「教員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 教員とは

2020-05-30

anond:20200530183306

うそう。

国公立大学教員や公設研究所職員公務員だし

公立小中高校教員公務員だし、

公立病院の医師看護師公務員だし、

公立児童養護施設職員公務員だ。

公務員という敵を叩けば日本は復活するという連中で日本はめちゃくちゃになってしまった。次の産業の種を作る国公立大学や公設研究所職員公務員だということも含めてな。

anond:20200530175710

え、もしかして途中から企業研究者だけの話に変わってるのか?

大学所属する基礎研究を行う大学教員たる研究者なら、研究論文のもので稼ぐことを目的研究だけやってるわけではないのが通常だと思うが。

anond:20200530173027

国立大学の窮乏はもはや教育自体が危なとかいう粋だからなあ

算数のできない大学生問題なら、それはそのような大学生放置してきた小学校中学校高校教員の方の責任だよ。

むろんそちらも崩壊している。というか小学校中学校高校教員ほとんどは公務員で、公務員公務員仕事を叩けばいいという連中でボロボロになってしまたから。

anond:20200530171834

研究世界だとむしろ今は私大企業研究所のほうが「恵まれてる」事例のほうが多いからなあ

どっちかというと国立側の食ってる割が多い感じ。

まあそもそも今の時代だと公務員である大学教員ってほとんど居ないと思うが。文科省管轄外のあれこれだけなんじゃないのかもしかしたら。

anond:20200530171158

大学教員対応する同業種?の「民間」ってなんだろ

民間企業の研究所とかはあるんだろうけど一部の分野とかに限られてるものだし

そもそもそういう系って規制緩和後の派遣とかの話題とかとは種類の違う世界な気がする

anond:20200530170626

公務員を敵だとして叩くことを政策にしている奴がいるから。

政府が非効率だ!という思想の亜種。

そんな政策を30年続けてきたら、公務員の一部は大学教員や公設研究所職員だったので、日本産業ボロボロになりましたとさ。

大学は、医学部医学科と、旧帝以上の工学部(非生命系)以外いらないと思う

文系とか理学部とかは、今の東大理3みたいな扱いにすれば良い。そういう奴しか必要ないんだし。各学科定員10人とかでいい。

まず第一文系とか数学生物なんかは世の中の役に立ってないし。わざわざ国が金出してやるほどのことか。勉強したい奴は上に書いたような超難関を目指すか、独学すればいい。

最初医学部工学部だけでいいと書こうと思ったけど、地方国立レベル工学部だと中学校数学も分かってないようなのが現実的無視できない割合いるので、理系偏差値高い大学しかいらない。教えても理解できないのは無駄だし、分かる人に悪影響がある。

これが大学健全化への道。

教育機械平等とか言って定員増やしたり、わけわからん学部やすのは本当に無駄だし、大学本来の意義からも遠ざかる。

虐待体罰はなぜ起こるか

虐待がなぜ起こるか。

  1. 社会システム制度が親を追い詰めるから
  2. 親が、子には別の人格があり自分と同じではないんだと考えることが難しいか
  3. 親なんだから子どもを愛するものだろ?という同調圧力があるから
  4. 親はこれこれして当たり前!という正義他人から押しつけられるから

体罰がなぜ起こるか

  1. 社会システム制度教員を追い詰めるから
  2. 教員が、児童生徒には別の人格があり自分と同じではないんだと考えることが難しいか
  3. 教員なんだから子どもを愛するものだろ?という同調圧力があるから
  4. 教員はこれこれして当たり前!という正義他人から押しつけられるから

2020-05-29

埼玉県教職員の『自宅への出張』に1億円超の旅費支給予定(再掲)

※昨日も出したけど反応0だったんで再掲。税金の使われ方に興味ないならもういいです。

元々埼玉県教職員には学校から4km超の用務先への出張に対し1日当たり雑費200円が支給される。

から学校から4㎞以上離れた『自宅に出張』した教職員には雑費を支給するという通知があった。

同じ在宅勤務なのに学校の近くに住んでいる教職員には雑費を支給しない。

ちなみに通勤回数減でも通勤手当は減らない(前月から継続であれば、月に1度の通勤でも満額支給

ざっと計算したら4・5月だけで1億円超かかる。(別記参照)

もし旅費の予算が余ってるという理由支給するならやめてほしい。

『これだから公務員は』と言われるようなことはしないでほしい。

『自宅勤務には旅費を支給しない』これでいいじゃないか

予算返上して他の所に使ってほしい。

パッと検索したら消防庁支給しないそうだ。

https://www.fdma.go.jp/laws/tutatsu/items/0409jimurennraku.pdf

埼玉県教委はこのところ退職金29億円未払いやったり

https://mainichi.jp/articles/20200130/k00/00m/040/025000c

話題にはなってないけども『非常災害時の超過勤務教員は勤務の割り振りで対応しろ

って言ったりしている。

私は公務員である前に県民だ。

から県民目線仕事をするようにと再三言われている。

そう言っている県が、県民目線仕事をしていないはずがない。

私の感覚おかしいかもしれない。何でもいいのでご意見を頂きたい。

(別記)

埼玉県教職員 本務者3.8万人+臨時的任用2千人=約4万人

(少なめの見積もり教職員25名の学校臨時的任用職員は2~3人はいる感じだから1割くらい?)

https://www.pref.saitama.lg.jp/f2203/documents/r1kyouin_kekkagaiyou.pdf

自宅勤務が可能になった4月中旬5月末の用勤務日数約30日のうち、職員一人当たりその半分=15日

を在宅勤務したと仮定する。

(出勤7割減の要請はあった。自宅勤務が1日でも半日でも雑費支給なので実際はもっと多いはず。)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/14306

職場から4km以内に住んでいる人はそんなに多くない。

地域にもよるだろうが他市在住が多い。私の感覚だと1~2割くらい。

雑費1日当たり200円だから、4・5月の総支給金額は4万人×15日×200円×0.9=1.08億円

2020-05-27

anond:20200527103623

医師はともかく教員一般会社員と比べて他社と接する機会極端に少ないでしょ

教員に限らず一定の人としか仕事しない職場の人は社会経験不足してんなって思うことある

教員とか医師とかって社会経験がないって言われるけど、そう言う人が言う社会経験って会社経験ことなんだよな。しかもたった1社。

社会人になっただけで真人間になれるならもっと世の中は良いものであるはずだし、

社会経験があるだけで真人間になれるならもっと世の中は良いものであるはずだ。

社会経験崇拝論者は何を根拠にして社会経験を崇拝してるんだろう。

2020-05-26

anond:20200526223912

ふへへ。

大学一年生か。ならリアル大学一年生の時は中学生レベルだったのかな。確かにレポートもまともに書けなかったしそうかもしれない

大学教員という立場を活かして、売文業になるのもイイかもと一瞬思ったことがあった。でも、自分文章に対する学生の反応をみて無理と悟ったよ。

文章が上手くなるにはどうしたらええんかね?

なぜ博士号をとったか大学教員になったのか

すまん。書き出しで結論を言うと、自分でもよくわからん

アカデミックあきらめた博士号保持者の記事が目に留まったので、運よく大学に残れた側のエッセイを書く。小さなころから科学者になりたかったんです、なんていう大学教員を見ると、眩しくてクラクラちゃうんだ。すまんな、憧れもなく大学教員になってしまって。

僕は少年時代に、科学者に対する憧れというものほとんどなかった。ニュートンとかガウスとかアインシュタインなんかの伝記を読み漁ったりして、心惹かれるものがあった。だけど、それは自分科学者になりたいという憧れとは少し違って、科学者仮面ライダーウルトラマンのように現実と断絶した世界にいるヒーローのようだった。

大学に入ると、教員たち講義を受けて、ずいぶん大学先生は楽しそうだと思った。あとでわかるが、それは誤解だった。ただ一人、すごく楽しそうに熱く語る先生がいた。専門を簡単説明する。それでいて奥が深い講義だった。僕はその講義に夢中になったが、周りの学生からは評判が良くないのが不思議だった。こういう先生なら、なってみたいかもしれない、とぼんやりと思った。

僕は研究者というよりは科学ファンだった。自ら新しい科学を切り開くということに、それほど魅力を感じなかった。それなのに、大学院へ進んだのは「もっといろいろなことが知りたい」という一言に尽きる。このセリフは厄介で、一見すると科学者適性がありそうだが、実際は逆だ。「ただ自分の興味が向くことを、気の赴くままに知りたい」という僕のような人は研究者に向かない。いったい僕は何になればよかったのだろう。大学院生としての一番の幸福は、図書館の薄暗い書庫顔パスで入り、紙が焼けているのにピンピンしていて、全く手を付けられていないような文献を読むことだった。だから論文が書けず苦労した。今もしている。研究者世界は手を動かす、アウトプットをするのが貴ばれる。研究世界に飛び込むことは少し違和感を覚えたが、もっと良い場所もなかったので居続けた。卒業したいので、しかたなく研究した。

学会で一流の知性に出会うのは、本当に楽しいことだ。僕にとってはスターライブであり、学会の懇親会で大物に研究の着想を聴いてみることほど楽しいことはない。

大学から学位記と一緒に追い出されるように飛び出し、一つ目の職場就職した。就職が上手く決まらなかったので、ダメなら別の業界に行こうと思っていた。だけれど何とか職場が見つかった。そこへ行った理由は、この業界にいれば、また暗い図書館での心躍る体験が、いつかできるかもしれないと、不純な希望を持ったからだ。着任した先では、学力が酷かったけれど、教員博士号持ちの熱血教師ぞろいだった。教員たちの教育に対する熱いパッションを聞かされて、なぜだかすっかり気持ちが冷めてしまって、他に居場所を探した。転職するためには、論文必要だったので必死研究した。欲しがりません勝つまでは、を地で行くスタイルで無理をした。体調を崩して大病してしまった。

なんとか次の職場を見つけ、落ち着いている。学生時代の環境を思えば、ここの学生世界が狭くかわいそうだと感じることもあるが、一つ目の職場と比べればだいぶましだ。すべては相対的だ。転職して、自分時間が増えたのでぼちぼち研究している。いつか解明したいテーマも懐にしまっている。いつか、は来ないので少しずつチャレンジしている。だけれども、ほとんどの研究時間は一日も早く給料を上げたい、そう思って不純だと思いながら心の血を流しながら論文を書いている。僕は興味が散発的なんだ、だから論文がこれほど憎たらしく感じられるんだと思い続けている。

博士号取ったのに大学教員にならなかった氏が言うように、大学が残念な場所であるとは認める。成績不良の学生面接したときは、部屋に一人残って泣いてしまうこともある、僕が。これから教員仕事うなっちゃうんだろうかって悩みつづける。実にこの業界ジリ貧だ。だけれど、大学教員以外に僕のふわっとした欲求を満たせる場所を知らない。雑用を投げてくるスーパースプレッター同僚もいるが、傷付きやすい僕を大学以上に放っておいてくれる職場を知らない。

文科省大学経営陣も学生も同僚もみんなクソだ。クソだけれど、僕はそんな奴らの戯言を骨抜きにしながら、今の場所に居座ってみようと思う。僕の興味と幸運の続く限り。

研究者にもなれない、だが学生を思いやる教育者にもなれなかった。一人でいたいから、学内政治家もっとごめんだ。いったい僕は何になればよかったのだろう。

教員に虚偽を勧められて失望した話

私は博士課程の学生である

この時期に博士課程の多くの学生申請する通称学振というものがある。詳しく知りたい人はググって欲しい。

さて、例に漏れず、私も申請することとなった。

ところで、この申請書には業績を記載する欄がある。

こんな論文を発表したとか、こんな学会で発表したとか書いてアピールするわけである

そして、私には今、査読中(under revision)の状態論文がある。この論文は私が筆頭著者であるが、査読中なので今のままでは業績にならない。そして、早く査読が終わらないかとやきもきしている。要は、この業績があるとないでは、業績の評価点数が変わってきそうなものなのである

私の指導教員はこの論文採録決定済み(accepted)としましょうって言ってきた。まだ審査員から返事は来ていないのにである

一回は無視して誤魔化したが、もう一度念を押されてしまった。

申請書を出すのは私なので、提出時に黙って修正してしまえばいい問題ではある。

しかし、「それって虚偽ですよね」ってはっきり言えなかった自分が悔しい。

そして、なにより「これって虚偽だよな」と思うことを勧めてくる教員失望した。

こういうことを勧めたら、こういうことをする博士が育てられるわけである

今のアカデミック申請書では、こういったことが平気で行われているのだろうか?

自分が知らないだけで、こういったことは当然のように行われてきたのだろうか?

未だに胸の中がもやもやしている。

2020-05-25

博士号からアカポス最低説はあるけれど

ここ数年、博士号を取得中とか、その後のテニュアポジションが取れなかったとかで

いか博士課程に進んでアカポスに進むのが最低最悪かというエントリをよく見かける気がする。

あるいは文科省自分指導教官に対する不満とか。

かに、若手研究者の現状は前よりも悪くなっているんじゃないかとは思う。


自分博士号取得後に任期付きアカポスになり、無事テニュアアカポスになった。

結論から言うと、大学教員は最高だ。

周囲の教員研究者は、みな人柄もよく頭もよく、話していて面白い人ばかりだ。

学生も優秀で、この中から研究する人材が育つだろうと思うと、

これまでは研究ばかりが重要だと思っていたけど、教育へのやり甲斐も実感した。

アカデミアは、働き方も自由PIになればこれをやれと仕事命令されることもない。

大学事務が非効率と感じることもあるけど、お互い仕事でやってるんだから仕方ないなと思ってる。

何よりも、自分の好きな研究自分の好きなようにできる自由がある

(もちろんそのために研究費を自分で獲得する必要はある)。


給与はそりゃ自慢できるほどいいわけじゃないが、卑下するほども悪くない。副業もできる。

高給がほしい人は、そもそもアカポスなんか目指さないか

うちはダブルインカム配偶者も稼いでるので、家計は余裕がある。

結婚できない、という説もみかけるけど、

知り合いのアカデミアの同世代の中で結婚していないほうが珍しい。


自分が優秀だったからこういう環境にいるといいたいわけじゃない。

素晴らしい職業なのに、最近まりも夢がないエントリばかりだなと思ったから。


かに、生き残れなかった同業者は何人も知っている。

自分のまわりでは、研究者としての能力足切りレベルだったか

競争社会には向かない性格だったか、ないしは単に人間として付き合いにくい奴がいなくなったと思う。

業績があっても付き合いにくかったら、当たり前だけど長く付き合う同僚や部下としては願い下げだろう。

性格が”個性的なのはもちろんOKOK。

でも教育者に向かない嫌味なやつは選ばれない。

目を引くような業績がたとえなくても、

同僚や共同研究者としてやっていきたいと思う楽しい人や、研究テーマに引きがある人は残ってると思う。

もちろん他にやりたいことがあってアカデミアを去った人もいると思う。

そういう人は新しい道を気持ちよく進んでほしいし、

自分ができなかったことをやってくれていると応援したい気持ちがある。


博士課程やポスドクの辛さを語るエントリの裏には、

辛く悔しい思いをしたという人がいるのは間違いない。

子供博士課程に進学したいと言ったら応援できるのか、と書いてあったとある投稿を見るまで、

アカポスは最高だなと思いながら、こういうことを書くなんて思いもしてなかった。

嫌味だと受け取られるかもしれないし。


伝えたいことは、学級の道は楽しい。向いている人には楽園だと思う。

もちろん努力や運や体力も必要だけれど、

少なくとも自分のまわりは、文理問わず任期なしの職に転換した人の方が多いです。


自分の子供の職業選択についてああだこうだ言うつもりはないが、

もし、子供が将来学者になりたいと言ったら、もちろん応援します。


自分大学研究教育ができて、とても幸せだと思うから


anond:20200525085939

でも、大阪の話も聞いて、北海道の話も聞いて、データがあるから安心できるというのはあるけど

25日から通学再開という親が過半を占め教員大学がそれを推奨したという事実は覚えておく。みんながいいなら、それでいい。

自分が困ったときに助けてもらえなかった理由もわかった。

熱病 コロナではないし、だいぶ前だけど 39度ぐらいでも たいへん。でもそういう話すら無料時代がいいのか悪いのか、情報がないんだろうね。

2020-05-24

暗記数学絶対に間違っている

はじめに

自分は、「一般的に、暗記数学に賛成している人」とされている、

の中の一人だが、そのはしくれとして、「暗記数学が正しい」という妄言を徹底的に批判する。

自分が暗記数学を間違いだと考えるようになった理由

自分浪人生向けの大学受験塾でアルバイトをしていた。

その塾では基本的に生徒に自習させ、分からないことがあったら講師自分)に質問する、というスタイルを取っていた。

基本的自習だが、毎日チェックテスト(基礎的な数学問題が数題出題される)のみ、全員に共通したノルマだった。

講師初日、全員にチェックテストやらせていたが、一人(A君とする)だけなぜかやらなかった。

話を聞いてみると、「基礎の練習など無意味自分もっと応用問題の解答を暗記する」という強い信念を持っていて、基礎はやらない、とのこと。

生意気言うな。基礎もできない人間に応用問題なんてできるわけないだろ」と何度も注意したが、

なんでも和田秀樹の本を読んで感動したらしく、忠告拒否され、毎日せっせと解答の丸暗記をしていた。

結局浪人期間の一年間で一番A君と仲良くなった(自分説明が分かり易いので気に入ったらしい)が、

彼の解答の丸暗記法では、全く同じ問題だと解けるのだが少しでも違う問題だと全く太刀打ちできなかった。

彼が熱っぽく如何に和田秀樹理論が素晴らしいかを語るを聞き、

問題が解けるようになってから言えよ。とはいえいたいけな受験生をここまで変な考えにさせるなんて和田秀樹ってやつはトンデモねー極悪人だな。」

しか思えなかった。

結局彼は成績が上がらず、目標としていた難関大学ぶっちゃけ慶応)よりも相当偏差値の低い大学に行った。

最後に彼は「やっぱり基礎は大事なんですね」と反省していたが、彼の貴重な一年を棒に振った暗記数学はもう極悪だとしか思えなかった。

以上が、私が和田秀樹提唱する暗記数学絶対に間違っていると判断するに到った根拠である

A君は暗記数学を誤解していたのでは?

とは言え、暗記数学氏の

論理ギャップや式変形の意味等の不明点は曖昧なままにせず、人に聞いたり調べたりして、完全に理解すべきである

との主張は至極最もだし、暗記数学氏の提唱している勉強法は「暗記数学」というタイトルを除けば極めて全うだろう。

また、私もA君からの又聞きによってしか和田秀樹理論を知らないので、

「A君のやっていた『解答を丸暗記する』法は本当の暗記数学ではない。本当の暗記数学理解して暗記するものだ」

との反論はあるかもしれない。

詳しくは知らないが、自分の読んだことのある和田秀樹エピソードは、

和田秀樹大学時代に灘の高校生(B君とする)の家庭教師をしていた。B君は灘というプライドがあったため、和田秀樹が何度も

「解答を覚えろ」と忠告したのにも関わらず、いきなり難問を自力で解くという勉強法を繰り返し、成績が上がらず、大学受験で撃沈した

というものである。これは暗記数学氏の言う「何かをこじらせて勉強法無駄な拘りを持っている人たち」に対応するものだろう。

かに数学は暗記だ」という言葉は、B君みたいな灘に入ったからと言って勘違いしてしまった一般人(灘にいる本当の天才はそんな勉強法でも大学受験レベル数学くらい解くだろう)には有効言葉かもしれない。

しかし、である

A君みたいに解法を暗記するだけ暗記して全く応用の聞かない馬鹿を産み出したのは確実に和田秀樹のせいである。

そして、日本の「数学が出来ない高校生」のうち、A君タイプ(解法の暗記はするけど理解が追い付いていなく、暗記した問題から少し変えると答えられない)が99%で、

B君タイプ自分天才だと勘違いした凡人)は1%にも満たないだろう。

そのような状況で、B君タイプを減らすことを目的として、A君タイプを量産することになる

数学は暗記だ!」という言葉に何の意味があるのだろう。

仮にA君の暗記数学理解が不十分だったとしても、暗記数学という言葉有害無益である

じゃあどう言えばいいんだよ?

暗記数学氏の主張が

平方完成のロジックを暗記せずに二次関数問題を解こうとするな

という主張なら、それは100%正しい。オイラーガウスでもない一般人が平方完成も知らずに

二次方程式が解けるはずがない(というかオイラーガウスも平方完成は暗記しただろう)。

しかし、オイラーガウスが行ったことを「暗記数学」とは言わない。

暗記数学氏の想定している「アンチ暗記数学派」の主張は「数学の体系をゼロから始めて全て車輪の再発明をしよう」

という荒唐無稽な主張であるため、このような主張のアンチテーゼである「暗記数学

という言葉には何の意味もない。

よって、暗記数学氏の言う暗記数学は「数学」という名前で呼べばよいのではないだろうか。

https://anond.hatelabo.jp/20200521175803

学校再開がこわい

もうすぐ学校が再開する。

文部科学省学校再開ガイドラインを作ったけど、狭い教室で机を1m離すとか難しくない?

給食配膳だってリスクが大きい。

校内の消毒だって、全部教員でやらなければいけない。

手洗いの徹底といっても、十分ではない石鹸アルコール消毒はもっとない。

感染者は減っているけど、もし子供たちが学校感染したら、叩かれるのは学校

溢れる情報保護者子どもたちも不安

こちらも不安でいっぱい。

2020-05-23

公立校オンライン授業対応は厳しい。

学校は「同じような経歴、スキルの持ち主」ばかりの集団から

そもそも今までの学校不要だった分野のスペシャリスト存在しない。

情報科理系教員ちょっと明るいくらいで。

しろあいつはPCに詳しい」というイメージがつくと仕事が増えるので、

知っていても言い出さな場合もあるかもしれない。これは企業も一緒か。

で、オンライン授業のこと。

講義動画は「顔見知りの先生が話している」以上の強みがないし、

Youtuberを見慣れてる子供の視聴に耐えるものは作れない。

双方向ツールはいろいろと超えないといけないハードルが高く、

対応できない家庭への支援時間がかかる。

結局のところ自治体トップ文科省意向をくんで

「不完全でもやる」「動かしながら考える」姿勢を前面に出さない限り、

資金でぶんなぐっていく私立校や塾で勉強できる家庭との差が縮まらない。

9割の学校オンライン授業できてない現実が辛い。

ブクマNewsPicksみたいにならんかね?

医療系の記事では医療関係者コメントトップにずらっと並ぶ

教育系の記事には教員大学教授コメントが並ぶ

政治記事にはジャーナリスト新聞社記者政治学者のコメント

専門家コメントが読みたいんであって

ブクマみたいにアベガー大ぎりでスター集めてるような中卒並の知性さらけ出すコメント欄いやなんだが

学校保育園幼稚園の再開の話題について気になってる事

学校休校になったり、保育園幼稚園が休園になって在宅ワークどころじゃない! って話題をよく見かける様になった。

大変だってのはよく分かる。

俺は子供どころか、嫁さんの影どころか、彼女が居た試しすらないが、それでも従姉妹の子供の面倒を見る事くらいはあるからちったぁ分かる。

子供の面倒を見ながら、飯作ったり、掃除したり、子供が破いた障子を修理したりなんてのは相当難しいし、活発な子の場合危険も伴う。

まして在宅で仕事をしながらとなればそっちにパワーを持ってかれて、ちっとも効率が上がらなくなるのは用意に想像できる。

マンパワー解決すべき問題を工夫や機転で解決する様ではすぐに限界が来てしまう。

から学校保育園幼稚園を早く再開する必要があるのは分かるんだ。

子供感染は少ないんだから一斉休校無駄だった、拙速だったって声が出てくるのも理解はできる。

でもさ、教員保育士といった学校保育園幼稚園で働く人達の新型コロナ感染対策の事が置き去りになってない? って気がすんのよ。

子供感染についてはクラスターしづらい可能性があるそうだし、子供から大人への感染事例も少ないってのは分かる。

でも学校保育園で働く大人感染対策大事だと思うんよ。

しろ子供から大人への感染が少ないというのであれば、学校保育園でより警戒すべきなのは大人同士での接触による感染クラスター化って事になるんじゃないかな。

保育園幼稚園の送迎バスドライバーさんとか結構高齢の人が多いしね。

それに学校に関しては言えば養護教諭負担がとんでもない事になるのは確実で、そのフォローはどうすんの? ってのも課題の一つだと思うんよ。

俺の観測範囲問題もあるとは思うんだけど、あんまりその辺を心配する声を見かけないのがどうも気になる。

子供感染者が出たらその学校は当然休校になるだろうけど、教員保育士感染者が出たとしても休校になるのは変わらないだろう。

教育という一点だけで考えるならば、生徒より教員感染者が出る方がダメージが大きいかもしれない。

保育士だって元々足りない、足りないと言われている訳で、代わりの人員がすぐに確保できるとは限らない。

そういう事を考えると学校保育園幼稚園で働く人達感染対策ももう少し議論になっても良いと思う。

体育教員生徒指導

体育教員って、日本的体育会系にどっぷり浸かっていて、高圧的指導感覚的に好む確率が高めなので、安易生徒指導担当にしない方がいいのでは。

日本生徒指導って体育会系的色彩が強いような。部活教員と体育教員が、生徒指導担当しがちな風習をどうにかした方がいいのでは。

2020-05-22

コロナ教員の楽しみがなくなった

教員なんだけどコロナ男子生徒との触れ合いが無くなって寂しい

思春期男の子の汗の匂いが恋しい

anond:20200521200340

医者弁護士大学教員なんかはもっとひどいのいるぞ

ただ偉そうなだけのプログラマーにはそんなに害はない

2020-05-21

anond:20200521180040

問題教員リソースフリーライドにある。

貧困学生スポーツに触れる機会は体育があるだろう。スポーツテストスカウトに見いだされれば良い。

そもそも現状で部活動貧困学生が救われる仕組みには全然なっていない。貧困学生はそのままバイトや下の兄弟の世話に行くことになる。むしろそれをスカウトに見いだされ、対価を得ながら経済から解放される可能性もあるのでは。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん