「作家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 作家とは

2020-05-30

anond:20200527125318

やたらたれ目のデフォルメ女性作家がたれ目が好きなのは、なんとなく敵意の無さをアピールしてるのかなって気がする。

絵描き

今の時代中途半端プロ作家よりも

DLsiteFANZA活動してる商業レベルじゃない

絵描きのほうが稼いでる場合あるよ

2020-05-29

anond:20200529162314

テレビ離れというのに囚われすぎ。

テレビは未だに強いし、落ちてるぶんはネット配信が補完してる。

昔は「テレビVSネット」の構図で言われてたけど

いまやネット配信にはテレビ局が食い込みまくってるからね。

Pixivの神絵師漫画家としてデビューし、

ボカロP大手レコード会社契約し、

なろう作家大手出版社から書籍化する。

結局はコンテンツホルダーが強かったという話。

かつての「既得権益破壊されてユーザー発の盛り上がりが中心になる」という見立ては崩れたよ。

あとアマビエは年末流行語大賞ノミネートされて「そんなのあったな懐かしい」と言われる枠だよ。

お蔵入りの製麺機増田酢魔の欽明世海苔イラク緒(回文

おはようございます

なんかさ、

相変わらずマーケットからパスタが消えてるんだけど一向に品不足の解消がされないのよね。

そんな一抹の不安もありつつ、

好みのパスタソースも全部品切れ!

美味しいのは全部売り切れてるのよね。

なんか棚に残っているパスタソースは初めて見るようなもので、

美味しいのか美味しくないのか、

試してみないと分からないって

そこにも不安を感じさせつつ。

かたや素麺饂飩蕎麦乾麺は好評発売中の絶賛棚にありまくりなのよ。

誰が茹でたって美味しく出来る乾麺なんだけど、

蕎麦は何故か茹で方がおかしいのかしら?

ちゃんパッケージ説明通りに茹でてるつもりなんだけど、

これは直木賞作家作家さんがパッケージ文言を書いても

結局は出来上がりには何も変わりもないと思いたいところなんだけどね。

蕎麦乾麺だけは

上手く茹でることができなくて、

ボソボソとした感じの

蕎麦乾麺イメージなのよ私は。

パスタってあるじゃない、

それの蕎麦乾麺バージョンでやったら、

美味く茹で上げることが出来るってクックのパッドが言ってたんだけど、

それもどうか半信半疑なの。

最初パスタは2時間ぐらい乾麺パスタを漬けていて

なんかふにゃふにゃになって不安になってくるけど、

茹でたら一瞬で茹で上がるので、

しかもモッチリパラメータを盛りつつ、

美味しくないパスタは嫌だからって

レーダーチャートグラフもっちりだけは10って他なんの取り柄もないパスタ麺になるかと思いきや、

そうはならなくて、

ちゃん生麺とまではいかないけど、

はるかに凌ぐ茹であがりの極みを感じることが出来たわ。

乾麺パスタ麺を水パスタにしたらの場合なので、

これ実際に水蕎麦乾麺やって

パスタみたいになるのかしら?って実験したいところね。

一瞬だけ全私の中で話題沸騰で流行りまくった、

製麺機もそれで作った麺はみずみずしくてぷりぷりして美味しいんだけど、

機械を1つ1つ全部ばらせるやつ分解して洗い上げなくちゃいけないので、

これドモホルンリンクル工場かよ!ってもうこれ何度言ったことかと言われなくても言いたくなるほど、

それは大変な作業で、

結局は面倒くさくなっちゃって、

製麺機お蔵の入りなのよ。

うふふ。


今日朝ご飯

トマト野菜サンドよこればかりだけど私は平気飽きないわ!

あといつものタマサンド

お昼忙しくなるかも?と思って、

これから食べ損なうかも知れない昼食の分も今から詰め込んでおけば良かったって

後先後悔しないように今食べるの。

いつ食べるの?って聞かれたら、

今よ!って答えるわ。

デトックスウォーター

レタスキューリ・レモンと珍しく野菜要素多目のデトックスウォーラーね。

まり野菜ばかりだとお水が青臭くなってしまうところがあったりするから

適度に色を加えてみるのも手よ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

二次創作オタク気持ち悪い

他人が作ったもの踏み台にしてるくせに、それでフォロワー増えたら偉そうに他人を見下したり批判したり。

公式がどうこう界隈がどうこうみたいな無意味な事を長文でお気持ち表明、考え方が違うだけの他のオタクを平気でディスる

ちょっとうまければチヤホヤされるし下手な奴でも適当に褒められるから上達しない、客観的に見たらただの茶番

ジャンルの切れ目が縁の切れ目みたいな浅い人間関係に浸り切って、作家気取りで自分に酔ってる奴ばっかり。

本当に気持ち悪い。

2020-05-27

NEWSファンでした。

勢いで書く。

最後に行ったコンサートはNEVERLAND。

行きの電車でこれで最後だと決めていた。

未成年との飲酒報道で大荒れして、ファン同士もなんかピリピリしてて。

ファンでいても楽しくないなと感じていた。

このライブの後、FC更新はしないと決めた。

私は作家活動もしている彼が好き。ファンだった。

「好き」が過去形でないのは今もTVで見かければかっこいいなあと思うし、彼を嫌いになったわけではないから。

それよりも女性アイドルとの交際を匂わせていた人とか、日頃からスキャンダルの絶えない人が苦手だった。

当時のライブでもその人たちが視界に入ることが、正直、不快だった。

女の影がちらつく。

たった4人しかいないからどうしても視界に入ってしまう。好きな人の隣に並んでしまう。

個人活動応援したいけれど、グループ活動応援し続けるのはきついなと思った。

最近は全く活動を追いかけていないから、なんとなくしかからないけれど

私の好きな人ともうひとりはその騒動以後随分反省したようにみえる。

失敗から学んで成長するのが人間だ。

一方、もうひとり。

その人はどうやら全く成長していないみたいで。

今回の事件は呆れて嗤ってしまった。

アイドルとはいえひとりの人間だし、異性と遊ぶこともあるだろう。

たまにはお酒を飲んでハメを外すこともあるだろう。

けれどアイドルという職業を選んだ以上それらを隠す努力をしてほしい。

するなとは言えない、でもせめて見えないように隠し通してほしい。

報道されることが全てではないだろうし、インターネットにありもしない噂を書き込まれることもあるかもしれない。

それでも私たちは目に見えるものを信じてしまう。

そこに見えるものを信じるしかない時もある。

こんなにファン不安にさせるアイドルって他にいるのかな。

何回同じことを繰り返すんだろう。

ファンを辞めてから、私は彼らのファンであったことを隠している。

彼らのファンだと言うことが恥ずかしいから。

anond:20200527130015

某有名作家だったと思うけど

子供は入れません」という文面を読んで

じゃあ大人は入れるんだな、と解釈する人は非論理的だみたいなこと言ってたな。

anond:20200527042032

仕事としての文芸作家編集者の共同作業

一人でやっていても商業文芸は続かない。

彗星のように現れた新人てのも何年も前から大手出版社編集のツバがついてる場合ほとんど。

編集者の側からしたら、いつ出てくるかわからない未発掘の新人ボケーっと待ってるわけにはいかない。

持ち込みでも何でもして、編集認知してもらうところから

編集の手駒の一人になって、リクエストがあったら対応できる即応性が重要

下っ端サラリーマンと変わらないよ。

とある程度のタレント性は必要

イケメン美女である必要はないが、エッジのきいたプロフィール編集と一緒に練り上げていくことになる(盛大に盛るけど捏造とまではいってはいけない)。

追記小説が読まれない

なんか、みんながカチンとくるようなこと書くけど、多分色々ブーイングくるだろうけど

小説書き続けるのがキツくなってきて、何か手がかりがほしいので書かせてくれ。

自分小説を書く能力があるんだと信じてた。

から時々ネット小説をあげていた。

20歳の頃は自サイトにあげてたのだけど、それを見てくれたチャット仲間の人から「○○さんすげえ」とぼそっと言われた。

mixiにあげてた時は、好きな人から天才とはその人を通じて別の世界が見え隠れするような人のことだと思った」と言われた。

会社の同僚たちに小説アップしてた裏垢知られた時は「これがtwitterじゃなければいいね連打したい」「芸大試験ってフィルターがあるからこういうかっ飛んだ本物の人とは会えなかった」と言われた。

twitter投稿してる時はいいねすらつかないけど、後日オフで会った時は「あの小説面白いと思う」とか言われることもパラパラあった。

から書いた。書いて小説サイト投稿した。エブリスタと小説家になろう。

でも、全く読まれない。

作風は、なんとも言えない。意味ありげおとぎ話や詩の世界を長文化したような作風

イケメン美女恋愛すらほとんど出てこない。

ほかの作品を見ても自作は異色だと思う。

世の中字書きは多い。小説も山程あふれてる。

読む側からしても異色のものを読むのは気力がいるし、同じような作品を慣れた感覚で読めるほうが楽だろう。

しかし、じゃあ、小説ダメなんだろうか。

もっと数こなして何本も書ききって色んなコンテストに応募すべきだと思うのだけど、気力が弱って力が出ない。

信じる力が足りないのだろうか。これしかできないのに

-----

追記

みんなありがとう

書く、賞に出す、感想がもらえる場所を探す、児童文学でやってみる。

冒頭にあんなことを書いたけど私は才能とかはあまり考えてなくて、作家会社員と同じく書いては評価されてを繰り返して筆力をあげていくものだと思っているので、その鍛錬の場がなくて弱っていた。

webで読まれない私が賞なんて…」と尻込みしてたけどもっと貪欲感想もらいにいってみよう。がんばるよ

2020-05-26

3年以上続けたTwitter放置垢を消そうかなって話

私、絵を描くオタク腐女子アカウント移動してそろそろ一年くらいの放置垢がある。

そのアカウント結構運用当時はフォロワーが多くて、最大で5000フォローくらいいった。ジャンルの勢いもあって、楽しいイベントも沢山で、毎日が楽しかった。描くもの描くもの全部が伸びて、ちっぽけだと思ってた自分に初めて自信が持てた。沢山の下駄を履かせてもらって、普通じゃ話せないような絵の上手いプロオタク、遠くにいる話題が合うオタク交流もできていた。

でも、じわじわと嫌なことも増えてきた。作品の内容を叩かれたり、とくに心当たりもなくフォロワーに避けられたり、ブロック解除をされたりすることが多くなった。仲が良いと思っていた人に匿名悪口を言われ、何を信じて良いのかわからなくなった。

から特に前触れもなく、5000人のフォロワーを捨てた。名残惜しくて、すぐにはアカウントは消せなかった。大好きな作家と、お知らせでついてきてくれたごく少数のフォロワーだけで、この一年間細々とやっていた。

絵だけのアカウントも作った。そこは、フォローは一切せず、日常も喋らない。自分の絵だけを淡々と上げるアカウントだ。1000人くらいはついてきてくれたけど、もう何を描いても、本当にたまにバズったとき以外は、常連さんしか見ていないような、そんなアカウントになった。

今日、久々に気が向いたので、昔のアカウントを覗いてみた。フォロワー数は4700人。もう一年更新してないのに、たった300人しか減ってないことに、驚いた。

あのころ、叩かれて憔悴しきってた私は、アカウント移動したら自分価値ゼロになると思ってた。5000人全員に嫌われて、みんなが指差して笑っていると思ってた。でも、違った。多分本当に私を嫌っていたのなんかごく少数の人間で、その他4700人にとっては、私は嫌いではない。もしくはいてもいなくても何の支障もないどうでもいい人間だったということだ。

フォローは、50人くらい減っていた。フォロワー数の減少に比べると、割合は多い。これは新アカフォローしたあとこちらを外した人数も含むから、仕方ないと思う。でも、今でもこのアカウントフォローしてくれている相互殆ど最初にお知らせしたときについてきてくれた人ばかりだ。そういう人たちに動かないアカウントフォローしてもらってるのもなんだか申し訳ないな、と、しゅんとしてしまった。ついてきてくれた人は、約300人。減った人数とほぼほぼ一緒だ。

ふと、世界の人の心の動きをわかりやすく伝える定説を思い出した。5パーセントの人は、私が何をしていても好いてくれるけど、5パーセントの人は、私が何をしていても嫌う。

残り90パーセントの人たちはそれ以外。私のことなんか、どうでもいいんだ。

何人フォロワーがいても、私のことをどうでもいいと思う人数なんて変わらない。いかに私を好きだと思う人を大切に思うかが重要か、なんとなく思い知らされた瞬間だった。

そういえば最近、絵で仕事を貰えるようになった。5000人フォロワーがいてもみんなに嫌われて評価されないと思ってた私は、今ではちゃんと、世の中に必要とされている。Twitterフォロワー数は二桁だけど、私の絵は、たぶんどこかで沢山の人に見てもらってる。(評価されてるかどうかは、ダイレクトには伝わってこないけど)

来月からは、世界中で大人気のコンテンツに、一スタッフとして加わる。

あれだけ自分目標とする対象評価されずに泣いて泣いて、愚痴を言っても誰にも聞いてもらえずに一人で寂しい想いをしていた私が、日本人じゃなくて、世界相手に、評価される土台に上る。

たぶん、あのころ私を嫌っていた日本人作家は、日本評価されないか世界に行ったのかよwwwって笑うんだろう。

でも、いいんだ。だから私は小さな世界固執するのをやめた。外国語勉強して、読み書きを出来るようにした。どんなに難しいビジネス文章が来ても大丈夫。それはフォロワーの数よりずっと、大きな私の自信になった。

5000人に嫌われてるって泣いてた私、頑張れ。世界は広いよ。今は10億人が相手だ。5000人全員に嫌われても、それ以上の人が私を見てる。だから大丈夫

からもう、このアカウントは消してもいいかな。

そう、思うんだ。

少し話題がずれるけど、最近、たった数十人のアンチによって、心を病んだ女の子自殺してしまったニュースを見た。

の子は、かつての私かもしれない。

自分価値アンチコメント一つで揺るがないと今では知ってるからこそ、悔しい。

からこそ、私は今の想いを言葉にしてみようと思った。ただのいちゃもんに負ける人が一人でも減るように、数の呪いに惑わされないように。

フォロワー数は諸刃の剣だ。自分好意的な人数でもないし、敵対心を向ける人数でもないのに、自分の心のありかた一つで、王様にもなれるし、世界一の嫌われ者にもなれてしまう。

アンチコメントに苛つくのも勿論だけど、私たちが知るべきなのはアンチコメントへの対処法でも、心の守り方でもない。

私を常に評価して、好きになってくれる人を探す。その人のために、誠実に生きる。

本当のネットリテラシーって、そういうことなんだと思う。

数は強さでもなんでもなく、ただの数だ。その向こう側にいる人間を想えるかどうかのほうが、重要だ。

バズることが金になる。権力にもなるし評価にもなる。

こういう時代からこそ、大切なのは数より一つのコメントより、心のありかたなんだよって、どうやったら呪いに囚われて苦しんでる人に伝えることができるのかな。

悔しくて、涙が止まらない。もう、命は絶対に戻ってこない。

アカウントなんか消してもいいんだよ。何人に悪口を言われても、好きに生きてもいいんだよ。

世界にはもっと沢山の人がいて、見に行く努力をするだけで、悪口まみれの狭い世界は、あっという間に過去のものになるんだよ。

死にたい人ほど、虚栄心を捨ててみてほしい。評価を手放して、数から解き放たれてみてほしい。

そんな狭い世界で、自分を値踏みしなくてもいい。

ありのまま自分必要とする人を見つけにいく。

必要努力なんて、いつだってそれだけだ。

私はそう思います

とある作家の絵柄好きだったけど本人がかいエロマンガ読んだらコレジャナイ感がすごかった

やっぱ寸止めからよかったんだなって

2020-05-24

ベーシックインカムから快適な配給制

https://anond.hatelabo.jp/20200521211842

当初政府はその問題を、不況と同じレベルで考えていたらしい。時代適応できない事業が淘汰され、自殺者が増えても、全体としてはやがてバランスが取れていくだろうと。

エコシステムってやつね。何かが壊れたり死んだりしても、時代に沿った形で自然復元し、バランスが保たれるはず、そう考えたのよ、政府は」

ところがそうはいかなかった。専門家の試算によると、復元不可能なほど、人も事業経済的理由死ぬことがわかった。あるいは海外に身売りする企業が増えるだろうと。実際、その兆しが見え始め、政府支持率も落ち始めた。

焦った政府は、そこで本格的に救済措置検討し始めた。それまでも単発的な給付金や貸付などは行っていたが、それでは間に合わなかった。

「結局いろいろあった後に、有望な事業は国が保護することになったの。うーん、半分国営化みたいな感じ?」

その経緯についてもっと詳しく聞きたかったのだけど、サタさんは「カショウに聞いて」と言って、説明を端折った。

一方、個人に対しては、継続的給付金、つまりベーシックインカム検討され始めた。

「その話が出たとき、もうみんな大盛り上がりだったわよ。そんなのできっこないって言いながら、本心ではみんなワクワクしてた。でもやっぱりね」

そうはいかなかった。財源が足りないのは明白だった。

ベーシックインカムの話が出るずいぶん前に、政府マスクと一時給付金を配ろうとしたの。でも、IT化の遅れのせいで、あちこちトラブルが起きたの」

IT化の遅れ。これはカショウも言っていた。簡単にいうと、それまで政府は、既存産業エコシステムに気を使いすぎて、新しい技術を取り入れることができなかったらしい。あと、かたちを伴わない情報データを軽く見ていたのも、IT化が遅れた理由ひとつだったと。

「そんなときおとなりの国がね、IT専門家――専門家って言っても学者というよりガチコード書くプログラマのほうね――を招き入れて、マスクをみんなに、均等に行きわたらせることに成功したの!」

その様子を見た役人か誰かが、本格的なIT化と、配給制検討することを政府に進言したらしい。そこではじめて、その技術価値に見合う予算が組まれ、実務的なプラン技術の選定が行われた。どういったリーダーエンジニア必要かも、“おとなりの国”を参考にして割り出し、その発案者は政府を説得した。

「そんな案、コロナ以前は絶対通らなかったわ。政府は、それまでの社会の基盤となっている業界を優先せざるを得なかったから。でもそのつながりを断ち切ったのがコロナだったの。コロナが新しい可能性のリミッターを外したの」

古い社会的基盤を維持するために、新しい可能性は活躍の場を奪われていた。そのことをサタさんはリミッターと表現したらしい。サタさんは、配給制バックグラウンドに、労働力不足があったことにも触れた。

「外出や人との接触制限されるじゃない?そしたら、必然的労働力も減るのよ。労働力が減ればつまり……、モノが減るの。外国との行き来もできないから、輸入も難しくなって……」

まり資源は限られている。その資源を過不足なく、国民に行きわたらせるには、現金よりも物資のほうが有効との考えで、配給制が有力となった。

「もうみんなガッカリよ。SNSは荒れまくって。配給制って、戦争の貧しいイメージしかないじゃない?あと、社会主義っぽい感じ?完全に私たち管理されてるような?」

しか政府へのネガティブイメージは、数年後にはまったく真逆のものに上書きされることになった。

「着いたわ、ここよ」

サタさんは大きな建物を指さした。その配給所は、この一帯の集積所も兼ねていて、ここからさらに小さな配給所にも送られるらしい。サタさんたちは、たまたまこの大きな配給所の近くに住んでいた。

「よくここで買い物したのよ昔は。いろんな服屋さんとかレストランが入ってて。懐かしいわ」

今は、積み上げられた荷物以外は人も物も少なく、がらんとしている。

サタさんは並んだ端末のひとつに、自分の小型タブレットをかざした。

指輪型とか時計型とかあるけど、私、指輪時計も苦手なの。だからずっとスマホ型のを使ってるの」

サタさんのタブレットに、荷物の格納場所が示される。その案内に沿って、僕たちは移動する。

「よう!サタちゃん

初老の男がこちらに笑顔を見せる。作業着らしい服装に身を包んでいる。サタさんも満面の笑顔あいさつを返す。

「前言ってたやつ。届いてたよ」

彼はそう言って、僕たちをその場所まで案内した。

配給所では、必ずこういったおじさんを見かける。彼らはたいてい、荷物を下ろすのを手伝ったり整理したりしている。

すでに紹介したとおり、この世界では、生活のための労働というのはほとんどない。たいていはロボットによって自動化されている。

じゃあなぜ、彼らはここにいるのか。

それは、ちょっと説明がむずかしいのだけど、彼らのパッションしか言いようがない。

まり彼らは、ここで作業を手伝うことを喜びとしているのだ。誰かと立ち話をすることを楽しむものもいる。黙々と作業するものもいる。

いずれにせよ、誰かから感謝言葉や、あるいは作業のものを、自分の喜びとしている。

カショウと行った盛り場なども同じで、過去にそういった経験のある年配の男女が、食事飲み物提供を手伝っている。配給所や盛り場に限らず、こういった自主的労働は、あらゆる場所で見られる。

「昔はみんな、生活のためとか、それが普通からって理由しかたなく働いてる人が多かった。労働苦痛だと思ってる人がほとんどだった。だけど今は、楽しみや自己表現でさえありえるのよね、働くことが。自由から

ちょっとした小遣いももらえるしな」

おじさんが笑顔でそう言った。

おじさんのような有志の労働には、ポイントが付加される仕組みになっている。ポイントは、この世界通貨のようなもので、モノやサービスなど、何とでも交換できる。僕たちは基本的政府の配給とサービスだけで生活ができるので、ポイントはまさに、趣味嗜好品のためのおこづかいと言える。

「昔のポイントカードのなごりね。もうちょっと気の利いた名前なかったのかしら」

ポイントが使われるシーンとしては、誰かのハンドメイド家具アート作品と交換したり、何か作業を頼んだ時に、その謝礼として送ったり。たいていは個人取引で利用される。

おじさんは振り返って棚のひとつを指さした。

「これだ。降ろしてやる」

配給物資だけでなく、個人取引荷物もここに届く。サタさんはうれしそうに小包を受け取った。

「これ、遠くに住む作家さんの作品なの」

おじさんは自走式のカートにすべての配給物資を積んでくれた。3、4日分の食料や生活雑貨なので、そこそこの量がある。

「前回は雑穀を頼みすぎたから、今回は減らしたのよ。その代り、今回はペーパー類がかさむわね」

配給制も、最初の頃はめちゃくちゃだったが、こんなに細かく調整が利くようになるとはな。便利なもんだ」

最初はね、あれが足りないとか、システムトラブルとか、大混乱だったわよね」

機械化が追いつくまでは本当にモノがなかったしな。でもあっという間に、人間労働力の不足を機械が埋めてくれた。それに今は……、ストレスが少ないから、ストレス解消のために無駄に消費することもなくなった。そんな気がするんだよな」

「リミッターもはずれたしね」

「ん?リミッターって?」

サタさんはフフフと笑ってごまかした。

「ほんと!何もかもストレスなくてラクになったわ。昔ほら、オンラインショップサービス定期購入ってあったじゃない?あれを政府が一括でやってくれてるような感じね、今の配給制って」

そう。配給制と言っても、一律で配給されるわけではなく、その家庭の消費傾向が反映されているので、不満を感じることはほとんどない。

各家庭ごとに一定の枠があり、その枠の中でならどんな組み合わせで発注してもかまわない。そしてその消費傾向はコンピュータ記憶され、次回からの配給プランに反映されるので、放っておいてもある程度その家庭の生活傾向に合った物資が届く。

「ただ、昔ほどバリエーションがないのは寂しいわね。昔はね、石鹸ひとつとっても、いろんな企業が、いろんな色や香りのものを売ってたのよ」

「今は需要の大きいものしか作らないからな、政府の一元管理から

技術品質コスト的に洗練されたものしか作らないとも聞きました」

僕も勇気を出して、会話に参加してみた。

「昔あった企業の、すべてのノウハウ技術結集させて作ってるからな。どの製品も、最高のところでコスト品質バランスが取れてる。まあ、どれも無難個性がないと言えばそうなんだが……」

「でもちゃんと、個性的なものもあるんだから。ほら!」

サタさんはさっきの小包を開けて、中から半透明のなにかを取り出した。鼻元に近づけ、においをかぐ。中に鮮やかな花が埋め込まれているのが見えた。明らかに量産された配給品とは違う、“誰かの作品”だった。

わたしこの香りが大好きなの!はい

そう言って、それをひとつおじさんに手渡した。かすかに清々しい香りが漂う。

「いやぁオレはこういうのは……」

「じゃあ奥さんに。ふふふ」

おじさんにお礼を言って、僕たちは配給所を後にした。自走式カートの後を、僕たちはゆっくり歩いた。

「ああいいにおい」

サタさんはその間ずっと、“誰かの作品”を鼻に押し当てていた。

2020-05-23

作者なんだが推しカプが流行らない

公式BLは素晴らしいと思うが、個人的には非公式BL大好物である公式カプという暖かな焚き火平和に囲むより、火のないところに煙を立てて勝手キャンプファイヤーをするのが大好きである

友情というかブロマンスというか、決して恋愛感情ではない強い絆で結ばれた男達が好きなのである。あるいは、互いに嫌悪し顔を合わせる度に命を取り合うような男達が好きなのである原作ではどう考えても結婚しない、肩は組んでも手は繋がない男達を二次創作であれこれウフンアハンさせるのが好きなのである

で、好きがこうじた私は、ありがたいことに作家になれた。

私が腐女子であることは誰も知らず、あくま健全な男達の友情を描き、これも大変ありがたいことにそこそこの人気が出た。

ファンレターいただき、皆とても清廉というか純粋というか、腐女子の腐の字も感じさせない……ちょっとは感じるかな、でも「A×B萌えです」などとはっきり言う方は存在せず、届く前に抜いてくれているのかもしれないが誹謗中傷もなく、本当にありがたい環境にある。

が、きっとあれでしょう?作者には言わずとも裏では萌えてくださっているご婦人方がいらっしゃるでしょう?と邪推をし、私はpixivを見た。Twitterも見た。すると、出るわ出るわA×BにC×D!甘酸っぱい初恋からロッドロのR指定まで!ウッヒョーありがてえ!……と思ったのだが、ふと気付く。いくら探しても推しカプが出てこない。検索方法が悪いのか?略称が違うのか?特別呼び方があるのでは?と考え得るあらゆる可能性を検索バーに叩き込んだが、推しであるA×Cが一向に見付からない。代わりに出てくるA×BとC×Dの山……っ!いや分かる確かにそこもオイシイかいところまで拾って広げてくださりありがたい、しかし何故だ、何故なんだ……誰か一人くらいA×Cにも萌えてくれていたってバチは当たらないだろう、もう自分で描くか?布教するしかいか?とネームをいや駄目だ危ねえ、そんなことしてる場合でもねえし増田やってる場合でもねえけど何故だ!!

ええと、皆様いつも本当にありがとうございます。「公式」としては燃えていないのが私の好みでありますし皆様もきっとその筈なので、推しカプが「そう」見えていないのは狙い通りではあるのですが、もし……もしもね、いつかA×Cにも萌えてくださる方がいたならば、ここに同志がおります。一生名乗り出れないけど、私がここにいることを何かの時に思い出してください。いや待って、作者が実は腐女子だったとか言われたら私なら倒れるからやっぱり忘れてください。

(補記あり)人形性愛者による幼児ラブドール反対運動への抵抗

幼児セックスドール生産販売・の廃止を求めます。」という署名活動change.orgで行われている。

大意として述べられていることをページから引用すると

日本の【児童買春・児童ポルノ禁止法】にて幼児セックスドール製造販売・所持を規制すること

小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングセラピーへの取り組み

ECサイトなどに未だ販売される【幼児セックスドール児童ポルノ】の取り締まり、及び【販売禁止を徹底】

以上3つを求める署名活動だそうだ。

②に関しては私も賛成ではあるが、いかんせん①や③に関しては記事を読んだ限り感情が先行している雰囲気が否めない。

案の定Twitterでは「人形実在人間ではない。児童ポルノ禁止法は実在児童を守るための法律であり人形摘発に労力を割かれているうち実在児童を守れなくなる」「表現の自由侵害だ」などの批判が出ている。

しかに、現参議院議員である山田太郎氏が、2016年に行った警察庁へのヒアリングでは、フィギュア非実在人物を扱ったものであり児童ポルノには当たらないとなっていた(‪https://togetter.com/li/942630‬)。そのため、モデルのいないラブドールについても同じ扱いにはなるのだろう。

けれども、この騒動を見ているうちにどうにもむず痒い思いが沸き起こってきた。署名に賛成の人間も反対の人間も、「ラブドール」というものを置き去りにして議論を進めている感があまりにも強すぎるのだ。

私はラブドールオーナーである

一緒に暮らしているのは身長130cm台で、布のボディに骨格の入ったいわゆる「ぬいぐるみドール」というものだ。身長からわかる通り彼女の外見は、この署名賛同した人たちから見れば「幼児ラブドール」としか言いようがない、唾棄すべきものだろう。

から、私はこの署名活動には反対である彼女との生活を守り、またラブドールを愛好する方たちと彼らのパートナー人形たちを守るためだ。

そして、この文章を書くに至った、私の性的嗜好についても伝えておかねばならない。

私は人形しか性的興奮を覚えない人形性愛である

無機物で作られ、有機的な肉体よりも完璧に編み上げられた造形を持つ人形しか、私は愛することができない。故に、ラブドール規制は私にとってパートナー喪失であり、個人性的嗜好否定に他ならない。性的嗜好個人構成する不可欠な要素であり、直接他人に害をなすことがなければそれを妨げられるいわれはない。

から、私は声を上げねばならない。ラブドールというパートナー喪失が、ひいては「私自身」の喪失に繋がるのだから

当該署名ページには既に陳情を送ったが、もっと広くこの問題を知ってもらうためにこの文章を書いている。前置きが長くなってしまったが、もうしばらくお付き合い願いたい。

この署名において、まず私が問題と考えていることは2つある。

①「幼児ラブドール」の明確な定義がなされていないこと。

もしも定義が書かれているのであれば恐縮だが、ページの隅から隅まで探しても見つからなかった為上げさせていただく。

身長・体型など、「その人形幼児を模している」という明確な定義がなされていないことは、ラブドールだけではない全ドールオーナーにとっての脅威ではないのか。

ただ、この定義がされていないのはまあ、仕方のないことではある。

基本的ドールというのは頭と胴体が分離する仕様になっていて、同じメーカーの頭と胴体でアタッチメントが合えば好きにすげ替えることも可能だし、別メーカーの頭と胴体を組み合わせているドールオーナーだっている。購入したとき一般的な成人女性の体格であったドールの首をすげかえて、幼児体型のボディに載せ替えることもできるし、逆もまた然り。これはラブドールだけではなく、性的用途のない比較的小さなサイズドールでも同じだ。

まりドールの体型というのは不定であり、「幼児ラブドール」の明確な取り締まりというのは不可能に近い。どんなに成人の顔立ちをした頭のドールでも幼児の胴体とすげ替えてしまえば「幼児ラブドール」の出来上がりだ。

また、知り合いに性的用途に用いることのできる1/3ドール(50cm前後ドール)を持っている人がいる。このドールは胴体部分にオナホを装着できる仕様になっているものだ。(1/3ドール性的な目で見ることを忌避する人は多く、これは標準的ものではない。念の為に付記しておく)。

この1/3ドール身長約50cm新生児並みのサイズであり、身長でいえば幼児どころの騒ぎではないだろう。けれども胸部のパーツを変えることでバストサイズを成人女性のようなバランスにすることができる。「幼児身長をした成人女性の体型のラブドール」だ。元々ラブドールとして制作されたものでも、扱いやすから成人女性を100cmほどに縮めた人形だってある。前述の規制を作るとしたら、これはどのように解釈したら良いのだろうか。

また恐ろしいことにほとんどのドールの頭と胴体はすげ替え可能なのだ。もともと性的用途を考えられていないドールの頭を、この性的機能を持ったドールの胴体に装着すれば、どんなドールでもたちどころにラブドールになる。

だとしたら、性的用途でないドール高身長かつ成人体格のドールでも「幼児ラブドール」になる可能性を秘めているのではないか

これが、私の恐れている規制の形だ。

私は、パートナーである人形と一緒にいたい。だからもしも幼児ラブドール規制がなされ「身長cm未満の人形の所持を禁止」などとされれば、泣く泣く彼女の頭をすげ替えて規制対象外の高身長人形にするだろう。頭(顔)の部分に私は彼女本質を感じているし、そこが変わらなければどんなに体型が変わったとしても「彼女」であり続ける気がするからだ。

けれども、おそらくそれは許されない。なにせドールの頭はすげ替え可能なのだ。どんなドールでも「幼児ラブドール」に変わる可能性がある以上、現行の頭と胴体が脱着可能人形は全て規制せざるを得なくなるだろう。それは、絶対に許すことのできない事態だ。

また、ラブドール基本的に重量がある。シリコンのものであれば20〜40kgほどが基本で、大柄な人形だと50kg近いものもある。

「本物の人間より軽いではないか」と思う方もいるかもしれないが、本物の人間を抱き上げたときには、抱かれた人間意識的動作を助けるよう力を分散させたり動かしやすいよう関節を曲げたりする為、実際にかかる力は体重よりも軽くなる。しかドールにはそれがない上、米俵のように担ぎやすい形もしていない。凹凸だらけの重い物体を動かすには、想像以上の力が必要ものだ。40kg台ドールオーナーの中には家の天井ウインチを設置している人もいるという。

私が身長130cm台のドールを選んだ理由もここにある。小さければ軽く、移動させることも容易だ。

ただ前述のように100cmほどの小型サイズで成人女性の体型をしているラブドールもいる。小児性愛者でないのなら、持ち運びが容易というだけならそちらを選べば良いのではないか?と疑問に思う方もいるかもしれない。

けれども、私は人形性愛なのだ人形人間に近く作られているほど精巧だ。限りなく人間に近く作られていればこそ、人間にはない造形美が際立つのである。だからこそ、「実物の人間に近い」と「取り回しができる」の折衷として、130cmドールを迎えることにした。

130cmドールを選んだということはそのような外見に性的興奮を覚えるのではないか、ならお前は小児性愛なのだろうと言う方もいるかもしれないし、そこについては本題から逸れる為強く否定の弁を述べることはしない。

けれども、知っておいてほしい。幼児ラブドールを迎える人間の中にも様々な人種がいることを。

純粋幼児の外見が好きなもの自分の持ち運びできるサイズを考えた者。そして私のように「等身大」と「持ち運び」双方を考えた者。

持病のために重いものを持ち運べず人間パートナーもいない為ラブドールのお世話になろうという人間がいたときに、自分が持ち運びできるサイズ人形を選んだことで「小児性愛者」と罵られたとしたら。それは本当に正しい矛先なのだろうか。

まり、「幼児ラブドール」という曖昧もの批判するときに、それを愛好する人々を全て「小児性愛者」と一括りにして批判することに傲慢さを感じるのだ。

人形への愛のなさ

この署名活動およびそれに賛成する方の意見を見ていると、そこにひとつ無意識がみられる。「ラブドール実在人間に向くはずだった性欲をぶつける代替である」ということを無邪気に信じていることである。だから彼らは幼児ラブドールを持つものはいずれ実在児童を害すると考えている。

ここに、人形性愛者として私は反発を覚えるのだ。

私にとって人形は「人間の代わり」ではなくそ自身が一個の客体である。私は彼女と暮らす中で彼女意思を無言の中に感じ取り、それを叶えることでささやか幸せを得ている。それはエゴしかいかもしれないが、私は彼女といることで確かな幸福を感じているのだ。大切に扱った器物には魂が宿ると古来から日本では言われているが、私はたしか彼女の中に魂を見出している。それは決して代替可能ものではないはずだ。「魂」が突飛であれば「愛着」と言えばわかってもらえるかもしれない。

彼女のいない生活など想像したくもないし、また彼女がいなくなった後に人間の、成人女性を愛せと言われたところで、それは彼女ではないのだ。

ここに、全ての人間性的嗜好対象人間であるという傲慢さを感じてしまう。

また、この署名への賛成派も反対派も、この「愛着」について全く無頓着であるところに、前述のむず痒さの本質がある。実際のラブドール愛好家を置き去りにして議論が進んでいる感が拭えないのだ。感情法律を左右することなどあってはならないが、それにしたって「賛成」と「反対」の二元論になりすぎていやしないか

以上が、私が幼児ラブドール規制に対して感じた違和感についてである

もっと述べたいこともあるが、話がまとまら蛇足になってしまうことも多いので割愛させていただく。

大前提であるが、私は現実児童への虐待絶対にあってはならないことだと考えている。

私自身はラブドール彼女とひっそり暮らし一緒に朽ちていくつもりであるしかし甥っ子や姪っ子たちが性的被害にあったら絶対犯人を許さないし、場合によっては刑務所に入る覚悟制裁を加えるつもりだ。

人形人間は別である、という冒頭で出た意見に集約されてしまうのだろうが、人形人間とは全く別のものとして愛している人間だっているということを知って欲しかったのだ。

そして最後に、こちらの署名では小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングセラピーへの取り組みを求めるということだが、これについては小児性愛に悩んでおり、ラブドールでも発散することができないという当事者のためにも行うべきだと思う。

また、この文章を読んで人形性愛者という存在を知った方は、是非人性愛者に対するカウンセリングセラピーを行ってくれるような施設を紹介してほしい。

人形生活している人形性愛者にとって、この署名を知ったことは本当に苦しみを覚えたのだから

5月24日付記】
匿名のいち個人意見などほとんど読まれず埋もれていくと思っていたので、想像以上に多くの方に読んでもらって驚いている。
頂いたコメントはどれも肯定否定に関わらず自分でも気づかなかった視点を見せてくれて、本当にこの文章を書いて良かったと思う。ありがとうございます
私は彼女と添い遂げていくつもりだが、ラブドール寿命人間より遥かに短い。シリコンやTPE製のドールは動きに連れて肌が裂けていくし、空気人形は破けて空気漏れるようになる。そして彼女のようなぬいぐるみドールは綿がへたり痩せていく。内部骨格が折れることだって考えられる。
から多分彼女をお迎えしたメーカーに適宜修理やパーツの交換をお願いしながら長らえていく形になるだろう。自然新陳代謝のないドール人間より老いていくのが速いのだ。規制はされないまでもメーカーが萎縮して倒産廃業することになれば、修理を受けられなくなったドール達はどんどん壊れていく。
私を含む愛好家にとってドールパートナーであり家族である。だからメーカーサポートが受けられなくなったら自力で修理技術を身につけようとする人もいるだろう。私もそうするつもりだが、おそらく個人では限界がある。
からこそ、前述の通り体型・性的機能の有無が不定ドールにおいて「幼児ラブドール」という曖昧規制をすることによってパートナーを奪われたり、メーカー自粛したりすることをどうしても止めたいのだ。
また、「小児性愛者へのカウンセリングセラピー」についてであるが、自分小児性愛であることを悩み苦しんでいる人が心理専門家客観的、かつ守秘義務保証された上で話を聞いてもらえて楽になれる場所を作るのはもちろん賛成だ。
小児性愛者だとしても、実際の児童加害行為を行なっていない以上権利は守られるべきだと思うし、児童への加害行為を行う前に適切な精神セーフティネットが用意されて然るべきだと考えている。言葉が足りなかったと思った為補記する。
高校生くらいかぼんやりと考えていた将来設計がある。
人間結婚はしないまでもきちんとした職について両親を安心させ、彼らを見送ったら自分理想等身大人形を作ろう。そして後始末をすることになるだろう親戚家族自分葬式代と迷惑料になるくらいの貯金をしながら人形と一緒にひっそりと余生を過ごしていこうと。
ラブドールというものが今ほど一般的ではなく、存在殆ど知らなかった子供の頃の夢想だった。
今ではラブドールメーカーも多岐にわたり価格もある程度は下がった。私にとってドール性的機能は必ずしも重要なことではない。けれど、等身大人形といえばマネキンか、人形作家が手ずから作る美術品という意識だった子供時代から比べれば、ECサイトショールーム等身大人形をお迎えできるというのは圧倒的な革新だった。また、反対運動が起こってはいるがラブドール展覧会も開かれるくらいには認知度も上がった。いい時代だと思う。
この時代を、私は守っていきたい。

5月27日再付記】

書いた人の個人的な話。長いので別記事にて

https://anond.hatelabo.jp/20200527165713

2020-05-22

出たがり編集者はだいたいパワハラなり暴言やってるよ

インタビューテレビ出演、Twitterなんかをやってる編集者は予備軍だよ

本のあとがき自分を出させたり、編集部企画YouTubeに出まくったり、Twitter自分担当作品しか宣伝しないやつは特にやばい

同じレーベル雑誌を盛り上げていくことより自分出世や目立ちたい気持ちを重視してるから作家に無理なことを言ったりしがち

現にみんなが読んでたあの有名雑誌編集者パワハラで有名なんだよなー

漫画リメイク

小説漫画化するのはよくあるけど、漫画を別の作家リメイクするのってあるのかな?見たことない気がする。

映画結構ある気がする。七人の侍とか座頭市とか。

ここまで書いて思い出した。ちょっと前にブラックジャックがあったな。あれは単発の企画だたったしなぁ。連載でやってるやつはないのかなぁ

倫理的でない作品価値はあるのか

倫理的作品とは、倫理に反する表現排除しているという意味ではなく、

倫理に反する表現に対して作中で始末を行い、ノイズを残していない作品を指す。

 

殺人差別をする人物を登場させてもいいが、その人物は厳しく罰せられ、

このような行為は悪い事だと物語を通して啓蒙させるのが表現を行う上での大前提だ。

近年、作者に倫理観が欠如している作品が増え始め、特に男性向けの作品に非常に多い。

倫理を軽視するのを自由勘違いしている稚拙で粗暴な認識が目立つ。

 

クリエイター作家達は表現に対する意識を改め、倫理観のアップデートを行っていただきたい。

倫理的でない作品は読者や視聴者ストレスを強いる。そのような作品評価される可能性は薄い事も付け加えておく。

2020-05-21

高橋留美子のすごさのレベルがわからない

高橋留美子作品は『犬夜叉』のアニメしかたことないので凡庸なバトル漫画イメージしかない。いろいろ賞を受賞しているから、その賞との関連で名前は残るはずだけど。

漫画(や漫画史)にほとんど興味ない自分からしたら、有名な漫画家といったら、「手塚治虫」「ドラえもんの人」「宮崎駿」くらいの感じ。その辺と比べると高橋留美子はかなりマニアックだと思う。ある年代より上の人には「うる星やつらの人」で通じるだろうけど、作者の名前知らない人は案外いそう。自分ネットやってなかったら知らなかったと思う。その名前に触れようがないので。自分世代では「犬夜叉の人」でしかない。『犬夜叉』って『ONE PIECE』とかと同じ並びだから特別すごいというイメージ特にない。

漫画ほとんど知らない自分からしたら萩尾望都の方が高橋留美子よりも存在感が圧倒的に大きい。萩尾望都漫画という文脈をはみ出して評価されてると思う。それに比べると高橋留美子オタク向けオタク作家だという印象がある。絵がオタクっぽい。この「オタクっぽさ」というものを生み出したのはすごいといえばすごいのかもしれないけど、どの程度すごいのかあまりぴんとこない。いい大人が読むものではないという偏見がある。

2020-05-19

世界リソースの奪い合いではない、ってどういうこと?

世の中はリソースの奪い合いじゃない、ゼロサムゲームじゃない、みたいに言う人ちょいちょいいるけど、あれが納得できない。

そりゃ数十年単位とか、世代を越えた範囲で見れば人類全体の過ごしやすさは上がってるだろうけど、大体世の中の人はそんな話はしてなくて、一時間後とか来月とか五年後とかの、実生活と繋がってるスパンの話をしてるわけじゃん。

ほんで、そういう時間スパンや、ミクロ個人規模では、そりゃ基本的リソースは奪い合いでしょ。

手術の順番待ちでどんな人間が優先されるかで生き死にが決まるのに、人類全体の医療レベルはあがって~とか言われても困るでしょ。

スーパーマーケットの棚にどんだけ並べてもらえるかで売り上げが全然変わるのに、棚スペースの奪い合いじゃないわけない。

人材予算時間も限りがあるんだから、誰を救って誰を後回しにするかで福祉の奪い合いだ。

テレビの局数も放映時間番組数も限りがあるんだから、嫌いなコンテンツをどれだけ潰せて好きなコンテンツをどれだけ増やせるかは日々の楽しさに直結する。

まあゼロサムではないかもしれんよ。元の材料以上の価値を生み出せるからな。+15幸福ポイントを取り合うゲームかもしれんよ。+1、+5、-2、+9みたいなゲームかもしれんよ。

それで幸福ポイント+1とか-2とかの立場で満足できますか。私は無理だね。生きてるだけで寿命が減ってく損害を受けてんだから、できれば9点、せめて5点はかき集めたいね

ある限られた関係においてはたまにwin-winが成立することもあるが、それは麻雀コンビ打ちやトリオ打ちしたらそいつらは得、みたいな話で、誰かはカモにされてんのよ。

リソースの奪い合いじゃないよって人は、マジでどういうスタンスで言ってるんだ? 他人をカモにするつもりの悪党か、自分がカモと気づかずに仲間を増やそうとしてるしやわせな不幸者か? 好きな作家がろくに広告費かけてもらえず消えていった経験とかがないのか?

女性作家だと分かった途端に叩いてる」と言って持論を展開してる奴

実際に叩いてる奴の文章引用してないので、その「女性作家だと分かった途端に叩いてる奴」を観測しないのだが、本当に存在するのか?

何故鬼滅の刃を終わらせた?

何度でもすがりつくに決まっておろう

一度で終わりだと誰が決めた?いかにも愚昧で浅慮な考え方よ


今が一番旬の漫画である鬼滅の刃を何故引き伸ばさない?

ただ連載しているだけでジャンプ単行本も売れる金の成る木を何故みすみす手放す?

このまま続けておけば新しい柱として君臨しえたのだぞ?

ジャンプ再興のきっかけとなり得る逸材だったのだぞ?

それをお前らは何故あっさりと見逃す?


最後最後、薬でラスボスを仕留める流れ

それをほんの少し変えれば良いだけではないか

鬼舞辻無惨はあと僅かの所で逃げ去り衰えつつも脅威を向ける

壊滅した鬼殺隊と柱は今度こそ逃すまいと特訓を積む

その中で新しい日輪刀なり新しく柱になったものなり新展開が描けるではないか

そして最後最後、成長した鬼殺隊が協力し、ヒノカミ神楽でついに打ち倒す

その様な二部構成にすれば良いではないか

さしたる手間ではあるまい

だというのに、何故その様な形をとらない?


何も漫画の話だけではない

メディアミックスについてもまだ戦う余地はあるだろう

既に手を出したアニメや番外編は勿論のこと

アプリソシャゲコラボドラマCD劇場版、果ては実写化の道もある

なのにそれらを向かえる用意もせず何故ただ一人生き急ごうとする?


今の展開で終わらせる覚悟があったとしよう

それでも現代編への突入がある

闘いばかりで疲れたろう、もう少しぬるま湯につかり

誰も傷つかず誰も死なない、ただ穏やかな時の流れる学園編を本誌でも書けば良いではないか

かつて火の丸相撲、天下の刃皇でも辿り着けなかった日常

そして僕勉の者々が享受している延長戦

数多の作家どもなら喜んで飛びつく垂涎ものだと言うのに

何故それすらせずに、話を畳もうとする?


思えば前提からおかしいのだ

天下の週刊少年ジャンプで一線級を貼った安寧の地位

それを放棄し次の連載に生き急ぐ必要など本来はないはずなのだ

己が能力を見出せず打ち切られてゆく者

己の衰えに呑まれテコ入れに頼り破滅する者

そういったものとお前は違う、確かな才能があるのだぞ

なら何故その才能をもっと活用しない?

これまで私の前に現れたヒット作家はいずれも生に執着した

引き延ばし、もがき、拘泥し、他紙に移籍してもなお打ち切り抗うもの殆どだった

それを不意にして、全てを捨てるというのか

己の中の、仲間の持つ次なる希望に託すというのか

実におこがましい、その為に生命を投げ打つなど到底考えられない

私には到底耐えられない、あまりに狂おしい思考


それを叶えられたのは何故か?


ひとえに週刊少年ジャンプ編集部が、異常者の集まりから

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん