「努力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 努力とは

2019-05-20

白雪千夜を批判した人間プロデューサー名乗るのやめるべき

 白雪千夜嫌いだったけど好きになったよ☆許してね☆ミみたいな漫画にいらついたから書いている。

 さんざん批判したくせに。否定したくせに。何が総選挙間中は他アイドル批判はやめましょう、だ。Pは紳士()とか言って、本音では嫌いなものを嫌いだって文句わめき散らすだけのクソガキ集団じゃないか。あとそいつらに限って双子批判しないのはなんなの?運営批判から許される云々言ってるけど、本音アイドルになった理由が気に入らないから叩く差別なんだろ?性格が気にくわないかいじめてんだろ?素直になれ。そして永遠に久保とか双葉杏とか叩いてろ。平然とアイドル差別する人間プロデューサー名乗るとか冗談も大概にしろ

 もしくは皆叩いてるから俺も叩かなきゃとか、俺も界隈に物申せるPだしここらで叩いといていいね稼ぐか、とでも思ったか承認欲求お化けのりあむかよ。最初から白雪千夜が好きになった人のこと考えたことないだろ。Pやめてデレマスアンインストールしろ

 だいたい今さら好きになったとか言って、初動で白雪千夜への悪意と悪印象ばら蒔いた罪は変わらないから。それだけで正直許せないけど、100万歩譲って、今から賠償として皆が白雪千夜を好きになるよう努力し続けろ。そしたら見逃してやる。分かったらキリキリやれ。まあお前が本心ではアイドル差別主義者の魂捨てられてないこと俺は忘れないけどな。

 他に不人気声なし弱小Pが勝手運営のつもりになって、アイドルの公平なアツカイガーとか言ってるけど、お前らの担当に声ないのはお前らが総選挙で結果出せてないだけだから。その理由には運営推してないことも当然ある。運営が出番作らないと誰の目にも止まらいからね。つまり運営アイドルの公平な扱いなんて目指してないから。普通にこれまでの総選挙結果とか他の売り上げとか見て決めてるだけだから。頭お花畑かよ。運営に推されてないと総選挙結果だすの大変だねーヨチヨチ。そんな中ちゃんスネークとかなんとかでネタ作ったり地道に頑張って結果だしてるPチャンを見習おうねー。それともそれが出来ないか新人批判して溜飲下げてるのかなー()カワイソー。P名乗れてるのは運営のおかげなのに、そこ弁えなきゃねー。というわけでお前らもさっさとPやめろ。

 あともっと許せないのは、これから白雪千夜が普通に受け入れられるようになった時、あるいは今まさに受け入れられ始めているそのときに、そいつらが、俺は最初から白雪千夜好きだったよーとか何食わぬ顔して歴史修正主義者になることだ。悪意の塊を投げつけて、白雪千夜はいくら批判しても許されるみたいな雰囲気作っといて、よくそんなこと言えるな。そんなことになる前に、白雪千夜を批判した人間モバマスデレステアンインストールして、二度と復帰するな。使ってたスマホも二つに割れ。今後シンデレラガールズに関わるな。

 千夜に投票しないと悪意に飲まれてなくなってしまうと思って必死だったけど、りあむに投票したらそいつらが苦しむんだったら、りあむにも投票してやれば良かったわ。 

 

 この文章で、P名乗ってる奴等が実はダブルスタンダード差別主義者の脳腐ったやつらばかりだという真実が伝わると嬉しい。

太っている人は諦めないでほしい

電車で座ってる時、太っている人が私のスペースに侵略してくるのがしんどい

筋肉よりもぜい肉の割合が多い液体系の人が特にしんどい

最近電車ってひとり分がなんとなくわかるように座席が凹んでるじゃん

そこを明らかに超えてこっちに超えてこられる

太ってるおじさんが特に遠慮がない

下っ腹が出てると脚を開いていた方が楽なんだよね

病気の方もいるかもしれないけれど、ほとんどはその人の怠慢でしょ

ひとり分のスペースに収まらないとしても収まる努力を怠らないでほしい

私の避けたて空いた空間あなたがはみ出していいところではなくあなたと開けたい距離だよ

anond:20190519211318

からさあ、法律禁止される事はないだろうけど運用上は認められるケースはほぼないだろう、ってこと。

そもそも普通養子縁組であれば法的には結婚しなくても出来るよ?

でも事実上独身男が全くの赤の他人の子養子にするのはまず無理。

血縁があったり、子供の実親が養親として指定してるってなら別だが。

同じように赤の他人養親にするのであれば、ゲイカップルが選ばれる事はまずないだろうよ。

ビアンカップルなら微妙だが、まず自分精子提供うけて産めば?ってなりそう。

男女の夫婦でも「不妊治療をしていたけど無理だった」って人の方が優先だし、妊娠努力もしていないビアンがそれより優先されるとは思えない。

2019-05-19

anond:20190519102437

そいつ友達を名乗る権利を付き合いを対価に買ってるだけ

思っていたのと違って大火に釣り合うメリットがなかったので解約したいけどそれを真正からいうのが下品から向こうから契約解除させる儀式をしているだけ

履歴書はいろいろ努力したけど突然に相手から解約を要求された歴史にしたいわけだ

年収男性若い美女 がともすればやっかみの対象とされるが

年収比較されるべきは料理上手ではないだろうか

どちらも後天的努力次第で得られるもの

みな障がい者

世の中、だれでも欠陥を持つ、だから、みんな、なんらかの障害を持つ障がい者ということだ。上手くいかない全てが、欠陥であり、全てが病気だ。プレゼンが下手なのも、社交性に欠けているのも、運動神経が悪いことも、絵が下手なことも。

努力と呼ばれているものは、リハビリであり、治療だ。本来あるべき自分から乖離している、それを治癒しようとしているだけだ。

障がい者のための世の中にしてほしい。僕も障がい者だし、みな障がい者から

金持ちじゃないのは自己責任だろ

自分金持ちじゃないことを社会や国や政府経営者金持ちのせいにしてるバカが増えてる。

勘弁してほしい。お前が金持ちじゃないのはお前が金持ちになるための努力をしてないからだろ。

今の時代金持ちなろうと思えば誰でもなれる。ならないという選択自分でしているだけ。

金持ちを僻んで足引っ張ろうとしてんじゃねーよ。

anond:20190519212847

言葉足りなかったね自宅だよ!

でも情報系卒だから研修中の今職場では特に困ってないんだけど

みんなはこんな時何を努力するのかなって気分になる

Facebookなんて見なきゃよかった

Facebookを見て鬱にならない人ってリア充ってことなんだろうか。

鬱にならない人が存在してることが信じられない。

自分名前活躍してる友人。

ライフイベントキラキラと書き留めているあの子

昇進したとみんなの感謝を語りつつ喜ぶ彼。

わたしは何もできてない。

自分が悪いのだけれど、キャリアを考える前に結婚してしまった。

キラキラした日々を綴るFacebookのあの子たちと、わたしは同じ高校、同じ大学卒業したはずだ。

だけれどもこんなにも差がついた。

家でわずかに在宅で仕事をしているが、今後どうしたら良いのかわからない。

在宅で貯めたお金小説講座に通って夢だった作家を目指すか。

今のままライターの道を極めるか。

子どもいるから、どうしても子ども優先してしまう。

子ども負担をかけないような、を最も優先させると、二進も三進もいかない状況でとりあえず在宅ライターしかできていない。

知ってる、note自分のページ作って自分を売り出せばいいんだよね。

ブログでもやって毎日更新してみればいいんだよね。

1つでも自分が得意な分野を作ってその記事について毎日発信してみればいいんだよね。

名を知ってもらう方法は今の世の中いくらでもあって、わたしはその大変さを感じて楽がしたくて一歩踏み出していない、ダメなだけのやつなんだわ。

今後どうしよう。

生きてきて、夢や目標がなかった時がなかった。

常に何かのために、ものすごい努力をしていて、そして1つずつ願いを叶えてきた。

子ども幸せに育つこと。

それが夢だし目標となっていて、それはいつも心の何処かにある。

その反面、子どもが巣立ったとき自分1人という人間になった時、今のままでは何をどうしたら良いのかわからなくなってしまうだろう。

毎日必死で2人の子育児をしてるけれど、わたしはどこまでもクズな気がして仕方がない。

さびさに鬱期になった。

Facebookなんて見なければよかった。

anond:20190519154156

パートナーシップといえば、日本の貧弱な養子縁組感覚のほうこそ先にどうにかするべきだろうな。

これだけ少子高齢化が進むのに、子供を増やす対策は、僅かばかりの行政支援と、あとは夫婦間の努力だけ。

あくまで、実子にこだわることばかり優先されて、子供を持つことを広げる社会的努力はなされず、そればかりか子供を持つことそのもの否定する奴らがはてなには君臨してる。

日本は、お先真っ暗すぎる。

大学院 (特に博士課程) 進学を考えるとき研究室選びのTIPS 1

タイトル通り、大学院進学希望者が、進学先を決める際にした方がよいこと、すべきことについて助言を書いた。

既に巷に溢れている記事ではあるが、様々なところで進学先の失敗談を聞いて、改めて書こうと思った。主に博士進学を考えているもの念頭に書いたが、修士就職する人にも参考になるかもしれない。

当方現在ポスドクで、大学院時代はそこそこ上手くやってきた方であるとは思っている。もちろん、相応の努力はしたが、それだけではない。上手くいった大部分は指導教員、ひいては研究室選びで良いスタートを切れたことによるのだが、修士課程に上がった当時は、右も左もわからず、たまたま見つけた研究室に進んだ。つまり、運が良かったのである

今だからこそわかることもある。また、諸所で指導教員とのトラブルの話を聞いていると「それは下調べさえしていれば避けられていた・・・」と感じることが多い。

そこで、大学院特に博士進学まで見据えて考えている人に、今自分学部4年、あるいは修士2年次であればこうするであろうというTipsを述べたい。

当然、部分的には当たり前であったり、逆に分野によって文化の異なるところもあるかもしれない。なので、納得のいく箇所があれば適宜参考にしてもらえれば幸いだ。

研究室を探す

まずは自身の関心のある分野の研究室を探さないと始まらない。研究室の探し方は人それぞれで、どうしてもその時々の巡り合わせに左右されてしまう。なので、ここでは私の経験を書く。

私の場合学部研究室テーマからは変える予定であった。具体的ではないにせよ、方向性を決めたのは学部3年生の頃で、大学にその分野の研究室がなかったのだった。仕方がないので、その分野で有名と思しき研究室を調べ、いくつか候補とした。

候補となる研究室は、学部時代指導教員に当該分野のある大学を聞いたり、学外の研究会に出席することで知った。また、見学に行った先の教員から教えてもらうこともあった。ようはとにかく、行動することだ。

ただ、私の場合は、結局最終的に行き着いたのは学部2年生の頃受講した講義で知った研究者だったので、この点は運がよかったとしか言いようがない。

学会などは、学部生が無料場合もある。絶好の機会なので参加するとよい。学会にいけば、シンポジウムで当該分野で目立っている研究者の顔ぶれを知ることもできるし、ポスター発表会場で直に会って、実働隊として研究をしている大学院生やポスドクと会話することもできる。「知識もないのに聞いても迷惑ではないのか」と不安かもしれないが、心配はいらない。大部分の研究者は、意欲的な学部生が聞いてくれることを喜んでくれる。邪険に扱ってくる者がいれば、その人の問題なので、気にしなくてよい。

研究室見学にいく

研究室見学には必ずいった方よい。大学院説明会というのもあるが、可能であれば個別アポを取って見学にいく方おすすめだ。そちらの方が平常運行状態研究室を見ることができるし、個人的質問相談ができるチャンスが多いからだ。

多くの研究者研究室大学ウェブページ自身メールアドレスを公開している。そこからコンタクトを取ればよい。大抵の場合は、返信をくれる。メールを書く際には、件名に「研究室見学のお願い」と、要件を必ず書くこと。

メール文章例を載せる。この例以外にも、「研究室見学 メール」などとググれば文例はいくらでも出てくるので、自身に合った書き方を真似つつ、丁寧かつ、要件が明快なメールを送ろう。

ポイントとしては

  • 簡潔に「進学先を探しているので見学をしたい」という要点を書く
  • 何に興味がありコンタクトを取っているのかをごくごく短く書く
  • 名前所属記載するのは忘れないように

といったところだ。

例1

————————————————————————————

○○先生

お忙しい中、突然のメール失礼します。

hogehoge大学hoge学部hoge年の○○と申します。

私は大学院進学志望でhogehogeに興味があり,○○先生研究室見学したくメールをさせていただきました。

もしお時間があれば研究室訪問させていただきたいのですがいかがでしょうか。ご連絡お持ちしております

[ここに名前]

hogehoge大学hoge学部

[ここにメールアドレス]

————————————————————————————

例2

————————————————————————————

○○ 先生

突然のご連絡失礼いたします。

hogehoge大学hoge学部hoge年の○○と申します。

○○先生研究室を~~~~~~~~~~をきっかけに知り、是非見学させていただきたく、メール差し上げました。

私は現在~~~[現在の状況]~~~~~で、進学先の進路を模索している最中にあります

それを考えるにあたり、○○先生現在のご関心や今後の展望について一度伺いたいと思うに至りました。

つきましては、入試などでお忙しい中大変恐縮ではありますが、2, 3月中に訪問時間をいただけませんでしょうか。

どうぞよろしくお願い申し上げます

[ここに名前]

————————————————————————————

修士学生ならともかく、学部生は教員メールを送って見学にいくのは、(他大学だと特に) ハードルが高いかもしれない。しかし、繰り返しになるが、研究室見学には絶対にいくべきだ。相手無駄時間を取らせてしまうかもしれないと恐縮する気持ちもわかるが、大学院に進めばあなたは少なくとも2年、場合によっては5年かそれ以上の時間をそこで費やすのだから

さて、首尾よく研究室見学に行けたとする。何を話し、聞くべきか。こちから聞かずとも、概ね先方が紹介してくれると思うが、必須な項目を述べておきたい。

・目下の研究について聞く

研究室は大きくなればテーマが多様であることも多いし、先端の分野であるほど研究流行り廃りは激しい。従って、未来指導教員が今、現在、何に関心があるのかは率直に聞くべきだ。

とはいえ、下調べは忘れずにしておくの忘れないように。具体的には、見学にいく研究室の直近の論文には目を通しておこう。目安としては、最低5年分はざっと読んでおくとよい。全部理解できなくてもよい。むしろ理解しきれなくても「面白い」と思えればそれを実際に会ったときにぶつければ会話が弾む。これを面倒に感じるなら、そもそもその研究室あなたに合った場所なのか考え直すべきだ。

実際に会って話すときは、回りくどい言い方はしなくて構わない。ストレートに聞きたいことを聞けばよい。

最近論文、例えば去年のhogehoge掲載された研究は○○についてでしたが、今後もそのテーマ継続されるのでしょうか?」

「今後5年間では、どのような題材を扱おうとお考えでしょうか?」

「まだ実現していなくとも、先生自身が今後着手したいテーマや注目している現象などがあればお聞かせください」

など。

この手の質問への回答が、あなた琴線に触れるかどうかが一番大事だ。指導教員自分明後日の方向を向いている状態博士課程を生きるのはかなりつらい。「乗るしかない、このビッグウェーブに!」と思えることがまず重要なのだ

研究テーマ相談する

自分がその研究室に進んだとしたら、どういうことをやりたいのか、興味がどこにあるのかを伝えよう。相手あなたが何者で、何をしたくて来ているのかわからない以上、何を話せば楽しんでくれるのか探り探りなのだ博士課程に進むつもりなら、その旨も伝えた方がよい。

興味関心を伝えれば、何を話せばいいのかも明瞭になるし、場合によっては「それを扱うことができない」ときっぱり伝えてくれて時間無駄にしなくて済むかもしれない。

そうであっても、場合によっては当該分野の研究者を紹介してくれる可能性もある。相手業界人なのだ。頼りまくって構わない。私自身、それで別の研究室見学に行かせてもらったことがある。

特にまだやりたいことが明確でない場合、そう伝えればよい。ただ「○○を面白いと思った」といった、どの辺りに関心を持って見学に来ているのかは伝えよう。テーマを決めかねているのを恥ずかしく思う必要はない。多くの教員は「一緒に考えていけばいい」「今日見せたものなら何が面白かった?」「実は君が面白いと言ってくれた○○は今後こうしようかと思っていて・・・」と話を広げてくれるだろう。

余談だが、実を言うと、具体的なテーマが決まっていない方が受け入れ側からすると「楽」場合もある。なぜなら、学部修士学生が独力で思いつくテーマは大抵面白くないのが現実であるからだ。なので、「こういう方向に興味があるが、具体的にはまだわからない」くらいの方が楽しく議論しながら研究を具体化できるので、指導する側からすると気が楽であったりする。最悪なのは絶対にこれをやりたい」と熱意にあふれているが、そのアイデアがつまらない学生だ。下手に折ると熱意が萎えしまいかねないが、そのまま受け入れると研究リソース無駄になってしまう恐れがある。そのため、気を遣いながら方向修正していく必要があるからだ。

設備について質問する

研究には設備必要だ。自分のやりたいことがある程度決まっている場合必要設備も自ずと定まってくる。それが研究室にあるかどうかは、確認した方がよいに決まっている。マウス研究室ショウジョウバエ研究をしたいと言っても苦笑いされるのが関の山だろう。

また、使いたい設備がわかると、そこから指導教員と会話が広がる可能性もある。どういう方法論に興味があるかがそれで伝わるためだ。

自分が使うかもしれない設備については、研究室の人数に対して適正な規模になっているのかを見ておくとよいかもしれない。例えば解剖スペースが学生数に対して小さすぎると、なかなか自分が使えないといった事態もありうるかもしれない。これは数年の生活では結構ストレスになるので、快適に仕事ができるかどうかは十分に見ておくとよい。

また、実験設備以外にも、共用の院生室などの充実具合も確認しておいた方がよい。

作業机は個人ごとにあるのか、共用であれば十分な広さであるか。私の知っているところだと、二人で一つの机を共用で、曜日ごとに融通し合わなければいけないところがある。キャンパスに通うモチベーションがガクッと下がるのは言うまでもない。

さらに驚くべきことに、ゼミ資料印刷費が自費という研究室存在する。学費を払って大学院に来て、さらに雑費まで払わされるのだ。

余談だが、私はコーヒーが好きなので、研究室に上等なコーヒーマシンが置いてあったのはかなりQOLを高めてくれた。

とにかく、見学した際に、自分がそこで生活するイメージが湧くか考えてみよう。

収入事情

博士院生金銭に頓着しない人間が多いが、生きていくだけの金銭が確保できるのかはよくよく検討した方がよい。金銭というのは、あまり多くても心理学的な幸福を増加させてくれないが、ないと一瞬で人を鬱にしてしまうのだ。

学振が取れればそれでいいが、問題修士課程と、博士学振取れなかった場合だ。

具体的には奨学金RA (research assistant)、TA (teaching assistant)、学費免除制度について尋ねよう。研究室によってはRA学費実質的にタダであったり、そもそも博士課程に学費がかからないところもある。

一方で、無償TAやらせたり、年々あれこれ理由をつけて学費をジリジリと上げている研究科も、私は知っている。

博士課程であれば、学生非常勤講師をどうの程度しているのかを聞いてみるのもよいだろう。ツテがあれば、非常勤の枠を斡旋してもらえ、収入源となるだけでなく教育もつく。

また、日本学生支援機構奨学金は通常ただの学生ローンであるが、大学院生かつ、一種 (利子なし) の場合免除制度がある。その研究室ではどの程度通っているのか聞いてみるとよいだろう。

これらのことも、率直に聞けばよい。

学費について不安なのでお尋ねしたいです」

奨学金はどの程度取れるものですか」

RATA制度はありますか」

非常勤講師の枠などはありますか」

のように。

教員現在ポジション

興味がある教員肩書きが「准教授である場合博士号の主査になれないことが多い。

その場合、通常は名目上、その研究科の別の教授主査になってもらうことになる。その際に不利益が生じることがある。

例えば

真っ当な良心を持っている人には何を言っているのかわからねー部分もあると思うが、私にもわからない。とにかく、現実にあるのだ。

ただ、そのようなことがないか確認するのは、入学前だと極めて困難であるのが実情だ。

少なくとも、そこの准教授学生がきちんと学位取得まで学生を育てているのかはよくよく確認した方がよい。

大学事務システム

これは博士で、特に学振DCを取る人向け。大学によっては研究費の執行システムがかなり厳格なことがある。研究不正をなくすためという高邁な精神は清く、正しいのだが、その結果大部分の研究者にとってはただただ煩雑であることも少なくない。将来的にDCを狙う場合は、聞いておいて損はないだろう。

まぁ、「事務研究者にsupportiveですか?」とか。学生が聞いてきたらちょっと気味が悪いかもしれないが。

研究室雰囲気はどうか

研究室雰囲気というのは面白いもので、実際に脚を運べば必ず漂っている。アクティブ研究室は活気に溢れているし、停滞している研究室には淀んだ空気が流れている。学生が働いている様子を見れば、自分がそこに加わりたいか、実感を持って考えることができるだろう。

気の利く教員なら向こうから所属している大学院生を紹介してくれる。そうでなくとも見学に行った際には「所属している大学院生と話がしたい」という旨を伝えるとよい。よっぽど後ろめたいことがない限りは、快諾してくれるはずだ。

https://anond.hatelabo.jp/20190519202053 に続く

eゲーム流行るのはいことなのか?

eゲームとか、プロゲーマーとかが流行るということは、本気の人間流入するということでしょ?

本気の人間というのは、体育会系っていうかさ、精神的な体育会系。勝つためには努力を惜しみません、みたいな。

ゲームってさ、スポーツできません、人付き合い苦手です、みたいな人間の隠れ村みたいなとこあるじゃん

そこにさ、精神体育会系がさ、やってきて、「よろしくな!」みたいな感じになっても大丈夫

いや、ゲームめっちゃ得意で、得意だけど「ゲームが得意だったら何なの。」みたいに思われてた人が脚光を浴びる、みたいな人はいいかもしれないけどさ。

人生に救いが欲しい

新卒採用された仕事毎日ミスばかりしている。

周りと比べてあまりにも単純なミスを何度も繰り返すものから、優しい職場の方々にも呆れられてしまった。業務内容はとても単純なものなのに、自分でもするべき事がわかっているのに、何度も同じミスを繰り返す。今は悪い意味で心が凪いでしまっているけど、4月頃は毎日家で泣いていた。

これはマズいと思い4月の終わりにメンタルクリニック受診したところ、発達障害だと診断された。本当は大学の頃からそうなんじゃないかと思っていたけど、クリニックを受診するのにかなりの抵抗があった。

クリニックではインターネットで受けられるものと同じ問診票を書かされ、5分程度で診断がおりた。精神科ゆっくり患者の話を聞かないとの話は聞いていたし、話したい事をまとめたメモを渡していたので時間については驚かなかったが、もう少しちゃんとした検査をするものだと思っていた(WAISとか)。

よくネットで「自称発達障害乙」とか言ってる人がいるけど、この程度の診断なら「自称」と「他称」にそこまでの差があるのか疑問だ(もちろん第三者の冷静な目が必要な人は居るのだろうけど)。

ストラテラ40mgを処方され4日ほど服用したところ、ミス結構減り、これでやっと救われると思った。今まで学生生活アルバイトでずっと苦しんできたけどこれでやっと終わるんだ、普通の人と同じ生活が出来るんだと思っていた。

でも、4日目以降から副作用が落ち着いてくるのと同時に効果も感じられなくなってきた。同じようなミスをまた繰り返すようになった。自分用のマニュアル作りをする、許される限り残業させてもらうなど思いつく限りのことをしたがダメだった。これ以上もうどうしたらいいのか分からない。最後の頼みが服薬だった。

日常ミスを書き残したものを眺めていると、私は知的障害なんだろうか?とさえ思うようになってきた。学業でそこまで躓いた記憶はないのに、どうしてここまで何も出来ないのだろう。日常会話の流れさえ掴めないことがとても多い。

これから毎日死ぬまで人に迷惑をかけ、白い目で見られながら生きていかなければならないのだろうか?

転職したってダメ自分が付いてくるのでは同じだし、結婚したくても容姿も醜いしコミュニケーションスキルも低い。友達趣味お金もない。生きていて楽しい事が一つもない。

phaさんの「ニートの歩き方」や高村さんの「自作小屋で暮らそう」を読んでアーリーリタイアという手段も考えてみたけれど、別の人のブログ等を読んでいると40歳近くまでまでアルバイトをするのは周りの目がかなり冷たいそうだし(私はアルバイト程度の仕事でも満足にこなせない自信があるからもっと冷たい目で見られるだろう)、どちらにせよ暫くは人に迷惑をかけながら働かなくてはいけないというのが耐え難いと感じてしまう。

この絶望解決する方法が自×以外ににあるんだろうか。

薄々死ぬしかないと分かっているのに、いざ死のうとそういう場所に行っても死ねずに帰ってきてしまう。親の介護、失敗のリスク死ぬまでの苦しみ。死ぬのは思っていたより簡単ではなく、それを実行する力がない。

普通人達結婚に向けて着々と準備したり、キャリアアップの為に努力したりしている。私は発達障害という点を除いてもいろいろな部分が壊滅的におかしいんだろうけど、具体的に何がおかしいのかも分からない。

人生周回遅れの癖にリタイアすることも出来ず、他人迷惑をかけながらゆっくり坂を下りていくしかない恐怖。どうしたらいいのか誰か教えてほしい。

anond:20190519142426

俺がその人に言ってたのは「お互い理解するための努力を怠ったのでなければ、差別とはいえない」ということ。たとえば厳しい妻を「鬼嫁」と形容していたとしても、それだけをみて差別とは言い切れない。

相手人間扱いしている関係はより善いとは思うが、喩えは関係の一面を表しているに過ぎない。トンビが鷹を産むとか同じ穴のムジナとか、人間への比喩は至る所にあり、制限することはむしろ抑圧になるでしょう。俺はぬいペニを言ってる人・言われてる人をよく知らないので、実際の関係性がどれほど酷かったかはわからない。

赤色巨星となった本田未央に寄せて

長い戦いがようやく終わりを迎えようとしている。素晴らしいことだ。

私はかつて熱心な未央Pだった。ある時までは熱心に応援していた。

そのあとは全く逆。運営アンチに堕ちた。

今回は未央を勝たるべく必死だった。モバ、ステ合計2000票は軽く超えた。

このタイプ本田未央Pは絶滅危惧種だろう。だからこそ、私が書く意義があると思った。

私がモバマスにはまったのは5年以上前のことだろうか。SRのパーフェクトスター本田未央実装されるほんの少し前である

友人の藍子Pの勧めでパッション属性選択した私はあのカードを偶然当ててしまった。そのときから彼女担当していた。

未央はいい子だな。そう思った。どこか寂しげだが、明るく元気にふるまう姿に何度も救われた。

第3回総選挙で上位に食い込んだとき純粋に嬉しかった。頑張りが報われたような気がしたのだ。

2015年アニメ放送された。アニメでの未央は良くも悪くも人間味あふれるキャラだった。確かに勝手にも見える。しかし、行動の背景を注意深く観察すれば十分に理解できるものだった。

アニメ終了から1年くらいは幸せだった。苦しいことは多かった。アンチ攻撃がしんどくて辞めようとしたときもあった。しかし、未央を見ていると続けられたのだ。自分でもわからないが。

ここまでが幸せなP生活だった。「お仕着せの幻想」だった。

2017年3月、転機が訪れた。自分デレマスに誘った友人が、辞めると言い出した。私にモバマスを教えてくれた藍子Pである。彼が辞めることは衝撃だった。思わず問い詰めてしまった。彼はこう言った。「自分アイドルは、主人公にはなれない。運営本田未央主人公にしたがっている。」と。

モバマスデレステを少しばかり疑問視するようになったのはこのときからだ。

第6回総選挙のあと、誰かがこう呟いた。「どうせ来年本田未央で決まりだ。運営様は必ずガチャブを仕掛け、シンデレラガールにさせる。」と。

界隈にどこか閉塞感が漂い始めた。ちょうど現実日本のようだった。何も変わらないという諦めの雰囲気である

その原因となっていたのが未央なのはうっすら気がついた。彼女ゴリ押す運営だった。私には耐えられなかった。自分が好きなアイドル暴君にさせられてしまうことが。未央のことを上級国民様 のように扱う人がいることにも衝撃を受けた。

そんなとき、気がついた。多くのPが未央の名前を出さなくなっていたことに。

アンチ乙、で済ませていた言葉たちを次第に受け入れるようになってしまった。夢を見ていた私は目覚めてしまったのだ。

第7回が終わったころ、私はすっかりアンチになった。未央の、ではなく、運営とそれを意味不明な角度から養護するPの、である。このころには未央に過度な出番がないことを願うのみであった。皮肉にも、Spring Screaming からスパイスパラダイスまでの1年足らずで参加イベントが4つも来た上、ポジSSRまで実装されるのが最高に笑えた。友人の言葉は正しかったのだ。もはや主人公として扱っているようにしか見えなかった。

ついに愚痴界隈に入り浸るようになった。精神衛生上見るものではないので詳しくは書かないでおく。住み分けを注意深くしていたほうだから特にトラブルには巻き込まれなかった。

彼らを例えるなら「魔女」だろう。魔法少女の慣れの果てだ。魔法少女の段階で自死他界を選ぶ勇気がなく、そのまま呪いをまき散らすようになった者たちだ。現在運営が大好きな者を魔法少女だとすると、なんだか綺麗に収まる。互いに敵対関係にありながら、アイドル好きだったというルーツが同じところもあてはまっているように思う。

話が逸れた。申し訳ない。

愚痴界隈に入り浸るようになってから運営の考えがなんとなく読めるようになってきた。おそらく、運営大好きだった過去自分運営大嫌いの自分比較するようになったからだ。

時は2018年年末に進む。新アイドル登場のメッセージを見た瞬間、遂に運営が血迷ったと思った。これでモバマスも、デレステも終わりだ。そんな呪いを込めた喜びだった。あとは他界するきっかけを求めているようなものだった。

2月になると、状況が大きく変わった。あいつが来たのだ。夢見りあむである

りあむは中々気に入った。しかし、彼女が登場した時期からささやかれた言葉が引っかかった。

「夢見りあむがシンデレラガールになったら面白くね?」

誰かが書き込んだメッセージを目にした。

本田未央CGにならないと今後も上位5人に残り、閉塞感を生む原因になる。第8回の投票先は本田未央にしなくてはならない。」

この2つの書き込みの背景には、ある共通意識がある。

総選挙に漂う閉塞感を打開したい」

未央を1位にすれば、主人公感のあるニュージェネが全員CGになる。次の総選挙から出来レース感が薄れる。界隈から閉塞感が薄くなっていくだろう。

夢見りあむに投票すれば、確かに面白い。

運営に愛された未央だけを否定するのなら、確かに夢見りあむが1位になるのは賛成だ。

しかし、同時に、他の頑張っているアイドルとPたちごと葬ってしまう。短期的にはモバマスから続くろくでもない総選挙システム破壊できる。だが、その後はどうなる?破壊した後、がんばっているPたちは再生するのか?長期的に見ればいいことは何もない。むしろコンテンツ寿命が縮むだけだろう。

もう、アンチだの怨念だのと言っている場合ではなかった。運営運営大好き頭空っぽ魔法少女が消えるのならともかく、歯を食いしばりながら楽しんでいる全ての既存Pを亡き者にすることは最悪だ。

今回、本田未央主人公にしたい運営、まっとうに未央をCGにしたい未央Pとファン、 閉塞感を消し去りたいアンチの向く方向が一致したのだ。

あとは先に書いた通りだ。必死イベントを走り、口座から金を引き出し、ありったけ投票した。これが5年間続けたゲームとのお別れだと思うと全力で楽しめた。

明日正午の発表は今までの総選挙とは根本的に質が異なる。モバ・ステの未来が決定付けられる。

本田未央勝利すれば、運営の描いた物語が完成し、ニュージェネは主人公の座から退くだろう。やっと(多少の問題が残りながらも)「誰もがシンデレラ」の時代が到来する。

北条加蓮が勝てば、ガチャブの名の下、よりいっそう閉塞感が強まるだろう。

夢見りあむが勝ってしまえば、お祭り騒ぎの後、だんだん弱っていくだろう。

運営がどういう筋書きを書いたか、予想を書いておく

本田未央CGにして、ニュージェネ全員を主人公にしたい。しかし、ずっとごり押ししてきたからあからさまに勝っても正当性がない(これは第4回の反省だろう)。ならば、少しずつ進める必要がある。

第6回では、ガチャブをかけないでおこう。運営に愛されたアイドルという立場を薄めておく必要がある。

(余談だが、あの時のガチャブにはもう1つ意味があったと思う。運営が散々冷遇した者達を“確実に”CGにしないためである。)

第7回では、選挙が出来る限り公平になるよう、手を打とう。上位2人になりそうなアイドル両方にガチャブをかけておけば、今回を逃しても次回で確実に筆頭候補になる。

第8回では、完全に正当であることをアピールする必要がある。選挙前にモバ・ステ両方で逆ガチャブをかけよう。選挙期間中は2位になりそうなアイドルガチャブをかけて、継母=運営に打ち勝つシンデレラ演出しよう。

こんなことを運営は考えていたように思う。数多の犠牲をだしながら、感動的なストーリー演出したのだ。実に感動的だ。

本田未央太陽である。持ち前の明るさに加え、数多の祝福と、呪いを受けて膨張した赤色超巨星だ。明日の正午、ついに超新星爆発を引き起こすだろう。

ちゃんみおは不憫から続く、シンデレラガールまでの道のり。

これからネットに残り続けるのは、数値に裏付けされた英雄譚のみである

歌唱曲数最多は?本田未央だ。

デレステイベント最多登場回数は?未央だ。まさに主人公と呼ぶにふさわしい。

初回、第2回の圏外から頂点まで「這い上がった」のは誰か?本田未央だ。

まさしく太陽のような輝かしい足跡のみが記憶される。

生み出されてきた呪いの数々は残らないだろう。

ちゃんみおは不憫 の 地道な努力 項目で書かれたことが全て運営サイドのやったことだと。ただのごり押しの結果だと。おまけに不憫なのはあくまでニュージェネとしてであり、普通アイドルと比べたら不遇でもん晩でもないこと。

ガチャブをローテ変更してまでもらった過去を。幾度ももらったことを。

未央を苦手とする者を全員アンチ認定したこと。彼らにクソ陰キャなんてレッテルを貼り、本質を見抜こうとしなかったこと。

2度にわたる映り込みを嫌がった他Pをアンチ認定したこと

意味不明なほどの楽曲参加率、イベント参加率を誇りながらも「過去の不遇を乗り越えたから当然だ」と正当化したことリミックス抜いて48曲は異常だ。本田未央歌唱曲数はアイドル楽曲持ち下位16人に相当し、歌を持たない者も含めたら1人で108人相当である。これは正当か?

ニュージェネのリーダーならば当然?モバ・ステの主人公?ならば、他のアイドルは何だったのだろうか。所詮はサブキャラだったということか。笑わせる。

いずれにせよ。

運営へ 

おめでとう。幾千もの屍の上に成り立つ英雄譚の完成と、生まれ変わるシンデレラガールズの門出に。

同担へ 

おめでとう。ひときわ輝くミツボシに未央を育て上げたこと、心から尊敬します。本田未央英雄譚は最高のものとなる。今後色褪せることなく、歴史に残る。

共に運営を呪った君へ 

おめでとう。ついに呪われたホンデレラガールズは終わる。永かった。本当に苦しかった。

この後本田未央が「主人公」であり続けたらどうするかって?

その時は、笑おう。変わらなければやがて朽ちていくのだ。

これからシンデレラガールズが明るくありますように。

悲しみながら消えた友人たちが戻ってきますように。

これからに触れる人々がシンデレラガールズを楽しんでくれますように。

働く若い女性って・・・

仕事一生懸命ピュアに決められごとを信じて守る姿。

新人を押しのけてでもお客様第一お待たせしません!な真っ直ぐな姿勢

薄給以上の努力に勤める責任感の強さ。

独身女性に多いイメージ

給料は低いし、続けても上がるわけでもない、何回転職しても仕事やりがいを感じないか

仕事愚痴も皆のように弾まないし。いつも同姓の輪からはみ出してしまう。

自分独身三十路女性だけど、決められごとにはいつも疑問を抱くし

理不尽矛盾を見つけては自分は無力だと気づく。

から頑張っても頑張らなくても一緒だよ。

たまにはレジを待たせていいじゃない。

忘れ物したっていいじゃない。

夢や希望は持つけど叶わなくたって笑って適当に生きようよ。

肩の力抜いて楽にしませんか。

 

日曜日の午後、セックスしている若者が羨ましい

夜のデートに出歩けない親元暮らし学生カップルとか、きょうみたいな日曜の午後にお互いの家やラブホテルに行ってセックスに耽っているんだろうなあ。

カーテンの隙間から射し込む5月太陽に照らされ輝く乳房や陰阜。

まだ脂肪が少なく張りのある肌を打ち付けるようにしてセックスセックス

射精しても回復が速いから、すぐに新しい体位に挑戦できる。

きょう、処女喪失する少女大勢いるんだろうな。

自分は、中高大と女子相手にされず、日曜午後のセックスと縁の無い人生だった。

モテない悔しさを勉強にぶつけた結果、有名大から一流企業には入れたが、そんな社会的属性に反応してくれるのは欲深い婚活女くらいなものだろう。

日曜午後の初々しいセックスは、これからどんなに努力しても得られない永遠の夢だという現実を突き付けられると、この先生きて行く希望が無い。

anond:20190519125126

現在リベラルサイヤ人論に気付かないで字面だけで深いとこに入っちゃった人は大変だろうなぁと思うわ

友情努力勝利世界

anond:20190519123609

そんなんだから教育機会平等」や「雇用機会の均等」や「労働条件の均等」などを求めるのも「戦いの場を用意」しようとしてるだけなんだよ

その戦いの場に乗らねえ奴らは擁護する対象じゃない

一種国民皆兵と言ってもかけ離れてはいない考え方が現在リベラルが求めている「平等」だよ

戦う兵隊になろうとしない奴はカスという価値観

まぁこの話をすると「誰しもが戦えるわけじゃない努力できるわけじゃない」とか真意を捉えてないアレな奴が出てくるけど、重要なのは「戦おうとする意思」だ

その意思すら持たん奴らをカス扱いしてるんだよ

anond:20190519122433

から女性擁護するのは、学歴が高くて経済的余裕のある人達だけなんだよ。

何もわかってねぇなぁ。

学歴が高くて経済的余裕のある人達擁護してるのは、同じく学歴が高くて経済的余裕のある女性、もしくは、学歴が高くて経済的余裕のある人生を掴もうと努力してる女性のみだ。

もっと言うなら学歴が高くて経済的余裕のある人達擁護してるのは学歴が高くて経済的余裕のある人生を掴もうと努力してる人間だ。性別なんて関係ない。

努力しない者、底辺で満足してる者、戦わない者は擁護する対象じゃねぇんだよ。

それ理解しねぇで学歴が高くて経済的余裕のある人達聖人君子のように語るのは良くないぞ。

連中は女性へ対して男性並にあらゆる場所時間相手と戦えと言ってるんだよ。

それが連中の「平等」だ。

担当編集が辞めるかどうかなんて読者には関係ない

https://www.youtube.com/watch?v=egaQnwg1qxE

幻冬舎箕輪も嫌いだけど、この件については箕輪の言うことがもっとも。

「この本が売れなかったら、私は編集者を辞めます。」というコピーって、今回の騒動を知らない一般読者からしたら「?」だよね。

塩澤という人のコピー自己満足だと思う。

売上という評価軸で幻冬舎や見城に対抗するなら、売るための努力をすべき。

文芸なんて売れないのが当たり前、『日本国紀』やレイシスト本の実売を超える作品がなくても、文化的価値があるんだということを伝えればいいじゃないか

編集者辞めます宣言で、見城の認識を変えるほど件の著書が売れることはまずない。

幻冬舎憎しのはてなーブコメマウントとって満足するだけだから売り上げにはほとんど貢献しない。

俺は津原泰水作品ファンだ。

見城と津原泰水喧嘩きっかけで噴き上がった連中が、いったい今まで津原泰水買い支えてきたのか。文芸買い支えてきたのか。疑問に思えてしょうがない。

百田尚樹の本が売れる状況を作ったのって、そもそも読者の側にも問題があるのだ。

それを市場原理だと肯定するなら、見城を批判することは出来ない。

お前の話す話題に興味がないと言われた

もう先週のことなのに、まだもやもやが晴れないので吐き出す。

私はどちらかといえば趣味に生きる人間なので、浅く広くいろんな娯楽に手を出している。

映画演劇旅行女子アイドルコスメ美術…。(広くと言いつつインドア派に偏りまくっているのは自覚がある。)

それらの話題が、彼女にはことごとく刺さらなかった。

気づいてはいた。

何度か会ってご飯を食べている時、話す私から視線を外して店内を眺めていた。

興味がないのかと思って別の話題に切り替えたら、今度は「店員さんなかなか来ないね」と遮られた。

正直、気分は良くなかった。

その帰りの電車で、例のメッセージが届いた。

あなたがする話のなかみに全然興味がないの、と、(笑)を所々に差し込みながら私に伝えてきた。

から今後は、自分じゃない他の誰かに話して〜(笑)、と。

深刻なムードにならないようにという配慮だろう。でもそれ結構重めのストレートから

え?じゃあ私はあなたと何のために会うの?

趣味の話だけじゃない。会社とか彼氏とか将来とかいろんな話題もしたよね?

でも、職種うからイマイチ共感しあえないし、お互い今好きな人いないし、停滞気味の私の就活ストレスなんて聞きたくないでしょ?

彼女アニメが好きだから漫画原作映画なら食いついてくれるかなとか、原画展に行った話なら共感できるかなとか、いろいろ模索してたのがなんか一気に馬鹿らしくなった。

アイドル育成ゲームの話を、私が「あ、まだ続ける?」と茶化して言ったのが気に入らなかったらしい。

あの時のあなたと同じくらい、私もそっちの話に興味ないんだよね、って、そんな風に数ヶ月前の会話を例に出すくらいだから、実はあの時結構怒ってたんだろうなぁ。

ごめん、その態度わざとだったんだわ。

だってその前に私もあなたに散々ぶった切られたから。

むかついてたから、やり返しちゃった。

人はやられたことだけ覚えてて、自分がやったことはすぐに忘れるっていうけれど、彼女自分が私の話を遮ってたことを覚えているんだろうか。

あるいは、それよりもまえに、彼女の話を遮ったことを、私自身が忘れているんだろうか。

どちらにしても、少し彼女とは距離を置こうと思う。

一時期は毎日のように連絡し合っていた。そのせいで話題が尽きていたというのもあると思うから。消費し過ぎは良くない。話したいことができた時、また改めて連絡すればいい。

それがあの子の興味を呼べるかは、わからないけど。

追記

読んでくれてありがとう

こんなにたくさん意見がもらえると思わなかったからびっくりした。

あと、性別の件は、女同士の話です。

なまり強めの片田舎に住んでて、お前って二人称はそれほど珍しくないかおかしく感じなかった。誤解招いてごめん。

彼女中学同級生で、地元に残ってる数少ない友人だったから、たぶん無意識のうちに固執してるところもあったんだと思う。

どっちも喋りたがりっていうのも当たってる。お互い会話泥棒になってるなって話の最中に気づくことも一度や二度じゃなかったし。

聞き上手になる努力してみるよ。

アニメのあらすじを一から語られるとか正直困ることもあったんだけど、私だって好きなアイドルとか俳優名前いろいろ並べたりしたもんなあ。甘えてたんだろうなあ。思い返すとちょっと申し訳なくなってきた。

彼女だけに限らず、他の友だちとのコミュニケーションちゃんと考えてみる。

書き捨てるだけのつもりだったけど予想外にブクマが増えて、万が一彼女本人に見つかったらと思うとびびりだしたので、そのうち消すと思います

でもその前にコメントくれた人にお礼が言いたかった。ありがとうございました。

anond:20190519043442

友達関係をずっと続けてきてそういう思考に至ったなら仕方ない。お互いの努力問題

ぬいペニと言われたというだけでは、

犬猫ハムスターならまだしも自我のないぬぐるみとして認識してる時点でゴミカスしか言いようがないんだが

相手感情があると思ってなくて、布と綿の塊に話しかけるようなつもりで愚痴とか聞かせてたわけで

anond:20190519042202

友達関係をずっと続けてきてそういう思考に至ったなら仕方ない。お互いの努力問題

けどあなたの言うように、本当に一方的で身勝手だった場合は、差別だったと言えるでしょう。

ぬいペニと言われたというだけでは、どちらなのか判断できない。

わたしとの決別

幸せになってほしい人がいた。

その人は社会からはみ出てしまいがちな人で、わたしはその人と社会を繋ぐ何かになろうとしていた。それで彼は見事に人生を巻き返した。わたしが実際にそうであったかは分からない。彼自身努力したことが大きかったのだとは思う。それでも感謝された時、わたしは間違っていなかったのだと思ったし、彼が立派な社会の一員になった時、心の底からうれしかった。

最後に彼と直接話したのは半年上前のことだ。今、彼の周りには素敵な友人が溢れている。恋もしているようだった。わたしはそれをすごく離れたところから見ていた。昔は1週間も連絡を取り合わなければ、どうしたの、とメッセージが届いた。今開いてみても、やはり最後は「今日ありがとう」、というやりとりだった。直接どころか、話したこと自体半年前だったみたいだ。

所在を失った感情がなかったというわけではない。けれどこれはわたしが望んだ未来だったし、彼は幸せそうなので、やっぱりこれでよかったんだろう。思えばずっと一緒にいた。もう7年にはなる。長いようで短かった。その間ずっと、わたし幸せだったと思う。日常の小さな喜びを幸せだと捉えられるようになったのは、間違いなく彼のおかげだった。

昨夜、彼が繋がっているSNS更新していた。写真の中の彼は本当に楽しそうに笑っていた。かつてわたししか見せていなかった顔。たぶんあの頃よりもわたしはずっと幸せになった。あの頃、わたしは彼の全てに憧れていたし、彼はわたし理想に一番近い人だった。彼を支えることが自分を支えていた。だから今まで生きてこられた。有難いなと思った。こんな出会いは滅多にあるもんじゃない。

きっともうお互いに、お互いを必要としていないことは分かっていた。写真を見た時、それを確信した。だからわたしは行動に移すことにした。彼のSNSフォローを解除して、メッセージブロックして、電話帳を削除した。彼はきっと、そのことに気が付きもしないだろうと思う。わたしだって同じことで、わたしはもう、彼の携帯電話番号が090で始まるのか、080で始まるのかも定かではなかった。それを諳んじていた頃が、遠い昔のように思えてくる。いつの間にかわたしたちはそういう関係になっていた。

から貰った形に残るものはたった一つだけだ。本当はそれと、心に残る形でお別れしようと思っていた。海に流したり、土に埋めたり、その断片を取っておいたりしようと決めていた。けれどいざ目の前にして、それではいけないと思った。心に少しも残してはいけないものだった。だからわたしはそれをトイレに流すことにした。トイレの水の浮かんだそれは丸きりゴミで、わたしは心底安堵した。レバーを引くときに躊躇った理由は「トイレが詰まったらどうしよう」というものだった。けれどそれも杞憂に終わって、とても小さなゴミはどこに繋がっているのかも分からない穴の奥にすーっと吸い込まれていった。のだろう。すごい音を立てた水の中に紛れて、その最期は確かめることすらできなかった。この世のどこかにはまだ存在しているだろうが、もうすぐなくなって、わたしの心からはもうなくなったもの。穴はどこに通じているのだろう?

ずっと幸せだった。たぶんこれから幸せだ。彼が幸せになってくれたことが、わたし人生の支えになる。わたしはもう一人のわたしと決別した。それは寂しいことではなくて、新しいわたし出会うために必要ステップだ。

わたしはもう一度トイレの水の中を覗き込んでみた。先日掃除したばかりなのに、もう黒い線ができ始めていた。掃除をしなくては。思い立ってわたしはブラシを手に取った。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん