「業務」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 業務とは

2022-10-04

船荷証券のことB/Lって言うんだけど

貿易会社に入って業務説明の時に初めて口頭で「ビーエル」って聞いて一瞬、脳がバグった覚えがある

これまで自分にとって「ビーエル」と言えばボーイズラブのことでしか無かったので

文字で把握する前に音声で聞いたことも混乱に拍車を掛けた感がある

anond:20221004191354

考え過ぎ。

それは店員さんの定常業務

安心して聞け。

anond:20221004013502

参戦遅れたわ、悔しい。

この増田に言いたいこと

元増田の主張にフォローする形に話を持っていくなら、一定数のブクマカたちの言っている「明石花火大会歩道橋事故」が、元増田の言う

日本警察であればこんな事はまず起きない

反証になりうる、として真摯に受け止めるべきなのでは。

事故の原因をちゃん検証して反証たりうるか調べて、ブクマカたちに反論するなり補足するなりってのが建設議論ってやつだと思うんだけど、そうやって煽り合ってなにが解決するんだ。

そこは「そうしないと読んでくれない」って思いがあったかもしれないにせよ、タイトル煽り気味にした元増田も良くない。

当然それに乗っかった一部のブクマカも良くない。

あと、

明石事故がなくても十分わかりやす記事だったと俺は思う

よく言われることだけど、「分かりやすさ」はすなわち「事実」じゃないから気をつけた方がいい。

当然これから俺が主張することも、出典が出典だけに事実じゃない可能性がある。元増田の主張を支持して俺の主張の穴を突きたいなら自分で徹底して調べて俺に教えてくれ。単なる煽りには絶対に乗ってやらないんだからね。

明石花火大会歩道橋事故について調べる

本題に移る。

2001年7月21日に起きた「明石花火大会歩道橋事故」についてはWikipedia記事があったので、以下これを元に話を進める。

原因については、以下の様になっている。太字は俺が強調した。

会場の大蔵海岸朝霧駅との間には国道2号が通っており、歩道橋以外の連絡がなかったことが大きな原因の一つであった。この歩道橋以外のアクセス経路としては、朝霧駅東側踏切西側跨線橋があったが遠回りになり、山陽電気鉄道本線大蔵谷駅や西舞子駅があるものの会場から遠いという難点があった。加えて暴走族との衝突が発生しても警備がしやすいという理由から歩道橋から続く市道に180店の夜店を配置していた。

この結果、事故現場歩道橋ボトルネックとなり、歩道橋上で駅から会場に向かう人の流れと会場から駅に向かう人の流れが衝突して滞留が発生した主催者側も迂回手段についてのアナウンスを行わずさらに当日は蒸し暑く、歩道橋が透明なプラスチックの側壁に覆われた構造のため蒸し風呂状態となり、心理的に焦りが発生したこと事故発生の要因の一つとなっている。

とある

事故を前提に、元増田の主張を読み解く

次に元増田言葉引用すると、

雑踏警備での鉄則は「一方通行」と「ボトルネックを無くす」である。これは群衆が流体のような動きをするから

と言っている。

そして周知の通り、元増田は本事故を「日本の雑踏警備に影響を与えたいくつかの事故」として挙げなかった。

これらのことから読み手側には、いくつかの事故を教訓に「一方通行」と「ボトルネックを無くす」という雑踏警備の鉄則に則り警備が行われたはずだったが、にもかかわらずそのどちらもが機能せず、結果として本事故は起きてしまった。少なくともそれが何故なのかを説明しないと、元増田の言う「日本警察であればこんな事はまず起きない」は信用できない解釈する余地が生じる。

なので、繰り返しにはなるけれども、元増田を「批判を気にしなくていい」と擁護する立場であるこの増田がやるべきことは、元増田に対するそんな慰めとか、煽りに対する煽り返しに対する煽り返し返しではない。そんなことしても煽り返し返し返しが来るだけでなんの解決にもならない。

この増田は、支持者としてただただ努めて冷静に、元増田の主張の不足している部分を補えば良いのである

事故根本原因

というわけで、やさしいこの俺が、この増田の代わりに当事故の起こった根本原因は何かをWikipediaから引用しながら説明してみる。

事故後、兵庫県警察対応や警備計画問題点が次々と浮き彫りになった。

この花火大会にあたり、明石市と兵庫県警察本部明石警察署)、警備会社のニシカン(現ジェイエスエス)との間で事前の警備計画協議が不十分だったことや、7か月前の2000年12月31日に行われた「世紀越えカウントダウン花火大会」の警備計画書をほとんど丸写しにしていたことが判明した。さらにその計画書もコンサートなどのイベント用に設計されたものを流用しており、「世紀越えカウントダウン花火大会」の開催時(約5万5000人が参加)にも同様の滞留が起きて軽傷者が出ていた。約15万人から20万人の参加者が予想されていた本大会には、この問題点が生かされていなかった。

また兵庫県警察暴走族対策を重視して夜店の配置を集中させ、暴走族対策の警備要員を292名配備していた一方で、雑踏警備対策には36名しか配備されず、雑踏対策が軽視されていた

太字に注目するに、事故が起こった根本原因は、警察の警備計画策定業務に対する怠慢である

実際に、Wikipediaには複数民事刑事訴訟について書かれていて、うち2件は最高裁まで行って、1件が有罪となっている。以下裁判要旨。

花火大会実施された公園と最寄り駅とを結ぶ歩道橋で多数の参集者が折り重なって転倒して死傷者が発生した事故について、雑踏警備に関し現場警察官を指揮する立場にあった警察地域官及び現場警備員を統括する立場にあった警備会社支社長の両名において、いずれも上記のような事故の発生を容易に予見でき、かつ、機動隊による流入規制等を実現して本件事故回避することが可能であった本件事実関係の下では,両名には上記事故の発生を未然に防止すべき業務上の注意義務を怠った過失があり、それぞれ業務上過失致死傷罪が成立する。

他にも色々と裁判になってめっちゃ尾を引いてるので気になる人は各々調べてね。

まとめ・俺の主張

元増田の主張には重要なことが説明されていない、と俺は感じる。

警備対象人間扱いするのは重要だ。流体扱いするのも重要なんだろう。

でもそう標榜するだけじゃ事故は防げないことは、本事故証明している。

人間が警備計画策定する限り、本事故のようなことは今後も起こり得る

このような、人間人間であるがゆえに起こす事故を「人災」と呼ぶ人もいるかもしれない。

その観点では、少なくとも俺にとっては本事故インドネシア事故も等しく「人災」であり、人間の失敗であり、未来のために学ぶ意義があるものだ。

この時点で俺的には満足したんで、以下細々と。

Wikipediaより引用

2005年(平成17年11月、この死亡事故を教訓として警備業法と国家公安委員会規則改正され、警備業務検定に従来の常駐警備、交通誘導警備等に加え、雑踏警備が新設された。

元増田がこの記述以降の体制について話しているのであれば、余計に「本事故に触れないのはなんでだろう?」とは思う。

次、元増田より引用

人が集まる事をせんとする場合警備員の配置と雑踏警備計画を提出させられる

これ、「誰が」「どこに」提出するかが分からんかった。

事故の時点では警察自らが策定してたみたいだけど、今は違うの?それとも警察のものとは別に策定されるの?

おわり。

評価できない部下

社員管理を任せてる課長のA君。

いつまで経っても平社員と横並びの仕事しかしないんだよな。

君の仕事は平社員管理監督することであって、現場に出て身体動かすことではないんだよね。

どうしても平社員の人数足りなくて一時的に出てるならまだ許せるけど、

いつも定時30分前から社員のみんなは暇そうにしてるよね。

管理業務ってなにやっていいかからいか現場に逃げてるだけなのかな。

でもうちに来る前の会社でも管理業務やってたって履歴書に書いてたよね?

 

単純に売り上げ下がってるし、

あなたが朝礼を「時間無駄」って廃止してから、チーム全体がディスコミュニケーション状態に見えるけどどうなのかね。

同業大手地方支社から転職してきたか知識もあってできる人なのかなって期待してるんだけど、

まあ大手出身者のやり方が正しいとは限らないって例ですかね。

真面目で責任感あって一生懸命なのは認めるんだけどね。

ほんとは一生平社員現場やってたいのかね。

anond:20221004104733

明石花火大会歩道橋事故 - Wikipedia

2005年平成17年11月、この死亡事故を教訓として警備業法と国家公安委員会規則改正され、警備業務検定に従来の常駐警備、交通誘導警備等に加え、雑踏警備が新設された。

anond:20221003165842

設計の方のエンジニアだけどマジでこれはそう、身なり気にしないしコミュニケーショ能力概ねして低いし。でも、そのお陰でそこら辺が平均か平均以上あるだけで昇進しやすいんだけど。

一方当事者として、別に女性比率上げてほしいとか全く思わないな。男だけで回す業務には感情の介入余地なくてすごく楽。

2022-10-03

NHKブクマカも雑踏事故を甘く見過ぎ

インドネシアスタジアムでの暴動で多数の死者が出た事件で、NHKがあたか暴力が主原因で170人以上が死んだと取れるような報道をしているが

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20221002/k10013845461000.html

はっきり言って間違いだと思う。素手暴力でこんなに死者は出ない。

一方、雑踏の事故では簡単にこれだけの死者は出る。だからこれは観客席に催涙弾を打ち込んだ警察が原因と思われる。

日本警察であればこんな事はまず起きない。だがこれは日本スゴイって話じゃない。ちょいと説明しようと思う。

 

行政権としての警察権力

警察司法権機関であるだけでなく、行政としても強い権力を持っている。

から雑踏に関しても命令する権限があって、人が集まるイベントを届け出なくやったりすると怒られるわけだ。

店の外の行列放置していれば「ちゃん店員警備員雇って整理しなさい」と言われるし「○○という有名人が△△に来てる」っていうデマを流して将棋倒し惹起したら逮捕される。

 

警備業というのは監督官庁警察になっていて、更に警察官の天下り先でもある。また社長警察上がりというケースも多い。

元々警備業はボディガードなどから派生して色々な形態の警備を請け負うようになったのだが、実はその前から同様の警備請負をする人士達が居た。右翼である

右翼ボディガードだけでなく労働運動潰しなども請負い、暴力行使や時に殺人も行っていた。更に昔の右翼ヤクザと不可分の所も多かった。

 

昭和30年代にTVで「ザ・ガードマン」というドラマ放送されると雨後の筍のように警備業者起業されたのだが、ここに右翼/ヤクザ経営企業舎弟会社が大量に入り込んでしまったのである

警備請負というのは暴力からの防御という仕事が多い。それは即ち対抗するための暴力だ。

一方、警察というのは国家という暴力装置の実行装置だ。暴力装置たる所以暴力の独占であり、警察コピーした暴力世間にあってはならない。

また、道路工事での交通規制でも警備員必要だが、土建業というのはヤクザ企業舎弟が大変に多い分野だった。つまりヤクザ資金源になってしまう。

という事で警備業法というのが施行され、警備業は警察監督庁とする許認可事業で、前科がある人間雇用禁止警備員は法含む研修必須などが定められ、業務が完全に警察の指揮下に置かれたわけだ。

警察天下り先って事で、利益誘導の面もあって警備業の派遣先が増える結果にもなった。「これやるなら警備員を何人以上配置せよ。その配置図を出せ」って何かにつけて言われるって訳ね。

因みに以上の経緯から警備員の装備というのは厳しく制限されているよ。例えば警察署の前で長い棒をついた私服警官が立ってる事がよくあるが、あれは実は軍隊と同じ立哨で立ち方も決まっている。持っているのは「警杖なのだが、あれを警備員が持つことは禁止されてる。警棒の長さや形に制限がある為だ。

兎に角暴力装置代替ダメなのだ

 

日本で雑踏事故が少ないのはこういう戦後の経緯の末に、人が集まる事をせんとする場合警備員の配置と雑踏警備計画を提出させられるからだ。

雑踏での人の流れは流体として考える

 

雑踏警備での鉄則は「一方通行」と「ボトルネックを無くす」である。これは群衆が流体のような動きをするからだ。

 

一方通行にしない場合にどうなるというと、「クサビが噛み合った状態」になる。

例えば広いところの間にトンネル通路がある場合で、通路の両側から群衆が押し寄せた場合通路入口では「通路の半分からはみ出さない」という動機が働きにくいので通路のほぼいっぱいに広がって進行する。

だがこれは反対側でも同じなので、出口付近では人一人くらいの隙間をぬって通る事になる。

これは上から見ると三角形のクサビが噛み合っているような状態になる。効率的には最小化だ。

後ろから押されているので隊列が狭くなると群衆密度が増す。だが人は一定以下では足の歩みが出来ないので押されてやがて転んでしまう。

後ろの人間は前で起きていることが見えないので前にどんどん進行してくる→それらも更に転倒する、となって、転んだ人とのその手前の人間には数百キロ~数トンの圧力がかかり、皆死んでしまう。

これが通路を対面通行にした時に起きる雑踏事故だ。通路一方通行が鉄則なのはこういう理由だ。

 

ボトルネックがあった場合は、細くなる手前で群衆圧力が上がる。

更にボトルネック手前の壁に当たった人間通路に戻ろうとして横から割り込む→圧力が高いので弾き出される、となってそこでグルグル回って出られなくなったりする。まるで落ち葉だ。

でもそうする事でただでさえ高い群衆密度へ割り込まないとならない人が出て局地的に密度が極度に高くなる→転倒事故、あとは上記の例と同じで死亡事故まっしぐらである

から「狭くなる」箇所というのは作ってはいけない。狭い場所があったらそのずっと手前からパイロン等で狭い状態継続した状態にせねばならない。

 

ボトルネックを無くす」の類型に「通路をのばす」というのもある。

立体交差する駅で秋葉原駅階段一本で山手線総武線ホームが直接行き来出来るのに、武蔵野線南浦和駅はわざわざ遠回りして通路を歩かされる。不合理だと思った事ないだろうか?

これは秋葉原通勤ラッシュなどを然程考慮してなかった昭和初期の建設南浦和痛勤ラッシュ常態後の昭和後期開業である為で雑踏事故対策なのだ

電車の降車客は波状的なので、長い通路をダラダラ歩かせてそこで客の波を吸収してしまおうという思想だ。

秋葉原では短い階段ホームに直接客が展開してしまい、群衆密度が高い箇所がホームという危険状態になってしまう。

 

地下鉄高田馬場駅の改札はホーム端の先にあるが、2004年頃の改築でホーム中ほどから改札への通路増設した。

出口は一緒だから一見無意味な改造だ。だが長い通路で吸収して階段の手前で滞留する客がホームに溢れるのを軽減する効果があるのだ。

過去の事例

 

日本の雑踏警備に影響を与えた事故というのがいくつかある。

 

彌彦神社事件1955年

新潟神社で行きと帰りの初詣客がかちあって滞留状態になった。そこでやがて参道石垣が崩れて100人以上の死者。

だが石垣だけに問題があったのではなくて、群衆密度が上がりすぎて路肩にせり出し崩壊したものと思われる。

これは一方通行にしていなかったのが主たる原因の例。

 

日暮里駅跨線橋事故1952年

列車が遅延し、混雑が激化して日暮里駅の板張り跨線橋の羽目板が客の圧力に負けて崩壊。転落した客13人が電車に轢かれ8人が死亡した事故

対面クサビ状態ボトルネックの混合と思われる。跨線橋の角に押し込まれた客が流れに戻れず圧力が高くなって壁崩壊

 

上尾事件1972年

雑踏事故じゃなくて暴動なのだが、国労動労の順法闘争の為にダイヤが大きく乱れてカチ切れた乗客が駅員をぶん殴る、電車を悉く破壊するなどで収拾が付かなくなって機動隊が動員されて鎮圧

翌日から他の駅多数で度たび同じ暴動が発生する国電暴動となって東京カオス状態に。

大混雑と電車がいつ来るか知れないストレスフルな状態の上にアナウンスもせずにいた為に乗客の怒りメーターがレッドゾーン振り切ったの原因。

なのでこれ以降雑踏では拡声器を使ってうるさい程に行列に関する情報を与えろというのが鉄則となった。

 

宇崎ちゃん献血ポスター騒動の地と閉鎖区画フォークゲリラ集会禁止政策

数年前に宇崎ちゃん献血ポスター騒動というのがあった。セクハラっぽいポスター公益性が高い日赤が使うな!という騒動だ。

この騒動は一枚の写真から始まったのだが、このポスターが掲出されていた場所というのは新宿西口JR京王の乗り換え通路である

ここには「新宿駅西口広場イベントコーナー」というのがあり、その対面に「新宿西口献血ルーム」があって、そこに掲出されたポスターだったのだ。

この「新宿駅西口広場イベントコーナー」だが、実はここは1992年頃まで工事バリケードなどで塞がれた単なる閉鎖区画だった。

照明もなく、ホコリが積もったままで少ない資材が置かれただけの殺伐としたところで、居心地の悪い場所だった。

実はここが封鎖されていたのは「新宿フォークゲリラ」という騒動による。

ここが広くなっているのは1966年竣工西口立体化時に地下広場として作られたかなのだ1969年学生中心のベトナム反戦集会新宿フォークゲリラが開かれ、機動隊が導入されて解散させれらた。この際、広場として整備されたもの東京都は「通路」に変更するという禁じ手使用通路公道占拠道交法違反)。

だがこの後も若者が集まり勝手ギター演奏などは続いていた。

そこに起きたのが国電暴動で、新宿駅でも暴動が発生。「別に反体制学生じゃなくても暴動起こすのかよ!」と頭を抱えた警視庁東京都は、別にギター持って屯してた連中と暴動関係なかったが、万一を恐れて乱雑にこの区画を閉鎖してしまった。

 

時代が下って最早反体制なども流行らなくなり、閉鎖区画のせいで逆に荒んだ状態になっている元地下広場有効活用として即売会催事場としての活用をするようになった。

初めはしょぼかったが、やがて政策アピール掲示や地産フェアなど商売がうまくなり、綺麗な内装もされて有用イベントスペースとなってきて人の流れも出来てきた。

そこで対面に献血ルームが出来る事になったわけ。

 

上記のように日本警察は雑踏事故防止に関しては極めて有能なんだが、その反面「人が集まる事」を嫌いすぎるきらいがある。

広場否定論なんだな。あんまり人が集まるのを封じてしまうと今度は現在ロシアみたいな事になってしまう恐れもある。

で、最近だと東京駅や池袋駅西口渋谷駅(予定)みたいにロータリーを追い出して広場を作るという方に行政の方がシフトしてきている。

そういう戦後史と行政史の果てに出来たのが「新宿西口献血ルーム」でそこに掲出されたのがあの宇崎ちゃんポスターだったってわけだ。

あの騒動は色々感情的過ぎたが、でも一方でその辺知ってるとアゴラの復活でもあったって訳なんだな。

 

という訳で、統率されない人間が大量に集合すると雑踏事故が起きるのはデフォルト状態で、警察行政が力を入れて制御してるから日本じゃ事故があまり起きないのだ。

インドネシアのは警察問題があり、観客席に催涙弾を撃って視界が乏しくなった客がパニックになったらどうやったって雑踏事故になる。観客席は階段状でそこに下り階段があるという構造ゆえ先が見えなくなるから普段でも危険構造なのだインドネシア警察は雑踏警備の監督指導などを普段からしていないのではないか

1964年ペルーで同じように暴徒に催涙弾を打ち込んで300人以上が死ぬ事故があったので、そういう事例研究をしていないと思われる。

警察が私らを人間扱いしていない」との被害者コメントが報じられているが、インドネシア警察人間扱いと同時に流体扱いをすべきだった。

日本警察がこんな事をしないのは人間の扱いの違いだけでなく技術的に経験を蓄積しているかである

上司が大きな子供みたいになって困っている

上司 入社6年の35歳

私  2年目の契約社員27歳

 

金曜日に私が解決できなかったので上司に任せて、今日進捗を確認したら「作業途中にリモートが切れたけど連絡来なかったからそのままにした」「金曜日は忙しかったんだもん、仕方ないじゃん!」と言い訳をされた。

忙しいのは仕方ないけど、連絡来ないからって自分から連絡しないの何?やってくれるっていうから任せたんだが?

相手から私へ連絡があり、上司の代わりにペコペコ謝ることになった。

 

最近言い訳が多くて腹が立つ。

対応できるだろそれぐらいってことも「どうしようもないからできないもん」と言い訳するし、「私は契約なのに仕事量が多いぞ、もう少し考えてふってくれ」と伝えると「俺にそれ頼まないでよ!◯◯さん(別の業務をしてる)にふってよ!」と無茶を言う。

 

機嫌が悪くなると話しかけても無視するし、「◯◯されると不快からやめろ」ときつめに伝えてもぼんやりしてるだけで何も伝わってなさそう。怒った数時間後には呑気に「今週飲みに行きましょうよ〜」と誘ってきやがる。

怒ったり詰めているのに何故か機嫌が良くなってるのが気持ち悪い。

 

元々はもう少し頼れる上司だったはずなのに、どうしてこんなことになったのか。

上司と仲良い別部署の人も「年下の子に甘えすぎでは」と話していた。上司メール返信しないから見かねた私が代わりにやってあげたりとか、先回りして対応していたらいつの間にかそれが当たり前になって、できてないと注意されるようになった。契約社員範囲外の仕事も受け持つようになって、かなりしんどい

 

結構メンタルやられ気味だから、見かねた周りが近いうちに席を離すと言ってくれている。

正直限界が近いのでそろそろ退職することになりそうだ。

初めての引き金

プラッタ死体を作るのが主な業務内容の職場に勤めている。

最期に作るスプラッタ自分材料だと知っている。いつもは強くそれを意識してるけど、職務にあたってはなるべく考えないように努めている。

敵をサイトに収めてスイッチ。というよりはそこらじゅうを撃ちまくって、撃ち返してきた草むらに撃ちまくる。そうすると草むらの血みどろ和えができあがる。

銃についてるトリガーは2種類で電子レンジよりシンプルだ。人を殺す用、あと、ライトをつける用?正直バレルの下についてるのが何だったか思い出せなかった。そこにあると構えやすいのでつけてる。引き金が付いているが、引いたらフラッシュライトが光るのか?分からない。悪目立ちするのでライトはつけない。人を殺す用ばかり引いている。

ある種の小規模な空爆でできた死体を見た。なぜか出血がなかった。仄暗い天を仰ぎ、手はぶりっ子ポーズ。死後硬直か。死体と生体の境が曖昧になってしまった。生きることへの不必要な量の執着が出た。すこし揺らいだ。生きているなら動け。死体なら死体らしくしろ死体らしさを探すために、アンダーバレルの引き金を引いた。

すると、アンダーバレルの口から散弾が発射された。「アタッチメント操作共通化」がいくら合理的とはいえ、引き金でライトをつける訳がなかった。

しかし、死体死体らしくなったはずだ。既にあたりは暗くなっており何も分からなかったが、地面にはスプラッタが出来上がってるに違いなかった。

上司の引き留めがうざい

転職することにしたのだが、理由は以下

経理一本でやりたい(現職だと経理業務は3割ぐらいしかない)

給料が安い(地方の更に田舎なので仕方がない部分でもある)

休日が少ない(サービス業なので仕方がない部分でもある。その2)

・成長が見込めない(会社が求めてるのはゼネラリスト、俺がなりたいのはスペシャリスト

報連相が俺にだけない(イジメかと思うぐらい俺にだけ情報が回ってこなくて仕事に支障が出てるレベル

備品支給が俺にだけない(ジャケットがもらえないので正装できない。そもそも制服の一部が言っても支給されない)

名刺支給が俺にだけない(女は基本事務オンリーなのに名刺持ち。一方で現場にも出て取引先と打ち合わせまでやる俺は名刺無し)

企業の体質が男卑女尊そのもの(男は現場、女は裏方を地で行くので俺だけいつも事務仕事が捗らない)

仕事の分担具合がおかしい(俺は現場雑務までこなさないと怒られるが、女は事務仕事だけやってれば文句を言われない)

上司から評価が低い(現場に出てて本業事務仕事が疎かなのはマネージメント不足らしい)

職場の好きな女性にフラれた(主だった理由でもないけど割と辛い)



色々不満というか、9割ぐらい不満しかない職場だったけども

表立った理由としては「経理一本で頑張りたいと思ってます」という一点のみを伝えたのだが

伝えてから上司の異常な引き留めが鬱陶しい


人手が居ない(俺の好きな人が大変になる)ので、入社を1か月伸ばすまでは許せた

しかし、その後も「石の上に3年」だの「うちは給料安いけど長い目で見ればお得」だの「うちはちゃんお金が溜まる職場」と言い始め

「うちより人間関係の良い職場は無い」とか「次の職場もっと大変」だとか、とにかくうるさい

目立った実績、能力自分に無いのは自覚しているので

雑用係として手元に置いておきたいだけなのは分かり切ってるから残留するつもりは欠片も無いし

残留させたいなら給与上げるなり、最低限として経費ケチらないで備品程度は支給すれば良いのに、それすらしないのだからお話にならない

あと事もあろうに、俺が次に務める職場について想像文句を言い出すとか人間としてあり得ないと思う

シフトから名前消されてて、電話して確認したけどなんか曖昧な反応されたかちゃん空気読んで退職してあげた

いね

一緒に働いてる人も業務内容も好きだったのになぁ あ〜あ せめてちゃんとお別れしたかったな

2022-10-02

anond:20221002220720

あの中心業務地区だ!って感じが好きなの……

anond:20221002170914

かに業務メモはなんかの業務システム内に日誌として書いてもらってたらなくさないし会社の偉い人とも状況を共有できるし、解雇するにしても業務状況の証拠になるからいいんじゃないかな。

anond:20221002082705

それもプロセスで、いやいややってるんじゃなくて、本人が楽しくてやりたくてやってる分は許容できないかな。最終的な完成度を高めるのに役に立つんじゃないかと思う。仕事でも新商品サービス開発系の業務芸術家的に寝食忘れてやり方を許容しないと面白い商品サービスが出てこないと思う。労災への歯止めは必要だけれども

anond:20221001171406

一部製品プロトタイピングみたいな業務だと、(仕事面白すぎて)寝食忘れて完成度上げたいっていうのはあって、それはやらせてあげていいと思うんだけど

散弾銃咥えて頭を木っ端微塵に吹っ飛ばす夢をいつも見る

別に生活に困窮しているわけでも、不満を持っているわけでもない

よく幸せかどうかのバロメーターとして扱われる各項目はこんな感じ

年齢:30

年収:700万

資産:大体2000万

恋人:あり

恋人との仲:良好

親の介護:なし

職場人間関係良好

業務量:36協定は守れる

正直点数つけるなら80点くらいはつけられる幸せ人生だと思う

でも、ここ数年ずっと自分散弾銃の引き金を引いて自分の頭を吹き飛ばす夢を見続けている

そのせいで大体4時5時に一度目を覚ますようになった

この増田もその夢を見て起きたついでに書いている

まぁこの後すぐ寝れるから別にそこまで気にしてないんだけど、自分でも気づいてない不安やつらみが蓄積してるんだろうな

いつかその蓄積が危険水位を越えて氾濫ないか不安だけど、とりあえず今は放置してる

2022-10-01

所謂JTCの総合職2年目なんだけど謎の事務作業に追われすぎて吐きそう

新卒2年目

とりあえず安定してるし公務員より若干待遇良いしええかと思って適当会社職種選んだ自分も悪いんだけど、ここまで意味不明兼務やらされると思わんかった。

現状の職種としては法人営業なんだけど、あらゆる事務作業の後始末みたいな業務押し付けられてて、周り見ても業務時間の2割も客とやり取りしてないのマジで意味分からん

なんというか自分本業(この場合法人営業)をこなすためのオーバーヘッドがでかすぎて、一周回って自分が何やってるかわからなくなってくる。

雑に例を書くと

・客から正式見積契約書案出してくれやと頼まれる(もちろんこれは普通仕事)

・社内サイト(最近Chromeで開けるようになった)から見積用のExcelマクロフォーマットを発掘・DL (~15分)

見積必要フローを社内サイト確認Chrome対応についてこれず表示できていない部門が扱う商材だったのでEdgeIEモードで開きなおす (~15分)

見積フォーマット必要商品コードがあるらしいのでその一覧を社内サイトから発掘 (~15分)

マクロから出力されたexcel方眼紙の表示が崩れているのでポチポチ成型。あと備考欄に書くべき免責のための文章過去申請から発掘して貼り付け (~45分)

・社内決裁の前準備として、『社内料金部門価格を審議させる申請書.xslxを出力させるためのexcelマクロツール』とかいファイルがあるのでそれの最新版DLして、起動中は他のexcelを開けない縛りを受けつつ申請書を作成 (~30分)

・社内料金部門価格を審議させる (1週間)

・客の要望契約書に文言の追加が必要になったのでWord契約書っぽい言い回しを作って社内の契約審査に回す(~3日)

・審議完了後、社内決裁のための文章を作り決裁のための正しい承認者を探す。最近あったグループ再編で契約周りをロクに整備しないまま適当に移行した後遺症もあり、無駄に問い合わせに時間がかかる。 (~2時間)

・社内決裁(~3日)

・ハンコ押してもらう(~10分)

・客に提案(普通仕事)

みたいな感じなんだけど、言語化できるだけまだマシな部類なんだよな。

こんなんが何十種類もあるので毎回手探りでやってる。

上の一個一個の作業は大した手間じゃないけどこれが7,8社×各3~5案件くらい並行してるので、ワイの貧弱なワーキングメモリ悲鳴を上げてる。

というか客に関係あるの最初最後だけだから、極論、間に挟まってる作業を俺がやってる意味なんもない気がする。

でも間の作業規定から外れるとまたその修正作業が増えて糞手間が掛かるので、客とのやり取りを削って雑にして社内用excelマクロを延々ポチポチしてる。

これに加えて「各部署内で事務作業効率化を図りましょう!」とかお達しがあってRPAライセンスだけ渡されて、通常業務の片手間でシナリオ作って効果検証して提出みたいなことをやらされたりする。(もちろんそもそもの仕組みがゴミなのでどんなに頑張って使いこなしても焼け石に水)

なんだかんだ業界トップのクソデカ企業しまがいなりにもITだDXだとか言ってるからもう少しマトモな仕組みがあるのかと思ってたわ。

何より何の意味もない作業時間を取られて、何のスキルも身につかないまま無為時間精神を削られるのが一番つらい。

これって国内企業総合職だと普通なのか?

残業時間PC起動時間)が一定を超えるとシャットダウンされて仕事ができない会社の件だけど

大体それに引っかかるのって、月残業50時間位のレベル36協定に引っかかるラインと思うんだけど、

どうしても必要、って時は、上司と人事と本人で相談して普通伸ばせる対応できたはず。

課長業務量の管理や負荷平準化能力がないように見えるのをいやがるから、まあ課長を味方につけられていないんだよね。勝手業務してることになってるんだと思うけど。難しいな。

ストックした食品を消費していく

セール品だ、業務用だ、割引だと

安物買いの銭失いで色々貯めこんでいたものを整理する


レトルトパスタソースうどんポーション冷凍食品、袋めん…

衝動的にお肉を食べたくなったから後回しにしたりとか、賞味期限が近いとか、調理済みのおかずを先に消費したりとかで食べずにしまいっぱなしにしていた

これだけで、来週ぐらいまで持ちそう

anond:20220930213101

(最下部にブコメ返しあり)

この増田はいつ頃、どういう入り方で、陸海空どの自衛隊のどの隊にいたのだろうか?

なんでみんなそれすら確認せずにこの情報を信じることができるのか?現場経験してないからなのか?

まずそれくらいの情報はないと真偽の判断ができない。

俺も自衛官だった時期がある。身バレしない程度に、俺が経験したことを具体的に書く。ちなみにめちゃくちゃ長いです。

俺は2007年8月2010年3月まで、任期制隊員として陸自関東方面隊にいた。任期制隊員についてはググって。まだこの制度あるのかな。

今はどうか知らないけど、当時は入隊してから半年教育は前期3ヶ月と後期3ヶ月に分かれていた。

前期は武山駐屯地自衛隊法とか小銃の組立解体とかの座学と、徒手空拳とか5段階ある匍匐前進の仕方とか寝撃ち膝撃ちみたいな小銃の撃ち方とかの実技演習と、定期的に実施される体力テストのための体力づくりが中心だった。

俺はちょっとした事情で、教育中はなかなか野外訓練についていけなくて悔しい思いをした。

前期の教育中、同じ班の人が「24時間拘束されてこの給料じゃ国の最低賃金下回るじゃん」みたいなことを若い奴らに喧伝して支持を集めてたけど、少なくとも教育中は長時間拘束されるなんて入隊前から分かりきってるんだからそもそも入隊しなきゃ良かっただろ、士気下げるだけだからさっさと辞めちまえばいいのに、と言う人たちもいた。

印象的だったのは、教育隊の隊長2尉だったかな?20代後半のなよなよした人で、それに対して10の班を纏める40代くらいの2曹ミッシェルガンエレファントドラマーシュワちゃんばりにおもくそ屈強にしたみたいな、子供時代想像できないタイプいかにも鬼軍曹な人で、まあその人も話してみると意外と優しかったんだけど、最初から幹部で入ってるっぽい人と現場叩き上げでこうも違うのかと思ったな。

あとは、軍事オタクよりアニオタの方が多かったとか、選ばれし者だけが習志野の空挺に行くことを許されるとか、同期に柔道全国6位とか特殊な人がまれにいたりとか、入隊前の書類実家信仰する宗教を記入する欄があったとか、ある日全隊員が会議室に集められて特定生命保険への加入を(隊友会のめちゃくちゃ安いやつじゃなかったと思う)半強制的に勧められたとか、東富士での三日三晩の訓練の後に叩き起こされてみんな絶望的な顔をしながらとある部屋に集められて「次の任務を言い渡す。これを飲め」と配られたのがキンキンに冷えたコーラ任期制未成年いるからね)でめっちゃ安心して涙が出るほど美味かったとか、普段全く笑わなくて班員のやらかしが発覚すると班の部屋に潜入しバームクーヘン毛布を全員分グチャグチャにすることで「台風」のあだ名がついた班長休日に部屋へやって来てすわ何かと身構えたらPSP取り出してはにかみ笑いでモンハンやろうぜって言われて一緒に遊んだりとか、まあ色々印象的なことはあった。

後期は普通科施設科需品科とか、隊員たちがそれぞれの職種対応した駐屯地に分かれて、ある程度専門的な教育を受けた。あんまり言うと特定されそうだから詳しくは書けないけど。

後期は大抵5年〜10年ほど自衛隊にいてだらけきった(後述する)人たちが上官になるので、前期に比べると圧倒的にヌルかった。

武山駐屯地教育隊はというと、彼らは教育専門の部隊で、年中そればっかりやってる人たちなんだよね。そのことは後期に入って初めて知った。

ただ、後期は冬だったから野外訓練が死ぬほど寒かった。キツかったのはそれくらい。

教育期間を振り返って思うのは、確かにパワハラ的なことは全くなかったとは言えないんだけど、当時のご時世とか考えると、高校部活の延長みたいなもんだった。むしろ強豪校にいた人にとっては前期もヌルかったんじゃないかな。訓練はどうしても体力のない人に合わせる形になるからね。

それに、少なくとも教育中は、この増田が言ってるようなことは全く無かったな。自衛隊法は学んだけど、「神と虫」なんて言ってるのは聞いたことがない。上は「教官」じゃなくて別の肩書だったし。前期の休日で外出する場合制服着用って言われたけど、彼女待たせてる人は当然外で着替えるし、横須賀中央とかのあたりはその辺を軍服の人が歩いてるのが日常からそんなに忌避感もなかった。

一定の耐性がついてる人は多少制限を与えられても抜け道とか自由をその中に見出してなんとかするし、何か洗脳っぽいことを言われても自分ちゃんと考える。そういう意味では増田教育の時点で抜けたのは正しい判断だったのかもね。まあそもそも、この増田がやってることこそ洗脳な気もするんだけど。

とにかく。話変わって、パワハラみが増したというか、俺にとって地獄だったのはむしろ教育が終わってからの方だった。

教育が終わって、俺は地元にまあまあ近い駐屯地に配属になった。

そこでまず知らされたのは、春以外の入隊員は季節隊員という半ば蔑称に近い形で呼ばれて、「使えない・すぐ辞める」隊員が多いというレッテルを貼られていること。「部隊エース」という言葉文脈によって、本人の与り知らぬところで蔑称になること。新入隊員は慣習的に、部隊長の半長靴磨きという業務時間外の仕事を割り当てられること。訓練での活躍なんかよりも、休憩時のお茶汲み、上長煙草を吸っていたら煙缶を持って来る、ビール瓶のラベルを見えるようにして上手く酌ができる、飲み会で要領よく挨拶回りができる、そういう「空気の読める」隊員が良しとされる風潮があったこと。

んでもって極みつけは、所属大隊隊長が、金正恩もびっくりの「お前屈んで半長靴の紐結べねえだろ」ってくらい不健康そうな出っ腹だったこと。

別にルッキズムなんて持ち合わせちゃいないし、市井の人はいくら太ってても気にしないけど、有事に人を守る自衛官としてそれはあんまりだろ。

いかにも、「俺は権力です」を体現したような身体だった。

俺はこれからこんなやつらの下で働かなきゃいけねえのかと思った。この半年学んだのは何だったんだと思った。

んで、それでも我慢してやってみようとしばらく過ごしてみると、よりその地獄みは鮮明になった。

一年のうち3分の1ほどが、草刈り車両整備・消防点検やらお偉いさんの来訪前などに頻繁に行う寮の清掃・持ち回りの風呂掃除警衛などに費やされる。

さらに、これは駐屯地によると思うけど、俺のいたところは糧食班もあって、食堂で飯作りと配膳を3ヶ月ほどの持ち回りで担当する(対象陸士)。

よって、訓練や体力づくりに精を出すのは一年の半分を満たない。当然毎日定時。通勤1分。

長靴磨きとか迷彩服アイロン掛けとか定時外にやることはあるけど、隊長の半長靴陸士の間で持ち回り、それも一番下の立場の時だけなので、自分の下が来ればそいつらに引き継いでやらなくなる。自分の半長靴イベントがあったとき磨けばいいくらいだし、迷彩服私物って言ってアイロン掛けの要らないタイプを買ったり貰ったりしてたから、やっぱりイベントで官給のやつを使うときしか掛けなかった。

ついでに、たまの訓練で遠征するとなると、7tの荷室で人員輸送されてる最中は密閉された幌の中で何人もがバカスカ煙草を吸いまくる。煙草を吸わない俺にはそれが無茶苦茶辛く、かと言って指摘すればたちまちエース(笑)扱いになる未来が見えていたので、繊維が肌に刺さるほど質の悪いカーキ色の官給毛布で顔を覆って耐えるしかなかった。さすがに今はそんなことはないと思いたいけど。

自衛隊車両運転免許を取りに行くとか、観閲式の準備対応とか、あとはさっきの糧食班とかは、普段部隊から離れてかつ自由時間が大幅に増えるので「おいしい仕事」と呼ばれていた。駐屯地の中にクラブという名の安っぽい飲み屋があって、酒を飲まない俺でも週に2日くらい連れて行かれた。

そんなわけで、大体の人は教育期間とのギャップから怠惰になる。怠惰にさせられてしまう。だから大隊長に限らず太ってる奴らは多い。

こっからは完全に自慢になる。

俺はそんな怠惰環境が嫌でしょうがなくて、体育学校に行きたいと思った。ほぼ帰宅部人生教育期間もほぼビリケツの筋力だったんだけど、幸い持久力だけは人並み以上にあったので、かなり頑張れば3000m(5000mだったかな?)走の資格に手が届きそうだった。

ちなみに、カナヅチだった俺は駐屯地内のプールでシンスプリント治療がてら練習しまくった結果遅い遠泳ならできるようになったけど、立ち泳ぎができなかったのでレンジャーはハナから諦めてた。

とにかく、2年弱走りまくっていたら、3000mの歴代中隊記録を更新して、さら大隊内で一番体力テストの成績が良くなった。2年弱の間に糧食班にいた期間の自由時間とか自衛隊内の教育とかを使っていくつか資格を取った。そんなこんなしてたら件の大隊から表彰状を貰った。この場で破り捨てたらどうなるかなと思った。

もう少しで体育学校に行けるというタイムまでこぎつけたところで、別にやりたいことができた。体育学校に行くのは良いけど、現役を引退した後も自衛隊にいるとまた空気を読むだけの怠惰生活が始まって面倒そうだとも感じたので、2任期目の途中で退官することに決めた。

半年ほど前に申告したにも関わらず、結構直前まで揉めた。まあ任期制隊員なのだからある程度は仕方ないんだけど、なんか中隊長を納得させるためか会社事業計画個人版みたいなものを作らされた記憶がある。1年後にこういうことをして、3年後には海賊王に俺はなりますみたいなやつ。

今はこんなご時世だし多少は改善されてると思いたいな。

えっと、ほんとにめちゃくちゃ長くなった。何が言いたかったんだっけ。

とにかくだ。洗脳って言葉を使うのであれば、教育期間は俺にとって洗脳でもなんでもなかった。当然咄嗟には受け入れられない出来事もたくさんあったけど、それは、「人を守る仕事」という前提と、当時の時世ということで鑑みれば納得できた。

しろ教育が終わってからの方が、耐性のない、考える力のない人は洗脳されやすいと思う。それくらいにあの場所怠惰だ。その「人生楽勝な感じ」に大半の人が流される。騙される。

そんなんじゃ人は守れないからと、一部の「強い」人たちがその人たちなりに必死こいて、あの組織を「人を守れる組織」としてなんとか保っているのが実情なんだと思う。当然この場合の強さってのは権力でも、武力でもない。精神的なタフさと、ひたすらな良心だ。

断っておくけど、「だから俺は強いんだぜ、すげえだろ?」がやりたいんじゃない。俺はむしろ弱い。あの組織怠惰に抗い続けることができなかった。さっきは自慢話にしたけど、その場その場の怠惰に流されたことも何度もあった。

居続けることで結果的に「弱い」人間になる。そんな場所になってしまっているということが、あの組織の悪いところだと俺は思うよ。

大切なのはいつでも、考え続けることだ。

別に自衛隊に限った話じゃない、普遍的な話だ。

2022-10-01 15:20 小変更

2022-10-01 15:34 小変更

2022-10-01 23:17 ブコメ返信追記

学校もそうですが世間の目が届きにくく指導者管理者裁量が大きい場所下の人間への扱いの振れ幅が大きくなり信じられないようなことも起こりますどちらの話も嘘だと断定はできないと思います

信じられないようなことが起こりうるというのはほんとそのとおり。

まあもう身バレしてもいいかなと思ってるから言うけど、当時俺が在籍してた駐屯地で、教育隊の幹部が新入隊員たちに爆薬を食わせる事件があった↓

https://ja.m.wikinews.org/wiki/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%81%AE%E4%BA%8C%E7%AD%89%E9%99%B8%E5%B0%89%E3%81%8C%E6%96%B0%E4%BA%BA%E9%9A%8A%E5%93%A1%E3%81%AB%E7%88%86%E8%96%AC%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%95%E3%81%9B%E3%80%81%E9%9A%8A%E5%93%A1%E3%81%8C%E8%96%AC%E7%89%A9%E4%B8%AD%E6%AF%92%E3%81%AB

俺の言うことを信じろと主張するつもりは毛頭ないんだけど、「神と虫」の件に関しても時期によっては事件扱いになっていておかしくないので、調査のためにもう少し具体的な情報元増田には尋ねたい。

2022-10-02 08:02 ブコメ返信追記

人は自分が都合の良い用に考える。日々、警察不祥事批判しているニッポンリベラルは、なぜか「AED女性に使って良いか問題では、警察100%理性的に行動し、AED使用者逮捕するはずないと信じる人が多い。

人は自分が都合の良い様に考える。そうだね。

考えるとき自分のそういう偏りを常に意識する。

ついでに。

別に情報拡散だとか発言の際に絶対に失敗すんなって言ってるわけじゃなくて、そりゃみんなもっと慎重になるべきじゃねとは思うけど、うっわ失敗したーと感じたら無理に軌道修正しようとせずに素直に認めてアップデートすりゃいいんだよ。

それが考え続けるってことだと俺は思ってる。

ニッポンリベラルという言葉が具体的にどういう思想の人たちのことを指すのかちょっと調べた限りではよく分からんのでここでは触れない。

2022-10-02 08:19 ブコメ返信追記

真偽は判らんけど、増田元増田とでは、一回りくらい世代が違うかな~て印象は持った。

元増田の言ってる経験がたとえば2020のものか、1980年のものかで、その情報を受け取る側の印象はだいぶ違う。

俺の書いた経験だって今の自衛隊には当てはまらいかもしれない。

2022-09-30

anond:20220930135527

ポテンシャルにハマる業務内容ならそうだけどハマらなかったら、ってことを考えると自由度のある努力をできる奴の方が保険が効いていいと思う

仕事を覚えない人

同じことを教え続けてとうとう5回目になった。

4回目までについて片鱗も覚えてなかった。

メモ取らない。ノート取らない。自分で振り返りをしない。

そこまでやらない人って、結局こちらがどんなに熱意を持ってても空回りだよね。

 

追記

歩合給なんだよ。初期は先輩のサポートが入る。覚えないと相手給料が上がらないから教えてるんだけど、どうにもできない。

マニュアル存在するが読む気がないのかわかってない。解説動画存在してるが見てないらしい。作るのは俺の業務外。

でも、なによりマニュアル見てできるかどうかより、客先でマニュアル見ずに実施できるかどうかの方が大事なので暗記必須

同じことを1000回言っても給料は増えない。

俺は雇用主じゃない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん