「震災」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 震災とは

2018-01-23

https://anond.hatelabo.jp/20180116025753

元増田よりも少し遅いタイミングかな。

ももクロは、2011年後半〜2014年末ぐらいまでよく見に行ってた。

プロレス的な仕掛け・口パクなし・全力」が当時としてはフレッシュだったし、

2011震災後「全力のパフォーマンス笑顔を届ける」というコンセプトがめっちゃハマったんだと思う。

当時はヒャダインの幕の内弁当的な楽曲も新しかった。

ワニシャンとかもめっちゃ良かったなあ。

しかしまあ「宿題がおわんなくって大変!」だの「あーりん反抗期からハンバーグがいい」だの「一人で寝たくないから、ベッドに入ってくるとか」を歌ってしっくり来るのってやっぱ17才ぐらいまで。幼児性を前面に押し出し楽曲が多いから、18才過ぎた大人が歌うには厳しい楽曲も多い。

少し路線を変えて、アーティスト路線で行こうと判断して2013年4月発売の 5th Dimensionだったんだと思うんだよね。

ただしこの時点では、バトルアンドロマンスで作られたももクロ像を求めてる人との齟齬で正直失敗しちゃったなあって感じがある。

楽曲をざっくり「1. 少年少女的なもの」「2. 青春的なもの」「3. 普遍的もの」とかとすると、ももクロって全部あるんだけど、メンバー20歳超えてくると1・2を歌うのが結構辛くなってくる。

あと「今」を歌った曲が多いから、そもそも曲の寿命が短かったりもする。

AKBGはメンバーの入れ替わり前提だし、まさしく制服を着てるので、ずっと青春的なものを歌っていて違和感ないのは良くできてる。

やっぱ10代前半のアイドルと、20代アイドルに求められるものって全然違うし、本人たちの自己認識もあるから難しいよねえ。

ももクロに関しては、メンバー幼児性が変わらない感じがまた難しそう。

この点 Perfume は上手だし、男性アイドルジャニーズが切り開いたキャリアパスがあっていいなと思う。

個人的には5thの前後からやたら「大物」に曲を作ってもらって箔付ける感じ(極北広瀬香美中島みゆき)がどうにも合わなくてフェードアウトしてしまった。

2018-01-21

阪神淡路大震災から23

当時、厨房だった俺も今や3児の親。

今更ながら震災発生直後、家族のため物資集めやら奔走してた親のことをふと思い出す。

現在、同じ状況になったとして、俺がそんな風に機転を利かして動けるかなと。

まぁ、当時の親の頑張りを見てたから、今の俺はできるかも知れない。

親が成長の過程災害に見舞われた経験があるとは聞いてないし、よく奔走してくれたよなと感謝する一方、

じゃあ、俺が親と同じ成長の過程を経てたとして、

自分なら動けたかなと、ふと考えてしまった。

2018-01-18

https://anond.hatelabo.jp/20180118175928

震災で募った募金の使い道を明らかにしない件について、ひと言お願いします!

震災の日が

誕生日なんだぜ、って言ってた同級生、誰だったかな、思い出せないや

いつもこの時期になるとなんとなく思い出して懐かしい気持ちになりそうで

結局思い出せずモヤモヤして

なんとなく亡くなった方のご冥福をお祈りして

またいつもの日常に戻るのだ

2018-01-17

ここ数日増田記事福島県のことが書かれてきているか調子に乗る

anond:20180116221454

福島県全体がパッとしないのは震災からあって(バカ日本地図には「謎」とか書かれたし)、日本海側の「会津」、太平洋側の「浜通り」、その中間新幹線が通る「中通り」の3地方を有するこの県の面積は、最近TOKIOさんもCMで言ってるとおり南関東1都3県の面積に匹敵する。各々がいい特長を持っているが、県の日本一はコレです、ってのは少ないかもしれない。

はいひとつになって百数十年以上たてば「福島県民」というアイデンティティがあるわけで、分県だの廃県だの改名だののたまう輩はおんつぁげす、って感じだ。

だいたいはまぁブコメ言及されてるとは思うが、ややマイナーどころとして駅伝合唱が強いことは強調しておきたい。誇りとするところである。「山の神柏原君っていわき出身なんですよね?」「合唱めちゃ強いって聞きましたよ!」と県民に言えば喜んでこたえてくれるぞ。

「知らなかった」でもいい。これから知って、食べて、来てみてくれればなおいい。まずはお近くのニューデイズ販売店で酪王カフェオレからだ!

https://www.google.com/maps/d/embed?mid=1k3vKtP7WN7UZPKxESCxnxhKswpI&hl=ja_JP

追記: anond:20180117194414

それはクリームボックス。県中の郡山市を中心に地元パン屋さんで売られている。セブンイレブンでは県内限定販売だったが、最近ファミマで全国に置いてあるな。

他には関東でも新宿の「ポンパドウル」でも売ってるらしいし、物産イベントとかで出る「酪王カフェオレクリームボックス」もオススメだぞ!

みんな、お金にならない物語なんて書きたがらない

 また別の商業物書きです。

 

物語を巡る状況はぜんぜん悪くなってない

anond:20180116123154

 この増田の話にうなずきながらも、実情を顧みるに、ぼやかずにはいられなくなったので書きます

アニメゲームと言った企業営利創作のなかで「自由にかけない」「ストーリーは終わった」と嘆く人間よりも、「オレはこういうのが好き」「金とは無関係に書く」と活動できている彼らのほうが、よほど物語る事に対して建設的だと思いますよ。』

 元増田は制約の多い商業作品の対比として、web小説について作者が自由に書けると述べられていましたが、実態はそのようにはなっていません。

 私も元増田のおっしゃるように、アマチュア自由に好きなものを書いてほしいと思っているクチです。

しかし、小説家になろう代表されるweb小説サイト00年代後半から眺めてきて今思うのは、みんなお金にならない物語は書きたくないんだな、ということです。

“みんな”と言ってしまうと主語が大きすぎるかもしれませんが、そうじゃない人たちはすっかり埋もれてしまって、なかなかお目にかかれなくなってしまいました。

魔法高校の劣等生がまだランキングにあったころの小説家になろうは、皆が自分の好きや面白いを信じて自由に書いていたと思います

だけど、震災から数年が過ぎたぐらいか雰囲気が変わりはじめ、今ではほとんどの人が流行りや読者のリアクションを強く意識し、書籍化というプロデビューを先に見据えながら作品を書くような場へと変わり果ててしまいました。

ラノベ新人賞に応募するよりも、なろうに投稿するほうがデビューの近道」というようなことを耳にしたのは、いったい何年前でしょうか。

特に2chのなろう系スレなどは流行りとPVの話ばかりになってしまい、覗く気力はすっかり失せてしまいました。

そういう風潮を気にせず自由作品を書いている人もいるでしょうが(実は私がそうです。アマチュア時代PNでひっそり書いてます)、プロを夢見る人たちが溢れかえっている場で、自由気ままに物語を綴るのは異端者扱いを受け入れねばなりません。

特に私が危惧しているのは新規ユーザーへの影響で、創作について右も左もまだよくわからない若者に対して、創作とは流行意識せねばならぬものだというような要らぬ先入観を与えねばいいのだが、と気をもむ次第です。

ただ、こう言ってる私自身なんだかんだでプロになってしまったように、あわよくば自分作品お金に換えたいと考える人気持ち本心ではよくわかります

少し前にこんな増田がありましたが、

2018年以降、二次ロリコンテンツは大きく減退する

anond:20180102164636

 この手の表現規制だって商業化を諦めさえすればいくらでも回避可能なんじゃないでしょうか。

 でもそれはやっぱり無理でしょう。

みんな創作物お金を稼ぐことを意識せずにはいられなくなってしまいましたから。

阪神淡路大震災から23年...もう、止めても良いんじゃない?

今年も1月17日がやってきた。

阪神淡路大震災から23年目だ。

被災地である神戸公園では震災の起きた時間慰霊の集いが行われたというニュースが今朝も流れていた。
既に23年も経っているのに…だ。

被災地以外に住む人間から思う事かも知れないが、慰霊の集いのニュースを見て
「この人達はいつまで震災の亡霊に取りつかれているのだろうか」と感じた。

大きな災害でも20年も経てば被災地には、その災害を知らない世代が増えて来る。
災害の傷跡を引きずる事が悪いとは言わないが、災害を知らない新しい世代が増えて来た時、
その新しい世代から見れば傷跡を引きずる人々は「亡霊」という印象を持たれる事も有る。
ニュースに映った慰霊の集いの映像から、私は亡霊の集いの様な印象を受けた。

20年以上経っているんだ、もう慰霊の集いを止めても良いんじゃないかな?
止めずとも、慰霊の集いの形や、あり方を見直すべき時期に来ているのではないだろうか?

少し、話は変わるがこんなニュースを見た。
神戸新聞NEXT|総合|県の復興借金、いまだ4386億円 重い地元負担
兵庫県震災時に復興費用を県債(借金)で賄ったが、その借金の返済が未だに終わっていないという話。
4386億円の借金が残っているそうだ。
復興のための費用20年以上経つの借金として自治体に残っている。
それはその自治体の発展にとって大きな妨げとなっているのだろう。
正しく、震災の亡霊(借金)が未だに被災地を苦しめているという印象を受けざるを得ない。

2018-01-12

anond:20180111174433

てっきり大震災のおかげで原発神話に終止符が打たれるかと思ったら「稼働させないと電力が!」

どんな先進国ももはや原子力発電所は「発電施設として妥当ではないし検討する価値も無い」って段階になってるのに(中国韓国除く)

まだ原発利権の言うことを信じて稼働を支持する国民に目まいがする

未だに福島原発の処理も済んでないしメルトダウンしたのもそのまんまなのに

そもそもコストにしたって廃炉と燃料廃棄でトントンどころか石油やすより大赤字なの知らないってどうなの

除せんコストでこれはもうコスパがいいなんて口が裂けても言えなくなったわけで

というか安全に捨てる場所すらないっていう話にもならない状況なのにまだ廃棄出すのって

正直日本人は全員死んだ方が日本にとっては正解だと思ってる

原発に関してはもはや賛否両論かいう段階じゃない

事故った時点で廃炉一択代替するエネルギーを早急に開発して設置していかないといけない段階

事故ったのは甘かったからとかい意見馬鹿すぎる

原発以上にミスったらダメなことってあるのかっていうことをミスってるようなレベルにまで安全管理が低下した国に

これから先何十年の安全管理が万全を期して行うという想定をするほうが甘すぎる

そもそも原発に関する事故福島だけじゃない、過去にも「甘すぎる」ミスがあった結果がこれ

新しい日本人アメリカ人クローンで作ってもらいましょう

東京のど真ん中に原発作れば関東平野に住む人間も実感として理解できるんだろうか

関東大震災が起こっても関東平野人たちは福島の再体験できないからそのあとも原発稼働を支持することになる、もったいない

どれだけ小型でもいいからなんか放射能汚染につながりそうな施設を一個でもいいか都心に作ってほしい

2018-01-09

202x年

首都直下型の大震災対応に、

政府自衛隊が追われる最中

北朝鮮がついにアメリカ宣戦布告をした。

韓国国境では既に激しい戦闘が繰り広げられ、

日本核ミサイルが打ち込まれるのも、

もはや時間問題との状況である

そんな中、一人の男が立ち上がった。

「おーい、日本各地に核シェルター建設したぞー、全国民が1年は避難できるぞー」

その男2018年成人式で姿を眩ませた、

はれのひ社長

あの日詐欺事件は、

政府高官に紛れこんでいる

北朝鮮スパイの目を欺くための、

苦肉の索だったそうだ。

「表だった資金移動はやつらに感づかれてしまう、夜逃げってことにするしか無かったんだわー」

多くの国民は彼の行動を讃え、

翌年から成人の日は、

「はれの日」と呼ばれるようになったとさ。

anond:20180109195605

感動とは違うが

震災後のJリーグの再開戦の等々力仙台サポーターカントリーロードを歌い始めた時はなんか泣いてしまったわ

2018-01-08

日本サッカーの敵星野仙一逝去を祝う

サッカーTシャツと短パンでできる競技野球の方が厳しい」

デビッド・ベッカムよりこっち(野球)のほうが人気がある」

「何がフリーキックじゃ!あんなんワシでもできる!」

野球がなくなったら日本もなくなる」

サッカー負けたぞ」

「この五輪で一番注目されているのは、サッカーじゃなく野球。あとは単体(個人種目)で北島ヤワラちゃんがいるくらいでしょう。それに応えていかなくてはいけない」

今日サッカーアメリカに負けましたけど野球アメリカに勝ちますので、皆さん楽しみにしててください。」

これらは全て星野発言である

また、楽天監督時代ベガルタ震災復興支援報道しないよう、各メディア圧力をかけていたのも記憶に新しい。星野のせいでベガルタ震災復興に際して何もやっていないことになり、震災から1か月間何もしなかった楽天復興象徴となった。

そんな星野仙一逝去は、今年の日本サッカー界の最初朗報と言えるだろう。逝去を心から祝福する。

2018-01-07

安倍総理自民党はが裁きを受けよ。政治家やめろ。

これほど政治家の「言葉」が国民を怒らせ、失望させた1年はなかった。2017年前半は権力に酔った暴言が相次いだ。

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

 安倍晋三首相発言を筆頭に、「震災東北で良かった」(今村雅弘・前復興相)、「あれは怪文書みたいなもの」(菅義偉官房長官)、「このハゲー!」(豊田真由子・前衆院議員)もあった。

 彼らは選挙が近づくと国民の怒りを恐れて「真摯」「反省」を繰り返したが、総選挙勝利すると再び本性を現わした。

“これで禊ぎは済んだ”と満面の笑みをたたえ、権力を笠に着て国民小馬鹿にし、批判されても鼻で笑ってみせる。そうした「国民愚弄発言」のMVP候補に一番にノミネートするのは、稲田朋美・元防衛相の呆れた発言である

有意義な1年でもあった」

 さる12月11日活動再開した自身勉強会伝統と創造の会」で稲田氏が語った言葉だ。

 大臣時代ウソ答弁を重ね、自衛隊日報隠し問題では説明を二転三転させ、北朝鮮ミサイル危機さなかに防衛省内を機能麻痺に陥れたことさえも、彼女にとっては「有意義」だったようだ。

彼女は今も自分は初の女性首相の最有力候補と思っていて、勉強会では『戦う政治家として活動したい』と力説していた」(自民党議員

週刊ポスト2018年1月1・5日号

安倍総理自民党はが裁きを受けよ。政治家やめろ。

2018-01-06

https://anond.hatelabo.jp/20180105234421

震災キーワードシャッフルして、少し変換してる点。

現代アイテム」が古くなることより、こっちのほうが10年後どうなるか。

千年ぶりに訪れる彗星。  千年ぶりの大地震津波

天体ショーである破滅的な災害。  震災であるが、スペクタルな自然現象でもある。

爆破される変電所。 水素爆発する原発

停電。  輪番停電

逃げない町の人。  「津波てんでんこ」の話でもわかるように、避難は難しい。

神社。  古い神社津波被害を受けない場所に作られていた。

学校避難。  学校避難

津波が到達したエリアとそうでないエリアで雲泥の差。  学校避難した人々が一気に安全になってる。

こんな災害の中で恋愛かよ。  こんな状況でアニメ作りかよ。

少し前にあった千年規模の災害と、一方就職活動という日常生活の悩み

 

この映画震災後の「現在」に公開されたという文脈記憶メモ

今回、初見だった人の、こっち方面での語りが少ない気がするのだが。

2018-01-05

anond:20180105161049

明瞭期ってなに?黎明期のこと?

腐女子の間にTwitterが普及し始めたのはも少し前だったと思うよ。スマホ関係無いし。

私が最初Twitterの垢作ったのが09年くらいだったような。その頃はよくサーバーが落ちるし使い方がよくわかんないしで、パソコンで呟くのも随分難儀した覚えがある。

確かほとんど支部とセットで広まっていった感じだ。

当時私は結構古いジャンルにしがみついていたのだけれど、あるときそこに腐女子の間では有名な某神絵師が漂着してきて、彼女Twitterおもしろ支部おもしろいって言い出してから皆が我も我もと彼女に続いて新天地に向かったという訳だ。

ついっぷるとか何か色々アプリが出来て便利になって、Twitterは急速に普及していったね。トゥギャッター誕生したりも。

2011年春には私はすっかりツイ廃になっていて、魔まマにはまりこんで夜通し考察ツイートしまくって有村から随分はまってるねぇとリプが来た、その日の午後に震災が起きたんだった。

それがもう七年も前の事なんだなあ。

2018-01-01

2018年~2030年予言

2018年

2019年



2020年

2021年



2023年

2024年

2027年

2028年

2030年

2017-12-29

anond:20171229163654

これほど政治家の「言葉」が国民を怒らせ、失望させた1年はなかった。2017年前半は権力に酔った暴言が相次いだ。

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

 安倍晋三首相発言を筆頭に、「震災東北で良かった」(今村雅弘・前復興相)、「あれは怪文書みたいなもの」(菅義偉官房長官)、「このハゲー!」(豊田真由子・前衆院議員)もあった。

 彼らは選挙が近づくと国民の怒りを恐れて「真摯」「反省」を繰り返したが、総選挙勝利すると再び本性を現わした。

“これで禊ぎは済んだ”と満面の笑みをたたえ、権力を笠に着て国民小馬鹿にし、批判されても鼻で笑ってみせる。そうした「国民愚弄発言」のMVP候補に一番にノミネートするのは、稲田朋美・元防衛相の呆れた発言である

有意義な1年でもあった」

 さる12月11日活動再開した自身勉強会伝統と創造の会」で稲田氏が語った言葉だ。

 大臣時代ウソ答弁を重ね、自衛隊日報隠し問題では説明を二転三転させ、北朝鮮ミサイル危機さなかに防衛省内を機能麻痺に陥れたことさえも、彼女にとっては「有意義」だったようだ。

彼女は今も自分は初の女性首相の最有力候補と思っていて、勉強会では『戦う政治家として活動したい』と力説していた」(自民党議員

週刊ポスト2018年1月1・5日号

安倍総理自民党はが裁きを受けよ。政治家やめろ。

anond:20171227174803 国民を怒らせたのは、安倍自民党

これほど政治家の「言葉」が国民を怒らせ、失望させた1年はなかった。2017年前半は権力に酔った暴言が相次いだ。

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

 安倍晋三首相発言を筆頭に、「震災東北で良かった」(今村雅弘・前復興相)、「あれは怪文書みたいなもの」(菅義偉官房長官)、「このハゲー!」(豊田真由子・前衆院議員)もあった。

 彼らは選挙が近づくと国民の怒りを恐れて「真摯」「反省」を繰り返したが、総選挙勝利すると再び本性を現わした。

“これで禊ぎは済んだ”と満面の笑みをたたえ、権力を笠に着て国民小馬鹿にし、批判されても鼻で笑ってみせる。そうした「国民愚弄発言」のMVP候補に一番にノミネートするのは、稲田朋美・元防衛相の呆れた発言である

有意義な1年でもあった」

 さる12月11日活動再開した自身勉強会伝統と創造の会」で稲田氏が語った言葉だ。

 大臣時代ウソ答弁を重ね、自衛隊日報隠し問題では説明を二転三転させ、北朝鮮ミサイル危機さなかに防衛省内を機能麻痺に陥れたことさえも、彼女にとっては「有意義」だったようだ。

彼女は今も自分は初の女性首相の最有力候補と思っていて、勉強会では『戦う政治家として活動したい』と力説していた」(自民党議員

週刊ポスト2018年1月1・5日号

2017-12-28

今年も

映画『ニューイヤーズ・イブ』をみた。

年末にみるのが毎年の習慣になっている。

群像劇が好きなのと、2011年12月は疲れていて、明るい映画が観たくなって映画館に足を運んだのだった。

初めて観てからもう6年も経つ。

見るたびに借りるのもなんなので、今年はブルーレイを購入した。

もうババアなので、知らない人間たちが愛し合う姿をみると、無条件で泣けてくるのだった。

当時は、最後震災というワードを含んだメッセージに心が温かくなったのを覚えている。

今年は、タイムズスクエアTOSHIBA文字哀愁を感じた。

来年は何を思うだろうか。

めざせ!世界一クリスマスツリーについて思ったこ

大手メディアは本イベント批判を「木がかわいそう」などとまとめていますが、実際は「震災の鎮魂と復興再生テーマにふさわしいイベントなのか」「実行までの不透明過程」「主催者の二転三転する説明への不信」などが焦点になっています

会期も終わり、クリスマスツリーとされた大木は、植樹と言われながら根付ことな伐採されました。

自分の心を整理するため、主催者被災者の鎮魂、復興再生を謳ったイベント主催としての誠意が全くみられなかった、という点について書きたいと思います。(他の面については他の方が証拠を揃えて書かれていますので、書きませんが、重大な問題だと思っています

 ◆◆◆

神戸の街と人々は、22年前に地震という自然の力に否応無しに痛めつけられました。大切な物を喪い、傷つき、絶望した記憶は、街が復興を遂げたとしても癒えるとは限りません。中には望まずして愛する街を去らねばならなかった人もいました。

そのような人々に対して、健やかに山で生きていた大木功名心とも思える動機で切り出して、にぎやかなイベントアトラクションとして据えることが、鎮魂の象徴にふさわしいなどと、どうして思えたのでしょう。本来であれば、主催説明をすべきことですが、彼らはいくら真摯意見を受けても、説明する責任を果たしませんでした。主催の西畠清順氏は、会期中5回以上のトークイベントを設定しながら、このテーマについて語った言葉は数えるほどしかありません。関係者説明から逃げ「嫌なら見なくていい」と放言したり、中傷されたと被害者ぶったり、わざわざ直接ではない言い方で「くだらない」「厄介な傷つきやすさのアピール」と侮辱をしたのです。

私には、否応無く採取輸送で痛めつけられ半死半生で潮風にさらされる木が、150年以上にわたって自らを育んだ地から強制的に引き剥がされた木が、被災した神戸の人々に重なってなりませんでした。震災経験した方の中にも、そのように感じ、つらい記憶が生々しく蘇って苦しんだ方がいらっしゃいました。それは、西畠氏が仕掛けた「この木への感情移入」に少なからず原因があったと思います

また、何より許し難かったことは、被災地の子供たちに願いを書いてもらったオーナメントが無残に風にちぎれ飛ばされていたことでした。主催にとって、「鎮魂と復興再生」というのが単なる都合の良い大義名分以上のものではないということを如実に示していました。

私は、悲愴な記憶を「もう○年前のことだから」「自分には権利があるから」と、踏みにじってもよいもの、利用してもよいもの、軽んじてもよいもの、として扱う鎮魂ビジネスを断固として拒絶します。

そしてその姿勢を是とした西畠清順、糸井重里、そら植物園フェリシモ神戸市等への不信感を決して忘れません。

いつか、東北熊本で同じようなことを企む輩が出るかもしれません。震災に限らず、聞こえのよい大義名分のもとに、メディアに守られたならず者が土足で人々の思いを踏みにじることがあるかもしれない。

その時には亡くなった者、傷ついた者の尊厳を守るために断固として戦わなければならないと思いました。

参考)

有川浩さんのブログ https://ameblo.jp/arikawahiro0609/entry-12336781681.html

いいなさんのブログ(本企画時系列) http://iina-kobe.com/entry88/

なぜ神戸に半殺しの生木を吊してはいけないのか:震災死者を冒涜する#世界一クリスマスツリーの売名鎮魂ビジネス

https://www.insightnow.jp/article/9833

2017-12-27

これほど政治家の「言葉」が国民を怒らせ、失望させた1年はなかった。2017年前半は権力に酔った暴言が相次いだ。

これほど政治家の「言葉」が国民を怒らせ、失望させた1年はなかった。2017年前半は権力に酔った暴言が相次いだ。

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

 安倍晋三首相発言を筆頭に、「震災東北で良かった」(今村雅弘・前復興相)、「あれは怪文書みたいなもの」(菅義偉官房長官)、「このハゲー!」(豊田真由子・前衆院議員)もあった。

 彼らは選挙が近づくと国民の怒りを恐れて「真摯」「反省」を繰り返したが、総選挙勝利すると再び本性を現わした。

“これで禊ぎは済んだ”と満面の笑みをたたえ、権力を笠に着て国民小馬鹿にし、批判されても鼻で笑ってみせる。そうした「国民愚弄発言」のMVP候補に一番にノミネートするのは、稲田朋美・元防衛相の呆れた発言である

有意義な1年でもあった」

 さる12月11日活動再開した自身勉強会伝統と創造の会」で稲田氏が語った言葉だ。

 大臣時代ウソ答弁を重ね、自衛隊日報隠し問題では説明を二転三転させ、北朝鮮ミサイル危機さなかに防衛省内を機能麻痺に陥れたことさえも、彼女にとっては「有意義」だったようだ。

彼女は今も自分は初の女性首相の最有力候補と思っていて、勉強会では『戦う政治家として活動したい』と力説していた」(自民党議員

週刊ポスト2018年1月1・5日号

2017-12-22

anond:20171222114531

テロ震災普通に「起こりえる」事は誰もが知ってた事だが

あ、ただのガイジでしたか、ごめんなさい

anond:20171222114302

テロ震災普通に「起こりえる」事は誰もが知ってた事だが

いつどこで起こるかまで予言出来たというのなら超能力者だがな

anond:20171222111012

なるほど、テロやら大震災やらで周囲の人間が皆死に絶えて

自分とその女性しかいない!って状況を想定してるのか

その状況ならAEDやろうがやるまいが死ぬだろ、その後まともな医療措置出来ないんだから

anond:20171222105846

お前は自分のこと賢いと勘違いしてるようだけど現実の方がオーバースペックなのでお前の妄想はるかに超えてきます

世界貿易センタービルの倒壊や東北震災を占ってたのなら信じてもいいけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん