「自戒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自戒とは

2021-05-11

毎日不倫不倫不倫うっせえわ

どいつもこいつも不倫がウンタラカンタラうっせぇわ、まじで。

 

もうさ、無理やねんて、不倫必要なんだって

この糞つまらない閉塞感のある世の中で楽しいことはサウナセックスくらいなんだから

オナニーは飽きるのよ。

 

そしたら?ん?どうしたらええの?既婚者は?

風俗も?最近は生きづらくなって?は?家に嫁がずっといて?もう?頭おかしくなるぞ?

ちんこついてるんや、こっちは。

結婚たからって、ちんこはとれんのやぞ。

理性と本能が世の中に適応できてへんねん。

  

つか、そんくらい放っておいてやれよまじで。頼む。ほんまお願い。ほんとにめちゃくちゃ自戒こめてる。

 

というか、それより面白いことが無いことや、希望が世の中に無いことのほうがよっぽど不健全じゃね。

人を好きになってしまうことが、結婚によって禁止されるのはおかしいとおもうんよな。

 

あーあ、だれかベンチャー立ち上げで世の中のこのクソ大きな不を解決してくれんかな。

クラウドファンディングしてくれたら、お金あつまると思うし、全世界の人から支持あるとおもうねんな。

不倫は、あなたが思うより、善行です。

2021-05-07

[B! 事故] 大津園児死傷事故 「直進車にも過失」遺族ら検察審査会に申し立て | 毎日新聞

この事件、直進車の過失を問うのにブレーキを踏んでない、距離が短すぎて踏む暇が無かった、高齢反応速度が鈍っていた、左の歩行者認識していたにもかかわらず右折車を避けるために左にハンドルを切った、右折車が直進車優先を無視することを想定しなかったなど議論余地はあるけどそこは置いておく。

ブコメの中に制限速度で直進車優先なのに過失を問うのは理不尽だという意見が多いが、たしか理不尽かも知れないが本当に理不尽なのは亡くなった被害者であることを忘れてはいけない。どんなに理不尽だろうが車を運転するということはそういう責任が伴うということを理解していない人は即刻免許返納するか今すぐ考えを改めるべき(自戒を込めて)

2021-05-05

省み続けなければならない、しんどいけれど


年齢を重ねるにしたがって、自分より下の年齢の人が増えていく。

年下はやっぱり自然と気を使ってくれたり、忖度してくれたりしてくれるから

同期や同じ年の仲間がいないと周りには段々本当のことを言ってくれる人がいなくなる。

特に大学教授とかが顕著な例かもしれない

自分で相当自戒しないと

本当に自然に、自分はあまり間違ったことをしないし、みんなに好かれていると勘違いしてしまうんだよな。

立場が上になっても謙虚自分の間違いをすぐに認められる人ってすごいと思うわ。

2021-04-24

赤子が人間に見えない

虫が怖かった。

から始まるもの言わずもがな、目を凝らして見つかるようなものも、カブトムシクワガタムシも、ガもチョウも区別なく怖い。

できるなら「虫」の字を見かけることもしたくない。(アルファベットも避けたかった)

犬と猫は平気だった。

外で遭遇したり、一緒に信号の転換を待ったり。

けど、ともに暮らすことを考えると、鳥肌が立つような心地がした。

ペットを飼いたくない気持ちが、ずっと頭の片隅にあった。

飼い主には、飼い主としての責任が生じるという。

人生を振り返ってみると、私ではその責任を負えないような気がしていた。

虫が怖い理由も知っていた。

小学生のころ、父親が虫を踏み潰してみせたことがある。

私は、いつまでもその記憶を忘れることができない。

今でも夢に見る。

父親が靴で踏みつけて遊んだ虫が、復讐のために私の前に姿を現すのだ。

一時期は、何にしろ虫を目にするたびに夢を見た。

夢を見るから虫が怖い。

虫が怖いから夢を見る。

どちらが先か後かもわからないが、これらのことのために虫が怖いのだと思っていたのである

さて、つい最近のことだが、ツイッターハムスター動画を見かけた。

道を歩いてハムスターに遭遇する、などということは、なかなかないのではないかと思う。

私にも経験がない。

幸いにしてペットを飼ったような経験もないから、ハムスターという生きものは、私にとってはペットショップなどに陳列されているものだった。

そうでなければ、ハム太郎だ。

ハム太郎は、かわいい

履修したことはないが、ハム太郎かわいい異論は認める

そして飼育したこともないが、以前に何度も動画で見かけた動くハムスターも、とてもかわいかった。

ハム太郎も、動画ハムスターかわいい

ということは、ハムスターかわいい

そう思っていたのだが。

さて、その日、ツイッターハムスター動画を見た。

化け物かと思った。

ちっともかわいくなかった。

いや、かわいくないなどというものではなかった。

化け物に見えた。

何がグロテスクかって、あの目が嫌だった。

さなハムスター顔面についた、黒々としてぎょろりと飛び出すまあるい目。

具合が悪くなったから、すぐに動画を止めた。

そして改めて衝撃を受けて、他のハムスターを探した。

失礼な話だが、特別にかわいくない個体だったのではないかと思ったわけだ。

撮影がまずかったのではないかとか、場面がまずかったのではないかとか。

そんなことはなかった。

それまでかわいかったハムスターが、もう今は化け物にしか思えない。

日を改めても駄目だった。

もう私はハムスター動画を見ることができない。

そして、またある日に夢を見た。

幸いにして、上述のものもの復讐譚にはならなかった。

だが、私は犬か猫かを飼っていて、それらの首をひとつずつ落としていった。

から飼いたくなかったのだなと、翌朝に真相を知った。

責任を負えないから飼いたくないのではなくて、虫だから怖いのではなくて、その気になれば踏み潰してしまえるから恐ろしかったのだ。



年長の親戚が、生まれたばかりの赤子を連れてきた。

私は断ったのに、押しつけられて抱くことになって、ぞっとする思いで腕の赤子を見下ろした。



傲慢への自戒を込めて。

anond:20210424135026

https://www.nature.com/srep/guide-to-referees

Manuscripts are not assessed based on their perceived importance, significance or impact; the research community makes such judgements after publication.

から分野外の人間にはその論文インパクトが正しく測れないんだよね

ある論文をおそらく分野外の人間が「すごい~^^」みたいに言ってて

何でこいつらこんなのを有り難がってんの???もうX年も前から言われてるぞ???

って思って

自分の分野外の論文は眉に唾つけながら読んだ方がいいんだな~と自戒した

2021-04-17

躁を経験した。初めてだった。

「昨日の朝の引き継ぎ、何かやばいことを言ったような気がする」という漠然とした記憶が芽生えたのは、昨日。

夜勤明けでその日と翌日は休みだったが、死んだように眠っていた。そこも記憶がない。

予感は的中した。

昨日の夜勤入りの夕方、同僚に「大丈夫?この仕事きつい?」と心配された。

とんでもない。仕事楽しいし、人間関係も全く悪くない。こんなホワイト自分がいていいのかというくらいの高待遇

どんな職種かは伏せる。お世話をする系の仕事

どのように変だったか聞いてみると、妙にハイテンションで、声がデカかったとのこと。

そして、睡眠導入剤を飲んでいることをベラベラと周囲に聞こえる声で誇らしく喋っていたようだ。

もう、最悪である

私は普段は温厚で、小動物系。ハイテンションとは真逆の生き物である

そんな生き物が突然、

自戒を込めて記す。

夜勤入り前】

から夜勤入りの正午まで飲んでいた。

前日の夜勤入りから仮眠までは、普通だった。

2021-04-13

anond:20210413124053

賢い他人には見えてる「落とし穴」に気が付かないで、他人の行動がマヌケに見えるってことはよくあるよね。

で、自分が気が付いてる「落とし穴」に気が付かない人間馬鹿に見える。

自戒せねば。

2021-04-07

ぼくの考えるネットでこれはやめてって人のパターン

党派性の強い人

味方は甘やかそう、敵はケチをつけよう、というのを端から前提にしてる。とにかく日常的に、自分が支持している言説の「味方側が勝ってる」「敵側が負けてる」発言を集めては広めていてる。さらに何かの発言を見たとき、瞬時にそれが「味方側」か「敵側」かの判断をして、色眼鏡をかけて、味方側っぽい人の話はうんうんうなずきながら読む一方(時には読む前に広めてしまう)、敵側っぽい人の話はここにがどう間違ってるのかをあらさがしだけをするように読む。そして味方側の悪いところも、敵側の良いところも、なかったことにする

属人性の強い人

頭の中に「味方側フォルダ」「敵側フォルダ」を分類していて、そのフォルダ分類に合わせて他人意見判断をする。何を言ってるのかを確認しない。「○○という名前を見てそっ閉じ」みたいなことを平気で言う(←これを「こいつの言ってることはどうせ間違ってる」ではなく「私はただ単に閉じただけです」だとか、言った本人も含めて誰も信じてない言い訳はやめてね)。

・敵側には何をしても許されると思っている人

「敵側」と判断した相手への公平さを一切考慮しない。最悪のところ、デマでも誹謗中傷でもなんでも許されると思っている。平気であやふや情報による攻撃を率先して信じ広めるし、日常から中傷的な名前呼び方」なども平気で行っている。

また敵側と判断した相手に対しては、その他のあらゆる部分でとにかく攻撃的にならないといけない、否定しないといけない、譲歩してはいけない――と思っている。例えばある点でとても批判的な相手が別の部分でいいことを言ったりしても、絶対に認めない。あるいはある点でとても批判的な相手の、まったく別の本業の成果などに対して、端からバイアスをかけて否定しようとする。

公平さがない。

・訂正ができない、謝れない人

一度批判した相手は敵側なので、間違ったことを言ったり、中傷的なことを言ったり、なにか言い過ぎたりしても、訂正ができない。ましてや謝れない。「敵側」に対するなんらかの譲歩的なアクションはすべて、こちら側の失点であり、敵側の加点であると考えているので、「敵に対して訂正をしたり、謝ったりするなんて、できるか」と考えてしまう。それが明々白々な間違いでも、いやそうであるからこそ、やれない。

・口汚い人

「アホ」「バカ」間抜け」などはもはや軽いジャブ、「人のクズ」「虫けら」「ゴキブリ」等々、とにかく口汚く敵を罵る。――なお、一般論として差別用語などを使う人間批判する人の一部も、平気でこうだったりする。人を傷つけるのはやめようと思っている(ぼくも同意する)人が、なぜそうなるのか、よくわからない。

自分に甘い人

以上、かなりの自戒を込めて書いた。

これを読んで「自分の考える敵どもって確かにそうだな!あいつらしょうもないな!」としか思えなかったら、それはやめてって思いますね。

おまけ

・なにかに対する「多い」「少ない」判断が雑な人

当たり前だが、最近よく見かけた……というのは、それが「多い」ことを意味しない。ましてや前より増えていたりすることをや。

心理学的に、ヒトは統計数字をうまく呑み込めず、「自分が思いつくこと」が統計的に多いのだと判断してしまものらしい。何かが何かに比べて多いとか、何かが周りより突出しているとか、そういうのの根拠に「自分や周りの体験」「ネットで見たいくつかの件」を挙げたり、あるいは何かが少なかったりないという根拠に「見たことない」を挙げるの、エラーなんじゃないかなー。

ぼくはここ数か月で街で二回喧嘩を見たが(人生でもめずらしい体験だ)、それで『喧嘩は増えている』と言ったらおかしいのだと思う。そういうこと言う人が昔より増えている。

2021-04-06

anond:20210406010749

ルッキズムの部分に関して。あのイズムは無視していいイズムだと思う。

視覚から得られる情報の多さを考えたら、人は人を見た目で判断するのが自然だよ。人は見た目が9割的な話。

例えば、ウォーティズムとか言って水を飲むことを禁止されたら、9割が水でできてる人間死ぬ。だからウォーティズムは無視されるべき。

同じようにルッキズムもそんな気にしなくていいものだと思う。

からあなた自戒は1個か2個に減った。時短だね。

自戒

これは、自戒だ。

たぶん、ぐちゃぐちゃな文章になる。

どうか、許して欲しい。

日本のどこかにいる、1人の自戒だ。

私は、今美味しいご飯を食べて、温かい風呂に入って、ふかふかの布団で寝て、生きている。

これは幸せなことだと思う。

私は、アイドルが好きだ。

あんまり言うとあれだけど、カワイイアイドルが好きだ。

恋愛的に、という感情はない。

ただ、「アイドル」が好きだ。

歌って踊って、メンバーと笑い合って、涙も汗も流して、努力をしてアイドルを全うする姿が大好きだ。

ただ、私の語彙が乏しいが故に、彼女たちを褒める言葉も乏しくなってしまう。

「顔が良い」「目が大きい」「肌が白い」「細い」

どれも事実である。ただ、これがルッキズムにおいてよろしくない、と思う。

私の「カワイイ」は今言ったことだけども、この「カワイイはいろんな人の話を聞いて蓄積されて培った「カワイイ」で。つまりルッキズムが生まれ根本的なところでもあるのかもしれない。

正直言おう。アイドルが気になった最初きっかけは顔だ。

ただ、これは好みの顔だった、という話だ。

どれだけ話してもルッキズムというところにおいて自分悪者のように思えてならない。

それもそうだ。何かを誉めているということは反対のものを貶しているようなものから

自分で分かってはいる。しかし、そこが好き。

もちろん内面的な部分も大好きだ。

私の推しの考え方は人間として尊敬している。

でもアイドルは1番顔を売りにしている。実際に努力して肌を綺麗にしている子もいる。その努力は褒めたい。けれど、その反面ルッキズムの云々が気になってしまう。

もうここまでくるとルッキズムがよくわからない。

けれど、どんな容姿であれ、人間は好きだ。

私は一重で太っていて地黒で、でも自分のことが好きだ。

容姿について話す時は、熟考してからツイートしよう。

ごめん、こんなまどろっこしいオタクで。

どうか推すことだけは許して欲しい。

きっと明日あなたの歌を聴いて、ダンスを観て、それを糧に生きていく。

もう一つ、自戒だ。

ジェンダーについて、性自認について考えてもやはり何かしらの壁がある。

正直性別なんてあるようでないと思っている。

私は性自認は女で恋愛するなら男だと思っているけれど、性別なんてどうだっていい。好きな人が好きなんだし。

けど、子宮があるタイプ人間生理が来たりするものだ。ただ、日常的に「子宮があるタイプ」「ないタイプ」と言うのも変な話だし例外もある。

男性」「女性」と話すことがあるのを許して欲しい。

ただ、それを減らしていきたい。

あと一つだけ、自戒だ。

きょうだい児、と呼ばれるもの自分が値する。

決して他人を恨んだり憎んだりはしないでくれ。

誰も恨まないように。

推しはどこか空の下でメンバーと笑って生きてくれ。

2021-04-01

彼氏就職先を知らない

感情に任せて書いたくだらないクソメンヘラ女の戯言なので、地雷臭に反応してしまった人は読み飛ばして欲しい。

四月一日新年度が始まった。TwitterのTLはエイプリルフール新社会人という言葉で溢れていた。

就職先を教えてくれない恋人に対して、世の人はどう思うんだろう。

私の彼氏(年上)は今年度から就職だ。これはまあ順当に行っていればの話だが。細かいことを言うと身バレになるので割愛するがどうやら大学留年疑惑も出ているらしい。いやでも去年の秋口に就職先は決まってるって言ってたよね?就職就職浪人?留年?休学?今どう言う立ち位置にいるんだろう。べつに留年だろうが休学だろうが就職浪人だろうが自分のやりたいことをやってたんだから特に悪いとも思わないし、どちらかというと将来に対するこれから努力とかそっちの方に目を向けたい。ただ、もし嘘をついていて働く気のないニートなら別れます。将来のことについて嘘をつく人は信用できません。

聞かなかったの?って思う人もいるだろうし相談した人たちにめちゃくちゃ「聞かなかったの?」って言われた。そりゃそう。これに関しては自分もものすごく反省している。去年の秋口に「言いたくなったら言って」と溢してしまって以来、聞くのは憚られた。余計なことを言わなきゃよかった。

さらにこの間のデートでは「おいおい言うね」と追い討ちをかけられた。えっと、おいおい話せる仕事って一体何?てかこんだけ引っ張ってて打ち明けられた時の反応どうすりゃええねん。

その日のデートは最寄りの改札から家まで号泣して、そのあとも大泣きして日本酒を飲んだ。

そこから電話タイムだった。深夜までLINE電話が繋がっていた。人間ってこんなに人と喋れるんだと驚いたくらいだった。

親に相談したら「別れれば?普通に信用できないじゃん。次の人さっさと見つけた方がいいよ。」

兄弟相談したら「あんたは彼氏のこと信頼できてないじゃん、信じてあげなよ」

友達①に相談したら「とりあえず次会った時に留年した?ほんとに就職した?って開口一番聞いてみなよ。あと◯◯大学彼氏大学レベル留年するのは大体ヤバいからマジで。やめときな。」

友達②「まあ言いづらいんじゃない?あん公務員志望だしなんなら院進かもしんないんでしょ?付き合ってそんな経ってないんだから待ってあげれば」

多種多様な答えが返ってきたけど、全部ド正論に聞こえた。次にこれは「彼氏から就職先を教えてもらっていない女がどうすればいいか」っていうことに対するアドバイスだったと思った。それはそう。冷静になりすぎ。

しばらく考えて、「世の中の人間は恋人から就職先を教えてもらえなかったらどう思うんだろう。」っていうのが知りたくなった。朝七時だった。そのあと一眠りして起きたら信じられないくら浮腫んでいて千と千尋に出てくる坊みたいな顔をしてて自分でも引いた。洗面台のところで見たパンパン自分の顔にびっくりして声が出るなんて、二度と忘れない瞬間だと思う。あーあ中身が神木くんだったらなあ。

ここで冒頭で書いた質問に戻る。

就職先を教えてくれない恋人に対して、世の人はどう思うんだろう。」

あの時、彼に対して、自分でもどういう感情だったのかわからないけど、一番は寂しいな 、だった。そして、彼氏秘密があるという事実が何故か嫌だった。人間誰しも秘密の一つ二つはあるだろうしもちろん私にも彼氏には絶対に言えない秘密はある。だけど秘密っていうのはその秘密存在すら隠してないかのように振る舞うものだと思っていたから、見せないように見ないようにするものだと思っていたから、こうして改めて秘密があるっていう現実を突きつけられると虚しかった。

世の中にはいろんな人がいるから、少しでも彼氏のことを受け止められるようにいろんな意見を聞いて、どんなふうに考えればこの問題に関して着地点が見えるのかを探りたかった。こんなことをして解決できる問題ではないのだけど。それでも縋り付かせてください。もう限界です。

祈り自戒を込めて

頑張るのでどうにかうまくいきますように。

追記

もう中学生とか高校生じゃないから本気で結婚とかも考えてるから将来のことも知りたいなって思ったんだけど、もしかしてそもそも恋人就職先って知らなくてもいいものなんですか?

2021-03-29

誰の心にも""さくらみこ""はい

これは同人誌を出したことのある腐女子が、他人炎上に乗っかって自己顕示欲を満たすチャンスを伺い、隙あらば自分語りをすることで「誰かが大事にしている文化安易否定しないようにしよう」ということを自戒も兼ねて訴える文章である


2021年3月29日Vtuberさくらみこ氏が、動画内でBL同人誌を作者の許可なく紹介し、その際の態度が作者へ敬意を払っているとは到底思えないものだったとして多くのオタクの不興を買い、炎上した。


私は脳直Twitter女なので、即座にブチ切れ許せないとツイートかました。

しかし何事も事実を見つめないまま、尾ひれのついた情報に踊らされてぶち切れまくるのは良くない。

阪神パッケージばかうけを6枚食べ、レモンティーを3杯飲んで頭が冷えた私はとりあえず現場を見に行くことにした。


現場である動画は削除されていたので、該当箇所の切り抜き動画を見た。

結論から言えば、イキった中学生腐女子友達の家でお菓子を食べながらしゃべっていたことが、そのまんまインターネット投稿されてしまったんだなというのが正直な感想だ。

友達の家という閉鎖空間でやっていれば数年後あたりに「なんてことをしてしまったんだ」と気付くようなことが、Youtube投稿されてしまったせいで全世界に公開され、結果として作者を傷つけ大炎上してしまったんだな、と。

インターネットと考えの足りない人間が組み合わさると不名誉な方向でTwitterトレンド入りという花火が打ちあがるのだな、と現代の恐ろしさを改めて感じた。


ここまで考えたところでふと、私は思った。


私は果たして彼女のように一度も誰かの大切にしている文化馬鹿したことはないのだろうか?

今回の配信彼女スパチャを投げるリスナーのように、誰かの大切にしている文化馬鹿にするようなコンテンツで笑ったことが、一度もないと言い切れるのだろうか?



私事になるが、私はギャンブルが嫌いだった。父が無職で家に常に金がなかったこともあり、人を貧乏に突き落とすギャンブルのことも、貧乏承知ギャンブルに金をつぎ込む人のことも嫌いだった。

からある人から競馬が好きだとかパチンコが好きだと聞かされると、その人のことがどれだけ好きでも「当たらないもの大事お金をつぎ込む変な人」と軽蔑せざるを得なかった。


しか最近ウマ娘 プリティダービー流行に乗って見かけた一つのツイートで、私の価値観は大きく変わった。


『馬、ウマやったから解ったんだけど、あれ、馬券を買う事自体が『推しへの課金』の側面を持ってて、なんと『推し課金して推しを現地で応援すると推しが勝って金が増える』という夢のシステムを搭載していて「そりゃハマる人はハマるわ」って感じがする。』

https://twitter.com/ebleco/status/1375028099289522176


私は勝手に、馬券を買う人は単純に順位を当ててお金を手に入れることだけを目的に買っているものだと思い込んでいたから、競馬にそういう側面があることを全く知らなかった。

そこからTwitterに流れてくるゴルシの珍奇行動漫画やハルウララ有馬記念アタックに触れるうちに興味が湧いてきて、インターネット競走馬のことを調べるようになり、王者と称される馬にも勝てなかった馬にも、皆等しく生涯のドラマがあったことを知った。

そして競馬への造詣を深めていく中で、競馬という一つの文化を知ろうとも理解しようともせずにただひたすら嫌い蔑んでいた自分を恥じた。



他人文化を知ろうともせず土足で踏み入って否定し、馬鹿にする」という意味合いでは、ウマ娘出会う前の私の思考と行動は、作者に無許可同人誌の内容を読み上げ大笑いしたさくらみこ氏と本質的には何ら変わりない。

私がこの文章タイトルを「誰の心にも""さくらみこ""はいる」としたのは、まさにそういった意味である



今回の騒動感情的な側面に限らず複合的な問題を孕んでいるだろうが、その中で特に腐女子が大いに怒った点に関しては、彼彼女らが大切にしている「作品を作る行為は素晴らしい、作品を作る人は大事にしよう」という文化を踏みにじったのが原因だと私は思う。

かにさくらみこ氏の行った「作者に無許可で内容を公共配信で読み上げ、その直後に大笑いする」といった行動は、客観的に見ればとてもではないが作品や作者に対して敬意を払った態度とは言えないだろう。

その行動に対して怒りが抑えられないのも、勿論分かる。私とて現場を見に行く前に脳直激怒ツイートをした感情的人間だ。

けれども、「自分他人大事にしてる文化馬鹿したことなんか一度もありません」という顔をして今がチャンスとばかりに彼女を叩きまくるというのは、自分のことを棚上げしているようで見苦しい行いではないか、と思う。


断っておくが、私はさくらみこ氏を擁護したいわけではない。ただ、彼女の行動をきっかけに自分も同じようなことをしていないか振り返ってみないか?と、呼びかけてみたかっただけなのだ


どの界隈にも、そこに属する人たちが大切にしている文化がある。それが自分の目にはどれだけ異様なものに映ったとしても、その背景を知らずに否定するような人間にはなってはいけない。

異なる文化の中身に触れようとも知ろうともせず、一つの文化否定したことのある人間として、人は簡単否定に走ることを嫌という程知っているからこそ、今回の一件は改めて己の振る舞いを身につまされるような事件となった。


違う文化肯定するのは難しいかもしれない。でも、馬鹿にするのはやめよう。それぐらいなら、誰にだってできる。

私もそう在れるよう、努力し続ける。そして私がその志を忘れ誰かを傷つけたら、石を投げて目を覚まさせてほしい。



おしまい

2021-03-27

軽率に絵を誉めるんじゃなかった

軽率に絵を誉めるんじゃなかった。

自戒である

 仲良しの絵師がいた。私はフォロワーが少なく、大体絡むのはその人とだった(以下、Aとする)

 絵師は私と同い年で、親近感もあった。私も絵を描き、Aも描き、お互いに誉めあって満足していた。「ここが好き!」という一言だけでも嬉しいのだ。

 彼女美術系の大学を目指していた。そして落ちた。受験中はログアウトしていたが、久しぶりに浮上したDMにAからメッセージがあった。

あなたに言われた一言で、私は浪人を決めた。私の絵を「あたたかタッチの絵だ」と言ってくれて嬉しかたからだ」

 

 えぇ~~~!? たかがあの一言でェ~~~!?

 驚きである。そして、Aに対する申し訳なさと自分無責任発言反省した。

 絵師、という言葉不思議だと思う。プロを指す言葉でもあるが、ちょっと落書きをしただけでもネット上では多分絵師なのだインターネットは広い。ペンを持って何か描いた瞬間から絵師と呼ばれる条件はあるのだと思う。

 友達同士で絵を描きながら「ここいいじゃん!」なんて和気あいあいとしているテンションだったのだが、Aにとってはすごく意味コメントになってしまったようだ。正直、単純に素敵だなあと思うのと同時に、自分も誉めてほしいという気持ちもあった。「互いに誉めあう」のが気持ちいい。だから一方的感想を送って返信がなかったり、「嬉しいです」というコメントだけだと肩透かしを食らう。私の界隈はみんな良い意味でお花畑なので、誉められたら誉め返す人が多い。ウィンウィンだ。

 浪人って、かなり人生を左右する選択だと思う。たか一年、されど一年。私の無責任な誉め言葉で、Aの一年を奪ってしまったような気がする。

 気づけば、Aは絵を描かなくなっていた。もう絵は諦めた、と言っていた。一応浪人して上京し、美術系に進学したようだが就職一般企業を考えているらしい。絵描きを目指し上京し、周りとの差に悩み、一般企業に入るのは珍しくはないんだと思う。思うが、Aの人生選択の要素に、自分のこれとなしに言った言葉が入っていると考えると申し訳なく思う。

2021-03-25

anond:20210325104428

CMは「ジェンダー平等はいらない」なんて言ってない、で終わりだよねその話。

おまえはさ、もっと自分バカである自覚を持って生きていったほうがいいよ。

何か問題が起きるのは「他人バカから」ではなく「自分バカから」なんだ。

周囲に当たり散らすのではなく自戒して努めような。

2021-03-22

anond:20210322115552

ホッテントリになってる早稲田の人研のインタビューで書いてるように、

エヴァラストTV版も旧劇も「鏡」って書いてるけど、

鏡を見ても「現実自分理想自分乖離」みたいなのを感じない人は問題ないんだよ

それは毎日ちゃんと鏡を見ている人

というか、リアルの鏡もそうだけど、心の鏡を見てる人、

自分の身の丈を自覚している人とも言えるかも

でも、その身の丈を自覚してないというか、山月記肥大した自尊心というか、

そういうカテゴリーに含まれオタクに対して、

現実を見ろ」「俺が用意した鏡を見ろ」

とは言ってるんじゃないかと思うし、それはそれで自戒を込めてだったり、

庵野氏の天の邪鬼な面が出てるのではないかなあ、と思ったり

ちょっと嫉妬というか、悪い言い方をするなら、庵野氏は優れすぎてたんだよ

それは「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」の前からすでにそうだったと思う

から庵野氏は「周囲を見下していた」と思うんだよ、内心は

なんというか、はしゃいでるオタクとか、若い世代とか眺めては、

そこは俺がとっくに通過した地点であって、おまえら甘いなあ、

みたいに思ってたと思うし、

シンエヴァは知らんけど、旧劇とホッテントリインタビューを読んで、

非常に面白いと思うんだけど、どこか自惚れというか、そういうのも感じられる

謙遜しているけど、庵野自身としては最善を尽くして出し切った感があっただろうし、

内容に対して、BBSなどで「庵野○ね」みたいに書かれて腹立ちもあっただろうけど、

内心は「勝ったな…」「ああ…」だったと思うんだよなあ

少なくとも、自分庵野氏だったらそう思う

ちょっと話が脱線するけど、Amazonなりネットレビューを見ていて面白いのは、

視聴者や読者があまりにも話しにのめり込み過ぎていいて、

例えば「主人公が酷い目に逢いすぎるので☆1つです」みたいな評価を下す人がいて、

自分はそういうのを読んで、内心笑ってしまうと同時に、

視聴者や読者の感情作品操作できてる時点で「作者の勝ち」だと自分は思っていて、

まあ、それは炎上マーケティング似て非なるものだとも思うんだけど、

似ている点は、客の感情を揺さぶることには成功している、

これは作品として最低限必要ものだと自分は思っている

まり、毒にも薬にもならないぐらいなら、猛毒を盛った方が作品としては面白い

というか、不愉快であれ、胸くそいであれ、印象には残るわけだ

印象に残らない作品よりはよっぽどいいと思う

もちろん、その胸くそ悪い不愉快さにも許容範囲はあって、

あるレベルを越えるとマスの客は単に不愉快なので逃げてしまって、露悪趣味の客だけ残ってしまうわけだけど、

それはそれでニッチを狙ってるともいえるわけだけど、売れる作品ではなくなってしま

から、そのさじ加減の問題なんだと思う

話を戻すと、現実を見ろ云々だけじゃなくて、庵野氏としては天然か意図的かは知らないけど、

から作品意図的に毒を混ぜている、

それは上述したように、毒を混ぜないとつまらない作品しかならないか

から、「現実を見ろ」という主張をエヴァには混ぜたけど、他の作品には混ぜてないかもしれない

それは庵野氏にとっては主張自体もどうでもいいというか、それも作品を盛り上げるためのスパイスしかない

庵野自身は「現実を見ろ」と昔から深くは考えていないのかもしれないけど、

エヴァに「現実を見ろ」という主張を混ぜたら、観客はどう思うかな?炎上するかな?

寧ろ炎上してくれるぐらいの方が面白いけど、

そういう作中に作者が込めた意図的挑発に単にのる人は、作品にのめり込み過ぎてる人、つまり現実を見ろの対象であって、

そうではなくて、作り手側の立場で考えられる人はエヴァラストもそんなに怒らないと思うんだよね

自分で言うのもなんだけど、自分エヴァラストには怒らなかった

というか、TVの25、26は作画崩壊ネタにも思えたし、エヴァループしてラブコメになってるのも良かった

「え?ここまで視聴者を引っ張り回して、なんの謎も解決しないまま、全部夢オチというか冗談でしたで終わっちゃうの?」

と怒る人は怒るんだろうけど、

なんかそれがガイナックスらしさというか、DAICONフィルムらしさというか、まあ、無責任だとは思うんだけどw

結論としては、庵野自身に「現実を見ろ」という信念みたいなものは多分ないんだと思うんだけど、

エヴァに敢えて「現実を見ろ」という演出を込めたら、BBSに「庵野○ね」とか書いてる奴らは顔真っ赤にするかなあ、

みたいに本音では庵野氏は考えてそうではある

から、そこを楽しめる人でないと怒るんだと思うんだよなあ

あと、自主制作帰りマン庵野氏がウルトラマンやっちゃってるけど、あれは自主制作から許されるんであって、

流石の庵野氏も円谷プロからも依頼されたシンゴジラでは、そういうことはやらんわけだよ、当たり前だけど

でも、自分としては円谷プロは今の東京オリンピックと同じように、お家騒動とかでゴタゴタして会社は傾かせるし、

子供の夢を食い物に裏では醜態晒してきたように思うので、

インタビューで、今のウルトラマン過去ウルトラマンメタファーしかない、みたいに言ってるように、

ゴジラをぶっ壊してしまっても良かった気もするんだけど、

あの辺が限界だったんだろうなあとか、庵野氏は大人になった、丸くなったんだなあ、とか思って、

それがちょっとまらない一因でもあったんだけど、まあ仕方がないとは思うんだよね

なんかパンクバンドみたいなのがあったとして、

インディーズで売れない時代ライブで負傷者を出すようなステージパフォーマンスがあってもいいけど、

というか良くはないけどw

売れて日本でいうならミュージックステーション?に頻繁に出るぐらいの知名度を得たのに、

インディーズ時代のノリでステージパフォーマンスで負傷者出したら、マスコミかに叩かれて消えてしまうだけだと思う

から、シンウルトラマン庵野氏がウルトラマンになることは絶対ないんだろうけどw

インタビューで語ってたように、初代ウルトラマンって沖縄問題とかイデオロギーとかのメタファーだった、

どっちかというと左翼的というか、学生運動的な臭いもあったと思うのだけど、

庵野氏が自分でああ言っているのだから

彼なりの初代ウルトラマンのようなイデオロギーメタファーウルトラマンが観れるんだろうなあと期待はしてる

ただ、自分としては上述したように、初代ウルトラマンイデオロギー左翼的とも言える面は面白いんだけど、

それはあの時代だったか面白かったというか、

そういう社会問題に対する認識が元からあったり、

プロ市民とまではいわないけど、普段から少しはそういうことをぼけっとでも考えている人なら、

初代ウルトラマンみたときに、あー、難民問題みたいなもんだよな、バルタン星人、とか思ったりするわけなんだけど、

当然、子供はそんなこと考えないで構わない、正義が悪を倒すのを観て消費してくれればいいし、

大人になって改めて観て、初代ウルトラマンを作る側が何を考えていたのか、意図してたのかを考えてみるのもいい

というか、そういうイデオロギー作品スパイスとして込めておくことで、そういう奥深さが演出できる

でも、だからといってそこにあまり意味はなくても良くて、

そこに意味を持たせすぎると、「〜するべき」みたいなべき論を伝える説教臭い作品になるわけで、

あくまスパイスでいいんだと思う

そこから視聴者それぞれが自分勝手に自分人生と重ねたり色々自由に考えて自由感想を持ってくれて構わないと思うんだよね

から現実を見ろ」も庵野氏のスパイスあくまで一つであって、それは昔から使っていたのかもしれない

使ってても視聴する側が気が付かないだけということもあるし、それはそれで構わないんだと思う

2021-03-15

anond:20210314214045

言われなくてもマナー守ってる透明男が存在するわけだから

安原のようなモテ系の感覚ベースの「これだから男は!」論に巻き込まないで欲しい…ってのが論旨だろう

女食い散らかせる側の肉食系の人たちが勝手自戒してくれるのなら別にそれはそれで構わないけど

透明になって植物のように穏やかに暮らそうとして実際その通りの存在になれてるのに

実際に女食いまくってる層の責任おっかぶされて恐竜扱いされるのは納得いかないってことだと思うよ

2021-03-14

会社で人を取るとき人間力大事

人を小馬鹿にしたり、見下したりする社員が多いような会社からは、

人は去っていくんだね。

能力があって性格が難ありな人って、一番雇っちゃいけないね

その下の人たちがひたすら苦しむから

言っちゃ悪いけど自業自得って感じ。

そういう人は取っちゃいけないと自戒

2021-03-11

ファン推しに出来ることは何一つも無い

最近推しVtuberが病んでいて心配していた。

蓋を開けてみると、勘違いやすれ違いに寄るものだったらしく、その元凶となった人物粛々と界隈から去った。

一応言っておくと私が元凶ではない。その元凶となった人物交流はあったから非常にショックだった。

 

これが友達だったら、買い物や飲みに連れて行ったり、愚痴相談を聞いたりしたと思う。

我々はファンであって友達ではない。自分大丈夫と思い込んだファンが、第二の元凶成る可能性は十分にある。私だって嫌われたくはないのだ。

せいぜい形だけの労いと日頃の感謝を伝えるくらいのことしか出来ないし、してはいけない。

推し交流のあるVもいるので、友人として相談を聞いていてくれたら良いなと心から思う。

 

娯楽を提供する推し、それを喜ぶファン。そうした一次元的な関係性だけが我々には許されている。

そうした関係性は殆ど他人のようなものだし、推し他人ほど「何かしてあげて嫌われても良い」と思える存在でも無い。

 

ファンが何かできると思い込んではいけない。そういう自戒を込めた備忘を記す。

2021-03-06

シグロ氏の発言について、ある左翼かつリベラルから見た感想(続き)

前半はこちら↓

https://anond.hatelabo.jp/20210306213555

結局のところ、このイシグロ氏のインタビューの浅さ、つまらなさは、インテリ向けの文学芸術業界という自分の属する世界世界全体であるかのように錯覚して語っているところにある。

その上で、あくまでもそういうインテリ業界文学芸術業界への提言、また自戒としてイシグロ氏の発言を読むなら、部分的同意できないこともない。イシグロ氏は「リベラル以外の人たちがどんな感情や考え、世界観を持っているのかを反映する芸術必要です」と言う。必要かどうかはわからないが、非リベラルの人が思想感情表現した芸術があってもいいというのはその通りだろう。リベラル原則からしても、非リベラルの人の表現自由制限するのは筋が通らない。ただしその表現批判する自由もあり、表現する以上は批判を受けるリスクは負うべきだというだけだ。

しかしここでもやはりイシグロ氏との現状認識の断絶は感じる。イシグロ氏から見ると世界リベラルが作った芸術ばかりらしいが、少なくとも私は日本に生まれ育って、「リベラル以外の人たちがどんな感情や考え、世界観を持っているのかを反映する芸術」の方を圧倒的に多く目にしてきたと思う。そもそもポリティカルコレクトネスなどが日本で多少とも意識され始めたのはごく最近のことであり、それ以前の言論にせよ芸術にせよ、今の視点で見れば差別偏見にあふれているもの普通だ。

たとえばイシグロ氏と同じくノーベル文学賞を受賞した川端康成という作家がいて、日本はいまだに高く評価され、小さな書店にも文庫本の数冊くらいは置いてあるだろう。私も過去にいくつも作品を読んできたが、同時に忘れられない言葉がある。ある時私の母親が言った「若い時に川端康成を読んで、女は芸者しか出てこんのかと思った、芸者にならにゃいけんのかと思った」というものだ。私は芸者という職業否定しないが、ここで問題なのは芸者の側ではなく、女性を極度に美化しつつあくまでも鑑賞される客体として描きがちだった川端康成視線の方である現在の目で見て、こういう川端康成視線女性蔑視的要素を含まないということは難しい。

また私は十代の頃に太宰治を読み、貧しく教育のない芸妓を買い取るようにして妻にした挙げ句、その妻が他の男と寝ていたというので絶望し、何やら自分が裏切られたかのように荒れている主人公(これは作者自身体験に基づく)の思考回路がよくわからないと感じたことがある。しかし当時の私はまだ、そんなものはわからなくていいと突き放すことができなかった。そこであれこれ想像力を駆使しつつ、そういう「苦悩」に何とか共感できないかと努めた記憶がある。ずいぶんと「理解しがたい他者」に耳を傾けようとしたものだ。その後フェミニスト批評に触れたりする中で、共感できなくて当然だったといつしか思うようになったが。『男流文学論』や『妊娠小説』を笑いつつ興奮しつつ読んだ日を思い出す。

私の世代には、そういうフェミニスト批評のように、また女性自身による新しい表現のように、男性作家視点を相対化してくれるだけの「他者の声」が辛うじてあった。その他の多様なマイノリティ視点から作られる芸術も探せばそれなりにあった。しか古典とされるようなものは言うまでもなく、世間で人気のあるもの話題になっているものは多くがリベラルでも何でもなく、機械的に「差別語」を排除したりする他はポリティカルコレクトネスにも多様性にも無配慮なのが普通だった。それにもかかわらず、「逆差別」だの「自虐史観」だのとリベラル側の価値観攻撃する言説は早々と巷にあふれていた。私は左翼だが、小林よしのり作品をいくつか読んだことがある。周りで流行っていたからだ。小林よしのりは「じいちゃんの死は無駄だったというのか」といったまさに感情に訴える手法保守派戦争観を広め、当時の若い世代にかなり影響を与えた。

シグロ氏の周りはどうなのか知らないが(と皮肉を込めて言うが)、日本書店というのはいまだに「嫌韓本」が山積みにされたり、保守論客歴史本がベストセラーになったりしている。イシグロ氏の小説を読むようなインテリ層の一部はそれに眉をひそめるかもしれないが、現実として、日本にはずっと「リベラル以外の人」の表現があふれ、どこにでもいる「リベラル以外の人」がそれをのびのびと享受している。「ストーリーを語ることはリベラル側の専売特許である社会などいったいどこにあるのだろうか。私は見た覚えがない。

小説であれ、大衆向けのエンタメであれ、もっとオープンになってリベラル進歩的な考えを持つ人たち以外の声も取り上げていかなければいけないと思います。」そう思うのかもしれない。「私は人生の大半を進歩自由主義的な考えのもとで心地よく過ごしてきた」と言えてしまうような人は。この言葉移民であり民族的マイノリティであるシグロ氏の口から語られることは、イギリス社会成熟を示すものでもあるだろう。

しかあいにく、私の住んでいる世界はイシグロ氏の世界とは違う。イシグロ氏の世界にしても、単にイシグロ氏に見えていないだけで、リベラル価値観の過剰ではなくその不足に苦しんでいる人がまだたくさんいるだろうと私は思う。私はリベラルとして非リベラル発言権を奪えとは言わないし、またその声に耳を傾ける人がいてもいいと思うが、私が日本社会でより多く耳を傾けたい声は、やはり非リベラル社会が長らく抑圧してきた、今も抑圧している声の方である

ところで、私は川端康成太宰治作品差別的な要素があると言ったが、かれらの本を絶版しろとも、教材に入れるなとも、子どもに読ませるなとも思わない。差別的要素があるからといって作品全体が否定されるべきだとも思わない。私は川端康成文章の美しさも、太宰治小説面白さも理解することができる。それに価値がないとは言わない。

キャンセルカルチャー」という言葉が指す状況を私は詳しく知っているわけではないが、作者がある場面で「政治的に正しくない」言動をしたからといってその作品全否定したり、市場から完全に追放したりすることは私は支持しない。差別思想公的な表明は批判されるべきだが、芸術表現を直接的に規制したり、作品を抹消したりすることは慎重であるべきだと思っている。

この点はおそらくイシグロ氏の考えと私の考えは近いだろう。芸術総体として愛するならば、自分の嫌いな作品理解しがたい作品が生まれてくる可能性も含めて愛さなければならない。私は現在視点川端康成太宰治表現の一部に批判をもっているが、その批判を表明する方法作品を焼いたり隠したりすることでは決してなく、批評や新たな作品で相対化していくこと、注釈を書き加えていくことだと思っている。

ただし同時に、かれらの作品にも行動にも現在から見て許しがたい要素があること、それは当時には自覚も変更も難しかたかもしれないが、今後の社会に引き継ぐべきではないこと、そこを否認するつもりもない。作品は消さないが、今後も読まれ続けるのなら、そういう観点から批判作品自体と同じくらいに読まれ、語られるべきだと思う。もし川端康成教室で読むのであれば、教師にはその美しさだけでなく、その女性の描き方が一方的であったり一面的であったりすること、フェミニズムを通過した視点でどう見えるかというようなことにも学生の注意を促してほしいと思う。これが過剰な要求であるとは私は思わない。

最後に、イシグロ氏が述べている「感情」というものについて少し違う角度から見ておきたい。最初に書いたように、私は政策決定などにおいて事実科学的根拠より感情が優先されるような事態は望まない。この点ではイシグロ氏に同意する。

しか人間感情というもの社会のあらゆる場面で抑えられるべきとも、それが可能とも思えない。イシグロ氏の主張を大きくまとめると、現在世界(実際はイシグロ氏の属するインテリ業界)はリベラル側の感情を優先しすぎるものになっているので、感情優先を抑えると同時に非リベラルももっと発言の場を与えるべきだ、と読める。私はこれには同意できない。

まず現状認識が違い、芸術世界リベラルに席巻されているようには到底見えない、というのが上に書いたことだが、それとはまた別に文学芸術世界でまで政策議論場合のように感情排除する必要はないだろうと思う。イシグロ氏は小説家として、感情を重視する文学トランプ支持のような不合理に加担した可能性を反省しているのかもしれない。しかし思うに、それはそれで文学の買いかぶりというものだ。感情に訴え、感情を揺さぶもの文学芸術の他にもいくらでもある。むしろ現実生活が多様な感情を強く喚起するからこそ、それを芸術表現し直すことが対象化や客観視の手段になりうるのだ。そして文学芸術は、合理性を追求する世界からこぼれ落ちる感情思想避難所としての役割をもっている。人間が完全に「合理的」な存在に変化しない限り、この役割がなくなることはないだろう。科学エビデンスに基づいてワクチン政策を決めるように自分人生を生きられる人はいない。そんなことを個人に求めるべきだとも思わない。

また、イシグロ氏の言う「リベラル」に人種的民族的性的その他の抑圧されてきたマイノリティが含まれるのだとしたら、かれらが時に強い攻撃性をもってその感情、蓄積されてきた恨みや怒りの感情表現することを私は一律に非難したくない。被差別者表現が時に復讐的な攻撃性をもっていたり、「逆差別」と見えるような偏見を含んでいたりすることはある。それ自体はたしかに「良いこと」とは言いがたい。しかしこれもまた現状認識問題になるが、今の社会マイノリティマジョリティ攻撃するような表現公然と行えば、より危険さらされるのはマイノリティの方である。だから圧倒的多数マイノリティはそんなことをせず、むしろ感情抑制に非常に長けている。

BLMを暴力的だと言って眉をひそめる人を数多く見たが、私が以前から思っているのは、もし黒人たちがその何世代にもわたる奴隷制怨恨復讐としてそのまま投げ返したなら、アメリカ白人社会はすでに何度廃墟になっているかからないということだ。しか現実はそうなっていない。現実マイノリティは、時に攻撃的に見えることがあるとしても、総体として恐ろしく理性的で自制的で、そして寛容なのだ。何一つ復讐も、感情表現することもできずに埋もれていった膨大な被抑圧者の忍耐の上に今の社会は維持されている。多くの被差別者は、深い痛みを抱えながらも、求めるのは復讐ではなく次世代幸せになることだと穏やかに語る。その中から時に感情的な表現が投げかけられたとして、それを感情的だと単純に排除することを私はためらう。

ずいぶんと長くなってしまったが、ふと書く気になったので書いた。まだいくつか書き残している気もするが、土曜も一日つぶれたことだしこのへんで。

2021-02-28

anond:20210228185251

と言いながらいちいち見に行ってしま自分も相当に毒されてるな(自戒

2021-02-22

まんが編集者の嘆きと自戒

※この内容は個人意見です。

 

私はまんがの編集者やってる。

多分そこそこ有名な、作品名言えば幅広い年代の人に通じる本出してる会社

私が担当している作品は「超有名!」って程じゃないかもしれないけど

ファンもいるし、そのジャンル好きな人なら知ってるだろうって作品

 

編集って、多分何やってんだかよくわかんない仕事の上位に入りそうな仕事だと思う。

作家の家に原稿取りに行って「できるまで帰りません!」と居座るとか

完成原稿よんで「没!」とか言ったりするイメージかな。

 

編集スタンス雑誌作家ごとに違う。

まんがの描き方は様々なので、

全部自分ネタ出してきて、描き間違いや矛盾がないか確認するだけ人もいれば

「今回はグループ遊園地に行かせたいんだけど、2人きりにするシチュエーションは何が良いかな?」とか具体的に聞いてくる人もいる。

9割ネタ出し丸投げの人もいる。

丸投げタイプも「じゃ~何しまっしょっか?」と会話をするうちにネタがまとまる人がほとんどだから

完全な編集任せじゃないし、楽しく仕事させて頂いている(と、私は思ってる)。

メインの仕事文字校正とか写植の手配とか広告記事ページを作ったりすること。

あとWEBサイトネット公開用の漫画を整えたり、複製原画作って営業さんに渡したり販促品作ったり。

私は業務時間の8割くらい広告記事販促品作ってる気がする。

 

この仕事をしていて寂しく思う事が一つある。

編集だってまんがが大好きだし、担当作家が大好きだ。

本当に貰った原稿をみて興奮したり爆笑したり泣いたりしたか感想を伝えている。

でもなんか、いつも社交辞令営業だと思われる。

わかるんだ。

私も書店さんから「今回の告知チラシ良いですね」って言われたら社交辞令半分に受け取るから

でも私は本気で作家に「楽しみにしていました」って言ってる。

〆切があるからじゃない。雑誌のためじゃない。

私があなた作品を読みたいんだよ。

じゃなきゃ会社で貰える見本単行本とは別に自宅用に、自腹で購入しないって。

在宅仕事用じゃない。好きだから買ったんだ。

いや、わかる。他人に言われた方が嬉しいのすっごいわかる。

作家は悪くない。

ちょっと読者に嫉妬ちゃう私が悪い。

 

でも最近悔しいから、担当作家が他社で描いてるマンガ応援アンケートはがきを送った。

他社の単行本AmazonLOVEコールレビュー書いた(実際すごく面白かったから嘘じゃない)。

これで私も「無名の読者」じゃないか

他社の担当さん、感想伝えてください。アンケートはがきを読むと捗るタイプ作家さんです。

コロナ落ち着いたら友達にも布教します。

 

自社の利益とか無関係に好きなんだ。

今日も、表向きは真面目に数字や読者反応を考えて動ける編集者として応援して、

影ではただの一オタクとして作家応援していきたいと思う。

 

これ以上めんどくさいファンにならないよう、自戒と愛を込めて。

 

P.S すべての作家さんへ。

頼む、よく寝てよく食べて適度に運動してくれ。長生きしてくれ。

無理はしないで欲しいけど、作品もっと読みたい。

私は健康にいいむくみが取れるお茶(My担当作家好きな物)を

季節の折に差し入れするくらいしかできない。

 

この文章を昼休みに書いていたら、ちょうど絵のラフが届いた。

かっわいいー!大好き!!!は~~~幸せ

早くファンに見せたい。むしろ人類に見せたい。仕事頑張ろう!

2021-02-17

40歳おっさんなんだけど最近婚活サイト登録したんだけど

40歳から±5歳で30後半と40前半を見ているんだけど、やっぱり40代初老って言うだけあるわ(自戒)

ただ30代も40代独身子無しの人と離婚子有りの人で比べると、子有りの人のほうがなんとなく表情が明るい感じがする

肌のはりは独身のほうがある人が多い

個人の感想です

2021-02-15

差別差別をしている人には認識できない理由を考えた

会長女性差別というやつ、クソフェミたちの男性差別保育園では何故か隅に追いやられるお父さん、不動産で完全空気奥さん、と言ったものもそうだろう。学校では女子をなかした瞬間に男子が全部悪いことになるし、教師が力仕事を頼むときにかける一言は「力自慢の男子ちょっと手伝って」だ。今でも女性お茶くみをする会社は数限りなくあるだろう。

というように日本という国は差別で満ち溢れている(日本以外の国にはないというものではない)。差別が良いのか悪いのかという話はここではしない。

差別をする人たちは自分たち差別をしようとしていない(と完全に思っている)という結構重大な問題がある。

ストーカー犯罪を犯す人たちは、「ストーカーとかまじでありえない、そんなひどいことするやつは生きていく価値もない、俺達の純愛とは全然違う」と思っているらしい。意味がわからない。

というように自分たちのやっていることを客観視できないというのはあるだろうし、一種そういう病なのかもしれない。

ただ、差別をしている人たちは「あなたのそれは差別だ」という話をしたときの反応が割とテンプレから、もしその指摘を受けた場合客観視するための指標にでも使うと良い。

そもそもその根拠がないか貧弱

なんとなく常識としてやっている(確かに常識だったことはある)が、「なんでやるのか」というのの根拠が貧弱であるという点だ。直接的な根拠は割と強固な理屈で固められているものもあるが、つまるところ根拠なんかなく、「私がそう信じている」というところにしかいきつかない。

女性お茶を汲むべき、という差別は浅いのですぐわかる。「女性が入れてくれたほうがお茶うまいから」なんていう男性をよく見かけたが、そんなのは主観問題だ。科学的に数値化できるものではない。

男は性犯罪者予備軍とか言うのは下手に突っつくと論破されるが、結局2〜3段階目くらいで言ってる本人のそういう願望でしか無いこともわかる。大概の場合だってそうじゃん」という辺りに落ち着いていく。こちらも別に世界起源に到達するまで追求する気もないが、大体の場合は伝聞や雰囲気認識しているので、説明できない。

突っついたときにぶん殴ってでも口をふさぎたくなるほどに怒る

差別というもの不思議もので「なんでそんなことをするのか」という話をすると、大体差別をしている人は怒る。しかも完全に冷静さを欠いた怒り方をする。これは本当に不思議なのだが、とにかく怒る。サラッと認めて直せる人は怒らないが、とにかく怒る。

怒ったときに何をするかは人によって様々だ。暴力を振るう人もいるし、徒党を組んで吊るし上げる人もいる。本人がいないところで勝手コンセンサスをとって「え?xxさんも問題ないって言ってたよ?」とかやる人もいる。とにかく雰囲気で押し切ろうとする。そして指摘した人を排除しようとし始める。場合によっては狂言自殺すら厭わない。

絶対理性的論理的議論の末にその差別行為がなぜ正しいか説明しきれる人はいない。まぁ、本能的にそれが差別だとわかっているのかもしれないがね。

その人に対する敬意が決定的に欠落している

例えば差別している相手が「そういうの嫌なんでやめてもらえますか」と言ってきたときにどういう反応をするか。「いやいや、なんで嫌なの?」という反応をするだろう。本人が嫌だ、と言っているのにそれを尊重できない。これもまた本当に不思議だ。

他の人が「そういうの嫌だからやめてよ」というとそういう人って「あっ、すいません、以後気をつけます」という反応をするのに、差別している相手にだけは何故かそれをしない。むしろなぜそれが嫌なのかの説明を求めて納得できないならやめないくらいの対応すらとってくる

自分がやられたら血反吐はくくらい嫌なこともその人にはできる

自分がやられて嫌なことは人にもするな、というのは割と小学校くらいで習う基本的なことだし、本人もそういう反応をするが、何故か差別する相手には、自分がやられたら寝込んでしまうくらい嫌なことや、言われたら今後一切の関係を立ちたく成るくらいに屈辱的な事ですらやったり言ったりできてしまう。

で、テレビとかで同じような状況を見ると「いや、私こんな事言われたら一生立ち直れないと思う」とか差別している人の前で平気でのたまったりする。

自分が受ける差別については恐ろしいレベルで敏感

これは説明するまでもないだろう。とにかく自分が受ける差別についてはもうびっくりするくらいに敏感だし、わらから針を見つけ出す勢いで探していたりもする。見つけ出すまで3日寝ずにツイッタのタイムライン凝視するくらいの執念を見せつけることもある。これについては一体どこからエネルギーが出てくるのかと驚くばかりだ。

これまでに書いてきたことを全部読んで「世の中にひひどいやつもいるもんだな」と思っている

ここが本当に怖い。




























よく読まないままに反応する

「っていう自戒文章ですか?」とか「やっと自分客観視できるようになってよかったですね」とか「などとアンチが申しており」というような反応をする

2021-02-12

anond:20210211201449

酒井若菜わかるなあ。

彼女も見た目で舐められまくったポジションだったけど、表舞台から消えた後執筆活動したりwebマガジン編集やったりしているのを読んですごいインテリでびっくりした。自分偏見があったんだなと痛感した。

自分は女だけど背が高く鍛えてて色黒で黒目が小さく(多分増田は黒目がちなんじゃないだろうか、黒目の面積は印象にかなり影響を与えると思っている)、むしろゆるふわな感じの女性を女同士なのに「舐めて」しまうことがあるので自戒を込めて読んだ。強い女の内面のままでがんばっていこう。

2021-02-07

anond:20210207191757

無しだと思うし、嫌な事言ってるアカウントは見ない方がいいよ

さっさとミュートした方がいい

他人に対しての恨みが積み重なって段々と認知が歪んでいく

仕事でもないのに嫌な物見るなんて損だよ

貴重な時間と体力をそんなアカウントに吸われるのはもったいない

好きな物アカウントだけ見て元気になろ

TL再構築だ

 

自戒を込めて

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん