「教員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 教員とは

2018-06-19

anond:20180618141534

「60分のテストを60分で解ける人」は能力普通なちゃんとやる人

「60分のテストを30分で解ける人」は有能なちゃんとやる人

「60分のテストを90分で解ける人」は能力に劣るけど必要な点数をちゃんと取る人

学校教師の現状は「60分で解くテストだけど1分でやってね、あとは個人でどうにかして」という感じ。

「1分でできるとこまでで提出」があまりやる気ない教員

過去に受けたことある気がするから解かない(0分)」が腐った教員

サビ残59分掛けて解く」が努力する普通教員

サビ残89分掛けて解く」が努力する能力に劣る教員

サビ残は29分でできる有能でも、59分掛ける普通でも、89分掛ける無能でもが潰れちゃう可能性がある。

2018-06-18

anond:20180618100521

こういう思考教員を苦しめるのだろうなぁ

anond:20180618013333

学校修学旅行で「ヘアドライヤーヘアアイロン」などを禁止するのは、子供たちが一斉に使用するとまず間違いなく電気の容量がもたないせいです。それなりの格のホテルでさえそうなのですから、まして民宿などに宿泊する際に許可するのは無理です。しかし逆に言えば、それは単に「電気の容量」「旅館の都合」の問題に過ぎません。倫理的不道徳とかではなく、あなたがそれを「悪いことをした」と気に病む必要はありません。どうか気に病まず。あなたあなたにできる精一杯で自分を守ろうとしたに過ぎません。

その上で、対応方法があったとすれば、ここに書かれたような内容を、親ごさんから学校に伝え、相談できていたら…ということでした。もしそうしていれば、あるいは「教員が持ち込み、教員の部屋でこっそり使わせる」などの対応をすることもできたかもしれません。しかし、それ自体が当時のあなたには難しかったのだろうと想像します。

幼かったあなたにとって、引っ越しを早め、卒業アルバムにも写りたくない…というのは相当のことだったのでしょう。周囲の大人もその前の段階で配慮してあげられればよかったのでしょうが、内心の、コンプレックスに関わることというのは、なかなか踏み込めない部分でもあります指導した教員100%悪いとも言いづらいところがあります。結局、どうしようもなかったのかもしれません。

ただ、今後もしあなたがそういうことで困っていそうな子供に関わる機会があれば、あなたがその配慮をできる大人になってあげていただければありがたいとは思います自分も(もっとささやかな似たようなケースで)、周囲から顰蹙を買いながらも自分の今となっては「そんなことぐらい」と思うようなプライドを頑なに守ろうとした記憶があります。そんなことを思い出しました。

anond:20180311234342

元増田

久しぶりに開いたらコメントを頂いていたようで有り難い。

以下では近況を述べる。

まず私はM2になって就職活動は終わった。

最近指導教官事務作業に忙しく、「半年振りに論文を読もうと思ったら全然読めなくてビビった」等と言っていた。

論文を書かなくなる教員が居るのは仕方ないと思っていたが、それなりに若くして読むことすら困難になるとは驚いた。

https://anond.hatelabo.jp/20180615083205 でも述べられているように、大学教員への負担はどうしようも無く増えているようだ。

やはり就職選択肢は正解だったように思う。

さて、一番の問題B4に優秀な学生が入ってきた事である

彼も当時の私と同様に指導教官をまだ信じている様子である

私と同じ道を歩かぬよう実情を伝えたいのだが、まだ話せて居ない。

院試が近いため伝えるなら早い方が良いのだが、伝えた所で1年間は今の研究室を離れられないので不安は残る。

大学受験を考えている様子も無く、今言っても遅すぎるのかもしれない。

特にオチも無く日記は終わる。

2018-06-17

教員つれーわ、向いてねえや

デモシカ教員になってみたけど

バカな生徒が許せない。「どうしてこの程度のこともわからないの?」って心の叫びが止まらない(口では言わない)。酒とかタバコとか、やるなら勝手にやれ。ただし見つかるようなアホはやるな。こっちの仕事とか会議が増やすな。

教育に興味が持てない。会議で「教育的配慮」とか「生徒のため〜」とかいって無限仕事が増えていくのが耐えられない。あほくさ。生徒とかどうでもいいわ。定時に帰らせろ。

体育系はくたばれ。タダ同然で土日は部活に潰されてんだぞ、耐えられない。気合根性だけでのし上がった教員は脳ミソ空っぽから部活そいつらで勝手にやれ。若手を巻き込むな。センパイに媚びへつらい後輩をいじめる生徒はさぞかし出世すんだろうな。ちゃんと土日は休むという習慣を学生時代につけないか過労死社会になんだよ。

教員つれーわ、向いてねえや

もう辞める

anond:20180616051216

え? ブコメ見てると、大学教員先生と呼ぶことに異論が出てるのでビックリ教授だろうが准教授だろうが(はたまた小中高の教諭だろうが)、先生先生だろ。

僕は京大で院まで行ったけど、やっぱり先生と言ってたぞ。

それとも、なんだ、こう言うのって大学によって違う文化があるの?

2018-06-15

国立大学の潰し方 (7つの行程)

日本国立大学は次のようにして潰すことができる。

1. 国の庇護から追い出す

国の手厚い保護があっては潰すことができない。

まずは、国から切り離す必要がある。

これは2004年独立行政法人化で実現した。

これが、国立大学を潰すための第一である

2. 継続的予算を減らす

大学が、潤沢な予算を持ち続けるようでは潰すことができない。

継続的予算を減らし、弱体化させる必要がある。

これは、運営費交付金を年率1%継続的に減らすことで実現する。

現在も順調に進行中であり、独立行政法人化後、10%近くの減額を達成している。

運営費交付金は、人件費施設維持費を含む大学運営の基盤となる予算であるため、10%の影響は甚大である

大学の弱体化は着実に実現できている。

3. 争わせて疲弊させる

国立大学間で互いに争わせることで、各大学疲弊させ、弱体化を加速させる。

取り上げた運営費交付金競争資金に振り分け、各大学間で申請作成評価報告書作成のためのリソースを浪費させる。

競争資金の増枠は、大学関連予算全体は減っていないという口実にも使える。

これは現在実施中であり、次項に述べる「研究以外のことにリソースを使わせる」ことによって効果を最大化できる。

4. 研究以外のことにリソースを使わせる

国立大学は、もはや競争資金によって限定される用途を選別する余地も無いほどに追い詰められている。

この事実を利用し、競争資金用途大学改革受験制度改革組織改革グローバル化などの名目で、研究以外の用途限定する。

日本から論文数が減少し、この成果は着実に上がっている。

5. 研究者の発想による自由研究を行わせない

学術の発展に不可欠な、幅広い研究実施を防止するために、「選択と集中」によって特定研究のみに取り組ませることを行う。

特定の分野のみに大型予算措置し、それ以外の研究を極力排除する。

6. 大学間の連携を絶つ

国立大学は、国立大学協会によって連携を保とうとしている。

国立大学の団結を阻止するために、これを早めに絶つ必要がある。

国立大学と言っても、都心地方では大きく事情が異なることを利用し、大学を「地域・特色・世界」に3分類し、互いの目指す方向を分散化させる。

国の補助も分類ごとに分け、さら指定国立大学など特定大学のみ扱いを別にするなどして、大学間の協調積極的に乱す施策実施する。

7. 民間企業から教員理事を送り込む

民間企業の実務者および経営者層を、積極的国立大学に送り込み、大学意思決定を混乱させ、最終的には傀儡とすることを目指す。

バブル崩壊経済停滞を実現した主体である日本経営思想を埋め込むことで、国立大学においても崩壊を実現する。

最終工程

上記方策により国立大学の弱体化を実現した際には、すべての責任国立大学自身に負わせ、

高らかに国立大学を減らすべきである」と宣言する。

(「国立大の数を適正に」経団連提言 - 産経ニュース https://www.sankei.com/economy/news/180613/ecn1806130036-n1.html )

2018-06-12

日大問題民主主義の戦いであ

日大問題は、田中理事長の一元統治体制根本的な原因がある。

そう教職員組合が会見で批判した。

 

しかし待て。

それならどうして、そのような独裁体制を成立させてしまったのだ?

 

その体制が完成しようとする間際に、これを批判した人たちもいたのだろう。それくらいの想像はできる。

しかし、そのような人たちが言論によって多数の支持を得て勢力形成することができず敗北した。これもまた想像できてしまうのである

 

戦前ドイツの例を思い浮かべると、ヒトラー率いるナチ党独裁体制は、その言論によって民主的に多数の支持を得て、正規手続きを踏まえて成立したのであった。

日大田中理事長独裁体制も同様であったはずだ。

まり、当時の体制成立に反対した教職員たちは言論によって敗北したのだ。

 

ならば、今の体制を打ち倒すのは、おなじく言論によってでなければならない。

知を司るはずの大学教授が、これほどまでに世論追い風を受けてでなければ、体制に立ち向かえないとは悲しい限りである

 

教職員組合の会見では、この機を逃せばまた敗北してしまうという危機感がひしひしと感じられた。

そこでは、報復人事を恐れる声がまだ職員の間にあることに触れていた(もちろんこれは世間向けのアピールの側面が多分にあるが)。

ここにきても報復人事を恐れるからこそ団結しようという発想に到らないとは、これは民主主義の敗北である

軍部が台頭し、誰もそれを止めることができず、あれよあれよというまに戦争が始まりアメリカに敗北した、かつての日本の姿を見る思いだ。

 

自分には権力に刃向かえるだけの力がないと思いこむ教員が、民主主義の何たるかを学生に教えられるとは思えない。

民主主義を守るために、日大教員たちは戦うべきである

 

 

いま勝たなければ、いつ勝てるというのだ。

2018-06-11

「6割の中学教員過労死ラインを超えた残業をしており~」とかいツイート

唐突に、建設業と比べてるのは、職業差別ですよね。

仮に労働時間比較するのなら、過労死が多い運輸・郵便業と比較するべきだし、こいういう輩は職業差別自覚することもできないんだな。

道路工夫が被差別職業だとして

道路工夫はまだデザイン面とか環境面とかに手出していけば改善余地がある

もっとどうしようもない職業

教員なのではないか

anond:20180611211837

塾講師10の子供を持つ親が、10代との会話で使用する場合は許される

教員キャラによっては許される

2018-06-10

是枝監督の件は多くの人に誤解されすぎ

http://www.kore-eda.com/message/20180607.html

Twitterとか見ると変な部分に突っかかって是枝監督に怒りをぶつけてる人が多い。

多分元の文章をまともに読んでないせいだと思うので、きちんと整理しておきたい。

祝意」ってなに?

一般的には「喜びを祝う気持ち」のことを指すけれど、文脈を見ると

国会参院文科委員会野党議員が「(是枝に)直接祝意を表しては?現場をとても鼓舞する。総理に進言を」と文科相に問いただしているやりとりを目にし、更にその後「林文科相文科省に招いて祝福したいという意向を示した」と伝えられたとNHKニュースで目にしました。

実は受賞直後からいくつかの団体自治体から今回の受賞を顕彰したいのだが、という問い合わせを頂きました。有り難いのですが現在まで全てお断りさせて頂いております

まりどこかに呼ばれて表彰、みたいなことは断るよ、ってだけの話なんだよね。

是枝監督は「おめでとう」を受け入れられない人?

デマ

実は受賞直後からいくつかの団体自治体から今回の受賞を顕彰したいのだが、という問い合わせを頂きました。有り難いのですが現在まで全てお断りさせて頂いております

顕彰の問い合わせ」に対して「有り難い」って書いてあるじゃん

何を勘違いしたのか

から仕送り貰って、大学卒業したり優秀な成績残した時に親からおめでとうと言われた際に「親から言葉は受け入れない」とか言ったら批判されるよね。

からの「おめでとう」を断るのがカッコイイとか、それが許されるのは反抗期まで。 成人でもみっともないと言われるのに、還暦近い人がそんなの言うとか流石に度を越している。

から給料貰っておきながら、国家も歌わず日の丸に敬意を示さないどっかの教員連中も同じ精神構造なんだろうね。いつまで経っても反抗期の子供なんだよ。

ママからのおめでとうを受けたらマザコンと思われママの言う事何でも聞くと思われるのが嫌だから、って感じですかね。


こういう感じで、ツイッター上は変にひねくれた発言が多い。

親と子供関係に例える人なんか特に多いが、その例えは明らかに間違っている。

文化庁は親ではないし、お金の出処は税金または文化庁への寄付であって"親"が汗水たらして得た金ではない)

から何らかの助成をもらっている人間が、公権力批判するのはいけないこと?

まず、「告発目的とした映画ではない」と発言していることは知ってもらいたい。

この「公権力批判」というもの。人によって想定してることがぜんぜん違うんだけど。

公権力のもの否定する」というようなアナキスト思考ならともかく、「社会問題点を指摘する」レベルのことは独裁政権以外なら誰だってやっているよね。

以下の文にあるように、是枝監督が「映画を撮りながら考えていたこと」は「それほど目新しいものではない」。

単身者孤立」とか「自己責任論」とか、多くの日本人がすでにテレビ新聞ネット上で共有している。

助成金もらっているからってこのレベルのことも言ってはならない、なんてことはないはず。

取材の中で「何故社会からこのような“不可視の”家族が生まれると思うか?」と作品の背景としての社会的、政治的状況を聞かれた。その告発目的とした映画ではないことを前提に自分の考えを述べた。あくま私見としてではあるが。今回僕が話したのは「共同体」の変化について、であった。日本地域共同体が壊れ、企業共同体が壊れ、家族共同体三世代が一世代単身者が増えて脆くなっている。この映画で描かれる家族のひとりひとりはこの3つの共同体地域」「企業「家族」からこぼれ落ち、もしくは排除され不可視状態になっている人たちである。これが物語の内側。そして孤立化した人が求めた共同体ひとつネット空間であり、その孤立した個を回収したのが“国家主義的な価値観(ナショナリズム)であり、そこで語られる「国益」への自己同一化が進むと社会排他的になり、多様性を失う。犯罪社会貧困が生むという建前が後退し、自己責任という本音世界を覆う。恐らくあの「家族」はそのような言葉視線によって断罪されるだろう。…ということも話した。これが背景。これは『映画を撮りながら考えたこと』という拙書でも既に述べている考え方である。まぁそれほど目新しいものではないだろうことは自覚しているが。

http://www.kore-eda.com/message/20180605.html

2018-06-09

anond:20180609133421

俺の知性が低いのは事実だけども

まあ確かに家庭教育が昔にそんなあったかと言われればなかった気もするけど

自分から勉強しなきゃいけないって思ったのって受験とき大学単位ときだけだしなあ

実際勉強してるかってその場の生徒とか教員空気みたいなところ大きくていまいち分からん

2018-06-06

どうぞお納めください

🍓 山本裕子 Assoc. Prof. Dr. YS Yamamoto 🍓

@yamayu_lab

研究者^H^H^H^H教育者兼2児の母。今年は研究邁進するぞ!! 現在の主な興味:①どうやってコンスタント研究費を稼ぐか。②アカデミック・ハラスメント日本研究力に与えている負の影響の調査、他。ワンオペ育児大学教員職の両立および更なる発展性についても研究しています。yamayuあっとhttp://jaist.ac.jp


@yamayu_lab

これなんですが、事実として私、福島原発事故があった少し後に関東実家に帰った時、いきなり鼻血が出て驚いたんですよ。普段は全く鼻血など出ないのに。。 デマではなく、事実を述べているだけな可能性はないでしょうか。メカニズムがどうのとか、そういうのはまたちょっと別の話ですが

@yamayu_lab

6月4日

人によって感受性が異なる可能性はありますよね。

@yamayu_lab

6月4日

こういう状況で鼻血が出ました、という事実を言っただけなんですが。。。

@yamayu_lab

3時間3時間

皆、大丈夫か……? 因果関係と単なる事実の違いが分かっていない……??

@yamayu_lab

3時間3時間

そこに関連性や因果関係見出したのは、読んだ方の方だと思うんですよね。ただ、感情物事を語っている人がこれほどまでに多くて、その方々の大半がそれに自身では気がついていないのだろうなということは分かりました。orz この話はこれでおしまい

anond:20180605141745

教師教師だわ。つうか小中の教員で優秀な人ってまずいないよな。

ろくに教育受けてこなかったやつがなる職業

記事下に追記あり)

創作です)

自分教員になって早いもので十数年。今年で担任を持つの10回をこえた。

自分が生徒だった頃の目線を忘れたくないという自負があった。生徒もよく懐いてくれた。

まりの忙しさに引いたこともあるが、頼りになる先輩教員の元で授業・部活雑務ガムシャラにこなしてきた。

しかしここ2年は自分の腕に、というか今後教師を続けられるか自信がなくなった。

授業崩壊だ。いや、1人の生徒が原因なのだ。全体で確認したルールを一切無視して行動する。自分の中にルールを決め込んで押し通す。

可能ならばより自由に、時間の許す限り対応はしたい。

しか集団生活であり、30数人に対して1人の教員が行う授業の進度を保つためのルールだ。

合理性があり、教員が生徒にそれを押し付けて苦しめたいためのものではないのだ。

1人の独自ルールが、他の生徒の授業を受ける権利妨害することは許されない、ということが何度説明しても理解されない。

どのような方法アプローチしようが受け付けない。もう自分には手に負えなくなってきている。

その生徒1人が守れないでも許されるものが、どうして全員守らなければいけないのだろう。

クラスの生徒の目が曇るのがわかる。

今日、ある件でその生徒の面談があり急遽保護者も参加した。

日々の生活態度を伝えたが、その生徒に対して行動を咎めることはなく問題行動の解決のためにを考えるではなく、取られた処置は不当と伝えてきたのみであった。

絶望的と言える。親からはこの態度を改めるよう家での指導は期待できないようだ。

クラスをまとめられないことで度々校長主任とは話し合うがもう限界かもしれない。

ーーーー




(ここから追記)

例の記事読んで、教員だっていっぱいいっぱいになってると思って書いた。

個人的には親が放置気味に受け取れた、あと(自分もそうなんだけど)その子供が発達障害持ってる挙動が多く見られるから相談センターにぜひ相談してほしいと思った。

高校生義務教育ではないから、他の生徒の迷惑となる場合は授業出なくていいと思うんだけど。

id:aridehanai 「ぼくのりそうの範疇のおきゃくさん」とかバカにしてるけどよく読めよ。

他の人間の授業受ける権利侵害してるのは義務教育以上ではおきゃくさんでなくなるんだよ。

2018-06-05

専門学校教員してたとき

九九もできない

句読点もかけないってのが一定割合でいた

小学生用のドリル渡してやったよ

教師クズが多い

教員だが教員には本当にクズが多い

授業では天皇

授業中の生徒の生殺与奪権を握っているから好き放題できる

1年めのペーペーだとしても授業中は天皇

生徒は生徒で先生に従うものと教えられているので

多少のおかしいことでは従ってしま

結果、自浄作用のない教員はどんどんつけあがってしま

授業は聖域

授業中は他の教員見学することはないのでやりたい放題

たまーに授業研究とかあるけどやる気がある教員しかやらない

進学校以外は成果を問われるわけでもなし

首にならない程度しかやる気の無い教員はいくらでもいるし

それをとがめ空気でもない

定期的な転勤

その地域1番の部活指導をしているとかよほどの事情がないと

公立校は約3年周期で転勤する

業者との癒着を防ぐという意味もあるらしい

中途半端になるので思い切った改革なんてできないし

結局は前例主義になる


民間では通用しないクズばかり

ま、民間で求められるのとは違うスキル必要から

anond:20180605160301

フリーランスSES請負契約から成果を定義できないのならコスト制御できないぞ。

高プロコスト制御するためのメソッド。それが運用されている代表例が教員。そゆこと。

2018-06-04

昨今話題主席指導主事

主席指導主事校長経験がある教員籍の教育委員会職員の職名だったから、

当該校長よりも格が上のような気がする。確か↓のように進化(?)したような。

指導主事

学校現場教頭

主任指導主事教頭経験有り)

学校現場校長

主席指導主事校長経験有り)

指導主事をやらない教頭校長大勢いる。

指導主事教育委員会とかで働く場合の職名なので。

大学事務愚痴

Twitter教員が「事務に言われて一番衝撃的だったのはそんなに自腹切るの嫌なんですか」みたいな話をしていた。それに「事務も自腹で事務用品払えば」みたいなクソみたいなリプが付いていた。

もちろん、業務での出張で自腹を切ってもらう自体は避けたい。避けたいけれども、大学お金がないし、手続きが小うるさい(いつになったら河野太郎効果は来るんだろう)。

大学の経費の目的は大きく分けると4分類できる。教育経費、研究経費、管理経費、(あるところは)病院だ。その中で最初に削られるところはどこか。有能な経営陣のみなさんはまず管理経費から削ろうとするだろう。実際、管理経費が削られたことで、外部委託事業非常勤職員が増え、大学が大量の低賃金労働者を生み出している(労働問題の話をしている大学先生はお願いだから自分の足元をまず見て欲しい)。

事務が少ない給料から自腹をきる、なんてこともままある。経費がないから、出張行ったのに一部しかでないこと、接待用のお茶お菓子などを職員の懇親会費で出していることだってままある(大学が認めてくれないから)。経費申請しても通らないから、自分ちょっとした備品を買って来ることもままある。

もちろん大学先生研究運営においては似たり寄ったりだったりするし、事務だけ無理してますよーなんてとても言えないけど、多分「そんなに自腹嫌なんですか?」って言葉は、事務も含めて日常的に自腹当たり前みたいな不健全環境常態化して出てきた言葉じゃないだろうか。

もちろん大半の先生はそうした事務の窮状を分かっているから、気を遣ってくれるのだけど、校務をしてない先生に限って事情を知らないので、Twitter事務が酷いアピールをしたがる。

こちだって先生の校務負担を減らそうと、事務である程度絞って整理するのだけど、何せ裁量権がないので最終的には先生判断を仰がないといけない。

なので、どうしても校務負担はお願いしないといけないのだけど、校務は役職を逃げ回る、仕事をやらないことで(結局他の先生がやることになる)、結構逃げ回ることができる、

なので、校務をしてない先生というのはある程度はいて、そういう先生に限ってTwitter(ry

こんなところで愚痴っても仕方ないのだけど、Twitter大学運営について適当なこと言ってスノッブ院生からチヤホヤされている先生みるとホントに嫌な気分になる。

anond:20180604153145

海外ニュースだとたまにあるね。

教員が生徒に手を出したみたいな。

専門学校教員してたけど

全日制以外の高校卒業、もしくは高認学生

中退率が全日卒業学生に比べて高いよ

ひどいのになると集団の場が苦手とか言って入学式だけしか来なかったのもいた

社会に馴染めないというのはそういうことなんだろう

2018-06-03

anond:20180603170844

やめちまえよ

俺は中学生相手塾講師になった

男に興味持ち始める年頃だから普通に処女食い放題

しか普通の女と違って金がかからないタダマン

教員と違ってなんの責任もないから、ばれたら引っ越してまた個人経営の塾に潜り込めばいいしな

ブラック教員日記2

毎月毎月100時間以上残業

その上不登校の子もの対処毎日授業準備の時間もとられる。

なにより精神ストレスが大きすぎて学校に来ると吐き気頭痛がやまない。

この不安はどこに言えばいいんだ、畜生

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん