「地域」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 地域とは

2019-05-23

anond:20190523202129

都内だけどそんな人見たことないなあ

住まい地域によって違うのかねえ

2019-05-22

anond:20190522133332

そのコミュニティ内でのトレンドなんて沢山あるよ

ジャージトレンドにならないと言ったが

昔ある地域ではスカートの下にジャージ履いて裾を上げるのが流行したりしてる訳で

anond:20190522095331

田舎の方だとガチ死ぬ

公共交通機関皆無&歩いて行ける範囲に最低限の食料品を買える店すらない、って地域普通にあるから

2019-05-21

anond:20190512210330

私は以前、近い地域スタートアップで働く社員でしたが、書かれた内容に概ね同意

経営者が非常に素晴らしい方だとしても社員意識が低いスタートアップが多すぎるので、今はスタートアップではない会社(創業からそこそこ経っている)で働いています

anond:20190521131034

下記箇所について、補足。

多少横道に逸れるけど、前近代家族観認識のずれの方が気になった。

今となってはそれが極論に過ぎないという批判も多い

お手数だけどこれの根拠があれば紹介請う。

引用いただいた「今となっては『それ』が極論に過ぎない」という部分の「それ」は、直前の、いわゆる「近代見直し」が盛んだった時代の論、を受けているのね。自分家族論や社会学専門家とかではないけど、たとえば20年ほど前にはF・アリエスの「子供誕生」について、次のような言い方で「近代以前に〈子供はいなかった!」的な紹介がされ、多くの人に影響を与えたわけだけれど、

子供は長い歴史の流れのなかで、独自モラル・固有の感情もつ実在として見られたことはなかった。〈子供〉の発見近代出来事であり、新しい家族感情は、そこから芽生えた。(みすず書房https://www.msz.co.jp/book/detail/01832.html

実際問題としてこれは「(我々が思うような近代的)子供(観)」が誕生したのは近代出来事に過ぎない、というだけの話に過ぎないわけだということは、今となっては説明するまでもないことだよね。親子像、子供像が「今とは(多少)違う」のは事実としても、親子や子供過去の文献に登場しないということはない。自分が言いたかったのはそういうことです。そして、増田が引いてくれた極東ブログ引用している元論文も、原文では次のように書いてるよね。

現代において伝統家族と考えられている直系家族江戸時代に生まれたのである

これを、極東ブログさんは「日本家族なんてものはなかったし、結婚もなかったんですよ」というタイトルで紹介するわけだけれど、この図式は上に挙げたアリエスの事例とそっくりだというのは分かってもらえるのではないかなあ。つまりもともと「(近世誕生した近世的)家族近世以前にはなかった」というだけの話しかしてないのに、それをセンセーショナルに取り上げて過剰に敷衍した意味づけをしている、という構図。いかがでしょうか? 本当は、近世以前にも、たとえば古代的、中世的な形で家族はあったし、古代的、中世的な姿で「子供」も社会的存在した、ということです(たとえば「子供」を人間以前の存在として大人とは別なる名を与え、一定以上の年齢になると新たに人間としての名を与える「元服」という風習とかがそう。)。


さらに、今私たちが思う「子供」観の全てが「近代に作られた子供像」で説明できるのかと言えば、それもまた違うのではないだろうか。単純に同じと言えないことはもちろん前提なのだけれど、1300年前に山上憶良が「銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」と歌ったその親子観、あるいは800年前ごろに、合戦中に年配の熊谷直実が、組み伏せた若武者が十六、七と我が子のような年の若者であるのを見て思わず刀を止めるシーンを描いた平家物語に見られる「年少者に配慮する心境」のようなものが、現代私たちの「子供」観と全く不連続であると言い切るとそれも相当無理があると思うのですよ。もちろん、1300年前、800年前の人々と私たちは、政治制度世界観死生観、何もかもを共有していないと言っていい。だから、本当のところ彼らが何を感じていたかなんて分からない。(まあそれを言うならそもそも現代を生きている私たち同士だって、何をどれほど共有しているか保証されないけどね。)それより、そうして「ことば」に載せるべきことは何か、すなわち彼らが「想定した公共」が何かという点に着目してみるなら、彼らと我々の間に一定の何かを架橋することは十分可能だと言えるのではないか。それを安易に「親子像、家族像の根本であるとか結論付けるのはそりゃ止めた方がいいと思うけど、そこに「引き継いでいる何かがある」ことは認めた上で話を展開するのは、それは十分建設的なことだと思うんだよ。

コノハナサクヤヒメの話を書くスペースが無くなったんだけど、一言だけ言うとあれは一般的婚姻の姿をイメージしたお話とは言いがたいのではないかなあ。「姉妹を同じ人のもとに嫁がせる」のは、あの話では天孫降臨した人間の祖に対して山の神繁栄を授ける、という文脈だよね。それは、たとえば地域を訪れた新しい権力者に対して地元豪族が取り入る、みたいな図をベースに作り上げた物語なんじゃなかろうか? 

傲慢人間就職活動なんかしてすみませんでした。

志望動機は良いので、あなたが働く本当の意義を5つ答えてください。」これは、とある企業面接唐突に聞かれた言葉である。このことを聞かれた際、一瞬頭が真っ白になってしまった。

本来ならば、頭が真っ白になったとしても単純に思い出す、というよりは腹のなかに溜まっているものを取り出すことができれば問題なく回答を続けることができた。できるはずだった。

自分の知見を広げるため」

自分視野を広げるため」

相手の知見・視野を広げるため」

ここまでは回答が出来た。ここまでは良かった。(今考えれば「働くという行為の中でわざわざ取り上げる必要ある?」と返されているので全然良くなかったが。)

しかし、それ以上がどう考えても出てこなかった。


まりながら無理やり捻り出した言葉が「地域」「日本」という単語であった。

「君、理想だけで話しているよね、仕事想像ついてないよね」

面接官に上部だけの言葉は見透かされていた。

自分仕事の内容自体は知っていても、それを数あまたとして関わる人たち、会社というものの具体化が出来ていないこと、頭の中での拙い想像しか考えが出来ていないことを先の厳しい言葉で指摘されてしまった。

何を話し直そうにも、この事実存在している時点で私の発する言葉面接官には一言も響かない。

「考えが散漫している」

「その理由ならこの会社で働く必要はないのではないか

自分で何でもできると思っているでしょ。そんなの仕事じゃないよ」

ただただ正論提示されているだけなのに、半ばパニック状態になってしまった自分にはもう正常な思考が出来なかった。

せめてもの耐えとして表情だけは曇らせなかったが、もはやそんなことはなんの意味も為してないことは自ずより明らかであった。

当然ながら、この企業からは何の連絡もいただけていない。

思えば、自分というものなんて高々20ちょっとの塵のようなものの積み重なりでしかなくて、そんなもの風が吹こうものなら一度になくなってしまう。

環境にはとても恵まれていた。助けられて、助けられてようやく大学に受かり、サークル活動して、代表をして、勉強をした。することができた。

それなのに、知らず知らずのうちに「自分努力だ」なんて励ましの言葉鵜呑みにして、誇るようになってしまった。

「自信を持っていい」なんてなんて励ましの言葉鵜呑みにして、尊大人間になってしまった。

傲慢

気がついたら自分はそういう人間になってしまった。

就職活動で素の自分を暴かれてしまった。

暴かれたくなかった。

傲慢自分を見透かされることではなく、「傲慢」という殻の中に何も残っていないような、それこそ芥子粒のような自分が見られたくなかった。

いや、そもそも見られたくないという感情すら傲慢だ。

あぁ、就職活動がもはや何を意味しているかすら分からなくなってきた。

何で就職活動では自身の夢や目標を語らせるのだろう。

すれ違う人々、車内で隣に立つ人々が日々夢や目標に憧れているとは思えない。「会社辛い」「やめたい」なんて言葉が世に溢れているのだろうか。

何で就職活動では謙虚さを求めておきながらリーダー経験特殊経験を求めるのだろう。

矛盾しないはずなんだろうけど、そうなんだろうけど、若輩者にそんなのは無理だ。いや、自分が「ダサい」だけか。

「お祈り」はマッチングミスだなんて言葉があるけど、どうやら私は社会マッチングミスしているみたいです。

何とかして手に入れた経験体験を「面白い」「すごいね」と評価していながら「お祈り」する人たち。

からと言って面と向かって否定なんてされたところで潰れてしまますけどね。

ほら、私は傲慢人間です。

こんな自分に夢や目標を語る価値もありません。

傲慢という殻で包まれ自分にそんなものがあると思いますか。

こんな自分謙虚さがあるとも思えません。

心のどこかで「傲慢」を取り去れば上手くいく、なんて「傲慢」が私を覆っているのです。


自分自身自分経験否定したくない「身の丈」が分からない「世間様」としては善いとされる学歴経験を身にしたそんなものを自ら捨てられない捨てればいいって言うんだろうお前はそんな体力も気力も心も全部否定と「肯定」という名の否定の嵐ですり減って今にも倒れそうなんだ世間はお前のことをそこまで気にしていやしないと言うだろうだからってそれを観ているのは自分だそう感じているのは自分だそうだよ私は承認欲求がなければ生きていけないんだよ自己肯定感がないんだよ苦しいんだよ苦しすぎて逃げ道も逃げ道への逃げ方も足の踏み方も足の上げ方も全部全部全部見失ったよ



それでも悪いのはこの自分です。

傲慢人間就職活動なんかしてすみませんでした。

2019-05-20

anond:20190520150139

ポスト自由主義は、自己他者自由尊重する社会的公正を指向する思想体系のことをいう。性的な分野での自由を主張する近代自由主義(モダンリベラリズム)とは異なり、それが人々の自由をかえって阻害するという考え方が根底にある。現代において個人自由独立した選択実質的保障し、極度の恋愛的、性的は貧富差における個人社会的自由侵害する偏見差別などを防ぐためには、政府による制限や介入をなくしたりするのではなく、政府地域社会による積極的な介入も必要であるという考えに基づく。

「公正」とは、ジョン・ロールズによれば「立場入れ替え可能性の確保」を意味する。これは人々に「社会のどこに生まれても自分は耐えられるか」という反実仮想を迫るものであり、機会平等と最小不幸を主張する。ロールズ格差原理では、格差ないし不平等存在は、それをもたらす関係につく機会が平等に開かれており、かつ、それによって社会で最も不遇な人々の厚生が図られない限り、その存在は公正ではないものとされている。

よって、ポスト自由主義積極的自由に基づく自己決定を推奨し、国家による性の再配分または地域社会による相互扶助肯定する。すなわち、市場原理主義では経済的容姿的、コミュニケーション強者利益を最大化する一連の行為のために、少子化問題構造貧困介護問題などさまざまな弊害社会問題が生じ、それは近代自由主義の「意図に反して」人々の社会的自由をかえって阻害しているとし、近代自由主義修正する思想である


階級間の融和不可能対立中央集権的な統制を是認しない一方で、近代自由主義者のように自由競争が市場における「神の見えざる手」のように最大多数の最大幸福自動的に実現するとは信じず、政府によって、各人の社会的自己実現をさまたげ、市場社会における相互欲求最適化や調整のメカニズムを阻害する過度の集中や不公正などの要因を除去することが、まさしく「自由」の観点から言っても必要だと考える。

なかでも○○は「自由放任の論拠とされてきた形而上学は、これを一掃しようではないか。持てる者に永久権利を授ける契約など一つもない。利己心がつねに社会全体の利益になるように働くというのは本当ではない。各自別々に自分目的を促進するために行動している個々人は、たいてい自分自身の目的すら達成しえない状態にある」と述べ、アダム・スミスに由来する「見えざる手」に信頼する自由放任論からの脱却を求めるとともに、具体的には不完全婚姻均衡からの脱却のための人口政策が、政府によって実現されることを求めた。

anond:20190520125752

伊豆諸島をお忘れなく!

青ヶ島なんて、牛も自給自足よ!全国で唯一議会がなくて全員参加、酒も自分の家で作ってよいと例外的に認められている、といった地域よ。酒や塩が島外にもブランドとして販売されているくらいだから自給率10割超えているかもね。

anond:20190520130806

閖上赤貝は最高に美味いと言われているが、その他の地域でも食べてみたいと思っているんだ🍣

俺は多種多様寿司が食べたい、食べ尽くしたいっていうのが夢なので、地元だけでは満足しきれないし。

まだ見ぬ世界があるならそれを求めちまうよ。

それが寿司にかける浪漫からな!!

あああああ寿司が食いてえ!🍣

anond:20190520172039

いや、仕組みがなく個の改善活動に期待すると、改善活動の影響力が少なすぎてうまくいかない。

これまで結婚出産地域により事実上義務化されていたことで個の自由および女性の権利と引き換えに継続可能社会になっていたが、それに目をつぶら改善された今は継続可能社会危機に来ている。

意識」だけじゃダメなんだよ。自然界の性欲のような「黙っていてもそうしたくなる仕組み」、もしくは管理可能な「せざるを得なくなる仕組み」が必要。この仕組み創生を救世案と呼んでいる。

anond:20190520165218

それこそ地域議員に訴えて日曜窓口開設に働きかけてもらうのがベスト

そういう簡単実施できることを実施するために地方議員存在する

anond:20190520164926

最近日曜やってる役所多いけどな

地域によってはそうじゃないのか

パンティーの着用は人類には早すぎる

パンティーの着用って難しすぎない? なんで社会で許されてるの? - 背徳

anond:20190512131254

最近必要かられてパンティーを被ったんだけど、まさに同じようなことを感じた

パンティーや、それを用いたプレイの仕組みって、想像していた以上に性善説というか、

パンティー被る人間良識や適切な注意力にゆだねらているんだと思って正直ゾッとした

パンティーをちょっと切れば、紐パンちょっと引っ張ればば、すぐにもろ出し簡単パンティーを殺せる、

そこにシステムとして、フェイルセーフほとんど効いていない感じがある

最近ようやく普及してきた自動ブレーキパンティー逸脱防止システムで、多少フォローが入るようになったけど)

皆が教習所で習うように、常に適切な注意と判断と譲り合いの心を持って運用すればまだしも

現実は「制限枚数+1枚がちょうどいい」だとか、あんまりパンティー法をしっかり守る人ほとんどいないし

いくら安全パンティーの意識があっても、パンティー中ちょっと注意を失えば即大パンティリスク

さらに、ネットに上がるパンレコ映像を見ていても、路上には一定数の割合でヤベー奴がいるし、

ましてやもらいパンティーに至っては、どんなに気をつけていても回避不可能運ゲーに近い

それを解決する手段が「かもしれないパンティー」って、なんというか個人の注意力や能力や時々の運にゆだね過ぎじゃない?みたいな

そんで、こういった怖さ/リスクは都会に住んでいる限りは「被らない」って選択肢を取ることで多少回避できるけど、

地方郊外に住むとなったら、もう「被らない」っていう選択肢自体存在しない 社会インフラパンティー前提に整備されてるもんね

おとなもおじいちゃんもおねーさんも、好むと好まざるとにかかわらずパンティーすることを「強いられているんだ」って感じ

あとこのたぐいの議論で、ブコメなんかで出てくる反論がいくつかあるけど、

なんかどうもピントを外してるなと思う。いくつか例に出すと

①「そういう怖がりな(or パンティ技量がない)奴はパンティーしないでくれ」

→じぶん個人的には極力そうするつもりだけど、上に書いたように日本の大部分の地域では

そういう「パンティーしない自由」「パンティ社会に参入しない自由」が実質的に与えられてないよね

ましては最近公共パンティーが衰退して、街の中心部の店が潰れ郊外ランジェリーショップに集約、みたいにどんどん流れがそっちに行ってる

高齢パンティ問題もそうだけど、パンティー前提でパンチラ設計しておいて

他方で「能力覚悟が足らないやつはパンティー被るな」っていうのは、それはそれで「死ね」って言ってるのに近くない?

②「お前はパンティーの恩恵を受けていないのか?スキャンティーやハイレグローレグも使うなよ」

→それはプロパンティー仕事じゃん。パンティーの技量がある(大型なり二種免許をとっているような)人達が、業として行ってるわけで

例えばブラジャー運行プロパイロットだけに許されているように、パンティーの運転プロのみに許されていれば、

状況はまたちょっと違うことになっていたと思う

もちろん、現状のパンティ社会をすぐに転換することは現実的には不可能だと思う

から上記記事などにも指摘されているように、現在技術でできる限りの安全装備やシステムをどんどん義務付けてしまったり、

パンティシステムも、性善説でなく安全側に倒したもの

(具体的にはパンティーの右直分離・スキャンティー分離の徹底や、パンティー起動時の免許パンティ状態のチェック、など)に変えて、

可能タイミングがきたら、一気に完全自動パンティ社会に転換してしまったほうが良い

でも、おそらくそういうものには一定感情的な反発があるだろうし、そううまく運ばない気もする

結局のところ、「パンティーは、身体拡張し、自由を与えてくれる装置である

みたいな原始的ロマンティシズムを手放せないんだと思う

パンティーを被る楽しさ」「被る歓び」とかそういうやつ

そのロマン自体はわからないでもないけど、

そういう極めてスポーティかつハイリスク行為公共インフラとして存置させてくのはどうなのよ

エンタメは、サーキットや有料ランジェリーショップの中でやってくれよ、という感じ

免許取り立ての若者から80代の爺さんまで参入する「パンティ社会」に持ち込むべきものではないよね

なんかアメリカ人が、あれだけ乱射事件を起こしながら「銃を持つ自由」を手放さない、みたいなとこに近いのかもなあ

一度権利として与えられたものは手放せないというか

もちろんこういう状況は日本だけではないんだろうけど


anond:20190520042248

anond:20190519110033

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20190519110033

mori99 偏差値の高い高校大学会社だったから知り合う男性強者タイプばかりだったのでは。介護看護保父さん系を探せば世話焼きタイプ男性も多いはず、たぶん

そういう偏りはあるかもしれない。介護看護保父さん系の男性業界が違うので探さないと出会えない。

 

skgctom トラバ増田本人が書いてるが、世話好きの男性は往々にして子供好きで女に繁殖を求めるから子供いらないと明言してる増田とは合わない。トラバ結婚出産願望無しの総務部女性みたいな縁がリアルであるといいが

そうなんだよね。世話好きでありながら子供はいらないと考える人物像がわからない。

 

youco45 わかる。同じ特性でも性別によってハンデの大きさ変わるよね。例えば“ナイーブさ”とかも女だと優しさと見なされたりするけど、男社会では見下げられる要素だったりする。まあ社会構造が歪んでるよね

ナイーブ女性も面倒くさがられているような。女だと許容されやすいことはあっても、美点とはみなされていない気がする。

男だと美点とみなされることというのも少ない気がする。男だと許容されやすいことはあっても。

 

kico_wm 面倒見の良い友達役割になりがちな私、なんとも言えない気持ちで読む

申し訳ない。中学時代友達のことは、高校生になってから彼女をタダ働きさせてしまった、きっと憎まれている」と悩んで連絡を絶った。

彼女のほうから連絡がきたので、今もつながっている。社会人になってから温泉旅行代の全奢りなどをしている。

母親にも、ホームベーカリーが欲しいなと言っていたらすぐ買ったり、台湾に行きたいと言っていたので旅行代を出したり、金は出してる。

実家には月10万円入れてる。収入からすると少ないかもしれない。将来が不安で、貯金に回してる。

 

結婚人生墓場だと言う男性ATMになることをとても嫌うけど、好きで感謝している人のATMになるのは、私は嫌じゃないです。

嫌いな人のATMになるのはさすがに嫌です。誰のATMなのかがすべてです。

 

myaoko 発達障害の診断を受けに行きなよ。数年服薬して、生活のコツを掴むとそのあとは薬を飲まなくなっても生きやすくなるらしいよ。症状がひどければ障がい者手帳も取得できるし、まずは生き延びて。

通える場所にある発達障害専門医が初診受付を停止していて、遠い場所専門医半年待ちになっていて、挫折してしまった。

鬱になったとき心療内科の予約しやすさに比べて、発達障害医療とつながる難易度が高い。

診断が下りている人は、待ったんだろうか。

 

ifttt ガイジってそんな昔からあった言葉だったのか。ここ数年だと思ってた

私の通った中学では、「ポンコツ」と同等のカジュアルさで使われていた。

誰かがしょうもないミスをすると、ガイガイジと揶揄が飛んでくる感じで。

 

waitingforspring 結婚して家事育児タスクが増えると、もっと辛そうな気がする。

から一般的感覚男性からプロポーズは受けられませんでした。

 

cleome088 生活に困っているようならなんらかの発達障害の診断をしてもらえると思う。心療内科紹介状を書いてもらって大学病院などの先進医療がある病院へ。私もそれっ気があるがスマホリマインダーはめちゃくちゃ使える。

なるほど…。紹介状があれば受け付けてもらえるのね。ありがとう

 

zgmf-x20a 結婚って助け合いなので、自分相手に何ができるかだよな。でもブコメ増田にとっては何の助けにもならないのだよな。

助けになってる。

 

FM7 普通に秘書を雇えばいいのでは?

個人秘書って存在する?

 

rider250 結局「運」なんだよな、増田を支えられる男もいるはずなんだが出会えてないのは「運」。ところで増田は相当美人なんだと思う、男として断言するが凄え美人でもなけりゃこんな変な女が5人も男と付き合えるはずない。

別に相当な美人ではない。男性率の高い学校職場に居ただけ。

看護師、保育士アパレル販売員には女性が多いので独身美人もいるのでは。そういうものだと思う。

 

heaco65 ADHDで薬飲んでますわたしも注意欠陥のみで多動や知的はなし。心が凪いで過ごしやすくなる反面、別に特性がなくなるわけではないので注意 スマホアプリホワイトボード活用暮らします

特性がなくなるわけではない…。そうなのか…。

 

nenesan0102 発達障害特性があるのに年収600万って相当に有能な増田。診断を受けると、それを理由解雇や減収、左遷等される可能性があるため、わたしオススメはしないですね。家事代行を頼みましょう。

すでに上司に、こいつなんかおかしいなとは思われてる。

BtoB企画提案営業をやっているんだけど、営業事務をつけないとまずいのではと思われてる。

企画提案までは好きな仕事で、契約をとったあとの契約業務になると総務部女性サポートがないと崩壊してしまう。

総務部女性法務系の事務と経費精算を担当してる。総務部女性がいないと、私は経費精算もできない…。

 

hauhau_suta “周囲からも要介護者と介護者のような関係とみられていて、私自身、ガイジを自称して、友達を神と呼んでた。” ウケる

私が就活内定無双して、一社目が大手に決まったとき友達爆笑してた。

浮き沈みの激しさが爆笑コンテンツなんだと思う。多分誰からも羨ましがられてはいない。

 

kazukiti HAHAHA!Todoリストなんて作っても更新しきれねえよな!分かる分かる、なまじ中途半端学歴年収があると針の筵っぽさがアップするよな!睡運瞑菜とかやってらんねえし!俺と一緒にスマートドラッグキメようぜ!!

Todoリストを何度作ったかからない。更新しなくなったり、なくしたり、リスト分散したり、全部失敗した。

学歴年収があると周囲のポンコツガイジ率がゼロで、常に自分最下位

スマートドラッグ個人輸入は考えた。寿命縮まってもいい、太く短く、短い人生をせめて有用にしたい。不測の体調不良を起こして人に迷惑をかけなければ良いのだけど。

 

masterinsei 僕の観測範囲だがこのタイプの女を好む世話焼き男性はいる(僕ではない)。大体が俺様タイプで、一見フェミニストだがその実はかなり家父長的であり、数字に強く、コミュ力比較的高いという特徴を持つ傾向がある。

今の上司が割と俺様タイプで、圧のあるコミュ強だ。

使い方を考えれば良い「鵜」になると言われてる。

 

ikarino-ikaring 家政婦兼秘書仕事として相場より高めの時給で雇ったら、養うよりはお金からないし、破綻したら契約終了できるのでは。

家事代行はあるよね。秘書ってあるのかな。

私はマネジメントができないんだよ。指示・リマインドされないとタスクを忘れる。

掃除管理者」がいて、私に掃除を指示する仕組みだったら、掃除できる。料理も下手だけど、野菜を切るだの肉を焼くだの、作業だけならできる。

書類作成は、作業自体が本当に苦痛民間の申込書は書けても、役所書類がどうしてもきつい。でも書類作成の代行って外注できない気がする。

私がなれない職業ランキング一位は、助成金申請書類を作る社労士だろうな。

 

kutabirehateko 真面目な話、秘書マネージャーアシスタントという形で人を雇えないだろうか。何人か試してみて気が合ったら結婚なり養子縁組なりを持ちかけてみる。わたしはそれを試してみるつもり。

マネージャー、いい響き。人をどのように探してどういう契約内容にするかぜひ教えてほしい。

 

ewq 借金玉の「発達障害の僕が〜」を読むことを薦める。誰かに助けられるのではなく、仕組みで発達障害特性を乗り切ろうとする良本だよ。あと自分の強みを知って秘書を雇えるだけ稼ぐといい。ADHD女性起業家は多い。

既読本質ボックス実践してる。

母親が私の部屋の整理収納を細かくデザインしていて、私にとっては細かすぎて所定の場所しまうことができなくてグチャグチャに荒れたから、

かい整理収納撤去して、本質ボックスに全部放り込むようにした。

読む前から実行している内容も多かった。

仕組みで発達障害特性を乗り切ろうとすると、できるじゃんということになって、やるべきことが増える…。

それで収入は増えるんだけど。

起業は鬱再発の可能性があるからできない。会社員が鬱やるのと比べて、代表が鬱やるのは迷惑範囲さらに広い。

 

llnu 年収600万だと責任も大きいしタスク多様化していそう。もっとシンプル責任の軽い仕事にした方が金銭を考えなければ楽に生きれそうね

シンプル仕事が少ないと感じてる。

大学生のころ厨房バイトに応募したら勝手ホールに変えられていて(女はホールスタッフにまわされるものらしい)、

注文を一気に言われると、とりきれなくてお客さんにイラつかれて、リーダーからため息つかれて呆れられて、辞めた。

バイト責任が軽いとされているけど、バイト仕事こそできない。シンプル責任の軽い仕事、どこにあるの。

 

kerokimu 多分うちの父も発達障害で私に遺伝してる。自殺して死んだけど。父には父の地獄があったと思う。 今は薬もあるし世間も変わってきてるし生きやすくなったと思うけど、こういうの見ると子供を残すことに恐怖を感じる

一番印象に残ったブコメだけど何も言えない。

 

ricanam 大丈夫マメな男は必ずいる。今までどういう基準彼氏を選んできた?来るものを受け入れていたんだとしたら、逆に自分から狩に行くんだかならずいるから、そしてそういう層は得てして奥手だから

来るものを受け入れていた。自分のことをクズガイジと思っているのに狩りにいくのしんどくて。

タイプ男性というのもよくわからない。何をどうすればいいのか茫漠として動けない気がする。

来た人を好きになろうとするパターンしかない。女友達への信頼も同じ。いつも話しかけられるの待ち。

営業仕事なら人より厚かましガンガン行けるんだけど。売り込むのが自分じゃなく製品からかな。

 

ykana 私も注意欠陥。結婚したけど、生活は散々だった。今は一人で住んでるけど、失敗しても誰にも何にも言われなくて楽だよ。仕事さえ何とかできてれば、結婚なんて寄り道しなくても生きてけるよ。

一人で暮らせば、家で失敗しても怒られたりしらけた顔されたりしないし、ここまでの苦痛もないのかな。

 

backupper そもそも他人を利用する気満々な事については、どう考えているのだろうか。

lnimroder これが本当だとしたら相手にとっての結婚生活は見返りゼロ介護事業になるんだが、自覚してる? → 「〇〇に気をつけろ」と指摘してくれる人がいるかどうかが私の幸福感のすべてで、励ましや褒めは何も影響しない。

金は出すと繰り返し言ってるんですが。

 

atoz602 注意欠陥が主症状なら、内服で軽快する可能性があるので、近隣の、発達障害に詳しい精神科を探してみて。近所のテキトー心療内科とかじゃなく。地域発達障害者支援センターで問い合わせると教えてもらえるはず

発達障害者支援センターの存在を知らなかった。ありがとう

 

やっぱり医療につながって自助を引き続き模索するのが良いのかも。

投薬がうまくいくと良いのだけど。

車の運転人類には早すぎる

車の運転って難しすぎない? なんで社会で許されてるの? - 拝徳

http://tokunoriben.hatenablog.com/entry/2019/05/18/211416

最近必要かられて免許を取ったんだけど、まさに同じようなことを感じた

自動車や、それを用いた交通の仕組みって、想像していた以上に性善説というか、

運転する人間良識や適切な注意力にゆだねらているんだと思って正直ゾッとした

ハンドルちょっと切れば、アクセルちょっと踏み込めば、すぐに死ねるし簡単に人を殺せる、

そこにシステムとして、フェイルセーフほとんど効いていない感じがある

最近ようやく普及してきた自動ブレーキや車線逸脱防止システムで、多少フォローが入るようになったけど)

皆が教習所で習うように、常に適切な注意と判断と譲り合いの心を持って運用すればまだしも

現実は「制限速度+10kmがちょうどいい」だとか、あんまり道交法をしっかり守る人ほとんどいないし

いくら安全運転意識があっても、運転ちょっと注意を失えば即大事リスク

さらに、ネットに上がるドラレコ映像を見ていても、路上には一定数の割合でヤベー奴がいるし、

ましてやもらい事故、不意な飛び出しなんかに至っては、どんなに気をつけていても回避不可能運ゲーに近い

それを解決する手段が「かもしれない運転」って、なんというか個人の注意力や能力や時々の運にゆだね過ぎじゃない?みたいな

そんで、こういった怖さ/リスクは都会に住んでいる限りは「乗らない」って選択肢を取ることで多少回避できるけど、

地方郊外に住むとなったら、もう「乗らない」っていう選択肢自体存在しない 社会インフラが車前提に整備されてるもんね

おとなもおじいちゃんもおねーさんも、好むと好まざるとにかかわらず運転することを「強いられているんだ」って感じ

あとこのたぐいの議論で、ブコメなんかで出てくる反論がいくつかあるけど、

なんかどうもピントを外してるなと思う。いくつか例に出すと

①「そういう怖がりな(or 運転技量がない)奴は運転しないでくれ」

→じぶん個人的には極力そうするつもりだけど、上に書いたように日本の大部分の地域では

そういう「運転しない自由」「自動車社会に参入しない自由」が実質的に与えられてないよね

ましては最近公共交通が衰退して、街の中心部の店が潰れ郊外ショッピングモールに集約、みたいにどんどん流れがそっちに行ってる

高齢運転問題もそうだけど、車前提でインフラ制度設計しておいて

他方で「能力覚悟が足らないやつは運転するな」っていうのは、それはそれで「死ね」って言ってるのに近くない?

②「お前は車の恩恵を受けていないのか?荷物配送バスタクシーも使うなよ」

→それはプロドライバー仕事じゃん。運転技量がある(大型なり二種免許をとっているような)人達が、業として行ってるわけで

例えば飛行機運行プロパイロットだけに許されているように、自動車運転プロのみに許されていれば、

状況はまたちょっと違うことになっていたと思う

もちろん、現状の自動車社会をすぐに転換することは現実的には不可能だと思う

から上記記事などにも指摘されているように、現在技術でできる限りの安全装備やシステムをどんどん義務付けてしまったり、

交通システムも、性善説でなく安全側に倒したもの

(具体的には信号の右直分離・歩車分離の徹底や、エンジン起動時の免許ドライバー状態のチェック、など)に変えて、

可能タイミングがきたら、一気に完全自動運転社会に転換してしまったほうが良い

でも、おそらくそういうものには一定感情的な反発があるだろうし、そううまく運ばない気もする

結局のところ、「車は、身体拡張し、自由を与えてくれる装置である

みたいな原始的ロマンティシズムを手放せないんだと思う

自動車を操る楽しさ」「走る歓び」とかそういうやつ

そのロマン自体はわからないでもないけど、

そういう極めてスポーティかつハイリスク行為公共インフラとして存置させてくのはどうなのよ

エンタメは、サーキット有料道路の中でやってくれよ、という感じ

免許取り立ての若者から80代の爺さんまで参入する「交通社会」に持ち込むべきものではないよね

なんかアメリカ人が、あれだけ乱射事件を起こしながら「銃を持つ自由」を手放さない、みたいなとこに近いのかもなあ

一度権利として与えられたものは手放せないというか

もちろんこういう状況は日本だけではないんだろうけど

2019-05-19

anond:20190519211527

近くでのど自慢あると地域NHKで応募があって

予選会応募して合格しないと

テレビでは歌えないよ

若い子はNHK見てなくて、お母さんと一緒とかが多い

新しい権利主張(同性カップル)には新しい制度(パートナー制度)が必要

anond:20190519154156

わかる。同性婚単独問題を考えると、現行の結婚制度との整合性全然取れない。

というのもそもそも結婚という制度自体当人同士の事情を鑑みず他人家族の形に口を出し縛る制度なんで、

個人主義人権思想とは相容れないもんだから

縛りというのは下のこと

 

(1)異性同士がパートナーにならなければいけない(→これは今変わろうとしている)

(2)性交渉相手子供を育てるパートナー相続対象は同一にしなきゃいけない

(3)パートナーは必ず2人でなくてはいけない

(4)親兄弟、はたまたおじおばと甥姪もパートナーになってはいけない

 

同性婚でよく言われる「選択肢が増えるだけで誰も損をしない」という主張は、この(1)~(4)の縛りすべてに対してきちんと整合をとっているのか?

ここを放っておいて野放図に賛成しているのは、単に「声が大きい人間に便宜を図っているだけ」に見える

具体的には以下の2点が気になる

異性婚のみに必要な縛りを同性婚に加えてもよいのか

一番問題になるのは(3)。今重婚否定されているのは、たとえ成人した当人同士が納得していても

男女の権力差がある以上どうしても男性優位になることが免れないからだ

だとして、男女の権力差がない同性婚の3人婚・4人婚を否定する根拠は?

選択肢が増えるだけで今結婚している人が困らないなら、同性婚は3人以上が行ってもよいのでは?

(4)の縛りも近親交配で血が濃くなることを防ぐためだと思うけど、そもそも子供を作れない同性婚で縛りを加える必要はないのでは?

これらの縛りを同性婚に加えるのなら、その理由は「マジョリティである異性婚の人間に悪影響を与えない範囲権利許可する」しか考えられない

そのスタンスで本当にOK

必要権利は本当に結婚制度に手を加えなければいけないのか

(4)に反対し(1)に賛成する意見根拠として「親族は既に相続対象や緊急連絡先として取り扱えるが、同性カップルにはその手段がない」という批判がある

実は同性カップル養子縁組ができるので法律上問題点は現行制度上でも回避できるのだが、

もうちょっと手続きを楽にしたいという意図があるのかもしれない

そこで考慮すべきは(2)だ。

財産相続家計管理特定パートナーと行いたいと考えるのなら、別にそこに性愛が伴っている必要はない

性愛問題にならないのなら、そのパートナーは3人・4人でも問題ないし同性愛者以外でも同性をパートナーにして問題ないだろう

こう考えると、元増田のいうとおり法律的家族と同等の権利を得るパートナー制度を整備して

同性愛者以外に様々な家族を作りたい人間対応するほうが、よりリベラルな態度のように思える

 

[参考]

同性愛者でも異性の家族を迎え入れた例。こうした事情に汎用的に対応できる方がよい

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5cdce24be4b01571365beb3b

恋愛と性指向の性が異なっている人の例。単なる同性婚許可では対応できなさそう

http://nightyqueer.hatenablog.com/entry/2018/01/29/223807

 

最後に補足

冒頭にも書いていたとおり、これら諸問題結婚という制度自体個人主義と相性の悪い前近代的ものから発生している

この制度に無理に新しい権利主張を対応させようとするから問題なのであって、

元増田の主張はわりと妥当だと感じる

 

ただし

 

「なら古い結婚制度というもの解体しよう」という意見には反対する

最初スタンスだった「他の人に影響はなく、新たな選択肢を加えるだけ」という前提に反するから

この手の「当初の寛容を忘れて先鋭化する」意見人達には

夫婦別姓選択肢を広げるだけだからOK

 ↓

戸籍廃止すべき

という例も見たことあるので、注意が必要

ブクマコメント

 

id:magefee

id:securecat

法律の話なんだから整合性とる必要あるに決まってる

法律いじらないって言うんなら「とりあえず目につくものだけ承認する」でもいいよ

身近の同性カップルを祝福してなさい

 

id:hiroyuki1983

現在倫理絶対に認められない」は同性婚も同じだったんで、いずれ行き着く

今でも遡上にあげようとしてる人達がいるけど、この人達を目の前にして「お前らは拒絶する」と言える?

https://snjpn.net/archives/105504

 

id:ytn

内縁関係権利保証できていると認識するなら今の同性カップルにも同じ地位を与えればよい

何のために同性婚法律承認しようとしてるの?

 

id:imakita_corp

養子縁組の話は同性婚議論でしばしば見かける

本来趣旨と違う運用してるので法律拡張してほしいという話なら

ちょっとはわかる

 

id:grdgs

別に俺の増田以外にもこのブコメ使える。単に反発したいだけか?

少しは議論の中身に参加したら?

 

id:kiwamaru100

それなりに様々な国・地域で導入されてるね

http://emajapan.org/promssm/world

参考にできると思う

 

id:sekreto

近親婚を役所レベル禁止できるとか、現行制度にも利点はあるんやで

これがないと結婚式に証人を立てるとかしなきゃいけないけど日本にはそれが確立されてない

まあ性急に今の制度廃止するのは俺は反対だ。新しい何かを作ろう

id:khtokage

id:toteri

勉強になるって言ってくれてありがとう増田書いた甲斐があったよ

これで結婚制度議論が少しでも前に進むといいな

 

id:amematarou

関係ない問題を持ってきて議論を迷走させようとする悪意がある

 

id:mutinomuti

どう感じるかは読者の自由だけど、迷走が嫌なら自分自身で迷走していない直球の議論元増田と進められたい

100文字議論が辛いなら俺と同様増田にて

 

id:misopi

結婚離婚くりかえしてる芸能人とか重婚してるようなもんだし慣れの問題だと思う

 

id:daaaaaai

わかる(つらい)

 

id:SndOp

汎用的なパートナーシップを望んでる人は案外多くて、宗教団体法律にたよらなくてもそれを実現できるってのが実態に近いと思う

 

id:daruyanagi

id:by-king

せやな

法律条例拘束力が強すぎる問題もあるかと思うので声明発表とかで様子を見る選択肢もある

 

id:quality1

言葉に出来ない人達思考を取りこぼしてる可能性は否めない

誰か代弁者を探して

 

返信しきれなかったブコメに対して

ある程度のまとまりで返答しま

 

議論していると時間が足りないので早くアクションを起こせ

各自治体で導入が進んでるパートナーシップ制度に対して法的拘束力をつけるよう要請するのが早道です

https://www.huffingtonpost.jp/entry/same-sex-partner-certificate-2019-april_jp_5ca09413e4b0474c08cfef9c

既に法制化が進んでるし俺も含め反対者が少ないんだからこっちを推し進めた方が絶対有利と思う

 

・一気に物事解決しないのだから目の前に見える問題を少しずつ解決すべき

→わかる。

なので今の結婚制度に手をつけず新たな制度を設けるべきと主張してます

マジョリティに比べて完全な権利ではないことは理解するが、そこは「少しずつ進めよう」

 

・今LGBTが求めているのは制度ではなく承認などの情緒問題

→俺がいつも取りこぼしがちになる領域はてな法律制度の話しかしちゃいけない場じゃないんだけすっきり解決できる方法がないので勢い無視ちゃう。どうすればいいんだろうな?

 

勉強になった、参考になった

ありがとう。今後の議論で「権利が増えるだけだから問題ないでしょ?」とフワッとした言い方を見かけたら

ここの増田議論を参考にしてくれればと思う

例えば今後日本移民国家になって「本国から妻を2人呼びたいんだけど」なんて議論がわいてきたとき

どういう立場をとればいいか。準備になる

 

戸籍廃止しよう、家族制度解体しよう

おいやめろ

免許の返納が進むと何が起きるか

池袋事故を筆頭に連日高齢者による人身事故報道がなされ、それに伴って免許の返納に関する世論も盛り上がっているように見える。

「実際には高齢者人身事故よりも若年層の人身事故のほうが多い」みたいな話もあるが、その辺りは一旦置いておいて、今回は免許の返納について考えてみたい。

結論から言うと、免許の返納が進むことには大きなリスクが潜んでいる可能性があると思っている。それは、「身体機能認知機能の低下による社会的コストの増大」だ。

運転をする人ならわかると思うが、自動車運転には高度な認知機能判断力一定身体機能が求められる。逆に言うと、自動車運転は「強制的に外部からの刺激を受けて認知身体機能トレーニングをしている状態」とも言える。

一方、(本来ならまだ自動車運転できたはずの高齢者が)免許を返納すると、直面するのは「外出コストの大幅な増加」だ。

公共交通機関があまり発達していない地方で外出をしようと思ったときタクシーしろバスしろ電車しろ自動車以外の外出手段には「タクシーを呼ぶ」「遠くの乗り場まで歩く」「毎回お金を払う」など、多大な心理的時間的コストがかかる。そうすると、不要不急の外出自体を控えるようになる高齢者も決して少なくはないだろう。少なくとも、平均的な外出回数は減るはずだ。

※ちなみに、65歳以上の高齢者350万人のうち270万人が東京大阪愛知以外の地域に住んでいる

まり、外出頻度の低下による刺激減+運転による刺激減がダブルで起きることになる。これは、高齢者全体として捉えると認知症や寝たきり等の発症件数の増加、発症時期の早期化(結果として要介護期間の長期化)に繋がってもおかしくないように思う。

記事レベルではこういった話もあるが、根拠となる文献等は見つけられなかった。申し訳ない。何かあれば教えてほしい)

まり免許の返納」という方法高齢者事故問題解決しようとするなら、本来は「高齢者健康リスク増加による社会的コストの増大」と「事故被害者の減少による社会的コストの低下」を比較するのが良いが、まあこれは政治的に無理だと思う。

だとすると、求めるべきは個人判断に基づいた自主的な返納なんかではなく

といった方法になるのではないだろうか。別に危険運転をするのは高齢者に限らないので、こっちのほうが網羅的だし。

行政政治マスコミの皆様はわかりやす事象に囚われすぎず、トータルで社会的な便益が大きい方法を考えてほしいと思う次第。

車の運転難易度高すぎ

地元は「松本走り」みたいな車が多い地域から運転難易度無駄に高い。車線変更に指示機つけない、無理な割り込み、無理な右折、対向するってのに狭い場所まで突っ込んでくる車が当たり前。おまけに逆走自転車と無理な割り込み原チャリ安全に走ることの難易度が高すぎる……飛行機運転なみに厳密にやってくれよみんな俺もそうしてるからよお頼むよお

anond:20190519125413

日本漫画ではっつーかいとこ婚はふつーに合法な国・地域多いしそこまで珍しくもない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん