「自戒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自戒とは

2020-06-02

フードロス商法に騙された

新型コロナウィルスの影響で、フードロスが発生!今ならお得に買えます!っていうのを最近よく見かける。

が、今回見事に騙された。

自戒注意喚起意味をかねて書く。

PIARYっていうパーティ関連の会社が、自粛の影響で披露宴引き出物引き菓子の廃棄が発生して困っている、というのを見かけた。

引き菓子10点、プチギフト6点、紅茶4点で5千円ほど。中身はお任せ。

披露宴を挙げたことがある人なら、一般的引き菓子相場が千円ほどだと分かる。

外れがあったとしても、賞味期限が近くても、10点入っていればいいかな、と思い購入。

3週間ほど待って届いたのは、バームクーヘンみたいなのが3点と、包装もされていない、小さい引き菓子の詰め合わせをばらしたものしかバラしたそれぞれを1点と数えて、計16点。

おそらく定価以上で売りつけられたと思われる。

小さいクッキーマドレーヌばかり16個に5千円落としてしまった。しかほとんど同じメーカーで、美味しくない。

運営に問い合わせをしても、有利誤認意図は無いとの一点張り。確かに引き菓子という定義は決まってないし、小さいマドレーヌ一個でも引き菓子と言い張れば引き菓子だ。

よく確認すれば、楽天Twitterで同じような被害に合った口コミもあったし、それを消すためにSNSで明らかなステマを行なっている会社だった。

いつもなら購入前に調べるたちなのだけど、フードロスで得したいっていう下心をまんまと利用されてしまったのだ。

冷蔵庫にはまだ引き菓子、と向こうが言い張っているもの、が残っているけど、手をつける気にならない。

気持ちとしては捨てたいけれど、そうすると本当にフードロスになるしなぁ。

ダメ元で消費生活センターに連絡するつもりだけど、皆さんお気をつけください。

2020-05-24

anond:20200523134844

お気持ち需要があるようなので提供しま

うーん、これは甘い。そもそも、なんで今回ボイスの方は3位までしか発表されなかったか

荒れるんだよ。荒れるだけの母数がいる。そいつらが「どうして俺の担当が…」となる。

昨年までだと、総選挙で全力で他アイドル担当Pにお願いして、

その結果が50位以内には入ったもののボイスには至らない。そういうことが往々にしてあった。

そして次の年も戦いに挑んでいく。

そこそこわかっているPならアイドル特定できる範囲で話を進める。

俺が総選挙に手を出し始めたのは2016年だ。その時は何も考えず担当に入れていた。

そのうち多少P同士の交流も増えてきて、次の総選挙では露骨な流れに巻き込まれることになった。

このアイドル担当なら、今回は団結してこっちに入れましょう的なアレだ。

俺は当惑してしまった。要は担当ちゃんと推すなら他のアイドル投票しろということだ。

担当には声がついており、そのアイドルには声がついていない。理にはかなっている。

正直悪くはなかった。別にそっちも推していないわけではない。だが、どうも不誠実に感じた。

やっぱり好きな担当に正直に投票すべきじゃないか

その代わり、仁義を果たさなかったんだから投票を頼まれアイドルを推すのはやめた。

自戒を込めて、机の常に見える場所にそのアイドルラバーストラップを置いてある。

結局、結果そのアイドルは4位だった。担当は50位から落ちた。ここで察しの良いPはこの複雑な事情を分かるだろう。

さて、ここから歯車が狂っていった。「勝利」に味をしめ、集団は「次」を求めはじめる。

担当とそのアイドルが入っている、アイドルマスターシンデレラガールズ最初から伝統の5人組ユニット、そのうちの声がついていない最後の一人に声を当てようと。

次の年はその流れになった。担当も、最後の一人も50位以内に入れなかった。

このあたりから一部のPは薄々感づいてきたようだ。自分担当総選挙で見ることはもうないのではないか

次の総選挙の告知があったとき、あからさまな2つの陣営に分かれてしまった。あくま担当を推すPと、「次」を求めるPだ。

そして、複数お気持ちが投下された。

ここにいたり俺は思った。仲間割れしていたのでは、もうだめだ。

これは投票をしても、もはや推すことになるかどうか怪しい。単にどこかの政治に巻き込まれるだけだ。

そこで登場したのが夢見りあむである

りあむに関しては、彼女が実際に魅力的なアイドルであることは、ぷちデレラを進めればわかるだろう。

まあわからなくてもよい。

総選挙が始まり、私は全票をりあむに投じた。

2日目か3日目か忘れたが、有志による集計が回ってきた。

まさか3位とは…

引くに引けなくなった。

そのままりあむは3位になった。「勝利」が来てしまった。

コロナの中ぎりぎりで滑り込んだ形の大阪公演、それをLVで観て頭が真っ白になった。

さて、ようやく今年の話になる。

総選挙とボイスが分かれて正直ほっとした。これで担当政治なしに推せる。

緊急事態宣言で鬱を発症してしまい、そんなに票を投じることはできなかったが、心置きなく担当に入れることができた。

ボイスは「マシーナリーとも子」氏に仁義を通す点で池袋晶葉ちゃんにいれた。

んーまあ結果は…一般に50位から落ちたらなかなか上がるのが難しくなる。仲間割れを起こしたコミュニティが団結するには時間を要するだろう。

ボイスが全体としてどうなったのかはわからない。おそらくわからなくてよい。汚い部分を隔離した形になってしまったのだから

2020-05-15

アイカツっぽい」からぐるぐると巡り巡った思考について

ラブライブ!」の新シリーズビジュアルが発表されて、ラブライブファンたちが熱く盛り上がっている。

アイカツ!ファンの私はそれを横目に見ていたが、その中で「ラブライブというよりアイカツっぽい」という意見がある程度シェアされていることが気になった。

私のようなアイカツシリーズをずっと見続けている人間からすると、その意見は全く予想外の方向から飛んできた不意打ちのような言葉であった。

私はそのビジュアルを見てアイカツっぽいとは微塵も感じていなかったかである

私の身近なアイカツファンもその新シリーズアイカツっぽいと言われることについて違和感を覚えている人が多いようであった。

「似てると思ったらキャラデザ斎藤敦史さんはアイカツオンパレード!で原画描いてた人だ、そりゃ似てるわけだ」という意見も見たが、原画マンというのは基本的自分の絵柄を出さずに設定に従って描く仕事で、何なら自分の絵柄を出したら作画監督修正されてしま仕事であるそもそもつの話数に参加する原画マンは10人以上いたりするわけで、この論理は少々厳しいというほかない。残念ながら。

スタートインクプリキュア」が発表された時もアイカツっぽいとは言われたが、「スタートインクプリキュア」のキャラデザ高橋晃さんで、アイカツシリーズの多くの話数で作画監督を務めていた人物である。絵柄や作画の質の統一を担う「作画監督」であれば、絵柄が似ているとの指摘はある程度筋が通っているものである。(そもそも高橋晃さんプリキュアシリーズの方が長いので、アイカツ高橋作監回がプリキュアっぽい、と言ったほうがよい)

とまあ、ぐだぐだ書いているが、結局は主観問題であり、他人感性否定しようとすることはナンセンスまりないものなので、ことさらに主張しても意味がない。

そして、プリキュアにまで思考が広がったあたりで「アイカツよりもプリキュアのほうがよっぽど“プリキュアっぽい”って言われてんだろな」と思い至った。

カラフルかわいい絵柄の女の子に対して「プリキュアっぽい」と言われるたびに、プリキュアファンはなんともいえぬ思いを抱きつづけてきたのだろう、と。

人間自分の好きなものに関することにはとことん敏感でこだわりが強いが、専門外のことについてはテキトー認識になりがちなものなのだ

これはアイカツファンである私の自戒も含めたものである

アイカツっぽい」に対して反発する私も結局同じなのである

この件については「全然アイカツっぽくねーよ!」と反発するよりも、「“アイカツっぽい”というあやふや認識がある程度通じるほどにはアイカツ!世間に浸透している」と考えてうんうん頷いているほうがよい。

医者聖人君子である必要はないが

特定警戒都道府県指定が解かれた当日の小さな地方都市での出来事

縮小営業を再開した小さな居酒屋に飯を食いに行った。

カウンターに一人陣取るが、背後の座敷席には10名近い20代ぐらいの男女の集団

すぐ近くにある地域の中核病院若い医師達だろう。(看護師も多分いる)

病院からかなり近いし、価格リーズナブルな店なので、このような集団がいるのは普段なら珍しいことではない。

ただ、コロナ患者が多く出ている地域ではなく、その病院自体コロナ患者現在入院していないらしいと噂は聞いていても、こんな時にこんな集団で飲みに来るんだなというような違和感は持った。

「○○科の○○先生が~」とか大声で話していて、医者、少なくとも病院関係者であることは間違いない。

客はもう1組いたが、こちらも顔見知りの病院関係者のようで、集団客の周りに対する遠慮はほとんど無いように感じた。

時折学生ノリのようなコールもかかったりして、盛り上がりはさらに最高潮

こちらも酒が入っている、ただの飲み客。

居酒屋なのだし、ある程度賑やかなのは許容範囲、というかむしろ良いことだと思う。

ただ、間仕切りも無い狭い店。

さすがに他の客への配慮がなさすぎる(作業着姿のオッサン一人客の私は、彼らにとっては眼中にも入ってなかったのかもしれない)なと思っていたところ、さすがに店の人が声をかけた。

「一応今日特定警戒は解けたけど、営業あんまり遅くまでできないし、本格的な営業は来週からと思ってるから、もうちょっと押さえてね。」

少し論点はずれてるが、もう店も閉めるし、他のお客さんもいるしもう少し静かにねというニュアンスを込めつつ、あまり飛沫も飛ばさないでねみたいな事も言っていた。

それに対しての一人の医者の答え

大丈夫医者コロナからいから」

酔っ払いの言ったことだし、もちろん本気で言っているなんて微塵も思わないが、あぁ本当に他人に見られているという認識がないんだな、ということはよくわかった。

その後、22時を過ぎた頃、その集団は一部を残して2軒目へと移動していった。

現在コロナに関わっているもいないも関係なく、医療従事者の責任ストレスは大変なものだと思う。

人間だもの、酒を飲んで、仲間と大いに話してストレスを発散するのは全然構わない、むしろ良い。

ただ、どんな場所であろうと、どんな状況であろうと、他人に見られているということは意識しないとなと思った。もちろん、医師医療従事者に限らずだが。

自戒を込めて。

2020-05-14

anond:20200513120851

「なぜそう思う?」って聞く親自身が、なぜそんな問い方をしているか、自問自答してなさそう。

教育洗脳距離は、一般に思われているよりはるかに近い。常に自戒必要

2020-05-02

岡村さんの議論がややこしいすぎる

女性蔑視貧困風俗産業深夜ラジオが混じっていてややこしい。

如何せん感情が伴う議論からしょうがないんだけど

活動家自分たちポジションに持ち込もうとしてさらにややこしくしている感じがある。

事実だけをまず挙げて議論対象にあっているか会話してほしい。

すぐ感情に持っていかないでほしい。これは自分にも当てはまるので自戒必要である

というかなんで女性蔑視議論になっているかからないんだよな。

貧困になる可能性がある人達に対する配慮が欠けていたのならわかるけど、

岡村さんは女性蔑視をしていたのかな?

風俗に行く男性は全員女性蔑視をしている男性」って理屈なのかな?

もしこういう理屈なら少しばかり暴力的結論づけだと思う。

(実際どのくらいの男性蔑視しているかどうかはわからないし、

風俗レポとかあげる人は女性蔑視傾向に見えやすいけど)

横道に逸れて悪いが最近少し話題になった高井議員はその行動の是非は脇に置いて、記事内容を見る限り女性蔑視をしていたようには思えなかった。

各々の意見があるのはわかるけど、活動家の人たちが好き勝手

理論を組み立てすぎなんじゃないの。


ラジオを聞かないで意見している人たちもいるし、

もうここまでくるとまともな議論なんて無理なんだろうな。

一つだけお願いあるとしたら、活動家たちの記事ばかりが注目されて岡村さんの

発言が切り取られさら捏造されないこと祈るばかりだ。絶対不可能な願いだけど。

そしてこれですら結局は当事者たちを無視したポジショントークなんだよな。

2020-04-30

コロナ騒動によって心と体が緩んでいく

1月から始まったこコロナ騒動によって、自分の心と体が緩み切っていた。

とうとう今日、その緩みが自分自身に災厄として降りかかってきたのだ。

もちろん最終的にその全責任はこの自分にあり、誰も責めることはできない。

この厄災であるコロナでさえもだ・・・

しかし、自分自身の戒めととしてここに簡単顛末を記しておきたい。

私自身のことを少し話しておこう。

私は32歳独身男性都内在住、彼女はいない。

メーカー海外営業担当している。

普段であれば、月の1週間、長くなると2週間ほどは海外出張しているのだが、

このコロナ騒動以後出張ができなくなり、ずっと日本にとどまっている。

そして3月の初めからテレワークとなり、ずっと自宅で仕事している。

それでも、毎日始業時間になるとPCに向かい、急減速を始めた取引にうっすらと不安を感じながら、

お仕事をひねり出し、特にさぼるわけでもなく、やるべき業務をこなしていく。

仕事を終えると、きちんと自分で夕食を作り、1時間ほど近くの公園ランニングする。

ランニングから帰ってくると、家で語学勉強をこなし、寝る前に缶ビール1本飲んで眠りにつくという毎日だ。

そうこうしているうちに、GWが始まった。

今年のGWは14連休といつもよりだいぶ長いのだが、実家に帰ることもできず、かといって旅行に行くこともできず、

狭い1Kの自宅にこもり、予定のない日々を過ごしていいる。

予定もなく、かといって連絡を取り合うような友人もおらず、家でこもっているのはなかなかにこたえるものだ。

自分自身のこれまでの行いの結果とは言え、自分いかに今まで人と心を重ねることができず、

孤独で、偏屈で耐えがたい存在であるということをかみしめている。

日々積もるこの寂寥は自分自身を確実に摩耗し、そしてこのまままではさら薄っぺら人間へと堕ちてしまうのではないか、そんな恐怖感に身をやつされている。

そして今日買い出しのためランニング以外で久しぶりに外に出た。

いつも夜走っているので、明るくとてもいい天気で、久しぶりに太陽の下に出た感覚がとても新鮮で気持ちのいいものだった。

なんだか心がすっと軽くなり、久しぶりにラーメンを食べようと思った。

私は健康を気にし久しく行っていなかったのだが、家系ラーメンにすりおろしニンニクたっぷりと入れて、のりとライスを追加して食べるのが、

とても好きなのだ。なにせこのコロナ禍の中、人に会う予定もなくちょうどいい。

ラーメンを食べ終え、買い出し中のスーパーレジクレジット会計を済まそうとしているとき異変が起こった。

急激な便意だ。

これは今まで経験したことのないレベル便意だった。

どんだけ頑張って肛門をきつく締めようと、押しとどめられないほど込みあがってくるものがあるのだ。

こんな時に限ってレジはおじいちゃん自分クレジットを出したもんだからトロトロ時間がかかり、

自分は冷や汗をかきながら、自分肛門祈りをささげた。

何とか会計を済ませ、強烈な便意の波を抱えながら家路を急いだ。

正直言おう。増田うんこ漏らす報告をする奴らは心が弱いのだと思っていた。

自分はこれまで、たとえ便意があったとしても精神力で乗り切ってきたというプライドもあった。

しかしそんな私のプライド今日先ほど音もなく崩れ去った。

本当にすんでんのところだったのだ。

だが、間に合わなかった。

これまで経験したことのない便意自分アナルとともに、これまでの実績と自負を押し流していった。

仕方がない、このコロナ騒動によって半ば長い夏休み突入し、自分自身知らないうちにだらけ切ってしまっていたのだと思う。

これで自分はこれまで軽蔑していたうんこたれ増田の一員となってしまったのだ。

「心の緩みは、アナルの緩み」ということわざがあるが、今日身をもってそれを学ばされた。

もちろん、すべてはこのコロナ騒動によって引き起こされたことではあるが、

それでもなおここに自戒を込めてそして、増田諸氏への忠告も込めてここに記したい。

このコロナ禍はウイルスのものだけでなく、心と体の緩み、そして、アナルの緩みには十分注意してほしい、と。

ありがとう

2020-04-21

anond:20200421114028

モノも情報も見てなんかいないよ。

 

自戒していかねーとな。

見ずに知らずに何かを攻撃している連中が多いし、自分がそうしているときはやっぱりある

2020-04-20

正常化バイアスを指摘するのが嫌い

自戒ならまだしも、指摘するのは自分正義押し付けてて反吐が出る

しかも何一つ解決するわけでもなく、相手を変えたい気持ちもなく、ただ言ってる自分気持ちよくなってるだけ

キャベツ畑コウノトリを信じてる女の子無修正ポルノを突きつける時のような下卑た快感さと同じ

2020-04-18

環境がゆるすぎて働いてる人たちの感覚もゆるすぎてよくわからなくなってきた。

から小規模な駅で、加えて利用客激減だからホームに誰もいないとか改札を1時間誰も通らないとか普通にあるけど、それはそれとしてホーム監視カメラちゃんと見てて。たとえホームに人が3人もいなくても。その3人のうち誰か1人にでも何かあってからじゃ遅いんです。

あとなるべく放送して。せめて通過の放送だけはして。自動放送がある?車内なら車掌さんがしてくれる?でも放送があって困ることはないでしょ。

コロナ関連は毎日変わるから必死についていくしかないけど、カメラ確認とか放送とかっていつもの普通日常の当たり前の仕事でしょう。いくら暇だからっても、メリハリはつけてくださいお願いします。暇というのはサボっていいというわけではないです。

とは言え、私もゆるい空気に流されたり雑談が盛り上がったりして、放送を度々忘れるなど人のこと言えないので、自戒意味も込めてます。それは毎回反省と後悔をしています流石に。

日々の業務の積み重ねが大事…なんだろうか。とりあえず頑張ろう。

宣言拡大したけど鉄道って止まるのかなあ…。

2020-04-11

ribbentrop189 の本性

https://b.hatena.ne.jp/entry/4675908181224450082/comment/ribbentrop189

一方 ribbentrop189 は問題指摘に対し論点ずらし未満の

寄生」「荒らし」「生ゴミ」「粘着」などと踏みにじる所業に奔った

自身の唾日宇クズぶりを罷り通らせようと誰ぞに縋って

説明出来ないだろうなーと思った」などと

デマ抜かしよる謝ったら死ぬらしいゴミ体たらくのままなのかなあ

んなこたあないと自戒する立派な矜持を拝めることを祈る…!

http://tenreeren.rentafree.net/entry/955736

2020-04-08

anond:20200408051936

ニーチェは『善悪の彼岸』の中で、〈怪物とたたかう者は、みずから怪物とならぬようにこころせよ。なんじが久しく深淵を見入るとき深淵もまたなんじを見入るのである〉という言葉を記しています自戒を込めて言えば、犯罪に接する機会の多い仕事は、内なる攻撃衝動が刺激されて一線を越えることが当たり前のように感じてしまう。自らが怪物になる危険を孕むことを、肝に銘じる必要があります

誰もが触れずにはいられない一節。笑。

ただねぇ。滅多に怒ったりしない温厚な人間というのは、

怒る時は相手との関係を訣別する時であって、それは謝れば許してもらえるような状況には既に無く、

たとえ刺し違えても、地位名声財産全てを失うことになってでも、相手排除したい一心で行うからね。

犯罪研究たからそうなったとは全然思わないね

2020-03-29

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1486510

失業者が増えたら理屈抜きで

「景気が悪くなるのわかりきってるのに少しでも状況をましにするための知恵を絞り出すことも身を切ることもしなかったC級戦犯

として攻められるんだよブクマカのお前らも。

世相を高みから見物する、はてブヤフコメ似非インテリサロン空間崩壊するね。アカウント晒しあげて退会まで追い込むムーブ流行るだろうね。

Web上だけで済めばいいけど、手前らのオフィスが襲撃されたりこ綺麗な格好で街中歩いてるだけでぶっ刺されるようになるよ。

でもその時あんたらは文句言えないね社会がそうならないよう努力する気がないんだから酷く傷付けられてもその現実を受け入れ自戒しながら死んでいくしかないよね。つーかブクマカみたいな無能から先にクビきられてくっしょ?

から刺されたくなかったらなんかムーブ起こそうね。あんたらが仕事いくらかを余所に回してくれればそれでいい。

みなが等しく疲弊することで底辺ガス抜きがなされる。これがベター選択だ。

定職についてるってだけで贅沢してんだよ、お前らは。これから投石に耐えながら生きてくこったな

2020-03-24

おねしょした4歳を突き飛ばし意識不明にした母親気持ちが分かる気がする

決して暴行肯定擁護するわけじゃないけどテレビでこのニュースを見た時に母親気持ちが分かる気がした。

自分にも子どもがいてまだ1歳だけど度々イラつくことがあるから

https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20200322k0000m040065000c/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00000024-mai-soci

■連れ子の母親になろうと頑張ったんじゃないか

この母親場合自分の子どもじゃない再婚した男の連れ子らしくて。

からより一層自分の産んだ子より関係を作るのってすごい大変で難しいことだと思う。

新しいママだよ〜つってはーいって受け入れられる人いないじゃん。

そんな他人が産んだ子どもぶっちゃけほっとけばいいよね。でもこの母親は怒って向き合おうとした。

怒りの積み重ねで許容量を超えてしまって暴行になってしまったんじゃないかなと思う。

メディア事件の内容しか報道しないけど、日常の要所要所でふざけられてイラつかせられてたんだろうな。

こういう大人が困る事ばっかするのを「ためし行動」って言うのを見聞きしたことがあるけど当事者として立ち向かうのはかなり根気が必要で多分自分には無理。

それを受け入れ続けてがんばってきたんだろうな。すごいと思う。

暴行肯定擁護はしないけどこういう背景があっての結末なんじゃないかなと想うだけで悲しみが止まらない。



■夫お前何してたん?

お前の子どもだろ再婚した女に任せっぱなしにしてんじゃねーよ。

もしかして自分の息子を咎めたかもしれないけどこの結果になってる時点で何もできてないからね。

暴行した母親ばかりメディア報道してるからそっちに目がいってしまうけど無力の夫の存在が限りなくイラつく。

お前なら止められたのに。自分の息子なのに。自分で選んだ再婚相手なのに。

再婚するの決めたのは2人だから責任は2人にある。って考える人もいるけど、連れ子を愛すると決めないで再婚するやつはいねえわなその時点では。

その気持ちを踏みにじったのは子どもじゃなくて止められなかった夫でしょ。

暴行した当事者じゃなくても止めなかった時点で夫も同罪。母親父親、両方平等に裁かれて欲しい。



親になったか自分もいつそっち側に行くかわからない。自戒として報道を見た気持ちを書き殴りました。

何も考えないで書いたので内容がまとまってなくてすまんな

2020-03-19

これから投資を始めるための覚書

3月19日時点で、様々な指数がとんでもない値下がりをしている。

一見値ごろ感があるため簡単に手を出してしまいそうなのだが、下手すると火傷するので自戒を兼ねてまとめておく。

◆底当てをしようとしない。

誰も底など分からない。「ここが底だ」と思って購入して、そのあと暴落してしまったら目も当てられない。

バフェット指数で見ると、実はまだ加熱ライン

バフェット指数 = 株式市場時価総額 ÷ GDP × 100

現在110

https://nikkeiyosoku.com/buffett_us/

リーマンショックの底は51なので、ここを背としてみるとダウ10000ぐらいまでは可能性があるかもしれない。

今日時点の株価からさらに半額だ。そのインパクトたるや。

(と書いてる時点で、底当てをしようとしてしまっている…)

◆最低二ヶ月、できれば半年は待つ。

ウイルスがどの程度実体経済に打撃を与えるのか、実際誰も分からん

ほぼ確定で大きな企業破綻するとして、そのショックで大暴落する可能性もある。

様々な指標として出てきて、それが株価に織り込まれるまでは待つ。

米国ETFドルコスト平均法で入れる。

上がる銘柄の選定など無理だし、本業を頑張っていたほうが期待値高い。

一気に入れると死ぬ可能性がある。

一度入れたら、ガチャガチャせずに寝る。

さて。

10年に一回のチャンスだ。人生は一回しかないのだからうまく入っていこう。

2020-03-13

ICUのベッドが足りないんならベッドたくさん廊下に並べて増やせばいいんじゃないか、とか、ECMOがなくなりそうなら今のうちに1000台くらい金持ちに購入してもらって寄付して貰えばいいんじゃないか、とか言ってる人がいるけど、なかなかそんなに簡単じゃない。

ベッドが足りないっていうのは、ただ単に患者が横になるベッドそのものが足りないんじゃなくて、重症患者管理をするためのモニター、人工呼吸器、点滴ポンプ、その他医療機材諸々含めて足りない状況で、それ以上に足りてないのはその特殊医療機器を使用しながら専門的な治療ケアのできるような医療スタッフだ。機材やスペースなどの物理的な余力だけでなく、それを使用できる特殊領域人材の余力がないってことだ。

医療スタッフっていうのは医者だけじゃない。救急病棟での勤務経験のある看護師が十分いなかったら医者なんて役に立たない。医療機器の取り扱いに長けた技師がいなかったら、ECMOが突然調子悪くなってエラー表示出てきたら医者看護師だけではどうしたらいいかからない。

ちなみに自分医者だけど、救急医療ICU、ましてやECMOを扱っての呼吸管理なんで全くもって専門外だ。

ある日突然今の職場から誘拐されて、医療スタッフ足りてないから新しく作ったこICUのベッドでこの新品のECMOを使って重症患者さんの治療を今から頼むぜ、なんて言われてもできるわけないわけだ。だってやったことないんだもん。

1か月くらい専門医にくっついて手取り足取り教えてもらえればできるようになると思うよ。ベースとなる医学知識はあるからさ。でも、本当に人材が足りなくなっている状況でそんな手厚い研修なんてできるわけない。

その上、今の職場には、ICUでの救急医療を要するわけではないけれども自分の専門領域医療継続して必要としている患者がそれなりにたくさんいるわけで、ある日突然自分が拐われていなくなったら、おそらくそ患者さんたちや同僚たちは困るわけだ。こんな特殊技能を持ってるわけでもない普通医者でもさ。

上記は極めて常識的な内容だろうと思っていたけのだけれども、医療に携わる人間でないともしかするとわからないのかもしれない、と思って書いてみました。

日常診療で、患者さんの常識医療従事である自分常識の間にズレがあることに気づくことが度々あるので。

そして自分が気づいていないうちに、医療者の常識患者に強いて戸惑わせていることもおそらくあるだろうから自戒を込めて。

2020-03-12

anond:20200312115203

許されても何も変わらないので、マイナスを減らすよりプラスを増やして行こうな。謝るって相手判断押し付けていて失礼なんよ。自分も生まれすみませんでしたとか思いがちだったので自戒

anond:20200311165317

広告文化だというのは増田自戒を込めているというけども

最終的にその広告を見て購入する消費者広告を買ってるんじゃなく商品サービスを買うじゃない?

文化に金を出しているわけじゃないから、効果より文化とか(広告の)作り手の思いを乗せた広告って

消費者目線で見ると無駄しかないなぁと。

企業メセナ的にイメージ広告を作るんだけど、消費者目線で見たらそんな金があったら値下げしてほしいとか思う時もあるし。

なんて言いながら自分広告代理店勤務なんだけどね。

広告営業じゃない別事業採用されたけど、そこが不採算広告事業に回された。

新卒の時は広告代理店なんて賤業とすら思ってたのになぁ。それで飯を食うことになるとは。

2020-03-11

私は広告制作現場を辞めて、広告屠殺する現場転職をした



私は広告業界10年ほど広告制作仕事をしていた。最初総合代理店で、最後半年WEB広告代理店で。

そして昨年末をもって退職に至ったので、退職エントリではないが、なんとなくWEB広告の実情について

広告業界の人たちにも話したかったので文章にまとめることにした。


私は広告業を一つの文化」だと思っている。

そう考えるのは広告従事者の奢りだ、と言われがちだが

私はそれは、奢りではなく、むしろ戒めだと考えている。

なぜなら広告会社は、そういった矜持自戒の念を込めて持っていないと、

簡単ゴミ製造する工場へと成り下がってしまうからである




私は新卒とある広告代理店入社し、そこから10年ほど制作担当することになった。

大手というわけではないが、時々全国規模のTVCM制作も手がける、そこそこの代理店である

そこは、今となっては「働き方改革」の標語ひとつで一蹴されてしまうような、徹夜休日出勤を繰り返す昔ながらの制作現場だった。


なぜそこまで業務時間が長くなるのか?

普段長時間労働と縁のない企業の方からすると不思議だと思う。

私はこれは、他ならない「文化からの転落への恐怖」に起因していると考えている。


基本的に、広告公共空間公共電波を使ったゴミである

もし広告クライアントの言われた通りのものを作れば、

タレントは不自然に微笑み、手放しで商品を褒める怪しいコピーで溢れかえり、

最後自己満足キャンペーン応酬お茶を濁す

お金をもらって公共空間を1枠使って汚す「ゴミ」が完成する。


からこそ代理店制作者は、1ミリでも多く、見る者の目を楽しませる努力をする。

広告の枠を超えて世の中全般を動かせるような言葉を発信できないか苦悶する。

ゴミ」と「文化」の間に横たわる深い河を、靴一足分だけでも超えられないか

というギリギリ闘争クライアントと繰り広げる。


だって自分人生をすり減らしてゴミを作ってる、とは思いたくない。

自分文化を作っているんだ、と言い聞かせたい。


そんなミリ単位のこだわりを爆発させていくうちに、時間外労働は積み上げられ、

残業休日出勤オンパレードとなっているわけである

ホントにダラダラやってるだけのヤツもいるんだけど)


私は土日の撮影徹夜プレゼン準備が反吐が出るほど嫌いだったが、

ういういい歳こいたおじさん達が、1ミリでも良い物を作るために

わがままを通そうとする姿を見ているのは嫌いではなかった。


情熱大陸とかプロフェッショナルでは、プロ達は綺麗なオフィスキラキラ仕事している場面ばかりだが、

現実プロ達は深夜の制作会社会議室で、ボロボロになりながら臭い鼻息を撒き散らして仕事に食らいついている。

繰り返されるのは、誰かが「もうこの辺で辞めにしませんか?」と言ってしまえば終わってしまうような脆弱会議である

しかし「少しでも良いものを作らないと俺たち生きてる意味ないよな」という不文律が全員の頭の中に共通して存在するから

「もう辞めよう」と口にする人は一人もいない。そして1ミリだけ良くなった企画書を持って徹夜明けでプレゼンに挑む。

その情熱大陸が映さないような種類の、リアルな感じが好きだった。


まぁ、そういうおじさんおばさん達の見えない闘争が積み重なって、

広告文化」と心の中で思っていても怒られないくらいの社会風潮は出来たのではないかと思う。

美大メディア学系の大学広告論の授業があったり、

過去の名作広告をまとめて本や番組が作られるくらいなのだから、一応文化と言っても差し支えはないだろう。




その会社で9年働いた後、私は縁あってWEB広告代理店転職することになった。

これが同じ「広告代理店」を冠しているが、とても同じ広告を作っているとは思えないような職場だったのである

ここが広告という文化を殺して食べる、屠殺現場のような場所だった。



WEB広告とそれ以外の広告の、一番の違いは何か。

それは「数値化」だ。

WEB広告を作る、ということは、制作物の全てを数字に置き換えることができる、ということなである

この広告が何秒見られたのか、どんなクラスターの何%が見たのか、何%が商品を買ったのか、広告コスト効率はいくらか。

広告の全て数字で語ることができるのがWEB広告独自性であり、実際私が居た会社はその強みを最大化するような戦い方をしていた。


すると何が起こるか。

全ての広告を、数値をベースに作るようになるのである


たとえば、必ず視聴率クリック率が高く出るような広告をつくる。

それはどういうヤツかというと、始まってすぐに「お得なキャンペーン」とか「今だけ何%ポイントキャッシュバック」といった数字を画面に大きく出すようなアレである

誰もがあれに反応するわけではないが、一定層そういう数字に反射的に反応する人種の人たちがいる。だから結果的に数値はわかりやすく上向くのである


たとえば、広告コスト効率が高い広告をつくる。

コスト効率を上げる方法は2つしかない。前よりも大きく結果を出すか、制作費を削るか、である

そういうわけからWEB広告代理店では撮影外注を行わない広告制作奨励されている。

ストックフォトやフリー素材だけで制作すれば、地獄みたいなクオリティになるが原価はゼロに近づく。

そして前述の視聴率アップの手法があるので、不思議とそんなものでも視聴率が高かったりする。数千万かけて作ったTVCMより高かったりする。

その結果、コスト効率は上がり、「クライアントも喜んでいます!」という嘘みたいな報告が営業からは来るのだ。



私にはこれが、数字裏付けされたゴミを作っているようにしか見えなかった。

始めにこのクオリティ広告を見た時「まともなクライアントがこれにお金を出すはずがない」と思っていた。

しかし実際は違う。喜んで買っている。そりゃそうだ、クライアントの持っているお金は「広告宣伝予算」であって「広告文化への投資予算」ではない。

RADWIMPSが歌うデザインされたTVCMであれ、フリー音源ポイント還元キャンペーンだけで出来たWEB動画であれ、効果が高そうなものお金を払う。

なんとなく効きそうなだが高価な胃薬と、見た目はチープだが安価で効き目が数字裏付けされている胃薬だったら、後者を選ぶ人は少なくない。

私が在籍していたのは半年程度だったが、WEB広告会社大手代理店から仕事を奪ってきた、というようなニュースを度々耳にした。




かくして、広告という文化は、数値に裏付けられたゴミによって貪られ、じわじわと瓦解し始めている。




今なお「広告文化だ」と思っているのは広告制作者を始めとする一部の広告ギークだけなのだろうか。

しかしたら多くのクライアントサイドも、今では広告文化だとは思っていないのかもしれない。

(思っている希少なクライアントもいる。代理店はそういうお客さんを大事にしてください。)


少なくとも、WEB系の広告会社にはそもそも広告文化と思うような発想はない。

ただ忠実に、広告言葉通りの「広告なのだと彼らは思っている。

彼らは非難される立場ではない。だってそっちの方が本来の「広告」の語義には近いのだ。

から彼らは彼らが今作っているものゴミとは思っていない。

経済を回すための1つの因子」みたいな感じに思っているんだろうなぁ、きっと。


私には、彼らが目先の利益のために無邪気に広告破壊

文化もろとも倒壊しているのにも気づかず勝ち気になっているのが我慢できなかった。

そういうわけで、私は半年会社を辞めることにした。



懐古趣味の「昔は良かったおばさん」みたいな話にはしたくなかったのだけど、

この話は結局そういう結論しかならないのかもしれない。


2019年、ついにWEB広告の出稿費がTVCMのそれを超えたという。

この先の広告業界WEB業界を中心に回るのは日を見るより明らかだし、その時のエースプレイヤーは私が辞めたあの会社かもしれない。

しかし、あの地獄クオリティWEB広告達を元に大学の授業が行われることはないだろうし、それを論じた本が出るようなこともない。

広告という「文化」は静かに解体され、彼らに食いつぶされ、いつの間にか消滅していることになるだろう。


私はそんな「冷たい熱帯魚」みたいな解体現場で確かに働いていた。

そして次はまた、古い広告業界に近い所で仕事をする。

これは救命ボートからタイタニック号に乗り換えるような所業かもしれない。

ただ無邪気に文化を貪り続けるよりはマシだと思っている。


あの制作会社会議室で、今日広告文化足り得るようしのぎを削る人たちがいる。

私は化石のような彼らを、情熱大陸クルーの代わりに見届けることにする。

2020-03-03

花こう岩がウイルスに効く。

現代となった今も、だまされるネタレベルは2000年前とかわらねぇな。

逆に言うと、古代ギリシャ文明は俺の知識の遥か上だな。

ニューヨークタイムズ1回分の情報量は、〇〇時代人間が一生に得る情報量匹敵と聞いたことがある。

これだけ、情報インターネットが育った時代も、アホな人間には効果がないのだな。自戒

どれだけ簡単英単語を調べられ、効率的DUOがあっても、やる気でない人間には効果が薄い。

逆に言えば、やる気・本気レベルがこのレベルでも、このレベル英語力はつく。

この意識レベル明治大正なら、英語微塵も覚えれてないな。辞書は引かんだろう。

幸せ時代だ。

本気にならないよなぁ。

傷つかない精神が根幹に根差しているよなぁ。

自分の子供が死ぬシーンをよく想像して、万が一の衝撃に備えているよなぁ。

そのくせ、土日の子供の世話はめんどうだよな。

心底、クズだ。のらりくらりと自分から逃げている。

この腐ったバランス感覚が、仕事含めいろいろと利益も生んでいる。

広く浅くの知識とか。

気持ちが悪いので、クズだと思う部分は減らしていこう。

そして、この腐った性格は愛していこう。

あと、自分言葉自分洗脳されないように。

謙虚さだけが自分繋ぎとめる/助ける。

無色のメガネで、景色を見ることが出来るだろうか。

2020-03-01

コロナ検査を求めるのは非科学的となじる科学的な人達

日本の新型コロナ検査数の少なさに疑問を持つ人が増えてパニック様相を呈してきたら検査を求めるのは非科学的とする派閥が盛り返してきた。

科学的な彼等は検査を受けられない事を訴える患者やその家族Twitter等に押掛け冷笑的な態度で批判して黙らせる警察活動に夢中なようだ。

治療薬が無いので検査無駄で、仮にコロナ19(韓国等で使われる通称通称として良いので以下呼称する)罹患であっても検査しなくていいのだという。

 

ところがこの科学的な人たちは対策スキームとなる感染症法を読んだ事が無いようなのである

政府1月末にコロナ19を感染症法の2類感染症指定した。

指定された感染症に掛かった患者入院費用公費負担殆どゼロになる。病院にとっては検査が無くても同じでも患者にとっては大違いだ。法に定めがあるのに検査せずに通常通りに本人請求するのは不法行為である

科学的態度の前には数十~100万程度の治療費など関係無いという事か。

 

感染症法では蔓延を防ぐ為、流行実態を把握する為に、医者に報告義務を定めている。外来パンクするのでサボタージュしてよいなんてどこにも書いてない。

検査して実数を把握するという方向だけで書かれている。これは近代国家国民常識の通りだ。

まり医者が疑わしいのに検査しないのも保健所拒否するのもサボタージュであって違法行為である

だが科学的な人らは子供検査を受けられないと騒ぐ親のアカウントに押掛けその非科学的態度を糾弾https://togetter.com/li/1474001

TV取材まで受けた末に最終的にマイコプラズマと判定した事で親の非科学性は更に糾弾されることになった。「この反動的マスコミと結託した非科学主義者クレーマー!」

因みにマイコプラズマの判定にはコロナ19と同様のPCR検査を要する。

 

科学的な人らの最近お気に入り糾弾先は和歌山県知事だ。知事は「軽症でもPCR検査する」と発表して「非科学的!医療崩壊!」と科学的人士は色めきだっている。

科学的人士らによる医療崩壊理由は「コロナ19陽性と出たら入院必要があるから」という実に科学的なものだ。例えばBuzzfeedによる聖路加の感染管理マネージャーインタビューなどでもそう言っている。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-sakamoto

だがこれは誤りだ。

感染症法では強制入院権限知事においている。つまり知事が指示せねば必ず入院する必要はないのだ。軽症なら外来で帰しても良い。

同時に知事感染者に勤務禁止命令を出す権限がある。会社電車内で感染を広げる危険を防ぐ為だ。

何より勤務禁止命令があるって事は入院必須ではないという事である

また2類感染症場合外来費用公費負担にならないか財政も圧迫されない。

 

科学的人士らは「軽症は自家療養、重症だけ医療を受けられる」との方針あいまいさに疑問を抱かない。科学的だから自明なのであろう。

だが一般に炎症が肺に回ったら重症だ。また「重症肺炎」となったら回復の見込みは薄い。この認識齟齬は命に関わる。だが科学的人士らが気にしている様子は無い。

また科学的人士らは重症対処以外を治療しない理由として「治療法が無いので免疫頼りでしかない」という。

ところが武漢では重症の約6割が死亡し、半数が多臓器不全となっていると報告されている。

科学的人士らはなぜ多臓器不全が発生しているか判っているのだろうか?

ウィルスのせいじゃないよこれ。自己免疫症でこうなってるんだよ。

肺炎では免疫が亢進しやすく、免疫機構の過剰な働きで健康な臓器もボロボロになってしまう。

この為に重症では免疫抑制剤を投与する。生命維持の為に免疫を殺すのだ。

ここから導かれるのは「肺炎重症にしてはいけない」という誰でも知っている常識だ。

だが科学思考常識に優先するらしくそんな事を気にしている様子は無い。

 

科学的人士らはPCR検査偽陰性偽陽性区別せず、検査は恐ろしく意味の無いもの喧伝して回っている。

だがコンピュータ使ってたらこの二つの確率が段違いだって事ぐらい判るだろ。

PCRはヒットテストだ。

まず薬剤処理して染色体を膨張させる。検体の中の色んな細胞ウィルスDNARNAはごちゃまぜだ。

そこで見つけたいウィルス塩基配列の一部パターン検索してパターンマッチしたら陽性。

コンピュータウィルスの誤検出はパターン指定おかしい時のみ起こり得る。それと同じで偽陽性の方は原理的にはあり得なさそうという推定は出来る。

だがターゲットウィルスそもそも採取できていない場合、薬剤処理で塩基配列破壊してしまった場合偽陰性になる。

から「行動して安全ですよ」とのお墨付きにはならないから他の症状や感染経路の疑いの方を優先させろってのがPCR信頼性議論だ。

だが科学的人士らはこれを陽性意味なし論に拡大してしまう。

 

科学的人士以外でもPCR検査が浪費してはいけないなんだか凄いリソースと考えている人も居るのだが、毎日バイク便病院を回っていて検体回収している。勿論病原菌が入った検体だ。ライダー普通の人で医療資格なども持っていない。

これをまとめて検査会社に持って行っている。そもそもが大層な検査ではない。

また検査体制を整えてもエライ金額がかかる、1億検体×1万円=1兆円とか言う人も居る。https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200228-00165104/

だがこんな金額にはならない。年に定常的に1億検体なら千円以下になるのでは無いか

例えばアメリカではPCRは3000円もしない。病院コロナ19検査したら数十万円とのニュースが出ているがそれはアメリカ病院おかしいのであって、PCRカジュアルな為費用が安いのだ。

から今回PCR検査が高額、市場キャパが少ない事が露呈したのなら、今後は無駄なほどPCRを使って需要を伸ばして参入と値崩れを起こすべきだろう。ソフバンに参入してもらったらどうか。

だが科学的人士らはPCR検査=悪なのでこういう改善に繋がらない。

 

この他、科学的人士らの攻撃は冨士フィルムアビガンにも向いている。

治療薬が無い」から出発して攻撃的な知的派閥を維持する為に「副作用が強い、臨床試験が不十分」などの理由が引き出されるためだ。この手の思考法は参加していると気分がいいようである

だがアビガン備蓄である。ならばなぜ大量に備蓄されているのだ?

それに科学的人士らはインフルエンザ薬のアビガンコロナ19治療薬となりうると発見されたのか、その経緯は知っているのだろうか?これは中国発見したもので、中国国策日本企業のビジネスが偶然に一致して発見された(発表で冨士フィルムアビガンと名指しされている)。知的派閥のように振舞っているが誰もそれを語っていないようだが。

 

こんな中でビジネス科学的人士とでも言うべき記事が出た。

『 新型コロナで「情報汚染」されたメディアが報じない「5つの真実」』

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70709

 

書いたのは松村 むつみという医療ライターだが、内容は科学的人士らの言説をまとめただけ。

一応医師らの記事インタビューを下敷きにしているが、クレジットはしていない。

これならGIGAZINE等のほうがマシだ。参照した記事クレジットリンクは入れる。

感染症法感染研のPRも読んでいない。流行っているWEB記事だけをまとめているのだ。何の知見の追加も無い。医師の名は権威付けだけに使われている。

そして「メディアが報じない真実である自分らの意見にこんな惹句が付いたら少し自戒するものだが科学的人士らは権威付けされたので満足な様である

 

なんだかどいつも菊池誠みてぇだなと思って菊池Twitterを見に行ったら盛んに「メディアが報じない真実」でフォロワーに囃し立てられ、声を上げた患者等に冷笑的な非難を浴びせかけていた。

実に科学的な態度である。侘び寂び。

2020-02-26

anond:20200226182826

謝罪する事で次回は自戒可能性はあるが、謝罪もできないもの未来の成長は見込めない。

欧米人植民地気質

ってやっぱりあると思うんだ。

例えば君が、未開の村に行ったとするだろ。その未開の村では、うんこを投げつけて戦う奇祭があったとする。

でも多分君は、参加する、参加しないにしろ、その祭りをやめさせようとはしない。

うんこを投げつけるのは不衛生だし、寄生虫感染症食中毒になりうる。それで例年数人死んでるかもしれない。

でも君には帰る場所があるし、彼らなりの価値観信仰があるんだろうと考える。世界のどこかにうんこを投げつける村がある、というのは心がわくわくするし

しろそのうんこを投げつける事で、そういった病気に対する耐性を身に着けているのかもしれない。なんならちょっと参加して帰るのかもしれない。

うんこ祭りが嫌いで泣いてる人が居たら、名刺をあげて、嫌なら日本にも来ていいよ、という。うんこを投げつけたくなったら、はてな匿名ダイアリーでもできるからねって。

ただ欧米人、それも多数は、うんこの村に行ったとき、まず自分がそこで永続的に住むことを考える。

いつでも帰る場所があるとは考えない。自分たちの変える場所はここだ、ここが今から故郷になるのだと考える。

それにはうんこを投げつける祭りを辞めさせなきゃいけない。汚いし、臭いし。

自分故郷メールを送って、「個々の村は気候も穏やかで食べ物もおいしい。でもうんこを投げつける祭りがどうも嫌だ。無くしてくれ」

という。そしてうんこ祭りの無くなった村で、欧米人は穏やかに過ごす。

YOUは何しに日本へ?放送批判も多いけれど、ある意味理想欧米人を表していると思う。

ちゃん故郷があり、以前の「日本を世直ししてやる」欧米人の像から日本の文化が好きなので、それを体験したい」という人が居る。

日本の事を対等に尊重してくれる外国人を求めている。

増田たちはいつもうんこを投げ合っているけれど、俺もそれを尊重しようと思う。自戒を込めて。

はいつでも帰る現実があるし、俺はこの奇祭が大好きだからだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん