「意識」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 意識とは

2020-10-27

https://anond.hatelabo.jp/20201026003439

別に嘘だとは思わないけど、女なのに地域格差にばっかり男女格差への意識が薄い辺り、視野が狭すぎる人だなという印象。

メートルくらい距離感が狂うメガネ比喩

 生まれつき五メートルくらい距離感が狂うメガネ比喩)を掛けて生まれてきたとしたら、そしてそのメガネが仮に誰の目にも見えないとしたら、そのメガネ存在に気付くのはいつになるのだろう。見えないメガネってことだから、その存在には中々誰も気付けない。自分自身さえも。

 でも多分生きてると何となく自分見方他人見方ちょっとちがくね? っていうことに気付き始めるもんで、「あれ? 私の距離感メートルくらいズレてね?」ということに最終的にはなる気がする。勿論全ての人が正確に物事認識できるわけじゃないから、本当は五メートルズレてるのに「あれ? 私の距離感メートルくらいズレてね?」とか、「二メートルくらい(ry」みたいに、その「ズレ」に対する目算というものも人それぞれちょっとズレてたりするわけなんだけど、ともかく、恐らく長いこと生きてたら大なり小なり自分距離感がズレてるっていうことには気が付き始めると思う。


 いや勿論現実にそういうメガネはないし、そもそも「五メートルのズレ」って何を基準にして五メートルよ? みたいな意見存在しているのも分かる。

 でも、本当に俺たちが警戒しなければならないのは俺たちは皆多かれ少なかれ実際にそういうズレたメガネを掛けて生まれてくるということで、何ならそのメガネ場合よっちゃ百メートルくらい狂ってるってことなんです。そして、俺達はそういうメガネのズレについてずっと、人生を通じて考えなきゃいけないということなんです。

「いやいや! そんな眼鏡ないし! っつーか五メートルだか百メートルだかって何を基準に決めてんの! 人それぞれの距離感はあるよ」とか言ってる人間を片っ端からゴミ箱に入れて封印していきたい。そのズレっていうものをどんだけ意識してるかによって、人の生きにくさとか苦しみは変わってくる。いや、勿論さっきみたいな「いやいや!」ってな発言にも一理や二理以上に真っ当な部分はあるんだろうし、少なくとも、「『ズレ』っていう観念は何らかの『正しい基準』の存在を基に初めて成り立つものであり、そういう基準実在性の根拠なしに『ズレ』を主張するのはそれこそ『ズレ』てる」、ってな感じでその意見論理的正当性があるのも十全に理解できるんだけどね。そこに確かにズレはない、

 でもね、そんな風に「いやいや!」って大手を振って発言できるあなたと私はズレてるよね。ってなことを思うわけです。あなたのズレと私のズレはあるよね、と。お前のズレと私のズレはそれぞれの文脈しか語ることのできない深淵ですよね、と。どんだけ人が他人からズレてて、そしてどんだけ自分が奇妙なメガネを掛けて生まれてきたかってことを、本当にきちんと測定する基準というもの基本的存在していないし、存在していないものを一々考えて勝手に悩む人間に対して、わざわざ「気にする必要ないって!」と声を掛けてくれるだけその人は善良なのかもしれないし、あるいはそもそもその人だって同じようなズレを許容しようと、あるいは許容せずともどうにか付き合っていこうと努力しているのかもしれないけれど、でもね、お前の言ってることはおかしいんだよ。基準は本当には存在していないかもしれない。どこにも「ズレ」と言える概念なんて実在していないかもしれない。でもね、「なんかズレてんな」って気持ちは確実に存在しているんだね。いや、その気持さえ実はズレてんのかもしれないけれど、まるでデカルト自己反駁みたいに、「『ズレ』てると感じていること事態が、そもそも『ズレ』てる。」のだとすれば、いずれにせよそこにはズレってもの存在しているんだね。存在しないズレを存在しない部分に見出している時点でズレてんだそれは。その存在しないズレみたいな一種宗教的かつ狂信的な観念を中心にしか人は物事を考えることはできないし今なお人はズレ続けていく。


 言いたいことがズレました。僕が言いたいことはね、

 皆多かれ少なかれズレのあるメガネを掛けて生きてるってことです

 皆さんズレについて日々考えながら生きてますか。

 自分がどれくらいズレてるか、そして仮にズレてたら、どうそれを修正すればいいのかについて考えていますか。五メートル離れてるな、と思ったらむしろメートル歩み寄らなきゃいけないということ。五メートル近いな、と思ったら、五メートル離れなければならないということ。あるいはその逆に、五メートル離れてるな、と思ったらむしろメートル離れなけれなきゃいけないということ。五メートル近いな、と思ったら、五メートル近寄らなければならないということ。ゴミ箱に入れるぞ貴様ら。

2020-10-26

anond:20201026231947

となると、新卒ガシャで当たりを引いた人が 意識低かろうが印象悪かろうが有利になるんですよ。

 

人生って運ゲーですね。

こういうのを、「ご縁」って言うんですっけ。くそくらえ。

よくツイッタで話題になってるヲタ向け結婚相談所登録してた

質問箱の回答が話題になってるあそこに登録してたんだ。

なお自分スペック

・30代・女。安全に二人も子供産むのは難しいかもしれないねって年齢

健康診断ではBMIで引っかかるタイプ

相談所のシステムというか入会後の流れをざっくりと書くと以下のような感じ


婚活アプリダウンロード

アプリ使用してお見合いのセッティング

お見合いして「もう一度会いたいな」と思えば『仮交際』。

連絡先を結婚相談所を介して教えてもらう。

3回ほどデートして『真剣交際』に進むか、お断りするか決める。

真剣交際』になったらあとはもうデート重ねたり親族に会ったり。

お互いのキリの良いタイミングで『成婚退会』。

プロポーズされたら成婚退会って感じ。


お見合い

私の場合お見合いの申し込みは40件/月くらい。実際にお見合いしたのは10件/月かな?

休日をフルに使って、10人会うのがやっとだった。


全員に会うのなんてもう無理なのでどうしても厳選しないといけなくなるんだけど、

私自身、厳選できるようなスペックでもないのに、

どうせ借りるならスキルマ凸礼装付き…くらいな感覚になっていくのが辛かったな。

「うわ絶対会いたくない無理」みたいな人は全然いなかったので、大分心苦しかった。

お見合い自体は、一時間喋るだけでも結構合う合わないは分かるもんだな~って感じ。

よその相談所の会員からも申し込みが来るので、同じようなオタクだったのは半数かな。

漫画読むよ~配信サイトアニメ見るよ~ってだけで普通の人も多かった。


・仮交際

3回デートして真剣交際へ進むか否かを決めるのが仮交際

なるべくお見合い後、一週間以内に1回目のデートをするように、って相談からは言われる。

実際、2週間近く空くと気持ち冷めちゃうというか、同時並行で他の人とも仮交際なりお見合いなりしてるから

よっぽど第一印象良くないと他の人に抜かれてしまうってところはあると思う。

でもお見合い予定がもう入ってて、デート予定を入れるとこ無い…みたいなことはやっぱあって、難しいね


真剣交際

交際ってなってるけど、結婚に向けての準備期間って感じだった。

親へのご挨拶とか、親同士の顔合わせしたりする。この辺は人によるんじゃなかな。

「これをしなさい」みたいな指示は男性側に来てるんだと思う。私側には特に何にも連絡が無かった。

ちなみに交際期間は原則3か月。

希望によっては6か月まで伸ばしても良いみたいだけど、6か月以上になるなら成婚とみなされて成婚退会になる。

こんなシステムなので、3か月前に初めて会った人との結婚意識すんの?!って人は辛いかもしれない。


相談所のサポートについて

痒いところに手が届く!みたいな感じでは無くて、「求めよ。されば与えてやらんこともない」という感じ。

「これから6か月以内に成婚退会目指しましょうね!!」って口酸っぱく言われたから、

見込みのない会員をズルズルと泥沼化させよう、みたいなことは考えてないとは思うんだけど、

どんな人にも手厚くきめ細やかなサポート、という感じでも無かったかな。

カウンセラーとの面談は年6回は出来るはずなんだけど、

こちから何も言わなければひと月丸々っと何の連絡もなかったり、

電話で話して10分で面談終了だったりしてた。(スカイプみたいなテレビ電話とかですらないんだ~とは思った)

こっちから悩みを打ち明けないと何のサポートも無いので、

からないことが分からないタイプとか、先んじてアレコレやってくれないと…ってタイプには辛いと思う。

あれどうするの?これどうするの?ってはっきりしてるタイプはいいかも。

一応、デートごとの「振り返り」(※感想文みたいなのをカウンセラーに毎度送る)に

ちょっと不安なこととか書くと、アドバイスとか面談しますか?みたいなこと言ってくれるんだが、

逆に言うとここに書かないと本当に何もないんじゃないかな。

こんな感じなので、結局カウンセラーとはそんなに話さなかったかな。

連絡が遅い&途切れることも多かったし、後回しにされてる感はちょいちょいあった。

もっと注力したい会員がいて、そっちに担当者がつきっ切り、みたいな。人手が足りなくてカバーしきれてないって印象。

こんな感じ。自発的に動ける人には良いんじゃないかな~という感じかなぁ。

相談所側からこの人どうですか、こちらはどうですか、土曜にお見合いセッティングときましたよ

ってアレコレ持ってきてほしい人には、あんまりさないかもしれない。

あとは婚活関係ないんだけど、一番「どうなのよ」って思ったのは、お金を振り込む口座番号の記載ミス

メール本文と添付された書面の文中で違う口座番号が書いてあった。個人的には結構大きな金額を振り込む先なので困った。(尋ねたら訂正してくれたけども)

金銭が関わる事務がしっかりしてないのどうなんだって思う人は要注意かもしれない。

ドラフトという時代錯誤制度

野球では毎年ドラフトという会議がある。

この会議で、アマチュア選手がどの球団に入るか決めるのだ。

〇〇選手ジャイアンツ指名されました、というように、球団一方的選手を選ぶ。

ただし拒否することもできる。拒否した場合は、来年以降のドラフト指名されないとプロ入りはできない。

選手は一切球団を選ぶことができないのがこの制度のミソだ。

1位指名では、複数球団から指名されることがある。

その場合、何とくじ引きでどの球団に行くか決まる。

この時代くじ引きって。

「どの球団に行ったら一番力を発揮できるか」という観点は全く置いてけぼり。

ひどいマッチングだ。

野球が上手い選手ほど、行きたい球団には行けないのだ。本来は選ぶ立場にあるような選手なのに。

まり注目されてない選手なら、スカウトと仲良くなった球団から指名されるだろうし、選手から選ぶという意識もあまり無いだろう。指名されればどこでもいいというスタンスに寄っていく。

しかも一度プロ入りしたら最後10年近く活躍しないとFA自由移籍できない。

ドラフトでは東京家族も友人もいるのに、地方に飛ばされる事なんてザラだ。結局はFA宣言して東京に帰る。人として失われた10年を過ごしている。

こんな制度早くやめてやれ。選手がかわいそうだ。

Twitter適応しつつあるオタクの進捗

はじめに

前回、Twitter適応できないオタクの行く末(anond:20191011160414)を投稿した者である。前回の増田では、トラバ/ブコメ共に様々な意見を頂き、自身を見つめる良い機会となった。とても感謝している。

前回の投稿からもう1年近く経っているが、その間に、というかつい最近オタク的消費活動が大きく変わってきたためここに記録しておきたいと思い書くことにした。これが改善であるかどうかはさておき、これから先にまた変化があったら比較できるため、その意味でも詳しく書いておきたい。

書き終えてみて、改めて見るととても長い文章になってしまった。一応内容は節ごとにまとまっているので、読み飛ばして気になる所だけ読んでくれても構わない。

本題に入るが、まず俺はTwitter垢を作成した。俺にとってこれは大きな一歩だった。この大きな一歩に繋がる積極的な変化があったのかというと、そんな事はなく、きっかけは極めて消極的ものであったと思っている。この消極的でありながら重い腰を動かすきっかけについて簡単説明するとするなら、それは定点観測型の消費に限界を感じたためであると言える。

定点観測限界

具体的には、過剰消費による虚無と、巡回サービスの変化がある。それぞれについて軽く書いていきたい。

過剰消費による虚無

前回述べたように、俺はtwitter検索エンジンとして活用し、気に入った作品二次創作を拾っては消化、拾っては消化して楽しんでいた。自分が発信側になれない一種の「諦め」を持ちながらもそれが一番快適で自身に合っていたからだ。これについて、ブコメで「尊大羞恥心と臆病な自尊心」と指摘されたが、まったくその通りだったと思っている。消費する側として一方的評価、消化しかしなかった事が自身完璧主義にしてしまい、いざ自分が発信しようとするとそれが頭を持ち上げて邪魔をしてくるのだった。

とはいえ、それでもいいと開き直っていればよかったのかもしれない。今までそうしてきたように、これからもそうしていくことは不可能ではなかった。しかし、ここで虚無感がドッと湧いてきて、とうとう音を上げてしまうことになった。

どれだけ色んな作品を見て、なにかを感じても何も言うことが出来ない。発信する媒体もない。仮に、何か言おうとした所でどうしようもない駄文が出来るだろうが、それを流す場所も無かった。ただただ感情は吐き出される事もなく喉の奥に押し込まれSNSタイムライン同じく次のまた次の情報の波に流されていくのだった。(もっとも、どのタイムラインにも俺は文字通り存在しなかったわけだが)

常に蚊帳の外である事を自覚させられ、これは「お前はずっと傍観者で、何にも関われないし、誰もお前を知らないだろう」といった気持ちを起こさせるのに十分すぎるものだった。

これを読んで考えすぎだろうと思う人も居るだろう。実際そうだと思う。おそらく、一人で消費するということ自体が、考えすぎてしまう原因なのだと思う。自問自答は、最終的には問題から目を背けさせてくれない。そしてこれはコロナ禍の状況によって更に悪化した。そういうわけで、最終的にこれと俺は向き合うことになる。

巡回サービスの変化

Twitterをメインにした定点観測はいくつかの方法があるが、俺は専らRSSリーダーSlackを用いて情報を集約していた。なぜTwitterクライアントを用いずにこれらを用いるかと言うと、Twitterタイムラインは9割以上ノイズからだ。要らない「いいね」が表示され、知らないユーザおすすめされ、加えて不安を煽ってくる広告ツイートも混入してくる。どうでもいいご飯写真が上がる。クソつまらない診断メーカー。とにかくノイズノイズノイズ。それがタイムラインだと思っていた。(過去形なのは、この認識が変化していった為だが、それは後述する。)

で、これの何が限界になったかといえば、観測に用いていたツールが軒並み使えなくなったことが大きい。特に影響が大きかったのがIFTTTとintegromatの一部有料化である。どちらも、ベビーユーザーとして利用していた。(あまり知られていないintegromatについて説明しておくと、IFTTTと同様の作業自動化サービスである。)

これらの主な利用方法としては、該当ツイート巡回検索だった。IFTTTツイート検索の定期巡回に優れており、integromatは特定ユーザいいねしたツイートの取得で便利だった。この二つのサービスがほぼ同タイミングで一部有料化を掲げたため、俺は快適な創作ツイート巡回を諦めることになる。

(IFTTT有料化について : https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1276755.html )

(integromatについては記事にされていないが、今年Twitter連携機能のみ有料化された。)

結局は無料サービスフリーライドしていただけなので文句は言わないが、IFTTT依存しない情報収集を考える事はいきっかけだったのかもしれない。

Twitterで某界隈に入るまで

こうして心理的、仕組み的に方向転換を強いられてTwitter垢を作成してみることになった。どうせ作るなら少数の人でいいか交流してみたいな…くらいのお気持ち。ちょうど追っていたコンテンツの専用垢としてそれっぽい推しアイコンを用意し、無難プロフィールを何度も書き直しながら書いた。恥を忍んで #○○と繋がりたい タグを付け、初心者のフリをしたツイートをした。勢いがあるそのコンテンツは凄まじくて、数時間ツイートは数百のいいねが付いていて、少し怖くなった。恐る恐るフォローすると、フォローを返してくれて、なぜかそれだけで安心した。大げさかもしれないが、久々に新しいアカウントを作って界隈に入るのは、そういうことである

ツイートいいねした人をフォローしていくうちに、俺は巨大な相互フォロー網(以下、巨大FF網と書く)に取り込まれている事が理解できた。プロフィールを開く度に見る「○○さん、他○人がフォローしています」みたいな数字フォローするたびに雪だるま式に大きくなっていく。タイムライン自分が思った通り煩雑になっていき、一度の更新シークバーが小さくなった。更新の度に米粒のような大きさになるそれは、俺の心のようだった。

あたふたした俺はくそまらない無難ツイートしか出来なかったが、それでも反応してくれる人が居てくれたため、徐々に萎縮が和らいでいった。推しについて拙い言葉を書くと、誰かがいいねを送ってくれた。恥を忍んでアホらしいタグを付けたツイートをすると、誰かが返信してくれた。界隈の巨大FF網、その集団意識はそのようにして俺を取り込んでいった。そしていつしか、俺も誰かのどうでもいいツイートいいねリプライを送るようになる。しかし、ふとした瞬間に定点観測時代の俺がこう囁いてきた。「それって互助会と何が違うの?」と。

快適なTLは互助会のものである

定点観測時代推し関連のタグツイート巡回してる時によくこう思ったものだった。「なんでこのツイートいいねが沢山付くの?」「この人のイラスト、毎回同じ人が持ち上げてるな」「定型文のような褒め文句互助会みたい」

はてブにおいては互助会は悪とされている。互助会の人たちで持ち上げられた記事は大体つまらないし、並ぶコメントも「参考になりました!」ばかり。これと同じ感情定点観測時にTwitterでも感じていた。いいねの数でツイート巡回していたので、価値のあるツイートだけ伸びてほしかった。どうでもいいツイートが伸びて、それを拾うと、ゴミを拾った気がして、イライラしていた。

しかし、後に巨大FF網に取り込まれた俺はそれを体現するように振る舞っていた。フォロワーのどうでもいいツイートに気軽にいいねRTを送り、また自身ツイートも同じように扱われていた。気軽な反応は心理的障壁を無くし、より安心感を強化していく。もはや「価値のあるツイートこそ伸びるべき」といったグツグツと煮詰まった思想は、火が消された鍋のように静かになった。会話をする当事者たちからすれば、そんな事はどうでもよかったのである

互助会が嫌われる訳-当事者観測

俺ははてブ互助会擁護したいとは思ってはいない。ただ、互助会がなぜ生まれるのか、その一端は理解出来たように思っている。

評価指標となるいいねブクマといったものは、当事者間ではカジュアル肯定に使われるが、観測者側からは質の良さでソートする時の指標として重く受け止められている。そのため価値に見合わない評価を付ける事を当事者間では歓迎され、観測者側は嫌うのではないだろうか。これが正しいかは分からないが、この価値観の違いが互助会の生まれる原因であり、またそれが害悪である糾弾される理由ではないか、と俺は薄々感じるようになった。

それでも、どこか脳裏には「質の良いツイートが伸びるべき」という意思存在したようだが、属する巨大FF網が持つ互助会文化に、それも破壊されることになる。

互助会文化との遭遇-おはツイの洗礼

ここで述べる"互助会文化"はあくまで俺の属したFF網で存在しただけで、Twitter全般で起きている事ではない事を先に明記しておく。

それは決まって形式的挨拶ツイートだった。(以下"おはツイ"と称する)夜明けと共にタイムラインが動き出す時、皆揃って、おはツイをする。これを初めて見たとき、なんだかむず痒い思いをした。形式的挨拶ツイートと、それにつくいいねインフレツイートに付けられるタグ画像から得られる情報はほぼ無だった。属する界隈は、某ソシャゲコンテンツだったため、おはツイにはそのソシャゲ推しスクショがよく貼られているのだが、これも理解出来なかった。単なるゲーム画面だ。#○○が今日も□□ みたいなタグがだいたい付いている。なんだそれは?

とにかくおはツイの絶対的特徴として挙げられるのがその情報量の無さと明らかに釣り合わない評価(いいね/リプライ)だった。これが午前中、FF網全体で再生産され続ける。インフレするいいね欄を見ていると、次第に俺は「質の良いツイート」の定義がわからなくなった。

そして、このツイート群がもたらす特異性は、その連帯感にある。すなわち、同じFF網に居たとしても、おはツイをする/しない でうっすらと交流関係に壁が出来上がっていくのだ。それもそのはず。形式的とはいえ、毎朝話すフォロワーと話さなフォロワーが居たら、自然とそうなるのだ。現実社会でそうであるように、Twitter上でも変わらなかった。どんな環境であろうと、挨拶は変わらず有効で、逃げられない

俺はこのFF網に取り込まれた時点で界隈に受け入れられた、一員だと勘違いしていたがそれは違った。毎朝行われるこの儀式じみた挨拶ツイートをこなしてこそ、この集団意識の一員となれるのである

先頭で"洗礼"と書いた意味が、ようやく理解出来たと思う。この儀式内包者のツイートへの価値観を塗り替え、統一しているのだ。誰かがこれを強制したりはしない。だが、いうならば集団意識がそれを催促しているのかもしれなかった。そしてこれを通過した頃には、俺の価値観は一新された。

自分はつまらない」を許容するために

ここまで聞くと、「おいおいそんな所、面白いのか?」も疑問が湧くだろう。先に結論を言うと、面白い

しかに、そのタイムラインは常に情報量の無いツイートで溢れていた。冗長挨拶周りが毎朝再生産されていた。しかし、これらは俺自身が発信する時の障壁を限りなく低くすることにも作用したのだ。

前回の増田までは、俺は自分の思いを発信するにあたり、「完成された感想文」が必要であると、そう信じていた。自身が求める質と同等のものを発信するべきと考えていたためである。誰が見ても分かるが、明らかにこれは長続きしない。自分理想と実際の質の乖離に耐えられないからだ。

だが自分がその"レベルの低さ"を許容すると、話は変わる。煩雑タイムラインを受け入れた時、自分煩雑な発信が出来るようになるのだ。そしてこれは、"発信したいけど出来ない"を大きく上回る。俺に必要だったのは高等な「完成された感想文」などではなく、低俗な「エモいメモ書き」で十分だったのだ。

定点観測だと分からないこと

ここまで書いてみて、改めて以前の考えが独りよがりであるかと痛感した。消費専門で二次創作を漁っては、一方的評価したり、ノイズイライラしたりする。これはこれで楽しかったが、視野が狭くなりすぎていた。

本当に好きなコンテンツ摂取して、発信も含めた消費を楽しむには定点観測では全然足りない。自分がつまらない事しか書けない事を自覚したうえで、色々な人の発信、二次創作を許容して楽しむ。こうした先に、もっと良い発信が出来るヒントがあるのではないかと、今はそう思っている。

先述したとおり、これが改善であるかどうかは分からない。またこの先に、「あの発想はどうかしてた」と目が覚めるかもしれない。もしそうなったらそれはそれでまた書いてみようと思う。

ここまで長い文になってしまった。読んでくれてありがとう

anond:20201026114251

自分だったら脱がす前に体を揺すぶって意識確認するよ

そこで起きたらそのまま帰る

何の反応もなかったら安心しておっぱいを触る

anond:20201026114251

取説

AED使用してよい場合は、「意識(反応)がない場合」、そして「正常に呼吸していない場合」とあります。これはすなわち「傷病者が心停止である判断した場合」ですね。(脈拍の確認医療従事者のみ求められているものであり、市民救助者には必要ありません。)

これに対し使ってはいけない場合禁忌)には、「意識がある場合」「呼吸している場合」「脈拍が確認できる場合」とあり、すなわち心停止に至っていない場合には使用してはならないことが明記されています

とあるらしいけどそんなの誰も見ないよな

長文

日記てす。

              

色々読んでると、心配してるのは

・女が倒れて周りには男しかいない、

・あるいは女は協力してくれなくて、

・親切でAEDを使うため(あるいは使おうとして)胸を露出させた)

・のに大したことなくて、

病気じゃないのになぜ胸を出したのか、おかしいじゃないか、悪意だろう…という訴訟になる

…というあたりだろうか。

以下、AED講習を受けた人が救助に当たるという前提で想像してみた。AED講習を受けてない人が、いきなりAEDを使うのは、能力的には不可能ではないが心理的には訴訟リスクがなくても難しいと思うからだ。講習を受けてないからと言って、見捨てるよ勝手死ぬなら死ね、とまでは思わないだろうが、AEDを使うの?えっ、ムリ、できない、どうしようとオロオロするのは自然だ。

・女が倒れて周りには男しかいない→あり得る。男性率の高い学校趣味の集まりなど

・あるいは女は協力してくれなくて→あり得る。「えっ私はムリ、ムリムリムリ」とか言う人は(講習を受けていても)いる。

ここまでの所、男性が周囲の協力を得られないことはあり得ると思う。電車で倒れた人を自分しか助けなかったような体験談も見かけた。

誰も協力しない、あるいは誰も助けようとしない状況はあるが、それは何だか倒れた人の性別とはあまり関係ないような気もする。(大勢の人がいて、ある者は倒れた人が女だから助けず、ある者は誰であろうと助けないと判断したということももちろんあり得る)

              

・親切でAEDを使うため(あるいは使おうとして)胸を露出させた)→当然胸を露出させるのだが、AEDは誰がどこから持ってくるのだろうか?AEDを使う局面になっているということは、これ以降の想定では要救助者と助ける人とAEDを持ってくる人、セオリー通りなら119通報する人などの協力者もいるはず。(もちろんたまたま人通りがないAED収納場所の目の前で女が倒れ、スマホ電波も届かず、二人切りという状況が絶無かと聞かれたら絶無ではなかろう)

・のに大したことなくて、→セオリー通りならまず大声で「大丈夫ですか」と声をかけるのだが、そのときには目覚めなかったが大丈夫だったということはあり得る。

病気じゃないのになぜ胸を出したのか、おかしいじゃないか、悪意だろう→AEDの電極が胸に貼ってあり、119とつながっていて、自分意識がなかった状況ではなかなかそうはならないだろうが、混乱していて理解力が落ち、言いがかりをつけられることはありそう。119と通話がつながっていれば悪意でないことは証明やすいが、運悪く二人きりで通話もない状況で救助をしていたら、証明できなくて困るだろう。

              

救助する人が困る状況がわかってきた。

人助けをしても困らないためには、次のようにすればいいのではないか

              

人通りのある場所では周りに協力を求め、声掛け、119、AEDを手分けする。(あと野次馬対策や胸をタオル等で隠すなどの対策

特に119は潔白を証明するのに大事だと思われる。

              

人通りのない、電波の入らない場所では、目の前にAEDがあっても人を呼んだ方がいいかもしれない。少なくとも119するために電波のある所へ行き、できるだけ人に協力を求めるのが良さそうだ。

これは倒れたのが男性でも同様だろう。大したことなくてすぐ意識を取り戻したとしても、倒れた人は病院にかかった方がいいから119通報必要だと思う。また、意識回復した時の混乱で強盗などに間違われないとも限らない。119でリスクを少しでも減らしておくに越したことはない。

以上は、AED講習を受けたことがある人が、人が倒れたら助けたいが怖くてできないという場合の話だ。

助けたくない人に強要はしないし、AED講習を受けてない人にも強要しない。(多くの人が受けたらいいな、とは思うが)

anond:20201026005504

生き返ったらなんて言ってくんのかなあ?

なんて考えるけど、無理なんだよな。

なんで人間文明が開いて5000年以上も経ってるのに、死者の蘇生意識復元ができないんだろう……

2020-10-25

自転車歩道で引いて歩いて欲しい、最低でも徐行して欲しい

標題に入る前に、自転車歩道での無法が酷い、Uberではない。

自転車原則左側通行であるが、その意識を持っている人は半分以下というか皆無だと思う。もう無茶苦茶である

そもそも自転車歩道を走ることが許されるのは徒歩の人を優先する事だと理解しているのだが、現状は全く実現していない。

色々と理由がある。

1)歩道歩行者右側通行で、自転車左側通行である、という原則が行き渡っていない。

2)自転車歩行者を避ける、そのためには徐行が必要である、ということも行き渡っていない。

その上で法の上での問題点もある。左側通行右側通行が混在すれば、事故が起きる確率は跳ね上がるため、自転車歩道上では徐行(すぐに止まれる速度で運行の上、徒歩者優先)という事実が完全に反故にされている。

原則として、自転車歩行者最優先という原則が広く行き渡っていないことに強く憤りを感じるが、道交法の不備(歩行者右側通行自転車左側通行)が存在するのに、自転車への抑制が伝わっていない。なんで小学校中学校で教えないのであろう?

さらにややこしくしているのが、多くの商業施設では歩行者にも「左側通行」を要求していることだ。

徒歩者が多い都市部では、実質左側通行要求している。

ここが面倒で制度設計破たんしている、個人的には「人は右」を廃止して欲しい。

閑話休題。現状では歩道で、右側通行志向左側通行志向の人が混在している(多くの駅では左側通行を推奨しているが、右を突き進む老人も少なくない。)。そんな状況で自転車歩道を走れば、細心の注意が必要だが、講習はおざなりだ。事故の際には裁判で揉めるであろう。「人は右」のせいで

もう「基本左側通行」で統一して欲しい、そしてできれば自転車軽車両)の歩道通行は、原則押し歩くにして欲しい。

強く望む。

もっと自分仕事に興味持って、世の中にどんな影響を与えているかを考えようよ。なんていうお言葉をいただいた。怒られたわけでもない。やれやれという雰囲気で言われたのが余計に胸にきた。

おいおい何てこと言うんだ、頑張るけど、などと思うや否や吐きそうになったけど、あーこの人、なんかすごく偉いなあとも思った。自分ができないことをできる人は、大概すごい偉いと思うようにしているから、単なる反射めいた反応なのかもしれないけど。神妙な面持ちで「気をつけます」なんて言ってみた。今後のために気のつけかたを教えてもらいたいくらいだったが、また語らせると思いもよらない説教を食らってしまいそうなので黙っていた。我ながら子どもっぽいな〜

でも出来ることなら避けたいでしょ。無用な怒られイベントはさあ

趣味に対してのフィードバックはすごく興味が湧く。悪く言われるかドキドものだし、よく言われるのも無論嬉しい。どんな反応がこの先にあるにせよ、気になってしまう。

だいたいの人間がこんなもんだと思っていた。

自分の好きや興味関心を仕事にした人間以外、興味関心の埒外にある仕事でも、生きていくために続けている。今の仕事が嫌いなわけでもないけど、素の自分からしてみれば、興味関心の範囲なのだ。ちなみに、ここまで知っとかないとクビにするぞ飢え死ね!って話なら全然なんだってやる。生き死にの話でもないのに意識を高く持てなんてさ。偉すぎるだろ。

熱意はともかく、興味関心についてまで求められると困ってしまう。そういう姿勢組織における多数派ならなるべく合わせたいとは思う、気をつけたいけどどうしようか。いやしかし、もっと興味を持てって何なんだろう。どういう意味だ。1日100回組織名でググればいいのかね。アハハ。ウケる

ここまで考えて、ああやっぱりアイツ合わないんだわ、でまとめる。まあ社会人なんてそんなもんでしょ。考えてみたら全員がそういうこと言ってくるわけじゃないし。アイツ異動せんかな。ウザすぎんよ〜

anond:20201025193528

池沼レベル脳味噌醜男価値を見出せば良いのだ。

臓器移植用とか。

発電用とか。

投資意識の高い女なら飼いたくなる。

anond:20201025184016

横だが

日本解雇を緩くする場合

失業保険も今より手厚くしないといけないし

再就職やすくなってないといけない

また解雇やすくなったが継続してうまく行っている成功者にはインセンティブなど成功報酬も手厚くならないといけない

ただそういうことをやってると貧富の格差がひどくなって富の再分配問題になってるのが米国では起きてる

米国移民社会からノブレス・オブリージュ富の再分配など意識的に行わないといけないという意識が薄いからなおさら状況がひどくなってる

からオバマ前大統領が貧富の格差に関わらず医療を受けやすくなるようにと医療保険制度改革をやろうとした

夢月ロアと金魚坂めいろの訛り問題に関する雑エスパーなどする

(免責事項)以下は全て私の主観に基づく文章であり、客観的事実を述べたものではありません。それを理解してお読みください。

夢月ロアの訛りについて

夢月ロアの喋り方は、生来方言ベースにしつつも、それを大きく誇張・改変しているものとみられる。

一例として、「ハンムラビ法典」のような外来語専門用語に対して、方言でもそうは訛らないだろうというような訛り方をするのがその一端だ。

また、推測されている中の人プロフィールなどを考えても、本当は標準語でも苦労なく話せるところ、敢えて方言を誇張した発音を用いているのではないかとみられる。

実際、初配信現在配信を比べると、今の方が明らかに訛りが誇張・変化している。

「~だよ」が「~でよ」に聞こえるというリスナーからの指摘を受けた後から、はっきりと「~でよ」に聞こえるように話すようになったし、文字媒体でも「だよ」ではなく「でよ」を使うようになった。

魔界訛り」という用語も元は自然に出ていた方言に対してリスナー面白がってつけた呼び方だったが、その言い方を自身でも言うようになった。

嫌な弄り方には、はっきりと嫌であると表明するタイプ配信者なので、夢月ロアがいわゆる方言弄りをされることを自身でも気に入っていることは間違いない。

結論としては、【夢月ロアの訛りは生来方言ベースにしつつも、配信過程リスナーとの共同作業によって誇張されていき定着したもの】と言える。

金魚坂めいろの訛りについて

金魚坂めいろの喋り方も生来方言と見られる。

しかし、夢月ロアと違い、初配信から既に大きく方言の特徴が出ていたのは特筆すべき事項だろう。

たこれは完全に主観以外の何物でもないが、彼女方言夢月ロアのそれと違い、「無意識に出てしまっているもの」という印象が強い。

とはいえにじさんじ選考面接過程では最後まで標準語を用いていたというのは運営・本人双方の認めるところで、意識すれば標準語を使えないわけではなく、

さらに、めいろという自分の役名を縮めた「めろは~」という話し方については(生来持っていた名前ではない以上)完全に作ったものしか考えられない。

結論として、【金魚坂めいろの訛りは生来方言無意識的に表出したものだが、自身でもある程度肯定的にそれを表出している】と言える。

夢月ロアの配信スタイルについて

夢月ロアは魔界からやってきた悪魔という設定でデビューし、それを崩さずに配信をしている。

上述の方言以外にも、夢月ロアは声質・知識の欠け・考え方の幼さなど全ての面において「キャラを作っている」部分が大きく見て取れる。

リスナーもほぼそれを承知しているが、その上で彼女世界観に入り込み楽しんでいるという雰囲気で、日常系アニメなどを見る感覚に近いのかもしれない。

また夢月ロアはこの世界観を崩されることを非常に嫌う。

リスナーから言われた「魔界訛り」については世界観合致することから肯定的に受け入れたものの、「九州訛り」というコメントには一切反応しないし、

驚いた時に出てしまった「素の声」を切り抜いたリスナーに対しては、それはやめてほしいとはっきり拒絶した。

金魚坂めいろの配信スタイルについて

金魚坂めいろは普通人間(旧家のお嬢様)という設定になっている。

自身の訛りが地方方言であるということは隠しておらず、夢月ロアのように「魔界訛り」などと呼んでキャラ設定と整合させることはしていない。(そもそも整合はないので)

ところが、金魚坂めいろの配信のところどころには何らかのファンタジー的な設定が見え隠れしている部分があった。

引退した今となっては詳細は分からないものの、イヴという人形に関しては明らかに物語上の謎や伏線を張っており、他のにじさんじライバーで言うと出雲霞や黛灰のような、「ストーリー進行型のライバー」だったと考えられた。

夢月ロアの「危機感」について

夢月ロアはめいろに対して「訛りをやめてほしい」と言ったわけではない(と彼女自身から説明がなされている)

実際、夢月ロアの公開したチャットスクリーンショットには、「話し方に関して相談したい」としか明記されておらず、どういう相談なのかはチャット画面からだけではわからない状態だ。

運営から説明では、夢月ロアは金魚坂めいろの配信を見て「自分世界観を壊される」ことを恐れた、とあるのだが、これは、夢月ロアがこれまでの配信で必ず守ってきた

九州訛りと指摘されることを嫌う、無視する」「素の声、素のキャラなどと指摘されることを拒否する」の一環で、「自分の訛りが魔界訛りではなく九州訛りであるという了解のある状態」には

絶対にしたくない、というものだ。

実際に、金魚坂めいろの配信を見たリスナーから夢月ロアの配信コメント欄で、両者の方言の一致についてのコメント無視できないほどあったことが、大きなきっかけだっただろう。

金魚坂めいろも何らかのストーリーを背後に抱えていることは配信を見ていればわかるので、そのストーリー自分キャラ設定が、不本意接続されてしまうことにも危機感を抱いたかもしれない。

夢月ロアの公開したスクリーンショットについて

具体的に夢月ロアがどのような要求をしたかについては、公開されたチャット画面だけでは全くわからない。

というもの、「はじめまして」と「相談したい」しか書いていないような夢月ロアの初コンタクトから金魚坂めいろの「相談したとして、冷静でいられますか?」というようないきなり喧嘩腰の返答が、どうにも繋がらないかである

これはどう考えても、この以前に既に話が進行していたと見るしかないのだが、「はじめまして」ではあるので、実際に二人が直接話すのは本当にこれが初めてなのだろう。

だとすると、この前に運営を挟んで両者の要求の伝え合いがあったことになり、その段階で既に、金魚坂めいろは夢月ロアに対して相当な不信感を抱いていたことになる。

そこで運営説明画像を見るのだが、運営側の説明では、夢月ロアが金魚坂めいろの方言可能な限り訂正するよう要求した、となっている。

夢月ロアの「訛りをやめるよう要求はしていない」と矛盾している。

想像

おそらく、夢月ロアは自身方言自分自身で訂正可能であるものを敢えて表出させているものであり、また、誇張し、改変して作り上げたものであるのだから、それと酷似している金魚坂めいろの方言もそうであるはずだ、という考えがあったのではないか

実際、金魚坂めいろ自身配信で、「直そうと思ったら直せる」と言っている。

それならば可能範囲世界観の衝突を避けるべく、話し方の差別化をしていってもいいのではないか(それは可能なはずなのだから)。くらいに思っていたのではないか

ところが金魚坂めいろの方では、方言は「緊張などするとどうしても出てしまう」もので、夢月ロアのように作ったり修正可能ものではない。

おそらくこの部分で認識に決定的な齟齬があって、運営であるいちからはその齟齬認知しないままに夢月ロアの要求ストレートに伝えてしまったのではないか

最初から二人で話していれば、もしかすると普通にここまですれ違うことはなかったのではないか…と思ってしまう。

実際に顔を突き合わせて中の人同士で喋れば、ロアは標準語、めいろは九州訛りで、その時点でお互いに「あれ、これは…」となったかもしれない。

そうなれば別の未来もあったのではと夢想してしまう。

CC2が「ケモナー」を生み出したのか?というと…

先日某ゲーム会社社長さんが「『「ケモナー」という言葉CC2が生み出したようですよ』とツイート炎上する事件がありました。

起源主張は「だいしゅきホールド炎上事件があったばかりなのに……!

  

では実際のところどうなのか?

今後また炎上騒動が起こらないように、主観とおぼろげな記憶申し訳ないですがわかる範囲で記します。

  

結論

時期的にも同人のほうが早く、過去記事で「ケモナーという言葉意識していたわけではない」とあるなら生み出したわけでもないので、CC2が生み出したとは言いにくい。

でもコンシューマーでケモゲー出してくれたしソシャゲや自社プロジェクトでケモ界隈作家採用してるのでボコボコにするのも気が引ける。

  

補足

1998年同人サークル「KEMONERS」誕生

CC2が初なのはコンシューマーゲームで「ケモナー」という単語を入れたこと。

(2002~2003の.hack vol.1〜vol.4のどれか)

ファミ通2013年記事より引用「じつは松山氏や、CC2のスタッフたち自身は、“ケモノ”、“ケモナーケモノ好きな人)”という言葉をそれほど意識していたわけではなかったそうなだ。」(原文ママ

ttps://www.famitsu.com/news/201308/10038243.html

補足の補足

wikipediaケモナー欄に『「.hack//G.U.」作中で取り上げられたことがきっかけで~』ってあるけどミアのことだから第一部じゃなかったっけ?(違ったらごめん)

・wikifurのケモナーズ欄が無印と02がごちゃまぜになってるみたい。98~99冬コミ?まで無印 2000年夏コミから02。

若干ややこしくなる点

・テイルコンチェルト制作CC2前身CC1996年から

社長が目覚めたきっかけが宮崎監督名探偵ホームズなので世代としては古参

ソシャゲケモノプロジェクトでケモ界隈の作家を拾ってくれてるので貢献度は高い。

ttps://note.com/piroshi3/n/nefaf2b5efaa6

ttps://www.youtube.com/watch?v=thrcbv-lrEM

  

しかし繰り返しになりますが、「ケモナーという言葉意識していたわけではない」とあるなら「ケモナーという単語を生み出したわけでもない」でしょう。

じゃあCC2が「ケモナー」という単語を広めたのか?

.hack当時はオタクが他ジャンル情報を広く得られるニュースサイトとかあったっけ?

2chも同じ板ですら他スレ話題とか全くわからないし、他スレに出っ張るものならスレチで叩かれる)

・前述の、.hackケモナーという単語を入れたことは当時ケモスレで話題になったが、他ジャンルに広まったという認識はない。

・それ以降のまとめブログ全盛期でケモエロ絵がマジキチコンテンツとして他ジャンルオタクに紹介されたこと、pixiv検索したりランキングを見ると半強制的にケモ絵も表示されうること のほうが影響大きかったんじゃないかと。

  

ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて2chAAネタが出て祭りになったけど一般に知られるわけもなく、ネオ麦茶のまネコ騒動みたいなスキャンダル的なほうが一般層に2chが知られるきっかけになった…みたいな)

  

  

  

  

とりあえずこんな感じですね。つっこみあればよろしくお願いします。

だいたいざっくりですがけもフレときみたく東大ケモナー研究家の方がまた詳しく書いてくれるでしょう多分。

意識すると虚しくなってしまうから考えないようにしていたけど

最近、そろそろいい加減に認めるべきなんじゃないかと思えてきた

大抵のラーメン屋よりラ王の方が美味いという事実

恋愛リアリティショー(バチェレロッテ)見たいけど見たくない

バチェレロッテっていう恋愛リアリティショーが今話題Twitterとかでもよく話題をみる。

福田萌子さんが、萌子が、とにかく良いらしい。

性格が良く自立心があり自分の考えをハッキリと持っていてかつ思いやり搭載で素敵らしいんだって

(なおモデル体型の美人セレブスポーツマン

そんな萌子(とキャラの濃い男性陣)の恋愛模様が話題なバチェレロッテ、正直気になる。

でもさ、でもさー。

リアリティショーってさあ。正直どうなの?

リアルなの?ショウなの?

本人なの?役柄なの?

嘘なの?ホントなの?

わたしは前作のバチェラー3をリアタイしてた視聴者なんだけど、

まあこれが歴史に名を残す程にひどかった(ショウとしては非常にエンタメ度が高くおもしろかった)

信也が恵だったんだよね、結局。

おーい!水田さん、かわいそすぎだろ、ほんま!っていう胸糞展開。

そんな、しんめぐも結婚して、禊した感じになったのか、なんとなく世間も優しくなった今。

「しんめぐの日常」というユーチューバーになって、そのバカップルっぷりに人気がでてる。

恵も名の知れたブランドモデル活動など増えてて上り調子そう。

でも最終回放映直後はバチボコに批難されて大炎上して「だ、大丈夫…?」ってくらい誹謗中傷もひどかった。

しかし言いたくなる気持ちも正直分かる~~~と思いつつネットを眺めてた。

その後テラハで、炎上から誹謗中傷が原因で、出演者自死されてしま事件が起きる。

そんで世論の流れがバーッと変わった、いや誹謗中傷正当化するつもりは一切無いんだけど、

だけど、リアリティショーの楽しみ方ってマジむずかしくない?って思ったってこと。

出演者は、リアリティショーは「言えない事情や裏側の都合もある」「放映されたものが全てではない」と言う、

それはもちろんそうだけど、リアリティを求めるからリアリティショーは人気なんじゃないの?

嘘だと思うとした、それはただの恋愛ドラマであって…わからーん!!!

『本人役で、本人達が出演してる、現実日常風、恋愛ドラマ番組』って意識して楽しむのマジ難しくない!?

むかついたり好きになったりしちゃうじゃん!

でもそれ自体虚構(ショウ)だからそんなのしても意味なくない!?みたいな。

リアリティがあると思うから、すごいなあとか好きだなあと思うのに、バッシングダメっていう。

いやバッシングダメなんだけど、片方の感情だけ禁止するって構造的に無理じゃね?構造うんこじゃね?っていう話。

からバチェレロッテめっちゃ気になる見たいんだけど、リアリティショーという構造を支持できない気持ちから見たくない、

でも構造うんこに惹かれる自分うんこさが消化できなくてもやもやするー!

どうしたらこもやもやは解消できんの?ちゃんとした大人はどんな気持ちで観てんの!?

リアリティショーという構造を、どう正しく視聴者として楽しめばいいのか分かりません、おしえてえらい人。

俺も飛び降りの奴に巻き込まれて訳も解らないまま死にたい

下手に意識がある方が辛い

あれから(絶望少女達2020)

あの頃を意識しまくった歌詞にニヤニヤしながら聞いていたら、あれ?なんでだろ…

「いろいろあった」

かにいろいろあった。キャストのみなさんにもいろいろあった。世間でもいろいろあった。

俺は涙もろくなった。

2020-10-24

ブログはやっても稼げないからやめた

seo意識しても1位なんねえもん

400個書いてあたったの2つ

ひと月1万やり稼いでくれる記事が2つよ

やってらんねえ

わかったことは

上位表示が難しい

anond:20201023204100

機能ADHD生活問題に関しては、「どうすればいいかからない」が多い。その対策は単純で「どうしたらいいか考える」。たぶん、多くのADHDの人は「どうしたらいいか考える」ことの大変さをわかっていない。定常発達の人は周りの人を見てなんとなくできてしまうが、ADHD/ASDのひとはよく考えて整理しないといけない。

なんとなく考えるのではなくて、問題をケースに分けて、ノートパソコンかなにかに、ありえる選択肢を書き並べて、メリットデメリット検討して、必要な行動を決定する。たとえば、一回着たセーターなら、

  • 床に置いておいてまた着る
  • 椅子に積み上げておいてまた着る
  • 専用の場所(吊り下げられるラックとか)を設置してそこに置く
  • 一回以上着ものは買わない
  • 毎回洗濯する

とかの選択肢がある。どれがいいのかゆっくり整理すればいい。

どんなラックを買うという選択肢があるのか、とりあえず置くとしたらどこに置けるのか、何を動かせば置くスペースが確保できるのか、一回着たものと一度も着てないものはどうわけるのか、どのくらいの頻度で同じ服を着て良いのか(=一時スペースに必要サイズはどのくらいか)、一回で洗うのか、二回で洗うのか、臭くなりそうだったら洗うのか、どういう基準で決めるのか、全部整理しないといけない。

これはかなり時間がかかるプロセスで、一回きた洗濯物の処理の方法検討するだけでもかなりのエネルギーを消費する。休日半日は潰れると思っておいたほうがいい。東大に入るのに比べたら明らかに簡単だけど、大学受験と比べてガイドしてくれる先生参考書が少ないから、自分自分ガイドすることを意識しなければならない。

イタリア料理経験の敷居低い系リゾット

自分リゾットたまに作るんですけど、anond:20201023214506増田が不評でもったいないなーと思ったので書く。

別に意識低くもないですけど敷居は低いぐらいのたまに自炊する人向け。

ごはん

これが一番のポイント

通常より少ない水とオイル普通に炊飯器で炊いておくだけ。

イタリア人より圧倒的に炊飯器が普及してるであろう日本人ならこれに頼らない手はない。

具体的にいうと、

ぐらい。

このオリーブオイルご飯どうしがくっつかなくなるために入れるものなので適当もので良いです。

白ワインは風味づけなので無くても良いです。

炊きあがると粒がばらばらにほぐれる固いご飯ができあがります。これをスープと煮るだけですぐできるという寸法。

釜のオイル匂いはすぐ取れますが、どうしても受け付けられないなら普段遣いの炊飯器でやるのは止めたほうが良いかもしれません。

スープ

スープパスタ作る感覚でなんでもいいです。

なんだったらレトルトパスタソースでよし。ミネストローネの缶もいいね

自分クリーム系が合うと思ってますきのこクリームソースとか。

自作するならオリーブオイルよりバターベースで行くとうまくいく気がします。

チーズ

粉もしくは粒状態ならなんでもいいです。

割とチーズの味がダイレクトに出てくるので、パルミジャーノ買ってきて削るなりしてチーズからこだわってみると効果が実感しやすいと思われます

もしスープ海鮮モノだったり十分こってりしてたらこれも無くても良いです。

つくりかた

スープを温めて固ご飯を投入して軽く煮てスープを吸わせたら粉チーズでとろみをつけるだけ。塩気が足りなかったら塩で味を決める。

あんまり煮込んじゃうと焦げ付いたりグズグズになってアルデンテが消滅するので手早くでよいです。

チーズも入れすぎるとクドくなるので味見をしながら加減してみてください。

補足

リゾットの本格的なレシピを見ると、鍋に付きっきりでコトコト炊く工程のせいでどう考えても1時間ぐらい使いますが、固ご飯を作っておくことによりだいぶ時短になります

大半の飲食店は似たような方法で作ってるのではないのでしょうか。しらんけど。

炊飯器に任せてあとは小鍋一つで数分コトコトやればいいので茹でるという工程がないぶんパスタより気楽かもしれません。

ごはんは冷ご飯感覚冷蔵庫でしばらく保存できますが、小分けして冷凍しても良いかも(自分はやったことないけど)

プロ目線だと噴リゾものだと思いますが、単なるバイト経験者の話ということでひとつ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん