「時代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 時代とは

2018-07-19

hagex刺殺ゲームとか昔だとすぐ配布されたものだが

もう、不謹慎ゲーが出せるような時代じゃないんだろうなあ

anond:20180719174909

沈みましたか…?(小声)

とは言え、まあミリオンライブバンナム利益を総取りしたいから生まれたこ自体事実だとミリPの自分でもそう思う

そして本家765Pがミリに抱く感情が複雑であることも理解してる

でも…今ミリオンライブバンナムが一括管理するコンテンツとして過去類を見ないほど順調に動いてる

そしてちゃんとPも増えた。その多くがそもそも本家765だけの時代をあまり知らない人たちだ

そもそもミリオンライブ自体にもグリマス時代からPが一定数いる。あなたと同じ様に生きて、呼吸してるPがだ

あなた運営ゴリ押ししか思っていないコンテンツには、今や沢山のPたちが居るんだよ

あなた嫌悪感を抱いている―なるほどそうかもしれないが、だからと言って僕らを人間扱いしない姿勢はやめて欲しい

安倍政権はなんで支持率は上がるの?

回答A「マスコミの信用が落ちたから。マスコミが言う事は信用できないと思う人が増えたので、その反対が選ばれるようになった。」

回答B「マスコミ情報が偏っているから。テレビを見るよりも、ネットを見たほうが圧倒的な情報があってテレビが全てを語ってないと知られてしまたから。」

回答C「そもそもマスコミを利用しなくなったから。テレビをみる時間も、新聞を買う金もなくなったので、唯一もってるスマホから入る情報を頼りにするから。」

回答D「民主党時代のひどい株価経験して、それよりは今の株価が遥かにマシだから年金ももらえなくなる未来株価重要。」

anond:20180719174909

時代が変わればコンテンツも変わる

そこに無理やり着いていく必要は無い

コンテンツは成長出来てるのにお前の精神はいつまでたっても成長出来てないんだな

ミリオンライブが嫌われる理由

僕はミリオンライブが嫌いだ。

「またライバーかデレPのミリオン叩きか」と思われるかもしれない。

だが、どうして自分ミリオンを好きになれないのか、

また自分だけでなく、ミリオンが何故多くの古いアイマスPに

嫌われるのか、歴史的な経緯について説明したいとおもう。

特に若い世代の人たちは知って欲しい。

シンデレラが、ミリオンが何故生まれたのかという事を。

アイマス簡単歴史

アイマスが世に出て、もう13年になる。

2005年アーケード筐体がリリースされ一部に人気を博し

2007年XBOX版が発売され、ニコニコを中心にして

一大ムーブメントを巻き起こす。

2008年にはLIVE FOR YOU2009年には

PSPSPDSディアリースターズ

様々なプラットフォームアイマスタイトルは展開された。

だが2010年アイマスを揺るがす大きな事件が発生する。

9月18日東京ゲームショウの場で発表された「アイドルマスター2」

そこでは、律子ら4人が非プレイアブルとなる事や

男性ユニットJupiter」の存在が発表され、アイマス界隈は激しく荒れた。

今回はアイマス歴史を詳しく語るのが目的ではないので

詳細は割愛するが、この時点で

バンダイナムコ(以下、バンナム)内では

アイマスの次なる展開が動いていた。

ひとつは、アイドルマスターの「アニメ化である

A1-Pictures制作の、このアニメ版は人気を博したが

古参ファンの中には眉をひそめる者も少なくなかった。

Jupiter竜宮小町が描かれるアニメ版は、

数多くの非難を浴びた「アイマス2」の世界

ベースにしており、アイマス2の世界

運営推し進めるオフィシャル設定である事を強く印象付けた。

また商品ビジュアル面でも「アニメ版」への移行は強かった。

言うまでもなく、アイドルマスターといえば

窪岡俊之氏が生み出した魅力的なキャラクターたちである

黎明期においては窪岡氏およびバンナムの田宮清高氏、

その後は杏仁豆腐氏が公式イラストを数多く手がけていたが

アニメ版以降、公式A1-Pictures(以下、アニメ版)の

キャラクターイラストを中心として展開していく。

公式グッズやコラボ商品など、全てアニメ版イラスト

代わり、窪岡氏や田宮氏、杏仁氏の「ゲーム版イラスト

ほぼ使用されなくなっていくのだ。

(決定的となるのは、2012年に発売された「シャイニーフェスタ」であり

この商品パッケージは全てアニメ版ベースとした

イラストとなった)

こうして、アイマスは少しずつ形を変えながら

新たな展開を進めてゆく。

だがそれは、僅かではあるが、確実に

ファン公式の間に歪を生み出していた。

シンデレラが担ったもの

さて、ここからが本題である

長い長い前置きで申し訳ない。

方面に渡るアイマスの新展開として

バンナム計画したものひとつ、それが

アイドルマスターシンデレラガールズ(以下、デレ)」である

当時、怪盗ロワイヤルなど携帯電話(まだ、ガラケー時代である)を

プラットフォームとしたゲーム流行兆しをみせ、

売り上げ的にも馬鹿に出来ない数字を叩きだし始めていた。

多くのゲーマーからは「ぽちぽちゲー」と揶揄され

開発者たちから忌避され気味だった携帯ゲーだったが、

その生み出す利益無視する事ができない額となり

多くのメーカー携帯ゲーム業界へ参入していく。

バンナムのそのひとつであり、アイマス

携帯ゲーとしてリリースする事を企画していた。

アイマスモバイルという携帯ゲーもリリースされたが

所謂エリアゲームしかなく、莫大な利益を上げる事はできない。

求められているのは、当時の携帯ゲーの主流であった

ガチャゲー」であった。

だが、当時はまだゲーマーから拒否反応が強い

携帯ゲー(ぽちぽちゲー)である

そこに「アイマス」が参入する事は、

IPイメージダウンに繋がりかねない。

そこでバンナム選択したのは

シンデレラガールズ」という外伝タイトルとして

しかも自社ではなく他社開発としてリリースする事であった。

デレは、アイマスのメインシリーズではなく

あくまスピンオフ作品である

しかも自社作品ではない。

この体裁をとる事で

アイマスブランドの低下を避けようとしたのだ。

デレの開発運営を任されたのは、当時

神撃のバハムート」等をリリースしていた

サイゲームスだった。

(開発時期的には、神撃が表に出た時には

既にシンデレラも動いていたと思われるが省略)

2011年当時のサイゲームスは、まだモバゲー

携帯ゲームを開発運営していただけの会社である

そこからナンバリングではないとはいえ、

アイマス」の名を持ったタイトル携帯ゲーで

リリースされるという事は、当然ながら

ユーザーたちからの強い反発を招いた。

当時の掲示板ログなどを見てもらえると判るが

アイマスもとうとうポチポチゲーか」などと

馬鹿にされ、叩かれまくったのである

勿論、バンナムもそんなユーザーたちの

反応は予想していたであろう。

からこそ、あくまスピンオフ作品という扱いとし、

自社ではなくサイゲームスに委ね、自社の看板である

765プロキャラクターは、あくまで客寄せの

釣り」としてしか使わせなかったのだ。

そしてその外部の仕事を任された一人は、

前述の公式イラストレーター、杏仁豆腐氏であった。

前述したように、アイマスのメインビジュアル

アニメ版の」イラストに置き換わっていく中で、

同氏は、デレのキャラクターデザインを任される事になった。

左遷、という言葉は少し実情から離れるかもしれないが

少なくとも、杏仁氏の「本家」での仕事は激減した。

話を戻そう。

デレが自社のアイマスシリーズではない、という事が

もっとも大きく示されたのは、デレに与えられた

タイトルだった。

2009年以降、当時のアイマス関連の作品には全て

Project Im@s 2nd Vision」というロゴが与えられていた。

これは「アイドルマスター」の公式展開である

という事を示すものであり、ゲームであるアイマス2や

後のシャイニーフェスタだけでなく

TVアニメアニメ劇場版でも使用された。

言わば、アイマス公式作品である事を示す「肩書」だった。

だが、「シンデレラガールズ」には、この

「2ndVision」のロゴは与えられなかった。

これは決定的に「デレは本家アイマス作品とは異なる」

ことを示す事実だった。

極端な言い方になるが、判り易い言い方をすると

シンデレラガールズたちは、アイマス本家からまれ

実の娘ではなく、サイゲームスという下賎との間に

まれた妾の子なのである

当然、妾の子本家の敷居をまたぐ事など許されず

モバゲーという、ゲーム業界から見れば

汚れた現場で働かされることになったのだ。

いや、汚れた場所で働くために生み出された娘、

という表現の方が正しいだろう。

765のキャラクターたちは、客寄せとして

貸し出されただけである

風俗店でいえば、在籍していないのに表に貼られている

ダミーパネルみたいなものだ。

春香千早目当てでやって来た客を

実際に相手するのは、150人近い

有象無象の娘たちなのである

卯月も凜も、バンナムから見れば

風俗で働く妾の子、でしかなかったのだ。

だがここから本家バンナムですら

予想できなかった展開を迎える。

2011年末にリリースされたデレは、予想以上の

人気を博する事になってしまったのだ。

Twitter利用者が増加した事もあり

SNSを中心にして、デレはユーザーたちの間に

流行をもたらした。

Twitterpixivには、デレ生まれアイドルである

杏やきらり、蘭子のイラストが数多く投稿され

幸子が腹パンされ、川島さんのクソコラが飛び交った。

Twitterで、ガチャの引き自慢が始まるのもこの頃からである

Pたちは神引きや爆死を披露し合い

ゲームをやっていないユーザーたちにも

その知名度を高めていった。

こうして2012年、デレの人気は爆発的に拡がり

それは、苦界に落とされた妾の娘が、

遊女として大成功を収めた姿であった。

だがそれは、バンナム的にはあまり面白い話ではなかった。

それも当然であり、デレがいかに人気を得ようとも

そのガチャ売上の一部はモバゲー、サイゲに

流れてしまうのである

ロイヤリティ契約がどのような割合になっているか

判らないが、少なくともバンナム的には

まり美味しくない話であった。

ミリオンライブが担ったもの

そこでバンナムが考えた新たな企画

アイドルマスターミリオンライブである

2013年に(モバゲーライバル会社であるGREEから

リリースされたミリオンライブ(以下、ミリ)は、

デレが獲得した「携帯ゲーのガチャ大金を落とすユーザー層」

を明らかに狙って生み出されたタイトルだった。

デレは、サイゲームスという下請けに投げた為に

その莫大なガチャの売上の一部を掠め取られ、

運営全体もバンナム側では100%コントロールする事ができなかった。

その反省を生かし、ミリは全て自社で担う戦略を取られた。

アイドルマスター」の本家シリーズである事を強く印象付ける為

キャラデザは全てA1-Picturesの「アニメ版」に統一された。

デレと異なり、リリースから全てのキャラ

担当声優実装し、ライブイベントなども

視野に入れてキャラクター作りが行われた。

また、本家である765プロキャラとの繋がりも強調された。

アイマス公式サイトでも、リリースから強くPRされ

何よりもデレとの決定的な違いは、ミリには

「2nd Vision」のロゴが与えられた事だった。

の子であるデレと異なり、公式展開の肩書である

「2nd Vision」を背負ったミリは、まさに

本家の娘であり、バンナムは実の子を、

汚れた世界である携帯ゲーへと送り込んできたのだった。

だが古参の765ファン的には、これは困惑すべき事柄だった。

まだファンの中でも「ぽちぽちゲー・ガチャゲー」である

デレを快く思っていない者が少なくない時代であった。

デレのような携帯ゲーは、スピンオフとして

本家と「線引き」されていたからこそ

ファンに許されていたのだが、

本家自ら携帯ゲーを、それも半ば公式として

リリースされる事に反感を覚える者もいた。

だがそれでもまだこの頃には、765を至上とする

古参ファンは「ミリは別物」として考えていた。

あくまで金稼ぎの為に、デレへのカウンターとして

生み出された娘であり、765とは関係のない

存在として扱おうとしていた。

だがそんな古参たちの想いは、アニメ劇場版

いとも簡単に打ち砕かれてしまうのだった。

2014年アイドルマスター劇場版が公開される。

公開前より「劇場版にはミリオンライブメンバー

バックダンサーとして登場する」という事が明かされており、

バンナム公式の、ミリへの強い推しが感じられていた。

だがまだこの頃には、その程度の扱いなら…と

旧来の765ファンたちも楽観的に捉えていた。

春香千早たちを銀幕で見る事ができる、という喜びに

その程度は他愛もない事柄しかなかったのだ。

――だが公開日を迎え、彼ら旧来の765ファンは強い衝撃を受けた。

劇場本編をご覧になられた方なら判るだろうが、

ミリの扱いは事前情報にあった「バックダンサー

程度のものではなかった。

ミリメンバーは本編シナリオにがっつりと関わり、

彼女らがいなければ成り立たないシナリオであった。

そして、それは本家765から世代交代という

バトンタッチを匂わせる内容でもあり

バンナムの、アイマス運営からファンへ向けた

メッセージでもあった。

この展開に旧来の765ファンは少なから困惑した。

765メンバーとの決別、後輩であるミリへのバトンタッチ

その性急な世代交代に納得できない者も多かった。

だがそんなファンたちの想いとは関係なく、公式

強いミリ推しは続いていった。

そしてミリオンは求められる事なく消えた

ミリリリース後、デレからユーザの多くが

移行するのではと噂されたが、結局実際には

殆どのデレファンは動く事はなかった。

デレユーザーから見れば、アイマス運営公式から

強力なバックアップを得たミリは羨ましく妬ましい

存在であったが(余談だが、ミリリリース前後である

数年間、アイマス公式はデレに対して全く注力してこなかった。

競争相手であるから当然と言えば当然だが)

既にその時点で多くのファン根付いており

また、公式の寵愛を受けるミリへの反発心もあってか

移行するユーザほとんどいなかった。

古い765ファンから見れば、ミリは突然

自分たちの存在を脅かし始めた存在であった。

本家アイマス家督を、いきなり現れた娘が奪いに来たのだ。

反発も当然であり、素直に受け入れられる者は少なかった。

その結果、ミリはどうなったのか。

デレのファン層を奪う事もできず

765ファン層をスライドさせる事もできず

結果として、中途半端な人気しか獲得できない

コンテンツになってしまったのだ。

だがアイマス運営は、どうしても彼女たちを人気コンテンツとして成功させたかった。

2017年6月バンナム

ミリオンライブ・シアターデイズ(ミリシタ)」をリリースする。

明らかにスターライトステージデレステ)」を意識した

リズムゲームであり、デレステよりも

上質なグラフィックを最大の売りにしていた。

だが、それでもミリファンが増える事はなかった。

楽曲が少ない、アプリが重いといった理由以外にも

リリースと同じタイミングで、デレステ

解像度モード実装し、ミリシタの最大の売りを

潰しにきたのも理由ひとつかもしれない。

だが本質はそこではない。

765やデレのファン層は、運営ゴリ押し

生み出されたコンテンツへの嫌悪感を未だに抱いており

拒絶する心理の方が大きかったのだ。

結局、スタートダッシュに失敗したミリシタは

大きなセールスを上げる事も無く沈んでいく。

またしてもバンナムの、アイマス公式

思惑は外されてしまうのだった。

そしてそんな中、ついにGREEミリオンライブという

ゲーム本編は、2018年3月にそのサービスを終了した。

ミリオンキャラクターたちには罪はない。

そもそもミリオン自体が、嫌悪される役目を背負って

生み出された悲しい存在なのである

責められるべきは、安易な考えで彼女たちを生み出した

アイマス公式なのだ

僕が嫌うのは、ミリキャラクターたちではない。

シンデレラを潰す為に、765のファンを移行させる為に

運営の都合で生みだされた

ミリオン」という存在嫌悪しているのだ。

ユーザー無視して、自分たちに都合の良い

コンテンツをつくりだす為に

ミリオン」を産んだ運営を、僕は憎む。

余談:先月末から無料10施策のおかげか

ミリシタがセールス好調らしい。

バンナムさん、良かったね。

古参老害765ファンとしては、早く沈んで欲しいんだが。

anond:20180719140838

そんな時代になれば少子化なんて~と笑えるが

金無い日本じゃ無理無理。絶望的。

娘は勉強している

計算漢字ドリルを一日1ページすると娘に約束させた。宿題の他にドリルだ。娘は小数点の割り算が苦手だった。それでも毎日繰り返し計算をしていると正解してくる。採点をする度に凄いねと褒める。

褒めるのは本心だ、自分小学生時代を振り返れば娘の何と勉強していることか。風邪学校を休んでもF F3をしていた自分とは大違いだ。スプラトゥーン2勉強をしてからという指示を娘は守っている。

週1だか塾にも行っているし、英会話も行っている。自分は塾にも習い事にも行ったことがない。

精一杯褒めることにしているが、この頃は褒めれば良いと思ってるでしょと言われるのが辛い

anond:20180719165114

女性社会進出したことで、少子化が進んだと考える人がいる。確かに両者には相関関係がある。

しか因果関係としては「女性社会進出少子化」ではなく、「少子化女性社会進出」という順序になっているのだ。

人口を維持するには合計特殊出生率2.07ぐらい必要なのだが、日本昭和30年代半ばに既にこの数を割り込むようになった。

この時代日本で、女性社会進出が十分に進んでいたとは言えない。

日本は「少子化」が先にあって、その後に「女性社会進出」が本格化したのだ。

事実として言えるのは、少子化の原因は「晩婚化」ではないということ。

晩婚の人は晩産でそれを取り戻し、夫婦の子供の数は昔も今もそれほど変わっていない。

ならば出生率引き下げの主要な原因は「未婚化」だとわかる。

現時点で生涯未婚率は、男性24%、女性が15%ぐらい。結婚しない男性が圧倒的に多いんだから

少子化対策として結婚する人を増やしたいなら、まず男性の側にアプローチするのが筋でしょう。

ネットがない時代、隙間時間に何してたっけ

最近ネット断ちをちょっとやってみたんだけど、暇なときにやることがなさ過ぎてびっくりした

ちょっとした隙間時間とか家帰ってからとかどれだけスマホ見てたのか実感した

皆隙間時間に何やってたか教えてほしい

anond:20180719154838

なぜ男性は稼ぐ機械だと思い込んでおられるのでしょうか

もしそう言われたことがあるとするならば、それはそう言ってきた人がおかしいのです

あなた機械ではありませんよ

実際に今の時代、男女ともに稼がなければ、子どもを育てることは難しいです

そんなに自分を追い詰めないでください

上司が死んだ

※この話はフィクションです。実在人物や団体などとは関係ありません。

上司が死んだ。

と言っても何年も前の上司で今では赤の他人なんだけど。

その人は絵がとても上手いというか絵の天才で、とある小さいソフトハウス社長だった。

自分ファンで、学生時代に知り合い「お前面白いから会社で働いていいぞ」と言われてとても嬉しかった。

しかし、入社してからわかったが数人いた社員はとっくに辞めていた。理由不明

今ならそこでやめたりとか就職活動すればよかったが当時は氷河期で、またあの就職活動の日々が嫌だったので「とりあえず頑張ってみよ」と思ったがそれが間違いだった。

(ちなみに今ほどインターネットも充実してなくて情報がなかった。まだリクナビもできてない時代だった)

上司天才肌で10代の頃から絵で仕事をしてた天才だったが、偏屈すぎる性格で「頑張ってください」というファンから言葉に「頑張ってますけど。」というようなタイプだった。会社で「肩こりがひどいな」と思いながら肩を触ってたら、上司がそれをみて「何してるの?」と言われて「いやーちょっと肩こりがひどくて」と言ったら「はあ?会社でやるもんじゃねーだろ」と言われてその後1時間くらい「だからお前はだめなんだ」系ネチネチ説教されてあまりにも理不尽で泣いてしまったら上司が驚いていた。「いやー泣くとは思わなくて…」

自分も悪かったけどかなりの変人だった。才能がなければただの酷い人だった。

結局、会社経営は悪くなって上司の兄だか弟の体型がふくよかな方が変わって新社長になった。

その時は某大手代理店を通した教育アニメ作ったり某携帯ゲームの色塗りをしてたが途中で給料未払いになり「遅くなっても払うよ」という言葉を信じて仕事をしたが、3ヶ月は止まってたので限界が来てやめることとなった。

社長に辞めると電話したら「え?辞めるの?まあ人が少ない方がいいかハハハ」と言われたことは忘れられない…いまでも思い出して腸が煮えくりかえる。今すぐ○んでくれデブ

最終日、辞めるときに新社長上司もいなくて、プログラマーのお兄さん達が会議室携帯ゲームのことで打ち合わせをしていた。給料もらってないのに!?会議とかしててすげーな!?あんたらいいのか!?もう頭の中がぐちゃぐちゃで適当挨拶をして出てった。

ちなみに給料は払われてない。音信不通になった。その後半年引きこもった。

今思うと、プログラマーのお兄さん達は「金はなくともイイものを作る」って崇高な考えだったのかもしれないが、その日の食べ物も買えない仕事会社としてどうなんだと思うし、そんなことを許容する彼らも社長上司も無理だった。

SNSでは亡くなった上司を惜しむ声が100%だが(当たり前か)受けた仕打ちを思うと「地獄に落ちろ」と思ってしま自分に嫌になる。死者に鞭打つのはよくない。許そう忘れようと思うけど、そんなんで心の整理がつくほど大人ではない…

上司の兄(弟かも)は生きていると思うけど、自分以外にも酷い仕打ちを受けた社員はいたらしいのでおそらく兄弟ともに色々と憎まれたり恨まれてそうだなと思った。

すげーやな奴だったし嫌な思い出が99%なんですが、学生時代自分の下手くそな絵を褒めてくれたのはとても嬉しかったです。ルーミスの本を教えてくれたのも上司だったしな。

ご冥福をお祈りしますあの世から未払い給料払ってくださーい。でももアナタのこと思い出すのいやだからがんばって忘れます

anond:20180719113802

この高度文明社会で連綿と続いてきた歴史なんて何の説得力も持たない。

女性だけでなく男性去勢された思考を持っている場合は多い。女性への渇望感がない・性欲が薄いなど。

女性母性本能が失われていることばかり責めないでほしい。

哺乳類として生きることに無理が来てる時代なんだよきっと。マトリックスみたいに人間栽培されたほうが幸せかもしれない。

anond:20180719143120

反出生主義はショーペンハウアー時代からさんざん議論されてきたテーマなわけだけど、そういうの分からないなら分からないなりにせいぜい黙ってれば?

暴力別に犯罪じゃないし、先に述べたような暴力を受けたからといってそれが嫌だとはひとことも言ってないんだけど。

anond:20180719142018

少子化する理由レイプが悪だと決めつける悪い心

元気があっていいと古き良き時代はみな思っていた

日本破壊したくてたまらない勢力レイプ性的暴力と決めつけて少子化推し進めている

30歳すぎても部下を持てない会社

が増えてる気がする…

もちろん中小零細の話なんだけど…

うちの会社なんかは、30代40代がごそっと辞めてしまった時期があって、50代以上と新卒数年目っていう人材以外がすごく手薄。

んで、新卒を鍛えるのはベテラン勢なので、手薄な中堅層は雑用まで自分でこなさないといけなくて、目が回るほどの忙しさ。

それがたたって30から40代が嫌気を指して辞めていった。

50代以上は今更会社やめてもどうしようもないので、会社にしぶとく残っている。

新卒の子らは新卒の子らで、いつまでいるかからない。

というか転職が当たり前の時代からいつまでもいる、ってことを当たり前に考えてはいけない。

んで、今やうちの会社では希少価値となっている30代中堅層なのだけど、

会社に入って10年目にしてようやく部下が出来た人が居て、というか僕の上司なんだけど。

3つぐらい年下なんだけど、なんというか、ああ、今まで人に仕事教えてこなかったんだな、とか

自分の期待通りにうまくいくことなんてないのにな、などと思わせてくれる素振りが多くて。

普通だったら、そんなやつ大嫌い、ってことで人間関係不和ってことで片付くんだけど、

でもそういう経験を早いうちから積めなかったり、部下との関係性を相談できる先輩もいないんだろうなあと思うと、

ものすごく可愛そうで。

そういえば、前の会社も似たような感じだったな。Web系だったから、50代の人ってのはいなかったんだけど。

知人にも、人生の中で部下を持つ経験がなかった、という人がチラホラいる。部下を持つことなく、独立してしまったりとか。

独立したら人雇わない限りはそういう悩みはなさそうだけど、会社から預けられる部下と、自分給料預かる部下じゃ、思いも責任も全く違うだろう。

まあ、何にせよ、中小零細で部下を持つってのは、中々難しいんだろうな。

皆さんの会社はどうだろう?

anond:20180719141006

時代を先取りし過ぎてただけで、エンヴェル・ホッジャ同志は正しかった…?

anond:20180719134706

産みたくないけどまわりが産んでるし産むもんだと思って産んだっていう時代とは違うよ

産まない人が堕落して生きてるわけじゃないしもっと広く見渡してみて

できたら戦後から出産歴史を調べてみたらいいと思う

事実を知ると感情ではなく理性の方から納得できるからおすすめ

anond:20180719120523

お前こそ頭悪すぎ。

女は共感性で生きてるんだから、周りの奴に釣られて「幸せ」っていう事もあるし

見栄で「幸せ」っていうことだってある。女を知らなすぎだろ。

「かもしれない」で統計否定するアホ発見

そもそも、俺はアンケート受けてねぇ。俺の彼女だって幸福度調査なんて受けてねぇよ。

日本人全員に聞いてから言えカス

全員に聞かないと統計として成立しないと思ってるの?



今の日本人全員に聞いたら、

「女が働いて養う時代になった」ということで幸福度だだ下がりだろ。

女が働いて養う?嘘つけ。

下方婚志向は変わってないから、養う女なんてごく少数だぞ。



ていうか、ほかの論点は?

統計ケチつけるだけで、反論できないポイントスルー

anond:20180719120140

少なくとも、「この国では」男性のほうが辛いというデータにはなる。

頭悪すぎ。

お前こそ頭悪すぎ。

女は共感性で生きてるんだから、周りの奴に釣られて「幸せ」っていう事もあるし

見栄で「幸せ」っていうことだってある。女を知らなすぎだろ。

そもそも、俺はアンケート受けてねぇ。俺の彼女だって幸福度調査なんて受けてねぇよ。

日本人全員に聞いてから言えカス

そもそも、辛さなんて比較できねーんだよ。

個人それぞれの問題だし、辛さの度合いだって違う。

辛さとかの個人的な感情比較しようとすること自体が愚かで、馬鹿の極みだ

今の日本人全員に聞いたら、

「女が働いて養う時代になった」ということで幸福度だだ下がりだろ。

不景気で皆辛いってのに比較して、悲劇ヒーローぶって「俺のほうが!」ってほんと惨め。

あぁ、辛くて可哀想ってのはあってるな。惨めだから。

アマゾン レビュアー書評面白い

名もなき市井書評家たちのコメント面白い。評されている本よりも面白いのではないか、参考になるのではないか、という書評も珍しくない。私がファンになってしまったレビュアーさんが複数人いる。突然レビュアーさんが削除されてたりすると悲しくなる。この仕組みをつくったアマゾンもえらいが、日本読書人たちの質の高さよ。

私自複数書籍上梓しているのだが、レビュアーさんたちの批評は容赦がない。悔しくも思うが書いてあることは概してまっとうな意見である。そしてこちらが本気で容赦なく書いた本(素人でもわかるようにとあえて優しい表現としたりせず容赦なく専門用語を用いて書いた本)はきちんと評価してくれたりもする。

凄い時代になったものだね。

経済力のない女は恋愛結婚も出来ない

婚活がうまくいかない女の最大の理由は、経済力甲斐性の有無だと思う。。

今は男女平等時代なのだから、男も女に対して自分と同等かそれ以上の経済力を求めるのは当たり前。

から女性社会進出に反対し続けて来た女であれば、男から経済力を求められるのは理不尽だと考えるだろうけど。

しかし、フェミ思想に被れていた女が、男から経済力を求められることに反発するのは意味不明

今時の若い女は、皆無理してでも大学に行き、卒業後は総合職として働こうとしている。

そうしなければ、男から恋愛対象結婚対象として見られないから。

[] #59-1「誰がためクーラー

資源が有限だってことを、俺たちは時に忘れる。

だけど有限かどうか気にするのは、それが必要ものであることの証明だ。

この夏、俺たちの世界ではそれを意識せざるを得なかった。

厳密に言うなら、ここでいう“世界”とは「俺たちの住んでいる市」のことで、“資源”とは「電気」のことだが。

俺たちにとっては誇張表現ではない。


この町の市長は思いつきでロクでもない政策を度々行うのだが、そのせいでいつも予算はカツカツだった。

そこで議題に挙がったのが電気

この市に使われていない発電所があったことに、市長は気づいた。

から、それを再稼動して市の電気を全て賄おうと考えたんだ。

あわよくば他に売り込もうという目論見もあったらしい。

しかし、これは皮算用もいいところだった。

なにせ、その発電所は風力。

かなり昔に、原子力に代わるクリーン発電所というアピールのため、突発的に作られたものだった。

この町の風土も考えずに出来たそれは生きた化石だ。

……いや、この例えだと化石に失礼か。

化石だって燃料になって、発電に貢献できるからな。


そんなわけで、俺たちの町では電気がまるで足りていなかった。

「我が市は資源エネルギーを大切に扱う市としてアピールするべきです。『地球に優しく!』……これをテーマしましょう」

そこで市長苦肉の策として出したのが、「クールビズ月間」という名の強制的電気節約案だった。

「ですが、今は夏真っ盛りですよ! クーラーなどの冷房のために、電気は大量に必要です」

当然、周りは反対したが、市長は無理くり理由をつけて強攻するしかなかった。

「いや、クーラーがなかった時代もあるのです。つまりクーラー必要な今の環境こそが間違っている!」

大した理屈じゃない。

今の環境じゃあクーラー実質的必要なのは自明なんだから、もしも解決したいなら環境のものを変えてからだ。

現状をただ非難したり、今あるものを取っ払っただけでは何も解決しない。

しろ悪化することだってある。

(#59-2へ続く)

anond:20180719004125

中学高校時代英語数学物理化学などに年間600万円規模の学力向上策(家庭教師など)が講じられたがこのザマである

親に感謝しないとね

価値のない人間無名企業に、

価値のある人間は有名企業に、

いい時代ですなあ。勉学が報われるとはまさにこういうこと。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん