「映像」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 映像とは

2018-05-26

anond:20180526130647

から被害者親はその辺映ってる映像誰か持ってないか?とやってるんだな

初めから無謬性を盲信してる元増田との差があるな

anond:20180526125750

内田監督ウソつきだと思うけど、

それでも反則シーンは試合中は見ていなかったんじゃないかと思う。

あの広いグランドボールの行き先を追ってたら、パス後のQB周辺なんて見てなくて当然でしょ。

審判が反則!って言ったから、あぁ反則が行われたのだな程度に理解するのが精一杯で、

あの反則の悪質さ加減は、内田監督井上コーチ試合後にネットに上げられた映像をみてから知ったと思う。

2018-05-25

anond:20180525135339

ライナックスは「ライナリーナスがそう呼んでた」説があったと思うんだが実際に映像確認したことはない

ゲイの人って

話題のINUEコーチ過去ホモビに出てたって聞いたら

その映像探しておぉINUEだってオナニーするもんなの?

ゲイじゃないしラブライブファンでもないかわからんねん

anond:20180525114427

とは言え今の世の中だとカジュアル360映像撮影できるようになってきてたりして

素人でもエクサバイト級のデータを扱うことだっておかしくはなくなってきている訳じゃん。

ストレージの容量はあり過ぎて困ることはないよ。

2018-05-24

未だに謎の映像とか、極秘映像を見させられる時のイメージが黒いラベルのないビデオテープテレビデオに入れるなんだけど、なんか分かってくれ

雰囲気的にmp4じゃないよな

2018-05-23

正解するカドなんて作るぐらいならファンタイヴ映像化すべきだった

そもそもファンタジスタドールアニメも半分で切り上げて後半はイヴをやるべきだった

おっさんずラブBL二次創作していいかどうかで揉めてるらしい

二次創作オンリーイベントがどうの、そもそもツイッターで公に誰と誰のカップルが好きか話すなーとか

ナマモノガー、実際の人物ガー、カクレローーって

でも、おっさんずラブなんて名称からしボーイズラブのもじりだし、ピクシブとのコラボとかツイッターやインスタの力の入れ具合からし腐女子狙い撃ちなのは明白じゃん

例えば誰と誰にくっついてほしい!という呟きだって

そもそも本編自体が男女入り混じりの恋愛模様なんだから、誰と誰のカップルが好きか話すのは本編に沿ってるから良いんじゃないの?

花のち晴れだと言ってよくて、おっさんずラブだと言っては駄目って

花のち晴れは異性愛からOKで、おっさんずラブ同性愛(もしくはBL)だから駄目ってことになるのでは

人の目に触れる所で話していいかってことと、二次創作イベント開催していいかはまた次元が違う問題なんだろうけどさ

自分としてはラストフレンズの、長澤まさみ上野樹里キスしそうな素振りをするだけのOP映像ですら削られてた頃からすると、隔世の感があっておっさんずラブ好きなんだけどね

まさに時代が変わっていく過程の衝突ってところなんだろうか

メトロポリタン美術館ってあるじゃん

あれって制作されたの映画シャイニング」より後なんだよね…

っちゅーことはやっぱあの映像ホラーとして作られてる?

anond:20180523170348

からさまな反則に行っても選手をひっこめたり「自然にやれ」とか注意した様子もないし、やらせた側もああいうつもりだったのでは。

映像に撮られて騒ぎが大きくなったのが計算外だったとか。

anond:20180523114024

とは言え本件ではあのような明らかな反則をした選手監督コーチ共注意をしていないのが

映像として公開されちゃっているわけで、そのような解釈をすべきはもはや意味をなさないのでは?

anond:20180523102333

逆シャア小説版ではパイロットの負荷軽減のために、

カメラ映像をわざわざCGに変換して表示することになってたな。

その時に音もつけてるのかもしらん

anond:20180523101322

音いうのは非常に重要情報人間視覚よりも聴覚さらには視覚聴覚の同時刺激の方が反応速度が速い。

そこでモニターに単に映像を映すだけじゃなくて、画像解析で爆発などを音に変換してコクピット内に流すようにしてるんだよ。

ちゃんと考えられてる、角度とか

内田監督の最善手はどうあるべきだったか

1.初動で男らしさを見せる

「あのプレイ監督の指示だったのか」と聞かれたら

フィールドでの全てのプレイ監督の指示下のものだと思っている。」等と、

男らしさを見せつつ微妙意味のわからない答えをする。


初動の一手としては、事態がどう推移しても次の手の邪魔にならないような一手であることが大事

同時にパッと聞きで世間に好印象を与えるコメントであり、選手安心させるものであればベスト


2.価値観問題に持ち込む

反則後の選手コーチねぎらうしぐさや

試合後に監督容認肯定したコメント問題にされた時に

大人しかった彼が一皮剥けたことをコーチは喜んだ」

「行き過ぎがあったとしてもタフなスポーツであり若い選手のやったこと」

「彼の姿勢否定したくなかったし、相手から非難があれば私が矢面に立つということを言った」

という教育者観点の回答をする。


問題

アメフト観」

教育観」

「反則映像解釈

にして立場をそこで堅持する。


3.選手を突き放さず庇いながら盾にする

「改めて映像を見たら現場では気付かなかった行き過ぎが確認できた、そこはお詫びする」

責任のすべては彼に欠けた積極性を指摘し発奮を促していた私にある」

「彼を追い詰め過ぎてしまったし、意思の疎通に齟齬もあった」

選手を責めないでほしい」

「いま一番苦しんでいるのはお互いの選手


引き続き、教育上の行き過ぎ・ミス監督アメフト観という問題にしておく。

こうすれば内部の意思疎通が焦点になり、追及することが選手を叩くことにも繋がり追及しづらくなる。

もちろん選手には「お前のことだけは守るからな」「おかしいのはあいつらの方だぞ」などと因果を含めておく。


これなら最悪のケースでも

監督アメフト観が乱暴すぎた」

教育姿勢過酷すぎた」

「でも選手のことは最後まで守っていた」

「男らしいマジキチ

あたりで収束していただろう。


コーチビデオの件も微笑ましく受け止められていたかもしれない。

まとめると

論点戦場)を自分から設定して拘束していく

・後詰の姿勢を明確にし部下の動揺と離反を抑える

監督の「良い人」キャラ積極的宣伝していく


普通だね。

2018-05-22

anond:20180522223629

頭なでなでしてる映像あったし

刑事事件化されれば詰むんじゃね

ゲームの真価は「進化」にある

映像技術コンピューターサイエンスセンサー通信進歩、そういった科学の発展を貪欲に受け止めて新天地が産まれていく。

枯れた技術表現が新しい力を携え蘇り、叶わずに終わった妄想が何千倍にも膨れ上がった処理能力の基で顕現する。

それこそがゲームの魅力なんじゃねえかな。

ブックオフで安いPSSFC時代の名作ゲームを積みまくってその処理に10年ぐらい費やして久しぶりに最新のゲームやったら度肝抜かれたよ。

世界が変わってる。

この真価をもっとリアルタイムで追いかけるべきだった。

少しずつアップグレードする最新ゲーム機の買い替えが煩わしくて、ずっとPS2とSFC酷使してきたけど、それは、少し勿体なかったかな。

過去を追うのに必死になりすぎて、せっかく今を生きていることのメリット享受し忘れていたようだ。

透明人間(追記)

タイプ1:本当に身体が無色タイプ

インビジブルかい映画みたいに、身体のありとあらゆるパーツが無色になるタイプ

まぶたも無色なので目を閉じても暗くない。

服は透過しないので大体は服を着たり、マスクかぶるやつ。細かくは忘れたけど香取慎吾がやってたドラマ透明人間タイプもたしかこれ。

多分、一番謎が多いタイプうんこが多分宙に浮くか、自分の体液と混ざれば無色で排出されるタイプ

 

タイプ2:光学迷彩タイプ

光学迷彩を用いて表面上そこだけ透過しているかのように見えるタイプ

なんか戦車有機ELを用いてやってるらしい。

まり人間の皮膚が有機ELパネルみたいに発色が変えれてその結果、透明になるタイプ

 

タイプ3:石ころ帽子タイプ

存在感がなくなって石ころのように気にされなく成るタイプ透明人間がどうかは怪しい。

でもこのタイプが一番便利ではないかと思う(解除可能であれば)。

あと、能力者バトルなんかでもタイプ1や2よりもこっちのほうが多いかもしれない。(影に忍び込むとか、殺気を消すとか)

タイプ1のようなまぶたが透明で見られないデメリットもないし。

 

(追記)

タイプ4:物理法則世界から脱するタイプ

ブクマされてたので。多分ヴァニラ・アイススタンド的な?

無敵化(矢や銃弾などが当たらないタイプ)みたいなのもここに含んでいいのでは。

物理法則世界身体を持たないが、物理法則世界を覗ける。物理法則干渉できるかどうかは関係なしとして。

多分、能力バトルだと油断しないと倒されないタイプそもそも、姿を全く表さずに暗殺すればいいのにわざわざ相手自己紹介ぐらいまでするのは流石に傲慢)か、無敵すぎる能力ゆえに何か欠点法則があってそこをつかれて負けるタイプ

 

タイプ5:ジャック

本人が存在認知されないことが透明人間だとすれば、これも有りかもしれない。

他人の目や、カメラ映像などをジャックハッキング)して、その場所存在しないのに情報を取得するタイプ

ただ、ほとんど物理干渉は行えないので微妙な所。

現実寄りのミステリー作品透明人間仕業だってなったときの落とし所としてはあるのか…?

 

タイプ6:飛散・希釈タイプ

煙みたいにすーっと消えて人間の目には見れない大きさに飛散や希釈されて透明になる能力

個人的にはかっこいいとおもうけど、飛散した後、旋風とかに巻き込まれたら簡単に死にそう。

なんか能力使う度に気づかない程度に身体の一部分なくなってそう。

吹部出身者がリズと青い鳥が見て(ネタバレ有)

ネタバレ有なのでそれでも構わない方のみご覧下さい。






昨日レイトショーに駆け込んで観てきました。

まず初めに、私は吹奏楽におおよそ10青春を捧げた男です。担当楽器ユーフォニアムトロンボーンでした。

映画感想一言、素晴らしかった。

久しぶりにパンフレットを買いました。

吹奏楽出身者として映画を観ながら思ったことを書いてみたいと思います

まず、冒頭のシーンからずっと希美さんとみぞれさんは少しずつ演奏がズレています

音程(ピッチ)が悪いと希美さんは言っていましたが

二人で吹いていればそれとなく寄せて合わせていこうとするのが普通です。

冒頭の演奏ではそういった様子が2人からは感じられませんでしたし、

からだけでも2人は、ほんの少しだけずれた

平行線を辿っているような、

そんな印象を受けました。

吹奏楽部において人間関係不和が音に影響する、というのは良くあることでして、

ある程度歳を重ねると人間関係音楽に持ち込まない、ということが出来るようになったりもするのですが、

高校生というのはその辺りむき出しです。

感情がそのまま音に出ますし、

技量的にも不和による練習不足から

すぐにアンサンブルに支障をきたすようになります

しかし、だからこそ面白いという部分もあります

良い演奏を聴いて耳が肥えてきても

お世辞にも上手とは言えない高校生演奏に胸を打たれることがあるのは

の子たちがどういった高校生活を送って来たのか、それが演奏から透けて見えるような気がするからです。

まり上の話とは関係がないですが

冒頭のシーンを見たときに、

みぞれさんは、美人だなと思いました。

オーボエファゴットなどのダブルリードという楽器アンブシュア(吹く際の口の形)がやや特殊でどう頑張っても横顔が若干不細工になってしまうんですよね

アニメ表現ですから現実とは違う部分もあります

みぞれさんが楽器を吹く姿は美しかった。

話が逸れました。映画の話に戻ります

吹奏楽出身者として、

新山先生の件はちょっとないなと思いました。

いくら他に目にかけている生徒がいるとはいえ、

3年生の、しかフルートという花形楽器の中心人物で、コンクール自由曲でソロがあるような子の名前トレーナー先生うろ覚えだということは、まずあり得ません。

しかし逆に、あり得ない状況だからこそ、

希美さんの挫折感を更に煽る結果になったとも言えるかもしれません。

あそこまでの状況はないにせよ、

他人の才能に嫉妬する瞬間、というのは吹奏楽をやっていると感じたことがある人は多い気がします。

先輩、同級生、後輩、講師先生指揮者

この人には敵わないなと思わされた経験

私自身何度もあります

もちろん、他人との差に愕然としたとしても

その後、諦めず努力して、上手くなってやろうという気持ちはとても大事ですし、

高校生であれば追いつき、追い抜くということも不可能ではないでしょう

しかし、高3のコンクール、これで最後だというタイミングでそれを見せつけられることは

絶望です。

そして決定打になったあのオーボエソロのシーン。

希美さんの心情を考えると胸がしめつけられるような気持ちにはなりましたが、

あのシーンはただ、ただ素晴らしかった。

アニメにさほど詳しい訳ではありませんが、

後世に残る映像なのではないでしょうか。

京アニ楽器演奏シーンというとやはり思い出すのは涼宮ハルヒの憂鬱God knows…のギターソロですが、あれから10年が経ち、ここまで表現進化したのかと、圧倒されました。

みぞれさんや希美さん、その他の部員の表情だけでなく、

被写体深度が次々と移り変わり、映像がボヤけ、直接希美さんの視界を映している訳ではないのにまるで泣いているかのような表現

そして涙を堪え切れなくなった希美さんのフルートが息絶え絶えになってしまって音がかすれ、抜けてしま表現

そして何より、あのオーボエ

上手なオーボエは、

音が飛ぶんです。浮くんです。

それこそまるで鳥が飛び立ち、自由に空を舞っているような、本当にそんな音がします。

あのシーンはそれまでのみぞれさんの音にはなかったオーボエの独特な浮遊感が表現されていました。

名演としか言いようがないです。

音響の良い映画館であればオーボエの音が上から降って来るような感覚に襲われた人もいるかもしれません。正直、あの演奏聴くだけでも映画館に行く価値があると思います

あのシーンを見たとき

「音だけで、こんなにも繊細にものを語ることが出来るんだ」と、

そう思いました。

エンドロールに奏者の名前がありませんでしたが、あれはどなたが吹かれたものなんでしょうか。

あの演奏は、音で、芝居をしていました。演技をしていました。ブラボーと言わせて下さい。

最後に、

この映画ラスト差し掛かった辺りで

劇場版けいおん!!が公開された後に、宇多丸さんがラジオ評論していたのを思い出しました。

宇多丸さんは映画を観るにあたってTV版も全て視聴されたらしいです。

概ね絶賛されていましたが、一つだけ、

軽音部の面々が同じ大学に進学するという選択したことに苦言を呈していました。

というのも、軽音部は本来高校だけの期間限定、終わりがあるからこそ、儚いのだと

まぁそんなようなことをおっしゃっていたような気がします。(記憶曖昧なので大分脚色が入ってる気がします)

私も当時その通りだと思いました。

高校部活動には終わりがある。

からこそ楽しくて仕方ない一瞬一瞬が

一種の切なさを纏うのだと。

リズと青い鳥の終盤、希美さんとみぞれさんは各々別の進路選択します。

そのことがハッピーエンドなのかどうなのかというのは微妙なところだと思いますが、

この選択によって

リズと青い鳥という映画の切なさ、儚さ、美しさ、そういったものは際立ったのではないかなと

また、平行線だった2人が別々の方向を向くことで、コンクールに向けて1つに交わることが出来たんじゃないかな、と、そう思いました。

以上です。

とにかく、映画館で観ることが出来て良かった。機会があればもう一回観たい。

とりあえずサントラを買おうと思います

anond:20180522003148

田舎移住して喫茶店しつつ楽しく老後とか、脱サラして農家で大変だけども充実してますとか結構やってね?

TVでそういうの見ながら、番組的に言えないんだろうけど具体的に金が・・・とか情報欲しいなーと思いながら、

幸せそうな映像を見てる事のが多い気がするんだけど。

2018-05-21

昭和の頃はスタント失敗死亡映像とかテレビ放送してたな

人の死で金儲けとかTVえげつないなと思ったけど今回のエベレストもあまり変わらんな

anond:20180521222741

疑似恋愛コンテンツのもの

いわば仮想恋愛ゲーム

これだけじゃなく、恋人シチュエーション映像バンバン作ってる

ようはアイドルってのは、女がいないキモメン恋愛気分を味わってもらってそれを売るコンテンツ

から契約恋愛禁止が盛り込まれ

彼氏いるけど勝手恋愛気分に浸ってねなんて商品として成り立たないか

立体的な映像を表示する「ホログラフィックディスプレー」を搭載したスマートフォンが米市場に早ければ夏の終わりにも登場する可能性が出てきた。通信大手AT&Tとベライゾンが明らかにした。

テレビ衝撃映像x連発みたいなやつよくやってるけど

車載カメラ監視カメラが捉えた事故の瞬間の映像とかああいうの

あいうのって、どれも結末は「男性は軽傷ですんだ」とか「奇跡的に無傷だった」とかばっかりじゃん

でも同じレベル事故でも死んだり重症な人もいっぱいいるわけじゃん

でもそういう映像テレビじゃ流さない、流せないわけじゃん

そうするとなんか、案外事故っても大したことないんだなって感覚自分の中で実っていきそうで怖い

というかもうなってるかもしれない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん