「ファイル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ファイルとは

2017-07-24

今になってガラケーからスマホへ移行する人

相談を受けているのだけれど、

「20GBのWalkmanファイルのやりくりに苦労してる」

音楽ファイルがいっぱいあるから128GBモデルにしたい」というのを思いとどまらせようとしている。

今時クラウドローカルライブラリアップロードできるサービスがあるから端末に大容量なんか必要ない。

デスクトップと端末を繋いだファイル操作などストレージ管理に費やす負荷って、クラウドサービスの利用で消してしまえる。

端末容量の差額で有料の月額サービスの何なりを契約したほうが、遥かに豊かで幸せ体験クラウドを使う経験値が得られる。

スマホ環境では価格価値軸って端末ストレージから通信容量やサービス利用料にパラダイムが変わっている。

体験してない人にとっては、ファイル実体を手元で扱わなくなることに不安があるみたいなんだよね。

まあ感覚的についてけないのは仕方なくはあるし、自分お金じゃないから最終的には好きにすればとしか言えないんだけど、

端末ラインナップに用意された大容量モデルは、クラウドの使い方を知らない情弱向け安心商売なんだなあっておもったので。

2017-07-22

SIerパワハラを受け転職しようか迷っている

SIerパワハラを受けた後に転職しようとしている話

人生で一番悩んでいる。

意見をくださいませんか。

俺、というか俺の部署はここ数年、悪質な上司からパワハラを受け続けた。

その上司は数年前に就任した典型的クラッシャー上司で、糞みたいなマイクロマネジメントを好み部下のやっていることを細部まで把握したがり、部下が少しでも想像に反するやりかたで仕事をするのを発見しては長々と大声で罵倒した。タスクバランス悪くギチギチに詰め、それがわかっていながら追加タスクを詰まっているところに更に追加し、遅れが出るとこれまた長々と罵倒さらなる精神疲弊と遅れを誘発させた。俺には気持ちよく罵倒するために遅れが出ることを手ぐすねをひいて待っているようにしか見えなかった。チームをまたいで助力しようとすると妨害し、断続的な雑談で周囲の集中を乱しまくり、適切なリソース配分といわけていることの逆のことをやり続け、昔のJavaで頭が止まっている脳で現場コードを乱した。

リリースが迫った忙しい時期の会議で、XSS脆弱性発見されてそれを修正する作業を組み込む必要が有ることを報告すると、そんなことを予期してスケジュールを組んでおくべきだと大声での罵倒がはじまった。ちなみにそのXSSそいつが仕込んだ脆弱性だ。どうやらこの人は謝ったら死ぬ病気にかかっており、自分に非があることが判明する流れになりそうになると大声で罵倒することで死を回避する習性があるようだった。

せっかく修正したバグを、メンバー罵倒してrevertさせたこともあったな。どうも、そのバグ修正自分タスクとして認識していなかったのがお気に召さなかったようだ。なお、その心を込めた手作業で復活させたバグは、後に大事な場面のデモエラー引き起こした。

この素晴らしいマネジメントによる効果は絶大で、みながモチベーションを失い目の前の仕事のみしか目に入らなくなり、たいして大きくもない部署内がサイロ化し情報共有は抑制され、協力し合う雰囲気を失っていくと同時に、責任押し付け合うような空気が醸成されていった。組織が的確に壊れていく過程を間近で見ることができたのは、ある意味で貴重な体験だったのかもしれない。全てこれと逆のことをやれば良いチームを作れるのだろうから

はいしか睡眠障害めまい耳鳴りなどを発症するようになっていた。

俺はコードを書くのが大好きで、趣味でも毎日のように書いている人間だ。こんな俺が、ある日エディタを開くと恐怖が襲ってきて、コードが書けなくなるという症状に見舞われた。精神科には自律神経失調症というよくわからない診断名が下られた。その症状は幸いにも1週間くらいで収まったのだが、書けなくなったときは本当に愕然とし、死ぬほど悲しかった。

部署は日に日に、着実に疲弊していっていた。こんなことを軽はずみにいう怒られるかもしれないが、仮に俺の部署から自殺者が出たとしても、俺は全く不思議に思わなかっただろう。

これを読んだ側からすると、なぜさっさと退職しないのか、不思議不思議でたまらないだろう。だがこのような状態に陥った人間ならわかると思う。疲弊した精神は、状況を改善したり逃げ出したりする気力すら奪うのだ。常軌を逸したブラック企業が世の中から消えない理由の一端がわかった気がした。

今年に入りようやく少し気力が出てきて、転職活動を始めた。転職活動を通して企業を調べていると、少しずつ正気が戻ってきた感覚を得た。なんでこんな状況から抜け出そうとしなかったのか。世の中には良さそうな企業がたくさんあるじゃないか、と。視界が広がった気がした。本当にひさしぶりに、コードを書く楽しさも少しずつ戻ってきた。

そして、色々とあったのちに、希望していた企業内定をいただいた。

その会社で関われるサービスは魅力的で、俺自身ユーザとして利用しているサービスだ。技術力の高い同僚に刺激を受けることができそうだ。また、その企業採用過程はいくつもあったが全般的対応が丁寧で、そのことも好印象だった。面接は話しやす雰囲気をつくってくれた上でこちらのアピールを聞いてくれた。かといって決してぬるくなんでも通すための面接ではなく、質問してくる内容は鋭く的確に感じ、面接官の優秀さが伺えた。面接官は将来一緒に働く可能性もあるわけで、面接官に感じた魅力は、すなわち企業の魅力として感じるのは当然だ。給料他、諸条件も申し分ない。

あとたぶん、業務履歴だけだったら、こんな企業から内定はもらえなかったと思う。俺は昔から趣味コードを書いており、仕事でまともなコードが書けなかった時代から(後述)、余暇の開発でOSS/非OSSでいくつかまとまった成果を定期的に公開して、一部で評価も得ていた。ソフトウェア開発者のたしなみとしての英語勉強もしていてTOEICは920点をとっており、そのあたりも加点になっていたと思う。そういった業務外の習慣も評価してもらえたようだったのも嬉しかった。なにより日々の罵倒ですっかり自信を失っていた自分にとって、技術のわかる面接官とフリートークをし、自分肯定されるという、その採用過程自体が楽しかった。

内定をもらったからには、次は退職交渉となる。

ここから問題だ。

部内の複数人退職意思を伝えるに至り、ようやく会社問題認識したようで、既に件の上司左遷されることになっていたのだ(ただ、しでかしていたこからすると、たいしたペナルティを受けているようにも思えないのだが)

で、今現在上司は、以前から俺が尊敬していて、本当にお世話になってきた人なんだ。

この人は肩書はかなり偉い人なんだが、この業界では珍しく、技術重要さを理解した上で上に立ってくれている人だ。コードも書ける、というかたぶん俺より書ける。忙しい人なのにいつ勉強しているのか謎だが、技術情報キャッチアップして、たとえばだが今で言えばReactとかJSXとかそういう話も普通に通じる。

俺が今の会社で若かりし頃、フリーセル仕事邪魔しかしない無能上司パワハラに耐え(こんなんばっかだなこの会社)、ロッカー備品管理管理とかレンタルPC管理とか手間のかかる雑用押し付けられ、

 

iに0を代入する

iが10になるまで繰り返し

  なんとか処理

  iに1を加算

  

もし X が 0なら

  ファイルを書き込む

そうでなければ

  なにもしない

 

みたいなのが延々と書かれているクソゴミ設計書をもとにコードを起こしていたような状況からとあるきっかけで俺が趣味の開発で結果的に身につけた技術力を買ってもらい、まともなコードを書かせてもらう場所に拾い上げてくれた人なんだ。

最近はあまり仕事で関わっていなかったのだが、俺がいつか死ぬ時に、人生でお世話になった人を5人あげるとしてら、間違いなくあがることになる人だと思う。正直、育ての親くらいの感情を抱いているかもしれない。

でもって、その上司退職意思を伝えた所、引き止められた。というか思いっきり泣かれた。俺にいろいろと仕事をまかせたいと思っていた矢先だったようだった。ただ無理やり引き止めるつもりまではないとも言われた。退職を考えるほど酷い状況になっていたことに気づかずすまんとも。演技でこういうことをする人ではなく、そこまでされると、心が動かなければ人間ではない。

実際、件のパワハラーはもう上司ではないので、転職する理由の大部分はなくなっているともいえる。でも内定をもらった企業は非常に魅力的なんだ。もうこんなチャンスはないかもしれない。

でも例のパワハラーはまだ会社にいるので、同じ会社にいれば関わるハメになるだろう。本当にもう関わりたくない。そもそもパワハラ被害を防げない会社の仕組みそのものがもうダメなような気もしている。今回のパワハラ問題解決に尽力してくれたのもこの人であり、この人の後ろ盾なしに俺がこの会社で生きていける気が全くしないのも問題で、本質的には自分はこの会社にいてはいけない人間な気もしている。でも尊敬している人にひきとめられている。でも内定を得た会社は魅力的だ。

どうすればいいんだろう。

熱中症らしき症状で救急車を呼んだ

金曜日15:40分頃、アパートにて起床。だが、おかしい。

体がだるいし、目が開けられない。私の寝起きには良くあることだが、今回は一段と重い。

何とか体を起こして立ち上がるが、どうもふらふらするしかも動悸と吐き気がする。いつものように首筋に寝汗をかいていない。なんだこれは?

温度計を見ると30度とある熱中症や脱水症状に思い至り、冷蔵庫を開けてお茶を飲み、また横になる。リモコン扇風機を付けた。冷房は壊れている。

少し経ってもいずれの症状も治まらない。お茶では足りないのか。

どうにか起きてコップに水を入れ、塩を溶かして二口ほど飲む。まずいが仕方がない。

再度横になって様子を見る。

16:00分頃、周期的にこみ上げる吐き気と動悸は一向に回復する様子はない。悪化している?

意識はしっかりしているつもりだが、一人暮らしなので、もし失神でもしたら恐らくアウトだ。

私は緊急社会システムアクセスすることにした。即ち119への電話である

自己判断死ぬよりはいくらかましだ。

電話口の相手には救急であること、住所、アパート名、名前、症状を伝えた。

あなたご本人ですか?」「はい

熱中症とおっしゃいます思い当たる節があるんですか?」「30度の部屋で寝すぎました」

「わかりました。今救急車が向かっています。ドアの鍵を開けてお待ちください」

大体このようなやり取りで電話は終了し、私はベッドに倒れる。その後体感で5分程度でサイレンの音が聞こえてきた。

インターフォンが鳴らされたので出る。もう何も考えたくない状態になっており、救急隊員とのやり取りは覚えていないが、症状を説明して歩けるかどうか確認され、身分証が入っている鞄を持って戸締りをしたことは記憶に残っている。そういえば隊員の方に顔が真っ白と言われた。

寝巻きのまま自力で歩いて救急車まで行き、中のベッドに横になる。

そして指や腹部に何やら得体の知れないものを付けられる。どうやら指に付いたもので脈を取るらしい。

次いで血圧と体温をはかる。体温37度らしい。平熱34~35度の私にとっては発熱状態と言えそうだ。風邪でもないのにこんな体温になるとは。

搬送先の病院を見つけて頂く間、ライトで目の確認、痺れや神経の確認などをされる。

3名の隊員に来て頂いているが、常に1人は私の横にいて見張ってくれるようだ。大変失礼だがこの方の目は怖かった。口調は丁寧そのものであるのに。

「お名前言えますか?」「生年月日は?」「年齢は?」「今日の日付は?」「ご実家電話番号は?もしかしたらご家族に来てほしいということがあるかもしれません」「今の症状はいかがですか?」「ご職業は?」

質問には全て答えられたが、いかんせん体がだるい。喋るのも億劫だったが否やもない。

他には、今まで似たような症状を経験たかどうか、過去に何か大きな病気にかかったか、持病はあるか、普段何か薬を飲んでいるか、などだった。それ以外にもあったかもしれないが覚えていない。一週間前まで夏風邪にかかっていたことを確かここで話したか

質問最中には別の隊員の方が私の状況を年齢性別と共に病院に伝えてくれているのが聞こえてくる。2、3回、この病院はかかった事があるかと聞かれるが、全て初診の病院である。金曜午後4時とあってなかなか搬送先が見つからないようだ。付近で行った事のある病院を聞かれたので、以前風邪とき見てもらった個人のクリニックの診察券を見せるが、すでに診療時間外であった。

今思えばこの質問攻めとも言えるものは、必要情報を得ると同時に意識を失わせないようにするためのものだったのだろうか。

この間に動悸は治まりめまいも軽減したようだ。何も考えたくない状態は変わらないが、症状としては吐き気のみになっている。救急車の中の温度が功を奏したのだろう。

やがて搬送先が見つかり、移動開始。車内はゆれるので何かあったら伝えてほしいと言われる。

10分ほど揺られて病院に着いた。体に付いた器具は到着直前に全て外される。

どこにある何という名前病院なのかもわからなかったが、どうでも良いことだった。ベッドごと救急車から降ろされ、救急室へ運ばれる。

移動中、看護師さんらしき方が「大丈夫ですよ~病院に着きましたからね~」と声をかけてくれる。

救急室に入室。時計をチラッと見てみると、16:28分ごろだった。

救急車のベッドから救急室のベッドへ体を移動する。「ゆっくりで良いですよ」と優しい。

そして胸部腹部に器具を付けられる。心電図か。指にも脈を取るための何かを付けられる。たちまち救急車の中とほぼ同じような状態になった。

症状とそうなった経緯を聞かれたので説明する。もともとロングスリーパーで、前日の22時から寝ていたと言うと驚かれた。

ここで気付いたが、やたらと女性が多い。医師の方も女性であり、経緯と症状を説明している救急隊の方以外に男性がいない。

救急室で何をされたか、おぼろげにしか覚えていない。時系列がぐちゃぐちゃだが思い出してみる。

思考停止状態の私はなされるがままぼーっと目の前にある特徴的なライトを見ていたと思う。手術室にありそうなUFOのごときあれである

確か、もう一度目にライトを当てられる。首を左右に振られる、などだ。眩暈はしない。

採血しますよ。その後点滴打ちますからね」なんと。この状況で血を抜かれるのか。まあ、もう任せておこう。「アルコールはかぶれませんか?」かぶれたことはない。大丈夫だ。

じゃあ3本などと聞こえた気がするが、見ていないのでどれだけ採られたのかは定かではない。

点滴の後、それから看護師の方に心臓部に何やらローラーを当てられてぐりぐりと動かされる。なかなか終わらない。鈍痛的刺激である。私の体のせいか、どうやら目的を達しづらかったようだ。医師の方に交代するが、それでも時間がかかっていた。体を左に傾けるように指示される。よくわからないが、これで成功したようだ。

喫煙飲酒確認をされる。煙草は吸わないし酒は2週間に一度ぐらいだ。

あとは、目の前に指を出され、目で追ってくださいと言われる。問題なくできた。

めがねのような物をつけて天井を見るようにと言われる。とてもぼやけるレンズで、まともに外界を見ることが出来ない。気持ち悪くなったりしないかと言われるが、大丈夫だった。

「私の指先と自分の額を指で往復してください」これもできた。

親指に何かを打たれ、出血したときにその血を器具で調べるということもされた。結構痛くて指が震えてしまった。チラッと顔を確認される。「痛かったですか?」「はい少し」などと会話して気恥ずかしくなった私は目をそらす。

おおよそ処置が終了したようで、救急室にいる人数も少なくなってきたか

点滴が効いたのか、この頃になると吐き気もほぼなくなっていた。

実家電話して頂いたようだが、出なかったのだろう。連絡の付く時間を聞かれるが、今いないのなら深夜でないと連絡不能である。我が両親は忙しい。

迎えのための連絡先を聞き出される。

しかし、連絡先が入っているスマートフォンは持ってきていない(これがまずかった)し、普段の連絡はメールであるデジタルネイティブである私は両親の携帯の番号など全く覚えていない。「おじいちゃんおばあちゃんは?」実家にいるが、祖父はすでになく祖母は離れにいる。電話したとしても聞こえない。「他に近くに知り合いはいいか」いない。

いよいよ困らせてしまったようで、鞄の中のファイルに閉じられた紙に書いてある電話番号を見せられる。「ここは?」「それは職場人間の番号です」「よくわからないな~」申し訳ない。

そうこうしている間に別の患者が来たようで、私は車椅子で別室に移される。何かあったらナースコールをお願いしますと言われ、カーテンを閉められる。

ここでもぼーっと寝ていた。点滴を見る。かなり速いペースで滴が落ちていて、少し経ったら終わった。まさか25歳で救急車のお世話になるとは思わなかった。天井を見ながら、そういえばネットでふぐの毒にあたった人がこのような光景写真をアップしていたな、いやあれはただのネタだったか、などと考える。余裕が出てきたのか。

その後、先ほどの看護師の方がやってきた。曰く、連絡が付かないなら無理に付けなくて良い。血液検査の結果が出て問題なければ帰宅。と先生がおっしゃっていたということだった。

またしばらくして先ほどと同じ方がやってくる。「救急車で来た方は、病院荷物を預かったことになるんです。今回は靴と鞄です。お受け取りのサインをして下さい」なるほど。いつの間にか私の鞄も右に置いてある。気付かなかった。

さらに少し経って医師の方が血液検査の結果を持ってやってきた。2項目ほど異常値だが比較的きれいであり、問題は見受けられない。めまいには二つあって、脳か耳が原因だが、前者は考え辛く、後者をチェックするために耳鼻科受診お勧めする。それから、ご家族には今日救急車で運ばれたことを伝えるように。それから暑いので、クーラーを付けないなら窓を開けて寝ること。脱水は正直わからないが、水を2リットルほど飲んだほうが良いことを伝えられる。

次に医師ともう1人の方が水を持ってきた。「体を起こして、飲めますか」問題なく一口飲む。「込みあがってきたりしませんか」大丈夫だった。

最後確認として、点滴スタンドの取っ手を杖代わりにして立つことを指示される。立てるし、眩暈はない。そして、靴を履いて歩く。歩ける。綱渡りをするように、前に出ている足のつま先に後ろの足のかかとを持ってくる歩き方でまっすぐ歩けるか。できた。

大丈夫そうだ。医師も同じ判断らしく、帰宅の準備に入る。「お帰りはどうしますか?」「どうしましょうね……」「お金があればタクシーが良いですね」なるほど。

点滴を外され、消毒したガーゼを当てられるので、自分で押さえておく。太い針だったようで、少し待つ必要があった。その後テープで固定される。

荷物を持って靴を履く。会計場所説明されたので、医師の方に今回のお礼を言って移動する。

そういえばめがねをかけていない。視力が悪いので少し視界がぼやけているが、目を細めながら会計に到着し、救急で来たことを伝える。診断書を書いて提出して待つ。この間に時計を見やると、18:40分ごろだった。少し経つと名前を呼ばれる。

この病院の診察券を発行して頂いたようなので受け取って精算する。合計8000円と少しらしい。持ち合わせの現金では足りなかったが、クレジットカードが使えて助かった。会計後、タクシー駐輪場所を聞いてそこへ向かう。ちょっと迷った。

最初は寝巻きのまま外を出歩くのに違和感があったが、状況が状況である。気にしたところでどうしようもない。会計では、タクシー駐輪場所にいなかったら自分で呼ぶようにと電話番号を書いた紙を貰っているが、電話がないのでいないと困る。しかし、運良く一台のタクシーがとまっていた。

手を挙げて乗る意思を伝え、自宅アパートの住所を伝える。タクシー代は1700円と少し。現金で支払った。

帰宅後、何はともあれ水分補給をする。そして熱中症で運ばれたことを家族と友人に伝える。だが、ここで部屋の温度と湿度に気付く。間抜けな!この環境から事が起こったんだろう。

すぐに窓を開け、付けたままになっていた扇風機の風力を上げる。これで涼しくなる。

時間か休んだのち、着替えて近所のスーパーへ向かう。ポカリスエットと水とカロリーメイト、そして食料を買った。

ところで私が運ばれた病院はなんという病院なのか?診察券を見てみると……なるほど、女性が多かったのはそのせいか

なんとも稀有体験をした一日だった。直接お礼が言えたのは医師の方のみだったが、今回119の電話を受けて下さった方、私を運んでくれた救急隊員の方、処置をしてくれた医師及び看護師の方には心よりお礼を申し上げたい。


反省

・初期の対処

扇風機を付けただけでは足りなかった。すぐに窓を開けるべきだった。

・部屋の冷房が壊れたまま

早く直さなければならない。

病院に両親の連絡先を伝えられなかった

必ずスマホを持っていく。緊急時であればあるほど重要

めがねを忘れる

持って行く。

追記

暖かい言葉を頂いてとてもうれしい。私の部屋も暖かいぐらいの温度だったら良かったのだが。

こんなことで救急車呼ぶなと言われるのも覚悟していたが、全くの杞憂だったようだ。

30度でもここまでの症状になるのか。体質にもよるんだろうけど。

素人の推測だが、長時間睡眠で水分が取れなかったためだろう。目が覚めて良かった。

冷房使わなかった頃は2Lのペットボトルを凍らせてバスタオルに包んで寝てたな。500MLのPBでもタオルでくるんで脇の下、首筋、太もものいずれか(動脈のある部分)に充てるだけでも体内の温度を下げる効果がある。

発想がすごい。これはやってみよう。

じゃなかったオチだと思って最後まで読んじゃったけど熱中症だったのか?

あなた熱中症ですとははっきり言われなかったので真相はわからない。

重症だと意識障害や手足の痙攣などが起こるらしいので、私の場合熱中症だとしても比較的軽いものだったのだろう。

ロングスリーパーはい睡眠時間の長さが異常。別の病気も疑ったほうがいいような気がする。

まれ持った体質と思って諦めているが、確かに少し調べてみても良いかも知れない。

興味深かったが何故そうしたのかよくわからない箇所でぼかした記述が入ってる。増田肥満体型で搬送されたのは産婦人科だったのだろうか?

診察券のくだりだと思うが、女性が多かったことを説明するためにはこの病院名前を一部書く必要がある。

だが試しにそれをググッたら、一部と言えどもあっという間に特定できそうだったので一文字も書けなかった。

2017-07-21

巨大なファイルコピペすると、転送速度は最初だけ速くて

だんだん落ちていく、いい加減にしてくれたまえ

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719154009

VBAがしこまれExcelファイルって下っ端にまわってくるころにはたいてい壊れてるんだよな。

もうすこし運用をしっかりしてほしい。

2017-07-17

会社で暇なんだが

決まってないといけないことが全く決まらなくて、来週は仕事が無い予定。

とりあえず半日セミナーが入ってる。

それ以外の3.5日、何すればいいだろう。

新人のころ干されてた時、仕事が無いって言ったら

ファイル整理とか掃除とかあるだろ!甘えんな!」って言われたけど

そんなの数時間で終わってしまうだろ。大体ファイルなんて元から綺麗で汚す人もいないし。

ちなみに本を広げるのは禁止なので資格勉強とかできない。

明日から何やろう。

同人音声の製作者の方へ

添付のreadme.txt作品タイトル必ず書いておいてほしい。

作品音声プレーヤーに入れるときタイトル設定するのにコピペできなくて購入サイト開き直さないとなので不便。

こんなことと思うかもしれないけど、思いの外記入してない作品多い。なんでだろう。

ついでにジャケット画像画像ファイルとして入ってると嬉しい。

2017-07-16

エディタで使いたいんですが、rubyrails辞書ファイル定番ってありますか?

自分抽出しようと思って単純に def キーワードgrep しようと思ったら privateメソッドも含まれてきてしまうのでダメそうです。

2017-07-14

かんぺきなぷろぐらみんぐ

Sub workbook_open()

Dim t As Variant

t = Time

t = Mid(t, 1, 2)

If t < 9 And 12 Then

ElseIf t < 13 And 18 Then

Else

ActiveSheet.Shapes.Range(Array("Oval 1")).Select

Selection.ShapeRange.IncrementLeft 31.5

End If

End Sub

ハハハ!これでファイルを開いた時が午前中だったら図形はAMの所に!

午後だったらPMの方に図形が自動的に移動される!

自分の才能が怖いぃ!

図形の移動もVBAで

図形の移動もVBAで制御出来るのかと試しに記録してみたところ、

ActiveSheet.Shapes.Range(Array("Oval 1")).Select

Selection.ShapeRange.IncrementLeft 31.5

見事に出来た!

いやっほう!これにif足せば、ファイルを開く度にマウスを動かす必要が無くなるぜ!

あ、でもファイルを立ち上げると自動的マクロが実行されるようにしないと。

……できるの?

Excel方眼紙にはたとえ消極的であっても肯定できる理由などない

Wordなど他のソフトが使いづらい/コストが高いという理由Excel方眼紙擁護しているブコメがある。

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/clapon

Wordだとレイアウト勝手に変わってムキーっとなるからExcel方眼紙を使わざるを得ない。印刷がずれる問題コピペ問題があるけど。

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/fusionstar

Word は Enter 押すと行挿入になってすぐレイアウト壊れるしなぁ。 罫線主体様式なら Excel のほうが十倍速く作れるのはまちがいない。

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/shields-pikes

Wordで作るよりはマシ。データ連携演算目的じゃなくて、入力箇所と表示位置指定できて、全PC標準装備のソフトで誰でも編集印刷できるフォーマットが作りたかったんだろ。目的によって必要品質は変わる。

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/kitakokomo

本来ならイラレInDesignあたりですべき仕事なのだが、そんなものOfficeには入ってないし正規で買うとアホみたいに高いしaiファイルなんて送られても普通の人は開けない。Excelで書くしかないんだよなあ

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/shozzy

あえて書く。1セル1文字入力しづいから論外だが、セル結合してあれば普通に入力できるし参照もできるから問題ないのでは?レイアウト自由にできるという利点も。他に追加コスト無しで同様に使えるソフトある?


別に問題ないというブコメ散見される。

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/yum1271

いつもExcelが叩かれるけど個人的には問題ないと思ってる。具体的に何が悪いんだっけ?ITレベルが低いから叩く?フォーマットを作ることは効率化になると思うんだけど。このために数百万の専用ソフト買う?

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/muu2000

エクセル方眼紙ってだけでみんな好き勝手叩いてるけど、エクセル方眼紙にもメリットデメリットあるだろ。データとして活用しにくくなるとは思うが、そんな叩くことか?なんか問題あるのか?

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/tnishimu

一度渡して終わりなファイルならこれでいいんだよ、作った当人にとって効率的ならそれで十分だ。 それよりマシな程度でエクセル知識自慢の方が非生産的

http://b.hatena.ne.jp/entry/341713451/comment/hyoutenka20

統計表をセル結合しまくったEXCEL方眼紙で作ってるなら問題だけど、今回はそこまで問題は感じない EXCEL方眼紙IT詳しい系の人たちの上から目線ネタになってる感


これらの人々は重要なことを忘れている。

あるいは気づいていても目を背けている。

それは, この程度の文書レイアウトに凝る必然性など1ミリもない ,ということだ。

大事なのは中に書かれている情報であり,それが伝わるのであれば1セル分ずれようが10セル分ずれようが問題は全くない。

普通にプレイテキストでタブを使って書けばいいだけの情報であり,こんな細かいセル位置合わせするのはムダでしかない。

こういうブコメを書くような人々が,PowerPointで改行と全角半角空白を駆使して位置合わせをしたり,HTML
を使って位置合わせをしたり,Webデザイナーに「この文字を0.5ピクセル左へ」と言ったりしてるのだろう。

残念ながら日常作っている文書Webサイトはごく一部を除いて芸術ではない。実用品だ。

見た目にしか努力できない人々にとっては不都合かもしれないが,それが真実である

実用である以上,かけるコストに対して得られる効果を常に考慮すべきだ。

ゆえに(繰り返すが)情報が伝わりさえすれば問題ないものに,方眼で位置決めして「手作業によるぬくもりのある美しいExcel文書」を作るのが正当化されることは決してない。

見た目にコストをかけるのなんて控えめに言ってムダなのだ

そこにあるのは 自己満足だけ であることから,目を背けてはならない。

2017-07-13

ホワイト企業に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

大企業名前だけならたぶんほとんどの人が知ってる。毎日定時に帰れて、週休二日で、有給もフル消化できて、給料福利厚生も申し分無くて、寂しい時は社内イベント勉強会に出てワイワイできて、仕事もそこそこ面白い。だけどもうダメかもしんない。

俺はエンジニアだ。うちは IT 企業だ。俺はエンジニアとして働くつもりで入社した。面接でもそう言ったし、先輩にも上司にも主張した。衝突も多かったけれど、概ね希望は通ったと思う。今の仕事面白い。でも、それでも、もうダメかもしんない。こうしてお酒を飲みながら不満を垂らしちゃうほどに。

服装

スーツ強制である意味がわからない。あんな窮屈な服をわざわざ好んで着るほど俺はマゾじゃない。

営業マンオフィス街に勤めるビジネスマンだってんならまだわかるけど、違う。田舎に構える拠点だ。俺たちはエンジニアだ。仕事しやすい格好であるべきだ。だからといってさすがに裸は非常識だが、ジーパンくらいはいいじゃないか。

たまにお客さんやお偉いさんが来る時もあるけど、そんなの応接室で応対する奴だけ正装すればいい。なんで俺たちにまで押し付けるのか。本当に意味がわからない。マゾという性癖を押し付けたいの?

Webフィルタリング

ネットニュースは見れるくせに、Twitter は見れない。技術用語で検索して情報収集できることを知らないのかよ。

Stackoverflow や Quora や Qiita も見れない(知恵袋は見れる)。GitHubBitbucket も、そしてはてなさえもだ。え?IT企業だよね?何の冗談だよ。全然笑えないぞ。

情報漏えい対策です」だって?だったら POST だけ禁止すればいいじゃん。一部のサイトはそうしてるじゃん。情シスなのに GET と POST の違いもわからないの?

とにかく不便で不便で仕方がない。管理職は「自分のスマホで見ろ」「制限解除した専用タブレットで見ろ」とかほざいてるんだけど、なんでいちいち PC から離れてそっち見なきゃいけないの?コピペしたい時とかどうすんの?効率って言葉知りませんか?何なの?マゾなの?

ウォーターフォール

ウォーターウォールが常にダメとは言わない。ただウォーターフォールは昔のやり方であって、少ない人材スピードも求められる現代ではだいたい役不足だ。にもかかわらず、馬鹿の一つ覚えみたいにウォーターフォールで開発しようとする。

テストコード書いて効率化して暇を持て余して改善に勤しむ俺よりも、いっしょうけんめい(笑)ワード使ってコード日本語にひたすら翻訳するという詳細設計書執筆に勤しんでる奴の方が評価されてるという現実。第一ウォーターフォールに従うなら先にコードができてるのもおかしいじゃねーかよ。

開発審査

ウォーターフォール続き。開発審査といってこれを通過しないと先の肯定に進めない関所みたいな審査があるんだけど、これがまた冗談みたいに面白い(笑えない)。何十年も(何年も、ではない)前につくられた基準で、かつ無理矢理定量的解決しようとした体系をしていて、結果、

「30ページの仕様書ならレビューはx時間しているはずだ」

「x時間に至ってない?それはおかしい。x時間になるまでレビューしろ」

「x時間超えてる?それはおかしい。なんで超えたのは理由を説明しろ」

なんてことが起きている。何なの?ソフトウェア開発がそんなに単純にいくと思ってるの?そんなはずない。みんなわかってる。だけど逆らうこともなく、おかしいとも思わず、ただただ過剰な仕事を投入したり、数字いじりと作文に勤しんだりする。一体何と戦ってるんだよ。

パワポ民族

ちょっとした資料でもパワポが強要される。テキストで書くと渋い顔をするし、他部署や他拠点、部長より上向けの資料となると絶対に OK が出ない。

独自フォーマットじゃねえよ。Markdown 知らないの?別に Markdown 覚えろって話じゃない。ちゃんと見易いテキストで書いてるだろ。分量的にも、話題的にもこれで十分だろ。なのにわざわざパワポなの?何がしたいの?パワポ萌えなの?勝手にやってろよ。俺たちまで巻き込むな。

PC

PCとディスプレイは会社側が用意したものしか使えない。Windows 強制メモリとかCPUは家電量販店で売ってるレベル。いやそっちの方がまだ高性能かも。おいおい、総務とかじゃないんだぜ?エンジニアですぜ?開発マシンだよ?こんな貧弱なマシンでどうしろって言うの?

キーボとマウスディスプレイ枚数が自由なのがせめてもの救い。といってもディスプレイは会社支給品なので一人あたりどう頑張ってもトリプルだけど。

サーバー

サーバー仮想マシン動かしてそっちで開発しようとか、むしろ開発用のハイスペックマシン手に入れようとか画策するんだけど、無理。調達できない。壁が二つ。

上司の壁。「何贅沢言ってんの?」 贅沢じゃねえよ。それ営業マンに向かって「車?何贅沢言ってんの?(原付あるだろうが)」て言ってるようなもんだぞ。

会社の壁。やたら承認やらエクセル申請書やら冗長で数日じゃ終わらない。ちょっと記入ミスってたらやり直し。融通の利かないお役所仕事そもそもお金が無いからそんな調達できないんだってさ。無いことはないだろ。利益出してんだろうが。その金はどこ行ってるの?お偉いさんがガハハとかっさってんの?

結局、今部署にある分でやりくりしなきゃいけない。だいぶ昔から使ってるやつだから古いし、キャパも限界。使わないマシンを落とさないと他が使えなくて、そのためにみんなに使用状況聞いて回るとかしている始末。おかしいだろうがよ。

え?クラウド?「クラウド企業秘密置くなんて何事だ!」だってさ。だったら紙で仕事してろよハゲ

常駐ソフト

必ずインストールして常駐させるソフトが結構ある。特にセキュリティ系。中には Windows Update みたく動作に支障を及ぼすものもある。お前自身がウイルスじゃねえかよと言いたくなるレベル

あと全体的に実装が稚拙なようでメモリも CPU もやたら食う。ソース見せてもらえないから何とも言えないけど、初心者ゴリ押しで書いたみたいな臭いがする。これで何百、何千の人間の、いったいどれだけの時間を無駄にしているんだろう。

インフラ

インフラがとにかく弱い。メンテナンス日常茶飯事だし、入社年度とか拠点とかでアクセスしていい時間帯を分けるようアナウンスするし、24時間稼働じゃないし、稼働するにしても昼休憩とか夜間とか制限かけるし。自社のインフラさえままならない企業にいったい何ができるというのか。

本当に力入れた方がいいと思う。どれだけ損失してると思ってんだよ。お偉いさんのイベントで主張してみたりもしたけど、俺が浮いただけだった。こういうことに関して鈍感なのがデフォなのだ

IE

社内システムはほとんど IE しかサポートしてない。バージョンまで固定する始末。UI もレガシーだし、UX も全然考慮されてなくて、フォームを何十個もずらずら並べたみたいなページが普通に登場する。

バージョン管理

SVN である。これでもまだマシだ。いや SVN も相当にオワコンだけど(Git 信者が何を知ってるって?いやいや Git 知らないだけでしょ。gitignore が無い時点でどれだけレガシーなのかがわかりませんか)。

ひどいと VSS とかい化石だったりする。VSSて何ですか?だよね、知らないよね。調べてみるといいよ。面白すぎて笑えない。

残業体質

今上に立っている人たちが残業何十時間何百時間当たり前の世界バリバリ頑張ってきた人たちだから、そういう価値観蔓延している。残業40時間くらい何とも思わない人種である。いや40でも十分多いから。

物理的に仕事が多いならわかる。本質的に難しいことしてるならわかる。残業しなきゃままならないシチュは存在する。でもそんなの見たところ一握りだよ。大半はただだらけてて怠けてて非効率的無知なだけ。

いや、無頓着というべきかもしれない。たとえばつい先日こんなことがあった。レビューで(俺はレビューア。他にもたくさん)、レビューイがブラウザからファイルダウンロードした時にブラウザなのかダウンロード先なのかどこかおかして、ブラウザフリーズしたのね。イラっとするじゃん?と思ったら、したのは俺だけだった。数十秒くらいは続いたのに、俺以外はみんな平気な顔してた。平然と待ってた。そういうことに無頓着なんだ。プログラマの三大美徳を備えろとまでは言わないけど、そこまで無頓着なのは社会人として、エンジニアビジネスマンとして、どうかと思う。

俺は巻き込まれたくないからうまく立ち回っていて、帰ろうと思えば毎日定時で帰れるが。この体質はほんとどうにかした方がいいと思う。

全角

数字とスペースを全角で打つのはやめろ。それが許されるの小説だけだ。

コード規約「タブ4文字

インデントはタブを挿入すること ← 俺はスペース派だが、まあわかる。規約ならしゃーない。

タブはスペース4文字であること ← え?

いや何文字かはこっちが決めることだろ。何自由奪ってんだよ。

「従わなければいいじゃん」 俺もそう思ったよ。でもね、みんなね、レイアウト整えるのにタブ文字を入れやがんだよ。わかるかい、タブ4文字にしなきゃレイアウトが崩れるってことだよ。おかしくない?レイアウトはスペースで揃えよ。タブが許されるのは行頭のインデント部分だけだよ。

この件について戦ってみたことがあるけど、誰一人として賛同は得られなかった。俺は自分勝手な人間との烙印を押されただけだった。エンジニアとして主張すればそうなっちゃうのがうちなのだ

この件については宗教論争的なこともあるから最悪引き上がる覚悟もあった(それにぶっちゃけ手元のエディタツールで変えればいいことだし)。でもどいつもこいつも真面目に考えることなく、俺を一蹴した。俺が嫌いだから?何大人げないことしてんの?小学生かよ。意見を見ろよ、中身を見ろよ。

REST API

こんなことがあった。

オンプレで立ち上げてるサービスに対して REST API勝手に使ったら怒られた。曰くシステムがダウンしたらどうなるんだと。業務停止するだろうがと。

言ってることは正しいけど、だったらエントリポイントを閉塞しておけよ。あるいは注意で REST API 使うなと書いておけよ。REST APIデフォサポートしていて、何の注意や閉塞もなく解放されているなら、それは自由に使っていいってことだろ?(もちろんだからといってリクエストバーストさせていいわけじゃないが)。悪いのはそんなことも知らなかった無知管理者だ。責任転嫁するな。

ちなみに閉塞案と注意追加案と提案してみたが無視されている。もちろんそれらを行う権限は俺にはない。

口頭至上主義

チャットの意義は Pull 型コミュニケーションができることだ。受け取った側の都合で返信できることだ。送る側も、そのことを前提とした上で、期限に余裕のあることを送るのだ。

このことを知らない人があまりに多い。とにかく彼らは口頭を好む。え?あんたら、忙しいよね?むしろ俺は配慮してあげてるつもりなんだけど。口頭で割り込まれることでどれだけ集中を阻害されているかがわからないんだろうか。

まあ俺はいいけど。集中削がれて非生産的になって遅れるのはあんたらだから。俺には関係無い。もちろんそのせいで俺にまで影響が及ぶのだとしたら、そこは全力で反抗する。そういえば以前、この件で上司上司に対してチャットでみんなに意見を尋ねてみたら、問題行動として垢BAN食らったっけなあ。その部署からは異動しました。

C言語手続き

C言語手続きプログラミングマンがあまりに多い。OOPを使っただけで、Ruby スクリ実装しただけ異分子扱いされて「そういう最新技術を誰もが知っているわけじゃない」「自分が知っているからといって無闇に適用するにはやめろ」とか言われる始末。最新技術って。ジョークだったんだろうか。あの時は思い切り笑った。その先輩とは今でも疎遠だ。すれ違っても挨拶してくれない。

まあこれは部署や部門の問題だと思うけど。たとえば OSS で食べてる部隊ではそんなことはない。

自社製品うんちく

昇進するための要件として資格取得がある。公的資格だけじゃダメで、社内独自の資格必要なんだけど、この資格たち、試験でどうでもいい自社製品うんちくばかり問うてくるものであるはてなを例にするなら、創業メンバー全員(一人かもしんない。知らん)のフルネームを答えよとか、創業日を答えよなど。

それ、覚えて意味ある?何がしたいの?愛社精神擦り付けたいの?そんなことしても逆に離れていくだけだと思うけど。違うかな。じゃあ何のためだろ。全く見当もつかない。それくらいに不可解だ。

ソフトウェア使用前の承認

ソフトウェアを新しく使用のにいちいち承認必要かいうふざけた制度があった。ソフト使うのって、エンジニアにとっては日常茶飯事じゃん。いちいち承認してたら進まないだろ。

それでもルールなら仕方ない。俺は何十という承認依頼を送った(ちなみに部長以上のお偉いさんが承認者になるという慣習がある)。反応が悪いし、仕事が進まないので口頭でも催促した。一蹴された時は「ならもっと上の人に掛け合います、XXさんが相手にしてくれなかったので来ましたって」的なことを言ったりもした。

結局、俺の部署では「なるべく新しいソフトウェアは使わないこと」「どうしても使いたい場合自己責任で導入すること」「もちろんウイルスチェックはちゃんとしてね」「実績のあるソフトだけ使ってね」みたいな緩いルールが新設されることでケリがついた。

今でも多くの部署承認制のままだろう。みんなどうしてるんだろ。それで仕事になるの?

足を引っ張る人達

うちは IT 企業なのに、リテラシーに明るくない人がいる。たとえば Wiki の書き方も知らないような人がいる。そういう人が部下を仕切っていたり、社員を支えるスタッフ業務に携わっていたりする。

エンジニアとしてより良いやり方を提案しても、導入しても「難しそう」と一蹴されるばかり。そもそも、ここまで上述してきたことに対してピンと来ることさえない。

厄介なのは、会社そのものがそういう人達に足並みを揃えようとするところだ。だからエンジニアにとっては物足りない、窮屈で、非効率的で、むしろ邪魔しかならないようなシステムや仕組みや施策ばかりが降ってくる。元を辿れば煩わしいセキュリティソフト群や承認フローの多さも、一部のバカが何かしでかしたせいだ。

一部の人間が足を引っ張っている。大企業であるということ、図体が大きいということは、そういうことなんだと思う。そうするしかないのだろうか?個人的には、エンジニアとそれ以外に二分して、前者には前者のインフラなり体制なり整えればいいと思うんだけども。

自転車でたとえてみる

うちの会社の連中は、彼らはエンジニアではない。思えば余暇技術的な話をすることが一切無い。彼らにとって技術手段しかないのだろう。エンジニアとしての矜持というものは存在しないのだ。

たとえるならママチャリに乗っている人達みたいなものだ。ロードバイクに乗る人からすればママチャリ手段としてありえない。ロードの方が何倍も早いし、移動範囲も広がる。けれどママチャリ乗りはロードには乗らない。そんな世界があることをそもそも知らないし、知っているにしても努力してそこまで至ろうとは思っていない。今のままで十分だと思っている。

同じなのだ。彼らもまた今のままでいいと思っている。エンジニアリングのエの字もわかっていない。無論、ただのママチャリ乗りならそれでもいいんだけど、俺たちは IT を生業とする会社だ。ロードレースでメシ食べてるようなものなんだよ。なのにママチャリのままなんだ。どう考えたっておかしい。それで勝てるわけないだろ。この先どうすんの。今はたまたま誰も走ってない道を走ってるだけだ。そういう道も着実に少なくなってきているし、ママチャリで頑張って登ろうとするゴリ押しマン要員も減ってきている。

色々書いたけど

他にも挙げればいくらでも出てきそうだけど、疲れたんでこの辺で。

俺も偉そうなこと書けるほどのエンジニアではないし、ちゃんと読みやすいよううまく書けたか自信ないけど、それでも書かずにはいられなかった。

このエクセルファイルが本物とは信じたくない

https://togetter.com/li/1129182

画像を見ると何かの案内なんだろうけど、

なぜこんなにセルを細かくする必要があるのか?!

釣りだといってほしい。


と思ったら弊社のおっさんが似たようなファイル

を作っていた。

--------------------------------------------

なんて書いてみたものの、実際エクセル方眼紙

作るのは大変じゃない。

togetterコメにどれだけの労力が……と書いて

いる人がいるか、このレイアウトを作るのに正直

10分もかからない。

エクセル操作に慣れていればの話だけど…

ホームページ公開はどのサービスおすすめ

ブログだとライブドアFC2アメーバはてなに、と有名どこで安定してるのがいろいろある。

無料でも十分に使えて、急にサービスやめますとか言われる心配ほとんどない。

私はライブドア増田の2つを使ってる。

昔はFC2ちょっと使った。

最近ブログだと流れていくから日記みたいのじゃなくて情報まとめるようなページはホームページ形式にしたいと思ってる。

ただ、ホームページ公開する無料サービスってブログほど安定してるのがぱっと出てこない。

求めてる条件はこのあたり

  • 無料
  • 広告控えめ
  • 容量が最低でも 1GB、 5GB10GB あれば嬉しい
  • 単に公開するだけでいい
  • 10年は続きそう

質を求めるとレンタルサーバとかになってきて、お金がけっこうかかる。

ブログでアフィもやってるが、アフィのためのブログじゃなくて隙間の寂しさを埋める程度においてるから年間5000円も稼ぎない。

から有料はNG

広告コンテンツ邪魔するレベルに主張するのは無料でもNG

FC2使ってるサイト広告で見づらいとよく感じてる。

ライブドアブログだと500MBのFTP領域あるからそこを使うこともありだけどちょっと容量小さい。

最近CMでみるWIXみたいなマウス操作でかんたんデザインとかは要らなくて、1からHTML/CSS/JavaScriptで好きに作れるのがいい。

FTPなどでファイルあげてそのまま見れるようなもの

github などのホスティングも基本はいいけど、バージョン管理不要だし、フォークしたりみんなで作っていくものじゃないから求めてるのとは違う感じがする。

実際に10年使うかはわからないけど、それくらいは大丈夫そうって思うところがいい。



最初にあげたブログたちのサービスからすれば無理ってほどじゃないと思うけど、ホームページだと同等程度のが全然ない気がする。

あと、お金からない前提だから海外でも問題ない。

web hosting比較系を見ていると日本と違って、GB/月とか無制限はみかけるけど信頼性がわからないのが問題

使っていてここおすすめと思えるところあったら教えてください。

明日ハノイ😆😇😇😇

ハノイでは😇😇

ニンテンドースイッチ🙃🙃🙃🙃🙃

やるぞ😇😇😇😇😇😇😇😇😇😇

マッサージはその道七年の若手キャリアを誇る女性指名してめっちゃほくしてくる

ガチなやつ。ガチマッサージ

もちろん新しい曲と本とニンテンドースイッチ🚨、

そしてスマホにamazonpimevideoでLOSTシーズン1を5話分いれて

飛行機内のエンターテイメントは需給崩壊するくらいコンテンツを持っていく🚕🚕🚕🚕

もちろんスマホはこれを見越し

4月中国時価総額一兆円メーカーLEECO Le max2に買い替えてあり

デュアルシムで日本と現地のシムをシームレスに入れ対応

一緒に行くシムフリーじゃない友達のために

ワイファイルーターgp02購入済

そして😋😋😋😋😋😋

今日メルカリで買った空芯菜の種を庭にまいておくので

帰ったら芽が生えてるかどうか楽しみ😍😍😍😍😍😍😍😍

前門のハノイ後門の空芯菜🤗くGood

そんな感じ!!!

2ちゃんで3週間前から旅行カウントダウンスレ立ててるくらい楽しみにしてた

のしみや😄😄😄

金欠で有名な僕は旅行のために口座を複数分け、有効費、旅行費、食費、交通費すべて管理

から今日はもうすでに旅行用のお金四万円🤗🤗🤗🤗貯蓄炭

しかもそのうち一万円は前回の海外旅行で余ったタイバーツで賄っている😄🗺🗺🗺🗺🗺🗺🗺🏖🗺🗺

楽しみすぎるけど

まずは冷静にARMSをやります

2017-07-10

viVimを瞬時に見分ける方法を知りたい

まず思いついたのが「コマンド名がvimだったらVimviだったらvi」だったけど、

Vimviを名乗っている場合があるから無理では?」

「alias vim=vi、あるいはalias vi=vimされていたら分からないのでは?」

と気付いたので駄目。

次に思いついたのが「色ついてたらVim。ついてなければvi」だけど、

Vimビルド方法によっては色つかないから無理では?」

「一々色付きそうなファイル開いて確認してたら瞬時とは言えないのでは?」

と気付いたのでこれも駄目。

その後に思いついたのが「ggで一番上の行飛べたらVim、飛べなかったらviしかしこれも、

「exrcでggに1Gをmapしてたら分からないのでは?」、

viが改造されててggで飛べたりしたら分からないのでは?catにPOSIXに無いオプションがあるように、viPOSIXに無いキーバインドが追加されててもおかしくないのでは?」、

と思ったのでこれまた駄目。

うーん……。

2017-07-09

仕事パソコンを使うのはもうやめにしよう

全国の介護士のみなさん、今日資料作りに残業していませんか?

もう、やめましょう。

仕事で「Word」や「Excel」を使うのは、もうやめにしましょう。

パソコンで行うから効率がいいという勘違いにはもううんざりです。

パソコンでやるから効率が悪いんです。

いやいや、正確に言うと、正しい使い方も知らないのにパソコン魔法の道具だと思ってしまっているのがダメなんです。

その資料、本当にパソコンじゃないとだめなんですか?

Word」や「Excel」を使わないとだめなんですか?

パソコンを使うからこそ効率よく管理ができる?そもそも管理する必要があるようなことをやっているんですか?

いっそ、全部手書きにして、アナログ管理した方が早いんじゃないですか?

手書きじゃ綺麗に作れない、時間もかかるし手も疲れるというんなら、それこそタイプライターでも使ってみてはどうですか?

タイプライターなら、「Word」もないし「Excel」もない。

まり余計な機能がない。

確かにパソコンを使えば様々な機能があり、それらの機能はとても便利そうに見えるし、使いこなすことによって効率よく仕事ができるような気がするでしょう。

でもそれが勘違いなんですよ。

より便利に、より効率的に、なんて考えてる暇があるならさっさと文字入力したらいいんですよ。

より完璧ファイル管理方法模索している暇があるんなら、タイプライターででも文字入力して、印刷された紙を所定のファイルにでも綴じておいてください。

修正必要

それなら、その紙に直接修正書きしてください。

修正箇所が多すぎる?

それならその紙は別のファイルにでも綴じて、新しい紙を作ってください。

それでもまだ多少の修正があるなら、それはやっぱり手書きで書きこんでおけばいいんです。

そうしておけば、より便利な「Excel」の機能を調べたり設定したりする必要もなくなります

そうしておけば、より便利になった「Excel」のワークシートを見て、どのセルがどのシートのどのセルを参照していて今どうしてエラーが出ているのかを考える手間もなくなりますよ。

文字を書くにしても、「Excel」で作られた下品な枠組みが必要ですか?

そんなもん自作してる暇があるならね、市販の用紙を買ってくださいね

とにかくね、介護士のみなさん、いや、そのボスのみなさん、パソコン魔法の道具じゃないんです。

遊びで使うんならともかくね、仕事パソコン使うには、あなた方ではノウハウが足りなさすぎるんですよ。

きっぱり諦めて、アナログ世界に戻りましょうよ。

どうしてもパソコン使いたいっていうならね、もう「Word」も「Excel」も手放してください。

それでね、信頼できるソフトウェア会社なんかを探してね、こういう資料をこういう人たちが作るためのアプリケーションをこれくらいの値段で作ってもらって定期的に使用感についてのフィードバックも得てバージョンアップしていってほしいんですけど的なことを頼んで、しっかりと制作環境を整えていかないといけないわけ。

そこまでしたくない?

それならさ、ほんと、もっとアナログにいこうよ。

めんどくさいからさ。

2017-07-07

リベ系の奴等は常に正しそうなこと言って終わりなので役に立たない

「見た目問題障害バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ

http://withnews.jp/article/f0170707001qq000000000000000W06810101qq000015484A


この件、俺は真剣に考えた。

というか前から考えてるんだけどな。

俺はずっと前からブサイク障碍者」とはっきり言っている。

記事にあるような病名のある症状で奇形不適切用語なら謝る)になった人までいかなくとも

あんまりにもブサイクでこれは人生に支障が出るってレベルの人を見かけたことあるだろ。

あの人達をどうするか?


究極的には誰も外見という障害差別をしない世界になるべきだが

そんなのはお前等人類には100年後でも無理だ。

からそんな絵に描いた理念の話はするな。

その話をすること自体障碍者への抑圧だ。


いるだろ?

現代ルッキズムが酷いから」とか「外見で差別するような心の貧しい人間相手しなくていい」とか

勇ましく外見差別者を罵る奴。 でも外見差別者の方が圧倒的に多いから。言ってるお前等だってそうだから

これは人類仕様からうそう治ることじゃねーのよ。

科学が発達して脳をいじる手術が出来るまで解決しないこと。

現代でこれを乗り越えようとしたら仏道修行をかなり頑張るしかない。


もしくは超ブサイクに向かって

「気の持ちようだ」とか「内面までブスになっちゃいけない」とか「人はそこまで気にしてない」とかいうやつ。

そんなわけねーだろ。

10人並みに可愛い顔した女と、どうお洒落しても覆い隠せないぐらいの容姿上の欠陥ある女と、同じハンデなわけねーじゃん。


そんなん言うの自体が抑圧に加担する行為だっつーの。

なのに言ってる奴は鼻息ぴすぴすしながら「わあわたし(ぼく)いいこといったったー」「差別に反対するぼくちん(あてくし)」ぐらいの気持ちなんだ。


からね。

「私は外見で差別しません」とか「人類は外見差別を克服できる」とか

そういう絵に描いた正しい理念の話はなんかどうでもいいから、

まずは「重度のブサイク人生に支障を及ぼすので立派な障碍者であると認めろと。

事実なんだから

障碍者と認めたら支援も出せるし年金も出せるだろ。


えらそうに言うお前はどうなんだっていうと、

ももちろん外見差別する人間だよ。

そういう自分について忸怩たる気持ちはあるけど、だからといって「差別しません」とか言ったらいけないと思う。

から「私は外見差別する人間です」とはっきり言う。



だって記事のおじさんだって職場に居てみろよ。

結構ギョッとするぜ。

表層意識では慣れるだろうけど、深層意識では恐怖や違和感持ち続けてダメージ受けたり仕事の能率落ちたりし得ると思う。

雄雄しく「そんなの気にしない」と言いたいとこだが、

おれは数十年生きてきて自分がそこまでタフじゃない人間なのを知っているし、

それを素直に認めるぐらいにはフェアでありたいと思ってるから


記事のおじさんはまだましだよ。

2人目の男の人を見てみ。

俺はこれは絶対に耐えられない。怖い。

ガンガン精神的なダメージを受けて最終的にはだめになると思う。

だって俺となりの席の奴のいちいち大きい動きすらイライラするんだぜ?

なんでお前はデスクワークでそんな激しい動きをするんだとか、ファイルを机に投げ出すようにカンカン音を立てるなとか、

ほんとイライラするんだよ。

その俺はあの顔の人が視界に入ったら絶対ダウンすると思う。

自分は平気だ」なんて奴は

リアル想像するための経験がないか単に嘘つくことを恥じないかのどっちかだ。


から、彼等のことはちゃんと障碍者と認めて

人生の困難さに応じて手帳年金も出すべきだし

彼等が外見差別者(俺たち全員のことさ)に露出せずとも可能職種自己実現できるよう特別支援体制も作るべきだろう。


おじさんのように表に出てきてるのはサバイバーだけで、

障害レベル容姿によって人生詰んだり死を選んでる人は相当居るだろう。

まず重度ブサイク障碍者と認めることから始めよう。

彼等は身体障碍者だ。

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170706120144

ブラウザキャッシュ問題なんて、

・お客さんにブラウザキャッシュクリアさせる(手順書を作成して送る。)

ウェブサーバの設定で、キャッシュされないように設定する

・それでも問題になるときだけ ファイル名?タイムスタンプURLにする

くらいで済んできた自分幸運なのだろうと思った。。

https://anond.hatelabo.jp/20170706120144

PHPならJSCSSもincludeで1ファイル内に展開しちゃえばいんじゃね?

タスク管理システム

派遣先で、いつも口頭でおれに指示を出す人がいる。

口頭で済ませようって人だから、もちろん指示を出す前に考えをまとめるとかしない。

「えーっと、うーん、いややっぱりこうしたほうがいいかな」とかテキストにすると数行の作業も、めちゃくちゃ時間をかけて説明する。

こっちもけっこう集中して聞きながらメモをとらないといけない。

「こんなのメールで送ってくれたらお互い効率いいのに」とかいつも思ってた。

 

で、上から要望で、その職場に導入されてるタスク管理システムを俺も使うことになった。

おれのやる作業は全部タスク管理システム管理することに。

「やったー、これで俺への指示はタスク管理システム経由でテキストでくるわ」と思ったけど、相手は「はぁ、俺が記入すんの?おまえがやれよ」みたいな反応。

あいかわらず口頭で指示がきて、おれが自分タスクを起票して、自分で進捗とか記入して作業が増えただけだった。

まあ、ソース管理システムも、ただのファイル共有ツールとしてしか使ってない現場だし、タスク管理も、ただの日報週報システムか。

無知無理解プロジェクトが殺されそうだ

当方フリーIT 技術者。ある Web ベースシステムを開発しているのだが、プロジェクトマネージャーリーダーをはじめとするメンバー無知無理解のおかげで作業が進まずに困っています

ブラウザーキャッシュの仕組みを少しでも知っている人なら、非 IT 系の方でも読めるように書きました。ぜひ助言をお願いします。

登場人物

私は発注元(A 社)に客先常駐している。私が契約しているのは A 社のグループ会社である B 社だ。

A 社内のチームメンバーは以下のとおり。

さて、今開発しているシステム(以下システム P)はもともとスタンドアローン運用する形態だったが、最近クラウドバージョン提供も始まり現在スタンドアローンバージョンクラウドバージョンの並行開発となっている。X さん、Y さん、Z さんは主にクラウドサーバー管理や、私や W さんが作った部分のテスト担当している。

問題発覚

クラウドバージョンの初めてのアップデートを控えた 6 月に問題が発覚した。コードアップデートすると、ブラウザーキャッシュが効いていて表示がおかしくなるというのだ。

プログラマー以外の 4 人は実は Web システム案件は初めてで、ブラウザーキャッシュの仕組みすら理解していない。X さんから相談を受け、「Web アプリケーションからブラウザーキャッシュクリアーすることはできない。代わりに、HTML から読み込まれる外部リソースの後ろに『?v=3.14』のようなダミークエリ文字列をつければよい。アップデートのたびに数字を変える。これは一般的採用されている手法で、これ以外の解決策はない」ということを伝えた。具体的にコードエディター上で修正イメージを見せて、すべてに対応するのに 1 日あればできる、とも。

これで「そうですか、ではお願いします」となれば、テストを含めて 2、3 日で終わった話なのだが、ここから長い混乱が始まる。

前回リリースから変更のあったファイルの洗い出しを命じられる

X さんから、「変更箇所をなるべく少なくしたいので、前回リリース分と今回リリース分で変更のあったファイルリストを出してほしい」と言われる。変更のないリソースにはクエリ文字列をつけたくないらしい。

内心呆れつつ、Git (ソースコード管理システム)でファイルの変更履歴を調べ、一覧表を提出した。X さんに「それぞれのページでソースコード確認し、この一覧表に載っているファイルにはクエリ文字列がついていることをひとつひとつ確認するのですよね。却って手間が掛かりますよ。それよりも、すべてのファイル対象にしたほうが作るほうもテストするほうも楽です」と伝えた。

問題発生箇所の調査を命じられる

6 月も残り 1 週間を切ったある日、Z さんから、「実際に問題になっているのはどのファイルのどの部分か、スタイルシートのどのクラスID 指定が効いていないのか、V さんが知りたがっている。原因解明に必要なので調べるように」と指示が出る。

私は「ブラウザーキャッシュが効いているためで、キャッシュを消すか無効にすれば直る。今までも修正のたびにテストではキャッシュを消してもらっていたでしょう」と説明するが、調べろ調べろと繰り返すばかり。「そんなことを調べて何になるんですか。キャッシュ問題ですよ?」と言うと、Z さんは手をわなわな震わせて、「お客さまが知りたいと言っているのに、『そんなことを調べて何になるんですか』とはどういうことですか!」と声を荒らげる。しまいには「お客さまのご要望にお応えして私たちお金をもらっている。お客さまからの依頼なら応えるのが当たり前」と言い出す。技術的に意味がないことをいくら説明するも理解されない。

ブラウザーキャッシュの仕組みを基本から説明する

プログラマー 4 氏の知識底上げをしないといつまで経っても平行線だと思い、Redmine (課題管理システム)にブラウザーキャッシュの仕組みを解説する文書投稿した。ほぼ同じものを以下に掲載する。非技術者にも分かりやすく書いたつもりだ。あまりかいことを説明しても混乱させるだけだと思い、リクエストヘッダーの Cache-Control や Expires などは説明を省いた。

キャッシュとは

キャッシュ(cache) とは、一度読み込んだデータを内部に保存しておく機構のことです。2 回目以降の読み込み時はキャッシュを読み込むことで、処理時間の短縮を図ります

ウェブブラウザーにおけるキャッシュ一般に、HTML ファイルおよび HTML から読み込まれる外部リソース(スタイルシートファイルJavaScript ファイル画像ファイルなど)に対して適用されます

キャッシュが作られるタイミング

ブラウザーがあるファイルを読み込もうとする時、キャッシュがなければ実ファイルを読み込んだ上でそのファイルの内容をキャッシュします。

キャッシュが破棄されるタイミング

キャッシュがいつ破棄されるのかは完全にブラウザー依存です。異なるファイルキャッシュが同じ期間だけ存在するかどうかも分かりません。

キャッシュユーザーブラウザー操作で明示的に削除(クリアー)することはできますが、 サーバーからクライアント(ブラウザー)のキャッシュクリアーすることはできません。

ウェブアプリケーションキャッシュ対策

ウェブアプリケーションアップデートした際、クライアントキャッシュ無効にするために、以下の手法がよく使われます

link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" >
< script type='text/javascript' src='script.js' >< /script >
< img src="picture.jpg" alt="" width="640" height="480" >

このような外部リソース読み込みについて、ファイル名の後ろにクエリ文字列を追加します。

link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css?v=2.4.0" >
< script type="text/javascript" src="script.js?v=2.4.0" >< /script >
< img src="picture.jpg?v=2.4.0" alt="" width="640" height="480" >

スクリプトでない静的ファイルクエリ文字列を付加しても、読み込まれファイルは同じです。つまりstyle.cssstyle.css?v=2.4.0 は同じ style.css というファイルを指します。

ブラウザーが style.cssキャッシュしている状態で、この行を読み込んだとします。

link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css?v=2.4.0" >

ブラウザーは「style.css?v=2.4.0 というファイルキャッシュにない」と判断し、style.css?v=2.4.0 というファイルを読み込みます。結果として、ディスク上の style.css が読み込まれスタイルシート更新されます

この HTML をまた読み込んだ時は、「style.css?v=2.4.0 というファイルキャッシュ済み」と判断し、ディスク上のファイルではなくキャッシュを利用します。

ウェブアプリケーションバージョン 2.5.0 にアップデートする時には、「?v=2.4.0」の部分を「?v=2.5.0」に書き換えてリリースします。

link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css?v=2.5.0" >
< script type="text/javascript" src="script.js?v=2.5.0" >< /script >
< img src="picture.jpg?v=2.5.0" alt="" width="640" height="480" >

同様の仕組みで、2.4.0 時代キャッシュがあっても 2.5.0 用に書き換えられたファイルが読み込まれキャッシュ問題は起こりません。

この手法は、キャッシュ問題解決する手段としては一般的に用いられているものです。俗に「キャッシュバスター (cachebuster)」とも呼ばれます

上記に長々と書いた内容を踏まえ、今回の問題についてご説明します。

「暫定対応」の指示が出る

日経った日の午後。Y さんが A4 判数ページにもなる「調査報告書」を作成した。問題になっているスタイルシートについて前回リリース分と今回リリース予定分の差分を取り、それぞれの行について「新規」「変更」「削除」の印をつけ、「とりあえず、このクラス指定が効いていないだけなので、HTML 中にインラインスタイル(< div style="..." >)で指定すればよい」と結論づけていた。

報告書には「状況から見て、変更・削除されたスタイル指定は影響が出るらしい。新規に追加した部分については影響がないようだ」とも。私が書いた説明を読んでいないのか、理解できなかったのか。

この報告書を元に、X さんから「この行とこの行にインラインスタイル指定してください。これで暫定対応します」と指示が出た。

私は「この修正は何ら根本的な対策になっていないことは理解していますか。『現状で問題になっている箇所』は、この環境たまたまそうなっているだけの話で、ほかのお客さまの環境では別の画面が崩れるかもしれないのです。それを承知の上で、これを暫定対応としてよいのですね」と X さんに確認。X さんは「はい」とだけ答えたので、黙って作業完了した。Gitコミットメッセージに「この方法は何の効果もないこと、それでも作業をしてよいのかを X さんに確認の上、作業」と書いてコミットした。

しばらくすると X さんから「うまく表示されていますOK です」と報告があった。

その日のうちに問題再発

夕方、私が帰ろうとすると、X さんが Y さんに「画面がおかしい」と言っている。横から覗くと、先ほど「暫定対応」とやらを入れた画面で、表示は正常だがボタンを押しても何の反応もない。私は静かに「JavaScriptキャッシュですね」。

聞けば、Y さんは「キャッシュスタイルシートにだけ効く」と思い込んでいたらしい。やはり先の説明を読んでいないようだ。そして、Y さんの環境ではボタン有効だったとも。

私は「Y さんの環境では(JavaScript の)古いキャッシュは効いていなかった。X さんのところではキャッシュが効いていた。これが、私が言っている『環境依存』の意味です。昼の暫定対応ではダメなんです。半月から私が言っているように、すべての外部リソース読み込みにキャッシュバスターをつけないと解決にならないんです」と伝える。

Y さんは観念した様子で、「キャッシュバスターって、一部分にだけ適用することもできますか」と聞く。この人、理解してないなと思いつつ、「はい、できますよ」と返すと、「では、問題の発生している範囲調査して、問題が起こっているファイルにだけキャッシュバスターを……」。やはり何も分かっていない。

私は繰り返し、ブラウザーキャッシュ環境依存なのですべての外部リソース読み込みにキャッシュバスターを付加しないと無意味だと説明した上で、こう付け加えた。

「指示されたことだけを黙ってやっていれば、そりゃあそっちのほうがラクですよ。でも、喧嘩をしてでも、場の雰囲気を悪くしてでも自分意見を主張するのは、技術者としてのちっぽけな良心からです。お願いですから専門家の言うことを聞いてください。私の意見が信用ならないのでしたら、ほかの技術者意見を聞いてください」

対応が先送りになる

この数日後、本件の対応を先送りにすることが決まったと X さんから報告があった。

聞けば、リリースを急いでいるのは特定顧客要望によるものらしい。その顧客スタンドアローンバージョンを利用しているので、アップデートの現地作業の際にブラウザーキャッシュを消してくればいいとのこと。

リリースに間に合わない間に合わないとあれだけ騒いでいたのに。プロジェクト管理がまるでできていない。

レビュー開催

そして今日夕方、この件についてレビューを開きたいとプロジェクトマネージャーの V さんから言われる。レビューって、何をやればいいんだろう。何をすれば気が済むんだろう。Redmine に書いた説明を読んで理解してもらえれば、やるべきことはひとつしかないと分かろうものなのに。

X さんから質問を受ける。「例の件、ほかの方法はないんでしょうか。『こういう方法もあるけれど、工数が掛かるので採用しません』というのがもしあれば話が進めやすいかと」。残念ながらありません、せいぜいファイル名そのものを変更するくらいですが、本質的には同じことですし管理の手間が増大します、と伝えた。

ついでに、X さんに「あの説明を読んで、よく分からない部分があったら教えてください」と尋ねると、実は忙しくて斜め読みしかしていないと白状された。その状態対応策を一生懸命協議していたのですな。

レビューの席でまた一悶着ありそうだ。どうやったら彼らを納得させられるのだろうか。信用できない技術者説明してもらったって、信じないんだったら意味がないのにねえ。

追記

文字数制限に引っかかってしまい、末尾が切れてしまっていました。続きはこちらに書きました。

https://anond.hatelabo.jp/20170706122924

Arrival informationを日本語文章中でアライバルと書いたことに噛み付いてなんの意味があるんだ

そんなところで正確な英語を使いましょう、アライバルはなんの意味も持たない単語ですよとマウントとって満足して滑稽すぎる

と言うか、そもそもこのArrival Informationをワードで書いて打ち出して上司の判子を押して現場事務所に送るって何の意味があるんだ

おまけに印刷した紙はファイルに閉じて文書管理するとか全く意味ない

しかもその送付内容は結局現場からこれを送ってくれと言われて本社が起票して送るという無駄

毎週のミーティングでどのプロジェクトからそのレターが来ていないか確認する必要とかあるのか?

お互いみんな把握しているのにそのクソみたいな書式を作成していないことにこだわっている

ままごとかよ

2017-07-05

公民館ボランティアがやってる老人向けパソコン教室

水泳の前のラジオ体操のように、ファイル操作最初に必ずやるそうな

はい、ではデスクトップの真ん中にあるファイルを、お好きな名前に変更してみましょう」

「変更できましたか?ではそのファイルをマイドキュメントコピーしてみましょう」

コピーできましたか?ではデスクトップにある方のファイルを削除しちゃいましょう」

「マイドキュメントの方のファイル名前の頭に『A』と書き加えてみましょう」

デスクトップにある『画像』という名前フォルダの中で、最も古い写真はいつ頃撮られたものか、調べてみましょう」

こんな感じのやつを毎回これを30分くらいかけてやるんだと

一年くらい根気よく通ってる人になると、

「先月中旬に保存したワードファイルの中で、『拝啓』を『背景』と打ち間違えてしまったものがあります。どこのフォルダのどんな名前だったのかか忘れてしまいました。どうにか探し出して訂正しましょう」

これが数分で出来るようになるらしい

2017-07-03

長年の未完プロジェクトはどうやったら完了させられるのか

年齢的にまあまあ中堅のバイオ研究者。途中までデータは出ている書きかけ論文複数あり、中には数年放置しているものもある。これらのプロジェクトを何とか再起動完了させたいと思っている。

停滞していたプロジェクト再起動する道筋はだいたい決まっている。まず最後作業していたファイルアクセスし、それを俯瞰し、それから次のアクションプランを考える。これが最初の一歩であるしかファイルを開くことが出来ないことがしばしばある。

足がすくんでしま理由はいくつか考えられる。残りの作業が途方もない分量であると感じてしまうこと、ストーリーラインプロットが思いつかないこと、そもそもそのプロジェクト情熱を感じなくなっていること、などである。つまり能力不足と情熱不足が原因である

こういう状況をどうやって打破したらいいのか。すでに完了したプロジェクトのいくつかはこういう状況を打破できたものであるし、今残っているプロジェクトは打破できなかったものである自身がやってきたことにも関わらず、その違いはよく分からない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん