「女の子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女の子とは

2018-02-19

寿司のいる世界

 私の会社には寿司がいる。マグロタイプで握り型、そう珍しくないタイプだ。シャリは少し温かく、サビ抜き。少々慌て者だが穏やかな人柄で、けして女の子モテるようなタイプではないけれど、人に信頼されるタイプ人物――いや、寿司だった。

 寿司社会進出しはじめたのは、今から十年ほど前のことだった。当時の私はまだ中学生で、友達とのグループチャットでの対応がこの世でもっとも大きな悩みであるような小娘だったが、この事件についてははっきりと記憶に残っている。

寿司仕事をするだって? そんなの腹が減って仕方がないじゃないか

 テレビを見ていた父が忌々しげに叫んだのを今でもよく覚えている。

「いいじゃない、あなただってナマモノは苦手でしょう? 寿司がいたってお腹が減ったりしないわ」

「そりゃあそうだが、母さん、あれだぞ。俺はサーモンだけは別だ」

 テレビに写っているのは炙りサーモン女性だった。まだ若いらしく鮮やかなオレンジ色の表面はつやつやと輝き、ところどろころに見事な焦げ目がついているのだった。

 ああ、美味しそう。私は思わず舌なめずりをした。父と違って私はナマモノだって食べれるし、寿司ほとんど愛しているといってよかった。

上原さん、4番に本社内藤だんから電話です」

 マグロ握り寿司が言った。

 一瞬にして現実に引き戻された私は、はいはい、と生返事をしながら慌てて受話器に手をかけた。内藤さんは本社勤務のカンパチである早稲田大学卒のエリートプリプリカンパチだ。相当モテるらしく高飛車性格で、いつも隣に鉄火巻だの軍艦巻きだのの女の子をはべらせている。

 彼、海苔が好きらしですよ、いやらしい。二つ下のイカ握りの後輩が話していたことを思い出す。海苔が好きである、ということと、男性のいやらしさというのが直結せず、私は曖昧に頷いたものだった。

Evernoteの片隅にあるのを発見。なに考えてこんなの書いたんだか覚えてない。

[]すぐにカテゴライズするのをやめなさい

女の子二人以上が仲良くしてることをとりあえず百合カテゴライズすることをやめなさい

別にただの仲いい友達ってだけなのにそれを勝手にそういったものとして捉えてカテゴライズするなんて、失礼極まりない

百合系の即売会に男が圧倒的に多いのも怖気立つ

ほんと男は女への見方がくるってる

友人に気づかないうちに嫌われていたっぽい話

休みにぼーっとしながらSmartNewsを見ていた。競合他社である女性向けサイトコラムが目にとまった。

タイトルは「男の前ではアピール?女友だちのイラッとすること◯選!」みたいな感じ。アイキャッチがかわいらしいイラストだった。「やっぱりかわいいイラストアイキャッチにした方がPV伸びるかなぁ」と思いながら、何気なく読んでみる。

中身はよくある、イラッとした言動+ライターの所感をあわせたような記事しかし、妙な既視感を覚えた。

ライターの著名をみてみる。友人だった。私はこの友人とはWebメディア会社ライター仲間だった。年が近いこともあり、ときどきランチや飲みに行ったり、休日遊びにいったりする仲だった。

出版社と縁があり、私が転職してから関係は変化していった。在職中はよく友人の方から飲みやランチに誘ってくれていたが、お誘いがなくなった。もともと同じ会社だったから……程度の話でもあるのだが、まったく交流がなくなるのも寂しいのでときどき遊びに誘った。都合がつかないこともありすべて断られた。それ以上連絡をとることを辞めた。

それが2年くらい前。そして、記事を見つけたのが今日記事の内容は、友人と話しているときに私がしたかもしれない言動だった。

特定を避けるためにフェイクを入れるが、こんな感じ。

ーーーーーー

イラッとする言動1:道で犬を見つけたとき知識人ぶる

道を歩いていると、ときどき遭遇するわんちゃんたち。そんなとき知識人ぶりたい女子はすかさず「キャバリア・キングチャールズ・スパニエルだ!かわいい!」といいます。ほんとうに犬好きなケースもありますが、たいていは「マイナーな犬の犬種を知っている私賢い」というアピールに過ぎません。特に男性が近くにいると声もワントーンあがることも。

知識人ぶりたい女子にとって、すべて男性に「そこら辺の女の子とはちょっと違う」と思ってもらうためのアイテムであり、虎視眈々とその機会を狙っているのです。

ーーーーーー

↑のような内容が5つくらい並んでいるのだが、どれも友人の前で似たようなシチュエーションがあった。弁解させてもらうと、異性へのアピールとしてそれらの言動をしているつもりはなかった。

もちろんただの自意識過剰という可能性もある。でも、無意識のうちにイラッとさせてたのかなーと思う。

お誘いを断られてたりしているうちに「嫌われてる??」と考えていたのだが、なにかトラブル喧嘩などなかったから疑問だったが、そういうことだったら合点がいく。友だちが一人減ってなんだか悲しくなった月曜日の昼下がり。

オタクじゃなくなりました

ツイッターアカウントを消した。Pixivとか、オタク系、創作系のアカウントも以前に消してある。もう、アニメ漫画を今までのように楽しんでる場合じゃないと切実に感じたからだ。

田舎に生まれた俺は、思えば子どもの頃から本好きで、そのままマンガ好きになり、でも同人誌かには強い拒否反応を持っていたし、オタク気持ち悪いと思っていた。

その一方で、漫画アニメゲームを本当に楽しんでいた。生き甲斐だった。周りの人間がこの面白さを理解できないってことが理解できなかった。

でも、漫画アニメゲームがメインの趣味人間は「オタク」だという、そういう時代だったので、今でいう「陰キャ」として高校時代を過ごした。

大学に入って某都市に住むようになると、周りには堂々とオタク的な趣味謳歌している人たちがいた。そんな人たちとの交流は本当に楽しかった。

大学卒業して地元に戻った。自分オタク的な要素は、職場ではなるべく隠して暮らしていた。いろいろとままならない事があり、東京に出て働くことになった。

東京に出て、インターネットを本格的に使うようになった。ニコニコ動画が全盛期だった。インターネット上では、自分オタク趣味を存分に発揮できるという事に気づき

ツイッター趣味つぶやきをしたり、ペンタブを買ってイラストを書き始めてみたり。コミケにも何度か参加して、ネット上で交流がある人と会ったりして、とても充実していた。

諸般の事情で再び地元に戻った。もう、自分同級生には大きな子供がいる。俺がそういう人生を遅れなかったのは、オタク趣味のせいではなく、ただただそういう人生に興味が持てなかったからだ。

しかし、今になって、そういう人生の方が価値があると思ってしまった。素晴らしい創作物人生を豊かにすると思っていたけれど、創作物に耽溺したまま生きていくことは自分にはできなかった。

幸い、数は少ないけど、オタク趣味とまったく関係無いところで仲良くしてくれる友達がいる。そちらの方向にに進んでいきたい、と心から思う。そのために、努力し続けなければいけない。

面白い創作物にはまったく罪はないのだが、今の自分には、時間無駄に過ごしているという焦りが強くて、心から楽しむことができない。

オタク女の子恋愛したいという願望はあったのだが、俺が付き合った数少ない女性は、皆オタク気のない女性だった。自分オタク部分を隠して付き合っていたわけだが、特に問題はなかった。

自分資質問題で長く続かなかったのだが、もし上手く続いていたら、もっと早くオタク的な部分が自分から消えていったのかなあ、とも思う。

結婚を考えている彼氏との価値観の違い

彼氏は、行動力があり、その割に内面が私と一緒で根暗なところに惹かれました。

ですが、会話してると、あれ?あれ?と思うところが多い。

例えば、ドキュメンタリードラマを見てたとき

日本在住の、黒人日本人の、ハーフ女の子が、どのような悩みをもって、どう生きるかというドキュメンタリーでした。

見終わった彼氏感想は、「かわいそうだね〜〜」だった。

えええ?

「あの、かわいそうだった?生き生きしてたじゃん。私があの子なら、かわいそうって思われたくないな」

「いや〜実際問題差別かいっぱいあるじゃん。見るから黒人だしさ、かわいそうじゃん」

「それって、かわいそうって言いつつ、なんか、下に見てるみたいでやだな」

「え、そんなこと言ってないじゃん。うがった見方しすぎ」

モヤモヤ〜、 、、。

かにも、障害者ドキュメンタリーを見おわったあとの感想

「いや〜、障害者に産まれなくて良かったよね」

んんんんん??

「え、そういう趣旨じゃなくない? 障害者だろうと、幸せなことはたくさんあって、辛いこともたくさんあって、それは私たちと同じってゆう」

「え、実際のとこ生まれたかった?おれは無理かな。だって現実問題差別とかあるしさ」

「そういう考えが差別的だと思う」

気まずい沈黙

彼は、実生活なら、黒人相手だろうと、障害者相手だろうと、普通に接すると思う。差別的な態度はとらないと思う。

でも根本的に、わたし価値観がずれる。

年齢的に結婚も考えてるけど、どうなんだろう……気にしすぎ?

妻に家事育児を同じだけやれと言われてつらい

スペック

家事自分がやっているのは

妻は

という感じで分担している。

妻の仕事パート時短残業もない。自分はかなり自由に働ける環境で働いているので朝は保育園子どもを送り、夕方6時ぐらいには退社して夕方家事育児をこなし家族毎日食卓を囲んでいる。出張休日出勤などもほとんどないので休日はいつも家事育児をしている。

ただ、仕事全然忙しくないかというとそんなことはなく、家事育児が終わった後に夜仕事をすることが多い。それにより妻よりも2〜3時間ぐらいは睡眠時間が少ない。

料理や買物は大変なので家事負担は妻のほうが多いと思うし、自分はどうしても空いている時間などに仕事のことを考えてしまうことが多いので、妻のほうが子どものことを考えている時間が長いのは間違いない。もちろん全く考えてないわけではないが、割合は少ないと。例えば、子どもの服やおもちゃを買ったり、というのはどうしても自分には気が回らない。

自分としては仕事負担差し引きしてそれでよいバランスだと思っている。が、妻はそうではないらしく、家事育児もこどものことを考える時間自分と同じだけやってほしい、という感じのことをいつも言われる。

できる限りやっているつもりではあるが仕事が忙しくてな、と言うと、もう少し仕事減らせないの?という会話になる。

生活できるぐらいの年収まで減らしてその分仕事の稼働時間を減らせという要求だが、ある程度責任ある立場仕事しているので簡単に調整できないし、今はそれでもいいかもしれないけどこれからもっとお金かかるようになるんだから、ここでブレーキかけると元の給与に戻すのに何倍も大変になるのよ、みたいな話はするがあまり伝わらず、その場では一応納得したようなことを言うがまたしばらくすると同じ会話が発生する。

つらい。

魔法少女とか女児アニメ、好きなんだけどプリキュアシリーズはなんとなく機会を逃し続けていて、ちゃんと追って観たことなくて

ハピネスチャージが始まるときキャラクターを演じる声優好きな人だったからちゃんと観てみようと思った

やっぱりまっすぐ戦って悩んで恋をして友情を育んで、女の子たちのそういう姿が大好き

最初の方は楽しく視聴してたんだけどブルー様クソ男っぽいなって気付いてから今後その想像通りになったらすごく辛いなと思ってみるのやめてしまった

割とすぐみるのやめたかブルー様に一体どんな歴史がありどういう理由女の子プリキュアにしてたのか分からずじまいだけど

あと似合わないお化粧ももっとかわいくできないのかともやもやしてしまった

のしいところもたくさんあって愛着の湧く登場人物ばかりだったのにな~

ただただ対象年齢じゃないんだろうな。と思うことにした

好きな声優さんかわいいプリキュアになって活躍してたのにな……

好きな声優さんたちの作品最後まで観れなかったのがつらくてその後のシリーズも一話たりとも観れていないのが今でも寂しい

anond:20180219002627

どう考えてもブスな女の子にわざわざマウンティングしにいくのは"コミュ力"なんでしょうか

さびさに少しだけODしてしまった

あのね

人が人を好きな気持ち性的欲求を隠さな女性が好きなの

でもね

それの対象男性だと、何故かしっくりこないの

それはきっと自分がどこか男女の恋愛全般にしっくりこなささを感じていて

のしっくりこなささの根底には男性性への嫌悪があるんだよね

なんで自分は男なんだろう? 気持ち悪いなあ。嫌われるよお。って。

でも当たり前だけどその男性性を受け入れられる女性もいるし

その男性性を女性に受け入れてもらえるよう加工できる男性もいるんだよね。

結局、主語は「男は気持ち悪い」ではなくて

「僕は気持ち悪い」に落ち着くんだよ

その

愛海ちゃんが女の子の柔らかい部分が好きだと主張して

それを応援するたびに

なんかこう仮に愛海が目の前にいたら

きっと自分のことを好きにならないのと同時に

嫌悪もされないだろうなあという

なんていうの

ここが難しいんだけど

難しい

難しい

辛い寂しいひとりいやだ

東京いきたくないなあ

2018-02-18

anond:20180218173209

増田もかなりこじらせてるのが行間からにじみ出てるな。

「知らないで親切にした」ってまるで損したみたいに言ってるけど、初対面の人に親切にするの別に得するためじゃないだろ。

「「あの人いつもそんな感じだよ」と言われた。先に言ってほしい。」そうやって人の悪口を先行させるんですね。わかります。女が損しないためだもの悪口必要悪

会社飲み会のあとの二次会で、自分転職を考えているということを相談」これも自分さえよければ感が隠せない。

バイト先の非モテ正社員」「基本人畜無害だったので特に女の子バイト露骨に避けてたわけじゃない」見下し感がハンパないですな。自分の好きなモノ以外は、無害ならば存在していてもギリギリ許す。キモいけど表面上避けてないんだから、すごく譲歩してやってるよね。

結婚意識している彼がいるというので一度会わせてもらった」これは値踏みのために、元増田リクエストしたんだよね。幼馴染は生涯のライバルマウンティング合戦で寝首を掻かれるわけにはいきません。

子供の時から親類のイベントで顔を会わせててそれなりかわいがってもらっていたオッサン」これだけは増田がかわいそう。てか、こういう人間関係構築法が増田遺伝してると思う。

「実は痴漢擁護派だった自分父親高校生痴漢にあって泣いて帰ってきた日に、ヨシヨシと慰めてくれたんだろ。まともじゃん。社会人になってからのは、被害当日じゃなくて後日帰省した時。最初は大変だったねとか相槌を打っても、長時間になればウザくなってくる。周囲の反応を気にせず気分よく演説してたから、「いきなり「お前にも責任がある」と言われた」って感じるんだよ。

「女を心の底では憎みきっている底意地の悪い男」を引き寄せてる、てか、そう仕向けてるのは増田のような気がする。増田のほうこそ、目印をつけておいてほしい。私はお近づきになりたくない。

プリパラめちゃくちゃ可愛かった

20過ぎた女オタクなんだけど、この前友達と小さい遊園地に行った時にゲームコーナーの中にプリパラがあって、元々名前は知ってたかネタ的にやってみるか、という流れになった。

めちゃくちゃ可愛かった。

キャラクター可愛いし歌も可愛い可愛い服着て踊るのも可愛い

マイキャラなんて作った瞬間に愛着が湧いてしまった。

親友とも思えるような友達ときゃいきゃいしながらやったのがまた楽しかったのもあって、結局二人して5回ぐらい遊んでしまった。

私は子供時代ゲームセンターで遊ばせてもらったことが殆ど無かった。

兄が二人もいるからか、自分自身男児向けのアニメとかの方がよく好んで見てたし、当時流行ってたラブandベリーとかもやったことは無かった。

から自分はそういう「キラキラふわふわ可愛い」みたいなものあんまり興味が無いんだと思ってた。

自分もちゃんと女の子だったんだなあ、と思った。

俺がフィギュアスケートやってたら

羽生くんにも会えただろうか。

大学時代フィギュアスケートをやってる1個下の女の子が信成と知り合いだと言っていた。

山形県鶴岡市住民だが、加茂水族館は『ゆるゆり』のなもり先生コラボしてほしい

うちの市には「鶴岡市立加茂水族館」という水族館がある。

https://kamo-kurage.jp/

裏日本辺鄙水族館と思うなかれ、50種類以上のクラゲを展示してたり、直径5メートルミズクラゲ大水槽があったり、売店でクラゲアイスクラゲラーメンクラゲまんじゅうが売っているなど、クラゲに特化した水族館だ。

県外からも多くの観光客が来てくれるスポットとなっており、うちの市では羽黒山あつみ温泉と並ぶ貴重な観光資源となっている(PR)。

そんなクラゲに特化した水族館なんだからクラゲ自画像として使っているゆるゆりなもり先生コラボしてほしい。

かわいらしい女の子イラストとか、かわいらしいクラゲイラストとかなもり先生に描いてもらって、それをグッズにすればそれ目当てで加茂水族館に来てくれる人増えると思うんだよな。

ていうか自分なもり先生ファンからそういうグッズ出たら絶対買いに行きます。お願いします。

まあ、うちの市はゆるキャラとかもいないしそういう取り組みに期待するのはちょっと難しいのかなあとも。

かつて、痴漢オタクにとっての憧れだった

当然、自ら痴漢をするのが目的ではない

 

痴漢をする卑劣な男を成敗し

その女の子と仲良くなると言う

プチ騎士道ファンタジーが我々の憧れだった

 

今のオタクはどうだろう?

痴漢被害を訴える子がいれば

捏造だ!」「誘うような恰好が悪い!」と喧伝

群れるだけのファンネルどもをけしかけて

アカウント停止まで追い込む

 

なんと浅ましい

理想を失った連中の多いこと

こじらせていない男を見抜く難易度が高すぎる件

よく「そんなクズ男を選んで付き合った(結婚した)お前が悪い」的な批判をされるを見るけど、実際こじらせた男を見抜くのって難しいと思う。

私自身も知らないで親切にした男から突然豹変されたことが何度かあるし、そうした愚痴をこぼすと「自己責任」と批判する人が一定数いる。

個人的経験として今思い出せるものだけを挙げるとこんな感じ。

尊敬できると思ってた大学の先輩

同じサークルにいたちょいイケメンな線の細い感じの先輩。

猫好きで一人暮らしアパートでメス猫を飼っていた。宅飲みで何度か他の人と一緒に行ったときニコニコと猫を抱いていた姿が印象的だった。

卒業後数年した時に同じサークルにいた女の子結婚報告をして、妊娠たか会社最近休職したと報告をしたら豹変

「暇で暇で仕方ないでしょ」

「いいよね。女はそうして仕事から逃げられて」

その他色々と専業主婦下げ発言を連発して汚い酒の飲み方をしていた。その場に参加した女の同窓生はもうその先輩とは会ってない。

地元合コンで紹介されたヘラヘラ

地元帰省した時に親から数合わせで来てほしいと言われた合コン婚活?)イベントで隣になった男。

初対面からヘラヘラした笑顔が変化しないのが特徴的だった。

最初は「何の仕事してんの?」「そのアクセサリーって(某ブランド名)のだよね」などとこっちに興味があるかのように話しかけてきた。

素直に答えていたら突然豹変して「どうせ男に買ってもらったやつでしょ」「大学出てそんな仕事ってみじめだね」「男に貢がせるためにここに来たんでしょ」とか一方的に言い出した。

すぐに席を変わってもらったけど、あとからその人を知ってる地元の友人に「あの人いつもそんな感じだよ」と言われた。先に言ってほしい。てか、女下げたいのになんで合コンイベントに来るのかわからない。

自称独身貴族謳歌していた40代

職場の先輩で、40代だったが若い見た目をしていてそこそこ女にもてる(自己申告)の人。

仕事は真面目だし教え方もうまかったので職場では尊敬をしていた。

会社飲み会のあとの二次会で、自分転職を考えているということを相談したとき豹変

「女はすぐに仕事が見つかっていいな」「面接担当の人(男)に胸とか見せればすぐに採用されるんじゃない?」「女はそうして気軽に職を変えられていいよな」というようなことを言い出した。

そういうことを言う人と思っていなかったので何を言っているのか最初理解できないほどだった。

バイト先の非モテ正社員

学生時代にお店でバイトしてたとき新卒で配属された正社員の男。

仕事では正社員2人が交代で、バイトは全員で10人くらいが4~5人ずつシフトに入る感じ。

年齢が近いこともあって最初バイト同士の話によくそ正社員も加わってはいたけど、なんか陰気で話してて少し浮くなって感じがしてた。

でも基本人畜無害だったので特に女の子バイト露骨に避けてたわけじゃない。

バイトの中で可愛い目の女の子が別の男性バイトと付き合い始めたらしいことが噂になり始めたとき豹変

あいつらできてんだぜ」「これから彼氏んちでやりまくるんだろうな」「バイトに男作りに来てるとか、下品だな」とか、汚い言い方で女の子を下げまくってた。

特に「突っ込まれてる」とか「くわえたのかな」とかシモ系の言葉遣いがすごく汚かった。

からの友人と婚約してた年上

幼馴染の女の子結婚意識している彼がいるというので一度会わせてもらった。

三人で一緒に食事をしてそれなり楽しく会話をしていたんだけど、友人が席を外したら突然豹変した。

「女同士で紹介とか意味がわからない」「今日しかたなく来た」「こうやって値踏みされるのは正直不愉快」「さっさと帰りたい」とかうわ、裏表あるわこの人と思うような発言をする。

その後私と幼馴染が会う約束をしていたりすると突然ドタキャンされることが続いて、あとから理由を聞いたら「彼がどうしても行くなって言うから」というようなことを言われた。

事情は深く聞かなかったが、その後その人と幼馴染は結婚しなかった。

理解ありそうでなかった親類のオッサン

子供の時から親類のイベントで顔を会わせててそれなりかわいがってもらっていたオッサン

中学生くらいになったときから大人になったね。もうすぐ嫁入りか?」とかやたら結婚結婚みたいなこと言われてたけど、特にその時は気にしてなかった。

それが20歳を過ぎたあたりから「早く嫁に行かないと嫁き遅れるぞ」「若いうちに男を捕まえておかないと後悔するぞ」という言動が増えていく。

最近では「仕事が可愛くないから男が捕まらない」「男に愛されてないと女は干からびる」「男のいない人生は寂しい」とか言われるので極力顔をあわせないようにしている。

実は痴漢擁護派だった自分父親

一番ショックだったのがこれ。

高校生くらいの時に初めて痴漢にあって、パニックになって泣いていた時にはそれなりに怒ってくれていると思っていた。

しか社会人になって痴漢にあって、その時には気も強くなっていたので痴漢は最低だというようなことを実家に帰った時にこぼしていたらいきなり「お前にも責任がある」と言われた。

男はそういう生き物だから仕方ない、お前が注意すれば防げる、高校生の時は世の中を知らないので仕方ないがお前はもう社会人なんだから自衛できないのはおかしいという話しだった。

それと「いい年して痴漢にあったとか言うと周りがおかしな目で見るから黙ってろ」とまで言われた。もうね。

かにもあった気がするけど強烈なのはこんな感じ。

一見人当たりがよくて親切そうな男が突然豹変することがよくあるので、正直女を心の底では憎みきっている底意地の悪い男を見抜くのはかなり厳しい気がしている。

anond:20180218134848

男性女性一般」について好意的であるか驚くほど憎んでいるかのどっちかだけど、

その女性一般」というのが全く一般ではなくて、一定レベル以上の可愛い女の子美人に対してなんだよね。

容姿の醜い女については、女以前に人間として認識していない。

一定レベル容姿以上の女だけが「女」として認められるということ。

女性は「男性一般」を微妙にそこそこ敵視しているんだよね

から見た男性一般」は、上から下までの全ての男が対象から

ツイッター猫カフェ検索すると

プリクラでキメ顔の若い女の子がズラッと出てきてお前じゃねーyって思ったけど

イベント名やキャラ名で検索すると

オタクガチャ結果のスクショがズラッと出てくるのも糞だなと思う

女の子文字って

わかるよね?

丸文字じゃなくても

なんで

anond:20180218101707

いや、そもそも相談件数自体が圧倒的に男の方が多いんだよ。

もちろん性産業のような社会セーフティネットに軽度知的障害発達障害女の子が多いのも事実だけどね。

子どもができたら美咲って名前にしたい

女の子だったら美咲にしたいな。

2文字名前もなんかいいんだけどね。呼びやすいし。

女の子しか乗れないはずのマシン世界でただ一人俺だけは乗れるのでパイロットの娘たちとハーレムで最高www」とか

神様ミスのおかげでこんなにチートスキルをもらったのでモテモテですwww」とか

スマホを持っていたら異世界の姫様がパンツ見せてくれたったwww」とか言われると

「んなわけあるか説得力のかけらも感じねえぞ二次創作擬きはまとめて死ね」としか思わないのに


「指は四本、手首をこのように返して放つのです」っていう超次元インストラクションだけで

自分だけじゃなく説明聞いた相手まで矢を三本同時撃ちできるようになる流れを見せつけられると

理屈のわけのわからなさは前述の連中と大差ないどころかひどさではちょい上くらいであるにもかかわらず

「そうか!それがコツだったのか!流石はバーフバリ!!」と思ってしま不思議

今までの罪を懺悔しようと思う

私は今、高校2年生の男子高校生だ。

小学生の頃から、人が隠しているものを除き見るという事に強い性的な興奮を覚えていた。

1番古い記憶だと、小学六年生の時、水泳の小さな大会に出たとき、ちょうど1人になったので、4個も下の女の子カバンをバレないように漁り、水着を触ったこともあった。あと、これはみんなやっていることだろうが、クラス全員のリコーダーを舐めた。

中学に入ってから、私は生理用品を漁ったり、女子カバンを漁ったり、女子スマホを盗んだり、体操服を漁ったり、1番ひどいのは放課後残されていた女の子水泳カバンを持って帰り、水着を堪能して、そして、胸のところに入っているパッドを切り取り、翌日休み学校に何食わぬ顔で返したこともあった。

一度生理用品漁りがバレかけて、親を巻き込んだ大変なことになったが、私は嘘泣きをして、親や先生に信じてもらい、なんとかその場を切り抜けた。それ以降私の心はもうほとんど壊れているように感じる。

そして、高校生になって私のその異常性癖は抑えられていたのだが、高校一年の終わりの方に、スマートフォンによる盗撮に目覚めてしまった。

私はクラスメイト全員のスカートの中を撮った。バレなかった。また何食わぬ顔で過ごしていた。

私は他のクラス女の子に手を出した。バレたらしい。しかし、あくまで噂、というレベルでとどまっている。

私はこの性癖を、本当に心から捨てたい。嘘をつかなくて良い人生を歩みたい。こんなことを自分で言うのもおかしいが、私はこの性癖以外、ほかに社会的に異常な部分はないと思っている。

彼女もいれば、友達もいる。ただ、この隠している部分を見たいという欲求が異常に強いだけなのだ

この性癖を捨てたい。何度も努力した。でも捨てられない。どうすればいい。誰がわかってくれるというのだ。どうすればいい。

一人の女の子を一途に思い続けたが何も得られなかった

いろんな女にコナかける方が正解なんだね

ハハッ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん