「活動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 活動とは

2019-05-24

今回のヴィーガンの件は

"アニマルライツセンター"というカルト団体活動を強めているから気をつけましょうという話であって、大上段からヴィーガニズムが正しいか否かを論じている人は森を見て木が見えていない。ヴィーガンが正しいかどうかなんて長年議論されてきて一朝一夕に答えが出るわけがない問題だ。そんな問題を目くらましに使われて本来問題がどこかに飛んでいってしまっている。

動物ごはんじゃないデモ行進」は怪しいから参加しないようにしましょうというのが本来主張されるべき事だろう。

佃煮のりお犬山たまきトレパク

は?何でこいつ何事もなかったかのように活動してるん?ツイッターで流れてきてびびったわ。男の娘界隈を汚したゴミカスが。トレパクしたよな?プロ絵描きなのにトレパクしたよな?俺は許さんぞ。

2019-05-23

なぜはてな民小町に詳しいのか

小町は高級住宅地に住む世帯年収2000万円以上の専業主婦がメインのユーザーだ。

一方はてなのメインのユーザーは30歳以上のIT業界に勤める東京在住のおっさんだ。

全然ユーザー属性が重ならない。

なのにはてな民は小町にやたらと詳しい。なぜなのか。

ところで小町釣りの名所だ。釣り作家釣り認定士が日夜戦いを繰り広げ、切磋琢磨して釣りの腕を磨いている。

はてな哲学者のようにすべてを疑いネットの嘘を見破る場でもある。

これらのことをつなげて推測すると、はてなユーザー世帯年収2000万円の専業主婦に化けて小町に潜伏し、釣りの見破り方と釣りトピの書き方を学んでいるのだろう。

しかしたら小町投稿だけでなくユーザー像すらも釣りで、小町ユーザーの多くは潜伏したはてな民なのかもしれない。

そして小町で学んだことがはてなでの活動に生かされる。

釣りを見破る力が嘘松認定を生み出し、釣りトピを書く力が増田文学を生み出す。

何かを愛することと『しもべ先生尊い生活 DEATHLESS』

我妻命先生の『しもべ先生尊い生活DEATHLESS』をやっと通販で購入でき、読了。本編同様号泣したのでこの感情激流のままに感想を書き殴ります

元々商業版の『しもべ先生尊い生活』が大好きで大好きで、自分にとってあまり大事作品で、紙の単行本が発売されなかったことは未だに悲しんでいて私が権力か財力か名声を手に入れたら絶対に紙の単行本にするよう出版社圧力をかけるんだと心に決めているし、電子版も分冊じゃなくてまとめて出してよ〜!!と未だに祈ってる。そもそも好きすぎてなるべく早く電子版手に入れたくて、kindle追加が待てずにしもべ先生の為にkinoppyダウンロードしてkinoppyで購入したんだよなという甘酸っぱい思い出。

諸々の思い出はさておいて、『しもべ先生尊い生活』がなぜ私にとってこんな大事作品なのかというと、この作品はあまりにも何かを愛するということを真摯からなように思う。私は所謂厄介解釈厨みたいなタイプ人間で、なにかを好きになると1人でどんどんどんどん解釈純度をあげる方向に向かい、誰に見せる訳でもない感想解釈を何万字も書き殴る、そういうタイプ人間だ。だからこそ迂闊に他のファン意見をみることすらできないし、公式メディアミックスかに結構傷つく事が多くて、1人静かに黙々とオタク活動をするしかない。そもそも好きになる作品は、例えば漫画なら重版からないような漫画ばかり。重版がかかろうがかからまいが私にとってはその漫画世界一売れてて世界一素晴らしい漫画だと思ってるけど。

しもべ先生という作品は、何かを愛するということに対してあまり真摯だ。漫画アニメに限らず、何かを愛する、何かに救われる、何かを崇める、何かを祈る、ということに、あまり真摯なのだ

本編で私が一番好きなのは(いや全話一番好きだけど)第5.5話で、かなりザックリ言うとこれは自分気持ちが恋なのか?と悩むしもべ先生辞書の恋という定義に当たるものの……という話なのだが、これ、何かを愛する人、本当にみんなに読んでほしい。特に女の子が好きな女の子に。上手く言えないけど、あなたの好きは変なんかじゃないんだよということを、好きにまつわる苦悩から逃げないままに、全身で訴えてくれる、それがしもべ先生なのだ

そう、しもべ先生という作品は、力強く好きという言葉肯定する一方で、好きということが引き連れる苦悩から決して目を逸らさない。だからこそ、好きというものに救われながらも苦しむ私達の、私の、救いとなるのだと思う。

本編の話は無限になってしまうので置いておいて、さて、同人誌版『しもべ先生尊い生活 DEATHLESS』について。

この本も相変わらず、何かを愛するということに非常に真摯だった。

「しもべとベアトリクス様」は、人間が何かに救われ生きるということ。ふと、何かに救われる瞬間、救われることで世界がきらめく瞬間、社会という苦悩、こういうものをこんなに上手に表現できるのかと。我妻命先生モノローグが本当に好きなんですが、まさしく我妻命先生の最高モノローグや最高画力、最高画面構成なんかで、この苦しい社会の中で惨めで空っぽ気持ちで生きる人間が、ふと何かに救われる瞬間について丁寧に丁寧に描かれている。苦しい人、悩んでいる人、何かに救われた経験のある人、みんなに読んで欲しい。愛することができるというのは、愛させてくれるというのは、やはり救いで、祈りだ。

そして、「しもべと舞台 その2」。これは本編でも描かれていた舞台化についての話だが、本当に、本当に私が抱えてきた公式メディアミックスやなんかによる傷つき、けれどどうしようもなく愛することはやめられないこと、祈り、それらに対する救いだった。

例えばアニメ化が嬉しいこととは限らない。もちろんそれで売れてくれれば嬉しいし、好きな作品が多くの人の目に留まるのは嬉しい。私は、連載で、続きもあるのに、続きの単行本を出すこともできない作品をたくさんたくさん知っていて、たくさんたくさん好きになった。一冊しか漫画を出してないまま漫画を描かなくなった(描けなくなった)漫画家さんの漫画を、いっぱい好きになった。だからこそやっぱり好きな作品が有名になるのは嬉しい。

けれど、作画だとか、脚本だとか、演出だとか、声だとか、演技だとか、そういう色々な要素に時々どうしてもひっかかってひっかかって飲み込めないやつがいて、アニメ化関連のグッズやなんかを買うし録画もするけれど、結局アニメ本編はみられなかった、ということが往々にしてある。そういう時は、アニメ良かった〜というファンニコニコ眺めて、私はひっかかって飲み込めないやつをどうにか外に出さないように、1人で消化できるように、頑張るしかない。

舞台化もそうだ。いや、舞台化やアニメ化に限らず、どうしてもどうしても大好きな作品でも、メディアミックスかなんかでどうしようもなくひっかかってしまう瞬間というのがある。

けれど、ひっかかってしまう、全ての展開を全肯定してニコニコできるような、謂わば〝模範的〟なオタクではないけれど、けれど私はどうしようもなくそ作品が好きだし、例え私にどこかひっかかるところがあったとしても、やっぱりメディアミックスしかりで作品に関わってくれた全ての人には言葉に尽くしきれない感謝はあるのだ。

好きという感情は、どうしようもなく厄介だ。必ずしも、幸せだけを連れてきてくれるわけではない。好きになればなるほど、モヤモヤも苦しみも一緒に連れてきてしまう。けれど、それでもやっぱり私はその作品を、その何かを愛して良かったと胸を張りたいし、愛していると叫びたい。

しもべ先生は、そういう、好きというもののどうしようもなさも、しっかり向き合ったうえで、けれど好きというものの美しさを語りかける。だからこそ、私にとってこの作品は救いだ。色々苦しい想いをしてきたけれど、けれど私の愛した様々なものを、私は愛して良かったと思わせてくれる。

漠然としていて抽象的な書き殴りの絶叫だが、本当に素晴らしい漫画だった。

我妻命先生、本当にありがとうございます

anond:20190523222751

ゲームとか作ってた人はツイッター活動してる人もいるらしい。

それ以外の俺みたいな有象無象は知らない。集まる事もできないし、集まれても同じ奴らか分かるはずもねえし。

anond:20190523180817

>お前のお気持ちに基づく倫理になんか他人は興味ないかアウトプット戒律)だけを吟味してるんだろ

倫理お気持ちに基づくのは確かかもしれんけど、アウトプット戒律)に意味はないよ

いや他人にとって意味あるのはアウトプットから

その背後のお気持ちを力説されても(しか後出しで)相手にしないよ

つまんない漫画読まされて「つまんないですね」って評価して、「いやこの作品を描いた背景の気持ちを共有しろよ!」って始められたら困るだろ

目的倫理を共有してもらうことであって、そのアウトプットまり実践は人それぞれだと俺は思ってるし

そんなの無理だと思うけど一旦可能だとして、

じゃあ最初から倫理の話をしたら?

すでに色々と威力で持って他人生活制限かけようとしてるんだから倫理の話だ」じゃないでしょう

>納得してまとまってから他人圧力かけろや…

マジかよ、ちょっと待って、そんなに圧力感じてんの?

正直ヴィーガン活動で実害受けたことってある?

俺はそもそもヴィーガンに興味が無いので俺に聞かれても困る

ただ社会活動家っていうのは結局人の生活に介入して嫌がらせすることに快感を感じる変態集団にすぎないことが大半なので

ヴィーガンを早めにぶちのめしておこうっていう反発する人達動機もわかる

>肉を食べることが善い人生だって奴と何一つ共有する気が無いくせによくそ一方的被害者ヅラ出来るよな


>とにかくお前らは性格頭脳もひ弱で、そのひ弱さは何からまれるかというとその常に被害者ヅラして拗ねて逃げ出す習性だよ

自身の肉体と頭脳性格がひ弱であることは否定できないけど、自分被害者であると主張はしてないぞ。俺はあくまで、家畜たちを犠牲にし続ける活動に加担したくないと言ってるんだ。

てめえがそれを実践することには殆ど人間干渉しないよ

でもヴィーガンは非ヴィーガンに注文をつけてるから言い返されてるわけじゃん?

「加担したくないと言ってるだけ」ってのは嘘だね

自分らの行動に責任を持とうよ

あと肉を食べて美味しいと思うこと自体は良い人生だと思うよ、その瞬間はね?

でもさ、例えば人を騙してゲットした金でうまいもん食うことがいいとは思えないだろ?

肉は美味いよ、でも肉を食うには殺さなきゃいけないだろ?

もう生きてるやつを食べるために殺すことを(俺は)否定しないけど、食肉産業でやってることは、殺すためにバンバン産ませることをやってるわけじゃん?そこまでする?

あのな、俺は上座部仏教徒なんだよ

てめえがそのひ弱なお気持ちをひねり出すずっと前から不殺生戒を守ってるんだ

俺はお前等の倫理戒律中途半端な頭の悪さや無様さ、

そのくせして他人にまでお節介やこうとする増上慢

それでいて反発された途端被害者ぶるひ弱さ、

そういうものを笑ってるだけなの


お前の頭の何が弱いって

相手の話もきちんと読めないことだよ

俺はこのツリー不殺生という価値観について一度も否定してないからな

けどそれすら気づかずに不殺生について説教を垂れてくるわけだ

相手の話を理解しないか

自分お気持ちだけで生きてるから


われわれ仏教徒はお前等の「なんとなく可哀想」なんてふわふわお気持ちとは隔絶したビシッとした理論不殺生です

よくヴィーガンとき新興宗教不殺生について俺達に説教垂れようとか思い上がれたなw

俺達にその件で説教できるのはジャイナ教徒ぐらいなんだわ


馬鹿相手から何度でも繰り返すけど

俺はお前等のだらしない議論姿勢や、倫理戒律の不洗練、どうしようもない頭の悪さを非難してるだけ

肉なんて食ってねえよばーか

anond:20190523172358

「(加害者では無い者を含めた)男性」を叩いてる客観的証拠

ツイッターでもtogetterでもどこででも無限に転がってるし、お前も「証拠なんか無いだろう」と思って言ってないでしょ。

俺がどういう事返すか予想した上で、何かしらカウンター屁理屈準備してそう言ってるんでしょ。

そうやって頑張って劣化上野千鶴子として活動していってね。

anond:20190523173947

お前のお気持ちに基づく倫理になんか他人は興味ないかアウトプット戒律)だけを吟味してるんだろ

倫理お気持ちに基づくのは確かかもしれんけど、アウトプット戒律)に意味はないよ

目的倫理を共有してもらうことであって、そのアウトプットまり実践は人それぞれだと俺は思ってるし

納得してまとまってから他人圧力かけろや…

マジかよ、ちょっと待って、そんなに圧力感じてんの?

正直ヴィーガン活動で実害受けたことってある?

肉を食べることが善い人生だって奴と何一つ共有する気が無いくせによくそ一方的被害者ヅラ出来るよな


とにかくお前らは性格頭脳もひ弱で、そのひ弱さは何からまれるかというとその常に被害者ヅラして拗ねて逃げ出す習性だよ

自身の肉体と頭脳性格がひ弱であることは否定できないけど、自分被害者であると主張はしてないぞ。俺はあくまで、家畜たちを犠牲にし続ける活動に加担したくないと言ってるんだ。

あと肉を食べて美味しいと思うこと自体は良い人生だと思うよ、その瞬間はね?

でもさ、例えば人を騙してゲットした金でうまいもん食うことがいいとは思えないだろ?

肉は美味いよ、でも肉を食うには殺さなきゃいけないだろ?

もう生きてるやつを食べるために殺すことを(俺は)否定しないけど、食肉産業でやってることは、殺すためにバンバン産ませることをやってるわけじゃん?そこまでする?

anond:20190523140447

キモチップ氏のキモノベルがエゲツないキモさだったので動かなくなるまで皆で殴りました、めでたしめでたし。で、このまま終息しそうよね。

近いエピソードリアルにやって、何なら武勇伝的な温度披露して、今も素知らぬ顔で活動してる田中泰延あたりとの違いは何なんだろう。

anond:20190522124725

自分の体の一部を動物に与えることで生殖活動をしている

植物の体の一部(作物)を食べることが植物にとって不利益なわけないだろう

しかも次の世代飼育してるんだぞ

農業というもの植物立場から見れば、人間を利用した繁殖活動だよ

anond:20190523104753

まあそれが実用化されて、家畜を飼うよりもコストが低いようならあれこれ活動しなくても、クリーンミート支配的になっていくんじゃない?

ちょうど一年前のこれぐらいの時期にここに日記を書いたと思う。

そしてその時も彼氏の話だったなあなんて思っている。

21日、明けて22日に約二年近く付き合った彼氏と別れた。

理由は正直うすぼんやりとしたものである


昨年ここに新卒就職した遠距離彼氏会社合わなすぎて自殺未遂しててどうしよう!みたいな日記を書いたのだが、

その後彼は何をきっかけにか私がその日記を書いてから2週間後程度に無事退職した。

私はひどく安心したし、再就職活動の開始タイミングまではよく話もしたものである

しかし、再就職活動をがっつり始め、9月頭に再就職を無事果たし、新しい仕事にも慣れたであろう12月

退職してから12月になるまでの間、それまでほぼ日だったLINEは週2、3回となった。(それでも大体おやすみを言うまではやり取りが続くのである。)

仕方がないよな、忙しいだろうし落ち着くまではそっとしておこう、そうして私は12月まで辛抱したのだ。


9月就職して、12月までなら3カ月ある。

多少なり仕事にも慣れて余裕ができただろうか?、半年程声も聞けていないしとそろそろ通話をしたいな、なんて滅多にない我儘を言ってみた。

私は彼氏の声が、声フェチとして大変好きである

しかし見事に私の年に1回あるかないかの我儘は「忙しいから」との理由で断られてしまった。

忙しい。そうか、深夜に共通ネットのフレンドとゲームをしているのが目に見えていたが、忙しかたか

今まで彼氏シフト休日に合わせて、夜勤上がりでも日中話したさに健気に起きていた私の気も知らないでギャンブルに勤しんでいるのも知っていた。

そうか、忙しかたか。遊んでいるように見えたんだけど、忙しかたか

いや、休日に起きているのはあくまで私の「あわよくば声が聞けたらいいな」程度だったのでそこまで不満ではなかったのだ。

しかし、それまで休日日中にあった通話は彼がギャンブルを覚えてからめっきりなくなっていった。

「ああこの人は日中どうせギャンブルに出かけるのだな」と思うと、夜勤上がりの私はそのまま日が落ちるまで寝潰すことを覚えた。

思えば、今まで通話の催促を相手からしてきたことが最初しかなかったように思う。

元々話下手な彼であったのと、LINEだけはべらぼうにしていたので個人差の範囲だろうと解釈していた。

しかし女心とは面倒なものでつい「ああこの人は私の声を聞きたいとか思ってくれないんだな」とか思い始めてしまうのである


年が明ける頃にはどうしたものかと友人やネットのフレンドらにも愚痴まじりで相談することが増えた。

2月の末に彼氏が私の居る東京に会いに来てくれた。

その前に会ったのは昨年の3月なのでほぼ一年越しである

一緒に出掛ける場所の話をしている段階から、そこは無理、駄目、お金が、気持ちが、そういう話ばかりが出てきていて、言い訳がましい人だなと急に思った。

昨年は会う前はもううきうきで、捻くれた性格の私が朝一緒にTVを見るだけで幸せ認識できて、帰り際なんかは駅で1時間泣くぐらい好きな人だったはずなのに、

今年会う時は、会う前から憂鬱で、会ってからも気を使ってばかりで、すけべをしようもんなら催促するまでキスもなく、仕舞いには早く帰りたいな、なんて思う始末であった。

でもやはりまだ好きな人だったのか、すけべの時にキスもしてくれないのね~!なんて冗談めかして言った時に、

ふざけつつ抱きしめられたのは正直今思い出しても、キスもなく事に及ぼうとする無神経さを差し置いても、嬉しく思ってしまうのだ。

帰り際に寄った出店で買った揚げ餅を美味しいねなんて言いながら食べた記憶を思い出して泣いてしまうのだ。

結局会っている最中にそれまで感じていた不安感情晒すことはできなかったが、

彼が帰りの飛行機に乗っている最中LINEのやり取りでひとつぽろりと零したものが溢れて大体そこで伝えた気がする。

仕事を辞めた経緯であったり、声が聞けなくて寂しかたこと、声を聞きたいとか思ってもらえなかったんだなと不安になったこと、

泣くほど心配していたのに状況や近況の報告がなかった時期にどれだけ苦しかたかとか、大体そういう私の気持ちを感じろみたいなクソ内容だった気はする。

概ね彼は自分の非を認め、通話に関してはそれから改善努力をしてくれていたように思う。(結果通話は別れるその日まですることはなかったが。)

しかし、私としてはやはり欲しい時に欲しいと自ら言わなかったのも悪いとはいえ、もう今その段階ではないんだなあとか、

結果的に彼が何をどう思っているのかの意見は聞かせてくれないんだなあとかそういうことを考えていて、ふんわりと別れを意識し始めていた。


彼氏との薄い連絡を続ける日々が続き、次に会ったらどうしようかという話題が出るたびに心に針が刺さった。

そして、彼氏休みと私の休みが会うその日、じゃあ通話しようかという話になった。

私の心は別れようと決めていた。

29日の彼氏誕生日より前には終わらせて気分良く生まれた日を迎えてほしかった。

通話が始まって、手汗をじっとりとかきながら、雑談しつつ一緒に出会ったきっかけのゲームをした。相変わらず好きな声だった。

いつまでも話出せず、「次の一戦が終わったら寝ようかな」というので話があるのだと言ったら「どうしたの?何かあった?」と心配する素ぶりを見せられて心が痛んだ。

喋り始めたら、それまで楽し気にしていた彼は大人しくなり、色々諦めたような、それでいてしっかりとした喋り方になった。

ちょっとだけ告白してもらった時を思い出した。

ざっくりと、憎しみや負の感情は最早ないが、日頃のやり取りを踏まえて、友人としてでも差支えない関係なのではないか、別れたいと思っている。

そういう感じに伝えたら、向こうはいつ言われてもおかしくないなと思っていたし、ショックは受けているけど分かったと答えた。

正直その時の細かいやり取りの最中でさえ「ああこの人は私のために何か大きなアクションを取る気は元よりなかったな」と思って悲しくなった。

別に引き留めてほしかったとかではなく、

たとえば仕事中に今後のことを考えた時に、じゃあ改善するにあたってこうするか!と勢いづいてアクションを起こす気が起きないのだなと思ったのだ。

私は大変に甘え下手な人間なので、この部分に関してはアクションを起こす気にさせる可愛い彼女の振る舞いができない私にもきっと問題があったのだろうとは思っている。

世代の親戚が結婚ラッシュでさ、みたいな話をした際に彼は「現状変わることがないからなあ」と言ったのだ。

やっぱりな、と思ってしまった。悲しかった。

結局私は大事な時に限ってへらついて物が言えないので、言いたいことの3割しか喋っていなかったかもしれない。

しかも、結果としては彼がどう思って何を考えていたのかは分からずじまいに終わってしまった。


多分、別れた今でも、振った側だというのに私は彼をまだ少し好きでいるのだと思う。

仕事終わりの帰り道であったり、この日記を書きながらうざくも泣いてしまうのだ。

相手改善余地もっと与えることもできたはずなのに、クソの掃き溜めのような頭で勝手に悲しんで泣いている。

あれだけ不満を抱えていた彼氏に対して、今になってもっとうまく可愛く立ち回ってやればよかったなと思うのだ。

もっと好きだとか、寂しいとか、構ってほしいとか、いい子ちゃんな振る舞いだけでなくそういう彼女らしいことをしてあげれればよかった。

でも私は私で人に甘えるにあたってこの人なら大丈夫だろうという安心感が無いとそれができない。

精神面が明らかに虚弱な彼に対して過剰に気を使い過ぎた結果の今である

私にも責任がある。喧嘩の一つにも至ったことがないのだ。

お互い特にブロックなどをする気がない、共通の友人が多いなどの理由からSNSはそのままだ。

別れて数時間後のtwitterで、私と会うための旅費を普段使いの口座に移しただとか、つい衝動でそのお金を持ってギャンブルに行っただとかという話を見た。

休みを寝潰すようになった話をしてから、多分彼はギャンブルには行っていなかったように思う。

彼は彼なりに心や行動の隙間に私をきちんと意識してくれていたんだよなと再認識した。

今になって二人で行った場所や楽しかった出来事を思い出して、どこでどうすればより良かったのかなんて考えるのだ。

でもいくら考えても、休日の朝にベッドで適当な朝食を食べながら一緒にTVを見て未来を語った幸せ時間は戻ってこない。


せめてお互いに今後よい時間を過ごせたらと思う。

夢が叶ったのに幸せじゃない

芸能活動をしている、そこそこ人気で、ツイッターフォロワーもそこそこ多くて、何かしら呟けばファンのみんなが反応してくれて、落ち込んだことを書けばみんな励ましてくれて、大丈夫大丈夫応援してるよ、僕たち私たちはみんな君を応援しているよ、大好きだよって

ずっと不幸だ、ずっとずっと寂しい、ずっと満ち足りない

どうして?子供の頃からの夢だったのに、叶ったのに、憧れの人とも仕事ができて、周囲の人にも恵まれて大切な友達もいて、恋人は、誰にも言わなかったけど去年まで居て、別れてしまったけどそんなことどうてもよくて

活動を始めた頃、本当に少ないファンフォロワー数、売れないチケット少ない収入バイトをしなきゃいけないことに焦燥感を感じて、同業の年下の子テレビに映ったり街角で大きい広告になってるのを見て悔しくて、焦燥感ねじ切れそうで

あそこまで辿り着いたらきっと幸せが、こんな風に泣くこともなく、人は何階から落ちたら死ねるのか検索することもなく、暖かい柔らかい布団に包まれて、日々幸せなんだろうなぁと

なのに、どうして?

あんなに欲しかった仕事をもらってもやりたかたことをしても、ずっと寂しい、今はもうこの仕事が本当に夢だったのかすら分からなくなっちゃった

誰にも言えないけど、自分のことが嫌いなんだと思う、容姿も、声も、性格も、みんなが大好きなわたしの全てが嫌いだ。こんなこと言ったらきっと嫌われる、ごめんなさい。

自信がない、とにかく自信がない、自信をつけなきゃいけないんだと思う

でも無理だ、もう、20年くらい生きてまだ身についてないものを、そんな急に身につけられるもんか、でもそうしないとどこまでいっても満ち足りないんだろう、分かってしまった、このままあと何十年も、人から見たら幸せであるはずの人生幸せになれないまま生きなきゃいけないの?怖い

お金があっても容姿に恵まれてても人気者でも、自分自分を嫌いである以上、幸せにはなれないんだ

これが遺書にならないことを祈って、今日も、なんとか生き延びた、早く朝が来ますように

半年分の毛玉と私

私の頭には半年放置した毛玉があった。

ある日、髪の毛を梳かそうとしたら、全く櫛が通らない場所があった。その日はたぶん急いでいたし、私の普段髪型が髪を結んででかめのヘアクリップで留める、というものだったから、仕方ないと放置したのだと思う。

洗えば大体の絡まりは解けるだろ、と思ったが、その絡まりは全くほどける気配がなかった。

ガムでもつけられたのか、というくらい強固に固まっていた。髪の割と上流部分で。

所詮ただの絡まり、と、普段髪型から見えないのをいいことに私はそれを放置した。

髪を梳かすときは、その部分で一度櫛を止め、絡まりのしたからまた梳かしなおす、という無駄行為をしていた。

髪を洗うときはその部分を毎回いじってはみるものの、ほどける気配は皆無だったので無視していた。

ここまで読んで大体想像つくと思うが、自分でも驚くほどズボラで恐ろしい。

きっと自分は明らかに体調が悪くても病名がつくのが怖くて病院に行かないタイプだ。

そして気付いたら半年経っていた。寒い冬を毛玉と共に乗り越えてしまった。上流にいた絡まりも少し下の方に下りてきた気がする。

そもそも美容院にもここ半年以上行っていなかった、という事実に震えた。

元々肩くらいの長さにしていたのだが、この長さが一番髪がはねるし朝めんどうだった。

結べる長さならばはねていようが絡まっていようが多少は隠せる。そんなことを思って放置した毛玉。この毛玉は私の人生のものだ、と思った。

そんな毛玉今日お別れした。

せっかくここまで(無駄に)伸びている髪だ。胸の下くらいまである

そんなとき、ヘアドネーションという活動を知った。

病気事故で髪の毛を失ってしまった人のために、髪の毛を提供する(ウィッグとして活用する)活動のことだ。

こんなズボラ人間の髪の毛はいらないかもしれないが、最寄り駅の近くにヘアドネーションに協賛している美容院があるらしい。やってみたい、と思った。

余談だが、以前にもだいぶ美容院をサボったあと、ショートヘアにしてもらったことがある。

美容師さんが散髪後の髪を見て「断髪式みたいだね」と言っていたし、アシスタント女の子失恋ですか?と遠回しに聞いてきた。ズボラなだけの自分が恥ずかしかった。

ヘアドネーションは30cm以上の長さがあれば大体可能らしい。

そして完全に乾いた髪をいくつかの毛束に分けて結び、決まった長さで切るそうだ。

すると毛玉はかなり邪魔になる。梳かすのにいちいち引っ掛かるうえ、櫛だけでほどくのは不可能だ。

ぐだぐだ書いたが、とりあえずこんな流れで毛玉を除去した。

まず目の粗い櫛で髪全体を梳かす。そして髪を濡らし、姉の超ダメージ補修ヘアトリートメントを毛玉付近に塗りまくり10分ほど放置

そして再び目の粗い櫛で毛玉部分をとかそうとするも、ほどけなかった。

まぁ、想定内だ。こんな程度でほどける毛玉じゃない。

髪の先端に近い方から少しずつ少しずつとかしていく。話は元から毛は先からってね。ほどけなかった。

まだ慌てる時間じゃない。どうしてもほどけない箇所がある。もはや髪の毛なのか。そういった皮膚じゃないのか。

仕方ない、と毛の根本を掴みながら全力で毛玉と戦った。力こそパワーだ。ブチブチと音がして髪が抜ける。そして櫛が折れた。

所詮100均の櫛よ。我の強靭毛玉相手ではない。敵ながらあっぱれだ。

あらかじめ用意しておいたもうひとつの櫛を手に持ち、再び全力で引っ張る。

ブチブチブチブチ、と皮膚ごと持っていかれそうな痛みの後に、毛玉が手元にやって来た。

直径5cmくらいあったと思う。マッククロスケのハリウッドバージョン(想像)みたいだった。もしくは小さめの祟り神。

なぜか縮れていた。私の後頭部で何が起きていたのだろう。

ゾッとした。こんなもの半年間寝食を共にしていたのだ。

皆も決して毛玉放置せず、都度倒して欲しい。

このことを書いたのは、書けば後に引けなくなって(心理的に)、ヘアドネーションもとい美容院へ行くだろうという思惑があるからだ。

続報を待て。

2019-05-22

動物権利に対する稚拙反論について【追記あり

はてなブックマーク - 「動物はおかずだ」デモに関して(1) - 道徳的動物日記

これね。

本当に毎度毎度アニマルライツヴィーガン話題になると同じ稚拙反論をする人たちが次から次へと湧いてくる。

何度説明してもどこ吹く風で延々と無知再生産がなされてる状況、いい加減どうにかならんもんかね。

という事で、ブコメにある典型的無知勘違いに基づく反論たちをピックアップして解説していきます

植物も生きているという反論

もうさ、これに関してはヴィーガンに関するブコメブログTwitter等様々な所で説明されてるので

知らないなら少しは自分で調べろよと。相手意見理解してから反論するなんてのは最低限のマナーでしょうよ。

とは言え、せっかくなので説明するとそもそもアニマルライツ運動ヴィーガンは「命を大切にしろ」なんて主張していないです。

大体「命」って何?定義できないでしょう。そんなあやふや運動主義ではないんですよ。(仮に一部にそういう人がいたとして決して主流ではない)

じゃあ彼らが主張しているのは何か?それはあらゆる動物における苦痛回避です。

なので、必然的対象は痛みを感じる動物基本的には大脳を持ち自由神経終末のある脊椎動物に限られてくる訳です。(対象範囲についてはいくつか議論あり)

更にこの「苦痛回避」の元になってるのは、皆さん大好きトロッコ問題でお馴染みの「功利主義」という考え方で

最大多数の最大幸福とは何か?→それは苦痛の最小化ではないか?→苦痛を感じるのは人間だけではないのでは?という発想から

まあ、この辺については掘り下げると大分話が逸れるので、興味のある人はそれぞれで調べてくみて下さい。

とういうか「植物も~」系の反論する人って実際自分植物権利を主張してるわけじゃないよね?

植物権利があると思うなら「動物植物も共に食べるな」と主張すればいいだけだし

そんな主張する人がいない以上それは屁理屈以下の空論に過ぎず、その虎を屏風からだしてみろってな話ですよ。

野生の肉食動物はどうなんだという反論

これもよくある反論なんだけど、そもそも「どうすべきか」という価値判断ってのは人間行為への言及でしょ。

野生動物行為人間価値判断押し付けようったって不可能だよね?言葉が通じないんだから

人間がどう行為すべきか」の話だからこそ「人間動物回避可能苦痛を与えるべきではない」と言ってるんですよ。

それに野生動物が捕食するから人間もしていいって理屈なら人間人間を捕食しても構わない事になるけどそんなはずないよね?

ここまで説明すると次に出てくるのが「動物植物の間に線引するなんて恣意的だ」という反論

これも「だからなに」としか返せません。人間人間社会にある倫理的線引をするならそれはどうやったって恣意的になるでしょ。

あなたは猫を食べますか?野菜クジラは食べるけど猫は食べないってのは恣意的ですか?

日本には動物愛護法ってのがあり、野菜のように生きたまま茹でたり切り刻むような事を動物にしたら逮捕されるんだけど

それは恣意的から不当な権利侵害ですか?だったら動物植物を同等に扱えるよう主張・実践してくださいよ。陰ながら応援しますので。

権利の衝突だからどちらも正当だという反論

今回の元ブログを読んで汲み取れなかった人へもっと噛み砕くと

する権利とされない権利、侵す権利と守る権利、これらが衝突した時に後者を優先してきたのが我々の文化進歩だったでしょ?という話。

例えば「Aが他者を侵す権利」があったとして「Bが他者に侵されない権利」があったら「Aが他者を侵す権利」が肯定された所でAはBを侵せないですよね?

で、ここで問題にされてるのは「Bが他者に侵されない権利」についてなので、「Aが他者を侵す権利」は反論にもなってなければトレードオフ関係でもないんです。

ここに関して「B本人がそれを望んだのか?ヴィーガン第三者じゃないか」という反論があるけど

だったら子供権利については子供が集まって主張しなければ獲得出来なかったのかと、動物には自主的に主張する術がないからこそ擁護するべきであって

子供権利獲得を大人が主張したっていいわけですよ。権利当事者以外が主張できないなんて勘違いは一瞬で更新してください。

あと、「動物はおかずだデモ」に関して言えば、動物権利を主張してる人たちの前でわざわざ肉を焼いて食べるなんてのは

愛猫家の前でわざわざ「猫を食べる権利行使」したりヌーハラが苦手な外国人の耳元で蕎麦をすすったりするようなもの

これらは権利の主張ではなく相手不快感を与える事自体目的となった加害行為で、ほとんど暴力だよね。

仮に2つの権利がぶつかり合い拮抗したものであったとしても、こんな明確な悪意・嫌がらせ肯定される事はないでしょう。

雑感

まあアニマルライツ動物権利)とアニマルウェルフェア(動物福祉)、ヴィーガンベジタリアン、そこには実際様々な主張のレイヤーがありますよ。

なのでそれぞれに反論するには、具体的に相手がどんな主張をしているか文脈含めまず知らなければならないし、それはとても大変なこと。

でも、理解できない以前に知る気もないって言うんなら一丁噛みしてくるのはやめようよと、議論ノイズしかならないんだから

「生まれた時からそういう環境だったからそれが正しい」という動物的な気持ちもわからなくはない。

けどせっかく人間なんだから一定の折り合いをつけるために建設的な議論をしたってバチは当たらないでしょう。

それにはまず知ること、知ってるよって方はどうもご苦労さまでした。

追記

押し付けんなって話じゃないの? 知らんけど

権利の衝突ではないという部分読んでいただけましたか?Aの権利自体を直接否定してるなら押し付けだけど、AとB両者の権利肯定してるだけなので押し付けではないです。

トラバにも書きましたがAの権利はBがいないと成立しないがBの権利はAがいなくても成立するからAとBは入れ替え可能概念ではなく

どちらかと言えばAこそが権利侵害的だという話です。自然権など他の生得的な権利もそうだったでしょう。

ちなみにヴィーガンがその主義に基づいた生活をする事と、社会に対しアニマルライツ運動をする事の是非はまったく別なので。

よく分からんけど苦痛回避されれば屠殺でもオッケーって主張なの? ネットの論争ってなんでもそうだけど人によって「ここが論点」つって挙げてくるものそれぞれ違って反応に困るんだよな

苦痛屠殺だけに伴うものではないので強制給餌や狭いケージなど飼育環境改善社会に求めている場合ほとんどかと。

ネットに限らず例えば「保守主義者」と議論しようとしても個人によって経済外交安全保障などイシューごと考えは様々ですよね。

なので○○主義個人議論する事は可能ですが○○主義のものについて論じようとするなら、その主義すべてを網羅する知識必要なので研究者レベルでないと不可能でしょう。

えっじゃあ苦痛を与えなければ肉食っていいって主張なのって読めるんだけどこれ。ペット子供への菜食強制問題とかも華麗にスルーしてるね

功利主義で扱う「苦痛」は単純な痛覚だけではなく五感感情を含めたものです。植物にも感情がある!とか水にも感情がある!系の人はちょっとわかりません。

ペット子供への栄養ネグレクトについてはヴィーガンだけに存在する問題ではないですよね。

植物に関してはこういうのがあります>‪食べられると野菜も痛みを感じる?米国ヴィーガン論争を巻き起こした日本研究者大発見

「多くの人に伝えたい。だから論理的には飛躍しているかもしれませんが、「痛い」といったキャッチー言葉を使って説明しました。」と研究者本人が言ってる通り

これは植物の外部刺激に対する反応の研究であって、生化学的な研究定義される「痛み」とはまったく別のものです。

というかスター付けてる人も含め本当に記事読んだのかな。

anond:20190522200202

制度としての社会福祉には賛成の立場ですが

制度無関係市民間の相互扶助ネットワークからキモくて金のないおっさん排除されておりその分野においては弱者の側です

私はそのことを問題だと思い啓蒙活動のために書き込みをしています

anond:20190521194457

基本的材料として、ハンカチティッシュ類、スマホケーブルに予備バッテリーは持ってない?

あったらそれを収める鞄がいるんじゃない?

財布をポケットにいれてるか通勤につかうカード類だけポケットで財布は鞄とかありかと思う

そういうのを忘れたり落としたりしないための道具と装いで社会人らしさみたいなのが出るんじゃない?

人の多い所で引っかかったり汚れたりしないまとまりのよい外部の影響がでにくい素材の服で

必要もの必要ときに取り出しやすくなくしにくい装備で持っていくのが理想だとおもうけど

意味なくリュックで詰め込んで底の方には何が入ってるのかわからないサラリーマンとか

駅や電車で走らないといけない状態に追い詰められてるためスニーカースーツとか

オフィスにすそが広がるとか布がひらひらするような服をきてくるやつとか

「実際、問題にならないしなってないのでいいだろ」といって服装自由とか言うけど

そのほとんどない万が一を避けるために社会人恰好をしているわけで

トラブルがあった場合社会的活動を優先しなくていい回避のために「準備していた」という

言い訳が成り立つわけで、失敗する可能性があるという格好で失敗した場合

原因としてその予防をしていなかったことを追及されるけどそうなったときには

もはや関係ない事由だと回避できなくなっているんだけど

もしもの万が一のリスクを全部自分責任担保するというのなら恰好自由だと思うよ

上司は部下が勝手にそんな責任をとれないなぜなら上司責任なのだから

部下の不始末に救いがなかった場合救いのない管理をしていた責任があるわけで

苦言の一つもいいたくなると思う

ちらかっていても資料をなくしてもわすれたとかトラブルに巻き込まれて影響をもろにうけるとか

普段ならないしめったにならないのでたまになったときに誤れば割合的に徳だろとか思うだろうけど

人間死ぬのは一度きりと同じように万が一の失敗も確率や数量でおきるわけではなく

おきたらそれはユニークな発生事例で比較して薄めたり多い数量と比較して責任回避

できるようなものでもないので失敗の回避とはその万が一の1回きりを回避するために

するものなんだよ

一度きりのしっぱいで全部だめになるという希少性の高い作業について価値たかまるので

それを高めて商品にすることが仕事ってものなんだから

べつにそうではない職場もあるだろうしそのバランスおかしいとおもうなら

おかしくないとおもうバランスでもって責任職務をつくってる職場うつるしかないとおもうよ

anond:20190522155515

KKKせやな! 警戒活動は無害だよな! だから俺ら非難される謂れも無いよな!」

anond:20190522154647

女をあてがわれた瞬間に黙るから仕方ない。

社会正義のための活動やってた男が、活動を通じて彼女できた瞬間に活動やめたりするし。

ちんちん満足してよかったですね爆笑って感じ

な?こういうのが非モテの受けている仕打ちの一例だよ

下衆は何でも下半身に結び付ける


さらに言うならそれの何が悪い

そういう風にデザインされた生き物だぞ?

anond:20190522154338

女をあてがわれた瞬間に黙るから仕方ない。

社会正義のための活動やってた男が、活動を通じて彼女できた瞬間に活動やめたりするし。

ちんちん満足してよかったですね爆笑って感じ

ヴィーガンって文明社会で生きてることどう折り合いつけてんの?

日本ベジタリアン協会ヴィーガンを「食用・衣料用・その他の目的のために動物搾取したり苦しめたりすることを、できる限り止めようとする生き方」と定義してて、平たく言うと「動物利用の廃絶」ということでいいと思うんだけど、文明社会ぬくぬく暮らしながらそれを掲げるのってちょっと滑稽じゃない?

だって文明社会ってのはあらゆる動植物人間のために利用して発展してきたわけじゃん。ヴィーガンが口にしてる野菜も森や野を切り開いてつくってるし、それによって元いた動植物が住めなくなってるなんてことザラだよね。そしてヴィーガンの人らが住んでる家も着てる服も活動を行うための道具もあらゆる動植物権利収奪した上に成り立ってるわけじゃん。アニマルライツを主張するなら文明社会を捨ててから言わないとただのダブスタじゃない?

あと特に気になるのが医療分野なんだけどさ。新薬研究とかでラットの命が収奪されてるわけじゃん。それも当然、動物の命を搾取してることになるよね? ヴィーガンって病院いかなかったり、開発の過程ラットによる実験を経た薬の使用拒否するとかやってんの? やってないならアニマルライツがーとか言っちゃダメなんじゃない?

@RiceDavit 家畜を育てることや、屠殺を行うことは「自然」ではない、ということ。

https://twitter.com/RiceDavit/status/688565885221535745

文明社会の所産である「人工物」(ここではツイートするために使うパソコンスマホなど)を使って「自然でないからやめるべき」といったことを訴えるのはさすがに笑う。

anond:20190521212700

年齢:もうすぐ31

職業会社員金融関連だけどやってる仕事金融ぽくない

どこらへんに住んでるのか:東京のはじっこ

どんな家:80平米、賃貸で月15万円、家買おうか・・・踏ん切りつかない。

年収:1700万円

家族独身

自動車:改造スイスポzc31s

消費活動ライブチャットに多額を投じてしま

anond:20190522115514

法の問題だな。表現の自由侵害することを目的とした活動思想にかかわらず制限する必要がある。

そうしないと民主主義は維持できない。

そして、以下の言葉も送っておきたい


「“禁止されていない”ということは、“許されている”ということではないんだよ」

anond:20190522021426

生き物の大半がこういう風に生きてるんだから命ってめちゃくちゃ虚無なんだと思う

その中でもニートが一番虚無だけどね(狩りみたいな捕食活動もしなければ人間的な社会性も欠如してるから)

まぁ趣味家事を楽しんだりする社会性のあるニートもいるだろうし一概には言えない

ただ、何もせずボーッとしてる無職ニートはそれなりの数いると思う

2019-05-21

仕切るのが好きだった

小学生のころ、特に勉強ができるわけでも、運動神経いいわけでも、見た目がいいわけでもなかったけど、仕切るのが好きだった

喧嘩してる友達同士がいたら、関係ないのにそこに突っ込んで行って、「まぁまぁ」と言いながらお互いの言い分を聞いたり、

活動みたいなものがあれば、みんなの意見を聞いて、模造紙にまとめて発表したり。目立ちたがりやだったのかもしれない

中学校球技大会ときクラス男子を2つのチームに分ける必要があって、

弱いチームと強いチームにはっきり分けるパターンと、両方のチームを同じくらいの強さに分けるパターン

どっちにするかでみんなが揉めていた。前者は優勝の可能性もあるものの、捨てチームに入った人はあまり良い気分でもないし、

かといって後者中途半端だし、なかなか決まらなかった

そこで、自分がしゃしゃり出て、チーム分けを考えようとしたところ、

「なんでお前が仕切ってるんだよ」と野球の得意な男子に言われた

なんでと言われても、自分は仕切るのが得意だから、みんなの意見をまとめようと思っただけなのだけど

彼は「お前、野球下手くそなんだから、お前に仕切られるとイラつくんだよ。黙ってろ」と言った

彼の言葉は当時のお花畑自分の頭にはかなりがつんときて、「え、揉めてる事柄が得意な人じゃないと発言権がないのか」と知ってしまった

それ以降、特に得意な分野があるわけではない僕は仕切るのをやめ、ただ黙ることになった

大学に入ったり、会社に入ったりするとグループワークであったり、コミュニケーション能力のようなもの重要となる

しかし、そのような場面では僕はいつも無言であった。自分無能であることは子供の頃から自覚しているし、

自分意見が間違っているのではないかと怖くなったら、何も言えなくなってしまった

ある部署に配属されたときに、何も意見を言わない僕に対して、かなり時間をかけて話を聞いてくれる先輩がいた

「どうするのがいいと思う?ちょっと考えてみて」「間違ってもいいから、何が必要だと思う?」

いろいろ問いかけてくれるのだが、何を言っても間違いのような気がして、何も言えなかった

先輩は言った。「誰も答えなんて知らないんだよ、ぶっちゃけ。」

「偉そうに喋ってる部長もどっかでみた情報を偉そうに言ってるだけだし、何やったらいいかなんて誰もわかってないんだよ」

「でも、みんなが偉そうに、自信満々で喋ってるのは、そういう役割を誰かが担わないと、方針なんて決まらないでしょ」

「みんながみんな慎重で、自分意見に自信がなくて、それで一緒に働くみんなを説得できる?お客さんを頷かせられる?」

「間違ってもいいんだよ。そんときは謝るか開き直るかしかないし、間違うことを恐れて、意見が出てこなかったり、

本当は気づいてた問題点を指摘できなかったり。そっちの方が損失は大きい」

「何か言われて、馬鹿だって周りに思われてもいいじゃん。いまはまだ自分の後輩なんだし。社長とか部長かになったら、

馬鹿だと思われたくないって気持ちはわからなくもないけど、今の段階なんてみんな馬鹿みたいなもんだよ、自分も含めて」

結局、どの言葉自分に響いたのか自分でもわからないけど

昔は仕切ったりするのが好きでした、でもなんだか怖くなって。と伝えることができた

しかしたら自分自身が逃げてたトラウマ直視できたのかもしれない。

先輩は笑ったりすることなく、「なんだ、じゃあこれからはチーム内のミーティングの司会はお前な」と言って役割を与えてくれた

もちろんいまはリハビリ中で全然うまく会議を回せてない

でも、アジェンダを整理したり、揉めた時に問題点を整理したり、

いくつかのシナリオを立ててみたりするのはできるようになった

小学校ときみたいにできるといいな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん