「世代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 世代とは

2021-05-11

ワクチン安楽死薬か選ばせろ

年寄り世代マスメディア従順な人が多く

個人であるよりも世間である感覚が強いため

おそらく雰囲気ワクチンしないといけない気になってる

そして長生き=善のプログラムで動かされてるが

実際は皆が長生きしたがってるわけではなさそうだ

マスメディアコロナやばい煽りばかりするのではなく

コロナ千の風になるとか、冥土土産五輪観戦とかもやってくれよ

基礎疾患者高齢者そして志願者はコロナにかかったら安楽死薬投与してもらえる

という選択肢こそが国民に寄り添うってことだと思うよ!

2021-05-10

anond:20210510170149

かにね。

そもそも男性の未婚/離別平均寿命が短いのをどうしたら良いか」という問題解決策として女性を持ってくるのがもう古すぎる。

旦那様の健康管理は妻の仕事」なんて価値観はとっくのとうに終了して、今は妻も外で働き、自分健康管理他人依存せず自分でする(自炊だけでなく、惣菜健康を考えて選び、買って食べるのも含めて)時代になっている。

文化資本を刷り込む余地のある若年世代には男女を問わずセルフケアの仕方を学ばせ、仕事が忙しくて自炊まで手の回らない働き盛り世代には「健康的なコンビニ食の選び方」の小冊子(togetterかどっかで話題になってた)みたいなセルフケア外注ノウハウを周知させ、それも無理で詰んじゃってる層には生活補助寮みたいのを用意して、そこで食住を他人管理してもらう…みたいのが具体的な解決策としては妥当かなと思うんだけどどうかね?

anond:20210510164939

からそのデータでも女性の方が非正規高いんだけど何が言いたいの?

どうみても働き盛り世代20-55歳で女性のほうが割合高くて正規雇用機会少ないんだけど何が言いたいの?

バングラデシュラマダン明け、感染症対策の試練を迎えている。

ここ10日ほどの増減では、バングラデシュ感染減少が鈍化しているのがわかる。

増減率グラフから脳内近似曲線で単純に外挿すると来週には増加に転じてしまう。

不吉な予感しかない。

*なお、この記事バングラデシュ感染状況をウォッチする記事の3回目です

前回https://anond.hatelabo.jp/20210504165055


ふたつの不吉なニュース

おりしも昨日、インド株関連が懸念される2つのニュースがあったばかり。

ひとつは、バングラデシュでついにインド株が確認されたというニュース

https://time.com/6047019/india-coronavirus-bangladesh/

5月8日(土)、バングラデシュ保健当局は、インド確認されたコロナウイルス変異株が初めてバングラデシュで検出されたと発表した。詳細は明らかにされていない。この数週間、バングラデシュで解析されたサンプルでは、南アフリカの亜種が主流だったが、これらの変異株は、より容易に拡散し、第一世代ワクチン変異株に対してあまり効果がないのではないか懸念されている。

一刻も早いワクチン接種が急がれるが、当のワクチン供給国のインド供給を停止する事態に陥ったままだ。

もうひとつニュース日本とも関係する。

日本帰国者なかにバングラデシュで行動歴のある陽性者が見つかった、というニュース

https://this.kiji.is/764055688978251776

バングラデシュから日本にたどり着く経路は相当限られてきているので、どの経路で入国してきたかは定かではない。

バングラデシュ政府による国際便の停止は継続中のはず。

陸路インドかな。。いずれにしても、出国前にPCR検査を受けることが義務付けられていることから

PCR検査から漏れ感染者だった可能性もあるが、現地空港や機内、トランジット先、成田ゲートの

わずかの移動時間に、感染した可能性も否定できない。

上記インド確認ニュースと合わせると、3行しかない短いニュースなかに、恐ろしい未来が見えてくる。

蟻の一決というアレだ。

ラマダン明けの帰省ラッシュ

そんななか、バングラデシュはいよいよラマダンが終わる。

バングラデシュでは、ラマダン断食)の終わりを祝うイードラマダン明けのお祝い)を迎え、帰省する人々でごった返している。

https://www.afpbb.com/articles/-/3345815

この写真は、ガンジス川沐浴するインド光景と同様、おぞましいものだ。

町中の様子は写真はないか?と思ってツイッター検索すると、こんな感じ。

https://twitter.com/taslimanasreen/status/1391048425060257792

望遠の圧縮効果を加味しても、どうみても芋洗いな状態

ちなみにバングラデシュは、ロックダウンを16日まで延長、依然、警戒を続けている。

4月初めには7千人を超えた新規感染者数もここ数日は2千人をきっている。当局イードを警戒しているからこそロックダウンの延長を決定しているのだろう。

いずれにしても、ラマダンロックダウンへの疲れ、イードへの期待、

これらが人々の緩みにつながっているのは間違いない。


日本の水際対策潜在的リスクダークホースとなる二つの隣国

日本政府は、インドに加え、隣国パキスタンネパールの3か国からの水際対策を強化。

入国者への隔離措置を6日間とした。

見出しをみた瞬間、ユルい!緩すぎる!と叫んだ人も多いに違いない。

水際対策問題点はここ(APPLE文体増田)がわかりやす

1000倍わかりやすい、水際対策の重要性

隔離措置もっともっとリソースを割けるはず。

私の結論からいうと、水際対策対象リスト問題確認できた感染者の情報をもとに実施するのでは遅すぎる。

情報が不確かであっても、地域全体の状況から、ありうる未来予測して予防的に行うべきだ。

今の水際対策のままだと、インドばかりみていて、両サイドがら空き状態

特に見落とされていると思うのが、まさに私が注目しているバングラデシュ

感染爆発が収束しているようにみえるがゆえに上記3か国のリストから漏れているが、社会経済のつながりは

ネパールと同様、相当高い。

さらに、もう一か国重要な国がある。

それはスリランカだ。

スリランカ現在感染が急拡大している。

https://ourworldindata.org/covid-cases

分析された実効再生産数はここ数日およそ1.6。1.25あたりを推移するインドよりも高い。

新規感染者の増加率もインドより急こう配。百万人当たりの新規感染平均値日本の倍以上、先日水際対策を強化したペルー並の値。

こうした周辺国インド感染連鎖を考えるうえで重要視点は、出稼ぎ経済だ。

労働力の国際移動をもうちょっと分析する必要があるのではないか

スリランカは西は中東湾岸諸国、東は韓国に至るまで、出稼ぎ労働者の送り出し国。

日本との関連でいえば、攘夷派で名高い入管当局収容していたスリランカ女性を死亡させた事件

海外出稼ぎ労働者を送り出す一方で、スリランカ外国人労働者を受け入れてもいる。

それはスリランカの主要輸出品である茶の生産だ。

特に南インドとの歴史的なつながりも深く、多くのヒンドゥー出稼ぎスリランカに来ているという実態がある。


ところで前回の記事で、バングラデシュ感染がそれほど爆発的になっていない背景を、社会階層の分断が少ないことも一因なのでは、と分析というか想像してみた。分断というのは階層人種によって死亡率に大きな差があるアメリカ典型的な事例。ことに感染対策、例えば結核にしてもNGO機能していて、地域住民へのリーチアウトがしっかりとできている国なのだドヤ顔するとすぐ感染が急上昇、という法則があるのであまり言いたくないが。

社会階層の分断とコロナ

同じ視点スリランカに当てはめてみると、

結論からいって、社会階層の分断政策ウルトラ強力に推進している、政治的に危うい状況がみえてくる。


ラージャパクサ大統領選挙勝利2019年)がひとつの大きな転換点だった。ラージャパクサ兄弟という視点でいえば返り咲きだ。

ゴーターバヤ・ラージャパクサ - Wikipedia

同大統領就任後、中国との関係強化を露骨に進めているスリランカ

中国はやったぜとばかりにオセロをひっくり返すかのように、他ドナーを蹴散らし、次々に融資を強化、権益を強めている。

コロンボ港湾事業象徴的だ。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM2707Y0X20C21A4000000/

日本の援助をはじめ、各国ドナーは後退を余儀なくされているのは知っていたが、

内政的にもイスラム抑圧を進めるなど危うい面が表面化してきた模様だ。


社会階層の分断によって、ある種のエスニックコミュニティ社会階層へのリーチアウトができず、実質アンタッチャブルになることで感染コントロールできない、という分析ブラジルスラムでの感染爆発で経験したことだ。

これは想像だが、スリランカ感染爆発が、もし仮に南インドから出稼ぎ労働者ヒンドゥー)で、今なお、社会的少数者として不利益を被っているヒンドゥー感染対策放置されている、あるいは見過ごされている、とするならば、スリランカの今後の状況はとても厳しいものになるのではないかと思う。

新規感染者の増加率はここ数日、若干低下してきた様子なのが安心材料ではあるが。。

2週間くらい経った5月下旬スリランカバングラデシュも水際対策を強化、というニュースをみないように、先手先手の対応を祈っている。

anond:20210510103152

ブサイク」についてはそう思いませんが、

キモい」という言葉女性のほうがより多く、また浅慮に使う傾向があると個人的には思います

統計はないでしょうが統計をとってもそういう結果は出るでしょうし、多くの人はそれについて納得するのではないでしょうか。

男性女性の受けるセクハラについての理解がどうしても乏しいように、女性男性の受けるセクハラについての理解はどうしても乏しくなるし、否定したくなるのだと思います

身体に触る』

『過剰にじろじろ見られる』

性的言葉を投げ掛けられる』

性的オープン女性への「ビッチ」などの罵倒偏見

写真等を勝手に撮られやすい』

セックスにおいて従順奉仕無駄毛処理などの強要

などのセクハラ女性に対して多いのなら、『無遠慮なボディタッチ』

性的に過剰に嫌悪され態度に表される』

男性身体的・性的価値の薄さの特徴をからかわれる・冷笑される』

男性自慰行為や性欲への偏見羞恥心否定

『「男は女よりも汚い」など体臭や皮膚の質をバカにされる』

無意識的に女性身体が男体よりも丁重に扱われるべきと考えられ、セックスにおいて男性リードを当然のように求められ批評される』

等があると思います

それは決してバカにできることではなく、女性のそれが最悪レイプなどに繋がるように、(男性女性ほど性的価値がないので「レイプ」という形では現れにくいですが)男性のそれも過剰な暴力性的いじめ尊厳を傷つける問題に繋がることは多々あります

私はまだ20代大学生ですが、私の世代ではそういうセクハラ暴言を吐くような女性は多々目撃します。

もちろんセクハラしている男性も多々目撃します。

マスキュリズムフェミニズムから半世紀~1世紀近く遅れている事と、フェミニズムセクハラ概念提唱し定着させたのが半世紀ほど前だということを考えると、男性へのセクハラに対する問題フェミニズム以上に言語化、体系化がされておらず、まだまだ救えていない男の子男性は決して少なくないはずです。

言うまでもなく、それを理由に「全ての女が加害者」みたいな過剰な言説に繋げるのは論外ですが、マスキュリズムはこういう男性の受けるセクハラについて、かつてフェミニズムセクハラを訴えてもなかなか受け入れられて来なかったように、強く主張していかなければいけないのだと思います

また同様に、「全ては男性社会が悪い」だとか「男女の力関係男性女性からセクハラを受けるわけがない(もしくは女性よりマシに決まっているんだからいちいち騒ぐな)」だとか過激な主張をして男性被害性と女性純粋暴力性を意地でも否定する人も次第にその神話のようなものから目を覚まして行くときだと私は考えます

トピック主のおっしゃる通り、お互い罵りあっているような状態はいつまでも物事解決しません。

いわゆる「弱者男性」と呼ばれる人らのやるべきことはマスキュリズム勉強議論と適切な批判であり、フェミニスト口喧嘩をすることではありませんし、一部の過激ミサンドリストにつられ口の悪い皮肉悪口で勝ち誇ることでもありません。

もちろんフェミニズムの一部の言説と衝突したとき批判することはあるでしょうが、それはやはり体型立てて公の場でやっていくべき議論だと私は考えます

一方フェミニズムを主張する人のやるべきことは、男性の性被害矮小化でも女性の加害性の否定でもなく、現状アカデミックジェンダー論がフェミニズム、LGBTQsの力が絶大である事実を受け止め、それらの教授のご機嫌を取らないとマスキュリズムを学べない、という状況を改善し、親フェミニズムでない男性権利を求める学問自由に学ぶことができる風潮を作る協力をすることです。

その上でお互いに議論を交わす場ができれば、少しずつよい方向に進むのではないでしょうか。

anond:20210509214742

良いレビューだと思う。

うる星とめぞんは同時連載だったことも忘れてはいけない。

勝手想像しているのが、

めぞんは大人向けってことで割と編集者のチェックや設定変更があったと思う。

なのであのように極めて緻密なスケジュールで進んだし、

エンディングではフラグの回収忘れもなく大団円になっている。(ちゃんと朱美もハッピーエンドにしている)

うる星はその逆に、スラップスティック作者としての高橋さん本領発揮というか、

好きに描かせていたようにも思える。

低年齢層向けだから勢いやライブ感も大事だし。

作者はあの2作品を「自分青春時代」だと説明しているが、

20代をまるまる費やした作品であり、だからこそ失われない時代性みたいなものが反映されてると思う。

80年代といえば20代の恋はめぞん、高校きまぐれオレンジロード

大人の恋といえばなんだろう、東京ラブストーリーかになるのだろうか。(たぶん他にもたくさんある)

それぞれ世代別に80年代代表しているのが良いと思う。

anond:20210510071513

すでにそこからひ孫の世代になっており

ひいひいおばあちゃん観音様といわれても

親が生まれときにはすでにこうだった

しかも町ごとその状況の仏教のとちになにをいう横浜

anond:20210510000940

大学出ない当たり前の世代大学を出ずと書く意味ないでしょ

2021-05-09

17歳にドキドキしている自分キモくてつらい

自分は物を教える立場人間で、生徒には10代の若者も多くいる。その中に、信じられないことに顔と体型と性格自分が昔作った恋愛ゲームからそのまま抜け出てきたような、理想が服を着て歩いているような生徒がおり、とても聞けた話ではないが、ドキドキしてしまっている

これは本当に危険だと思って、その生徒への指導対応はすべて他の人にやってもらい自分そもそも顔を合わせることがないよう取り計ろうとしたが、生徒側が自分から指導希望しているとのことで自分管轄になってしまった

仕方がないので完全に指導に集中してやるつもりだったが、その生徒とラブラブ状態な夢を三夜連続見てしまい、いよいよ終わりだと思った。人として最低過ぎて自己肯定感喪失やばい17の子供に何を欲情しとるんじゃボケと。キモいわと。同世代相手されないか子供に行くんだよとかロリコンに向けられるあらゆる批判が身に刺さる

つらい。仕事行きたくないまたあの夢を見そうで眠りたくもない

anond:20210509220711

うーん…初代ポケモン世代だけど

ガンダムは両親おじおばの世代でよく知らんからうまい煽りになってないわ

(5/10追記あり) ポケモンとスーパーゲームボーイで疎外感を覚えた話

ポケモン赤緑が爆発的に流行った当時

うちにはスーパーファミコンしか無かった


クラスメイトの間でどんどんポケモンプレイヤーが増えていき

親にゲームボーイ本体ポケモンを何度もせがんだ

しかしうちではそのぐらいの価格帯の商品を買ってもらえるのは誕生日クリスマスだけだった


子供には長すぎる数ヶ月を過ごし、ようやくそタイミングを迎えたとき

ポケモン赤はプレゼントしてもらえたがゲームボーイは与えられなかった

代わりに与えられたのはスーパーファミコンに挿して遊ぶスーパーゲームボーイだった


素直にゲームボーイではなかったのは、携帯であるため親の監視外で遊ばせたくないという思惑があったらしい

それに加えて

ゲームボーイ本体より安かった

電池というランニングコストがかかる

・小さな液晶を覗き込むよりTV画面の方が視力低下の影響も多少はマシだろう

という考えもあったようだ


ようやく憧れのポケモンプレイできる!と有頂天になり

親が懸念していた通りポケモンにのめり込んだ

しかしここで大きな問題が発生した


友達と遊ぶときにはプレイ環境一式を外に持ち出すわけにはいかず

ソフトしかないのでそれぞれがゲームボーイを持ち寄って遊ぶ空間では自分プレイすることはできない


公園ではもちろん無理だし

友達ゲームボーイを借りるにしてもみんなまず自分が遊びたいのは当然だ、貸してもらえることなど少ない

友達の家で遊ぶときでも、わざわざそこのスーパーファミコンを借りるというのも不自然ハードルが高く実現することは少なかった

そもそもその時に発売していた初代スーパーゲームボーイには通信端子が無いのだ

通信端子のあるスーパーゲームボーイ2が発売したのはそれより後のことで、スーパーゲームボーイを既に持っている子供が買い換えるにもメリットが少なかった)


混ざれるはずなのに混ざれない

こんな些細なことで友人間ヒエラルキーは決まるのだ

一番は通信ケーブルを持つ友人

その下にゲームボーイポケモンを持つ友人

一番下が自分だった


悪意を持って明確に仲間外れにされることはなかったが

その場でポケモンを一緒に遊べる仲間の方が親交が深くなるのは当たり前で

それがすごく惨めだった



20年以上たった今、その時のヒエラルキーが流石にそこまで尾を引いているはずもなく

至って普通社会人として健やかに過ごせてはいるが

ふとあの時の疎外感を思い出す時がある


子供の時の玩具重要コミュニケーションツールであり

無かったら無いなりのフォロー子供同士ですることは難しい


現代の子供もそれにあたる玩具があって

他と同等に揃えてもらえない子は

かつての自分と同じように寂しい思いをしているのだろうかと

ぼんやりと思いを馳せるのだ




(5/10追記あり)

はてブを見る限り、結構共感があったようで、書いた甲斐があった。

寄せられたコメントの中からいくつか取り上げたいものがあったので、追記しておきます

ゲーム自体禁止の家庭で育った人

自分の回りにもいました。

貧乏から買ってあげられない、というケースは見なかったけど、親の方針ゲームを買ってもらえない子。

90年代当時の親世代にとって、まだゲームへの偏見や未知なるものという認識は多かったと思います


やはり、禁止されている子供は逆に執着してしまう傾向にありました。

友達の家を渡り歩く子供いましたねー。

大人になって反動ゲーム三昧の人もそれなりにいるでしょうね。

かく言う自分も、完全禁止でないにせよ少しずつ不便や不満を重ねていたので、

まだゲームやってます


スーパーゲームボーイを選んだ親の判断は正しかったのか?間違っていたのか?

これは、当時は仕方のない話かと思っています

特に恨んだとか、間違っていたとは考えていません。

子供コミュニケーションツールとして重要ポジションにあったことは理解できていなかったのですから


ゲーム世代が親になり、かつての苦労と大人目線での懸念から葛藤しているのもわかる話です。

ゲーム理解があっても程よい距離感で向き合わせるには難しいでしょうね。

ネット接続SNSの広がりもあり、フォローアップしてあげることの難易度も上がってしまいました。


自分の家に招けばよかったのでは?

自分の家に呼べば友達ゲームボーイを持ってきて、自分自分スーファミで遊べますよね。

ここは地理的問題なのですが、小学校から自分の家が一番遠くにあり、坂の上にありました。

いわゆる新興住宅地(○○台と名前のつくような所)です。集まるには不向きでした。

まり場になる友達の家がありましたが、ゲームが多かったり集まりやすい立地にあったのが大きな理由ですね。


ポケモンスタジアム(N64)で遊べばよかったのでは?

対戦というより、自分ポケモンを進めつつ、お互いの進行状況をその場で共有して楽しむ、という場でした。

ポケモンスタジアムは持っている子もいましたが、起動率はそこまで高くなかったですね。

ゲームボーイで何をしていたかと言うと、赤緑の出現ポケモンが違うので、

赤でしか出現しないマンキーを持ってない緑の子のためにその場でマンキーを捕まえて交換してあげる、なんて光景も有りました。

製作者にとっては理想の遊び方かもしれませんね。

うちの地域ポケモンスタジアムが脚光を浴びたのは、ポケスタ金銀が発売されてからでした。

しかし、そこまで来るとポケモン一色ってほどのブームでは無くなっていました。

あくまで、ポケモン赤緑の一時期だけがそれ以外がほぼ無いぐらいに占めるコンテンツだったんですよね。


他のゲームをやらなかったの?

やりましたよ!スーパーマリオワールド星のカービィスーパーデラックスなど。

ドラゴンクエストなど1人用RPGプレイしている様子を眺めつつ、自分は置いてある漫画を読みふけるなんてこともしましたね。

もちろんゲームだけじゃなく外でボール遊びもありました。

その話を盛り込むと要旨がボヤけてしまうので、今回はポケモン赤緑の話に絞っていました。

みんな揃ってポケモンに傾倒した時期があって、そこで疎外感を覚えたのは大袈裟に受け取ったことでもなく事実です。

バトエンカードすごろくなんかも出ていたので、ポケモンブランドを冠した交流ツールゲームに限った話でもないですけどね。


からでもポケモン始めてはどうか

あ、やってます

図鑑は剣盾時点までコンプしてますアンノーンビビヨンも今の所全種揃ってますよ。

対戦はあまり興味ないですが。

遊ぶ相手というか、語る相手がいなくなったのが悩みの種です。

友達はお店で買えないですからね。

財力ができたら別の問題が発生してしまいました。


タイトルだけでおおよそ内容が予測できてしま

ええ、それを狙いました。

あの時代を生きていた人が「ポケモン」「スーパーゲームボーイ」と聞いたら

ピンと来るだろうな、という期待を込めてタイトルに入れておきました。

結婚子育て世代向けベーシックサービスってどう?

りっけんの政策の強化アレンジ

結婚子育て世代の人たちには文化的に最低限ではなく

充実した子育て環境(衣食住環境)を提供するってもの

郊外開拓してアメリカの一軒家が連なる綺麗な町に住める

そしたら、それ目当てで結婚子供作る人が増えるだろ

弱者男性であろうと結婚すれば充実した環境が手にはいるのだから相手収入とか関係なく人間性で選ぶことができる

良くない?

anond:20210509164127

おっさん世代だけど、ゲーミングチェアを見てると、小学生の頃に流行ったいろんな機能が詰め込まれたゴテゴテした筆箱を思い出す。

anond:20210509123837

減少するのは確実でしょ

妄想ですね

しか若い世代から逃げていくんじゃないか

妄想ですね

  

あのさあ、論理的に会話してもらっていいですか。

だって別に大阪人口がどうなってるのかなんかしらねえよ?興味もねえし。

お前がなにかちゃんデータを調べて客観的分析をして「増えるのは確実」「減るのは確実」って言ってるならいいんだよ。

 

でもそうじゃないだろ?

単にお前の脳内妄想や願望で「維新が気に入らない」「維新が憎い」「だから減少するはず」つってるだけじゃん

 

ちょっと変な奴が市長になったぐらいで一族まとめて引っ越すなんて人間現実にどれほどいる?

仮にお前の一族がそういう風に行動してるならまだ少しは見直すけど、実際はそんな事すらないよな?

 

お前の発言は単なるヒステリーであって、現実と何の関係もない妄想しかない訳じゃん

妄想現実区別を付けろ」ってそんなに難しい?

 

まあ難しいんだろうけどねお前みたいな低スぺにはさ

維新だって敵がお前みたいな低スぺなら怖くないから舐め腐ると思うけどねw

現実的な認識が出来ずに妄想ヒステリー勝手に消耗してる奴なんか誰も怖くねーよカス

anond:20210506052332

経験つんでいずれは経営側になりたい」

だろ

経営者としてカイシャ全体、業界全体、ひいては社会のことをかんがえればやっていいこととやってはいけないことが自立して判断できる

あと、建前と本音の二枚舌もつかえる

まあゲーム世代は嘘のつきかたも知らんのだろうけど

anond:20210509121928

減少するのは確実でしょ

しか若い世代から逃げていくんじゃないか

世代平均年収以下からインターネットを取り上げるとしたら

平日昼間の増田、めちゃくちゃ静かになりそう

はてブも随分品が良くなりそう

Twitterは全体的に勢いが落ちる一方、Instagramはニセモノのキラキラはいなくなっても本物のキラキラはそのまま残って楽しくやってそう

anond:20210509084446

もちろん、今の女子高生女子大生のほうが賢くて、大学に行くべきだというのは間違ってないわけよ。

けれども、なんかよくわかんない理由で入ってしまうって人もたくさん出てくる。

そういう人がさえぼーみたいなのになる。

さえぼーと同世代北海道民でも、あんバカみたいなことを一切言わない賢い女性はたくさんいる。

なろうネイティブ世代が来る

初めて見た深夜アニメ異世界転生です!

という世代創作する側に立つ時が来る

何が栄え何が廃れるのか

そう思うとワクワクしてたまらない

多分俺は死ぬまで10代向けアニメを見続けることになるのだろう

2021-05-08

anond:20210508212503

還暦のお祝い品とかね。

世代かに送るやつはオンラインショップだよ。

ぶっちゃけ百貨店なんてこの先どんどんジリ貧になってくと思うよ。

Ryzen 7 1700Xめちゃくちゃ安いとか思ったけど、現行世代Ryzen 5クラスになってるのがびっくり。

ものすごい勢いで進化してるねTSMC半導体インテルTSMC製造に参戦するらしいので、より価格競争が激化してくれると嬉しい。

anond:20210508155750

そうなると、もう若い世代に突き刺さらないので、話が面白くなることはもうなくなる。

能や歌舞伎世界になってくる。

それでも細々とKindleで続けるんだろうけどね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん