「尊敬」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 尊敬とは

2017-08-19

牛乳石鹸ウェブCMがなぜ怒りをかったか想像してみる1/2

ある意味、よく出来ていすぎたんだと思う。
共働き子育て中家庭の夫婦が、それぞれにつのらせてしまう不満を、生々しく感じさせすぎたのではないかと。
特に夫役新井浩文の、爆弾のぶつけどころに困っているような不穏な無表情たるや。

夫:子供時代とは違う父親役割を求められる困惑
妻:子供時代には父親一人が負っていた稼ぐ役割を分担しているのに、家庭内ケア役割はまだ母親メインという割をくっている感。

夫:ゴミ出しも買物も文句一つ言わずにこなしているのに、感謝尊敬が足りない。
妻:頼めばやってくれるが、自分から気づいて動いてはくれない。お手伝い程度で恩着せがましくされたくない。

夫:ぼんやりと苦しいけど言葉にならず、黙ったり不機嫌そうにしてしまう。わざとじゃないし、はっきりしないのが自分もつらい。
妻:夫が何を考えているかからなくて不安。私はエスパーじゃない。

……そういった不満の数々。 「お互い言えよ」って話だけれど、共働き子育て中なので話しあう余裕も取れず、とりあえず「洗い流す」のが精一杯でも仕方ない。



で、ですね。 牛乳石鹸ウェブCMは夫の不満だけを描いている。
一方で、べき論は置いておいて現状、牛乳石鹸の購買層はむしろ妻の側。
しかも、CMで描かれるのはほとんどの場合、よい、少なくともマイナスではないものorこと。「こんなに優れた商品から買って」「これがあればこんなに素敵な生活が手に入るから買って」と訴えるための映像なのだから

そうすると、CM中の夫の態度や行動が、メインターゲットである妻の側にすっと受け入れられるものだと、牛乳石鹸共進社なり制作者なりが考えているようにも見えてしまう。
から、「受け入れられるかよ!」という反発を生んでしまった。
CMではなく超短編映画として発表されていたら、ギャッツビーなどの男性向けシリーズCMだったら、妻編子供編後輩編などと一緒に公開されていたら、反応はまったく違っただろう。



予想されるつっこみに対するお返事もあるのですが、長くなったのでエントリーあらためて。

パワハラされてるけど嫌じゃない場合

どうしたらいいんだろ。

上司からパワハラ(ちょっとしたミスを大声で怒鳴られたり露骨なやつから匂わせるやつまで)されてるんだけど、俺はその上司尊敬してるし自分の成長に繋がるから構わないと思ってる。

で、その上司からパワハラされてるのは俺だけなんだけど、俺以外の社員で本気で怒ってる人たちがいて俺に上に訴えた方がいいとか不快だと態度で示せとアドバイスしてくる。

怒らない俺に対しても怒り始めててこのままでは社員から嫌われそうでかなりめんどくさい状況になってて、会社辞めたい。

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818111736

子供と一緒にいろんな媒体に出たりしてるしさすがに過去の経歴と違って

進行形でそんな嘘をつくのは難しいのでは。逆にそれが出来てるなら尊敬する。

2017-08-17

アイマスについて考えた」の続き

これの続き→(https://anond.hatelabo.jp/20170816030530#tb

はじめに

友人から教えてもらい、ツイッターふくめ何やらだいぶ反応をもらえていたようであることを知ったので(批判ばかりだったけど)、ありがたいことだなぁと思い続きをしたためますちょっとズレてます明日ようやく仕事に帰るのですよね、暇なのです。


イチローとか羽生の例えが不適切

彼らは清宮や藤井四段より遥かに上であったり、勝ち続けた経歴があるからこそ人気があるのだからなんかおかしい。といった趣旨批判いただきました。お目通しありがとうございました。


しかにそうですね、勝ち続けたからこそのドラマであると思います。ここは例えがちょっと極端だったかもしれません。要は「実力があろうとなかろうと、彼らに語ることができるだけの哲学のようなものがあるかどうか」ということを言いたかったのです。

例えば、名前ちょっと出てこないのですが、全敗しつつも走り続けたあの競走馬のようなところでもよいのです。馬に人格ドラマがどうこうという話ではないのですが、読み取ることができるだけのドラマ性があるかどうか、という話であります


「765は歴史があるからすごい、後発は歴史がないかダメと言ってるのと同じ」という指摘もいただきましたが、誤魔化さずに言えばこれはその通りです。歴史というよりはキャラクターとしての物語性による厚みの話なのですが、765アニメなどと比較して考え、「強固な物語性があるキャラクターが好き」と結論づけておりました(先の文章でもたしか)。まぁそんな感じ…そんな感じですね。


理由をつけて貶めたいだけ。ただのダメオタク

へい、まったくもってその通りでありやす。現状のデレミリは、それなりに考えてみて自分には合わないなと思い、遠巻きに応援していこうと決めてしまいました。リアル体験併用が推奨される最前線には行けず悲しいですが、やはり人が増えていると、このような強く雑な言葉を使う方々がいるものなのだなとも確認できたので、自分はやっぱり主な住所である過疎コンテンツ平和に過ごします。しかし10RTもされてるの怖いですねアレ、765もアニメ以前はあん場末感あふれる感じだったのでしょうか…。


わかる気がする

「細かいところはともかくとして、強いストーリー性とか完成されたキャラクターという点ではやっぱりエロゲーヒロインとかの方があってるような気がするんだよな、多分この人には(だから765ASがその中間にあるものとして受け入れられている)。だから生きづらさを感じるのもわかる」


ありがとうございます。まったくもってその通りであり、わかりやすい要約であります私的にはミリオンアニメがとても楽しみで、細々とCDなど購入しつつ自分が好きな方向性のものが新しく始まるのを楽しみに待っています


また引用させていただきます

「まるで後発キャラには物語や背景ないかのような言い方。ASだってコミュから読み取って保管されていったりを繰り返してバックボーンが出来上がったやん。」


後発キャラにも物語や背景があることは理解しています。ただ、自分が765アニメを観て本格的に好きになり始めた頃の「劇場アイドル」の雰囲気を感じることができず、現状はそこが重視されていないなと感じる次第です。765の各コミュが漁られている段階では、自分ニコマスを観たりたまにCDを買ったりといった程度でした。つまり自分がいま後発のアイドルに抱いている感覚とその頃の感覚は近いものなのかなと改めて考え直しています。先日の文章自分が持ち上げているのは「アニメ放送期の765プロアイドル」であった、と認識してくださると幸いです。


シンデレラミリオンアイドルと向き合わかなかっただけ

その通りです。自分は変質する時代と、それに合わせて変化したアイドルについていくためのスイッチを切り換えることができませんでした。やはり孤独ぼっち自分性格にはあっていて、765のメンバーでのニコマスアニメは楽しかったのですが、メンバーが極端に増え、ソーシャル性が求められるようになっていった結果、自分は置いて行かれました。しかアイマス全体の雰囲気はいまでも好きです。陰ながら新しいアイドルも買って応援しています


団塊オタクって感じだ

そう思います。いい語呂なので、今後はこれを名乗らせていただこうと思います


今のデレミリは「ソーシャル型」から劇場型」への過渡期

これを読んで様々な意味で嬉しくなりました。ミリオンアニメ錦織監督でやってほしいです…。


ストーリーに重きを置きすぎると解釈の幅が狭まる

アイドルの「要素」を最も大事にして、そこからまれる「物語」は8通りくらい考えておくのが、アプローチをかけるうえでベストなんだと思う」


やはりいろんな方がおられるなぁと思いました。素直にすごいバイタリティだと尊敬します。自分は出されたものをしっかり理解して、それをわかった上で応援したいタイプだと気づきました。ゆえにアニメニコマス派だったなと。みんなで解釈を共有して楽しんだり、自分ひとりでワクワクするのも自分には難しいです。団塊オタクですね…。


薄利多売なわけない。もう6年やってるんだぞ。

薄利多売ではないというのは、「ソーシャル性を重視した結果としてのちょうどよいキャラの厚み」なのだなという理解文章を書いておりました。文面にもしたと思うのですが、走り書きゆえ伝わりにくかったのだと思います申し訳ないです。


年数についてはあまり関係ないですね。上にも先の文章にも書いたとおり、ソーシャルアイドルの持っている性質として書いただけです。


うーん?

 「"「社会」が乱される" 社会の変化についてけない時に新しいものを腐す人というのが居るが、そうでもしないとそのことを受け入れられない・踏ん切りがつかないということなのだろう」


別に腐してはいません。


デレマスの界隈は遠巻きに眺めてるが

彼女らとそれを応援する彼らの爆発力も大事だしすごいと思う。自分は入っていけないのだけれど。 」


その通りですね。なんだか仲間意識を感じます


765ASさんの活躍の中で

ニコニコでのファン動画存在も大きいのではないかと思うのですけど(私が最初に知ったのもニコマス)、公式だけでなくファン(P)と一緒に紡いできた物語ではないのかしら」


その通りですね。自分としてはその集大成としてアニメ劇場版があり、完成した(させられた)様を観て、深く感動したタイプです。ニコマスは当時から好きでした、こないだ見たときはあまり765アイドルのものがなくて寂しく思いました…。


おわりに

様々な反応があり嬉しく思いました。自分普段いる過疎コンテンツは、平和というか、自分と同じように一人で完結できる人が多いため、今回ちらほらいらっしゃったような深読みしない・言葉が強い方の反応はなんだか新鮮でした。やはり怖いので遠巻きに応援していようと思います


先の文章で書いたとおり、「アイドル/神は一方的に与えてくれる存在ではない」ということを理解せず、ただ「狂信」しておられる方だなと、怖い方々がされていた他のツイートからは感じられました。コンテンツバブルお祭り騒ぎは得てして彼らのような狂信者によって支えられており、それを理解してはいましたが、今回はそれを実感として理解できたのも大きな収穫のひとつです。とじまりすとこ(団塊オタク語)。


いやー楽しいですね。よければまた、どんなものでもコメントいただけると幸いです。では寝ます

2017-08-16

時給1500円で女性性を売ってきた結果wwwwwwwww

時給1000円のコンビニバイトもっと頑張ろうと思いました 水とか風とか萌え産業とかアイドルとか、尊敬しかないんだわ

アイマスラブライブは凄いな

マクロスリズムゲーム出たんですよ。

リズムゲーム得意じゃないけど、何とかハードクリアベリーハードも一番低いのならなんとかって感じ。

そこでポイント加算式のイベントが始まったら

ガラケー並の仕様

そもそもガチャの最高レアリティ複数枚集めてやっとまともに遊べる仕様なのに、ここに更なる廃人仕様を追加とかね。

金と時間がある暇人けが楽しめるゲームになったよ。そこそこの腕前の微課金勢は1週間張り付いて、それこそ睡眠食事を削って最終日になんとか限定アイテムを1個取れるレベル

そして、文句を言おうもんなら公式の書込みと廃人廃課金からの「甘えるなコール

アイマスラブライブもこんな感じがずっと続いていると思うと、なんか尊敬するわ。

スマホゲーはバカのやる物だと思ってたけど、自分の好きな作品は違うと思ってたよ

なんかもやもやするはなし

なんか、人の価値観ってそれぞれだけど

学生時代にかかわっていた学生団体の「自由に生きる、なんでも挑戦する」至上主義みたいな人達価値観が苦手だった。

卒業した後も、OBOGとしてかかわる機会はたくさんあるのだけどもどうしても足が遠のく。

なんとなくもやもやするから、整理することも兼ねて書き留めておきます

なんていうか、私は学生時代目標があって、そのためにひたすら勉強をしていたのだけども(その学生団体にも勉強になるかと思って参加していた)

勉強理由団体イベント等を欠席したり、参加している人達と話をするとどうしても「お前はそればっかりでつまら人生を歩んでいるんだな、もっと〇〇をしたらいいのに」とか

もっといろんなことに挑戦するべきだ」とか言われる機会が多かった。その度に、何となくもやもやする。

なんでかなって考えたときに、思ったことがひとつあった。

その団体には、「バックパック一つで世界を旅した」とか「トラウマを克服した」とか結構ドラマチックな人生を歩んでいる人とか、いろんな団体を掛け持ちしている人が多かった。

もちろんそういう人たちばっかりじゃないから、私も含めてそうじゃない人たちもいる。

でも私にそういうエピソードを望まれることもあったし、そういうエピソードがある人が尊敬されて、ない人はそういう人たちよりも下という価値観があった。

なんか、こういうのが苦手だったのかな。

なんていうか、確かにそういう目に見えて凄い経験をしている人たちって本当にすごいし尊敬するけど

からといって、そうじゃない人たちが立派じゃないなんていえるのかなあ。

いろんなことに挑戦して、大きなことを成し遂げるのも立派だし

つのことを黙々と続けていく人たちだって立派だし

学校行ったり、働いたり、生きていくだけでも立派だと思う。

かといって、そうじゃない人が立派じゃないと言ったらそうじゃない。

ただ純粋にこの人、すごいなあ、立派だなあ。って思うだけでいいのに

どうしてそれ以外の人を立派じゃない、とかこの人よりすごくない、この人みたいにこうすればいいのに、とかなっちゃうのかな。

例えば、私がやってみたいことがあって足踏みしているところに

こうしてみればいいのに、とか背中を押してもらえるのはとってもありがたいけど

まったく別の部分で、背中を押されることに抵抗があるのかな。

なんなんだろう。

私が頑固なのか、よくわからなくなってきました

うーん。

長いし、文章稚拙だけども

読んでくれた方がいらっしゃったら、お付き合いいただいてありがとうございます

あなたはどう思いますか。もしよければあなたの話も聞かせていただけませんか。

2017-08-15

https://anond.hatelabo.jp/20170814032128

松原早耶、確かに初期の頃の特徴としてはぶりっこで愛の重いPラブ勢といった感じで後発の佐久間まゆと重い愛属性が被ってしまったという点はある。

(「そっくりな別キャラ」というのがアヒル口繋がりでたまに名前を間違えられたりする間中美里さんという可能性もあるがひとまず置いておく)

だけどここ最近彼女の描かれ方は明確に「Pに一途な女の子」とは別のもう一本の方向性が定まったように思う。

デレステ個人コミュに顕著だが、彼女自分の「ぶりっこ」(と、おそらく「ミーハー」も)というキャラが時に他人に嫌われやすいことを自覚している。

こうありたいと願う、自分可愛いと感じる自分の姿が世間に受け入れられないことに苦悩している。

そうして自分のあり方について悩んでいたところでPに早耶の「可愛くなりたい努力」を肯定され、ついていくことを決める。

今の松原早耶は、今のデレマス公式が描いていきたい松原早耶のストーリーは、

「周囲の反応に負けず、自分の好きなことを貫く心の強いアイドルになる」ことなんじゃないかと思っている。

(このテーマデレステのR特訓コミュに明確に表れているのでみんな見てくれ)

この方向性がはっきり提示されるようになったのはデレステ登場以降でつい最近だが、その基盤はだいぶ前から作られていたように思う。

自分がそれに気付いたのはアイドルバラエティ手作りライブプロジェクトの時で、ゲーム大好きアイドル三好紗南ちゃんとの会話を読んだ時だ。

ライブ衣装に肩パッドと大剣を装備したRPG勇者スタイル衣装を考案した紗南の提案を早耶は全く否定せず、ツッコミも入れず、「かっこいい」と受け入れた。

実現の難しい紗南のアイデアの良いところをたくさん見つけて、可能な部分はなるべく取り入れて衣装を作った。

その上紗南のゲームトークに乗っかり、おすすめゲームを聞き、一緒にゲームショップに行く約束も取り付けた。

その時、松原早耶は決して人の「好き」を否定しない子なのだ、そして他人の好きなことに興味を持って自分の好きなことをどんどん増やしていく子なのだと気が付いた。

そして、おそらく早耶が人の「好き」を最大限尊重するのは、自分の「好き」を否定される辛さを知っているからでもあるのだ。

一見ただのミーハーに見えがちな早耶の本質というのは、そういうものなのだと思う。

(そういった早耶の他人の好きなことを尊重し、尊敬し、好きの輪を広げていく姿は最新カードカラフルリフレッシュの「みんなの『好き』、早耶も好き!」というセリフ

カード登場時の劇場904話にとても良く表れているのでこれも見てくれ)

デレステモバマスとはパラレル世界なので、モバマス世界での早耶がPについていこうと思ったきっかけの出来事はわからない。

でもきっとプロデューサーや仲間のアイドル達やファンから承認を得た早耶は、アイドルになった当初よりも、自分のあり方に自信を持っているはずだ。

これから少しずつアイドルとしての自分確立させていくであろうデレステの早耶にも、仲間達とたくさん好きの輪を広げていくであろうモバマスの早耶にも注目してみてほしい。

元増田に限らず、早耶について「ぶりっこ」「愛が重い」「松浦亜弥」というくらいの認識しか持っていない人を結構見るので新たな視点提供になればと思って自分の思う松原早耶について書きました。

お上記の文章自分妄想勝手解釈がふんだんに含まれるため本職の松原早耶Pから批判・訂正・ツッコミをお待ちしています



(※アイバラで紗南に唐突に「…ありがとう、紗南ちゃん」とお礼を言うシーンについて、早耶はゲームに一途な紗南に少し引け目を感じていたのではないかという話もしたかったのだが

肝心のセリフスクショがどうしても発掘できず自分妄想による偽記憶可能性が捨てきれないのでやめておく)

2017-08-14

https://anond.hatelabo.jp/20170814112053

高級家電バンバン買えてお互いに家事を補い合える夫婦と、一方的相手仕事馬鹿にしてお前の仕事なんて楽で簡単なんだから共働き家計分担で家事はお前がやれ夫婦ならそら後者の嫁の方が不満も貯まりうまくいか

しんどい時に家事をやってもらいたいなら自分がしんどくない時に同じだけ相手分担の家事をやって返す、相手家事労働感謝するのは必要

思いやりや尊敬が欲しいなら相手に思いやりと尊敬を向けないと

https://anond.hatelabo.jp/20170814035026

同じ男として、文章だけでここまで気持ち悪さを体現できることに尊敬の念を覚える

2017-08-13

「〜先生」ってもうやめにしていい

先生ってつくとどうしても胡散臭い権威っぽさが出てしまう。

最近で1番感じたのが(ちょっと古い話題だけど)ピースの又吉で芥川賞取ったらみんな先生と言い出した。なにより相方が率先して(色眼鏡で見られる事を先回りしてだと思うが)先生先生と言い出した。周りの芸人配慮としてわざと先生と呼んで茶化していたと思うけど、それ以外で先生と呼ばれるのは本人も居心地悪そうに見えた。

又吉「先生」の場合は極端だとしても、医者弁護士作家画家漫画家、など職種先生と呼ばれるケースはたくさんある。どんなジャンルでも一流とされる人は先生と呼ばれる事もあるかもしれないけど、それにしては先生が多すぎる気がする。

作家画家漫画家などはそもそもなんで先生って呼ばれるんだろうか?これってはるか昔の物書き自体が珍しかった時代とか宮廷画家がいた頃とかの名残かなにかなんだろうか?

医者弁護士は立派な職業という事で定着してるんだろうけど、もっと普通に「〜さん」とか名前で呼んだ方が良い関係を持てるんじゃないだろうか?立場上、相手を制する必要がある場合も多いとは思うけど、それでも互いに名前で呼びあえたほうが実はよりよい信頼関係が結べるんじゃないだろうか?

個人的には最も馴染み深い学校先生ですら、先生じゃなくて「〜さん」とかでいいんじゃないの?という気がしている。そのほうが個人として尊敬やすい。目上は目上だし、それで舐めてかかるとかはないように思う。

その辺実際「〜先生」と呼ばれる立場人達はどう思ってるんだろう。

2017-08-12

例の特攻は美しいツイートに、正直な話同意してしまった自分がいる。

どんな事で話題になったのかまでは知らないレベル認知だが、所々で話題になるなーと高須さんは知ってる。

今回の特攻は美しいツイートでこの人が話しているのが、自分には特攻のものだけな気がする。日本の事は抜きで。

インディペンデンス・デイみんな見たことあるでしょ?あのラストの親父の特攻で涙したり、仲間を助けるために手榴弾を持って敵に突っ込んでくなんて映画が山ほどある。

仲間の為、家族の為に自分の命を捧げてまで守りたい。この行為自体は美しいって思う。

問題なのって特攻をさせた過程だと思うんだよ。戦争中の日本ISISオウムも同じ。大きな思想理念を植え付けて特攻をさせたって事のが問題になるべきなんだよ。

自分意思特攻をさせた訳ではない。人として扱わなかった事なんだ。

ツイートで幾つか見かけたけど、自分の知り合いで特攻する奴が居たら全力で止めると書いてあった。

うそれだと遅いんだよね。その人は既に特攻せざる負えない状態になっているから。

この問題の酷さは逃げれない事なんだ。これが一番の問題人権なんて言葉がない世界なんだ。



話をツイートに戻すけど、高須さんの話してる内容が「国のために命を捧げろ→何故?→特攻は美しい」ではなく、「特攻する→何故?→勇敢でありたいから→何故?→それが当時の日本人プライド」を話してて、みんなの言うそれとは全然違う気がするんだ。

正直な話、高須さんの元のツイートが「日本のさせた特攻」について話してるのに、「特攻」だけを話し始めた高須さんが全部悪いとは思う。


ただ、言いたいのは見る視点で全部変わってしまうって事。

日本人尊敬されたいって、凄い的を射ていると思うんだ。今のテレビとか正にそうでしょ?日本人よいしょの番組だった。

あの番組気持ち悪いと思う人もいれば、凄いとウケる人たちもいる。けどあの番組たちが存在してるって事はそれだけ視聴率稼げるって事だし、それが大衆現実なんだと思う。日本の文化なんだよ。

逆に尊敬されない人たちは居場所がないかドンドン自殺していく。尊敬されたいことへの依存日本人は強い。そして何より形に残そうとする傾向がある。

文化で戻していくと、日本はずっと特攻し続けた文化がある。

500年以上も刀を持って戦ばかり。根付かないわけが無いんだよ。

その血を受け継いだ武士達が大日本帝国陸軍の創生メンバーになり思想が受け継がれ続けた。

全部全部繋がってる。

けれど今の僕らは結果としてするべきではないと歴史から学んだわけでしょう?戦後に作り変えられた今の日本教育のおかげで僕らはするべきではないと知ってる。どんな人であっても平等尊重されるべきだと知っている。それが平和な行いだって

それでも当時の日本の行いのが正しいという人たちもいる。だからといってその人達攻撃してはならない。それは昔の人達と同じことを繰り返してることだってからないのかな?

思想が違うから攻撃する事は新たな争いを起こすだけで、それがまた違う思想を起こしてしまう。

そうではなくて未来に繋げる話をしましょうよ。戦後の僕らが知る、するべきではないとわかる思想をどうやって繋げていくかが必要だと思う。

極端過ぎるよみんな。そういう議論が行われないことに悲しくてモヤモヤする。

自己分析したら人間向いてなかった

大学卒業時の理想状態は?

高校生の時は大人になるにつれて社会に飲み込まれ純粋さ、鋭さを失うことを恐れていた

しかし、認めたくないけど大学も3年目になって大半は失ってしまった きっと年を重ねるにつれて忘れてしまったことも忘れてしま

実際に今それを悲しいと思うこともだんだんと少なくなって、なんだかんだで友達遊んだデートしたりして楽しく生きている、

でも、昔の自分が、どこか、遠く、心の底で『そのままじゃダメだ、もっとどうなりたいか何者になりたいか流れる楽しさに身を任せるのではなくてちゃんと考えろ。自分の行動の意味を、それがもたらす結果を、選んだ選択がその後の人生にどのような影響を与えるのかに自覚的になれ。』と叫んでいる。私はその声が聞こえているのに聞こえないふりをし続けてここまできてしまった。考えることは労力を使うから自分の暗い部分と向き合って不確かな未来を考えるよりもその場その場で友達とか男の子と飲みに行って恋愛の話やらに盛り上がっている方がずっと楽で楽しいからな。

周りはなぜかありがたいことに、尊敬できる人間が多い。演劇で生きていくと決めてその夢に向かって夢中で頑張っている友人、私は普通でありたくないからと周りにどう思われようが映画オーディションなど自分楽しいと思ったことに躊躇なく飛び混んでいける彼女、私が作る服で目の前の人を100パーセント幸せにしたいと強い意志を持った目で夢を語ってくれた彼女、昔の自分を救ってくれた出版社で働いて同じように誰かを本で助けたいと語った彼、みんな軸があり目標がある。

私はそういう人たちに囲まれて、自分は何をしているんだろう、と思う。置いていかれている気がして、からっぽな気がして、でも追いつきたくて、日々を消費しているのが怖くて

何かになりたいけど何にもなりたくないなぁ

私はずっと、昔から空気になりたかったよ、夏の夕暮れとか、夜の濃くてずっしりした空気とか、海の粒子とか、淡い空の色とか、そういった生きているかよく分からないけどどこにでもいつもいるものになりたかった。どこか懐かしくて、涙が出るような、あたたかくて安心するものになりたかった。

卒業するまでになれるかな。

消費期限

数年来の友人がいる

その人(達)とは夢を追っていた時に職場で仲良くなった

自分は早々に挫折して今は全く違うところにいて、彼らはまだ続けている

そのことを尊敬していると同時に辞めてしまったことへの後ろめたさやコンプレックスもある

年に1度、一番仲が良かった人に誕生日おめでとうのメールをして、久々に会おうかと集まるのがここ何年かのパターン

それ以外には一切連絡を取らないこの関係は、自分メールをしなかったらあっさり終わってしまうのだろうと思う

共通話題も最早過去の話しかない 多分会えば会ったで楽しいと思うけれど、それは自分だけかもしれない

もう何の話をしていいかからないし、何にもなれずくだらなくだらしなく歳を重ねてしまった自分を見られるのが怖い

今年、メールをするかどうか迷っている

https://anond.hatelabo.jp/20170812004143

アメリカ軍日本軍を吸収する明確な意思があるし、イスラムとはそういう意思がないからだよ。

戦争をさあ、なんだと思ってんの?

意識戦争歴史を振り返るとそういうバカみたいな発想になるんだよ。

日本軍はね、立派な行いをしたか尊敬をされたんじゃなくてソ連との戦略的に役に立つと判断されたから「たまたま」いい扱いを得ただけなの。

2017-08-11

https://anond.hatelabo.jp/20170811235200

アメリカ「敵だけど慰霊碑建てたろ(バカ上官の命令バカ真面目に遂行するなんてすげえなあ)」

命令したバカ上層部「やはり我々は尊敬されるべき民族であった」

2017-08-09

[] ハッピン・ウッヂ

(Rappin' Hood

エリオポリスの隣の地区ヴィラ・アラプアーで生まれた彼は、2000年代ブラジルヒップホップ・シーンを牽引したラッパー

活動家でもある彼は、ヒップホップ・シーンに限らず、老若男女問わずブラジル音楽シーンで広く尊敬される。

都市ストリートミュージックを紹介するテレビ番組で司会を務めるなど後進の紹介にも熱心だ。

  

彼は尋常性白斑を患っている。

http://gaga.ne.jp/street/column.html

https://pt.wikipedia.org/wiki/Rappin%27_Hood

2017-08-08

兄貴のこと

「……ん? どうした?」

 リビングに入るなり、テレビを見ていた兄貴が声をかけてきた。

喧嘩した」

 兄貴テレビを消し、制服姿のままボコボコにされて帰ってきた僕を珍しそうに眺めた。

「…勝てると思ったか

 まだ何も言ってないのに、負けた前提なのが少し悔しかった。

「勝てるなんて思うわけないだろ…」

 体格も運動神経も人並以下なのは自覚している。友人には『ビビリ』と揶揄される程度に臆病で、争い事を避けて生きてきた。

「…お前から手をだしたんか」

 ああ、叱られるか、そりゃそうだな、と思った。

 15歳も年の離れた兄貴は、僕にとっては、ロクに家に帰ってこない親父以上に父親的な存在だ。腹違い兄弟でありながら、それを意識せずにしっかり家族として暮らしてこれたのは、この人がそうなるように陰で沢山気を使ってくれたんだと思う。だからこうやって叱られる時も、素直に話を聞ける。とてもありがたい事だと思うし、心から尊敬している。兄貴仕事休みの日には、何かと相談に乗ってもらったりもした。本当に、自分にとっての『二人目の父親』だった。

「僕から手を出した。まともに当たらんかったけど…」

 殴ろうとした相手は、高橋という。自分が密かに片思いしていた佐藤さんが、その頃付き合いはじめた男だった。

――――

 佐藤さんは、パッと目を引くような華やかさは無いけれど、『よく見ると可愛い』の典型のような子だった。自分のような愛想の悪い男にも分け隔てなく声をかけてくれたし、それが嫌味も無いので他の女子からも慕われていた。当然男子にも人気があったし、密かに彼女に思いを寄せていたのは僕だけじゃない。修学旅行で夜の恋話になった際には、同室の男子5人全員が、思い人として佐藤さんを挙げたこともあった。

 高橋は、スクールカースト最上クラスリーダー存在だった。見た目が良く、不良達とも親交があり、クラスどころか学年の誰もが一目置く存在だ。僕はなぜかそいつと同じグループに入れられていた。虐められているわけでもなかった。だから普段は特段恨みも無い。自分のようなコミュニケーションを酷く苦手とする奴を、クラスの最有力派閥の末席に置いておいてくれていたのだ。感謝したほうが良いくらいだと思う。

 高橋は時々、付き合う不良の影響なのか、ワルぶって自分の悪行を言いふらしたり、わざと親しい誰かを悪く言ったりすることがあった。けれど、それすらも却って魅力に思えるくらい、その頃の高橋は輝いて見えた。そんな高橋から佐藤さんと付き合っているらしいのも道理だと思っていた。

 ただ、その日の高橋発言だけは許せなかった。

 午後の水泳の授業の後、男子けが先に戻った教室の窓際で、僕らのグループはいものようにくだらない話で盛り上がっていた。

あいつ、ああ見えて結構遊んでたっぽいんだよな」

 グループの男ばかりが集まると、すぐに下品な話になる。あまりそういう話が好きでない僕は、いつもは右耳から左耳へと流している。だけどその日、話の流れで「あいつ」が佐藤さんを指すのだと分かってしまってからは、勝手に耳が会話を追いかけてしまった。遊んでた? 遊んでたっていうのは、どういう意味だ? そこからは聞きたくない言葉洪水のように流れ込んできた。何故そんな話をするのか。

 たぶん、高橋は分かっていたのだと思う。自分が付き合っている彼女に、そこにいる何人かが片思いをしているであろうことを。それで、佐藤さんの下品な話をして、まるで付き合う彼女自分にとってはそれほど重要じゃないかのようなふりをして、優越感を得ようとしたのだと思う。高橋の悪い癖だ。

 自分の中で膨らんでいた佐藤さんの偶像を、高橋言葉容赦なく壊していく。ニヤニヤと嫌な笑いを浮かべた高橋が、家に連れ込んだ佐藤さんと何をしたかを語る。聞きたくない。どす黒い感情自分の中に溜まっていくのが分かった。

「やめろよ……」

 耐えきれなくなって、自然と口が動いた。僕は、おそらく初めて高橋批判的な言葉を放った。

「は? 何をやめろって?」

 高橋は、愉快で耐えられないといった顔をしていた。今にも大声で笑いだしそうだった。そう見えた。僕は自分の中で、何かがプツンと切れた、感じた。堪忍袋の緒というやつかもしれない。次の瞬間には、高橋の顔を殴りつけていた。2度、やみくもに伸ばした僕の拳は、けれど高橋の顔をまともに捉えられなかった。逆に襟首を掴まれ、そのまま後ろへ投げ捨てられた。

「お、なんだよ、やんのか?」

 投げ捨てられた際にぶつけた頭と肩が痛むのも忘れて、僕はまた殴り掛かった。その後も何度となく向かったが、結局僕の攻撃は一度も高橋にまともに当たらず、逆に僕は投げ飛ばされ、制服足跡を付けられた。

 その場の誰も止めようとしなかった。僕のあまりの貧弱さに、喧嘩にすら見えなかったのかもしれない。喧嘩というには全く一方的で、僕はただ屈辱を深めただけだった。

 女子が着替えから戻ってきて、その場はなんとなく収まった。佐藤さんがボロボロの僕を気にして声をかけようという素振りを見せてくれたが、高橋の「ほっとけよ」の一言で、僕は無かったことにされた。居た堪れなくなって、僕は逃げるように家に帰った。

――――

「お前は強いな」

 兄貴はそう言った。叱られるとばかり思っていたので、「へぁ?」と間の抜けた声を出してしまった。そもそも一方的に負けたという話をしたのに、強いな、とはどういう意味だろう。そう僕が疑問に思っているのを察したのか、ほんの少しの沈黙の後、兄貴は続けた。

相手のほうが強いって知ってて、自分の中の正義のために手を挙げたんだろ? 人はさ、自分より弱い奴にしか手を挙げられないもんなんだよ。自分より強い相手にそれが出来るのは、心が強い奴だ」

 思いがけない言葉に、僕は気づいたらボロボロ泣いていた。僕は、強くなんかない。勝てるかどうかなんて考えもせず、怒りに任せて殴り掛かっただけだ。ただ、兄貴肯定してくれたことが嬉しかった。

「ただ、暴力ダメだよ、やっぱり」

 涙を流す弟にほんの少し狼狽えるそぶりを見せた兄貴は、照れ隠しのような穏やかな諫言で会話を切り上げた。

――――

 それから数年、病気で父が死に、兄貴結婚してこの家を出て行った。僕は社会人になった。相変わらず弱いままだけれど、何かやろうとするときにふと兄貴言葉を思いだして勇気をもらっている。高橋はあれからどうしているか全然からない。あまり面白くもないこの街を出て行ったのかもしれない。佐藤さんとは社会人になって再開して、なんと今、僕の彼女だ。あの時高橋が言ったことは嘘だった。少なくとも嘘だったということにすることにした。そうできるくらいには、僕も強くなったかもしれない。

 この週末、兄貴が久々に家に帰ってきたと思ったら、子供が出来たという。ふと、僕の二人目の父親から本当に兄になったな、甥か姪かわからないが、ちょっと父親を取られたような気分になったので、記念にこれを書いた。

 この話は全部フィクションだ。もし自分のことかなと思った人がいたら、それは思い違いだ。

2017-08-07

転職精神を病んだ話

自分転職顛末時系列で書きたい。内容は、自分の中で溜め込んでいたもの。録音や証言確保などの対応はとっていたものの、当時は恐ろしさと鬱で動けず、その後は諦観と鬱で、少数と共有する以外は、表に出して活かす機会を作れなかった。ただ溜め込みつつも、恐怖や後悔、憎悪感情がずっと自分の中で渦巻いていて、耐え難くなっている。だからここに吐出させて欲しい。

転職

知り合いに紹介され、20代都内IT企業転職した。新卒から務めた緩い企業から転職不安も大きかったが、当時仕事スキルアップが楽しめており、期待も大きかった。

転職後、すぐ客先にフルタイム常駐することになった。なおこのフルタイム常駐は、数年後退職するまで続くことになる。この常駐先には複数人同僚が派遣されていた。その中で自分リーダーAの下に付き、二人一緒に業務を進めることになった。このリーダーAが後に精神を病む原因となる。

初期

リーダーAは直属の上司からの期待を強く受けているようだった。初印象は悪くなかったものの、働いて会話を重ねるうちに、以下のような傾向が顕になっていき、怖さを感じるようになった。

なお初印象は良いが、継続的に関わると評価を落とすというパターンは、自分以外でも結構あったようだ。仕事での顧客評価も、概ねこ竜頭蛇尾パターンを繰り返していたと思う。

振り返ると、この時点で危険を感じて逃げるべきだった。そうすれば精神と体が壊れ苦しむこともなかった。ただ自分には、それに気づいて逃げる能力がなかった。

攻撃が始まる

リーダーAと1、2ヶ月働いている中で、怖い傾向はより強まっていった。相手に応じた態度の切り分けも荒が目立つようになり、例えば上司に、気に入らない顧客プロパーについてナイフで刺してやるといった過激な報告を行うようになった。また長く一緒にいることで、報告や悪口に、呼吸するように嘘や誇張を織り込んでいることに気付かされた。例えば自分提案失敗を、叩きやすターゲット問題転嫁するといったことを行っていた。

そして一緒に働いている中で、自分攻撃ターゲットにされるようになった。はじめは、仕事ができない、自分フォロー無用に忙しくなっている、といった仕事の指摘からまり、お前は無能である性格が劣悪であるといった説得を頻繁に自分に行うようになっていった。後に案件仲間から、見えないように、自分悪口を頻繁に上司に展開していたという話も教えられた。

ただ当時、自分は期待される成果を出せていなかったし、転職業界を変えたばかりで、能力的にも問題があると自覚していたので、リーダーAの言葉や怒りに応え自分改善しなければならないと考えていた。また、会社ではパワハラ自慢(こんなにひどいパワハラを耐えた、自分無能パワハラで潰してきたなど)が目立ったので、この程度は転職の試練であり一人で耐えて当たり前のものと考えてしまっていた。この考えは心を壊すまで変えられなかった。

閉鎖環境攻撃エスカレートする

その後、出張状態のまま、リーダーAと二人だけで、別現場フルタイム常駐に移った。後に派遣や準委任メンバーの方が増えたものの、基本リーダーAが管理し、自分が下につく、プロパー二人組で仕事を進める形となった。本社とのやりとりはリーダーAがすべて統括したため、自分視点での会社同僚はリーダーAしか見えない世界となった。

この本社から監視がきかない体制になってしまったことで、リーダーAの攻撃露骨エスカレートするようになった。例えば次のようなことを何ヶ月も継続して行うようになった。

また指示される作業単純作業が多くなっていった。例えば以下のようなものだ。

当時高い単価で常駐していたので、単価に見合わない上記のような単純作業強要されるのがまた別の苦しみとなった。

一方で、周りに対する演出には力を入れていた。例えば、本社での会議の参加を禁じたり、本社とのやり取りを自分が見えないように済ませたりして、本社自分コミュニケーションを断絶させるように動いていた。また「殺す」と脅迫するなどまずい言動を取るときは、周りの目や耳のない状況下で行っていた。あとは従順派遣社員を見つけて、主張に箔付けに使うなどしていた。例えば悪口を裏で本社に展開する際に、その社員CCに入れて、この悪口自分だけの勘違いではないと演出する気配りを行っていた(ただこの方には、裏でやりとりされている悪口中傷や、リーダーAの内心などの情報を後にもらえるようになった)

こうした状態半年近く続いたが、その中で自分精神おかしくなっていった。仕事中に泣く、顎が痙攣して歯がカチカチ鳴る、ネガティブ独り言を言うといった、外目から異常と思われるだろう様相晒ししまっていた。ただリーダーAにとってはそれは笑い飛ばす程度の扱いだった。例えば自分精神的に参っているから慰労会をやろうとリーダーAに飲みに連れて行かれることがあったが、自分性格自分が大切に思っている人達へ、リーダーAが一方的侮辱言葉を投げて笑い飛ばすだけの不快な場になるしかなった。

なおこの頃からさすがにこれは異常だ・危険だと言う思いを強くして、証拠を残すようにした。例えば勤務中にずっと録音機を動かし、殺すといった脅迫を録音するようにした。客先社員から同情してくれる方も出てきた。

しかし激昂し犯罪者的な言動を取るリーダーAに抵抗するのは当時とても恐ろしく、証拠を残せても、証拠を活かす行動をとれなかった。また入社後即フルタイム常駐していたので、気軽に相談できる会社同僚もいなかった。そして、自分無能であり、まずはリーダーAの言う通り改善しなければ後がないという考えを持ってしまっていた。恐ろしさから逃避しながら苦しみを軽減したいという思いで、リーダーAに従い続けた。

一応本社人間相談することもあったが、抱え込まずに相談して良い、というコメントを貰った以外は、本社側で具体的な対応はとられなかった。あとは、退職時に人事から詳細情報を聞かれる程度だった。

自分の変化

上記のような状態一年以上続くことになったが、そのあい自分は大きく変わった。基本的に、次のようなネガティブな変化ばかりだ。

お上記は、もう死ぬまで元に戻ることはないと感じている。器質的に脳が変化・死滅してしまっているようだ。苦しみを経験すると強くなるとよく聞くが、苦しみで心を壊すとむしろ大きく弱体化してもう戻らないというのを、30を超えて学んだ。あと、こういった自分問題が、その後大切に思っている人達迷惑をかけたり、不審な思いをさせたりする要因になってしまっている。これは今でも本当につらく思っている。

その後リーダーAが抜ける

その後の展開だが、リーダーAは、顧客大言壮語ダメ出しを多くする一方で、成果を出せず、評価が得られなくなっていたようだ。そしてその頃から特定の先輩社員に嵌められて仕事がうまくいっていないと吹聴するなど、被害者的な言動が多くなる。そして最後案件から逃げていった。

ただ元凶リーダーAが抜けてからも、苦しみがなくなることはなかった。

仕事では、リーダーAが案件から逃げた尻拭いをして、関連会社メンバの業務確保と案件維持に奔走させられた。リーダーAの代わりに本社上司関係者と関わり合うようになったが、リーダーAが散々悪口を刷り込んでいたせいか、馴染みの薄い上司とは、最初から関係がギクシャクしていた。

これを心が壊れ、精神薬・アルコールカフェイン漬けで体を無理やり動かしていた状態でこなすのは、本当に苦しかった。

退職する

その後、苦しみながら遠地に常駐し、売り上げ確保に努めていた。しか半年ほどたった所で、復帰したリーダーAが、自分の目に届く会社MLで活発に発言するようになった。自分はそれを目にする度に、過去出来事フラッシュバックして恐慌状態となってしまい、もうこの会社では過ごせられないと信じるようになった。そして、ずっと常駐で会社への帰属意識がなかったなど、他の理由複数揃っていたので、会社を辞めた。

後悔

振り返っても、失ったものが多く、後悔の数多い数年間だった。

大きな後悔としては2点。1点目は、リーダーAのようなタイプ人間とは、唯一の対策として距離をとるべきだった。2点目は、状況が異常である認識して、もっと強く本社上司に状況改善を訴えるべきだった。この対応ができなかったのは自分の未熟さによる。だから転職必要能力が足りないまま転職してしまったというのが、問題要因として大きくあると思う。

あとは、仲間を作るべきだった。退職間際で、別地域担当する案件仲間と話し込む機会があったが、そこではリーダーAの異常性を感じ取っていて、仕事から排除するように動いていたという。またリーダーAから悪口の報告を受けていた人間の中には、虚言癖を見破っていて信じないようにした人がいたと聞いた。同情してもらえて、自分の見えないところでのやり取りを情報共有してくれた関係者もいた。そういった人達と早くから関係を持っておくべきだった。

そして転職や、フルタイム常駐は、巡り合う人次第のギャンブルだというのも知った。転職した会社にも、尊敬すべき人格者結構いた。会社技術力が高く、業績好調で、外から良い評価を得られている優良企業だった。唯一、リーダーAと巡り合ったのが問題だった。

ただもう後悔しても何も変わらない状況になっている。今は壊れた心身が残り、恐怖・後悔・憎悪が入り混じった感情自分の中で渦巻き続けている。

アイドルアニメライブに久々に参加して感じたことをつらつらと書いてく

東京秋葉原に住んでいるが、わざわざ名古屋まで行って某アイドルアニメライブに参加してきた。

ちょっと長くなるけど、この気持ちをどこかに書き留めておきたくて、帰りの東海道線の中でちまちま打っていこうと思う。

今回行ってきたライブ作品は、いわば「続編」で、“伝説”になった初代グループに憧れ、そんな風に輝きたいとステージに上がる女の子達を描いた作品である

自分はその初代グループお話が本当に本当に大好きだった。

当時大学生だった自分はモロに影響され、アニメを何回も観ては泣き、ライブにはほぼ全て全日参加し、彼女達の生き方に憧れ、その作品を作った人達全員を心の底から尊敬し、がむしゃらに今を輝かせようと大学生活を走り抜けた。

完結編にあたる映画版を観た少し後、まだハイになった頭のまま就活面接を受けた。

作品に出てくるセリフをほぼそのまま取締役に恥ずかしげもなく言って、落ちこぼれには分不相応な一部上場企業へのチケットを受け取った。

その作品きっかけで、アニメ漫画の同好の志が集まる場に参加するようになった。

そこで気の合う女の子と知り合って付き合い始め、卒業直前にはその作品重要場所となっていた神社結婚式まで挙げた。そして舞台である秋葉原に新居を構えるまでに至った。

まさにその作品自分大学生活にとんでもない影響を与える“青春”だったな、と今でも思う。

そんな大学生活の最終日となる2016年3月31日彼女最後ライブとなる東京ドーム公演の初日に参加し、彼女達のストーリーピリオドを迎え“青春”が終わったのひしひしを感じた。

あれからおよそ一年半弱。

僕の影響でどっぷりハマった嫁に連れられて、彼女達の“伝説”を受け継いだグループライブに参加してきた訳である

そのパフォーマンスは圧巻の一言

歌、ダンスマイクパフォーマンスストーリーオーラ。そのどれを取っても初代に引けを取らない、すごいライブだった。

参加者熱狂し、終了後のTwitterも絶賛される声が溢れていた。

本当にすごかった。

しかった。

自分もそう思う。

でも心の中のどこかに、初代のライブに参加していた時には感じる事の無かった淀みのようなものライブからハッキリと感じた。

その正体が気になってしまい、演者に向かってペンライトを振りながら自分自身を見つめる時間になっていた。

会場のボルテージが上がり一体化する日本ガイシホールの中で、疎外感と孤独を感じてしまった。

劣等感、なんだと思う。

初代の声優達の中での最年少と同い歳の自分は、二代目の声優の誰よりも年上である

自分と同じように初代の活躍を見て、

自分と同じように彼女達に憧れ、

追いつけ追い越せと努力してきた年下の女の子達に、あんな凄いものをまじまじと見せつけられた。

初代の最後ライブから一年半の間「君の心は輝いていたかい?」と強く問いかけられた気がした。

この一年半、一体何をやってきたのだろう?

今の自分じゃ、とても彼女達には敵わない。

そう感じた。

帰りの電車でそれに気づいて、吐き気が止まらなくなった。正直どうしたらいいのかわからなくなった。

そんな時、ふと作品の中でのエピソードを思い出した。

彼女たちは他のアイドル達に完膚なきまでに負けて一度は挫折しかけるが、その経験を“ゼロ”として、新たな一歩目を踏み出していく。

初代への憧れだけじゃなく、自分達らしさを求めて。

まさかそれを自分自身体験させてくれるとは全く予想だにしていなかったわけで。

なーんだ、そういうことだったのか、と素直に納得した。

東京に戻ったら、僕もがむしゃらに新たな一歩を踏みだそうと思う。

ちょっと立ち止まっちゃってたな、って反省した。

舞台も人も変わっても、ラブライブ!という作品青春と言う名の暴力で僕をボコボコにしながら、いつだって大切なものに気付かせてくれる。

ただ埼玉公演に行ける勇気は、まだないかな……。

2017-08-06

https://anond.hatelabo.jp/20170806041504

それならば行動と意見が一致していて素晴らしいと思います

尊敬しま

軍人職業威信スコアアメリカでも変わらない

アメリカでは軍人尊敬されてるってそれ表面上そうなるように制度予算があるからですよ。

軍人は下層の人間がなるものなのでサンデル先生の授業を受ける軍人兄弟はいないということです。

2017-08-05

PS4買えてる奴マジで尊敬するわ

最後遊んだドラクエが「ドラクエ8」、つかそれ以降今までゲームは全く遊んだことがない

そんな俺が今からドラクエ11を買おうとして買えないをもう三日繰り返してる

なんでPS4って何種類もあるんだ

どれを買えばいいんだ

店員PS4くれって言ったら「どのバージョンPS4ですか」と聞き返されてしどろもどろになって、察した店員に「PS4はいくつか種類がありまして」と説明されそうになったけど、後ろに並んでる十数組はいる親子連れ視線に耐えきれなくなって「出直してきます」と逃げ帰ってきたのが初日

しかネット接続必須だの、固定回線推奨だの、なんか有料の奴に加入しろだの、事前に決めなきゃならない事多すぎる

その後ぼんやりレジを眺めてたら子供とか俺より若い社会人学生風の奴らがPS4ドラクエ11パッケージ持って並んでて、こいつら全員さっきの質問に全部合格してるんだなと思うと何だかもの凄く自分が惨めになってきた

でもドラクエはやりたいのでネットで色々情報を漁ってるんだけど、「○○ならAにすべきだが、××ならBでも良い」みたいな書き方ばかりで、結局どれを選べば良いのか全く分からない

たかだかゲーム遊ぶだけなのになんでこんなに面倒くさいんだ

以前は本体ソフトさえ買えばあとは一切何も要らなかっただろ

あー誰か5万円くらい出すから俺の代わりにPS4ドラクエ買ってきてテレビに繋いで遊べる状態にしてくんねーかな

2017-08-03

研修でお世話になった人が事件を起こした

ある人が事件を起こして報道されてた

その人と直接面識があるわけではなく研修先でお世話になった人の一人程度だったが思ったよりショックが大きかった

ショックを受けた理由がその人が起こした事件がなかなか重たい内容だったからなのか

その人の職業を今まで尊敬してて研修を通して更に尊敬してたのに裏切られたと思ったからなのか

今まで報道されてる世界別世界出来事と思ってたが自分がいる世界出来事だと再認識した

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん