「フィクション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フィクションとは

2018-04-21

人権ってのはフィクションから

あると思えばあるしないと思えばない

他人人権を軽んじる奴は自分人権もそれなりにしか認められない

簡単ですね

2018-04-20

anond:20180418235940

自分は女だけど、フィクションのお作法に慣れてるからか、生理をどう処理してるかみたいな描写がなくても特に気にならないから、似たようなもんじゃない?

気にしようと思えばできなくもないけど

2018-04-19

監禁モノってリアリティが無くない?

漫画で好きな女の子監禁して鎖に繋ぐシーンとか見るといやいやいやってなる。

いやまあフィクションからリアリティ求めるのも違うかもしれないけど。

腕足腋の毛剃るとか眉毛整えるとか顔の産毛処理しないと女でも毛濃い人いるし。

何日もお風呂入らないままだと普通に臭くなるし、口臭もやばそう。

今どきは女子高生でも化粧してる子多いしそれきちんと落とさないままにしてたらすぐ肌荒れしてニキビとかできそうだし。

乾燥肌だったらきちんと保湿しないと顔に粉吹くし。

どんなに美少女でも手入れしなきゃそれは保てないだろって思ってしまう。

2018-04-17

anond:20180417215236

いやいやいや。

自宅にいて突然「すぐに出て!私がいいって言うまで戻っちゃだめ」とか言われて荷物持って数日家空けないだろ。

オカルト好きにしてもそれはちょっと危ないやつだわ。現実フィクション区別がつかない中二病同士でやってんの?

anond:20180417043631

フィクション基本的

現実で目立っていた部分を

研ぎ澄ませることで

二次元ならではな味わいになってると思う

書いてあることも

表現しようと思えばできるのだろうけれど

(実際やってるし)

お笑い流行時代

生活に笑いがないからであって

現実アイドル人間味よりも

努力や成長が見えない足りてないか

二次元流行るんじゃないのかな

2018-04-16

安室透は『テオレマ』である

ゼロ執行人」を観てきた。

思いついたことを書き殴ります

前提

劇場版ネタバレが含まれます。 

・多分な妄想偏見を含みます

・私はコナンマニアというわけではなく、小さい頃TVアニメを観ていたり、思い立ったら新刊を買ったり本誌を読んだり、金ローや年イチの映画を観る程度の知識です。

はじめに~各者の「彼」への認識

我々読者は、公安警察官・降谷零がトリプルフェイスを持つことを知っている。

  1. 警察庁警備局警備企画所属警察官・降谷零(本名および本職)
  2. 黒の組織メンバーバーボン(潜入先におけるコードネーム
  3. 毛利小五郎弟子かつ探偵であり喫茶ポアロ」のウェイター・安室


では、作中のキャラクターは、彼をどう認識しているだろうか。

安室透=降谷零=バーボンと知っている、つまり読者と同じ視点人間は主要人物に限られている。

大多数、つまりモブは、「彼のなりきるキャラクター」にしか知らないのではないのだろうか。

「降谷零」は、幼くは零くん・ゼロと呼ばれ、公安警察として働く生身の人間

バーボン」は、潜入捜査の命を与えられた、降谷零の別の顔。

では「安室透」は?

バーボンと同じく潜入捜査のための身分であるが、一般社会に溶け込んでいるという点で、異質である

任務の一環として」サンドイッチを作り、笑顔を貼り付け、店の前を掃き、コストコらしき店へ行き、そしてJKを魅了してしまう。

そこにいるのは「造られた、空虚存在である

バーボンのほうが、なまじ目的組織内の身分明確化されているために、よっぽど解りやす存在である

安室透」の空虚さへの既視感

彼はある時突然米花町へやってきて居付き、仕事をし交流を持ち、周囲に慕われている。

いつか「安室透」としての彼はいなくなるはずだが、彼を「私立探偵でウエイター安室さん」だと思っている人々は、そんなことは知る由もない。

この状況と似た映画がある。

1968年イタリア映画パゾリーニ監督の『テオレマ』である

ミラノ郊外に住む、工場経営者であるブルジョワ家庭(主人、妻、娘、息子、家政婦)に一人の男が姿を現わし、なぜか男と一家との共同生活が始まる。

そのうち家族全員は男の謎めいた魅力の虜となってゆくが、男が家族の前から立ち去ると、残された家族は奇妙な行動を取り始め、家庭は崩壊してゆく。

テオレマ - Wikipediaより



作中で「男」が何者かは一切語られない。

この物語、まさに「安室透の別の顔を知らぬ者」、米花町の人々の視点である

この視点人物は、梓さんかもしれない。安室透を慕うJKかもしれない。マスターかも知れないし、ピンチを助けてもらっている少年探偵団かも知れない。

周囲の人物に、「素敵でかっこいいお兄さん」として振る舞い、優しく触れて期待させていったあげく、忽然と姿を消すのである

安室透」と「江戸川コナン」の関係

ここまで「安室透」について述べてきたが、彼の空虚さと取り巻く関係は、そのままある少年に当てはまる。

主人公江戸川コナンである

しろ毛利家に深く関わり、数々の困難を共にするうちに断ちがたい絆を得ているという点では、コナンのほうがよっぽど『テオレマ』らしい。

コナンを失った少年探偵団はどうなる?毛利家は?園子は?蘭は?

高木刑事や目暮警部も、耐え難い喪失感に襲われるのではないのではないだろうか。

コナンも造られた存在である。異なるのは、安室透は任務のためであり、コナンは元に戻る方法を探るためであるという点。

目的を持って、仮の身分を演じている。

今後、米花町の残された人々はどうなるのか

私が興味深く感じるのは、いわゆるモブの今後である

そこにポアロウエイトレス安室透の同僚、梓さんを加えてもいい。

まり蚊帳の外」がどう感じるのか、ということである

青山先生は、主要人物の心がうまくまとまっていく様子はきっと描いてくれるだろう。

ただ、数え切れないほどの事件で登場した人々の心情の機微までは描かれないはずである

【参考:コナン事件の数】

2日に一度は殺人事件!?『名探偵コナン』のコナンは、あまりにも事件に遭遇しすぎではないか? | ダ・ヴィンチニュース

「『眠りの小五郎』さんと一緒にいた坊や、どうしているかしら…」「どうやら、行方不明みたいです」

こんな会話が交わされているかもしれない。そして、入れ替わりに新一が戻ってくるわけである

果たして、皆が「コナン」に感じていた魅力を「新一」が埋められるのだろうか。

安室透」に至っては、かけがえのない魅力を持った青年が忽然と消えるわけだからポジションを埋められる人間存在しない。

彼に憧れを抱いていた人間は、永遠に彼の幻影を追い続けるわけである

そこには、崩壊が待っているのかもしれない。

少なくとも、灰原を含め3人が確実にいなくなることが決まっている米花町は、異常な街なのである

おわりに~なぜ「ゼロ執行人」を観て『テオレマ』を思い出したのか~

新一への伝書鳩…という役目もあろうが、新一は声以外登場しない。コナンが頼られている。そして、安室透は自然生活をしながら、「自分恋人」を護る。

新一が元に戻っていれば?安室透がただの公安警察のひとりとして、警備任務につくだけだったら?生まれ得ないシナリオだった。

この映画で描かれた人間模様はすべて嘘の上に成り立っている。

「いつか壊れる日常」だと改めて認識させられた。待っているのは『テオレマ』のような結末ではないかと感じたのだ。

そして、二人のコンビネーション

一般的には、「正義か、真実か。」コナン安室透の対比と対決と共闘が、テーマであり見所とされていたが…。

共通した「造られた存在」を生きるもの。周りを偽る空虚存在。そして周りを虜にする存在

目的が終わればこの姿を捨てるが、その目的は限られた人間しか知らないため、周りを切り捨てるしかない運命

そんなもの共通しているからこそ、分かり合えたものがあったのではないかと考えた。

そんな感情のぶつかり合いが、エピソード緋色真相」での

ウソつき…」

「君に言われたくはないさ…」

セリフに集約されているのではないだろうか。

おわりに

勝手に感じたあむあず(安室透×榎本梓)みについて語って締めくくりたい。

「卵と小麦粉お願いね!」

「梓さんはいいお嫁さんになりますね」



テキパキした手際にそう感じたのかもしれないが、実に唐突な会話である

世辞を言うべき相手でもない。

本音ポロリと出た場面だと解釈すべきであろう。

普段の接し方を見ていても、どちらかの不毛片想い…という感じでもなく、平等に良好な関係を築いているようである

梓さんも、前述のセリフに照れるでもなく、風評被害を恐れて警戒するのみであった。

「降谷零」として、梓さんに好意があるかもしれない。

安室透」によって抑えられているから、あの程度の露見で済んでいるのだ。

「降谷零」は、装わないといけない人間なのだ

そんなふうに感じられた。

若い男女が親しく働いているのだから、そんな関係になる機会もあるかもしれない。

けれども、梓さんが「降谷零」を知る日は来るのだろうか。

「僕の恋人は…この国さ!」と言い切っていた。

【僕】とは、誰のことだったのだろうか。バーボンではなかろう。降谷零として、そのままの意味で言ったのであろうか。

安室透」としては、“恋人”を作るわけにはいかなかったのであろうか。

僕の日本。僕の恋人。どことなく、右翼的ではない。

ひとつひとつを愛せないから、まるごと愛するしかない不器用さと取るのは、曲解になるだろうか。

一人の女をだめにした 一人の男の日暮れ時

日本せまいぞ ラリパッパ タンタラリヤ ラリパッパ

長谷川きよし「心ノ中ノ日本



この歌詞のように、和製『テオレマ』的別れを与え、「安室透」は消えていくのかもしれない。

二人の間にこんなしこりが残るのは、哀しいようで、官能的でもある。






※この散文はフィクションです。オチはありません。随時編集するかもです。

まぁ、フィクションから聞いてくれ

オチもなんもない

もう10年くらい、男女2人ずつの仲良しグループでよく遊んでるんだ

大学軽音サークルつながりで、全員アラサー独身

男A:好奇心旺盛な子供みたいなやつ

男B:優しい気が回る良いやつ

女E:高校から友達可愛い

私F:何から何まで普通。流されタイプ

不思議なことに、つい先日までこの中でカップルが出来なかったんだ

からこそこの歳まで仲良くできたんだと思うけど、その均衡がとうとう崩れた。AとEが付き合いだした

それが切っ掛けか、今度は私がBから、実はずっとFが好きだった、付き合ってくれないか、と告白された

ついさっき。

困ったことに、実は私もずっと、ずーっと好きだった……Aのことが

私は、本当にこの4人グループ全員が大好きで、こんな仲のいい友達を持った自分世界一幸せだって思ってる

から、Aに友達以上に好意をもっているということは、誰にも告げず飲み込んでしまおうって思っていた

自分時間がたてば飽きるかもしれないし

Bが私に友達以上の好意を持っているんじゃないかというのは、薄々気づいてはい

でも私は、Bも私と同じようにその好意を飲み込んでこの関係性を続けるだろうと勝手に期待してしまっていた

しかしたら、AとEが付き合いだすまでは、Bもそのつもりだったかもしれない

Bも友人として好きだから好意は素直に嬉しいとは思う

ただ、私がBを好きなのはあくまで「友人として」なんだ

恋人になりたかったのは、Aとなんだ

たぶん、Bにごめんねって返事して、これまで通りAへの好意私自身が忘れるまで隠し続けるのが正解なんだ

ただ、Bに返事をする踏ん切りがつかない

人を振ったことなんてないし

そうこうしてるうちに、Bと付き合っちゃえばいいんじゃないの?みたいな気持ちが湧いてきて、そんな自分に腹が立って、こんなバカを好きになるなんてBもバカだ!とか心の中で叫んだり、嬉しいような悲しいようないろんな感情激流のように押し寄せてきて、珍しく取れた平日の休みに、昼間から酒飲んでわんわん泣きながらこれ書いてる

4/17 14:00 追記

たくさん優しいトラバブコメついててまた泣いた、全部読んだよ、ありがとう

anond:20180416132030

机に突っ伏してクダ巻きながら「もう一杯!」とかいいつつ前後不覚になっていく奴なんてフィクションの中だけで

実際は5分前まで普通だったのに突然電池切れて動かなくなるとかだから

周りにどうにかしろってのが無理な話

快楽殺人嗜好なんだけど僕はフィクション我慢してるよ

殺人できないのは人権侵害だなんて考えた事もない

2018-04-14

売るための文化とそうでないものについて

外食産業提供される食品は、そのほとんどが塩分過多だ。なぜか?

それは、その食品が売るために存在しているかである

おいしい、と一回で思ってもらえなければ、もう一度来てもらえない。

から健康だのは度外視して、パンチの利いた味を作る。

では、それを文化に置き換えるとどうなるか。

売るための作品は、面白いと思ってもらう必要がある。

面白いと思ってもらうには、サスペンスものならスリルや驚きを、コメディなら笑いを、

子供かわいい作品ならその魅力を「わかりやすく」表現しなければならない。

その方が大多数に伝わり、面白いと思ってもらえるからだ。

そして、そういったわかりやす表現をしつつ、写実的であることは非常に難しい。

なぜなら、日本人リアルハイコンテクストで、直接的な表現を避けるからである

フィクションフィクションリアルとは別物になってしまうのは、金銭が絡む以上仕方のない事だ。

解決するには、学校で教える国語から変えていかないといけないだろう。

anond:20180413223900

2018-04-13

そろそろアニメは過剰表現世界から離れた方が良いのでは?

過剰な表現っつうのはさ

要は藤原竜也みたいなあ゛あ゛あ゛あ゛系舞台俳優

邦ドラ邦画で酷い過剰演技して

外国嘲笑されるようなもんだけど

 

アニメマンガと比べて

動きで表現できる情報が多いのに

なぜマンガ表現をそのまま取り入れてしまうのだろう

 

わざわざギャグシーンでデフォルメ顔にならずとも

キャラクター声優感情を演技させればいいわけだし

この前バズった規律、礼、着席みたいなしょうもないシーンに作画枚数を割くより

表情や演技に力を入れるべきだろう

 

わざわざキンキン声の声優を使って幼さを表現しなくても良い

なんならジブリ程度の声優でも、

画の力があれば十分「表現」と言うのは可能なのだ

そしてジブリを見るようなB層でも、十分裏に隠された

繊細な演技を見出してくれるもの

 

日本リアルではハイコンテクストの国と言われているはずが

フィクションではローコンテクスト表現がまかり通りすぎている

それを大人も嬉々として受け入れている

結果として生まれるのは、過剰な表現でないと内容を理解できないアスペ崩れか?

 

漫画と違って、「動き」という

情報量の王ともいえる概念を持つアニメ

バカげたアイドル声優無駄演出、過剰演技や配色など

情報を異常に盛り込むのはいい加減やめるべきだ

鎌倉の海側は空き地が増えてる

東日本大震災のころから住み始めてるにわか鎌倉市民なんだけど、海側のほうは空き地が増えてるなと感じる。

高齢化が進んでるから、よく古い民家が取り壊されるじゃない。そうすると、そのあとになかなか新築が立たない。駐車場空き地になっていることが多い。

観光地なので駐車場は土日は埋まるけど、平日はガラガラ

思うに、津波避難場所がないことが影響してるんじゃないかしら。歴史的景観保護するために、高い建物は建てられないらしいんですよ。

から海が近い上に、高さ15m以上の建物が1kmも離れたところにあったりする。

まあ避難所も少しずつできてるんだけど、まだ恩恵を受けられそうにない地域が広い。

どこが崖崩れするかわかんないような50mくらいの高さの山が、数百m離れたところにあるとか、そんなかんじ。

まあもともと住んで便利なところではないんだけど、今そこそこお金を持ってる人が新築を建てるとき、ここに住もうとは思わないだろうなと思う。

よく斜陽産業とかオワコンモチーフにしたフィクションがヒットする法則があるけど、海街diaryとかビブリア古書堂もそれだったのかなと思う。

2018-04-11

anond:20180411182454

それ言うならからかってるのも作為だし。

フィクション現実区別をつけろで終わるな。

2018-04-10

anond:20180410091506

仲間になる盗賊義賊設定もしくはお菓子しか盗らない設定(子供からは盗まない)になってないとおかしいだろ。

ちゃんフィクションでもいろいろ考えられてる。角度とか

2018-04-09

anond:20180409020952

人に表面的なサービスをするとか、

心配したくないか募金しないとか、

とても普通人間だと思った。

人を愛せない人間が劣っていると思っているようだけれど、

「私は○○を愛している」と誰かが言っていたとして、発言者利益人間関係の確保と切って切り離せないわけで。

テレビ見るとそういうドキュメンタリーフィクションが多いけれど、現実には稀だからそれを見せるのであって。

世の中は愛や感動のコンテンツを消費しすぎだと思ってる(これは書き手個人的意見)。

「究極に人を愛する」というのは、みんな持ってる理想で、でもたぶん、ほとんどの人は達成してない。

から聖人みたいな人が尊敬される。でも聖人とお友達になりたいかというのはまた別の話で。

高い理想を目指してるなと(皮肉でなく)思ったけど

まあ、そんなに心配しなくても大丈夫だよ、大丈夫

2018-04-07

千葉市のあれ

これ→https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180405/k10011391471000.html

Twitterでは言葉狩りだ何だとかまびすしいしその辺本当に刺さる部分なのかも知らんしどこまでやる意味があるんだかは分からんですが

だけど職務上のガイドラインなわけで、市民なり生徒の保護者なりパーソナルを知らない相手性別性を持たせた呼び方するのはやめよう、というぐらいの話であろうに、フィクション子供が親を呼んでる名シーンとかをこれも規制されるとか言い出すのはだいぶおかしいと思うの。

anond:20180407120157

ロリフィクションエロ漫画なら捕まんねえけどAVなら捕まるだろ

全然違うんだぞほんとに分かってんのかお前・・・

anond:20180407083246

フィクションで満足できる人は子供なんか作らずエロ本よんでりゃいいよね

2018-04-05

https://anond.hatelabo.jp/20180405222203

ニュースどころかフィクションでも昔から凹みがちなんよ。事実小説より酷なりだったけど。

発展途上国レイプされた女性死刑とか刑罰とかニュースで聞くたびに

「この国の人たち、自分達の国の土人国ぶりが腹立たしいだろうな」って思ってたわ

今、その人たちの気持ちがわかるわ

と言ってもこの事件海外的にはどうか知らない。海外の反応記事できてないし。

全く別の日本複数嬰児殺害事件に「さすが日本韓国なら女尊男卑から顔晒さない!韓国なら執行猶予保護が付く!」とイルベ民が騒いでいたくらい

noteの新たな脆弱性

情報を追記し期待させることで購入させる有料記事話題だ。

https://note.mu/ancha0408/n/n47e28e4a9526

特商法表記こちら。

https://note.mu/ancha0408/terms/specified

キャッチータイトル言わずもがななのだが、注目はその手法

アウトラインを書き、それを追記していくことでお得感を出している。ツイートを見ると現在追記は1回行われたようだ。

さて、noteでは返金ができない。

だが、読者はこの追記が適切に完了することを期待して購入しているはずだ。しかし本有料記事では終了時期には言及していない。もしかりに作者に万一のことがあったらどうなるのだろうか。

かつて、有料メルマガ炎上した事案があった。

◆週刊(だったはずの)有料メルマガが一ヶ月間配信されなかった件

http://hotakasugi-jp.com/2012/11/13/mailmagazine/

実際、ツイートを追っていくとまだ情報本丸は明かされていないようだ(つまり購入前時点ではこれが本当のことなのかフィクションなのかの判断がつかない)。それが最終的に明かされたとしても、それが1年後だったりしたら、読者はどう思うのだろうか。

noteは、分割追記していくタイプ記事販売は、早急にスケジュール設定し、完成してからでないと販売できないようにするべきだ。もしくはリスクについて説明する欄を追加しそれが入力されなければ有料発行させないよう対応すべきだろう。

さて、くだんの記事は、現在販売数は800を越えているとのこと。

果たして

◆追記

「書き足していくごとに値上げする」という、そのセンスは素晴らしい。情報本丸最後にならないと明かされないな。さていつになることやら。

https://twitter.com/annin_book/status/981472714656432128

かつての料金。

https://megalodon.jp/2018-0405-0125-42/https://note.mu:443/ancha0408/n/n47e28e4a9526

安易流産させるフィクションが嫌だ

妊娠というスキャンダラスな、あるいは幸福なシーンはやりたいが、しか赤ちゃんが生まれてきてしまったら、既存キャラやその赤ちゃんキャラを動かすのが面倒だったり、今の人間関係が変わってしまう、あるいは妊娠したのが主人公サイドだった場合に、主人公たちの自由な行動が制限されプロット制限されるなどのリスクがあるので、その赤ちゃん流産させるという脚本一定数ある。アメリカ連続ドラマなどでは、特に堕胎宗教的タブーゆえに、赤ちゃん脚本から退場させるにあたり、流産という「穏当」な手段が取られるといった事情もあるようだ。

私には妊娠出産経験はないし、母性父性があるわけでもないが、脚本の都合で安易流産させるといった描写にもやっとする。それを言うなら謎解きのために人を殺すミステリなんてどうなるんだよって感じだけど、なぜかもやっとする。

2018-04-04

anond:20180404125803

最近の例だと座間9人連続殺人とか数十年すればフィクションに登場しそうだな。

被害者名非公開だし半分自殺幇助っていう免罪符があるから、ダシに使っても罪悪感はうすい

殺害手段が平凡で金目当てだったと供述しているのはマイナスだが、週一ペースで規則正しく殺してバラした上に一緒に生活してたのはかなり高得点

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん