「さな」を含む日記 RSS

はてなキーワード: さなとは

2018-12-17

anond:20181217231830

そりゃあ栄養学会食卓でお馴染みの食品を食べてはいけないなんてことは言い出さないからな

モテるために自分がやったこ社会人男性編2018

タイトルからして胡散臭さ全開なのだが、自分で変わったなと思うし実際モテるようにはなったので、少しその話をしてみる。

スペック

国立大理系卒、IT大手企業の4年目の28才、年収600くらい、身長は170後半、顔面は中の下くらい(自称)。

高校大学彼女がいたが、社会人になってから彼女なし。

出会いはなくはなかったがモテなかったし、あまり人を好きにもならなかった。

一社会人になってから1人だけ好きになった女性がいたが去年のクリスマス玉砕した。

クリスマス終わって年末実家で過ごしながら、あ、なんかこのまま俺の人生終わるのかな、と思ったら人生変えようと思い始めた。

モテるためにやったこ

モテるために何をすればいいか

モテる」を分解すると、「魅力の向上」「機会の捻出」の2つがあると思っている。

「魅力の向上」を更に分解すると、外見的魅力と内面的魅力の2つに分けられるだろう。

「機会の捻出」を更に分解すると、つまりどんなチャネルで異性と会って潜在顧客リーチするかという話なので、友達づてで出会う、マッチングアプリのようなプラットフォーム結婚相談所のようなエージェントを通す、ストリートナンパするとかあがあるだろう。

この2つは商品開発におけるプロダクト開発とマーケティング関係のようだと思っている。

まり、良い商品が出来上がっていないときいくらテレビCMバンバン打っても売り上げは伸びない。

なので、まずは顧客にとって魅力的な商品を作り上げるべきだと思った。まず自分の魅力を向上すること最優先に考えてみた。

魅力の向上

外見の魅力

まずは分かりやすい外見の魅力について、いくつか要素に分けて考えてみよう。

体を鍛える。

ネタではなくマジである。イケメンだったらガリでも筋肉でもイケメンイケメンだが、ブサメンであればせめて筋肉のついた健康的な身体の方が魅力的だと思う。

それに他の要素に比べ、やれば確実に身につくことをやらない理由がない。

とはいえ自分意志の力だけでは確実に三日坊主になるのは分かっていたので、年始の1/1に思い立ち、その場ですぐにプライベートジムの会員に申し込んだ。1レッスン5000円で時間指定をしてトレーナートレーニングを見てくれるシステムで、さすがに1回5000円がかかっているのにサボろうという気には毛頭ならず、特別理由がない限り週2で通い続けた。

体を鍛えるのは自分内面にも影響を及ぼす。筋トレをしているとやればやるだけ確実に進捗を感じられるし、身体が変わっていくのが実感できるし、それが自信に繋がる。気のせいなのかテストステロンの分泌によるものか自信によるものかは分からないが、確実に自分精神状態改善され、筋トレ以外にも活発的で挑戦的になったと思う。

ファッション

次にファッションをどうにかしようと思った。ダサいつもりはなかったが、いまいち大人っぽくないとは感じていた。

ここの改善方法に決定的な答えはないが、心構えとして自分で変えたなと思うところとしては、自分にとっての新しいファッション積極的に挑戦するようになった。

例えば今までしたことのないジェルつけまくりの髪型だとか、眼鏡をやめてコンタクトにするとか、明るい色のコートを買ってみるとか、日常でもかっちりした服を着てみるとかだ。

それまでの自分の思いとしては、自分はそんなキャラじゃないとかいう思いでそういったファッションには挑戦してこなかったが、

この歳になると、「積極的自分を変化させないことの方がリスクである」ということを強く思うようになった。

子供のころは歳をとれば自然大人になるのだと思っていたが、大人になるには大人になるための努力、挑戦をしなければならない、と感じてきた。

(いや、自然大人になれる人は大人になるんだろうが、自分のようなファッションセンスがあまりなく外見に自信にない人間は、という意味である

これはファッション以外にも言えることで、「何かを変えなければ、今と違うものは得られない」ということを強く意識するようになった。

とはいえまあ明るいコートもジェルつきの髪型自分は似合わないのだが、似合わないからやらないではなく、そういう自分もアリかもな(似合わなくて笑えるけど)、くらいの気持ちファッションを楽しめると、楽しくなると思った。

今日の気分や天気やシチュエーションに応じて、自分ファッションを変えるのを楽しめると良い。

顔面をどうにかする

顔面をどうにかするには、整形するしかない。金さえあればできることなので、今お金をためている。

お金も頑張ればたまる額で十分整形できると思っている。二重の整形は〜20万でできるし、大工事するわけでもなければ、200万くらいあれば足りそうな気がしている。

また、整形が大部分だとは思うが、肌の綺麗さなんかは気にするようになった。

内面の魅力

こっちも色々書こうと思っていたのだがそろそろ疲れた需要があったら書く。

書こうと思ってた話は、主に恋愛工学勉強しようぜって話で、内面の魅力以外の話も含まれる。具体的には以下の3つ。

恋愛運ゲーなので、試行回数をとにかく増やす

・好きになってもらうための要素6つ

・会話をモデル化する

ますます胡散臭いなw

結論

ということをやってきて、ちょっとずつモテ始めて、自分に自信もつきはじめて、人生って楽しいと思うようになった。最近はとにかく人生楽しい

自分人生を変えるのは自分だし、きっと変えようと思えばいつでも人生は変えられると思う。

なんて、それっぽいメッセージで締めてみる。おやすみ

田舎自然も大嫌いだ

私は田舎が大嫌いだ。

東京から電車で1時間、駅から自転車で5分の住宅地で育ち学生時代都心大学で過ごした。もともと田舎なんで大嫌いだったし、キャンプBBQ、土いじりなどもってのほかだと思う。一生田舎になんて住むつもり無かったし、ずっと都会で生きていくつもりだった。

それが、就職に失敗して酷い田舎仕事するハメになった。はじめから田舎なんて嫌いだ、そしてこれからも嫌いだ。

自然が多い

正直に言う。子供ときから自然が怖い。動物が怖い。小さな動物でも噛み付かれ、牙で殺されるのではないかと思うと怖い。ほとんど恐怖症と言っていいくらいに虫が怖い。小さなときからあらゆる虫を見つけると絶叫し涙を流し暴れた。深夜にゴキブリが出たときには朝まで帰れなかった。植物が怖い。虫がいるから。気味の悪い芳香と奥に何かいるかもしれないと思うと花やゆらゆらする葉っぱをみて戦慄する。

そんなわけで私にとっては、田舎地獄だ。蛙が煩いセミ不快。蛾やカメムシが大量に発生して襲ってくる。その他、見たこともない虫がうじゃうじゃといた。あるとき、呑んで散歩をしていたら猪に出会った。野犬にも追いかけられた。もう、夜は徒歩で出歩るけない。治安悪すぎ。

トイレ

先進国である日本でいまだに下水道が整備されていない地域があることに驚いた。外出先で出会ボットン便所はもうイヤじゃ。

あと便器和式率の圧倒的高さは生きる希望を打ち砕く。2連の便所で2つとも和式だったとき絶望感を君は知っているか個人経営飲食店役所和式率が高い。パチンコ店でさえ和式で、昭和田舎で息づいていることがわかる。

実は、小学生ときキャンプ和式ボットン便所でクソをズボンにぶち撒けてから和式は怖くて使えないんだ。セミ爆音発酵した腐臭、薄暗い室内、茶色に染まった半ズボン、全部忘れられないぞ。

刺激が少ない

本屋がない。買い物できるところもない。図書館日焼けした昭和書籍申し訳程度に陳列しているだけだ。

しかに、目的をもって買い物するなら通販でいいかもしれない。でも、買い物に求めるのは合目的的な商品の入手じゃない。こんなものがあるのか、こんなことができるのかという驚きと発見が欲しいんだよ。

夏が過ぎ、秋が来て、冬を越えると春を迎える。そんな山と海で景色が変わらない永遠で平坦な日常なんていらない。

商店カフェ

知り合いでなければ塩対応だ。カフェコーヒーを一杯飲むのに世間話スキルを求められつらい。君はコーヒーを淹れる、僕は黙ってそれを新聞を読みながらゆっくりと飲む。そして代金を払う。それでいいじゃないか

古民家

古民家の何がいいのか。あんもの爆破してこの世界から一掃してしまえ。古民家民宿古民家カフェetc. どこからか虫が入ってくるのではと思うとまったく安らげない。あんもの森の中にいるのと同じだ。

下品な老人

確率で老人に話しかけられると下品シモネタ武勇伝として語られる。曰く、「田舎はオメコくらいしか楽しみがないらのぉ〜」だそうだ。オメコに溺れて息絶エロ

顔見知りでなければ人間ではない

田舎では、「顔のない他人」ではいられない。どこでもどこの誰かを問われる。いつ、どこにいたか筒抜けだ。こんなことな集団ストーカーに襲われたほうが100倍マシだ。

やれ溝さらいだの自治会だの消防団だの運動会だの例大祭だの、ボランティアという名の強制が多い。田舎の人は時間の希少さをわかっていない。カネを払うから休みの日ぐらい好きにさせてくれ。

田舎に来て、時間を供出して生き方を合わせることで根を張っていった人達もいる。だけれど私は変われなかった。

Yankee Go Home!!!

敗戦後は在日米軍支配されている日本人も少しはアメリカ文句を言ったらどうだ?

アメリカに逆らったらまた原爆で皆殺しにされるのが怖いか面従腹背か?

日本人傲慢アメリカ人のポチ犬で嬉しいのか?

おまえらそれでも日本男児か?

少しは恥を知れ!

 

12月13日インスタグラムミス・ユニバース米国代表のサラ・ローズサマーズさんが投稿した動画きっかけとなった。

サラさんたちは「ミスベトナムはとても可愛い英語をわかるふりをしているのだけど、会話の後に質問するとこうするの(笑いながらうなずく真似をして)、それが可愛らしいのよね」と、ベトナム代表のヘン・ミーさんが英語理解できないのにわかるふりをして、質問にも笑ってうなずくだけで返答しないことを面白おかしからかっている。

またカンボジア代表のレーン・シナットさんに触れて「ミスカンボジアは全く英語を話さないし、誰ひとりとして彼女言葉理解できないの。」と英語を全く理解しないことが信じられない、という感じで笑いながら小ばかにした。

 

男女問題ブラック企業政治などについて考える娯楽

それらについて考えるのってすっげーー楽だよな。

それについて怒りながら真剣に考えて長文打ってレスしたりしてると、

自分のことを考えなくて済む。

将来に対する漠然不安とか、今抱えてる個人的問題とか、やらなきゃいけないけど急を要さないことか。

そういうの全部から目を背けることができる。

全く別次元の何かについてで頭がいっぱいだと、そういうことを考えなくて済む。

楽。

しかも同じような話題ネット上でいくらでも共有できて、いくらでも話相手がいる。

これらの議論社会問題であり、これらについて考えることは時間無駄だという気持ちにもならない。


増田とか、はてなとか、5chとかそういう問題を取り扱うWEBサービス見るのぜーーんぶ止めた。

余計な怒りにエネルギーを使わなくて良くなった。

でも、その暇になった時間自分のことを考えてしまう。

このまま将来どうなっていくんだろう。

考えてもしょうがない。こればっかりは行動しないと意味がない。

考えてるだけでは現実世界は変わらないので。


でも、考えてしまう。

勝手不安になって、どうしようどうしよう、何からやればいいんだろう・・・と焦る。

焦るだけ焦って、何もせずにいつものように1日が終わる。

最近は何も考えたくなくてバラエティばかり見ていた。

普段バラエティなんか見ないのに。

おかげで流行している芸人の顔をだいぶ覚えてしまった。

何の益にもなりはしない。

でもそれも、社会問題に対して意見を書くのも、似たようなもんだ。

意味はない。

なんか、考えなくていいって楽だよなぁ。

今まで色々考えてるつもりだったけど。

社会問題に対して本気で何かするつもりがある人は現実世界で行動している。

デモをしている人たちを横目に見て思うことは、「うわー」だ。

「どうせ何も変わらないのにうるさいし暇なんだなぁ」という気持ちだった気もする。

もしくはそこまでも興味が無かったか

やっぱり、「僕の社会問題にたいする最強の考え」はただの暇つぶしであり娯楽なのだ

それ以上でもそれ以下でもない。

無意味な遊び。


自分はこの長文を書いて投稿したあと、スマホを閉じ、バラエティの続きを見るのだろうか。

多分そうするんだろうな。

今これをこうして打っている間も、特に何も考えていない。

何も成長してない。

自分の現状を変えるにはエネルギーが大量に必要すぎて、もはや何から手をつけたらいいかからない。めんどくさい。

どうすべきかも分からない。

結局、また増田に戻って来てしまった。

とても楽。

ははは。

なんで今の天皇誕生日祝日で残さないの?

クリスマス直前の祝日なんて、他の祝日に比べて経済効果めちゃ高そうなんだけど。

代わりに1日どっか別のやつ削れや。成人の日とか平日でいいだろ、タイミング的に。

糸偏がヘタクソだった

社会人になってからめっきり字を書く機会が減ってしまたから忘れていたんだけど、子供の頃私は糸偏が綺麗に書けなかった。

仕事上なにかを書くときアルファベットなことが多くて、丁寧に字を書くことなんて滅多にないから忘れていた。さっき珍しく部署内の人への書き置きを書いていて思い出した。

小学生の頃、フランス日本人学校に通っていた時期があった。駐在年数の長い子が多い学年で、みんな少し日本語おかしかった。いろんな地域方言や、英語仏語独語単語が滅茶苦茶に混ざったニホンゴで会話していた。珍しく出入り(転入帰国)の少ない学年だったこともあって、とにかく言語への頓着が薄かったんだと思う。

「書き」に関しても同じで、綺麗に文字を書こうという意識が、少なくとも私にはあまりなかった。高学年になれば「日本にいた頃習字教室に通っていました」というような子がひとりふたりいたんだろうけど、残念ながら低学年のクラスには母国スキルを蓄積している子はいなかった。両親がこどもちゃれんじと青い鳥文庫を根気強く与えてくれなかったらどうなっていたんだろうと思うとゾッとする…高かっただろうにありがとう。まだ英語和訳みたいな文章書いちゃうけど、なんとかなってるよ。

小2の春だったかな、そんな学年に日本から転校生がやってきた。訛りのない標準語を話す、おっとりした女の子だった。口数の少ないおとなしい子だったけど、私たちにとって彼女台風みたいな革命児だった。

彼女私たちに「日本」をたくさん持ち込んでくれた。まず、たまごっち。誰かの誕生日パーティーの席で耳慣れない電子音にざわつく私たちの前で、彼女は恥ずかしそうに「ごめん、私のたまごっち…」とポシェットからさなおもちゃを取り出した。衝撃だった。彼女がそれを操作するのを、みんなで息を潜めて凝視した。平城京スマホをいじったらあんな感じの視線を浴びると思う。彼女まさか同い年の子供がたまごっちを知らないとは思いもしなかったみたいで、徐々に衝撃から解放された同級生たちから質問攻めにされて目を丸くしていた。その日から彼女たまごっちは学年中(2クラス35人くらいだったかな)の関心の的で、毎朝進化たかおやじっちは来たか、何か変わったことはなかったかと聞かれていた。私は彼女と同じ通学バスだったので、朝家まで迎えに行くついでに、玄関で見せてもらっていた。いま思うとまじでうざいな。

次に衝撃的だったのが、あたしンち海外生活する子供にとって、日本漫画はとてつもなく貴重だった。小説日本語の発達を懸念した親に買ってもらえるけど、漫画はなかなか入手できなかった。誕生日や、一時帰国中に買ってもらった子はヒーローだった。数少ない母国の娯楽なので、家にある漫画は片っ端から共有した。ガッシュコロッケNANAGALS!犬夜叉コナンボーボボ神風怪盗ジャンヌ、ケシカスくん、フルバナルト、もうとにかくなんでも読んだ。

でも所詮小学生不条理ギャグ漫画とマセた少女漫画ファンタジーバトル漫画しかなかった私たちラインナップに、彼女のお母様が好きだという「あたしンち」が加わった。

ただの日常漫画だけど、それが私たちには衝撃だった。なんせ、知らないのだ、日常を。スーパータイムセールも、放課後の買い食いも、制服給食も、私たちにとっては未知の世界常識だった。おしゃれな少女漫画じゃ描写されない日常ネタは最高のエンターテイメントだった。ディスカバリーチャンネルでも見てるみたいだった。

レモン石鹸ミックスベジタブル、二枚組のトイレットペーパーなんて概念は完全にあたしンちから学んだ。お子さんを連れて海外赴任されるご予定のある親御さんは、日常漫画アニメにすぐアクセスできる環境を整えておくといいと思う。本当にどんな教科書よりためになった。

最後、本筋からだいぶ逸れちゃったけどこれが一番書きたかたことで、彼女は硬筆の書写がとても上手だった。小学校入学から教室に通っていたらしい。

先述の通り「綺麗な文字」という概念がすっぽ抜けてた子供だったので、彼女漢字練習帳はあまりにも衝撃だった。で、「組」だったか「紙」だったか忘れたけど、びっしり並んだ完璧な糸偏を見たとき彼女への憧れがMAXになった。大人みたいな字を、同い年の子が書けるんだ!すごい!かっこいい!私も書きたい!それと同時に、もしかして日本を離れている私は母国の子供に比べて知識技能に遅れを取っているんじゃないか不安にもなった。その日家に帰って最初に両親にその目標を伝えて、大喜びの2人に日本スーパーで小さな漢字ドリルを買ってもらった。糸偏だけじゃなく、苦手だった「女」も「海」も「方」も「子」もたくさん練習した。

日本語を書くことに抵抗がなくなったのはあれがきっかけだったと思う。周りの同級生彼女の綺麗な書き文字オーソドックス標準語に感化されて、国語学習に意欲的になった。本当に、彼女私たちに大きな革命を起こしてくれたんだ。

他にもナルミヤの子供服とかプロフィールシートとか、転校生ちゃん私たちに教えてくれたものはたくさんあったんだけど、どれもあの日本人学校っていう特殊コミュニティにいた私たちには衝撃だった。これが生まれたのが全部自分母国なんだって思うとゾクゾクした。いつか帰るのが堪らなく楽しみになった。そんな8歳の思い出である

………なんてことを、久しぶりにペンで丁寧に文字を書きながら走馬灯のように思い出していた。細田さん、締切日変更の連絡がありました。お席にお戻り次第メールボックスをご確認ください。

anond:20181217184754

パンフみたけどまず目と目をあわせ授乳母親からしたらダウト

おっぱいごしにどんだけ首のばさなあかんねん。肩こるぞ。

ヘタすると子供が肉をおしつけられて窒息死もしかねない。

子供母親の顔ばっかりみてないで違う方の乳首いじるのに夢中だったりする。

    

で、政治家大学社会学者おかしなことをすれば攻撃を受ける中で「医者だけを」攻撃しちゃいけない理由はなに?

それこそが特権階級であり特別扱い要請してるという証拠にほかならないよね?

墓穴掘るタイプバカ医療関係者はカエレ

もっとまともな医者になってから増田に出直せ

anond:20181217174432

証拠動機も疑われる側が出さなきゃいけないもんだろうから自演捜査されたときに余程うまい言い訳を思いつけない限りタイーホ勾留コースやろな。

嫌疑不十分だとしても10日以上はその人の活動を停止させられるっていう魔法やろな。

https://www.bengo4.com/internet/n_8998/

川上のアホはまた山本ネタ供給して何がしたいんだ

これで勝っても答弁で「法的に削除請求したものではない」と述べた以上、山本は消さないだろうし

負けたらまた粘着質に煽られるだけだ

近視眼的に行動しすぎだろ

お目付役に誰かつけとけ

anond:20181217000924

真面目に回答しておきますね。

まず、パンツを上げるというのがそもそも行われない。

洋式に座ってする人以外は、パンツを降ろさないから上げる必要が無いのだ。

ほとんどの男性パンツには、ブリーフトランクスも、ちんこを出すための穴があるのです。

1.小便器の前に立つ

2.ズボンのチャックを降ろす

3.パンツの中からちんこを出す

4.おしっこする

5.ちんこを振って、水切りする要領でちんこ周りのおしっこを落す

6.パンツの中にちんこしま

7.ズボンのチャックを上げる

基本はこれだけ。

ティッシュで拭くことも、洗うこともしません。

女性器と違って男性器はおしっこ射精以外の時は水気を含むモノを出さないので、

おしっこするたびに手入れしなくても、十分な清潔度を保てるのです。


清潔という観点で言えば、

男性器周辺にはアポクリン腺があって、それは強い匂いの元になることがあります

また、ちんこの皮を被った部分には、皮膚の細胞死滅してはなれた垢(ちんかす)が溜まります

これらは手入れしないと清潔とは言えませんが、それはお風呂で行うのです。

anond:20181217160450

それで見方を改めないのは、文化を解さなバカなので手遅れ。

循環論法を恥ずかしげもなく使うお前も、同じく手遅れだが。

eスポーツ地位は低い」→「そんな認識を持つの時代遅れ」→「そうしてマウント取る奴がいる内は地位が低い」→以下ループ

anond:20181217151252

90日は残さなきゃおまわりさんが来たときにお前が犯罪者扱いされる(ガチで)

anond:20181217141342

ソロでやってると3日ログインしなくても「遅れを取り戻さなきゃ」みたいな脅迫観念抱かないから気楽でいい

まぁ、なんだかんだほぼ毎日ログインしてるけど

グラブルネトゲ

辞める方法簡単

ログインをしなければいい。

アップデート情報を受けてもログインしなければいい。

いくらきな子ストーリーでもログインしなければいい。

 

3日目あたりで「アカン、遅れを取り戻さないと!」って思って起動しちゃう奴は中毒者。

ゴーストうんこ 出たと思って下を見ると、便器には落ちてない。でも紙にはちゃんと付くうんこ

クリーンうんこ 出たと思って下を見ると、確かに出ている。でも紙はよごれないうんこ

ウェットうんこ 50回ふいても、まだ付いている気がするうんこ。万一のことを考えて、パンツトイレットペーパーをあてがってトイレを出ることも。

セカンドうんこ 終わってパンツを上げかけたところで、再びもよおすうんこ。試してみると、確かにまだ出る。

ヘビーうんこ 食べ過ぎ飲み過ぎの翌日のうんこ。重くて流れにくい。

ロケットうんこ すごい速度で出てくるので、パンツをすばやくおろさなくてはならない、そんなうんこ。

パワーうんこ 勢いがあるので、水がピチョンとはねかえってくるうんこ。広範囲を拭かなくてはならない。

リキッドうんこ 液状で、一般に痛みと音がすさまじいうんこ。3日たっても肛門が痛いことがある。

ショッキングうんこ においが強烈なため、便後1時間は誰もそのトイレに入れない、そんなうんこ。

アフターハネムーンうんこ すぐそばに他の人がいても、平気で音とともに出せるようになる、そんなうんこ。

ボイスうんこまりにも固くて切れないので、出すのにかけ声が必要なうんこ。

ブレイクうんこ 量が多すぎるため、休憩をとっていったん水を流さないとあふれてしまうんこ

バック・トゥ・ネイチャーうんこ 森の中や田舎のあぜ道、時にはビルの地下などにナチュラルにしてあるうんこ

インポッシブルうんこ 絶対トイレに行けない状況のときにもよおすうんこ。すべてをあきらめるか、バック・トゥ・ネイチャーうんこしかない。

エアーうんこ 出そうな気はするのに、何回やっても屁しか出てこない仮そめのうんこ

ノーエアーうんこ 屁だと思って軽く力を入れたら、出てきてしまったうんこ。多くの場合、取り返しのつかないことになる。

年賀状さな同盟

年賀状こちらは出すのにあちらは出してこないって人がいてモヤモヤする、とまた女性同士が溜めなくていいストレスを溜め、気を遣いがちな上司が「じゃあ年賀状さな同盟を作ってこれに入ってる人は互いに年賀状さないようにしよう」と名簿を作り始めた。

俺のとこにもその同盟に入らないか勧誘が来て丁重お断りしたけど、宛名印刷投函までやってくれるところ使えば労力なんてチェック入れるかどうかだけですよ、って言ったらそれはそれで心のこもった年賀状と呼べるのかとかなんとかって反論を頂いた。

相手年賀状が来ないだけでストレス溜めてる人って心がこもってるんじゃなくて義務感で出してるだけじゃないかと思うんだけど、どちらにしろ、なんというか同調圧力と労力至上主義みたいなのがくっついて本当に無駄ストレス溜めてるなーと思った。

ゲーマープロ団体を辞めた

といっても結構前の話だから、多分特定はされないと思う。一応、フェイクも混ぜて書く。

今日俺がこれを書いているのは、「日本プロチームが何故世界だとさっぱり勝てないのか」を説明する為だ。

簡単に言うと、日本プロ団体殆どは、コーチングについて全く、何も考えていない。なんとなく実績があるゲーマーを集めて、そういつらひとまとめにしておいて後は放っておく、くらいのことしかやっていない団体がめちゃ多い。それで勝てるわけがない。

韓国でもアメリカでもロシアでも、今強いプロチームには必ず専属コーチがついている。複数コーチがいるチームも全然珍しくない。そういう人たちは、引退したゲーマーであることもあるけれど、元々他のスポーツフィジカルコーチだった人とか、タクティカルコーチだった人とか色々いる。むしろ、多分別から呼ばれた人の方が多い。

勿論ゲームについて勉強もしているけれど、元々のコーチング理論っていうのはどんなスポーツにも共通して使えるもので、それはeスポーツだって同じことだ。彼らは、何を考えてプレイすれば、どんな方針プレイすれば上達できるのか、上達の壁をどう破るか、そもそも上達するってどういうことか、勝てるチームを作るにはどうすればいいか、そういう話についてのプロ中のプロだ。

大抵のプロゲーマーゲームが上手いし、上達する方法自分で知っている。けれど、彼らはチームビルドについては大体ド素人だし、世界で戦えるようになる為の方法論も知らない。言ってしまえば、殆どプロゲーマーは、ただゲームが上手いだけの素人だ。(一部の格闘ゲームプロゲーマーは除く、と一応言っておく。あいつらが強いのは元々のレベルがとんでもなく突き抜けているからだ)

そんな素人を何人か集めて、皆でゲームやらせたり話合わせておけばその内レベル上がるだろう、と考えて放置しているのが、今の大多数のプロゲーマーチームだ。

それで世界で戦えるようになる方がおかしい。

俺も勘違いしていたんだけど、「eスポーツ」とかい言葉を仰々しく使い始めたんだからちゃんスポーツとしてゲームに向かい合おうとしているんだろう、と思っていた。とんでもない大間違いだった。断言するが、今の日本プロゲーマーチームの運営側で、「けど所詮ゲームだろ?」と思っていないヤツなんて本当にほんの一握りだ。オリンピック金メダルをいくつも取っているトップ選手で、トップレベルコーチングを受けていない選手なんて一人もいない。こんな当たり前のことに何故気付かないのか。「負けた反省会」に所属ゲーマーだけ5人集めて、運営側人間は誰一人、顔すら出さない。そんなことはザラにある。

予言しておくが、日本プロゲーマーが多少でも世界で戦えるようになるには、最低でもあと10年はかかる。10年でも無理かも知れない。

からプロゲーマーになりたいという奴がいたら、まず英語勉強しろ、と言っておく。日本プロゲーマーにはなるな。時間スキル無駄だ。

anond:20181216234537

自分マネジメントする分野の専門スキルマネジメントスキルがあるなんてのは、まともなマネジメントなら当然のこと。

それを持ってるからと言って、「それ自体では当たり前の凡百のマネージャーと同じ」むしろ、それすらもできないやつをマネージャーにしている日本が異常。

で、専門スキルも、マネジメントスキルもないかマネージャーは何もできない

例えば、特定スキルが出来る人間が足りないと言っても、専門スキルがないから、どんな能力が足りないかもわからない。

から、「自律的に考えて、自分を甘やかして、どれだけむちゃぶりしても、文句を言わず上司自分を褒めておだてて気持よくさせて、上司自分適当な思いつきは全部取り入れて、

成果を出してくれるママンみたいな万能部下」なんてものを求める。

経営者として高い人件費のやつを雇えば、それ以上に売上を伸ばさないとならないということすらもわかってない奴は、高給で能力(中身はわからない)があると思うやつを雇えば解決

なんてアホな考えに至る。それがお前。

いろんなスキルを学ばないとならない?必要なのは、今作る商品にどんな要素が必要で、何を捨て、何を大事にするかの選択能力と、その要素について自分判断するのに必要な専門スキルだ。

専門スキル無いやつは審美眼もないからな。ただ、あとから勉強はできる。けど、自分時間も限られる。

声はかけても金は出さな

そういうとこだぞ

anond:20181216233900

その態度が問題やねん。「これまでの社会学歴史とか研究内容とかもよくわかりませんが、なんとなくWeb社会学をちょろっと見かけた素人の僕が判断するに、社会学なんて役に立たないと思います。なので社会学は無価値です。反論するなら素人の僕にわかるように社会学のお役立ちをわかりやす説明しなさい」ってやつな。

第一に、社会に役立つか役ただないかなんてふわっとした尺度を以って学問体系の価値判断しようとしているのがおかしい。役立つって何?生活が便利なること?生活便利グッズを生み出せない学問は無価値ってことなんか?仮に即物的利益をもたらさないとしても、その他の基礎研究大事だってノーベル賞取った先生も言っていたでしょうに。

第二に、素人説明するコストが非常に高い。身も蓋もなくいうと、君らバカなのに自分バカだって自覚がなくて、しかネットちょっとかじった情報だけで学問をまるまる理解した気になっている異常者だから、真面目に説明したところで無駄なのね。これは社会学だけではなくて、法学とか人文学全般に言えると思う。なまじ日本語で書いてあるから素人さんが自分にも理解できると勘違いしがちなやつ。ワクチンは体に悪いんです!とか自論を展開して医者に絡む人いるじゃん?君たちアレと同じカテゴリーなのよ

2018-12-16

ふれたかったのは君らしさ

彼の住んでいるらしい町に降り立つのはもう10回目以上だった。この1年、私は自分実家がある町よりも彼の町に足を運んでいる。私の住んでいるところから彼の町なんて新幹線でも3時間半かかるというのに。彼の町に行ったところで彼には会えないけれどそんなことはどうでもよかった。

彼が、彼の人格をきっと形成した場所に、今日は初めて行った。私はものすごく寒がりで、冷え性で、体力もなくて、暗いところも嫌いで、でもいつか彼とデートするときに着たいななんて試着室で思ってカードを切った膝上丈のマーキュリーデュオワンピに履いてないも同然の薄いストッキング、8センチヒールブーツで、駅から20分私は歩き続けて、彼の痕跡今日も辿った。

野球グラウンドに降り立つの人生でも初めてだった。彼と出会う前もなかったから、初めてをまた彼に捧げられた気がして、嬉しかった。私はたくさんの初めてを彼に捧げてきたけど、彼はそのどれも、私が初めてだったことさえ知らないんだ。

グラウンドに踏み入る前、少し緊張した。一呼吸してから一歩踏み出した。数歩歩いたところで、公園電気が全て消えた。どうやら夜10時で消灯するようだった。あまりにも暗くて、ケータイライトで足元を照らしたがあんまり意味はなさなかった。

10月の末に、この公園の外から野球練習をする少年たちとコーチ大人を眺めたことがあった。彼は、野球を辞めてからもう4年が経つのに、今も野球がきっと大好きだし大切だ。そういう彼も好き。YouTubeで見た彼の声の出し方と、この時見たキャッチャー男の子の声の出し方が同じで、また彼らしさに触れられた気がして、嬉しかった。

真っ暗だし、一塁や二塁のベースも置いてなくて、でも彼の位置まで歩いた。途中、少し盛り上がってるところがあって、ここがピッチャー位置か、この前わたしキスされた彼の元相棒は、ここから彼をずっと見ていたのか、など考えた。

キャッチャーの、位置についた。なんと呼ぶのかもわからない。ホームベース、でいいのだろうか。ただ、絶対に数年前彼がいた場所だった。彼は、ピッチャーを勧められたこともあったけど真剣な顔のバッターと向き合うと笑ってしまうからだめで、オレはマウンド全体を眺める方が好きだった、と以前話していたことを思い出した。グラウンド、初めてこんな位置から見たけれどすごく広く感じた。ここで、彼はグラウンドに響き渡る大きな声を出し続けて、チームメイト鼓舞し続けて、成長してきたんだ。

なんとなく目の奥が熱くなって胸が苦しくなった。寒いからだと自分言い訳しながら、一塁ベースがあるだろう方に歩き出した。グラウンドを歩きながら、何人か覚えた彼の元チームメイト達の名前ポジションが頭をよぎった。彼は、私がこんなことまで記憶しているなんてさすがに思ってもいないだろう。

こんなこと彼じゃないとしない。家の中ですら真っ暗なところは歩けないし、中一の時男の人に追いかけられたこともあるし夜道を1人で歩き続けるなんて怖くて仕方がない。でも彼は、やっぱり私にとって特別で、大好きで、なんでもいいから彼を今夜感じたかった。

グラウンドを歩いて、そろそろ出ようと歩きながら、また彼との思い出がありすぎることを思い出した。彼を好きになって、もう2年が経つ。特にこの1年は、私にとっては奇跡運命を感じる出来事ばかりだった。でも、そのどれをとってもきっと彼にとっては運命なんてものではない。その事実が私を改めて苦しめた。だからと言って好きなのをやめる気には全くならない。

なんとなく、彼がそうするんじゃないかと思って、グラウンドを出て、振り返って一礼をした。私の中の彼はきっとそうするんだ。

anond:20181216222359

ヨーロッパだって当然よいシッターは空きがないなどなどあるわけで、国民が自立している結果の幸福度

日本は単純に上も下もクレクレしか言わない怠惰乞食思想幸福度を落としている

国民性と思って諦めつつ、

子どもホームレスがあちらこちらにいないことや、

物理攻撃を伴う差別運動排他運動がない

大らかさ賢明さ寛容さなど良いを誇ればいいじゃない

anond:20181216200424

偉い肩書があればすごいというただの権威主義しか見えないんだけど。

まあ、じゃあ、そのYコンビネータの彼についての「スキル」について数値化してみてよ。

まさかと思うけど、上場した企業の数とか売上規模を出さないでよ。

anond:20181216200520

しろ阿呆に踊らされてやりがい搾取に合うほうが奴隷になりますがな。

やりがい搾取にあわずに頑張れば報いがある場所で生きていけるこそが最上生き方

それには仕事を指示するやつの特性を見極めないとならない。

間違っても自律的な考えだー、俺は何も出さないしサポートしないが、しっかり結果出せよ。そうすれば報酬やるぞ(ただしそれが満たされる日は絶対にこない)

なんてやつからは全力で逃げるべきだな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん