「商品」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 商品とは

2022-05-27

メルカリ視野を広げればゲーマー恩恵を与えているという話

ネット上でメルカリを叩くゲーマーが増えている。

理由SwitchやPS5の転売らしい。

かにこれらは大いに問題である非難されるべきだと思う。

しかし頭ごなしにメルカリ規制しろだの潰せだの言う短絡的な意見には疑問を感じる。

理由毎日のようにメルカリを利用しているメルカリヘビーユーザーゲーマー自分からしたらメルカリは大局的な視野で見ればゲーマーに多大なメリットを与えていると思うからだ。

理由店舗ではなかなか見つけられないレトロゲームネット相場より安く手に入れることが出来るからである

件のSwitchやPS5に余り興味が無くスーパーファミコンPS2がメインハード自分からするとAmazon専門店の高い相場より格段に安く高確率ピンポイントレトロゲームを入手でき更に値段交渉バラ売り依頼も出来るので値段の融通も利くメルカリは非常にありがたい。

レトロゲーム雑誌等の他では手に入りにくい関連商品も手に入ってしまう。

ファミコン通信時代ファミ通が手に入る場所メルカリを除けば非常に少ない。

レイアウトも非常に見やすメルカリ経由でパッケージたまたま目にとまり購入したゲームがいくつもある。

売る側からしてもレトロゲーム価値理解していない近場の店に持ち込むより高値で売れるのだからwinwinである

何より価値理解されず廃棄されるかもしれなかったゲームメルカリを通して再利用して廃棄を減らせると言うのは非常に大きい。

この間セガサターン関連の雑誌を購入したのだが今週売れなければ捨てる予定でしたと言われ冷や汗をかいたことがある。

このようにメルカリゲーマーに非常に有益存在である自分は思う。

何事も頭ごなしに叩く前に悪い点だけでは無くいい点も見るようにして欲しい。

性癖という日本語の使われ方について

どうやら5chの言語板では推測を書いてはいけないというどう考えても科学の発展の妨げにしかならないような謎ルール存在するので、以下、スレに書き込もうと思っていたことをまとめてここに書く。

性癖性的な癖に言い替えられるような使い方で使っているのはネットかつオタク文化圏に集中していることは疑いようがないことだと思う。

まずツイッターのbioがそうだ。

これを言ったらツイッターのbioとオタクがどう結び付くのか分からないし視野狭窄しか思えないって言われたけど。

なので他にも例をあげていこう。

booklive

cmで有名なシーモアやめちゃコミやrentaよりも蔵書が多い電子書籍サイト

ここでは商品説明も含め全文検索ができる

とりあえず前から5作品の該当文を順にあげる

もっと抵抗してくれよ 爽やか王子の歪んだ性癖

性癖が暴かれる!? 新感覚オフィスラブ!(中略)彼女のヒミツは…「アレ」に人一倍興味があること・・・!?

性癖ヤバめなオトコに狙われました。

・彼の性癖は歪んでる。~聖母エリート悪魔的とろとろ溺愛セックス

・ひなこは今夜も鷹臣先生を困らせたい おしどり夫婦のナイショの性癖

全て性癖を「性的な癖」と置き換えても成立する文脈で使われている

1000件以上ヒットしたが5件連続でこうなのだから漠然有意性が感じられるとは思う

全部検証するのは大変骨が折れるので興味がある人がすればいい

pixiv

イラスト投稿サイトとして最大手

また似たような引用方法をしてもくどい感じもするので検索結果のリンクだけ貼っておく

https://www.pixiv.net/tags/%E6%80%A7%E7%99%96/novels

あえて小説を選んだのはより検証がしやすいからだ。

なんか最初のあたりで中国語のものが目立つが、日本語作品ではやはりそういう性癖の使い方が目立つと思う

とまあ最大級文化圏を二つも押さえば十分だろう。

以下ではなぜこのような性癖の使い方が行われるようになったか推測、かっこよくいえば仮説を書く。

動詞名詞で書けるから

「○○をする性癖がある」があるというのは、一部の国語教師面をした人間からのウザ絡みを避けられるという意味でより無難な書き方をするなら「○○をするのが好き」と言い替えられるだろう。

しかし単に「○○がすき」みたいにというふうに書くとなんか締まりがない感じがしなくはないか

なんというか名詞性癖を使うのと比べるとバシッと決まらない感じがするというか、読み手を想定してみればそういった文章は漫然と左から右へと意味内容が流れていくばかりその読み手の頭からするっと抜けてしまうような感じが俺はする。

それに比べて「性癖がある」というのは名詞的な表現だ。その言葉の前で受けている性癖の内容をバシっと捉えて概念化している。

概念化は名詞効用だと思う。動詞で終わる文章が単に事実や考えを伝えるのに比べると、文章全体ではなく、一つ名詞読み手意識が集中される。

名詞記憶のとっかかりにもなる。そういう意味でも読み手の頭により強く残る。

あとは内容が正確に伝わりやすいという効果もあると思う。

以前私は「漫画の魅力ってそれが二次元メタファーされるように」という文を書いて、ここで「そんなメタファーの使い方はしない」というふうに言われた。

しかしこうやって指摘するぐらいの人間はその言わんとすることが伝わっているからこそ、その意味用法がずれているということに気付けることが指摘の動機となっているはずなのだ

完璧に正しい用法かの確証はないがおぼろげに自分の伝えたいことにかすっている程度ぐらいの可能性でも感じるなら、少し小難しくてもそういった名詞特に術語を使うほうが、読み手は「あああのことが言いたいのね」となるのだと思う。

性癖本来は単に癖と言うのをより生硬にした表現だ。そういう日常的にあまり使われてなかった言葉をあえて使う場合日常的に使われる言葉多種多様な場面で使われるためにぱっと読み手の目に入って来てもその言葉だけでは文脈が絞り切れないという意味ではニュートラル認識されるのに比べれば、そういう言葉特定ミームというか匂いを帯びやすい。

性癖」の意味をひとたびずらして「性的な癖」という文脈で使うようになると、もうそういうミームで固定される。

からそういうミームを共有し合う人間にとっては性癖という言葉を出すだけで、みなまで言わなくても何が言いたいのかなんとなくわかるというか、そういう読解の省エネ的な効果が認められるのだと思う。

とにかく、単に何々が好きというのが読み手に「なんの意味で好きなんだろう」とその実態のより詳しい限定化を課す、すなわちボトムアップ式の理解を課すものだとすれば、性癖概念で言ってしまえばトップダウン式に何が言いたいのか理解されるという点が便利なのだ。その代償として国語教師面した人間に噛みつかれるリスクを負い得るだけで。

俺がメタファーという言葉を使ったのもそういう効果を狙ったものだ。そもそもメタファー以外に自分の伝えたいことにあてはまる表現が見当たらないって理由も大きかったはずだけども。

(アスペは会話をあまりせず書き言葉友達から難しい言葉と思われているもののほうがアスペにとっては身近というのはアスペの悪い癖だ。もちろん俺の「メタファー」は他の定型から見れば理解の浅いずれた使い方なのかもしれないけど、俺にとってはメタファー理解度という点で使うべき一番ましな言葉だったのだ。そもそも言葉の難しさとは何なのか。たかカタカナ文字言葉の難しさをどう規定できるというのか。正も凸も小学生で習う同じぐらいの画数の漢字だが習う時期が全く違う。俺はこれにも納得できないがそれは上記のことに通じる話だと思う。凸が身近な人間にとっては普通の人にとっては正の方がやさしい漢字に思えても、その人にとっては凸の方がやさしいのだ。)

名詞は特技、趣味性癖というように表とかの項目にするにも都合がいい。

これが一つだけ「性的に好きなこと」とかだったら統一感もない。

ノニムの定着に立ち会っている。

角川類語新辞典には「手癖」「尻癖」「酒癖」と○癖という言葉がたくさん載っている。

癖をへきと音読みする言葉は実はそんなに多くないが、それでも日本語、いや日本人伝統として○+癖という造語法で言葉を作っていく造語意識が背後にあることを伺うことはできる。

基本的に癖の内容を象徴し得るような漢字+癖という組み合わせて作られていることは明らかだ。

酒癖はそのままだし、尻癖は失禁する癖のことで、その現象が起こる場所を示す漢字を使っているという点でちょっとひねっているが、根本はおなじだ。

そんなわけで、もとの性癖は性も癖も似たような意味で使っている漢字を組み合わせた熟語だけども、それとは独立して性的な癖という意味での、酒癖等と同列な「性癖」が今作られるようになっていったとしても、日本人の背後にはそうおう造語意識がずっとあったわけだから、何もおかしくないわけだ。

まり両国には地名と両者の国という二つの意味が考えられるがこれらは辞書では別の言葉として別別に立項されているように、あの性癖とこの性癖辞書で別扱いするべきぐらいに全く別物の言葉なのだというのが私の仮説だ。

よって性癖性的な癖と言い替えられる文脈で使ったときに「誤用だ」とかいうのは全くずれていて、単なるシノニムとしての衝突に翻弄されているだけなのである

日本語だとちょっと突拍子なく感じる意見かもしれないが、英語ではスペリングが同じで別の概念として複数立項されている言葉は何も珍しくない(無学かつ個別の事例を覚えてられるほど記憶力よくないので例はあげられないけども)。

まり我々は新しい言葉としての「性癖」の定着過程リアルタイムに立ち会っているというわけである

日常のなんてないマウンティングが好き

例えば「スタバで新商品の〇〇フラペチーノおいしかった!」といってスタバに行けないブスや貧乏人に無自覚マウントして言葉暴力行使しているところが見たい。無自覚いじめを観察するのが好き。

人と喋る時に声が小さいのを克服してみた

どうやるのかなと調べると

どうでもいい人と大きな声で話そうっていうクソみたいなアドバイスを日頃からお世話になっていない心理学ダイゴ先生に教わりました。

自分は、朗読問題なくいけます。大きな声でしゃべれる。ところが人と会話するときはうまくいかない。

なので、メモに書いてることを読み上げて人と会話することにしました。店員さんと。設定としては家族に買い物を頼まれたお父さんです。

商品名はもちろん、閉店時間開店時間を聞いたり、名字教えてもらったり(接客態度ほめたいから)しました。目当ての商品買ったらそそくさと立ち去る。

今度はメモなしで酒場にいってバーテンダーさんとおしゃべり。おしゃべりの内容はあらかじめ作った。飼ってるわんちゃんかわいいらしさを10分くらい語るの。犬飼ってるvtuber質問しまくって、vtuberの答え丸暗記。よくわかんないときは酔っ払って聞こえないふりでごまかすんだ。家で練習しておいて、それを大きな声でいう。金払ってるんだから酷い対応はされないし、あちらは上手なので楽でした。これはやっぱりうまくいかない。

繰り返してたら上達した。

「慣れ」だな。

こちとら不健康をわかってやってんだよ

これやったら不健康じゃない?みたいなクソみたいなブコメしてんじゃねーよ

それはそれとして不健康健康を求めたりそれを商品価値にする流れは本当に嫌いだ

特にラーメン

エクスキューズなしに普通にラーメン食えよ!

油そばスープがないので塩分控えめで健康だ? そんな思いでモヤモヤしながらラーメン食ってんじゃねえよ 

そんなん気にするなら霞でも食って過ごせや

そしてそのまま健康すぎて死んでしまえ マジで

人形店以上に厳しいビジネスってある?

雛人形とか五月人形を扱う人形店って、このご時世にどうやって生き残っているのかな?

人知れず需要があって潤っているのかな?

素人考えだとこれ以上に厳しいビジネスが思い浮かばない。

セールスマンとして売れと言われたら、おそらく1番ハードルが高い商品

業界の人いたら教えて。

anond:20220527094625

そもそも正社員になれないってこと自体が嘘じゃん🤥

と言うかもうこう言うネタ良くないか

ゴールそこじゃないじゃん。FIRE出来るかだろ?9割くらいの正社員FIRE出来ません

企業年金合わせて30万くらい貰えるのも今のアラ還くらいまでじゃないか

年金15〜17万も出れば御の字でたぶんワイらの時はそれ期待できない気がするよ

そもそもワイらがジジババの時に円と食糧大丈夫なのか?問題ある

 

なので自分が苦にならず、ちょっとした贅沢ができるお金が稼げればなんでも良いと思うよ

老後問題起業アプリ商品当てるか投資をしない限りどーにもできましぇーん

働くことの無意味さを伝えたい2

https://anond.hatelabo.jp/20220526235759

の続き。

労働時間を短縮しても問題がない理由

週に10~15時間程度の労働時間が適正だと言いましたが、そんな短い時間社会が回るはずがないと思われるかもしれない。

しかしこの程度の労働時間でもそんなに困らないんじゃないかと思う。

その根拠をいくつかあげる。

 

まず一つ目は現代労働者一人ひとりの生産効率が悪く、改善余地があること。

これは実際に企業で働いたことのある人ならわかると思うんだけど、特に日本会社では真面目に働いていない従業員が非常に多い。

仕事をサボっていたり、怠けている人が結構多い。

テキパキとやれば余裕で業務時間内に終る仕事も、ダラダラと作業して何時間残業するなんてことも珍しくない。

なぜこのような状況になってしまうのかと言ったら、それは許されている労働時間が長いからだと思う。

日本では週40時間労働と月45時間までの残業が認められている。

これだけ長い労働時間が認められていることによって、労働者に怠ける理由を与えてしまう。

時間内に終わらなくても残業すればいいや、といった余裕を与えてしまう。

 

そして労働時間規制することによって怠けることができなくなる。

限られた時間内に仕事を終わらせるためには真面目に集中して働くしかない。

から労働時間規制することによって全体の生産は減るが、労働者一人ひとりの生産性の向上が期待できる。

 

2つ目は長時間働くことによって必要になる仕事が発生しているから。

例えば近年は保育園託児所の不足が問題となっているが、そもそもこれらの仕事はなぜ必要なのか。

それは両親が共働きをしていて育児時間が取れないからだろう。

まり親たちが仕事をしていることによって、保育園などの仕事が発生していることになる。

もし労働時間規制したとしたら保育園などの仕事は激減するだろう。

しかし親たちの労働時間も減って時間に余裕ができて、自分たち子育てができるのでこれらの仕事必要なくなる。

 

お店の営業時間などにも同じことが言える。

日本にある大半の店は朝から夜遅くまで営業している。

24時間営業している店すらある。

一般的会社だと夕方頃に業務が終わるのに、店はなぜこんなに夜遅くまで営業しているのか。

それは昼間だと働いている人達が買い物に来れないからだろう。

普通に働いている人は昼間は会社にいるので、平日は夜しか店で買い物をすることができない。

これが原因でほとんどの店は朝から夜遅くまで営業せざるをえなくなる。

もし労働時間が短縮されれば、労働者時間に余裕ができていつでも買い物にいける。

すると店からしても営業時間を短縮することができる。

現代はこのように長時間働くことによって本来必要のない仕事が発生しているケースが多い。

 

3つ目は販売仕事必要なくなるため。

現代仕事を大雑把に2つに分類するなら、生産仕事販売仕事に分類できると思う。

生産仕事というのは文字通り物を作る仕事のこと。

販売仕事はその作った商品を売るための仕事

例えば宣伝をしたり、接待をしたり、販売戦略を練ったりなど。

この生産販売仕事労働者個人個人で分類できるものではなく、ほとんどの労働者生産販売のどちらの仕事にも関わっている。

この生産販売仕事を分類するのは結構難しい。

一見生産仕事に思えて、実は販売仕事であるケースが非常に多い。

 

店の店員を例にするなら、商品を客に販売するのは生産仕事になる。

商品販売するのだから一見販売仕事にように思うが、商品消費者に届けるのは生産過程で必ず必要ものなので、生産仕事に該当する。

店員が客に対して必要以上に愛想よく振る舞ったり、過剰なサービスをするのは販売仕事になる。

なぜこのような行為をするのかといったら、店の評判を良くして客を呼び込むためであり、生産者、消費者の両側からして必ずしも必要ものではない。

このような商品を売るために行われるのが販売仕事だ。

 

テレビ番組作成などは販売仕事になる。

コンテンツ作成しているので一見生産仕事のように思えるが、テレビ番組というもの広告収入によって成り立っている。

広告というもの言うまでもなく販売仕事だ。

まり物を生産したとしても、その物が販売のために利用されたらそれは販売仕事になってしまう。

 

そして現代はこの販売仕事が非常に多い。

下手をしたら半分以上が販売仕事かもしれない。

そしてこの販売仕事というものは仮に全てなくなったとしても生きていくために困ることがない。

生産仕事は当然必要だ。

食料の生産がなくなったらみんな餓死してしまう。

しか販売仕事はなくなっても生きるためには困らない。

 

もし労働時間を短縮したら当然生産量が減る。

すると商品を圧倒的に売りやすくなるため、販売仕事必要性がなくなる。

こうなるとこれまで販売仕事をしていた人達生産仕事に回るようになる。

から食品や住居などの生きていくために必ず必要産業に関しては生産需要を下回ることはない。

例えば世界中労働時間を半分にしたからといって、食料の生産量が半分になるなんてことはない。

食糧難に陥っている状況で食品コマーシャルを流すなんてことは絶対にありえないわけだ。

 

4つ目が自由時間が増えることによって趣味による生産が増えること。

労働時間が減れば当然自由時間が増える。

その時間に何もしないなんてことはありえず、何かしらの活動をするはずだ。

例えば暇なので家庭菜園でも始めようかな、などと思ったとする。

すると企業の大規模の生産に比べたら微量ではあるものの、趣味による生産が発生する。

このように労働時間が減ることによって、労働による生産は減少するが、趣味による生産が増える。

 

ここまで労働時間を短縮するメリットについて書いてきたが、当然デメリットだってある。

週10時間程度の労働でも十分社会は回るとは思うが、今に比べたらかなり不便な社会になることは事実だ。

企業や店からしたら努力をしなくても商品が売れるわけだから客への対応は悪くなる。

店員の態度が悪くなったり、製品品質が下がったり、店の営業時間が短くなったり、消費者からしたら今よりもかなり不便な世の中になる。

しかしそれは仕方がないんじゃないかと思う。

現代はあまり消費者立場が強すぎる。

お客様は神様です」などと言われる現代社会が異常なだけであって、本来生産者と消費者立場平等であるべきだ。

労働時間を短縮したら多少社会が不便になるだろうが、人々が過酷労働から開放されること以上に幸せなことはないと思う。

 

やりたいことは趣味でやるべき

労働時間規制すべきだと言いましたが、ではそれ以上に働きたい人はどうすればいいのか。

もし何かやりたいことがあって認められている時間以上に働きたいと思っているのだったら、それは仕事ではなく趣味でやればいいと思う。

労働時間が減れば自由時間が増えるわけだから、その時間を使って趣味として楽しめばいい。

好きなこととかやりたいことならば、仕事にせずとも趣味でやっても満足できるはずだ。

 

近年は「好きなことを仕事にする」といった考えが流行っている。

だって好きなことを仕事にしたいと考えるのは当然だと思う。

しかし、そもそもなぜこのような考えが生まれるのかと言ったら、それは結局長時間労働問題なのではないか

本来好きなことであれば仕事にしなくても趣味でやっても満足できるはずだ。

しか普通に日本で働こうとすると週に40時間も働かなくてはならない。

そんなに働いていると自由時間が取れず、趣味に使える時間がなくなってしまう。

それが原因で「好きなことを仕事にする」といった考えが生まれているのではないか

もし労働時間を短縮したとしたら自由時間が増えるので、無理して仕事にしなくても誰だって好きなことをして生きていくことが可能になる。

 

例えば毎日ゲームばかりして生きていきたいと思ったとする。

もし週に10時間程度の労働で生きていけるのならば、誰だってそのような生き方ができる。

なにも無理してプロゲーマーになる必要はない。

自由時間いくらでもあるのだから、その時間で好き放題ゲームをやればいい。

 

このような生き方なら誰かと競争する必要もなく、クビになることを恐れる必要もない。

自由気ままに自分の好きなことに興じることができる。

お金を稼ぐことはできないけど、誰もが好きなことをして自由に生きていくことが出来る。

このような社会の方がみんな幸せになれるんじゃないかと思う。

 

まとめ

まとめると、

 

時間働くことによって生産が増える。

生産量と消費量の差が大きくなるほど景気が悪くなる。

そして消費が増えることはない。

から生産を減らすために労働時間の短縮が必要

 

となります

かなり長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます

2022-05-26

働くことの無意味さを伝えたい

今の日本社会は終わってる。

頑張って働いても給料は上がらず、税金けが増え続ける。

過酷労働を苦に自殺してしまう人が後をたたない。

なぜ日本はこんなことになってしまったのか、考えたい。

 

日本不景気理由

まず日本不景気理由から話したい。

なぜ日本の景気はいつまで経っても良くならないのか。

その理由日本人が真面目に長時間働いているからだ。

実はこの長時間労働こそが不景気を生み出している。

今の社会の仕組みだと働けば働くほど景気は悪くなってしまう。

普通、働けば景気が良くなるように思えるが、現代社会は非常に複雑になっていてそう単純にいかない。

 

生産と消費のバランス

長時間労働の何が問題なのか。

それは生産量が消費量を大幅に超えてしまうことにある。

ここで言う生産とは労働によって生み出される物やサービスのこと。

そして消費とはその生産された物を購入する行為のこと。

良い社会を維持するためにはこの生産と消費のバランスが非常に重要になる。

当然働くことによって生産が増える。

そしてこの生産と消費のバランスが悪くなることによって不景気を引き起こす。

 

まず社会全体の生産量と消費量がほぼ同じ状態について考えたい。

生産量と消費量が同じ、これはつまり市場で売られている物の量と買われている物の量が同じということ。

企業からしたら販売している商品が全て売れていることになる。

物を作れば作った分だけ売れるという企業からしたら夢のような状態になる。

当然企業は儲かるのでその分労働者の給料も高くなる。

労働者は生産である一方、消費者でもあるので稼いだ給料は消費に回る。

すると企業さらに儲かるので、労働者の給料もまた増える。

このような好循環が起こると、好景気と呼ばれる状態になる。

 

では生産量が消費量を大幅に上回るとどうなるだろうか。

実はこれが非常に困った状態になる。

生産が多いのだから一見良いことのように思える。

かに消費者からすればありがたいことではあるが生産者側からすれば苦しい状態だ。

生産量が消費量より多いということは、売られている物の量よりも買われている物の量の方が少ないということになる。

まり必ず売れ残りが発生する。

販売している商品が売れなければ当然その分は損失になってしまう。

企業からしたらそれだけは絶対に避けたい。

 

売れ残りを阻止するために企業が取る策は主に2つある。

まず一つ目が生産を減らすこと。

そして2つ目が商品を売るためのマーケティング活動を行うこと。

例えば商品価格を下げたり、品質を高めたり、宣伝を行うなどがある。

しかしこのどちらの策も企業にとって大きな負担となる。

商品生産を減らしたり、価格を下げれば当然売上も落ちる。

品質を高めたり、宣伝を行うにも高い費用がかかる。

これらによって企業利益は大幅に減少し、それに伴って労働者の給料も下がる。

 

商品価格が下がったり、品質が上がるため消費者からしたら恩恵を受けることができる。

しか消費者もまた労働者であって、商品が売れないことにより給料が下げられるため、お金がない。

せっかく市場に質のいい商品が出回っていても、お金がないのであれば買うことができない。

これによりますます商品は売れなくなり、企業利益は減っていく。

このような悪循環が起こると、不景気と呼ばれる状態になる。

まり生産量と消費量の差が大きいほど景気は悪くなる。

 

働けば働くほど景気が悪くなる

生産量と消費量の差が大きくなるほど景気が悪くなると話したが、では現代社会はどうなっているのかというと圧倒的に生産が消費を上回っている状況にある。

まり超がつくほど不景気状態

現代はとにかく生産量が凄まじく多い。

これは少し考えれば簡単にわかる。

現代は昔に比べたら遥かに生産能力が高い。

昔は全て手作業仕事をしていたのに対して、今は大部分が機械による生産を行っている。

現代生産能力は昔に比べたら何十倍、何百倍といったレベルで向上している。

 

それにも関わらず労働時間が昔と比べてもほとんど変わっていない。

日本で言うなら一般的会社員は週に40時間、それに加えてさら残業までしている。

この労働時間はおそらく昔からほとんど減っていない。

それどころか下手したら増えている。

これは非常におかしなことだ。

生産能力が向上したのだからその分労働時間が減らなければおかしい。

 

労働時間が減らない理由

それは現代社会では人は働かなくては生きていくことができないからだろう。

生きていくためにはお金必要で、お金を得るためには働く必要がある。

成人していてまだ年金をもらえる年齢に達していなければ働かなくては生きていけない。

生活保護という手段があるものの、若くて健康人間では申請が通らない。

それに生活保護受給している人に対して世間からの風当たりは強い。

親に養ってもらえば働かなくても生きていくことはできるものの、そのような無職ニートと呼ばれる生き方世間から非常に軽蔑される傾向にある。

から少なくとも日本においては経済面世間体的に働かざるをえない。

 

そしてこの働かなくては生きていけないという状態が非常にまずい問題を生み出している。

生産能力科学進歩とともに上がり続けている。

それなのに労働時間が減っていない。

これによって必要以上の異常なほどの生産を行っている。

前述したように生産と消費の差が大きくなるほど景気は悪化してしまう。

現代はこの異常なまでの生産により世界中不景気引き起こしている。

生産が多いのが問題なのだから本当は生産を減らさなくてはいけない。

生産を減らすということは労働を減らすといことだ。

しかし働かなくては生きていけない、仕事尊いものだといった価値観によりみんな長い時間働き、生産を増やし続けてしまっている。

現代のような供給過剰な時代においては、働けば働くほど景気は悪くなり、労働環境悪化してしまう。

から現代において働くこと、正確には長時間働くことは社会を蝕む害悪行為しかない。

 

消費が増えることは絶対にない

生産量が消費量を超過していることが問題なら消費を増やせば良いんじゃないか

そもそも生産が増えればその分消費も増えるんじゃないか?といった意見もあると思う。

実際に日本の政治家や資本家達は消費を増やそうと必死になっている。

しかし残念ながら消費がこれ以上増えることは絶対にありえない。

なぜなら消費をするためにも時間欲求必要からだ。

 

食料を例にすると、人が一日に食べられる量は限られている。

食料の生産が増えたところで人間の食べられる限界量が変わるわけではない。

食糧難が当たり前であった昔であれば、確かに生産が増えれば食べる量も増えたかもしれない。

しか現代肥満に悩んでいる人が多いことからもわかるように、ほとんどの人が食欲の限界まで腹を満たしている。

まりいくら食料の生産が増えたところで消費が増えることはない。

 

例えば町に大きなレストランが出来て、その店がものすごい繁盛したとする。

これだけ見ると消費が増えているように思えるが、実際には増えていない。

このレストランに来た人達レストラン食事をした分、食事の回数が一回減っているわけである

もしこのレストランがなかったとしたら、その人達は自宅や他の飲食店食事をしていたはずだ。

もし自宅で食事をしていたとしたら、そのための食材スーパーなどで購入していることになる。

まりこのレストランができたことによって、他の飲食店食品販売店の売上が減っている。

新しい店ができて儲かったとしても、その分他の店の売上が減るだけであって、全体としては一切消費は増えていない。

 

これは他の業種にも言えることで、例えばある人物旅行に行って、その旅先でたくさん買い物をしたとする。

するとその地域では消費が増えて、お店の売上が増える。

しかしその地域旅行している間、その人が元々住んでいる地域では消費をしないことになる。

もし旅行に行っていなかったとしたら、その人は地元で消費をしていたはずである

仮にずっと家の中にいたとしても、ゲームをするでも本を読むでもテレビを見るでもスマホをいじるでも、何かしらの消費活動をしていたはずだ。

旅行に行ったことによって、これらの消費がなくなっている。

から結局どこかの地域企業の消費が増えたとしても、別のどこかの消費が減っているだけであって、全体としての消費は全く増えていない。

 

かに昔であれば生産が増えればそれに伴って消費も増えた。

昔はとにかく生産能力が低かったので、圧倒的に物が足りていなかった。

生きるのに必要な食料を生産するのに精一杯で、他の物を作る余裕がなかった。

から技術が向上して生産が増えれば、それに伴って消費も増加した。

しか産業革命以降の爆発的な生産能力の向上により、ついに生産量が人々の需要を超えてしまった。

そうなるといくら生産が増えたところで、消費が増えることはなくなる。

 

ここまで消費が増えることはないと書いてきたが、実は増えないどころか消費は今後減り続ける。

その理由は世の中が便利になっているからだ。

最もな代表例はスマートフォンだろう。

スマートフォンはたった一台で数多くの機能を持っている。

電話パソコンゲームカメラ音楽プレーヤー地図、本、辞書新聞

たった一台のスマートフォンでこれら全ての代わりが出来てしまう。

まり買う必要がなくなる。

実際にスマートフォンの登場により多くの産業の消費が落ち込んだ。

もちろんスマーフォンの登場により増加した消費もあるとは思うが、明らかに減少した消費の方が多いだろう。

 

それと製品品質の向上も消費が減少する要因だ。

技術の向上により製品耐久性は上がっている。

まり壊れにくくなっていて、そうなると買い換える頻度が減り、消費が減少することになる。

これらの要因によって消費は増えないどころか、今後減り続ける傾向にある。

 

この「消費が増えることはない」という事実経済対策をする上で絶対に頭に入れておかなくてはならないことだ。

しか日本の政治家達はこの事実に気づいているのか気づいていないのかは不明であるが、とにかく消費を増やすことしか頭にない。

絶対に増えることのない消費を増やすために莫大な税金労働力を投入している。

このままの状態が続くと社会はどんどん歪になり、やがて崩壊してしまう。

 

不毛な消費の奪い合い

現代生産量が爆発的に増え続けている。

しかし消費が増えることはない。

まり圧倒的に供給過剰の状態にあり、消費が不足している。

現代はこの不足している消費を世界中企業が奪い合っている状況だ。

そしてこの消費の奪い合いはあまり無意味で、不毛しか言いようがない。

 

わかりやすいように一つ例え話をする。

業績不振に苦しむ食品会社Aがあった。

A社は現状を打開するためにコストカットを行って商品価格を下げ、積極的宣伝活動を行った。

これらの企業努力が実り、A社は売上を伸ばすことができた。

しかしこうなると困るのがA社と同じ食品を扱っているB社である

A社の商品が人気になったことにより、B社の商品は売れなくなってしまった。

このままではまずいのでB社はA社と同じように商品価格を下げ、積極的宣伝活動を行った。

これによりB社は売上を元に戻すことができた。

しかしこれによってまたA社の売上が落ちてしまった。

 

こうなると結局元の状況に戻ってしまい、A社とB社が行ったマーケティングが完全に無駄ものになっている。

当然これらのマーケティングにはコストがかかっている。

価格を下げるために従業員給料を抑えたり、宣伝するためにも多額の費用がかかる。

しかしこれだけコストをかけたにも関わらず何の成果も出ていない。

このような無意味不毛競争世界中のあらゆる企業間で行われている。

 

そしてこの消費の奪い合いの犠牲になるのが労働者だ。

企業ライバル企業に勝つために労働者に負担を強いる。

顧客に対して過剰なサービス要求したり、長時間残業をさせたり。

これらによって労働者はどんどん疲弊していく。

そして一番悲しいことがこれらの働きにって労働者が報われることはなく、それどころかさらに悪い状況に陥ってしまう。

社会全体として消費が増えない以上、一つの企業努力により売上を増やしたとしても、その分他の企業の売上が落ちる。

売上の落ちた企業社員さらに厳しい労働要求するようになる。

このように苦労して働けば働くほど労働環境悪化していく。

 

熾烈な企業競争メリットがないわけではない。

製品サービスの質が高くなるので、当然消費者からすれば恩恵を受けることができる。

しかし多くの消費者労働者でもある。

多くの労働者は企業競争により給料を下げられ、長時間労働を強いられているため、金も時間もない。

せっかく質の良い商品が売られていても、それを買うための金と時間がない。

 

このような悪循環が今の日本で起こっている。

そしてこのまま何の策も打たないとさらに状況は悪化していき、取り返しのつかないことになってしまう。

 

労働時間の短縮が不可欠

ここまで現代社会問題点について話したので、ここから改善策についにて話したい。

働きすぎによって生産が増えすぎているのが問題

そして消費が増えることは絶対にない。

となれば取るべき方法は一つしかない。

生産を減らすこと、これが唯一の解決策だ。

生産を減らすということはつまり労働力を減らすということである

労働力を減らすためには主に2つの策が考えられる。

 

まず一つ目が法律によって労働時間規制すること。

今の日本でも法定労働時間が決まっており、週に40時間までしか働けないと法律で決まっている。

しかしこの週40時間労働というのが現代生産能力を考えると異常なほどに多い。

現代科学進歩により昔とは比べ物にならない生産能力を持っている。

にも関わらず労働時間が昔とほとんど変わっていない。

これがどれくらい異常なことか言うまでもない。

これに加えて日本人の多くは長時間残業をしているのだから目も当てられない。

 

では現代ではどれくらいの労働時間が適正なのか。

これは非常に難しい問題なので正確には言えないが、現代生産能力を考えれば半分の20時間にしても多いと思う。

週に10~15時間くらいの労働時間が適正なんじゃないかと思う。

そんな短い労働時間社会が回るはずがない、と思われるかもしれないが何とかなるんじゃないかと思う。

その理由については後述する。

 

2つ目の方法が毎月国民全員に定額の給付金を与えて、働かなくても生きていける環境を作ること。

この方法は近年話題になっているベーシックインカムという制度だ。

例えば月6万円などの人間ギリギリ生きていける金額を毎月国民全員に支給する。

これによって人々は生きていくために無理して働かなくてもよくなる。

 

これらの策によって労働力が減り、生産と消費のバランスが緩和され、景気が良くなり、労働環境改善されることが期待できる。

https://anond.hatelabo.jp/20220527000129

に続く。

知的障害精神障害者契約するな

簡単な読み書きできる位の知能がある障害者が厄介

商品欲しさにサインはするけど理解してないから困ったら何度も暴言侮辱脅迫してくる。サービス解約してくれない限り続く。

キチガイから仕方ないと思いつつ言われてムカつかない訳じゃない

会社ナアナアにしてるけど本当は警察突き出してほしいし無理だと思うけど実刑食らってほしい

障害者に優しい世界をなんて夢見てバカみたいな妄想見るだけでイライラしてくる。役に立たないならまだしも周りに害撒き散らす障害者はいなくなってほしいし商品契約しないでほしい

障害者無罪とか本当になくなってほしい

「おまかせセット」ができたきっか

土肥: やっかいもの扱いされている「未利用魚」を使った宅配寿司「おまかせセット」が売れているそうですね。未利用魚とは、大きさが不ぞろいだったり、鮮度が落ちやすかったり、調理が面倒だったりするわけですが、なぜこのような魚を使った寿司をつくることになったのでしょうか?

朝山: 店をオープンさせて、毎日のように東京築地市場で魚を購入していました。宅配寿司なので、メニューは決まっているんですよね。マグロカンパチタイといった感じで。ただ、築地の中を歩き回っていると、さまざまな魚を目にすることができるんですよね。深海魚がいたり、足が付いていたり。「この魚って、どんな味がするんだろう」と思って、ついつい買ってしまうわけですよ。ただ、メニューには「深海魚」などと書かれていないので、そうした魚を売ることはできません。

 店の仲間からは、このように言われました。「商売にならないですよ」「こんな魚、買ってこないでください」と。お叱りを受けていたわけですが、それでも築地に足を運ぶと、またヘンな魚を買ってしまう。「この魚って、どんな味がするんだろう」「ちょっと買ってみるか」と好奇心に負けてしまう。

 買ったのに捨てるのはもったいないので、割安で販売してみてはどうかと考えたんですよね。当時、1貫180~250円ほどで販売していたのですが、ヘンな魚が入ったセットを30貫3000円で販売することにしました。

京山の朝山社長築地市場を歩いていて、ヘンな魚が気になって購入していた(写真提供ゲッティイメージズ

土肥: 店の仲間からはどのような声がありましたか

朝山: ものすごく反対されました。「絶対に止めてください」「売れるわけがないですよ」「闇鍋みたいじゃないですか」などと言われたので、ちょっと工夫することに。おまかせセットのフタを開けて、ヘンな魚ばかりだと、お客さんはひいてしまうかもしれない。というわけで、マグロエビイクラ、卵などを入れて、そのほかはヘンな魚を詰めてみたところ、ものすごく売れたんですよね。あっという間に、店で一番人気の商品になりました。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1903/20/news005_2.html

anond:20220526000250

起業の話の全般にそうなんだけどな

起業したいと思ったりそれが儲かるとうその前にな

一つだけ確認してほしいことがあるねん


その商売は儲かるのか?


この一つだけ

これに対して回答が

市場が求めてるから

・そういうニーズを知ってるから

・本当の価値を知ったらバカ売れ

・競合他社がない

・斬新なアイデア魅力的なデザイン

だと、まず見直したほうがいい

全部確率問題になっている事に気が付いて

やってみて半分はダメになる可能性が含まれてるおみくじ

これを箱にいれて、客が自分のもってる財布の中身から毎月買う商品の数だけはずれくじがはいった箱に手をつっこんで

からみればお客が自分を選ぶか選ばないかは二分の一

だけど客から見たら他のいくつでもある選択肢の数の中からの何十分何百分の一なんよ


売れないと意味がない

付加価値が高かったり利益率が高かったり、ともかくお金になるということは売れないと意味がない

売れるかどうか、売るためには、求められてるニーズは、それは売り物じゃなくて買い物 買ってでもほしいものだろ

それを買うのがコンサルかいった商品 商工会とか組合とか なにをかうの買って「そこについてる客を買う」のが本質で、アイデアとかつながりとかは建前

広告でも買うのはその業者がもってる客の数を買う



うつまり

『だれに売るのか』

という事だけ

お金持ちの得意先を一人二人もってるだけの単品を年に二回くらい売るだけの商売でも億は超える

それがもしサービスで無形のものなら利益率は膨大だろう

逆に年間出荷量がいくらになろうと物品の小売りなら純利益は数十万にもならないかもしれない

売る先の客が空想妄想で想定された相手だったら、これなら売れるの確信ニーズ決断した本人の中だけの妄想しかないやろ

そこに現実現金を投げ込むもんじゃない

だれが起業しようと成功しようと失敗しようと知らんがな

自由にやったらいい

ただな

売る先の顔が見えていない状態起業とか言い出すのはやめたほうがいい

その状態起業を進めてくるのは全部悪だと言い切って間違いないと思うぞ

最近俺の好みなもの市民権を得てうれしい

やわらかいとろけるプリンがもてはやされてたこ

おれは固いプリンが好きで探すのに苦労してた

そしたらかたいプリンブームになった

少量で深い味わいコーヒーかいものがもてはやされていたころ(今もだけど)

若干薄味でがぶがぶ飲むのどごし重視なコーヒー自分で作っていたら

がぶがぶ飲めるクラフトBOSSがそれを流行らせコンビニで買えるようになった


最近俺好みの商品が増えていてうれしい

なんだよみんなも好きだったんじゃん!ってね

なので今後も俺好みなものが増えていけばいいなって思ってる

20年前くらいかうどんはコシがなければいけないみたいなことになり、讃岐うどん至上主義みたいなことになっているが

山口から九州あたりはコシがないうどんが主流なんだけど、正直おれはこっちのほうが好き

たい焼きといえば、テレビ特集されるたびに、しっぽまであんこぎっしりものがもてはやされているが

おれは皮が分厚くあんこ少なめのほうが好きだ

たい焼きあんこに限らずだけど、おにぎりなんかでも具材ちょっとだけでいいし、カレールー少な目で米食べたい派なんだよね

いつも外食などでカレーを食べると、ルーが余ってしまう。

このまえセブンで今だけおにぎりの具が増量中!とかいキャンペーンやってたんだけど

「余計な事すんなよバランス崩れちまうだろうが、つーか今までのは妥協してたってことなのか?あの比率がBESTな状態ですみたいに売ってたじゃん」って思ったよね

具を食べてるんじゃなくて皮やコメ食ってるみたいなところある

激安スーパーに売ってある80円くらいのおにぎりくらいに具は少なくていいと思う

ただあれはあれで問題で米の質がいまいちで具の質も悪い。

具の量は少なくていいから質を上げてたものがあるといいと思う。米を味わうためにあえて具は少なめですみたいな感じで売り出せば行ける気がするけどな。

2022-05-25

譲っていただけませんか?

って言われたので、お金わずにモノだけ欲しいってコト…?!そんな訳ない…よな!?!で脳が混乱した

丁寧すぎるあまりなのかなんなのか…

交換募集とかで条件書いてたりしたらその条件で良いからという意味とか分かるけども、売り場で言われたので

追記:分かりにくかったので。店頭商品を売っていて、譲っていただけませんかとお客様に言われ、聞きなれない表現だったので???となったというだけの話です

AVの本番行為禁止法を作ろうって話って

アレって「フェミ二次元じゃなく現実女性を救済しろ」ってのを正しく実行してるんだよな。

無論、同法が成立し、新作AV商品価値が下がるなり撮影が著しく困難になるなりしてAV業界が壊滅した暁には、アングラ性風俗より比較安全で、且つ緊急避難的な、大事雇用の口がひとつ減ることになって女性の救済から遠ざかるという意見一定妥当性を持っているが、AVの本番行為禁止女性救済の短期目標としては間違ってはいない。言うなればAV出演強要被害防止法案と同じ。フェミニストからすれば反対するべき問題を孕んでいるが、しか女性AV出演強要被害の防止には役に立つ。

しかし、既存法律ちゃんと取り締まればそれは達成できると思うんだが、政策立案者はそれでは達成できないといっているので、それがどういう理路なのかは知りたい。

anond:20220524185955

ようするにな

商売ってな

何を売るかじゃないんだわ

誰に売るかなんだわ

買う客がいるならね

いくらでも売れるんよ

買う客がいないとね

いくら良い商品でも売れないんよ

よい商品から売れるだろうじゃないんよ

新しいから売れるでもないんよ

必要とされているから買われる」のだよ


開く店舗のある場所人口はどれくらいで

その何割が客の対象になるのか

そのための場所はどこか

どれだけ売れば得になるか

どこまで売れば損がでないか

そこから先にアイデア必要なんだよ


逆にアイデアから言うのなら

女子うけするならその女子

屏風の中か渋谷区渋谷にいるのか

どっちなんだって話よ

anond:20220525072142 anond:20220525073540

ユーザー課金商品購入以上の思いやりをメーカーに寄せる必要性ってありそうか?

 

もちろん、運営的には無課金者はSNSコラボ案件広告枠の数として役に立ってるし

廃課金者や重課金者がおれつええええする時の踏み台・やられ役としても無課金者は必要だが

それはあくま運営側の視点に立った時の話で、課金ユーザー個人お気持ちはまた違うだろ

なんか 無課金って単純におつむやべーヤツ率が高い(anond:20220525181213)んだもん

 

ただ、無課金ゲームジャンルによるのかなとは思う

例えばウマ娘もおつむやべーヤツ多いとは聞いてるが多少のゲーム性がある(試行錯誤しようがある)ので

他のゲーム無課金者とくらべたらちょっとマシ感はある

ゲームがド下手な微課金煽ってるのでやべーヤツには変わりがないけど

一応リセマラや育成をマクロで回せる程度の知能はあるので、同じおつむがヤベーでもジャンルが違う

MMOFPSTPS に生息するリアルキッズ厨二病的なヤツやな

anond:20220524135157

両方自分で書いた増田だが?

 

それはそれとして、

なんか ツイステとかいう女性向けヌルゲーでもクリアできないとか言ってるヤツ がいて

課金もロクにしてなければ端末もゴミ端末で端的に金がねーヤツなのよね

介護士など社会的給与が抑えられている職もあるのでこういうこと言いたか無いのだけど

金ないヤツっておつむアレな傾向が高過ぎん?

 

ちな何のために無課金アピールしてるの?は増田でも定期的に出る話題ですな

 

 

ガチャゲーの無課金アピール

無課金で◯◯したとかなんの意味があるのって思う

https://anond.hatelabo.jp/20220404014728#

試食で済まさずちゃん商品を買ってる人が恥ずかしいってその発想がアホだわ

誰も買わんと商品は作れんぞ

 

まぁ強いて増田のご意見にそって書くならこうじゃないか

廃課金ならばともかく、微課金重課金程度じゃ運営スタッフの額面の給与すら払えない・・・みたいな

廃課金ならばともかく、微課金重課金程度のユーザー無課金ユーザー駆逐したら困ると思うわ

廃課金だって空き地でつえええしてもつまらないし、無課金ユーザーSNSコラボ案件する時の数として役に立ってるしね

廃課金重課金も微課金無課金バランスよくいてこそゲームは長く続く

  

  

ちな元増田の『なぜ無課金アピールするのか?』だけどアホでは無い場合は、

無課金同士で攻略するためじゃないか?初期から続けていれば今でこそ無課金もある程度出来て当たり前だけど

ウマとか初期はめちゃくちゃキツかったし

でも結局は微課金無課金のフリして謎のつえええしやPV稼ぎの為に無課金騙り始めるから

無課金括りで集まる意味なくなるんだけどな

無課金攻略無課金同士集まるために無課金アピールしてるわけでないのなら

ただ単にアスペかアホなのだと思う

  

でも世の中には

廃課金してるわけでも無いのに無課金ユーザーやめさせようとしたりする微課金重課金がいたりするし

垢売りを生業にしているわけでもないのに複数の垢をマクロで回して初期の期間におれつえええを楽しんだら売る→イナゴするを繰り返してるヤツもいたりする

 

色んな人がいるのが世の中だね

anond:20220522090735

その文化さ、もとは東方で醸成されたもんだと思うんだよね。

東方原曲自作同人ゲームBGMで、作者の神主ことZUN氏は多分昔からSC-88Proとかの良い音源を使ってDTMしてたとは思うんだけど、結局はMIDIなわけよ。

楽譜はかなり技巧的で複雑怪奇なんだけど(実際自分作曲したものを聞いてもらうためにゲームを作りはじめたと言ってた)、音自体MIDI音源サンプリングたにしては(良い音源使ってるから)だいぶリッチに聴こえるとは言え、結局は一人で作った打ち込みサウンド感が滲み出てるわけ。通になるとこのDTM感こそZUN作品の味だと分かるものの、普通の人は「すごい個性的な曲だけどなんかちょっとリアルじゃない」と違和感をおぼえる具合。というかピアノドラム人間業じゃないしベースも大抵和音で鳴ってる。

から、このなんかヤバい曲を俺らのバンド再現してみよーぜ!だとか、この聞いたことないくらメロディアスBGM歌詞つけて歌ってみましたわ!みたいな、二次創作欲が刺激される原曲でもあった。そして神主二次に寛容だった。

アニメMADみたいな、基本商業流通している洗練された作品切り貼りして面白おかしナンセンス動画を作り、こっそりネットオタク内で楽しむ方向ような方向の二次創作とは真逆だったわけ。

ボカロというのは、クリプトン社などが公式として一次の権利を持つ商業モノではあるけども、楽器ソフトとしての音声データとその声の主というキャラ設定けが一次設定としてあるにすぎない。

そこに不完全性というか、むしろユーザーの創意工夫によってキャラ世界観を作ってくださいねとする商品なわけなので、これも東方のように二次創作欲が刺激される元コンテンツなわけよ。

それでボカロPと名乗る多くはアマチュアDTMerたちが、言ってしまえば楽曲披露したくってゲームを作ったZUN氏のように、自作曲を公開していくわけ。

でもそこはアマチュアなりの編成の拙さがあったり、ボーカルボカロという普通の人が聞くとケロケロと聴こえる萌え声機械音声にすぎないわけで、「すごい癖のある曲だけどなんかちょっとリアルじゃない」と違和感を覚えてしまう具合。

なので三次創作として「××(ボカロ曲)歌ってみた」とか「演奏してみた」というのが生まれてくる。

これが大手アーティストの曲とかだと少し抵抗や遠慮、あるいは権利面の危うさから一歩踏み出す人は減ってくるところだが、ボカロだとボカロ曲作者自体自分たちと同じ同人音楽畑の人間だということが分かるから抵抗が減る。

そういう心理的構図を最初ニコ厨たちに刷り込んだのが東方だと俺は思うんだよ。しらんけど。

2022-05-24

チノークリームを使い始めて半年経過した

はてなー美容関係話題にあまり興味ないのかと思ってたけどはてブでホッテント入りすることもあるので需要があるかもと思い以下の通り記載します。

増田…30代前半、混合肌、加齢のせいかマスク生活により摩擦が増えたせいでかでできた頬のシミが気になる、たまに吹き出物ができる、レチノール導入前は無印の導入化粧水敏感肌用薬用美白化粧水乳液、メラノCとその時々で美容液をとっかえひっかえしながら使用サプリのたぐいはリポソームビタミンCマルチビタミンミネラルコラーゲンペプチドを飲用。週1くらいでLuLuLunなどのパックを使用20代はこれで問題なかったけど30代になり肌トラブルを多く感じるようになったためレチノークリームを購入。

サプリをiHerbで定期的に購入しており、ついでにレチノーA1%クリーム( https://jp.iherb.com/pr/life-flo-retinol-a-1-advanced-revitalization-cream-1-7-oz-50-ml/29793 )も発注。いまだと2,300円くらいだけど半年前は1,900円くらいだった気がする。高くなったが、コスパ的にはまだ全然ありだと思う。以下にも商品urlを貼っているがアフィリエイト報酬増田にあるわけではないのでそこはご安心ください。

最初は少量を3日に1度つけるだけだったがレチノイド反応が覿面に出た。レチノイド反応についてご存知ない方はこちらのサイトを読んでください。 https://www.tsutsui-esthe.com/blog/p/775

痛いしカサつくしでしばらく化粧ができなかった。すぐにVTコスメティックスCICAクリームを使い始めるが保湿力が足りなくあまり効果がなかった。友達にアベンヌシカクリーム( https://www.avene.co.jp/products/bc/22/ )を勧められて即導入し、カサつきと炎症が若干治まる。こちらは夜のみ使用

2ヶ月までは同じ周期で使い続けた。痛みが生じることはほぼ無くなったがカサつきは継続生理前のみ炎症するようになる。ただ、3日に1度ほど朝の洗顔後にカサつきが取れて肌が吸い付くようにぷるぷるになった。

このころレチノー使用において休止期間を設ける派閥継続使用する派閥があるらしいことを知る。どちらの言い分も読んだ上で信仰みたいなもんやなと思い、休止期間を設けてまたレチノイド反応が起こると辛いので継続することにする。また付ける間隔を2日に1度に増やした。この頃UVケアのために朝の乳液無印のものからエリクシールバランシングおしろミルクへ変更。それによる影響は特段感じなかった。

頻度を上げたことによる弊害は感じなかったがこの頃Cult Beautyから届いた試供品の内、はちみつを使ったクリーム( https://www.cultbeauty.co.uk/farmacy-honey-halo-ultra-hydrating-ceramide-moisturizer-various-options/13457119.html )をアベンヌシカクリームをつけた後に使用だってLA MAQUILLEUSE』にはちみつで皮膚の再生作用を最大限利用!みたいな話があったし……。肌がレチノールに慣れたのか、プラセボ効果か、本当に効果があったのかはわからないが生理前の炎症が無くなる。またこの頃VTコスメティックスカプセルマスク( https://m.vtcosmetics.jp/surl/P/15 )やワフードメイド酒粕パック( https://www.p-dc.com/shop/g/g4961989409016/ )を使うようになる。本題から逸れるがVTコスメティックスCICAカプセルマスクは色が薄緑で付けるとシュレックみたいになって楽しいです。

使用開始から5ヶ月目頃にレチノークリーム使用頻度を毎日に変更。これによる弊害は感じられなかった。この頃になるとカサつきも生じないようになり、ファンデーションの乗りが良くなったことを実感した。もろもろが出てだめじゃん、と思っていたクッションファンデは実のところ製品問題があるのではなく自分の肌に原因があったことが判明。

使用開始から6ヶ月頃にだんだん飽きてきて1週間ほどレチノークリーム使用サボると途端に吹き出物ができた。そういえばレチノールを使い始めてから吹き出物ってできなかったなというのを思い出す。時期的に吹き出物が出やすい頃だったのでもしかしたら関係いかもしれないが対照実験できるものでもないから断言はできない。今はこんな感じです。

そもそも使い始めたのはシミが気になるからだったが、これが改善たかというと、ちょっと薄くはなったが現時点においては消滅するまでには至っていない。増えていないだけでも万々歳かもしれないが。

ハリが出て化粧ノリが良くなったのはめっけ物だった。イマイチに感じたファンデーションも使えるようになったくらいだしね。

チノークリーム最初こそ肌荒れするもの効果を感じられるものだった。ただ、刺激はかなり強いので敏感肌の方が使用される際はマジで気をつけたほうが良いと思う。ちゃんテストしてから使ってね。また、たまたま増田の肌はレチノークリームと相性が良かったけども、みんながみんな効果があるとは限らないのでそこは了承ください。

増田の使い方があってるかはわからないし化粧水美容液等の組み合わせもベストとは思わないが、レチノークリームはとにかく肌への影響がすぐに出るので観察してて興味深いし、組み合わせを考えるのもデッキ構築みたいで毎日の習慣に楽しみを見出だせたのが一番の収穫かもしれない。

anond:20220524191101

トリプルミンチっていうまさにな商品スーパーで売ってたけど買うことは個人的倫理によりできなかった

おいしいらしいよ

消えたから買う奴少なかったんだろうけど

anond:20220523184058

もともと人口政策とか疫学政策とかは、「共同体全体の利益のために、個人自由一定程度制約する」っていう全体主義的な性質内包せざるを得ない。

自由民主主義国家であっても、ここに一切の政策的介入をせず、すべて個人選択に委ねる、ということはほとんどないけど、とはいえ個人自由に直接に強力に介入することもできないし、すべきでない。

から基本的には国民自由意志と選択に任せつつ、行政側では色々なインセンティブや逆インセンティブ提示して、国家が考える好ましい状態国民誘導する。

人口維持でいえば、育児費用負担したり、教育費を無償化したり、非課税限度額を調整したりする。

コロナ対策でいえば、強制ではないけど、ワクチン政策を強力に推進したり、マスク着用の要請をしたり、営業停止した飲食店金銭的な援助をしたりする。

ここで重要なのはあくまで「第一義には国民自身福祉のために」「国民自身選択に任せつつ」やる、という基本姿勢。ここを見誤って「国家のために」を前に出しすぎてしまうと、人口政策や防疫政策はしだいに全体主義的な色合いを帯びていくことになる。だから戦後日本は、基本的にそういうメッセージは出してこなかった。「個人自由意志」「個人利益」「国家社会利益」の3つの要素を見極めながら、自由民主主義国家で許されるギリギリラインを攻めるような慎重さでこうした問題にあたってきたと思う。それが時には少子化対策の不充分さや的外れさ、コロナ対策の煮え切らなさの一因にもつながっていたのかもしれないけど、ともかくそういう原則大事にしてきた。

吉村知事表現は、そういう意味では不用意に「国家のために」を前に出しすぎていたと思う。為政者人口政策について「リターン」「投資」「効果」という言葉を使うとき国民国家の維持存続と運営必要な駒なり投資商品のように見立てられている。国が利害の主体で、国民はそのために操作される客体という構図。この物言いは、先の一線を少し踏み越えてしまっているところがあって、増田批判してるブコメもそこに違和感を感じたんだろうと思った。

とはいえ吉村知事の言ったことには意外性もあった。

自分は、維新という政党基本的に「一方では改革と言ってカネをけちり、もう一方では商都としての返り咲きを目指して怪しげな案件にド派手にbetする(IR大阪ワクチンなどなど)ことで支持を得てきた」政党だと思っていて、正直、人口国防といった国政レベルグランドデザインについてはまだまだ党内の議論熟成されてないと思っている。出産育児についても、例のケチケチ感覚敷衍して「貧乏人が子どもをたくさん生んでも意味がない」「育児支援は甘え」とか言いそうだなと思っていたので。

就活断念した元就活生がAOKIに抗議してる件

https://www.businessinsider.jp/post-225076

就活断念した元就活生ら、リクルートAOKIに抗議の署名開始。女子学生に「美しさ」求める謎マナーの背景は

女子学生に求められる「美しさ」「くびれ

例えばAOKIの「究極の就活スーツ」というHP女性向けスーツ紹介コーナーには、「女性らしい美しさ」「カービーシルエット」「女性らしさを引き立たせて、第一印象から美しく!!」などの文言が並ぶ。一方、男性向けにも「清潔感」「動きやすさ」「扱いやすさ」などの謳い文句があるが、

(中略)

女性のみに『女性らしい』というジェンダー規範に基づいた『美しさ』を強要するのは、ジェンダーハラスメントに該当します。さらにその『女性らしい美しさ』を『カービーなシルエット』という身体性差によるものとするのは、完全なセクシュアル・ハラスメントではないでしょうか?

AOKI民間企業なんだから面接官ではなく顧客となる学生ニーズに基づいて商品開発を行ってるはず.

商品継続的販売されているということは,実際売れているということ.

比較的自らの「美しさ」に自信を持つ女子大生が,自身の美貌・体型を武器にするために,こういうスーツを購入していると思われる.

就活生たちは,AOKIではなく「美しさ」を武器にする就活生を批判するほうが健全なのでは?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん