「個体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 個体とは

2018-02-11

少子高齢化には試験官ベイビーしかない

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54304 を読んで

少子高齢化進化過程

生物進化観点で考えると、少子高齢化は増えすぎた生物種を絶滅においやる自然の摂理と感じられる。

生物両性具有から役割を分担した方が種の保存の観点から効率的であったので”性別”を手に入れた。

主に運動性能を向上させた性と、新しい個体を生み出すことができる性である

しかし、人間社会成熟し、肉体労働割合が減少するにしたがって、

役割分担が意味をなさなくなってきている。

ホワイトカラーであれば、女性男性と同じパフォーマンスを発揮できるのだ。


働く女性パフォーマンス男性以上でなくては意味がない

新しい個体を生み出す機会(これは産む産まないの1か0かではなく、産む”機会”の話)を損失して、

社会に出て働くことを選択した女性パフォーマンス男性と同じでは意味がない。

ヒトという種全体の系ではマイナスなのだ

あくまで種の効率性の観点では、男性と同じパフォーマンスなら男性がやればいい。男性には子供が産めないのだから

女性の皆さんは「そんなの派遣社員やらせればいい」というおじさん上司の口調で読んでいただきたい。)

ホワイトカラー観点で、本当に女性男性の知性が全体として同等のレベルにあるならば

男性女性下位互換しかない。

男性権益を守るには、肉体的疲労を伴う仕事を増やすしかない。AI化なんてもってのほかである

 究極は戦争。いろんな意味マッチョにいくしか男性権益は守られない。)


組織的女性差別をしたものの勝ち

イスラム圏や発展途上国に残る女性差別は、人間という生物プラットフォーム仕様

ユーザー側が忠実に合わせている状態なので、種の繁栄という観点では効率的である

ホワイトカラー仕事が増えようが、組織的女性選択肢を絞り、男性選択肢の数と等しくする。

女性から見ると、女性男性に働かせ、自分たちしかできないことに専念する。

(そこに選択の自由がないことの是非は人権の話)

そうすることで安定的個体数を増やし、勢力を拡大することができる。


いまは次代も繁栄する種になれるかの賭け

日本を含めた多数の先進国では女性社会進出を推進している。

まり、今までの進化で得てきた生物プラットフォームを壊そうとしていると言える。

運動性能(経済活動)の役割分担を平等化することができた。

次は「新しい個体を産む」役割分担を平等化することが不可欠だ。

妊娠-出産という行為女性しか担えないのは不平等だが、

男性もできるようにするのは役割分担以上の効率化とは言えないだろう。

どちらにも負担がかからないためには試験官ベイビーしかない。

しかも、今あるような体外受精のあと子宮内に戻すような方式ではない。

完全に人工的な子宮の中で育てるものだ。

http://tocana.jp/2017/05/post_13109_entry.html

男女の”性能差”がなくなった時、人類には次代の繁栄約束されるだろう。

2018-02-08

anond:20180208191913

予てから出現時期が被ると思われていたが!

これより、

低脳bot安倍botが同一個体確認する!

名前のついた動物ニュースがつらい

名前のついた動物は、その他大勢じゃない、その一個体だけしかいない特別そいつ

そういう動物ニュースブログツイートなどを見ると、そいつがいつか死ぬことを思ってしま

大抵の動物人間より寿命が短い

昔どこかで聞いた、あの猫もあの犬もあの馬もあのタコもあの亀もあの鳥も、今はもうみんな死んでしまっている

悲しい

2018-02-07

ダーリン・イン・ザ・フランキス

主人公が機体とシンクロ役、02が操縦者という特異個体同士だと予想してたんだけど普通の展開だった。

主人公まともに操縦できないし、初回は意識なくなって詳細不明だし、02は相方潰す=無茶な操縦するとか結構いい線いってると思ったんだが残念。

2018-02-03

anond:20180131151916

こうゆう奴が定期的にランダムに現れるのは別に不思議じゃない。

本人も言ってるように、こうゆう人間結婚しないまたは婚姻が長続きしない傾向にあり

当然子孫を残す確率普通人間と比べると低い。

人間という種の社会性はたくさん子孫を残す社交性のある個体によって維持されている。

2018-01-31

アニマルライツのための家畜慰安

家畜慰安係の一日は早い。各担当は1日平均で牛3頭、豚10頭、羊13頭の尻を犯す。

EU主体家畜慰安プログラムが制定されたのは5年前、家畜肛門性交により強烈な快感を得ることが研究証明されてからだ。

現在法律では脳波の簡易計測によって快楽度が細かく数値化され、累計快楽指数が死の不快を超えた個体のみ食肉に回すことが制定されている。

功利主義アニマルライツが浸透した今の世の中では、家畜をこのように扱うのが合理的とされたのだ。

 

20XX年XX月、アメリカの有力紙が重大なスクープを発表した。

今まで安価タンパク源として人々を救ってきたパワープロテインは、

実は家畜慰安から採取された精液から生成されていたというものだ。

2年前の法律改定で死の不快指数格上げされたことを受け、食肉の採算が取れなくなったことによる苦肉の策らしい。

慰安係は今でも、何も知らされず家畜の尻を犯し続けている。

 

今では彼らが、その仕事快楽指数を累積しながら、人々の栄養状態を支えているのだ。

2018-01-30

あのブクマカさんにお気に入りされたい

自分ROM時代からそのブクマカさんのことが好きで、いつもブクマを読んで楽しんでいた。

面白いし、

その人の影響で自分ブコメするようになって、マネして大喜利コメントを書いていたら初心者なりにそこそこスターつけてもらえるようになった。

あの人には全然かなわないけど。

憧れのあの人から結構スターもらえるようになって、

これは私結構好印象なのでは!?と思ってあの人のスターを調べたら、結構みんなにスターばらまいている人だった。さみしい。

多分あの人ほどの人気ブクマカにとって私はワンオブゼムでしかないのだろうけど、

いつしか個体認識されて、この人面白いこと言うなみたいなことを思ってもらえたら、

そしてお気に入りに入れてもらえたらうれしいな。

とりあえず「新参の人」から抜け出すためにコツコツブクマしよ。

2018-01-29

いつ頃から今のヒトと同程度の人類が現れたんだろう

まだ、知能指数の低い段階の人類の中で、現代と同程度の知能指数を持った個体として生まれたら

それはかなりの苦痛だったんじゃないだろうか

拠り所となる宗教科学もない

誰とも思考を共有出来ない

ただ、ひたすら恐怖

怖ない?

2018-01-22

anond:20180122134906

養殖されたウナギを放流したら産卵する能力はあるの?シラスウナギの減少の原因が捕獲による繁殖できる成魚の減少ならば、養殖されたウナギを放流することで個体数の回復可能だろう。サケの人工孵化・放流のようなものであるシラスウナギ保護して成魚にする技術確立されているのだから

2018-01-20

進化の果て

ヤドカリフジツボ進化する前の個体って、

ネット中毒ニートタイプだよなー

社畜タイプエビやカニになって人間の食料になったよねー

アメーバヒドラ進化する前の個体って、

陰キャの童貞タイプだよなー

リア充タイプは魚にまで進化して人間の食料になったよねー

人類ニート諸君童貞諸君は喜んだほうが良いぞ!

人類の次の知的生命の食料になるのは、社畜リア充達の末裔から

お前らの末裔は、

食料となった哀れな末裔を尻目に、

気ままに暮らすことができる!

これを勝ち組と言わずして何が勝ち組だろうか?

2018-01-19

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.例えば『ドラ○もん』と書いたとします。この時、伏せ字の○について妙に怒る人がいるのはなぜですか

特に言いたいことが思いつかないけど、とりあえず難癖つけとけ」みたいな理由ではないことは確かだ。

そんなしみったれ人間は、はてブには一人たりとも存在しないからな。

そして「意味がないから説」も弱い。

意味提示されていない場合、それは各々が見いだすものであるし、仮に見いだせなくても「意味がない」=「悪い」ではないからな。

意味がないから」といって怒るような、さもしい人間はこの世界には存在しない。

なので私は「表現規制反対派の過激メタファー説」を推したい。

多くの規制は作り手が自主的にやっているものだが、是非の判断については漠然としていることが多い(いや、まあ、ボーダーライン可視化されてないからだろという指摘は、ひとまず置いといて)。

ドラ○もんという書き方は、○首や○ンコだけ隠れているものの、肌色率が圧倒的に高い絵みたいなものだな。

そして表現問題において、そういう可視化されていない境界線上のアウトセーフ議論が中々に厄介なのだ

要はヤキモキする人が出てくる。

いっそのこと全部伏せ字にするか、或いは「エ」をちゃんと書いてくれれば、漠然とした境界線上をイ○イ○棒持って歩かなくても良いのに、と考えているのだろう。

・・・・・・いや、やっぱこの説はないな。

やっぱり「意味がないから怒っている説」にしておこう。

Q.「エ」じゃなくて「え」です。

ああ・・・・・・そのようだな。

まり、ドラ○もんの○には意味があったってことになってしまうな。

じゃあ「特に言いたいことが思いつかないけど、とりあえず難癖つけとけ説」にチェンジで。

これは質問者の君にも当てはまるから、意外にも有力候補になってきたな。

Q.人間と同様に接することができる動物がいたとして、その動物人間のように扱わないことは差別にあたりますか。それとも人間として扱うことこそ差別ですか。

何か誤解しているようだが、巷の差別問題の大半は「人種」という枠組みの範疇しか語られていないぞ。

人間人間として扱うのは差別じゃないので、動物動物として扱うことも差別じゃないだろう。

その動物自身が、自らをヒトだと思っているなら話は別だが。

・・・・・・いや、当人が思ってなくても認定することは可能か。

じゃなきゃ、私は今頃チョウチョになってる。

Q.では、とある動物から一部の個体けが人間と同様に接することができ、それをヒトとして認定した場合、その種全てをヒトと認定すべきですか。

そりゃあ、認定すべきだろう。

まあ、その個体を違う種だとするなら、除外しても良いと思うが。

「そういうことするのは差別じゃないのか」と言われても私は知らんよ。

最近の鳥さんはなってない。

人間を恐れなさすぎである

特にすずめとおなが。

農道を車で走っていると必ずといっていいほど彼らに進路を妨害される。

車に轢かれるギリギリまで集団で粘るんじゃない。チキンレースですかこの野郎、鳥だけに。

時々、上記の遊びに失敗したらしき個体が道の真ん中で平たくなっている。私は悲しい気持ちでそれを避ける。

そんな無防備な鳥さん達も、猫の事は相変わらずキッチリバッチリ恐れている。

我が家の庭にはよく野良なのか家猫なのか定かではない猫が来て、伸びた雑草の陰でウンコをしていく。彼等もたいがい野性を失っており、ウンコには砂をかけるというマナーを知らない。堂々たるベリーロングなウンコを残し去っていく。

猛烈な臭気に困った私は、去年は本腰入れて庭の草むしりに励んだ。密林だった場所が砂地になった。猫はあまり来なくなった。清々すると共に人類の業の深さみたいなものに思いを馳せてしんみりした。

すると、まもなく数羽のすずめさん達が砂地に降り立ち、楽しそうに砂遊びを始めた。砂地には沢山のすり鉢状の跡が残された。

私は縁側に座り、砂地で遊ぶすずめさん達を見守った。

かわいい本当にかわいい

だがお前達、ちったあ私の事を恐がれよ。人間だぞ、人間がすぐそこでお前らをめちゃめちゃガン見しているんだよ。もっとビビれよ。気色悪いと思えよ。

だがすずめさんさん達は一向に気にする気配なく、好きなだけ遊んで飽いたら去っていく。

ふっ、かわいい

かわいいからしょうがない。

と思って放置していたらこの間、軒先に干しておいたおろしたてのタオルウンコをされ、全私が泣いたのであった。チクショー。

anond:20180118145602

え?なに?俺?ってなった。細々違うし、性別も違うようだし、そもそも俺が書いてないから俺じゃないんだけど。

増田の話とてもわかります。俺もそうだから。そういう感覚結婚して、もうすぐ5年。今でも続いている。子どもが2人いる。

はてブとか言及とか見てると、俺が他人に話して言われたことのオンパレードだった。

「それが恋」

「そんなんで結婚して大丈夫?」

「奥さんかわいそう」

「恋を超えた結婚みたいなマウンティング?」

この増田もそんな調子のようだ。

この増田とは違うかもしれないけど、この機会に自分場合説明してみる。自分でも整理したいと思っていたから。

恋愛がわからない、と増田も書いてるけど、より正確にいえば「感じられない」に近い。世間で言われる恋愛感情に付随する反応が自分に起こらない。映画はじめ創作物が振りまくロマンティクラブイデオロギー丸出しのものから世代を越えて様々な人にきいた恋人配偶者との馴れ初めに至るまで共通して見聞きする、ドキドキする、会いたい、声が聞きたい、思いを伝えたい、とかそういうのがない。というか生まれてこのかた感じた記憶がない。で、正直にいえば感じてみたいは思う。でもわからない。

なので、先ほどあげた反応群には以下のような回答になる。

「それが恋」

知識として知ってるのと違うんだけど、本当にこれが愛なの?

「そんなんで結婚して大丈夫?」

→愛があっても必ずしも大丈夫ではない。

「奥さんかわいそう」

→向こうが良ければ良いのでは?(この辺のことを話した上で結婚している)

「恋を超えた結婚みたいなマウンティング?」

お疲れ様です!

ということになる。基本的自分から話すことはない(馴れ初めというのは本当に聞きたいと思ってるかどうかはともかく、聞かれるものである)。

結婚して一時期は、長く暮らすパートナーとして好ましいという感情は多分、恋なのかもしれない、恋愛というもの典型的感情から外れているだけで。と思った。でも、やっぱりいまは違うと思っている。

子どもができた。変な意味ではなく、ドキドキする、会いたい、声が聞きたい、思いを伝えたい、そういう感覚子どもには芽生えた。たぶんこれ愛(情)なんだと思う。産まれから、ずっと続いている。

増田の話を読んで、気がついたことがある。増田がそうかは知らないけど、俺は人一倍自分時間」を愛しているのではないかということ。結婚しなくても楽しく暮らしていける自信があるし、1人で過ごす時間がとても大事。1人の時間が欲しいといつも思っている。

妻と子どもの差はそこだ。

妻は大人だ。2人のうちはそれぞれが一個体大人として話して生活を調整すればよかった。家事だって抜きたいときは好きに抜ける。でも子どもは違う。自由奔放、目は離せないし、保育園の送り迎え、料理洗濯、寝かしつけ、ときには病気になって仕事を休んだり、遅刻したり。子どもが生まれて、たくさんのものを失ってしまった。(ちなみにいえば子どもも欲しいと思ったことはまったくなかった。どちらかといえば欲しくなかった。妻が欲しいと言わなかったらつくらなかったと思う。)

子ども自分人生を、時間を削り取っている。しかし、共有してもいる。子供時間は、俺の愛する俺の時間でもある。自分の半身に否応なくなってしまった。たぶん、そこなんだと思う。世間一般の愛とは、やっぱり何か違うけど、俺にとってはそこが大きい気がする。考えたくもないけど、自分より先に子ども死ぬことがあれば、「自分の費やした時間」=人生がごそっと持ってかれることになる。それが辛い(なんか冷たく読めそうだけど、たぶんに感情的感覚です。上手くかけない)。

じゃあ妻はどうなのかといえば、やっぱりパートナーとして一緒にやってけたらいいなと思えている。でも子どもに対する感情とは別物だ。ともに過ごす相手として、誰よりも望ましいと思える。でもたぶんこの気持ちは男相手でも持ちうるものであると思う(俺はここまできていうのもなんだけどヘテロである)。もちろん彼女が死んでも悲しい。でも、たぶん子どもに対するものとは種類が違う。

けっきょく自分でもまだよくわからないや。

推敲なしでスマホで書いたからめちゃくちゃだし、なんかまとまらなかったけど、増田はたぶん自分不思議感情をどこかに吐き出したかったんじゃないかと思っている。俺がいま思わず駄文を書いてしまったように。

増田さん、あなたのような人、世の中にはいますよ。安心してください。とりあえず、うちの家族円満にやれてます(妻は我慢してるかもしれないけれど)。あなたきっと大丈夫。お幸せに。

2018-01-18

俺はうなぎを食おうと思う

うなぎ絶滅してしまうらしい。今は本気で個体数が激減していて、復活はもはや見込めないそうだ。

それなら俺はうなぎを食おうと思う。


どうせ遅かれ早かれ絶滅するんなら、まだうなぎが残ってる今のうちに食ったもん勝ちだ。

それなら俺はうなぎを食おうと思う。



俺が今店に並んでいるうなぎを買わず拒否たからといって、水揚げされて死んだうなぎが生き返って泳ぎだすわけじゃない。

それなら俺はうなぎを食おうと思う。


これから世の中どんどんうなぎ保護して食わない流れになっていくかもしれない。土用の丑の日うな丼SNSにアップしただけで叩かれる時代だ。SNSに上げるからそんなことになる。黙って食えば誰にも気づかれないだろう。

それなら俺はうなぎを食おうと思う。


表面カリッと中はホクホク、絶妙塩梅に焼き上げられたうなぎ。甘辛いタレにとぷんと浸けて、アツアツの炊きたてめし盛る。上から錦糸卵を少し。うなぎを箸でほぐしてタレの染み込んだめしと一緒に掻きこむとき幸福よ。あの幸福代替品では味わえないな。

それなら俺はうなぎを食おうと思う。

2018-01-17

個体能力黒人に勝てるはずがない

黒人頭脳も体力も優秀。だからアフリカみたいに生存やす土地に居座ることができた。

白人は他の土地移住せざるを得なかった。住みやす環境を作るために文明が発達したが、それは世代の積み重ね。個体能力では黒人に及ばないし、黒人が同じ教育を受ければとてもかなわない。

黄色人種なんて、白人土地からさらに追い出されて、厳しい環境にたどり着いたんだから言わずもがな

日本人に至っては大陸からもあふれた人たち。ホントに端っこの火山ばっかりの島だよ。

文明ももちろん、助け合わないととてもじゃないが生きていけない。


思いやりとかモラル道徳を軽んじてしまったら、日本人未来はない。

2018-01-15

anond:20180115000129

こういう話聞くと、

昔の日本保守的な異性交際の文化

性感染症の防止という意味合いプラス

作用していたのではないか?と思う

現代日本で、

異性経験200人、300人とか豪語する人って

確率で何らかの性病感染している確率が高い訳だし。

そこで、

自然界には、こういうトリガーの外れた不衛生な個体排除する仕組みは無かったのかなー

と考えてみると。

例えば、昆虫だと性行為後にオスかメスが相手を食べる習性を持つものがいるけど、

そういう背景なのかもね。

哺乳類だと、そこら辺甘いんだよなー

感染したメス・オスが回り回って群れ全体を感染させる危険性を排除しきれない。

最終的には、突然変異で耐性がつく or 群れ全体が淘汰されるという話なのかねー

とすると、人類におけるヤリチンヤリマンという種族は、

進化過程にあるニュータイプなのかもしれない。

是非とも頑張ってほしいもである

2018-01-13

合コン戦略Vol.01】メダカ群はお持ち帰り不可。まずは群れを引き離す

メダカの群は方向転換を一斉に行う。お互いぶつかることもなく同じタイミングで。

他の魚より脳に近い場所感覚器官があるため、ぶつかることもなく同調した動きが可能なのだ

 

群を作るのは外敵から身を守るため。個体数が多いほど外敵を発見する可能性が高くなる。

群の1匹が外敵を発見し方向転換をする。すると

同調して他の個体も方向転換。

 

これは合コン女子にも同じことが言える。

飲み会意気投合してこの調子ならホテル真っしぐらというシチュエーション

しかしいったんお店を出て、群に紛れ込んだ女子は二度と連れ出せない。

 

群になり貞操を守る女子

この難攻不落状態を打破するには群を引き離す必要がある。

 

そこで、こんな一言効果的だ。

「じゃあ次は二次会にいく組みと解散組みに別れよう。」

 

Vol.02に続く

2018-01-12

なぜウナギ絶滅してはならないのか

教えてほしい。

はてブではウナギ話題が出るたびにおかしおかしいというコメントが付くが、なぜおかしいのかについて未だに理解できていない。

ヒトが他の生物絶滅させるべきではないという倫理的問題であるのならば、主張としては理解できるものの、例えば天然痘ウイルスをヒトの都合でほぼ絶滅させたことについても同じような批判がされるかと考えると疑問が残る。

生態系バランスというのならば、家畜として動物を大量に繁殖させたり、ソメイヨシノのように同じ種を増やしていることは問題がないのか?

ヒトに害があるから良い(または悪い)、わがままから認められない(られる)というのであれば、結局人間は他の種の存続を特権的に決定できると考えているも同然で、率直に言って傲慢だと思うし、美味しいから食べてたらなくなりましたという方がまだ納得できる。

個人善意として子孫にもウナギを食べさせてやりたい(だから個体数が安定するまで消費を控えるべき)という考え方ならばそれは立派なことだが、他人やましてやウナギを獲ったり料理をして仕事をしている人に強制はできないだろう(絶滅した後に仕事をどうするのかは別の問題)。

他の理由不勉強でわからないのであれば教えてほしい。

実はウナギは将来のエネルギー問題解決策として大いに期待されているとかそういう事情があるのであれば、まあそれは確かに保護したほうがいいかもと思うが……

2018-01-11

真面目で年収500万円の32歳の友人に結婚相手がいない

背は180cmちょいぐらいだしそんなにキモくもないと思う。

年収は正確に知らんけど500万円は超えてると30歳の頃に言ってた。

大学出てから増えた友達ゼロらしい。

俺含めて友達みんなそんな感じだが、俺は姉に紹介された相手たまたますごい気が合って会って6ヶ月で結婚して現在に至るまで円満

だけどその超たまたまがなければ同じように今も結婚してないと思う。


俺は結婚前後から割と普通に女の子とも話せるようになって

この数年は仕事若い子(店舗従業員)と接することが多いんだけど

シングルマザーとかすげえ多い。それれまで話に聞くだけで会ったことがなかったタイプの人に大勢会った。

変な相手同棲結婚してる子が多すぎて、最初はいちいち「なんで!?」とか思ってたけど今は何も感じない。

おなか大きいのにその父親になる彼氏は塀の中だって子は特に印象に残ってる。何して捕まったのかは言わなかったけど。


で、年末に冒頭の友人と会ったわけですよ。

あらためて、普通の奴だと思うんだけどなーと思った。

最近は1人旅に目覚めたと言ってた。

昔は一緒に二泊ぐらいの旅行に行ってたんだけど俺が結婚してからは遠慮して誘ってこない。

一人旅から行く先々のそいつが映ってない景色写真ばかり見せられて

そんなもん見せられても俺はあまり楽しくなかった。

そうしてる時に、やべえ男と付き合う子達のうちの1人がこいつと付き合ってくれればなーと思った。


書いてて我ながらなんか偉そうだし余計なお世話なのわかってるんだけど。

友人が結婚したいのかも知らないし。

ただ学生時代彼女欲しいと言ってた時期はあった。

そんなに悪くない条件と思えるあいつに相手の1人も居なくて、

なんで仕事してない、真面目に付き合いもしない、挙句塀の中に落ちるような人種と付き合う子はたくさんいるんだろう。

ボノボいじめっ子攻撃的な個体を好むとかい記事見たけど、要するにあれか?

理屈じゃない本能の導きなのか?


万が一知り合いに見られてた時の為に少しぼかしを混ぜた。

(友人当人ネットメール必要最小限しかやらないので大丈夫

anond:20180111113217

その人はあなた迷惑をかけているの?

そうでないなら、他人をどうにかしよう、どうにかできると考えるのは傲慢ではない?

そういう思考一種の病的なもののように思える。

時代により比率は変われど、世の中には一定割合のそういう人が常にいるものだ。

それをどうにかしようとするのは複雑すぎる困難な問題だし、一個人の手に負える問題ではない。

から政治アプローチしようとしている分野。そこに、個人が「常識」やら「モラル」やら「病気」やらを説いて、

説得、恫喝暴力などで人を動かそうとしたところで、それは人権を脅かしかねないゾーンに足を突っ込むことになる。

から個人レベル戦略としては、他人を変えようとするより、自分が変わる・自分環境を変えることが良策だろう。

身内だったら、無理にでも叱ったり躾けたりして家族全員の価値観をある程度統一することも許されるかもしれないが、前時代的な考え方だ。

価値観多様化した現代においては、一緒に暮らす家族といえどまったく異なる価値観問題を抱えている。成人ともなれば尚更だ。

 

そもそも科学的には自由意志存在しないのが濃厚で、自己責任というもの存在しえない。

科学的には存在しないものを、社会的に秩序立てるために存在する、自覚しろと言っている状況がある。

不幸なことに人類は脳がたいへん発達しており、はっきりした自意識は持っている。

ただし、自意識を持っているからといって、神経系の全権を自意識が有しておりコントロールできる訳ではない。

しろ1%たりとも自分意図的に脳を動かせる人などいない。腸を意識して動かせる人がいないように、それは勝手に動く。

その脳は、感覚器を通した周囲の環境からインプットを、肉体的に好悪を選好しつつ電気的に保存しておくものしかない。

それに基づいて、その人の言動のようなアウトプットが成される。

それを私たちは、自分意思で決めたのだと感じているに過ぎない。

それでどうして、自己責任などと言って、一個体にその言動責任を負わせることができるだろうか。

その意味で、この宇宙には自由意思もつものなど存在しないだろう(宇宙を創った神のようなメタ存在を除いて)。

諸器官が作り出すハーモニー自由意志幻覚を見せているだけで。

脳をハッキングすれば、その人の好みも価値観発言コントロールできることは想像に難くないだろう。

そしてそれには、高度な神経科学技術必要なく、大昔から、脳のインプット源をコントロールする、

いわばソーシャルハックのような形で世に溢れている。

というか、教育からビジネスまで、人類の営みのすべてがそのソーシャルハックに終始していると言えるほどだ。

 

その人が社会に出ることを忌避する思考の持ち主に育った原因には、遺伝的(先天的)なものもあるかもしれないし、

育ちによる(後天的)なものもあるかもしれない。現代では特に後者の影響も大きいだろう。

人間の脳は成長の過程で、外部からさまざまな情報学習して、そこで個人個人で異なった価値観形成する。

普段似たような価値観もつ人たちと社会生活を送りがちな人間は、そのバラエティの深さについて思い至りにくいし、それゆえ寛容を欠きがちだ。

率直にいうと、あなたがもしその30になっても働かない人として生まれ、その人生を0歳から現在までトレースしてみたとき

彼と同じようにならない自信が持てるだろうか?持てる人は存在しないだろう。

彼のような状況、心境、価値観に至るには、他人とは共有できないさまざまな巡り合わせの累積があったに違いないからだ。

 

それでも彼が生きているというだけで立派で賞賛すべきものだ。

働かずとも生きているということは、養ってくれる存在がいて、愛されているということだろう。

愛されるに足るだけの存在でい続けているんだろう。

扶養者が親であれば、当人への理解も深かったり、あるいは親としての責任も感じてかもしれないが、

それでも勘当されないだけの関係性を保っているんだろう。

家事を手伝ったり、面倒事を代行したり教えたり、体を労ったり話相手となったり、あるいは存在だけで癒やしとなったり。

それらの価値を、扶養者が受け入れているという事だろう。

会社社会価値基準でみるとそれらは釣り合わぬ価値かもしれないが、その価値基準がすべてではない。

あるいは相続した蓄えで生活しているのかもしれないが、それはそれで認められた権利だ。

ここは社会主義国家ではないから、働けるけど働かないことが直ちに罪になるわけではない。

それぞれの境遇にあったそれぞれの生き方模索することが許される現代国家の、労働が急速に自動化されていく未来において、

増加していく「働いてこなかった人」はむしろキーとなる。

労働に心身と時間を費やしてきた人の目線だと、働いてこなかった人を見下しがちで怠惰人間だと思うかもしれないが、

人間無限怠惰はいられない。労働市場ただちに評価される形ではないかもしれないが、

彼らなりのスキル感性を日々研ぎ澄ましながら生きている。

オンラインゲームをしながら、最適解を導き出すために高度な関数APIを駆使して計算・発表する技術を身に着けていたり、

あるいはチートクラッキングについてのディープ知識をつけているかもしれない。

そういった類のものは働きながら学習するのは困難だ。

そこまで高度でなくとも、ゲームを続けていたならゲームについて人並み外れた審美眼が養われており、

テスターだとかブログのような形で何かの機会に活かされる可能性がある。

他にも、Webコミュニティ(wikiギルドなど)のメンテといった、有志に頼る、大変だけどお金にならない部分をニートが支えている例は多いのではないだろうか。

ニートはいえ、労働市場に出るのは嫌でも、人の役に立ちたい、褒められたいという欲求は人並みにあるものだ。

なので人知れず、市場経済にではなく人間社会に対して良いインパクトを与えている可能性を考慮してほしい。

きっと2ちゃん良識的で穏健な発言をして荒れるのを防ぎ、初心者に優しくしているのもニートおじさんなのだ

彼らは、働いて疲れて擦り切れて攻撃的になっている社会人のみなさんの棘を受け止めてくれているはずだ。

ニート歴数年とかの駆け出しニートは逆に精神不安定で拙い言動迷惑をかけることが多いのかもしれないが、

基本的ニートは肉体も精神も拘束されることがないので、金はないが心の余裕があるものだ。

その余裕で人を包んであげたいと思うのは自然なことで、ネットでもらう匿名の温かい言葉ニートによる率は高いと思う。

忙しい人は、そもそも無関心になりがちで、応じるにしても一言二言で短絡的に答えがちだから

 

そんなわけで、増田のみなさんには、働かざる人に対して一概に人格否定したり、どうにかしようと攻撃したりしない人になってほしい。

働かざる人を許容できるようになっていかないと、わりと深刻に国の未来は暗いと思う。

ミニマル環境適応し、モノやココロ断捨離に自ずと卓越していくニート知恵袋が、

収縮していく社会で穏やかに生きるためにはきっと役に立つはずだから

時にはフレンドリーに、いろいろ話を聞いてみてほしい。

よく話せば、誰しも決して無知蒙昧な人間のクズではなく、世界見方世間とは違うだけの、いい意味で「普通人間」だと気づくはずだ。

あなたとて、何かに躓いて世界見方が変わってしまう機会に直面したら、明日は我が身なのだし。

2018-01-05

anond:20180105205407

いやいや、社会的には自由存在するって言ってるじゃん。俺が自販機コーヒーを買うかお茶を買うかは自由だし、金が必要とき銀行を襲うか真面目に働くかも自由……というと差し障りがあるが、ほんとに襲撃しちゃったらそれは基本的自由意思によるものだよ。

ただそういう自由はどういう場合に罪や責任が問えるかみたいな社会的必要があるときだけ意味を持つものだ。

俺という個体にどんな入力があってどんな出力があったか、の過程自由という概念をかませるのは無意味だし馬鹿馬鹿しい、って話だよ。

anond:20180105203834

いやいや、俺には自由意思などないし神も存在しないと思いながら一生を生きて行く自由がある。

自由とは「他の個体から強制されない」というような社会的存在するものであって、個体の中には存在しないという主義だよ、俺は。

anond:20180105181412

選択余地はなかったと思い込むことももちろん自由選択の結果だよ

今の時点でも選択余地はどこにでも潜んでいると信じている選択をしている俺と

そうは思わず選択余地がないと信じているそちらで選択分岐してるじゃん

選択結果が複数存在する、選ばなかった場合の結果が存在する(実在する、ではない)ということは選択余地があったということ

結果的にたどる歴史は1本道しかないのはそりゃ当たり前の話で

分かれ道があったということは、そこで左道を選ぼうが選ばなかろうが右道の選択を行ったということ

分かれ道に差し掛かったとき自動的に右に進むと予め決定するという選択の結果で右を自動的に進むのもそれは選択

タイピングがまさに予め設定した自動選択行動

分かれ道に差し掛かって選択した後であの時は選択余地がなかったと理由づけできることそのもの

その分かれ道でどちらに進むのかを持てる情報感覚を全て消費した故の結果であり

それを積み重ねた先で片方を除外してもう片方を選ぶしかない状況になったのならまさしく完全に自由なる意志的な選択行動の結果

ただそれにしても人間現実認識しきる能力というのはどこか欠けているのが常なので結局何かしらどこかしらに情報不測による選択余地は付きまとう

原子力発電所安全神話で信じていた選択100%余地のない選択だったが現実の方は許してくれなかったわけだ

なるようになるしかないというのは生来自分価値観による自動行動選択に委ねるっていう選択をして思考的な労力を無くしたいという願望選択だろう

ラットでさえ経験迷路の道を選ぶが同じ影響を与えても同じ反応を全くたどるわけではない

まりそこでラット個体間に思考の際が生じているということでラットは各々別の思考を持ってして選択しているわけだ、これは自由だな

なお、この実験は結果を人間が予期しているので強制させられている、という見方はそれこそ傲慢

実験する研究員コンマ何秒後にラットがどのルートをたどるとか完全な予測なんてしてない

単にデータからこうなるだろうなと予測をしてこうなったらいいなくらいの感覚で行っている、研究者の大半はこうなってくれ頼むくらいで実験結果を待ってる

なお本能に基づく習性とか反射とかは個人努力経験からはどうしようもないことが多いのでその領域に関しては君のように自由選択余地もないだろうな

呼吸を止め続けるとか心臓意識的に止めるとか無理だし自由はないだろう、

だけど顔面に物が迫ってきて目をつぶる反射的行動は訓練で抑えられたり本能領域のものでも自動化を解除する方法はある

それを訓練しない人にとっては選択余地がないように思えるけど格闘技武道をやるやつにとっては自力で主導権を握れる選択権のあるものだと認識するわけだ

極論を言うと全能感のあるマッチョほど選択権が増えていき、そうでないクソ雑魚ナメクジほど世界は狭く不自由になっていく

なにせ自分の選びたい選択結果にどうやってもたどり着けないんじゃ、経験を重ねるたびに自分の無力さと不自由さを重ねるだけだから

仮に産まれてこのかた自分第一希望しか叶わなかったような人間世界選択はなく、全てがこうするしかなかったんだと言い聞かせて信じ込む必要なんてないんだから

だいたいそういうやつは自分の無力さを呪いながら別の選択をできなかったことを何らかのせいにして自責の念や後悔を払しょくさせたいだけ

しか実際問題として自分能力値さえ足りているならその問題解決でき別の選択行動に移れたと仮定できた時点で自分がそこまで到達しなかったという選択をしたとも認識できる

テスト赤点取るのはなるようになったんじゃなくて、単純に学力が足りないのに勉強サボった選択の結果

ただし現実死ぬほど強いのでどれだけマッチョでも選択を誤るときがくる、問題は同じことがあったとき自分がどう次の選択をするか考えて備えることだ

それが歴史を学ぶことの本質

2018-01-03

anond:20180103162741

私がタコだったとして、短い生涯を有意義に過ごすためには生殖活動できない相手イタリアンに行ってる暇などないし、そのために使う金は無駄しかない。

異性(つまり生殖相手)ではなく、単純にあなたという人間に興味を持ったとして、なぜタコ自分からあなたを誘ったのだろう。

刹那的というより単に酔狂なことにうつつを抜かす考えなしのタコなのではないか

しかしたらそのタコは子孫を残すつもりはハナからないのかもしれない。

短い人生を、自分の好きなように、思いっき無駄にして生きたかったのかもしれない。

たくさんのタコの中には稀にそういった個体がいるのだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん