「言葉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言葉とは

2018-12-10

美女と野獣」って

美女なの」に醜い獣にも優しいっていう意味合いが含まれている

普通美女美男しか見ない、男の内面など見ていないっていう前提があって、

それなのに、見た目が美しくない「野獣」のことを好きになるという特異性が主題になっている。

また、ベルのことを「美女」と呼ぶことも、人としての人格尊重している言い方とは言えない。

美女であることは事実かもしれないが、あの「美女」が、とか、あの「ビューティー」がという風に、

人を「美女」という言葉で呼ぶと、人格よりも「美女である」という表面しか見ていないことになってしまう。

昨今のポリティカル・コレクトネス尊重する現代価値観からすると、

やはりこれはちょっと古い考え方に基づいた物の見方だと言えるだろう。

しかし、だからダメという話ではなくで、過去はそうであった。問題視されていなかった。という事実として残していけばいい。

anond:20181210162144

梅原顔もいいし、声もいいし、演技も、あの世代の声優の中じゃ良いほうだと思うんだよね。

これはただの感想だけど。

件のラジオRTでまわってきただけだからすべてを把握してないけど。

言ってることは間違ってないと思ったな。

今の声優の売り方、ドル声としてしかマーケティングされてなくてその危機感違和感からきた言葉だと思う。

謝罪なんかさせずにあげてほしかったし、今後も頑張って欲しいと思う。

15年ぐらい前は声優の顔とかファンサとか気にしないし、踊らないしあまり歌わないし、時代の流れを感じる。

これも感想

梅原さんの件について今更ながらの独り言

先にいうけど私声優さんファンじゃないです。ただのリスナー視点からみた今回の件についての独り言です。

梅原さんの件さ、梅原さんがどうこうはもう話してもしょうがないのでおいておくとして、いつも通りラジオを聞いてた人にとっては本当にいつもと変わらないラジオだったんだよ。いつもラジオを聞いていない梅原さんのファンや他の声優さんファンは多分出回った実況ツイでこの件を知ってあっという間に広がったんだと思うけど、それで何だこの発言って怒って叩いてっていうのは本当に至極当然のことだしそれに関してはなんとも思わない。でも、ほかの声優さんとそのファン信頼関係みたいな領域を土足で踏み込まれたことに怒ってるんだとしたら、それはこっちも同じだよっていうのは言いたい。いつも通りラジオを聞いてただけなのに、どこかからともなく突然現れた又聞きしただけの人たちにいつものラジオをぐちゃぐちゃにされたのはこっちも同じだからね。今まで聞いてきた人達がどういう気持ちで聞いてたのかっていうのはちょっとくらい考えてもいいんじゃないの。誰のせいとか関係なくたまたま外に漏れでていつも通りのラジオをいつも通り楽しんでた人達までバチボコに叩くのはなんかな〜。というかやってること同じじゃないですか?自覚いかもしれないけど人が好きなもの馬鹿にしちゃってません?

謝罪して一応のけじめをつけたのはとてもいいことだと思うけど、放った言葉と深まった溝は消えないからな…

というか単純にね、自分面白いなって思うものにその人の立場とか性格とか関係ないじゃんか。楽しく聞いてることくらい許してくれよ。

勢いで書いたからまじもんの独り言だし我ながら頭悪そう。

anond:20181210125720

人を好きになるということは、その人のことを受け入れることであり、改善を要する箇所があるとしても、そこは一旦受け入れた上でコミュニケーションを取るのが愛のあるコミュニケーションかと思う。

から常識的に考えてありえない」って言葉もっとも「好き」とか「愛」とかからは遠い場所にあると思う。

とはいえ増田にしても私達にしても、大抵の人は、ある程度は自分常識の中にいる人しか受け入れられない=愛せないのだから浮気とかなんとかそういうことなしに、十分相手増田に嫌われるようなことをしたってことではないかと思う。

一緒にいて辛いということ

付き合って6年

同棲して3年目

30歳

この年になって「人を好きとはどういうことか」がわからなくなった

大学生のころ付き合っていた彼に「好きってどういうことだと思う?」と聞かれて真剣に考えていたことを思い出す

相手の喜ぶことをしてあげたい、相手のためになにかをしてあげたい、相手幸せにしてあげたい、そう思う事」それが当時の私が出した答えだった

それはいまだも変わらず、相手のために何かしてあげたい、それが好きだという気持ちだと思っている

でもこれは正解ではない

私の中での結論なのであって、みんながみんなそう思っているわけじゃない

でも少なくとも、相手に喜んでほしいっていう気持ちはあるものじゃないのかな

今の彼からはそれが感じられない

なので、単純ながら、もう好かれていないんだなと思う

もちろん付き合って1年くらいはそれを感じられた

それはいわゆる恋に恋している状態で、ラブラブで、毎週のデートが楽しみな初々しい雰囲気の頃のお話

いまこれだけ長くいると当時ほどの気持ちがなくなるのはわかるし、言ってしまえば私もそこまでではないと思う

だけど長く一緒にいると、好きという気持ちから大きな愛情に変わっていくのが普通ではないのかな

他人恋人、というよりは、家族、ずっと一緒にいる人、という形

別にそれは結婚という形じゃなくてもいいんだけど、この人と一緒にいるのが当たり前で日常で、なくてはならないもの、という形

でも彼は言った

「早く寝なよとか夜おそくまでゲームするなとか、もうお前の小言に疲れた。この家でて一人暮らししようかと思ってる。」

母親はいったいどんな教育をしてきたんだ、とか

この年になって小学生みたいなこといってんな、とか

そんなことで今までの生活すべてを捨てようと思ってるのか、とか

とにかくいろんなことが頭をぐるぐるまわって何も声がでなかった

そして最終的に「こんな男性をずっと好きだと思っていた自分がとても恥ずかしいし、本当に情けない」と思って涙があふれた

私が浮気したとか、お金使いが荒いとか、夜遊びが過ぎるとか、私が責められて当然の理由が欲しい

私への好きという気持ちが薄れた大きな原因が欲しい

夜中までゲームして次の日会社に送れるような日が続いていたのでうるさく早く寝ろと言ったし

夜中まで大声でゲームするのはやめてほしいと、常識的に考えてありえないと、言った

それで6年を捨てられるのか

それで好きを捨てられるのか

そんなことで

そんなことで6年を捨てようとした男を好きになった自分が情けなくて辛い

まるで小学生から成長していないような男を好きになった自分が恥ずかしい

この恥ずかしさ、情けなさを、彼はきっと理解できないだろうな

いっそ浮気されて、浮気相手を好きになったから付き合いたいとか、諦めのいく理由が欲しかった

本当になんで私はこんな男性を好きになってしまったんだろう

30歳になるのに

仲直りするとかそんなものじゃないんだ

ケンカじゃないんだ

根本的にもう人間として尊敬できる部分が見えないし、きっともうない

「今はラブラブだけど、きっと長く付き合っていくうちに一緒にいることが当たり前に感じていくと思う。でもそれは悪いことではないと思ってる。今ほどラブラブじゃなくなっても、相手の大切さを忘れないようにしていきたい。」

これは彼が言ったものだと思ってたけど、よくよく思い出してみたら大学生の頃付き合っていた彼から言われた言葉だった

今の彼がこんなこと言うわけないのに、記憶を塗り替えてしまってたのか

今の彼から言われた言葉じゃなかった、というのを思い出して、ああ無理だ、と思った

好き好き大好き!なんて気持ちがなくなってしまった今

それでも相手が大切だとか大事にしたいとか愛情的なものがもう彼にはないし、そういう発想はないんだ

私が彼を思って発した言葉も、全て彼の不満になる

でもさ、そんな理由で私は私を責めたくないよ

私、悪いことしたなんて一切思ってないのに、まるで私が悪いような感じ

それも全部全部情けない、あなたを好きになったという気持ちが、本当に涙がとまらないほど情けないし恥ずかしい

見る目がないよ私、本当に悔しいや

彼を選んで、勝手に傷ついてる、そう考えると悪いのは私、自分自身だ

そんな人を選んだんだから

情けない

言葉の間違いを論って議題とはそれた部分で相手避難する」ってトーンポリシング的なサムシングにはならんのかね。

詳しい人、おせぇてー。

anond:20181210110717

増田って、この手の言葉を入れ替えて文章作る奴結構見るけど、この手のことやりたくなるのって駄洒落と一緒で脳の老化が原因なんだってね。

だってそれ毒じゃん

数日前だかもう2週間ぐらいは経つか、TLに某バラエティドキュメンタリー番組動画が流れてきた。

毒親」について。

「毒」な母親に育てられた女性体験再現VTRだった。

私はテレビを持っていないのでその番組自体は見ていないし、

流れてきた動画ツイッター用に2分20秒で切れていたので、

その動画番組の是非については言うつもりはない。

ただその時、フォローしている既婚子持ち女性数人(いずれもお子さんは未就学児)が、

「こんなので毒親と言われたらたまったもんじゃない!

こんなの私もよくやる!」

拒絶反応気味に吹き上がっていたのが気になりどうしてもモヤモヤが消えないので

ここのアカウントを取った。

初めに言っておくと、私自身は虐待サバイバーではないし、

母親に関しては「毒」からは遠い存在だと思う。

父親は酒を飲んで暴れて警察沙汰にすらなったことがあるし、

私が実家を出るきっかけになったのも父親言動だが、

強大なストレス源になったのは私の成人後なので、

子供時代に極端な悪影響は及ぼされていない。

まり、これから書くことはあくまで元友人を含む毒親虐待経験談への印象を元にしている。

なので「知りもしないくせに偉そうに」と言われるかもしれないが、

そういった家庭や加害・被害実体験者およびカウンセリング等の対応仕事として携わっている「当事者」以外から

毒親」という存在のものに対する軽視するようなコメント感想は、少なくとも直接は書かないでもらえると嬉しい。

さて本題。

「こんなので毒親と言われたらたまったもんじゃない」と、怒りというより悲鳴のようなコメントを上げていた方々は、

母親だって聖人じゃない

イライラたからって怒鳴ることも許されないのか

動画に対して)食事時間が決まってるのに、作ってから「いらない」と言われてもキレたらだめなのか

感謝言葉ひとつなければ「私はこの家の何なの」と言いたくもなる((動画内で、姉妹仲良くジュースを飲みながらテレビを見ているところへ母親が現れ、「あなた達がいるとすぐ汚れるんだから」と言いながらテーブルを拭き、「私はこの家の何なのかしら」と子どもたちを睨めつけながら言うシーンがある))がそれもだめなのか

といった点で件の動画に引っかかっていた。

うーん。

ちゃうねん。

「その動画番組の是非については言うつもりはない」って書いたけど、

これは例の挙げ方が良くなかったのかなと少し思う。

そりゃご飯作ってからいらないって言われたら腹立つよね。

でも虐待毒親体験談をそれなりに見聞きしている自分には割と胃が痛くなる動画だった。

夕飯の準備ができてからご飯いらないと伝えた娘に対して母親が激昂し、その子の分のハンバーグゴミ箱に捨てようとする。

やりすぎじゃない?

「そうすることで反省を促そうとしてる」という意見ももらったが、ビビらせるだけだと思う。

結果、その動画内ではどうなったかというと、女の子学校から帰って母親背中が見えるだけで「今の機嫌」が気になるようになった。

かに自分がある種家族ルールを破った(食事の準備ができてから「いらない」と伝える)ために親を怒らせた、という

この動画の部分だけを見ると、これで「毒親」と言うのは大分大袈裟に思えるし、

毒親虐待について幸いにもあまり見聞きしていない人には「その先」や「裏側」を想像させるようにはなっていなかったかもしれない。

でも実際にはいろんなことが積み上がってたんだと思うよ。

でなきゃ一度や二度「怒られた」ぐらいで「家族」の姿を見てビクビクなんてする?

あの動画マイナスの反応をしていた人たちは、とても子育てを頑張ってるんだと思う。

というかフォローしてるから知ってる。

で、頑張れば頑張るほどダメだったんじゃないかと思う部分が増える。

から自分にも身に覚えのあることを指して毒親と言われたか拒絶反応が出たんでしょう。

ツイッターでは何度も書いたけど、

どうしようもなくイライラして怒鳴ったとか、つい手が出たとか、

そういうこと自体が(母)親には許されない、したら即毒親、と言ってるんじゃないです。

そりゃやらないのが一番だけど。

あの動画では伝わりにくかっただろうけど、問題は親がキレる基準タイミングが判らないってこと。

昨日何も言われなかったことを、今日したら怒られる。とか。

虐待逮捕された親たちも口を揃えて「躾のつもりだった」と言うけれど、

我が子が社会でやっていけるように言動生活態度を整えていくのが躾とすれば、

毒親と呼ばれる人たちの行為は「自分(親)の機嫌に沿うか沿わないか」が基準

子供は「社会的に正しいか正しくないか」ではなく「お母さんお父さんを怒らせないか」で行動する(しない)ようになる。

親じゃなくてもいますよね、自分の望む反応じゃなかったらキレる人。((例えばせっかく選んだプレゼントをいらないと足蹴にでもされたらそれは怒っていい。

それは「足蹴にした」ことに対して。

子供リクエストを聞いたわけでないなら、喜ばなかったことに対してキレてはいけない。

というか、そういう場合「残念がる」のがマトモな感覚だと思うのね。

「毒」というのは「お前のために選んでやったのに!喜べ!」ということ。))


自分の機嫌を取らせて相手支配しようとするのが「毒」。

相手自主性や尊厳を摘み取り自分の臓器のように扱うのが「毒」。

ごはん目の前で捨てたから毒、じゃないんですよ。

あと、「私はこの家の何なのかしら」のように、「自分がこれだけ○○してやってるのに」は危険

人知人に対してだって「(頼まれたわけじゃないのに)○○してあげたのに(見返りがない)」は人間関係こじらせる元だけど、

はっきり言って子供なんて子供自分で生んでくれって言ったわけじゃないじゃないですか。((子持ちの友人も見ているところではとても言い難い))

してやってるも何も、おおよそのことは親の義務です。

少なくとも子供バイトできる歳になるまでは禁句ですよ。

大分まとまらなくなってきたのでそろそろ締めたい。

件の動画への擁護(?)として「なんでも毒毒言って(母)親を追い詰めるな」というのがあったけど。

家族って、一番小さい社会ですよね。

赤の他人に比べたら何も言わなくても伝わる部分が大きいけど、全ては「コミュニケーション」です。

で、コミュニケーションというのは、悲しく残酷だけど、受け取った側の認識が全てなんです。

私は最近、「そんなつもりじゃなかった」「気にしすぎでは?」と思うようなことで長年の友人を2人失いました。

「そんなつもり」かどうかは受け取った側が判定することで、

多少のエクスキューズはさせてもらえたとしても、それで許されるかどうかは相手次第。

親子も同じです。

親がどんなに頑張ったって(頑張らなくたって)子供が心を殺されればそれは毒。

だってコミュニケーションからね。

親子という言葉だと感情的情緒的になってしまうなら、

友人や恋人関係で考えたらいいかもしれない。((私は恋人いたことないから知らんけど。))

友人や恋人にするのが許されない言動子供にも許されない。

毒と称される親は自分自身がそういう育てられ方をしてきたケースが多く、

親一代だけを責めてもどうしようもないかもしれない。

子育てに疲れてメンタルが死にかけのSOSでもあるかもしれない。

そういう「情状酌量余地」はある。

「適切な処置」を受ける権利もっとある。

あるけど、「情状酌量余地がある」ことが即ち「無罪」にはならないですよね。

なる可能性がまぁまぁあるだけで。

なんかそこをごっちゃにした感想(「母親だって辛いんだ!」)を受け取って、ツイッターでは文字数も打つのもしんどくて投げたのでした。

結局ここでも言いたいことはまとまらなかったけど。

ただともかく、「こんなので毒親と言われたらたまらない」は、個人の感想としては構わないのだけれど、

「何でもかんでも毒毒言うな」となると、痴漢セクハラに対する「気にしすぎでは?」と言った軽視発言を想起させられて黙っていられない。

あなたは」毒親じゃないしそんなことする親がいるなんて信じられないかもしれない、けどいるんだよ。

自分自身が被害者じゃないのに言いにくいけど、

子供が可愛くて可愛くて仕方なくて、たまには怒ってしまうこともあるけど子供のためなら何でもしてあげたくて、子供もパパママ大好きと言ってくれる人たちには想像もつかない世界があるんだよ。

「毒」という言葉を使う場所は選ぶべきかもしれないけど、我が子の不幸を願うような親だって本当にいるんだよ。

「毒」がだめなら「呪いならいいかな?

追記:初めてのはてな脚注記法が使えない

anond:20181210113759

横だけど、オッサンキャバレーにどれだけ思い込み強いんだよ。

それとも「死語」と指摘されて顔真っ赤か?

https://www.yuraimemo.com/44/

語源

語源フランス語からの「キャバレー」(cabaret)と、英語から由来の「クラブ」(club)を合成した造語だそうです。

略してキャバクラ。このような言葉和製外来語というそうです。

ちなみにキャバレーとは、フランスで発達したダンスホール舞台のある酒場のこと。歌、踊り、コメディショーなど、パフォーマンスを楽しめる飲食店をさすそうです。

キャバレーの特徴は明朗な時間制料金システム。そこへ「クラブ」の持つ高級感を与えることで日本独特のキャバレークラブ誕生したというわけ。

anond:20181210104720

他人なんてどんな酷い言葉投げかけてくるかわからんし、恐怖の方が勝る

誰かをふって後々面倒なことになりたくなければ

ふるときもっと「悪びれた態度」をとるといいよ。

はっきり拒絶して逆上、などを懸念する人は多いと思うけど、言葉の選び方などはあまり関係ない。

どんなに周到に言葉を選んでも、「自分だけは悪者になりたくない」って態度が見えた瞬間、簡単には許したくなくなる。

人は誰しも悪者にはなりたくないのだから

騙したとか怪我させたとか、そういう特別事情でもない限り、男女の色恋沙汰にそもそも良し悪しなんてないはずなんだがなぁ。

anond:20181210104716

いま増田でよく使われているタグ[今日知った言葉]とか[ゲーム日記]とか。

なにかテーマ性を持って連続書き込みしたいときに使ってね!

anond:20181210102122

日本人」じゃダメなの?主語が大きくなるようなら女性嫌悪男性とか、男性嫌悪のフェミニストとか通常の言葉を選べばよいのでは?

anond:20181210101614

小市民風情を味方につけることも出来ない思想が一体何をなしえるというんですかね?

お前らが強い言葉で傷つけてるのは世の大半を占める小市民だってなぜ分からん

いや、分かってるんだろうけどさ。

anond:20181210100744

抵抗あるに決まってる。日常会話で普通にジャップオスなんて使われたら気分悪い。私には愛する旦那も、兄弟も父もいる。愛する人たちを性別だけでそんな言葉で罵られて平気ではいられない。それは性別を逆転されても同じでしょう。

anond:20181210101008

権力購買部理論に基づけば、たとえ同じレベル言葉であっても我々が使う場合には正当性が生じ、相手方が使う場合は不当となることは自明

ジャップオス笑

罵倒する言葉を覚えたてで使ってる感が半端ない

anond:20181210095955

あ?だからだっての?ジャップオスって言葉にそんな抵抗あるんでちゅか?そんな口の悪い陣営の肩を持ったらお前のチンケな倫理感が疼くんでちゅか?だったら関わってこなくていいし、いちいちこんな所でグチグチ言ってんなよ。

フェミと言うかミサンドリー友達

ジャップオスだの腐れチンコだの男性への蔑称が止まらない

の子過去レイプ被害にあったりセクハラ女性器で揶揄された過去があり男性嫌悪のバックボーンがあるのは分かる。

でも男性嫌悪があるからと言って男性蔑称使用して良い理由にはならないと思う。

の子に腐れマンコと揶揄してきた男性にも女性嫌悪の過去があるかもしれない。

もしそうだったとしたら、彼女蔑称肯定されるのだとしたら、

過去に受けた男性からの心無い言葉だって許すことになってしまう。それだけはしてはいけない。

彼女フェミニスト自称しているけど、過激彼女のような人達はもはやミサンドリーの部類であって、

異性を尊重しながら活動する本当のフェミニスト達とは全然違うと思う。

男性サイドも女性サイドもそこを履き違えるから言い争いがなくならないんだろうな。

彼女最初こそ普通言葉遣いで主張を続けていたけれど、

心無い言葉を浴びて、「こうでもしないと男には届かないから」と強い言葉、罵る言葉に変わっていってしまった。

ももはや彼女は向こうが傷つこうがそれは仕方ないと割り切っている。だって自分が既に満身創痍から

きっとネトウヨパヨクの類も、過激人達言葉を受けて言葉を発信する頃にはすっかりその文法を引き継いでしまっているんだろう。

強い言葉麻薬のように脳に快感をもたらすけど、麻薬のように自身を、周囲を蝕んでいく。

卵が先か、じゃないけど、戦争もなくならんわな…と感じてしまう。

ミサンドリーも、ミソジニーも、結局距離を置いて珍獣を見るように傍観するしか無いと思う。

じゃないとこっちが蝕まれしまうからね。

ほぼ童貞

突然だが俺の女性遍歴を書く

まず中学生の時、ませていたのかよくわからん同級生女子に突然告白された

普通より早いのか遅いのかわからんが当時の俺はまだ精通をしてなく、さらにその子に対しても特に恋愛感情も持っていなかったが、女子と付き合うということに有る種のステータスを感じ、そのまま付き合うようになった

付き合いはじめてから半年ほどで別れることになるよくある学生恋愛だが、結局最後まで恋愛感情が湧くことはなく、今思えばひどい男であったが、これでは振られて当然であろう

の子とはキスまでした

その後中学高校特に何もなく、大学に入ってから同級生女の子と酒の席で1度だけキスをした

酔った勢いみたいなもので、これはまあノーカンとしていいだろう

成人式も久しぶりに再開した友人と遊んだくらいでほかは何もなく、男臭い青春だったなと振り返りつつ大学を出てから、ここでようやくはじめてネットで知り合った人とセックスをした

これが俺の童貞卒業である

の子普通に付き合っている男がいるらしく、やはり俺も恋愛感情など持っていなかったが、据え膳食わぬはなんちゃらと言うし、というか単純に童貞をさっさと捨てたかったので、1度だけセックスをした

そんな理由でしたセックスだったので、射精快感以上の感慨が特段湧くものでもなく、まあこんなものか、という感じであった

他人の肌は温かかった

その直後くらい、飲み屋出会った女と自身2度目のセックスをした

この女が最悪で、詳細は省くが、なんかくせーなと思ったら案の定性病をおすそ分けされた

あとなんかアムウェイ進めてくるようになったのでLINEブロックした

この体験が数年前で、その後キスどころか手をつなぐことすらなく、ましてや中学生以来他人と付き合うということを未だに経験していない

もちろん風俗にも行ったことがない

上長々と自分語りであったが、この状態自分に対してほぼ童貞という言葉を使わせてもらうのを許してほしい

自分童貞で無いことは確実であるが(なんせ2度もセックスをしたのだから)、未だに女性器の構造をよく分かってないし、腰の振り方もわからんし、同年代女性とふと手が触れるだけでドキドキしてしま

ていうか他人と付き合うってどういう状態なのかもよくわからん

反論諸氏は俺のようなこういう状態に対して、適切なワードがあればぜひ教えてほしい、今度からそれ自称するから

クソどうでもいい追記

そういえば大学の時に女の先輩にフェラと手マンをしあったのを今の今まで完全に忘れていた

その人も別に付き合っている人がいたのに

なんで忘れてたのだろう

anond:20181209194557

朝は必ずおはようって声かけてるんだけど

最近うちの猫、「にぁ ぁ にぁゃあ」ってイントネーションを似せて返事することがたまにある

人の言葉理解してるし人の言葉を発する可能性はかなり高いと思ってる

うちの猫特別かしこくてかわいいのでここまで持っていけるから気がついたわけだけど

今日結婚式を挙げた

神聖な場で、みんなに温かく見守られながら誓いをたてた

準備はとても大変だったんだけど

来てくれる方々にいい式だったと言われ、やって良かったと思えた

相手親族で初めて会う人や、こちらの親族で初めて紹介する人など

家族になる瞬間を感じた


もう、明日から普通日常になっていくのだけれど

この日の誓いを忘れずに生きていきたい

結婚式披露宴主人公になれてよかった・嬉しい・もう一度やりたい

みたいな気持ちではなく

結婚するということに重みをもち

その重みを温かく包み込んでくれる人たちがいるというような気持ちだった

なんとも言いあわらしにくいことだ

とにかくこれが始まりであり、

初心にかえった気持ちでのスタート

いまが一番だなんて、そんなことにならないよう

身を固めた分、自由自由に飛びたい

相手尊重できるままでいたい


周りの人には感謝みたいな言葉ではまとめられない気持ちです

来てくれて本当にありがとう


28年間無事に育てられて、素敵な人にめぐり合い、結婚できるという普通かもしれないことは奇跡かもしれない

anond:20181210013252

それはあなた占い師として未熟な証拠

うまい占い師相手から「あー、わかる」という言葉最初に引き出す。

最初共感を引き出さないと、そのあとのデタラメ占いを信じてもらえない。

逆に、そこを意識すると格段に仕事がやりやすくなるよ。

悲劇のヒロイン

悲劇のヒロインというものが、私は嫌いだ。

正確に言うのであれば、悲劇のヒロインぶる人、男女問わず「この世の中で自分が一番可哀想です」と言いたげな態度や発言に触れることがとても苦手なのだ

悲劇のヒロインぶるな」と口にしたことはないけれど、度々その言葉お腹底辺りで怒りとない混ぜになって渦巻く。実体があるとするなら、タタリ神みたいな感じ。大体その言葉の矛先は自分に向いているから始末に負えない。他者に矛先が向かってしまえば尚更だ。自分に対して思う分には勝手だが、他者に向かってしまうとそれは攻撃になる。他人の傷口にハバネロソースを塗りたくる真似はしたくない。

そもそも悲劇のヒロインぶるって何だろう?一人ひとりが感じる辛さ、抱える悩みなんて千差万別だし、同じ天秤に載せられるものじゃない。まして他人が辛さを批評する権利なんて持ち合わせていない。

辛い、苦しい、悲しい、やりきれない。本人がそう感じたらそれで良いじゃないか悲劇のヒロインも何も、それぞれがそれぞれの人生において主人公なんだから村人Aがしゃしゃり出る幕はない。

こんな簡単で当たり前のこと、どうして忘れてしまうんだろう私は。

それでもやっぱり鼻につく態度を取られたなと思うことはある。私の狭量な懐には仏の顔残機が2つしかいから、いつも穏やかに接することは出来ないけど、お腹の中でうごめく黒い淀みを飼い慣らせるくらいには大人になりたいなと思う。

タイトルからどんどんズレたけど、要はこんな感じで「他人の態度で紛動されるなよ」という気持ちと「本当に苦手だこういう態度は!許されないぞ!」という気持ちのせめぎ合いを毎日繰り返している。

許せる人になりたいものだ、何事も。

心配してるんだよ」とか「心配してたんだよ」とかっていうのは私の事を考えて夜眠れないくらいのレベルになってから言いなさい。

あと「心配してたんだよ」っていうのは行方がわからなくなってたワンちゃんに飼い主がかける言葉、というのがベストです。

年一会うか会わないかの血の繋がりもないほろ酔いおっさんに言われる言葉ではありません。人の事酒のツマミにしてんじゃねーぞこら。「年下の女の事も気にかける余裕のある僕」とかぜってー心の底で思ってるからね。本人気づかないだろうけど。

おめーに心配されてるからって改める考えも行動もこれっぽっちもねーんだよ。

身の回りで、悪気もなく善意だと信じて人に「心配してるんだよ」みたいな事言う人が多いんだけど、世間的にもこんなかんじ?みんなこんな事言うの?こんな恩着せがましい言葉自分だったら言わないから小さい違和感が溜まってて、ほろ酔いおじさんでゲージが満杯になってしまった。んで、こんな事でダメージ受けて土日をパーにしてしまった…あーあ。

その場で言えたらスッキリするのかもしれないけど、こういう事言ってくる年上の人の話って中身あるようで全然いから、ゲームとかで会話飛ばすときみたいに(Aボタン連打)「あ〜」「そうですね〜」「そっか〜」で済ませてしまう…これがおじさんの心のおちんちんを満足させてしまうのか?反省!!寝る!!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん