調整への不満

会社員には恒例の年末調整職場から書類が郵送されてきて今年も書かされた。

もう手元を離れたので細かいところは記憶違いがあるかもしれないが、年末調整への不満ポイントを挙げていく。

河野太郎 行政改革担当大臣、見てるー?来年改善よろしくお願いしますね。

ソフトウェア開発の進歩完全に止まったような気がする

(ゲームの話は一切知らん)

つのまにか「Webフロントエンドの動きが速い」とか誰も言わなくなってることにふと気付いた。なんというかソフトウェアをどう作るか、という問題にたいして大枠の部分では完全に固まってしまって、あとは個別事情をどうやっていくかみたいな話しか残ってないように見える。

端的にいえば、宣言UIkubernetes聖杯だったのではないかな。

k8sにかんしては「Cloud Runみたいのでいいじゃん」みたいな話はあると思うんだけど、Envoyほしいとかなってくると結局事実上k8s必須だし、今新しくアプリ作るとき宣言UIじゃないフレームワーク使うこととかほぼ考えられんよな。で、こういう構成定番ですね、みたいになってなんかもう数年は経つ気がする。結果として日本語ソフトウェア開発の話になるとチームビルディングがどうのみたいな話しかなくなってきていて、なんかつまんねーな、と思う。

wasm+エッジコンピューティング進化でまたもっと全然新しいアーキテクチャが出てくるんだろうか。ぼくは今のところあんまりそんな気もしてなこないんですがどうでしょうか。結局そこでチマチマやって得られるユーザー体験の向上の果実って小さくねえか。とはいいつつ Cloudflare Workers でなんかできないかと遊ぶ日々なのだが。

エロ同人BL同人文化簒奪なのか

セーラームーンなかよし連載)など、少女向け作品原作とした男性向けエロ同人などの文化簒奪は行われてきた

 ジャンプ漫画など、少年向け作品原作とした女性向けBL同人などの文化簒奪お互い様である

そういう解釈をしている男性文化人がいた。

魔法少女少年兵に「大きいお友達」が湧くのは、文化簒奪なのだろうか。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%84%E3%81%8A%E5%8F%8B%E9%81%94

1982年放送の『魔法のプリンセス ミンキーモモ』において内容は女児向け、キャラクター大学生向けとして製作していたという噂・説が取り沙汰され、

作品の影響で1980年代から製作サイドに「大きいお友達」が意識され始めたとされる。

しかし、『ミンキーモモ』の構成脚本担当した首藤剛志は、生前に連載していたweb上のコラムでこの説を明確に否定しており、

想定外の年齢層にある視聴者からそのように受け取られたり、アニメ雑誌などでそのような噂を書かれたりすることに対する不快感を表明していた。

 

2000年代ではプリキュアシリーズアイカツ!など多くの女児向け作品が成人男性にも興味を持たれる一方で、

『オシャレ魔女ラブandベリー』は、“大きいお友達”が寄りつかないように意図的デザインされたと製作者が明言している。

anond:20211126005738

それを夫婦でお互いにやってないと叩かれるのが現代社会

専業主婦(主夫)がいた方が絶対なのだが、そんな収入があるご家庭は少ないので叩かれるのだ。

独身でも夫婦になってもその生活を続けるしかないのだ。

たまに来るエラい人(愚痴です)

社長など上席者がたまに職場にやって来ることがある。

わざわざ移動の時間と労力をかけて来てくださって結構ことなのだが、来るたびにそのへんにいる業務真っ只中の若手従業員らにTPOわず一方的に話しかけるものから、いちいち業務を中断させられて(お客様を待たせている場合もあるのに)正直不快であると多数の苦情が出て困っている。

若手でなくとも、私も同様に感じる。

先日同様のことがあり、私は期日の迫る業務に取り組んでいたこともあって、「集中して取り組みたいことがあるので、今はお声がけご遠慮願います」と申し出た。

すると「社長であるこの俺に対してお前の態度は非常識だ、気に入らない」といった返答があり、一瞬意味がわからず無言でいると、続けて「たまにしか来ない社長であるこの俺がわざわざ話しかけたのだから愛想よく答えるのが常識だろう!!」と急に癇癪でも起こしたかのように話し始めた。

いきなりなんだとあっけにとられているのもつかの間、その後「お前ちょっとこい」と隣の小部屋に呼びつけられ、10分程度小言が続き、結果的に余計に時間と労力を無駄にし、ストレスを受けてしまった。

限られた人員しか認められておらず、厳しい残業規制までしかれている中では、無用業務中断は極力避ける必要があり、社長とはいえ無用業務を中断させる権限まではないだろうし、そんな悪意など毛頭持ち合わせていないことだろう。

ちょっと雑談くらいいいだろ…と考えた方、わからなくはないが、ここでは話といってもいか自分が有能(?)か、過去武勇伝を語る、などよくいうめんどくさいタイプなので、文字通り話すのはめんどくさいだけなのだ

業務有用アドバイスが得られるようなこともない。

(業務精通している立場でもないしね)

他にも挙げ始めたらキリがないのだが、あまりにも自分中心すぎて困っている。

なんで仕事以外でこんな余計なストレス植え付けられにゃならんのだよ。

「アイの歌声を聴かせて」の技術的な部分に思ったこ

anond:20211125155108

AI周りの設定が雑

これは一般客には興味ない気がする

SFとかガジェット好きとかあれでいいのかな

いちいち人型ロボ作って田植えすんなよというツッコミ

他にもまともに見てたらツッコミどころ多くて

あんまり深く見るなってことなんだろうけど

俺は「良いところと悪いところがある」と思っている。ツッコミどころだらけではなかった。

ネタバレあります

まずはAIガバガバ認識をやめろ

AI概念を都合よく混ぜるな。プログラムロボット、各種ハードウェアを全部「AI」という言葉で便利に表現していたのはちょっとモヤモヤした。

とはいえシオン本質物理的な「ヒューマノイド」ではなく、ネットワーク内に漂っているプログラムだった、という最後の結末を考えると意図的なのかもしれない。

謎のスーパー日本企業HOSHIMAくん

他の企業が出てこないので作中で比較しようがないんだが、星間の存在が最大の謎だったりする。

まず「AI」の技術力という意味ではかなり高いという扱いを受けている(作中で)。現実世界でいうところのGAFAM、OpenAIみたいの水準なんだろう。

そしてロボティクス分野だとヒューマノイドを平気で量産しているし、そいつらの動作もかなりスムーズだ。ボストン・ダイナミクスみたいな技術力があるし、Tesla Botみたいな攻めの姿勢も感じられる。

あと、日本国内AIのための実験都市を作ってる(借りてる?)という意味ではトヨタっぽさもある。政府行政との調整がクッソ上手そう。

終盤では衛星も作ってるし、NECみたいな要素もあるな。

とりあえず、各企業の一番強いところを集めた「ぼくのかんがえたさいきょうの会社」ってことなんだと思う。

それにしてはJTBC感をちょくちょく出していてなんなんだ。いっそのことGoogleみたいなシリコンバレー企業感を出していても良かったと思うんだけどな。

サトミ母は転職できるだろ

サトミ母(美津子)は星間におけるシオンプロジェクトリードする立場で、研究面で数々の受賞をしたという描写がある。海外大学院ドクター取ったとかそういうタイプエリートに見える。

だが、何故お前は星間にこだわるんだ?「この会社から見放されたら終わる」みたいなスタンスでずっと生きてる。メンヘラかよ。

どう考えてもお前は海外でも国内でも好きなところに転職できる立場技術があるだろ。

しかしたら「さいきょうの会社」が世界中に星間1社しかない世界観なんだろうか。ここがいまいち腑に落ちなかった。

技術社会ナチュラルに入り込んでる描写は最高だった

これはマジで最高だった。すげえよかった。語彙がなくてごめんな。なんていうかな、無駄に「SFちっく」じゃないんだよ。

いまの俺らの生活Alexaとかルンバとか自動運転車とか、20年前には考えられないような「AI」があちこちにいるわけよ。

でも暮らしぶりっていうとそんな昔と変わらなくない?全面が画面に取り囲まれサイバー空間暮らしてるわけでもなく、普通にボロアパートで「OK, Google」とか言ってる、そんな感じじゃん。

アイうたはこの辺を上手く捉えてた。建物や人々の服装みたいな生活そのままでちょっとした便利デバイスが追加されてる社会

「今の生活の延長線上にあるAIとの暮らし」を上手く表現してたと思う。2030年代ってあんな感じになるんじゃね?くらいに思わせてくれた。

エンジニアガジェットオタク目線から言っても「まあ、あり得るよな」の範囲で収まる描写が多かったしね。

正直、田植えロボット合理性は疑問だけど、ボストン・ダイナミクスとTeslaの動きを見てるとそこまで異常ってわけでもないとは思う。Teslaが日本にあったら多分Tesla Bot田植えさせてると思うよ。

じゃあ後半はなんなんだ、シオンが一気に非現実的になっていく

俺は前半の技術描写で感心してたわけよ。だけどこれが花火ミュージカルパートで怪しくなって冷めてしまった。

(正直、花火のシーンはどうでもいい。SFミュージカルをやると現実的じゃなくなるからそこに文句はない。)

おもちゃ組み込み機器)の自然言語処理AIが何故自己拡張できんの?そして自己複製して企業ネットワーク遍在するようになる?超絶エリート集団の星間がどうしてこれを検知できない?

作中でも「ただの自然言語処理AIが」というセリフが登場するほどなのだが、何故か「そういうこともある」といった根拠のない感じで皆納得するようになる。

これまでが現実を強く意識させる描写だっただけに、ここの飛躍に頭が追いつかなかった。逆に最初技術描写が優れていたからこそかもしれないが。

せめて作中世界のSF論理でもいいから、エンベデッド機器NLPプログラム人格を持つようになった経緯は綺麗に説明してほしかったな。

サトミ母が一気に正気を喪うのでドン引き

他人カードセキュリティ室に入って何やってんだお前、完全にコンプラって概念ないだろ。まあ、最初から倫理観があまりないという意味では一貫してんのかな。

それにそんな危険人物を優秀だからといって企業に残す経営陣も狂ってるでしょ。

この暴走する役割は完全に高校生だけに押し付けるべきだったなと思う。暴走した高校生たちによって偶然にもサトミ母とシオンが再評価されて地位回復する、とかね。

まあ、自分がこういうので楽しめなくなったクソつまらない人間になってしまった可能性は否めないけど。

総じてよかった

とまあ文句は言ってるけど、重箱の隅をつついてるだけではある。

総じて良かったと思う。キャラデザ恋愛描写個人的には結構好きです。円盤は買うかも(買うとは言ってない)。

トランス女性女装したおっさん区別がつかないのでトランス女性女性用浴室を使わせるなと同じ論理なのだ

なぜそれが理解できないのだ?

極真っ当な判断だと思うがね

2021-11-25

佐賀鳥栖

文化シャッターサービス 筑後サービスステーションの従業員今日スパスパ歩きタバコ

コロナ大丈夫なのだろうか?

その吸い殻はどうする気なのだろうか?

意図しなくてもソレで火事になれば放火という事実 ソレを狙っているのか...

私の身に危険が及んだ時の為に この記録を残す。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん