「解決」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 解決とは

2017-10-22

宝石の国感想心理面が良い

3話までの感想

 

映像美や3Dにすごく惹かれる

というのはもちろん分かるんだけど

個人的にはそれより心理面が面白いと感じた

どうしようもなくポンコツのフォスが、悩んだ末に何か解決するわけでもないのに

何故か少しだけ良い方向に進んでいくのが面白い

そして本人はまるで気づいていない

 

そもそもキャラの間に圧倒的な能力差があるんだよね

個人差というより種族からして違う感じだから、これはもうどうしても埋まらない

そういった、どうしようもない溝は、工夫とか気の持ちようとかレベルアップとか修行とか

よくある漫画メソッドで中々解決できるものではない

 

あるとすれば苦悩の末の慟哭叫びが、お互いの関係に少しだけ風を吹かせる程度

フォスはやさぐれしまっているが、散々喚き散らすお陰で周囲を引っ掻き回している(良い意味でも悪い意味でも)

結局大したことは解決しない気もするし、硬度3.5がどうにかなるわけでもないが

それでもほんの少し何かが変わる、と言う部分が愛おしいと思う

こういう話って中々書くのが難しそう、安易解決でしてしまえないし

 

そういった心の機微3D表現してるのがまたすごいし

それが美しく仕上がってるのはなお凄い

心の躍動が映像に現れてるのは、ピクサーとかあそこらへんを彷彿とさせるね

就活準備しようとするたび体調不良

風邪引いてもうろうとした意識で書いているので文章力は期待しないで

夏のインターンは前期がずっと体調絶不調のため諦めて

学校主催就活準備のお話の前日に風邪微熱になり、当日回復したもの精神力が全くなくなってたから諦めた(同じ話が複数回あるのの一回だから諦めれたけど、予定を取り消すのしんどい)

マイナビ説明会も予定をしっかりして、参加企業調べてたのに秋バテ貧血凄まじくて諦めた

昨日から低気圧で体調悪くて、今日風邪もうろうとしてる。明後日外部の就活イベント(予約済み)があるのに。不安

その間間も色々小さな就活準備をしている一方で色々な体調不良頻発。友達就活頑張ると言ってるのに実行できず意識高い系になってて、嫌われないかとても怖い。

元々は体調不良になりやすいわけでなく、一人暮らし大学生になってから体調不良が増えてる。食事栄養気をつけてるし、標準体型だし、なんでこんなに体調悪くなるんだろうと思いながら改善改善体調不良によっては病院行くし

成績や単位大丈夫だけど、しんどい理系院進学する予定だけど、学部就活本気で頑張って内定一つは取りたいのに。

なんで体調不良になるの。ただの意識高い系になって友達に嫌われたくない。なんかないかしんどい友達に関しては私がただ自滅して怖がってるだけなんだけど

近いうちに学校相談室行くけど解決するかな

台風の陰で普段言えないことを吐く

職場身体障害者がいる。

簡潔に言ってすげー仕事できない。

仕事デスクワークで、自分たちと同じ仕事をすることを期待されてその人は雇われたのが、あまりにも仕事ができなさすぎて別の仕事を与えられた。ちなみにこれは前代未聞だった。

その人が仕事が出来ない理由としては、「人の話を理解しない」「〆切を守れない」「一度同意した事項について書面を残してあるのに違うことを言い出す」「ミスをしたらぜんぶ人のせいにする」「自分の頭で物事をきちんと考えられない」といったところだ。このため同じミスを繰り返すことは日常茶飯事だ。

単に仕事ができないだけだったらまだマシなのだが、人の仕事ケチをつけたり自分のやりたい事を主張してきたりしてきてすげー邪魔

本来であればやりたい事を主張するのは歓迎すべきことなのだろうけど、やりたい事を聞いてみると筋が通っていなかったり人のリソースを奪うようなことばかりしていて、言われる度にまたかよとげんなりしてしまう。

自分だけじゃなくて幾人もの人が何度も丁寧に何がいけないのか、どうしたらよいのか、どうやって考えるといいかのヒントなどを様々な手法で細かく説明してきたが、全くもって梨の礫。

さっさと辞めてほしいけど、障害者から強く出れないらしい。

頭ではちゃんとした障害者の人たちだって多くいると知っているが、この人を見ていると障害者から甘やかされて、どんなくだらないことをしても褒めてもらって異様な自信をもつようになってしまったのでは?と思ってしまう。

事実がどっちだって目の前の問題解決にはつながらないのだが。

もう関わりたくない。

anond:20171022144701

元増田です。

お恥ずかしながら、実存主義というワード高校倫理の授業以来です。

大学生になって活字重厚哲学書や文学ほとんど読まず…自分の無学を恥じるばかりです。



元増田無駄努力はせずにコスパ良く今の社会構造でできるだけマシとされるところに行きたい人なんじゃないかなと思う。

でもその生き方だと元増田が言うように薄っぺら人生に嫌気が差してくるんだよね。」

まさに、言い得て妙です。自分はこだわりなんてものがなくて、長く続けられたこともわずかです。流されつつも合理的に、言い換えれば情には薄く、冷淡に判断を下して生きてきたと思います

もっと単純なこと言えば、「好きなものは?」「好きな本は?」「好きな音楽は?」「好きな芸能人は?」そういうアイスブレイクも苦手です。こだわりなんてないんですし、その場に合わせて、適度な流行を加味して受け答えする作業になりつつあります

ただ、一見矛盾しているとは思いますが、好きなこと、そして、その喜び、逆に、嫌なことに対する苦しみや不快感はその瞬間瞬間感じます

ですので、それをどう”こだわり”レベルまでシフトさせるか、自分対話していく必要があるのでしょう。気づきを得られてとても嬉しいです。



物事自分がやりたいかやりたくないかだし、選んだことに対しては責任を持って遂行するしか自分気持ちが救われることは無い」

そういえば、今付き合っている恋人にもこれと同じことを寝ている時に言われたことがあります。正直、かなり驚きました。

どうやら自分現実でもこの空間でも悩みの本質やその解決となる決定打を見抜かれてしまっていたのかもしれません。これまたお恥ずかしい限りです。

自分の悩みなんて宇宙レベルで考えればかなりちっぽけですので、何かこだわりをもって生きる大切さを実際に身体で知り、自分主体性もっと大事にして生きていこうと思います。すぐになんとかなるとは思いませんが。。

anond:20171022144950

でも現実で一歩ずつ成長することもできないかネットにいるんでしょ?

ネットを辞めて現実で頑張るのが一番の解決方法だと思うよ

シュレディンガーゴキブリ

シュレディンガーの猫」という話があるが、この話の問題点は猫が死ぬかも知れないという点にある。これは動物虐待である

従って、猫の代わりにゴキブリを使えば、この問題簡単解決する。

死に票・一票の格差が多すぎ問題

これを解決して、同時に議員政党に縛られ政党の数だけしか政策がないのを解消するために、

候補者の得票が、議員国会投票した時のポイントになる』

みたいなのを考えるんだけど、ここまで大きく制度を変えるのってほぼ無理かね。

ラブライブサンシャイン三話はどうしてこうなった

いや本当にどうしてこうなったってくらい酷かった。

学校説明会ラブライブが重なってさぁどうしようとなり、センターの機転で解決するって展開なんだけどその過程が余りにもおかしい。

まずラブライブの会場に突如学校にいるはずの4人が現れて驚くシーン。

直前にどっちも行ける術があるならその時点で全員行けるはずだ。

それなのになぜ学校居残り組にその術を教えなかったのか。

仮に人数制限があるといった(それっぽい描写は一応ある)としても間に合わせる方法も伝えていなかったっぽいし、情報共有がガバガバである

そして極めつけがそのショートカット方法が「道路じゃなくミカン畑突っ切れば間に合う!」ということである

どう考えてもおかしい。

ショートカットしたとはいえ、走って間に合う時間ならタクシーなりを使っても100%間に合うはずである

どう見ても過剰な演出であることに加え、ご都合主義という「ファンタジー」を使うことは、「(自分達の力で)奇蹟を起こすんだ」という作品全体のテーマをぶち壊している。

神様頼みだったところから諦めず自分の力で奇蹟を起こした、という三話は全体の流れは、なるほど作品テーマに則している。

しかし、演出過多によるご都合主義によってそのテーマ性も壊され「はいはい茶番乙」となってしまった。

本当にどうして三話はこうなったのか。

2017-10-21

anond:20171018031309

追記を読みました。

当方男性同僚からモラルハラスメントを受けた経験がある女性です。

自分場合は加害側の異動(肩書きだけの昇進付)という形で解決しました。

彼の態度が目に余るがだいじょうぶか、と男性上司から声をかけられ軽く愚痴った程度です。

結果、放置しては全体の指揮に関わるということで上記の措置となりました。

他のメンバーにもヒアリングしたら苦情が出ていたそうです。

女性比率は半数くらいのため条件は異なりますが、そういう事例もあります

再発防止策とおっしゃいますが、B氏に事情を聞くなどのはたらきかけはあったのでしょうか。

また、メンター役の交代は検討されたのでしょうか。

(いずれも文中から読み取れなかったため「無い」前提で話を進めます的外れでしたら申し訳ありません)

両者個別に話を聞いてフィードバックする、A氏の相談後も定期的にフォローアップするといったことで、

不測の事態に至る前に彼女異変に気付けた可能性は高いと思います

一方的我慢を強いられる環境に対して所属意識を保つのは困難です。

「加害側の処分は難しい」という意識では同じ結果を招きかねないと危惧します。

ほかのマネージャー上司も同じ認識なのだとしたら、組織としての問題です。

チームのモチベーションに関わる適当研修を見繕えば

再発防止策としての体裁は整えられるかもしれません。

ちなみに、自分の事案の時は私自身が部下に悪影響が与えていたと注意を受けました。

件の上司には、その点も含めて感謝しています

anond:20171021230022

ゾンビ物とかパニック系って最初インパクトは凄いけどだんだん失速して不時着するイメージある

やっぱきちんと解決する作品は少ないのかね

anond:20170927222751

顔が良くて夢追ってて稼ぎの悪い家事と人付き合いがうまくて子供が嫌いではない男を見つけるか、そのように育てて結婚すれば全部解決するよ。私はそうした。

ポイントは稼ぎが悪くてもちゃんと活動してる男を選ぶ事。ずっと家にいる男だと邪魔くさいし子供に悪影響だし散財されたり浮気されたりするから

それにもしかしたらいつか花咲くかもって死ぬまで期待できるしね。買ったまま放ったらかしの宝くじ感覚で。

育てるポイントは期待せずに応援する事。子育てと同じだね。

anond:20171021134828

確かたった三か月で取得できる社内資格で、しか無資格検査してた割合も(日産が嘘をついてなければ)大して高くないんだよな。

まり日産は真面目に取り組めば容易に解決できそうな問題スルーしてたということだ。結局ダメじゃねぇか。

anond:20171021203052

「どこに言えばいいんだろ?」って警察にきまってるのに「警察にいっても信用してくれるわけない」っていうんだったら、初めから「どこに言ったらいい?」なんて聞くな。

すべてを解決してくれる正義ヒーローの連絡先でも教えてくれるとでも思ったのか?

どうしたんだよ

女がメチャクチャ切れてる

おばさんがここあいてます

って質問したら

知り合いが来るからとっておいたんですけど…どうぞ!

って切れながら荷物をどかした

それまで座席荷物をおいていた

そのあと新聞バサバサ広げて威嚇してた

それが発車の1分前くらい

発車したら、急に話始めたと

おもったら電話してた

とっておいたんだけどとられた

申し訳ない私は号車にいるか

と嘘くさい内容だなと回りの全員が

思うような話だった

どうに穏便な解決をしてやりたかった

ゆうメンタルクリニックに通って。 なぜ心の問題は解消されない?

ゆうきゆう氏が10代の女性との交際話題になっている。芸能人でもなく、テレビでもそんなに見かける人ではないのに、ネット週刊誌写真が公開されることは不憫あるが、このニュースが目に付いたのは私がゆうメンタルクリニックに通院していたからだ。

監査法人で働いるのだが、労働時間も長く、毎日毎日期限に追われる中で、日々の業務プレッシャーを感じてしまい、夜に眠れなくなってしまった。そこでせめて眠るめにもということで、家の近くにあるゆうメンタルクリニックに通い初め、睡眠薬を処方してもらうことになった。

その中で感じた事があるのだが、それは心療内科に通院しても精神的な問題解決出来ないのではないかという事である

ゆうメンタルクリニックに通い初めてビックリたことは、バウムテストという木の絵を描いて心に秘めている心情を読み取るテストを受けるのだが、その結果を全く使わないということである診療結果は紙で渡されて、それに対してのコメントが全くない。正直これをどう使えば良いのか分からないし、何のためにこれをやったのかも分からない。このテストにもお金がかかることからお金を得るために受けさせているとしか思えなかった。

その後も通い続けたが更にびっくりしたのは、診療時間が短い事だ。呼び出されて待合室までに戻るまでの所要時間は5分位である。余りにも診療時間が短くて一緒に来ていた妻は苦笑いしていた。その間に話したことは、「薬の具合はどうか?」「薬を使って副作用は感じているか?」「最近調子はどうか?」という話題であり、回答をしても問題の解消に向けてのアドバイスをくれることはほとんどない。医者診療に受け身であり、こちから今後どうしたら良いかを聞かないとアドバイスはほぼしてくれない。これで精神療法として330点(3,300円)が加算されることを考えると、とても割の良い仕事だなと思ってしまう。

マニュアルさえ渡せば誰でも出来てしまうような診療なので、医者も本当に医者なのかと疑問に思ってしまう。私服の上に白衣を着ているのはまだ良くあることかもしれないが、ヒゲも剃っておらず髪もボサボサな医者もいた。目に活力も感じなく、机には携帯が置いてあり、ネットゲームの途中かのような画面が写っていてやる気も感じられない。

この様に、診療時間も短く、テスト意図不明診療が行われているが、診療して間もない場合は、2週間分しか薬を処方してくれない。だから薬が欲しければ2週間に一回受診しなくてはならず、毎回、初•再診料として126点(1,260円)を支払わなくてはいけない。

こんな感じの診療をしていてもゆうメンタルクリニックには沢山の患者が来院している。その理由患者ゆうメンタルクリニックに期待しているのは薬を処方してくれることだけだからなのかもしれない。他の精神科受診たことがあるが、そこでも診療時間は長いと言えず、診療内容も浅いものだった。ネット病院を探しても、どこが良いのかも正直分からない。だったら取り敢えず薬を処方してもらって当座をしのごうと思うようになる。そうなると行きたい時にすぐに薬を処方してくれる病院がとても使勝手が良い。ゆうメンタルクリニックには池袋新宿など都心にあり、土日も朝から夕方まで営業している。診療時間も短くて、待つ時間も短いことからとても便利に感じる。ゆうメンタルクリニック病院にも関わらずドラッグストア的な機能を有していて、その点が患者に指示されている点なのかもしれない。

精神科は数あれど、精神問題解決できる病院は数が少なく、たとえあったとしても患者には認知されにくい状況にあるのかもしれない。そこで薬を処方してくれる病院に通うが、そこで根本的な問題解決する可能性は極めて低く、いつまでも悩み続けることになるのかもしれない。自力解決するのも難しく、病院での解決も難しい。精神問題を抱えてしまうと、金もかかるし、生きにくくもなる。本当に厄介な病気だ。

anond:20171021172334

最近ニートに働けと言うのもタブーになりつつあるが…

ニートの多くは精神疾患なり障害なりを持っている事が多く、

まずそちらの治療なり療育なりをやるべきであり、ただ働けと言うだけの根性論解決する問題ではない的な

anond:20171019234947

日本クソだなって思うのはこういう奴が「お前が苦しめば俺にとっては解決」という結論以外を受け入れないこと ダメコンとか一切考慮せず我慢できずダダをこねること

2017-10-20

仕事当事者なのに聞いてくれない

たとえば自分担当した案件があったとして

それに絡んだ「これどうなってるんだろう」という相談を、自分の近くで同僚がやっている

自分に聞けば大体すぐ解決することなんだけど、まるで私が存在していないかのように、あれこれ想像決断して、次の作業を決めていく

想像で決めてるので事実ベースで色々間違っていて、後々になって仕方なく俺が口を開くことになる

 

まあこういう当事者不在でなんか勝手に決まるっていうのは、どこの会社でもよくあることだが

その相談自分の近くでやるのは非常に奇妙だ

 

これはもう、嫌われてるんだろうな

(もちろん全同僚がそうではない)

 

自分からしかければ良いんだが・・・何だろうな、釈然としないから放っておいてる

anond:20171020085728

豊洲の件で石原をこき下ろして都知事になったにも関わらず

なんの解決も結果報告もなくAIとか言って誤魔化したからじゃね?

改元対応が大変とか、西暦統一しろとか言ってる平成エンジニア多いけどさ

技術力低すぎない?

そんなことで右往左往するレベルの低い技術者って、もうなんか、もろに平成って感じ。

で、こういうこと言うと納期とか予算とか現場の大変さを語るんでしょ?平成を通りすぎて昭和だよ。

普段効率化だのスマート化だのテクノロジーですべて解決できるみたいな顔してて、誰でも予想できるこんな大きな変化に対応するのにギャーギャーわめくって、しょぼいよ。

AI発達したら、こんな技術力の低い平成エンジニアは何して生きて行くの?

体力もない、適切な会話ができない、何かトラブルがあるとシステムのせいにしたがる、理想論ばかりで手を動かさない、考えない。

平成はこれだからこまるよ。

[] #39-5「タオナケの正義

「なあタオナケ……まさか明日貧困街を通ったりしないよな?」

あんた達に言う義理はないわ」

「やめときなよ。危ないよ」

あんた達が決めることじゃないわ」

タオナケの怒りは放課後になっても納まらず、俺たちと意図的距離を空けて接する。

事情を把握していないシロクロは首をかしげるばかりだ。

「なあ、なんかタオナケのやつ、ちょっとこじらせてないか? 風邪か?」

「違うよ、シロクロ」

まあ、完全な予防が困難という意味では似たようなものかもしれない。

タオナケのやつ自意識が強く働いて、かえって自衛必要性を見失ってる」

俺たちはほとほと困り果てていた。

俺たちが間違っているのならタオナケに謝ってそれで終わりでいいんだけど、別にそういうわけでもない。

それでは何も解決しない。

そもそも俺たちが頭を抱えている問題は、タオナケとの関係修復じゃないからだ。

「まあ……しばらくしたら戻るさ」

「しばらくじゃ遅いよ。このままじゃタオナケが意地になって、またあの場所を通るかもしれない」

そう、今回は他に解決しないといけない問題があるんだ。

次にまた何かあったとき、今回みたいに俺たちがフォローできるとは限らない。

けれどもタオナケのあの様子を見ていると、俺たちではとてもじゃないが説得できる気がしなかった。

まり猶予はない、明日までに何とかしないと。



事情を知っている兄貴にまず相談した。

兄貴が言うには、まずタオナケを説得することは難しいだろうということだ。

人間意志なんてそう簡単には変わらないし、頭ごなしに押さえつけても反発が強まるだけ。

から貧困街に行っても大丈夫なよう、警護をつけるべきだと考えた。

市民団体中途半端に介入すれば、必要以上に場を荒らす。

だが俺たちでは力不足だし、タオナケ自身それを望まないだろう。

なので個の力が強い第三者にそれとなく警護してもらうのが、ひとまずの応急処置だと兄貴分析した。

そこまで分析してもらえれば、俺たちが思いつく選択肢はだいぶ絞られる。



俺たちは魔法少女に頼み込んだ。

とある一件で正体を知って以来、俺たちはたまに魔法少女に絡むようになった。

「うーん……そーいう個人的問題魔法少女管轄内だっけ?」

魔法少女肩に乗った謎の小動物に話しかける。

すると小動物は抑揚のない喋り方で、淡々説明を始める。

そもそもの話をしますと、我が社の魔法少女試験の一環として都市に配属された操作アンドロイドです。有志を募って参加していただいております

「駄目ってこと?」

魔法少女になってやることは、主に自分の住む町の自警活動や、イベントなどの参加。後は定期的に報告書の提出や、魔法少女たちの集会に参加していただくことです。後は、良識範囲内で魔法少女になることは自由となっております

「つまりコンプライアンス上は問題ない範疇、ってこと?」

「そうなります

無駄説明が多すぎる。

「それじゃあ、タオナケをさりげなく警護してあげてよ。ついででもいいからさ」

「うーん、駄目ってわけじゃないけど、そういうのって際限がないしなあ」

「そんなこといって、ほら、あるだろ……マジックワードが」

「そんなものないよ」

パワーワードでもいいよ」

パワーワードもないし、そんなのでどうにもならないでしょ。そもそも、どうしてタオナケちゃんはそんなことをするの?」

そういえば、まだ事情説明していなかった。

(#39-6へ続く)
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん