「インタビュー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: インタビューとは

2019-02-24

anond:20190223144405

検索能力知的好奇心さえあれば十分。

たとえば日本史はいつも赤点だった人間でも、織田信奈の野望を観てから、気になって自然と各武将wikipediaを漁る。それでだいたいの元ネタや話のキモは掴める。

さらマニアック視点は、どっかのアニメ批評解説ブログだとか、インタビューを載せてるようなアニメメディアだとかが、普段情報収集アンテナに引っかかるはずだ。

2019-02-23

街頭でローカルテレビ局インタビューを受けてくださいって言われて受けたんだけど、最初カメラマンの人に撮る前に色々聞かれて、あとで撮る時にそれに沿ってコメントしてくれって言われて丁寧だし答えやすかった

いつ使えるかわからないけど、今度から使おう

2019-02-20

昨日、AV女優インタビュー記事がハテブのトップにきてたけど

FANZAでその女優作品人気順で並べてみたら、デビュー作がトップに浮上してたわ。

やっぱみんな、とりあえずデビューから見るよな。

2019-02-19

AV出演者嫌悪感を持ってしまうのはなぜなのか

男女問わずAV出演者嫌悪感を持ってしまう。AV閲覧者にも多少嫌悪感がある。今ブクマAV女優のインタビュー記事掲載されているけど、読んだらより辛くなった。

自分感覚偏見とか、差別とか、そういう質ものなのかと思いつつも、そのラベリング違和感を持っていた。自分のこの感覚は何なのか考えてみたところ、恐らく私は「性行為は人目に晒すべきものではない」という価値観をもっている。そのため、性行為を人目に晒すことを生業とすることに理解ができない故の嫌悪なのかなと気づいた。なぜ「性行為は人目に晒すべきではない」と思っているのかはよく分からないが、私は他者の性行為は見たくないし、自身行為も見られたくはない。

理解ができないもの嫌悪してしまうのは私の人間性の小ささであるものの、出演者や閲覧者の人間性や、職業のものへの差別感情ではないと思っている。ただ、性行為晒すことそのものに不可解さを感じている。

AV産業として成り立っているし、そこに搾取暴力がないのなら特に今以上の規制必要と思わない。ただ、AV出演を生業にする人や閲覧者に抱いてしま嫌悪は消えることはないだろうなと思った。

メディアリテラシー

デモ集会の参加人数は報じられた数の1/10である

テレビで映し出されるグラフは、ほとんどの場合ゆがめられて面積の比率おかしかったり、軸の目盛が操作されている

・街頭インタビュー報道番組でも仕込みのことがある

こういうの教えてください。

「信念もってAV女優やってます!」みたいな業界プロバガンダ要員をやたらともてはやすはてなー

あれは後ろめたさを感じずヌくためにそうあって欲しいという願望なんやろなぁ

イキイキと働いて毎日充実してます!っていうワタミ従業員インタビュー信じてるようなもんやで

2019-02-18

在日韓国人の方々は天皇謝罪して欲しいですか?

2019/2/18

 【ソウル共同】韓国の文喜相国会議長は、天皇陛下謝罪を求めた発言を巡る日本の反発について「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めているのは盗っ人たけだけしい」と批判した。複数韓国メディアが18日、文氏のインタビューを報じた。

 

2019.02.18

ロサンゼルス聯合ニュース韓国の文喜相(ムン・ヒサン国会議長訪問先の米ロサンゼルスで15日(現地時間)、旧日本軍慰安婦問題解決天皇謝罪必要という自身発言安倍晋三首相が反発したことに関し、政略的な思惑によるものとの見解を示した。訪米日程を終えて帰国する前、聯合ニュースインタビューに答えた。

 

 文氏は「謝罪する側が謝罪せず、私に謝罪しろとは何事か」としながら、「盗人猛々しい」と述べた。

 

 文氏は10年前に天皇から韓国に行きたい、仲立ちしてほしいと言われた時、「何はともあれ、(慰安婦被害者の)ハルモニ(おばあさん)たちが集まっているところに行き、ひと言『すまない』と言うだけでいい」と話したとし、「歴史法廷には時効がなく、歴史的な犯罪被害者であるハルモニたちに謝罪しなければならない」と語気を強めた。

 

 同氏は「日本もっと大きく広く、成熟した目で見なければならない」と促し、「リーディングステート(先導する国)の資格を持とうとするならばしっかり謝罪すべきで、(ドイツがしたように)ひざまずく姿まで見せるなら、なお良い」と述べた。

[][][] 日本戦争責任を問う韓国誤謬

日本太平洋戦争遂行したとき日本トップ昭和天皇だった。

従って、敗戦責任昭和天皇に問うのは筋が通っている。

しかし、昭和天皇本人ではなく、その親族に対して、同じ責任要求するのは、論理的に筋が通っていないと思う。

なぜなら、昭和天皇その人と家族あくまでも別人だからだ。

 

皇族に対する誹謗中傷

女性皇族のI子様は、学校同級生の意地悪な男子に「税金泥棒」などと悪口を言われてイジメられていた、という話があった。

なぜ、彼女イジメられなければならないのか?

父親職業税金暮らしている皇族からと言って、その娘が同様に非難されなければならない理由にはならない。

なぜなら、父と娘は別人だからだ。

 

子どもは親を選べない。

もしも親を選んで生まれてきたという人がいたら、その完璧証明をして欲しい。

なぜ、親を選んだと言えるのか?選ぶ方法を具体的に提示して、客観的証明すべきである

 

I子様だけでなく、M子様やK子様も同様である

親の職業や、曾祖父犯罪によって、彼女たちが非難されなければならない理由はない。

なぜなら、彼女たちが開戦を指示したわけではないし、両親を選んで生まれたわけではないからだ。

 

もしも、この主張に反論があるなら、その完璧証明提示しなければならない。

果たして反論ができる人間は、この地上にいるのか?

もしも、いたら反論を書いて欲しい。念のためその内容を吟味してみる必要がある。

 

感情論理の違い

人間感情論理は、元々同じ源が発生している。

その源とは、人間頭脳、心、精神だ。

から本来論理感情は一致していなければならない。

 

しかし、現実には、論理感情が分裂して、別々になってしまっている人が多い。

なぜか?

 

物事ありのままに見つめて、好き/嫌い/無関心という感情が発生する前に、正/非/未定という論理が先行していれば、論理に基づいた感情の構築ができる。

しかし、思考を停止して、論理の構築ができない場合は、論理とは分離された感情のみが生じてしまう。

その場合は、正しいか間違っているかとは関係なく、好きか嫌いか物事を見定めてしまう。

 

戦争責任がある昭和天皇が嫌いだ。」

税金泥棒皇族が嫌いだ。」

などという感情は、確かにそう思ってしまう人がいるのは、心情としては理解できる。

しかし、それは論理として筋が通っているか/否か、正しいか/間違っているかの基軸で再評価した場合、必ずしも正しい言説とはなり得ないのである

 

韓国人は、情緒的なヒステリーを起こすのではなく、正しい論理を構築して、日本人に説明すべきである

2019年02月18日

 

ソウル時事】韓国の文喜相国会議長は18日付の韓国紙・朝鮮日報掲載されたインタビューで、慰安婦問題天皇陛下の謝罪が望ましいと述べたことについて「(発言に関し)謝罪する考えはなく、そのようなことでもない」と断言した。また、「戦争人倫(人道)に関連した犯罪には時効がない」と主張した。

 

 文氏は聯合ニュースとの会見では「謝罪すべき側(日本)がせずに、私に謝れとは何だ。盗っ人たけだけしい」と非難慰安婦問題などをめぐる日韓摩擦の背景には、国内政治意識した「安倍晋三首相の政略的な思考がある」と強調した。

 

 日本政府は謝罪発言撤回を求めているが、文氏自身拒否意向を改めて明確にして反発したことで、早期の幕引きは極めて難しくなった。

 

 文氏は朝鮮日報に対し、日本国内で韓国へのビザ制限など報復措置を求める声が出ていることについても「小利を得て大利を失うことであり、子供のいたずらのような話だ」と批判した。

 

 問題となった自身発言に関しては「韓日間の歴史問題に関する和解に向け、日本代表する首相国王天皇)の誠意ある措置必要だという次元からした話だった」と説明。「謝罪主体としては、現職首相安倍晋三首相が1位、その次が国王天皇)になる」と語った。

(2019/02/18-11:22)

 

※この文章を読んだ日本国民および日本政府関係者は、速やかに韓国語に翻訳して、韓国国民および韓国政府関係者に通知して、正しい説明を求めるべきである

韓国人および韓国政府の不正を見過ごし、妥協することは許されない。

日本国民は断固として抗議すべきである

 

2019-02-17

anond:20190217205059

おっしゃることごもっとも。

海外でもテレビの街頭インタビューに皆さん同様に答えてました。(欧州某国

残業代を真面目に払っていたら会社がつぶれる

ブラック企業経営陣にありがちなセリフとして認識されてるけど、実際にこれに類するセリフを言われたことor経営者的な存在が言ってるインタビューを見たことある

純粋な疑問。

ナイツはなわ 秋葉原男子の夢潰す

昨日のナイツのちゃきちゃき大放送でのコーナー

人生で、バレンタインで一度もチョコレートをもらったことがない人はいるのか?街頭インタビュー

TBS小林アナが、いかももらってなさそうな人にインタビューする。

小林「すいません、ラジオ生放送中なんだすが、ちょっといいですか。」

男「あ、はい、」

小林「今年のバレンタインチョコってもらいました?」

男「あ、はい、一個ももらいました。」

小林「あーそうですか、それって、どういうシチュエーションでもらったものですか?友チョコとか、義理チョコとかの区別で言うと。」

男「うーん、多分義理チョコだと思う。」(満更でもない感じで)

小林「多分ってどういうことですか?」

男「アイドルにもらったんです。応援しているアイドルがくれたんです。」

はなわ「100%ぎりちょこじゃねーか!」

土屋「やめろー」

小林「では、去年はどうでしたか?」

男「去年も一個でした。」

小林もしかして?」

男「アイドルからでした。」

小林「では、生まれから今までアイドル以外でもらったチョコは何個ですか?」

男「ゼロです。」

土屋「これはなんかのパラスメントだろ」

2019-02-15

anond:20190215230456

朝鮮人というより、単にテレビの街中インタビューとかでよく映りたがるタイプだと思う。

変な格好をしたり、変なコメント存在感を出そうとして、メディア露出したがる一般人って感じ。

そういう人って自己顕示欲は強いけど、それによって発生する弊害には敏感になりがちだから

ISISインタビューで何故レイプをするのかと問われて現地民に絶望を与えるためと答えていたがその理屈だとホモセックスもしないといかんよな

やってんの?ホモセックス

風呂に入ってない筋肉質なヒゲ男たちが汗まみれで肛門を愛するの?

2019-02-14

だめんずうぉーかー

って久々に聞いた。31歳?の女子から。まあ聞いたってか昨日の夜テレビで見たんだけど。

トキオ番組で、神木くんが出てたやつ。タイトルまでは見なかったからわかんないけど。

で、だめんずうぉーかーよ。何言ってんの。江東区の深夜の一般女性に、今日一日何点でしたかって聞くコーナーで、これから元彼の家にネイルしに行くとか言ってた。

元彼は家に不在らしい。ってことはまだ合鍵あるんでしょ?彼氏結婚してくれなかったから別れたとか言ってたけど、彼女からセフレランクアップじゃないですかね。おめでとうございます

まあ、そこまでは割とよくあることだし、いいんだけど。

で、まあそれはそれとして、来月だか来週だかに年下の男の子UFJ行くとか言って、でも彼氏とかじゃないですーって。でもきっとやるんでしょうね。わざわざ大阪まで行くんだし、やんないはずがない。

さりげないモテアピールで、でもずっとマスク着用。

あー痛すぎる。ほんとに痛すぎる、日記にも恥ずかしくてかけないようなこと、よくまあ全国ネットで。

多分今頃まわりからテレビ見たよーとかライン来てんだろうね。で、多分そこでも元彼愚痴と、モテアピール

何書いてんだっけって、あ、それで最後に言ってたのがわたしだめんずうぉーかーでーって

なんかもう見てらんなかった。そんなに自意識を発露してえんなら、インスタでやれ。インスタで。でも、インスタじゃあ、元カレのこととか絶対書かないタイプだろうね。

ほんとバカ匿名ネットじゃ言えないくせに、日本全国に顔晒しては言えるのかよ。

でも、なんかそれがね、平成をずっと生きてきた女って感じで、ちょっと愛おしくもあった。だめんずうぉーかーがテレビでやってた頃は、多分高校生大学生で、ほんとにあの藤原紀香共感したんだろうし、テレビインタビューで赤裸々に自分を語れちゃうのも、大人になりきれなかった私たちみたいだなって。

結局わたしもあの女とかわんないんだ。

anond:20190213192103

何年か前、小沢一郎に長いこと献金してたとかいインタビュー記事を見て、あれ、この人って「独特な世界観」の持ち主なんじゃ…とちょっと引いて見るようにした

世界の中の日本ポジションは「アレな国」

世界の中の日本ポジションは「アレな国」だという認識は、頭の片隅においたほうがいいと思う。

よくバラエティ番組が街頭インタビューで見つけてくるような、ちょっとアレで変わった人。日本世界からああ見られている節がある。

昔は近未来的だったけど、景気低迷を境に時が止まって、今となっては古く感じる国。

死刑廃止されないし、同性婚も認められないし、何だかんだで保守的な国。

日本って、あの変わった国だよね」というノリがある。

2019-02-13

白血病経験した有名人を集めまくる風潮なんなの

昨日のニュースから録りためていたのをざっとチェックしたらニュースワイドショーそんなんばっかで、今日もだった

いやいやこんなに白血病患者いるのかよ、てゆうかお前誰だよ、みたいな人もいっぱい引っ張り出してインタビューしてた

んじゃなんで八千草薫ニュース出たとき肝臓がん経験者集めまくらねえんだよ、おかしいじゃないか

2019-02-12

30歳までに人生を勝てなかった

ノリアキという、歌手がいて。

彼は現在、35歳くらいだ。

もはや歌手活動自体はあまりしていない。

ツイッターなどは更新してるみたいだが、田舎機械学習カフェ?みたいなのでインタビュー最近受けたらしい。

  

自分は30歳。

自分が盛り上がってた一世風靡した人たちを色々に見る。

人間だけじゃない、色々な店が消えて行った。

  

なんだか世間では、「停滞するな、チャレンジだ!」というが。

チャレンジして芽が出たノリアキですら、こんな感じ。

もちろん、凄い成功した人はいるけど。

色々に手をだして、微妙だった、という結論が出た人が多いのではないか

  

30歳という年齢が怖い。

専門職なので、その職業のある程度の世界最先端は知っているつもりだが。

専門外の、子供の時に夢を見た数学物理などはどうか。

恐ろしいくらいに知らない。

30歳までに、隙あらば勉強しているが、やはり大学以上の数学物理は難しい。大学入試くらいは解けるのだけれど、その上の、専門レベルとなると歯が立たない。

それでも、毎日、一つ一つ学んで成長しているが。

知らないこと、マダマダ遠い。

  

奨励会という将棋プロの育成施設は、20代後半までが年齢制限らしい。

将棋とか、自分は初段なんだけど、初段ですら、3年以上かかっている。プロとか及びもつかない。

その中で、20代後半までやっている人と言うと、これはものすごい。

  

将棋という1分野ですら、その高みに絶望する。

数学はいくつも分野があり、物理も、いくつも分野がある。

物理に関しては、熱力学機械系の解析力学などの、普通力学は、普通理解できたが、量子力学実験系との兼ね合いなどが難しい。数学が絡むと異常にキツイ

数学も、解析、代数幾何とどれも半端ない

  

30歳、数学物理は行けるだろうか。ギリギリか。

しかし、30歳ってもう遊んでいる場合じゃない。

自分も、成し遂げられないまま、過去の挑戦に慰められる存在になるんだろうか。

怖い。

2019-02-10

コードギアス 復活のルルーシュ

※本文には「コードギアス 復活のルルーシュ」のネタバレを含む。

10年前のR2放送物語が終盤に差し掛かり最終回というもの意識した時、本当に比喩ではなく毎週の楽しみであり、

生き甲斐だったコードギアスが終わるという切なさを感じつつ、その分素晴らしいものをみれるのではないか

という期待感もあった。

早くこの物語の結末を知りたい、観たいという気持ちと、

この素晴らしい物語が終わってほしくないという気持ちが重なる、そんな期間だった。

  

最終回放送された西暦2008年9月28日

ルルーシュスザクと行った本当のゼロレクイエムナナリーフレイヤでやろうとしていたこ

この二つの類似性に打ち震え、あの悲しい最後のシーンはルルーシュスザクナナリー物語を終わらせるにふさわしい、

素晴らしいもので、それまで見てきたどんな作品最終回よりも美しいと思った。

  

それまでの話数は放送後何度も見返したが、

R2最終回は、その後しばらく見返すことができなかった。

私にとって不可逆で不可侵の素晴らしい思い出だった。

      

最終回放送から8年後、西暦2016年にそのコードギアスが、ルルーシュが復活するとの特報が出る。

    

思い返せば亡国のアキトシリーズの放映や、パチンコ化などのメディアミックス情報は、

アニメ放送後も途切れることはなく、コードギアスは死なないコンテンツになったのだと気付くべきだったのかもしれない。

    

情報は少しずつ鮮明になり、総集編としての劇場版3部作が放映されたのちに

完全新作エピソード劇場で公開すると発表がある。

    

総集編はテレビシリーズとの小さな、だが物語に大きく影響を

与える変更点を加えつつ次々と公開していく。

  

そしてルルーシュが死んでから10年がったった昨日、西暦2019年2月9日平成最後の冬に

コードギアス 復活のルルーシュ」が公開された。

  

タイトルからして復活である

ルルーシュは死んだのに。

美しく、そして気高く世界から憎しみを無くすために文字通り命をかけた主人公

もういないはずで、それでも世界は続いていたのに。

  

復活

  

実は復活と銘打ってはいるが、概念的なことだけで

肉体が蘇るわけではないよ。

ルルーシュがいない世界必死に、彼が求めた願いを実現するために

戦う残された者たちが一生懸命戦う。そんな物語だよ。

それでもよかったのではないかと考えた。

  

だがし復活したのだ、

嘘つきのルルーシュは大切な約束を守るために。

  

復活してルルーシュは、まぎれもなくルルーシュだった。

味方が、特にナナリーピンチの時には全身全霊をもって、

策を練り、有無を言わせぬ迫力で味方を鼓舞し、指示を出す。

  

私が10年前に美しいと感じたルルーシュがそこにはいた。

あれがルルーシュだということに異論を唱えるファンはいないだろう。

それほどまでに素晴らしくルルーシュだった。

  

そして、物語はこれもまたまぎれもなくコードギアスであった。

国の陰謀、計略する首謀者、そこかしこに仕掛けられた罠、

激しく火花を散らし戦闘するナイトメアフレーム

世界の理を変えてしまうほどの強大な力、ギアス

  

コードギアスという作品に込められているものすべてが

詰め込まれており、それでいて色褪せない、新鮮さも感じることのできる、素晴らしいストーリだった。

  

この作品コードギアスであることに間違いはないが、

賛否両論あるということも間違いないのである

  

  

論点は一つ、ルルーシュの復活である

  

  

コードギアスという作品ルルーシュの死をもって

完結した作品であるはずという思いが強い人が多いのではないか

実際私もそうであったからこそこの「復活」にずっと懐疑的

感情を抱いていた。

  

だけれども、観て、楽しんでしまうのだ。

どんなに抗おうとしていたとしても、

観終わった後に私がどんな感想を抱こうが、

劇場で金を払ってみたという事実があるのならば、

コンテンツとして、興行としては大成功だ。

それは全くもって否定できない。

10年前に完結した物語の続きなんてみたいに決まっている。

観ないわけにはいかない。

  

観終わった後、自分感想賛否両論のどちらかなのか

すぐに決めることはできなかった。

この「復活」はあまりにも消化に時間がかかると感じた。

少しでもこの胸のつかえがとれないか

「復活」に関する評価感想ネットであさっていたところ、

監督インタビュータイトルに「批判覚悟制作に踏み切った」とあった。

  

この文言に納得しかかった自分もいたが、

冷静になってみればそれはそうだろうという感想だ。

物語を美しく終わらせるのではなく、

死なないコンテンツとして継続し続け、興行として成功する。

素晴らしいことだが、コードギアスというコンテンツを死んだと

解釈する私の様な人間から批判が出るのは覚悟していただかなくてはならないだろう。

  

10年の歳月コンテンツ評価に対する指標も変えた。

もはや視聴率はその指標としての能力を失い、

配信ツールの普及はいわゆる円盤の売り上げを

抑制するものになった。

  

からネット感想が正しいというつもりはないが、

例えばツイッター等のより個人、とりわけ趣味嗜好を

把握しやすSNSにはおおむね好意的にこの「復活」を

とらえている人が多いように感じる。

  

また、劇場でも終幕後に涙を流し、

良かったと感想を漏らす人も多くいた。

  

これだけでもこの興行成功であったと言えるであろうし、

どんなに賛否両論意見が出たとしても、「賛」の意見が出続ける限り

今後も興行収入を伸ばし続けるであろう。

  

否定というものさらなる否定を己に

向けられる覚悟がないといけない。

ルルーシュ言葉を借りるのであれば

「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけ」だ。

より情報を発信した個人特定されやすいこの環境では、

批判否定という行為は行いにくいだろう。

  

しかし、「復活」でルルーシュはこのセリフ否定するかのような言動を行う。

  

C.C.と同じ、撃たれてもその命を失うことがない

L.L.にはその覚悟がない。

いや、人ならざる力を持ち、さらには死すらも乗り換えたもの

人とは違う理で生きている。その悲しさを物語っているのかもしれない。

  

思えば10年前は視聴率を上げるために放映時に見る、

円盤を購入するという行為に我々は「支援」という意識を持って行っていたと思う。

  

大量のコンテンツであふれかえる世界から

自分の「好き」を少しでも延命させるために。

  

それはコンテンツというものが、傲慢かもしれないが

我々の支援なしには生き続けることができないと、

その支援が乏しく、延命繁栄をすることができずに死んでいったコンテンツ

観ていたからこそ、そうした感情が行動させていたのではないか

  

私が「復活」を劇場で鑑賞した際に

最も涙腺を刺激されたのは、お調子者だが愛されキャラ

本作でも重要役割を担う「玉城真一郎」のクレジットを見た時だ。

  

ご存知の方もいると思うが、「玉城真一郎」をTVシリーズで演じていた、

田中一成」さんは、西暦2016年に亡くなった。

  

もちろん総集編の劇場版で「玉城真一郎」を演じた演者の方の演技は

素晴らしく、引けをとっているだとか、優劣があるといいたいのではない。

  

私は「田中一成」さんの訃報を聞いたときしかった。

その悲しさは、当然のことながら亡くなった人はもう「復活」しない

ことを理解していたかである

  

10年の歳月があれば、悲しい別れを経験する人も多いだろう。

実際私もそうだった。こんなことを書くと現実フィクション理解していないと

否定されそうではあるのだが、私が10年前に愛した「コードギアス」には

壮大で近未来的なSFとしての要素もありながら、リアリティがあったのだ。

ルルーシュが何度もシャーリーギアスをかけようとしても、

にゆ人間を救うことはできない。そんな現実を突きつけられるような、悲しい物語だったのだ。

  

からこそ私たち最終話ゼロの剣に貫かれたルルーシュを見たとき

そこにリアリティを、死んだ人間は蘇らないという現実フィクション

コードギアスの中に見出し、涙したのではなかったのだろうか。

  

もしこれらを強引に、好意的解釈するとすれば、

私は10年前の最終話ルルーシュの死によって完結した素晴らしい物語

味わうことができたこと。

そして感情胃もたれしそうなほど甘い、

デザートのような続編を味わえたと、いうところだろうか。

  

それならば、一度飲み込んでしまったものは、咀嚼して

何とか消化吸収に努めないといけないのだろうか。

  

私がどれほど批判否定インターネットの海に

吐き出したところで、何にもならないのだから

  

批判覚悟で」

  

私の批判という弾丸は、放ったところで制作側には届かない。

コードギアス」というコンテンツは「復活」したルルーシュ

同じく「死なない」コンテンツに「復活」した。

  

私の撃つ弾丸は、もうルルーシュを殺せない。

  

コナン関係匿名ダイアリーがバズってるので、その勢いでミステリマニアが長年溜まってたことを吐き出す

連載第一回を読んでそこでいきなり見限った思い出がある。

っていうのもさ、設定がメチャクチャじゃん。

ミステリじゃなくてSFっていうか。

子供に若返る薬?(だっけ?)が存在する世界なら、ミステリは成立しないやんけ。

それなら小人になる薬もあるかもしれないし、密室トリックなんか、小さくなって鍵穴すり抜けて終わりですよ。

小説世界ならこの辺を逆手にとって、

SFミステリファンタジーミステリみたいのも存在するのだが、

成立させるためにいろいろと舞台設定やルール確立に気を配っている。

古くは星を継ぐものアシモフ日本なら山口雅也キッドピストルズ系とか最近ゾンビもののアレとか剣と魔法世界のアレとかね(読んだのにタイトル失念した)。

けどコナンは、当時子供の俺が「子供だましだなあ、子供馬鹿にしやがって」と思った記憶がある。

書いてて今思い出したのだが、

その時のサンデーには確か作者のインタビューが載ってたんだよね。

お気に入り名探偵? そりゃシャーロック・ホームズに決まってるでしょ、推理小説といえばなんたってホームズですよ!」

みたいに答えてて「あーこのYAIBAの人、他を全然知らないだけなのね。浅い。浅いわ。こりゃすぐ連載終わるわ」と思ったのも覚えてる。

それがよもやこんなに長期で続いているとは。

金田一少年のほうは、逆にそこそこ量を読んでる人(キバヤシ)による丸パクばっかりなんだけどその開き直りと、リアリティが少なくともコナンよりは勝って、許せた。

パクリがすぎてトラブってたけどね。

こちらも第一から読み始め、一応現在に至るまで続いてて、飛び飛びながら読んでる。

2019-02-08

注目・人気エントリタイトルってさ

17文字までは入るけれど、それ以上は省略されて表示されないんだよな。

からピリッとしたエントリ、目を惹くエントリはこういうところも気を付けないといけない気がする。


もっとも、タイトルが短いからって必ず注目されるわけでなし、長いタイトルでも皆を魅了する投稿だってある。

明らかに労力の割に合わない部分ではあるけれど、こういう所に細やかながら心配り出来る人って強みがあると思う。

Yahooニュース見出し編集やってる人のインタビューに「13文字で語弊なく伝えるのに苦心している」みたいなことを書いてあったのでそんなことを思った。

いつまで「琴葉おかえり」とか言ってんのお前ら

もうあれから一年経つわけよ。

一年よ?

いい加減声優二次元ごっちゃにするのやめようや。

田中琴葉」という765ライブシアターの1人のアイドルとして認めようや。

君ら担当からしたら特別かもしれんけど、もうそネタおもんないねん。

全ては声優種田梨沙氏に起きた話で、琴葉は琴葉でミリオンライブないしミリシタの世界で生きてるんや。

君ら自称琴葉担当のしょうもないプライド満たすための特別扱いが、悲劇のヒロイン扱いが、君らの大好きな琴葉や種田梨沙氏を傷つけてるっていい加減気づいて?

そんなやたらめったら特別扱いされて、あの生真面目な琴葉が喜ぶと本気で思うてんの?

マジでそうおもてんのなら一から琴葉の事お勉強し直したほうがええで?

種田梨沙さんおかえり」やねん。

それ以上でもそれ以下でもないねん。

種田さん雑誌インタビューで「琴葉にはおかえりよりも他の言葉をかけてあげて欲しい」って言ってたのもう忘れたん?

TC最後まで学級会ごっこしてた君らに言うてるんや。

もう良いよ。

琴葉を、種田さんを普通に扱ってあげて。

2019-02-07

anond:20190207114958

出てきた時は「荒れるの目に見えているのによくインタビューだせたな」って思ったけど、結果的ハードルあげちゃっただけだったなって感想

anond:20190206225350

TVアニメけものフレンズ2」木村隆一監督インタビュー

https://akiba-souken.com/article/37378/

木村 娯楽なので、ぶっちゃけ監督なんて誰でもいいんですよ(笑)

飲みの席の冗談として「僕が監督やってもいいよ」と言ったら本当に電話してきたんですよ(笑)

なるほどな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん