「世代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 世代とは

2020-06-03

[]

覚えなきゃいけないことの量は多いし、学ぶ必要のある分野もC言語範囲だけに絞ってもかなり多い。最近少し ⊿(人数/年)が増えてきたせいで若干は調整という政治必要なのがわかってはきたが、まぁ、フリーでいいと思ってる。さすがだとおもう。

プログラマーは覚えなきゃいけないことが多い。学んでおかないといけないことが多い(どの分野もそうだろうが)プログラミングというものが、様々な学問で使われている以上、その数だけやはりどうしても技術が増えてしまう。

むかしはここまでは使われていなかった。やはり人数の急増というのがあり、問題が起きている。

それでも、自分たちよりも若い世代が、すこしでも楽ができるように工夫は残しているつもり。

anond:20200531195042

これ世代感覚差によるんだと思うんだよね。

ノーエビ申し訳ないけど、社会的法益ってここ二十年とかで出てくるようになって、実際に学舎に登場するまでまた何年かかかってる。

もちろん元々そういう概念はあった。

売春賄賂みたいな被害者のいない犯罪保護法益社会的法益だし。

でもほとんどは個人的法益によって裁かれてたように思う。

2000年代以降、特にポルノ関係で盛んに登場したんじゃないかな。

スマホどころかパソコンインターネットの登場で、店頭に並べない形で流通するようになった。

これ誰の権利侵害してない。製作はいても、目玉のでかすぎる明らかに頭蓋骨が変形してる妖怪もどきに、モデルも何もないからね。

じゃあ良いのかっていうと、わからない。公序良俗倫理的秩序?人類未到達領域ですもの

欧州魔女がもてはやされたのは、汚れた存在なので性的に描いても良かったという逆転だった。性的ものが表にでる、これ自体善悪メチャクチャ時代で変わる。

キモいオタク落書きオナニーが、公になるけど見ないこともできる。なんだこれ。俺たちはどこにたどり着いたんだよ。ちなみに俺は良くわからないときは、自分の信念に従った方が良いと思います

少しそれたけど、形而上的な社会ではなく、個人の集合としての社会としてとらえた時代がずっと長い。特に戦後法学は、ともかく形而上的な社会価値否定してきたし、必要性が生まれてもアップデートまでかなりタイムラグがある。

単純に乗り遅れたのと、きちんと追いかけなかったら当然古いまんまだよね。

エセ法学に甘いという訳じゃなく、古いんじゃないかな。

2020-06-02

   日本人はもともとママで、超絶激臭膣であって、ブサイクがいなくなって悪くて臭い子供の女だけの社会に戻した方が面白くなるというような

意見も分からないではないが、わたくしが、平成時代東京大学法学部卒業しており、わたくしの30代世代は、東京大学文Ⅰに入るために

書いて書いて書きまくって素晴らしい時代があったことも知っているから、ブサイクが悪いものと一概に葬り去ることができない

      

平成18年に東京大法学部法律講義担当した先生に関しては、憲法高橋は昔はすごかったが講義はクソだったので嫌いだったし

かろうじて善良だったのは刑法佐伯西田だけ。刑訴法の川出は、採択の判例も最悪、講義も最悪で、学生から嫌悪されていた

    川出は、昭和時代の暗黒を凝縮したような最悪な男の刑訴法教授であり、昭和40年代の最悪なところを体現したような奴だったか女子供学生に嫌われた

   民法物権法を教えている森田宏樹は、星野英一我妻栄などのいいところは何も残っていないただの経済オタクだし、不法行為法などを得意とする能見喜久

大正時代が大好きなカス明治が枯れててつまらんやつだった。債権法を教えていた内田貴最近法務省に行った奴も当然、明治時代に一番初めに債権法を研究した

我妻栄のいいところなど残ってない、昭和45年の相殺制度に関する最高裁法廷判決が大好きなゴキブリ

     親族相続法を教えている道垣内も、講義能力がない。

  商法に関しては、江頭憲二郎が教えていたが、何を言っているのか聞き取れない、最近では企業における相乗効果シナジー効果)などがありますなどといっていたが

講義古典的で非常につまらなかった

  民訴法は、ネクタイ教授で有名な伊東眞で、レックでも参考書が人気があった奴から受けたが、民訴法の神髄は第一条の目的規定にあると思いますとか

相殺の対当額の「対当」という字には気をつけねばいけませんなど、既に小学生の授業になっていたので誰も受けてなかった

   

性欲を消したかった

性欲を消したいと思い、女性ホルモンに近いと言われる大豆イソフラボンサプリを飲み続けたところ、体の感覚が変わって怖くなった話。

から性欲が邪魔だった。オナニーを2日我慢すると体が震える。ペニスイライラして、射精の事しか頭になくなる。かといって、放出したらしたで思考力は低下し、強烈な眠気で意識は飛び、あらゆる事に対する興味が消え失せ、ネットサーフィンをする芋虫になる。小学4年生で性に目覚めて以来、性欲は自分人生の妨げであった。自分と同じように、性欲に支配されてきた人も多いだろう。性欲に動かされた人は、異性を求め、何だかんだ結ばれて次の世代を生み育てる。だが、自分場合はそうはいかなかった。 現代では、魅力的でない男性女性に性欲を向ける事は、犯罪とまではいかずともモラルに反するのである

そもそもの話として、性欲は必要なのか?要らないのではないか?いや、性欲は人間が種を保つためには必要ではある。子孫を残すためのセックスへ向かう動力源として、性欲は必要である

では、性欲は自分にとって必要なのか?これはNoだ。もし自分が将来子供を持つことが出来るなら、性欲はあると良いだろうが、自分にはその可能性は無い。自分女性を嫌いではないが、女性は、自分のことが嫌いである。だから自分も、異性の肉体は好きだが、異性は好きではないとと思うことにした。異性との人間関係を維持するコストは大きすぎるし、リターンはつまらない話を気を遣いながら聞けるくらいだ。酸っぱい葡萄の話は知っている。失恋をした訳ではない。話題が逸れるのであまり語らないが、もう無理なのだ。ともかく、自分は異性と関わる可能性がない以上、子供を持つこともないだろう。結局、自分にとって性欲は必要ないという結論に至った。

さて、邪魔かつ必要ない性欲をどうしようか。除去できるものなら除去したい。そう願っていたところ、突然その日は来た。

大豆イソフラボンを聞いたことがあるだろうか。これは、大豆に含まれポリフェノール一種で、女性美容効果があるとされている。その原理は、大豆イソフラボン女性ホルモンと似た働きをするからだそうだ。話は変わって、女体化、いわゆるメス堕ち界隈では、女性的な体になるために女性ホルモン摂取することが知られている。女性ホルモン摂取により、男性的な生殖機能や性欲は減退するそうだ。

これらを組み合わせると、大豆イソフラボンを過剰摂取すれば、性欲を抑えることができることになる。もちろん医学的に直接の根拠がある訳ではない。人の生殖能力を奪う実験など、倫理的許可されるはずがない。

思い立った自分は、すぐに大豆イソフラボンサプリメントを購入した。Amazonで1500円でこんなにも簡単去勢グッズが手に入るとは思いもしなかった。1日1錠のサプリメントを、朝、夕と飲んだ。

効果は絶大であった。ペニスイライラは無くなった。爆発するような性欲は無くなった。爆発的な食欲も減った。朝勃ちも無くなった。オナニーはまだ1日1回しているが、以前のような勃起力はなく、射精の勢いは非常に弱々しくなった。実験成功だ。性欲は確実に減退した。休日自慰に耽って溶かすこともなく、ペニスと戯れているうちに朝日が昇る心配も無くなった。

が、少し怖くなった。自分生殖能力大丈夫なのだろうか。大豆イソフラボンの過剰摂取が原因で精子が作れなくなるかもしれない。しかし、問題顕在化するのは、自分つがいを作れた場合であり、その可能性は非常に小さい。だから問題は、問題ではない。大丈夫なのだ

これは、周りの男性自分を置いて大人になっていく不安を慰めるための、ちょっとした自傷行為なのかもしれない。

平等ってそんなに良かったんかな?

うちの家系戦前まで小作で、農地解放自作農になったわけよ。うちの家族はみんな都会にでて、もう農地処分してる。でも昔地主だった家とも今も関係は良い。

うちの祖父学費も元地主だった彼らから出してもらってたんだよな。なんか賢かったんだってよ。孫の俺は読んでの通りパーだが。

他にも色々あるけど、彼らはうちの上で、俺らは下って意識はあるんだよ。子供にその感覚引き継がせる気はないが、あくまでも俺の世代にはある。

時代遅れで古い感覚なのはわかるが、ホントにそんなに悪いかな?

少なくとも俺は不快に思ったことはない。そこんちのボンは小さい頃はムカつく奴だったが、それは性格の話だから環境じゃなくて。

両家とも村を離れてるから、この関係自動的崩壊した。仮に今でも村で、彼らの田んぼを俺らで引っ掻いてたとして、俺らはその社会体制に疑問を持ったかな。

自分を抑圧する体制に疑問もたないのも不自然でもないのだろうが、その抑圧は平等による抑圧より悪かったろうか?

ある種、他人の所有物になるというのは、もつ方にも責任が問われる。持ちたくないという気持ちもわかる。

自己責任自由意思の名の元に、貧困孤独に追い込まれる人の多さよ。

奴隷根性と言われたら反論のしようもない。というかそうなんだろう。搾取された地位に甘んじるどころか懐かしんでいるのだから

主人ガチャに負けたら悲惨だし、従者ガチャも相当厳しい。今どっちのノウハウも残ってないしな。

ただ疑問なんだが、自由謳歌した結果、結果的階層固定化されたら、一体なんのための自由だったんだ?

それなら誰かが責任を取る体制の方が良かったじゃないか上流階級責任をとる意識なくなったわけだが。

特別に有能なやつは階層の壁を越えられます、それは封建社会でも十分あったろう。

エタと呼ばれた連中は、明治政府自由化にかなり強烈に反対したそうだ。賎業であるからこそあった、革産業特権事実上は失うことになるから。なったし。

階層撤廃して自由平等をばらまくことにより、確かに社会は大きく利益を得た。でも失うものも多かったんじゃないか

自由社会に慣れきったからそう思う面も大きいが、一生使わない自由メチャクチャ多いだろう。一生関係ない自由を維持する為にコストを払うなんて馬鹿げてないか

コロナ禍の就活感謝する(21卒)

両親や両親と同じくらいの世代バイト先の人、知り合いに、この時期就活大変じゃない?web面接なんて想像できないと言われた。

しかし、私自web面接は利点が多かったと感じるし、そもそも説明会選考が家で進めることができたので体力面で疲れることがなかったと思う。

この状況で就活経験して、今年の就活生は例年に比べたら絶対楽だった。内定が取れるか取れないかweb面接が得意か得意ではないか個人問題だが、今までは交通費も出ないのに、何回も企業に訪れて内定取るまでに何社か落とされて体力も精神も削られた、ということを想像すると普段通りの対面の面接はしんどかっただろうな、と感じる。

私の志望していた業界では選考が3,4月から開始されるところが多かった。2月から就活を始めたが、説明会ほとんどwebテストweb選考web

説明会は収録済みの動画配信ZOOMなどでの参加。基本的ZOOMでの参加でも、画面収録で録画してしまえばその場で約一時間説明を画面越しに聞く必要もなかったので、エントリーシートを出して、面接に進んだ企業は録画した企業説明会動画を見るし、エントリーシート祈られたら、録画した説明会動画は見ずに消した。

今年はテストセンターも封鎖されてたので、ほとんどの企業webテスト。やはりwebテストは(私がカンニングしたとは言わないが)調べれば答えは簡単に見つかる。

また、OBOG訪問もする気がさらさらなかったが、コロナ禍で就活生がOBOG訪問できない状況で他の就活生と同じ状況で選考参加できたのもよかった。

web面接では画面にポストイット志望動機10年後どうやって働きたいか貼り付けていたので、いちいち企業ごとに志望動機を暗記する必要もなかった。

例年の対面面接だったら、志望動機とどのように働きたいかを覚えて、伝えられるようにする必要があったのかと想像すると骨の折れる作業だと思う。

行く気もないけど保険(滑り止め)のために受けてる企業志望動機を覚えるほど苦痛なことはないと思う。受ける企業を増やすだけのために受けてるのに、もし普段通りの対面面接だったら、私は志望動機を考えて覚えて面接官に伝えなくてはいけない、でも祈られたらその時間努力も水の泡、このしんどい経験をせずに済んだことに感謝している。

また、格好も上半身スーツで下は部屋着だったのでリラックスしながらできたという点で自分の中でベストパフォーマンスができたと思う。

正直に、この就活シーズンというもの存在して、多くの企業が一括採用を行うから通年採用も増えているが)、学生は志望していないところも視野に入れなきゃいけないし、志望度低い人が内定取って、本当に行きたい人が落とされて、この仕組みをなくしてほしい。

また、15社面接が入っていたが、正直対面でやっていたら体力も精神も持たなかった。二月から就活を開始し、現在まで本当に長く感じるが、コロナ禍だけでなく、今後もwebを通しての採用を続けてほしい。最終面接役員社長面接は直接本社で行えばいいと思うし、グループディスカッションもやればいいと思う。でも、1次選考から直接やる必要はないしwebでも一次面接では所詮15分程度で質問されないのに、家から一・二時間かけて企業訪問して面接を行う必要が本当にあるのか、選考が進んで最終前のステップと最終面接だけ直接やればいいのではないだろうか。また、海外のようにインターンシップを通じてその会社の中身や相性を見てから仕事を得られる形に変わってくれれば今後の就活内定をもらえるか不安ストレスを感じることが軽減されてく。

個人的に、就活終わったわーいって感じの人もインスタのフォロワーにいたはずだが、この期間で誰も外で遊ぶストーリーを上げてこなかったこの状況に感謝する。内定もらってない側からみたら、就活終わって外で遊んでるという、うるさい公害しかないストーリーをあげる人がいなかったので、同世代から同調圧力を感じずに済んだ。

anond:20200601232235

払ってもらったし払ってるよ

でもオレの世代アラフィフ)でも

研究室に来てるやつが「奨学金複数とっているが、ほぼ全部、定年こえて無職の親に送金しないと」っていってるやつがいてゾッとした

生きてるのか知らない

 

あと結婚披露宴費用も親戚へのお車代などは親に払ってもらったしお祝儀も預かってもらってあとでまとめてお祝いでもらった(当日本人はそこまで気が回らないはず)

自分も基本料金超えるあたりは払ってやることになるとおもうよ

anond:20200602181850

正直ポリコレは数世代を超えて残り続けるような価値観ではないと思う。

先進国は実際に大半が人口縮小傾向にあるのにいつまでも影響力を保てるものだろうか。

所詮自分一人の人生を快適に過ごしたい個人主義者のオナニーしかないのでは。

anond:20200602175615

気持ちはわかるけど自分が恵まれてるかどうかみたいな話にされたら同世代と比べてしまうのは割と普通なのでは

商業科云々に至っては昔からある程度事務能力育成みたいなのはやってるからなあ、まあそういうの視野に入れた上での意見かはわからんけど

権力に媚びへつらいながら、リベラル社会的弱者ホームレス生活保護受給者など)、フェミ攻撃してる人たちって、リアル世界ではきっと何かに抑圧されているんだろうと思う。

年金暮らしになって誰にも相手にされなくなった年寄りが同世代政治家の威を借りて威張ったりとか、

USBも使えないようなおじいちゃん達のパワハラを長年受け続けているようなサラリーマンネット上で女叩きをしていたりとか、

亭主の稼ぎがイマイチだったり子供の成績が良くなくてママ友マウント取れないような主婦ネトウヨになったりとか、

学校いじめられているキッズも多そうだよね。

リベラルって頭の悪いいじめっ子は大嫌いだけど、可哀想社会的弱者は助けたいと思うから、余計こういう人たちを刺激しちゃうし、

「そういう幼稚なやり方で承認欲求を満たそうとする奴は許さない」と厳しくなるから、やっぱり仲良くなるのは無理だよね。

ネット上だけならいいんだけど、リアルでも普通にそういう思想丸出しの人と出会うから、やっぱりネットリアルワールドの写鑑なんだなと思う。

心理学の本とかでは「乱暴なことを言ってくる人がいても相手は5歳児なんだと思って温かく見守りましょう」なんて書いてあったりするけど、

はいはい、よかったでちゅね」と言えるほど自分大人じゃないんで、そういう輩に出くわしたらすぐに逃げ出しちゃうんだけどね。

なぜ望んで結婚したのに、今はこんなに辛いのか。旦那のことは好きな

のに。


婚活女が、男に「結婚したい」と思ってもらうためには。料理が好き、家事全般好き、経済観念もそこそこあります!の家庭的メリット女子力()アピール必要しかった。

(人気の婚活本、愛されテクニック系の書籍ブログなどを読む限り)


実際プロポーズの決め手は料理好きなところと、ふるさと納税の申し込みなどをきちんとやってくれる所(経済観念?)だったらしいから。


結局裏目に出てしまったなぁ。

だってどれも別にライフワークにするほど好きじゃない(=作業から

(清掃業者になるくらい掃除好きとか料理研究家になるくらい料理好きとかそういう仕事にするレベルで好きならいいかもね)


経済観念だってはっきり言って本当はない。

多分ばれてないけど貯金は少ないし無駄遣いはかなりする。


その論理で行くと、そう言う家庭的女に食いつく男性年収も【低〜中の上】くらいで

女性はこうあるべき!女子力とは!家事育児はお前の仕事!とか言うモラハラ予備軍な人になってしまうだろう。


※余談:年収が高すぎる人は家事プロ外注したりするし、嫁にそこまで求めない傾向がありそう。

例) 若い金持ちモテるから遊ぶ=そもそも結婚先送りしがちで嫁いない。

若くない金持ちは金持ってなかったら釣り合わないような若い子をトロフィーワイフ的に求めるから家事より容姿を求めがち。もちろん本人の外見等で例外あり。


年収の人は置いておいて、要は、自分ママみたいな人が欲しいんだよね。美味しいご飯作ってくれて、身の回りのお世話を献身的にしてくれて、無償の愛を捧げてくれて。


さら自分の子を生んで育ててくれて、稼いでくれる俺に感謝尊敬をしてくれる、優しくて褒め上手な可愛い嫁が欲しいんだよね。


専業主婦を望む女性ならまあ仕方ないと思う。

もしくは共働きでも旦那が倍くらい年収が高いとか。

経済的に旦那に寄りかかるなら、旦那ママ代わりで尽くす覚悟はある程度必要なのかも。


今の30代以上の人の育った家庭(主に首都圏)の親世代専業主婦家庭が恐らくメジャーなのでそのママのような良妻賢母が当たり前に求められるのかも。


でも今はうちのように正社員二馬力年収もほぼ変わらない家庭も多い。

そうなると完璧旦那ママ専業主婦)と同じクオリティの尽くしをするには限界がある。


ただ、私も女として育てられてきた過程で、

彼氏旦那様のために美味しい手料理を作る、綺麗好きで子ども好きでママのように女子力の高いのが良い』

のような、女の子はこうあるべき、男の人に愛されて尽くして、それが女の幸せ

テレビドラマ女性向け雑誌モテ技コーナー、また学校教育の中で染み付けられ、思い込まされてきたと感じている。


から料理もがんばったし、彼女らしく、奥さんらしく尽くせることに幸せを感じたりもした。それも思い込みで、束の間だったけど。


私の家は貧しい方なので、親世代の中では珍しく共働きで、母は父より稼いでいたけど、それでも父は台所に立ったことも食器を片付けたことも掃除をしているのも見たことがない。


洗面所が汚れていても母に怒り、自分で片付けない。

女の子なんだから、お手伝いの一つもしなさい」

男の子だったら塾に通わせたいけど…女の子はどうせ嫁に行くしな」

とも言われる始末。


今となっては「お母さんより稼いでないお前はなぜテレビ見て横になってるの?作って貰ったのに皿くらい片付けろよ。」と思えるけど、その時は思わなかった。


『男の人はやらなくていいもの』と思いこんでいたから。


から旦那友達奥さんのことを「あん奥さん理想だなぁ。三歩下がって主人を立てて。」って言ってたのもそういう教育の賜物なんだと思う。


男も、女も、誰も悪くない。そう摺り込まれ教育プログラムされただけなのだから

古い時代教育がただただ男尊女卑なのだ

当時はそうしなければならない経済的(社会的?)事情があったのかもしれないし。

だけどその子ども世代でいきなり世の中が変わることはない。


結婚してみて気付いたことで、男の人がずるいと感じてしまうのは、

独身時代同様、仕事趣味に全振りして、職場ではそれなりに評価され、順当に昇進していくこと。羨ましい。


女性のように出産で1人産むごとに1年以上キャリアに穴を開けることもなければ、子どもがいる人は避けよう、と飲み会に誘われなくなることもない。


いや、結婚から気づいていたのかも。

就活面接で「結婚願望はありますか?折角育てて立場を与えてもすぐに寿退社産休を取られてはねぇ…」と言われて悲しくて泣いたこともあったから。


でも女はそういうもの教育をうけ、それに納得しておきながら、結婚を望み、子どもを望み、今の生活を選んだ以上、私に責任がある。


自分が選んだこの世界の中で、ただ家に尽くすだけの愛され婚活本の中の古きよきテンプレ女性像を目指すのではなく、

私は私らしく仕事趣味自分の好きなことをもっと頑張ればいいし、そのためには尽くしすぎず頑張りすぎないことを頑張ろうかな。


男性のことも妬んだり嫌いになりたくないし、男だからこうではなく、この人だからこんな魅力がある、と思えて家族を愛せるようになれたらいいな。


自分のことを家事育児ロボット生活費稼ぎ機能付き)と思い蔑まず、1人の人間として大切にしたら、きっと旦那や周囲から大切にしてもらえる気がする。


家事育児仕事も、損得で考えたら終わりだ。

「男は得してる」そう思えばそれを言い訳に頑張らなくなるから

しろ家事育児完璧にこなして旦那を愛しつつ旦那より稼げるようになったらかっこいいじゃん。はー、体力つけなきゃ。


黒人vs白人論争を男尊女卑に置き換えて語る人もいるけど、男女間で憎みあってもお互い不幸なだけと思う。


女だから言い訳にせず、諦めることをやめ、しあわせになりたい。


からせめて自分の子どもには、男尊女卑の摺り込み教育はしない。女も男も等しく価値のある存在仕事でも夫婦間でも対等なライバルであっていいんだよと言ってあげたい。

恋人のことを「彼氏」「彼女」って言うのってクソダサでバカみたいだよな

って40年ぐらい思ってるんだけど案外滅びる気配がなく世代を超えて使われ続けてる

いい代案がないから?言われてみれば俺も思い付かないけど

anond:20200602125053

世代でもそんな感じなのか・・・

まあ高校でのパソコンの授業は正直大学同級生出身校の中には適当にやってるとこもあった雰囲気だったけど

大学入ってからははそもそもレポート単位認定の科目も結構あるからなあ、ワードが基本になってしまってた。

他のソフトでいい場面でも、あえて他のソフト使うって発想がなかった。

anond:20200602124838

なんでそういうとこって昭和の昔からアップデートできないんだろう

怒る世代だってもう平成世代だろ?

20年ぐらい前Windows3.1が出た当時。このへんの技術は新技術として度の本にも書いてあった。いまだと当たり前の技術として特に書いていないし、そもそも技術書籍を買うという文化一般的ではなくなった。絶版になった本も多い(この辺は大学に通っている人ならなじみがあるだろう)

そういう古い本では当たり前の技術、いまでは雑誌では取り上げなくなった技術。しっているとそりゃ少しは高く売れる。教えると陳腐化してやすなっちゃう。それでも、おじさんが、知ったのは時代の偶然だから、次の世代には教えて残さないといけない。

anond:20200602053014

軽くググってはいたんだがやっと単語の正体が分かった気がする

だいぶ幼稚な発想に思えるんだが、この手のゲーム対象年齢を21歳以上とかそれより上に設定した方が好ましいかもしれんな

プロデュース業なんだし31歳以上推奨でもいいくらいだろう

コラボなどを見てもそういう世代を狙っている気がするし……

続・アラサー喪女ブラジリアンワックスをする

誰にも話せないのでまた増田に書いちゃうんですけど、

数年前にアラサー喪女ブラジリアンワックス体験記を書いたら割と反応があって嬉しかったです。

ありがとうございました。

anond:20180606104443

結局あの後続けたのっていう話なんですけど、普通に続けています

サロンも何ヶ所か行ってみたんだけど、値段が高くても安くてもそんなに差は無いと感じたので、安いサロンに通い続けています

大体12000円~5000円くらいのサロンに行ったみた。どこも美人のお姉さんでした。

美人のお姉さんに股を開くのは3回目からは何とも思わなくなりました。慣れって怖い。

あと1年前くらいかワックス脱毛じゃなくてシュガーリングに切り替えました!

大体1.5から2ヶ月に1回のペースで続けているんだけど、毛量は減った気がするし生えるスピードは遅くなった気がします。

私は銭湯とか岩盤浴とか温泉旅行に行くのが趣味でひとりでも行くし友達とも親とも行くんだけど、毛がないと正直割と目立つ。

おばあちゃんばかりの銭湯とかは大丈夫なんだけど、若者向けの施設とかだとチラ見されてるなって感じるけど5分も経てば私は気にならない。慣れって怖い。

わりと同世代の人は全身脱毛とかしてる人多いから反応薄めなんだけど、学生さんとか子育て中のママさんにすごい見られるなって思う。

あと母親心配されたけど、家の中に陰毛が落ちるリスクを無くしたと言ったら何も言われなくなった。多分不思議ちゃんだなって思われている。

あと喪女のくせに一瞬だけ彼氏が出来て致す場面で、最初にすごい驚かれました。小学生とヤってる気分になるって言われた。男性は毛があった方が好きなのか。

女子としては無い方が絶対に楽なのだけど。

なんでシュガーリングに切り替えたかと言うと、単純に通っているサロンメニューにあったから試してみたというだけなんだけど、私はシュガーリングの方が好きでした。

違いはインターネットで調べれば山のように出てくるから省略しちゃうけど、

個人的に毛を毟られるときの衝撃が少ない(痛みがワックスに比べて弱い気がする)のと、仕上がりが綺麗、施術後の肌トラブルが無い(少ない)かなって思います

ピンセット作業が苦手なんだけどシュガーリングだとピンセットで抜く毛が7割くらい減る気がする。

この時期は下の毛無いの本当に楽ちんだし、どうせ生えてくるので一度はワックス脱毛試してみて欲しい。

anond:20200601083708

こういう好みを持ってる人って、世代的にはどのあたりの方?

やっぱりやや上め?

2020-06-01

ゆるふわアングラ世代から、顔の見えないツイッタラー

中学時代パソコンの授業でインターネットを使った時

みんなが自分の好きな漫画野球のページを見てる時に

自分だけこれみよがしに2chにつないでAAとかを周りに見せてたこ

しかも「このページって何?」って聞かれた時に「ヤバイ奴らの集会所みたいなもん」とか答えたこ

さら友達に2chへの行きかたを教えるためにヤフーで2chって検索させて

でてきたリンククリックして2chのトップページが表示された瞬間に

そいつの耳元で「Welcome to Underground」ってささやいたこ

2ちゃんねるの有名なコピペである。このコピペは「俺はアングラ人間なのだ」という中2病あざ笑う内容として読まれてきた。ただ、今となって思うのは、かつての2ちゃんねらー、延いては、ネット民全体にはある種のアンダーグラウンド人間としての自意識が隠れていて、痛いところを突かれたのをごまかすために笑わざるをえなかったんじゃないか、ということ。

かつてのネット民の中には自分たちがアングラ世界の住人だと指摘をされると赤面してしま自意識があった。もっとも、それは、非合法的な取引に使われるダークウェブとは比べようもない、ゆるゆるふわふわなアンダーグラウンドであった。所詮場末スナックで癖の強いママ相手にしながら大人になった自分に酔いしれる程度のごっこ遊びの域であるとはいえネット民の中ではたしかに共有されてるアンダーグラウンド自己像というものがあったように思う。その理念型(似顔絵)をいうなら「Winny余暇を過ごし、スナッフビデオを漁り、誰かを晒しあげ追い詰めることを日課とし、人の不幸で飯が上手いと満面の笑みをたたえて言ってのける人間である。それは負のイメージでありながら、居心地のいい吹き溜まりを作るための「俺たちはろくでもない人間なんだ」という仲間意識を共有するためのイメージであったように思う。

たとえば、当時の2chニュー速板(アフィ騒動を経て嫌儲と分裂し今や見る影もないが)で「人の不幸で飯が上手い」といったコピペが幾度もペーストされ、「お前らほんと最低だなwww」といったお決まりレスポンスが繰り返されていたことも、まさに仲間意識の共有であって、まるで人を殺すことを入団の条件にしているギャングイニシエーションのようでもある。

そして今日ネットでこうした共通意識に基づいたコミュニケーションが目に留まることがあるだろうか。ネットは変わった。とあるプロレスラーの死を発端として「在りし日のネット」を語る言説が飛び交った。たとえば、twitterで、たとえば、ネット生放送世界で(とりわけ、ネット生放送世界はやりたい放題の時代を経ているので隔世の感があるのだろう)、それは語られた。もはや、何でもありのネットは終わったのだ、と。

しかし、結局のところ、ネットの”何”が変わったのだろう。たしかに、ブログメディア確立mixitwitterといったSNSの登場、スマホの普及といった出来事を起点としてライト層が増えたのは事実だろう。もっとも、twitter上の政治クラスタではMMTベーシックインカムといった一般人には簡単には浸透しそうのないアングラ思想信仰されていたり、かつての頃よりはるか過激罵倒が飛び交っているように思う。変わったとすれば、やはり、ネット民全体が共有している自画像の有無なのだ。昔は、「どうしようもない人たち」というネット民としての自己認識があったが、もはや、そういった共通認識崩壊している。今の時代に「ネットはこういうものなんだから合わないならやめたほうがいい」なんて忠告をしたところで「それはおかしい。誹謗中傷はなくすべきだ」という正論が返ってくるのが当然になっている。

いわば、今日ネット民は「顔の見えない人たち」なのだもっといえば、ネット史における一つの世代としてとらえることができない人たちだ。国民中流という言葉と軌を一にして「若者」という言葉が多用されるようになったのと同様に、均一な人たちが想定されなければ世代論は語りようがない。かつてのネットには負のイメージを共有できるような日陰者としての均一さがあり、日陰者としての意識が負のイメージを生み出してもいた。また、それを外側から、「ネットの人たちは」という形で語りえた。

とはいえ、これから、顔の見えないツイッタラーは、誹謗中傷を許さな一般ピープルに置き換わっていくのかもしれない。今はそうした変化の過渡期にあるのだろう。そもそも誹謗中傷はよくないことだという正論のほうが圧倒的に強く、ありえないアングラな負のイメージが共有されていたことの方がおかしかったのだから。ありえない時代を見てきた世代からするとそうした変化が寂しくもあるが。

年収500万弱→脱サラして年間売上1200万円のリアル

給料が上がらなくて脱サラしたいけど、勇気が出ないサラリーマンのみんなに向けて

実際に脱サラした人の生活レベルを教えます

スペック

就職氷河期世代の既婚、都内在住。数年前に独立して年間売上1200万程度。

仕事は経費がそんなにかからない知的労働系の仕事身バレ防止のためぼやかす)

妻は年収400万未満。財布は別々。家庭の支出の大半は自分が払ってる。

家賃

築30年超えのビンテージマンションをリノベした物件サラリーマン時代に購入。3000万円台前半。

月々のローンは10万強。あと15年ぐらいで返済完了予定。快適さ最優先で選んだので、おうち大好き。

ちなみに仕事は自宅でやってるので、オフィス費は0。住宅ローンを一部経費に回してる。

普段食事

コロナの影響もあって食事はほぼ自宅

一人の昼飯はAmazon楽天で激安の時に買った松屋牛丼生野菜デフォルト

晩酌は体調の悪い日以外は毎日

飲み会

既婚者だからか、人望が薄いのか仕事関係の飲みは2~3ヶ月に1度。

予算は3000円以上1万円未満。

家族外食は月1~2。行く店はだいたい決まっていて顔馴染みの店が数軒。

カフェはよく行く。ファミレスサイゼテイクアウトグリルソーセージ復活して嬉しい。

コンビニスーパー

高いし食品添加物化学調味料を避けてるのでコンビニほとんど使わない。

成城石井には行くけど、値引きシール大好き。

意識高い系食品お値打ち品も大好き。業務食品通販も大好き。

ファッション

全身ユニクロから少しずつ脱却中。

靴、スポーツ系はアディダスとか、ちょっといいデニムAPCとか、1~2万円程度の服を買うようになった。

スーツも一回オーダーメイドで作ったけど、ほとんど着る機会がないので、それっきり。

時計Apple Watch

女性関係

かわいい。もう一人欲しいけど年齢的に諦めてる。

免許ないので持ってないが、時間的にも経済的にも余裕が出てきたので自動車学校検討中

免許取得後は、マイカーではなくカーシェアリングを使うと思う。

タクシーは割とカジュアルに使う。特に酔っ払ってて歩いて帰るのが面倒な時に駅から家までの1メーターとか。

金融資産

現金400万程度、株400万円程度、その他フリーランス節税対策idecoや小規模共済は満額で支払い中。

まとめ

サラリーマン時代は「お金に余裕がない」という感じだったが、今は欲しいもの我慢せずに買えるようになった(とはいえ最安値タイミングバーゲン狙い)。

あとはジムに通ったり、サプリスキンケアにもお金が出せるようになった。

飲食店や小売とは違い、仕入れ家賃などの支出がないのも大きい。

売上は2000万以上を狙いたいけど、一人では捌ききれないので、仕事仲間に外注すると思う(ので、利益はそんなに増えないかも)。

もし、この売上で独身だったら、自己投資額も更に多いだろうし、渋谷とか新宿から徒歩圏内に住んで遊んでる時間も多いと思う。でも、今の生活もそれなりに好き。

anond:20200601085723

一部の現役世代小金持ちなんてたかが知れてて

トータルで圧倒的に金持ってるのは老人やで

都心部土地家持ってると

3代で手放すことになるって言われる程度には

相続税高いらしいけど

これだけ東京人口が増えているんだから

都心部相続税とか固定資産税バカ上げして

人の動きを流動的にした方が

富の再分配も進んで公平だと思う

実際は影に日向にのび太を支えていて、子々孫々までのび太を助けているジャイアン あいつ本当はこっそりのび太を助けてる

でもさ、のびたって子々孫々までもうだめなのかな

それに子供いていいね。44歳まで結婚できなかったのび太 何度も何度もがんばって、周囲の危機を救ったけど だれとも結婚できずに 44歳で えっ!のび太さん童貞だったの?といわれたばあい

トレインとか色んな話はあるだろうが、おまえらどうして、トレインできたの?44歳まで、女遊び0をしたくて、トレインするの?たぶん、生涯独身を次の世代トレインするの?

身代わりのお侍さんでもけしかけて、悔い無しって錆になるか?もちろん、新しくやってきた、お侍さんのほうが士官して昔から村を守っていたほうが錆になって独身で次を次ぐ。

だけど、何かを間違えた。歴史からしょうが無いし、そうしてやらなきゃいけないけど

朝日新聞戦前は嫌がる軍部戦争を駆り立てられたのに

今は、安倍政権支持率を落とすことはできても、国民扇動できる力が無くなったことは自覚しているのかしら。

推しの立民や共産国民支持率は上がらず、意に沿わず維新が上昇してるし。

戦前扇動できた(盛り上げた)けど、旧民主下野して以来、自公批判しかしてない。それでは無党派層が増えるだけなのだが。

しかもコアの支持者の都市部全共闘世代護憲派)はキモチワルイ運動しかしていないし。

戦前戦後朝日新聞は負しかないような気がするのだが、どうなんだろう。

2020-05-31

テラスハウス

テラスハウス出演者になんでクソリプ送る人いるのかと思ってたけど、

逃走中出演者キッズ達がクソリプ送るのと何ら変わらないんだなーと気付いたら、

全力で楽しんでる視聴者によって番組破壊されたのって滑稽に感じる。

バラエティーなんて見たらバカになるよって言われてた世代の子供が

そういうことしてるんだから、なおさら

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん