「入社」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 入社とは

2018-07-22

謹慎くらった

入社から半年根性論ばかりを解く上司無茶振りに耐えかねてもう限界ですとメールを送った。

具体的には、上司自身が面倒だと思う取引先の相手との連絡やりとりをどんどん増やされていった。

仕事は山ほどあるのに、その上司は私を暇だと思っているらしく、毎日のように仕事は増やされていった。

小さい会社から、私以外に仕事を回すこともできないのだろうが、かなり過酷状態精神が摩耗していた。

メールを送って半日経った。返信がなかった。

メッセージアプリで尋ねると、見てなどいないという。

上司はワーカーホリックで、土日もメールを開けていないはずがないのに嘘をつかれた。

私など会社にとってそんな存在かと思った。

ならばメールを見ても返信は要らないと伝えると、上司は憤慨したようで、来週会社に来なくていいと言われてしまった。

平たく言えば謹慎だ。

正直、私しか把握していない仕事があり、それを週明けにできなければ先方にかなりの迷惑をかけることになるのだが、上司にはそんなことさえもどうでもいいのだろうか。

上司は、自分は上に立つ人間から現場のことは現場でやれという。だからその仕事作業方法は全く知らない。

伝えたところで、俺の仕事ではないと言われるのがオチだ。

入社直後から、その上司と反りが合わないという理由で一月に1人ペースで人が辞めていっていた。

私はその上司発達障害のきらいがあると感じてはいたが、人として尊敬はしていた。

ぶつかったこともあったが、何があっても付いて行こうと思っていた。

その矢先にこの仕打ちあんまりだ。

次は私が辞めていく番なのだろうか。

2018-07-21

これから人生に少し絶望している。

私はこれまで受験就職活動特に挫折なく過ごして来た。今は世間的に一流と言われる企業で働いてる。入社4年目の男だ。

これまで人よりは何でも頑張ってきた自負はあるし、努力の積み重ねと周りのサポートで割とまともな人間になれたと思う。

ただ最近、何もやる気が起きない。

仕事も、勉強も、恋愛も、頑張ろうと思っても行動ができない。

もっと昔は頑張れてたのに、今は全く頑張れない。

泣きたいし、仕事サボりたいし、とにかく怠けたいという気持ちがここ1年以上続いている。

そんな自分が大嫌いだ。

自分が今まで見下して来た、積み重ねのない人間になっている。

無能で情けない人間になりたくない、努力してカッコいい大人でいたいと言う気持ちはあるのに、最近はどんどん情けない人間に近づいて来ている。

このまま生き続けて、楽しいことはあるのかな。

とりあえず毎日辛いです

anond:20180721141040

俺も最近のはプレイしてないんでわからない。

定期的な飲み会とかで女子ニックネーム割当会議(飲みながら)があるんだけど、詳しいやつが画像見せながら説明してくれる。

もともとはすごく古い女性社員で(ポケモンとは無関係に)オニスズメっていうあだ名の人がいてそこから広がったらしい。その人はもうとっくにやめちゃったんだけど、その後くらいにルージュラにめちゃくちゃ似てる人が入社して(同期)そこからコードネームポケモン化した。

実名さないで会話ができるから便利なので、あんまり年配じゃない男性社員は多かれ少なかれ知ってると思う。

男性社員も時たまポケモンあだ名が付く。俺はたぶんヌオー

2018-07-19

上司が死んだ

※この話はフィクションです。実在人物や団体などとは関係ありません。

上司が死んだ。

と言っても何年も前の上司で今では赤の他人なんだけど。

その人は絵がとても上手いというか絵の天才で、とある小さいソフトハウス社長だった。

自分ファンで、学生時代に知り合い「お前面白いから会社で働いていいぞ」と言われてとても嬉しかった。

しかし、入社してからわかったが数人いた社員はとっくに辞めていた。理由不明

今ならそこでやめたりとか就職活動すればよかったが当時は氷河期で、またあの就職活動の日々が嫌だったので「とりあえず頑張ってみよ」と思ったがそれが間違いだった。

(ちなみに今ほどインターネットも充実してなくて情報がなかった。まだリクナビもできてない時代だった)

上司天才肌で10代の頃から絵で仕事をしてた天才だったが、偏屈すぎる性格で「頑張ってください」というファンから言葉に「頑張ってますけど。」というようなタイプだった。会社で「肩こりがひどいな」と思いながら肩を触ってたら、上司がそれをみて「何してるの?」と言われて「いやーちょっと肩こりがひどくて」と言ったら「はあ?会社でやるもんじゃねーだろ」と言われてその後1時間くらい「だからお前はだめなんだ」系ネチネチ説教されてあまりにも理不尽で泣いてしまったら上司が驚いていた。「いやー泣くとは思わなくて…」

自分も悪かったけどかなりの変人だった。才能がなければただの酷い人だった。

結局、会社経営は悪くなって上司の兄だか弟の体型がふくよかな方が変わって新社長になった。

その時は某大手代理店を通した教育アニメ作ったり某携帯ゲームの色塗りをしてたが途中で給料未払いになり「遅くなっても払うよ」という言葉を信じて仕事をしたが、3ヶ月は止まってたので限界が来てやめることとなった。

社長に辞めると電話したら「え?辞めるの?まあ人が少ない方がいいかハハハ」と言われたことは忘れられない…いまでも思い出して腸が煮えくりかえる。今すぐ○んでくれデブ

最終日、辞めるときに新社長上司もいなくて、プログラマーのお兄さん達が会議室携帯ゲームのことで打ち合わせをしていた。給料もらってないのに!?会議とかしててすげーな!?あんたらいいのか!?もう頭の中がぐちゃぐちゃで適当挨拶をして出てった。

ちなみに給料は払われてない。音信不通になった。その後半年引きこもった。

今思うと、プログラマーのお兄さん達は「金はなくともイイものを作る」って崇高な考えだったのかもしれないが、その日の食べ物も買えない仕事会社としてどうなんだと思うし、そんなことを許容する彼らも社長上司も無理だった。

SNSでは亡くなった上司を惜しむ声が100%だが(当たり前か)受けた仕打ちを思うと「地獄に落ちろ」と思ってしま自分に嫌になる。死者に鞭打つのはよくない。許そう忘れようと思うけど、そんなんで心の整理がつくほど大人ではない…

上司の兄(弟かも)は生きていると思うけど、自分以外にも酷い仕打ちを受けた社員はいたらしいのでおそらく兄弟ともに色々と憎まれたり恨まれてそうだなと思った。

すげーやな奴だったし嫌な思い出が99%なんですが、学生時代自分の下手くそな絵を褒めてくれたのはとても嬉しかったです。ルーミスの本を教えてくれたのも上司だったしな。

ご冥福をお祈りしますあの世から未払い給料払ってくださーい。でももアナタのこと思い出すのいやだからがんばって忘れます

2018-07-18

給料が安いなら手を抜けばいい」「給料分の働きだけすればいい」という言説が苦手

いや、それが正しい場面もあると思うよ。

スキルアップして、3年前の1.5倍の効率仕事できるようになったのに全然給料上がってないとか、

最初に話していた条件と違ってアホほどサビ残させられるとか、

そういう、成長を評価しない企業・騙す気マンマンの企業に対して献身的になる必要はないと思う。

ただ、入社して1年位でちょっと昇給して、ようやく仕事にも慣れてきたやつとか

バイト何件もやってきたんで相場知ってます」みたいな顔してるやつとかが、題のようなことを言っているのは、

お前は一体何を知っているんだ?って感じ。

バイト特にね、時給分の働きってお前どうやってそれ計算してんの?

仮にその日の売上赤字だったら給料無しでも良いの?お前の働きで時給は稼げていないのでは?

因みに個人経営飲食だと社員の方が時給換算だとバイトより安く働いているとかよくあるパターン

ていうか給料文句あるならさっさと辞めて転職すればいい。

「このスケジュール明らかに自分だけ振り分け重いですよね?

でも自分若手だから給料他の人より安いですよね?

からやろうと思えばこのスケジュール全然こなせるけど、手を抜いて終わらないペースでやってました。

納期間に合わなくてもそれはスケジュールの線引いた人の責任ですよね?

自分より給料高く貰ってる人いるんだからその人に仕事もっと振るべきでしょ?」

言いたいことはわからなくはない。

だが、そうならもっと最初スケジュール配られた時点で言おうよ…

終盤にカミングアウトするなよ…

あと俺にだけ不機嫌オーラ見せてくるのやめてくれ、俺は君の会社社員じゃないからその問題には関わりたくない。

途中でも散々進捗確認してたやん。その時上司から大丈夫か聞かれてたやん。

なんでその時は適当に「大丈夫じゃないですかねえ」とか答えているんだよ…

あと手を抜くにしても寝るのはやめてくれ。皆それ知ってるから君の言い分聞くつもり無いんだよ…

anond:20180718182230

増田さんのように、ちゃんと付き合って、別れてから、次の方と付き合うのは、自由だしいいとおもいますよ!

別れた元カノ(カレ)は身近にいらっしゃるなら、そりゃ気まずいかもしれないですけど、しょうがないですね💦


私の書き方が悪かったですねごめんなさい。

「Aさんいいなー好きだなー応援してね!」みんな応援

カッコイイBさん入社

「Bさんこんど誘ってぇ!!」みんな(Aさんと上手くいくのを応援してたのに……。Aさんにも「誘って」連発してたよね?)

こういうのが「ついてゆけないタイプです」。例えは女子で書いてますが、男性も然りです。

家事は余裕。主婦ヌルゲー。

よく主婦主夫家事子育てが大変だとか、時給に換算すると、なんて話題が挙がる。けど、それがどうしても理解できない。

人それぞれ性質が異なるから「人による」と言われればそれで終わりだけれども。

私は新卒入社した会社に9年ほど勤めて、知人に声をかけられて転職して、そこで3年働いた。

その後いろいろと経緯があって主婦になった。

朝はお弁当と朝食を作り、家族を車で送り届け、洗い物をして、掃除洗濯アイロンがけや買い物を済ませる。夜は夕飯の準備をして家族を迎えに行き、夕飯を済ませたら片付ける。

庭の植物ペットの世話もある。子供ができれば子育てが加わる。意外と雑多な用事が生まれ時間を取られることが多い。特に子育てが加わると。

こうした一連の家事をしていて、経験して思うのは、とにかく働くことに比べると天と地ほど差があって、とにかく楽だということ。

子育ては常に流動的で、柔軟な対応が求められるので少し気疲れする。何か他のことをしていてもほっぽっていかないといけない。夜中も気が抜けない。

でも仕事に比べたら本当に楽だ。

子育てに関しては子供好き(ただかわいがるだけじゃなくて、実際に経験しないとわからない大変な世話を含めて)かどうかで大きく分かれると思う。本当なら子供好き以外は子供を持つと消耗するから持たない方がいいんだと思う。

主婦としての時間はどれくらいかかっているかと言われると難しい。

なぜなら項目としてあげられないような細かい作業も多いし、待ち時間も生まれしまうから。ただ朝は6時ころから、夜は24時ころまで何かしら手がかかる。子供が小さい時は夜中も。

それでも仕事に比べたらとにかく楽で、相手には申し訳ない気持ちが常にどこかにあった気がする。

仕事との一番の違いは、子供の世話も含めて基本的には自分ですべて時間タスクコントロールして効率的に進められる点。

そして、何よりプレッシャーがない点が大きい。

元いた職場は、ホワイト企業だったと思う。

外資系で、オフィス設備もきれいで最新だった。休みは前日でも当日でもいつでも好きにとれたし、私服OK。自宅勤務OKフレックスタイム制はいわゆるコアタイムもなく、個人裁量でいつどのようにとってもOKだった。

ただ仕事をしていると、とにかく失敗=会社顧客の損失であり、少なくとも表立ってはわからないできないが許されない。周りには基本的に敵(利害関係者)しかいない。

1つ1つの案件お金を出す顧客からすると重大事で、仕事が始まる前と終わった後にしか和やかな雰囲気は生まれない。

職種にもよるだろうが、少なくとも管理職になればこのような苦労が大なり小なりあると思う。

おそらく労働時間でいえば、主婦の方が長いとは思う。

でも、利害関係者に振り回されずに自分ですべてコントロール出来て、強いプレッシャーがない家事は、例え家事子育てでろくに睡眠時間がとれなくても、私にとっては楽で楽で仕方がなかった。たまに面倒くさくはなるけれど。

ある程度こなれてきて、空き時間を好きに使えるようになるとなおさら楽になった。

子供も二人目が中学生になって手がかからなくなってきた。

会社員として社会復帰しようかとも思ったけど、家族相談して自宅で事業を始めてみることにした。

まだ今後も家事はすべてやっていくけれど、振り返ってみても、仕事よりはらくちんだなぁという感想しかかばない。大変なことも楽しいこともあったけど、圧倒的に楽しかたことの方が多い。

から、なんで家事がつらいとか、家事いかに大変かをアピールしたがる人がいるか理解ができない。

よっぽど不器用なのか、生まれ持った資質として家事子育てに適性がないだけなんだろうか?それなら理解できる。

あるいは自分がしていることが大変だと周りに認められることで満足感を得ることが目的だろうか?それも理解できる。

でもそれだけでは済まないほどに、こうした意見を目にする機会が多い。

その一方で、ガーデニング手芸習い事カフェ巡り、お菓子作りなどの趣味を楽しむ余裕のある主婦も多い。

単純に辛そうにしている人は家事適性が低くて、そうじゃない人は家事適性が高かったっていうだけなのかな?

会社休みすぎて、辞めたい

入社して3年目の後輩が「一身上の都合」によって退職した。

正直、羨ましいと思った。

今までずっとやめたいと思いながら仕事をしてきたのだから

羨ましくて仕方が無かった。挨拶メールのみで済ませていた。羨ましい。

私は最近ずっと体調が悪い。

酷いめまい会社を2日も休み連休の最終日に夏風邪を貰い、熱が下がりきらず会社休み

その他日程でも会社体調不良で休んだりしている。

もちろん病院には行っている。だけど、短期間で風邪体調不良連続させているため

「体調管理仕事のうちだぞ」と怒られている。

体調管理仕事のうちなのは分かっているし、

対策ちゃんとしている。マスクはしているし、家に帰ったらいそじんでうがいしているし

ヨーグルト納豆毎日食べている。

それでもダメなのだ

私も辞めたい。

楽になりたい。

2018-07-17

anond:20180717215706

初日が何ヶ月も先ってことはあまりない

今まで3回転職してるが、全部2ヶ月以上先の入社日で調整できたよ

入社して3ヵ月

顏を洗って出直してこいって言われたから家に帰ってきたんだけど、上司からの着歴がすごい。

顏を洗っただけじゃなくて、ちょっとエアコン付けて涼んでるのがバレたのかな・・・

2018-07-16

デザイナーだけど管理職になりたくない

私はあくま自分の専門領域を極めていきたいのだけど、会社からは考えが甘い!管理職になれば役職に就けて出世じゃんと言われてしまった。

こっちからすれば面接の時にも、入社してから面談でも↑の意向ははっきりと示しているのに!って感じになる。

考えが違いすぎて転職するしかないのかも〜

50歳強制安楽死制度日本を救う

現在日本が抱える様々な問題は、国民を50歳で強制的安楽死させることでその多くが解決されることに気づいた。

50歳強制安楽死制度下での日本国民の一生は大体以下のようになる。

0~5歳

まだ若い両親の寵愛を受けて育つ。

後述の通り両親はまだ学生であるため時間も体力もあり、全面的な愛を受けて育てられる。

6~12

小学生

現行の小学校とほぼ同様だが、来るべき中学生時代に備え恋愛セックスに関する踏み込んだ性教育実施する。

13~15歳

中学生

男女ともに中学校にて婚約相手を見つけて婚約第一子をもうける。

妊娠中は女子生徒は学校に通えなくなるので、e-larningや家庭教師などで国が全面的学習サポートする。

子育てはまだ若い双方の祖父母のサポートの元で行う。

16~18歳

高校生

それぞれ配偶者と2~3人目の子をもうける。

学習に伴うサポート体制中学時代と同様。

19~22歳

大学生

子供かわいい盛り。

大学生活を謳歌しつつ子供と遊び成長を楽しむ。

学生であるため長時間残業子供と接する時間が取れないなどということもない。

23~39歳

社会人(あるいは大学院生)。

社会人時点で子供小学生。両親は40歳弱。

後述するが両親はすでに退職間近であるため、子供の面倒を全面的委託することができる。

子供の面倒に気を奪われることなく、全身全霊を仕事に注ぎ込むことができる。

1日最低15時間、週休1日前後で猛烈に働く。

40~49歳

退職

40歳以上の人間仕事パフォーマンスが下がるため社会には不要。早々にリタイアする。

40歳とまだ若いため、十分に余生を楽しむことができる。

孫(概ね10前後)とも仕事を気にすることなく存分に触れ合うことができる。

社会人時代は身を粉にして働いたため、遊びに使う貯金も十分にある。

第二の青春と言って良いだろう。

50歳

安楽死

病気に苦しむことなく楽に逝くことができる。

仕事に遊びに子育てに、充実した人生であった・・・

これによって何が解決するのか

純粋恋愛結婚回復

初恋をしたのは中学生の頃だった」という人も多いのではないだろうか。

この制度下では中学生時代結婚するため、現在のような30歳を過ぎて男女ともに打算で行う醜悪結婚とは異なり、若い純粋な恋情をそのまま婚姻という形で実らせることができる。

高齢童貞処女問題の解消

今日恋愛自由主義化はますます加速している。それに伴い男女ともに恋愛結婚から取り残される人間が多く出現するようになった。特に男性高齢童貞社会に対して抱いている怨念は凄まじく、その存在自体が人々や社会迷惑を与え、中には直接人々に危害を加える人間まで出現する有様である

この制度下ではかつて共同体企業果たしていた「お見合い」の機能中学校代替する。これにより恋愛セックス結婚から漏れ落ちる人間がいなくなり、それは即ち高齢童貞消滅意味し、治安においても精神衛生の面においてもこの国が安定することに繋がる。

万全なる労働力の確保

40歳以上になると体力も低下し思考も硬直化するため、労働力としての価値は低下する。

この制度下では40歳退職となるため、20~30歳の働き盛りを労働力の中心に据えることができる。

完全なる女性社会進出の実現

女性生物学宿命により、妊娠出産のために最低でも1年近くは前線から離れることとなってしまう。一方グローバル社会での企業間の競争は日に日に激しくなり、どの企業産休・育休による社員前線から離脱容認できる体力がなくなっている。女性社会進出の意義を企業理解していても、どうしてもこの事情があるために女性社員雇用や重役に任命することに二の足を踏んでしまうのだ。

この制度下では新卒入社時点ですでに女性は2~3人の出産を終えており、また祖父母による育児サポートを得ることができるため、産休・育休による戦線離脱がない。これにより企業安心して第一線の企業戦士として女性雇用することができる。

グローバル社会での競争に勝つための競争力を得ることができる

24時間働けますか」とはバブル時代象徴する栄養剤のCMキャッチコピーであるが、この言葉通り資源のない日本は粉骨砕身の労働によって世界トップ経済大国に躍り出た。企業間の競争苛烈さは日を追うごとに増すばかりだが、それに反するように労働者の育児に関する休職・早退の問題も増してきている。この制度下では前述の通り現役労働世代育児問題に悩まされることはない。気を惑わされることな自分の取り組むべき仕事100%のエネルギーを注ぎ込むことができる。これにより日本競争力は高まりグローバル経済戦争覇者となるだろう。

ネグレクトから解放

両親が仕事忙殺されるがためにネグレクトとは行かないまでも十分に愛情を受けることができない子供も多くいる。特に専業主婦が少なくなり母親フルタイムで働くことが多くなった今日においてはどうしても子供が両親と触れ合う時間が少なくなってしまう。

この制度下では0~7歳くらいまでは両親に、1020歳くらいまではリタイアした祖父母と触れ合うことができるため、多くの愛情を受けて成長することができる。

少子化問題の解消

この制度化では中学高校時代になるべく多く子を産むことが奨励される。

まだ学生身分であるから仕事を気にすることな産休・育休を取得することができる(休暇中の学習は前述の通りe-larningや家庭教師サポート)。

また、すでにリタイヤ済みの若い祖父母に全面的育児サポートを受けることができる(両親は仕事に集中しているためまだ孫の養育には参加できない)。

社会としても少子化が解消されるし、仕事に熱中するあまり出産適齢期を逃して涙を流す人も減るだろう。

不妊問題の減少

卵子精子も加齢によって痛み、男女ともに年を取るごとに妊娠能力が低下する。

この制度下では生物学的な妊娠適齢期である中~高校生の間に妊娠出産を済ませるため、不妊問題は大きく減少するだろう。

高齢化の解消

50歳で安楽死するからこれは自明

リタイア後の人生の充実

現在日本社会では60歳定年制度すらも無くなり、65歳あるいは70歳までも働かせようとする動きがある。

70歳でリタイアしたとして、その老体でどのような第二の人生を楽しむのか?

この制度下では40歳という若い年齢でリタイアするため、旅行スポーツを存分に楽しむことができる。

10年という余生は短く感じられるかもしれないが、まだ若い中年時代10年の密度は後期高齢期間の数十年に匹敵するだろう。

破綻した年金制度廃止

50歳で安楽死するため退職~死までの期間は10しかなく、現役時代苛烈労働によって十分な貯蓄を行うことができるため、年金制度廃止することができる。

苦しい死の可能性の軽減

日本人の死因の1位はガンである

ガンの終末は苦しい。

ガンに限らず年を重ねるごとに重い病気によって死ぬ確率高まる

そうなる前の50歳という比較若い時点で安楽死することにより、苦しみの果てに臨終するという悲劇可能な限り避けることができる。

英語

ドラゴン桜英語の上達方法についてのまとめが盛り上がってたのでちょっと思い出した

入社数年目で海外案件担当することになって(単に人が居なかったからで英語が得意不得意は関係なかった)

当たり前だが作成する資料や現地で打ち合わせするのは全部英語でひたすら英語漬けの毎日だった

案件を始めたばかりの時は読み書きはともかく一切話せなかったのがなんとか向こうで生活できるレベルにはなった

スタート時に3ヶ月ほど英会話にも通ったのだがそれ以上に毎日必要に迫られて英語に触れるのが大きかったと思う

その案件は2年弱で完遂し、その後英語を使う機会はなくなった

今は道を尋ねられても英語説明どころかその意図さえ聞き取れず理解できないと思われる

当時受けたTOEICリスニング過去最高点でそれ以降は下がる一方だった

日常生活でも仕事でも英語を使わない状態で話せるようになるというのは至難の業だと思う

でも今のところ生きる上で特に困ることはない

もし自分がまた英語を話すことができるようになるためには

仕事海外案件担当になるか海外で友人を作るなどするしかないのだろう

定年引き上げは若者の将来を潰す

定年の年齢を引き上げることで、団塊ジュニアやらバブル入社老害老害予備軍を社会蔓延らせ続けることになる。

で、結局、そいつらの雇用確保のために、若者雇用機会は減るし、賃上げも緩やかなままになる。

しかもこいつらは、ワープロ世代から、概してテクノロジーにも疎く、イノベーションに対する抵抗も強い。

政府としちゃあさ、年金払えねーから、こいつらの雇用確保を企業押し付けてざるを得ないかもしらないがさ、そのしわ寄せは、相も変わらず、ロスジェネ世代より下に押し付けていることに気づかないか

これだけ政府世代間不均衡を容認しちゃったら、若者老害殺しが日本中で始まってもしかたねーぞ。

害人なんだから駆除間引きしないと自然破壊ならぬ、国家破壊が起きんだから、そろそろ手を打たんと個人による暴走が起きんぞ。

業績賞与が貰えなかった

うちの会社年俸制ボーナスなのは業績賞与のみなんだけど、入社して半年経ってやっと賞与もらえると思ったら貰えなかった…めっちゃショック。業績はとてもいいのに!会社どちゃくそ儲かってるのに!心底期待してた分寝込むほどショックだった。業績が思わしくなくて貰えないならわかるんだけど、入社半年経過した者が対象かつ、さら一定昇給額を満たした者のみ真の支給対象者とかさ…そんなの聞いてないんだけど…自分はその昇給一定額に届いてないから貰えないんだって…まじかよ…なんか一気にやる気なくなっちゃったよー

2018-07-15

市來玲奈日テレアナウンサー)のニュース読み初めて見たんだけど

ほぼ毎日仕事しながらインターネット日テレニュース24を1日中流しっぱなしにしてるんだけど、

昨日、たまたま日テレ新人アナ市來玲奈ニュースを読んでいた。

乃木坂入社したコね。

まだ入社して半年も経ってないと思うんだけど、すげー貫禄w

声だけはやっぱりまだ若いんだけど、まったく噛まないし、わずか数か月の研修でこんなにも完成してしまうのかというしっかりとした原稿読み。

じつはもう地方局で5年以上やってるんじゃねーの?っていうくらいの落ち着き。

だいたい新人ちゃんニュース読むと緊張しすぎて噛んだりキョドっちゃうんだけど、このコにはそれが全くない。

まだ研修中だから先輩の豊田アナそばにいてチェックされててダメ出しされるんだろうけど、

それなのに堂々としすぎて、新人とは思えない。

ぜんぜん報道でいける。

本人はバラエティとかやりたいんだろうけど。

このコなら、途中でニュース速報の原稿差し替えられてもまったく動じないで進行できると思う。

日テレ、すごいタマ見つけたな。

アイドル出身だってバカにできませんね。

中途入社して1年経ってないけど、自分自分の降格願い出す。

別に自分仕事出来るなんて思っていないが(前職では同職種の人たちの中で真ん中って感じだったし)、社歴5〜10年の人たちの上に立って中途の一番年下の私がリーダーやるなんて無理だった。

任されたときから難しいんじゃないかと思っていたし、出来るだけ謙虚に振舞っていても、足をどんどん引っ張られて協力してくれることなんて1度もなかった。

会社には期待されていたっぽいけどヘタレ申し訳ないという気持ちしかない。でもこのままだったら病気になってしまう。

2018-07-14

anond:20180714205951

入社後8年ぐらいは毎年200−250万円のペースで年収が増えていくイメージ

うーんこの

anond:20180714205814

いや、こういう記事を見かけたのでね

マーケティング、在籍5~10年、現職(回答時)、中途入社男性グーグル合同会社

年収:2800万円 年収内訳(基本給:1740万円、残業代:0万円、賞与:400万円、その他:650万円)


給与制度の特徴:

部署によって、四半期ごとのセールスボーナス型か、年に1回のコーポレートボーナス型に分かれる。社宅借上制度があるので、それを利用することによって年間の家賃負担住宅手当制度よりも効果的に軽減することができる。制限付き株式(RSU)の付与額が大きく、権利付与された時点で税務上給与とみなされるので、確定申告で多額の納税が発生する。ジョブレベルが上がる時(昇進)に20%と大きく基本給が昇給し、それに伴い賞与も大きくなる。また、ジョブレベルが上がらなくても、高い人事評価が続いていれば、毎年RSUの付与が大きくなり、会社株価の上昇、円安の進行などにより、結果的報酬額の上昇につながる。2−3年に一度のペースで昇進しつつ、高い人事評価が続いていれば、入社後8年ぐらいは毎年200−250万円のペースで年収が増えていくイメージ

会社ゆとりすぎてつらい

事務所に俺を含めて3人

主に受託開発のソフトウェアエンジニア

新卒入社から全く管理されず自分裁量で開発

下手したら「おはようございます」「お先に失礼します」しか会話しない日もある

月に5日有給とっても何も言われない

2日で終わる仕事を1月かけて、後はネットサーフィンしたり自分勉強したり

新人が入ってきたことも何度かあったが全員リタイア、消えていった

スキルつけるとこういう働き方もできるってことを知ってほしい

みんな勉強して自分楽園を見つけよう

グーグル合同会社就職転職リサーチ公開クチコミ

マーケティング、在籍5~10年、現職(回答時)、中途入社男性グーグル合同会社

年収:2800万円 年収内訳(基本給:1740万円、残業代:0万円、賞与:400万円、その他:650万円)


給与制度の特徴:

部署によって、四半期ごとのセールスボーナス型か、年に1回のコーポレートボーナス型に分かれる。社宅借上制度があるので、それを利用することによって年間の家賃負担住宅手当制度よりも効果的に軽減することができる。制限付き株式(RSU)の付与額が大きく、権利付与された時点で税務上給与とみなされるので、確定申告で多額の納税が発生する。ジョブレベルが上がる時(昇進)に20%と大きく基本給が昇給し、それに伴い賞与も大きくなる。また、ジョブレベルが上がらなくても、高い人事評価が続いていれば、毎年RSUの付与が大きくなり、会社株価の上昇、円安の進行などにより、結果的報酬額の上昇につながる。2−3年に一度のペースで昇進しつつ、高い人事評価が続いていれば、入社後8年ぐらいは毎年200−250万円のペースで年収が増えていくイメージ

カリアゲ社宅があるってマジ?

無料家賃無料とか最強じゃん

障害を隠して健常者だと偽ったことを理由に、派遣元派遣先今日

派遣元に、健常者のふりしてることが問題になってると知らされる

派遣先で、話の流れで「発達障害で、障害手帳も持っている」と話した。

後日、派遣元担当者面談して言われた。

派遣先から障害手帳を見せられた。』『業務についていけず、習熟度が低い。』とクレームがあった。

それを受けて、派遣元増田障害を隠していることが問題になっている。」

(前者は明らかに手帳を見せておらず、後者はついていけないレベルではないと自覚しており、事実確認を求めたが、何回きいてもはぐらかされる)

面談の会話は録音済み)

問題になってる理由

客先に説明していない。障害者を派遣するなら、説明必要がある。

(健常者を派遣するという書類があるので後でもらうと約束させたが、終わるころに念押ししたらその書類存在するかさえ説明できないと話が変わっていた)

障害の程度を確認した上で、業務安全担保できるところに配属する必要があるため。

派遣元入社時に、既往歴をきき、(その場で書類パッと見だけなので言葉違うかも)「精神障害者」の欄にチェックがなく、問題なしにチェックがあったので、偽ってるため。

(チェックは増田ではなく面接担当が書いている。増田精神障害の有無を聞かれた記憶がない。また、増田ヘルニアを患っているが、その欄にチェックがなく病気チェックリストとして機能できているとは思えない)

手帳みせろ

手帳を見せて、かつ症状を説明しなかったら、派遣先今日で終わりだと言われる。

拒否し、派遣先はこの日で終わった。

久々にキレちまったよ。労基に行こうぜ。

派遣元担当者提案で、担当者増田ふたりで労基に相談に行くことになった(!?)。怖いもの知らずだなテメー。

ここで、派遣元担当との面談終わり。

帰宅後父から電話

帰宅後、父から派遣元から息子が障害者だと隠していただろと電話をもらった」と報告を受ける。

ショックを与えてしまって悪いことをしたと思う。

これからどうしたらいい?

どこになんと相談すればいい?可能なら、お金もらえるだけもらいたい。

労基、法テラスに金がとれるかどうかきく?解雇予告手当もらえる?(正社員として派遣元入社しているが、派遣先決まってない待機時は給料が出てない状態だったことがある。)

派遣先クレームの内容が事実かどうかきく、派遣元パワハラなどの電話相談サービス くらいか

2018-07-13

「できない」コミュニケーションと「できる」コミュニケーションの違

ロスジェネ少し後の世代

20代新卒入社した会社で学んだおじさん対応コミュニケーション術が今、通じない。

「わあすごい!!!!」

「それってなんですか〜?教えてください」

本当は知っていることでもこういう対応してたらまわりには可愛がってもらえてた。

今はまわりはほぼ20代後半〜30代前半のわかい会社で働いてるけど、コミュニケーションの取り方が根本的に違う。

自分の得意なこと、よく知っていることをまわりに共有するのがコミュニケーション。まわりも、○○さんは▲▲に詳しい、というのが暗黙知だしそれが生存バリュー。

今までできないコミュニケーションだったから、なかなか方向転換が難しい。

この間なんて、「で、結局なにができるんですか?」って聞かれちゃったよ。

えぐられたよねー。

私、なにができるんだろう。

楽天文句

結構前に楽天株式会社退職していました

noteテストを兼ねて。実は退職してからすでに1年以上が経過しているのですが、ようやく書きたいことがかけるようになったと思われるのでいまさらながら退職エントリを書いてみることにします。

TL;DR

文章にしてみたら、自分がどういう環境で働きたいかが整理できました。自分思考を整理する手段として退職エントリおすすめです。この文章にはそれ以上の価値はありません。

Safe Harbor Statement

ここに書いた内容は僕から見た一方的な内容であり、辞めたひとバイアスがかかっていることをご承知おきください。近しい人が見れば個人特定できてしまうような記述がありますが、個人組織誹謗中傷する意図はありません。

楽天でのおしごと

2011年4月新卒入社。ちょうど6年間、金融関連事業渡り歩きながらWebエンジニアをやってました。お客様に直接向き合うサービスを作る部署なので、開発も運用もやりました。工程でいうと要件定義/設計/実装/テスト/リリースとぜんぶやりました。役割でいうとリードエンジニアっぽい仕事プロジェクトマネージャプロダクトマネージャマネごともやりました。5年目くらいからいわゆる管理職兼任してました。

謝辞

やめる直前はとにかく退職することに全エネルギーを注いでいたうえ、決意を固めてから有給消化という名の出社拒否を行っていたので、お世話になったみなさまにはろくに挨拶もせず退職キメてしまいました。すみませんでした。6年間好きなようにやらせいただきました。自由奔放な僕を多岐にわたり支えていただいた皆様には大変感謝しておりますありがとうございました。

現職について

株式会社ディー・エヌ・エーでお世話になっています。相変わらずWebエンジニアです。素晴らしいタレントに囲まれて楽しくすごしていますエンジニア裁量が大きく、人材に対するリスペクトを感じます自由ライフスタイルマッチします。たのしいです。うぇるかむ。

よかったこ

現職での生活を1年やってみて、良かったなと思うこともまぁ少なくなかったので書きます

面白いことがたくさん起こる

良い意味アグレッシブ会社なので、思いもよらぬ業務提携がおこったり、わけわからんくらい事業が成長したり、(その逆もあったり、)「その発想はなかった」的な新事業が勃発したりととにかく様々なイベントに満ち溢れています。飽きることはないと思います

英語への熱量がすごい

内定式の直後くらいに英語公用語化がうちだされ、「入社日までにTOEICで○○○点とってきてね(とってこないとどうなっても知らんぞ)」的な脅しを人事にかけられました。おかしいな、ドメスティック会社を選んではいったはずだったんだが・・・英語ができない子だった僕は泣きそうになりましたが、さまざまなバックアップ会社提供してくれていたように思います。僕が在籍していた頃は英語一定ラインに達していないと安くはない代償(労基法との兼ね合いどうなってたんだろう?)を支払うことになっていましたが。僕は強要されないと勉強しないタイプなので、結果的英語スキルを身につけることができたのは良かったと思っています

福利厚生が圧倒的にすごい

現職もそれなりに規模の大きい会社ですが、比べてみても福利厚生レベルは圧倒的です。朝昼晩の食事無償提供されてました。会社建物の中にジムコンビニカフェマッサージクリーニングをはじめそのまま生活できそうな設備が整っています研修も充実しています特にエンジニアにとって魅力的なのは海外カンファレンス会社お金で参加できることです。「いいから行け」的にぶっとばされます

事業バラエティがすごい

楽天という会社は中にいても自分たちの会社がどんな事業をかかえているのかわからいくらいにたくさんの事業を持っていますEC金融が有名ですがそれ以外にも大小様々なサービスがあります新規事業への挑戦も常時おこなわれていますライフスタイルも開発スタイル事業ごとにかなり多様性があり、希望すれば社内異動だけでだいたいのやりたいことをかなえることができます

給料が高い

いまでいうとインパクトは薄れましたが、僕が入社した頃はかなり高い水準の初任給を出していたように思いますし、その後もありがたいことに高い評価を頂いていたので(同職種・同年代のなかでは)お給料は高かったほうだと思います

よくなかったこ

主に辞めた理由です。当然にネガティブな内容なので有料にして伏せておきます楽天転職検討している人とか僕の愚痴をよみたい奇特な方向けです。

エンジニアの扱いがよくなかった

これは部署にもよるのでしょうが、僕がいたところではエンジニア立場が悪かったように思います。たぶん僕の被害妄想です。とはいえ、現職と比べると圧倒的に裁量は小さかったですし、ビジネス職のメンバーとの関係も良くなかったと感じます。なんでもかんでもエンジニアが悪いことにされる傾向にあったり、筋の通らない理不尽要求にNOといえるような環境ではなかったとは思います

上司がやっている仕事が楽しそうに見えなかった

僕はたいへん素晴らしい上司にめぐまれていました。そのおかげで好き勝手やってこれたのですが、尊敬する上司仕事は(僕にとっては)つらそうに見えました。自分が将来同じ仕事をやりたいかなと考えると胃がキリキリしてきて絶対イヤだったので。

日本語が使えるとディスアドバンテージ

社内には外国籍メンバーがたくさんいます日本語がまったくできないやつも一定数います。そんなエンジニア日本語サービスを作っています。わからない言語サービスを作るというのは大変なことです。間違った言葉が書かれていても間違っていることに気づけません。利用規約に間違った記述があった日には大変なことです。英語公用語なので、英語が使えても評価されないというのはまぁ受け入れましょう。ただ、かわりに日本語が使えることが評価されるかというとそうではありません。ただ単に日本語がわからないやつの代わりに仕事が増えるだけです。ビジネス人間日本人ばかりで英語使わないことが多く、調整系のタスク忙殺されるのが嫌になったので。

会社がでかいのでイケてない制約がたくさんあった

システムインフラは構築はどこの部署にお願いして、root必要DB操作はまた別などこの部署にお願いして、それが何営業日必要で、とかシステム開発時の制約とか部署またぐ作業リードタイムがなんぼとかいちいちめんどくさい上に新しいことをやろうとすると面倒なことがたくさんあったので。

会社がでかいのでアレなやつが一定数いた

僕が最後に携わっていたサービスが世の中に出たのでちょっとみてみたのですが、平成も終わろうとしているのにjQueryバリバリ2000年台初頭構成Webアプリが完成していました。僕が置いてきたReact+マイクロサービスアーキテクチャは無事闇に葬られていました。僕のチームがコミットしていたリリース日よりも10月遅れリリースでした。どこからともなくさっそうと現れた「そんな複雑なシステム運用できない」などとのたまう向上心のなさそうな、他人アイデアケチをつけるのがうまいベテラン(?)エンジニアがすべてをひっくり返してしまったようです。(そいついかにアレかを13くらいの言葉説明できるのですが長くなるのでやめておきます)その人物提示した見積もりは我々がそれまでに費やした工数3分の1程度だったので、そのとおりに行っていれば去年の夏には終わっていたはずなのですが。そのエンジニアがアレなのは言うまでもないとして、そいつのアレさを見抜けない上長や、IT企業にいながらエンジニアがなにを大事にしているか理解できずに無茶苦茶判断をするビジネス人間に囲まれ仕事をするのが辛くなったので。おかげさまで僕の最後仕事はその案件作成したすべてのソースコードの破棄でした。メンバーには申し訳ないことをしました。

評価理解不能だった

退職を決意した最も大きな理由ひとつです。前職最後の人事考課の結果が極めて不満だったので。「どう考えてもこの人達より僕の評価が低いことはないだろう」と思っていた同じ職位の人間よりも評価が低かったうえに、それに対する納得の行く説明も得られなかったので。その当時僕の評価担当していた上司は非常に管掌が広かったので、いち部下の評価まで細かいことを気にしている場合ではなかったのかもしれませんが。その瞬間この会社に対する信頼は地に落ちました。

半年待ちたくなかった

その後、非公式な場で「評価がまずかったのは申し訳なかった。半年耐えてほしい(※楽天では評価が年2回)」というようなことを何人かの上司から言われましたが、それはつまり半年待った結果として正当な評価を受けられる」という僕がただ半年間不当な評価を受け入れるだけで、特段メリットがない提案でした。そこに対してどのような補填がなされるかといった説明はなく、耐えた後に得られるものも大したことはなさそうで、しかそれから半年間の仕事も特段熱意を注げるようなものではなかったので。

朝会という制度がどうしても気に食わなかった

毎週1回(事業によってはそれ以上の頻度で)朝会があります。朝8時からです。そんな時間に起きたくありません。裁量労働だろうがなんだろうが関係ありません。出社しないとどういう扱いを受けるかはここには明言しないでおきます労基法以下略)。それはヨコにおいておいても朝8時です。内容がつまらないとかではないですが、いちポンコツ社員としては「8時に始まるから7時58分までに出社しなさい」といわれて間に合うように起きることと天秤にかけるほどの重要性が最後まで見いだせなかったので。(というわけで、僕はこの制度が残っている間は絶対楽天に戻りません。)

英語化無理しすぎだろとしか思えなかった

応募者に要求している英語ハードルが高い(割に待遇が良くない)ので、優秀な日本人採用することが極めて難しくなっていたように思います。そのかわり英語はできるけどそれ以外は普通な人物はたくさん応募してきていた印象です。所詮国内に根ざした企業なので、実務で必要になる英語レベルはそんなに高くないです。なので英語ができない人のカバーをするのは難しくありませんが、優秀なエンジニアがいないのを何とかするのは極めて困難でした。会社方針のせいで本当に採用したい人が採用できず、自分目標にしたいと思える人物切磋琢磨したいと思える人物が同じ組織に現れず、いろんな意味で先がなさそうだったので。

管理職は向いてなかった

上司からお話を頂いたときは嬉しかったですし、それなりの使命感をもってやっていたつもりでしたが、いま思い返すと管理職の道を選んだのは失策でした。できることは増えましたが当然にやらなくてはいけないことも増えました。僕がやりたいことではありませんでした。とはいえ当時はやりたくないといいだせる状況でもなかった(と思っていました)し、自分キャリアアップにつながるなら...と打算的なことを考えてもいましたが、僕の考えは甘かったということが後にわかったので。

というようなことを考えていたら働く意欲がなくなったため

以上のような経緯により、それまで持っていたモチベーション迷子になったので。面白いこともまぁまぁあり、ストレスもある環境でした。「それでも会社必要としてくれるなら...」と思っていましたが、「お前の代わりなんかいくらでもいるよ」という空気を感じた途端に熱が冷めました。

まとめ

正直、辞めた当時は自分判断が正しいのかどうかに結構なやみました。勤めていた時はそんなに悪くないと思っていたのですが、現職を経験して思うのはやっぱり楽天エンジニアエンジニアリングするのには向いてないということです。社内政治が得意な方にはおすすめです。

2018-07-12

アンジャッシュコントみたいに会社を辞めた女の子の話。

私が前に勤めていた会社の話。

会社は、Web制作会社でした。クライアント企業からサイト制作を承る、どこにでもあるちっぽけな受託会社です。

そこに、中途採用デザイナーが入ってきました。まだ若いけれども、前職でもWebデザインをしていたという女の子です。

の子をAさんとします。

Aさんは、即戦力として期待されていましたが、まだ若いということもあり、会社ローカルルールなどにも慣れてもらうため、

教育係がつくことになりました。それが、当時デザイナーチームの中でもトップクラスの実力を持つ、年配の(多分40代女性です。

そのベテラン教育係の人を、Bさんとしますね。職人肌で、黙々と自分仕事に取り組み、いつも良いデザインを仕上げてくれるプロフェッショナルです。

さて、Aさんは入社1週間も過ぎ、順調に仕事をこなしていました。実はこの会社過去に未経験者を多く取りすぎてしまい、

ろくに教育も出来ないのに仕事押し付け、うまく仕事が回らなかったという反省がありました。

(あまり無茶振りに、9割ぐらいの採用者は退職してしまったのです)

そんなこともあり、経験者のAさんには期待も集まり、周囲は「久しぶりにようやくまともな人が入ってくれた…」

とほっと胸をなでおろしものです。

ただ、Aさんはちょっと独特な感じの人でした。

良く言えば「ふわふわしている」、悪く言えば「不思議ちゃん」な感じです。

もちろん仕事はおろそかにしていなかったですし、業務遂行上のコミュニケーション能力は、何ら問題ありませんでした。

しかし、その性格が後に仇になろうとは…

さて、教育係のBさんです。彼女は長く勤めていましたが、家庭があるので、パート勤務でした。

どちらかといえば職人肌で、後輩の面倒をまめに見るというよりかは、自分仕事はさっさと終わらせて帰りたいタイプのようで。

(そりゃ家のことがあるし、さっさと帰りたいがためのパート勤務でしょう…)

それでも、Aさんは最初からテキパキ仕事をしていたし、社内のローカルルール、例えば素材はサーバーのどこにある、だとか、

ファイル名の命名規則フォルダ構成はどうするかとか、そういう最低限だけ教えて、後は放置だったようです。

当時はかなり仕事が立て込んでおり、Bさんに仕事が集中していた、ということもありました。

パートなのに、夜の8時を過ぎても帰れない、なんてこともざらにあったようです。

そんな時、事件が起こりました。不思議ちゃんなAさんが、突如大声をあげたのです。

「あ~~~ 2時間かけてやったイラレ作業間違えて消しちゃった~~!!!

デザイナー経験のある方ならおわかりいただけるでしょう。

時間コツコツやってきた作業が、一瞬で電脳藻屑に消えた時の、無限にも等しい喪失感を。

周囲からは「Aちゃん、ご愁傷さま~」「保存してなかったの~?」という言葉がありましたが…

隣に座っていたBさんは完全無視。そう、この時も確か夜の8時頃でした。

BさんはBさんで、怒涛の仕事量を押し付けられ、この日も帰れずにいたのです…

Aさんの、ふわふわっとした、あま~い感じの声で「イラレ作業消しちゃった~!!!」に

いちいち反応している状況ではなかったのでしょう。

そんな時、Aさんが事件きっかけとなる一言を発しました。

タイムマシン、ないんですか~?」

とBさんに質問したのです。

そこで初めてBさんが

「はぁっ?」

と切り替えしました。

Aさん「タイムマシン、ないんですか? この会社

Bさん「はぁ?」

Aさん「だからぁ~、データが飛んじゃったんですよ。タイムマシンがあれば復活できるじゃないですかぁ~」

Bさん「はぁ? あんたねぇ、そんな状況で子どもみたいな冗談言ってんじゃないわよっ! こっちだって忙しいんだから!」

Bさん、ついにキレました。忙しいってのもあったのでしょうけど、Aさんの不思議ちゃんっぷりにも、前からイライラしていたのかもしれません…

いずれにしてもBさんがキレるような光景は社内全員始めてだったので、みんな、ぽかーんとしてことの成り行きを見守っていました。

そして、Aさんもここに来てキレてしまったようです。

Aさん「はぁ? なんでこっちがキレられなきゃなんないのよ! タイムマシンのない会社なんか信じれられないわ!

Bさん「だぁかぁらぁっ! 冗談言ってんじゃないわよっ! ここは会社よ! タイムマシンなんてないんだから、こまめに保存してなかったアンタが悪いんでしょっ!」

Aさん「あぁ? 話の通じねえおばさんだなぁ! 会社からこそタイムマシン用意しとけってんだよ!」

あのふわふわしたAさんとは思えない言葉遣い… いよいよ二人が掴み合ってキャットファイトに発展するか! ぐらい盛り上がったところでしたが、先にリングを降りたのはAさんでした。

Aさん「あー、もういい。こんな会社、辞めてやるわ! こんな時間まで作業してタイムマシンもないとか、ありえないし!」

といって、カバンを持って帰ってしまいました。当然、2時間の苦労がパーになったイラレ作業はほったらかしで。

Bさんは、Aさんが会社の部屋から出ていくのを見送ってから、何事もなかったように自分作業にもどりました。さすが職人です。

さて、ここまでお読みいただいた方のうち、Macユーザーの方ならお分かりいただけましたね?

そう、Timemachineとは、Macに搭載されている自動バックアップシステムです。

通常、1時間に1回自動的にバックアップが取られるので、間違って消したとしても、1時間前に保存されていれば、そこから取り出すことができるのです。

そして、残念ながら、この会社は全員Windowsでした。さらに、個人Macを使っている人も数えるほどしかおらず、ほとんどの人はTimemachineがMacバックアップシステムだと知りませんでした。

(ちなみに私がその数少ないMacユーザーで、上記やりとりを見ながら、吹き出しそうになるのをずーっと堪えてましたw)

BさんはずーっとWindows仕事してきた人のようで、Aさんの言う「タイムマシン」が、不思議ちゃんぶっているAさんの、タチの悪い冗談に思えたそうです。

適当にいなしても食い下がってくるAさんに、ついカっとなって怒鳴ってしまったとのこと。もちろんタイムマシンがそういうものだと知っていたら、そこまで怒らなかった、と後に彼女は語っています

さて、次の日。

私が出勤すると、入れ違いにAさんが会社の部屋から出てきてすれ違いました。早く会社に来て、昨日のことを話していたのでしょう。

その日の朝礼で、マネージャーから「えー、突然ですが、Aさんは本日付けで退職となりました」と発表があり、どうやら早朝に話をつけてしまったようです。

からマネージャー社長に話を聞くと

データバックアップを取る仕組みを会社が用意していないのはおかし

・以前の会社では、Timemachineが用意されていたMac業務をしていた

Windowsを使うことに抵抗はないが、そういう仕組みがない会社では働けない

・TimemachineはMacユーザーには常識Macのことも知らずにこの業界仕事をしている人たちがいるなんて信じられない

・というか、Macでの動作検証とかどうしてるんですか?(←一部の人個人の端末でチェックしてるだけ。してない案件も多い)

・なので辞めます

という話があったそうで。一応就業規則的には退職は1ヶ月前に申し出る、ということになっていましたが、

彼女は頑としてそれを受け入れず、社長がしぶしぶ当日で辞めて良いということを認めたそうです。

まあ、私も彼女は気の毒だと思いましたが「そんなことで会社辞めんでもw」とは思いました。

彼女はまだ若いので、こんなしょぼい会社辞めたところで、身の振り先はいくらでもあるのでしょう…

さて、彼女は社用タイムマシンがある会社で働くことが出来ているのでしょうか…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん