「若い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 若いとは

2018-04-25

私「昔ねこ鍋って流行ったよね」若い人「何それ怖っ」

かに

2018-04-24

何も希望がない

34歳

若い頃は、これしかねーわ

これにはまってたら人生何も要らん

ってものがあった

今はどこに行っても何をしても何も

これぞ

ってものがない。全てが苦痛

地獄

小説を書いた

ーそれにしても、恵まれているー

 ボリス・カーネマンと妻のアンナは就寝前に、きまって一杯のシャルトリューズを飲む。100種類以上のハーブを調合した薬草系のリキュールで、独特の強い匂いがある。色はお手本のようなエメラルドグリーン健康のためにと、アンナが毎晩2人分を用意する。

 「それにしても、恵まれてるわよね」アンナが言う。

 「そうだね」ボリスが答える。

 「ネイサンも立派に育ったし」

 「ああ、立派に育った」

 「お金で困ったりしないし」

 「ああ、困ったりしない」

 「恵まれてるわね、私たち

 「ああ、恵まれている、僕たちは」

 彼らは結婚して長い。結婚当初はそうでもなかったが、式を挙げた直後に2人で始めた商売成功し、みるみるうちに途方も無い金持ちになった。海のそばに、白い大きな、天井の高い家を建てて住んでいる。

 手入れの行き届いた、広大な面積の、芝生の庭が家を囲む。ガレージには高級車がずらりと並び、プールもあれば、クルーザーもある。だが、なんといっても芝生の庭が自慢だ。

 芝生は弱い植物で、維持管理に大変な労働必要とする。そして、何の役にも立たない。金持ちが、自分金持ちであることを、知らしめるための植物なのだ。何の役にも立たないところが特に良い。

☆彡

 カーネマン家には、曜日時間帯に応じて数名の家政婦がやってくる。皆パートタイムで、仕事に不必要な部屋への入室は厳しく制限されている。自由に家の中を歩き回れる、フルタイムの家政婦は1人だけ。その1人も、ボリスアンナきっかり2年でクビにする。慣れると盗むようになると考えているのだ。

 フルタイムの家政婦の交換時期が迫ったある日、スーザン・ババロア面接へやってきた。明るい性格をした40過ぎの女で、バスケットボール2つ分の胸と、バスケットボール3つ分の腹と、バスケットボール4つ分の尻を持っている。太っている、とてつもなく。何もかも大きい、背も肩も手も足も。

 「お独りで寂しくないの?」アンナがよそ行きの声で尋ねた。

 「いえ、まったく。もう20年も未亡人をやってますから。奥様」スーザンは大きな声で答えた。

 「あら、ごめんなさい」

 「結婚してたった2年でしたよ。中古車だってもう少しマシ。詐欺にあったみたいなもんです」スーザンは笑って言った。

 「ご病気かなにか?」

 「ビル火災なんです。仕事へ行くと言って、出ていったきり。あっけないものです」

 

 スーザンが夫の死を悲しまなかったわけではない。様々深く思い悩んだこともあった。だが、もう20年も昔の話なのだ。今更塞ぎ込むこともなかった。

 数年に一度、月の出ない夜に、死んだ夫を思い出して涙が止まらなくなることがある。だが、それを人に言ったことはない。スーザ自身が、その唐突な涙の理由が分からない。分からなければ、伝えようも無い。

 亡くなった夫は工事現場で働く、タフな男だった。死や病気どころか、風邪とも無縁だった。ところが、スーザンの23歳の誕生日を祝った一週間後、何の前触れも無く焼け死んだ。

 その日、彼は土曜日にも関わらず仕事に出かけた。

 「工事の遅れを取り戻す」それが、スーザンの聞いた、夫の最後の言葉

 火災に見舞われたのは5階建ての雑居ビルだった。夫の焼死体は、50分230ドル売春婦と絡み合った状態発見された。服は着ていなかったが、結婚指輪はつけたままだった。

 「処置する時間が無くて」

 若い婦人警官申し訳なさそうに言いながら、シーツを捲り、売春婦と折り重なったままの遺体を、スーザンに見せた。

 「情けない」スーザンは静かに言った。

続き↓

https://note.mu/sudonah/n/n77a95be3b796

anond:20180424202617

若者といえばテレビ離れだというのに。大手メディアの影響がそんなに大きいとは思えないけどw

テレビ持ってない新聞取ってない子たちのほうが多数派だし。

20~30代前半ぐらいの若い子と接してると、選択傾向が内向き、保守的冒険したくない、上を見るよりもここより下に落ちたくない方が優先、みたいなメンタリティが強いかなとは、思う。

海外旅行とか海外留学とかもその上の世代よりもかなり消極的(まぁ金もないんだろうが)とか、そういう結果が出ていた記憶

アラサーぐらいだと、親世代バブル崩壊で大変だった世代物心ついたときからデフレ、あらかじめ貧乏が身についてるし社会階層も分離がすすんでいる世代

小学生中学生ぐらいの多感な時期に、同級生のお父さんが不況の影響で失業した、みたいな経験をしてる子たち。

anond:20180424205108

勉強できる奴は将来的に金稼げるじゃん

たくさん金を稼いだら若い女も食える

この発想がもう陰キャなんだよなあ

anond:20180424204614

勉強できる奴は将来的に金稼げるじゃん

たくさん金を稼いだら若い女も食える

でも若いころに得できるのは明らかに体育会系だよな

マスコミの意に反して若者安倍支持理由の一端

今も昔も、多分若い人って既得権益やら古臭い既存権威押し付けを嫌うもんだけど、いまや新聞地上波テレビって、一番古くさい既存権威なのではなかろうか。

失われた20年の間に、銀行証券会社大手メーカー政党も省庁もプロ野球球団も再編させられたり分裂したり合従連衡したり、ダメなのは退場させられたりしてるのに、新聞社とテレビ局だけそのままなんだよな。

・・・と、おっさんは思うのだが、当の若いもんに聞いたら、全然違うかも知れない。

アフガニスタンでの戦闘生殖器を失った若い退役軍人に新たな陰茎および陰嚢の移植手術を行いまいた。

アフガン戦争ってタマを撃ち合ってるの?

彼氏処女厨じゃなかった


彼氏が出来た。めっちゃ私のことを好いてくれる彼氏ができた。

告白されて、「いいですよ」と応えると、「やばい、嬉しさで膝が震えてる」と言ってくれた。

会社で私のことを見るとニヤけてしまうからなるべく視界に入れないようにしているし、見ちゃった場合は嫌なこと思い出して必死に堪えてる、と言う。

その反動で、会社終わりに二人でごはんに行くとめちゃくちゃ見てくる。「食い入るように」とはこのことかと身を持って体感出来るほど見つめて「可愛い」と愛情たっぷり眼差しで言ってくれる。

人気の無い夜の公園で、ベンチに座り、少しキスをして、私の手を握り「手ちっちゃい...すべすべ...全部愛おしい」と囁いてくれた。

惚れられてんなぁ〜〜としか言いようがない。自分でも思い出して書いてて胸やけしそうなほど甘ったるい愛されっぷり。惚気を聞いてくれた友達には多大なる精神負担をかけただろうなと思う。マジごめん。

これほどの愛情をぶつけられたことは恐らく赤ちゃんの時以来。愛されるってめちゃくちゃ気持ちいい。「可愛い」「好き」と言われるたび、自己承認欲求が驚くべきスピードで満たされる。もうSNSの「いいね!」なんて全然比じゃない。めっちゃ幸せ。なんか肌の調子もいいし、体重も減るし、生理周期もめちゃくちゃ整う。彼氏ってすごい。ただ、ご存知の通り、赤ちゃんの時に母親から与えられた愛情と決定的に違うことがある。そこには性欲が含まれている。

応えたいなと思った。

正直私の好きと彼の好きは全く釣り合っていなかった。

彼が愛おしそうに私の髪を撫でながら「好きだよ、大好き。愛してる」と囁いてくれるのに対して私は気まずそうに「私も」と言うのが精一杯だった。

このズレはきっと彼を不安にさせてしまう。だからSEXというわかりやすい形で、彼の愛情に応えてあげたい。

と、いうのは都合の良い言い訳で、はっきり言って私の性欲が爆発していた!二十数年間処女を拗らせていた私は、自分のことを好きと言ってくれる生身の男を手に入れ、溜まりに溜まった性欲が、盛大に、爆発していた!!!

彼の方も若い男として御多分に洩れず性欲がフルスロットルしており、3回目のデートラブホへいこうといわれた。

まあ向こうもまさか私が処女とは思っていないし、カラオケでめちゃくちゃエロいキスをして夜を明かした翌週なのでそりゃもうお泊まりしてもええやろと思ったのだろう。

それにしても奥手そうな彼にしては展開が早くて、思わず「体目的なの?」と意地悪な質問をすると「うん!だって好きだもん!したいに決まってる!」とめちゃくちゃまっすぐな瞳で答えられて最高だな〜と思った。

ちなみに私の貞操観念は全く固くない。愛し合ってる相手しかしたくないとか、結婚するまでは処女は守るべきとかそんな考えは毛頭ございませんでした。ただただチャンスがなかった。というかビビってできなかった。

いかにも処女です純粋です!なんてキャラでもないし、そんなふうに思われたくもないので髪は明るめで化粧もちゃんとするし服だって気をつかう。飲み会の時は下ネタにもしっかりのる。

まさかこの私を交際経験なしの処女とは誰も思うまい、という謎のプライドのせいで、いざヤれるかもしれないというチャンスが舞い降りても、相手処女だと打ち明けて引かれるんじゃないかバカにされるんじゃないかと怯えて逃げてしまう。

そうこう言ってる間にもどんどん歳をとり、処女であることがどんどん息苦しくなり、余計にチャンスを逃してしま悪循環

やばいな。やばいなぁ。

そう焦っていた頃に出会ったのが彼だ。

穏やかで、なんかちょっとピュアで、何より私のことをはちゃめちゃに好きだといってくれる。

全身から好きが滲み出てて、少し緊張しながら抱きしめて、そっと私の肩を優しく包み込む手のひらは、付き合ってもないのにホテルに行こうと私の腕を引っ張った男の手とはとは全然別物。

この人なら大丈夫

処女だと打ち明けて引いたりなんかしない。バカにしたりもしない。ちょっと意外だなって顔をして、優しくすりよと約束してくれて、私が他の誰のものにもなったことがないことを心の底から喜んでくれる。そんな気がする。

あぁ、良かった。

後生大事に守ってたきたわけでもないし、とっとと捨ててしまいたいと忌々しく思ってた処女である現実も、私のことを好きで好きでしょうがない彼なら喜んでくれる。そうならこの処女膜も報われる。

そんな想いで、腹を括って、恥を忍んで、彼に告白した。

「あのね、お話があるの」

電気を消したホテルの一室で、彼の膝に手をついて真剣な顔でそう言った。

私の気持ち自分の「好き」に伴っていないなと勘付いていた彼は、もしかして別れようと切り出されるのではないかと少し冷や汗をかいたらしい。

「あのね、恥ずかしいんだけど、引かないでね....」

俯きながら、時々上目遣いに彼を見て前置きをする。

↑これはあくまでもポーズである処女であることを恥じ、コンプレックスに思っている女を全力で演出し、彼から全然恥じることじゃないよ。むしろ今まで俺のために守ってきてくれてありがとう」という言葉を導き出すための前フリなのだ

よし、今だ。

「私、経験がなくて、処女なんだ...」

可愛いーーーーーっ!!!!!

完璧なもじもじ恥じらいっぷり。袖は萌え袖。少し頬を赤らめ、眉は八の字困り眉。目はうっすらと涙をためている。

完璧可愛い

彼はもうノックアウトで大喜びに決まってる。さあ、どうぞ、「ありがとう」って言え!!!



「あそう」

太郎

ん?なんかさらっと言われた。

思ってたのとなんかちがう。

念押ししとこう。

「引かない...?」

全然、引かないよ。処女でも非処女でも俺が増田が大好きな気持ちは変わらないよ」

お、おおぅ。そうそう。それで?

別に俺、処女厨じゃないから」





いや、なれよ処女厨に。たとえ今までの人生で一度も処女崇拝したことなくとも今この瞬間に処女厨になれよ。今すぐ処女厨になってめっちゃ好きな彼女処女なことを死ぬほど喜べよ。なんだそりゃ。殴るぞ



以上。彼氏処女厨じゃなかった話です。

セクハラと縁遠い方々」という発言について

自民党長尾議員発言話題になっているみたいだけど。

これは遠回しに、その女性議員たちを「ブス」とか「年増」と言っているのと同じことである

ブスやおばさんだってセクハラを受けるよ。いや、もしかしたら美人若い女以上に被害に遭っているかもしれない。

ブスやおばさんであるだけで、男だけではなく女からも罵られるからね。

セクハラと縁遠い」というのはむしろ逆であり、「セクハラとは最も相性がいい方々」なのではないか

メディアでは、若い美人が受けるセクハラばかりが注目されるけど、女の武器?を最初から持っていない女の方が悲惨

キモくて金のないおばさん

キモくて金のないおっさんを叩いてる若い女性の大半はキモくて金のないおばさんになる

みんな悲惨な将来が恐ろしくて、考えたくなくて、キモくて金のないおっさん今日スケープゴートにされる

それでもなおキモい上に金もないのだ

もちろん、そんなおっさんを叩くことで同じようなおばさんになることは避けられない

弱い者たちがさらに弱いものを叩く

その音が響きわたればおっさんは加速していく

anond:20180424011922

彼氏さんの手前「前より愛想は悪くなるもの」じゃないの?

それに、よく一緒にいたの周囲もしってるなら猶更。

勘繰らないでほしいのでは。

それに増田さん本人が後ろめたさ全開で、こんな酷い事(容姿への攻撃である)まで書くのだから

このおじさんは増田さんのいいように利用されてた、と言える。

そのまま、おじさんが態度を変えなければ、この増田さんは何というだろう?

恋人がいる若い女性に、恋人気取りのぶさいく、身の程知らず、

そう言ってこれ以上になじる増田を書くでしょう。

どっちにしろメンヘラ増田さんに関わってしまった、お人よしの気の毒なおじさんが、馬鹿を見るだけだよ。

女は怖いね自己愛しかないのかな。

anond:20180424000033

知ってるんだ!素顔よって言うけど本当は黒コン付けたままだってことを。

増)さぁ君の裸眼をおらに見せてくれ!

ハ)増田さん……💓



カップル誕生であった。若い二人に倖多かれ。

2018-04-23

anond:20180423223647

外に出てあちこち動きたいのか、同じ部屋で黙々と作業したいのか

人に指図して何か作らせたいのか、人に指図されて決められたものを作りたいのか

新しい事を研究したいのか、今あるものを駆使してみたいのか

身体を動かしたいのか、頭で考えたいのか

みたいな自分の向き不向きを考えて、自分でも続きそうな職種とか会社を探した方が長続きするんじゃないか

無理してITにしなくても、若いうちは未体験の業種でもブラック引かなきゃ何とかなるもんだぞ

anond:20180423211604

下手なコミュニケーション=罪でいいのか?

これは悪いカマトト。筋が悪すぎる。

福田次官若いころに妻を口説くときに同じように「おっぱい揉んでいい?」「縛っていい?」からスタートたかどうか、と想像すると、おそらくしていないだろうね。

暖かかくなって来たけど、まだ、ノーマルヒートテックタイツ履いていたいな。。。

若い者には、負けてしまうが。仕方あるまい。

  

anond:20180423192031

中央線沿線にいそうな、40超独身女の若い頃みたいなこといってるな。

anond:20180423191215

スーパーなんかの主婦パートメインの世界ベテラン主婦パート

若い男性正社員より立場が強い、ってのはよく知られてる事でしょ。

んでそういう世界が「男性の方が地位が高い世界」と比べてどれくらいあるの?

まさか本気で、同じくらいだと思ってるくらい世間知らずなの?

anond:20180423183335

身体を触る系の加害者男性ばかりの印象がある

でもプライバシーにグイグイ踏み込んでくる言葉セクハラ若い女性でもおばさんでも多いよ

20代女性社員が草食っぽい年下バイト男性ゲイ疑惑かけて絡んで、嫌そうに元カノますって反論されたら元カノについてグイグイ聞くとか

おばさん社員子供1人の年下女社員に、もう一人産め、一人っ子は駄目、って執拗に絡んでいたりとか

身体に触るのではなくプライバシーライフスタイル暴力的な勢いで干渉したがる女性普通によく見るよ

anond:20180423182359

元彼小学校高学年のとき男性教師ズボンの上からちんちんまれたわって言ってたな

子供若い男の線が細い時期が弱そうだからかとにかく危なくて、その年代を乗り切れば体格が変わってほぼ遭わなくなるみたい

35歳以下の異性愛者の男性質問なんだけど

自分ジャーナリストで、50~60代の社会的地位の高い女性取材して情報を得るためにセックスしてこいって会社から指示されたらする

「50~60代の社会的地位の高い女性」は、若い男を好むギラギラした成功者の女で、これまでにも若い男と引き換えに情報を出してきた人とする

anond:20180423161840

思ったんだけど女性は歳の離れたイケメン自分になびくなんてこれっぽっちも思わないし、実際なびくわけないじゃん?(そりゃ少しの例外はあるだろうけど)だから芸能人に夢を見る。

一方おじさん達は若い美人自分になびく可能性があると本気で思っているということが最近理解できてきた。

金、地位名誉があるからには女にもモテて当然と思っているのではなかろうか。(実際金のあるおじさんが若い美人をゲットすることはままある)

歳が離れていたら当然恋愛対象外と大多数の女性は思っているので、当然対象内と思っているおじさんの真意に気付いた時にびっくりする。セクハラだと思う。おじさん達は「思わせぶりだった」「ハニートラップだ(使い方が間違ってると思うけど)」と思う。

もちろん立場の弱い女性の嫌そうな顔を見るのがただ好き、モテないのは自覚した上で嫌がらせしてるって人もいるだろうけど、結構本気で口説いている人もいるっぽくない?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん