「活動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 活動とは

2021-07-28

信頼性が無いもの喧伝されてもそれを信じて使うことに悪影響はない、マイナスにはならないってんなら謎水のパイプテクターなりEM菌なり自由に使って自由世界に広める活動容認するといいんじゃないかな。

金?寄付安心や貢献感を金で買ってるだけで悪いことじゃないな。

転売屋から商品を買う人は本当に悪いのか

この記事タイトルは「転売屋は本当に悪いのか」ではない。

個人的にはオークションサイトなどで目にするタイプ転売屋は最悪だと思っているし、そういう商品を買ったこともない。

その上で、しばしば転売屋とセットでやり玉に上がる「転売屋から商品を買う人」の是非について思ったことをちょっと書きたくなった。

闇市ができるまで

言うまでもなく、大半の商売ではお金を払えない人は客とはみなされない。

ところが逆に、金ならいくらでも出せるという人があらゆる物を好きなだけ手に入れられるかというと必ずしもそうではない。

その極端な例が政府配給制度をしいて供給量をコントロールしている場合だ。配給品はいくら金を持っていたとしても決まった量しか手に入らない。

このようなときお金を出せる客とお金がほしい生産者マッチングすると、闇市が生まれて闇相場ができる。

ひるがえって今のプラモとかPS5とかiPhoneとか他のなんでも小売りの世界について考えると、売値についてはたいていメーカーの思惑で一定範囲に決まっている。

金をたくさん出せば必ず手に入るという状態ではない。「金なら出すから何とかしろ」という人たちはある意味客層として想定されていない。

供給量に不安があって、客の手元に金があり、ネットによって売り手と買い手のマッチングは秒でできる。

そんな今は闇相場を作ろうとする力が強く働いていて、転売屋はそれにタダ乗りしているだけじゃないかと俺は思う。

※厳密な話をすると闇商人としての転売屋は配給米を闇市に流しているような輩であって過去の闇商人たちよりも数段タチが悪い

商人から米を買う人は本当に悪いのか

日本配給制度と闇市を巡る問題については、とある裁判官闇市の利用をよしとせずに配給食料のみで生活して餓死した事例がよく知られている。

べつにプラモが買えなくたってPS5で遊べなくたって死にゃあしないけど、金はあるのに金で解決できないフラストレーション公式は応えてくれない。

じゃあ転売で買うのは正しいかって言ったら正しくは無いんだが、自分需要を認めてもらえない人たちにとっては法に触れるわけでもなく自己解決手段の一つである

そもそも転売屋を滅ぼすことはできたとしても「転売でもいいから入手したい」という需要を滅ぼすことはできない。

それが人の夢、人の望み、人の業だとえらい人も言っている。転売は結果に過ぎないんだよ。

まとめ

公式供給が有限で、かつ一般販売しか想定されていない商品では、闇市の発生を防ぐことはたぶんできない。

「暇がない、金ならある」という人がいる限り、売らんかなとする輩によってすぐに闇相場形成されることになる。

不幸なのは一般販売に関わる参加者全員が、今やその闇相場の影響を受けていることだ。

いま転売屋から商品を買っている人を責めて転売屋から買うのを止めさせるよりは、その需要に応える転売以外のルートというものを考えてみたほうが幸せになれるんじゃないかな。

補足

知人に実際に転売に手を染めていたものがいて一度口論になったことがある。

このような手合いは自分ごまかすための理論武装を多重に備えているので、その場で論破できるなどとは考えないほうが良い。

個人的転売について思っていることは大きく以下の三点。

依頼があって瀬取りする商人ネットオークション活動する転売屋の差はここにある。

  • 最終的に売れた価格こそが真の価値だと主張する向きがあるしそれは概ね正しいが、その差は上述のとおり公式価格と闇相場の開きを供給サイドが無視しているがために発生しているに過ぎない。

「俺の代わりに買い物してきてくれ」と頼まれない限り、転売屋サービス需要ゼロのままであり彼らが手にするべき真の価値は無である

販売価格が卸価格に比べてずっと高ければ、誰かが市場パイを一切れさらっていったということであって供給側にとっても隠れた損失がある。

少なくとも買いそびれた人間のやっかみ程度で済まされる問題ではない。

2021-07-27

anond:20210727020415

桃尻太郎ゲイ大人気!転じて「ゲイ(にモテる)能(がある)人」という階層が生まれた。しかし、それを快く思っていなかった本人は「宴会と称してゲイ(鬼)」を抹殺するために(ゲイ忌避(キビ)団子というゲイホビア収集装置を使い、コードネームサルキジイヌ」という活動員を集め、ゲイ抹殺すべく動き出したのでした。めでたし、めでたし。

anond:20210727141352

完全無所属で、SNSしか活動してないならいいと思うよ

ただ、SNS不安定なんだよ

SNS運営会社意向によって、急にサービスが終了したり、サービス仕様が変わるかもしれない

仮にBANされたら謝罪が見れない

それに、SNSを使わない人だっている

今は大体自分Webサイトを持ってるだろうから、自社の媒体公表するのが確実

見解に対する、問い合わせもしやすいしね

まあ、画像文字だとブラウザ文字として認識できないから、目が見えない人に伝えられないってのもあると思う

anond:20210727121833

党派性というより、国民一体となって活動することを否定してるように受け取られるからだと思う

転売防止のために、メーカー自身オークション販売すればいいと思う

PS5やプラモみたいに、時間経過とともに供給量が増加していくもの転売と、公演チケット数量限定販売商品みたいに供給自体が制約されてるもの転売では、その構造対策も違うと思うんだけど、主に前者について。

正の需給ギャップがある商品には、必ず転売屋が出てくる

人気があって定価販売商品は、供給当初は需要供給を大幅に上回っていて「財の希少性」が高い。市場理論的には本来もっと高く売ってもいい(売るべき)商品を、本来の実需との均衡価格に見合わない安い価格販売しているから、結果的転売益を取る余地が生まれ需要者の効用(買うために出せる金額)がメーカーの標準小売価格を上回っている間は、その差額分の転売益を期待できるので、どうしても転売屋・転売行為は発生する。今はメルカリその他の古物販売プラットフォームもあって、参入障壁がとても低く、誰でも転売屋になれる。極端な話、普通エンドユーザーがその商品をどうにか入手できて「さあ遊ぼうか」というタイミングで一応メルカリ見て、差益が2万円も出せることを知って、「なら遊ぶのはしばらく待ってもいいかな」と心変わりして転売する、なんてことも普通にありえる。いくら倫理批判しても、転売益という実利がある以上は、転売行為を撲滅するのは難しい。

オークションなら転売屋を完全に撲滅できる

だったら、転売益という実利自体をなくしてしまおう。転売屋は市場の仕組みを利用しているのだからメーカーも同じことをすればいい。新発売から一定期間(より受け入れられやす表現で言えば「事前販売期間」)は、メーカー自身が自社サイトネットオークション形式で売るのだ。サイトで一番高値をつけた人たちに順に商品販売していく。こうすると、転売屋はその商品に手出しができなくなる

エンドユーザーは損しない

具体的に言うとこうだ。転売屋は3万円で商品を買って、「5万円でも欲しい」という一般エンドユーザーに5万円で売り捌くから、2万円の利益を出せる。でも、メーカー供給当初にオークション形式商品販売すれば、その「5万円出してでも欲しいエンドユーザー」達は、実際に5万円を出して、その商品メーカーから直接購入する。彼らは、その時点での本人の主観的効用に見合った金額を払って購入しているので、一切損はしていない。さら時間経過とともに生産供給が進むことで、「その値段でも買いたいユーザーから順にどんどん商品を入手してゆき、実需がしだいに満たされ、オークション約定価格は下がっていく。全てのユーザーは、約定価格が「この値段なら欲しい」と思える値段まで下がった時点でその商品を入手できる。これは市場の仕組みそのものだ。

転売屋は完全に活動を封じられる

一方で転売屋も一般エンドユーザーと同様、メーカー公式オークションで、たとえばある時点では5万円を出してその商品を買うことができる。でも、その時の市場の需給均衡価格は5万円なので、入手後すぐに転売しても期待できる転売益は0だ。さら時間経過によって供給量は確実に増え、財の希少性が解消されていくので、仮に転売屋が在庫を抱え込んだとしても、それは必ず転売益の出ない不良在庫になる(むしろ時間が経つごとに入手価格再販価格の差損(逆ザヤ)が大きくなっていく)。だから転売屋による商品抱え込みも発生せず、販売される商品は常に実需を満たしていくことになる。結果的に初期の供給難は、転売屋の介入余地がある通常価格販売の時よりずっと速く解消されていく。これも市場の仕組みだ。

メーカーも損しないが、流通上の工夫は必要

オークション形式を取ることで、メーカー側は想定小売価格を超える超過利益が出る。その超過利益は、初期にプレミアム価格で買ってくれたユーザーに、購入時の登録アカウントと紐づける形で、特別バッジゲーム内決済クレジット付加などゲーム体験に関わる形で(≒転売屋が転売時に付加価値化しにくい形で)還元すれば、ユーザー満足度も更に高まるだろう。あるいは何か慈善活動寄付するでもいい。超過利益を何らかの形でユーザー自身あるいは社会還元するというポーズを取ることで、メーカーは「強欲」という批判回避できる。そもそも超過利益を生むことがオークション目的ではなく、転売行為抑制して流通上の目詰まりを早期に解消できればそれでいいのだ。そしてオークション販売サイトでの平均約定価格本来の想定小売価格に近づいた時点で、メーカーオークション形式を辞めて通常流通に切り替えればいい。その頃には転売行為で利ざやを取れると期待する転売はいなくなっているはずだ。

オークション販売ネット通販でないと難しいから、小売店など既存流通チャネルはどうすんだというのが課題になるけど、本体のものではなく購入権だけをオークション販売する、みたいな迂回策は取れなくもない。ともかく、転売屋の跋扈倫理ではなくシステム的に抑え込むという点では、これが一番効果的な対策ひとつだと思う。転売屋の意見を聞いてみたい。

anond:20210727103646

anond:20210727104214

ワイはスーツネクタイ男性性の押しつけやと思ってるし、活動もしてるで

anond:20210727095856

ロッキンジャパン中止って散々話題になったと思ってたけど。

他にも夏祭り系は多くが中止に追い込まれている。

学生吹奏楽部合唱部活動縮小や大会中止などで大ダメージ受けているしな。

甲子園も無観客開催。

野田憲太郎とは、日本作曲家演奏家である

概要

1976年2月24日まれ三重県四日市市出身

京都市立芸術大学音楽学部ワイオミング大学、ノースフロリ大学ピアノ作曲を学び、現在ピアニストとして活動している。

2006年の第12ヤングコンポーザーズ・ミーティング(若手作曲家の集い)では優勝をしている。

Wikipediaにおいて

Wikipediaでは野田憲太郎自称する人物利用者:Noda,Kentaroexitとして活動

主に現代音楽関係編集活動をしていた。

その際主観的検証可能性に乏しい独自研究的、評論記述を繰り返し、これらを指摘すると感情的いちゃもんを付けたり暴言を吐くといった行為を繰り返していた。

また複数ソックパペットを利用したりなどWikipediaにおいて問題行動を複数起こしていることから重大な荒らし行為をする人物としてWikipediaからブロックされている。

なお、利用者:Noda,Kentaro = 野田憲太郎であることに疑いを持つ人物も多かったがWikipediaにおいて「2007年7月下旬に、野田憲太郎自分HPで、「ウィキペディア中国人韓国人投稿者について日本語版Wikitruthに論文(を発表)」と記したことにより、野田憲太郎 = Noda,Kentaroであることは動かしがたい事実となった。」と記されている。1

尚、同じく著名なウィキペディアンであったFXST(岡部健)とは仲が悪い。FXST氏は「野田から再三にわたる誹謗中傷被害を受けた」という趣旨発言を繰り返しており、2009年ごろから2013年にかけて、たびたび野田氏に対して刑事告訴および民事訴訟の警告を繰り返していた。

実際に刑事告訴も行っていたようだがexit2015年5月現在、進展は無い。

SDGsに抱いてた違和感

開会式そもそも炎上からお偉い委員会にめちゃくちゃにされてたの聞いてやっと気づいた

基本専門外の人間たちの意見が押し通ったりないし入り込む余地が出来るとめっちゃくちゃになるのに、SDGsキャンペーンは多くが専門知識や中長期的視点継続活動がいる部門門外漢積極的に取り入れようとしてるから

各ゴールの専門家たちにヒアリングしたりキャンペーンプレゼンしてるんだろうか……

ニッチな分野は対外的広報必要なのは常だけど、そういう性質キャンペーンな気もしないし…

2021-07-26

自国開催だと活動時間帯のテレビ番組ほとんどオリンピックで正直ちょっと鬱陶しいな…。

から寝てる時間帯に試合があるタイムゾーンで、朝のニュースで結果みるぐらいがちょうどいい。

尊敬していたヲタク低学歴オッサン趣味になっていて辛かったって話

俺は学生時代からキョロ充だったし、今もそうだ。

1人で飯が食えないタイプだ。誰かと同じことをしていないと不安になってしま人間だ。

当時、全く面白くもない『ダウンタウン』のお笑い番組だとか『エンタの神様』だとか、興味もない『ミュージックステーション』を見て、クラスメイトと話を合わせていた世代だ。

トレンドで言うなら、何が楽しいのかわからないけどオリンピック金メダルすごいね!と語るタイプのつまらない人間が俺だ。

現代風に言うと、陰キャ。でも、人と話を合わせることで、なんとか立ち位置を獲得していた。

そんな俺も、アニメゲームは根元から、少し好きだった。

当時はハルヒコードギアス流行っていた。あとはスクールデイズだとか、ひぐらしだとか。とにかくそういうものが好きだった。今より少し、深夜アニメを見ていると公言するには恥ずかしかった時代だ。

そんな俺には、学生時代憧れていたヲタクがいた。

名前を仮にNとしよう。

Nは学活というものを極端に嫌うやつだった。合唱祭の練習だとか、文化祭の手伝いだとか。

「みんな積極的に出ようね」という空気はとにかく読まず、自由参加と銘打たれた活動に一切姿を現したことがなかった。

でも、頭はよかった。5教科の総合成績で、いつも1番か2番になっていた。特定を避けるために詳細は書かないが、とある学問分野で全国的表彰されたりもしていた。

からものすごく嫌われていたと思う。そして、多分Nも俺達のことが嫌いだった。給食時間だとかに、Nが口を開いているのを見たことがなかった。

Nはバラエティ番組の話を一切しなかった。オリンピックの話を一切しなかった。

大衆娯楽というやつを、Nはとにかく見下していたのだと思う。やつは二次元狂いだった。昼休みは常に図書室に籠って漫画ラノベを読んでいた。

なんでそんなことを知っているのかというと、一時期、俺も昼休み中二病にかかって、図書室でラノベを読みに通っていた時期があるからだ。

その行きと帰りの道で、必然一緒になって、Nと話す機会が何度かあった。教室に戻ると、Nはとにかくこちからしかけてもほとんど空返事しかしない男だったので、その道中で話すしかなかった。

Nは話してみると面白人間で、オールラウンダーなヲタクだった。

少しハルヒの話を振ると、Nは「ハルヒは嫌いだ」と前置きをした上で、元ネタSF小説の話を初心者にもわかりやすく、ジョークを交えて教えてくれたし、歴史系の話をすれば、聞いたこともない武将や各時代エピソードを色々と語ってくれた。

アニメ特撮についても勿論詳しくて、押井守批判だとか出﨑統のすばらしさを語って(今思うと彼も中二病だったのかも)、まんだらけに行って原画資料を眺めるのが楽しいと嬉しそうに話していた。

映画も大量にTSUTAYAで借りて見て、聞いたこともないような芸術雑誌文芸雑誌科学雑誌を何冊も買っているようなやつだった。(Nは俺がそれらのジャンルを知らないとわかると、一切その話をしなくなった)

ただ、Nにバラエティオリンピックの話をすると、途端にやつは不機嫌になった。俺は慌てて話題を変えたものだ。

その時に、Nは言っていた。「パチンコだとか競馬だとAKBだとか、ああい趣味にハマっている大人ダメだ。嫌いだ」と。

理由は「他人と同じでつまらいから」だと語っていた。

俺はなんとなく、鼻が高くなったのを覚えている。多分、俺はNの存在に救われていたのだと思う。

きっと、キョロ充である俺が到達するのは、そのような「つまらない大人」に違いないと諦めていたからだ。そして多分、俺もまた人とのコミュニケーションうんざりしていたからだ。

人と同調して中身のない会話をして、なにやら冗談を言って笑わせて。自分のためではなく他人のためのコミュニケーションが、俺は嫌いだった。

俺は無能だったし、人から孤立するのが怖かったから、キョロ充をしていた。でも嫌だった。N以外のクラス人間と話したり遊んだりするのが苦痛しかなかった。

でも、Nは違った。自分能力他人を黙らせて、好きな物だけ摂取して、自由に、生きたいように生きているように見えた。

他人に流されない、気高い孤高の男で、俺はいつかNみたいになりたいと思った。

ヲタクとして、Nはきっとクリエイター評論家になって、多くの人を唸らせるような、美しいもの表現するに違いないとすら当時の俺は確信していた。学生時代コイツ時間を共有したことをいつか誇ろうと算段していたのを覚えている。

前置きが長くなった。

卒業と同時に離れ離れになったNと、先日、俺達は東京で再会したのだ。偶然のことで、たまたま映画館で『閃光のハサウェイ』を観た時、横で限定版のBlu-rayと『夏への扉』のパンフレットを買っていたのが、Nだった。

Nに話しかけ、俺のことを覚えていると知った時、嬉しくなって、うっかり「飯でも食わないか?」と誘った。

しまった」と思った。

Nは、これからハサウェイのBlu-rayパンフレットを自宅に帰って観るのを何より大切にするような人物だと覚えていたからだ。

だが、Nは、「いいよ」とアッサリ快諾してくれた。

それから、近くの店で話して。俺は泣きたい気持ちになった。

Nが、ウマ娘の話を楽しそうにし始めたからだ。

俺もまた、ウマ娘をやっていたので、「推しタキオンなんだよ~」とか、中身のない会話を続けた。

Nは、俺とアイドルライブの話をした。BTSの話をした。オリンピックの話もした。

俺は勝手失望していた。Nは、きっとあの幼き日に、彼が嫌っていた大人のものになっているように見えた。

酒の話、サウナの話、競馬野球の話をする。全てNは自分体験談も交えて応じてくれた。

試しにパチンコの話をすると、ミリオンゴッドとかいうよくわからない機体の話をペラペラと話していた。

Nは、大衆に呑まれていた。低学歴オッサンが好むような、侮蔑するべき酒だのサウナだのパチンコだのアイドルだのの話をしていた。

一番やつが嫌いそうな、バラエティ番組にも、随分と詳しくなっているようだった。

どうしたのだと聞きたくなった。

お前は、俺とは違うんじゃなかったのか。

他人なんて気にせずに、自分の道に邁進して、人の顔色を伺うようなつまらないコミュニケーションは決してしない、そういう男ではなかったのか。

学生時代にお前が探求していたに違いない、美しいものは何処に行ってしまったんだ。キョロ充の俺とは違うんじゃなかったのかと。

孤高のヲタクは、どこにいってしまったのだ。俺は辛かった。そして、その辛ささえもあまり感じなくなっていた俺自身が、何よりも辛かった。

若い日の憧れも、時間社会経験によって、すっかりと洗い流されてしまっていたのだ。だから、きっとNもそうに違いないと思った。

社会は独りで生きていけるようにはできていない。今は特にそうだ。

1億総オタク社会だとか、1億総陰キャ時代だとか揶揄するやつがいるが、それは違う。

今は、『1億総キョロ充時代なのだSNSは、下らないキョロ充を量産するための装置に違いなかった。常にみんなが、人の顔色を伺ってコミュニケーションを取っている。

キョロ充だけれど、きっと充実しているのだろう。だからいいじゃないか、としたり顔大人達の声が聞こえてくるような時代だ。

から仕方のないことだと思った。Nも、「上手く他人と生きる」つまらない人間、否、正しい人間進化したのだと、自分を納得させた。

他人が見たい仮面必死に作るのが、正しい生き方でありコミュニケーション本質である。そして低学歴趣味とは、その本質にとって最高に都合のいい道具なのだから

でも、それでも俺はNに、お前、どうしたんだよと聞きたくなった。

聞きたくなったので、聞いた。正直に、「パチンコとか競馬とかバラエティとか、あと流行りのウマ娘とか、そういうの嫌いだと思ってた」と。

Nは、俺の顔を見て、笑って言った。

「当たり前じゃん。今言ったやつ、全部大嫌いだよ!」

Nの目はドス黒くて、世の中全てを見下していて、それでいて、とても楽しそうだった。

それは、あの日俺が憧れた、孤高の少年の姿そのままだった。

俺は、最高に嬉しかった。その後のことは、あまり覚えていない。とにかく、Nの職業が何なのかは、あえて聞かないで別れた。

何故なら、確信たからだ。やつはきっと、多くの人を唸らせるような、何かを創り上げているに違いないと。

勿論その日、NとLINEの交換はしなかった。

anond:20210726214106

責任感じてるからこうしてゴミみたいな場所草の根活動してんだろうが。

エコーチェンバー利用して人々に憎しみの種を植え付けて争わせんだよ。

anond:20210726213000

自分がやらないなら他人批判するのをやめろって人間ってマジで害悪だよな。

だったらお前飯屋で腐った料理出されても料理人に文句言わねえんだな?

あと草の根活動ってのは大事なんだよ。

これだけの費用使ってこの程度のオリンピックなんだぞ

どれだけコストパフォーマンス悪いんだ

電通パソナ搾取してたとしてもだ

技術力がないと言うのはこう言うところも含まれから

東京五輪は、史上最も高額な大会になることが確実視されている。公式発表による予算は154億ドル(約1兆7000億円)だが、日本会計検査院によると、総支出額は200億ドルを超え、東京五輪招致活動を始めた当初の予想額約74億ドルのほぼ3倍となる。これは、次に費用が高額だったロンドン五輪の総費用よりも110億4000万ドル多い。

anond:20210725112545

個人的には五輪反対だけど、世間お祭り気分だし、まわりに調子を合わせておこう」

という考え方もあるんじゃない?


SNSでは無理して沈黙を貫く、反対活動をするより、オリンピックの良いところ探しをする方がよいっていう判断もありうる。

anond:20210726092206

元増田だけど実際減ってるなら「日本人活動によってどのような差別が減ってるか」は知りたい。

多分俺はそこを知らないし調べても出てこないからこの考えなんだとは思う

anond:20210726112146

酷いこと言うようだが、増田転売ヤー巣窟でもあるのでこういう意見は奴らにとって攻撃対象しかならない

そうでない人にとっても、転売屋論理的合法活動という意味不明解釈があるらしくて転売ヤーの肩を持とうとする輩は多い

しろ小売りは既得権益にぶら下がって都合の良い正論を吐く人間とすら思われている

なぜ日本人人種差別反対運動に加担するのか

日本人が片膝をついて何が変わるのだ、日本はこの行為に加担すべきではない。

差別宗教と同じだ、簡単に触れるべき事案ではない。

たち日本人が片膝をつく抗議運動をすれば差別主義者の屋根に衛生砲が放たれるというのであれば喜んでやるさ。

でも現実はそうではない。

ピッチを出てスイートホームに戻れば差別ことなんか美味しい晩飯の湯気とともに霧散する。

本当に向き合う覚悟はあるか?

ーーーーーーーーー

追記12:54)

実際減ってるなら「日本人活動によってどのような差別が減ってるか」は知りたい。

多分俺はそこを知らないし調べても出てこないからこの考えなんだとは思う

anond:20210726090627

小山田の曲は普通に配信されてるやん

あくまオリパラ担当は許されないって話やねん

そりゃ多少他の活動にも影響はあるだろうけど

SNSで「絵柄が好みって人にフォローされたい」タグがあるけど

二次創作アカウントで、しかも絵柄をものすごく原作に寄せてる人が使ってるのを見ると違和感

原作の絵柄で描いてるのに絵柄が好みも何もないじゃん?

それあなたの絵柄じゃないし・・。

巨大ジャンル二次創作活動してるんですけど、原作そっくりな絵柄が飽和状態で(しか原作と同じかそれ以上に上手い人ばかり)正直飽きてきた。もう誰が誰だか分からない状態

上手じゃなくても、その人らしさが見える方が最近は魅力的に感じるようになった。

今のはてなは例の殺人事件が起きた頃から改善されてはいないよね

はてなにおける例の殺人事件犯人増田はてブでの他人への暴言を止められず

そして運営アカウントを停止されてもまたアカウントを作って暴言コピペを繰り返し

その後色々あって殺人事件を起こした訳だけど…

今のはてブ増田暴言抑制出来るようなシステム雰囲気が作られてるとは言い難いし

そもそもあの事件以降にもアカウント複数作って迄はてブでの活動を止められなかった人は存在した…

例の事件への反省も出来ずそういう人にスターを何度も入れてしまった人だっている

自分正義に反する人相手であれば暴言に寛容になってしま空気が止まる気配は無い

こう考えると今のはてなは新しい犯罪者が生まれしまうのを止められるようなサービスになったとは言えず

今の所新しい犯罪者が出てないのはただの幸運に過ぎないのかもしれない

anond:20210710134950

おい、働け。手帳があっても検診命令は出すぞ。結果によっち就労指導だ。訪問格付けAで就労指導員連れて毎月訪問から覚悟しとけよ。ハローワークには連れて行ってやる。手帳があるなら障害者枠狙えるぜ!就労活動報告書は毎月出せよ。賃金出たらちゃん収入申告書を出せ。給与明細見せろ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん