「官僚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 官僚とは

2024-06-21

anond:20240620030405

イスラム世界の航海術を盗んで、我先に新大陸探して得たものが、香辛料、毛皮、布染料、火器材料貴族しか贅沢品だもんなぁ

でも当時の商人が、カール5世を買収してカトリックを倒したわけではない

オランダ東インド創立者のオルデンバルフェルトは、オランダ3州裁判所死刑にされている

まり植民地政策は、皇帝司法官僚もの計画だったから、虐殺も平気で行われてた

anond:20240621090723

だよな実際にやってんのは深夜残業の合間に増田やってる官僚だもんな

家人が随分とひねくれていることに気づいた

付き合い出した当初は猫を数枚被って一般社会適応してくれていたようだ

猫が禿げてくるほど気を許してくれたことを喜べばいいのか嘆けばいいのかわからなくなってきた

以下、共に暮らしている中で引っかかる点を箇条書き

ストレスに弱い

暴言が多い

・「どうせあいつも俺の事など面倒くさい客だと思っているのだろう、だからこれくらい言っても良いはずだ」等相手発言していない心境まで勝手推理して勝手暴言を吐く理由にする

営業(職種わず)、派遣業(運営会社の方)、接客業保険屋、不動産屋、銀行マン官僚自衛隊などなどの業種(選定理由もよく分からない)およびそれらに務めている人たちを憎み目の敵にする

理由を問うと「大学を出てそんな職業に就く意味がわからない、信用出来ない」とのこと 自分就職先に意味などないのではと思ったがわざわざやらないでもいい職種だろうと言いたいらしい

・もう少し深掘りしてもらった際「そもそも人間はただの生き物なので、社会性で己を縛ろうとすることそのものが間違っている」「戦争犯罪汚職も発生するこの歪んだ社会がこのまま継続して行けるはずがない」「なので、ルールを作る側に属している職業人間たちが憎いしルールを疑わず運用されている人間が信用出来ない」など、理解しきれた訳では無いが根底には厭世観がこびりついているようだった


個人的見解だがこのままの思考ではこの人は大変生きづらいだろうと考えている

一緒に暮らすにあたって、他人他人人間性を全て変えることはできないとわかっているが多少の改善、改変は見込めないかアプローチしている

「どうせあいからは嫌われているはずだ」などの思考については、認知が歪んでいるように感じたので「本人からそう言われたのか」「第三者から『お前は嫌われているぞ』と言われたのか」など自分目線の話をしてみた

認知行動療法のワークや本を勧めても見た

しか根底厭世観をどうにかしなければ歪んだ認知はどうにもならないような気がしている

そしてこれ以上のアプローチ配偶者には難しいし不適切であるとも考えている

心療内科にかかってもらっているが、カウンセリングではなく薬の処方のみ利用しているとの事

もう少しプロ(心理療法カウンセリングが出来る病院)の力を借りたいが、本人が改善を考えておらず、またプロ相手に心を開きにくい以上どう相談すればいいのかもわからない

人知家族相談もできないのでこんな所に流してみる

この先どうやってこの人と暮らしていけばいいんだろう

いい所も面白い所もあるのに一緒にいてつらい所が全て帳消しにしていく

身バレしたらごめんなさい 見なかった振りをしてください



返信のやり方がわからない 読みにくかったらごめん

https://anond.hatelabo.jp/20240621082354

気に食わん職業があってもいいだろうけどなんで罵倒までするんだ 親でも殺されたのか と思った

https://anond.hatelabo.jp/20240621082934

見下していない訳では無い 増田自身エッセンシャルワーカーなので、発言の度に喧嘩を買っていたら言わなくなった

https://anond.hatelabo.jp/20240621091120

笑ってなんか元気出た そんくらい単純でいいんだよな

https://anond.hatelabo.jp/20240621091446

眠剤と気分の落ち込みに対しての何かだったはず 詳細聞いてない

2024-06-20

1.社会治安)のために国民(全男性)に性欲をコントロール(減退)する薬を投与する実績が解除されました

2.社会少子化対策)のために国民全女性)に性欲をコントロール(増進)する薬を投与しますか?

こうなる可能性をまったく考えていないなら楽観的にすぎる

例の人は官僚政治家が大好きな先例を作っちゃって、その矛先がいつまでも「敵」にだけ向いていると思えるほど

官僚政治家を信じているのかね

軍事クーデターが頻発するタイ政治研究しているのに?

タイにとっての隣国ミャンマーカンボジア政治にはまったく興味ないのかな?

専門知識の応用能力が低いならそれを自覚してSNS発言してほしいね

【〈クリーン(グリーン)な改革〉のジレンマ

大気汚染が解消」されるほど、太陽光を遮るものが減り「温暖化」が進み、

海洋汚染が解消」されるほど、海中の栄養分が減り「牡蠣海苔養殖にはマイナス」になる。

「脱・金権政治改革」が進行すれば、選挙洗礼を受けない「官僚第三者

機関(=専門家大学教授)の権限がより大きくなる」だろう。

その「専門家大学教授」が、「何らかの思想汚染されていない(=利害関係者ではない)」という保証は?

2024-06-19

弱者男性三人組

第1章:奇妙な三人の出会い

あるところに三人のモテない独身男性がいました。田中一郎山田二郎鈴木三郎。彼らは高校時代からの友人で、それぞれ違った背景を持っていますが、女性との交際歴がない点で共通していました。

一郎は内閣総理大臣長男であり、エリート官僚として働いていますが、女性との交際歴はゼロ二郎東大卒天才プログラマーで、年収は高いものの社交的ではなく恋愛経験は皆無。三郎は成功した投資家で億万長者ですが、女性とは縁遠い生活を送っていました。

第2章:元気な退魔師との出会い

ある日、三人がいつものようにカフェで集まっていると、元気な小学生女の子、舞響(まいきょう)美月が駆け寄ってきました。彼女は退魔師の家系に生まれ、舞響大天という神様信仰していると話しました。美月は町で起こっている奇妙な現象に困っており、三人に助けを求めたのです。

「おじさんたち、助けて!最近、町で変なことがいっぱい起こってるの。おじいちゃんもお父さんも忙しくて、私だけじゃどうにもできないの」と美月真剣眼差しで言いました。

三人は驚きながらも、美月の熱意に押されて、彼女の頼みを聞くことにしました。こうして、三人と美月の奇妙な冒険が始まったのです。

第3章:調査発見

美月の案内で、三人は町のあちこち調査しました。奇妙な現象の一つは、古い廃墟での怪しい光や音でした。美月祖父から聞いた話によれば、そこには悪霊が封じられている可能性が高いとのことでした。

廃墟に到着した三人と美月は、不気味な雰囲気に圧倒されながらも中に入る決意をしました。中に入ると、そこには古びた祭壇と奇妙な模様が刻まれた床がありました。美月は持ってきた退魔道具を取り出し、準備を始めました。

第4章:退魔の儀式

美月の指示に従い、三人は祭壇の周りに配置されました。美月が舞響大天に祈りを捧げ、呪文を唱え始めると、祭壇が輝き始め、部屋全体が震えました。三人は恐怖に怯えながらも、美月を信じて立ち続けました。

突然、祭壇の上に黒い影が現れ、悪霊が姿を現しました。美月は退魔の剣を振りかざし、悪霊に立ち向かいました。一郎、二郎、三郎は美月を守るため、力を合わせて悪霊に立ち向かいました。

第5章:決着と悲劇

激しい戦いの末、美月は退魔の剣を悪霊に突き立て、封印を施しました。悪霊悲鳴を上げながら消え去り、廃墟は静けさを取り戻しました。三人は疲れ果てましたが、美月笑顔で言いました。「ありがとう、おじさんたち。これで町は安全だよ!」

しかし、その後、町では別の不幸が訪れました。美月悪霊との戦いで力を使い果たしたため、彼女の体には大きな負担がかかっていました。彼女は徐々に体調を崩し、入院することになりました。医師の診断によれば、美月回復は難しいというものでした。

第6章:三人の未来

三人の弱者男性は、美月を救うことができたものの、彼女健康犠牲にしてしまたことに心を痛めました。彼らは美月の見舞いに通い続けましたが、彼女の体調は改善せず、次第に意識も失われていきました。

ある日、美月の病室で、彼女家族が集まりました。三人はその場に立ち尽くし、何もできない自分たちに無力さを感じました。美月父親は三人に感謝言葉を述べましたが、その瞳には深い悲しみが宿っていました。

第7章:永遠の別れ

美月が息を引き取ったその日、三人は静かに病室を後にしました。彼らはそれぞれの生活に戻りましたが、心の中には美月との思い出が深く刻まれていました。

三人は友情を深めながらも、再び同じようなことが起こらないようにと誓いました。彼らは定期的に美月の墓を訪れ、彼女冥福祈りました。美月との永遠の別れを受け入れながらも、彼女勇気と優しさを忘れないように心に刻んでいました。

しかし、美月の両親は三人に対して深い恨みを抱いていました。彼らは三人が美月を無理に危険な状況に巻き込んだと信じ、娘の死の責任を追及しました。三人は町の人々からも冷たい視線を受け、孤立していきました。

2024-06-18

anond:20240618090150

あん官僚作文に簡単に引っかかるようじゃお里が知れるぞ。

4 現在活動状況

5月より、専門性の高いコーチが着任し週2日の活動が始まっておりますヒップホップダンスに特化した練習及び多様なダンス対応できる基礎基本の練習実施しております

この「ヒップホップダンスに特化した練習及び多様なダンス対応できる基礎基本の練習実施しております」は、その練習の内訳が0:100じゃない限り嘘ではないが読者はヒップホップを重視しているように読んでくれる、ごくありふれた完了作文だ。さすが教育委員会畑で評価されてきた校長よ。

たとえば週4時間練習時間のうち10分だけを「ヒップホップダンスに特化した練習」にしても、上記説明は嘘ではないことになる。

2②を読めばわかるとおり、従来は小チームごと別々のダンス練習していたのを、大会向けに部員全員で踊るダンス練習することとし、そこにヒップホップ系の動きを部分的に取り入れるというのが今年度の方針だ。

部分的ヒップホップの取り入れなんて、4小節ばかり裏拍でダウンしてれば名乗れる程度のものだ。ラップパートのあるアイドルソングを「ヒップホップ要素のある音楽」と呼ぶレベルの話だ。

3の読み方も全く間違っていて、校長は着任するや中体連系の全員一斉創作ダンス系の教員顧問に据え、今年度その計画をもう1段進めたのだ。

ヒップホップ指導経験がある専門性の高いコーチ」は、「ヒップホップ専門性が高いコーチ」ではない。そのような場合は「学生への指導経験があるヒップホップ専門性が高いコーチ」と書く。したがって校長文章は、中体連向けダンス専門性が高く、その一環としてヒップホップも教えていたコーチと読む。

だいたいそのコーチだって年度当初は居らず、したがって年度当初にはヒップホップ指導経験の無い創作ダンス教員だけの構成にし、苦情を受けて5月(何日?)に追加したに過ぎない。

元増田は、官僚作文に慣れていないか、またはとてもよく慣れ親しんでいるか、どっちだろうな。

2024-06-16

国が振興策を取ればジャパニメーションは滅びる

昔は国はアニメなんて見向きもしなかったから、

その目を盗むように富野由悠季とかが大胆な表現をすることが出来たんだよ。

それが今になって評価されているのに、

国が目をつけたらどうせ官僚的なポリコレだの取り入れたすんごくつまんない作品になることは明らか。

お願いだから国はアニメにかかわらないでくれ

犯罪者として捕まってないけど古今東西でずっと悪人扱いされている人物って逆にいるの?

王族とかを探しても「完全に人任せだったおかげで官僚自由に動けて発展した分野もある」とかになりそうな気がするんだよね。

まあ流石に処刑されるようなカスだと厳しい部分もあるかもだが。

当時の法律犯罪にならず、でも当時の段階で「マジアイツカスやろwwww」と言われてて、その上で構成評価も「こんなカスがなんで偉人扱いなんや!やったことは凄いけどカスやろ!」となってる人おるんか?

もちろん人類に対する罪レベルの話ね。

アインシュタイン調べてくとヤリチンすぎるだろ!あの舌で何人をクンニしたんや!」みたいなしょーもない個人レベルの罪の話ではなくてね。

anond:20240615122219

レディジョーカーさんがブログ記事反論しとるね。

無駄煽りとかはないけどものすごい不誠実な内容。

侵略は悪いことには違いないでしょ」まで話を抽象化単純化することで、飛んできた個別具体的な批判の一切をなかったことにする官僚答弁みたいなノラクラ文

なんかブコメで「わざわざしっかり応答してすごい!えらい!」みたいなヨイショしてる向きもあるが

それっぽく体裁取り繕いたいだけなら頬かむりより悪い

2024-06-15

知事の元側近とやら

政治家の評判自体は知っていたはずだし、知らずに「側近」の仕事を引き受けることはないだろう。

さら政治家の側近の仕事の内容も、年齢を問わず普通の人であれば知っているはずだろう。

さぞかし官僚として、さら弁護士としてとんでもなく優秀だったんだろうと思われる。たぶん。しらんけど。

2024-06-14

官僚の働き方とそれに対する想い

NHKクローズアップ現代官僚の働き方に関する特集がなされ、はてブでも多数のブコメがついた。([B! 労働] “ブラック霞が関”の働き方は変わるのか?現役官僚たちの本音を聞きました - クローズアップ現代 取材ノート - NHK みんなでプラス

[B! 労働] NHKのクローズアップ現代、国家総合職の面接前日に「悲鳴をあげる"官僚”たち」の実態を放送するところから本気度が伺える

だが、ここでの人気ブコメ私自当事者として経験してきたことが大きく乖離しているので、あくまでn=1としての感想を記しておきたい。

自己紹介

本題に入る前に自身の経歴を書いておく。

国家1種(現総合職採用後、複数の本省庁で係長級を3回、課長補佐級を4回、地方機関課長級を2回、都道府県庁課長級を1回経験

本省庁では法案作成予算要求国会対応いずれも経験あり(霞が関残業の大きな要因がこの3つ)。

今は役所から離れたので好き勝手書く。

政治家の答弁を書くのやめれば?

多くのブコメで指摘されていたのがこれだ。確かに国会答弁を作るのは深夜早朝に及ぶことが多く、疲弊する。だが、それが必要なこともまた確かだ。

答弁書作成必要性について

大臣しろ役人しろただの人でスーパーマンではない。そして各省庁の業務はどれも多岐にわたっている。事前に準備して置かなければ、「御指摘の事実について、報道されたことは承知しているものの、事実関係の詳細は承知しておりませんので、調べた上で述べさせていただきます。」とのような答弁が並ぶことになり、国会がまともに運営できなくなる。

なら政治家の答弁は政治家が準備すればいいのでは?

国会での質問は、政治家個人にではなく「○◯省を所管する大臣」に対して行われる。当然、大臣としては◯◯省の組織を使って答弁の準備をするのが職責に適うと思われる。

ちなみに、答弁は政務三役大臣副大臣政務官)だけでなく、役人(おおよそ審議官局長)が行うこともあるが、当然その答弁も担当部局作成する。

なお、政務三役に対する質問で、それが政務三役としてではなく、政治家個人として問われているものについては答弁書作成しないことが一般的だ。例えば政治信条スキャンダルに関するもので、質問票に「政治案件」とかわかるように追記されている。(こういうのって誰が答弁書いてるんだろうね?秘書官を中心にかな?知らんけど)

でも大臣は部下に答弁作らせて自分は帰って寝てるんでしょ?

これは大臣によるが、多くの場合役人の作った答弁書がすべてそのままOKとはならない。

私の経験していた代表的な答弁作成スケジュールと答弁の作り方を示しておく。

(答弁作成スケジュール

委員会2日前

ポツポツ議員から質問案が届くので質問一覧(質問票や問表と呼ばれたりする)とそれに対する答弁案を作り始める。

委員会前日

18時ころになってもまだ質問内容が判明しない議員や、判明したとしてもあまり範囲が広すぎて準備ができないもの代表的なのが質問内容を「内政について」「外交について」とFAXしてきた民主党の某議員うろ覚えだがたしか日曜日の22時だったような))についてバタバタし始める。

遅いとき24時をまわってからの答弁作成になるので、深夜労働は避けられない。

また、22時点までにできあがっている答弁書について、大臣説明する。多くの場合大臣から修正指示が入る。

委員会当日

朝6時頃から大臣説明する。

丸一日委員会(午前3時間午後3時間)が行われる場合各部局が用意する答弁は100問を超える。委員会は朝9時から始まるため、150分ほどで100問分の説明を終わらせる。午後の答弁については昼休みに回すこともある。

ちなみにここでも大臣から修正指示が入ることがある。

正直言って、単純な業務量だけからしても個別の答弁を作っているよりも大臣の方がかなりキツイと思う。あの人達過労死しないのは謎だ。

(答弁作成の流れ)

例えば、「○県△市で□が起こっていると聞いた。住民科は打数の苦情が出ているそうだが、国としても対応するつもりはあるのか」という問いだったとしよう。

まず行われるのは、どの省局課係がその答弁を書くのかという綱引きだ。その答弁なら当然うちが、というものもあれば、そんなの書きたくないよという押し付け合い(消極的権限争いともいう)もあるが、概ね1時間程度で決定される。

次に事実関係確認だ。質問の前提となる事実が正確かどうか確認をする。

質問者がかなり角度をつけて事実を述べていることがあるので、国の出先機関都道府県市町村にお願いして情報を出してもらう。ここの数字が少しでもズレると「隠蔽だ」などと言われるので慎重かつ迅速に行う。データベース化されていればいいのだが、すべてのことのデータベース化など不可能だ。

事実関係確認が終われば答弁の作成に入る。ぶっちゃけここは大して時間はかからない。長くても1時間もあれば終わる。

そして、上司了解を取る。局長答弁であれば、課長補佐課長局長了解さえ取れば良い。ここは常日頃から意思疎通もできているので簡単だ。大臣答弁であれば、局内だけでなく、大臣官房(会社組織で言うところの総務部とかの中枢部門)の了解がいる。ここは局としての答弁ではなく、省全隊の答弁として適切かどうかという観点からチェックするので割と修正が入ることが多い。

それと並行して、他省庁に関係が及ぶ答弁になると関係省庁の同意(合議(あいぎ))を取っておく。国会答弁は政府としての約束になるので、ここで大臣が「やります」と答えて、実施のために予算必要になった場合財務省承知していないと困るわけだ。

この、関係各者への了解を取り付ける作業が極めて長い。全体としての整合性を問われなきゃ楽なんだろうけどそういうわけにもいかないだろう。

官僚が辞めるのは政治人事権を取られたか

一番疑問に感じているところはここだ。正直言ってこれで役人待遇が下がったとは思えない。

何故か。そもそも内閣人事局ができる前も、幹部公務員の人事は政治家意向が反映されていたからだ

内閣人事局ができる前から、各省庁の公務員人事権は各大臣が握っているので当然だ。だから内閣人事局ができて変わったことと言えば、人事に各省大臣だけでなく総理大臣意向が反映されるようになったことくらいだろうか。そして、それはとき政治家によって積極的行使される場合もあれば、「よきにはからえ」とされることもあるだけだ。

私の目の前で局長大臣反論してすぐ飛ばされたのを見たときは戦慄した。

もともと、役人の間では、「真ん中以上でいれば指定職(審議官局次長クラス。このクラスまでなると退職金が跳ね上がるので一つの目標)まではなれる。それ以上は政治が絡む」ってのは共通認識だったと思う。

ただ、内閣人事局ができたせいで官僚自律性が落ちた、や政治家の言いなりになるようになった、などと大々的に報道されることによって学生の方々にそのような認識が植え付けられ、志願者減につながっている可能性は否定しないが。

じゃあ辞める理由って何だよ

役所に入る時点で政治家コンサル等に転じる予定だった人はともかく、入ってから宮仕えにネガティブな印象を持って去っていくのは、概ね①激務に耐えかねて、②ワークライフバランス確保のため、③より高い報酬を求めて、の3通りだ。割合からすると20%、30%、50%くらいだろうか。

①激務

人を増やすことで一定程度の解消は可能だが、この施策賃金出世の下方圧力になる。

今なおあえて霞が関に残っている人からすると、賃金はともかく出世競争相手が増えるというのはモチベーションに響きそうだ。

ちなみに、20年ほど前に活発にブログを書かれていた官僚bewaadさんは概ね以下のようなことを述べていた気がする。

役人として入ってくる人は激務には耐えられる人が多い。薄給もまぁそう。ただ、いわれのないバッシングは堪える。

○今後、全ての面で官僚待遇が上がることはないだろうから官僚の質の低下は受け入れるべき。

霞が関マニュアルを嫌うが、霞が関仕事の仕方もマニュアル仕事にするべきではないか

ワークライフバランス

①と似ているが、こちらは育児介護などライフイベントで去らざるを得なくなるケースだ。この場合、概ね地方公務員なんかが受け皿になることが多い。また、本人が降格願いを出して、ほぼ転勤がない強度の低い仕事に移ることも多い。

あと、省庁にもよるが頻繁に転勤がつきもののところもある。役人同士なら転勤先を配慮してくれたりもする(配偶者留学に同行するための休職なんてのもある)が、そうでもなければ別居や単身赴任となる。このご時世それで人を引き留めたりは難しいだろう。

報酬

私の周りの場合ほとんどがこれだった。特に外資コンサルへの転職典型的だ。

特に結婚したり子供ができたりして、これからどれくらい必要真剣に考え始めると、その誘惑は抗いがたい。

必ずしも悪いことではなく、正当に評価されるところにいくのは当然だと思われる。

(ちなみに学歴的にも経歴的にも決してキラキラしてないフツーの役人給料倍以上でオファーがある。景気良いね

結論

引き止めるためにはとにかく金。

金を出せばガツガツとした役人候補は群がる。

あとはできればちょっとした敬意。一応叙勲対象にはなるけど、今どき70歳を超えてからなのはねぇ。旧軍みたいに感状でも出すか?

もう一つ、別の視点からだと、労働時間の上限を決めて必ず守らせ、それにより発生するミスは受け入れること。役人の中にはいろんな意味仕事が大好きな人も多い。無給だろうがどんどん働く人達だ。また、この人たちはえてして極めて有能であり、役所仕事の大きな部分が担われているのも間違いないのだが、この人たちの働き方が標準になってしまっていて、皆それに合わせざるを得なくなっているのもまた否めないところだ。

なら、労働法と同じように上限も決めてしまって、彼らに一切働かせないとしてはどうだろうか。(というか今でも一応上限はあるんだけどね、有名無実になってるだけで)

最後の案は仕事クオリティは間違いなく下がるけど、持続可能性という意味ではアリではないかな?

余談

ちなみに、少なくとも2年前の時点では霞が関の勤務環境20年前と比べたらずいぶんと改善されている。財務省説明に行ったら怒鳴られて灰皿を投げつけられたなんて噂が残ってたような時代だが。

ただ、民間側の改善スピードに多く追いついていないのが現実だ。

2024-06-12

anond:20240612204347

なるほど確かにそうですね。

自らが官僚である自虐を装って自慢してしまい大変申し訳ございませんでした。

土下座謝罪いたします。

anond:20240612004800

FU・ZA・KE・RU・NA!!!

俺達官僚が倒れるまで残業しまくっても28歳だとせいぜい貰える給料は500万円(残業は年360時間までしかつかないので月30時間しか計上されず、年の後半になると予算がなくなるので毎月100時間働いても年で250時間分ぐらいしかつかないためI

それなのにお前は何だ?

28歳で600万円だと!!!!????

FU・ZA・KE・RU・NA⚡️

2024-06-11

官僚給料半分にして倍雇えばホワイトになるだろ

https://togetter.com/li/2381715

昔は官僚大変だなー、とか思ってたけどあいつらたくさん給料もらってるじゃん。

給料半分にしてもホワイトならたくさん人集まるでしょ。

それで倍雇えばいいだけ。

なのに高給でホワイトじゃなきゃいやだー!とか言ってるからブラック改善しない。

国民はお前等のために税金払ってるわけじゃねーからな。

anond:20240611223955

会社員にとって上司上位者だし

妻にとって夫は上位者だし(諸説あり)

官僚にとって政治家上位者だけどね

確実に上位の存在である親が子を殺すのってあまりにおぞましくないか

anond:20240611121613

例えば会社員ストレスのあまり上司を殺しても自分は同情するし、

妻がストレスのあまり夫を殺しても同情するし、

官僚ストレスのあまり政治家を殺しても同情する。

ストレスを与えるのは悪いことなので、ストレス源を殺さざるを得ないことに同情する。

クロ現官僚とか人手不足だって言ってるが

高卒の俺を雇ってくれねえじゃん

ばーっかじゃねえの

高卒の俺に月収50万円だしてくれや

深夜まで残業してやらあ!

anond:20240611121613

たぶん儒教あるあるなんだけど、親の子殺しって、ほんとうに軽いよ

厚生官僚引きこもり殺しも同情だらけだったしね、意識高いふうを装ってるチンピラはてなでも

いちばん度肝を抜かれたのは、自宅の玄関灯油撒いて火をつけて子供4人を焼き殺して

メンタルヘルス理由

現住建造物放火罪に問われず

重過失失火罪と重過失致死傷罪に問われるのみで

禁錮4年半でクリアーした父親

灯油撒いて火をつけても、格好ばかりの消火活動をした瞬間にメンタルヘルスとの掛け合わせで「放火じゃない」となるそうだ

知恵も知識経験も足りないガキでも、4人も殺しちゃ死刑しかないだろうよ、という理性の判断というやつはどこに行ったんだろうな、と驚いた

anond:20240611141534

事務次官まで行った中央官僚エリート自分の不出来な子供処分した事件はやっぱりそれほど悪い話だとは思わんのだよな

霞ヶ関官僚時間外労働は断ればいいのに

公務員からクビにならんでしょ

帰ればwwww

2024-06-09

私が一時通っていた学校の、ドイツ系白人女性語学先生は、授業でしばしば自分の失敗談(語学とは関係ない)を語ってウケをとっていた

芦原妃名子さんも同じ傾向であった

良い作家指導者、観察力が鋭いので、安心させて人の心を掴む(人は目上の人の失敗談を聞くとほっとする)

 

一方、官僚弁護士英米人などが無謬性を振り回し高圧的に印象づけるが、これは保身と全体主義があるため

日テレ小学館作家に対する扱いは、無知と恥を知れと思う

人が想像力や柔軟性や抱擁性を失い、他人排斥をし始めるのはおおむね金と全体主義のせいなのだ

金と全体主義けが正しいわけではない、と考えないのだろうか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん