「生産」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生産とは

2019-01-22

anond:20190122103028

どんな辛くても立ち止まることだけはしないで欲しい。満タン100あるエネルギーのうち、今は3しか無かったとしても、3のエネルギーでできる「生産的なこと」をやって欲しい。止まらない限り、横滑りしている限り、いつか必ず道は開ける。でも立ち止まったら、止まっているどころか後ろにどんどん行く。これが10年も立ち止まり人生無駄にした者からの願いだ。

anond:20190122074333

iPhoneはSだっけ?あのちっこいのが生産中止になって一気に興味が失せた。

最新のやつは正直ダサい

てかジョブズ死んでからApple製品は、存命中だった頃の神通力みたいのが明らかに効いてないっぽくて、食指がそそられない。

それでもXperiaよりはマシなんだろうけど、それでも乗り換えモチベが湧くほどじゃない。

今思えば、もっと早く乗り換えてビッグウェーブに乗るべきだったんだろうけど、gboard載るまで日本語変換がクソだとも聞いていて、完全に機会を逃した感があるわ。

既に夢のような奇跡社会平成時代にあってその繁栄の渦中にいたとき生き甲斐に満ち溢れていたので

 もうこんな最悪な社会になるなら寝たきりの方がマシだ。

単に遣り甲斐がないだけだろ。

若い頃は、やりがいがあって散々日本に貢献した。社会若者好意的だったし、若者

発奮して勉強した。それに、悪は絶対さないという良い時代もあった。国家は悪いことばっかりやってて

醜悪だったけど民間の旋風は、奇跡的だった。おかげで若者は現世で散々いい思いをして、その興隆の中では

快感絶頂で、それは永遠に続くものとみんなが信じ込んで生産して生産して生産しまくった。

もう絶対に暗黒史は作るまいと若者はあらゆる知恵を絞ったし、地域も老人も協力的だった。

不幸を無くし、幸せしかならんぞという共同執念の旋風には誰も勝てず、最高の時代があった

それは明治でも昭和でもあったこなのだ江戸時代以降がクソ最悪と言うだけで、明治以降は、いつでも最高の時代

あって奇跡連続したのだ。そのはずだったのに、神が消えて、愛も消えて、悪しかなくなった

全ての努力が泡になった。平成の旋風を作り上げ、明治よりも昭和よりも幸せになるぞと執念深く現世を生きた若者もも

あっさり他界した。続かないこと本当にクソだった。何で日本人は、こうもバカで、自分から不幸になろうとし、幸せ求めないのか。

2019-01-21

命の自転車操業

先生研究室で話をしていると、窓の方を見てしまう。 話の途中で急に立ち上がって窓を勢いよくかち割って飛び出したらどうなるかな、と想像するのだ。ここは5階だしきっと私の体は無事じゃ済まないだろうな。先生も、研究棟の近くを友人と雑談しながら楽しそうに歩く通行人たちもさぞびっくりするだろうな。ああ、でも死ねずに寝たきりになるのは嫌だな。絵をたくさん描きたいしゲームもしたいし。常識がまだ残っているから、私はきっとうつ病とかじゃないだろう。先生との話が終わると、私はうなだれながら研究室を後にし、エレベーターに乗った。

ああつかれた。帰ったらゲームでもするか。最近は、あまり筆を握る気にならない。推し供給最近全く無いか二次創作も捗らないし、一次創作もなんだか億劫で1年ぐらい前からほとんどやってないしなあ。

何も生産せずに、ダラダラと1日が終わる。罪悪感に苛まれる。絵を描いたら、もう少しましな気持ちで1日が終われるかな。課題もさっさと済ませてしまえば、肩の荷も降りるかな。どうせ私は、自分のことをうつ病だと思い込むことで面倒なことから逃げたいだけなんだろうな。

anond:20190121171057

あんなん外部周辺機器にすぎひんし、タニタツインスティックを作ったみたいに、少数受注生産とかでやれば何とかなるやろ。「二度と」と言えるほどハードル高くないわ。

中学校でお前に死ぬほどいじめられたけど、もうその不幸な記憶がないんだよな

 その後、いじめた奴をズタズタにして殺しまくって悦に入ったし、その殺し方も生産的で

世間からも、バカは殺せ殺せブームだったかヒーロー扱いされたし、散々殺しながら産んで産んで

世間からも愛されて、今の日本もその結果だから幸福絶頂時代があって、昔いじめられた不幸は他界して覚えてない

anond:20190121102050

?そんなこと言った?

先進国が潤っているのは生産技術医療技術の向上によって、人口が増大してきた影響が残っているからで、今後は西洋先進国経済シュリンクしていくという話しかしてないけど。

まー最適であるかどうかはともかく、人口が縮小していく西洋先進国システムよりはイスラムのほうがマシではあるだろうけどね。

この日本自然に咲いたと思わせようと必死クズ国家

 何が自然にこうなっただよ。「そのとき」に、神や英雄勧善懲悪化身といった執念深い人がいて、

若い日本人に皮膚感覚で感動されたからみんなが参加してその時に一気に形成したものであって、

「そのとき」じゃねえと意味がねえんだよ。自分が作ったみてえに言ってんじゃねえよ。

「そのとき」に、熱烈なファンを集める人がいたからここまで生産されたんで、今はそういう若いファン

集める神もスターも、凄まじくしつこい正義もいないから、誰もついてこないし、何も生まれない

この日本形成した、そのときの人と、ついていったファン感謝しろ

お前はその素晴らしい人が生成したこ東京を利用して悪事をしている犯罪者

2019-01-20

anond:20190120112544

新生児授乳は2時間ごと頻繁に発生し、生産量が低い個体だと片乳では間に合わない場合がある

anond:20190120003723

景色や草花とかのもっと生産的な被写体はなかったのか

記録としての自撮りはいいと思うけどせっかくなんだしふつうカメラでもなんか写そうよ

2019-01-19

anond:20190119212331

製造業生産技術やってる。バリバリエンジニアではない。

バブルかどうかは知らんけど、なんかWeb系の方が敷居低い感はある。

あと外資が多くて大したスキルなくても金稼ぎやすイメージ

個人的には、Web業界の声が大きいんじゃなくて、その他の業界の声が小さすぎるんじゃないかと思ってる。

日本列島特に東京にある文化

 日本人的で現実的卑猥意味を持ち、若かった頃は、全てが生産的で素晴らしかったのだろうな。今は展示してあるだけで意味はないが。

お前の書面が真に偉い人に検討すらされないのはもうお前の書面が他界しているからだよ

 生きていて生産的な者が読んでも、読むに堪えないような死んだ独自論文検討しうるような

ものではないゴミで、日本の真に偉い神ライン感情から、思いっきり外れていて生者には何も

伝わってこないし、はっきり言ってアウト

 というか、もう、生きようとする者からしたら、あまり存在自体が停止していて、他界しているし

極めて狭い世界での独自文章になっているし、日本ではアウト過ぎて、お前には近づけない

物書きとは思えないくらい醜いし、腐乱死体だし、何の役にも立たないし、クソにも程がある

2019-01-18

anond:20190117230040

 言及どうもありがとう

 確かに。この記事自体も『~~に話を聞いた』と、寄稿に近い形での掲載してるしねぇ。

 まぁ何にしても、元増田の内容は以前※ からふんわりと考えてて、いつか文章化したいと思ってた。

  ※ vitaソフトフリープレイ配信終了予定や、vita生産終了の報道の頃から

 この記事には、その切っ掛けにはなったから、そういう意味でこの記事掲載してくれたことに感謝してる。

2019-01-17

法を電子計算機執行させるということ、あるいは連続システム幻想

入場ゲートを設けて係官が荷物検査をすると、まあ禁止物品が何%持ち込まれて、そのうちの何%が見つかって、何%がすり抜けて、何%が持ち込み断念される、という推計ができるだろう。生産ラインを設けて機械大量生産すると、まあ不良品が何%発生して、そのうちの何%が見つかって、何%がすり抜けて、何%が保証間内ギリギリまで動く、という推計ができるだろう。

法を電子計算機執行させるということはこれとは異なる。もちろん電子計算機という機械正規分布に従って故障し、破損する。しか入力情報の体積に対して正規分布に従った出力は返さない。

電子計算機執行させた規則には例外がない。境界領域がない。理念も、倫理もない。一貫していて、再現性があり、連続性がなく、離散的である情状酌量もないし、似た概念間の援用もない。「似た」という概念がない。これはプログラマーにとっては極めて当たり前だし、ただの利用者でも馴染み深い人は多いだろう。問題なのはもちろんこれがまだ一般人にははっきりと言語化されて理解されていないということだが、ここ数年でこの問題に直面しているのは、実は立法司法と法執行なのではないだろうか。事件が起きるたび、規則が作られるたび、情報処理技術関係者は「明確な基準を示せ」という声を上げる。彼らは基準と、基準の適切さと、執行に逸脱がないことにしか関心がない。

彼らの世界では、法は書けばそのとおりに「なる」のだ。

2019-01-16

GAFAIがこわい

かわいいイラスト素材を生産し続けて世界をどうしようというのか

2019-01-15

anond:20190115224200

ダサい人間になりたくないという気持ちって、稼いで望みを叶えて、その後に何か生産するんだろうか

そういう永久に湧き上がる非生産的感情を脱するのが人間ひとつ成熟のような気がするんだけど

2019-01-14

カルピス生産能力を増強…発売から100周年

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190114-OYT1T50014.html

アサヒ飲料は、2020年春から主力の「カルピスウォーター」などの生産能力を引き上げる方針を固めた。約90億円をかけて群馬工場群馬県館林市)の生産ライン増設する。健康志向の高まりによる乳性・乳酸菌飲料需要増に対応する。

 白濁液増産か

anond:20190114004856

大規模農家だけじゃないかなぁって印象は受けるやで

大規模農家なら地域特産品を加工に回す生産量あるけど

それ以外って地元飲食と直接契約するか地域ファン向けに通販する以外に何か出来ることあるん?

これでも食えるの?

2019-01-13

anond:20190113011120

謝らなくていいのにありがとう

あなたの「攻撃をはじめたのは」という言葉から使ったのであって攻撃が前提とは思っていないよ。

差別への不理解もあると思うよ。自分がその立場にならないと理解できないことはたくさんあってそれを知ることから始めないといけない。

から脊髄反射で何かを言ったとしてあとから考えをあらためるのは良いことだと思う。言われた側は腹が立つだろうが、そうでないと何も進まない。

トランス男性だとパス度の低いとされる状態男性用の場に入ろうとしないのは加害を恐れてだよね。

そんな非対称な現状ではたかが見た目や凹凸の差で差別区別をされてしまう。

から既存制度トランスだろうがシスだろうが変えようと声をあげるほうが生産的に感じるよ。

2019-01-12

寿司丸かぶり恵方巻き)はつくられたもの

山路という海苔屋のおっさんの仕掛けらしい。詳しくはここにある。

https://core.ac.uk/download/pdf/56643945.pdf

ちょっと引用すると、

それでは実際の資料からはどうか。恵方巻は、その由来を鋭明するチラシや新聞記事では「江戸時代の末期から明治にかけて」の時期に誕生したと記述される場合が多い。これは、岩崎がまとめた由来からも分かるが、実際のところ、江戸明治期にこの行事存在したとする資料は今のところ見つかっていない。

これらの事実から推論を試みるならば、少なくとも大正期、戦前にはすでに存在し、大阪のごく限られた地域で行われていた風習であること、寿司屋がそれを利用して、古くから伝統であるという触れ込みで販売促進活動を当時から行っていた、ということはいえるだろう。

その後、太平洋戦争の激化に伴い行われなくなったこ行事は、1949年大阪府鮨商協同組合によって、「土用丑の日のウナギかば焼」に対抗する販売促進手段として復活している。そして、戦後復興が進む1950年代に入ると、戦中の配給統制によって解散余儀なくされていた海苔問屋組合が統制の解除をもって再結成され、その販売促進の手段として、節分巻きずし行事宣伝に参加するようになる。宮下牽の『海苔歴史』には、大阪海苔問屋協同組合1951年の結成と同時に「巻きずし丸かぶり」の宣伝を行い、大きな成果をおさめたという記述がある。この「大きな成果」がどれほどのものだったのかは分からないが、海苔業界復興の旗印として、巻きずし喧伝されていたようだ。

その後海苔問屋協同親告は、すし組合とも連携してこの行事の普及に努める。昭和40年代前半には、協同飛行機チャーターしてビラを撒いたりもしたようだ。しかし、この試みは経費がかかりすぎたために1度で終わっている。

海苔組合の取り組みがより積極的になるのは、岩崎聞き書きによれば1977年昭和52)になってからだという。そもそも1974年頃までは海苔国内生産需要に追いついておらず、韓国産で不足分を補う状況だった。それが、国内生産が増大によって韓国産への依存が減り、1977年にはついに国内産で需要が賄えるようになったのである。これから先、さら生産が増加すれば今度は余剰分が発生する。そこで、これ以降海苔組合は毎年大量のビラを印刷して各地に配布し、さらなる普及へと乗り出すようになった。

そしてこの海苔組合の動きと前後して1976年昭和51)に、「節分チャリティーセール」なるイベントが開始されている。このイベントのメインは、大阪ミナミ道頓堀巻きずし早食いを競うという「巻きずし丸かぶり早食い競争」。一見馬鹿らしいこの競争が、この行事関西における節分定番行事へと押し上げるきっかけとなった。

仕掛けたのは「昭和会」という、大阪商売をしている昭和生まれの海苔販売業者たちで組織された団体だ。その中心人物の一人であった宝海苔本社大阪市中央区)創業者の三男、山路昌彦氏によれば、海苔がたくさん取れるようになって何とか消費を増やそうと思って考え付いたアイデアなのだと言う。「食いだおれの街で早食い競争なんて、いかにも大阪らしくて絵になるし、黙々と巻きずしかぶりつく姿がオモロイやんか」という彼らの発想は見事に当たり、マスコミを引き込んでの一大イベントヘと成長する。海苔組合によるビラでの周知と、マスコミに取り上げられた早食い競争。この相乗効果により、節分巻きずし関西伝統文化として認知されるに到ったのである

また、山路氏は取材に釆たマスコミ丸かぶりの由来をたずねられると、「ずっと昔からやっていたものだ」と答え続けたのだという。「それこそ風習なんてこうやってできていくもんやないの」と語る彼の見解からは、大阪商人が持ち得た巧みな伝統利用の視点を伺うことが出来る。


ということで、商売人の「オモロイやんか」が伝統ということではたしか大阪伝統なのだけれど、そこまで古風なものかというとそうでもなさそうだ。花街に由来することとかその後の伝統としての受け入れられ方とか、原論文はかなり面白いので、増田ブクマカ諸氏にはぜひ読んでほしいと思う。

anond:20190111181738

2019-01-11

anond:20190111001928

少量生産だし価格自体妥当だと思う

でも正当な報酬だったら自分は支払うかといえばそれはNo

違法じゃなかったら

もっと言えば違法であっても微罪未満で罰則など何もない状態なら俺は150円で買う

2019-01-10

anond:20190110174557

しか欧米EUだかでは

低年齢に模したダッチワイフ違法になったんだっけか?

この流れだと性欲処理ロボットが開発されたとしても

ソババアばっかり生産されてガッカリしそうだ

2019-01-09

anond:20190109124414

ゴルゴンゾーライタリアの統制原産地呼称を取得したチーズ北イタリアの一部地域生産されたものしか認められないので

増田さんが日本に住んでるのならゴルゴンゾーラを作れる奥さんとは離れ離れで暮らさないといけなくなっちゃうよ・・・

労働人口で不足するのは高度人材ですよっと

ワイは常々、

『ながいながい自分自身職業人生を生き抜く方法』か『道端で3億円を拾う方法

このどちらかを考えた方がええぞ?って思ってるやで

2030年 驚きの労働人口クライシス


2020年までは、イタリアフランスアメリカなどいくつかの国ではまだ労働力供給過剰が見られますしかし、2030年までにはこの状況は一変します。ほとんどの経済大国世界的な労働人口危機を迎えるのです。


BRICのうちの3カ国も同様です。これまでの一人っ子政策の影響を受ける中国に加え、ブラジルロシアも打撃を受けます


さて、実を言うと、現実さらに困難な状況になるでしょう。ここでご覧いただいているのは平均値です。これを異なる技術レベルごとに分けて個々に見てみると、
高度なスキルを持つ人材の不足率が高く、低いスキルの労働者たちは部分的に供給過剰になることがわかったのです。


まり、全体的な労働力不足に加え、私たちは将来深刻なスキルミスマッチに直面することになります。これは、政府企業が、教育資格スキルアップに関連した大きな課題を負うことを意味します。

科学技術労働人口危機解決することができるのか


次に私たちが目を向けたのは、ロボット自動化科学技術です。科学技術生産性を押し上げ、この状況を変えるでしょうか。


短い答えは、私たちが算出した数字は、科学技術による顕著な生産性の向上をすでに含んでいるというものです。長い答えはこんなふうです。またドイツを例にとってみましょう。


ドイツ人というのは、生産性に関しては世界一定の評価を得ています90年代に私はボストンオフィスで約2年間働きました。私がそこを去る時、年老いシニアパートナーがこう言いました。


もっとドイツ人をよこしてくれ。機械のように働くから(笑)


  1998年のことです。16年後、きっと反対のことが言われています

もっと機械を送ってくれ。ドイツ人のように働くから」とね(笑)


科学技術は多くの仕事特に規則性のある仕事に取って代わるでしょう。製造業だけではなく、事務職も安泰ではありません。ロボット人工知能ビッグデータ自動化と入れ替えられる可能性があります


ですから重要な問いは「科学技術がこれらの仕事に取って代わるのか」ではなく「いつ、どれぐらい早く、どの程度の規模で取って代わるのか」なのです。科学技術はこの世界的な労働人口危機解決する手助けになるのでしょうか。


どちらとも言えません。この答えは「時と場合によります」のより洗練されたバージョンです(笑)

高いスキルを持つ人材重要になる


例として自動車産業を見てみましょう。自動車産業では産業ロボットの40%以上が働いており、自動化も進んでいます


1980年には電子部品は車の生産コスト10%以下しか占めていませんでした。今日この数字は30%以上で、2030年までには50%以上にまで増えるでしょう。


これらの新しい電子部品とその応用は新たな技術必要とし、たくさんの仕事を作り出しました。運転手電子装置のやりとりを最適化する認知システム工学のような仕事です。1980年には、そのような仕事存在するようになるとは誰も夢にも思いませんでした。


事実ロボット自動化が導入されたにも関わらず、自動車製造に携わる全体的な人の数は過去10年の間にわずかに変化しただけです。


これは何を意味しているのでしょうか。確かに科学技術は多くの仕事に取って代わりますしかし同時に多くの新しい仕事技術が生まれるのです。これは、科学技術が全体のスキルミスマッチ悪化させることを意味します。


このように個々に見ていくと、政府企業には非常に重要課題があることが明らかになります


次の10年間は、高いスキルを持つ人材重要になるでしょう。これらの人材が貴重な資源だったとしたら、私たちは彼らのことを今よりもっと良く理解しなくてはいけません。


2030年 驚きの労働人口クライシス―そして今からどう対策を始めるか/ライナー・ストラック
https://www.ted.com/talks/rainer_strack_the_surprising_workforce_crisis_of_2030_and_how_to_start_solving_it_now?

はい

anond:20190109122332 anond:20190114084110 anond:20190121103328 anond:20190121104612 anond:20190121120627

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん