「受験勉強」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 受験勉強とは

2018-04-16

バイト先で、朝に人が足りないらしくて1時間早く出てこられないかと言われた。それだけでも嫌なのに、勤務時間が1時間伸びるだけってわけでもなく、通常の仕事と合わせると昼休憩を取らなくてはいけない労働時間になって、しかも休憩が取れるのは朝の1時間と通常勤務が終わってからになる。仕事は終わってるのに帰してもらえない、という状況になってしまう。多分引き受けたら午後も何かしらやらされる。

受験勉強をしなくてはならないか近いうちに辞めると言ったら「それなら辞めるまでに扶養範囲いっぱいまで働けるよね(意訳ではあるがあっちがこう言いたいのは確実)」的なことを言われて、なんのために辞めるのか分かってくれない。

そういうところだぞ。

そういう無茶ぶりをするから人が入っても続かないんだって

時給アップに釣られずに3月いっぱいで辞めておけば良かった。勤務時間絶対伸ばさないからな。

2018-04-15

大学入試出題数ナンバーワンの朝日新聞

朝日新聞を読むと受験勉強なるみたいなキャンペーンというかPRやってるらしい

読んだところで意味あるんか?

2018-04-13

そろそろ死ぬと思うので人生を振り返る

文章書くのヘタクソだからすごく読みづらいと思う

すまん

それと先に書いておくと書いてる俺自身クズ(真面目系クズ)すぎて

イライラを感じる人がいるかもしれないのでそれだけ断っておく。



とりあえずなんでそろそろ死ぬと思ってるかというと

人生が上手くいかなすぎて生きるのが辛いからです、すごくよくある話ね

「つらい、死にたい」ってさっきも泣いてたんですけどこれ鬱なんですかね

診断書もらってないどころか病院怖くておっくうで行ってないんでわからないですけど

現況はですね一応身分上は大学生実態不登校引きこもり(実質二年目)です

不登校になった理由はほんとくだらないしありがちだけど後で書きます

全然暗い話とかではないです、「ああクズだなあ」って理由です

一日のほとんどを布団の上で過ごしてます

やりたいことは腐るほどあるんだけどやる気力が全くない

アニメとか映画観たいしゲームもしたい、絵描きたいしプラモ組みたい、

買った玩具フィギュアブンドドしたい、学校は行けてないけど勉強したいことはたくさんある、

それからできれば外に出て美術館とか博物館にいきたい、

ほんとはあのコラボカフェ行きたかったしあのイベント行きたかったなあ…

やりたいことはあるのに一日終わってみると何もできてない、ごはんすら食べられてなかったりする

そしてこれが精神を削る原因になってる

一日のほとんどを布団の上ですごして今日も何もできなかったと思うのが辛い

ツイッター他人がやりたいこともやりたくないこともやって人生謳歌しているのを見て余計に辛い

その辛いが積み重なってもう死んじゃっていいやって思ってるわけ

どうせ不登校なら毎日街で飲んで朝帰りとか友達徹夜麻雀とか徹夜カラオケとか

いかにも大学生不良行為しまくりたかったなあ



そしてどうしてこうなってしまたか、という理由なんだが

一言で言うならば「自滅」です

クソみたいな人生だった、いや、クソみたいな人生にしてしまった

中学までは本当に良い子ちゃんだったと思う

この頃から「やりたいことはあるのにできない」という状態に陥ることは間々あったが

課題ちゃんとやって出してて成績も良かったからそれが辛いこととまでは思わなかった

緩い文化系部活だったけど一応部活入ってたし生徒会もやってた

成績はどれくらい良かったかっていうと2回に1回は1位取ってた

おかげさまで無駄に高いプライドが身についてしまったんだが。

少し後の話だが、このとき俺と実力伯仲してたやつ

(つまり俺が1位取ってないときに1位取ってたやつ)が

俺が中学の時から目指してたのと同レベル大学に現役で受かって

無駄に高いプライドさんのズタボロ具合が増した

高校に入って一年まではなんとか中学の頃のモチベというか

人間性を保てていたような気がする

といっても帰宅部だし生徒会中学で面倒だったか高校ではやらないという

(ダメタイプの)決心をしていたので思えばこの時からやばかったのかも

二年になってツイッターを始めて怠けクズが加速した

おまけにちょっとした自分ミスで(元々あまりなかった)受験勉強へのモチベを失い

さらに怠けクズが加速した、課題はこの頃からさないのが出てきたような気がする

三年になると課題を半分くらい出さなくなった

ちなみに何で課題しか触れていないかというと勉強課題しかしていないか

テスト前の詰め込みも二年のころからしなくなり三年ではほとんどしていた記憶がない

当たり前のように志望は中学ときから落としたが当たり前のように大学は落ちた、浪人した

浪人時代さらクズが加速した

というか浪人時代に対人恐怖が増したし生活能力も低下したし

「やりたいことがあるのに何もできない」状態デフォルトになったし

浪人プラスどころかマイナスしか働かなかった

なんで浪人したんだ、ほんとに

結局前年受けた大学に再挑戦すらできず駅弁になんとか滑り込んだ

この時点で「プライドばかり高かった成れの果てのクズ(既にダブリ)」のできあがりである

浪人しといて宮廷も入れないとかほんとカスだよな

本当は浪人失敗した時点で死ぬつもりだったんだが

このときはまだ希望という名の未練があったか死ねなかったようだ、二年も余分に生きてしまった

そんなわけで駅弁に入ったはいいんだが(良くない)

さっきから触れている高校からの怠けクズメンタル根本文章力の無さ、

加えて根本的要領の悪さから来る遅筆のために

ほとんどレポートを仕上げることができず、提出するもん出せないのに講義に行ってもダメだよな…と

学校にも行かなくなり無事不登校引きこもりになった

引きこもりになったのは元からインドア派なのもあるけど、

外に出ると学校の人に会うかもしれなくて怖いからね、だからたまの買い物も深夜か早朝に行く

教授クラスの人たちもみんないい人ばっかりだったんだけどね、たまに学校行くと優しく声かけてくれるしさ

まあそれが余計に辛かったんだけど

まりこうなったのは、ほとんど、というか120%自滅です

コミュニケーション能力かやる気のどちらかがあればきっと20%くらいは

ましな人生になったと思うけど、俺にはどちらもなかったのでこうなってしまった



自分でもわかるくらい文章言葉選びの癖強いか身バレしそう

あいいや、しても

読み返してみたら(やっぱり)自分クズ過ぎて早く死んだ方が世の中のためだなと思った

親には予備校の分も大学学費分も還元できてなくてすごく申し訳ないし、

どうして俺みたいな不良債権ずっと持ってられるんだろうと思う、勘当したいときいくらでもあっただろう

この記事はおそらく加筆すると思います

俺の人生書きたかったわけじゃないはずなんだが

ぐだぐだ書いてたら内容が俺の人生10割になってしまって

消化不良なので(死にたい人間が消化不良ってなんだ?)

できれば消化する前に死にたいがな



最後に。俺が早く死ねるように応援して欲しい!

こんな考えが幼稚で未熟で社会歯車になる覚悟のない無価値人間死ぬべき!

本当に最後に。夢って何なんですかね、少なくとも持ち主に劣等感無能感を植え付けて

苦しめるためのものじゃなかったと思うんですけど

2018-04-09

クソ女だから

別に男になりたいわけでもないが心底自分性別絶望している。

歴史小説育ちだから男性社会に、女性より強い体に憧れ続けてここまできてしまった。

所謂男尊女卑思想がこびりついた挙げ句の「男になりたい」みたいな考えを持っている残念な女だ。

私は女子中を出て共学高校に進学しているが、高校では女子に馴染めず半年ボッチを決め込んで、夏休み明けに「この模試の上位にいる奴なんでここに?」と話題になったお陰でようやく勉強ばかりしていた男性陣に馴染むことができたため、ボッチを卒業できていた。

高校では半ばからスラックスを履いている。スカートに抵抗感があったから。

私は男になりたいわけではないと思うが、冒頭の通り、自分性別絶望している。

自分はとても生理が重いと思っている。

今年は高3になり受験がある。

だがこの春休みを通しても、ずっと女性生理現象の節目が訪れる度に起き上がれない・怠い・頭が働かない・熱っぽいと体調不良目白押しで正直うんざりしている。

世の中の働く女性は本当に偉いと思う。

私は一週間血液垂れ流しという状態自分吐き気を覚えるし、それが終わるなり訪れる排卵日に倦怠感と腹痛で文字通り倒れるし、生理前はノロ級に腹を下し、生理中は生理痛と倦怠感で死にそうになり、そしてまたすぐに排卵日。

こんなのが50歳くらいまで続くなんて私は一体どうやって受験勉強をし、大学に通い、就職できるというのか。

世の中の女性普通に耐えていることに、私は耐えられそうにない。

今休学してもきっと治らないのだから、もし学校をやめてしまえば生きている意味がなくなりそうだ。

婦人科にはかかっているしピルも鉄剤も各種サプリメントも服用しているのに、一向に良くなる気配がない。

世の中には不治の難病を抱えながらも前向きに生きている人がいるというのに、私はなんて軟弱な人間なんだろう。

みんな偉いなぁ。

卵巣を残せばホルモンバランス問題ないらしいし、控えめに言って子宮を切除したい。

子供以前に結婚できるかもわからないのに、こんな意味不明の生理現象と付き合っていける自信がない。

受験以前に高校卒業さえできなかったら一体私はどうやって生きていけばいいのか。

しかしたら鬱になるかもしれない。そうなるくらいならとってしまった方がいいような気がする。

望む中性にもなれるし。

なんだか疲れてしまった。

時間寝付けなくて今一気にこれを書いた。

今日から学校だ。

体調崩してたので宿題全くできていない。

全てが勉強したくないだけに聞こえるから自分でも嫌なんだ。疑ってかかられたらもう学校をいさぎよく辞めるつもりでいる。

こんなんで通い続けたところでなんの生産性もない。浮いた学費でさっさと女として機能しない体を手にいれられるなら、大学進学は諦めても、健康的な身体就活に望める。

疲れはてたクソ女の妄言

2018-04-08

今ある幸せを見つける方が幸せになれるのかなぁ

 自分現在18才。順調に行けば大学に行っている年だ。ライン一言見ても同級生たちはリア充しているみたいだ。かつて自分勉強ができた。地域で一番の進学校合格した。高校偏差値は70を超えている。うん、凄い。で?今は何もできない。

 高校では何も楽しいと思えるものがなかった。熱中できるものがなかった。それでも最初高校一年生の終わりくらいまでは楽しくやろうと笑顔に努めた。本当に友達と思えるような友達もできなかったが、自分は今楽しいんだと必死自分に言い聞かせていた。1年生の終わり、まだダラダラと続けていた部活同級生に突然言われた。「お前って友達いないよね。」ショックで何も言い返せなかった。自分でも分かっていたからだ。それでも、無理に笑顔バラまいてでも、自分楽しい高校生活を送っているって自分に言い聞かせていたのに。部活同級生にこの発言をされた時、他の部活同級生もその場にいた。いつもは一緒に友達ごっこ(自分的には)している同級生は見て見ぬふりをした。「ああ、やっぱりな。」と思った。この件の直後に部活を辞めるのは悔しかたから、それでもその後も数ヶ月は続けた。部活顧問理不尽対応をされた時にちょうど良い機会だと思い辞めた。

 そして高2、高3と今思えば一気に流れた。でもあの頃はひたすら1日が長かった。何も楽しいことがなかった自分は、何にも満たされず、もちろん勉強なんてしてなかった。授業もだんだん意味の分からないものになっていった。中学の時は高校生の時と比べると勉強していたと思う。細かいテスト基本的に満点。定期テストは3週間前から計画を立てて、万全に準備をしていた。基本これも満点しか狙ってなかった。うん、凄い。

 はぁ。で。今はこれ。これって言うのは浪人でもなく何もやってない。毎日、親から罵倒に耐えている。父親には死ねとも言われた。自分も正直、生きたくない。だけど必死に耐えている。生きたくないけど死にたくない。こんな感じ。でも一応、生きがいと言うか生きる理由がある。それは猫だ。猫、可愛い。こんな自分でも顔をスリスリしてくれる。モフモフで、クリクリな目で見つめてもらえる。他の人間がするような蔑みや呆れを一切含んでない純粋な目だ。毎日、会うたびにズキューンとされる。うん可愛い。で、これが今の自分幸せの全てだ。これ以上何かやろうという気が何も湧かない。大学行きたくない。行くための受験勉強なんて今更できない。もちろん、こんな進学校に入ったんだから高卒で働くなんて嫌だ。まあ、そこまでして生きたくない。近所を歩くのも憂鬱だ。知っている顔にあったら、期待した目で自分の進路を聞いてくる。一応、今は浪人ってことにしている。もう、会わす顔がない。生きるか死ぬかみたいなことを考えているくせに、まだこんなことを考えている自分にも腹が立つ。ほんと、どこで間違えたのかなぁ。そんなこと考えても今の状況の解決にもならんが...。本当にどうしよう。これだけ無気力からネットの皆んなが勧めるように、親に精神科連れていってと勇気を出して言ってみたことがある。親には呆れ顔でついにこんなこと言い出した。と言われた。そんなこと言って脅すなって言われた。また、そうやって逃げると言われた。うん、確かに逃げているかなぁ。そんな気がする。まあ自分が一番悪いんだけど、どうしようもないんだよね。こう真面目に考え始めると、また目がウルウルしてきた。ほんと、今は猫と何も考えずにのんびりすることが自分幸せ

 で、タイトル回収に入ると、人間て欲張ると際限がないよね。だから今で妥協してしまった方が楽なのかなぁとか思う。でも今で妥協してしまったら、本当にどうしようもないのは分かっている。でも何もできない。頭がまわらない、頭が真っ白になる。はぁ。どうしよう。

もしここまで読んで下さった方がいましたら、ありがとうございます自分の中のモジャモジャ、葛藤をそのまま浮かぶままに文章しました。良ければ、反応が欲しいです。もしお暇があれば、ちょっとで良いので構ってください...。お願いします。

2018-04-07

高専卒業して10年たった

高専卒業してから、たまに高専選択したのは良かったのか考えることがある。そのたびに、もうちょっと時間たたないとわからないなあと思っていたが、さすがに10年たったので、ここらで一旦考えを書いてみる。

結論からいうと、それなりには良かった。少なくとも悪くはない。10点満点でいうと8点ぐらいだろうか。

高専在学中は彼女いない歴=年齢の童貞でつらかった。プログラミングを学びたくて入ったのだが、思いのほか電気系の科目も多く、あまり興味がもてない授業が多いのもつらかった。けっこうな暗黒時代だった。普通高校いっとけばよかったと思ったし、高卒認定もらって大学入ろうかとも考えが、踏み出す勇気が出ず。

高専卒業後は、大学に編入した。たまたま入った学部女性多めだったのもあり、無事彼女ができ、遅れてきた青春謳歌した。

その後、無事就職もできたし、会社でも楽しく仕事できて、給料も悪くない額もらえている。結婚もできた。

普通高校いって、大学に入ったほうが、もしかしたらもっといい人生を送れていたかもしれない。が、今の人生全然悪くない。むしろ良い。やりたいことはだいたいできてるし。

そもそも、たぶん普通に高校から大学受験してたら、自分が編入した大学には入れてなかった。編入は試験日さえかぶらなければ、いくつでも好きな所受験できるし、普通にはいるよりたぶん難易度は低い。

高専卒業生は、けっこうできる人が多いみたいなのを聞く。それはある程度あってるが、高校大学と進んだ人の中にもできる人は普通にいる。自分場合大学3年でインターンしたとき技術スキルが未熟すぎて、高専たからといって全然使いものにならなかった。修士までいって就職したら、けっこうスムーズに一人前になれた。

というわけで、自分が歩んできた道はけっこうよかったが、今だったらプログラミング学べる場所はいっぱいあるし、よっぽど高専でやりたいことがない限り、高専進学をオススメはしないかも。校則がゆるいからとか、就職率がいいからといった理由でなんとなく進学するところではない。受験勉強が高校よりなく、好きなことに時間を使えるというメリットはあるけど、大学に1年から入ったほうがトータルでみたら自由に使える時間多い気がする。

けどまあ、どんな道を選んだとしても、その先で自分で考えて軌道修正していけば、結果的に良い感じになるということですな。

2018-04-06

介護待遇農業の末路を見ればわかる

必要必要と言われながら、就農した人のほとんどが年収300万以下に収まっている。

・「日本農業はすごい」「農業以外は賎業だ」と言う割にはみんな受験勉強をして都会に行ってしまう。

大学農学部を出て就職するのは農業ではなく、化学メーカー

・みんな心の底では奴隷がやるべきことと馬鹿にしている

農業低所得者として押し込められたように介護もまた低所得者に押し込められる運命にあるのだ。

anond:20180406112045

なんか暇だったころに寮?からネット中継してて、そこで受験勉強してなかったっけ。

2018-04-04

さすがに、ときくと、30超えた今になっても古語意味の「そうはいってもやはり」というほうが直感的に浮かぶようになっている

高校教育こわい

つーか古語って勉強する意味あったのかなー

助動詞とか受験勉強ときしかつかわんかったんだが

2018-04-03

とあるスポーツ底辺プロ選手なんだけどもう色々と限界

自分に才能がないことなんてもう何年も前に気付いていて、ただ雑用含めて色々やるからっていう便利屋ポジションだけ死ぬ気で確保してかろうじてチームにしがみついているけどもう色々と限界

今年30になる。去年から、出場機会はどんどん減って来てる。

いつ首になってもおかしくないし、そもそもチーム自体底辺チームなんで存続出来るのかって状況。チーム解散もとっくの昔に視野。けど周囲のメンバー全然危機感ない。焦ってるのかどうかすら良くわからん。俺と大して変わらない実績しかなくて、チーム解散ってことになっても他チームに移籍なんか出来んのかって気がする。ただ、ぬるま湯のような環境から抜け出す気概も気力もない。こういうのを腐ったっていうなら、もう俺は何年も前に腐り切ってしまった。

けど、俺なんか高卒でこの世界入って、本当にここ以外のこと何も知らないし、もしどこもとってくれなくて就職しなきゃなんてことになっても就活のやり方なんて何もわからん高卒ニートとおんなじだ。能力的にはそれ以下かも知れん。アルバイトすらしたことないんだ。

いや、プロになる前だって、少しは考えたよそういうこと。そういう可能性。自分通用しなかった時の可能性。けど俺だって中学高校の頃は無敵で、周りの連中全員ヘタクソばっかだなーって思ってた。自分活躍出来るステージはこんなところじゃない、もっと上のステージいかないといけないんだって思ってたんだ。

4月になったばかりなのに、焦りと絶望で吐きそうだ。本当に、10年前の自分プロだけはやめとけ、ちゃん受験勉強して大学いけって言ってやりたい。

anond:20180403010942

俺くらいは「受験勉強頑張れ」と言ってやろう

彼女けが大学に行く

からクソ雑魚浪人生の身ですが、繰り言をどうかお許しください。


僕には高校2年の夏から付き合ってる彼女がいる。

同じ部活同級生で、付き合う前からよく一緒に居てニコイチなんて言われてた。

たまにケンカもしたけれど、付き合ってからもずっと仲良しで、だいたい毎日一緒に登下校してたし、LINE毎日欠かさなかったし、夜は電話もしたし、休みの日はしょっちゅう遊びに行ったりご飯食べたりしてたし、記念日写真を集めて手作りアルバムなんか作ったりした。

からもちろん受験期は勉強もずっと一緒にしてた。塾も同じ所、自習室図書館でもいつも隣や向かいの席に座って勉強するような、そんな大好きな彼女だ。

大学生になっても当たり前にずっと二人で付き合っていたかたから、もちろん同じ大学を志望して(学部は将来やりたいことが少し違って別だけど、理文は一緒だ)勉強に打ち込んでた。地元大学じゃなくてちょっと遠い都会の大学を選んで、そうすれば進学したら一人暮らし、お互いの家に泊まったりしていっぱい一緒に過ごすのもいいねサークルも一緒に同じの入ろっか、同棲続けて大学卒業したら結婚ちゃう!?なんて、夢物語で盛り上がったよ。

それなのに、フタを開けてみれば、彼女だけ大学に受かって、僕は落ちた。

合格発表だってつのパソコンに二人で顔近づけて、一緒に見たんだよ。緊張するね、でも受かってるよね、大丈夫だよね、なんて言って、せーの、でボタンクリックしたよ。番号探したら僕のだけ無いんだ。結果が出たとき彼女は素直に喜べなかっただろう。僕だって信じられなかった。模試の判定だってBくらいは安定してたし、本番の手応えも全然悪くなかったから楽観視してた。それなのにまさか落ちるなんて。何で落ちたかからなかったし、僕だけ落ちたという事実彼女と離れてしまうという事実に目の前が真っ暗になった。

僕は彼女と別の大学生活するなんて正直有り得なかったから、すべりどめは考えてなかった。わけがからなかった。泣いた。嘘だろと思った。寝て起きたら全部夢で、本当は二人とも受かってたんじゃないかとも思った。それくらいショックだった。彼女絶望に暮れる僕を励ましてくれた。1年くらい平気だよ、待ってるからLINEだってするし、大丈夫だよ、と言ってくれたけど、志望校を蹴って僕と一緒に浪人してくれはしなかった、当たり前だ。

彼女は3日前、春から大学生になるために引っ越していった。

僕は予備校入学する手続きをした。

僕たちは離ればなれになった。

僕は1年間勉強し直して、彼女と同じ学部を再び志望し、彼女の後を追う。

彼女はどのサークルに入るのだろうか。

髪を染めたり、化粧がちょっと派手になったりするかもしれない。

クラスにもサークルにも男子がたくさんいるだろう。

彼女可愛いから、誰か狙う奴が出てきてもおかしくない。

そいつらとは毎日顔を合わせるだろうに、彼氏である僕は会えない。

僕が彼女に会えるのは1日に1回から1ヶ月に1回に減ってしまった。

彼女は1年間、ちゃんと待っててくれるだろうか。

信じてないわけじゃないけど、彼女引っ越しから毎日LINEの量が減った。

入学の準備や初めての一人暮らしに慣れるのに忙しいらしい。

なんでこんなに心がざわざわするんだろう。

会いたい。会いたい。

早く次の春が来ますように。

受験勉強、頑張ります

2018-04-01

VRカノジョ人生初の性行為に挑むも攻略方法がわからず詰む

2018年に成人した記念として、大学入学祝いで買ってもらったゲーミングPCと一昨年に親戚の大学入学祝金を集めて買ったVRHMD「Oculus Rift」、そしてつい3月30日自分クレカでVRカノジョダウンロード販売を5000円で購入したのである

そもそもVRカノジョとは、3DCG エロゲーの老舗であるイリュージョンUnity制作したOculus RiftHTC Vive、Windows MR 向けの VR エロゲーだ(要はPCオンリーだと考えればよい)。ソフ倫は通してあるらしい。

バンダイナムコエンターテインメント2016年に発売したPSVR専用ゲームサマーレッスン」を明らかに意識したパロディであ­り、ゲームに詳しくないユーザーは両者を同一のものとして勘違いすることも珍しくない。

サマーレッスン複数人パートに分けられるが、いずれにおいてもプレイヤーは「ヒロイン家庭教師」であり、赤の他人の部屋に入りこんで親しい訳でもないのに相手がそれなりの態­度で親切に接してくれるシチュエーションというのも、確かに家庭教師ぐらいしか思いつかな­い。プレイヤーはまるで生身人間のように動くヒロインを間近で観賞することになるが、基本的インタラクティブな要素といえば涂が選択岐を選んで台詞が変わったりするぐらいだ。いちお­う、家庭教師である主人公選択次第でエンディングも変わる。

IGN JAPANサマーレッスンのいずれのパートについても「ヒロイン人間としてのリアリティ がない」「ゲームとしてつまらない」との評を下している。確かにゲームとしてはつまらないので、あくま美少女鑑賞ソフトとして楽しめる人の方が向いているだろう。

筆者はバンダイナムコ運営するVRZONE Shinjukuでサマーレッスン体験版プレイしたことがあるが、ゲーミングPCを持っている代わりにPS4PSVRを所持していない。悲しい。

VR カノジョはあからさまにサマーレッスンパロディで、プレイやな近所に住んでいる人だけどヒロイン夕陽さくらに「受験勉強を教えてほしい」という理由で家に誘われる。受験勉強を教えてほしいということは、主人公は少なくともヒロインよりは年上だと考えられる ので、ヒロインと同じ高校の先輩で地元大学などに家から通っていると考えるのが妥当か。

実はこのヒロイン受験勉強など全く真面目にしておらず、ポッキーゲームを始めたりブラのホックを外させて己の裸体を見せつけてきたりとかなり好戦的で、最終的にはどうやら受験勉強というのはただの建前であり、ヒロインは本当は最初からプレイヤーと性行為に及ぶのが目的だったこ­とが判明し、そのまま日常パートから行為パートへ移行する。

行為パートでは愛憮、手コキ、フェラ、正常位、騎乗位、バックを体験することができる。ただ 、受憮パートヒロインを満足させればよいという目標がはっきりとしており空中に浮かぶハート形のゲージがあるが、それ以外のパートではクリア基準が示されないので攻略方法がさっぱりわからない。プレイには VR 機器の都合で頭と両手しか反映できないので下半身仮想的に用意されたモーションであり、ヒロインいくらプレイヤーの陰茎をしごこうが、プレイヤー現実の陰茎は勃起するかもしれないが、仮にゲームに合わせてプレイヤー自慰を同時に行ったとしても、ゲーム内の状態プレイヤー現実の体の状態が一致することは絶対にない。入力と出力が一致せずに関係が見出せないのはゲームとして成立していない。

さらに、性行為パートミッションをこなすごとに次のミッション解放されるアンロック形式となっているのでプレイヤーは「次のパートに行きたいからさっさと終わってくれないかな」 と思いながらヒロインの手や舌を使い腰を振る姿を呆然と見る。でもどうすればクリア扱いとなるかがわからないので待ちぼうけを喰らう。

そこで、ヒロインを見るのに飽きたプレイヤーは視界の位置を移動させ始める。VRカノジョではプレイヤーは実際に頭を動かすほかにコントローラスティック(もしくはタッチパッド)から視界を前後左右または上下移動、左右旋回ができるので、頭をベッドの下から天井の上にまで移動できる。

行為パートは、プレイヤーバーチャル下半身から離れて頭と自由に動か­すことができるので、紫色の半透明な男性下半身に向かって股を開いてあえぐヒロインの姿を客観的に観賞するのは最早コントを見ている気分になる。

以上の理由によって、VRカノジョプレイする人間はことごとくネタプレイに走るようになる。「世界一VRカノジョを楽しんでいる男」ことhissabiity氏がVRカノジョネタプレイ動画ツイッターニコニコ動画アップロードして話題になるのも必然だったのだ。

(hissability氏は電ファミニゲーマー記事でVRカノジョ開発元と正式交流を交わした)

http://news.denfaminicogamer.jp/interview/180330

ちなみにプレイヤー男性器はポールのような先端が丸い赤いモザイク柄の棒で表されている。本当はもっとリアルな見た目のものを作っていたが気持ち悪いのでシンプルな形に変更したとのこと。ヒロインの肉体は乳首陰毛は丸出しだが、肛門は見た目のみでプレイヤー干渉はできず、女性器は男性器と同様の赤いモザイク柄の模様でツルツルになっていた。

VR デバイスを持っている人間が少ない中で20歳になった記念にアダルト製品を初購入した。5000円としては希重な体験となった。

個人的に一番興奮するのは日常パートでいきなり時間が止まったようにヒロインの体が触り放題にな­るところだと思った。

2018-03-27

中学生自分に伝えたいこと

というハッシュタグが軽くバズっていた。間違った判断の話、合っていた決断の話、将来の配偶者との出会い話、果たせなかった告白の話、などなど。私も最近人生を振り返ることが多い。後悔は主に高校から始まっている。なまじ全入だったせいか、少し実力以上の場所に入ってしまったようで、幾つかの科目でついていけなくなった。親は家庭教師をつけようとしてくれたが、勉強が嫌いになってしまっていたので、全く受け入れらなかった。あの頃はまだ本を読むのは好きだったな。小中学校は何も勉強しなくてもクラスで3位以内をキープしていた。勉強をしていないのにできる、ことが自慢だった。授業を真面目にうけず教科書最後まで読んで、あとは適当に遊んでいた。あそこでスポイルされないよう、何かしらのフィルタをかけておくべきだったんだろうと思う。せめて中学受験とかね。親は公立派だった。いじめも幾らか受けた。隠されたり金を取られたりレベルではなかったが「気持ち悪い」「汚い」「臭い」系のもの。あれは長らくの自己評価の低さに影響しただろうし、いま過剰に自己肯定に勤しんでいることにも影響はあるだろう。加害者を恨んでも仕方ないとは思うが、子供のしたことだと許す気にはなれない。もし仮に何もかも失い自暴自棄になったとしたら、彼らの子供を害してやろうか程度の恨みはある。私が100人居たとして、もっと生き方を失敗した一人は実行に移すかもしれない。いじめなんてするもんじゃないぞ。小中学いじめと、それに対し「勉強はできるんだ、あいつらとは違う」という自負。高校階層分けされいじめがなくなったのは良かったが、勉強の自信は粉々にされた。それで大学には行かなかった。興味を持てなかった。親がもう少し上手くやってくれてればな、と思わなくはない。私の教育には失敗したと言えるかもしれない。彼らは恐らく公平であろうとした。学歴差別を利用しなかった。人間的にそれは褒められるべきことだとは思う。30過ぎても逆方向の学歴コンプレックスを抱えた人間は少なから存在する。彼らは他の部分の魅力を創り出すことに失敗してしまった。私が当時学歴差別を埋め込まれていたとして今より幸せ生活だったかは正直なんとも言えない。ただ、勉強がもう少し好きだったらと思わなくはない。いまは少し勉強をしたい気持ちがある。当時にして9割以上が大学に進学する高校から、私は専門学校に進学した。大好きだったことを仕事にしたいと思った。それ以外のことに興味はなかった。入学してからひどく後悔した。一年次、父親に「やっぱり大学に行こうかな...」と言って「今さら何言ってるんだ」と言われた。今ならもう少しうまくプレゼンできるんだけど、当時はすぐに諦めてしまった。うーん。本当に大学に興味がなかったんだよなぁ。幾つかの大学名くらいは知っていたが、ランクなんて東大くらいしか知らなかった。ランク付けとか下品だと思ってたんですよ。インターネットはあったけど、まだ2chすら無かったんじゃないかな。あと数年遅かったらインターネット的な偏見を身につけて逆に勉強してたかなぁ。わからん。後悔はあるんですよ。うーん。今からでも大学に行く? 今は勉強自体はそこまで嫌じゃないし、受験勉強くらいしてもいいような気はするけど。経済的な余裕もあるし、4年やそこら社会を休んだところで仕事が見つからなくなるような職種でもないし、手を錆びつかせるほど鈍ってないとも思ってるけど。そんなにコンプレックスが強いならそれもいいんじゃない? 専門学校はまあ、客観的にはひどい代物だったと思う。払った金額に対して授業内容は薄かった。でもまあ楽しかった。それはやりたいことだったし、3年ぶりに神童に戻れた。毎日好きなことがやれて嬉しかったし、学校課題には3倍くらいの量を提出していた。いい時期だったよね。向いてた。もっと子供の頃からやってれば良かったなと思う。中学校からこれをしてれば良かったかなぁ。まあ昔の話だ。後悔が色々とあるんですよね。まあ。取り戻していくこともできるかもしれないけど、そこまで若くもないんだよな。第二の人生がんばるぞ! みたいなことを言いたい。ハングリー精神を完全に失ってしまったし、でも今さら立場を手放せない。いままでフロンティア精神で頑張ったことはあんまりなくて、いつも受動的に追い詰められてから決めていた。今。これから自分未来をどうしていくべきか。いい年になってしまった。どうしたら。どうしていくか。どうしようか。学校は悪くないかもなぁ。日常の通う先を変えたい気持ちがある。うーん。

2018-03-26

合格しても辞退しよう

自分大学受験生の時に真剣に頑張った人もそうでない人も、お金時間の余裕があれば大学受検に再挑戦したいと思ってるんじゃないのかな?俺は挑戦したい。

ただ、お金時間に余裕がある人=社会的にある程度成功してる人であるわけで、その人はほんとうに大学勉強したいのかと。俺は合格だけしたい。卒業も出来たほうがいいが、自分学歴コンプレックス的には合格できたらもういいや。って思える。

芸能人の◯◯大学挑戦ってのが毎年のように見かけるけど、あれも勉強したいのではなく、合格目標になってる。

また、東大の理3のように、受験勉強の頂点だから目指すが、別に医者になりたいわけではないというひともいると思う。最近よくテレビに出てる理3で弁護士資格ストレートでとったとか言う人とか、医師免許持ってる国会議員とかもこのたぐいじゃないのかなと思ってしまう。

ただ、合格したいだけの学歴コンプレックスのひとも、頂点を目指したいから理3を目指すひとも、そのひとの分で1席、若い芽を摘んでるんじゃなかろうかと。

もう合格しただけで自慢していいよ、卒業はオマケだと割り切って、合格した後に辞退しようよ。

正直な所、本当に勉強たかったらいまどき大学合格して行く必要ないよね?聴講生とかいろいろ仕組みはあるよね?

自慢していい、すごいっていうのは、別に仕組みを変えなくてもいいし、無駄税金もかからいからみんなですごーいって言ってあげればいいだけでしょう。

そもそも大企業だって大学名前だけで大学の成績も研究内容も見てないんだし同じことじゃん。

辞退するのはかっこ悪いことじゃない。潔くかっこいいってのもおまけしてあげるから

2018-03-22

高学歴になったけど幸せじゃなかった

大学生男。

受験勉強して高学歴になったら幸せになれると思ってた。

かにそこそこモテるし、自尊心も満たされるけどそれだけ。

中学受験たか地元に知り合いはいないし、成人式も出てない。

親友もいないし彼女出会い系経由。

地元根付いて仲間と楽しくやってるマイルドヤンキーの方が楽しそう。

就職したら幸せになるとはもう思ってない。

多分収入貰うようになってもこの喪失感は消えないんだろう。

2018-03-20

休学して気づいたこ

略歴

小学校中学校田舎で育ち、高校はその地方トップ校へ進学した。

大学受験では東大に落ち、そのまま早慶のある文系学部へ。

海外で22歳の誕生日をそろそろ迎える。

休学をしたか就活来年

海外生活のいいところは仕事をしつつ、現地に駐在する社会人や志を高く持った学生と容易に会え、自分時間も多く持てることだ。

休学をしなかったらどうなっていたんだろう、とよく考える。

日本大学文系学部賛否両論あるし、人それぞれだろうが、基本的に居心地が良い場所だと思っている。

サークルゼミバイトインターンボランティアテスト前に勉強

そんな環境から抜け出してみようと思ったのは3年生になる前の春休みだった。

就活そして休学

インターン選考就活が迫ってくると大体の学生上記のことを考えざるを得ない。自分もその1人だった。

大学受験までは受験勉強学校での生活以外に外に出ることなんて殆どなく、大学に入ってからは新しい環境や刺激のオンパレードだった。

新しく買ったiPhoneFacebookTwitterを開くとあふれんばかりの情報流れる

僕はその波に飲まれていた。

手元のスケジュール帳にはびっしりと詰まったサークルバイトと授業、そして遊びの予定。

スマホを開くと魅力的に見える情報起業家ビジネスマンといった輝いて見える人たちによる指南

そうして情報摂取し、目の前のことをやり続け、僕たちは意味もなく、価値もなく、満足していく。

満腹中枢を刺激され続けるそんな大学生活を送っていたら、あっという間に就活と言われる時期に突入する直前になっていた。

就活のための準備を3年生の前期から活動の合間を縫って少しずつ進めていた。

からない。

フィールドは広がったもの高校の延長線上で生きていた大学生活毎日それなりの充実感もあり、就活で自信を持ってアピールをできるような部分もあった。

だけど自分欲望がわからない。

目の前のキラキラしたものを追い求めていただけだったんじゃないのか?

いやでもそれが欲望だったんじゃないのか?

でもそれはただ誰かに作られた欲望だったんじゃないのか?

ここで自分の甘さに気づいた。

僕は泡の中に生きていた。自分で作った何重もの泡に囲まれて、泡に反射した社会や人々を見ていた。そんな風に感じるようになった。

僕はストレート卒業することをやめた。逃げなのかもしれないけれど、逃げた。自分欲望がわからないまま生きていくのが嫌だったから。

そして休学届けを出した。

割れ出した泡

休学をして海外に出た僕は小さい組織でインターンをし始めた。

当時自分が一番やりたいと感じていた分野でのインターンだった。

仕事の内容はそんなに楽しくなかった。やる気をなんども失うこともあって、そんな時はノート自分のことを書いたり、日記を書いたりしていた。

環境時間配分も変わった。自分を包んでいた泡はこんなにも屈折した解釈自分にさせていたのかと自身メタ認知するようになった。

そしたら泡が少しずつ割れ出した。

そして虚無に陥った。

画面の向こうにいるあの起業家成功の裏にある日常は全く異なる。

世界は思ったより広い。優秀さの軸は更新されていくばかりだ。

そんな情報に惑わされ影響される。人間意思は移ろい易く、弱い。

仕事はそんなに大きいインパクトを与えられるものばかりではない。

これから

泡はバイアスとも言い換えられるのではないだろうか。

バイアスなく物事を見ることができる人間はいないと思う。

そして誰しもがそのバイアス認識している/していないにせよ、それらを通して解釈をしている。

そのバイアス気づき、虚無感を覚えたこと。

そして大学という物語仮想現実を疑い始めた。そんな海外生活7ヶ月目。

良くも悪くも地に足がついた。とても遅かったと思う。

受験秀才だったかもしれないけれどスマートではない自分

そんなことを考えながら、今日も虚無の中を前向きに突き進む。

好きな人明日彼氏セックスをしてくる。

長いが、最後まで読んでほしい。何か思ったらコメントしてほしい。


俺には大好きな女の子がいる。

正確には元不倫相手と呼ぶべきであろうか。

当時、彼女彼氏がいたが、受験勉強で構ってくれないらしい。

最初からそれを知っていた。お互いに知った上で二股で付き合った。

俺はセックスして彼氏受験が終わったら別れるつもりだった。言わなかったがお互いにそうするつもりだった。二人とも互いにそうだとわかっていた。

付き合ってる間は本当に楽しかった。テーマパークに遊びに行ったり、おうちデートしたり、美味しい料理を食べたり。

買い物にも付き合った。毎日電話した。会った日も会えない日も。


去年のクリスマスセックスしたあと別れた。

彼氏二股バレるのが怖いらしい。

別れる時は二人とも泣いた。俺は結婚したいと思った。彼女にとっては俺はもうなくてはならない存在になった。

別れたが、今でも毎日のように会っている。会った日も合わなかった日も毎日電話している。

受験が終わった彼氏が構ってくれないらしい。

別れてから俺は彼女セックスはしてくれない。キスは本当に偶にしてくれるけどほんの少しだけのソフトキス


俺は彼女結婚してくれと言った。

そしたら彼女結婚しても良いよと言った。

でもこうとも言った、「今付き合ってる彼氏と別れたら結婚してあげる」

今の彼氏は5年間付き合って別れてを繰り返し、中学高校同じ青春を共にした人。そう簡単に切り捨てる事は出来ない。

俺は彼氏に勝てない。

どうやっても勝てない。今の今まで彼女人生をかけて愛したが勝てていない。

呼べば直ぐに飛んでいき車を出して連れて行った。遊びに誘って楽しく遊んだ

洋服が買いたいと言えば一緒に買いに行って一緒に選んだ。ちゃんと似合うもの彼女に選んであげた。

先週「君が私に似合うっていうものは本当に似合うから私に似合うピアスを選んで」と言われ俺が選んだピアス彼女は見もせずに即決で買った。

今日も昨日もその前も彼女と会った。ご飯を食べた。遊びに行った。

明日彼女彼氏と遊ぶらしい。

何して遊ぶの?と聞くと彼女は笑いながら「朝ホテルに行って、ホテル出て、お昼ご飯を食べて、またホテルに行って、ホテル出て、夕飯を食べて、またホテルに行って、家に帰る」

彼女は俺と別れてから2回彼氏セックスしたらしい。1回目は強引に家に連れて行かれ、二回目は人気の無い廊下セックスしたらしい。

彼女は今の彼氏と体の相性が良いらしい。だからセックスした後は機嫌が良い。

今日はやけに機嫌がいいね」「なんでだと思う?」「彼氏セックスをしたから」「当たり」

彼女彼氏セックスしたと、聞くと俺は胸の中から何かが消えるような感覚になる。

張り裂けそうとか、そんなんじゃない。胸に穴が開いて、弾丸が心を貫通したような感覚

「君にはこの学校を退学してもらう」と学年主任から言われた時と似ている。

俺のスペック手前味噌だがそんなに悪く無い。

地方私立Fランで、標準体重よりちょっと太っているが、

身長180センチ、二重で顔の形も整ってる、美容室から帰ればイメケン。父は会社経営年収800万くらい。兄は医学部に進学して勉強中だ。

実力もある。日本人の誰もが知ってる業界トップクラス企業内定初任給年収で400と数十万以上貰える。

様々な企業に「新卒でこの実力なら20代で800は全然狙える」「新卒でそのスキル新卒領域を超えてる」

ネットで知らない人から仕事を頼まれたこともあるし、社会人だと思われて中途採用オファーも来た。向上心も持ってる。将来有望な株であろう。

しかし、俺は彼氏に勝てていない。

彼氏の頭は良い。しかし、医学部落ちて地方国立工学部

身長は低い、顔もブサイクだ。彼女を放っておいて医学部に目指しておいてこのザマだ。

彼女彼氏を愛してるが、彼氏彼女の事を愛してない。セフレだと思ってるんじゃないかと疑う時もある。

それでも彼女は言う「君と結婚するかは今の彼氏次第」「今の彼氏結婚してくれるなら今の彼氏結婚する」


彼女は俺の事が好きだ。

別れてから彼女は俺の事をいつだって「嫌い」「大嫌い」と言う。

物をプレゼントして喜んでいる時も笑顔で「大嫌い」と言う。

彼女が隣で寝ている時にキスをすると怒る。一発ビンタをしてくる。それで終わり。

彼女立場上言いたい事は言えないし怒らないといけない時は怒るらしい。変に真面目と言うのかな?



彼女に聞いた。なんで俺じゃダメなの?

彼女は言った「君はセックスが下手だから嫌だ。真性包茎から嫌だ。長さが足りないから嫌だ。そんなところ。」

俺は甘かった。世の中金を稼げる人であれば女は寄ってくると思っていた。親にも言われていたから信じていた。

しかし、肝心な事を忘れていたのかもしれない。男としての魅力。遺伝子に刻まれ生殖本能

真性包茎なんて海外じゃ普通から安心しろというレス鵜呑みにしてしまった。

そして事実俺はセックスが下手くそだ。前の彼女にもツイッターで下手くそだの粗チンだの包茎だの言われていたが、気にしていなかった。

しかった。あんダメ野郎セックスで負けてるなんて。一生モノの恥だと思った。


でも俺は諦めない。

これから彼女を愛し続ける。直せるところは全部直す。

真性包茎2chスレを見て毎日剥いている。全く中が見えなかったが、最近やっとカントン包茎にまでレベルアップした。あと数ヶ月で包茎卒業出来そうだ。

長さは正直どうにもならない部分が大きいから、薬に詳しい人が言っていたサプリを試そうと思っている。

セックスを上手くなるためにネット情報もかき集めたし、セックス講座なるDVDも見た。学んだ。

しかし肝心なセックス自体情報を集め学んだが、まだ実践していない。

から俺は明日風俗に行こうか迷っている。もちろんセックスを教えてもらうためだ。

プロから技術をえとくするのが一番効率が良い。プロに対価を払ってプロ技術を得る合理的な話だ。

彼女彼氏セックスをする時に、俺は彼女と良いセックスができるようにプロセックスをする。

君のためならなんだってやれる。

もちろん罪を侵さないのであれば手段は選ばない。

ヤバそうなクスリだって手を出すし、君のためなら君以外の誰かとだってセックスができる。

俺は君の事をちゃんと愛せているか

どうすれば君と結婚できるんだ?どうすれば君を幸せにしてあげられるんだ?

俺のこの日記を書いているタイプ音を聞きながら電話越しで寝ている君に聞きたい。

俺は君を愛し続ける。

2018-03-15

anond:20180314144041

いい事だね。気長に続けてもらいたい。

禁煙治療は3ヶ月なんだけど、2ヶ月くらいで薬の必要が無くなったと思う。

ただ、半年後位に、なんかの資格試験受験勉強していた時、

まりにもイライラして、禁煙パイポを使った事が有る。

手持無沙汰になるのが原因かどうかは分からなかったけど、

煙草を吸いたくなったわけでもなかった。

禁煙パイポはイライラには効果が有ったと思う。

受験後は必要なくなっていたと思う。

煙草の煙、臭いが嫌いになったのは2年くらい経ってから

1年くらいの時は、懐かしいいい匂いだと思ったことも有る。

今では煙草臭いが大っ嫌いになった。

2018-03-14

東大学生生活は本当に病むから気をつけたほうがいい

東京藝術大学の学生生活は本当に病むから気をつけた方がいいを読んで思うところがあったので書きます

皆さんは東京大学を知っていますか?知っていますよね。

百数十万人の同い年に生まれ子供のうち、3000人くらいしか入れない大学です。

そこに入るには、日本トップクラス学力を要するといわれています

芸術よりも、お勉強の道を選ぶ人は多いので、まあ、入学するには最難関の大学の一つですね。


東大に入ると、せっかく東大に入ったのに自信がなくなるのは、当たり前です。

なんせ、駿台模試とか東大オープンとかで、自分の点数(440点満点で220点くらい)から見ると理解困難な点数(330点とか)を取っていた秀才リアルに目の前にいるのです。

人の学力をけなすような低劣な人格だったらまだ溜飲が下がるってもんですが、そういうのに限っていいやつなんだな。

そういう秀才を目の前にして、ひがんで屈折してしま自分の、人格的な弱さと、その根底にある学力の弱さに涙した東大一年生は何百人もいるはずです。

誰もそんな恥ずかしいことは口にしませんが、そうやって自分のせいで人間不信になって、大学に来れなくなったり第二外国語をさぼって放校になる駒場生は何十人もいます


それでも、学力という、偏差値という唯一の物差しを信じて人生18年生きてきた東大生は、病むほどに勉強します。

だって進振りがあるんだもん。教養の平均点を偏差値に置き換え、平均点の優劣で人生が決まると思って勉強します。

病むほどに点数は上がります。病むほど勉強しないと、同級生秀才たちには太刀打ちできないのです。

東北の某県で無敵を知られた秀才君も、九州男子を蹴散らし英語無敵を謳われた彼女も、ここではただの一東大生。

そんなレベルは、男女御三家(武蔵を除く)やツッコマには掃いて捨てるほどいるのです。


田舎から出てきた東大生は、東京というものに強い憧れを抱いていたんですね。

特にテレビで見る東京はとてもお洒落キラキラしていて・・・

クリームがいっぱいに乗ったパンケーキ、お洒落ブティックとかドラマで見る東京恋愛に、ただ漠然といいなぁ素敵だなぁと胸にトキメキを馳せておりました。

現実は、そんなキラキラしていません。

実験し大教室に通う毎日と、倒しても倒しても出てくる自分より賢い同級生の前にひれ伏す毎日を過ごします。

東京という街は、そういうところなんですよね。

実際、東京大学に対しても大きな憧れを抱いていました。その理由はやはり「日本トップ国立大学から」というのがあったと思います

そういう理由大学にきてしまったので、憧れの理想現実の差に心を痛めました。

日本トップの授業があるわけでは無いし、合格たからと言って自分学力日本トップになるわけでは無かったからです。

大切なのは自分が将来何になりたいかであって、東大は通過点でしかないということを身にしみて感じています


これを書いているのは、40代おっさんです。

この年になるといろいろなものを見てきました。

キラキラしていた秀才が、国家公務員試験を上位で合格し、某省で組織防衛に身も心もさいなまれ書類の書き換えの何が悪いと言い放つ姿も。

誰もがかなわないと思った研究者が、研究に疲れ果てたタイミングで引っ掛かった男に身も心も搾取され、売春でその彼に貢ぐようになってしまった姿も。

勉強ができたから、当然のように理学部物理学科に進学しあるいは司法試験に受かったのに、それらの職が本来求める対人調整能力がなかったがゆえに、人生で唯一得意な受験勉強で食ってくために予備校講師になった姿も。

18歳の時に知り合ったキラキラした秀才が、そういう風にして、堕ちていく姿をたくさん見てきた。

きっと彼らも、キラキラして見えたけど、東大にいた四年間に何か病むことがあって、そうして社会に出たときに、単に幸せを追求することができなくて、不幸せになっていったんだと思う。


上には上がいる。

そして、一つの物差しで「上」を計ろうと思うと、全体として自分が如何にあれば幸せになれたのかということが分からなくなってしまうのだと思う。

勉強が出来過ぎたがゆえに、勉強物差し人生幸せになれると思い込まされる。

そして、自分より勉強ができる数多の秀才出会ったが故に、もっと上に行きたくて勉強して、結果、勉強への過剰適応で世の中に適応できない若者を量産する。


それが東大

2018-03-13

anond:20180307150402

本題からずれてしまうし、ほんとに余計なお世話だと思うんだけど、国立への進路変更きく前提で、文系科目が本当にできるならまだ諦める必要ない。文学部なら可能性ある(他の文系学部はわからないし、京大理系に行きたいのであってどこでもいいわけじゃないというなら、ごめん)。

10年前の話だからそれを割り引いて聞いてほしいけど、高2の秋に進研模試数学偏差値65、高3の夏の京大模試数学20点、本番のセンター試験数ⅡB60点だった自分から。塾のテストとか、普通に最下位だったよ。模試数学20点でもA判定出るよ(自慢にきこえたらごめん)。

京大文学部の2次、英国社6割5分とれるなら、数学が3割でも多分合格者平均点くらいとれる。4割なら余裕で平均超える。

英国数、苦手でも嫌いな科目がないなんてすごいことだと思う。増田は、周りの優秀なひとや校風のせいで(というか増田高校で教えてる数学、相当難しいと思うから余計悪循環になってるんだと思うよ。基本を大事にしたほうがいい)、自分がだめだと思っているかもしれないけど、まだ諦めることないよ。

最後に、文章から伝わってくる増田の素直そうな性格をみていて、受験勉強最中も、どこかはわからないけど大学に行ったあともたくさん悩むだろうけど、いい落としどころを自分のなかで見つけてほしい、と思った。

さんざん上で余計なこと言っといてなんだけど、「〜大・〜学部じゃないと意味ない」みたいな発想も結構危険

私は入学後、人間関係の変化や自分の描いていた理想とのギャップについていけずに、苦しい日々が長いこと続いた。自由校風の名のもとに学生放置プレイ正当化されていると思ったし(本当に優秀なやつは独学するってか)、周りの人間知識議論マウントとりあう頭でっかちに見えて、これなら京大学者なんて十年にひとりの母校の同級生のほうが、よっぽどみんな面白くて優しいやつらだった、と思った。当時の自分他人とのコミュニケーションのやり方がめちゃくちゃだった、とも思うけど。

高校時代やりたいと思っていた学問も、実際に専攻してみるとすごくギャップが大きくてきつかった。そういう意味では、自分高校時代に志した好きなことをやるんだという思い込みが、進路変更邪魔をした。

これが自分のやりたいことで、これが自分の居場所だと思える場所にたどり着くまで、長い時間がかかった。

どこの大学理想とは違うところはたくさんあるから、最終的に大事なのは自分がどうするかだなって思う。好きなこと大事にしつつ、あまり思いつめないほうがいいよ。

2018-03-12

目標があるのに気怠い

最近になってようやく理解したが

目標に対して奮起できるのは、せいぜい1ヶ月以内のものに対してだけだ

数ヶ月、1年レベルの熱い目標があっても奮起はできない

 

テンションモチベーションを高く保つには、何であれ1ヶ月程度の目標を常に持ち続けるか

あるいはローテンションで何とか前進できるようにするかしかない

 

と思ってが、後者テンションが上がらないまま前進し続けることに違いなく

例えるなら高校2年生の受験勉強に対するモチベーションのようなもの

すこぶる気怠い

「やらなきゃ」という強迫観念だけ残って辛くなっていく

 

やっぱり1ヶ月レベル目標を作るしかいか

2018-03-10

anond:20180310220547

東大生メリットデメリットを把握して、人材活用しよう。

結論から言うと、東大生事務処理能力が高い。決められたルーチンワークを卒なくこなせる駒が欲しいなら東大生は買いだよ。

 

知的活動の分類

  1. 知識:いわゆる「ガリ勉タイプ。 暗記力が高くて博識。努力家ならガリ勉になれる。
  2. 知能:いわゆる「秀才タイプ。 既存知識を組み合わせて問題解決できる。受験勉強のように、正解が必ずある問題に強い。
  3. 知恵:いわゆる「天才タイプ。 前例がなくても観察によって法則発見できる。未解決問題のように、正解がない問題に強い。

 

東大生トップクラス秀才タイプが多い。(東大生でも底辺ガリ勉タイプが多い)

アインシュタインのような天才タイプが欲しいなら、学歴フィルターを外して探さないと手に入らない。東大生でも天才タイプはほんの数名しかいないからね。

適材適所で、官僚やらせるなら天才タイプでは使えない。秀才タイプの方が活躍できる。イノベーション必要な場面では天才タイプの方が役に立つ。

うまく垂直分業するなら、知恵のある者が知能のある者を使い、知能のある者が知識のある者を使うと、全体としてうまく回る。

anond:20180310160643

卑屈になるな!

安心しろ、おまえも努力すれば、必ずできるようになる。

おまえの人生他人代理で生きてもらうことはできない。おまえ自身が頑張らないと、誰が頑張るんだ?

 

他人の足を引っ張ったり、他人を蹴落としてのし上がるのは、受験勉強の間だけにしておけ。

社会に出たら、自己主張をがんがんやって、実力を示して、自分スキルアピールしないとダメなんだ。

待ってるだけじゃ、何も得られない。今日は何行プログラムを書いたんだ?1行でもいい。ほんの少しの変化でも、後で大きく化ける。(バタフライ効果

 

日本人がみんなプログラミングぐらい簡単だぜ?と言えるような社会じゃないと、日本の将来は暗いだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん