「フィクション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フィクションとは

2018-07-21

時かけみたいな青春ものを一周回って楽しめるようになった

腐女子のつづ井さんて漫画があって「恋愛から縁遠い人生おくってきたから男女の恋愛もの見れない」→「全部ファンタジーだと思うことにしたら楽しめるようになった」みたいな話があるんだけど、そんな感じ。

青春 is ファンタジー.

時かけ is ファンタジー.

耳すま is ファンタジー.



実際時かけは「リアル青春自分リアルかわかんないけど多分リアル)」に「SF」を足したことで、自分過去という「現実から多少距離をとって「フィクション」感を楽しめるという私みたいなのにも多少優しめで面白かったです。

でもあれがリアルに思える人は「あの時こうしてればなーとか思うことあるよね」とか「昔仲良かったけど疎遠になった異性いたなー」とか少し切なくなるんやろ!!!!その人が送ってきた人生によって感想が変わるいい映画だよ!!!!悔しい!!!!!!!!

2018-07-20

anond:20180720125228

私は貝になりたい』はドラマ現実を元にしているとは言えフィクションだけど。加害者になる恐怖とか犯罪者として裁かれる恐怖みたいなもの視聴者はある程度共有してたんだけど。うじきから見ると自分連合国軍法廷裁判官みたいな意識なんだろうね。平和主義気取りの方がよっぽど怖い。

[] #59-2「誰がためクーラー

あらゆるモノの価値一元的ではない、とセンセイはよく言っていた。

かにとっては無価値でも、誰かにとってはとても価値のあるモノだってある。

大局的に見れば、モノの価値順位などつけられないと。

逆に言えば、そこまで俯瞰して物事を見なければ、モノの価値には大抵ランクがつけられる、とも言っていたが。

特殊精神状態でもない限り、腹が減っている人には食べ物が、寝たい人には安眠できる場所、服がない人には衣服が上位になるだろう。

まり、今の俺たちにとっては電気、より具体的には冷房が上位になっているってことだ。

そして市長はそのランク付けを間違えた。

このご時世、「健康文化的な最低限度に生活」にはクーラーも有力候補になっている。

それを使えない程度の電気しかない中、日々を生活するのは困難だった。


それは市長ですら例外ではなかった。

市長ともあろう者が、そんな格好……」

市長はいものスーツ姿から、くたびれたタンクトップに半パンという、恥や外聞二の次にした中年オッサンスタイルになっていた。

暑いのに、あんなのピッチリ着るのはバカげていますよ。ふさわしい、場所にあった格好だなんて考え方は時代錯誤です。汗ダラダラで、ビショビショのスーツ着たほうがふさわしい格好だとでも?」

「一理ありますが、汗ダラダラ服ビショビショ、かつラフな格好していると説得力に欠けますね」

クールビズ月間を打ち出した者として、「格好は気にするな」ってことをメッセージにしたかったらしいと市長は語る。

自分政策に率先して乗り出すのは、この市長の数少ない評価点だ。

だが、そもそもの話をするなら、今そんなことをしなければならない原因は市長にあるわけだが。

周りは、その姿に呆れるしかなかった。

市長の今の状態は表面的にではなく、本質的にみっともない姿だからだ。


…………

俺は家の中で比較的暑くない場所に座して、とにかく時間が過ぎるのを待つしかなかった。

団扇を片手に、水の張られたタライに足を浸し、少しでも体温が上がらないようにする。

他にできることなんてない。

現代で、電気を使わず出来る余暇の過ごし方なんて限られている。

その限られた候補も、「暑い」という答えで全て一蹴した。

それにしても、まさかこのご時世にこんな古臭い納涼をする羽目になるとは思わなかった。

だがこれが、案外バカに出来ないのが癪だ。

フィクションとかでやっているのを見たことがあるから試してみたが、確かに幾分かマシなのである

だが、それでも都会の夏は暑い

そして暑さの弊害は熱だけではない。

汗で身体がベトベトになる、この不快感も厄介だ。

俺の座っている椅子は皮製品なのだが、自分の体が付箋のように張り付く。

いや、もしかしたら、今の俺は付箋よりも粘着力があるかもしれない。

まらず俺は椅子から剥がれる。

次にとった俺の行動は、床に寝そべることだった。

かろうじて床がヒンヤリするような気がしないでもない。

今の自分の姿はいくら家の中とはいえ、かなり不恰好だろう。

だが、そんな体裁を気にしていられる余裕はなかった。

(#59-3へ続く)

俺は月ノ美兎だったのだ。

クソ暑いなか営業都内を歩き回る俺は、コンクリートの熱で歪み揺らぐ大気の向こう側に、Vの影を見る。

ついに気がついた。俺は月ノ美兎だったのだ。


v三人の配信で、こんなにヘラっているのは、俺が月ノ美兎からに他なりません。

俺がただ、ガチ恋勢だったなら、こんな気持に苛まれ必要なんてなかった。

この吐き気も、激しい動機も、めまいも、経験せずにずんだのに…


まりどういうことかというとね、俺は月ノ美兎感情移入しすぎて、赤ちゃんなっちゃったってことなの。


わかるか?


以前にも書いたように、俺はめちゃくちゃ辛かったわけだけど、ミカエル何が悪いわけではないじゃん。彼女たちが自己言及するように、彼女たちには心があり、自由であり、誰が規定すべきものでもない。彼女たちは「みんな仲良し」なんだと思う。

では、何に俺が苦しんでいるのかというと、この感情はどこから来ているのかというと、これはもう二十年も前に処理されたはずの感情なんだよ。

多分みんな経験した気持ちなんだ。

自分が、一番の仲良しだと思うAくんには、自分以上に仲がいい親友Bくんがいるってこと。Aくんと自分友達だけど、でもAくんの一番はBくん。Bくんも自分友達だけど、それでもなんだか苦しい、妬ましい、憎い、恨めし・・・こういう気持ちって、あるじゃん

そういう事象は、いくら辛くても、ありふれた、いそして個人自由尊厳問題として、あるべき問題で、だからそれを甘んじて受け入れよう、きちんと処理して生きていこうと、俺たちは成長したはずなんだ。


でも、そうではなかったんだ。


あの自分が選ばれなあったという、今もなお毎秒毎瞬繰り返されているこの現象は、本当は受け入れることなんてできないんだ。苦しみを見ないふりをしていた。それが再び現れたのが、俺にとってのミカエルなんだよ。


わかるか?


俺は自分でかえみとのキャラクター物語を作り上げ、月ノ美兎感情移入していたんだ。

艱難辛苦を2人は乗り越え、お互いが、お互いにっての一番であってほしい。そう思っていた。

そうして行われた感情移入の末、俺は幼少期に獲得した自他の区別という能力を失い、赤ちゃんになった。月ノ美兎自分感情思考区別がつけられなくなった。俺は月ノ美兎になった。


その結果がこれ。勝手作り上げ物語が、リアルの力で路線変更余儀なくされ(もちろんそれも妄想)、あの感情を再び、年を経たことによって、個人人生人間関係などのすべての問題を引き連れる、更に大きな形でまた現れた。

俺は死んだ。

本当に辛いんだ。

もうやだ。やめて。助けて。


これまでのかえる配信や、今回のミカエル配信のあれこれで妄想してしまう「かえみと」<「かえる」の不等式。もちろんみんな友達なんだろうし、もしそうだったとしても何が悪いわけじゃない。かえみとが否定されるわけじゃない。それでも、とっても悲しい。吐きそう。というか軽く泣いた。

樋口楓に捨てられる、そんなイメージが頭から離れない。


そんなふうに、異常な感情移入させるのが、かえみとなんだよ。そこがすごい。だから好き。


わかるか?


リアル他人には感情移入するじゃん。でも自他の区別はつく。度合いは人によるけども。

で、フィクションにも感情移入するじゃん。で、そこにリアリティがあるよね。感情移入リアリティのを担保する一因じゃん。

Vは、このどちらでもない。

何回も申し上げているように、Vの存在はとくににじさんはじリアルフィクションの間にある。もちろん作りものであり、彼女たちがロールプレイしていることはわかっている。どうせ笑い声も百合も演技なんだろ樋口

それでも、俺にとって、彼女たちはこの地球上に、この地面から地続きにいる存在なんだ。

これはにじさんじの(ユリイカでも言及されてたけど)やり方によるものだと思う。衣擦れの音がする配信は、画面の向こうに実在を感じさせる。自分たちの配信外の人生を語りつつ人間関係を構築していく(特にかえみと)にじさんじVは、あの目の大きな姿のまま確かに存在している。

ここまでなら、まだよかった。まだ単純だ。でもさらにややこしいのは、魂の存在だ。彼女たちは彼女たちであって彼女たちでない。身バレしていることも合わさって、魂の情報はロールプレイされたキャラクターと混ざり合っている。この内面があるからこそキャラクター無限の広がりが生まれ、それも彼女たちを存在させる一因だ。

まり完璧に演じられ作られたキャラではなく、かといってリアル他人でもない。

そうして俺の認識するVへの感情移入は、不可解なものとなる。

俺はくやしがったり悲しんだり笑ったりするその存在のどこに感情移入すればいいのかわからない。フィクションキャラへの感情移入ではない、そして魂への感情移入でもない。

結果脳がバグってるんじゃないかと思うんだ。しかしそこで脳は感情移入を諦めなかったわけだ。

感情移入は自他の区別がつかないほど強く行われたんだと思う。しかもその投射先は、俺の妄想する月ノ美兎だったんだ。


から俺は月ノ美兎

樋口楓の1番でいたいんだ。


わかるか?


ミカエルは仲良しなのに、本当はこんな気持に俺だってなりたくない。

なりたくないから、たぶんエルちゃんを好きになればいいと思うんだ。

死ぬまでエルちゃん放送を全部見ようと思う。




でも本当に必要なのは、やっぱりこの感情ちゃんと処理することなんだ。

さなんだよ。

世界で一番強くなりたい!!!!!!!!!!!!!!!

2018-07-19

枕投げで喘息

フィクションで枕投げのシーンを見るたびに思い出す

中学生修学旅行だったか同級生が枕投げをしだした

飛び交う枕からなんらかのアレルゲン物質が出たのだろう、俺は瞬く間に、とびきり重い発作になった

思い出しただけで喘鳴しそうなくらいのトラウマ

ある人にとっては純粋な娯楽でも、別のある人にとっては地獄になりうるのだ

そんなことを枕投げのシーンに思う

まり関係ないけど、昔は喘息といえば発作が出たら対症療法的に吸入器を使うか、点滴を打つかしかなかった

今は発作そのものを予防できる薬がある

おかげでスポーツも人並みにできる

現代医学万歳

上司が死んだ

※この話はフィクションです。実在人物や団体などとは関係ありません。

上司が死んだ。

と言っても何年も前の上司で今では赤の他人なんだけど。

その人は絵がとても上手いというか絵の天才で、とある小さいソフトハウス社長だった。

自分ファンで、学生時代に知り合い「お前面白いから会社で働いていいぞ」と言われてとても嬉しかった。

しかし、入社してからわかったが数人いた社員はとっくに辞めていた。理由不明

今ならそこでやめたりとか就職活動すればよかったが当時は氷河期で、またあの就職活動の日々が嫌だったので「とりあえず頑張ってみよ」と思ったがそれが間違いだった。

(ちなみに今ほどインターネットも充実してなくて情報がなかった。まだリクナビもできてない時代だった)

上司天才肌で10代の頃から絵で仕事をしてた天才だったが、偏屈すぎる性格で「頑張ってください」というファンから言葉に「頑張ってますけど。」というようなタイプだった。会社で「肩こりがひどいな」と思いながら肩を触ってたら、上司がそれをみて「何してるの?」と言われて「いやーちょっと肩こりがひどくて」と言ったら「はあ?会社でやるもんじゃねーだろ」と言われてその後1時間くらい「だからお前はだめなんだ」系ネチネチ説教されてあまりにも理不尽で泣いてしまったら上司が驚いていた。「いやー泣くとは思わなくて…」

自分も悪かったけどかなりの変人だった。才能がなければただの酷い人だった。

結局、会社経営は悪くなって上司の兄だか弟の体型がふくよかな方が変わって新社長になった。

その時は某大手代理店を通した教育アニメ作ったり某携帯ゲームの色塗りをしてたが途中で給料未払いになり「遅くなっても払うよ」という言葉を信じて仕事をしたが、3ヶ月は止まってたので限界が来てやめることとなった。

社長に辞めると電話したら「え?辞めるの?まあ人が少ない方がいいかハハハ」と言われたことは忘れられない…いまでも思い出して腸が煮えくりかえる。今すぐ○んでくれデブ

最終日、辞めるときに新社長上司もいなくて、プログラマーのお兄さん達が会議室携帯ゲームのことで打ち合わせをしていた。給料もらってないのに!?会議とかしててすげーな!?あんたらいいのか!?もう頭の中がぐちゃぐちゃで適当挨拶をして出てった。

ちなみに給料は払われてない。音信不通になった。その後半年引きこもった。

今思うと、プログラマーのお兄さん達は「金はなくともイイものを作る」って崇高な考えだったのかもしれないが、その日の食べ物も買えない仕事会社としてどうなんだと思うし、そんなことを許容する彼らも社長上司も無理だった。

SNSでは亡くなった上司を惜しむ声が100%だが(当たり前か)受けた仕打ちを思うと「地獄に落ちろ」と思ってしま自分に嫌になる。死者に鞭打つのはよくない。許そう忘れようと思うけど、そんなんで心の整理がつくほど大人ではない…

上司の兄(弟かも)は生きていると思うけど、自分以外にも酷い仕打ちを受けた社員はいたらしいのでおそらく兄弟ともに色々と憎まれたり恨まれてそうだなと思った。

すげーやな奴だったし嫌な思い出が99%なんですが、学生時代自分の下手くそな絵を褒めてくれたのはとても嬉しかったです。ルーミスの本を教えてくれたのも上司だったしな。

ご冥福をお祈りしますあの世から未払い給料払ってくださーい。でももアナタのこと思い出すのいやだからがんばって忘れます

キリスト教についての思いつきメモ

人間キリストと神の一体化は、人間フィクションの一体化ともいえるわけか。

ロボットAI人間ととらえることも、ゲームやらで現実虚構区別が〜も。

2018-07-18

絵にマジレスする人ってなんなの?

30代。絵の専門学校卒業した底辺絵師だけど言わせてほしい。

だってフィクションじゃん。

フィクションなんだからマジレスするなよ。

別にリアルを目指して描いているわけじゃないのに

とかマジになっちゃってる人ってなんなの?

なんでいちいち指摘してくんの?

デッサンとか、リアルを目指してる絵に対してなら理解できる。

元ネタと違う部分を指摘するのは当たり前だしね。

でも個人自由想像で描いている絵に「ここが変」「ここが間違ってる」っておかしくない?????

例えばアニメキャラって白人でも日本人でもないアニメ人じゃないですか(元ネタ指定されていない場合

から

  • 現実人間はこんな目の形や色をしてない!」
  • 「鼻がないのは変!」
  • ピンク色の髪はありえない!」
  • 「こんな体型(ry

かいちいち指摘しないでしょ???

絵の中の風景だってそう。フィクションじゃん(元ネタ指定されていない場合

から空間建物パースが歪んで見えてもそれがデフォかもしれないし演出かもしれないでしょ?

ピカソラッセンの絵に対して「現実じゃこんな風景ありえないんだよ!!もっと勉強しろ!!」とかマジレスしますか?

新海誠映画の背景だって現実じゃありえない色してるけどみんなキレイで魅力的だねって絶賛してたじゃん。

から現実と違っててもそれがその人の絵の「味」であり「魅力」なんだよ。

いちいちマジレスしてくんな!!

anond:20180718022357

私の想像力があれば、そんなもの建前として処理ができるのです。

フィクションなのだから、本当はこっちのが好きなんだと思えればいいのです。

#MeToo(私も性暴力フィクション制作流通・消費を祝福します!)

そうだね。

イジメで我が子が自殺して加害生徒保護者相手訴訟起こしたシングルマザーいかにもイジメっ子が真似しそうなキツい弄り芸やってる売れっ子芸人事実婚したとか、

暴力団被害者救済に身を捧げている正義派弁護士義理人情に溢れたヤクザ者たちが痛快に活躍する任侠作品で人気の漫画家同性婚したとか、

こういう例の方が適切だね。

はあちゅうしみけん事実婚はそういう物なんだけど、二人の結婚を祝福している方々が全て、現実犯罪と作り話として犯罪を描いただけのフィクション無関係ですって立場なら全然問題ないよ?

私もその立場から二人の結婚を祝福するよ?

憎むべきは現実セクハラ性犯罪を行った男であって、

(ただの仮定の話として万が一女優撮影内容を知らなかったのであれば性犯罪であるのは間違い無いとしても)あくまでそういう筋書きのフィクションとして完全な自由意志に基づいて演技をしている女優相手にドッキリ企画AVを演じただけのAV男優の仕事をアレコレあげつらうのは、

許し難いAV男優蔑視職業差別だ。

でも、MeToo運動を支持します、はあちゅう全面的に支持します(*1)、って界隈は、AVのような性暴力コンテンツはたとえフィクションでも現実性犯罪被害に悪影響を与えている、って意見の人たちと相当被ってたと思うんだよね。

AVのような性暴力ポルノの歪んだ性嗜好や女性観は男性の性行動に影響を与えて現実性犯罪を誘発している」

とか

「仮にAVが直接的に性犯罪を誘発しないとしても、性暴力を娯楽として消費するコンテンツ蔓延しているせいで現実性犯罪被害者が好奇のまなざしを向けられるようになり被害告発するのが難しくなっている」

とかね。

あなた方がAVにそういう悪影響があるという主張を捨てないのであれば、

夫が誇りを持って働いている仕事が、妻に深い心の傷を負わせたセクハラ上司のような加害男性を生み出したり、かつての妻や身代わりに捧げられた女性たちのように泣き寝入りする被害女性を生み出したりする

という呪詛をこの夫婦に向かって唱え続けていることになるのだけど、それでも自分は二人を祝福していると言い張るつもりなのかな?

「我々MeToo運動はあちゅう告発を支持している者たちは誰もAVの悪影響など主張していない。お前は藁人形と戦っているだけだ」

という反論は歓迎する。

MeTooを唱え支持を表明する方々はAVをはじめとする性暴力を描いたフィクションに悪影響があるという立場は取らないということだからだ。

そして是非私もあなた方の運動に参加し、一緒に叫びたい。

#MeToo(私も性暴力フィクション制作流通・消費を祝福します!)

はあちゅうMeTooで追及したのは現実の性暴力セクハラ

https://anond.hatelabo.jp/20180717192129

(*1)ここでの「はあちゅう全面的に支持」が指すのは「はあちゅう過去っつーか現在進行系のセクハラ言動槍玉に挙げる連中は正義告発者にスティグマを与え加害者を利するセカンドレイピストで、敵!」みたいな勢いの方々ね。

「こいつ大嫌いだけど、セクハラ被害告発した点だけは正しいし立派だと思うから嫌々ながら支持するよ。だから、お前のやってる童貞弄りもセクハラなんだと気づいて我が身を省みてくれよ……」みたいな気の毒なほど理性的な方々は外しておく。

2018-07-17

[] オウム真理教を生み出した時代背景=戦後レジーム

この作品フィクションです。実在人物や団体などとは関係ありません。

The persons and events in this motion picture are fictitious. Any similarity to actual persons or events is unintentional.

 

現代日本戦後レジーム意味するところは主に、第二次世界大戦での日本降伏後、GHQによる占領下で出来上がった日本憲法を始めとする憲法法令テレビ新聞などのマスコミ経済金融では通貨発行権通貨管理権の所在意味する言葉として使われている。

安倍晋三がこの体制からの脱却を唱え、またその先輩たる中曽根康弘も「戦後政治の総決算」を繰り返し唱えた。

 

突然、天から神が降りてきた。神は彼に向かってこういった。

 

あなたに、アビラケツノミコトを任じます

 

アビラケツとは、彼の初めて聞く言葉であった。彼は、サンスクリットを教えている人を訪ねた。

すると、アビラケツとは、地水火空の意味で、アビラケツノミコトとは、「神軍を率いる光の命」、戦いの中心となる者と判明したのである

彼は、天から降りてきた神によって、西暦2100年から2200年頃にシャンバラが登場することを知り、それまでアラビツノミコトとして戦うように命じられたのである

 

日本守護神

 

日本未来は、どこへ向かっているのでしょうか?

2018-07-16

anond:20180716222937

AVが悪いわけではなく、わざわざR18指定ゾーニングまでしてるのに

フィクションや演技をリアル混同する奴が悪い

anond:20180716220948

雪女とのセックスって、冷たすぎてちんこが壊死したりしないのかね

フィクション的には「人生をかけた情熱セックスで雪の体も心も溶かしつくす」

みたいなドラマチック表現になるんだろうけど

vtuber について考えていたらメンヘラになった

完璧メンヘラになってしまったので、Twitter画像で長文上げるメンヘラ気持ち完全に理解した

メンヘラ彼女いたことはないけれど、メンヘラ彼女になることはできるんだよ。

吐きそうなこの気持ちを、言葉にしなくてはどうにもおさまらない。気持ちゴミ箱にすてたい。他人迷惑なんか知ったことじゃない。そういう気持ちなわけ。


前提知識として、樋口楓×月ノ美兎→かえみと、樋口楓×エルフのえる→かえる、というカップリングがあるんですね。私はかえみとに堕ちているのご存知の通り。

三人共身バレしている。それも含め、あくまで俺の中で、物語構成されている。

かえみとは過去2回オフラインコラボ実施。うち一回は月ノ家にお泊り。かえるもかえみと以上に何回もコラボしてて、こっちも2,3回?オフコラボ


で、最近あったこと。


①7/11

樋口楓7/15ニコニコ動画案件東京行き決定。更に3連休中7/16?なんかある的な匂わせを行う。「東京行くってことはそういうこと。それだけじゃ終わらせない」

→かえみとかな?それだけじゃ終わらないってことは、えるもコラボするのかな・・・


②7/14

集団ゲリラコラボ配信樋口・えるは参加、月ノは不参加)で、配信中に月ノ美兎出演地上波番組放送樋口番組視聴のため一時抜けるという流れあり。そこで他のVから「やっぱり私達より月ノ美兎をとるんだ」というかえみといじりに対して、「あげるよ・・・」と発言。えるは「話しちゃいけない~♪」とちゃかす。

→ここでまず思ったんだ。かえみとが持て囃されるのは、かえみとにとって迷惑なんじゃないかって。やっぱり、ずっと仲良くなんて、なかなか難しいことだし。まだ始まって半年も経ってない。最初仲良くても、なんか違うなって思うことなんてよくある話で。でも、もとめられるからやるしかない。ほんとうにあげたいんじゃないかと、で、ここでちゃかすえるちゃんこそ、月ノ美兎より樋口楓と仲良しなんじゃないか


③7/15

動きなし。ただしえるの魂twitterアカウントで7/16朝にオールしたと発言あり。

→魂のツイートを俺が知ったのは7/16の深夜荒れたかえみとスレにて。


④7/16

樋口楓インスタ更新。えると一緒にニコニコ本社ではしゃいでいる様子。

ニコニコ動画案件生放送

放送終了後、樋口楓→月ノ美兎twitter掃除しといてとリプ。

日付変わる前に7/17にみかえる樋口月ノ美兎えるコラボ)昼頃配信twitterアカウント名前欄で告知

→ここでみかえる配信の予想がほぼ確実となり、樋口楓とえるが7/15-7/16で遊んでたんじゃないかと、かえみとスレ大荒れ。


⑤7/17

月ノ美兎樋口楓にtwitterでひかないでね(汚くてという意味だと思われる)とリプ。

樋口から15時頃からミカエル配信正式に告知ツイートあり。

→つまりお泊りはなかったんだよ・・・


という流れ。


ここまで書いてて、まじでキモいなと言う感じだが、少しスッキリした。


まり、かえみと<かえるなんじゃないかというのが、怖いんだ。個々三連休ずっと樋口楓とえるが一緒だったなんて、ほぼすべて妄想で、後で何言われても本当かどうかなんてわからないんだけど。それでもそうなんじゃないかって、樋口楓の中で月ノ美兎存在はそこまで大きくないんじゃないかって可能性が怖いんだ。

(多分月ノ美兎テスト期間でいそがしかったという予測も立つんだけども)


ぼくはかえみとがやっぱり好きだから、vtuberというリアルフィクションの間で、人間きれいなものを見ているんだという憧れや興奮があったから。人間にも人生にも良いところがあるんじゃないかと思ったんだ。生きていけると思ったんだ。だからどうしても、あくま個人妄想欲望で、二人が一番の仲良しでいてほしかった。

でも、それはぼくの問題であって、えるちゃんが悪いわけじゃない。月ノ美兎樋口楓も間違っていることじゃなくて、むしろ自由個人人間関係をオタク妄想規定しようとすることが罪なんだ。

みにくいおたくから、やっぱり樋口楓よりエルちゃんのほうが魂の顔が可愛いからなのかなとかまで、思ってしまう。


かえみとは、なかったのかな。いや、あるとは思うんだけど、押しつけなのかな。営業なのかな。よくわからない。


そもそもVがわからない。とくに身バレしているから、魂の情報と、ロールプレイしているガワの情報グッチャになって同じ存在の箱に入ってしまっている。おれは同じ地球の上にいる存在として、あの目のおおきな可愛いイラストのかえみとを認識しているけど、そこには魂の情報も含まれしまっている。おっぱいがちっちゃいとか、ガチレズっぽいとか。だからどこまで入れ込んでいいのか、よくわかっていなかった。どちらも、いいところだけ撮ろうとしていたのかもしれない。可愛い外見で、汲み尽くせない人格があり、フィクションみたいに物語があって仲がいい。

そんなことあるけがないんだ。


たとえば、もう少ししたら始まるミカエルコラボで、たとえば樋口楓だえ月ノ家でもう一泊とかかえみとがあっても、結局エルちゃん邪魔に思ってしまった自分はいなくならないわけで、結局視聴者人間は残るんだ。

もうだめだ。

限界なんだ。

もうドルオタもライバーもバカにしたりなんてしないよ。

anond:20180716091734

さっそくこれはフィクションからセーフって蟲が湧いてて笑う。

夏だもんな。

児童教師間の性交ガッツリ事件になってローカルじゃ月一程度では報道されてんだよ。

幸色と違ってフィクションから! って言い訳微塵も通用しない。

チンカスども頑張って擁護しろよ?

在特会迷惑行為と闘う女性嫌韓本作家事実婚したならば

素直に祝福できますか?

最初に断っておくと、私はしみけん氏とはあちゅう氏の事実婚をおおいに結構と祝福する者です。

しかし、今まで「女性への性犯罪を娯楽として消費するフィクション」を批判しながら、それを職業としているしみけん氏をはあちゅう氏に相応しい伴侶であると祝福している方々は、

自分がしていることが、レイプAVは悪であるというあなた自身ロジックに従えば、在特会を許さな女性闘士と在日蔑視を撒き散らす嫌韓作家事実婚を祝福しているようなものであると、わかっていますか?

もちろん、あなた方が「AV現実セクハラ性犯罪助長している、仮に助長していないとしても女性への性暴力描写が娯楽として流通していること自体が悪である」という主張を取り下げ、

しみけん氏が出演してきたような(あくまで作り話の演出として)女性レイプされたり女優が嫌がることを無理強いされるような筋書きのAV販売消費されることを二度と批判しないと誓えるのであれば、

おおいにお二人の事実婚を祝福すればよろしい。

忘れてはならないのは、お二人の事実婚を正しい物として認めた者は、しみけん氏の出演作程度の性犯罪描写はもはや批判できなくなるということです。

それは我が国における#MeToo運動の先導者が伴侶として認めた男性仕事であり、あなたはその仕事の内容を知りながらそれをよしとして祝福したのだから

はてなブックマーク - はあちゅうさんのツイート: "結婚しました。(事実婚です) 先月、お付き合いして4年になるAV男優のしみけんさんと事実婚手続きを取りました。 いつも応援してくださっている皆様にも

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/ha_chu/status/1018327287320608768

anond:20180716135200

調べたうえで考えたが、フィクションケチ付けるのはなんか違う気がする

anond:20180713093734

フィクションに登場するあからさまに性格が悪くて頭が悪い女、それはそれで男の考えるファンタジー女だと思う

anond:20180716002819

当方のことを勝手少女神聖視してると決めつけてるようですが、そこまで極端じゃねえですよ。そら肉食系ビッチも沢山いるだろうし、それはそういう女の子自身自由女の子自発的にヤりたいならヤりまくってくれて大いに結構っす

で、貴君はいったい何億人の女性セクロス経験があるのか知らないですが、自分が付き合った範囲のみの主観的判断で、世のロリコンは幾らでも女の子に手を出して構わんとか断言するとか高慢じゃないですか

悪いですけど、当方は貴君一人の主観的意見なんぞより、毎日毎日毎日毎日犬も歩けば棒に当たるみたいに、べつにその手のニュースばかり自発的に探そうとしなくても、はてなブックマークその他で自然と、ロリコン少女拉致監禁だの、少女誘拐だの、ストーカー被害だの、立場的に逆らえない女性セクハラ被害だのの記事が目についてウンザリ気分の方が、はるか精神的な影響力がでかいんです

仮に貴君が、その手の被害者も全員、喜んで被害を受けているとおっしゃっても、それは貴君一人の主観しか思えませんなあ

仮に貴君が超モテモテ教祖人物でも、当方には無関係の別の宇宙の人ですから帰依して同意する気はないです

そもそも、貴君の話が実話なのか都合のいい妄想フィクションなのかも確かめられないw

無論、貴君が恥の意識なきロリコン道を進むことを止める権力当方にはないので、それも自由です

2018-07-15

anond:20180715175005

この物語フィクションですと何度言ったら・・・

まあリアルで流れはあるとか言っちゃう恥ずかしい人たちは実在するけどね

はあちゅう結婚相手AV男優だとわかった途端に、「AV業界、アリだよね!」と言う人たち






あいかわらず論理で動いてないなぁ君ら。

ところで、俺が風俗嬢結婚したら、「風俗業界、アリだよね!」って鞍替えしてくれるんだろうな?

レースクイーン業界殲滅すべきだけど、風俗業界はアリで今後も存続していくべき」とかいトンチンカンな奴も出てくるんだろうなw




というかAV業界を許せるのなら、オタク創作物なんかもっと許せるはずだと思うんだけど?

左派リベラルフェミが、しみけんはあちゅうを祝福した後、オタクを叩き始めたら笑うわw

お仲間無罪っていう点で安倍ちゃんと一緒だなw











個人しみけんはあちゅう結婚することに何も文句はないですよ。ただ、フェミの態度については注視してる。しみけんのやってることが「フィクションから」で許されるのなら、AV業界よりもっと健全オタク業界は当然許されるはず。

http://b.hatena.ne.jp/entry/367532082/comment/masudamaster










(文:masudamaster)







https://anond.hatelabo.jp/20180715170045

https://anond.hatelabo.jp/20180715170714

https://anond.hatelabo.jp/20180715161054

https://anond.hatelabo.jp/20180717100826

https://anond.hatelabo.jp/20180717065418

https://anond.hatelabo.jp/20180718010444




はてなー不思議

レースクイーンダメだけど売春業風俗業・AV業はおk

https://anond.hatelabo.jp/20180716092051












.

2018-07-14

芥川賞候補作「美しい顔」の謝罪に対する岩下尚史意見賛同する

5時に夢中という番組で「美しい顔」の盗用問題に対する作者の謝罪コメントについて、作家伝統文化評論家岩下尚史氏が次の意見を述べた。「この作者は"想像力の力でもって被災地の嘘になるようなことを書いてはいけない考えた"というが、本当は想像力の力でもって被災地の"真実"を書くのが小説だと思う。事実でなく、いかにもありそうな話(真実の話)に仕立て上げることが大切である。」 

また、盗用問題について次の意見を述べている。「文芸作品は必ず前の作品があって書けるものから、そうやかましく考えなくても良いと思う。オリジナリティというものを非常に神経質に考える世の中になっている。自分一人で1から10まで考え出すことはないのだから表現というのは。私だったら誰かに真似されたら嬉しく思う。」 

私はどちらの意見にも賛同する。フィクション現実世界を作者の心の目を通して主観的に描くものだと思うし、人間情報処理を仕組みを知ればオリジナリティなど存在しないことがわかる。私は今まで岩下尚史氏を気難しい中年オカマぐらいにしか思っていなかったが、この人は創作本質をよく理解していると思う。しかし、「オリジナリティ幻想である」という主張は商売上都合が悪いので、このような意見コンテンツビジネス生計を立てている人たちから黙殺されるだろう。

今回の問題についていろんな人がいろんな意見を述べているが、結局は金の話だと思う。誰かが時間をかけて作ったものを利用して金儲けをする人を許せないと思った。ただそれだけの話である

アダルトビデオフィクション

殺人犯罪から映画ドラマで人がごまんと死んでも本当は誰も死んでないって安心

暴力犯罪から映画ドラマボコボコに殴られても演技上手だなとかメイクすごいなあで終わる

でも、アダルトビデオだとちょっと変わってくる

セックス犯罪じゃない、避妊具を用いないセックス犯罪じゃないけど

女優男優負担を考えれば避妊具は常に用いられるべきだとぼくは思っている

から避妊具を用いないタイトル作品でも本当は避妊具を装着している前提でフィクションとして楽しんでいる

ところが中にはそうでない人も結構見受けられる偽物の精子避妊具の装着に文句をいう人たちが

こういう人たちにとってアダルトビデオはどこまでフィクションなのだろう

細工が甘いという指摘ならわかる、モザイクの上から避妊具の装着がわかるとかそういうの

けれど避妊具の装着の有無や精子の真贋は争われるべきではないのではなかろうか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん