「フィクション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フィクションとは

2020-05-28

anond:20200528192408

いやそれ普通に正しくねえ?

キャラクター化が悪いんだあああなんて言ったら、テラハ以前にプロレスやらドラマやらが成り立たなくなるだろ

「そのコンテンツにおいて悪役として存在する」ことと現実は別で、フィクションイメージ現実まで引っ張ってきてバッシングするアホが悪いに決まってんだろうが

anond:20200528131753

フィクション現実の鏡だから、今いちゃもんと思っても後から考えると正当な歩みの一部だったりするんだよ。

女がカーペットになってる昔のアメリカ広告や、黒人奴隷暮らし肯定的に描かれてるフィクション時代が変わると受け入れられないんだよ。それは「いちゃもん」で、「被害者なんていない」「現実混同するな」「過激批判だ」と言っても通らないんだよ。

ムカデ人間作品内で前作を映画扱いするけど

やっぱ映画として出す以上これはフィクションですよという言い訳必要なのかな

トム・クルーズ映画で前作は映画で〜とか言わないじゃん?

誹謗中傷感想

世間では木村花氏の受けた罵詈雑言を十把一絡げに「誹謗中傷」と断じて著名人が受けたものと同列に扱っているがそんな簡単に「感想」と分けていいものかと私は思う。

ある番組出演者の振る舞いがどうしても受け入れられるものでないときに「番組降板しろ」というのは罵倒ではあれ番組感想としてはよくあるものではあるし、視聴者表現の自由範囲内にあるものではないか。「日本人フィクション認識できない」というわけのわからない論理で氏への攻撃解説しようとする人もいるようだが、逆に番組フィクション性を認識しているからこそ演者としての氏が許せなくて怒りを持って感想を述べ、結果的罵倒する人もいるだろう。感想それ自身表現の自由範囲内ではないのか。禁止語句が含まれてるから誹謗中傷で、含まれてないか感想である、それでいいのか。

2020-05-27

はてなブックマークサービス売却先を勝手に考える

はてなブックマークサービス売却先を勝手に考える

※以下は与太話、フィクションです

考える理由

女子プロレスラー木村花氏の自殺に端を発っした、SNSでの誹謗中傷対策政治問題化し具体的な法令化・厳罰化現実的となってきた。更に政府誹謗中傷対策名目SNSへの法規制実質的言論規制を行う可能性がある。

SNS運営事業者には具体的な対策が求められ、SNS事業者団体ソーシャルメディア利用環境整備機構」は既に運営厳格化声明を出している。しか株式会社はてなはこの団体に参加していない。

更に近年のはてな社の主な収益サーバ監視サービスMackerel」や、オウンドメディアコンサルティングなどのBtoBサービスが中心で、一時期ははてなの顔とも言えた「はてなブックマーク」は今となっては足を引っ張る存在とも言え、もはや運営厳格化のための投資判断もしないのではないか?更に厄介なことに、収益寄与しない割には影響力は無視できないレベルでもあり、はてなハイクなどと違い閉鎖するよりも売却したほうが良さそうである

そこでtoCメディアサービス運営する他社にサービスを売却できないか?と勝手に考えてみる

買ってくれそうな会社
エイチーム

名古屋根拠地とするWEBメディアソーシャルゲーム運営会社。「引越し侍」「サイマ」「ナビナビ」などを運営。非東京系の大手WEBメディアということと、「Qiita」のインクメンツを傘下に収めたという実績もある

DMM

金沢根拠地とするWEBメディアWEBサービスソーシャルゲーム運営会社。「FANZA」などのアダルト系のイメージが強いが、金融からゲーム教育事業まで幅広い。「はちま起稿」を過去運営していた実績もあり、微妙メディア運営できる

LINE

韓国WEBメディア大手NAVER」傘下。SNS「LINE」や「NAVERまとめ」「ライブドアブログ運営ソーシャルニュース運営親和性は高い

ホームページシステム

大阪根拠地とするWEB広告代理店。社名だけ聞くとどこですか?となりそうだが、FC2実質的運営である

あなた感情説明しま

何か問題解決できるわけではありませんが、感情の正体についてのひとつの考え方です。

まず、すべての感情は誰のものでもなくあなたのものです。感情が反応するのはあなたの命に関することだけです。すべての感情の根源にはあなたの「死」があります。それだけです、すごくシンプルです。

死に対するあなたの命や存在、その強さや価値を「生命力」と名付けてみます生命力が強まり、死が遠のく気がするときあなたは「いい感じ」の感情になります生命力が弱まり、死に近づく気がするときあなたは「いやな感じ」の感情になります

気がする、というのは実際は何も変化していないからです。そこにあるのは情報であり感覚です。それらはすべて嘘でもあり、本当でもあります

目の前に現れるものはすべて、現れる前にそこに存在していますギャップがあるとき、それに気付くことは簡単です。知識で汲み取り、経験想像することは私たち能力でもありますが、バイアスが掛かっていることを忘れないようにしたいです。自分思い込みを明らかにしたい場合は別のものに置き換えてみるといいかもしれません。

「繋がる」ことは気持ちいいです。しかし繋がりは実在しません。繋がりがあることにしたければ、ひとつだけあります。それを知るにはあなたがどう生まれたのかずっと遡り、その先へ先へ辿ってみるといいかもしれません。行き着く先は一点です。そもそも孤独」は物語で、あなた作品です。

本来、生と死に境目はありません。今この瞬間死を選択できますしか本能は立ち塞がり、私たちは生きています。命は自らの命に生かされています。「生きていたいから生きている」のではなく「死にたくないから生きている」が正しいです。

人生死ぬまでの暇つぶしと言いますが、それはそうならざるを得ないからです。人生には意味がありません。あったとしても恐らく知るすべが無いです。意味が生まれ場合は2つだけです。目的がある場合と、意味を求めるときです。目的は用意されていません。意味を求めるとき、それはフィクションになります

「人のために」とは不思議言葉です。他人のため、子どものため、親のため、あなたのため。誰かのための行動はすべて、実際は自分生命力のためでしかありません。良い、悪いの話ではなく、それを知った上での行動が大事だということです。

自分の死」を理解するのはとても難しいです。あなた感情が動くとき、変化するとき、何かに反応してしまとき、観察してみると面白いかもしれません。「いい感じ」も「いやな感じ」もその感情は必ずあなたの死に基づいているはずです。

すべては仕組みでできています。仕組みというのは「存在の根っこ」のことです。例えば、本能存在の根っこですが、感情は違います社会も仕組みではありません。

「すべては仕組みでできている」ということを理解しようとするとき「いやな感じ」になるかもしれません。それは「自分自分ではない」事実を知ることになるからです。同時に、すべては単純で、簡単で、複雑なものは無いことが明らかになりますあなた存在も私の存在も、仕組みの上ではとてもシンプル記述できます。まるで自分が始めから存在していないような感覚に陥るかもしれません。しかしそれもまた、生命力が弱まった気がする、だけのことです。

私たちは知っていることしか知りません。だから想像する必要があります意図した心の中で、しかし痛みは本物です。

周りの人に優しくしてください。あなたはあの人でもあり、あの人はあなたでもあります

感動はフィクションから

オリンピックスポーツワールドカップで「感動をありがとう!」と言ったり、

古くははじめてのおつかい、今では話題テラスハウスのようなリアリティショーやノンフィクション

感動したり、罵声飛ばしたり。

なぜ現実の人々の言葉生き方で感動しようとするんだろう?

オリンピック金メダルを取るようなストイック練習に打ち込んだスポーツ選手だって

そのスポーツが得意なだけでセクハラパワハラのクソ野郎であることが明らかになるケースは多い。

ノーベル生理学賞を取るような、人類の命をたくさん救う薬をつくった素晴らしい学者だって

自分の部下にはパワハラセクハラまがいのことを繰り返し、部下を人間扱いしない人もいる。

有名なのはDNA二重らせんで有名なワトソンクリックフランクリンという女性研究者研究成果を盗んでいる。

勝手にある人の一面を切り取って、感動したり罵倒したりした後で、

別の一面を見て梯子を外したり掌返しをする。それってめっちゃ不毛じゃない?

最初からフィクション読んで、不正義に憤ったり、創作物の中の登場人物の死を悲しんだりする方が

よっぽどか生産的だと思う

2020-05-26

anond:20200525220517

まぁ、ブコメに反応して書いたんだけど

想定してるのは「現状の」VRじゃないよ

から60年先(2080年)のVR

ちなみに、今から60年前は1960年から

んで、現時点でのVRもの小説とかって、大抵物すげぇリアルなまま仮想現実体験してんだよ

SF分野に近いフィクションから夢物語だけどな

言ってるのは、そっちの方面「ゲーム」なんて絶対規制されるって話

普通に考えて、剣を持って盗賊退治とか、現実感覚おかしくなるに決まってる

だってモニターの向こうではなくて、脳は「現実」だと受け取るんだから

リアルに寄せれば、人格が歪むだろうし

ゲームに寄せれば、危険が危ない事になる

だって高層マンションに住む子供が高所を怖がらないとか報告されてるだろ


多分想定してるのレディ・プレイヤーみたいな感じだろうけど

ブコメとかで想定されてるの、SAOとかそっちだと思うぞ

2020-05-25

anond:20200524223945

現在でもその傾向があるがフィクショントンチンカンな巨悪(封建制度男尊女卑のはきちがえ)がはびこることは確実だろうな

現実なみのシミュレーションで遊びたいのなら現実のものグーグルマップIngressポケモンGOだけでも弄り倒してるやついるぞ

https://dailyportalz.jp/kiji/youll_start_looking_for_glove

リアリティーショーは

「あれは演出です」「フィクションです」だから真に受けるほうがリテラシー低いとかい意見を見る。

だったら完全に恋愛ドラマとして放送すればいいじゃん。

ミスターマリックが、最初から「これは手品です」というと超能力にかなわないから、超魔術と言って超能力風の演出をしたと言ってた。

コンテンツの魅力をブーストするために意図的ノンフィクション風に見せてるのに問題が起きたら「これ演出からwww」と逃げるのはないよな。

リアリティショーって本当に素なわけないのに何で本気にする人が出るのか分からんと思ったけど

考えてみれば完全フィクションと銘打っているドラマであっても悪役演じた俳優を役柄と本人の性格を同一視して嫌う人ってのは昔からいたし

世の中頭悪い人が一定数いるのはどうしようもないんだろうな

2020-05-24

出演者自殺リアリティーショウにも責任があるとい考えはエロ漫画性犯罪を誘発するというのと同じ

フィクションフィクションと割り切って楽しめない一部の人間が悪いのであって作品は悪くない。

2020-05-23

とある模型サークルのようなもの崩壊した話

もうすでにだいぶややこしいことになっているんだけど、たぶん今後はもっとややこしいことになりそうな気がするし、

もしそうならなくても、ややこしいことになるかもという不安を抱え続けるのも面倒なので、ぼちぼちの経緯を書いておこうと思う。

もちろん、この文章フィクションだし、誰が書いたのかをこの掲示板や各種SNSで明かすことはない。

フィクションなので「これは○○サークルの件だ!」とか、「この人、よくしゃべっていた人だけどこんなことする人だったんだ・・・」等の感想は、ただの映画ドラマ登場人物に向けられるものと同じ。

なぜなら、フィクションからね。

結論から書くけど、自分所属していた模型サークルは内部崩壊した。というより、自分ともう一人の、自分から見れば【問題児】だった人との衝突があり、

衝突がサークル内部だけではなく匿名掲示板にまで飛び火・・・というか自分一方的に叩かれたんだけど、そんなことになったので、

自分サークルを抜けて、後日聞いてみたらそのサークルは全員幽霊部員みたいな形、

まり「数名の人間名前があるだけのサークル」になり、活動らしい活動もしていないらしい。

もっとも、自分は【問題児】以外の全員と、今まで通り遊びに行っているのだけども。

そもそもサークルの発端は、自分地元模型イベントで一人のモデラーさんに声をかけ、

の子がすでに知り合いだったモデラーさんと飲み会をしている場に呼んでくれて、幸いなことに意気投合したところから始まる。

それからは何度か飲みにいったり、会場をレンタルする手順を調べて製作会をしたりして、まとめて連絡するためにライングループを作って予定を合わせるようになった。

何度目かの製作会の事後ツイートをしたときに、かの【問題児から参加させてほしい旨の申し出があり、

自分ではなく別の子たまたま模型屋さんでその【問題児】と話してみて、

問題がなさそうだったかライングループに入れることとなった。

実際、最初のほうは自分も特段、ややこしい性格をした相手だと思わなかった。

ただ、自分を含めた初期の4名は、

どちらかというと保守的・・・というよりシンプルに「模型集団で作ったり飲んだりし、

それを見せびらかしてマウントをとることができる」という発想がなくて、

まり人を増やすつもりもなかった。

なかったんだけど、【問題児】は違った。どうにも、サークルを大きくしたい・・・これは自分想像しかないんだけど、

「大きなサークル代表になりたい」と思っているようだった。

実際、自分以外のモデラーさんは所謂フォロワー数が大きい有名モデラーさんだったし、

そういうモデラーさんと同じサークルにいる、もしくは同じサークル代表である、と他人に言うのは愉しいことなのかもしれないと思う。

それで、結局人がちょいちょい増えたし、【問題児】が誘ってきた人には全然問題がなかった・・・というのは、サークルが無くなった今でも普通に飲んだり遊んだりしている現状から想像できると思う。

ある程度人が増えてから初期メンバーの子が、自分たちでイベントをしたいと、個人的相談をくれたことがあった。

自分は単純におもしろそうだと思ったし、なにより応援してあげたかたから、その新イベント運営メンバーになった。

それから、【問題児】も運営メンバーになり、3人体制で新イベントを進めることとなった。

イベントというのは、今までのような身内で遊ぶ会ではなく、積極的にいろんな人が来られるような、お祭りのような交流会をしたい・・・そんな思いから始まったものだと自分理解していた。

なので、言い出しっぺの子目的がそぐわないようによく意見を聞いた。

また、今までと違いどのような人が来るかわからいから、かなり慎重な姿勢で内容を詰めることを心掛けていた。

さて、ここで【問題児】がいよいよ本格的な問題児ぶりを発揮し始める。

独断専行、というか「もう相手方にOKを出しちゃったから何が何でもOKしろ」という背景があったのではないかと推測していたんだけども、

とにかく勝手物事を決めてしまうようになった。決めたうえに、他のメンバーには事後承諾で承諾せざるを得ない内容で進めてしまうことが増えた。

そのような傾向が見て取れたので、自分はその事後承諾で進めようとしているネタに対し、かなりシビアな目で反対するようにした。

残念なことに、その【問題児】が最年長で、自分がその次に年上、言い出しっぺの子は一番若かったからだ。

周囲から見たら、大人二人がぎゃあぎゃあ喧嘩をしているように見えたかもしれない。というか、むしろそう見えていたらまだありがたくて、

問題児】の問題児たる所以は「嫌いな人のことを他人にいいように触れ回る」点だったので、

自分がただの悪者にされている可能性も大いにあるのだ。

自分主観では【問題児】だけが目的をはき違えている、

もしくはサークルときにも疑わしかった「サークル代表になりたい」という目的のために

イベント私的に利用しようとしているようだった。だから、何度かミーティングで釘を刺したし、

わざわざ飲みにも行って目的再確認したこともあった。

でも、何の効果もなかった。

そこから先は面白いように崩れていくんだけど、とにかく目的が一人だけ全然違うことが目に見えて分かる動きばかりしていたし、

もう無理だな・・・と思ったのは、メンバーの中で【問題児】以外が明確な文面で反対していた企画を無理やり押し通したときだった。

で、地元を盛り上げるためのイベントだったはずなのに地元以外の人間をとにかくチヤホヤするし、運営仕事もろくにせず、ただ声を大きくして宣伝するだけで、

から見たらまごうことなき中心人物だった【問題児】は、自分からすればただアピールをしたいだけの厄介な人間だった、ってわけ。

たぶん地元ではない参加者、つまり問題児】がチヤホヤたかった人間には問題児によるフィルターを通した情報がいっているような気がするし、

それはイベントときの態度の差を見れば勘づくくらいのものだった。

詳細を書いていくときりがないし、もう本当に面倒くさいのでそろそろおしまいにするけど、自分が言いたいのは

サークル製作活動も後から入ってきた二番煎じであり、さも自分が中心人物であるかのように振舞うのは情けないから止めたほうがいい

イベントは【問題児のものでもなければ、自分のものでもないし、強いて言うなら言い出しっぺの子のものだし、

たぶんその子はそんなことを望んでないから「みんなのもの」とするのが正解だと思われる。

そして、その子がやりたかたことに無理やり乗っかってイベントのものを乗っ取ろうとするのは、年上の人間として本当に恥ずかしいことだと自覚したほうがいい

この2点。なんか長文になっちゃったけどね。

模型の将来が・・・とか、学生の子模型を買うチャンスを奪ってはいけない・・・とかの大義名分をかざすのであれば、

まずは身近な部分、大事にしなきゃいけない集団を見誤ってはいけないし、自分の行動・言動それから外れるのは何のお手本にもならないよ、ってこと。

年を重ねてから趣味の友人って本当にありがたい存在だし、同じものが好きなのってすごく稀有なことだと年々実感するし、

でも、別に友人だから同じものを嫌いになって一緒に叩く必要なんてないと思うし、叩く対象が増えれば増えるほど自分の首は締まっていく一方だし。

後半は主題から逸れちゃったけど、最近すごく実感したことから自覚して行動を顧みたほうがいいと思う・・・と、年下が生意気にも説教じみたことを書くよ、ってだけの話。

できればこのままインターネットに埋もれた文章のままであってほしいし、何かの手違いで文章が浮かび上がってきて、天文学的確率で本人に届いたとて、

たぶん自分の言いたいことは全然伝わらないだろうし、曲解したままあちらの身内に広めていくんだろうな、なんて諦めながら、このフィクションの話はおしまい

フィクションからね。

やっとバビロン見終わった。

終わり数話で「またあくびが出る展開に…」と思ったが、ラストに向けての演出だった。

あくびが出るまま軟着陸したらどうしようかと思ったわ。

しかし緩急があり過ぎるので見ている者がついていけない。というかつまらなくて途中で離脱しそうになる。

後半、「善悪」についての考察になったが

この話の中の合衆国大統領ほど悩むまでもなく(普通に生きていれば考えるまでもなく)社会的に「善」と言えば「持続可能であること」に他ならない

(個人のそれは議論しても仕方ない。100人居れば100人分の善悪がある)

それをここまでグダグダと…。

完全悪を浮き彫りにする為の演出にしては陳腐だ。

自殺についての考察にしても同様。

自殺法」なんてゲス名称を使っている時点で、見ている者に嫌悪感をわざと与えている辺りも。

そして「これを見て嫌悪感を感じるなら、そういうことだ(お前は「自殺は忌むべきもの」と考えているんだ)」と思わせるのも。

見ている者に対し考えさせる風を装って、その実全く考えさせる余地を与えない。

嫌悪感を導く気満々の表現には反吐が出る。

それと気付かない内に導かれるなら作り手の手腕は素晴らしいと言えるんだけど。

予定調和を逆手に取ってる積りなのかもしれないけど、こちらとしてはただ胸糞を煽り続けられただけって感じだ。

煽り方があからますぎて眉間に皺寄るわ。

フィクションの中での「死」や「自死」については、否定ばかりが先行するなんてこと無い。

見ている者はそこに哀しさや虚しさ、又はその反対といった感情惹起されるので、「死」や「自死」が軽んじられたりはしない。

しかしこの作品の中ではそれらが「駄目、絶対」「忌避されるもの」として全面に押し出されて、

アカものをずっと目の前に突きつけられたまま話がすすむ。

「よく考えろ。本当に自殺は悪なのか」と物語の中で語っていながら、見ている者には全く考えさせない。

主人公最後に取った行動についての衝撃も「あーあ」という気持ちに塗り潰される。

結局心のどこかで「フィクションの中では悪は滅びる」という予定調和を期待している部分があるので

それを裏切られて胸糞ってのもあるだろう。

ずっと胸糞。それが狙いなのか。

余韻のあるモヤモヤじゃなくて、最初から最後までモヤモヤしっぱなしで終わってしまう。

完全悪はあるんだよ。そして人間はそれに負けるんだよ。そう言いたいのかもしれないが。

漫画MONSTER」みたいな納得感も無い。

女も齋もバックボーン殆ど語られないせいか。それぞれエピソードがあっても、全くピンとこない。

女の叔父精神科医が言う「悪い子」というのが端的に表してるんだろうけど。

悪い子というよりも「悪魔」と言うべきなんだろう。

話の救いとしては、ラストバス停でのシーンで主人公の息子と女が会うところ。

これから女がこの子を殺すのか、それとも女の様な怪物に仕立て上げるのか…

物語として「今後」を想起させる部分が、せめてもの面白さを与えたことだ。

原作はどんななのかな?と思うが、到底読む気にはならん。

2020-05-22

100日後に死ぬワニ🐊が35万部売れてた件

バカブクマカ共とかがワニと作者を嫌儲精神で叩いてたけど、売れて本当に良かった

やっぱ、はてな民ネット民意見ノイジーマイノリティだわ

フィクションキャラの死に敬意とかバカじゃねぇのってずっと思ってた

それなら、1日目の時点で死をネタにするなって怒れよ

結局、バズったか嫉妬してたんだよなバカ共は

「死んですぐ宣伝するな、49日待て」「フィクションを信じてない」とか言ってた商才ないバカの言うこと真に受けなくて本当によかったね、という気持ち

"腐女子"という名称が嫌なら別の名称作って村作れば

ツイッターに疎いこのあたりの皆さんに愚痴るのも恐縮ですが、note開設めんどかったのでこっちで。

BLは腐ってないとか、NLおかしいとか、一部の腐女子とツイフェミセクマイ理解ありますよが合体した人達が今ツイッターで声をあげている。

それは別に構わないと思う。彼女らが否定的意見検索して噛みつこうがブロックすりゃいいわけだしね。とりあえず私は腐女子自称するのをやめません。

そちらが腐女子というワード自体地雷と化しているならミュートにしたらどうですかね、あと「BL好き」は長いか百合豚→姫男子くらい印象良くなりそうで呼びやす名前そちらで名乗ったらどうでしょうか。そしたらそれを私はミュートにするので。

話がそれたが言うのは勝手だしやるのも勝手だし名乗るのも勝手から好きにしたらいいよ。

NLノーマルラブ)はセクマイに失礼だからHL(ヘテロラブ)にしろ!って言われても、嫌どすとしか言わないよ。NLノンケラブ)もダメらしいし話通じなそうだからね。

あとヘテロって使うならBLボーイズラブGLガールズラブ)じゃなくてGLゲイラブ)LLレズビアンラブ)とか揃えた方がいいんでないかな。自分がなんでヘテロラブって言い方が嫌なのかは全部フィクションジャンルで、フィクションBL不快な人がいるとわかってるからだ。そういう人達言い訳名称変えようとしてる人達が嫌いだからだ。絶対呼び方変えません。

あとAセク?の人がたまに「結局セ〇クスか!」と発狂しているのを見るのでついでにラブがない何かのジャンルでも作ってあげてください。


そっちはそっちのコミューン、こっちはこっちのコミューンで祝祭しようねってことでした。

セーラームーンにわかばっかり

セーラームーン

金髪から白人みたいに見えるけど本当はアジア人だよ

アジア人とか白人とかじゃなくてフィクションなんだから人種とかなくて……

違う違う違う、お前らセーラームーン読んだことないだろ。

セーラームーンこと月野うさぎプリンセス・セレニティとクリソツなだけなんだよ。

証拠に親兄弟あん容姿じゃないのよ。月野謙之とか月野進悟でググってみろ。

プリンセス・セレニティは月人なので、白人とか黒人かいう以前に地球人ですらないんだわ。

宇宙人なんだから白人とかアジア人とかなんも関係ないんだわ。

価値があるのは「無意識にこう思ってるかもしれない」ぐたいの無意識化の考察ぐらいだよ。

2020-05-20

小池百合子フィクション人間として好き

今日ニュース小池ちゃん漫画に出てくる強キャラみたいでめちゃくちゃシビれた。

既にミーム化しているが、密ですビームとか、社会的距離ソーシャルディスタンス>みたいなカッコいい技を使えそうな感じがまたいい。

都民じゃないから直接かかわらないもので、都知事という存在あんまり実感的な実感はないんだけど。

フィクション人間としてはめちゃくちゃ好きだ。

2020-05-19

読者が喜ぶありのまま と

世界が喜ぶ完全なるお客様仕様 について

フィクションでよくある流れに

主人公の素直で不器用な振る舞いが相手に新鮮に映り高評価される、というものがある

これはほんと神話レベル信仰レベルで広く浸透した物語だと思う

しかにこれは読み手に優しい

何の努力もしておらず何一つ特別でない自分

なぜか評価されるという

大人になりそんな世間など存在せず、相手に恥ずかしいくらい媚び諂うのが最も無難な最適解だと知る

そりゃそうだよなあと今なら分かる

お客様にへつらった結果の、素直で不器用主人公なのだ

2020-05-17

"人類共通の敵"が現れても各国が協調なんて出来ないことが判明した件

まぁそりゃそうだろって話なんだが、これまでフィクションで散々扱われてきたケースが現実確認できた意義は大きい。

これで新型コロナ感染力や致死率がもっと高かったら、各国の対立がより深刻化したのは明らか。


今後はエイリアンが攻めてきた系のパニック映画でも、人類が一致団結して立ち向かうみたいな展開は激減するだろう。

逆に「エイリアン共存する」「エイリアン侵略某国陰謀」「エイリアンなんて大したこと無い」とか言う指導者が現れる展開にリアリティが出てくる。

あと対エイリアン用の武器開発をめぐる闇取引スパイ合戦とか、市民エイリアンが紛れ込んでるって噂が流れて私刑が起こるとかetc...

ラストも「エイリアンは一旦は引き上げたが、また近い将来に再び襲来するだろう…」みたいなスッキリしないオチとか。それは「シン・ゴジラ」か。


それと近年のハリウッド映画だと中華市場に媚びての中国ageの展開が多かったが、その流れが果たして続けられるのか?

それでも反トランプハリウッドなら、自国指導者無能に描いて強引に現場ageに持っていきUSA!USA!するんだろうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん