「変顔」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 変顔とは

2020-08-11

anond:20200811223113

いいよねー返歌

返歌ができなくても変顔ならできるし

2020-08-10

anond:20200810184857

Q1.愛子ちゃん名前の由来は?

「父のおばあちゃん名前から取って愛子です。理由は“愛される子、愛する子”で愛子です。とっても気に入ってます

Q2.出身地は?

「生まれたのはフィリピンマニラです。そこで2歳頃まで過ごして、それから東京です」

Q3.血液型は?

O型です。結構がさつです。自分の部屋は汚いけど、友達の部屋とかに行くと片付けちゃうところはありますね。でも、自分の部屋は汚くても気にならないって言う…。ベッドだけキレイだったらよしです。くつろぐスペースさえ確保できればOK(笑)

Q4.趣味は?

カラオケは週2回行くほど好きです。必ず歌うのはFlowerさんの“他の誰かより悲しい恋をしただけ”。自分の声のトーンに合ってて歌いやすいのと、バラード系が好きです」

Q5.特技は?

「人を笑わせることと変顔かな。友達といるときは、ツッコミボケもしてます変顔結構ガチでやってるんでインスタ見てください(笑)

Q6.チャームポイントは?

「目です。よくインスタとかでも二重整形ですか?って言われるけど、元々なんですよ。両親ともに二重なので、遺伝ですかね」

Q7.長所は?

気遣いができるところかな。ありがとうとかごめんね、大丈夫?とか、ちゃんと声をかけるようにしています

Q8.短所は?

「逆に、気を遣いすぎてしまって、謝りすぎちゃったりするところですね。友達には、そんなに謝んなくてもいいよって言われたりします。結構気にしいなところがあるかもです」

Q11.休みの日はなにしてる?

「前はインドア派だったので、ずっと家にいることが多かったんですけど、最近修学旅行で仲良くなった友達しょっちゅう遊んでいます。遊びに行くのは新宿とか渋谷、あとは誰かの家に集合したり。カラオケ行ったり、ダーツしたり、映画観に行ったりしてます

Q12.好きな本は?

心理学的な本が結構好きです。お兄ちゃんもそういう本が好きなので、借りて読んだりしてます。人って速く話すと相手が聞き入れなきゃって感情になるらしいんですよ。だから私も実践して、すごい早口友達に話してたら、『ちゃんと聞き入れるからゆっくり話して』って言われました(笑)

Q13.好きな曲は?

Aimerさんの“コイワズライ”です。カラオケとかで歌うと絶対泣いちゃうんです。歌詞にも励まされることも多くて、大好きな曲です」

Q14.好きな芸能人は?

沢尻エリカさんです。強い女性像で、沢尻エリカさんっていうキャラクターがしっかりあるところがかっこいいなって思います。私が女優として頑張りたいと思ったきっかけの人でもあります

Q15.好きな食べ物は?

炊き込みごはんです。父が私とケンカするたびに、仲直りの意味を込めて作るんですけど、ちょっと前に結構長引くけんかしたら毎日炊き込みごはん作ってて(笑)。母から今日炊き込みごはんなんだけど…、もう飽きたから早く仲直りして』って言われました。私が『美味しい!』って言うとケンカが終わります

あとは、焼き鳥!タレ味が大好きで、とくにつくねが好きです。あと、キュウリも。家族外食するとキュウリだけで3品ほど頼みます。たたきキュウリともろキュウと浅漬けとか(笑)

Q16.嫌いな食べ物は?

「お刺身とかお寿司とか、生ものが苦手です。だから寿司屋さんに行くといつもカッパ巻き!安上がりですね」

Q17.好きなファッションは?

「色はモノトーン系とかシックな色味が好きです。撮影とかでは可愛い系を着ることが多いんですけど、プライベートでは、意外とかっこいい系が好きです」

Q18.ファッションのこだわりは?

ブランドものかにあんまり興味がないので、GOGOSING、HOTPINGとかの韓国通販が好きです。2カ月に1回くらいまとめ買いして、着まわしや組み合わせを楽しんでます。でも、ワンポイントブランドのバッグを持ったりするのは素敵だと思うので、たまに母に借りたりもします」

Q19.好きな瞬間は?

友達といるとき!と、友達と騒いだ後に、家のベッドで音楽聴きながら、なにも考えない時間も好きです。

1人のとき結構いろんなこと考えちゃうんで、マネージャーさんに思ってることをめっちゃメールしちゃいます

日記みたいなメール毎日のように送られてきます、とマネージャーさん談)でも、次の日には忘れちゃうんです。そのへんはO型っぽい(笑)

Q20.ヘア&メイクのこだわりは?

メイクは肌がいちばん大事っていうのがモットーです。アイメイクやアイブロウリップも映えさせてくれるのは肌なので、肌のきれいさや白さ、ツヤにこだわっています

ヘアスタイルは頻繁に変えたくなっちゃうんですけど、今後は黒髪に戻して落ち着いた感じにしたいなって思ってます

Q21.お気に入り美容アイテムはある?

「白肌にしたいので、3CEのウユクリームを愛用していますスキンケアも、ウユをラインで使ってます

朝の洗顔にはLUSHブラックダイヤというのを使っているんですけど、毛穴の汚れが落ちる感じがしてお気に入りです」

Q22.マイブームはある?

「今は友達と遊ぶのがとにかく楽しいから“フレンドブーム”ですね(笑)

Q23.自分に自信がなかったって言っていたけど、どうやってコンプレックスを解消したの?

スカウトされてお仕事を始めてからも自信が全然なかったんですけど、母に『自分で可愛くないって思っていたら、マイナスに落ちて行くし、本当に可愛くなくなるよ』って言われて、確かに!って思ったんです。

生きていく中でいちばん信じられるのは自分自身なんだから、まずは自分いちばん愛することがプラスに変えていける方法だ、って。可愛くなりたいって言ってるだけじゃなく、どうすれば可愛くなれるか、自分を変えるために時間を使おうって今は思っています

Q24.同世代にも自分に自信を持てない子も多いと思うけど、そんな子たちに伝えたいことは?

「人の顔って、それぞれ違うのが当たり前だし、両親からもらった顔なんだから、素晴らしいって思うんです。人と比べることよりも、自分の顔をより魅力的に見せることを考えて欲しいって思います私自身も、そういう考え方になったら、自然性格も明るくなったなって実感しています

Q25.恋するとどうなるタイプ

結構相手に合わせちゃうかも。好きの気持ちが溢れ出ちゃうから、すっごい一途です。あと、恋の力可愛くなる気がしま(笑)

Q26.男性のどんな仕草や行動にキュンとする?

「口のまわりになんか付いちゃったときに、舌をペロって出して舐める仕草とかがエロキュンです。かっこよ〜って思いますマニアックですかね?(笑)

あと、さりげなくポンポンとかしてくる人とか、キュンとしちゃいますね」

Q27.理想恋愛は?

「お互いが高め合える関係依存しないで、私がいるから頑張ろうって思われるような相手になりたいし、相手にもそうであってほしいです。一緒にいることでプラスになれるのが理想ですね」

Q28.この夏にやりたいことは?

「仲良しメンバー花火大会に行きたいです。あとは、旅行したり。大きめの部屋を借りて、友達と1週間くらい共同生活してみたいです。みんなサバサバしてるので、ケンカとかもしなそうって思ってます!」

Q29.人生目標は?

自分のやりたいことを実現していきたいなって思ってます。まだまだ変えなきゃいけないところはたくさんあるけど、女優を目指してがんばっていきたいです。沢尻エリカさんや二階堂ふみさんみたいに、色んな役に挑戦したいです」

Q30.109ニュースを読んでいる人へメッセージをお願いします!

「みなさん初めまして、愛子です。マイナスに思ってるとマイナスしかならないって思うので、ポジティブに考えていったほうがいいなーって思ってます。みなさんもポジティブにいきましょう!私も頑張りますポジティブになると、めっちゃ笑顔でいられるし、楽しいです!」

https://109news.jp/culture/20190730/156770/writer02

2020-08-09

妖怪シェアハウスおもしろいから見てほしい

小柴風花がかわいい松本まりか美人なのに変顔かます醜女メイクもガンギメだしセクシーやし。大倉孝二はノリノリやし。

基本、ダメ男をこらしめるみたいなエピソードもなんか笑ってしまっていい。

あと良いドラマって1話エピソードが完結しても全体の話の伏線みたいなのチラつかせて興味を持たせてくれるよね

そういうとこがあるドラマ

2020-07-27

テレビに出てるタレントYouTubeを始めるとき

なんかテレビ普通に有名なタレントいかにも人気YouTuberがやるような文字満載サムネ(「え!?衝撃の…」とか「これはヤバいww」とかが太字で変顔の周りに散りばめられている)作ったり、今更のように身体を張っているのを見ると

YouTuberがやってたら別に気にならないし、テレビ番組の方がYouTubeより上だとも思ってないのになんか惨めだと思ってしま

動画はどうせ見ないんだけど

2020-07-10

アイマスラブライブ声優ライブの違いについてアイマスPが思うこと

これは自分アイマスPだけやってるからかもしれんが、今のアイマス声優ラブライブ声優って求められてるものが違うんだろうなって思う。

アイマスライブは初期の方針ではキャラに寄せなくてもいいということになっていたし、今でもコスプレ要素が衣装以外(髪型とかね)少なめかなと感じる(人にもよるけど)。

キャラ眼鏡でも眼鏡しない人もいれば、キャラ裸眼でも眼鏡を外さない人だっているし。容姿を寄せてくる時もどっちかというと求められてることはキャラになりきることよりも、容姿を寄せることでキャラリスペクトすることなんだろうなという感じがする。

ラブライブは初期はまあアイマスライブとそんなに変わらないかなと思っていたけど、サンシャインになってからウィッグ?地毛染め?かわからないが極度に髪型を寄せたり、ダンス3DCG映像に完全に合わせていたりとキャラになりきることを求められてるのかな?と思う。

正直不自然さが残るCG人間が合わせに行ってるので見てて不安になる時がある。

アイマスは歌重視でラブライブは全体のパフォーマンス重視なのかなというのもある。

アイマスは極力被せってやらないけどラブライブはやっていることあるよね(そのように少なくとも自分パフォーマンスを見てて思った)。

ライブでは両方いいように働くんだろうけど、テレビ露出の時に結構露骨に両方悪い点が出てるなと思った。

比べるとリアルアイドルテレビパフォーマンスちゃんテレビ最適化されてるんだろうなと思う。

ちょっとラブライブサンシャインが立て続けに地上波音楽番組に出ていて、まあダンスパフォーマンスがすごいんだなと思ったし、実際テレビ映えしてた。

多分(自分が見たときは)被せもしくは口パクの時で、その分すごく動くし、声の調子とかも気にならず集中して見られた。

でも、表情が極度に強調されすぎというか、口の動きが明らかに大きすぎるなと思った。

多分あれは口パクか被せで歌<パフォーマンスからそうなってるんだろうなと。

歌のパフォーマンスって確かに口を大きく開けろって指導されることがあるけど、母音がuの時に口を過剰に突き出す表情とかをとても可愛い表情としてやってるとは思えないな。

ちょっと表情作りすぎて(ラブライブミュージカル的側面があるからかもだけれど)、変顔の域になっていないか?と思うこともあった。あとPVの顔の向きとかに合わせてるので視点が合わなくてちょっと怖い。

アイマスはまあ、被せがない証拠と言ったらあれだけどライブでもたまに歌詞飛んだり歌詞間違えたりしてる。

で、しばらく前ようやくテレビに出たわけだけど、まあ見栄えがしない。結構ライブでもゲームでも強い強い言われてるユニットだったしTLではベタ褒めだったけど、結構見てるのが辛かった。

被せじゃないからすごく歌からガチガチに緊張してるんだなっていうのが伝わって、その時は衣装も何故かあんまり派手じゃないタイプ共通衣装だったからよりちょっと見ているのがキツかった。

結構声張れる歌がうまい部類の声優さんが入ってるユニットだったんだけど、まあ声が出てないこと出てないこと。

しかしたらマイクの調整がよろしくなかった可能性もなくはないけれど。

今までなんでラブライブがよくテレビに出ていたのにアイマスは出ないんだ?と思っていたけど正直納得してしまったよね。

よっぽど場慣れしてるかパフォーマンスに全力出せなくても上手いと思えるくらいの歌唱力がないと、生歌はテレビ向きのパフォーマンスじゃない。

まあ何が言いたいかというと、方針が違うであろう2つのジャンルを見て、一般の場でキャラクターのままアーティストとして一般の場に出すのは無理があるんだなと思ったという話。

結局はオタクを揃えたホームグラウンドから成功してるだけなんだよね。コールありき、雰囲気ありき。

アー活がっつりやってる人は今でもテレビに出てたりするけど、その辺が限界

ラブライブテレビに出始めたころは、これからアイマス地上波に出て行ったりするのかな、ってちょっと期待したんだけどな。

追記

見てないってブクマコメで言われてたデレのテレビ出演がここ1年以内のやつを指すなら上記の通りだし、もっと前のおねシンやったときコールありきの現場だったからここでは書いてない。他の一般歌手アイドル同様にライブのような観客サイドからコールとかがない状況でテレビに出たとき露骨に弱点が見えたなって話。それ以外に自分の知らないテレビ露出があったら申し訳ないです。

あとアイマスはどのシリーズかによってだいぶ差があるから〜っていうのも非常にわかる。これは男だけどSideM3rdソロとか人によっては酷かったし(ソロないとはいえ4thはずっとよくなってた)、シャニも上手い子はいれど正直発展途上が過ぎると思う。ASならそういう場でも上手くいくかもしれないけど、それこそ一般の場に出すには年齢的に受けないだろうからなあ……。

2020-06-28

『孤島部長』という漫画にマジハマリして愛が苦しい日記

ここしばらくの私の病気について聞いてもらえますか。

『孤島部長』っていう漫画が好きすぎて、いろいろと廃人状態になっているっていうものです。

八海つむ先生という漫画家さんが描いていて、pixivtwitter最初1話が読めるのでよかったらどうぞ。

ざっとしたあらすじは、ゆるい天然系の新卒小松ちゃんと、小松ちゃん会社(そこそこの商社らしい)の第一営業部の古藤部長(若くして部長にのぼりつめた昇り竜と呼ばれている男)が2人で遭難して無人島に流されるというところからはじまる、お仕事サバイバル要素こみこみのラブコメです。今のところ、コミックは3巻まで出ていて、最近マンガワンというアプリで連載が完結し、8月くらいに最終の4巻が出る予定です。

もう…ほんと…好きすぎてしんどい…。

主人公小松ちゃんという名前なのですが、最近スーパー小松菜を見ても目頭が熱くって、なんかすかさずかごに放り込んじゃうし、ストーリーの流れ(伏線回収?)上とても重要なある気候条件(?)があるのですが、そんな空を見るたびに(なかなかはっきり観測はできませんが)、あああああああーーーーーーー尊い!!あの作品の尊さに比べたら私とかまじゴミだけど、それでもこの空を見て少しでも前を向いて生きていくのよっていう気持ちになるし、なんていうか、病気を通り越して、もはや私ったら解脱してるな~って面持ちの澄み切ったまなざし即身成仏果たしてます

どのくらいになるんだろう、コミックを狂ったように読み返す日々をそれなりの長さすごしているんだけど、毎日生活の中で、ある意味コミック不要になってきたっていうか、皿を洗いながらでも脳内再生余裕みたいな状態になってきて、最近、きづいたら家事が終わっていて、「ん?タイムリープでもしたかな?」ていうことが多いです。いやー、家事ならまだいいんだけど、仕事とか何かとんでもない見落としとかしてないかな?ミスして部長に詰められたいっていう願望はありますが。しかしまあ、好きすぎて脳内漫画インストール完了みたいな便利な状態になってしまって、たぶん、私が今世での命を終えるときフランダースの犬ネロにおけるルーベンスの絵的な立ち位置で、小松ちゃん部長が私の枕もとに現れて、私を天の御国へといざなってくれる気がする。

私はもうコミックマンガワンのほうも、合計5000兆回くらい読み返しているのですが、その5000兆回のうち、1,2回くらいは「はー、結局男は、かわいくて、スキンケアしなくてもお肌ぷりぷりで、ムダ毛はえなくて、パイオツカイデーで、びっくりするくらい華奢で、ゆるい天然だけど一生懸命な顔がかわいい若い処女が好きだよな~」って思って、スン…って顔になったこともありますが(当方人生疲れた既婚経産婦)、いや、男だけじゃない!私も好き!!私もそういう子好き!!!っていうか小松ちゃん好き!!!!!大好き!!!!!!!!!!!って感じです。

ていうか、部長!!!

私の解釈だと、部長はもう就活面接の時点で小松ちゃんのことが好きで、できる男かつ悪い男から社会人として使い物になるよう、私のところで研修させてもらいます」(めがねスチャッ)みたいな流れで第一営業部にひっぱってきたと確信しているんですわ。コミック4冊分のストーリーの中で、部長がきびしめの顔やら、変顔してたりするのは、全部、小松ちゃんかわいさからくるニヤけをおさえているという目線で読んでしまっているので、全てのコマが愛おしいんですわ…。「(ネクタイ)キュッキュしすぎだったもんね!」(←本田社長談)って、部長、どんだけリビドー自制してるんですか…がんばったね!!

うそう、島の住人は、2人の他は、古藤部長の上客のパラレル不動産本田社長社長秘書のセイコさん、そして、以前、古藤部長の部下だった染谷くん、という、なんで全員知り合いだよ、確率えぐいな、みたいなメンバーで、これもまた全員に対して私の愛が爆発してるわけなんだけど、特に本田社長が好きすぎて、私もパラレル不動産入社したい。初登場の時「ビジュアルきっつ…」と思ったこと、社長、ごめんなさい。社長はね、ほんと、大人物よ。社長絶妙アシストとひょうひょうとした感じで放つ核心を突いたセリフがもう最高です。社長の「人を動かすのにたけてらっしゃる」そのお力のおかげです、尊さの成就の相当な部分は社長のお力添えによるものと、私は思っております

私、今まで、二次創作とか同人誌みたいな文化には一切触れてこなくて、そういう、ある作品への愛が募ったが故の創作物みたいなもの存在する意味が分からなかったんです(失礼な言い方にお気を悪くされる方がいらしたらごめんなさい)。でも、私、今ならわかるわ。ほんとに、ほんとに、続きが読みたい。これからの2人の生活のどんな断片でもいいから見せてほしい…。つむ先生にも描いてほしいと切に願ってるし、つむ先生次回作に集中されるなら、誰か描いて!!!って感じ。とりあえず、なんらかの後日談リリースされるのを心待ちにしつつ、日々、自分脳内でこの珠玉物語を反芻していこうかな。エブリデイ走馬灯

2020-06-23

anond:20200623120838

一時期問題になった

未成年人間の子供に、1枚というとき変顔禁止 未成年はなにをするかわからない。

という通達が有り

1枚よいですか?は 原則的には成人だろう レイヤーさんに というカメコ暗黙の了解

 

変な顔をしてください というリクエストを 未成年にしないで という 暗黙の了解 カメコ

2020-06-21

anond:20200620235334

増田さんはどれくらいが普通なの?

カワイイネコチャンでさえお風呂上りエイリアンみたいになるよね。(増田によくいる🐈絵文字のことではなくリアルネコチャン)

人間だって外出前は家でダラダラモードだよ。髪巻いたり洗顔後の変顔とかまで言われると生きてけないよ~。

2020-06-07

個人撮影もので胸に響いたやつ3つ

突然だが個人撮影ものが好きだ。

ワンパターンの構図、暗い画面、撮影者(男)の声や身体が混じる不愉快さ、AV女優ほど美人でもない、これらから自分素人のハメ撮りなんか見て何が面白いんだと思っていたが、究極のプライベートを覗き見ているという悪趣味な一面に気付いて以来、よく見るようになってしまった。

そんな個人撮影もので印象に残ったものを書き残してみたい。

流出動画

自分をこの界隈に落とした主犯

JKぽい制服着た女性撮影者とする動画で、撮影者の猫なで声がちょっと気持ち悪い。女性結構美人でありながら積極的で、カメラに対しても特に嫌悪を示さないところから所謂デリ嬢との行為を撮ったものなのだと思っていた。ある時ふと続きの動画や関連動画がないかと調べてみてやっと、2人は恋人同士であることを知る。その時の感想は「世の中の恋人はこんなAV紛いの行為をしている…だ、と…?」であり、とてもとても哀しい思いをしたのをよく覚えている。

やたら重い台詞唐突に挟まる動画

1回戦後フェラ中。

男「毎日は無理だから一週間に3、4回とかw」

女「いいよそれでも。お金も要らないし」

男「いやそれはちょっと…」

女「寂しさを紛らわせてくれたらいい。気が向いたらお金払って」

男「…………」

ここで何も言わない男はクソだと思ったけど、何を言ったところでやっぱりこの男はクソだなとも思う。しかし恐らくは行為であることを理由に、編集カットしなかった点にはプロ意識を感じる。

写メ動画

個人撮影ものには、希に写真(写メっぽいやつ)と動画がセットでzipになっているものがある。写真は全てエロとは必ずしも限らず、普段日常を映したものも多少混じっていることがある。

これは女性個人写真だけでなく、付き合ってると思しき男性も一緒に映っているものだった。男は正直、ちょっと小憎らしい顔の小僧だ。こんなもん一緒に入れるなよと思いながらホイールを回していくが予想外に枚数が多い。非エロなんて精々10も無いのが相場のはずが、20、いや30以上もある。遊園地デートに行った日、変顔プリクラを撮った日、一緒に花火をした日、初詣に行った日、布団の上でじゃれついてる日、どの写真を見ても、小僧なりに彼女を大切に思っているのが嫌でも伝わってくる。そして気付いたら泣いていた。こんな、ゲームラノベみたいな恋人たちの日常現実存在するなんて知りたくも無かった。このzipを作った奴は一切の選別をせずに固めたのだろう。そしてこのzipを作ることができるのは彼らの近しい関係の誰かなのだろう。悪趣味にも程がある。

2020-06-05

ふとんの中で思いっき変顔してみ?

ふとんの中だからって誰も見てると思うなよ

2020-05-11

マスクでいつもニコニコ生活

何もないのにニヤついてるのは明らかに変人だけどマスクをしてたらニコニコしても変顔してもバレない

思い出し笑いとか

2020-03-28

anond:20200328222153

うらやましい。

独り言言ったり変顔しながら仕事できるんだろ。

最高にパフォーマンス上がるじゃん。

2020-02-24

youtuber変顔誇大広告だろ

驚くような内容が何もない動画でも、作った変顔で驚いてるように見せたりとか、タイトルまさかの展開が…って入れたりとか。

端的に言って嘘じゃん。詐欺じゃん。

金を消すのをやめるか、生きるのをやめるか選んで欲しい。

2020-02-04

萌黄えもに花束

動画配信を題材にした女児向けアイドルアニメキラッとプリ☆チャン』に、「萌黄えも」という登場人物がいる。

物語の中心となるプリチャン(作中の動画配信サービス名前アイドルユニットミラクルキラッツ」のメンバーであり、主人公桃山みらいの幼馴染。スポーツが得意で学校ではチア部に所属金髪ツインテ。口癖は「えもい!」。ユニット「メルティックスター」のリーダー赤城あんなとは犬猿の仲(という名のカップル)。初代プリチャンアイドル?の孫というサラブレッド的な設定も一応ある。第一からみらいと共にCGライブも行っており、メインキャラの一人であることは間違いない。

そんな萌黄えもが、いつの間にか自分にとってプリチャン内で最も気になるキャラクターになっていた。気になる、といっても萌えとか推しかいう話ではない。見ていて妙にハラハラさせられる、危なっかしい存在ということだ。

どの辺が気になるのか。いくつかの要素に分けて見ていく。ネタバレあり。

能力

一期から登場している、えも以外のメインキャラ=プリチャンアイドルたち(トップアイドル白鳥アンジュを除く)を見てみると、

キラッツ

桃山みらい:トップアイドルトップデザイナーに認められた才能を持つ天性のアイドル。特技はキラースマイル(変顔

青葉りんか:博識で、一人でプリチャン配信を行える技術力もある。UMAにも詳しい

メルティック

赤城あんな︰超金持ち

緑川さら芸術家肌でギターの上手いイケメン

紫藤める:飛び級天才

と、なんだかんだで一芸に秀でた超中学生級の面子がそろっている。その中に混じると、えものチア部でスポーツが得意」はやや分が悪い。実際、序盤ではみらいとの運動神経の差がある程度ストーリーに関わることもあったが、以後はえもの特技・特性が作中で活かされることも稀になっていく。ライブ演出ポンポンを使うぐらいか

性格人間関係

ポップ系のアイドルだけあって、えもは基本的には明るく元気な性格をしている。しかし、調子に乗って失敗するとか肝心なところで弱気になるといった、ネガティブな面もしばしば描かれ、むしろそちらの方が印象に残りやすい気さえする。

これがたとえばプリティシリーズ前作「プリパラ」の、「ドロカス」ことドロシー・ウェストのような突き抜けた無軌道さまで行けば、それはそれで一種愛嬌にもなるだろう。だがえもの場合はその人格に、良くも悪くも過剰(異常?)さはあまり感じられない。

そんな中途半端さを象徴するのが、えもがズレたことを言って、みらいとりんかが「「あはは……」」と苦笑するミラクルキラッツ定番の流れだろう(定番とはいえこれはワンパターン過ぎるので正直そろそろ控えてほしい。ついでに、りんかのシルクちゃんオチも)

ライバルである赤城あんなが、高飛車お嬢様ではあるが実はストイック努力家でツンデレという、ベタであるからこそ鉄板好感度の高いキャラ付けであることも、えもの煮え切らなさを際立たせている。

たとえば、えもとあんなのデュエット曲、「ツヨキ!ツインテールズ」冒頭のこの掛け合い。

あんな「今日特別に、一緒に歌って差し上げますわ」

えも「はぁ?感じ悪いんだけど!」

「はぁ?」って……「感じ悪い」って……もっと言い方……

これはもちろんツンデレ同士のじゃれ合いでしかないのだが、あんなが分かりやすく「ツンデレお嬢様」の文脈に乗っているのと比べると、えもの方はほんの少しばかり、無駄に地に足のついたキツさが前に出ているセリフに感じてしまう。要は、「感じ悪い」って言う方が感じ悪くない?

一期終盤の展開

49話「さがして、さがして、さがしてみた!」。ミラクルキラッツはメルティックスターを破り、ネクストプリンセススペシャル大会への出場権を得る。しかし、出場券である「ウレチケ」を預かっていたえもは、大会前日になってウレチケを紛失していることに気付くのだった……

チケットを探す過程で、キラッツが家族やこれまで出会った人々との繋がりを再確認する、という王道エピソードではある。が、あくまでそのきっかけでしかないとしても、最終決戦直前のこのタイミングに、いつもの調子でえものしょうもない失敗をわざわざ持ってくるのか?と、当時はかなり疑問に感じた回だった。

しかオチは、えもがチケットを自分帽子に隠していたのを忘れていただけ(その上チケットは実は再発行可能)というもので、最後までえもが名誉挽回するようなイベント特に無し。ギャグとしても、やはりやり過ぎだったのではないだろうか。

そして更に追い打ちをかけたのが、一期最終話である51話キラッとお別れ、やってみた!」。海外に旅立つメルティックスターを見送るためにお別れ会企画するミラクルキラッツ。だが、時間になってもえもが来ない。みらいとりんかはえもを探しに行く……

今回のえもの遅刻理由は、会場に向かう際に転んでケガをしたせいなので、チケットの件よりは自業自得感は薄い(メルティックへのエール練習をしていて時間が押したことも影響しているが)。とはいえ、仮に本人には一切の責任がないとしても、えもが他の二人の足を引っ張る展開を短期間に立て続けに投入したりすれば、視聴者ヘイト無駄に稼いでしま危険性が高いことぐらい簡単想像できるだろう(実際に批判があったかは知らない)。なぜこんな変な構成にしてしまったのか。

51話で、探しに来た二人と合流したえもは元気を取り戻し、「あたし全力で走るから!転んだって走るから!」と宣言する。これを見るに、何度失敗しても立ち上がるキャラとして印象付けたいのかとも思うが、そもそもの失敗自体が地味では、そこからの復活もパッとしないものになりやすいだろう(しかもそのセリフの後にまたすぐ弱気になってるし……)

やっぱりえもが好き

こういった萌黄えもの造形や活躍?は、主人公であり結局のところ実質的天才であるみらい以上に、「普通女の子もっと言うと「調子に乗った素人」としての役割を負わせる意図によるものと思われる。

動画配信を題材にした作品に、そういう存在をメインキャラとして登場させる意味は分かる。なにも「調子に乗った素人」だけが配信をしているわけではないが、「調子に乗った素人」を受け入れる寛容さこそが現実動画配信文化を豊かにしていることは確かだろうから。実際、作品の初期にはこれが上手く機能していた。

1話で、みらいとえもがデビューすることになったきっかけは、売り言葉に買い言葉でえもがあんなに言い放った「あたしだってプリチャンデビューすればあんたなんて目じゃないんだから!」だ。もちろんこのセリフ根拠と言えるものは何もない。しかも、自分から言い出したくせに、えもは初ライブ直前の土壇場になって怖気づいてさえいる。結局それを立ち直らせたのは、みらいのキラースマイル(変顔)だった。

しかし、たとえ桃山みらいが豊かな才能を持ち人の心を和ませる特別存在だとしても、えもに半ば強引に誘われることがなければ、彼女一人ではデビューに至ることはできなかったはずだ。最初の一歩を踏み出す力として、裏付けのない無謀さの価値を、プリチャンはえもというキャラに託して表現しているのだろう。

その後、りんかもメンバーに加わりキラッツのプリチャン活動軌道に乗ることで、着火剤としての存在意義はやや薄れていくことになる。その結果、えもというキャラをこれからどう動かしていくべきかについて、制作側に迷いが生じたのではないだろうか。それが一期終盤の歪み(えもに関しては迷走と言い切りたい)に繋がった、とは考えられまいか

二期に入っても、目立った失敗エピソードこそないものの、第二の主人公と言っていいほど重要な新キャラ「虹ノ咲だいあ」とあまり相性がよろしくないこともあってか(引っ込み思案な虹ノ咲とデリカシーがないえも、虹ノ咲の憧れの人である桃山みらいとえもは幼馴染)、やはり細かいところで損な役回りが多かった印象がある。

しかし、第89話「聖夜はみんなで!ジュエルかがやくクリスマス!だもん!」。最高のジュエルアイドルを決めるための大会とされていたジュエルオーディションが、実は自分友達を作るために始めたものだったと涙ながらに告白して虹ノ咲が去った後の、このやり取り。

えも「あたしさ……どうもピンと来ないんだけど」

あんな「何がですの?」

えも「ジュエルオーディションが嘘だったってやつ」

あんな「……」

えも「嘘でもなんでもないよ!オーディションしかったし!」

これには思わず

「そうだよ、それだよ兵頭一歩!」

と叫んでラウズアブゾーバーを投げそうになってしまった。それほどまでに、ここは近来まれに見る会心のえもゼリフだった。

主催者自身暴露を受けてもなお、自分たちが参加してきたこれまでのジュエルオーディション肯定する。それ自体はその場にいたアイドルたちの心情の代弁に近い内容だが、これを真っ先に、いい意味で考えなしに半分キレ気味で言葉にしてくれたのがえもだということが、嬉しくてたまらない。

えもって実はこういう奴だったんだな、と再発見したような気持ちにさえなった。この「いい意味でのバカ」を意識し続けてくれるなら、これからのえもには期待できるかもしれない。

現在のプリチャンにおいて萌黄えもというキャラクターは、恐らく企画当初に想定していたよりずっと扱いが難しい、デリケート存在になってしまっていると思われる。言われるまでもないだろうが、監督脚本演出の方々におかれましては、どうか彼女に関しては他のキャラにも増して丁寧に丁寧に丁寧に描いてくれるようお願いしたい。3期も楽しみにしてます

2020-02-02

NARIKINが800万のパソコン買ったって変顔で煽ってくる動画のなにが楽しいんだかさっぱりわからん

2020-01-24

anond:20200123192405

それよりもこれだけNetflixYouTubeといった娯楽があるなかで、変顔テキストいじりで今後生き残れるんかいな……って心配になる。

2019-12-26

anond:20191226130248

別に似せろとは思わないけど、あの変顔が大半なのはどうかと思った

もう少し違う工夫とかないのかといつも思う

コロッケって面白いの?

米津玄師モノマネコロッケ炎上していたけど、1度もコロッケの芸を面白いと思ったことがない

米津玄師ファンでもないから「米津玄師可哀想コロッケ酷い!」とか批判する気は無いけど

あのコロッケの芸って一体どこが面白いの?笑えるの?

教えてくれ

いつも見てて寒くなるんだが

いつも同じ様な変顔してるけど、全然笑えない

アラサーだけど、この年代の人は面白いって感じるんだろうか

娯楽が少なかった時代の人は、あの芸風に面白味を感じたんだろか

2019-12-05

子供ヒカキンセイキン絶対見せない

子供Youtubeヒカキンセイキンを見つけて結構な頻度で見ていたのだが最初特に問題はないだろうと別に禁止はしなかった。

その後いろいろとこのチャンネル問題があるので禁止になるに至った。

我が家でこの2チャンネルを完全に禁止にしたのは、いくつか理由がある。

1 この方たちが経費でやっていることをまねしたがるようになる

→例としてUFOキャッチャーを大量の100円玉を使ってやるなど動画再生数を稼ぎ利益を出すためにやっているような行為を家庭ではできない

2 教養のまったくない内容

動画が果てしなくつまらない、なんで見たいと思うのか疑問に思うほどつまらない。また子供にとっては大事教養道徳を磨く要素がほとんどない

3 ぶんぶんハローYoutube

→うるせえ 何回きかせんねん!

4 台風の時、台風の注意のような動画広告入りで配信してた

SEO界隈にいたこともあり、すぐにわかるのだが、Youtube動画も基本はキーワードを含む動画、かつ信頼度の高いチャンネル再生数の多い動画が表示されるようになっている。アンパンマンおもちゃ動画も「アンパンマン」というキーワードにヒットするために作られたものだ。検索エンジンは(まだ)基本的にはクリエイティブの質は評価できないので、再生数を稼げばそれだけで上の方に来るような仕組みになっている。

しかヒカキンセイキン台風専門家なのだろうか?内容もかなり稚拙だった。おそらくだがこの動画台風というキーワードにヒットさせるためにだけ作られたものだ。つまり金儲けであり、その裏側でアルゴリズム稚拙さの隙をついてほくそ笑んでいる彼らが透けて見えた。

5 心なしか子供がいらいらするようになった

→この2チャンネルを見ていた頃の子供は、いらいらし、情緒不安定になった。理由はわからないが心に悪影響があるように思える。辞めたらより穏やかに戻ったからかなり正しいと思う

6 こんな意識情報発信している人の動画を見て育ったらどんな人間になるんだろう?

ここが一番懸念を感じた点だ。彼らの動画サムネイルには必ず、ただ単に興味をひくためだけの変顔がついており、教養道徳心を磨くような教育的配慮が全くない動画であり、キーワードにヒットさせるためだけに災害をも利用するようなマインド人間に接し続けると、子供はどんな人間になるのか?

俺は一番ここにぞっとした

追記

この投稿話題になってるっぽいので、一部事実誤認等が発生しているので補足しておきます

台風の注意のような動画広告入りで配信してた

自分の他のチャンネルへのリンクの事ね。それとハッシュタグも入れている。台風被害 だのこれは検索に引っ掛けるためなんだよね

2019-11-25

どうしても好きになれない人っているよね

日常でも必ず一人は存在しない?

有名人とかだと少なくとも5人はいる。

ここ数年だと、ヒカキンがどうしても好きになれない。

人気者とか、そういう所は別に嫌いじゃないんだけど、どうしても好きになれない。

なんなんだろうね。

どこが嫌いなの?って聞かれても、いまいち答えられない感じ。

素人配信者で芸能人じゃないのだから、そこの所メディア食品メーカー区別しようよって思っても別にそれは嫌いでもなんでも無いし

素人が注目されて有名になるのは悪いことじゃないのでいいよねって思う。

金の使い方が一般の使い方と違うから嫌い…ってわけでもない。

ヒカキン変顔がムカついて嫌いなんじゃ?って言われても、別に顔面おかしいだけだし嫌いじゃない。

何が嫌いなのかが全くわからないけど、日常で知り合ったら確実に嫌悪するって自信だけがある。

視界に映る事すら嫌ってくらい嫌いって感じてるんだけど、何がどう嫌いなのかが説明できない。

なんなんだろうね、これが生理的に受け付けないみたいな感覚なのかな。

2019-11-11

乳幼児スナイパー母親に敗れる

俺は交通機関の中で赤ん坊幼児ちょっかい出すのが好きだ。言わば手を触れずに乳幼児変顔だけであやすプロフェッショナルと言っていい。大抵のグズってる乳幼児は俺の厳しい視線や殺気に満ちた顔でぐずりを止める。あるいは極限の恐怖で命乞いのバイバイさえしてくる。

この業界横のつながりはないが同業者を見かけることがたまにあり、あるときに泣きじゃくる赤ん坊にまぶたのピアスをびよーんびよーんとやって見せてる男子高生くらいの同業者もいた。色々と攻撃手段はあるものだと感心するばかりである

さてここは終電まで一時間くらいの下り電車帰宅ラッシュが多少ひと段落した車内で一歳に満たないくらいの赤ん坊が泣いており、母親が周りを気にしながら一生懸命あやしている。プロの出番だな。

いかガキよ。ここは電車の中で乗っているのは会社帰りの俺を含めたくたびれたリーマンOL家路を急いでるんだ。眠くて機嫌が悪いからってぐずるんじゃねえよ。ほらお前のママがうろたえながら一生懸命お前の背中をぽんぽんやってるじゃねえか。お前ママ温泉に連れてったりプレゼントしたりの親孝行したことあるか?俺たちはある。大人からな。くやしいだろ。だがそんなお前にも今できるたった一つの親孝行、それがおとなしく眠ることだ。それができないと言うのなら俺が強制的に黙らせてやる。

そんな気合を込めた一瞥を俺は軽いジャブでガキに突き刺す。ママの肩越しに一瞬表情が凍り付くガキだが俺は容赦しない。すかさずこの世のものとも思えない殺意に満ちた表情を作りガキを威嚇する。酒が入ってるからほっぺたと唇の筋肉がピクピク言ってるが我慢だ。俺は大人からな。

俺に視線ホールドされたガキが小賢しくもママの胸に顔を埋め、俺の威嚇を回避しようとする。バカめ!隠れたつもりか。ほら早くも肩越しに顔を出して俺のプレッシャーに晒されている。恐怖に満ちた黒豆のようなお目目が俺を見ている。ざまあみろ。

しばらくするとこのガキはまたしてもママの胸に退避しやがった。卑怯者め。だがそれは俺の思うつである。俺は表情を変えずにショルダーバッグに手を突っ込むと人差し指中指特別攻撃モジュールを装備した。ゲーセンクレーンゲームでついムキになって1000円くらい突っ込んで入手したアイテムだ。男は30過ぎると酒飲んだらクレーンゲームがやりたくてしょうがなくなるのだ。大人からな。

5センチくらいのカンガルーパンダ指人形を装備してピース状態にすると、俺はこのガキが三たびママの肩越しから顔を出すのを狙った。もちろん殺意に満ちた表情の準備も万全だ。完璧段取り。まさに大人

だが次の瞬間ドアが開き、何と母親笑顔で振り返り俺に軽く会釈して降りて行った。くっ!何だと?

かに俺の攻撃母親に悟られ「すみません」とにっこりガードされてしまうことはある。俺はこれを親テレパシーと読んでいるが、親テレパシーの感度が高まるのは、敵が隣に立つもしくは隣に座るときであり、今回俺の位置は真後ろであるしかも車内の混雑具合はとりあえず椅子が全部埋まってる程度で、立ってても新聞広げられるくらいだった。敵までの距離も一歩半程度と完璧だった。

次の瞬間ドアが閉まり俺は全てを悟った。

ドアの窓ガラスの中にカンガルーパンダを指にはめた酔っぱらいリーマンがいた。

ワイシャツの裾が片っぽ出てた。

11/13→ https://anond.hatelabo.jp/20191112153049

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん