「言葉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言葉とは

2020-01-19

anond:20200118153046

ネットにはググレカスという言葉があるが、日常生活でも同じ

自分で調べられることは調べろ

第一「なんで?なんでそうなの?」

だとどこから説明すればいいかからないじゃないか

まず「こういうことなのかな?」と自分の考えを言った上で「でも間違ってるかもしれないから教えて」

みたいな質問しろ

2020-01-18

Vtuberやめたいけどぜったいやめねえ

そこそこ伸びたものの、停滞したあげく「懐かしい」みたいな扱いになってるVtuberをやってる。

正直つらい。くやしい。自分と同じくらいに始めた人間自分と仲の良いVtuberはどんどん人気になる。

Vtuberは、当たり前だが才能ある人間が多い。作曲イラスト動画、歌、喋りその他もろもろ。

観る側だった時は、そこが大好きだった。Vtuberになったあともそこが好きだった。でも最近はそこが苦しい。

自分以外の才能をみると、くやしくくやしくしょうがない。

なんで自分は絵が下手なんだろう。歌が下手なんだろう。ただ長くやってるだけで、惰性でやってるだけの、空っぽバーチャルYouTuberモドキだ。

自分応援してくれている人にしっかりと目を向けることができていたあの頃は、今よりも登録者数もTwitterフォロワーも少なかった。だけど心はずっと温かかった。

今は、数字の上がり下がりに一喜一憂し、他のVtuber炎上するたびに便乗してお気持ち表明する部外者Vtuber辟易し、自分活動では自分力不足毎日感じて苦しみ、心がじっとりと冷たい。

楽しい事をしたくてVtuberになったのに。楽しくない。

でも、今までよりも沢山の人に自分創作物であり自分分身であるキャラ応援されてる。だから離れたくない。

ここ以外に、多分行き場がない。価値を与えてくれる場所は多分ない。

それに、自分活動で元気をもらったと言ってくれた人もいた。もう見てないかもしれないけど。

傷つける言葉を言って謝りもせずのうのうと活動してるあいつも、人をなんでもやってくれるマシーンだと思ってるあいつも、実力不足で身内の創作に呼ばれなかった悲しみも、全部全部全部のりこえてやる。

あの時もっと大切に扱っていればよかったと後悔させてやる。

そして、もっともっと力をつけて良いものをつくって、応援してくれている人を思いっき笑顔にしたり、元気にしたりするのを死に物狂いでもやりつづけてやる。

価値を与えてくれた人たちに恩返しするために、どんだけ見下されても、変な嫌味言われても、ぜったいやめねえ

おわり

痴漢から自衛しなかったのを責めるな」って言説はおかしいと思う

フェミニストは「痴漢を軽く見る社会から痴漢が起きる」って言うけど、痴漢疑われたらほぼ100で人生終わるし、周囲からも絶交だろ。疑わしくても罰せられる訳で、寧ろ重く見てる社会だと思うんだよね。

その辺でもアンケート取れば、「痴漢絶対許せない」って人は9割以上になるとは思うんだけど。

痴漢する奴は頭おかしいので、倫理観を求める奴はおかしい、自衛必要」という論に対して

フェミニストが「ちょっとまって!これで得するのは犯罪者!私達は痴漢を許さないと訴え続けなきゃ!」

って言ってるけど、痴漢を許さな社会は既にカンストしてると思うんだよ。

で、結局犯罪者にとって一番得する言葉ってのは、「痴漢を許さない」ってスリルを向上させる言葉じゃなくて、「自衛しなくてもいい、自衛しなかった貴方は悪くない」って甘い言葉だと思うんだよね。

フェミニストスリルを向上させて、ゲームをイージーゲームにしてるだけ。

結局、「『痴漢を許さない』という言葉にかこつけて男を叩きたい、虐めたい」って歪んだ欲と、その状況を維持するのが目的になってる。

鍵のかけてない村で強盗空き巣が頻発したって場合、一番の解決策は

鍵をかけるのを呼びかけて、強盗を村に寄せつけない事だと思うし

鍵を開けたまま強盗に餌を与えてる奴は厳しく叱るのが当然だと思うのだけど、それをしない社会を作ってる。

かに被害を受けて叱られるって理不尽だけど、犯罪者に益を与える人には厳しくしないと更なる被害は広がるし、結果的に救われる人は多いと思うんだけど。

取り敢えず現実的解決策は、監視カメラの導入と満員電車なくす事なんだけど

女性専用車両かいうクソみたいな差別制度が一番楽で対処してるアピールしてるように見えるんだろうね。

anond:20200118201215

東大過去問をとこうとしてみたところ

そもそもどのように考えれば政界にたどり着くのか?

と読み返してみると、言葉の選び方がおかしいことに気がつくだろ?

anond:20200118194402

走り回れる穴が掘れる庭がある方が幸せなのは間違いないな

秋田犬やグレートピレニーズ飼っているYouTuberはそうだぞ

とんでもなく広いお庭があるご自宅にお住まい

ワイはちょっと無理かな

宝くじ当たる可能性を残しておきたいので絶対という言葉は使わないが

庭があった方が動物福祉に適ってはい・・・・・・けども

毎朝毎晩の散歩と週末のお出掛けで許して貰えばいいと思う

人と話すのが辛い

リアルタイムで反応を返すシステムが辛い

LINE既読つけてから返したい時に返すようにしている

面と向かって会話する時にはそうもいかない

立ち方とか、目線とか、みっともなくなりすぎないように

「こいつ頭おかしいんじゃないか」引かれないように、キャラとして笑える範囲に収まるようにする必要がある

~

発言する前には台詞を頭の中で組み立てる必要がある(それがないと「やばい」「すごい」くらいしか反射的に発言できない)

自然一言一言は短くなり、言葉足らずで誤解のあるまま話が進むことが多かった

訂正をする暇はない

~

ただ聞くスタイルに変えてみた

相槌だけで済むので簡単だった

~

父親相手にしていると、時折相槌を打つことすらしんどい日がある

父は大きなリアクションを求めて彼なりのジョーク披露する

それは対象の見た目をただ貶めるものだったり、差別的発言であることが多い

彼はそのジョーク披露すると必ず「面白いでしょ?」と付け加える

良い反応が見られないともう一度繰り返したり、「お父さんは変わってるからなぁ」と己の異常さを嘯いてジョークが通じない理由を作り出す

~

相槌を打つことすら辛くなってきた

孤独に生きられるほど私が強かったら、優秀だったら良かったのにな

~

読んでくれてありがとう

貴方にとって明日も良い日でありますように

カミナリが怖くてテレビが見られない

にこやかに家族団らんしていても、私のふとした言葉で急に血相を変えて怒鳴られ殴られる。

本当にちょっとしたことでも、私の言葉が親の思想と違えば殴られる。

私の親はそういう人だった。

から高校卒業してすぐ家を出た。

できる限り親から遠い場所でひとり暮らしを始めた。

テレビをよく見るようになった。

親の趣味に合わない番組自由に見て、自由に笑えるようになった。

でも最近はもう見られない。

カミナリっていうお笑いコンビ

彼らの芸風が本当に怖い。

ニコニコ世間話をしていると急に会話が止まり、途端に殴りつけ大声で怒鳴る。

親を思い出す。

何度も何度も、理由もわからず親に殴られた事を思い出す。

あの頃の私も、世間から見れば笑われてしまうようなものだったのだろうか。

生きることも死ぬことも許されない監獄のような生活も、世間から見れば単なるコメディだったのだろうか。

テレビは徐々に見られなくなった。

カミナリを見ると親を思い出すから

そして私がそうであるように、私が笑うことで無意識のうちに誰かを傷つけてしまっているのかと思うと、笑うことも怖くなった。

カミナリは何も悪くない。

彼らは私のことなんか知らないし、私は彼らに何かされた訳でもない。

それなのに私はカミナリが怖くてテレビが見られない。

社会に出てから思った事を書く。

やたらと年配の人の意見に噛み付く人を見かけるようになった。

年配者の意見が正しいとは思わないし、全てが間違ってるとも思わない。反対に若い世代にもそう言える。

だけど、正しい事を言っていた時にも噛み付くボクと同じ若い世代の人を多く見かける。注意して改めるだけでいいのに噛み付いて反抗する。

若い世代に限った事じゃないし、年配になればなるほど逆ギレを起こす人だっているんだけども。

老害とか言われるような人たちになりたくないのであれば、間違っている時は素直に誤りを認めて改めた方がカッコイイと思う。だけど現実はそうもいかなくて、注意されるとウザいとか老害に言われたくないとかそういうのばかり繰り返して間違いを直そうとしない。

ボクは高校の時、視野がとても狭く身近なものしか興味を持たなかったし、毎日部活をするか遊ぶかのどっちかだった。

大学は受かったんだけど家庭の事情で行けなくなって、そのまま就職した。そして社会人として外に出たのだけど、社会に出ると知らなかったものとか多く見つかる。

ニュースとかも毎日見るようになった。視野が広がっていくと、何でもないことでも興味を持つようになったけど、広くなってから見かけるのは、年上に噛み付いてるような人たちのネガティブ言葉ばかり。

ネットを控えても、外でさえあちこちで不満ばかり聞こえる。今回のように年配者の言葉にガブガブ噛み付いているのだって結構頻繁に聞こえる。

会社なんかは特に多い。同僚が毎日言ってる。なんか今まで気づかなかったけど、よくも毎日陰口ばかり言っていられるなぁって。

もちろんだけど、年配者だって同じ事をやってきたろうし今もやってる気がする。わかっているんだけども、なんか社会に出てみたらボクみたいな年齢の人がずっとボヤいてて思ったほど楽しくないなって感じた。

ずっと聞いてるのが嫌だから耳栓をつけて愚痴文句だけ聞こえないようにしてほしいくらい。これが死ぬまで続くのかと思うと結構シンドい。

anond:20200117141801

元増田のような神様的な出来すぎた浪人ライフを送ってる人もいれば、一方で俺みたいなガチ屑も存在する。

光があれば陰もある。当然のことだ。

現役の時、私立全滅、国立前期も落ちた俺は親から浪人をしてはいけないと釘を刺されていたので最悪就職について思いを馳せつつ毎日腹を酷く下すほどストレスを抱えていた。そんな最中、某底辺公立大後期課程に一抹の希望を持って挑んだ。

私立全滅、国立前期落ちで一ミリたりとも自信を失っていたのでおよそ9割型落ちてるだろうと思いきや、なんと受かっていた(!)

この時はかつてないほど安堵してたが、両親から浪人してもいいよ(!?)と言われ、とても戸惑った。

ダメって言ってたじゃん。何のためにここまで酷いプレッシャーの中で受験したのか。

と思いつつも、当然合格した大学はずっと行きたかった大学ではなかったので、有り難く予備校に通わせてもらうことにした。あと一年あれば余裕だろ笑寧ろ東大受かったるわ笑と浪人を軽く捉えていた。

—————-

4-5月

このうちはやる気が滾りまくってたし、1回目の模試第一志望校がB判定だったので、もしかしたら頑張ればマジで東大かいけるんじゃね笑笑とさえ思っており、1回目の模試が良かったことですっかり天狗になっていた。

そう考えてた俺は手の施しようのないアホだった。浪人生は一年アドバンテージがあるので、判定が良く出るのは当然だ。それなのにそれを盾にして自分が優れていると思おうとは言語道断のアホと言えるだろう。

だが天狗になってたとはいえこの頃はかなり頑張ってた。一日9-10時間程度。

6月- 7月前半

既にダレ始める。一ヶ月強ではじめの頃の炎は消え去っていた。この時点でもう辛かった。一日7-8時間程度。

7月後半-8月夏休み期)

空前絶後サボり期。特別講義を受けるために、他の校舎に行き講義を受けたあとは、食べログラーメンを調べて、食べ歩き回っていた。他の浪人生はせっせと勉強しており一秒たりとも時間無駄にできないのにも関わらず。平気で数キロ離れた美味しいラーメン屋(★3.5↑)さんに行っていた。当然ながら時間蛇口を全開で回しているが如くドバドバと浪費。無論このラーメンを食べるお金は昼飯のために両親が出してくれたお金だった。普通親思いの浪人生はここで一食800円や1000円も使ったりしない。浪人させてもらっているという負い目があるから、せめて昼くらいは安く済ませようと500円,600円の定食うどんを食べるだろう。

けれども俺は屑だった。申し訳ないという思いが頭の片隅にありつつも、何か正当性のある理由をつけて勉強をしたくないという考えが自分支配していたのと、単にラーメンに関してはグルメな一面があったので、”特別講義を頑張った自分へのご褒美”のため美味しいラーメン屋さんでお昼を食べるという理由があるから多少勉強の開始が遅れてもしょうがないという謎理論の下、ラーメンを啜っていた。

これで何時間も潰してしまったとき自己嫌悪で死にたかった。

たこんなこともよくあった。勉強が嫌すぎて、両親には図書館勉強すると言っておきながら、実際図書館では本を読み漁っていた。勉強するくらいなら今まで全く興味がなかった読書さえ何よりも楽しく輝かしいものに感じられた。

ソシャゲ徹夜なども何度かあり見本にすべきでない浪人生の象徴にほかならなかった。一日3-4時間程度の勉強だった。

9-12月

夏休みはかなりサボってしまったという自覚があったので、ちょっと頑張り直す。だが、夏で身についたさぼりぐせはなかなか抜けない。しばしば予備校後に家ではスマホに夢中になる。一日5時間程度の勉強

センター直前

センター直前にも関わらず、過去問すら碌に解かなかった。一日4-5時間程度しかやらなかった。それ以外はソシャゲをしているというカスっぷりだった。

センター

センターが酷すぎた俺は、両親とまじめにf欄大への進学について話し合った。両親から持ちかけられたことだったのでf欄も考えればという言葉は余計に胸に突き刺さっていた。(模試でニッコマがD判定だったので当然の対応だと思う)自業自得とはいえ現実を突きつけられるのはかなり辛かった。

話し合ってる間は、睫毛が濡れて翌日目がものもらいのように腫れあがるほどボロボロとずっと涙を零していた。

流石に危機感を感じたので、この頃から死ぬ気になって勉強した。(我ながら遅すぎるとは思ったが

サボっているのに自己評価だけは高かったので、f欄大なんて天地がひっくり返ろうが何が起きよう行きたくなかった。今思えば、アホの極みで恥ずべきことだが、俺はもっと上だ。そんなところ俺が行く大学じゃないと思ってた。めちゃくちゃ見下していた。勉強分相応のところしか行けないのだから、f欄大にしか行けないのもそれくらいの能力しかなかっただけのことのなのにプライドだけは一丁前だった。

その熱心な勉強のおかげか私大はニッコマクラスに、国公立は現役より若干上の国立大に受かった。

—————-

浪人しても俺のようにダレる奴が一定数いる事も肝に銘じてほしいと思い書いた。

決して俺の浪人話はサクセスストーリーではないだろう。それだけならばまだしも

サボってる浪人生は途轍もなく死にたくなる。頭ではやらなければならないと分かっていても行動が伴わない。だから、そんな自分に対する嫌悪が膨れあがる。結果コンナゴミイキテイテテモシカタナイナという思いが常に内在するようになる。自己評価が低くなり卑屈になる。

予備校講師の人が言ってたが受験期に受験を苦にして自殺するなんて勿体なさすぎる。浪人時代なんて人生のごく極々一部に過ぎない。という言葉が嫌に印象に残っているが、今ではこれは本当にその通りだと思う(当時は何言ってんだ、その極々一部が死ぬほど辛いんだろうが。だから死ぬのも仕方ないだろ…。とか思ってたけど。)大学楽しいし、自分の好きなことがたくさんできているので充実感がある。大学卒業してもこれから楽しいことがたくさんあるだろう長い人生、あそこで死んでたら勿体なかったと思うし、今思えば浪人時代に悩んでいたことはなんて小さかったのだろうとも思う。でも、経験たからわかるがあの時はその悩みが何に替え難く切実だった。危うく人生に終止符を打ってしまうほどその悩みは大きかった。鎌を持った死神のように命を奪う機会を虎視眈々と狙っていた。実際俺は浪人時代軽く100回は死にたいと思ってた。未だによく実行しなかったなと思う。

以上の経験があるので、俺は全く浪人お勧めしない。

本当にやめとけ、罪悪感と自己嫌悪で死にたくなるから死にたくなかったらやめとけ。ここまでいってやろうとするのなら止めはしないが

大半の投票者右翼左翼自称しなくて、基本的に他称の言葉なんだよな。

自称してる奴や他人をそうラベリングしてる奴らはやばい奴らって事。

 平成時代に、本当に素晴らしい日本を作った人は30代にいるわけで、その30代に敵対心をむき出しにしている

お前が、昭和のような素晴らしい時代にしたい、というときの「素晴らしい」の言葉ほど臭いものはないんだよな

 もうあん時代来るわけねえだろ

 平成時代にどっかにあった、素晴らしいもの封印しようとするようなクズに、素晴らしい時代が作れるわけがない

anond:20200118153046

お前の言葉選びと話し方が心底不快なんだろ

フェミvsMtFて結局どうなったの?

正確にはMtFを女として容認派vs男と扱う派かな

女子大MtF受け入れ表明したあたりから争ってた(あの大学って実際にそういう人入ったのかな)のを不意に思い出してかるくTwitterで当時見た関連垢探してみた

TERF(MtF拒絶派、この言葉も久しぶりに見たな)で当時1番影響力ありそうだったアカウント更新止まってた、けど界隈自体はまだありそうなかんじ

MtF側は当事者がちらほら呟いてた、当時は非当事者フェミお気持ち呟いてたと思うんだけど触れなくなったっぽい

……ということは分かったけどいつ頃どうなったのかはよく分からなかった

あの頃目立つフェミ垢でも結構対立してた印象あったけど今でも仲悪いの?それとも意見擦り合わせるなにかはあった?時間解決した?忘れちゃった?見ないふりしてる?

フェミでもアンチフェミでもいいから詳しい人教えて

個人的には忘れちゃったパターンだったら最悪だなと思う、特定社会運動に参加したりそれに基づいて意思表明している人が新しく起こった問題で前の問題忘れちゃうようじゃ社会問題解決社会構造の変革なんて絶対無理なので)

二次創作における否定という主張

最近ハマッたジャンルで新しく出たキャラクターにハマり、好きなカプもある。元々やってるジャンルと平行して作品を作っている。元々のジャンルアカウントで別ジャンルの話が多くなるとタイムラインを埋めてしまうので新しいツイッターアカウントを作った。語り合いたいし交流は好きだから壁打ちではなく交流も含めたアカウントにした。話ができて楽しいと思っていた。

気になるのは自分が好きなABというカプが好きな人たちに逆カプや他カプの否定をしている人がちらほらいること。これからの展開や明らかになってない部分に「自分はこう解釈している」「こうだったら嬉しい」などという話の中で「こうだったら絶対に嫌」という否定が交じること。

自分がこうだったらどうかな、と考えていた部分をそこまで言うか?というレベル否定しているツイートを見かけて気力が失せたので、作品にしても公開しないことにした作品もある。

思考自由だし誰にも止める権利はない。否定肯定自由だ。でも不快に思う人がいるかもしれない、誰かを傷つけるかもしれないと想像せずに否定を口にする人は無神経だと感じる。

嫌い、あり得ない、という言葉自分の好きなもの解釈の主張をする人は愚かだと思う。

好きなカプはそういったことがかなりあるのでジャンルから降りる、アカウントを消すという方法最近よく考えている。

こんな気持ちになると思ってなかったな。

戦場のメリークリスマス」は誤解されている

CSムービープラス放送されてるので。

戦場タブー同性愛の話」と短絡しては、話になりません。

歴史から見ても、中国日本同性愛普通でした。

戦国時代武将が、女性を戦に連れてくわけに行かないか美少年をとか、

新選組衆道とか。

から太平洋戦争軍隊内にホモがいてもなんにもなのです。

これは作中の登場人物台詞からもわかります

ハラは「規律問題だ」と言っていますし。

ネモトが処罰を受けたのは「捕虜に手を出したから」です。

ちなみに、掘られたオランダ人捕虜ノンケで、

ネモトの処刑ときは、目の前で切腹首切り見せられて、

異常な状況相まって、てんかん起こしたのです。

相思相愛で舌噛んで自殺なわけないじゃないですか

それにヨノイ大尉がどう見てもホモほもなんだから

タブーなわけないし、タブーなら、ホモ上官を気遣って部下がセリアス殺そうとするわけない。

ついでに書くと、僕の子時代ホモはなんにもだった。

問題無かった」と書くと、問題かのようで、そもそも問題でなかった。

学年に何人かはくねくねした男子がいたし、保毛尾田保毛男テレビで流れてた。

僕は当事者じゃないけど、昨今のLGBTとかって、欧米文化を背負いすぎだと思う。

キリスト教イスラム教では同性愛異端だけど、

僕らは同性愛について何も言われなくて育ってきたし。

閑話休題ラストの「メーリークリスマスミスターローレンス」もハラの命乞いなんかでは、決してない。

日本が負けて、立場が変わって囚われの身のハラにローレンスは会いもきたのです。

ハラは頭も丸め死装束です。死ぬことを恐れているわけでなく、

あなた方がつけた理由で死ななければならないのか」が問題なのです。

ここでローレンスの「私にできるなら、あなたを助けたい(反語表現)」を聞いて、

ハラは逆の立場だったローレンスから答えと許し得られたのです。

戦時中ラジオの持ち込みの懲戒処分クリスマスサンタクロースになぞらえて不問にしたことを楽しく思い出し、

ローレンスが来て自分に「素晴らしい言葉」のプレゼントをくれたことに感謝して、

心が乱れそうに出口に向かうローレンスに、ハラは陽気に愉快に言うのです。

「めりぃーくりすます、ろーれんすさん!」

白い巨塔も誤解されてるから

パパ活をやめろって言うやつは職業差別だよ

たとえば会社から独立した人が1時間5万でコンサルやってたら「金銭感覚おかしくなるからやめろ」「俺が悲しむからやめろ」って言うの?

あるいは会社員が副業スニーカー転売していて、一足五万の利益が出ていたら「金銭感覚おかしくなるからやめろ」「俺が悲しむからやめろ」って言うのかな。

普通は言わないよね〜!

パパ活批判するのは単に職業差別だよ。あるいは相手を一個人として認めてないと出てこない言葉

anond:20200118082005

ビジネスチャット使わない会社の時点で辞めていいぞ

コンプライアンスって言葉存在しない会社

コンプライアンス理解出来ないかIT音痴集団が属する部署所属しているので

円満お仕事するのは無理だぞ

まぁやることやってからでもいいけど

anond:20200118013436

あのさ、30台女性の話ってどこからでたの??

元増田は30という言葉どこにも書いてないよね

急に言い出すからこりゃトラウマ開陳かなとおもってワクワクしてまってるんだけど

はやく「増田が30台女性へのヘイトもつにいたった事情」とか開陳しろ

おまえにとっての30台女性はいったいなんなの

anond:20200118013247

つっかかるのはやってないと、えらいね

じゃあそれをネタわら人形こさえて増田で袋だたき(言葉で)にしようとするのもやめような

増田欠席裁判で勝てる場所じゃありません

元増田が袋叩きになりたいならとめないけどね

おわり

やさしくなれない

二十歳くらいの頃、絵にかいたような「生きづらい」学生だった。悩むことに悩むみたいな、ある意味まっとうな若さを抱えていた。

だけどそれが自分でもしんどかったし、周囲の親しい人を疲れさせてもしまって良くないなと思ったので、

まずは自分の心地よさのために、自分の機嫌を自分で取れるようになりたいと思った。

そこで、主に社会人になってから意識的に振る舞い方を変えて、いろんな思考訓練をした。

落ち込みやす出来事ポイントや苦手な人のタイプを観察し、避けられる摩擦は避けて、不要な傷つきは回避してきた。

その結果、学生の頃よりぐんとメンタルは落ち着いたし、毎日楽しく生きられるようになった。それはすごくよかった。

なんだけど、その副産物として、

今度は「あの人は、いつも大丈夫そうな人、頼ってもいい人」っぽく、周りから見られるようになっちゃった別にそんなことないのに。

メンタルが安定している(ように見える)人って、感情の置きどころにされやすい。

わかりやすくいうと愚痴ってもいい人、と思われやすい。

とくにそれが、テキストコミュニケーションの場において顕著だと感じる。

私はTwitterしろLINEしろ言葉をつかってコミュニケーションを取る場では、

日本語の使い方にはめちゃくちゃ気をつけて、言葉を発信するようにしているんだけれども、

そうすればするほど、はたからみると、一見「話を聞いてくれそうな人」になっちゃうんだね。どうやら。

最近ようやくわかってきた。受け止めてくれる人と、思われがちになってしまった。

自分感情をぶつけたい、発散したい。誰かに受け止めてほしい!」という気持ちが、

他者への遠慮を軽く上回る人、世間にはたくさんいるのね。

想像力があればあるほど、客観性意識しようとすればするほど、引き受けるものは増えていくのかなー。

私にももちろん話を聞いてもらいたい瞬間はたくさんあるけど、それはごく親しい友人か、家族しか向かないから、

「エッ、その純度の感情!?この程度の関係性で、こちらにぶつけてくるの!?」っていう場面に出くわしたとき、まじで対処の仕方がわからない。

で、めんどくさいので当たり障りのないように流す。するとそれがまた優しさと勘違いされてしまう、みたいなループになってしまった。あほである

ええかっこしいなところがもはや自分の首を締めてる気がしてるけど、

こういうふるまいってもはや美学の域だから、もうどうしようもないよな…。

だけどわたし別にそんなにやさしくなれないし、余裕もないよ~!ドラえも~~~ん!!!!!!

お前らはこの手の人と仲良くやれる?

仲良くやれるか?

もしくは友人や恋人として付き合える?

 

女性 31

Twitter中毒気味で結構なんでも書いちゃう

ソースなしのニューススキャンダル

 社会問題ツイートRTして批判説教をし、

 数日後あれデマだよっていうツイートRTして自分はだんまり

・知らん人のツイートでも気に入らないとRTして

 一方的に嫌味、あてこすり、強い言葉で罵る

仕事関係情報解禁時、私は前から知ってました!アピール

 いろんな企画が動いてます!などの匂わせ

 察しの良い人にはわかっちゃうようなギリギリのお漏らし

情報解禁前の仕事をしていることを匂わせる

 「あの企画の返事来たッ」「今日は例の企画の打ちあわせ」等

・突然日常会話では耳慣れない単語を使う

・苛立つと汚い言葉遣いをする

 「電車で二人分の席とってるデブ死ね

 「道塞いでた糞女蹴っ飛ばしてやればよかった」

仕事に自信持てないのは仕事相手に失礼!私は仕事出来ますってハッキリ言える!

 と言いつつ実際は彼女の見えないところで他の人が修正してる

2020-01-17

「防寒対策」や「節税対策」という言葉違和感を覚えませんか

単に「防寒」あるいは「寒さ対策」、「節税」あるいは「税金対策」でいいと思うんですが

建築士は男(がなってはいけないはず)の特権職業

ようやく合点がいきました。

デザイナー物件が済みにくいというのはもう昔から言われてることですが、なぜなのか。

なぜ建築のことを勉強し続けてる人たちが作った家が住みにくいのか。

デザインステータス全振りしたらそりゃ住みにくいだろうというなんとなくふわっとした理由づけにみんな納得してきましたよね。

でもデザイン物件に住みたい。高くておしゃれな家は住んでて気持ちいい。

でもトイレ風呂が妙な位置についてたり、ほかの部屋に行くのにいったん外に出ないといけなかったり、子供部屋が鬼のように狭かったり暑かったり、プライバシーがなかったり、ベランダ洗濯物を干すには狭すぎたり、でかすぎて物置になっていたり…まあとにかく妙なことになっています

テレビ番組で「突撃!隣のスゴイ家」というのがあります

田中卓志遼河はるひ仮装夫婦になって人様の建てたばかりの家を見に行く番組なんですが、私はずっと引っかかっている回がありました。

その回で紹介された美容師夫婦の建てた家は、建築素人の妻が家の設計をして建てた家でした。それに遼河はるひが食いついた。

設計したのが素人と知る前から、家に入った時から彼女はくいついていました。いつもとは違う熱量だったのが印象的でした。気に入ったんだなあと誰もが思ったでしょう。

そして見終わって、遼河はるひが言った言葉は「この家を真似しよう、このままの家が欲しい」でした。

そこまで?私は正直思いました。

おそらくその場に立ってみないと見えないところがあったんだと思いました。

個人的には今まで番組で紹介された家の中にはもっと素敵であこがれる家はたくさん出てきていました。でも彼女が食いついたのはその家だったんです。

その後も毎週、建築にこだわりがあり、趣味にこだわりぬいた家が紹介されていきます

そしてある回で二階にプールのある家を紹介したときのことです。

その夫婦の奥様が中国人だったためでしょうが、どの夫婦も濁してきた「住んでみての失敗点」のコーナーで、彼女は住みにくくて不満ですとはっきり言ってしまいました。

やはりデザイン性を追求すると住みにくくなるのか……、そう思いながらも、あの美容師夫婦の家を思い出していました。

そして、すべてバラバラだった事象が突然ぽんと腑に落ちた。

陳腐言い回しだがパズルピースがはまるように突然わかりました。

それは理由としてはごくごく当たり前のことでした。

普段家事をしない男がデザインした家が住みやすくなるわけないだろう」。

いわんや、「士業の男」をや、です。世の中建築デザイナーの妻が10歳以上年下で専業主婦でなかったためしがありません。そこに見える男のロマンといわれるような傲慢思想ブラジャーを作っている大手企業幹部が全員男だった時と同じ構図です。

主人よりずっと長く家に住む女子供を思いやれる建築士の顔が浮かびません。彼らは良い服、靴、時計自分趣味に興味があるだけで、妻や子供自分の家にも住まわせてやってるという意識が働いているのです。代々木上原にあるような賃貸デザイナー物件などに至っては「俺の設計した賃貸に住まわせてやるよ」という傲慢が見えるようです。

彼らの設計する家は、デザイン性によって生じる利便性の悪さをすべて自分居住区以外に押し付けており、表から見える場所はきれいでも裏方がぞんざいです。

子供部屋は狭く、暑かったり寒かったり、子供が大きくなったら壁を作って狭い部屋をさらに二つに、とリビング二の次、三の次の扱いです。私が子供なら成長につれ狭くなるような子供部屋は嫌です。

そして自分のこだわりのために毎日家で長時間家事をする妻の動線無視されています自分の金をつぎ込みたいところにつぎ込み、自分が使わない場所への節約が顕著にでた家の数々。そんなもの「家族」にとって住みやすいわけないのです。

そしてデザインに大きな権限を持つ建築主はこう言った番組で必ず言うセリフがあります

キッチンは妻の希望に任せてこのようにしました……」

丸投げなのです。そして換気扇が恐ろしく遠い位置だったり、キッチンの規模に対して小さすぎたりするのです。料理をしないからわからないのでしょう。

日中は家におらず家事なんかするわけない、家事がどういう流れで行われるかなんて考えたことも実践したこともない人間が、特に家事労働時間の長い家族の住み心地になんか元より考えられるわけないのです。

彼らが立てているのは実物大玩具プラモデルなのです。

家の建築士には家事労働時間の長い人こそがなるべきだったのではとおもいました。(日本では女性になるでしょう。)

いわゆる男の特権職業。それが家の建築なのだなと諦観とともに腑に落ちたのでした。

フェミ後輩がサークルに入ってきて辛い

ツイ廃からそいつの男女関連の発言の「元ネタ」みたいなのが分かってしまうし、反論したくなるのが辛い。

「私将来あんまり働きたくないんですよ~ガラス天井って知ってます?」

って言われて、

「なんで楽な方に流れようとしてるの?

ガラス天井って、独身なら給料は男女差無いよ?

ヒモ男捕まえて家事押し付け仕事頑張れば給料たくさんもらえるよ?」

という言葉を押し込んで、へらへら笑うしかない。

そいつ所謂地雷」の発言や行動が分かるし、わざわざ踏む必要無いので避けていると

理解ある男としてみなされてるっぽい。

逆だよ逆、フェミは大嫌いだし、それ以前に女はデフォでうっすら嫌いだ。

人の上に立ったり支配するのはめんどくさいから、女の上に立ちたいとか奴隷のように扱いたいとか考えてないけど

友達じゃない奴は動くオナホールしか思ってない。

向こうはそんな事少しも思ってないんだろうなと思うとなんだか辛くなってくる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん