「政治」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 政治とは

2020-06-05

anond:20200605084147

あちらは日本のように「デモに参加するのは特殊政治かぶれの人間」って意識なくて

ごく普通政治参加だろ

電通への巨額委託芸能人ツイッターで抗議してる?

検事長法案廃止ときあんなに活発だったのに?

政治に声を上げるって大事だって言った直後なのに、どうしてだろう?

2020-06-04

こばるさん(@sha_k_br)のブログを読んでの感想

私は、ただの通りすがりである

====

今までは、ただ荒れている海を時たま平和なところから眺めていただけだった。

そして、たまたま見かけた漂流物に対して思ったことを気まぐれに書いて見ようと思った。

ここから書くことは、現段階書いている私には公開するかもわからない文章であり、該当のブログ記事に対して思ったことを気ままに書くだけなので何かを伝えるというつもりは一切ない。自分のなかのことを整理しようと思っただけのことで、こばるさんが何を思おうと私は興味はないし、これを読めというつもりもない。

発端はそのブログであっても、おそらくは私の思ったことまとめに終始すると思われるからである

以上のことを踏まえて読むかを決めてもらいたい。

これは自己保身という人もいるかもしれないが、私にそのつもりはない。

匿名で、なんの影響を被ることもない場所で、ただ書き散らかす文章から一切の重みはないということを読んだ人皆に伝えるという意図の、私の責任感の表れと取ってほしい。この文章はただの電子ごみだ。

さて、まず該当ブログurlを貼らせてもらう。

ヌメさんへのネットリンチに加担し続けている人たちへ

私は、このブログ題名名前があがっている方のCFにまつわる問題を時たま眺めていた。最近出来事などの一連も一通り見ていたつもりではある。

私には、一切法律的知識CF知識はないため、収支報告を求めるものに、「まあそりゃあ疑念が湧いたら事実確認をしたくなるよね」程度のことを思うことしかできない。これは、お使いに行かせた子供お金をちょろまかしていないか確認したい、というような感覚と似ているのでCF適用できるのかは私には判断はつかない。

私はここで、この方の問題について白黒をつけたことを書くつもりはない。あくまで、こばるさんのブログについて思ったことを書くというつもりだからだ。

このブログ記事は「CFした方がネットリンチをされている」という前提で書かれている。(題名からしてそう)

なので私がそのことについて書くということは、その前提に対して物申すということになってしまう。

そうなると、私の考えたいことと外れていくと思うのでとりあえずそこは保留にしておく。

以下、本文を引用しながら書いていく。

ヌメさんへのネットリンチに加担し続けている人たちへ。

あなたたちは愚かです。

優しさに賢さが追いついていない人、賢さに優しさが追いついていない人、その両方が見受けられます

優しさに賢さが追いついていない人は、大局を見る能力がありません。「優しい」という自己イメージに捉われて、その表面的な振る舞いからはみ出す勇気がないだけの愚か者です。

賢さに優しさが追いついていない人は、あなたが学んできた知識を、愛情を持って世界還元しないところを見ますと、やはり愚かだと思います

あなたのための寛容な世界づくりを、自ら放棄し続けているあなた方は、全く賢くありません。

声を上げる人の、精神高潔さを知りなさい。

そしてあなた自身の恥を知り、愛を知りなさい。


正直言うと、私はこの「優しさ」や「賢さ」という言葉が何を指しているのかがわからないため、ここは飛ばす。

ただ、「寛容な世界づくり」という言葉から弱者にやさしい世界をということなのだろうかということを何となく推察するに、この人々は強者に当たるのだろう。そのあとの、声を上げる、などは最近話題トーンポリシングもろといった感じである。これ以降のところで語気語調で判断するな、といった内容のことが書いてあることだし。

トーンポリシングに関しては、議論の場は対等な人同士が様々なものを用いて議論をするという理想があるが、そこにも権力関係があるのだということを自覚しよう、といったものであると私は認識している。(何かで読んだ、何だっただろう…)

恥を知り愛を知る、は、まあちょっとよくわからない。思いやりだろうか。悔い改めるとかだろうか。

あなたは愚かです。しかあなたの愚かさは許されます

5年後、10年後に、あなた自分自身の行いを恥じたとき過去あなたの行いを誰も責めてはいけません。

もちろん、今あなたがそれを行なっているならば、咎められるでしょう。法に基づき裁かれることもあるでしょう。

あなた積極的または消極的加害行為が、今、あなたからの加害を受けている人の心の安寧よりも、優先して認められることはありません。

しかし、あなたの今の幼稚さは許されます

あなたはかわいそうです。然るべき手段で裁かれた後、あなたあなた自身からも許されることを願っています


これはまあ、おおむね一般的な考え方であるように思われる。罪は裁かれ償いをしたら一種チャラである。あとは良心問題

まずあなたは、あなたが何に依らなくても、あなた自身が当たり前に存在してよいのだということを、深く理解してください。

これはまず一番最初に、あなたの心の底の底に置いておくべきあなた自己肯定感です。

あなたが今それを得られていないなら、とても悲しく、残念なことです。

自分自身の心を明かし、賛同でなくとも肯定されることが、あなた世界を信頼できる根拠になるということを、ぜひ知ってほしいと思います

自分自身の心を明かす勇気を、あなたの愛する、信頼できる人に向けてください。

その信頼が報われたときあなたあなたのための自己肯定感を得られるはずです。

その経験を得たとき、その自己肯定感や誇りが、他者にとっても同じ、誰にも脅かされてはならないものだということを、想像できる人になってください。


ここはいささか唐突に思われた。なぜここで自己肯定感の話なのだろうと率直に思った。

自己肯定感がないからこそ、曰く「愚か」な行為をしているという考えであるのかと推察するが、「自分自身の心を明かし、賛同でなくとも肯定されることが、あなた世界を信頼できる根拠になる」という点では、賛同/肯定をされた時点でその賛同/肯定されたものが、結論として善であろうと悪であろうとその内容はかまわないように受け取られる。

それとも、「愚か」なことであってもその自己肯定感が生まれたらばそれ以降回心できるはずといったようなことなのだろうか、私には少々やはり呑み込めない。

ある層に受けることを言ってしまったらその承認におぼれてしまい、そこから抜け出せないこともあるのではないか、等々考えてしまう。

まあやっぱりよくわからない。

また、「中立」の立場をとり、自分を冷静だと思っている方へ。

あなたが行動をしない限り、あなたは無敵です。

あなたが何かを決めない限り、あなたは誰にもジャッジされることはありません。

あなたは、いつでも世情に合わせて、怒られないための「正解」を選ぶことができます

あなた卑怯です。安全場所で、物事を見定めているつもりになっている自分自身のことを恥じてください。

あなた対立する勇気を持っていないのなら、あなたは有力な参謀にはなり得ません。

そのことを理解し、自身のことを省みてください。


私としてはここが一番の山場であった。ここで、こばるさんは他者に対して「対立する勇気」求めている。

私はここが一番引っかかった。

意見を表明する勇気」ではなく、「対立する勇気」であり、「中立」、決めかねるという一つの判断否定していると思うからだ。

以下は、浅い知識によるものから最初に書いたことを思い返して、あまり真に受けないで読んでもらいたい。

私は、この言葉を読んだとき、エポケーという言葉を思い出した。

エポケーは、判断停止や判断中止とも言われる。これは、懐疑的もの見方として生まれもので、常識などを棚上げし、事実を見るというようなことである。「これまではそうだった、だからこれからも違いない」ここに対して待ったをかけるようなものと私は習った記憶がある。思考停止とも違うということも。

判断を停止するということは、結論を下すことを中止するということで、こうだった場合にどうなるかといった想定をしてその場合結論としてはどうなるか、と考えることをやめるわけではない。

判断停止をし、意見表明をしないということは確かに叩かれるものがないという点で「無敵」かもしれない。

しかし、むやみに敵を作るような行為は慎んだほうがよいのではないだろうか。対話可能と思えないのならば、口をつぐむということも選択肢に入って来るのではないだろうか。そこで人は絶対意見を言わねばならないというのは酷であると私は思う。

立場を明らかに意見を表明できないのは、冷笑主義でもない限りそれ相応の判断停止の理由があるのではないか

または、明らかにするほどのことではないという一種の”判断”でもあるだろう。

ここをおして判断を迫るのならそれ相応の論拠を明確に提示していく必要があるだろう。

また、全貌を知らないままに下した判断には危険性があるのではないかと言いたい。

ヨクシラという言葉があるが、ヨクシラで首を突っ込み盲目的に突っ走るというのは恐ろしいことである。むやみやたらに判断を求めたらいいというものではないと考える。

ただ、これはヨクシラで判断を下し動いている人々に対して判断を下し行動することをやめろといいたいのではなく、その判断に基づいて物事を見ることに固執しかねない、という危険性を留意しておくべきではないかという意味であり、柔軟性があるのなら、意見を表明するという言語化を通して自身の考えをまとめることができ、それを叩き台にしていろいろの人との対話をすることで自身の知見を深めることができるため、それ自体をすべて悪いとは思わない。

これはヨクシラでない人であっても同様のことがいえると思っている。固執することは恐ろしいことである

そして、これらの話はどちらか、いずれか、なんらかの想定されるコミュニティに与するという話ではないと思う。

私は、「対立する勇気」という言い方にどうしても、二項対立ですべてを説明しようとする姿勢が見えてならない。

人々はそうそ一枚岩ではないだろう。学校クラスの分裂ですら、賛成反対と大きく分けてみた中をのぞけば、容易にその中の分裂が見える。

「有力な参謀」という言い方も、ある組織構造を持った何かを想定しているように思える。

ここ以降は、声を上げるリスクについての説明などで、黒人男性黒人若者に対し言っていた言葉彷彿とさせるものだった。

以降に関しては特に思うところはない。しいて言うなら、「数は力」という言葉だろうか。

正当性があると思ってのこの書き方なのかもしれないが、それはマイノリティマジョリティの流動にしかならないのではと思ってしまう。

数は結果であることが望ましいのではと、素朴に思う。

政治について学んでおらず、社会学に関しても知見が浅いので、これは当たらないかもしれないが。(田中角栄しかでてこない程度の知識である。)

ここからは本格的に蛇足であるが、考えたので残しておく。

ネットリンチは悪いものだ。

差別だって犯罪だってそう名のつくものは悪いものだ。だってリンチ差別犯罪からネットリンチ批判することに是非は問われないだろう。

ただ、ネットリンチというレッテルを誰か他者に貼ることはどうだろうか。

私は、この悪者としてのレッテル他者に貼ることが端的に言って怖い。

これを叩かれるのが怖いということだとは勘違いはして欲しくない。

ここでは、叩かれることは問題ではない、他者レッテルを貼ることが問題なのだ

それをするのは、覚悟必要だ。

その時周りなどは関係ない。私とその人との問題しかない。間違っていた場合のことを考え、極力それをしないように努めなければならないと私は考える。気分としては推定無罪、のような感じだ。自分責任を取れないと思うから責任を持って私はどちらに加担することもしない。

私は当事者でもその近くでもないからだ。

誰かが言ってるから、そんなことで自分の行動を決めてはならない。

大勢迎合することも好ましくない。責任に欠ける。

こばるさんのこのブログ記事は、前提がもう、ネットリンチというレッテルを誰かに貼っている。

想定されているだろう個別具体的な人々はいるのだろうが明確にはされていないから、私にはわからない。ネットリンチは無くさねばならない。

しかに当該の方にネットリンチと(法的、公的に)されることをしている人はいるのかもしれない。

それならば、その人は然るべき罰を受けるべきだ。

私もそのネットリンチをしている人々に対してのみに当てられたものだったら特に何も言おうとは思わなかった。

しかしこの記事では、ネットリンチとこばるさんが思うものについて、ネットリンチだと断定しない人間(中立)への批判がされていた。

私はそこにとても引っかかりこんな長文乱文を迷いながら書いている。

繰り返しになるが、ネットリンチだと判断するのは、ネットリンチ批判するその個人がしなければならないと私は思う。少なくとも、公的な場で決まりきっていないなら、そうなる。

まり、こばるさんはそのような発言をして批判をするのなら、せめて、明確にネットリンチがなされていると自分が思う根拠を示す必要があったのではないかと思う。

そしてやはり、判断ができるはずだ、という前提をすこし疑ってみる姿勢を持つ方がよかったのではないかと考える。

私は少なくとも、一連を見てて何に義があるかというのは、外部から簡単に言えるものではないと思っている。外部から見た時に、得られていない情報豊富にあることが明らかだからだ。

仮に正当性がある方であっても、その正当性をくんでもあまりある態度というのもあるのではないかと思うところもある。

誰かから困っていると言われたら、然るべき対応を、としか言えない。

手に余ることをするのは、無責任だ。

デマの流布をしないことが、一番私としては誠実な態度だと考える。

こばるさんの想定には私のような問題を外部から眺めている人間などが入ってないのかもしれない。ただ、この書き方はあまりにも広範な人を巻き込んでの批判ではないかと思う。

声を上げることそのもの正義、ではないと私は思う。

後半の論調的にはネットリンチ気づきつつ口をつぐんでいるサイレントマジョリティーを想定されているようにも感じられたし、基本的にこのブログ記事は、正義は我にあり、と信じて書かれているように思われる。

なので、正当な判断をしたらきっとこばるさんの側につくとこばるさんは信じているのだろう。

個人的には、正義は我にありと信じてやまない、揺らがない態度というのは、少々怖いものだと思う。

たとえ考えが変わらなく思えても、問い続けることは大事ではないだろうか。

乱文なので、また編集をすると思います。ここまで読んだ人がいたら、お疲れ様です。文意通らないとこあるかもだけど許してちょんまげです。

頓珍漢なこと書いている気もするけど、暫定的に。

最近はてなブックマークがひどく感じる理由がわかった。

少し前に「多様性が失われた」って書いてる増田がいたけど、それに近い。

例えばこれ、

妊娠中のゾウ、爆発物入りの果物食べて死ぬ インド(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

こういう記事に昔はそこそこ(10くらい)ブクマがついてたりした。

最近はこの手の記事に1ブクマもつかない。こういう記事ピックアップしてくれる人が、はてブからいなくなってしまった。

最近ブックマークは、犯罪か、政治か、SNSの争いごとにしかブックマークがつかない。

あと、子供かわいい妻がかわいい夫が好きみたいな上っ面のほのぼのエピソード

文化レベルが落ちたという感じがする。

anond:20200604171247

タグってtwitterで#つけてつぶやくタグのこと?

あんなんつけてるやつ、政治にかかわらず全員地雷しかおらんぞ

まともに議論・会話するだけならつける必要ないもん。他人との距離感お話し合いの最低限のルールわからん欠陥人間しか活用してないよ

デモとか政治活動とか

昨日会社で帰休の話が出た。

当面給料半額、週休4日。

勉強しながらUberで日銭稼ぐだろうけど、それでも結構時間が作れるはずだ。

政治活動してみようかな。

興味のあるデモがあったらふらっと参加してみようかなと思ってる。

ずーっと選挙権なんて行使してなかったけど、そういう政治に対する無関心さが今のあれに繋がってるのかと思うと後悔もある。

別に遅すぎるということはない。選挙に行く、政治的な発言を恥ずかしがらずにする、(場合によっては)デモに行くって大事なのかもな。

野党支持なら金を払ってやれ

友人が某政党媒体デザイナーをしている。

できた作品はとても格好いいし、素敵だ。

でも普段ほかの仕事はぜんぜん政治関係案件はやっていない。

政党仕事は、専門外の仕事だけど、依頼されてやっている。

あと、ぶっちゃけいわゆるアシスタントが何人もいるようなタイプじゃないし

有名どころで勤めているわけではない

まあストレートに言うと、フリーで単価は高くない。

友人がどんどん新しい分野に進出していくのは本当に喜ばしいことだし、作品が皆に見てもらえるのは嬉しいし、頑張って欲しいけど

正直有権者としては「なんかもっと政治プロみたいな、民衆心理とか勉強している人に頼めないのかね」と思ってしまう。

議員選挙だと人数が多いからわかりやすいが、

自民党広告野党広告がずらっと並んでいるものを見ると、自民党広告が圧倒的にわかやすい。

何を目指しているか明確で、どんな人かもわかりやすい。

内容を読んでいても目が疲れない。

魅力的に感じ、支持しやすい。

金と、ノウハウと、精通したスタッフが揃っているからだ。おそらく。

金もノウハウも、ひいては精通したスタッフを揃える金がない野党は、

結構何を言いたいのかわからない広告になっていることが多い。

誰に頼んだらいいかからないし、自分たち別に媒体プロじゃないし。

手探りでやっていくうちに政党は変わるし、スタッフも変わるし。

これじゃどんどん差は広まっていくばかりなんじゃないか

昔、カメラマンである俺の親父にも市議会候補写真撮影依頼がきて引き受けていた。

親父は舞台写真専門家で、正直白い背景でにっこり笑う人物写真なんてあんまり撮ったことがなかった。

これももう完全に「頼まれたからやった」。

ギャラは悪くはなかった(特別良くもなかった)が、正直関係者全員「なぜウチに?」って思ってた。

当選たかどうかは覚えていないが、その仕事は二度と来なかったことは確かだ。

こんなかんじなんじゃないかね、野党は。

昔だったら顔写真と、新聞広告と、ハガキで、広告媒体は済んだかもしれない。

あとは泥臭く本人が動けば良かった。

今はPCサイトスマホサイト動画SNS、とにかく多岐に渡る。

掛かる費用は計り知れない。




こういう意味ではほりえもんは強いよな

資本主義しんどい

なんだかんだで中高生時代ポジション政治信条支持政党に大きな影響与えてる気がする

体感的にすごく雑な分け方するとこんな感じ

陽キャ自民(政治に興味がない) 脳筋自民 陰キャ反自民 陰キャの中の陰キャ不明 風紀委員タイプ共産

オタクと罵られて育った世代に、家族がいるって幸せ妄想だな。40代男性 2割未婚という数字は見てくれ

男性の方が1割多いから 順当に考えても 男性の1割は障害未婚 それが2割で 1割(人口) 1割(その他) で2割が未婚  人口1億人として  1千万人ぐらい(人口の50%に対して2割)大学を出たってそんなもん。がんばったって、そんなもん。

ちなみに、政治自粛したってこのさわぎ。なにかしたって騒ぎ 

2020-06-03

政治宗教野球の話はタブーって言うけど

安倍がしてるのは政治じゃないか安倍の話はOKだよね

https://japan.cnet.com/article/35154710/

白人至上主義団体極左を名乗り暴力扇動--Twitterアカウントを停止

これだからTwitter政治主張してる奴って信用ならねえんだよ

ゴミクズ

そこのお前もどうせ対立陣営から潜り込んで煽ってんだろ

転がすぞ

anond:20200603131408

最近、友人と話していても政治の話に行きつくことが多くなった。

じいさんになったってことだよ

誰でも良くはないだろ

最近、友人と話していても政治の話に行きつくことが多くなった。

政治と言うよりは、政府コロナ対策についてというか。ともかくその友人は現状の政府に不満がタップリあるらしく、政府への、もっといくと安倍首相への文句をよく聞かされる。

特に政治に関しては、各々の考えや主張があるだろう。だから話を聞くくらいは別に良い。

だが、「早く安倍首相には辞めて欲しい。安倍以外だったら首相は誰でもいい」とか言い出したのでそれはちょっと待てと思った。

時同じくして、ツイッタートレンド?でも似たような話が浮上しており、その子ツイッターに影響されたのか同時多発的に同じようなことを思う人が増えたのかわからないが、そういう空気が広がるのは良くないなあと思う。

私は特に政治に詳しいわけでもなければ、恥ずかしながら積極的勉強しているわけでもない。

加えて、特に強い政治思想があるわけでもなく、どこどこの政党を強く支持しているだとか、安倍首相信者だと言うわけでもない。

前回の選挙では自民党に票を入れたが、自民党のすべてに満足しているかというとそうでもなく、安倍首相だってある程度の不信感はある。

からと言って今すぐ安倍首相に辞めろと言うつもりはない。それに、「首相は誰でもいい」という考えこそが一番危ないのだと思う。

「誰でもいい」って。私以上に何も考えてないではないか。「誰でもいい」とう表明は、万一安倍首相が辞めた後、誰が首相になっても文句は言いませんよと言ってるのと同じではないか

別に誰になったって文句は言っていい。国民には誰しもそういう権利がある。けれどそれって、ものすごい掌返しであるし、以前と言ってることが違うじゃないかと言われてもしょうがないしあまりに厚顔ではないか?と思うのだ。

またその友人は、政府批判する際に何かにつけて「国民の声を全く聞き入れてない」などと言うのだが、そりゃ聞き入れてもらえる声と聞き入れてもらえない声があるのは仕方が無かろう。

その友人は、「とにかくお金がなくて困っている。家賃すら滞るかもしれない。マスクなんて配ってないで、そういう人のところへ10万円の支給を早く渡すべきだ」等主張しているが、じゃあそれを行うために政府は具体的にどのような政策をとればいいのだ?困窮する人の情報をどうやって知るのだ?そこに序列をつけるとしても何を根拠にしたらいいのだ?そこにすばやく給付するための手段はどうしたらいいのだ?その仕事は誰がやるのだ?その仕事を行う人の給与はどこから出せばいいのだ?等々、山積みの問題には決して触れない。それは国民の声ではなく、「あなた(を含む一部の人)のわがまま」ではないのか?と思ってしまう。

政権に対し色々と意見を述べていたその友人に対しては、今日の夕飯はきんぴらよと言われて、やだやだカレーがいい!と駄々をこねている子どものようにしか思えなかった。

ただその友人が、そのように文句を言いたくなる気持ち理解できなくはない。

友人はいわゆる「コロナ禍」で大ダメージを受けた職種に就いている。生活も今現在かなりギリギリな様子だ。その溜まり溜まった鬱憤や将来への不安からくるストレスが、国や政治トップに向いているのだろうと思う。

一方私は、コロナの影響は多少あったにせよ、生活が苦しくなるほどではなかった。

そのあたりの差もあって、面と向かって友人に「それは違うと思う」とは言えなかった。今は冷静に友人を諭すよりも、友人のストレスを適度に受け止め流している方が良いのかなと思ったからだ。

ただその時感じたモヤモヤをどこかに吐き出したかったのでこの場を借りている。

アメリカがムチャクチャ

トランプみたいなキチガイ(←政治批判トップにしてたら遅かれ早かれこうなるわな

さてどうなることやら

anond:20200603124305

政治を変えるためには無関係個人財産権侵害するのも肯定されるべきって事?

anond:20200603122539

用意周到に準備した後に、政治関係する人を刺しに出向きそうなオーラばりばり出てんぞ

Web系にいって人生逆転とかい妄想

増田ネットではwebエンジニアこそ現代IT成り上がりルートにしてサンクチュアリみたいに言われてっけど、実際は全然違うのになんでこんな乖離が出来てるんだろうかと思う

母体起業ビジネスモデル自体が貧弱だから、薄利多売で不安定なので業務の多さの割にはマゾしか言いようがないほど給料安い割に、やる職域は無駄に広いけど技術的にもなんら役に立たないようなものしかいか時間無駄だし、ノリと勢いだけで経営やったり起業したりしてるようなキ〇ガイ同然の人材との遭遇率がハンパなく高いし

入っても引き継ぎ5分で3年やってたレベルの奴らと同じアウトプット出せみたいな無茶ぶりが平然とまかり通っているわけで、基本的に下衆な考えでweb系に入ってくるような奴らしかもういないので、足の引っ張り合いや社会政治だって酷い、完全なマイナスサムゲームみたいな職場ほとんどだ。

人手足りないから外耳炎で目の前がかすんで死ぬ寸前まで苦しくても、1時間でも休んだら村八分のつるし上げ大会が始まるような職場も多い。なぜなら人を雇えないから。

大体増田が夢見てるパワーエリートパワーカップルwebエンジニアやごく一部の大企業と化している以外のメガベンチャー以外のweb系で働いてるとか、働いてたやついるか?いないだろ。

そもそもお金出せないけどやりがいはあるからっていうのが一番ダメだわ、

つまんねー木っ端零細の経営者やエンジニアの前に、安月給で募集したら、スーパーエンジニアなんか現れる訳ないだろ

チー丼陰キャ上位互換みたいな奴の前に、いきなり目の前に自分ベタぼれ血筋最高超絶美少女処女クラス人材が現れる訳ねーだろ. どこの神話英雄だよって話だよな

anond:20200603113451

緊急事態宣言なしでコロナで死んだら、運が悪かったな、と言い放つくせに、コロナ自粛の景気悪化で不幸な境遇に陥ったやつには、運が悪かったな、と言わないのはなんで?

どっちも政治意図的不介入か介入があっての結果だぞ。

無知な奴が学びもしないで政治を語るのまじうざい

民間人闊達意見を交わすことは良いと思うが

無知を開き直って脊髄反射だけで声高に語ってんのもきしょい

anond:20200603101510

それはな、居酒屋政治ネタトークすることが政治参加かって話だわ。

考え方にもよるけど、普通それは政治参加ではない。

 

ただtwitterで言えば、ちょっと特殊なのは、RT拡散あたりが署名運動に近くなってくるね?

普通の人がバズりもしないしか気持ちのこもった愚痴ツイートすることより、超気軽にリツイートいいねポチポチするほうが「政治参加」に近いという、謎な状況が生まれているわな。

民主主義にとっていい状況ではないんだろうけど。

anond:20200602001302

元増田の言い方が悪い。日本ビジネス政治ジジイ感情に左右されるギャルゲーからジジイ攻略にはジジイ努力気持ち無駄にしないことが重要。これが正しい。

[]

覚えなきゃいけないことの量は多いし、学ぶ必要のある分野もC言語範囲だけに絞ってもかなり多い。最近少し ⊿(人数/年)が増えてきたせいで若干は調整という政治必要なのがわかってはきたが、まぁ、フリーでいいと思ってる。さすがだとおもう。

プログラマーは覚えなきゃいけないことが多い。学んでおかないといけないことが多い(どの分野もそうだろうが)プログラミングというものが、様々な学問で使われている以上、その数だけやはりどうしても技術が増えてしまう。

むかしはここまでは使われていなかった。やはり人数の急増というのがあり、問題が起きている。

それでも、自分たちよりも若い世代が、すこしでも楽ができるように工夫は残しているつもり。

anond:20200603074654

国民だって政治ごっこに参加して遊んでる人がほとんどでしょ

コロナマスコミが煽るほど影響を受けてる人は実際には少ないし

anond:20200602171047

女性初の都知事もの応援するでしょ

逆になぜ女性政治参画を推進している人達応援しないと思うのか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん