「世論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 世論とは

2018-09-23

なぜLGBT問題があらゆるマイノリティのなかでうまく世論を動かすことができたのか?

割とこれ考えるべき問題だと思う、とくにいまマイノリティ側にいて戦おうとしてる人は。

日本という世間なかにはさまざまなマイノリティがある。

わかりやすいとこで言えば人種や障がい。

でもそれはピックアップされやすマイノリティであって、ほかにもたくさんマイノリティ側に立ってる属性はある。

たとえばもう廃村しそうな地方の村に住んでる人。

たとえば就職できずにバイトしながら食べていってる若者

たとえば社会生産性がないと言われる場所を守りたい人。

もろもろたくさんの見えないマイノリティはそこら中にいて、そしてそれはほとんどの場合可視化されない。

あるいは、いるけどたいして問題にならない。声を上げることすら難しいし自分も諦めるから

でもなんでここ数年LGBT系の問題は、こんなにも市民権を得たのだろう?

マイノリティであり不当に傷つけられていることを認知される立場になったのだろう?

どこに戦略の勝ちポイントがあったのだろう?

わりと分からなくて、このブームがどこからきたのかだれか教えてほしい。

そしてどうしたらほかのマイノリティにそのノウハウを伝授できるのか教えてくれー。

2018-09-22

WHO アルコールが原因で毎年300万人が死亡 の根本的誤り

酔っ払い運転に轢かれて死亡したり、酒に酔って喧嘩になったり、酔っ払った夫に殴られて怪我をしたりそういうことはある

タバコで癌になったり、癌にさせたり、火事を起こしたりするのと同様に、タバコアルコール危険ものとして排除していかなればらない

これ自体は、その字面上まったく正しい

からアルコール百害あって一利なしと大声を上げて賛成するのは同意できる

問題は、ある組織は、常に問題解決していかなければ、存続する意義がないということだ

どういうことかといえば、WHOは、世界中の人々の健康を促進する団体であり、健康上の問題を常に解決していく使命がある

からタバコをやっつけた後も、黙っているわけにはいかないので、アルコール危険を訴えることにする

最初に、タバコアルコールの害があるわけではなくて、最初にあるのは、WHOが問題解決し続けなければならないこと

タバコアルコールが終わったら、みんなが健康になるわけではない

性病問題もあるし、特定の人々が鬱になったり、狂暴にも銃を乱射したり刃物を振り回したり、小さな子供虐待するようなことをしたり

特定食べ物が癌になりやすかったりすることもあるかもしれないし、老化や痴呆に影響するようなものもあるかもいれない

伝染病空気感染もあまり調べられていないだけで院内MRSAのように専門家組織内でさえ発生するようなことさえある

ただ、

それらを一度に扱うと、1つ1つの問題希釈化されて、世界的に撲滅させることができない

からタバコの時のように、次は、アルコールを徹底的に叩くぞということであって、

アルコールけがタバコの次に危険ものからというわけではない

アルコール業界は、タバコ業界と同じくロビー活動が弱いので、簡単ターゲットにされたというだけ

あとは、テレビ新聞有名人著名人を使った、反アルコールキャンペーンが張られて、アルコール憎しの世論感情を高めていくことになる

anond:20180922121508

増田の言い分は分かる。

ただ政権支持基盤内部留保ブタ積み投資もろくにできてない怠慢、とは捉えない。

内部留保から給料上げろ! っていう左派に対するヘイトが行き過ぎたのか、内部留保は素晴らしい、って世論が出来上がってる。

政権支持基盤の中では。

からどうにかしてカネを吐き出さす、回すという政策はこの政権では取りようがないと思う。

で変わる候補に挙がるのが緊縮派だから

もうどうにもならないんじゃないかな。

2018-09-19

2000円札復活の兆しを見た

オリンピックパラリンピックボランティアに1000円の謝礼

少額すぎ舐めてんのかという世論

謝礼倍額決定

倍にしただけでは情緒がないという声

いにしえの2000円札復活

厳罰化」って誰か歯止めをかけないとまずいんじゃねーの?

どこだかのビーチ近くの道路飲酒運転の車が女子大生を跳ね飛ばして死亡させた事件があってそれの懲役年数が20年だというのを知った。

法律民主主義的に決定する法治主義の欠陥が厳罰化だよ。

人を殺して20年ていえば妥当なのかもしれないけど20年って言えば社会的には完全なる死だし人的な関係もなくなり出所後は支援センターにでも転がり込んで罪人の顔をして一生過ごすことになるって無期懲役と大差ない。

よく被害者遺族の声なんかがセンセーショナルに取り上げられるけれどセンセーショナルって言い換えれば一時の感情ってことだよ。法律量刑の過多を一時的感情で決めるってことでこんなに怖いことないと思うんだが。罪をおかし人間が悪いなんて当たり前だしそんなこと自明すぎるけど冒頭で挙げた例のように過失で20年はいきすぎだと思う。飲酒運転がいい例だけど。

自分加害者になると考えてる人はまったくいないか民主主義によって厳罰化が推進されるけど刑法に関しては応報刑論に従って定量的判断して決めてほしい。

すくなくとも世論に従って量刑を決めるのは絶対に間違ってると思うわ。遺族の声を汲むなんて論外だと思うね。

anond:20180918235907

今の”リベラル”って実際には俺様に従えを主張しているだけの理性もへったくれもない(以下略

という話は置いておいて、俺は『理念として言うならば』と断り書きをした。

実のところ俺もリアリストなので、エロ規制が一切ない世界という理念世論の多数に支持されるとは信じていない。

ただそれとは別に、俺は正直なところ(元増田などまさにそうだが)『エロ規制されるのは当然。権力お目こぼしによって”許される”』的な発想をする人があまりに多いことが問題だと思っている。

『そうではない、表現の自由根本的な人権の一つだし、たとえエロであっても表現規制される事態は異常なのだ。実際、規制する理屈矛盾だらけだ』というアピールのために一元的内在制約説原理主義的な主張をしている部分はある。

2018-09-18

人で反応を決める人が多い

同じことをしているのにネットである人は賞賛され、ある人は非難される。

好かれている人にはよりたくさんの賞賛が送られる、とかじゃなくて真逆の反応。

物事判断していかないと、社会矛盾が生じる。中身を見ないままに世論形成されても、様々な社会問題などが本質的解決に向かう事は少ないだろう。

選挙投票率低下なんかもそういう事なんじゃないかな。

候補者の事を好きかどうかで決めているから、人に興味が持てなければ投票にも行かない。

当然、社会は人の繋がりで回っているので、人間関係大事だ。

人で決める気持ちは分かるが、差別は良くない。主張に向き合うべきだ。

2018-09-17

anond:20180917003914

置換を正当化する漫画があるから

女性が歓迎していると置換をする男が出る

一人であっても被害女性にとっては決定的な一撃で恐怖の存在

サリン事件はたった一回しか起きてないけどオウムテロ扱いする世論

なら宮崎勉の部屋から変態漫画が出てきたら変態漫画発禁処分でいいはず

2018-09-14

消費者にそこまで求めないでくれ

ラノベ気持ち悪い話を聞いて

そうなんだー出版社相談してみたら? と思った。

うなぎ絶滅する話も、水産省とかに相談してくれよ、と思った。

まあ一事が万事から、こうやって世論を作るのもそりゃまあ大事なんだけど。

正直、目の前にある金を出せば買えるものが、正しいものかどうかを判断するのは、難しいよ。

だってさ、香害に敏感な人にとっては香りの強い柔軟剤や洗剤は見るのも嫌だろうし、

そばアレルギーの人にとってどん兵衛は正しくないわけでしょ。

中には農薬みたいに正しく使わないと毒になるものあるけど、これだってものによっては気軽に買えるわけで。

結局、その目の前にある何かを、誰かがそれを販売することは正しいと判断たから、買える状態にあるわけでさ。

それを批判しているの方が正しいのか、それともそうでないのかを、自分の頭で一つ一つ考えないといけないの?

そしてなにより、全人類がそれを正しいと判定するものなんてないし、全人類がそれを間違ってると判定するものもないわけじゃないですか。

終わりのないいたちごっこじゃない?

いや、いいんだよ、それを求める人たちを否定してるわけじゃなくて、

それを求める人たちが戦うべき相手は、俺なのかなあ? と思いました。

北海道地震プーチン提案

プーチンが、北方領土は返さないけど平和条約は締結したいという強気の主張を安倍首相にしたようだ。

自分プーチンでも同じこと言うと思うわ。

北海道地震で大停電ロシアエネルギー大国。そして、今は自民党総裁選前。足元見るよ、そりゃ。

ってか、ここでプーチン強気に出なかったら、「こんな好都合なときないのになんで日本強気に出なかった?何か日本に弱み握られてるのか?」っていうロシア世論も出てくるでしょ。プーチンの内心がどうあれ、プーチン強気に出るしかないと思うけど。

原発再稼働してやるからカネをくれ

北海道地震をうけて、何故か「泊原発が稼働していたら」という話が独り歩きしており、それに対する議論がどこまでいっても頓珍漢なのでちょっと書く。怪文書ブームなので丁度良いでしょう。

 大前提として、「泊原発は何故止まってるか」という部分が解ってない人が多い。泊原発が止まっているのは、反原発嫌がらせが原因ではない。コスト時間がかかりすぎるので、北海道電力が投資に二の足を踏んでいるから止まっているのである。「泊をすぐには動かせなさそう」と判断したあと、ガス小売も見込める石狩火力の計画にはスムーズシフトしているので、北海道電力の判断は正しかったと思っているが、残念ながら、今回の地震には間に合わなかった。本当に残念だ、と言う他ない。

 じゃあ何故「再稼働にはコスト時間もかかりすぎるのか」・・・まあ愚問である。どっかの東京の方の電力会社やらかしたので、掛け金が跳ね上がった、簡単に書くとそういうことだ。(関西電力九州電力等60Hzエリアの電力会社さんは経営資源をしっかり振り分けて、再稼働を達成しているが、それは会社としての投資判断の違いなので、ガス火力新設に舵を切った北海道電力とどちらが正しいかとは一概にいえない。再稼働したとしてもペイする投資なのか、単なるバーゲンセール原資になってないか等色々外野からは言われてはいるようだ。)

 超法規的措置で動かせば、とかいうアホもいるが、そもそも2か月ぐらい立ち上げにかかるし、審査が概ね終わっているならいざ知らず、まだ何にも進んでない段階で、何を「超」するのか意味不明である。せめて具体的なプロセス言及してからそういう発言をして欲しい。官房長官否定しているような話を引っ張り出して何がしたいのか理解に苦しむ。

 こういうことを言うと、「電気は命」「原発を動かさないと命は守れない」等々綺麗事をいう人間が出てくる。だから~、その動かすためにはカネも人も時間もかかるんだってーの、大体元が「東京もんの不始末」なんだから、そこまで言うんだったら、東京でカネを集めておくれよ。ロケット飛ばすつもりで、都民1人から1万円ずつ徴収して、1200億円ぐらいあつめたら、いくばくかの足しになるからよ。再稼働しろっていうなら、カネをくれ。

 日本人の悪い癖だが、目的目標があっても、叩きたいやつを叩いて満足したら、あとはなーんもしなくなる。おかしなこと言ってるやついないかなーって検索して、晒して、叩いて、そこで終わっちゃあ原発は動かないんですよ。全く意味がありません。

 

カネ、カネを下さい。再稼働してやるからカネをくれ。

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 

さて、言いたいことを言ってスッキリしたあとに、何にもしないのも良くないので補足をいくつか書く。

 

1.電力自由化で、償却の終わっていない大規模電源には厳しい時代である

元々、原子力発電投資を40年ぐらいで回収するモデルで、(今後開発が検討されている「安全性の高い原子力発電所」は60年程度と聞いていますが)短期投資回収が重要自由化市場とは非常に相性が悪い。新設を行おうと思ったら、その40年超の長期ビジョン必要となるが、そんな長期ビジョンを見据えてもの考える人が今はそもそもいない。そして、7月のエネルギー基本計画にも原子力発電の新増設は明記されなかった。そのことにショックを受けている人が結構多い。そして再稼働を進めて行くといっても、「コストの方は各電力会社で頑張って下さい、貴方達元々国に頼りすぎです」的な感じなので、大都市圏を押さえている電力会社はともかく地方電力はなかなかに厳しい。「ゼロエミッション電源」「脱炭素現実的選択肢」とか持ち上げられながら割と扱いが悪いので酷い話である

コスト競争力的には、火力であっても、償却の終わった発電所が一番強いので、電力自由化採用した段階で、大規模電源への投資は減衰して予備率が下がっていく(実際海外の事例では下がってる)。それならばやはり総括原価方式が良かったのかというと、人口減少で需要も減少していく段階なので、稼働率の低い発電所は不良資産まりお荷物いである。よくメタボ揶揄されるが、事故を契機としたとはいえ自由化への遷移は不可避だったといえる。

 

2.国の方針である「再エネを中心とした分散電源化」とそれを補う容量市場

 先に触れたエネルギー基本計画新聞等では「再エネ主力電源化」と書かれていたが、それは一部しか表現されていない。正確には「分散電源化」である。出力の不安定再生エネを補う形で、電池コージェネレーションを推進し、次世代EVも普及、他方で水素本戦略に基づき水素転換を進めて行こうというのが国の方針である

 再エネの内、太陽光・風力はコストダウンが激しく、様々な国で取組みが盛んである。それに加えてEVというのがミソで、充電で変動を吸収できる電気自動車再生エネと相性が良く、EV覇権争いの影のパラメーター。アメリカ中国が力をいれている中で自動車業界が死なないように日本も力をいれていく方向になっている。あと水素水素はどうなのかな~、福島復興のために再生エネとか水素かに力をいれているのは見た事あるんだけど、再生エネに比べると随分と影が薄い気がする。うまく回せたら強力だとは思うのだが、正直よくわからない。

 もちろん分散電源化だけでは、大きな容量を取れない。だから大規模電源の更新必要だが、先に述べたように自由化状態では、大規模電源への投資は減衰するので、それを補うために容量市場の創設が検討されている。電源開発インターバル考慮して、使用する年度の数年前(日本は4年前)に市場管理者一定需要量を確保することで、新設電源も安定して固定費が回収できるようにする仕組みである。ただ先行する米英でも課題が多く、日本もまだ制度設計の段階なのでこれからどうなるかはわからない。

3.意外に再生エネに熱心な自民党

 これを言うと驚かれるのだが、自民党は割と再生エネに熱心である

 K元首相が脱原発派になったり、K大臣脱原発なのは有名だが、他にも「原子力より再生エネでしょ」という先生はいらっしゃる。これには「エネルギー地産地消」という地方創生のキーワードがあるのが一つ。さら先生方の地元には、遊んでる土地には太陽光林業立地が近ければ木質バイオマス畜産立地にはバイオガスと色々チャレンジされている経営者の方々が結構いるのが一つ。また先生自身FITバブル福島原発事故を経て、実地で勉強された方が多く、下手な営業マンより全然詳しい。官邸原子力に対して淡泊なのも、この辺りの自民党自身の変化もあるのかなと思ったりする。別に敵対的でも無いが、世論を気にしてかプッシュもしてくれない。

 

4.どう転ぶかわからないプルトニウムの話

 

 元々地震の前でも、使用済核燃料とその中にあるプルトニウム問題存在しており、保管しきれなくなったら原発は止まると言われてきた。それはアメリカを中心とした「核不拡散」という体制に入っている以上仕方ないのだが、もんじゅ挫折し、プルサーマルも少数しか進んでない中で、何故か原子力委員会が7月末に保有するプルトニウムの量を削減する方針を打ち出した。

 いきなりかなり踏み込んだ話になったのだが、一説には、北朝鮮の非核化に関連して、アメリカ日本に再処理路線放棄を打診したのではと言われており、「おいおい、そんなリスクもあるのかよ」と驚いた次第である。昔からアメリカ日本プルトニウム保有量が多いことを嫌がっていたので、「量は減らしますんで勘弁して下さい」で逃げられたらいいのだけど、トランプにとっては北朝鮮の非核化第一なのは間違いなさそうなので、まかり間違ってこっちに飛び火しないことを祈るしかない。(ちなみにプルサーマル頑張れも民間扱いの電力会社マターである

  

最後に:原子力魔法の杖ではない。

 

 地震前、電力関係の人に「原子力発電所すごいですね」というと、大体は「そんなにいいもんじゃないよ」という返事が返ってきていた。謙遜っぽいニュアンスもあったと思うが、「一年の内2,3か月は止まっている」「維持コストべらぼうにかかる」「書類が厳しい」等々、そして最後に言われた「言うほど魔法の杖じゃない」「でもお金をかけないわけにいかないし、きっちりやらない訳にもいかない」 

 原発事故が起こって、最近裁判で出てきた「津波リスクをわざと低く見積もって、投資回避した」話を見ると、どうして「きっちりやらない訳にもいかない」と思ってもらえなかったのかと悲しくなる。やらなきゃいけないことはあると知っていた人はいたのに。さらもんじゅ挫折して、原子力政策行方が全く分からなくなった。安全性確保が大事だということは皆一致しているが、それ以外の部分で、長期的な視点物事を進める人は今いない。電力会社自分のところの原発で手一杯、その他はみんなどこか他人事である

 

アメリカじゃ電力事業斜陽産業から規制産業である日本業界の人たちは恵まれてるよ。」そんな言葉を聞いたのは何年前だったか、遠い昔に感じる。エネルギー関係革新的技術ガンガンまれるわけではないが、一度何かがあって、制度から変わり始めると、変化は早い。エンロンのような仇花もあったが、CO2削減、再生エネの隆盛、原発事故、完全自由化IOTによる技術革新等々、特にここ5年ぐらいは次から次へと新しい話が出て来ている。頭を柔らかくして、ちゃん勉強しないとついていけなくなっている。世界はどう動いているのか、国はどこを向いているのか、組織としてはどうあるべきか、そこで自分は何をすべきか。これからエネルギーのことについて学ぶ方は、SNSにあふれる過度に単純化されたお話に惑わされず、信頼できる書籍等にあたることをお勧めします。多分これからめちゃくちゃ変わるからねー。

 以上怪文書でしたー、そんじゃあねー。

ラノベの表紙の件

俺は規制強化やゾーニング強化には反対で、ゾーニングの明示を強化するくらいが丁度いいんじゃないかと思ってる

「ここからラノベゾーンですよー」ってのを派手な札や床にテープ境界線付けたりして、分かりやす提示する

自分子供の視界に入れたくない人が、より避けやすくなるように調整するって感じね

ラノベって成年向けの本の手前辺りに陳列してる事が多いし、手前に漫画コーナー作って壁にしてるところも多い

狭い書店はどうするって人も居るけど、今後狭い書店は潰れるか、特定ジャンルに特化していくかのどっちかしかないと思う

「ウチはラノベや成年の本しか扱ってません!」って狭い本屋子連れで行ったら、それは流石に親がアホって事になるだろうし

からゾーニングの強化自体はそこまで必要じゃないと思う

ただ今後の流れ次第では規制ゾーニングが強化されてもおかしくないとも思ってる

感情論ゴリ押しされたら、多分規制派が勝つだろう


ただ快・不快問題じゃないって主張してる規制派の人が居るみたいだ

ぶっちゃけ単純に規制を強めたいのなら快・不快の話にしちゃった方が楽だと思うんだよ

難しい理屈こねるより、単に「気持ちいか規制しろ!」ってやっちゃった方が反発も強いけど、共感する人も多いと思う

多分、共感する人の方が多い。

感情論ゴリ押しした方が、世論規制派に傾く

なのに、女性性の消費うんたらとかいう、まだ世間に馴染んでるとは言えない主張を混ぜてくるのが理解できない

まず規制を強化させて、それからそういう価値観の普及に力を入れた方が多分、楽でしょ

こういう人達を見てると本気で規制を強化したいんだろうか? という気になってしま

2018-09-13

セリーナは負けることをわかっていて、性差別問題をふっかけたのではないか

大坂との対戦は二回目である程度実力はわかっていたはず

そして、決勝戦という場で問題をふっかければ負けても試合がぶっ壊れようがお構いなし

試合後のセリーナの清々しい顔を見たらそんな気がしてならない

なぜなら目的が達成されたか

ある程度アメリカ世論も着いてきてくれると見越していたか

あらかじめ準備をしてきたのではないか

あんなあからさまなコーチングをしておいて、しかコーチコーチングは当たり前だ誰でもやっていると言っているのに

セリーナは私はコーチングをするような卑怯なやつじゃないって、これは性差別だ!は無理がありすぎる

やはり、目的フェミ運動きっかけとするためのものだったのではないか

それが選ばれたのが全米オープン女子決勝だった?

2018-09-12

anond:20180912220917

法律変えるにはそういう要望がある事を示して世論を味方につけるよう活動するものだが…

政治家勝手独断で変えてるものだと思ってんの?

2018-09-10

全米オープンはむしろアメリカ問題を浮き彫りにしてしまった

日本差別否定するわけじゃない。

確実に日本にも差別はあるし、改善しなきゃならない部分も多いと思う。


しかし残念ながら今回の件は日本よりアメリカの方がやばいことが浮き彫りになってしまった。

でも、人種差別というよりアメリカにおけるメディア対応のちぐはぐさと日本人に対する国籍差別だ。

あの観客はあまりにも見苦しすぎた。


メディアはセリーナを表立って批判できなくなって支離滅裂記事が量産されてる。

これは大坂選手にとって転換点になるかも。

というかアメリカ人はこんなめちゃくちゃな情報環境生活してるのか。

そりゃ分断されるわけだ。

アメリカエリートメディアネット世論乖離しすぎてる。

今更だけど東京医大の件で一番愕然したこと

東京医大女性差別には驚いたけど、「これで女性差別存在が明らかになった。世論も動くだろう」と希望が見えた気もした。

甘かった。

数々の反ポリコレ冷笑垢、捨て垢、女叩き垢、ネトウヨ等が次々と東京医大擁護した。

東京医大気持ちもわかるよ~」「現場ガー。きれいごと言ってられない。必要悪」「女が上方婚しないから!」「関係ないブスやババアが騒いでるw」「男性差別ガー」等々…。

テレビ東京医大擁護され、その動画が何万RTいいねされた。

まとめサイトは女叩きに染まった。

週刊現代は「女性医師の手術なんて嫌だ」という記事を載せた(海外だったら廃刊するまで叩かれまくる!)

点数操作女子浪人生だけ合格させないという明らかな差別が行われたのにどうして擁護されるのだろう。こんな時に限って「下駄履かせるの反対!実力で勝負させろ!」と普段言ってる人達はだんまり。女を差別するためなら普段散々叩いているブラック体制まで擁護

さないで堂々とすればいい?そういう問題じゃない!

各国が「前時代的なあり得ない差別だ」と手厳しく報道したというのに、この実態を知れば再びどう報道されるだろうか。

不正のものよりこれが一番ショックだった。日本の後ろに進むと書いて後進国ぶりを甘く見ていた。

2018-09-06

anond:20180906184437

あくま個別での賛否に徹することだな。

もはやブラック労働反対については世論はほぼ一致してるように見えるし、ブラック労働反対の弁護士立場揶揄されることももう無いように思える。

ほぼかつてのウヨサヨ関係なしに。

課題課題是々非々であるべきだし、世の中にとって重要課題が何かということだ。

ウヨサヨということ自体、例えば景気とか労働環境だとか大事課題から目をそらさせるためにやってるように思える。

まあ、今まで目をそらしてきたが、本当に深刻になってきて、ウヨサヨ論争におさまらずに声がでかくなってきたというか。

戦争だの民族だの本気でどうでもいいわ。

2018-09-05

ヤフコメ民、掌返し宮川選手と速見コーチ罵詈雑言を浴びせるの巻

宮川紗江塚原夫妻の直接謝罪拒否「嫌です」 徹底抗戦

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000026-dal-spo

速見元コーチが会見 宮川への暴力行為謝罪処分真摯に受け止める」 騒動後初の公の場

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000123-spnannex-spo

速見元コーチ宮川への暴力「お尻を蹴ってしまったり」とも告白 体操協会の発表外

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000100-dal-spo


宮川選手身体的特徴をあげて罵倒したり、コーチとの性的関係邪推したりやりたい放題。

この問題で取り上げられている人達よりもはるかに醜いと思える。


とまあ、可視化やすいのであえてYahoo!ヤフコメユーザーピックアップしたが、

はてなユーザーや他のSNSユーザーにも同じような人いるよね。


マスメディアはこれまで塚原夫妻がいいサンドバッグとみて連日アレコレやっていたが、

今日コーチによる会見で流れはどう変わるだろう。

雑誌では文春あたりが塚原夫妻にまつわるスクープを出すようだが、

遠くないうちに今度は速見・宮川側が餌になるんじゃないだろうか。

ワイドショー向きの泥臭い話ではなくて、

スポーツ界における暴力ハラスメントの根絶を真剣に考える向きにならなきゃダメなのに、

一部世論は、そんなこと全く眼中にないんだろうな。

2018-09-03

統計は本当に正しいのか

アンケート統計データは正しいか

よく新聞雑誌アンケート調査による「○○率」が使われます

最近では、内閣支持率がどうとか、安保法案に対しての支持・反対率がどうとか。

 

統計学大学での専門として学んでいた者からすれば、「いい加減にしろ!」って言いたいのですね。

統計データってのは、考え方と調査の仕方などで、どうにでもなります

期待する答えを導き出す方法を考えれば、そのような答えが出てきます

 

とりわけ、アンケート調査なんてのは、無作為抽出といいながら、母集団データベースがどうなのかは細かく表示されません。

母集団になる数も1,000前後なんてのも多いので、これは信頼度に疑問が出ます

ある程度の傾向を示すことはあることは分かりますが、それが「全体の意思を示している」とは言えません。

 

統計データは、少しいじれば、答えがどうにでもなるものでもあります

恣意的データをいじれば、悪い結果も良い結果も出てしまうのです。

 

そんな統計データを利用して、「支持率が上がった、下がった」なんて話はバカバカしいにも程があるのです。

世論誘導したい、って思えば、そのような記事データを使えばいい。

ただ、それだけです。

 

こういう恣意的もの蔓延しています

それに踊らされるほうも問題はあります

数字なんて信用していいものと、簡単に信用してはならないものがあります

 

いま、メディア中立とは程遠いところに位置しています

もう随分前から中立ではありませんね。椿事件なんてのもありますし。

さら中立とは程遠くに位置していると言ったほうが良いのでしょうかね。

 

統計データには要注意です。

「率」で示されると、何となく「正しい」と思う、そういう心理をうまく突いているのです。

すべて疑って掛かるしかありません。


そういえばさ、質問の仕方でどの答えを選ぶのか変わる」ってテレビでやってた気がする。

それを考えると、「意図的統計結果をずらす」ことなんて簡単だと思うんだよね。

要は、統計なんてあてにならないって事。

それを宗教バリに信じてるってすごい。それしか信じるものが無いのかな。

2018-09-01

情報銀行マイナンバーについて妄想してる

考えがまとまらないので、書き散らす。



なんとも支離滅裂だが、かろうじて文章めいたものになったのはこれぐらい。暗いことしか思いつかん。鬱かな。

2018-08-29

世の中に疲れている

社会問題の類いはたいてい一概にこれが正しいと言えないから、考えるだけで消耗してしまう。

いまホット女性社会進出の話にしたって、力の差や身長差みたいに生物性別でほんとうに男女に差が出るものとそうでないものがはっきりしない or 比較的はっきりしているものでも他のいろんな問題が絡み合って混沌としている。明確な定義がなくて答えが出せない場合妥協点を探るしかないんだけど、結局みんな自分可愛いから、いつのまにか個人的な手柄取りや利権争いに飲み込まれしまう。そうした権力闘争さえ掌の上で転がせるような、ある種残酷なまでの策略家がいればいいんだけど、健全な使命感にその狡猾さを活かしてくれる頭のいい人はなかなかいないものだね。少年漫画だと時々いるけど、現実社会では世論に負けそう。

つらいことがあったとして、自分だけの問題だったら嫌なこと言ってくる人から距離をとるなり、仕事やめるなり、海外に逃げるなり、なんでもできるけど、責任が伴うとなると途端に身動きがとれなくなる。覚悟だとか、受容だとか、結局個人の受け止め方の問題帰結してしまう現状が歯がゆい

2018-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20180827194419

公共システムはどんなアホを相手にしてでも絶対に助けるのが使命だ。

川が溢れる警報が出てるとき中州キャンプするやつとかさ、警告を無視して流されるアホでも警察消防が見捨てることは許されない。

イスラム国に入ったジャーナリスト人質になっても、日本国政府が見捨てるのは駄目だ。

自衛隊クソくらえという主張を繰り返すプロ市民も、自衛隊が守る対象である

見捨てるべきだという世論大勢であったとしても彼らの使命は揺らがない。

.

でもね、個人としては感想を持つことも普通ことなんだよ。

当事者である警官政府職員自衛隊の人、職責について責任感を持っていても、個人としてはうんざりすることもあるさ。

ましてや当事者でない人間なら多様な感想を持ちうる。

.

思うものを思うべきでないと言ったってしょうがないだろう。

まあ、あんまり露骨発言するなとは言えるだろうけど、思うものを思わないでいろってのは無理だろ。

scopedog氏は知的底辺ではない

anond:20180827154212

まあ元増田もそういう意図ではないかもしれないが一応。


まずはてな馬鹿がいっぱい居るというのはその通りだと思う。

最も単純な意味での馬鹿学力的な能力の低い人が意外にいっぱい居る。

少し長い文章を読み通せない。読解できない。知らないタームを調べたりもできない。


個人的にもはてなは割と高学歴インテリ層が多い(学歴は高くない人でも読書好き)という先入観があってしばらく気付かなかったが、ブコメをよく見てると話をまるで理解しない・誤読してコメントしてる人が滅茶苦茶いっぱい居る。人気トップブコメが完全な誤読ということもしょっちゅうある。少し難しい文章の読み書きが出来ない。単純な意味での馬鹿結構多い。


そしてscopedog氏はそういう意味での馬鹿ではない。むしろあの人は読み書きは出来る方。調べ物もできる方。単に韓国人なだけ(国籍とか血筋のことではない。個人情報なんか知らんし興味もないし。)

あの人が知的な面だけで言ったらはてなの中で上位の方なのは特にはてサにとって都合の悪いニュース」のブコメでわかる。ちゃんと状況の不利さを理解していて、論理的自分側が不味いことを認識してる。ほとぼりが冷めたタイミングで静かなコメントを付ける。発狂型のはてサ全然違う。


あの人の主張が狂ってるなと感じてもそれを個人狂気とか知能が低いせいだとか解釈するのは間違い。あの人の論調はムンジェイン派韓国人そのまんま。韓国語が相当堪能で常に韓国世論思考法をフォローしてる人なのは間違いない。

韓国の主要メディア(ただし朝中東と言われる保守メディアは除く)や主要なネットコミュニティそっくり同じ認識論法を取っているので、韓国語が読めない人もあの人のブログを見てるとナマの韓国世論に触れることが出来る。


ただたぶん日本在住か日本育ちでそのためにネイティブ韓国人より情報摂取多角的。だから韓国論調フォローするブログ書きながらも「これはさすがに無理あるやろ…」「上手く加工せんと…」っていう個人的な躊躇いが垣間見えることままある。

まとめると基本的には韓国世論思考法をそのまま伝えてくれるし、この間の朝日新聞訂正記事メタタグ隠ぺいの件のような時は「韓国思考法をベースに高い知力で合理化するとどうなるか」をオリジナル記事で見せてくれる感じ。


scopedog氏自身はてなの中では上位に入る知的な人なので、あの人のブログは「こいつ基地外」「こいつ馬鹿」ではなく韓国人一般思考法や世論を知る窓口として使ってほしい。充溢する異質な思考感性拒否感を持つのではなく一旦虚心に観察して感じ取ってほしい。

知的人物が異国のナショナリズム民族史観に身を浸してそれを可能な限り合理的ものとして紹介しているのがあのブログだと理解できたら、面白く貴重な読み物に接しているのだと気づけるはず。

2018-08-25

サイト遮断=悪の図式が完成した

お前らまたkawangoに踊らされてんのか

https://anond.hatelabo.jp/20180719063512

以前この中で以下のような事を冗談めかして言っていた。

やったやんkawangoくん!

ブロッキング=悪」への意識すり替え成功しつつあるやん!

ブロッキングと言い出したら猫も杓子も叩かれる状況まであと一歩やん!

それがまさしく達成されてしまった。

その証拠がこのブコメ欄だ。

サイト遮断で「監視進む」 総務省職員発言会議混乱:朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASL8S7FXML8SUCVL028.html

もはや監視=悪だ。

まり「法に則ってないブロッキングは駄目」からブロッキングは全部駄目」に完全にすり替わった。

これでもう日本ではブロッキングはできなくなった。

世論が頑なになってしまったとハッキリ分かってしまったのだから政治家は誰も動かない。

裁判を経て詳細も公開したブロッキングすら出来ない。

NyaaもPirate Bayも遮断されることはない。

漫画村が復活しても違法DDoS攻撃くらいでしか止められない。

現在同様のブロッキングをしようとしているカナダも影響されて法案を通せないかもしれない。

ただでさえバカから批判されてたから、我が意を得たりと一般市民を巻き込んで猛攻撃されるのは想像に難くない。


kawangoよ、悔しいがお前の筋書き通りだ。

お前の勝ちだ、クソッタレ

2018-08-24

anond:20180824114506

自己責任追及内閣世論の8割が支持したことを忘れては困る。

支持した以上、それは逆に自分自己責任で潰される覚悟があると見做される。

増田が「何でもかんでも自己責任はよくない、社会にも責任はある」って2割側だったらご愁傷さまだけどね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん