「聖人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 聖人とは

2018-07-21

anond:20131023083520

出発点の仏陀の時点ではちっぽけな自分を悟る等身大の教えだったはずが

のちの書物では呪文を唱えて奇跡を起こす聖人英雄伝説にすり替わっている

偉大な英雄様をたたえれば大きな乗り物で全員を救ってくれるという

から命令することを正当化し民はそれに従えと現世に上下を作って管理する教えにすり替わっている

2018-07-19

愚痴悪口を一緒くたにするやつ

悪意を感じたから悪意で返すからから書くのは悪口

あの時こうでこううまくいない。

あの時あの人がこうしてこう上手くいかなかった。

あの時あの人にこうされて嫌だった。

こう他人に話すのは愚痴

これすら悪口に分類されたら誰に何を相談すればいいのか。

好きな人信用信頼してる人にすら話せない世の中って息苦しいね

お前はじゃあ聖人なのか?人の話も心も理解する気がないんだな。と思うよ。

はいえ、あいつは悪口ばかり言う、って言ってる地点でお前も悪口いってるんだけどな。って傍から見てると腹は立つが滑稽過ぎて笑える。

悪口には怒ってくれて愚痴には助言してくれる友達がいる自分幸せもんだなぁー、あいつ心狭いな、そういう友達いないんだなって思っておこう。

実際助言と静止をしてくれる友人には助けられてるしな。

2018-07-17

anond:20180717113902

楽にできることだからこそ、俺が正しいだろと強く否定する事を、私はダセェなぁと思って嫌なんです

ふくよかな聖人デブと言う人が、聴衆から叩かれないのは不自然に感じられる

匿名に限った話ではもちろんありませんが、匿名だと尚更かなと思って

2018-07-16

anond:20180715222512

聲の形って昔1巻だけ読んだけど障害者ヒロインを猛烈にいじめ主人公いじめられっ子になった時に、ヒロインが陰ながらめちゃくちゃ頑張って主人公を虐めから守ってたけど、そう気が付かなかった主人公ヒロイン暴力ふるうみたいなリアルとは程遠い聖人ヒロインだったような

2018-07-14

[] アビラケツノミコト「神軍を率いる光の命」

オウム真理教の「アビラケツノミコト」とは、一体何だったのでしょうか?

1985年には「アビラケツノミコト(神軍を率いる光の命)になれ」と啓示を受けたと述べる

アビラケツノミコトとは「軍神を率いる光の命」という意味単語だそうです。

 

アビラケツノミコトの初出は、「トワイライトゾーン1985年10月号(KKワールドフォトプレス刊)でした。

考証の資料として、原文を見てみましょう。

アビラケツとは、地水火空の意味で、アビラケツノミコトとは、「神軍を率いる光の命」、戦いの中心となる者

 

仏教用語サンスクリット語a vi ra hūṃ khaṃの音写。以上の5音綴は,それぞれ万有の構成要素である地,水,火,風,空を表わし,大日如来内面悟りを表明するとされる。一般には,すべてのことを達成するための一種呪文として用いられる。

地水火風空(a vi ra hūṃ khaṃ)のうち「風」(hūṃ)が揃ってないので、まだ不完全(未完成)な状態、という意味もあったようです。

 

トワイライトゾーン 1985年10月

編集部不思議体験レポート(22)

最終的な理想国を築くために

神をめざす超能力者

レポート/■■■■■

 

今月号の口絵14ページで、空中浮揚の連続写真を紹介した麻原彰晃氏。彼は師にもつかずに、独自修行でこのレベルに到達した。だが、この超能力者目的は、はるか先にある。

 

★8年前、すべてを捨てて修行に入る

 麻原彰晃氏。あと1年もすれば、空を自在に飛ぶ人である

 彼は、特定宗派の僧でもなければ、団体トップに座す人でもない。人間の師ももたない。彼の修行独自で、しかも数千年も伝わる聖典の奥儀なのである

 麻原氏が修行を思いたったのは今からわずか8年前である。世の中すべてのものに強い矛盾を感じたのだ。何もかもウソだ。自分さえもウソツキだ。まわり中のこと一切が限りなくイヤになった。

 どうしたら正しく生きられるか。彼は、その日からすべてを捨て、行に入った。

 行は毎日2~5時間に及ぶ。仙道大乗仏教密教、チべット密教ヨガひとつに執着せず、数数の修行法をとり人れ、自分が納得する形で行なっていった。

 修行を始めると、様々な神秘的なことが起こりだした。たとえば、トランス状態での異言。

 その時のテ―プを聞かせていただいた。東洋系の言葉らしいが、私としては、TVなどでも聞いたことのない言葉だ。口調はかなり激しい。過激な説法、または、訴えのように聞こえる。

アジアの、インド中国チベット、その辺の言葉だと思います。おそらく、自分過去生と関係のある言葉でしょう」

 麻原氏が、修行8年にして空を飛ぶということは、過去生でかなりハード修行をしていたに違いない。彼は、テ―プに吹き込まれ自分の口から発した言葉を訳せる人を希望している。でも、もしかしたら、現在ではすでに死滅してしまった言語かもしれない。

 修行3年にいたったころ、彼の魂は彼の肉体を抜け出し始めた。「体が回転するような感じになったんです。ウォンウォンというモーター音に似た音がして、それからシューという音がしたんです。その時、魂が抜け出してゆきました。

 抜け出した先で、魂は宇宙の星星を見たり、『人』と会ったりするんです」

 こんなこともあった。シャヴァアサナ(屍のポーズ)をとり、トランス状態に入っていた。

 彼は、大ス夕ジアムのようなところにいた。観客スタンドは、裸の僧で埋まっている。中心で、やはり裸の僧の彼が説法をしている。

霊界での説法なんですね。私はそこで説法をして帰りました」

 聖典を読んで帰ることもあるという。魂が、修行において気になることを調べに行くのだ。

自分現実で読む本を先読みしているのです。だから、実際に読む本の内容は、すでに知っていることが多いのです」

 魂が抜け出さずとも、本の内容を理解していることも度々ある。修行中「ああ、これはこういうことなんだ」と感じた通り、後に読む本に同じことが示されている。

 もちろん、修行危険が伴わないわけではない。普通だったら死んでいるというような目にあったことも1度や2度ではない。

「その時は、自分守護神に頼むのです。そうすれば、必ず、元のところに帰ってこられる」

 

★突然、天から聞こえてきた神の声

 麻原氏には、たくさんの信仰している神、守護している神がいる。彼は、それらの神々から修行法を学んでいるようである

トランス状態とき、神々が現われることがあります。神々はヒントを与えてくれることもあります。または私が質問し、神が答える。質疑応容形式のこともあります。その中で得たのは、『生きることを否定せよ』ということです」

 麻原氏は、いつも出会う神とはニュアンスを異にする3人の女性出会っている。彼には、霊界人とも宇宙人とも感じられた。

「まず1度めは、5年前。妻の出産の時のことです。朝、自宅で目覚めるとロングへアで緑色の服を着たグラマーで美しい女性が、私に向かってオイデオイデをしているんです。

 全身はエーテル体とも思えるもので、炎の赤をしているのです。髪の色は、全身の色を薄くしたような感じで、ジャンパースカートのような形の服に茶色のべルトをしめていました。

 会話はありません。『私があなた守護しているのです』と私に見せているように思えました」

 2回めは2年前です。自宅で、眠る直前のことです。髪は肩まで垂らし、オレンジ色の服をきた目鼻立ちの美しい女性でした。体色は人間と同じでした。この時も会話はありません。

 3回目は今年の5月。ここ(麻原氏の道場)でです。髪の長さは肩ぐらい。やはりオレンジ色の服ですが、体の色は、何というか、この世にない色なんです」

 3人の女性たちは、共通して美しく、グラマーであり、口をきかない。決まって、彼の左側に現われる。そして、彼女たちが去った後、場の空気が揺らぐという。

最後はいつも、霧のようにかき消えてしまますひとつ修行が進むと、異なった人が現われるんです」

 麻原氏は、これまで世に出ようとは考えなかった。ところが、ある時、声を聞いたのである

地球はこのままでは危い!』

 彼は今、シャンバラのような王国神仙の民の国を築く準備を開始するため、多くの人に修行法を関放する必要を感じた。

 今年の5月のことである。彼は神奈川県三浦海岸で頭陀の行を行なっていた。五体投地をしていたときのことである。突然、天から神が降りてきた。神は彼に向かってこういった。

あなたに、アビラケツノミコトを任じます

 アビラケツとは、彼の初めて聞く言葉であった。彼は、サンスクリットを教えている人を訪ねた。

 すると、アビラケツとは、地水火空の意味で、アビラケツノミコトとは、「神軍を率いる光の命」、戦いの中心となる者と判明したのである

 彼は、天から降りてきた神によって、西暦2100年から2200年頃にシャンバラが登場することを知り、それまでアラビツノミコトとして戦うように命じられたのである

 彼は考えた。チべットのような王国を造らなくてはならないことはわかっている。しかし、チベット戦争を好まない国である理想国を造るため、戦さを用いてよいのであろうか。

 彼は、シヴァ神や、ヴィシュヌ神などの自分信仰する神々や自分守護してくれる神々に相談した。神々は「命を受けるべき」と返答した。

 

完璧超能力者たちの国をめざす

 麻原氏は、神を感じるだけでなく姿を見るという。それによると、たとえばシヴァ神は、白銀のような色、ドライアイスのような色の神体を持っているという。

 ところで、ここでいうシャンバラとは幻の国、聖人たちが住み、全宇宙の、そして過去から未来永劫に至るすべての英智が納められている国である。かつて、秦の始皇帝アレクサンダー大王も求めてやまなかった土地なのだ

 シャンバラは、地下深くにあるといわれている。そして、地球上のある地点からは、シャンバラへの通路が開けているという。

 その昔、チべットの首都ラサにあった古ポタラ宮の地下の一室はシャンバラへの入口であったと伝えられている。そこで、チべットはシャンバラの影響を受け、チべット密教を開花させたのだ。

 聖者たちのひと握りの者たちはシャンバラを訪れることができる。そこで、ある者はシャンバラの住人となり、ある者たちは社会に戻り、許された者にだけシャンバラを伝えたのである道教の祖・老子は、シャンバラの人になったといわれている。

 麻原氏の話に戻ろう。

2006年には、核戦争の第1段階は終わっているでしょう。核戦争なんて、ほんの数秒で終わってしまい主す。日本死の灰の影響を受けているはずです。

 核戦争は、浄化手段ですね。だから、私は『ノアの箱舟』も信じられます。選りすぐったレべルの高い遺伝子だけを伝えるんです。

 だけど、人が『自分の分け前をさいて人に与えよう』というように考えない限り、『浄化』はなくならないんですね。そういう気持ちになかなかなれないのが人間でしょう。

 もし、それが真実でないとしたら、地獄餓鬼畜生人間阿修羅・天という六道はなくなってしまうでしょう。

 私の目指すのは『最終的な国』なんです。それは、仏教的・民主主義的な国で、完璧超能力者たちの国なんです」

 

★神が授げた神秘の石ヒヒイロガネ

 そのためには、修行解脱しかないのである修行意味を麻原氏に語っでもらった。

 「修行とは、ジュースの1滴を、テ―ブルクロスの上に落とさず、水の中に落とす、ということなんです。1滴のジュースとは、人間のことです。1滴のジュースは、テーブルクロスの上に落とせば、ただのシミです。でも、水の中に落とせば広がるでしょう。

 水の中にただ1滴のジュースを入れたって、水は色を変えないでしょう。でも、水の中には確実に1滴のジュースが入ったんです。

 魂の根元的な状態ですね。拡散した1滴は、水の中のことすべてを知り、経験できるんです。これが空であり、寂静です。高次元昇華した状態ともいえます

 大きな水がめの中の世界体験している麻原氏の身辺は、アラビツノミコトを任じられて以来、急転しだした。

 修行岩手県におもむいたときのことである。彼は、天からオリハルコン、またはヒヒイロガネと呼ばれる神秘の石を与えられた。

 ヒヒイロガネとは、超古代文献『竹内文献』などにも登場する石である神社玉砂利のように滑らかだが、それよりずっとツヤがあって黒い。ズッシリと重たく、力ネの名の通り、金属的な感じの石なのだ

 麻原氏は、この石の様々な利用法を考案中である

 水を張ったバケツに石を入れ、念を入れる。その石で円陣を作り円陣の中で瞑想する。

 ヒヒイロガネは、手に入れた人誰にでもパワーを発揮するものではないという。念を入れられる者の手にわたってはじめて、パワーを与えられ、驚異の力を噴き出すらしい。

 念を入れたヒヒイロガネは、多くの人々を同時にトランス状態にすることもできるという。この石については、いずれまた機会があったら報告したいと思う。

 麻原氏に行法の一部を実際に行なっていただいた。

 麻原氏は、座して、様々な印を結ぶ。印は2、3秒で変化する。

「これはチャクラ開発のための印です」

 次に、立ち上がり、上半身を少し前方に傾けた。腸というか、腹の中がゴロゴロと動き出した。これは浄化法・ナウリのひとつ。腹にあるマニプーラ・チャクラ覚醒に役立つ行だ。

 次は仰向けに寝てから足を天に持ち上げるショルダースタンドの形。空中浮揚に欠かせないビシュダ・チャクラ覚醒目的だ。

 それからライオンポーズ。これは、クンダリニー覚醒必要ポーズである

 麻原氏の修行には、かなり危険ものも多い。たとえば浄化法のひとつで、幅7センチ、長さ3メートル半の布を呑み込むというものなどだ。この時は、呼吸ができなくなるほどだという。

 

重要なのは正しい生活食事修行

 彼は、修行中、シャヴァアサナに入ったときチャクラの光を度度見るという。

 ちょうどフラッシュがパッパッと飛ぶような感じで、下のチャクラから順に光を放ち、同時にやはりフラッシュのような音がするという。音と画像シンクロするのだ。

 経験によると、音と光は様々な神秘体験には、共通して現われるらしい。たとえば未来過去タイムトリップするときは、マーチリズムのような音、霊体が離脱するときブーンという振動のような音。

 これは、各種の教典とも矛盾しないという。そこで、そのような音を作って流せば、修行者は案外簡単タイムトリップや霊体離脱経験できるのではないかと麻原氏は考えている。

 それでは、私たちがすぐにでもできる修行法について尋ねてみた。

「それは、まず何よりも五戒ですね。1が殺生をしないこと。蚊が自分の血を吸っていたら吸わしておくことです。

 2が盗みを働かないこと。

 3が誠実にして、ウソをつかないこと。

 4が邪淫をつつしむこと。

 5が禁酒すること。

 以上の五戒に徹することですね。悪の行為をやめ、将来にするだろう善行をどんどんすることです」

 集中的に瞑想などをしようと思うなら、空気きれいなところの方が効果的だ。プラーナ(気)の満ちあふれた海や山を選ぶとよい。ただし、風のないところで行なう。地・水・火・風・空のエネルギーは、想像以上に誘惑的なのだ

 次に、食物は、玄米菜食の方がよい。1日に1回、または2回。または少しずつ、数回に分けて食べる。ヨーガの激しい修行をする行者の場合、日に1800~2000カロリー理想といわれている。一般の人なら1200~1500カロリーで足りるだろう。ただ、カロリー栄養とは異なるから栄養はしっかり摂らなくてはならない。

「(日に)3食は獣の食事、2食は人間食事、1食は聖者食事という釈迦言葉があるんですね。

 でも、日に1食では、一般的には栄養が足りなくなってしま心配がありますから。日に1度という場合は、夕方に摂るのが理想ですね」

 玄米菜食だけで、スワジスターナ・チャクラ(腰・仙骨)までは開発できる。しかし、それより上のチャクラは、修行しか開発できない。

「スワジスターナ・チャクラ植物を司るんです。ここが開発されれば、低い次元超能力は身につきますね」

 麻原氏は、腹のマニプーラ・チャクラが開くまでは、外食は一切しなかった。もっとも、化学物質などの変なものを食べることを体が受け付けなかった。

 でも、今は多少腐ったものを食べようが何を食べようが平気である。火のエレメントがすべてを燃やしてしまうのである

 チャクラが開くということは、規制がなくなるということも意味しているのだ。

 尾骨のムラダーラ・チャクラが開くと規制され、腰のスワジスターナ・チャクラが開けば性欲の規制がなくなる。腹のマニプーラ・チャクラが開けば食欲の、胸のアナハタ・チャクラが開けば行為規制がそれぞれなくなる。

 規制がなくなるとは、「何をしてもいい」ではなく、規制をせずとも自動的コントロールされるということである

食べ物に気をつけるのもいいが、もっと大切なのは精神です。食物の害より精神の害の方がずっと悪いです。肉を食べたからってすぐ内臓が悪くなることはない。でも気持ちに及ぶ害は、すぐに体を悪くします」

 つまり、肉体への栄養よりも精神への栄養の方が大切なのだ適当食事よりは、瞑想1時間の方がずっと栄養になるらしい。

物質人間は救えないということをもっとよく考えるべきなんですね」

 

超能力自分を神々に変えていく

 正しい食事をし、正しい修行から得られるもの、それが超能力である最近は、魂の浄化・向上こそ第1義で、超能力邪道という考えも広まりつつあるので、麻原氏における超能力の実義をしてもらった。

「魂の進化・向上という考え方がありますが、それは、人間の魂が阿修羅・神々に至ることなんですよ。つまり超能力の獲得と魂の進化・向上ということとは、矛盾しないばかりか、正しい相関関係にあるんですよ」

 それゆえ麻原氏は自分を神に変える修行をし、「完璧超能力者集団」と彼のいうところのシャンバラ王国設立するべく、神軍を率いて戦うのだ。

 麻原氏のまず当面の目標は、自由自在に空を飛べる空中浮揚。それと、大脱身を成功させたいという。

「これは、アジナ・チャクラから自分の魂を抜き出させ、目的としている相手身体に人る超能力のことです。これが可能になると、三界欲界色界無色界)を自由に行き来できるんですよ。ここまでくると、もう人間といっていいかどうかわかりませんけどね。また、核戦争の脅威から身を守るには、極熱にどれぐらい耐えられるか、放射能いかに防ぐか、ということになると思うんですよ。今の修行方法でそれに耐えられる身体はできると思っています

 麻原氏は、空中浮揚の初歩までの修行か達成した。しかしながらこれは、全修行の段階の4分の1にすぎない。生きているうちに、全部達成できればいいという。

「私は、ハ夕ヨガでいうところの解脱はすでにしています。真我も見ています。これから求めるのは仏教でいう真解脱です。それがいくつもの決め方がある解脱のうちでも最高のものとされています

 もし、真解脱ができたら――もっともっと修行しますね」

 修行を達成した人間は、次の生を好きなように形づくれるという。麻原氏の中には、地球自分宇宙、神々……超大な計画がもくろまれているのかもしれない。

2018-07-13

anond:20180712210845

サンタクロースは聖ニコラスだったという指摘を踏まえると

聖母像女性だけなのも男性差別なのか?

この点、菩薩像には性差を示す特徴がない仏教は有利

神の像も天使聖人の像も作らないイスラム教は最強

2018-07-11

自分で100万円寄付して寄付呼びかけたヒカキンさん

それを偽善批判した知らん人

事実だけ見てもヒカキンさん聖人しか思えない

2018-07-09

命の価値

死にかけの老人を20人殺すことと

まれる前の胎児20人殺すことと

金持ちクズ20人殺すことと

貧乏聖人20人殺すことと

どこにでもいるサラリーマン20人殺すことが

すべて等しいと心の底から思える人だけが

あの看護師サイコパスと呼べる気がする

anond:20180709143835

結論からいうと結婚しないほうがいいぞ

増田の書いてる心配事は全部自分のことだ

お互い相手を思いやってもうまくいかないことあるのに、100%自分のことしか考えてない増田結婚してうまくいく可能性は、彼女が仏様か聖人じゃないとあり得ないわ

2018-07-07

クズ「そうか、そうかつまり君はそういう奴なんだな」

聖人「私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私はこの三日の間、たった一度だけ、ちらと君を疑った。」

2018-07-05

anond:20180705213937

なんか造語をしてレッテルを張って低能先生が異常者だということにして被害者hagex聖人君子にしようとしている

2018-07-04

anond:20180704112749

それは建前だし、実際に働いてる人間にとっては心情的にムリすぎるだろ

そこまでみんな聖人じゃないんだ。隠してうまく回るものならちゃんと隠して欲しいし、そうやって建前で「快く認めるべき!」って風潮になると、行き場のない気持ち個人への憎しみという形で潜在化するんだよ。復職しても、そういうのは尾を引くよ。表面で笑いながら受け入れられてないってのは文句言われるよりもきついんじゃね?

ていうか、そういう心情を慮りすぎて鬱になる人と、心情を慮る性能がなくて鬱になる人がいるんだなとは思う

建前振りかざしても衝突するだけだし、理屈でどうあれ「人間仕事で苦しいときに遊んでるのをみせびらかされると嫌な気持ちになる」と言うことは覚えたほうが生きやすくなると思うぞ。

2018-07-02

ダークヒーロー vs ダークヒーロー

ダークヒーロー定義は様々であるけど、共通しているのは「ステレオタイプヒーローのようなカッコよく聖人のような性格ではない」というもの

例を挙げれば「外見がヒーローらしくない」「自身欲望のために動いたら結果的社会や人を救う」「悪に対しては容赦せず徹底して滅ぼす」などがある。

昨今のネット論壇はまさにダークヒーロー的で「悪に対しては容赦せず徹底して滅ぼす」形の言論が多い。

勧善懲悪言論を取って活動している人たちは疑いようなくヒーローだと思う。それは間違いない。ただ頭に「ダーク」が付いてることに気が付いてない。

そしてそんなネット上のダークヒーローが悪と認定して戦っている相手ダークヒーローであることにも気が付いてない。

ダークヒーローは善性の中に悪性を内包するというヒーローであり、完璧ヒーローではない。

ネット上のダークヒーロー認定した悪性は他のダークヒーロー内包していた悪性であることが多く、結果としてダークヒーロー同士で潰し合うということが起き始めている。

人は言う「完璧人間など居ない」と。そしてその口で「悪は許さない」と続ける。

2018-07-01

女医さんがやってきた

https://anond.hatelabo.jp/20180630150652

タイムリー投稿があったので、女医さんと一緒に働くことになった男性医師側の意見を書いておく。

ちょうど、元増田言及していたマイナー科の一人として。


結論から書くが、「次は元気な若い男を回してくれ」だ。


さて、俺のいる科はこの数年、5人で仕事をやってきた。この業界、5人というのは数字だけみると恵まれているほうだ。

1.ジジイ名目上のトップ現場仕事ほとんどしない。たまに外来をやるくらい。出張多い。

2.上司:実務上のトップベテランにさしかかってきた年で、体力がないと言いつつなんでもバリバリやる。

3.俺:10年目で、専門医になってしばらくたつ。

4.若手:5年目。ルーチンワークは一通り覚えている。

5.新人A:研修医上がりで、この科を選んだばかりの卒後3年目。


以上の体制が、新年度から以下のようになった。なお全員が某医大医局人事に従っている。

1.ジジイ

2.上司

3.俺

4.女医:育休明けたばかり。いちおう専門医で、俺より1つ2つ上だが修練歴は短い。

5.新人B:上の新人とは別のやつ。新人は毎年交代になる。


異動にあたって医局ジジイが話をつけてきたのだが、「若手を減らすかわりに、非常勤だが専門医を一人増やす」とのことだった。

ふたを開けてみれば、

女医さんは週3.5日来るはずが、週3日・時短勤務に→人数に余裕のない曜日時間帯が増える

・夜間の呼び出しに対応できない→ジジイ新人は無理なので、上司と俺で時間外の電話を全部受ける

・当然、内科医師に割り当てられる当直の仕事もこなせない

対応できない時間があるため、単独主治医を任せられない

・今まで下っ端二人に病棟の細々した仕事をお願いしていたのが、年の順で俺にも回ってくるようになる

女医さんは久しぶりで仕事を忘れている部分もあるので、俺がそのつど教えることに

など明らかにきつくなっている。帰宅時間は平均して1-1.5時間遅くなった。

元々呼び出しはかなり少ない科ではあるが、2日に一回の拘束が生じ、心理的にきつくなった。


少し俺の話をしよう。俺自身が今の診療科を選んだのは「楽だから」だ。

うちは3代続く外科系の家で、長兄も外科だ。俺自身は家に帰らない親父の仕事ぶりを見て「あれは無理だな」と思っていた。


10年以上も前になるが、2chでQOML(quality of my life, quality of medical staff's life)という考えが流行たことがあった。

仕事もいいが医者自身私生活大事にしようぜ、というものだ。(雪月花ブログ、と言えば一部の人に伝わるだろうか?懐かしい。)

俺は大いに感銘を受け、医学生時代2chのQOMLスレに入り浸った。フリーター・ドロッポ(ドロップアウト)のスレなどもあった。

どこの科が楽だ、研修病院はこう選べ。地方医師不足や診療科の偏在?構うものか。医療崩壊ハードランディング上等じゃないか

いやなら辞めろ、代わりはいくらでもいる。逃散だ。そう言って盛り上がった。

今の若い人たちもQOMLの影響は受けているようだ。今は単にQOLと称することが多いらしい。

研修医やる気なしクラブスレッドなど、その思想は受け継がれている。


とにかく患者が少ないか、急変しないかそもそも患者を持たない。それが進路選びの大前提だった。実際それに従って進む科を選んだ。

10年経って、意外に医療崩壊の進みは遅く、ゆっくりシュリンクしていく様相を見せている。

産科小児科外科の減少のために人が殺到するかに思われた当科も、思いのほか人手不足のままである


今年、女医の影響というか、女医にまつわる産休や育休の影響をはじめて受ける立場になった。

女性の同僚はいたが、フルタイムだったためこれまで特に気にすることもなかった。

しろ自身女医の働き方に理解があるつもりだった。半分が女子学生大学だってある時代だ。

そして実際に影響を受けて思った。これはきつい、と。


女医さん、時間あたりで外来件数比較すると、俺の1/3くらいしか働いてない。

それでいて時給換算すると俺より高い額をもらっている(なんで知ってるかというと雇用通知書を机の上に置いてたからだ)。

朝のカンファレンスが終わった頃やってきて、多少の仕事をして、早く帰っていく。俺たちは溜まった仕事もそこそこに、夕方カンファレンスに臨む。

彼女ときおり電話1本で「子どもが熱出たんで休みます」と言い、俺たちは一つ減ったブース外来をこなす


そんでこの前、彼女さら時短を望んでいるとかの話を小耳にはさむ。

ジジイ上司は、家庭は大事からねーと言う。認める方向のようだ。

いやいやお前それ、俺らの家庭が間接的に犠牲になってるのはいいのか。聖人か。

短いなら短いでせめて同じ密度仕事できませんかって聞きたいが、当の女医さんはいい人そうなので、ってか多分普通にいい人なので聞けない。


やる気はない、医者はただの生きる手段病院業界に対する忠誠心はまるでない、と俺は自分で思っていた。

それでもQOMLを達成するためには馬力と要領が必要で、全力投球して9時5時を目指すもんだと考えていた。

そこへ余りにもマイペースな(ように見える)同僚が現れて困惑している。じつはQOML派じゃなかったのか俺。


業界みんなで支えなきゃ。

お前は誰の股からまれたんだ。

パート女医でもゼロよりはいいじゃん。

お前も無理って言えばいいじゃん。お前も真似してみれば?

女医のせいっていうより実質上の減員だから医局に増員を頼め。

マネジメント問題だ。人を別に雇え。できなければ診療規模を縮小しろ

業務効率化をしよう。

非常勤のほうが雇用の調整弁なんだから待遇がよくて当然。

男も時短勤務を選べる時代にしよう。

主治医制を廃止だ。


そんな正論はいくらでも思いつくが、理想論の上に即効性もなく、さえずるなという感じ。

給料上げてもらえば?とかね。俸給表で決まってるんですがね。ま、残業や呼び出しで10万ほど増えましたがね。


「やっぱさー、一緒に働くなら元気のいい男の子がいいよ」

昔、他の病院に勤める先輩と一緒に飲んだときに言われた。

この人がそんなこと言うんだ、まだこの業界後進だなって思った。

でも今度から俺も言おうと思うわ。「次は活きのいい若い男を頼む」


あ、増田はできるだけ人の多いところに行って好きにすればいいと思う。とにかく人が多いところだ。お互いの幸せのために。

2018-06-30

anond:20180630192342

結局俺もお前らも悪魔必要なんだろ。

みんな聖人ぶって低脳悪魔役させてたわけだからな。

素直に認めようぜ。苛めてたらやり返された事件だって

仕返しにしたらやりすぎだけどな。

anond:20180630104847

これな、「低能先生より」ってのが、もう誘導し始めてて臭いわけ

そうじゃないだろ

低能先生なんざ欠片も擁護しねぇよ

そうじゃなく、てめぇらのヲチも十二分に低俗なくせに、なに聖人ぶってだって話だろ

anond:20150820192614

火垂るの墓って子供の頃は節子の立場で見るけれど、年をとり親にもなるとおばさんの立場でも見るようになるなって思った。

それぞれが精一杯やって、それでどうしても歪んでしまものってあるんだなと人間の悲しさみたいなものを感じる。

兄弟養子をとっていて、その子たちが被災して転がり込んだ。

どうやら兄弟はもう死んでしまってこの世には居ないらしい。

よほどの聖人でも無ければ、「やっかいものを押しつけられた」と思うと思う。

原作者は互いに平等に飲んでいるように見せて、スープを掬う時にどうしても節子には水分ばっかりになるようにすくってしまうと言っていたけれど、

おばさんもまさにそういうことをしているように見える。

2018-06-29

anond:20180629185846

今回の事件となにか関係あるの?

完全無欠な聖人君子なんていないんだから

それはそれ。

これはこれ。

亡くなってから後出しジャンケンで故人の悪口を言うのはどうなの?

そう思ってたんなら、生きてた間に本人に言えよ。

2018-06-28

「図解で見るネット刺殺事件の全貌」という記事いかにひどいか説明する

はっきりいって、書いた人の不誠実な性格を読み取らざるを得ないダメ記事義憤どころか完全に私怨まみれなのに、なぜか悪を糾弾する私みたいなポーズをとっているのはもはやギャグしか見えない。セカンドレイプとかそう言う話ではない。それ以前の問題。とにかく雑。こう記事を書いた人は、自分は賢いと思っているバカであると断言できる。

ちなみに私は亡くなられたとはいhagexについて批判的な姿勢をとることは問題がないと考えている。実際あの人は聖人からはかけ離れた人だろうし、本人もそんな扱いは望んでいなかったと思う。ゲスキャラとしてセルフブランディングしてたしね。

からそこが悪いって言ってるんじゃないよ。もっと根本的にこいつはダメだ。

ということで、どのくらいダメなのか説明しておく。

無数のツッコミどころと謎図によって「まともな人を避ける」戦略を使っている時点でゴミ


ところで、こいつを見てくれ。どう思う?

このまとめみたいなガバガバ論は、ガバガバなのでツッコミどころが無数にあり、結果突っ込む側にめんどうだなと思わせツッコミ回避することで「よっしゃ否定されない。勝ったわ」と虚しい勝利宣言悦に入ることができますまとめ主のいつもの手段なのですが。

前提が外れてるので正しい分析ができるわけないのは当然なんですが、その上でまだまだ間違いを重ねるのが凄いところ。

この人は最初から○○○の話なんてしてない(できてない)んですよ。自分の語りに都合のいい『***』像を作って、それに対して言葉を投げかける一人遊びをしてるだけですから

一番面白かったのは最後の謎図です。

これは「図解で見るネット刺殺事件の全貌」への批判ではない。

とあるtogetterまとめに対する批判である。fhomeさんの批判にまったくそのまんま使えると思いませんか?

「謎図」を作成しているとこまで含めて。

はてブでも指摘があったが、バカってなぜかよくわからん謎図を作りたがるよね。

そういう意味ではテンプレレベルバカといえるが、この人は頭が悪いくせに自分が賢いと思ってるからタチ悪いんだよね。


汚い口調や攻撃的な姿勢を「逃げ」の理由に使ってる時点でクソ

これ。もうこの時点で読む気をなくす。

ちなみにこの人は、おそらく批判されれれば批判されるほど、その批判の内容は耳に入らず、批判されたことを持って自分の正しさを確信するタイプです。今まで嫌というほど見てきました。

こういうことを言うとこの手の記事を書く人は、すぐに「言いがかりだ」とか「具体的な批判をせず感情的罵声ばかりあびせる」といって被害者ぶります この人の場合さらにひどくて、すでに予防線として書いてますね。

一般的に、匿名だったらなんでも無礼なことをやり放題で、それは「俺たち」のネット空間から許されるんだ、という極めて歪な、リアル社会では到底通用しない論理で、そういう反論をよこす人間思考しています社会がどうあれば皆が気持ちよく生活していくか?ではなくて、自分たちがいか自分勝手に振る舞えるか?みたいな自己中心的な発想で振る舞います。そのしわ寄せは当然その他大勢押し付けられるのだから、身勝手自己中心的だということです

Hatena界隈というか、そこのイジメネットリンチ誹謗中傷常習犯は、身勝手なので、自分のことを批判されてもその正当性なんて示せるわけもないので、単なる言い訳自己正当化するだけにきまっています

ちなみにこんなことを言ってるけど、この人は実際にクリティカル批判をされたら逆切れするか逃げるかどっちかです。最初から結論は決まってるくせにまともな議論なら応じるようなポーズをとる人は居ます。だまされないようにしましょう

そもそもこの手の人が自分が反発を受けるような書き方を敢えてしているのは、「内容のやばさ」を「自分の態度への攻撃」へとすりかえるためです。最初からそれを理由にして批判と向き合うことから逃げられるようにセルフハンディキャップを利用しているわけですね。はっきりいってめちゃくちゃ卑怯ですね。




もちろん内容については貧弱で論理破綻している。fhomeさんは論理思考ができないザコ

さてそういう意味で、内容以前の問題書き手人間性がくそなので読みたくないのですが、一応内容についても見ていきましょう。

まず、この記事でははてなtwittertogetterより悪いということについて熱く語っていますが、それについてまともな根拠がありません。途中までtwitterもなにもかも匿名で書いてるのは悪いと書いていて、途中から論拠なくはてな特別悪いといっています。 

まったく論理的ではなく、この人の私怨だとしか読みとれません。

筆者はこのブログとはまったく別にブログ運営もしており、またTogetterまとめ記事作成してみたこともありますが、そこにHatenaブックマーク連携があり、かなり辛辣というより無礼誹謗中傷を含む無責任コメント不愉快になったことが多々あります。こういうことを書けば、「それはたまたま記事がまずかったんだろう、批判されるのが嫌ならネット公表するな」みたいな反論が必ずつくわけですが、「そういう問題ではない」

そこまで言うなら、自分がまとめたというtogetterを見せてもらいたいです。

togetterコメント批判はてブ批判がどのくらい違うか

・そのまとめに批判されるべき点がなかったかどうか

あたりを検証しようじゃありませんか。

そもそも、著者ははてなの悪い点として

・「匿名で好きなことをかけること」と

・「運営対応しないこと」

と書いているブログ記事引用している。

そもそも引用してる記事が、炎上ブロガーうさぎたんの記事という時点でもう爆笑ものなのだけれど、それはおいておくとして。

うさぎたんの記事の論旨がありだとしても、その2点に関してはtogetterもたいして変わらないはずなですよね。

しかしこの著者は自身経験を元に、はてなtogetterよりひどいと主張する。

それなら論拠を挙げないといけないのだけれど、これ以上の説明がなく、書き手主観しかないことがわかる。

ってなんだよそれはただの阿呆じゃねえか。


その3 「お前の告発は悪い告発、私の告発は良い告発」でしかないナメクジ

記事の前半の時点で、書き手論理思考ができず、読む価値がないということはよくわかったと思いますが、後半はさらにひどいです。正直この部分、釣りでないなら完全にアウトです。

一生懸命hagexさんがいか批判を受けるべき存在であるかをアピールするためにhagex批判する声を集めてきているわけですが。

どう考えてもやってることがhagexさん以下です。え?あなたネットリンチ批判してたんですよね。hagexさんのやり方がいけないって書いてたんですよね。どういう脳内思考をしてたら、どれだけ面の皮が厚かったらこんなことができるんですか?

あれか、悪を倒すためなら人殺しもオッケーな人ですか。怖いですね。自分低能先生に近いメンタリティ持ってるから低能先生擁護してるだけですね。

ポジショントーク乙。

しかも、その部分を自分で書かずに他人の書いた記事を流用する形で済まそうとしている。

人間として卑怯すぎますね。ゴミオブゴミ

https://anond.hatelabo.jp/20180628181551

同じ記事について語っていると言うのに私が書いたのと比べて明らかに優れた記事があってたぶん私よりIQ100くらい高いんだろうな。自分が恥ずかしくなる。素晴らしいので他の人も是非読んで

https://anond.hatelabo.jp/20180629063747

kyoumoeさんは私の書いたやつに近いな。

hagexさんに関する擁護について

hagexさんは、それが直接的な批判言及ではないにしろ特定の誰かについてまとめる、あるいは晒すという自分自身の行動についてのリスクというのは理解していたのではないでしょうか。

リスクについて理解した上で、あるいは自身が定めたラインは超えないよう考慮した上でいろいろな記事を書いていたのではないでしょうか。

彼がやってきたことはそういった理解の上で彼自身選択により行われてきたことではないでしょうか。

普段車を運転していて、数秒後に自分交通事故で死んでしまうかもしれないと常に意識している人はほとんどいないでしょう。しかし、どこかでそういう事故が起こっており自分もそうなるかもしれない、という認識は多くの人があるのではないでしょうか。まさか自分が、と思っていたとしても。車もスピードを出しすぎたり、脇見運転などをすればより事故リスク高まるでしょう。車を運転するということはそういうことだという理解は多くの人にあるのではないでしょうか。

インターネットで誰かに対して言及したとして、後々そのだれかが自分を刺しに来るリスクというのは交通事故のそれよりも低いでしょうし、本当にまれなことだと思います

しかし、hagexさんは自らの選択によって車を運転し、あるいはバイクにのって(あるいはブログなど書いたこともなく、それが多くの人の目に触れるということなど成し遂げたことの無い多くの人にとってそれは小型飛行機のように見えるかもしれません)、本当にたまたま事故に巻き込まれたということだと思います

それに対して、hagexさんは車が危ないなんてことは知らなかったし、バイク死亡事故がおきるなんてことも知らなかったし、ましてや車の運転なんて知ていなかったよ、と過保護擁護するやり方というのは彼にとっても不名誉ことなのではないでしょうか。

彼が飲酒運転をしていた、という主張をしている人は少ないと思います

彼は交通規則もきちんと理解していて、安全運転も心がけていた、時々スピードも出しすぎることもあるけどもちろんハメを外しすぎることはなかったよ。不運な事故にまきこまれたことは本当に残念だ。というのが彼に対する真摯な態度ではないかと思います

彼がやっていたことを、小型飛行機を見事に操縦するようなものだと認識する人もいるのではないでしょうか。そういう人達に対して、彼の操縦は完璧だが、機体のトラブルによって不運にも墜落してしまったと説明したところで、やっぱり飛行機というのは怖いな、という印象を抱くと思います

特定人物について直接的に言及しないまでもその行動をまとめて第三者に広く周知できる状態にする、ということがまとめられた人物感情に与える影響というのは無視できるものでは無いと思います

例えばそれが注意喚起のためであり第三者に大して有意義情報であったり、あるいは、正しくない行動をしていた者をさらすことで啓蒙する意思があったとしてもです。

そういうことはhagexさんは理解していたのではないでしょうか。

今回事件に巻き込まれたのは不運だったからでしょう。偶発的な要因により他の誰かが殺されていたのかもしれません。

しかし、対象として彼の名前が浮かんだという結果は事実です。

そこには車を運転していたら事故にあったという因果関係以上のものがあったことは明らかだと思います

ただ、hagexさんは自分の行いに対するリスクに関して完璧にはヘッジできなかったものの、一定の理解配慮に基づいて行動してきたのだ思いますリスクを0にすることはもはや不可能なため、自分自身選択によってブログ記事を書いたり、セミナーを開いたりしていたのであり、決して純真無垢、天真爛漫、無知聖人君子人間が全くの偶然により事件に巻き込まれたわけではないのです。

リテラシーもあり分別もある人間だが、多くの偶発的な要因によってターゲットにされ命を失ってしまったということが結果から言えることだと思います

2018-06-27

Hagex聖人化の気持ち悪さ

また、こんな記事が。


福岡IT講師殺害事件。「Hagexさんは容疑者ネット上のやりとりでトラブルがあった」は本当か?

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20180626-00087028/


本来であれば警察の取り調べがおわり、容疑者の詳細な動機がわかってから書くべき内容です。しかし、誤った情報拡散し続けている以上、何もしないわけにはいきません」


これはおかしい。警察の取り調べが終わってないので正確なことが分からないのに、この情報が誤っていると個人的に思うことで妄想反論すると言ってるようなもの


しかし、筆者の調べではトラブルと言えるようなものではありませんでした」


から警察の取り調べも終わってないのに、どうやって確定できんの?例えば、公開はされていないが、個人的なやりとりがあったことなどのその他も考えられるよね。Hagexが全てのことをブログに書いて、それが全て正しかったとかどうやって証明できんの?


「上述で解説したなかでHagexさんは容疑者とやりとりをしていたことはなく、容疑者一方的Hagexさんを中傷し、Hagexさんは運営にその行為通報していただけであることはわかると思います


から、どうやってそれを確定できんの?この短い期間に。君ってプログラミングに相当長けてたから、2人のやりとりを覗けるハッカー並の技術でもあんの?そうでない限り、やりとりがなかったとか確定できんだろ。


「「ネット上のトラブルがあった」というよりは、「Hagexさんがネット上のトラブルに巻き込まれた」という表現が正しい」


から、何でこうなんの?


「この記事は「The Capital Tribune Japan」というメディア委託されて執筆しているようですが、THE PAGEから多数のメディアに向けて配信されているためTHE PAGE責任があると筆者は考えます


えっと、君は他に責任なすり付けるのではなく、はてなそもそもはてブで悪意を増幅する仕組み、100文字制限とか、返信できないかidコールするしかないとかのはてな側の問題を指摘するのが先だろ。


http://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20180626-00087028/

と思ったら、この筆者ははてブ自分記事必死ブコメしてPV稼ぎかよ。

はてブPVが欲しいかはてなに一切批判できないよくあるアレか。

メーカー商品評価を頼まれる提灯記者と同じだと思われるからね、問題があっても、はてな批判は一切しないとね。


「この記事をここまで読んでくださった皆さんに知って欲しいのは、今のところHagexさんが容疑者挑発していた、煽っていたという事実確認できていない」


Hagexは、そもそもネットウォッチャーの記事ばかり書いていたので、挑発されたと感じるのもいるだろ。君ってHagex記事は煽る部分は一切なかったとか、何で言い切れんの?


「この事件の部分だけを切り取ってみれば、Hagexさんは荒らし行為にあった被害者であり、容疑者ネット上でHagexさんにからんで最終的にリアル殺害した加害者しかありません」


何でこれが確定できんのかな?


ネットに詳しくないのであれば筆者に相談してください」


ネットに詳しければ、個人的なやりとりがネットで一切なかったと言えるのは、ハッカー並の技術を使って入り込まないと分からないことだよなってくらいの認識がない?だってネットでのやりとりなんか、今は色んな方法があるからな。君はその可能性を全部確認したのか?


Hagexさんの名誉が傷つけられ続けられる!」とか言ってるから、この筆者が単に感情的名誉のためとか言って不正確で確認できない情報を発信している側だな。


それで、はてブからPV貰ってるからはてな批判がいくと自分PVもらえなくなって飯の種がなくなるからまずいんですかね?いや、君だけじゃなくて、他にも多いよね。はてブ必死ブコメしてアクセス数稼いでるの。

anond:20180626123908

しかしこれだけ、ほんの少しの時間差でボロクソに蹴られる死体も珍しいね

ネットヲチャはその「活動」が著名であればあるほど、更にステップアップを目指して調子こいて表に踊り出た途端に後ろからサクッと刺し殺されてしまうのだし、死んでからも一瞬持ち上げられはするものの、すぐネット振り子が大きく振れ戻るように、こいつが聖人だなんでとうでもない!なんて言われながら悪行を次々につまびらかにされて、ゲスクズだと死体を蹴り続けられる。

まるで死んでからネットリンチされているようだ。因果応報自業自得仏教用語が映えるね。「ろくな死に方はしない」とはよく言ったものだ。

思うんだけど、ネットリンチ常習者ならば、生前死後に関わらずネットリンチしてもいいってことにしよう。

まりさ、ほら、殺人絶対だめだけど、人殺しまくった凶悪犯に限っては、国家死刑にしてもいいとか、相手監禁してはいけないけど、監禁して逮捕されて有罪になったら刑務所監禁されても自業自得だ、とかそういう感じ。ネットリンチするやつはもうその時点で、ネットリンチしてはいけない、だからされるべきじゃない、というルールを破ってるんだから、その基本的人権消滅ちゃうの。

他人様の尊厳権利を踏みにじる奴に限っては、そいつ尊厳権利も損なわれる。

おっと「低能先生がー」とか言うんじゃねーぞ?彼がおまえらを蹴った時点では、彼はネットヲチしか蹴らなかったのだから、その時点ですでにおまら権利消滅してたんだから文句は言えない。

最悪殺されていても仕方なかった。まだ生きてるだけまだラッキーだよね。

他人様をネットリンチして愉しんでるネットヲチャなんてゲスは、人生最期まで逃げ切って、死後、生前を偲ばれて讃えられるなんて可能性なんてゼロだってよく理解されたんじゃないかな。

ネットリンチしてるクズ連中なんて、どうせこういう暴力をもってでしか対話できないんだし、そういう意味では殺害を決行するしかなかった犯人の主張は完全に正しかったよね。

ネットリンチなんて言論じゃない集団暴力なんだし、ペンは剣より強し、っていうのなら、それはまさに今のことだよ。

剣を振り回してたHagexは、剣でも刺し返されて、さらに今またペンでその死体を蹴られている。

ゲスで愚かなHagexフォロワーにとっても、親玉が命をもって反面教師になってくれたんだし、もう足洗ったら?その汚物にまみれきった小汚い足をさ?

anond:20180627103659

なんで自分共感する奴にだけ「聖人であることを要求すんな」論法適用ちゃうの?

気に食わない奴らだったら「やっぱあいつらみんなろくなもんじゃねーな」で思考停止ちゃうのに

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん