「状態」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 状態とは

2021-05-08

廃課金に多いのは仕事忙しくてお金使う暇がないから何の為に働いてるのかわからなくなってしまわないように廃課金をして労働正当化しようとする心理状態(ほぼ鬱)があります

anond:20210507214650

hokkorikun 同居家族から感染しないと信じてるんじゃなく、誰か一人が感染したら家族は一蓮托生と諦めてるだけ。毎日狭い家で濃厚接触状態なのにどうしろと。

nowa_snowa_s 同僚が、しばらく家族と一緒にごはん食べてないって言ってた。家で作るけど、食べるタイミングをずらすとかで。そこまでして偉いなーって気持ち半分、そこまではできないな…という気持ち半分

anond:20210508094757

その通りだぞ。

弱者は性欲が足りない。

常に勃起状態で外を歩け。

森元がもうちょっと居座ってたら

今頃とんでもない泥沼状態

すごく面白くなっていただろうにもったいなかった

anond:20210508084659

いやいや、むしろありがたいだろ。お互い知らない状態デート提案して、相手NG踏んだら気まずいじゃん。ホワイトリストがあった方が最初は楽だろ。

「飯何がいい?」に対して「なんでもいいよ」より「イタリアンがいい」って具体的に答えてくれなきゃ困る、ってアレと同じだろ。

anond:20210508055912

そもそものびのびののびのび太状態なので仮に開催不評がなくても降りかねない状態である

本当は去年のうちに終わっていたものであり、もうちょっとしたら次の開催のスポンサードをどうしようか考える時期でもある

企業の財布も無限ではない…

anond:20210507225924

美人は3日で飽きるというのは、3日も一緒に暮らすと性格の嫌な部分や万全な化粧をしていない状態を見てしまうから

美人が好きなら、通い婚のような一緒にいる時間を少なくすると相手の良い面だけ見て過ごすことができる。

その一歩先が愛人

その先がキャバクラ風俗

お金を介した関係場合ルックス劣化してきたら切ってもっと若い子に乗り換えることもできるし、逆に情が湧いてきたらそのまま添い遂げることもできる。

から美人が好きなら求める愛情予算次第で、普通結婚じゃない方満足度高いと思うよ。皮肉や嫌味じゃなく、まじで。

「理解のある彼くん」は全然羨ましくない

私もメンタルが病んでた時があったのだけど、そう言う時に寄ってくる男性ってさ、今にして思えば「こいつ弱ってるから俺でもいけそう」みたいなタイプなんだよね。男性自身も何らかの問題を抱えているケースも多い。自分に自信がないから、メンタル問題や何らかの障害によって「自分より一段低い」状態になった女性とやっと対等に付き合えるというか。

メンタル健全な時には全然魅力的な相手じゃないのよね…申し訳ないけど。

まあ病んでる間はお互い幸せに付き合えるんだろう。

から「こんな私でも支えてくれる彼くん」は、

全然羨ましくない。

病む前から付き合ってるなら別だけどね。

好きなブランドが嫌いになってきた

3年前からずっと好きな洋服ブランドがある。

そこでしかほぼ買わないかクローゼットの中はそのブランドの服しかないし、今まで使った金額はたぶん50万くらい行ってると思う。

一着で1万以上するし、そんなにお金ある方じゃないか給料をほぼぶっこんでる状態だったけど、すごく幸せで毎週のように新作を追いかけてた。店員SNSフォローして毎日見てコーデの参考にもしてた。

でも今年でブランド終了するらしい。知ったときはびっくりしたしとてもショックだったけど最後まで推しまくろうと思ってた

最後からいろいろな企画アイテムが発表されて、どれも可愛いし欲しいんだけど。

売り方があんまりきじゃない。

いやもうブランド終了だし再生産できないとか色々事情はあるんだろうけどさ、コロナでお店閉まってるからオンラインストアしか買えないのに開始1秒で売り切れるのはどうなの?本当に売る気あるのか?

いちいち店員SNSで「開始○○秒で完売、、!😭😭」とか載せないでほしい。煽りじゃん。

店員までオンラインストアに参戦するのやめてほしい。それで買えた報告とかいらないから。こっちにまで在庫回ってないんだから自重してほしい。

最後最後お金落としたいのにぜんぜん買えなくて逆に熱が冷めてきてる。

2021-05-07

ふと

首をつってみようと思った。

ドアノブベルトを引っ掛けて長座の状態首にかけてみた。

あ、ヤバい、これ逝けるわ、と思った瞬間怖くなってやめたけど途中まで気持ちよかった。

癖になりそうだ。

ワクチン接種 1日100万回を目標報道政府に足りない視点

菅首相会見 ワクチン接種 1日100万回を目標とする考え | 新型コロナウイルス | NHKニュース

これに対し、ぶくまは手厳しい。例えば、こんなふうに。

アメリカの1日の接種回数300~400万件を考えると目標としては妥当ラインだが、1日わずか数万件の検査現場パンクする日本でできるわけないと今から諦めている。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20210507/k10013017981000.html


ワクチン供給ロジスティクスアメリカもこの3か月、苦労した

欧米に比べるとスピードが遅いとの声が多い。

しかし、アメリカ最初からうまく行っていたわけではなかった。

ワクチン接種が始まった当初は大混乱だった。

連邦政府と州との連絡調整不足、優先順位をめぐる混乱、各州ごとのバラバラな接種戦略連邦政府ワクチン供給管理への州の非難などなど。

フランスでも1月時点はさんざんだった。報道では「お役所仕事」「縦割り行政」の弊害を厳しく指弾された。

ワクチン供給が始まって1週間もたつのに、わずか接種したのはわずか800名とは何事か、いう報道がみられた。

ただし、それは三か月前のことだけど。当時、アメリカニュース報道をみていて、前途多難だな、と思ったのを覚えている。

1月報道ウォッチしていた頃(といってもデイリーショーを英語勉強がてらみていただけだけど)、

大統領就任から100日の4月下旬バイデンが高らかに勝利宣言をすることになるとは想像できなかった。

以下は1月27日、デイリーショー(youtube報道バラティーショー)で紹介していた報道の一部だ。

ワクチン接種の遅れにイラついたニュースキャスターがこんなことをいう。(同番組1分過ぎ)

電子タバコを買うついでに、ガソリンスタンドとかで接種できちゃえばいいのに。

https://www.youtube.com/watch?v=43y1TOC9aTM&t=70s



また、現在日本で報じられている、基礎自治体ワクチン接種予約サイトパンク状態

これも、アメリカは3か月前に経験していた。(同番組2分過ぎより)

https://www.youtube.com/watch?v=43y1TOC9aTM&t=140s

各地で予約サイトクラッシュするなど混乱が続いています。ある予約センターでは、750回分のワクチンに25万もの電話が鳴り響いたという。

また、インターネットで予約するスキルがない高齢者が接種会場へ車の長い列をなして夜を明かしている、といった報道

予約キャンセルによるワクチン無駄な廃棄などが問題視された。

あるドラッグストアでは、予約キャンセルで余ってしまったワクチンたまたま立ち寄った若い健康女性に接種したという事例などが紹介された。

4月に入ってからも、ワクチン接種に消極的な人々を釣るために、「今ならもれなくビール付き」みたいなキャンペーンをやったりした。

今日日本報道されているワクチンロジスティクスをめぐる問題は、すでに欧米が通ってきた道なのだ

日本も各国の教訓を生かせばいいし、そもそも災害経験のたくましい日本に、行政にそれほどロジ能力が足りないとはとても思えない。

から、ひょっとすると案外、一ヵ月もすれば、100万の水準にめどが立つかもしれないと若干、期待している。

社会システムの維持、ワクチン接種の意義、戦略的な目標説明CDC存在

しかし、ワクチン供給をめぐるロジ管理喫緊課題であるが、実はもっと重要なことがある。

それは、社会システム全体からみたワクチン接種戦略だ。

バイデン政権発足後の「3本の矢」ともいうべき最初の取り組みのひとつワクチン接種の促進だ。

しかし、そもそも一体何のためにワクチンを接種するのか。その方針目標をしっかりと共有すること。

これがあいまい理解されていると、一体なんのために急いでいるのかわからなくなる。

以下は、アメリカCDCのファウチ博士が、今年1月下旬トランプ失脚後、初めて”自由に”会見を行ったとき報道だ。

https://abcnews.go.com/Health/wireStory/coronavirus-guidelines-now-rule-white-house-75419663

3分過ぎの質疑のなかで次のような記者とのやり取りがある。

ファウチ博士:もし7割から8割の国民が接種されていれば。。それは夏頃になると思うが、少なくとも秋までにはある程度の正常性を回復できるだろう。

記者:(途中で質問を挟んで)それは秋までに接種が完了できると認識しているということですね。

ファウチ博士:いやそんなことは一言も言ってない。”もし”7~8割の大多数のアメリカ人がワクチン接種を受けていれば集団免疫が獲得できるということだ。正常性とはそういうことだ。今懸念しているのは、ワクチン接種を受けたがらない人たちだ。

重ねて、今後、ファウチ博士ホワイトハウスで定期的に記者会見を行うと発表。ファウチ博士は会見の最後にこう語る。

私が今後、会見でお伝えするのは、科学的な事実です。科学に語らせるのです。

https://www.nytimes.com/2021/01/24/health/fauci-trump-covid.html



記者とファウチ博士のやり取りは象徴的だ。

abcニュースは、この報道に「ファウチ博士ワクチン接種に大きな但し書きをつけた」とした。

記者もまた、住民ワクチンがいきわたるかどうかという、行政サービスデリバリー目線での質問だった。

abcも質疑の記者も、ミクロ視点で、アメリカ人がちゃんワクチンアクセスできるかどうかを問題視していた。

一方、ファウチ博士は、彼の答え方からわかるように、ワクチン接種の利益というのは、決して医療アクセスといった住民サービスレベル問題だけではなく、

感染症蔓延の克服だ。パンデミックの原因を取り除くために必要なこと、という視点発言していた。

ファウチ博士のいうノーマティというのは、個々人一人ひとりのワクチンによる免疫力強化というより社会全体の免疫力のことだ。バイデン言及していたことだが、ファウチ博士トランプ政権で一番欠如していた科学性を真っ先に訴えたのは本当に象徴的だったと思う。

しばしば報道機関は、どこの国であれ、災害事故殺人事件現場急行し、現場の窮状を訴えることでインシデント対応を促す。

しかし、インシデント対応と、リスク削減は根本的に発想の異なるものだ。

報道機関は例えば、殺人事件が起こってもセンセーショナル報道しがちで、背景にある社会保険の欠如とか貧困といった原因部分を軽視しがちだ。

リスク削減とは、簡単にいえば、そこで起きている出来事対応問題点ではなく、出来事の「原因」にスポットを当て、原因を取り除くことにフォーカスすることをいう。

ファウチ博士が強調していたのは、その原因分析科学的なアプローチでなければならず、そこがすべての出発点だということだった。

5月に入ってから報道、例えば「バイデン政権、若年層へのワクチン接種へシフト

をみても、一貫して集団免疫という戦略に基づいたワクチン接種促進を行っている。

https://abcnews.go.com/WNN/video/biden-administration-shifts-vaccination-focus-77501505

日本の状況~何を目指しているのか?

さて、日本を振り返って、今日もっとも足りないのは、

一体何のためにワクチン接種を促進するかという全体的な目標ではないかと思う。

住民ワクチンが行きわたるかどうか、の前提として必要なのは、なぜワクチン?という疑問に、「あなた健康維持」というだけではなく、社会システム視点から答えることだ。それが本来公共というものだ。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

をみても、残念ながら「あなた健康」以上の情報が見当たらない。

厚生労働省ワクチンによる集団免疫獲得について、明確な見解を示していない。

まあわかる。よくわかっていないリスク(不確実性)については、下手なことは言いたくないものだ。官僚特有のディフェンシブなスタンスがにじみ出ている。

でも実は、その科学的不確実性について沈黙する姿勢こそが、リスクガバナンスの内なる敵なのだ

水俣病代表される過去公害問題もその姿勢ボトルネックとなって被害の拡大が見過ごされてきた。

仮説を立てて意思決定をする勇敢さが必要だ。8割おじさんを思い出してほしい。

ファウチ博士科学的にすべてを見通しているかというと、そうではない。

接種されたワクチンによってどれだけの期間、有効免疫力を持ち続けることがえきるか、はっきりとした証拠1月の時点でも、今日でさえも出ていない。つい先日もこんな報道があったばかりだ。

https://gigazine.net/news/20210507-covid-19-herd-immunity

ここでは、5月時点で成人の半数以上が少なくとも1回のワクチン接種を受けているアメリカでさえ集団免疫獲得は困難だと率直に表明されている。

ファウチ博士が7~8割としたコロナウイルス集団免疫の仮説も、データが蓄積されるたびに、恐らく日々、新しい仮説に塗り替えられてゆくだろう。科学的不確実性と向き合うことがリスクガバナンスキモだ。だからこそ、ホワイトハウスで毎週のように会見を開く、ということに意義がある。


疑問なのは日本において、そういったリスクコミュニケーションが開かれているのか、ということだ。

聞こえてくる報道は、直近のロジ課題高齢者の接種問題ばかりだ。

それもワクチン安全性広報であったり、供給のロジであったり行政住民サービス視点が中心だ。

それって、役場の窓口でやる会話でしょ。重要じゃないとはいわないけど。

河野大臣は、恐らく菅首相から突然、ワクチン接種促進担当として指名されて、戸惑っただろう。

感染症知識もあるわけではない。だからこそ、やれることを模索した結果として、接種促進のロジ分野に集中してしまった印象を受ける。

もちろんワクチン安全性広報することに意義がないと言いたいわけではない。

しかし、もっとも根幹にあるべきなのは、最終的なゴールを提示することだ。

高齢者の接種のあとどうなるか?何一つ見えてこない。

そしてそのゴールは、一定科学的な仮説に基づくべきものだ。

一体どれくらいでワクチン効果が切れてしまうのか。10年持つ、あるいは一生、抗体が働くというわけではあるまい。

そうすると、抗体を持つ人間が何%で集団免疫が達成できるとして、仮定したワクチン賞味期限以内に短期集中的に接種が完了しなければ

集団免疫がいつまでたっても確立できず、次から次へと新しい変異対応させられるということになる。

それは資源無駄遣いにならないのか?

アメリカがこんなにも早くワクチン接種のロジが進歩した理由ひとつは、バックグラウンドとして理解している接種戦略があるからではないだろうか。

やみくもに尻を叩いているわけではないはずだ。

日本では、先日、菅首相唐突に思いついて7月末までの高齢者ワクチン接種を指示、混乱が広がっている。

冒頭の報道も、厚労省からすれば、寝耳に水だったとしても不思議ではない。

それくらい日本リーダー方針は行き当たりばったりにみえる。

目標管理もっと重要なことは、ゴールを共有することだ。

菅首相リーダーシップに対する批判は多い。

一体なぜ7月までに?

・いつものことながら急に何かを決心するくせに、目的意義を聞かれても答えが返ってこない。

方針方向性を共有したうえで役割分担を決め、タイムラインを設定するということもしない。

・うまくいかないと、キレて「みろ、周りはもう先に進んでるじゃないか、何してるんだ」と部下を怒鳴る。

これらは無能リーダー典型的な行動パターンだ。

河野大臣にしても、自分プレゼンスをみせるいいチャンスだったのに。将来の総理大臣候補と目されているのだが。

残念ながら、ロジ担としてご本人が割り切ってしまたことで、

3か月の働きにもかかわらず、目先の短期的なロジ状況を伝達するだけの役人仕事になり下がってしまった。

ロジならロジでもいいのだけど、ドメスティックではない外交の動きがあってもよかった。

例えば、なんなら4月菅首相アメリカに飛んでもよかったはずなのに。

これではちょっと大臣仕事内容としては物足りないというのが私の認識だ。

全体を見ているひとは誰なのか。それが日本ではわからない。それが問題だ。

リスクガバナンスというのは、平時ガバナンスに比べてより高い能力水準が求められる。

リスク自体が複合的で、科学的にも不確実性が高く、そして社会政治的な影響について認識がばらつきやすい。

ワクチンも、そういう意味では、リスクコミュニケーション能力が試される課題

そういう認識で国のトップは動いてもらいたい。ロジ担じゃなく。。国民の皆さん、とか住民目線説明ばかりしててもね。

それは重要だけど、どちらかというと基礎自治体役割だよ。

これからが本当にやばいのでは

変異株が流行しているのに、今年は去年よりもゴールデンウィークの人出が多かったらしい。

しろ今年の方がよりいっそう出歩くのを減らさないといけないのに、まったく逆の行動を取っている人間が多いわけだ。

このままだとゴールデンウィーク明けから悲惨なことになっていきそう。

コロナ感染するだけでなく、他の病気でも治療を受けられなくなって死んじゃう人が激増するのでは。

去年欧米が苦しんでいた状態に、一年遅れで日本も陥るのかもしれない。

 少なくない差別が「(人種性別、出生場所等に)生まれてきた時点」で被差別状態が発生してるんだけど、弱者男性差別の多くは「競争過程で負けてきたことによって」発生してるから、どうしたいんだよ!どうなりたいんだよ!と言われてもモゴモゴしてしまうのはしゃーないと思うんだよ。

 弱者男性かいいように言うけど、実際には負け犬差別にすぎないわけで「私は負け犬ですが負け犬にも優しい社会になってください」ってのは負け犬本人からはなかなか言いづらいのはわかってやってほしいと思うんだわ。

東京都や区の施設の多くが5/11まで半閉鎖状態なんだけど

緊急事態宣言が伸びたから

もしかして5/31まで延期されるのだろうか

anond:20210507162512

各種障害などの他のハンデがない状態を前提とすれば、そういうことになる

DVD勝手にGoogleDriveにコピーされている

そういう設定にしてしまったのだろうか。

図書館レンタルDVDを借りてPCで見ようとすると毎回5分くらいカクカクの状態が続いていた。不思議に思っていたけどどうやらGoogleDriveにデータコピーされていてかららしい。なんで?リッピングソフトなんて入れたっけかな。

そのデータドライブがいっぱいになってようやく気づいたけど、今度はそれらを消しても容量が足りないという通知が消えなくて困ってる。

ソシャゲの終わり

ソシャゲ業界は終わりに向かっている。

自分モバイルゲーム大手開発会社に勤めているが、退職者が後を絶たない状況だ。

最近だと大型IPサービス終了など話題になっていたが、

いわゆるソーシャルゲームの今と昔の状況の違いが顕著になってきている。


ソーシャルゲーム運営で良く用いられるのがKPIというデータを用いた運営開発手法だ。

これはソシャゲが登場した当初の頃からまり現在ネイティブアプリに関しても有効性が高いとして多くの会社で取り入れている戦略だと思う。

これについては、自分あながち間違った手法だとは思わないが、

最近見ているところが大きく変わってきたのに気がついた。


その変化というのは、以前は、継続率を重視しつつも課金への誘導に注力していたが、

今は導入の離脱率を重視する傾向に変わったというものだ。

これはソシャゲの全盛期は、無料をうたいガチャ無料で配布したりすることで人が簡単に集まるため

途切れることのない流入に対し、どのくらいのユーザーを残せて、かつ課金誘導できるか、がビジネスポイントだった。

現在は、ソシャゲに対し興味を持っている層が初期流入で入ってきたあと、以降無料アピールしても流入はぱったりと途絶えてしまう。

いやゆる一般ユーザー層が取れない状態というのが多い(一部、取れているゲーム成功しているが)

そうなってくると、シンプルな話だが少ない流入をどうキープして取り込んでいくのかが重要となってくる。

これは至極まっとうな論拠だとは自分も思う。

だが、これを実現するための思考が、「ストレスをなくすことで残る率が上がる」という論拠となることに問題があるように思える。


どういうことかというと、ゲームを分からない、知らない、興味のない人が始めたとしても、何の障害もなくゲームを続けられるゲームデザインを経営から求められるのだ。

ゲームを作る上で興味のない人を対象にした設計議論に話が終始し、結果面白いゲームというゲーム本来の話から思考が逸脱してしまう。

難易度設計など含むレベルデザインがほぼ皆無なのも、こういったロジックが根幹に問題があると思う。

そしてソシャゲ一定の興味を持った層すらいなくなってしまい、負のスパイラルになってしまっているということなのだと思う。


サービスが終了するか継続するかの大きな分かれ目となっているのは、

流入継続的に入ってくる状態かそうじゃないかとなる。

上で述べた通り、初期流入以降の獲得ができない状態だと、ゲームデザインを度外視したクソみたいな簡単親切設計に注力するため

改善することは望めないまま、ほぼほぼ終了していく流れとなることだろう。


だらだらと書いてみたが、他にこういうことを書いてほしいなど要望あればコメントください。

anond:20210507121823

弱者男性を認めろ派も絶対認めない派も誰一人として人生が充実してなさそうなんだよな

論争に参加し続けてる時点で依存状態からSNS断ったほうが良さそう

弱者強者って言うけど、中間はいないの?

階級を指して上流・中流下流って言うし、一億総中流とか言ってた。

なら、真ん中辺り、中間の人ってどんな人だと思われてるんだろう。

から見ての中間なのかで変わりそうだけど、気になる。

例えば、

A:強者友達がいる、恋人がいる、既婚、両親・親族との関係が良好、衣食住が満たされている、貧困ではない、健康である幸福感を感じる事が多い

B:弱者友達がいない、恋人が居ない、未婚、親族との関係が良好ではない、衣食住が満たされていない、貧困である健康体ではない、不幸だと感じる事が多い

C:中間→AとBが混じり合っている状態?

※「例えば」であって、Aが揃っている事が幸福の条件とは思ってないよ

Aの条件に1つでも当てはまる/当てはまった過去があれば強者? Aの条件に過去1つも当てはまった事がなければ弱者?

現時点でBの条件に1つでも当てはまったら弱者?

AとBを行ったり来たりする人が中間?

健康って金に換算するといくら?

俺はぶっちゃけ健康以外取り柄が無い。

それ以外は全部ダメ人間

歳は40歳手前で記憶する限り大病をした事がないし骨折もした事がない。

最後病院へかかったのが多分小さい頃に風邪を少し拗らせた時だと思う。

大人になって病院へ行った記憶がない。

健康保険料は確実にマイナス

ちょっと体調悪いかなって気がしても寝ると復活する。

自炊派だから野菜毎日400グラム位食べてるし運動読書毎日してる。

タバコは吸わないし酒はズブロッカを嗜む程度。

出来る限り7時間以上寝るようにしてる。

でも非正規年収は300万なんだよ。

マジで終わってる。

300万だぞ?

本当に健康しか取り柄がないんだよ。

というか健康である事が当たり前なので健康感謝する事すらない。

何でみんなあんなにも体調を悪くするのか意味が分からない。

気圧?なにそれ食えるの状態

でも年収は300万。

健康はあるがお金がない

コロナ転職も出来ないし。

健康あげるから誰か俺に金をくれ。

オリンピックに反対してる奴は冷静になってくれ

世界中から選手が集まって変異パンデミックなんてアホなことが現実に起きると思う?


そんなことにならないように感染対策ワクチンも万全な状態で開催されるから

安全じゃなければ開催されないし、開催されるってことはすなわち安全ってワケ。

キツネ村に行ってきた後に寿司を食べた🦊🍣

昨日、宮城蔵王キツネ村に行ってきた。🦊

到着したのが11時少し前だったけれど、ちょうど赤ちゃん狐の抱っこ体験が始まる直前だった。

即並んぶと従業員さんから説明があった。

抱っこは椅子に座って行うもので、薄手のジャケットを逆向きに着て、ひざ掛けを太ももの下に

挟み込んだ。こうすることでキツネの糞尿等から守るとのことだった。

そして念願のキツネ抱っこ体験が始まる!

うわああああああ!うわあああああああ!

もふもふ。まじでもふもふ。すごいもふもふしかもすげぇ可愛い。なんだこれ天使か。天使だ。

すごい可愛いもふもふでじっくり抱っこを堪能した後、従業員さんがスマホ撮影してくれた。

とても幸せだった。

あっという間に抱っこ体験が終わったので名残惜しかった。あぁーもふもふいいなぁ。

終わった後は、キツネ村を散策

からキツネフェンス内で放し飼いされている場所まで行った。

ちなみにキツネ村のキツネたちは常に消毒されておりエキノコックス検査などもかなり頻繁にやっている。

から海外でも人気らしくて、コロナ前は外国人観光客が沢山いたみたいだ。

この日、外国人は二人しかいなかったけど。

で、色んなキツネがいたけれど、基本、ほとんどのキツネがだらーんと寝ていた。

昨日は晴天で、20℃を越えていたからかだらーんとしていたかどうかは分からない。

だらーんとしていない狐はのそのそと歩いてきたので間近で見ることができて嬉しかった。

なお、このフェンス内にいるキツネには触ってはいけないので注意。

キツネ村内には、御金稲荷神社(おこんいなりじんじゃ)があってそちらに参拝した。

参拝しようとする直前にキツネ鳥居の中をくぐっていったのでしばらく様子を眺めていた。

うそう、すごい白くて犬っぽいキツネがいたんだよ。どう見ても犬にしか見えなかった。

これがホッキョクギツネだった。本当に犬にしか見えなかった。

白い犬じゃん!ってツッコミをいれたかった。いやいれたけど。

帰りにお土産屋でマグネットキツネ村の写真集の本とポストカードとあと御朱印があったので買った。

キツネ村はとても楽しかった。

それから白石駅近くまで戻り探索した。

白石城は実は少し前に桜が咲いていた時期に行ったので行かなかった。

今回は寺。片倉小十郎菩提寺である傑山寺で一本杉を見た。すごいでかい杉だった。

暑かったからか、杉まで行こうとする間に虫がいっぱいいた。うおー近寄るなー!って感じで手をぶんぶん振った。

寺の前には片倉小十郎石像があったので、おおこれが片倉小十郎かと思った。

寺巡りが終わった後にそういえば武家屋敷行ってねえ!って気が付いたけど営業時間過ぎていた。

次回は行こうと思う。

お土産としては白石温麺を買い、たかじんという和菓子屋さんでは銘菓白石城白石川線本桜というお菓子を買った。

そしてこの日のメインディッシュ

そう、寿司だ。当たり前だよなぁ!!!🍣

実はこの日、絶対寿司を食うんだと誓って寿司以外何も食べていなかった。つまり寿司の為。

臨時休業と書いてある寿司屋さんがあったが、他にも寿司屋さんがあったのでなんとかなった。

観光テンションアゲアゲシマシな状態人類にとって最高の悦楽、寿司が待っていると思ったらもう

寿司屋の暖簾をくぐって最高だった。

白石の 寿司を食べると 元気出る」うん。こんな感じ。どんな感じだよ。

寿司うめえええええええええええええええええええええええええええええええ🍣

この日は結局12kmくらい歩いた(iphoneの歩数で確認)んだけどその疲れも吹っ飛んだ!

キツネを抱っこした記憶を思い返しながら寿司を食べた。

こうしてこの日の観光が終わり帰宅した。

終わり。

画像は……まぁ気が向いたら上げるかも。imgur意外とめんどい

anond:20210507084115

いや、わりとみんなその辺はどうでもよくて、我慢させられてるのに金出さなかったり、海外からザル状態変異株入ってきたり、ワクチン接種が一向に進まなかったり、オリンピックは別腹だったりとかの方が士気が下がってる原因だと思うよ

anond:20210506140734

空腹の状態で食べものを口から胃に入れるとドーパミンが出る。この快感を「うまい」と表現するならそりゃすべての食い物はうまい

でも人間文化としての食事ってそれだけじゃなくて食べた後の「満足感」みたいなものも含めて成立・評価される。この「満足感」がわかる人には素晴しいもので、これを求めて特定の店やメニューリピートしたり高い金を出すようになる。麻薬のような低レベルバカにする意味じゃなくてレイヤー的な意味)の反応じゃないけど麻薬みたいな所があると思う。本当にうまいものって、満腹になっても食べ続けようとしてしまう。

これは人間五感すべてを使って感じ取るもの低価格では実現しにくいし、消費する側にも理解できる程度の教育(知性・感性)が必要

よく「何食ってもうまいのと、よりうまいものを知ることのどちらが幸福か?」みたいな議論があるけど、こういうカラクリなので俺は後者だと思う。よりうまいものを知っても、空腹時食事ドーパミンはなくならない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん