「トリック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トリックとは

2019-04-19

名探偵コナン普段見ないんだけど~系レビューを見る

原作ファン増田「こいつ叩かれたいの?」

いや分かるんだけど。コナンはそういうもんだって

でも批判するならちゃんと知ってから見ろよと思うんだよ。

それがどんな作品であれ…トリックを完全に把握したうえでそこだけを批判するならまだわかるが

キャラ関係性も知らないのにキャラ関係批判するとか最悪だと思う。

凄くないか?96巻分を完全に無視してキャラ相関図も理解せずあのキャラは○○すべきとか言うんだぞ。

名探偵コナンという作品にはファン人権は無くて

いつだってニワカの意見正義なんすよね。

から原作アニメも見ないし映画も時々しか見ないんだけど~的なレビューが当然の意見としてまかり通っていく。

お前が好きな作品が同じようにされたら怒るくせに。

2019-04-15

anond:20190415110010

一次創作はごくつまらない人名事実

それを二次創作三次創作して原型わからなくなったやつだけが今の世に残ってるんだよ

犯人の半沢さんみてもとのコナン想像するようなもん

だってコナンってジャスト時代人には面白いけどガラケートリックとか古くてわかりにくい描写が多いし

長すぎるから保存性も悪いしね・・

半沢さんみたらこれが要約か!こっちよみゃいいやっておもうだろ

2019-04-05

今季アニメ一話も見れてないかレビューする

うちの職場 ★1 転勤するだけのことに余計な時系列トリックをかまさせようとしてくる。会計年度じめで手当がうんぬんとか知らんわ。経理部の中だけでゴニョゴニョしてれ

新しい部屋 ★2 テレビ線の使用前に大家許可を取れとか言う。電波が来てるのはお前の頭だが俺の部屋には電波は来てない。部屋の質はそこそこ家賃もそこそこ総合的にはマシな方。

ネット回線 ★2 モデムが届くのが2日遅れたせいでテストが出来ず。結局開通工事に人が派遣される。まあ俺が早く部屋に入れなかったのが悪い。具体的に言うと転勤当日の朝まで仕事させてくるうちの職場が悪い。許すよ

俺のスマホ ★3 ネットはできる。アニメジャギる。見る気にはならん。スマホネットサクサクなだけで感動するのは俺がオッサンからか?

2019-04-04

ロング・カントラケッティの件

別におれはガチじゃないけど、でもなんか嫌な気持ちになったわ。

トリック面白いと思わないでもないけど、それカンちゃんじゃなきゃダメだったのか。

あれくらいのジョークはわかってくれよという立場なのか。

そんな風に言われたら、そうだよな…としか言いようがないんだけど、おれの心に生じたモヤモヤしたものは消えない。

好きなんだ、結局。

でも、しょうがなくないか。追っかけてたら好きになっちゃうわ。好きじゃなかったら追っかけなくないか

おれが好きになっちゃうことは容易に想像できたはずで、その上でカンちゃんを紹介するようなことを堂々とやるのかよと。

そんなの、だまし討ちだよぉ。

でも好きなんだよぉ。

やめられないんだよぉ。

勘弁してくれよぉ。

我々はか弱い…だからまりいじめるな。

anond:20190403232026

ここの降車専用スペース、クルマ2台停められるようなので、2台同時に入って、一方からもう一方へ素早く乗り移って、何事もなかったかのように出て行くと、あれっ!?つの間にかテレポーテーションしてる??

みたいなトリックができるんじゃないかと、脊髄反射的に思いついてしまったのだが、そんなふうなミステリ小説とか既にあるんだろかw

netgeekはてなーも釣られてて草

はてなブックマーク - 3年前に令和を予言していた人、簡単なトリックだと明かす | netgeek

脊髄反射ブコメするはてなーなんてこんなもん。というか1getするような人って普段からnetgeek見てるの?フォローとかしちゃってるの?まっさかあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ?

2019-04-03

anond:20190403210403

トリックじゃないに決まってる

トリックなら同じことやる人間がたくさん出てくる

件のツイートタイムスタンプ

2016年7月13日19:41に下記のツイートがされている。

明治大正昭和平成令和

違和感いね

https://twitter.com/syaaaan_/status/753177564164653056

これがトリックだと仮定すると、すぐに思いつくのは、投稿日時をあとから書き換えるハックだと思う。

ところで、ツイッターURLタイムスタンプ情報を含む。

いくつかの解説記事によると、id は以下のような 64 ビット整数であるようです。

+--------------------+--------------------+-------------------+

timestamp (42 bit) worker-id (10 bit) sequence (12 bit)

+--------------------+--------------------+-------------------+

それぞれの意味は以下の通り。細かいことは snowflakeソースコード*2を見て確かめました。

sequence: 同じミリ秒枠内での衝突を回避するためのシーケンス番号(ミリ秒ごとに 0 リセット

worker-id: この id を発行したサーバ固有の番号 *3

timestamp: System.currentTimeMillis() - 1288834974657L の値。(2010-11-04 10:42:54 頃からの経過ミリ秒

上位ビットが timestamp なので、この番号はおおよそ時間順に増えていきます

https://mametter.hatenablog.com/entry/20160920/p1

ということでツイートURLが示す時刻を計算してみる。

1.タイムスタンプ関係ない下位ビット無視

753177564164653056÷2^22 = 179571524659 (ms)

2.ミリ秒を日に換算

179571524659 (s) = 2078.374128 (day)

3.2010/11/4 10:42:54 の 2078.374128日後を計算する。

エクセルだと、日付は1日が1なので、単に足し算すれば良い。)

結果は、……なんと2016/7/13 19:41になった!

ということで、ツイートURLタイムスタンプは一致していた。びっくりだ。

もし、ツイートタイムスタンプを後から改ざんすることで前述のツイート作成したとすると、タイムスタンプと同時にURL改ざんする必要がある。

(もしくは、タイムスタンプ改ざんするとURLも書き換わる仕様になっている必要がある。)

そんなことは可能なのだろうか。

識者によるトリック解説を待ちたい。

2019-03-21

マジで読んで「ちゃん面白い漫画を教えてくれ

最近TSUTAYA漫画を借りるのにハマっている

から気になってた作品はあらかた読み尽くしてしまったので新規開拓したいと思う

でもなんか、人に「オススメ漫画教えて」って言うと当たり前だけどみんなその人の好みが混ざったものとか、一般受けしないものとか、通っぽいセレクトとか、「人に勧めていばれる(?)もの」を選びがち そして面白い漫画について聞いていたはずなのにいつのまにか「それが好きな自分」をプレゼンされているような気分になる

(周りがオタクばっかだから余計そうなんだろうけど)

例えば自分は「オススメカフェは?」って聞かれたとき、本当はドトールが大好きなのに、人に勧めるとなると何というか穴場的カフェ名前を出してしまいがちだ

から、買ったか愛着が湧いてる作品とか読んでるのがカッコいい作品とか通好みの何度も読み返すと沁みてくるぜ!みたいな、そういう漫画じゃなくて、

単純に話がおもしれーーー!!!トリックが熱い!バトルが熱い!きゅんきゅんする!泣ける!みたいな、そういう漫画あったら教えてくれ

ウシジマくんとアシガールを同時に借りて読むような人間ですので、ジャンル問いません

2019-03-19

ミステリー詳しい人に訊きたいんだけど

 シリーズものミステリーでさ、「前の巻で一旦は解決したと思われていた事件には、実は別の犯人いたことが後の巻で判明する」みたいな大がかりなトリックみたいなのってある?

 実は今まで犯人特定してきた探偵がずっと犯人で、無罪人間に罪を押しつけてきてたことが最終巻で判明するとか

 そういう巻をまたいだどんでん返しってあります?こういう訊き方をすると紹介がネタバレなっちゃうけどそれでも気になるんだ

2019-03-05

[] #70-5「パンジャム事変」

「ちょ、ちょっと待って!? 自分従業員ですよ。パンを盗める時間なんて無い!」

「でもアンタには、“アレ”があるだろう? ちょくちょく使ってるのを見たから知ってるんだよ」

オバチャン曰く、犯行推定時刻中は皆が目に見える場所にいたらしい。

犯人がこの中にいるにも関わらず、全員にアリバイがあるという状況。

大掛かりなトリックでも使えばアリバイは崩せるかもしれないが、パンを盗むためにそこまでやるとも思えない。

となると、もっと“手軽かつ特殊方法”が使われたと考えるべきだろう。

まりは“超能力である

そして、この従業員は『アポート』という、物体を瞬間移動させる力があった。

俺もこの従業員とは別件で関わったことがあるので、それが事実であることは知っている。

アポートをつかえば、アリバイを成立させつつパンを盗むことは可能かもしれない。

だが、この推理には一つ誤解がある。

俺は少し横槍を入れることにした。

「オバチャン、その従業員犯人と決め付けるのは気が早いと思うよ」

「え、何でだい?」

超能力は万能じゃないんだ……そうだろ?」

俺がそう言いながら目配せすると、従業員バツが悪そうに説明を始めた。

「信じてもらえるかは分かりませんが……自分アポートは『二つの生物位置を入れ替える』ことしかできないんです。そして、入れ替える対象は同じ大きさじゃなきゃダメだし、視界に両方収める必要もある」

そう、この従業員アポートは、無条件に何でも移動させられるようにはなっていない。

アリバイを成立させつつ、パンを盗めるような超能力ではないんだ。

「そんなの、自己申告じゃないか。信じられないよ」

「もちろん、この従業員が全て本当のことを言っている保証はない。だけど、超能力にリミッターがあるのは確かなんだ」

「え、何それ?」

何となくそんな気はしたが、オバチャンは超能力のことは知っていても“リミッター”の概念は知らなかったようだ。


超能力は人によって性質こそ様々だが、いずれも何らかの制限がついている。

例えば弟のクラスメートタオナケっていう超能力者がいて、そいつ裸眼で捉えた物質破壊することができる。

ただし、そのためには数秒間、対象を睨み続ける必要があるんだ。

自身身体より大きいものは壊せないし、生物不可能

更には体調によって成功確率が変動し、普段はせいぜい5回に1回といったところ。

これはタオナケが超能力者としてポンコツからではなく、身体メカニズムとしてリミッターがかかっているからだ。

超能力はそのままだと強すぎるので、リミッターがないと人という器は耐えられないのである

時を止めて自分だけ動くとか、人を生き返らせるといった規格外超能力存在し得ないのさ。

「……というわけでアポートには制約が多いので、誰にも気づかれないようパンを盗むのは常識的に考えて難しいかと」

「ええ~、ほんとにぃ~?」

義務教育で覚える話ですよ」

「それ言われると、弱っちゃうなあ……」


…………

「オバチャンの気のせいってことは? パンは本当に残っていなかったの?」

「しつこいねえ。さっきも皆で確認したろう」

その後も、皆であーだこーだ言い合うが、話は平行線のまま進まない。

何ら解決の糸口が見つからず、無為時間を浪費していく。

みんな疲弊するばかりであり、俺もこの状況にはかなり参っていた。

特に俺は、コッペパンを食べ損ねて未だ空腹だから尚更だ。

もちろん、俺は犯人じゃないことが確定しているから、このまま帰ってしまってもよかった。

帰りに適当な店でコッペパンを買ってもいいし、違うパンでも構わないとも思っている。

いっそのことジャンルが全く違う食べ物でも構わない。

このまま何食わぬ顔で何かを食べても、表面上は腹を満たせるだろう。

だが、『食べようと思っていたものが食べられなかったという体験』が問題なんだ。

そんな心理的負荷を抱えたままレポートに取り組める図太さは俺にはない。

この事件を明らかにしない限り、俺の心にはポッカリと穴が空いたままになる。

……まあ、とどのつまりは意固地になってるだけなんだが。

(#70-6へ続く)

2019-03-04

anond:20190227201444

元増田です。

忘れていた記事に反応があってびっくりしました。

そして、全部読みましたが、あなたコナンへの愛はひしひし伝わってきました。

そしてコナンファン視点から、たった最初の一話読んだだけで貶められることへの不当感や、

ミステリマニアならそれこそわかるだろ、大事なのはそこじゃないんだぜ、という思い、

要するに作品への愛はちゃんと汲み取れたつもりです。


また、決して愉快な文章ではなかったでしょうに、

感情暴力をぶつけるでもなく極めてロジカル論点説明いただけたことに、感謝と敬意を表します。

なので、機会があったら、もう少し読み進めるのもアリかなと心が動くところまではきました。

100巻越えの作品においそれと手を出す気にはなれないですけど。

その上で言いたいのですが、件の作者インタビューは本当に、当時の私の幼心を苛立たせるくらいにはひどかったのです。

要するにビートルズさらっと聞いただけのにわかが、「ロックといえばビートルズだよね、決まってるでしょ」とイキってる感じに見えたのです。

この人ジミヘンとか、せめてオアシスあたりくらいまでは聴いてんのかな、ついてこれてないだけの自分を誤魔化してるだけではないだろうかと、当時の少年を見切らせるには十分でした。

とはいえこれは編集者責任かもしれません。少なくとも一人の子供をそう思わせてるのですからある意味マイナスプロモーションでした。

別に私が続きを読む交換条件では全くないのですが、できればそのインタビューを読んでいただけるといいのですが。

とはいえ原本などもう手に入らないでしょうね。流石に国会図書館に行くほどの案件でもないし。


ところで、今これを読み返して思い出したのですが、

>例のジェットコースターに謎の黒服のおじさんが二人乗ってるファンタジー回だ。

>未だにコナン全話を通じて一番謎のシーンだ。元増田はここに突っ込んでほしかった。

>これに対して「子供だましだなぁ」という感想を持ったなら、こんな風にトラバ送ることも無かっただろう。

うそう、確か、まさにジェットコースタートリックでした、ミステリとして質が低いな、と呆れたのは。

ワイヤーがどうこう、でしたっけ?

黒服おじさんがどうこうは覚えてないなあ・・・ごめんなさい。

2019-02-28

トリック見始めたら止まら

仲間由紀恵クッッッッッッッッッッソ美人っすね

anond:20190228014443

ググったけどこのトリックすごいね

てかそれならいっそ経由しなければもっと安く買えそう

2019-02-27

名探偵コナンは確かにミステリではないかもしれないが

ミステリーでもミステリィでも無いかもしれないが…(あえて言うならミステリーがこの中では一番近いかもしれない)。

以下結論は最終段落へ。長々しい話は飛ばして構わない。

コナン関係匿名ダイアリーがバズってるので、その勢いでミステリマニアが長年溜まってたことを吐き出す』

anond:20190210122520

これを読んで別に喧嘩をしようというわけではないのだが、とりあえず突っ込みたくなった。

ミステリマニアというからには、この三種の区別くらいはつきそうなものなので説明は省くが、

そういう観点から見るとSFチックなミステリも多いので、まずこのコナンが小さくなった時点で「ミステリは成立しないやんけ」という論調微妙

ミステリィ森博嗣も今やゴリゴリSFミステリ作家なので、ミステリィでもない(リィは森以外居ないので当たり前)。

青山剛昌が書いているコナン1話だけ見てそこでいきなり見限った思い出がある、と元増田は言っているが、1話子供になったシーンはラストの4ページのみで描かれている。

まり1話ラストまでSF要素は無いのだ。なので1話ミステリが成立するかしないかは、コナンが生まれる前に起きたエピソード判断することになる。

例のジェットコースターに謎の黒服のおじさんが二人乗ってるファンタジー回だ。

未だにコナン全話を通じて一番謎のシーンだ。元増田はここに突っ込んでほしかった。

これに対して「子供だましだなぁ」という感想を持ったなら、こんな風にトラバ送ることも無かっただろう。

そして青山ホームズ以外しらない…という指摘だが、青山は元々世界推理小説が好きで読み漁っていたらしい。

その証拠としてコナン単行本についている名探偵図鑑がある。

あらすじが載っているだけのように見えて、実際に見た人にしかからない解説青山独自感想、当時を知るものしか出てこないネタが書かれていて実に興味深い。

それを25年の間、95人分紹介しているわけだ。

アシスタントが書いているんだろ?」「編集者が書いているんだろ?」

とは言うが、多分25年もミステリー漫画描いてる人は推理ものに相当詳しいと思うので、青山が全部チョイスしていても全く不思議では無い。

推理漫画アニメ映画に、かなり広く精通しているのが作者だ。

コナンの前作のYAIBA歴史上の人物をもじっていて、コナンにも歴史上の人物を使うトリック(例:長野県警)をかなり濃密にオマージュで入れ込んでいるので歴史にも詳しいのだろう。

>それがよもやこんなに長期で続いているとは。

と書かれているが、青山が色んな知識を持っていて、尚且つ漫画が描ける人だから当たり前のことだ。

……とは、流石にならない。

青山はいつもトリック難産で、編集ファミレス会議を続けて作ってきたらしい。

小学館にはトリック作る部屋があるし、公園アシスタントを首つりにして実験したり、多くの人を巻き込んで必死に連載を続けてきたような話もしている。

よく「チーム青山」「チームコナン」という言い方もしている。

アシスタントたちの意見積極的に聞く。

スピンオフゼロ日常がメインではあるが、学習漫画シリーズに出てくるラブコメなども監修しているそうだ。

原作者自身がたくさんの人の手で名探偵コナンを作ってきたという認識でいる。

それを証明するかのように、声優アニメスタッフとも良い関係だ。

映画での脚本チェック追加を怠らず、ロケハンにも同行し、決めるシーンは原画もチェックする。

原作で明かさていない秘密が明らかになるのも定番化して、ヒットに繋がっている。

話題になった京都修学旅行編は実はシンガポール舞台の予定だったが、見栄え含めアニメに譲ろうということで今年の映画舞台になったらしい。

まり言いたいことは、名探偵コナンは一人で作ったものでは無く青山監督を中心とした一大エンタメ作品だということだ。

25年続いている理由は確かにある。

それを1話だけ読んだ人に語られるのは、95巻分…本日連載分で1029話分読んだ側からすると、なんとも失礼なことを言う……と思ってしまうのだ。

別にマンセーしろというわけではないが、とりあえず反論するように書いておいた。ちなみに青山子供だまし反対派だ。

上の長文部分は興味ある人以外読まなくていい。

タイトルの『名探偵コナンは確かにミステリーではないかもしれないが、』に続く言葉は「コナンラブコメ殺人漫画」というカテゴリだということだ。

青山はじめスタッフたちの公式認識である

ラブコメ殺人で25年やってきたことを、青山は30周年記念の時に誇らしそうに語っていた。

それが人気を博し、今日まで続いているのだからそもそもミステリ枠として語るのもどうかと思う。

ただあえてミステリ枠として語った時、とても面白いものが見えてくるのも事実だ。

推理システム構造トンデモトリックなのに穴を作らない伏線のはり方。

作品全体を包んでいる謎の部分(実は初期から全く明かされていない謎が数多く存在する)。

もし推理物が好きなら一度、そういう目線で読んでみてほしい。

1話の話を上の長ったらしい文章で出したが、1話サブタイトルは「平成ホームズ」だ。

青山はしれっと変えると言っているので、推理もので長期連載を続けられるその辺の柔軟性にも注目していきたい。

最新話でラムの正体も絞れてきたし、今凄く面白いんだよねコナンって作品

25年分の伏線回収が始まっています

2019-02-26

阿部寛いじめっ子だった

いじめっ子だった芸能人まとめのしょっぱなに阿部寛を見つけてびっくりした

トリックテルマエ・ロマエコメディ演技が楽しく好きな俳優だしいじめっ子イメージは無かった

ネット情報とはいえ本人が言ってるし内容も理不尽かつえげつない

卑怯と言いつつ大した反省も見えない

そう思って見ると色々な所でイメージ性格の悪い人になるのが不思議

一時期本当に卑怯いじめっこだったね、僕は。何だかんだ理由を付けて必ずいじめターゲットを見つけてたから。ただ陽性ではあったよ。ヤンチャに毛が生えたというか、エネルギーがあり余ってたんだろうな。

例えば学校の近くに床屋さんの息子がいて、そいつが僕より先に教室に入ってるのがムカつく。僕の家より近いんだから早く着くのは当たり前なんだけど何か気に入らない。「明日からお前は教室入り口に立って一番に入るオレたちを迎えろと脅かしたりした。

スポーツ万能で人気者だったから、これくらいは許されると言う不遜なところもあったのかもしれない。

出典

阿部寛アベちゃん悲喜劇

2019-02-20

anond:20190220101653

解説者(雷電)目線で何かしらトリック決めた時に必ず説明できる程度の情報量ゲームが好ましい。

定量的にこれくらいが妥当ってのは多分あるとおもうよ。

2019-02-14

最近、朝の通勤電車を1本遅いのに乗るようになった

いつもの11分後の電車

普段会社10分前に着くので確実に遅刻…と思ったら

会社への到着時刻はほぼ変わらなかった

トリックとしては

・後の電車快速で一部区間が早い

・通常はホーム前方車両に乗っているが、後の電車に乗るときホーム後方の車両に乗る。このため乗り換え駅での移動時間が早くなる

・通常は乗り換え駅で混雑のためすぐ乗れず1本見送るが、後の電車に乗ったときは来てすぐ電車に乗れることが多い。このため乗り換え待ち時間が短い

という感じ。

後の電車になる時は乗車の快適さを諦めつつ移動の速さを優先しているのと、ピークの峠を若干越えるため混雑による待ちが発生しない(先の電車に比べて) ということなんだと思う。

もう恒常的に1本遅いのにするかなあ。

2019-02-10

「not for me」で切った作品に対する感想

コナンについて偏見を持った増田を見たので。

連載第一回を読んでそこでいきなり見限った思い出がある。

っていうのもさ、設定がメチャクチャじゃん。

ミステリじゃなくてSFっていうか。

子供に若返る薬?(だっけ?)が存在する世界なら、ミステリは成立しないやんけ。

それなら小人になる薬もあるかもしれないし、密室トリックなんか、小さくなって鍵穴すり抜けて終わりですよ。

かにコナンの周りには他にも「小学生1年生が大の大人を失神させるほどの勢いのキックができるキック力増強靴」

「当たると一瞬で眠りに落ちる麻酔針」「自動車バイク並みのスピードが出せるソーラーパネル充電式のスケボー」みたいな

科学的な物はたくさん出てくる。

では実際に作中の事件で、そういう後だしの超科学的な何かを使ったトリックはいくつあったか

現実的にあり得ない偶然や都合主義はたくさんあったが、それはどのミステリにも共通する話。

少なくとも、鍵穴を通れる程人が縮む薬レベルの超科学的なトリックは出てきてない(はず)。

一話切りした増田は知らないのだろう。

この増田コナンを一話切りしたのは、人それぞれの好みがあるから何とも思わないが、

増田が今でもコナン偏見を持っており、それをベースにした発信をしていることに、

コナン好きの自分としては残念に思う。

「not for me」で切った作品はそれ以上語らないように、

そして時間が経って再度語るならその作品を見てからにする、

そんな風潮がもっと広がればいいなと思った。

コナン関係匿名ダイアリーがバズってるので、その勢いでミステリマニアが長年溜まってたことを吐き出す

連載第一回を読んでそこでいきなり見限った思い出がある。

っていうのもさ、設定がメチャクチャじゃん。

ミステリじゃなくてSFっていうか。

子供に若返る薬?(だっけ?)が存在する世界なら、ミステリは成立しないやんけ。

それなら小人になる薬もあるかもしれないし、密室トリックなんか、小さくなって鍵穴すり抜けて終わりですよ。

小説世界ならこの辺を逆手にとって、

SFミステリファンタジーミステリみたいのも存在するのだが、

成立させるためにいろいろと舞台設定やルール確立に気を配っている。

古くは星を継ぐものアシモフ日本なら山口雅也キッドピストルズ系とか最近ゾンビもののアレとか剣と魔法世界のアレとかね(読んだのにタイトル失念した)。

けどコナンは、当時子供の俺が「子供だましだなあ、子供馬鹿にしやがって」と思った記憶がある。

書いてて今思い出したのだが、

その時のサンデーには確か作者のインタビューが載ってたんだよね。

お気に入り名探偵? そりゃシャーロック・ホームズに決まってるでしょ、推理小説といえばなんたってホームズですよ!」

みたいに答えてて「あーこのYAIBAの人、他を全然知らないだけなのね。浅い。浅いわ。こりゃすぐ連載終わるわ」と思ったのも覚えてる。

それがよもやこんなに長期で続いているとは。

金田一少年のほうは、逆にそこそこ量を読んでる人(キバヤシ)による丸パクばっかりなんだけどその開き直りと、リアリティが少なくともコナンよりは勝って、許せた。

パクリがすぎてトラブってたけどね。

こちらも第一から読み始め、一応現在に至るまで続いてて、飛び飛びながら読んでる。

2019-02-06

anond:20190205231701

子供心にさえ無理があるだろと思った犯人トリックが一つあるとネタバレしておく

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん