「騒動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 騒動とは

2020-06-03

新型コロナ騒動運動量がガクンと減ったこの4ヶ月というもの月経がぴったり25日周期になってる。人体って面白い。ちなみに体重は1kg減った。

2020-06-02

スポーツジム行ってきた

全国展開されている、紫のキーで入場できる某フィットネス

23区内の店舗17時半〜18時の30分ほど行ってきたので、その感想を述べていく

・入場時にアルコールと検温

ただ、係の人がいるとかじゃないので、スルーするやつはいると思う

・やっぱり距離は近い

コロナ騒動前なら混んでなくてラッキーって思う程度の混み具合でも、ソーシャルディスタンス意識すると人との距離は近いか

フリーウェイゾーンなんて、もし隣のやつが感染してたら!?なんて考えると、十分に怖いなって距離

・フンフンいうやつはい

相変わらずいるんだよね

飛沫怖いし、おまえの重量じゃ効果いからやめてくれ

ダンベル拭かないやつもいる

もちろんいる

・利用時間書かないやつもいる

コロナ前はなかったのだけど、利用前にちっさいホワイトボードに利用時間書くルールになってた

にも関わらず、まず書かないやつがい

絶対に目に入る場所に置いてあるのに、書かないやつってどういう神経してるんだろうか

筋トレする場所守らないやつもいる

黄色テープ筋トレやって良い場所が区切られてるのだけど、それを守らないやつもいる

ただ、これは黄色テープルールに関する明記がなかったか店舗側の悪さもあるかな

自重トレやるやつ

いや、家でやれ

・透明のパーティションのやつ

あれって毎日拭いてるのかな

不潔なまま放置してたら、ますます空気悪くなりそう

こんなところです

感染リスク負ってまでマッチョになりたいってやつ以外は様子見たほうがいいか

特におじいちゃんとか無理して来ちゃだめだと思う

箕輪厚介のセクハラ騒動と #箕輪編集室 退会noteに思うこと

荒木利彦

2020/05/27 11:53

これを受けてメンバーから箕輪編集室を退会する決意をしたというnoteが出されました。

お世話になっている集まり問題が起こっているわけですから居ても立ってもいられず、僕が今考えていることを書いていきます

Twitter上では何人かが言及しているものの、明確な意思表示が少ないなというのも書く理由の一つです。(きちんと意思表示してるよって人いたらごめんなさいね!)


箕輪編集室に入って2年が経ちました

5月箕輪編集室に入って2年になりました。主にライターチームで活動していて、ここ1年でさまざまなプロジェクトに参加しました。

箕輪さんのセクハラ騒動に思うこと

箕輪編集室での活動楽しいのですが、今話題になっている箕輪さんのセクハラ問題について触れずにはいられませんよね。

この騒動について注目を浴びているnoteがあります

箕輪さん主催オンラインサロン箕輪編集室の退会を決意されたみずほさん。

noteのスキは2500を超え、ご本人のツイートも1000リツイートを超えていて、オンラインサロン界隈に一石を投じた投稿です。

今年4月に「みの校(学生限定)」に入会され、今回の箕輪さんのセクハラ騒動顛末を見て退会を決意されました。

時の人となった箕輪さんに批判の声を上げるというのは相当に勇気がいることで賞賛に値します。

みずほさんのnoteを読んでいくつか思ったことがあるので書いていきます

大前提として、箕輪さんが行った行為セクシャルハラスメントです。セクハラあかん! これは共通認識でしょう。

みずほさんが指摘するように編集者とライターという間柄は性的同意のうち「対等性」が欠如していると言わざるを得ません。

人を性行為に誘うときは「対等性」「非強制性」「非継続性」に気を配りながら性的同意をとる必要があります。(分かりやすく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。)

みずほさんが紹介されていた動画がわかりやすかったです。こういった分類があることを知らなかったので勉強になりました。)

みずほさんのnoteには(見た限り)賛成の意見が多かったです。僕もそう思いましたし。でも賛成の部分だけでなく、それどうなの?という部分も散見されたので思ったところを書いていきます

箕輪厚介」像の違い

箕輪編集室に入って2ヶ月のみずほさんから見た箕輪さん。

箕輪編集室に2年所属している僕から見た箕輪さん。

立場が違えばそれぞれ見え方が違ってきます

から見た箕輪さん像について。

箕輪さんが編集する本や関わっているプロジェクトを興味深く楽しんでいました。

ただ入会当初から箕輪さんのことをクセの強い人だなとは感じていたのが正直なところ。

箕輪さんのA子さんに対する言動・行動は「ほんまクズやなぁ〜」という感想です。

女性に対して多かれ少なかれそういう話はあるんだろうなと思ってました。

事が起こった2016年12月以前から知り合いだったから親しくはあったんだろうけど、既婚者が仕事を口実に女性の家に上がり込むなんて実にけしからん

それはあかん箕輪さん。幻冬舎に出入りする社外の方はもちろん箕輪編集メンバーからの信頼も落ちちゃいますよ。

箕輪さんは以前から編集者としていろんな著者に会ってきた。犯罪に近いことを行っていた者もいた。でも俺はそんなとんがった個性を持った人間が好きだ」と言っていました。

これを聞いて僕はそんな人もいるんだ程度にしか捉えていませんでしたが、今回の件を鑑みる箕輪さん自身もこの"とんがったやつ"に含まれているんですよね。

箕輪さんがプロデュースする箕輪狂介も「社会が産んだエラー」と歌っていますし。「ただの自己弁護やん」と言ってしまったらそれまでだけど。

箕輪さんはここ数年の間に編集長を務めるNewsPicks Bookが100万部を突破したり、テレビ番組コメンテーターとして出演したりと一気にメジャー感が出てきました。

しかし今回の一件でわかった通りメジャー感はただの一面であり箕輪さんの別の一面には聖人君子からはほど遠いクズい面があるのだということ。

みずほさんはメジャー箕輪に興味を持って入会した可能性が高いのかなと思います。2年間所属している僕からすると出るべくして出たスキャンダルです。

あとはそもそも論として2点。

箕輪さんとA子さんの話であって箕輪編集室は直接関係ない

原稿料の未払いは幻冬舎問題

おそらくこの辺を踏まえてみずほさんは書いてらっしゃって、めちゃくちゃ頭いいんだなと思いました。

もし頭に血が上った勢いのまま書いていたらこういうところで論理破綻して自爆ちゃうはず。

きちんと論理立てられてるのすごいです。

箕輪編集室に向けられた言葉

みずほさんはそれぞれの立場箕輪さん本人、箕輪編集室、箕輪さんが嫌いな人、フェミニスト)の人に向けて文章を書いていて各方面に気を配っているように見えますが、箕輪編集室に向けた言葉については配慮不足が否めません。

みずほさんの文章引用して見ていきますね。

まず一つ目。

箕輪編集室の中でも特に、みの校生は一番弱い立場にあります。どうか意欲ある学生を守っていただけませんでしょうか。

学生が一番弱い立場とおっしゃっていますが、そもそもオンラインサロンに入会するメンバーは同じ月額を支払っているし(みの校所属メンバーは違うけれど)、上下関係もなく基本的にみな対等です。

学生でもしっかりしている人もいれば社会人でも未熟な人もいます

箕輪編集室で活動していると極端な未熟さを感じる人はいないですけどね。

みんな成熟してて年下の方でも僕より成熟してるなと感じることが多々あります

オンラインサロンほど、中にいる人たちがフラット関係を築ける場はないと思っています

強者弱者関係を持ち込むのが一番むずかしい場とすら思いますね。オンラインサロン家族学校会社と比べると損得勘定希薄からでしょう。

これこそがサードプレイスと呼ばれる所以です。

次に二つ目

箕輪編集室の)イベント中に「女子フェミニストかいないよね?」という発言がよくあります

これってどこのイベントなのでしょう? みの校のイベントですかね?

フェミニストという言葉ネットのごく一部の界隈でしかいたことがないので一体どこのイベントなのかと純粋に興味がありました。

僕が参加するイベントでは一度も聞いたことがありません。

フェミニストという言葉のものが分断を呼んでしまうと思ってるのでなるべく使わない方がいいでしょう。

ジェンダー問題に携わっているとよく出てくる言葉なんですかね。

最後三つ目。

男性厳禁のイベント女性限定のチームがピンクピンクしているのをみると、ジェンダー感覚遅れているなと残念に思います。正直、もっと先進的なオンラインサロンかと期待していました。

これはおそらく女性限定チーム(リリープリマチーム)とゴリプリ(リリープリマに対抗してできた男性だけの集まり。チームでさえない)の派生イベントだと思います

箕輪編集室という最先端場所には、実はスーパーウーマン女性たちがとても多いのです。まだまだ社会全体から見たら圧倒的少数派です。しかし、だからこそ箕輪編集室の女性は、それだけで充分ブランドになり得ると感じました。」

自分環境コミュニティを選べなかったり、そもそも選び方を知らない女性も多い中、みの編を選んで入ってきている時点でとても感度が高い女性であるということは間違いありません。

からこそ、私はみの編の女性たちに強い可能性を感じるのです。」

こちらの日刊を読んでもらえばわかるとおり、「ピンクピンクしている」とおっしゃるリリープリマチームの発足は「女性が輝けるチームにしたい」という初代リーダー吉乃菜穂さんの熱い気持ちきっかけです。

(吉乃さんは自身オンラインサロン立ち上げまでされています

リリープリマチームこそみずほさんが求めるチームではないですか? 見た目や雰囲気だけでジェンダー感覚判断するのは節操ですよ。

一生懸命女性応援している吉乃さんや関係者に失礼だと思いませんか。

箕輪編集室との付き合い方

個人としては今回の騒動を受けても箕輪編集室をやめる気はありません。

ライターチームで活動している中でメンバーには仲良くしてもらっていますし、冒頭でも書いたようなやりがいある大型プロジェクトは今後も増えるでしょうしね。

最近ではエンジニアチームの公式サイトリニューアルプロジェクトにも参加しているのでまだまだ楽しんでいきます

みずほさんは箕輪さんのセクハラ騒動を受けて箕輪編集室内でのそういった行為改善するよう求めらっしゃっています

これについては僕も大賛成です。もちろんハラスメントにも種類がありますよね。セクシャルハラスメントだけを防げばいいというわけではないです。

メンバー間でのハラスメント現行犯でないと見つけにくいところはあります

しかコロナ禍によってオフラインでの会合はなかなか開けないでしょうからオンラインで気をつけていきます

僕もサロン内での活動において無意識ハラスメントをやってしまっていることがあるかもしれないと注意しつつ、もしそういった行為を行うメンバーを見つけた際には指摘していきます

最後

みずほさんの発信を見ると関係者に気を使った発言もありましたが、男性女性強者弱者という二元論にハマってしまっている気がします。フェミニストもそういう言葉でしょう。

二元論は分類する時には便利ですが、あらゆる物事はきれいに分けられるものではありません。二つのモノの間には判別できないほど広大なグレーゾーンがあるのです。

みずほさんは大学ジェンダー問題性犯罪問題について取り組んでらっしゃっていてすごく立派だと思います

まして性暴力を振るった人間が作ったコミュニティお金を払って所属するなんて論理的にも感情的にも我慢できないのは本当に良くわかります

ただ、みずほさんにはリリープリマチームの活動もっと知って欲しかったですし、ここ1週間で箕輪編集室のFacebookページに投稿された箕輪さんのメッセージを読んでもらいたかったです。

つい先ほど箕輪編集室の本体スレ箕輪さんからの釈明の投稿もありましたよ。もし読んでいればもう少し違った結果になっていたのではないかなと思います

これからのご活躍を期待しています

https://note.com/enjoy_goodjob/n/n2799bc646ad2

https://note.com/enjoy_goodjob

西成暴動の時に石を投げてたけど、石投げたバカはノリだったんだろうな

でも奇跡的に石は機動隊の盾にも頭にもぶつからずにへっぴり腰だったか機動隊の列の前に転がっていくしか無かった訳

でもあの石を投げるべきだったかって言えば労働者でも共産党員でもない俺が投げるべきじゃなかったし、そういうその場のノリを持った人達がああい騒動に混じって暴れてしまうのは救いようのない何かしらがある

善意良識があればってのもよくわかるけど、多数に流される人間ってこんなもんなんだろう。

結果的に多数の人間が動いたことで警察日雇い労働ちゃんと扱おうという姿勢に動くようになったみたいだけど、やっぱ活動家達も労働者達も「いや、あの野次馬達は何の為に石投げてたのよ」と認識されてる訳で

まぁ、はい。私は愚かな民衆ですよ。

活動家殿のような理念もなく、警察殿のような意地もない、財布に金がない、暇だけはある、面白さ目当てでやってきた愚かな民草でございます

そこにストレス解消まで混ざってなくて本当に良かったと昨今の情勢を見てると思うのですよ。

金も余裕も無くてストレスも溜まって怒りの捌け口があった時の人間は凶暴ですから、馴染みのない街じゃなかったのもよかった。馴染みのない街ならどうせ来ないからと無茶苦茶に暴れて荒らして帰るところだった。

その当時西成があまり有名じゃなくてよかった、2008年当時の西成釜ヶ崎なんて知る人ぞ知るディープスポットしかなかった。その時の民衆にノリしかない先を考えない奴らが居たら多分一緒に混じって商店街のどこかから何かしら奪って帰っただろう。

多分そうなったんだと思う。

からたまたまだ。

たまたま、その暴動をチラ見して帰るぐらいしか興味がなくて

たまたま機動隊労働者集団のやり合ってるのを見ていて

帰りがけに何もしないのもなぁとたまたま大きな石を見かけて

たまたま、その石を投げようとして地面を転がっただけだから

それが誰のところにも当たらずに、怪我人もなく終われたか

そしてその石投げに煽動されず、過熱化する暴動最中機動隊人間を助ける人間もいたから今ここで増田書いてる余裕がある訳で

怪我人が出たり、誰か死亡者が出ていたら、あの暴動正当性を持たなくなる訳で

今回のアメリカ暴動、略奪はこの環境下だから起きうる事態なんだろう

それでもなお、彼等の正当性と彼等や自分たちの中に入り込んだ敵を見定めながら抗議活動が進められるのは流石だとおもうのよね

anond:20200602094356

いちおう反対ではあるし2年以上まえから反対なんだけど、開催で延期騒動がでていて、これほど不名誉なことはない年に自国のためにって世界コロナ被害を見て開催国として言うの?

2020-06-01

ゆるふわアングラ世代から、顔の見えないツイッタラー

中学時代パソコンの授業でインターネットを使った時

みんなが自分の好きな漫画野球のページを見てる時に

自分だけこれみよがしに2chにつないでAAとかを周りに見せてたこ

しかも「このページって何?」って聞かれた時に「ヤバイ奴らの集会所みたいなもん」とか答えたこ

さら友達に2chへの行きかたを教えるためにヤフーで2chって検索させて

でてきたリンククリックして2chのトップページが表示された瞬間に

そいつの耳元で「Welcome to Underground」ってささやいたこ

2ちゃんねるの有名なコピペである。このコピペは「俺はアングラ人間なのだ」という中2病あざ笑う内容として読まれてきた。ただ、今となって思うのは、かつての2ちゃんねらー、延いては、ネット民全体にはある種のアンダーグラウンド人間としての自意識が隠れていて、痛いところを突かれたのをごまかすために笑わざるをえなかったんじゃないか、ということ。

かつてのネット民の中には自分たちがアングラ世界の住人だと指摘をされると赤面してしま自意識があった。もっとも、それは、非合法的な取引に使われるダークウェブとは比べようもない、ゆるゆるふわふわなアンダーグラウンドであった。所詮場末スナックで癖の強いママ相手にしながら大人になった自分に酔いしれる程度のごっこ遊びの域であるとはいえネット民の中ではたしかに共有されてるアンダーグラウンド自己像というものがあったように思う。その理念型(似顔絵)をいうなら「Winny余暇を過ごし、スナッフビデオを漁り、誰かを晒しあげ追い詰めることを日課とし、人の不幸で飯が上手いと満面の笑みをたたえて言ってのける人間である。それは負のイメージでありながら、居心地のいい吹き溜まりを作るための「俺たちはろくでもない人間なんだ」という仲間意識を共有するためのイメージであったように思う。

たとえば、当時の2chニュー速板(アフィ騒動を経て嫌儲と分裂し今や見る影もないが)で「人の不幸で飯が上手い」といったコピペが幾度もペーストされ、「お前らほんと最低だなwww」といったお決まりレスポンスが繰り返されていたことも、まさに仲間意識の共有であって、まるで人を殺すことを入団の条件にしているギャングイニシエーションのようでもある。

そして今日ネットでこうした共通意識に基づいたコミュニケーションが目に留まることがあるだろうか。ネットは変わった。とあるプロレスラーの死を発端として「在りし日のネット」を語る言説が飛び交った。たとえば、twitterで、たとえば、ネット生放送世界で(とりわけ、ネット生放送世界はやりたい放題の時代を経ているので隔世の感があるのだろう)、それは語られた。もはや、何でもありのネットは終わったのだ、と。

しかし、結局のところ、ネットの”何”が変わったのだろう。たしかに、ブログメディア確立mixitwitterといったSNSの登場、スマホの普及といった出来事を起点としてライト層が増えたのは事実だろう。もっとも、twitter上の政治クラスタではMMTベーシックインカムといった一般人には簡単には浸透しそうのないアングラ思想信仰されていたり、かつての頃よりはるか過激罵倒が飛び交っているように思う。変わったとすれば、やはり、ネット民全体が共有している自画像の有無なのだ。昔は、「どうしようもない人たち」というネット民としての自己認識があったが、もはや、そういった共通認識崩壊している。今の時代に「ネットはこういうものなんだから合わないならやめたほうがいい」なんて忠告をしたところで「それはおかしい。誹謗中傷はなくすべきだ」という正論が返ってくるのが当然になっている。

いわば、今日ネット民は「顔の見えない人たち」なのだもっといえば、ネット史における一つの世代としてとらえることができない人たちだ。国民中流という言葉と軌を一にして「若者」という言葉が多用されるようになったのと同様に、均一な人たちが想定されなければ世代論は語りようがない。かつてのネットには負のイメージを共有できるような日陰者としての均一さがあり、日陰者としての意識が負のイメージを生み出してもいた。また、それを外側から、「ネットの人たちは」という形で語りえた。

とはいえ、これから、顔の見えないツイッタラーは、誹謗中傷を許さな一般ピープルに置き換わっていくのかもしれない。今はそうした変化の過渡期にあるのだろう。そもそも誹謗中傷はよくないことだという正論のほうが圧倒的に強く、ありえないアングラな負のイメージが共有されていたことの方がおかしかったのだから。ありえない時代を見てきた世代からするとそうした変化が寂しくもあるが。

anond:20200601184447

半年に1回位みかけるつまんねートレパク騒動外野やら本人やらが炎上してつべこべ言う貧乏臭さを眺めながら、

「しょうもねぇことで殴り合いやがって、お前らよっぽど暇で儲からねんだなぁ(鼻ホジ)」って思って眺めてるわ

セクハラ騒動開き直りフェス開催 in サロンへの印象

髭は剃ったほうがいい。

あっても小汚いだけなので。

2020-05-31

岡村さんと箕輪さんの違いは、相手にしている顧客の違い

岡村さんは芸能人から、万人に好かれなければいけない。

実際の岡村さんがどういう人であろうと、岡村さんを出すと世間のウケが悪い、と思われると仕事が来なくなる。

から岡村さんを使うとこういうクレームが来るよ、という行動を誰かが起こすことは明確にダメージになる。

一方の箕輪さんは、月額5940円のサロン収入がメインの人だ。

税抜5400円の月会員が1520人。

プラットフォーム手数料20%あるとしても、年間の売上は8000万円弱になる。

ちょっと前までは一介のサラリーマン編集者だった身分からすれば、この売上は圧倒的な権力だ。

これだけの権力があれば、世間から何を言われようとどうでもいいし、箕輪さんを目指したいと考える人間が山ほどいてもおかしくはない。

いい大学に通い、真面目にビジネス書を読んでMBAを取っても日系サラリーマンじゃ年収2000~3000万円が到達点。

それからすると、起業して成功したわけでもないのに年収1億というのは夢がある。

箕輪さんはそういう夢を売っているから、この権力絶対に維持しなければならない。

すると、発信は当然内輪向けになる。

内輪からの支持を失わないことに力点が置かれる。

から箕輪さんとしては、あんなのはしたことない、今まで通り俺についてこいと言うしかない。

たとえ世間からの支持を全く得られないとわかっていても、持論を貫くことが箕輪さんの利にかなう

これは共産党社民党が未だに議席を保持し続けていることに似ているかもしれない。

そう考えると、ネットは無力だ。

ネットで皆が箕輪さんにどれだけの非難を浴びせようとも、実数わずか1520しかいない箕輪さんの強固な支持者は離れないだろう。

箕輪さんがどういう人であるのかは少し調べればなんとなくわかるのだから、ここで離れるなら既に会員にはなっていないわけで、現在会員の人がこの程度のことで動じるとは到底思えない。

そして下手をすれば、この騒動で初めて箕輪さんを知り、そういう箕輪さんのスタイルを見て新たに会員になる人が出てくる可能性がある。

まり、今回のような騒動が起きたところで、実際の箕輪さんの権力は維持されるかむしろ増大の方向に動く。

文春で炎上して100万人の単位で人目に触れれば、その0.01%が会員になるだけでも箕輪さんの権力の源泉たる年間売上は500万円も増えてしまうのだ。

そしてそれを見た一部の人間は、やはり箕輪さんのようにやりたいように生きることが正しいのだと思うのだろう。

残念ながら、これから社会では箕輪さんの如き生き方をする人を制止することはできない。

ネットが影響力を行使できるのは、岡村さんのような旧来的な価値観の中で生かされている人に留まるというのは、なんとも皮肉な話ではないか

コロナ騒動でよかったこ

まだ終わってはいないけど。正直に言えば個人的にはよかったことのほうが多い

自分貧乏でお先真っ暗の地方一人暮らしだ。羅列すると

・在宅勤務が常態化

・部屋の整理と不用品処分への踏ん切り

・交友関係含め、自分の状況の見直し

給付金支給

思想界隈、左派への幻想消滅(別に右派にも期待はしていないが)

はてブをみなくなった

twitterフォローの整理

一度生活が止まり、半ば慣習化していた付き合いなどもリセットされ、本当に自分必要だったのか再検討する時間ができた

お金たか10万と思う人もいるかもしれないが貧乏だと超切実で貯金何か月分に相当するかを考えるとありがたい、福音

PCを買い換えなければならないが分割でなく一括でそこそこのスペックのものを買えるのは非常に大きく、やっと始めたり環境を構築できることがたくさんある

思想政治についても一時期よく見ていたが、今思えばコミットすることが自分幸せに結びついていたか?を考えるとむしろ逆だ

考えるのをやめろとか思想を持つなというわけではなく、何かに属して矯正されるびが窮屈だったと自覚できた

人に考えや所作強要したり減点法で人を罵倒する姿に思想ではなく人間をみてしまたからだ

はてブにしてもそうで知らないうちに煽りに影響を受けていたと認める、見なくなって気分が楽になった

twitterも同様で徹底的に整理しトレンドもみなくなり無意味不安がなくなった

一度立ち止まることで自省できたこと、新しく踏み出すチャンスを得たことに要約されるがとにかく個人的には悪いことばかりではない

2020-05-30

給付金かい蜃気楼みえたけど

もらえない。

わたしの名義では行政からお金あげるよって言われてるけど、わたしの手元には来ない。

世帯主である夫がぜんぶ受け取るそうだ。

車のローンに充てるって言ってるけど、浮気でこさえた借金があるのわかっとるんや。

こないだ生まれた赤子でももらえるというのに、この仕打ちはなんなんや

クソが死ねばいいのに

次亜塩素酸か…けど死ぬの待つのも嫌だ。

離婚とか計画的に考えたけど、この自粛騒動給付金もらえるのにもらえないっていう落差で精神ダメージでかくて、何もかもどうでもよくて今すぐこの状況をやめたい。感染症で困ってる人とかに比べたらどーーでもいいクズみたいな悩みだし自分バカなんだけど、けどこんなに救われないもんなのかよ。お金に困っているわけじゃないのに、もらえるはずのものがもらえない、っていう現象理解できなさすぎて一気に萎えた。はーコロナかかってしんどきゃよかった

この時期にレジ有料化とか正気

レジ有料化 7月1日スタート環境省CM制作

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012449881000.html

経産省横手課長に聞くレジ有料化サポート体制

https://www.ryutsuu.biz/column/m040001saizen.html

関連:舛添要一氏 新型コロナ感染拡大防止へ「レジ使用義務化」提案

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1814397/

こんなこと言うのもアレだが馬鹿なんじゃないの?

よりにもよってこのコロナがどうこう言って怪しい時期にレジ有料化とか役人我欲しか物事を考えていないなと思う。

今や環境詐欺も一通り国連のアレや排出権だのをやらかした結果、その環境問題とやらの胡散臭さや嘘等がバレつつあり、このコロナ騒動に至っては使い捨てが見直されつつあるのに今だこんな事を言い出している時点で、単に金をとる口実に使おうとしか思っていない事が良く判る。

でも今まで店舗がやっていた事を官庁がやり始めたって事は恐らくそういうことなんだろうね、マイバックやらエg…エコバックなんてスーパーはまだしもコンビニに持ち歩く方が少ないだろ。

それにレジ袋なんて燃やすのが一番だよ。

しか経産省と言い環境庁と言い、文科省と言い、文化庁と言い、厚労省と言い、役人議員と同じで我欲スケジュールを優先しすぎて、この時期に碌でもない事しかしないね

コロナ対応にしてもアレな所が多すぎたせいで大方の予想通り、またそっちはそっちでまた怪しい事になっているし、この融通の利かなさや決まった事で済まそうとして、我欲を優先するスタイルはいずれ国家ならず自分自身に対しても破滅をもたらす事になるだろうよ。

財務省もだけど、特に経産省関係もこのコロナの時期に碌でもない事しかしていないからな。

偉くて賢い融通の利かない馬鹿共程性質の悪いものはない。

しかしアベノマスクの寄贈が好評とか言葉遊びが色々好きな奴等が多いなと思う。

[]

今回も雑感

内容は悪くない、むしろ良い。けれども……

となジャンで『DINER ダイナー』っていう漫画があるんだけれども、これ最初は週刊のヤンジャンで連載されてたんだよね。まあ色々な事情があるんだろうけれども、私の印象としては「打ち切るほどではないが……」って作品移籍している感じ。今じゃ移籍連載なんて珍しくもないから、あんまり邪推するのもなんだけど。

他にも雑誌媒体から移籍した作品結構あるよね。近年だと『銀魂』とかは有名か。個人的には『SOUL CATCHER(S)』が今でも記憶に残ってる。あれほど媒体翻弄された作品も珍しいと思う。そのせいで、途中で読む気を失くしたって人は結構いそう。最初から最後まで一つの媒体で、コンスタントに連載し続けられていたら、もう少し評価されてた漫画だったろうに。

で、話を戻して『DINER ダイナー』なんだけれども、すっげえコメントに困る展開なんだよね。主役たちを置いてけぼりにして、サブキャラの回想に何十話も使ってる。『DINER ダイナー』は現在109話やってるけれども、その大体4分の1くらいを回想に費やしてる。これがね、個人的には面白い

そのサブキャラ物語として割り切って見る分には、割と面白い内容なんだよね。作者達が丁寧にやっているのは伺える出来。でも『DINER ダイナー』という作品でやるのはどうかっていう思いも正直ある。サブキャラ過去話に何十話も使うのはスピンオフとかでやるべきことで、主人公達をほっといて本編で長々とやるのは悪手だと思う。

で、最近やっと回想が終わったっぽいんだけれども、今後はちょっとビジネスモデルを変えて連載していきますよ~っていう感じの告知コメント失笑してしまった。オブラートに包まず言うなら、ぶっちゃけ萎えた。せめて、その告知は別ページに書くべきだったかな。

こんな感じで、企画単位作品単位として見た場合、「内容は面白いけど、ちょっと舵取りミスってない?」って感じることがあるんだよね。変なところでケチがついてしま漫画はちょくちょく見る。そのせいで下げなくていいところで評価下がってる。内容そのもの面白さも大事だけれども、もっと総体的に見て「その作品をどうしたいか」って意識おざなりだと、ついてくる読者は減っていく。「いいから、ついてこい!」って感じの態度は無用軋轢を生む。

ベクトルの話では、ちょっと騒動になった『ぼくたちは勉強ができない』別ルートも似てるかな。あれも側面的にみれば各メインヒロイン推し需要に応えているし、平行してサブキャラの補完もしているなど丁寧な仕事が光る。けれども、どうしても蛇足感は拭えない。最近、2人目のルートが終わったところだけれども、本作をフラットに読んでいる身としては「この調子で残りもやるのか……」っていう倦怠感があった。ラオウ倒した後の北斗の拳くらいの感覚。まあ、WEBコミックじゃないんでここで詳細に話すことではないけれども。

anond:20200529211253

担当じゃないデレステにわかPだけど、

たべるんごのうたで青森代表としてよく忍がマウント取る位置にいたり逆に爆撃されてたりするのを見て、

「この子青森だったのか。そういやリンゴ剥いてるカードたことある気がする」

って思い出した程度。

もっとからしっかりアピールされていればリンゴアイドルとして認知されたんだろうけど、昨今の騒動のせいで完全にタイミング逃しちゃったな…

から見てて思うのは、「あかり関係なくて、自分青森りんご娘だ」という立ち位置になら今からでもなれるんじゃないか

りんご同士仲良くしよう」とするのは擦り寄りんご感が出てしまうのでやめた方がいいと思うけど。

・・・でもキャラゲーでわざわざ推しポイントモチーフ被りをやるのはまあまあ反感を買うだろうなとも思う。

(例えば晶葉が突然「実は工学だけじゃなくて化学もいけるんだよね」感を出し始めたら、ようこそする志希Pと、こっち来んなって反発する志希P半々くらいじゃないかな)

でも無責任適当なこと言うけど、ひょっとしたら増田リンゴアイドルとして推す地道なプロデュース活動してたら1,2年後に変わってるかもしれないし、

まとめブログなんてものに耳を貸さずに頑張ってみることは悪い事じゃないと思うぞ。

こんなしょうもないことばっかり話してるマンガがあるなら

『セトウツミ』読んでて『3名様』思い出して

こんな適当若者の会話描いて飯食えるなら若者適当な会話のYouTubeでも飯食えるだろって思った

俺はやる

コロナ騒動落ち着いたら俺は絶対ユルい会話だけのYouTubeをやってしかもそれで飯を食うぞ

NATROM氏とマスク

マスクなんてなんの効果もねーよ本当に日本人バカだな、と、長年考えてきたが、この度のコロナ騒動を見てるうちに考えを変えました。案外意味あるんじゃなかろうか。


NATROMブログ20200327:布マスクはないよりマシなのか?
http://natrom.hatenablog.com/entry/2020/03/27/111040


「症状のない人がマスクをしてもよいと個人的には考える」何故なら「たとえば満員電車内において、マスクも何もしていない目の前の人が咳をするかもしれないのだ」とある


自分から人に移すことを「加感染」、人からもらうことを「被感染」と呼ぶとしよう。NATROM氏は「マスクには(場合によっては)被感染抑止効果がある」と考えていることになる。同時に「マスクも何もしていない目の前の人が咳をする」のはヤバイ、との記述から、「マスクには加感染抑止効果がある」と考えていることも明白だ。つまりNATROM氏的に、マスクには相互感染抑止効果があるのだ。


にも関わらず、何故かNATROM氏は、マスク否定的スタンスを崩さない。効果も考えられるがデメリットもあるでしょ、と記事は続き、「マスクの外側は汚染されていると考えるべき」なので、「無意識にそこを触ると手も汚染される。その手で物体表面を触れば汚染させるし、鼻や口をマスクでガードしていても目をこすれば感染する」という。この「と考えるべき」と、「かもしれないのだ」の使い分けがよくわからない。


A:満員電車で目の前の人が咳をするかもしれない。
  マスクの外側は汚染されていると考えるべき。
B:満員電車で目の前の人が咳をするかもしれない。
  マスクの外側は汚染されているかもしれない。
C:満員電車では目の前の人が咳をすると考えるべき。
  マスクの外側は汚染されていると考えるべき。
D:満員電車では目の前の人が咳をすると考えるべき。
  マスクの外側は汚染されているかもしれない


という4通りの順列組み合わせがあり得る中で、どうしてBCD却下され、Aを採用するのか。「マスクなんて大した効果あるわけねーじゃん」という思い込みを守りたい、という以外の理由を、思いつけない。


ついでに言うと、「マスクの外側は汚染されていると考えるべき」だとすれば、マスクしてなかった場合には「口や鼻の周りの皮膚も、唇も汚染されていると考えるべき」なわけで、比較的にどっちがヤバイかと言ったら後者じゃないだろうか。

2020-05-29

ライオンウサギに噛み付く

去年11月に行ったお笑いライブ

南キャン山ちゃんがいつものようにタレント悪口を言ってた。確か丸山桂里奈だったかな?その後でオードリー若林に「丸山桂里奈山里亮太、どっちがタレントとしての格が上だと思う?長年何本もレギュラーやらMCやってて女優さんと結婚した山ちゃんの方が上だよ。ライオンウサギに噛み付いてるのを世間の人はどう思うと思う?」と言われてた。会場めっちゃウケてた。うろ覚えだけど。まぁそういうことだよな、と今回の騒動で思った。元々は山ちゃんの方がウサギだったはずだけど。

2020-05-27

NEWSファンでした。

勢いで書く。

最後に行ったコンサートはNEVERLAND。

行きの電車でこれで最後だと決めていた。

未成年との飲酒報道で大荒れして、ファン同士もなんかピリピリしてて。

ファンでいても楽しくないなと感じていた。

このライブの後、FC更新はしないと決めた。

私は作家活動もしている彼が好き。ファンだった。

「好き」が過去形でないのは今もTVで見かければかっこいいなあと思うし、彼を嫌いになったわけではないから。

それよりも女性アイドルとの交際を匂わせていた人とか、日頃からスキャンダルの絶えない人が苦手だった。

当時のライブでもその人たちが視界に入ることが、正直、不快だった。

女の影がちらつく。

たった4人しかいないからどうしても視界に入ってしまう。好きな人の隣に並んでしまう。

個人活動応援したいけれど、グループ活動応援し続けるのはきついなと思った。

最近は全く活動を追いかけていないから、なんとなくしかからないけれど

私の好きな人ともうひとりはその騒動以後随分反省したようにみえる。

失敗から学んで成長するのが人間だ。

一方、もうひとり。

その人はどうやら全く成長していないみたいで。

今回の事件は呆れて嗤ってしまった。

アイドルとはいえひとりの人間だし、異性と遊ぶこともあるだろう。

たまにはお酒を飲んでハメを外すこともあるだろう。

けれどアイドルという職業を選んだ以上それらを隠す努力をしてほしい。

するなとは言えない、でもせめて見えないように隠し通してほしい。

報道されることが全てではないだろうし、インターネットにありもしない噂を書き込まれることもあるかもしれない。

それでも私たちは目に見えるものを信じてしまう。

そこに見えるものを信じるしかない時もある。

こんなにファン不安にさせるアイドルって他にいるのかな。

何回同じことを繰り返すんだろう。

ファンを辞めてから、私は彼らのファンであったことを隠している。

彼らのファンだと言うことが恥ずかしいから。

貧困よりも時間を持て余す方が攻撃的になるんじゃないかと思う。

コロナ騒動でそう思った。

富裕層ってなんだかんだでちゃんと働いてる人が多いんじゃないか。知らんけど。

年収高い割に毎日Twitterヘイトやってる院長は自分で執刀する機会も激減したけど札束がばっさばっさ降ってくる生活してるから暇すぎてああなんじゃないか

anond:20200527202707

ホリエモン無茶苦茶利益誘導してるんだが

ホリエモン政治的癒着がない人間じゃなくて、単なるレントシーカーのすげ替え狙ってるだけなんだが、

コロナ騒動自分運営してる事業利益優先が露骨だったじゃん

世の中にはホリエモンフラット先進的な人間に見えてる人もいっぱいいるんだ。怖いなー。

俺はホリエモン都知事は断固反対だね

露骨に古臭い自己責任論者なんで

anond:20200527084847

洗うより、AVEDAのパドルブラシとかいいブラシ買って頭皮リフレッシュするように念入りにブラッシングしろyoutubeかにやり方はある。

そんでむしろ洗髪は回数減らして2日に一回で落ち着くようにしろ。脂の代謝が減る。洗わない日はブラッシングをより念入りに。洗わない日の方が髪のコンディションがいいことに気づくと思う。

朝は顔洗うときに額を洗う延長で生え際だけ洗う。

余談だけどヨーロッパ女子の間ではノープーチャレンジとか言ってこのcovid19騒動で1ヶ月頭洗ってない猛者もいるらしいよ。

日本人はマジここ数十年髪洗いすぎ。気候とか人種かいうけどそうじゃない。欧米のあったかいところに住むアジア系も条件同じだから。洗いすぎるから脂が出過ぎてクサ頭になってる。

2020-05-26

お気持ち表明になってるのかすら怪しいが吐き捨てる。

結論から言えばこれを書いている動機は単純に「何故自分けが嫌な思いをしなければならないのか」「何故他人自分のように感じないのか」という嫉妬と我儘に尽きる。

私はデレマスが嫌いだ。ある時期からアイドル以外のユーザー、界隈、運営といったその他あらゆるものが嫌いになったし気に入らなかった。

運営にも多くの不満があるが、商業である以上自分は気に入らないが納得はできるものも少なくないので、以下はユーザーと界隈への不満を綴る。

ただしこれも自分勝手理想押し付けたり求めたりしてる事は否定しない。

デレマスにおいて私はPではない。自分の事をPだと思っている精神異常者だった時期はあったがそれだけである

言葉遊びになるが、そもそもプロデューサー」とは何なのか。

直訳すれば生産制作をする人間を指すが、ユーザーでそんな事をやってる人間なんかごく一部で、クリエイターか何かしらの企画をやってる人ぐらいしか当てはまらないではないか

では他の連中は何なのか。こいつらが生産するのは愚痴使用済みティッシュぐらいではないのか。

加えて無駄に界隈の民度意識が高いと思い込んでいる辺りが嫌いだった。

二次創作クソコラだの腹パンだのドラム缶だの言ってるどの辺りが民度が良かったのか。

一体今まで何回声優中傷してきたと思っているのか。確かに微妙に思った事は自分も少なくなかったが、民度どうこう言うならなぜそこで黙って様子を見ていられないのか。

その癖に自分言動反省せずにあっさり掌を返すのが嫌いだった。

ふひひ★騒動の時は、声優言及する以前にそれを咎め雰囲気は少なくとも自分は見なかったが、直後に自分正義と言わんばかりに暴走して吊し上げる状態だった。

橘ありす場合声優アニメライブで実力でやり返したとも言えるが、実装当初の有様は酷かった。

声優に「人生で一番辛いクリスマスだった」と言わせる界隈のどこが民度が良いのか。

またデレステでもあんなに白黒を批判しておいて双子では掌を返して推すユーザーが少なくなかった事が不満だった。

自分アイドルが不人気である現実自覚できないユーザーが嫌いだった。

結局人気がないから、金にならないから圏外常連なのだ

今回は楓Pが金で順位を動かした画像話題になったが、あんなのは成果が見えるほうが稀である

担当モブであり、自分革命ブームを起こして情勢を動かす天才ではないと理解すべきだ。

やらないよりはと、凡人がSNS上や現実二番煎じ企画ばかりしている事、それで飽和している現状を見るべきだ。

ダイマ乞食に餌を与える連中が気に入らなかった。あれは乞食自意識を満たすだけのものである

そもそもアイドル名前ツイートしたら担当RTされて囲まれるという文化は何年も前からあった。なぜ今更ダイマ乞食なのか。

自分担当アイドルを安売りしてるようなものではないか。何故総選挙投票先を決められないようなユーザーに委ねてしまうのか。

また死票になるのが嫌なのは分かるが総選挙でぐらい自分担当を信じるべきなんじゃないのか。

だらだらと、長々と書いたが、結論としては

プロデューサー自称する、担当アイドル名前を出す割には、節度プライドもないユーザーが多すぎる事が気に食わない」

自分はこんなにも悩んでいるのに、未だに大半の節操無しがのうのうとPを名乗っているのか不満で仕方が無い」

以上である

[追記]

文章化して、また増田からコメントを見て気付いた所があったので追記しておく。

まず自分意識他界系と評価されたのはショックだった、自覚がなかったので尚更だった。

また、なぜ自分がここまで1ユーザー名称に過ぎないはずの「プロデューサー」という単語に、ロールプレイに拘るのかが、書いてる最中も考えていたがずっと分からなかった。

答えとして、おそらくだが「(本家)アイドルマスター及びそのユーザーに対する負い目や引け目」と「アイドルマスターという看板を持ちながらゲーム内におけるアイドルプロデュースする要素の少なさ(に対する不満)」がコンプレックスになっていたと考えられる。

アニマスやムビマスで泣いてしまったのがコンテンツにハマる動機の1つだったため過大評価かあるいは夢を持ちすぎていたのだろう。リスペクト大事だと思うが、増田の言うとおり確かにアイドルセクハラできるゲームだった、そんな大層なものでもなかった。

コメントをくれた増田らに感謝。おかげでコンテンツを呪う事なく成仏できそう

アフターコロナ出羽守

出羽守って今後はどの国を出羽るの?

コロナ騒動欧米のお粗末さは露見してしまったし、アジア人権無視だし

気持ちよく出羽れるような国ってなくね?

anond:20200526104821

メリットとかデメリットを考えて合理的選択を、政権支持率とか答えている人がするか?

それは実際に投票するときにするもので、大多数の日本国民にとって投票先は安倍晋三じゃない。

 

強いて言えば、安倍晋三を支持するデメリット希薄だ。

コロナ騒動では結構直接のデメリットがあったから、支持率が下がったようだね。

anond:20200525185824

今のフェミニスト一部の人たちそのうち余命三年騒動みたいなの起こすだろうくらいには思っている

しかもそれに有名人学者が乗りそう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん