「常識」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 常識とは

2018-08-14

anond:20180813213726

豚肉で作るか牛肉で作るか(最低限の常識を持ち合わせているか

マジ適切

anond:20180814145005

それは常識がない人

サイゼしか行けない人もいかない人もどちらもいる

サイゼ以外知らない人もいる

個人自由侮辱していい理屈はないね

anond:20180814124900

いきなり差別かよ

お前はドイツフランスじゃ泣きわめく子供をよしよししてたと思ってるんか?

歴史勉強以前に人間としてもうちょっと常識考えろよ

anond:20180814113849

東京カレンダーを穴が空くほど熟読するとか、普段行かないタイプのお店でも週一から通ってみるとか。

普通に常識がありTPOが読める人」と思われたい、ってレベルの話だし、

別にそこまでしなくても、食べログぐるなびデート向けの店検索して

場所価格帯が丁度良くて無難そうな所に行けばいいだけでは…

それすら出来ない人って、仕事どうしてるんだろう。

接待で使う店探せとか忘年会幹事やれとか、どうしてるんだろうか?

デート向けの食事するところなんて

常識として知っておけ、相手の好みに合わせたみせぐらい提案できて当然みたいな空気おかしいんじゃないの。

普段からそんなちょっと高級なイタリアン外食するような男ってそれこそ普段からデートしまくってるようなやつでしょ。

そんな経験のない下層民は精々ぐぐったり食べログで調べるしかできないわけだ。

そしていざ行ってみたら全然違ったり高級すぎてドン引きされたりするわけだ。

食べログで失敗したことの無いものけが石を投げよ。

anond:20180814105906

うん、そんなの皆分かってるんだよね。

どうせ奥さんに丸投げなんでしょ?

まともに子育てしてる人は、例え自分の子大人しくて育てやすい子だったとしても

他で「親が必死に躾しようとしても子供大人しくさせられない光景」なんて山ほど見るし、

その親たちも普通に常識教養もある人達、ってのも知ってるから

元増田みたいな事は言わないんだよね。

https://anond.hatelabo.jp/20180814021922も書いてるけど。

から個人差が激しい」って皆言ってるんだよ。

子供不寛容だった俺が寛容になった話

わず長文になったけどタイムリーな話だし書きたくなった。勘弁して。

2年ほど前、新しいマンション引っ越しをした。3LDK

なるべくしっかりした作りのマンションを選んだつもりだったけど

意外に天井・床が薄かったのか上の階の、おそらく子供のものと思われる足音がすごいのなんのって。

「ドスドス」っていう普通に歩く音じゃなくて「ドダダダダダダ!!!」みたいな。

どうやったらそんなリズムで音でんの?みたいな。しかもそれが20分とか30分とか続くんだよ。

さすがにイライラして仕事にも集中できないし、ハズレ部屋引いたなー、とか

もっとよく下調べしときゃよかったとか、最悪もう一回引っ越すかまで考えてた。

そんな中、数週間くらい経ったかな。イライラもそろそろピークで

もう数日も騒音が続くようなら管理会社クレーム入れようと思ってた頃

人夫婦が新居お披露目ということで遊びに来た。

長年の友人で、下世話な言いまわしになるが世間一般的には立派と言われるような職に就いており

俺にとっても常識があって信頼できる夫婦。子供が3人。たしか4歳・2歳・1歳ぐらいの構成だったと思う。

もちろんそのときも連れてきた。

そしたらもう、すごいのなんのって。

人夫婦の家は都心近くということもあり若干狭い。

うちの新居はリビングに2部屋隣接している構造で、仕切りを開けると結構な広さになる。

子供たちは広々空間テンション爆上げ。

奇声を上げながら延々と同じ場所を3人で走り回る。

マジで延々。すげぇ体力。

人夫婦は要所要所で「ほら!静かにして!」とか「ちゃんと座りなさい!」とか注意・叱責し

おやつオモチャを与えてみたりテレビで好きな動画再生してみたりするも、5分と持たずまた暴れだす。

せっかく会いに来たのに、効果のない叱責をずーっと続けるのも不毛大人の体力も持たない。

途中からは「うるさくてごめんねぇ…」「いいよいいよ苦笑」というやり取りをしながら、半ば放置

2時間くらい放置してたら子供たちは疲れ切ったのか3人とも汗だくで爆睡

ようやくゆっくり大人たちだけで談笑することができた。

奥さんが「寝顔はかわいいんだけどね…」とやつれた顔で言っていた。

子供3人もいれば当たり前だが、普段生活も相当ハードらしい。


前置き長くなって申し訳ないが、ここからが本題


その光景を見て、俺の感想としては

「噂には聞いてたけど、たしかにこれは制御不能だわ。大変だろうな」くらいのものだった。

いままであまり子供に接したことがなかったので面食らったもの

何か考え方が劇的に変わったというような実感はもちろんなかった。

だが、不思議なことに、本当に自分でも不思議なんだけど

それ以降、上の階の騒音が気にならなくなった。

マジだ。信じてくれと言うしかないが創作ではないです。マジなのです。

もちろん聞こえる。聞こえるんだけど「嫌悪感」がない。

特にイライラしない。仕事別に支障なく進む。問題ない。ホント不思議感覚だ。

大半の人には理解されないんじゃなかろうか。「はぁ?」って言われると思う。


自分感情心理を、なるべく冷静に分析してみた。

以前までの俺は、

「上の階の親は騒音を出すことを、悪びれもせず、開き直って、子供を走らせている」

もしくは

「下の階に騒音が発生していることに気付いていない」

この2つのどちらかだと思っていた。しかし友人夫の子供たちを見てからは、

「上の階の親も、騒音に気付きながら罪悪感を持ち、対策努力しながらも

 しかしどうにもできず疲れきった生活をしているのではないか

と考えるようになった。走り回る子供たちの足音リズム騒音と同じだった。

上の階の、顔を会わせたこともない人と、やつれた顔で謝罪する友人夫婦が重なった。

こちらの受け取り方が大きく変わった。

状況をイメージする材料が揃い、許せるか、許せないか、が180度変わった。

皆さんはこんなことはよくあるのだろうか?少なくとも自分にとっては結構な衝撃があった。

正直、お恥ずかしい話だと思っている。

今まで自分は、イメージ感情に流されず、事実から冷静に物事判断していると思っていた。

しかし蓋を開けてみれば、ちょっとした感情の差に振り回され考え方をゆがめてしま

浅ましい、まさしく人間らしい人間だったということだ。

さて、結論として勘違いして欲しくないんだが、子供騒音を許せと言うつもりはない。

しか子育ては大変だが、状況によってはクレームをつけなければいけない場合もある。

タイトルにしといてなんだが、寛容不寛容みたいな合言葉だけでは解決しない複雑な問題だろう。

ましてや「俺みたいな考えをしろ!」などと押し付けているつもりもない。くれぐれも。

俺のケースは一般化できるものじゃないと思うし、正しいかどうかもわからない。

こういうことがあったと報告したかっただけだ。

ただ、一つ悲しいのは、議論が噛み合わず嫌悪が増幅されること。

例えば、以前の俺と現在の俺が別の人格で、上の階の騒音について議論したとすると

絶対に絶っっっ対に噛み合わない。どちらも自分からわかる。

「なんて我儘な奴だ。全体のことを考えていない。あいつは頭が悪い」って

両方が言う。間違いない。両方自分なのに。

ブコメTwitterの様々な議論を見て、もちろん建設的な話をしてる人もいるんだけど

一部、お互いのポジションに対して嫌悪助長するようなことがあれば

今よりもっと子供騒音を許せなくなるし

今よりもっと子供不寛容な人を許せなくなるんじゃないかと思う。

それはそれはちょっと悲しいことですね。

anond:20180813212253

はてなおかしいというより社会不寛容になってるんだよな

あとは常識を疑わず、今の時代自分にあってない事をやって、文句言う奴が多すぎる

2018-08-13

anond:20180813184311

私は外出した時に仕方なくやねー。

あと爺婆が孫あいたさに誘ってくるのもある、昔の人は子供が泣いてもお互い様世代で誰が子供がやったことに文句言うわけないってのが常識感覚がゆるい。

後は親戚の誕生日祝いで集まるのが家でもてなすのしんどい外食に、孫勢ぞろいで子供達のテンションバク上げになり個室でも気を揉む。

何やるのも自由だけど「常識非常識」の判断がつかないのは問題

2018-08-12

anond:20180812234154

そもそも、そういう輩がいる場所に行かないのが鉄則で

遭遇したら、無視か軽く流すのが常識だぞ

国内田舎ヤンキーに絡まれてるのと同じ状況なのに、張り合ってどうするの?

徹底抗議が有効なのは職場とか学校とかの秩序がある場合

いわゆる「おかしい人」は健常者・障碍者関係なく存在する

卑屈すぎる人や尊大すぎる人、暴力的な人、差別的な人、

常識のない人、頭の悪い人、勉強しない人、人の気持ち理解しない人、

距離感の詰め方がおかしい人、そういう人はいわゆる一般社会いくらでもいる。

いくらでもいるのだから、健常者にも障碍者にも関係なく当たり前にいる。

しかして、健常者に対しては「お前そういう態度よくないぞ」というのが普通なのに、

そうでない人には言えないのはなぜなのか。

俺の地域には足の悪い人や車いすに乗った人が数人いて、その中の二人だけ、異常に態度が悪い人がいる。

それは障碍のせいではないと思う。

満員バスに杖を突いて入ってきて、優先席でない席にずかずかと近づいて「そこどいてください!」とどなる。

友達か親戚か介護者かわからないけど、知り合いっぽいが膝の上に荷物を預けようとすると、

「やめろ、自分で持て」と拒否する。「好きで座っているわけじゃない」と主張する。

誰もあんたが好きで足が悪くなったとは言っていない。

原因がどうであれ座っているのは事実から荷物を持ってくれというだけだろうに。

もちろん全ての障碍者がそうとは言っていない。

健常者にいろんな人間がいるように、障碍者にもいろんな人間がいる。

であれば健常者と同様、そういう「おかしい人」には「お前おかしいぞ」と指摘出来てしかるべきだ。

なのにお前らにだけ腫れ物に触るように扱わなければいけないのはなぜなのか。

はっきり言ってお前の足が悪いのと頭が悪いのは全く独立した別問題だ。

足が悪いのはお前のせいではないだろうが、頭が悪いのは徹底的にお前ひとりの責任だ。

あと、今騒がれている異性愛者と同性愛者の話も似たような議論ができると思ったが、

さすがに話が取っ散らかるし身近に具体例がないからやめておく。

そろそろまともな人が政治家にならないとマズいんじゃないの?

最近政治家が異常な発言炎上する場面をよく目にするけど、もう政治家って現状としては主義主張が偏りまくった人とか、常識判断力が酷く欠落している人とかが目指すようなものになってきている気がする。

まともな人が議員になってほしい、ってことで誰か頼んだ!

anond:20180303185302

モバイルwifiSSIDをfree_wifiかにして食いついてきたおバカさんの端末情報を抜き取るの常識かと思ってた

食べログ化する政治ネット世論幼児化と山本太郎Kindle版 宮脇睦 (著)

内容紹介

書籍名:食べログ化する政治ネット世論幼児化と山本太郎

要約:

政治マニア軍事オタクロリコン。彼らが創り出すのがネット世論ネット選挙が盛り上がらなかった理由はここにある。

そしてネット政治家も有権者も「幼児化」させる。ネトウヨ放射脳幼児化の徒花だ。

ネット選挙の解禁により、真面目な議員疲弊し、誤報一方的な思いこみを繰り返すもの政治家になった。

山本太郎氏の当選とは「政治食べログ化」によるものなのだ

まえがき

第1章:政治幼児化がはじまる

 幼児化とはなにか/子ども純粋な悪/橋下徹という症例政治家に作家性を求める愚/政治家のツイッターブログ炎上する3の理由/『食べログ』になる政治

幼児化が招いた日米同盟危機 ほか

第2章:ネット床屋政談の危うさ

 保育園児の多数決池田信夫が信奉する床屋政談の危うさ/主婦の娯楽が民主主義を変えた/ネット民意を汲み上げる愚か/極論化の徒花がネトウヨ

ネット選挙解禁と原発事故/見たい現実児童ポルノ ほか

第3章:悪意を増殖するネット

 デマ拡散は防げない/桐島ローランドが『逮捕』された理由/新たなる国民負担ネットリテラシー万能論」/マスコミネットリテラシーは中二レベルウェブ有識者非常識常識 ほか

第4章:グーグル支配される民主主義

 グーグル支配される民主主義美人に左右される検索結果/惨めな失敗を晒しグーグル米国アウトソーシングするなりすまし対策/主導権を握り損ねた日本政府 ほか

第5章:ネット選挙解禁前夜という時代検証

 時代の流れには逆らえない/フェイスブックをめぐる誤解/アラブの春の本当の主役/菅直人ゾンビにしたネット力/人間性が発掘されるネット柿沢未途氏〜/山本太郎当選に見つける政治食べログ

終章:食べログ化する政治

 食べログ化とは何か/政治食べログ化とは/丸川珠代スキャンダルという事例/あとがきにかえて

2018-08-11

アウティング学生はどうすれば正解だったのか?

告白を拒絶したのに、付きまとわれ、拒否すれば奇声をあげて発狂し、体に触れてすらくる

そういう他人との距離感が明らかにおかしくて、人の気持ちがわからないゲイに決定的なNOを突き付ける為に

アウティングせざるを得なかった事は同情を誘うけど、アウティングだと批判を受ける羽目になっているのも事実


和解をした今となってはアウティング学生からいかゲイ気持ち悪いアプローチをしてきたかは言えないだろうけど

彼にはこうなる前に出来たことがあったと思う。

自衛の記録を残して公開すべきだった

告白を受けてから付きまといが加速してきた頃から、「距離をとってくれ。それが出来ないなら君がゲイであることを皆に教えて身を守る」

何度でも連絡をして、その記録を詳細に残して、事が起こると同時に公開すべきだっただろう。ストーカー対策と同じ手段を用いるべきであった。

和解に自らの名誉保全する条項を設けておくべきだった

アウティング学生は、犯罪者であるかのように告訴されて、世間批判に晒された。

今後の人生に大きな負債を背負う羽目になったけど、自らの名誉を守るために必要情報は表に出せるようにしておくべきだっただろう

自殺したゲイ学生サイドから、彼の名誉回復する動きは期待できない。

下手にやさしくしないで、初手から決定的な拒絶をすべきだった

相手は、自分ゲイであることをカミングアウトすることなく、こちらの気持ち確認することもなく

不意打ちで告白してくる常識はずれ、あるいは恋愛下手な人間だ。そういう人間に相対した場合、初手から残酷なほど冷たい態度で臨むべきだったんだろう


私たちにとってもこの件は参考になる。

男女関係なく、人の気持ちも考えずに好意をおしつけてくる上に、拒絶された後にストーカー化する人間にはどう対処すべきか。

特にLGBTは、支援者を巻き込んで、差別として攻撃してくる存在だと分かっただけに、注意が必要だと思う。

LGBT異性愛者を好きになったとき自分を守りつつ拒否しなければ、差別主義者と言われ不条理自分が大きな負債を背負わされる可能性がある

その意味自分恋愛対象にするかもしれない全てのゲイを、異性愛男性は正しく恐れて嫌わなくてはならんという事なのだろう

【前の記事

https://anond.hatelabo.jp/20180811104017

こちらが毅然として決定的な拒絶をすることで、いち早く諦めてストーカー化する事無く

最後には自ら死を選んでしまう結果に終わる事を防げてた様な事件は他にもあるんだろう。

アウティング事件から、そういうことを学び取りたい


https://anond.hatelabo.jp/20180812010706

は俺が書いたものではないか思い込みが激しい、b:id:hobbling勘違いしないようにw

過剰反応してるね。何故だろうね?不思議だね?

<<

anond:20180811104017

一橋の件について全く同じ違和感を抱いてた。

上手く言語化してくれてありがとう

https://anond.hatelabo.jp/20171029184154

あとこの増田に対する罵倒も凄い違和感があった。

なぜ醜いもの生理的に受け付けないものを「素敵」「綺麗」と誉めそやすことを周囲が強制されなければいけないのだろう。

今までの一般的常識から逸脱する行為(この場合男性ワンピース着用)を着用者が意識的選択しているのだから

「気色悪い」「近寄りたくない」というリアクションが出てくるのは至極当然だと思うんだよな。

そういったリアクションを受けたくないのなら旧態依然とした常識的な服装をするか、

限られた空間、例えば新宿二丁目とかゲイパレードでのみそういう恰好をするべきなんだよ。

例えばkiss聖飢魔Ⅱだったり、マッドマックス北斗の拳の敵みたいな恰好をして

普通に市街地闊歩したり電車に乗れば、ほぼ間違いなく周囲からは避けられるし職質もされるだろう。

これは差別じゃないだろ?そいつ恰好が奇抜過ぎて「やばい奴なんじゃないか」と思われてるだけ。

「避けられた上に職質もされた!差別だ!」って周囲にキレるのはお門違いも甚だしいって話。

anond:20180810173842

いちばんからのあるひとがじぶんのすきなせかいをつくってルールをきめたらいい

よわい人はいろんな理論マナー常識をもってきてやっかめばいい

この世にふしぎなことはいっぱいあるね

理解できないね りかいすることができないし そうじゃないと否定したいね

否定したところで 肯定がおもいつかないから 無に帰すしか議論のもってきようがないね

2018-08-10

地方オタクコミケという名の酸っぱいブドウ

コミケ話題を見ていると胸が苦しくなる。

私は世間一般で言うところの地方在住のオタクだ。

かつて一度だけ縁あって東京イベントサークル参加したが、基本はネットでの活動を中心としている。

イベントの日程を知らせるツイートや、通販サイトやら作者自らが公開したサンプルやらを眺めるたび、

はえ~、便利な世の中だよなあ」

としきりと感服するばかりなのだが、しかしその一方で何かどろどろと腹に溜まるものがあることに、最近私は遅まきながら気付かされた。

SNSというもの創作者において必須ツールとなっている現状は、もはや論じる必要もないほどの常識である

Twitterアカウントフォローしていないと、正直言って情報が全く追いきれなくなってしまうほどだ。

なので私も好きな創作者のアカウント積極的フォローして回っている。

で。大概そういう創作者はコミケに出ていらっしゃる

出来ることなら私だってコミケに行きたい。そしてその場で同人誌を購入したい。出来ることなサークル参加したい。

しかし、地方在住の悲しみである

――東京は、遠い。

例えば飛行機新幹線を利用する事を考える。

高い。辛い。地方薄給では厳しい。生活費と諸々の貯金のことを考えると、どうあがいてもひねり出せない。

では夜行バスの利用を考える。

真夏にろくに睡眠も出来ず体力を削るような真似をしてまで激動のコミケを乗り切ろうと思うのは浅はかである若者だけに許される特権だ。

そもそも往復で時間がかかりすぎるので、有休を二日取らないとどうにもならない。

一日なら許されるかもしれない。だが連休は(業務内容的な意味でも)厳しいだろう。

緩やかなオタクには、会社と戦って連休をもぎ取るほどの覚悟は備わっていないのだ。

仮に何とかなったとしても、交通費だけではなく宿泊費を加味する必要がある。

相互フォローをしている方とは交流なんぞもしているので、交際費も発生する。

打ち上げに誘われたらどうするのか。流石に断れない。

どうするのか。

どうねじったところで財布からひねり出せるものはない。

‥‥‥辛い。辛すぎる。

そもそも私は諸事情あって体力が著しく低いため、強行軍をすれば必ず反動が出てしまう。

嵩む医療費

悲しいかな、こればかりは仕方がない。一生付き合っていくしかない問題である

そんなもの机上の空論だろう、やってみればできる。

そうおっしゃる方もいるかもしれない。

だが冒頭にも記述した。「一度だけ縁あって東京サークル参加した」と。

やったのだ。

そして不可能を悟った。

もう、二度は出来ない、と。

仕方ない。

そういうつもりでこれまで生きてきたのだが、しか最近、本当に情報の氾濫というくらい様々なものが目に入る。

目に入れば気になってしまう。

どうして私はそこに行けないんだろう、と思う。

実家東京なのは才能』、という言葉最近バズっていたがまさにその通りだ。

楽しそうにしている人を見ると、羨ましいなと思うと同時に悔しくなる。

手にはいものは確かに増えたが、どうあがいても手に入らないもののことも同時に知ってしまうのは苦しいものだ。

昔は何も知らなかった。知らずに済んだ。

それが良いとは言わない。知ることが出来るのは良いことだ。動画配信は神の御業だ。見逃し放送なんて最の高じゃないか

ただ、酸っぱいブドウ画素数は上がった。

そういうことだと思う。

共感能力のなさ」とは

https://peek-a-boo.love/2018/08/06/post-3169/amp/

件の人物

共感能力のなさ

社会性のなさ(過度な自己中心さ)

が同居しており

①は主にアスペルガーの先天性に拠る所で、

②は①を因子として社会的成長機会に恵まれなかった(常識を育むことに失敗した)ことに拠ったもののように感じた。

この上で、

②の問題差し引いた時にも

パートナーの辛さ、寂しさはおそらくある程度は残るのだと思う。

ここで思う事は、

彼女は本当に「彼の心のうち」への共感ができているだろうか、という事だ。

仮に彼女もうまく共感できないのだとすると、

共感能力のなさ、を彼にばかり押し付けていないだろうか。

結果うまくやっている人々の関係性には

口を挟むものではないと思うが、

彼女の中に生まれる辛さ、寂しさと言うものは同様に、

彼の中にも生まれものとなっているかも知れない。

つまるところ

この問題とは相互理解問題であり、

アスペルガー当事者パートナー相互共感能力がないことにより

問題として表れるものとなっているのではないだろうか。

さらに言えば、この話は

障害と健常という関係問題

でもあるものの、

マイノリティマジョリティの量的問題

でもあるのかな、と思った。

2018-08-09

anond:20180809172125

いつだってわすれない

エジソンエロいひと

そんなの常識

「いつだってわすれない」とあるので

「それが世間常識である常識に過ぎない」以上の含意はあると思うけどなぁ

もっと子どもだましの歌詞から致し方ないという言い分までは否定しないが

国外だとキオスクは駅の外だしね

anond:20180809172015

エジソンを讃えているわけではなく、それが常識だと言ってるだけじゃん。

https://peek-a-boo.love/2018/08/06/post-3169/

共感性が高い人間同士が、効率性や抜本的な改善などを無視して、

感情労働を交換」することで世の中成り立ってるなと思うことは多い。

辛い気持ちを引き起こす根本原因が永久解決しないことが所与の前提となっていて、

他人から感情労働を受け取ることで気を紛らわせながらなんとか生きている世界観

彼らは生殖に向いているので多数派を占める。

多数派にとって気分が良いように常識や正しさ、文化は作られる。

共感性が低く感情労働提供ができないタイプで稼得能力が高い場合

その人が働きやすいように環境を整えると金になるから、周りが合わせてくれる。

性的魅力が高い場合も、パートナーが合わせてくれる。だから、本人は困らない。

「数」あるいは「客観的な質」しか力を持たない。

人が人に提供する価値は、稼得・性的魅力・感情労働に集約される。

すべてにおいて劣る場合、その人には客観的価値が無いということになる。

客観的価値が無いというのは、人に好かれたり尊敬されたりする機会が無いということだ。

もちろん、生存権利国家保障している。

しか一般市民である他者に、好かれたり尊敬されたりするのが基本的人権だとは言えないだろう。

好きな人を好み、尊敬できる人を尊敬する権利を、内心の自由を、すべての市民が持っている。

それが「弱者に厳しいシバ志向」とされるのはかなりきついことだなと思う。

「誰もが好かれ尊敬される権利を得た社会」を実現しようとすると、

「誰もが無条件に人を好きになったり尊敬したりする義務を負う」ということになる。

その義務を一生負わされるほうが、よほど「シバキ」だと感じる。

 

結局、yuzukaさんは、稼得能力性的魅力のあるパートナーに、

感情労働プラスアルファで求めることを諦めた。だから別れなかったということだと思う。

パートナー感情労働必須のものとして求める人は、

稼得能力性的魅力について妥協せざるを得ないこともあるだろう。

完璧な人は、どこにも存在しないとは言いきれないが、とても少ない。

yuzukaさんは看護師経験があることから共感性が高く感情労働が上手いタイプだと推測する。

でもパートナーはyuzukaさんの感情労働価値あるものとみなして受け取っているのだろうか。

「要らないし提供もしない。交換に参加していない」というタイプなんじゃないだろうか。

そこが分かっていないと、「こんなに感情労働してあげているのに返ってこない」という苦しみが生まれる。

返ってこないことは確実なので、感情労働の一切を辞めるというのもありなんじゃないかと思う。

行きたくない釣りに行かない」などだ。

どうしても感情労働の交換がしたいなら、今のパートナーより稼得能力性的魅力のレベルが下がったとしても、

感情労働が上手いパートナー選択するしかないと思う。

yuzukaさんは感情労働が上手く性的魅力が高いようなので、相手を探すことには困らないと思う。

自分アスペ傾向のある人間からかもしれないけど、定型発達者は全てを望み通りにしようとする人が多いと思う。

完全なパートナーを探したり、パートナー完璧にしようとして操作したり、

そしてそれらのほとんどが上手くいかなくて(当たり前)、悩んだり悲しんだりイラついたりしている。

そして悩んだり迷ったり自己憐憫に浸っている時間が長く、問題解決する気がない。

anond:20180809084520

礼儀あるけど、そこまで気遣わなくない?

常識範囲内というか、全然苦痛も何もないけど。

anond:20180808191302

はっきり言ってあなた思考原理主義に凝り固まりすぎている。

必要なほど高い権威意識のせいで、物事の良さを柔軟に汲み取ることができない状態にある。

作中の言葉でいえば「ノイズに心の傷を広げられている」ような状態だ。

その「傷」を言語化するならば、

"音楽に対する思いが強いあまり、それを扱う他者を不誠実だと唾棄し、批難して憚らない精神内面化している"という所だ。

作中にあなたとまったく同じ「傷」を抱えている少女は今のところ登場していないが、

それと似たような感じでネガティブで頑固な思いに囚われ、

そしてそれが部員とのやり取りの中で「救い」へと昇華されたストーリーはいくつかある。

そこまで熱心に批判をする気概があるのなら、実際にプレイし読み進めてもらえれば、

必ず響くシナリオを見つけられると思うし、それがあなたの救いにもなるはずだ。

プレイからすると、編成についての批判などはすべて的外れで、

作中の状況や器楽部という部活特殊性理解していないから生まれ意見だと感じる一方で、

納得させる簡潔な文章を書くのは非常に難しいとも感じる。

から何度も言うようだが、批判を続けるのならメインストリー可能範囲で読んでからにしてほしい。

5幕の終盤くらいまでは一気に進めるはずだ。

過去に行われたイベントストーリーなども、当時のメインストリーの進度と同期して登場人物の振る舞いが変る等があり、

合わせて読むことで作品理解の助けになる事が多々ある。

批判のためにそれも見たいということなら、個人的に撮りためたものをアップしようと思うので言ってほしい。

YouTubeを漁れば一部アップされているものもあるが、全部はないと思うので補完が必要だと思う。

先ほど納得させるのは難しいと言ったが、一点だけ説明してみようと思う。

器楽部というのは、吹奏楽部オーケストラ部のような形式張った伝統的な部活常識に囚われない、

楽器を使ってパフォーマンスを行う部であり、定演などもあるが、主な活動の場は学内行事と、地域のお祭やイベント幼稚園での音楽劇だとかになる。

部員には世界レベルの実力をもつ設定の子も数人いるが、あえて初心者とも混じって「楽しむ」ことに主眼を置いた部活をやっている。

まりコンクールなどの高みを目指して切磋琢磨する系の作品とはまったく主旨が異なるという事だ。

そういう音楽との付き合い方を一切否定するというのなら、亜里砂が主役の11幕までプレイしてみることをお勧めする。

似たような思考をもって自分の居場所に疑問を感じていた天才トランペッター少女だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん