「生地」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生地とは

2022-05-12

オタクマッチポンプなんなんw

[B! どうしてこうなった] Lhasa on Twitter: "しのふー先生の何しに出て来たんや感。 https://t.co/8aB4AdE470"

フェミ股間を強調する必要あるのか。性的表現使うのやめろ」

オタク「足交差すればシワ入る。実際に起こりうる描写だ」

フェミポーズ違うし。生地ペラペラかよ。一回本物履いてみろ」

オタク現実はただの素材で再現すべき手本ではないのに、現実じゃありえないって言う人意味わからん

「影がリアルじゃない云々云いだすなら、先ず絵柄が劇画でない事実認識しろって話」←いまここ

現実にシワ入るって擁護したの君らなのにその擁護無理筋と判明したら「絵だから」って言い出すのなんなんw

そもそも最初の疑問に答える気はないのか?それともそこに答えられないから変な擁護繰り返してるの?


このコメ面白い

zheyang 「y字の陰は“絶対”に入らない」と言った人がいるらしくてそれへの反論なので、「左とポーズが違うじゃん」という批判はずれてるし(嫌味かもだが)、そも「“絶対”に入らない」自体が本論からずれてる。

(その立ち姿では)絶対に入らないって意味に決まってるだろ。条件付け外していいなら股で挟めば良いだけじゃん?

「左とポーズが違うじゃん」という批判がズレているのではなく、オタクの「(ポーズ変えれば)陰入るじゃん」が本論からズレまくってるんだって

2022-05-11

anond:20220511112304

高級スーツ=見栄えだけだと思ってるだろうが、自分サイズに仕立てられたスーツは着てて楽だし、品質の良い生地耐久性もあり実用的でもあるんだぞ

2022-05-10

普段使いシンプルデザインのものばかり

服にしても持ち物にしても

でもごくごくたまーに、華やかな雑貨に惹かれて衝動的に集めることがある、というか1度だけあった

見ているだけでテンションがアガる華やかでかわいいものたち

同じパターン雑貨をあれもこれもと探して買い集めた

自分はめちゃくちゃハマるけれど、その範囲がとても狭い

ブランドが好きというわけじゃなく、好きになったそれ以外には興味がない

同じパターン色違いではもう違う

同じパターンの同色でも生地違いだとニュアンスが違ってあんまり

なので買い集めたと言っても雑貨が数点だった

それが7〜8年前で、今回ある柄が好きになった

前回同様に通販サイトネット検索しまくった

が、数年前に出ていたもののようで、同パターンで手に入るものほとんどないようだった

残念に思いつつ支出がおさえられたことを喜ぶべきか

手に入る唯一の雑貨だけ買っておくことにする

2022-05-04

こねたパン生地めっちゃかわいいじゃん

あの柔らかさと頼りなさがさ、毎回かわいい

今宵もあいつらに会いたくて特段食いたくもないパン生地をこねるのだ。

2022-05-02

女性の瞳を見ることができない

この日記の書き始めは、2022年3月23日。私の増田歴は2年ほどになる。基本はROM専だ。

週末にはてなブログランキングを見る派なのだが、その一番下に増田部門があるだろう。

ある日そこで、弱者男性話題で盛り上がっているのを見た。

弱者男性』というのは要するに、男としての権利義務や果たすとか、オスとしての欲求を満たせずに苦しんでいる男性のことらしい。特にお金モテ問題が多いようだ。

私に言わせれば、どんな人間だって自由はないと思う。

どれだけお金がある人でも、どれだけモテる人でも悩みはある。自分の思いを果たせずに苦しむことには変わりない。自由は、苦しいのだ。

私は、30代後半になる男だ。これまでずっと、道路や、公園や、箸などの大型建築物を創る仕事に打ち込んできた。あなた都内暮らしであれば、私が設計した橋梁を使ったことがあるかもしれない。

年に数えるほどしか増田には投稿しないが、退屈にならないように綴ってみる。

以下、当時の日記を加筆修正したものになる。逆時系列にしている。



2022/3/18

職場の窓口にお客さんが来た。女の人だ。見た目は25,6才ほどか。

建築関係で、測量業務相談をしたいという。アポなし。

カウンターに座るように案内をして、その子説明を聞いていた。

五分も経つと、向こうの説明が粗方終わった。話の最後で、こちらの資料サービスで何点か手渡した。

別れ際、その子が割と遠方から来ているのを知った。職務経験が浅い印象があったので、「質問はありますか?また来ることがあっても困るでしょう」と話を振った。

の子が顔を上げた。すると、次の瞬間だった。コロナウイルス対策プラ製の衝立越しに、その子と目が合った。瞼の上の、ふわりとした茶色パーマが特徴的だった。

しまった」と感じた。

話の最中、その子の姿を見ないようにしていた。私はずっと、カウンターにある資料目線をやっていたのだ。

・・・私と目が合った途端に、その子の瞳が大きくなった。茶色い瞳孔をふわっと見開いて、両手の掌をテーブルの端にちょこんと乗せて、こちらに身を乗り出してくる。目を逸らすのも失礼なので、ちょっとの間だけその子の瞳を見ていた。

その後、私は少しばかり視線を落としたはずだ。

確認ですが、このフェンスのところには町内会倉庫が置かれるんでしたっけ」

はい、そうです!」

マスク越しでもわかる、その子の綻んだ顔に目を背けるようにして私は、カウンターの端にあるスタンプ台に視線を移した。

帰り際、その子名刺を置いていった。会社名と、その子の氏名と、会社電話番号と、メールアドレスと、上から鉛筆書きで携帯電話の番号が書いてあった。「会社にいない時はこちらに」とのことだ。

接客が終わって私は、名刺ホルダーの一番目立たないところにそれを突っ込んだ。

2021/12/21

休みチャイムが鳴った。

給湯室までコーヒーのお湯を汲みに行こうと席を立ち、廊下に出たところで、細身で背が高い子が正面から歩いてきた。いつも髪をお団子みたいにまとめている。

今年入ってきた新人の子で、私と同じ高専の出だった。片手に厚生地ハンカチのようなもの(あれはなんて言うんだろう。ハンカチタオル中間みたいなやつだ)を持っていた。

の子は、私とすれ違おうとする時に、「ばぁっ!」と言いながら両手を広げ、私の方に躍り出てきた。私がのけ反るのと同じタイミングで、小走りで後ろ壁まで下がって、にやにやしながらその子職場の方へと早歩きしていった。

しまった、対応を間違えた」と思ったのは、その年の6月頃だ。

の子は私の部署で余った事務用品をもらいに来ていた。あの時私は、縦横5000×5000ほどの段ボール(中に大量の事務用品あり)を抱えて、その子に渡そうとしていた。

ダンボール箱を渡し終えた時、私には見えてしまった。

「○○さん。開いてるよ」

小さい声で、その子スカートのファスナーが開いて、横から灰色下着が見えているのを指摘した。

の子は、「あ……」とだけ呟いて、カチンコチンコチンに固まった。私がそそくさと自席の方に戻って座りかけたところで、その子段ボールを床にガタンと落としたのを聞いた。

どうやら、片方の手だけでファスナーを元に戻すことには成功していた。その子のところまで行って、段ボールを持ち上げて、「ゆっくり運ぼうね」と声をかけた。

今思えば失敗だった。その子は、あれから廊下で私とすれ違う時、たまに凄く嫌そうな表情になる。廊下の端の方に寄って、小走りで駆け抜けるのだ。その度に、申し訳ない、ごめんなさいという気持ちになる。

2021/9/30

三日月だったかもしれない。

よく行く近所のコンビニに、高校生大学生ほどの女子店員がいる。ハキハキした明るい接客をするし、どんなお客にも物怖じしないし、チャッチャとした勢いで在庫ケースを開けてアイス冷凍食品を突っ込んでいく。将来有望な子だと感じていた。

ある夜だった。コンビニによっては、お客さんがレジの画面で決済手段を選んだり、現金をキャッシャーに入れたりするだろう。

私の目の前に並んでいたお爺さんだったが、どうやら初めてのようで画面操作に苦戦していた。その子カウンター越しに指で指示をするのだが、なかなか難しい様子だった。その子身長は低い。レジから身を乗り出すも、うまくお爺さんに指示ができていない。

でもなんとか、最後の画面までは行っている。私は近づいて、「ここを押すんですよ」とお爺さんにジェスチャーで示した。無事に決済処理が終わった。

私の番がくると、「ありがとうございました」とその子が言った。「○△さんは優しいんだね」と声をかけた。「そんなことないです!」と全力で謙遜をする。

その際、彼女の変化に気が付いたのと、心の中で「やめておけ!」という声がしたのは同時だった。喉の方が早かった。

今日は、なにか顔が違う?」

実際、そうだった。あの子雰囲気は違っていた。

家に帰って、ようやくコトバが浮かんできた。あれはチークだ。女性の瞳の下がうっすらと赤くなっているやつだ。

いつだったか、直属の上司女性社員に対して、「その赤いのは何だ?」と声をかけると、その人が、「これチークです」と返して、さら上司が「チンコ?」と問い返し、微妙雰囲気になったのを思い出した。

の子は、私の問いかけにレジの前で飛び上がって、「えー、どこが違いますかっ?」と元気いっぱいに質問を返してきた。物凄い勢いで身を乗り出している。「わからないけど、なにか違う気がする」と答えたはずだ。

以後、その子レジを受けてもらう時、話しかけてくるようになった。二週間に一度くらいか

「昨日の朝、自転車で走ってましたね」

「すっかり寒くなりましたね」

「私、来月から薬学部研修に行くんです。しばらく会えません」

去年のクリスマスを過ぎた頃だったか。その子と話をしなくなったのは。

急に暗い表情になって、私と世間話をすることはなくなった。

できるだけそのレジを避けるようにしたのだが、たまにどうしようもない時があって、その度にまた暗い面持ちを見ることになる。



2021/6/初旬(特定危険があるので初旬としている)

こういうことがある度に、「間違えた」と感じる。

上に述べた内容は、人によっては嫌味に聞こえると思う。もし、あなたが異性にモテたい人間で、かつモテないのだとしたら、イライラとする内容であるに違いない。

私と目が合った異性愛者の女性は、私に異性としてのアプローチを求めるようになる。目が合わない場合ですらそうだ。

昨年の6月。他組織から依頼があって、コロナワクチンの接種協力の仕事をした時だった。文化ホールの2階席が待機場所だったのだが、覇権会社から来ている女の人は、周りが空いている状態でも私の隣付近に座ろうとした。

○ 私

派遣会社女性

△ それ以外の主に男性

△ ●●● △

 ● ○●△ 

△ ● ● △

オセロだったらと思うと恐ろしくなる。黒が集まっているし、左右には正体不明の駒がある。△がみんなルークで、かつ私の味方であることを祈りたい。

派遣会社の女の人は、昼食を食べている時、チラチラと私の胸板を見ていた。上着を着替える時は特にそうだ。

「お前、さっき俺が着替えてる時チラチラ見てただろ」と言いたくなった。

それで、相手の方に視線を向けると、メジロのようにサッと首を回して向こうを見る。これに限らず、何もしておらずとも人から視線を感じることが頻繁にある。



2017/9/上旬(〃)

この時までは、「できれば女性の目を見ない方がいい」が方針だった。この体験の後は、「絶対に見ない」と自らに誓った。

あれはまだ、前の会社にいた時だ。地元密着型の企業で、年に一度、会社敷地お祭りをやるところだった。一般の人を100人ほど招いてワイワイと楽しんでもらうのだが、私は輪投げゲーム担当になった。

昼下がり、1階の広い室内のひと区画で長机に座って店番をしていると、6才くらいの女の子が前を通った。同じ部署の女上司の子どもだった。

の子は輪投げスペースを通り抜けて、私のいる机の前まで来た。それで、微笑みながらその子の顔を見たところ、きょとんとした顔になって、トコトコと母親のところに歩いて行った……数分後、その子母親の手を引いて、またこっちに来た。輪投げゲームをやりたいという。

その時は普通にプレイしてもらった。帰り際に何かの景品、水鉄砲だったかを渡してあげた記憶がある。

その一ヵ月後だった。私と同僚が、女上司母親)の会社忘れ物を家に届けた時のことだ。

呼び鈴を鳴らして玄関口に入ると、女上司が出てきた。忘れ物を渡して、「ありがとうね」と言われたところで、例のあの子が奥の方から玄関に出てきて、私の方を見た。

すると、口をちょっと開けて、後ずさったかと思うと、一目散に後ろに駆けて行った。柱の後ろに隠れると、「いやだ、わたし、あの人に会いたくない!」と叫んだ。

一言一句、誤ってはいない。確かにの子は、慌てた声で、亀のような姿勢になって、そう叫んだのだ。「あんた!この子になにしたの!」と言われた私は、何もできなかった。

次の日から職場に居ることが苦痛になった。とにかく仕事がやりづらい。女上司との仲が悪循環的に悪くなっていった。

この日から半年後、私は転職を決意した。それから約三ヶ月間、耐えに耐え、今の会社に入ってからは、ずっと今の職場技術関係仕事をしている。



上のような諸々の現象出会うことは正直よくある。年に十回以上は固いだろう。

その度に、過去にあった嫌なことを思い出して、「馬鹿なことをしてはいけない」「自分他人も傷つけてはいけない」と自らを律する。

過去にあった非常に嫌だったこと。思い出したくはないが、この機会だから思い出してみよう。

集団によるシカト地元高専にいた時、アルバイト先のマクドナルドで、ある女の子彼氏彼女的な雰囲気になったことがあった。が、今の私も、当時の私も奥手で、仲が進展することはなかった。雪が降る中、飲み会の帰りにその子を家まで送って行って、アパートのドアが開いたところで「今日ありがとう。じゃあね」と言うと、その子は私の顔を見上げて、多分十秒くらい経ったろうか。視線を部屋の中へと送ってその子は、またしばらく黙っていた。すると、突然早歩きで部屋に入って、ガチャンと扉と鍵を閉めた。しばらく立ち竦んでいると、その子の部屋の中で、また何か音がした気がした。私は振り返って、自宅に帰った。その後、皆の目が冷たくなった。特に女性の。労働時間中も、それ以外でも、私が声をかけてもロクに反応はなかった。店に居づらくなった私は、店長一言だけ「辞める」と告げて、逃げるように事務所を出た。マクドナルドでも、ローソンでも、サイゼリヤでも同じだった。実家の近くにある中華料理店は、店主とそのお母さんが2人で切り盛りしていた。私以外に若い人間はいなかったので、編入先の大学を出るまでそこで働いていた。

・近所の小売店を出入り禁止になったこと。これまでの人生で3回ある。いずれも身に覚えがない。気が付いたら、その店の人間関係が悪くなっていて、店舗責任者と思しき人が私のところに説明に来て、いわれのない罪状を告げる。あれは、今年の2月だった。ローソン立ち読みをしていると、警察官に声をかけられた。店舗責任者が私を通報したようだ。私は、パトカーの中で10分以上にわたって職務質問を受け、最後に「コンビニ若い女の子に声をかけない方がいいよ」と諭された。私がコンビニで誰かに声をかけたことはない。大学生と思しき女子店員に声をかけられたことは何度かある。

電車で移動する時。愛車(自転車)の修理が必要な時や、会社に遅れるリスクがある時は山手線通勤する。席を確保してゆっくりしていると、いわゆるトナラーというのか、見知らぬ女の人が隣席に腰をかけることがある。40もつれの女性であることが多い。やがて、その女性ウトウトたかと思うと、私の肩に顔を傾けてくる。逃げるのも申し訳ないので、大抵は我慢している。

・後ひとつだけ加える。電車通勤時に会社近くの駅で降りるとき、「すいません……」と斜め後ろからオドオドとした、だが妙に勇気を振り絞った声がすることが稀にある。そこには大抵、中学生高校生がいて、顔を伏せがちにして私の方に歩いてくる。それで、カバンから可愛らしい封筒を取り出して、「読んでください」と手紙差し出す。『ごめんね。申し訳ない』。そう思いながら、「勇気がいったよね。ありがとう。読ませてもらう」と返す。手紙を受け取ると、手提げかばんに仕舞って、会社が終わって家に帰ると衣装ケースの奥に入れる。時間がある時に恐る恐る読んでいる。



時間現在に戻す。

私は幸せではない。普通の人が望む恋愛幸せを感じられないからだ。

先日の、ある洋風居酒屋を貸し切っての飲み会の席だった。何十人もの社員が参加する、それなりの規模の酒席だ。幹事集団が、開催前の挨拶で「ソーシャルディスタンス」を連呼していたのを覚えている。

若い子が多かった。30代は私と男の後輩の2人だけだった。飲み会の開始直後を除いては、ずっと1人でメシを食べていた。二十分が経ったところで、後輩の男が、「増田さん。今いいですか」と満面の笑みで声をかけてきた。かつては同じ部署で、手取り足取り何年も仕事を教えてきた後輩だ。

要約すると、「あっちに先輩の席用意してますよ」とのこと。

彼の身長は170あるかないかで、体格は太い。着古した作業着居酒屋に来ていたが、ちょっと汚れのある様がパリピ向けの店の雰囲気にそぐうと感じた。

笑顔はきれいだった。店内の薄暗いLEDに照らされて。少年的な感じのするスマイル。顔は色黒いのだけど、爽やかな感じが伝わってくる。

はいいやつだ。数年後には、いいお嫁さんをもらっているのだろう。

女の子が2人待ってますよ。増田さんのために揃えたんです、褒めてください! △△さん(4階の職場で一番綺麗とされる女性社員)が来てますよ」

後輩はそんなことを言った。私は特別席へと案内を受けるようだ。

後輩は、うす暗い居酒屋とある区画の前まで来ると、「俺は男同士で飲みますわ。先輩は楽しんでください」と向こうのスペースに行った。目の前には後輩が説明したとおり、女性が2人、灰色調のソファに並んで座っていた。それともう1人(「ばぁっ!」の子)が2つ隣のソファまごまごしている。私は対面に座せばいいようだ。

それで、女の子達(同じ階の後輩3人だった)を見た。一人はショートカットで、一人はセミロング?をポニーテールみたいにしていた。もう1人は、肩甲骨の下までの長い髪だった気がする。

雑談小一時間した。私目線だとそれなりに盛り上がった。みんな大体同じだけ会話ができていたはずだ。退屈そうな素振りしたこともあったが、気付かれていないと信じる。

この時も、やはり後悔がある。トイレで席を立った時、あの男の後輩を見つけた。少し酔っていたのもあり、声をかけみてた。

女の子はいいや。後輩君と2人で話したいんだけど。どうかな」

と彼に告げたのだが、鎧袖一触とばかり、「ふざけないでくださいよ~!」と、私の背中を押して、あの子たちのいる席へと連れて行かれた……。

それからずっと、あの子達とお喋りをしていた。やがて、飲み会の締めの挨拶が始まったのに合わせて、私は特別席を立って遠くのスペースに移動した。挨拶が終わる頃、幹事達に1万円を渡して、誰にも声をかけずに帰った。

色々と勉強になる飲み会だった。またいつか、機会があれば行ってみたい、かもしれない。



自分という存在が嫌になる。私にも心があり、胸にときめきを感じる瞬間があり、その存在がほしい、手にしたい、一緒になりたいと願うことがある。

でも、手に入ることはない。手に入れようとする行為自体が罪になる。挑むこと、それ自体が罪なのだ。私にできるはずがない。できない。できないよ。私には。

増田につらつらと想いを書き綴ってはみたけれど、どうやら少しだけ気分が楽になった。つまらない日記になっていたら申し訳ないけど、できればそうでないことを祈っている。

この記事を読まれあなたが、今年も幸せでありますように。

2022-04-26

anond:20220426155318

ぶっちゃけOverEも価格品質面で似たり寄ったりだし、ニッセンのは安めだけど生地が明らかに安っぽいよね

見た目もハトクロもOverEもあんまり変わらんかな。アンダーを締めてふくよかなラインにしないってのは同じだし

2022-04-20

anond:20220420220403

3重くらいのクレープ生地に包まれランチパックを思い浮かべた。

是非商品化して欲しい。

外側の生地パリパリの方が良いかも。

anond:20220417234434

その後、「外商御回し」という単語が登場する小説を読み進めていったところ、私の理解は誤りだったことがわかった。

外商御回し」と形容された服装とは、デパート外商部の人のようないでたちではなく、老舗デパート外商部経由で届いた、上等な生地でできた良品だがおかんセレクトくそダサい服を、上から下まで身に付けたファッションの事をいうらしかった。

うーん、確かに、昔のデパートに売られていた子供若者の服って、質はよくてもくそダサだったなあ……。

2022-04-17

重めの生地で作られがちなミニスカートより、軽めの生地で作られがちなロングスカートのほうが実は風にめくらやす

これ豆な(一敗)

2022-04-16

すまん、家買ってない雑魚おる?

ウッドショックで一昨年3000万で建てられた家が今は3800万かかるってよ

家買ってて良かったわ

シコシコ労働お金貯めて今さら円安で騒いでる雑魚君は一生地を張ってろ

2022-04-13

anond:20220413120240

逆ではないだろうか

アンを取っても大好きというのだから

饅頭パンの中は空なのである

それでも大好きなドラえもんというのだから

ドラえもんが本当に好きなのは生地の方、

まりどら焼きもアンを抜かした方なのである

2022-04-12

小説家になろう

また米や味噌テンション上がる話か

また馬車のサスペンションの話か

また自称悪役令嬢に絆される話か

また奴隷を買って尊敬される話か

また叙爵の話か

また有能な執事メイドの話か

またダンジョンに行く話か

またトーナメントをやる話か

また井戸を作る話か

また温泉を掘り当てる話か

またマヨネーズ

またゴミ問題スライムで消化する話か

また薬草採集で群生地発見する話か

またスタンピード(魔物大量発生)か

また竜が人語を話しだし人化するのか

また魔法を全属性使えるのか

また勝手に出歩いて両親に叱られるのか

また追放後にスキル有用性に気づくのか

また元パーティ婚約者破滅するのか

また面倒ごとを嫌いBランク昇格をしないのか

またぼっちゃんは規格外ですねか

またオリハルコンを数百年ぶりにゲットするのか

またチョロイン

また泣かれるのが嫌だから一夫多妻制か

また獣人の耳と尻尾をさわって怒られるのか

また強いやつに寸止め攻撃をされるのか

また伝説転移魔法驚愕されるのか

またアイテムボックス

またフェンリル使役するのか

また御用達商人日本産商品を売りつけるのか

また風呂付きの家を買うのか

またリバーシを作って遊ぶのか

またろくでなし勇者

また魔王が実はいい奴だったのか

また知らない天井を見るのか

またスローライフ

また不治の病を治す話か

また巻き込まれ転移するのか

またポンコツ女神

また作品がエタる作者か

2022-04-11

anond:20220411211057

パンは既に焼かれた状態販売されているんだが?

生のパン生地状態で売られているパンちょっとたことがないぞ

2022-04-10

4年かけて5万で買ったオーブンレンジの全機能を一巡した。

最後に残ったのは発酵機能だったのでパン生地作った。

anond:20220407102527

あるわけねーだろ。

お前さ、ハンバーガーパンズが上下同じだと思ってるだろ?

違うんだな―。

上顎と下顎では力が違うんだよ。

それに食べたものに対して、匂いは上にあるもの最初に、味は下にあるもの最初に感じるんだよ。

料理デザインってのはつきつめると人間工学から逃げられない

味は度外視で見せかけ優先のインスタ料理ならともかく、最優先事項を味に置くタイプ料理絶対に同じような方向に収斂する。

収斂なんだよ。

世界の何処で産まれたとしても、似たような方向へと導かれていくんだ。

食材調理方法制限によって多少の地域差が産まれることはあっても、公益技術の発展でそれらが軽減されだすと皆同じ方向に向かい出すんだ。

料理科学だよ。

作る→食べる→もっと美味しくするのループを繰り返し続け観測検証のサイクルを回していく科学世界なんだ。

からこの世界最初から存在する自然科学原則や、人間の肉体が持つ生物学構造と寄り添った形にしか進化しないのさ。

まあ、進化の途中において産まれプロトタイプでいいなら結局はなんでもありかも知れないがね。

たとえばピザ具材生地の下に置いた料理があってもいいけど、それは焼いてる最中に釜にボトボト垂れていって、これでは駄目だと上に置くようになるだろう。

でも一時的には具材を下にしたピザ存在した宇宙はどこかにあったとは言えるよ。

でも君が言いたいのはそうじゃないんだろ?

2022-03-31

痴漢」になってしまった性依存症患者たちについて思うことなど徒然

https://anond.hatelabo.jp/20220317162935

https://anond.hatelabo.jp/20220318013755

少し前に痴漢被害に遭ったよという話をした増田です。進捗と引き続き思うこと徒然を書きたいと思います

事件後に被害者が辿る流れ(当日~その後)

過去にあった痴漢加害者たちの様子と性依存症

大体この二点になるかと思う。

私が体験したことを通して知りうる限りの実情、痴漢加害者ってどんな感じなの?というあたりの話。

追記ここから

私感でいろいろ述べるのは危ないと指摘してくださった方、ありがとう増田からとつい気を抜きました。

あくまで私の体験とそれにまつわる感想範囲に過ぎない、専門性は低い私感です。

詳しい見解ブコメ等でも指摘されている本や専門知識のある方に委ねるものとなるます

ここでは専門家ではない一般人の受けた印象と、並びに看過されがちな問題点があるのではないかという指摘及び前提になりうる情報の共有に留めたいと思います

あとなぜか民事異体字になっている……その前まで作っていた書類のせいですね、深い意味はないです。

ブコメ等での補足、私もとても勉強になりました。

追記ここまで


痴漢被害後の流れ

まず、痴漢に遭った当日、どこかの駅で被疑者と一緒に降りる。

・駅員に報告→鉄道警察登場→その場でおおまかな流れを聞き取りパトカーを待つ

パトカーに乗って警察署へ(この段階までには被疑者と別れて以後顔を合わせることはない)

・調書を取ったり、状況再現写真撮影したり、場合によってはDNA鑑定をしたりする

解放(この後、事件調査にあたる組織検察うつる、のかな?)

所要時間はそのときどきによってまちまち。3-5時間といったところ。

これで全部が終わりのこともある。

被疑者証拠不十分で釈放されたり、あるいは初犯だとかさっさと認めただとかで軽い処罰を受けたりする場合ね。



そして後日、検察から連絡が来ることがある。おおまかに2パターンだと思う。

・「相手方弁護士に連絡先を伝えてもいいですか」→示談交渉を持ちかけられるパターン。この段階で断ってもよい。

・「検察庁まで来てくれませんか」→引き続き取り調べパターン!!!

ちなみに、示談交渉民事検察庁は刑事のため、両方を同時に行うこともある。検察に行ったあとに弁護士に会う、みたいな。

というわけで検察にいってきたよという体験談を書きにきたよ!

まり、要するに相手否認をしているだとか、事件性が高いなんていう理由捜査が続いているという状況。


検察(数ヶ月ぶり二度目)(別の痴漢事件の際)

霞ヶ関にインしてから検察庁を出るまで3時間

取り調べ自体警察説明したこと、もしくはそのとき聞かれなかったことまで聞かれる。

私は覚えてないことは覚えていないと素直に言いました。たぶんこうだけど自信がない、とか。

警察作成した調書を元に深掘りしていく感じ。

調書って味気ないものだし、当日警察に伝えた情報検察に来てないということもあったので、二度取り調べを受ける意味はなくはない。


今回の相手否認しているということだけれど、幸い乗っていた車両には防犯カメラがあったらしい。

まだ映像は入手出来ていない(めっちゃ時間かかるね!?)とのことで、一旦保留。DNA鑑定も結果待ち。

そういった状況証拠が先に揃えばいいんだけどね……。

また、このまま否認が続けば出廷をお願いする可能性も高いという説明を受けた。したことない。

状況証拠が揃えば出廷しなくて済むかもしれないし、起訴の段階で容疑を認めたり弁護士をつける可能性も、という話もあった。



出廷、出廷が視野に入ってきたのかあ~~~

ちなみに、出廷するしないに関わらず有罪判定が出たら民亊裁判視野にいれようかな。

弁護士費用っていくらかかるんだろう…慰謝料取れたとして割に合うんだろうか……。

そんなこと考えながら駅に向かってひとりで歩きながら泣いた。毎度毎度精神的にキツい。


痴漢に思うこと

今まで何人かの痴漢を捕まえてきて、それぞれの状況を聞くこともあった。

個々の話をするとプライバシー的に問題がありそうなので、複数人痴漢の諸々をリミックスしてお届けするね。


めちゃくちゃ繰り返すやつ

これに関していえば体感8割です。体感です。

追記再犯率データで言うと違うという指摘もあったので、ただ単に運の話なのかもしれない。極端な書き方をしてごめんね)

有罪判決という前科持ちだったり刑務所に行っていたりする人々、それも10回以上だったりする。

最初は「性依存症って病気なんだな、犯人も大変なんだな」って被害感情をどこに向けていいのか悩んだけれど、

なんせ常習犯から否認をどこまで引っ張るかとか独自ノウハウがあるっぽい。

状況証拠が揃っても被害者が折れるの待ちで頑なに否認するとか、示談金の提示額が極端に低いとか。


捕まえても捕まえても繰り返す。

これまでずっと俯いて我慢してきたのってなんだったんだろうって思って一回精神崩壊した。

このひとの人生壊すの怖い、そのためなら自分くらい……とか思ってたけど違った。もう人生壊れてるひとも多かった。

逮捕是正の機会になりうる、このひとのためでもある、と思って声をあげるしかない…もうやだ……。


なぜ電車に?

取り調べが進むうちに無職であることが発覚したひとも。ではなぜ朝の満員の通勤電車に?

……痴漢のもの目的なのでは、と勘繰るのは致し方がないことですね。


田舎に帰ります

職もないしそういえば東京にいる理由もなかったので両親のいる地方都市に帰る、と弁護士を介して伝えてきたひと。

うん、しらねーよ。っていうかその地方都市、私の出生地にわりと近いかもっと遠くに行ってくれ。

そのひとの経済状況(ちょっと話を聞いた)を鑑みるに、示談金もその後の罰金刑も全部親が出したのでしょう。

なんだかな、なんだかなあだよ。


逃亡

一緒にホームに降りて駅員さんに押さえていてもらったはいいけど全部振り払って逃亡した還暦以上の男性

大の大人の全力ダッシュを間近で見たのは本当に怖かった。

そのときの勢いを見て痴漢線路上に逃げるのって全然ありうるって理解した。捨て身。


依存症

さっきから全然リミックスできてなくて思いついた順につらつら書いてるだけって気づいてる。ごめん。

そう、痴漢には性依存症患者がとても多いんじゃないかという風に思うようになった。

ちょっと女性と密着しちゃった!かわいいなあデヘヘ、ヒップタッチ!みたいな軽いノリ、出来心ばかりとは思わない。

あいつらなんかみんなマジ感がすごいの。

万引きGメンものでみる「うわ、こいつ常習犯だ」のヤバさってあるじゃん

お金がないわけじゃないんですけど…なんでだろう……」って言いながら机の上にえげつないのもの並べられて、首を傾げてる感じの。あとから常習だと聞かされた遭遇してきた痴漢が持ってるのってそれ。

ちょっと買えなくて、新商品で気になってつい、みたいな出来心万引きとは訳が違う。格も違う。

生活力がないか刑務所に入りたいのでは?」と指摘されたこともあったけれど、だったらないお金搔き集めて示談なんて申し出ないんだよ、実刑は受けたくないんだあのひとら。



痴漢エントリについてたトラバコメントとかをみて、まずはそれを共有したほうがいいんじゃないかと思った。

男性vs女性問題に収まる領域にない。だからそこで殴り合ってる場合じゃない、というのが私の個人的意見です。

― ― ―

以前こんな増田があった。これが創作かどうかの判断はできないけれど、限りなくリアルで実話ベース増田だと感じる。

痴漢OK娘の影響で認知が歪んで痴漢してた - https://anond.hatelabo.jp/20200526191623

こういう認知の歪み、すごく伝わってくるんだよ。

「ちっ、見つかっちまったぜ」なリアクションじゃなくて「なんで?」って顔をされたり、なんか…伝わってくるんだよ……。

自分いま何してた?あれ??」みたいに青くなってフリーズしたひともいた。

経済状況的に継続した通院はできていなさそうだったけれど、性依存症で通院経験のあるひとだった。

上記増田も、ようやく認知の歪みを自覚できたけれど矯正には至っていないと感じる。「頭ではわかってる」という状態

この増田再犯していないといいなって読むたびに胸糞悪くなりながら願ってる。



個人的に「軽犯罪を繰り返す病理の持ち主をどう隔離するか」というのは痴漢問題のかなり重要な要素だと思う。

痴漢問題に限らず、病理に基づいた犯罪全般適応されうる問題でもあるけれど。

追記隔離という言葉は強いな。哀しいバッティングを防ぐにはどうするか、くらいのニュアンスで捉えて欲しいです)


司法人間に言われたのは「そういったタイプのひとは、現状とにかく捕まえて刑務所に入れておくしかない」という言葉

外に出ると再犯してしまう者が多い、そして結局また捕まってくる。もう少しでも長く刑務所に置くしかない、と。

以前の増田にも書いたけれど、罪を認めて釈放して自宅に戻ってからすぐ違う性犯罪を行ってそっちで捕まったひともいた。

なんだかあらゆる依存症と同じ。アルコール飲んで暴力振って正気に戻って愕然として、なんてのと似ている。

なのに男女の身体の仕組みによって均衡がとれないから男女問題に片足突っ込みがちで、なんだろうな…このしっくりこない感……。

それは問題解決に向けての要素としての重要度が高くないよっていう感じなのかな。ごめん、言語化できない。

追記:指摘の通り多くの加害者の大半が男性であるのが痴漢だけれど、逆はどうなんだろうね。

潜在的男性被害者ってもっと多い気はする、女性被害者以上に何も言えないだろうし深層心理で認めるのが難しそう。

でも絶対にいるだろうし、とはいえ性犯罪に遭いましたっていうのはとても怖いことだから……。


私がたまたま常習犯を引きがちなのか、痴漢一般がそうなのかは正直わからない。

でもこういう実情を体感してしまうと「男だから」でくくろうという気に到底ならないのよ、土台別物だよ。

通り魔放火オタク引きこもりはみんな犯罪者予備軍!!って本気で思っているひとを見ている気持ちになる。

といいつつ男性不信に片膝突っ込んでて立派なダブスタです。男が憎いわけじゃないんだけど、不本意なひとに向けられる一方的な性欲が怖いというのが正しい。これは余談です。


また長くなってしまったけれど、ここまで読んでくださった方はどうも有難うございました。

もちろん、出来心痴漢して初犯で捕まるひともそりゃあいる。それももちろん悪質な犯罪だ。

依存症のひとだとしても悪質な犯罪であることには変わりなくて、許せなくて、でも……なんか、やっぱり気持ちのやり場がわからない。何と戦っているのかわからない。私が戦っている相手はひとですか、ひとと戦っていいんですか?

とりあえず、実際に捕まるひとたちの多くはこうじゃないかと感じていますっていう視点存在していることを匿名の海に流しそして私は親指を立てて溶鉱炉に沈む。

2022-03-29

anond:20220329013755

俺はワンピースかと思ったらオールインワンだった時のガッカリがよくある

オールインワンはなぜか生地の質もいいし、上半身部分が探していたものの時が多いんだよなぁ

マリオじゃないんだから

2022-03-28

原子力もある種の「化石エネルギー」みたいなもんだよな?

なんか世の中の連中は原発を使えば無限エネルギーを作り続けられて一生地球に住み続けられるみたいに思ってそうだけど、あれも単に高エネルギー地下資源を掘り起こしてそれを燃やして暖を取ってるだけじゃん。

2022-03-27

anond:20220326122808

自転車意味の「ちゃり」は「ちゃりんこ」の短縮形です。

この質問は、ここ知恵袋だけでも、すでに21回出されています。これまでの回答を見るには「チャリンコ 語源」で検索してください。

以前私が2回答えた回答を手直ししたのが次のものです。

チャリンコ」という言葉自体は、本来子どもスリ」を意味する日本語で、江戸時代からある言葉です。60年代やくざ映画でも「子どもスリ」の意味で使われているのを見たので、かなり最近まで「現代語」だったようです。

「ちゃり」には「ふざけた」の意味があり、「ちゃりげ」(もみあげ)もそうですが、もとは歌舞伎の滑稽な場面の「ちゃりば」、おどけた声の「ちゃりごえ」、おどけた女「ちゃりめ」>「おちゃめ」。ふざけたがきが「ちゃりんこ」で、これが「子どもスリ」や「子どものかっぱらい」の意味になりました。

私は1969年には大阪で友人が自転車チャリンコと呼ぶのを耳にしています

語源は、朝鮮語済州島方言自転車「チャルンケ」、朝鮮語標準語自転車「チャジョンゴ」がベルの「ちゃりんちゃりん」と合わさって、古くからある子どもスリの「チャリンコ」の言葉にかけてできた洒落言葉だったと思われます

私の推定では、発生は1960年代初頭、発生地は、済州島出身在日朝鮮人韓国人の多い大阪生野区あたり(ですが確証はなし)。

掛け布団の洗濯してる?

暖かくなってきたから冬用の掛け布団をしまおうとしていてふと思った

この掛け布団は買ってから10年くらい経つけど一度も洗濯してない

布団カバーを外してみるとカバー越しに肌が当たる部分(首元や布団の真ん中あたり)が肌とあまり触れない部分(角のあたりとか)と比べると黄ばんできてはい

カバー越しに汗が染み込んでるんだろう

日干しはこれまでに2~3回したかどうかだけど、別に臭ったりはしてないしカビも生えてないしま大丈夫かなって思ってる

カバーは定期的に洗濯してるし、ホコリダニの出にくい高密度生地カバーだしね

で、この布団の使い方ってなにか問題あるんだろうか

ググったら年に2回は洗濯しましょうとか出てきてちょっと不安になった

みんなそんなマメ洗濯してるの?

2022-03-26

一生都会に出ないということ

生地元にいる予定の人って不満感じてないんだろうか

だって服も仕事も娯楽も食べ物文化もさ、体験に差がありすぎるよな。

都会がクソな都市なら地元でもいいけど。

2022-03-23

anond:20220323153236

生地の繊維の水分が増えると痛むわけか

なるほろり

バイト日記

 節電のためにサインポールを消灯、エアコンも着けず、FF商品は夜を待たずに終了、という営業。私が出勤した時は謎に出入り口自動ドアまで開けたまま停止されていたが、お客様よりも私よりも先にオーナーが「寒すぎて無理!」とねを上げて、自動ドアは通常通り稼働することになった。

 停電危機最中にあっても来客数は普通に多かった。というか、見かけたことのないお客様達がけっこう多かった。

 2月からやたら若いカップルが多く来店するようになった。当店は中高年ばかり来る店ではなかったのか。一体何が起きたのやら。

 以前、何かのブコメで、最近の若者の間ではラフファッションの中に一点だけ高価なものを身につけるのが流行っているとあったが、それが本当で、パーカージャージズボンという服装で、ブランド物の財布またはハンドバッグを持っている若者をよく見かける。でも、ラフな格好っていったって、今時はちゃんと着れるパーカーは10000円くらいするし、ジャージズボンだって7000円以上はしそうだ。まあ、値段はともかく見るからにし●むらやユニ●ロではない。生地の厚みが違う。

 オーナー20分に一度くらい「いつ停電するのか前もって知らせてくれねえかな」と愚痴を言いにきた。前もって停電するのを知らせるだけのむだな電気ってあるのかなと思いつつ「うふふ、そうですねー」と返事をした。

 先週の地震の時、当店のある地域停電したらしい。その夜はAさんが一人で夜勤をしていたが、明かりが落ちて非常灯が点いたと思ったらあらゆる什器アラーム音が鳴り始め止められなくなったとか。お手上げ状態になったAさんはオーナー夫妻に電話で助けを求めた。すると、オーナー夫妻はすぐに駆けつけてくれて、Aさんは帰らされたらしい。

 そこまではAさんから聞いていたが、昨日はオーナーからあの日夜勤仕事が何も終わってなくて大変だった」と愚痴られた。何も終わってなかったとは。地震が起きたのが夜勤帯ではまだ早い時間だったとはいえ、Aさん何やってたの。

 以前にも落雷かなにかで当店のある地域停電になった事が何度かあるのだが、当店からそんなに離れていない我が家の辺りは無事だった。送電ルートが違うのだろうか。何でやたらあの一帯ばかり停電するのか不思議だ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん