「ふくらはぎ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ふくらはぎとは

2018-06-19

坐骨神経痛つらすぎる。

毎年の健康診断問題なく、ジム通いで健康には自信あったのに…

コード書いてても、以前みたいに集中できない。
一定時間座ってると、右足がめちゃくちゃしびれてくるので、30分くらいで立ち上がって軽めのストレッチ
40分以上座り続けると、立ち上がってからしばらくは痛みとしびれで動けなくなる。

まりかねて、整形外科に行ったんだけど、痛み止めと湿布処方されて終わった。
レントゲンで骨には異常ないから、こうするしかできないらしい。

痛み止めなんか飲んでも治るわけじゃないし。(医者もそう言ってた)
そもそも、飲むと眠くなる薬なんて、仕事前に飲む気しないよ。

日中、右のお尻とふくらはぎが張ってて、痛みがない時でも不快感半端ない
30代ってこんなにつらいの?同僚に愚痴ったら、「プログラマー 35歳定年説ですね」ってやかましいわ!

2018-06-18

anond:20180618105301

この人よりふくらはぎは細いかも。足のサイズに依りますよね。

足が大きいとふくらはぎとか細く見えるし。

2018-06-11

ふくらはぎ筋肉?がビクビクビクビクビクってするんだけど、わかる人いる?

なにこれ

2018-06-08

リュック攻撃すんの無敵

マジでやめてほしい。

リュックに限った話じゃなく

「異様に硬い鞄」で攻撃すんのやめてくれ。

そんなに混んでもいない電車で、

女子中学生くらいの子らが「すみません」も言わず

リュックごり押ししてきた。

念のためいうけど、混んでない。

ドアまでの最短距離を行こうとするから

多くの人にぶつかる。

普通にすみません」の一言も言えないのか?

あと、リュック足元に抱えて特攻してくんなよ。

私のふくらはぎゴリゴリ削ってんだよ!!

リュック攻撃するお前らには

「あ?何か当たったかもww」っていう考えしかないんだよムカつく!!

当たったとも思ってないやつも居るからムカつく!!

大きなリュック、硬い鞄

別料金にしてよマジで

ただし、ランドセルは許す

2018-06-01

今朝勢いよく起きようとしたら足がつってふくらはぎがまだ痛い

今夜SNSで知り合った女の子食事する約束をしていて、感じがよかったらホテルまで行く予定だからオナ禁とかして万全の態勢を整えてたのに。

2018-05-31

[] 間歇性跛行

(かんけつせいはこう)

Intermittent Claudication

「少し歩くと、足が痛くなったりしびれたりすることで歩けなくなり、少し休むと、また歩けるようになること」を間欠性跛行

言います

  

間欠性跛行の主な原因として、動脈硬化により血管に十分な血液を送ることができなくなり起こる「閉塞性動脈硬化症」と、

脊柱管(背骨に囲まれた管状の空間)内の神経圧迫による「腰部脊柱管狭窄症」があります

まれに、両者を合併している場合もあります

両者を識別する方法として、閉塞性動脈硬化症は、片側性でふくらはぎより下にしびれなどの症状が現れることが多く、さらに、

下肢が冷たく感じたり、歩いたときにだけ症状が起こることが多くあります。一方、腰部脊柱管狭窄症は、両側性で臀部

(でんぶ/お尻の部分)から足全体に症状が多く現れるという傾向があります。症状が前屈で改善されたり、立っているだけでも

症状が出現するケースも多くみられます

  

また、閉塞性動脈硬化症は、糖尿病脂質異常症・高血圧喫煙といった動脈硬化危険因子を持つ人に生じる病気なので、

他の血管疾患を多く合併している場合があり注意が必要です。

腰部脊柱管狭窄症は、進行すると下肢筋力低下や尿の出が悪くなる、尿漏れが起こるなどの症状が出現します。

http://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/intermittent_claudication/

2018-05-29

[] 閉塞性動脈硬化症(ASO)

閉塞性動脈硬化症(ASO: arteriosclerosis obliterans)

これは足に血液を送る腸骨動脈や大腿動脈動脈硬化を生じて、血管が狭くなったりつまったりすることで足に流れる血液

少なくなる病気です。典型的な症状は、じっとしているときはどうもないけど、歩いたりすると足がだるくなったり、

ももふくらはぎ筋肉に痛みが出てくるというものです。病気が進行すると、安静時にもしびれや痛みの症状がでるように

なりますさら病気が進行すると足に壊死を生じ、命にかかわることとなります

http://www.kanoya-aishinkai.com/forpatients/i/i321.html

http://www.kusatsu-heartcenter.co.jp/type2.php

2018-05-17

VRオナニー中はずっと口が開いてる

いつか女の子の舌が口の中に入ってくるんじゃないかと思って待ち構えてる

でも現実食虫植物みたいに虫が入ってくるんだよね

オエッ!って思った瞬間にふくらはぎがつるんだよね

そしてテーブルの上のコップが倒れるんだ…

2018-05-14

きょう整骨院性器を見られた話

当方20代後半、女、既婚、子ども2歳、デスクワーク

最近肩こりがひどく、背中が痛むし、吐き気まででてきたので、きょう整骨院ににいってきた。

これまで整骨院整体?)というものほとんど行ったことがなく、予備知識もほぼない。

とりあえず徒歩圏内で、評価星4.5くらいの整骨院を予約した。

▪️来院

昼頃来院。

さな町の整骨院って感じで、いたのは院長一人だった。

40代くらいの男性で、いかにも優しそうだ。

平日は基本ひとりで回しているらしく、私が帰るまで整骨院には彼だけだった。

▪️着替え

予診表をかいて、症状をつたえて施術の大まかな内容を説明受ける。

から背中、そして骨盤

内容は、施術ストレッチ整体?)、電波筋肉をほぐす)、電気治療(血行をよくする)。

下半身施術必要ですので、こちらでご準備したものに着替えていただいても大丈夫ですか?」と促され、もちろん承諾。

カーテンを閉めたあと、受け取った着替えを見て焦った。

勝手ハーフパンツ想像していたのだが、ショートパンツだった。しかも思ったより短い。

完全に一分丈。しかスパッツのようなタイプではなくて、ゆるゆるタイプ普通に横たわっているだけでも足が全部出ていて、ちょっとでも膝を曲げると下着が丸見えだった。

しかも最悪だったのは、今日はTだった。Tバックだったのだ。

Tバックはお尻部分だけが状態になってるのが特徴と思う方もいるかもしれないが、そうではない。

多くのTバックは前方から後方にかけてだんだんと細くなるため、フルバックのそれと比べて、陰部部分も布面積が小さいのだ。

から今日の私は外陰唇が左右から半分くらいはみ出ていた。

念のために書いておくが、整骨院に行くからコレにしようとか一切考えなかった。ラインが出るスカートからかいうわけではなく(今日デニムだったし)、ただ単にタンから適当に手にとっただけだ。ただ何も考えずに履いてただけ。

そんなTバックにゆるゆるショートパンツ

膝を曲げただけで外陰唇が見えるスタイル。なんだこれは…と思い直した。

女性のお客さんも多いわけだし、ここが見える施術をするわけがない。そんなことしてたら大問題だ。何かで見えなくしてくれるんだろう…」となぜか思い込み、着替えが終わったと声をかけた。

▪️施術(整体)

うつ伏せになりタオルをかけられて施術開始。やはり下半身隠してくれるじゃないか。よかった。

からふくらはぎ、太もも、腰、背中…とグイグイ押されはじめた。

ところが中盤から、そのタオルを腰あたりまでまくられてしまった。足が丸出しだ。

恥ずかしい、恥ずかしいが、「いや、ちょっと、あの」と声をかける勇気は出なかった。

そして膝を曲げてそのまま上へ持ち上げ、前ももを伸ばすストレッチ

ベッドの横に立ち膝を持ち上げているであろう院長。いやもうこれ完全に見えているのでは….いや、でもまさか、目をそらしてるだろ。

きっとそんなやり方していたら他の患者に訴えられるだろうし、そんなわけはない…。なるだけ何も考えないようにした。

今度は仰向けに。顔にタオルをかけられたので様子は見えない。

今度はうち太ももを直接マッサージ

違和感。なんで直接触るの?タオルの上からじゃダメなの?太ってるし恥ずかしいし、なんで旦那以外の人にうち太ももやら足の付け根の肉を触られないといけないんだろう?しかも足の付け根をやる時、ちょっと指が外陰唇に触れたりしている。どうしたらいいんだ。怖い。

正直もう帰りたい気分だった。

しかし、密室、初めての場所男性と二人、というのは普段意識しないけど、結構怖い状況だ。

大抵の男性には全力を出しても腕力でかなわない。「もう帰ります」と言って、もしニコニコした顔が一転して、怖い形相で腕を掴まれたらどうしよう。言えなかった。

▪️電波治療

「際どいところまでやりますけど、大丈夫ですか?」

「えーと……はい…」

コレより際どいことやんの?マジで?という気持ちでいっぱいだったが、そのまま電波治療へ。

どうやら手では強くマッサージできない筋肉であるももから足の付け根までを、電波の出る器具で優しくマッサージするというものらしい。

両足を曲げて足の裏同士をくっつけるように指示された。

引き続きタオルで目を隠されているため自分では見ることができないが、

お察しの通りすでにショートパンツのゆるゆるの隙間からパンチラどころかマンチラしているはずだ。外陰唇が見えているはずだ。泣きたい。

ももからローションのついた美顔器みたいなやつ(施術前に見せてもらった)をくるくるマッサージされる。

恥ずかしさも頂点というその時、

足の付け根へ続いていき「ちょっと浮かせますね」と言われた。

ショーツの前部分を数センチ浮かせたようだった。

かろうじて隠していた小陰唇部分が空気に触れ、あらわになっているのがわかった。

私は何をされているのだ。それ浮かす必要あるのか?そのTバック、足の付け根部分まで布ないよね?そのまま下着に触らなくても治療できるよね?浮かさなくてもローションつかないよね?もう嫌だ、どうしよう。パニックだった。

にも関わらず、「痛くないですか」と聞かれ「大丈夫です…」とただ普通に返事をしていた。

その後10分程度低周波機器をつけられて終了。

院長は変わったそぶりもなく、丁寧に保険説明会計をしてくれて、整骨院をあとにした。


▪️これは一体なんだったのか

モヤモヤとはしていたが、午後から普通に出勤した。

が、さっきお風呂に入る時、下着を下ろすときに手が震えている自分に気づいた。

どうやら自分が思っているよりも傷ついてたみたいだ。

足を広げて妊婦健診も触診も出産経験した私でも、

不本意性器を見られたことがショックだったみたいだ。

モヤモヤする。

本当に純粋治療だったんだろうか。

多少性的な想いがあってやられたことだったんだろうか。

いや、いやいやいや。

改めてサイトを見ると、口コミはどれも星3.5以上で、ざっと見た感じ、誰もそのようなを書いている人はいなかった。

院長はおおよそ口コミ通り、親切で優しく丁寧な人物なのだと思う。

実際会話した印象もほぼその通りだった。

そんな院長だからこそ、私が何も抵抗しないので、院長も「見えてるからやめます」とは言えないし、そのまま続けざるを得なかったのだろうと思う。

そうか、こんなにつらいのに、私が悪かったのか。

あーあ。

あんな下着履いていかなければよかった。

ショートパンツに履き替えるの、断ればよかった。

そこ触らないでください、って断ればよかった。

ちゃんと断ればよかった。

言えばよかった

こんなの夫に言えない。

きっと、そんな格好で行ったことや、途中で拒否しなかったこと、すごく怒ると思う。

ごめんね。ごめんなさい。

かに聞いて欲しくて書いたけど「お気の毒だけど自業自得」とコメントがついて終わりなんだろうな。情けない。つらい。

2018-04-19

靴下そのままで」はわかってない

アダルトビデオで「靴下そのままで」みたいなの聞いたことあると思うけどほぼ業界標準になってるのが気に入らない。ふくらはぎから下も見たいのに、足をなめる以外ではほとんどの場合で脱がさなくなってるのはクソな悪習だと思う。意識が高い誰かが「靴下脱がすのはわかってない!」などと言ってるのはたしかによく聞いたわけだがそのまま業界標準にすんなっつの

こういうのってでかい声と自分趣味が合わないと最悪だという話。いろんな所で起こり得ることでもある。

2018-04-13

巷にはメンズエステかい

巷にはメンズエステ(メンエス)とかいビジネスがある。

検索すると色々なWebサイトがヒットするが、どこも似たような作りとなっている。システムスケジュール、予約、アクセス等々、いわゆる性風俗サービスサイトと作りはほとんど同じ。システムをみると、60分10000円くらいか時間に合わせて値段は様々だ。

「メンエス」で検索するとヒットするのが、いわゆるレビューページ。様々なメンズエステでの体験毎日のように更新されている。これも作りは、性風俗サービスレビューページとそっくり。書いてある内容というか文体もよく似ており、具体的なサービス内容がぼやかされていることがあるのも似ている。確かにWebサイトにはあまり明確なことが書いていない。強調されているのは「癒やし」「治療目的としたものではない」「性的サービスは一切ない」とか。「アクセス」もぼやかされていて、「最寄りの駅から電話をしてください」とあるのが定番だ。

性風俗サービスにも、性感マッサージエステと称するジャンルがあり、オイルなどによるマッサージと抜きがセットとなっている。この場合ほとんどの店は派遣型か、受付所で手続きして近くのホテルサービスを受ける、

いわゆるホテヘル型になる。店舗型のエステはあまりいたことがない。さらに、シティホテルビジネスホテル宿泊すると、出張マッサージを呼ぶことができる場合がある。シティホテルならホテルマッサージ師が常駐しており、時間が合えばすぐに部屋で施術を受けることもできる。小規模なホテル場合、あるいはオイルマッサージ場合は、派遣型となり、電話で予約をすると、どこかから施術者がやってきて、オイルなどによるマッサージサービスを受けることができる。この場合性的サービスは一切ない。他、高級ホテルなら、ホテル内に「SPA」があり、同様のサービスホテル内のSPAで、あるいは宿泊する部屋で受けることができる。

街角にあるマッサージ屋、サウナでのマッサージホテルでのマッサージ出張のオイルマッサージ、性感エステなどを利用したことはあるが、メンエスは仕組みがよくわからないため敬遠していた。非常に疲労し体がだるいある日の午後、時間だけはあり余っていたので、思い立って都内にあるメンエス電話をしてみた。電話の受付は女性。開始時間施術時間リクエストして予約をする。予約の時間になったら、最寄りの駅のX口から電話をしてください、ということだった。その時間指定された場所から電話をすると、サービス提供する場所をより詳しく説明してくれる。この対応女性であった。場所は、近くのマンションの一室のようであり、簡単に見つけることはできない。どこどこの交差点についたらまた電話して、というやり取りを繰り返し、マンションの近くまで来たところで、建物名・部屋名が明かされた。なお、今回の場合Webサイトに具体的な住所・建物名・部屋名の記述はなかった。

指定されたマンションオートロック式で、部屋番号を呼び出して建物の中へはいり、エレベータで部屋のある階まで移動した。新しめのマンションのように思える。部屋の前でアホンを押すと、しばらくしてドアが解錠され、日本人女性が一人で現れて入室するように促された。玄関はいるとすぐに小さなキッチントイレ、浴室があるような単身用のマンションである。部屋には、施術者の女性マッサージ師のような衣装でたっていだけで、他の人はいない。間接照明のため薄暗いリビングには、小さめのソファがあり、床にマッサージ受けるための敷物があるだけ。ソファに座り、最初に代金の精算をおこなった。ここで、ひとつ予想外のことがあった。90分のサービスで事前に金額を聞かされていたものの、部屋で示された用紙には、プラス3000円で「VIPコース」「ラグジュアリーコース」(場合により呼び方が異なる)があり、それをお勧めされた。ただし、具体的に何がVIPラグジュアリーなのかの記述説明はない。特に考えもなく、追加の金額を加えて支払いをした。その後、流れについて簡単説明がある。これは単純な話で、最初に一人でシャワーあびるシャワーが終わったら体を拭き、準備された場所に横たわって施術を受ける、施術が終わったらもう一度シャワーを浴びる、というだけ。シャワー用には、貴重品袋が用意されていた。シャワーの間、施術者は準備をするという。

浴室は単身者用の部屋によくある狭い湯船の浴室で、ボディーソープ、あかすりスポンジなどが準備されている。そして、シャワーを浴びた後に履く、パンツ。これは、オイルマッサージであれば、出張マッサージでも用意されていて、シャワーの後にはそれだけを身につけてベッドに横たわるものだ。使い捨てのものであり、なぜだかわからないがTバック、というか後ろはほぼヒモであり、前もどうにか隠れる程度の下着だ。普段そのような下着をつけることのないおっさんには違和感がありまくる。

さて、シャワーをあびて、露出過多な使い捨てパンツを掃いて部屋に戻ると、施術者が衣装を変えていた。変えていたというよりは、脱いでいた。全裸ではない。透け気味のキャミソール姿である過去ホテル出張のオイルマッサージを受けた際には、施術者が着てきた着衣を脱ぐことは一切なかった最初から性風俗であると謳っている性感エステの場合、着衣からまり、流れでトップは裸、全裸など様々である。「性的サービスは一切ない」はずのメンエスとは、健全なオイルマッサージと、性感エステの間に漂う玉虫色存在なのだろうか、と思いつつ、施術は進行していく。メンエスとは一体なんなのかという謎に、少しだけヒントが与えられた気がした。

最初は、うつ伏せで、オイルを使ったマッサージ下半身からはじまる。なぜだかわからないが、敷物の周りには、床に横長の鏡が設定されてい、自分が横になってマッサージを受けている様子をチラ見することができる。マッサージこのような設備必要だろうか?ということはともかく、「今日はお休みですか」「どちらからお越しですか」などのマッサージあるある会話をしつつ、淡々とオイルによるマッサージが行われる。一通り、足裏からふくらはぎ、ふとももまで下半身をオイルにより摩擦したところで、施術者は体勢を変えて、うつ伏せの頭側へ移動してきた。そのまま、うつ伏せの頭の上にほぼまたがるような体勢で、背中の上側から上半身マッサージがはじまる。このような不思議な体勢によるマッサージははじめて経験した。なお、施術者はキャミソールパンツのみであり、いわゆる頭と下半身は近い。布一枚。接触をするわけではないが、もやもや、する。趣味についての会話をしながら施術は進行し、後半は仰向けでマッサージをうけた。最初に、施術者は上半身の首やデコルテのあたりをマッサージしてくれる。さらに、下半身側に移動して、今度は仰向けの体勢で下半身周りのマッサージをする。「これがリンパを流すってやつや!」と考えながら、そして全身オイルまみれになりながら、足の付け根の周辺のマッサージがおこなわれていく。ここまで完全に受け身であり、マッサージからそれは当たり前なのである。十分にリンパがながれたくらいのところで、時間となり、マッサージは終了した。もう一度シャワーを浴びて、オイルを流し、少し休みお茶などを飲んでから、着替えて部屋をでた。少し体が軽くなった気がする。

部屋を出る前に「VIPコース」というのは、普通コースと何が違うのか?と尋ねてみると、衣装が違う(脱ぐ脱がない)のだということであった。別の店でも同様の説明を受けた。

オチはない。

2018-04-12

ボクサーパンツ姿で洋式トイレに放物線を描いてみた

ふくらはぎにしぶきが飛び散ることがよーくわかった。

もうお気にのパンツトイレに入れない。

2018-03-31

彼氏同棲しようという話をした。

 

 

その翌日、元セフレから「やりてえ(意訳)」と1年ぶりに連絡があった。

さすがに無視してブロックした。

 

 

それからさらに数週間後、職場の先輩Aさん,Bさんと一緒に飲みに行った。

 

前提として、私は以前Aさん(40代独身)に思いを寄せていた。そして、そのことをAさんは認知している。

過去、Aさんに対して冗談交じりに「私、Aさんのこと大好きです!」と伝えたため)

加えて、私に彼氏ができたことも知っている。

 

Aさん, Bさんとの飲み会では、私の彼氏の話になった。一番ホット話題同棲なので、私は「同棲することになって本当に嬉しい」と素直な気持ちを話した。

そしたら、Aさんは「嫉妬するわー、こいつ前まで俺のこと好きって言ってたんだぞ」とBさんに言った。その発言は嬉しかったけど、今は彼氏が大好きなのであまり動じなかった。

3人とも、この時点で結構酔っ払っていた。

 

その日は、そこから始発までカラオケの流れになった。

Aさんと私は入口側のソファに座って、Bさんはその隣のソファに座る。

私が歌っていたら、Aさんが腰に手を回してきた。よくある絡みなので、「あー、Aさん今日も酔っ払ってるなー」くらいに思った。

そのうち、Bさんが疲れから眠ってしまった。

Aさんも眠くなってきたのか、私の腰に手を回したまま、私に寄りかかる形で眠ってしまった。それから、もう一方の腕を私のほうに伸ばして、私に抱きつくような体制になった。

さすがに困った。密室だし、Bさんは爆睡してるし、部屋は薄暗いし。振りほどくのも起こしちゃって悪いかなとか考えていたら、私の手の上にAさんの手が重なった。Aさんの無骨な指が、すこし動く。Aさんの浅黒い肌が、ベルトの上あたりにのぞいている。…………困った。

もう狸寝入りしてしまおうと思って、そのままの体勢で机に軽くうつ伏せる。そしたら、顔がカーっと紅潮してきて心臓がドキドキ鳴った。Aさんの指がかすかに動くたびに、エロい声が出てしまいそうなのを渾身の力で我慢した。

どうしようどうしようどうしよう、いやいやこれはさすがにマズいと思って、できるだけそっとAさんの腕からすり抜けた。マズいところまで来ていた。完全に、好きだったとき気持ちにかなり近づいている。気持ちを振り切りたいけれど、完全にエロスイッチが入ってしまった。

気持ち落ち着けていると、Aさんが寝たままの体勢で私のふくらはぎに触れた。「くすぐったいです」と笑ったら、Aさんも笑ってまた寝た。

 

しばらくしたら部屋の電話が鳴って、「退店10分前です」と言われた。

なんだかもうよくわからなくなって、Aさんに抱きつく形で「起きてください」と上半身を起こしたら、またAさんが横になって寝た。そしたら、Aさんは「もっかい起こして」と言った。私は、もう一回抱きつく形で起こした。

気持ちを切り替えるためにぱん、と手を叩いて「はい、行きますよー」と言っても、Bさんは起きないので、AさんといっしょにBさんを何回も起こして店を出た。

それからは、本当にいつも通り、みんな普通に帰った。

 

家に帰って寝て起きて、思い出してみてあれは夢か???と軽くパニックになった。

過去何度も好意を伝えても、「こんなおっさんのどこがいいんだ」と笑っていなされてばかりだったのに。

過去彼女の話だってろくにしないくらい、プライベートを誰にも話さないような人だったのに。

彼氏秘密ができて申し訳ない気持ちと、ドキドキする気持ちと、おっさん嫉妬心や甘えたを悲しく思う気持ちがないまぜになってる。

2018-03-17

今日は指の関節がいててててて

特に左手

昨日動かしすぎたからか?

両脚ふくらはぎ筋肉痛も来てる

あーーー、これ以上痛くなる前にアセトアミノフェンいっとくか?

けどもう眠剤飲んじゃったし、寝て明日朝起きたら治ってたらいいなぁ

なんか腰まで痛くなってきた

これは生理前だからだろうな

なんか、痛みって一箇所痛くなると連鎖して痛みだす気がするわ

2018-03-16

ギザギザだいすき

服飾的に何という名前なのか知らないけれど、服の袖口とか裾のギザギザした部分を撫でるのが、子供の頃からまらなく好きだ。

「さりゅっ…ざりゅっ…」って撫でていると不思議快感安心感があって、手持ちぶさたになると、つい触ってしまう。

行儀悪いけど、パジャマとかスウェットとかだと、寝てるとき無意識に唇でもやってたりする。

ギザギザ部分が擦り切れて薄くなってしまった服もある。

ギザギザは幅が広すぎても狭すぎても、溝が深すぎても浅すぎても気持ちよくない。

いい感じの全面ギザ生地の服来てる人見ると、思わず二の腕とか撫でたい衝動かられる。撫でないけど。

あと、服ではないけど、長時間はいハイソックスを脱いだときふくらはぎにできる跡なんかもたまらない。どぅるどぅる感を求めて、つい撫でてしまう。

他人にはあまり理解されないんだけど、何なんだろうこれ。幼少期の体験か何かだろうか。そっち方面気持ち良さとはまったく違うんだけど、フロイト先生的な案件だったりするのだろうか。

まぁ何にしろギザギザだいすき。

2018-03-13

エロい砂かけばばあ

さっき砂かけばばあが夢に出てきたんだけど、その砂かけばばあがやたらエロかった。

砂かけばばあなんだけど、かなり若くて30歳くらいなんだけど、とにかく色気がすごい。

薄化粧してて、髪には艶があって。上品着物を着ている。

で、着物の前をはだけさせて脚を見せてくる。着つけはしっかりしてるし、着物上品なのにやってることはすげえ淫靡で、そのギャップは恐ろしさすら感ずる。

ももエロいし、ふくらはぎから足首へのラインも、大人のお姉さんっぽいすげえ色気。肌は妖怪らしく透き通るようだった。とにかくエロい。

素足でさ、灰色マニキュアの足指バージョンみたいなのしててさ。それで上手いこと砂で跪かされて顔を踏まれるわけだ。

で、「足に付いた砂をなめなさい」って命令してくる。Sっぽい展開なんだけど声色はあくまで優しい。ただ妖怪らしい冷たさをどこかに秘めている。

ばばあの足の指に、砂浜で遊んだ時みたいに砂がついているんだよ。俺は舐めるわけだけど、相手は砂を操れるわけで、舐めても舐めても砂が……なくならないんだ。舐めても舐めても……。

ばばあは立っていて、程良い高さの台みたいなところに右足を乗っけてる。ちょうどはだけた脚が奇麗に見える姿勢なんだ。

砂かけお姉さんの太ももとか顔とか見たくて、たまに顔をあげるんだけど「こら」って言われて砂をかけられ、足舐め作業に戻される。

俺もちょっともうどうしても我慢できなくなって脛のあたりをなめる流れから何度か顔をみようと努力したところ、すこし顔を見せてくれた。

で、もう幸せになってずっと脚を舐めようと思ってなめ続けたらいつの間にか神宮球場ヤクルト山田と対戦していた。今年はやつは侮れないぞ、とコーチが言っていた。

現実でも山田には活躍してほしい。

2018-01-30

立花理香さんが好きだという話

私は声優立花理香さんが好きだ。

本人は気にしている目が好きだ。

一重なのか結局よく分からない目が好きだ。

涙袋が大きい目が好きだ。

サディスティックな目が好きだ。

ツンと上を向いた唇が好きだ。

横顔が好きだ。

こだわりのある髪色が好きだ。

悩んだけど結局戻した髪の分け方が好きだ。

どんな髪型でも似合うのが好きだ。

ポニーテールが一番好きだ。

華奢な身体が好きだ。

さな胸が好きだ。

綺麗な腋が好きだ。

可憐に伸びる二の腕が好きだ。

細くて長い指が好きだ。

ヘソは出さな姿勢が好きだ。

胸よりは小さくないが決して主張しないお尻が好きだ。

視線を独り占めする太ももが好きだ。

若々しいふくらはぎが好きだ。

子供みたいな小さな足が好きだ。

メリハリのある完璧脚線美が好きだ。

ほんとはもっと声優としての立花理香さんとか内面のことについて語りたい。

でも私はまず、立花理香さんの外見から好きになったから、今回はここまで。

2018-01-24

冬の夜に想う

昨夜は都内とは思えぬほど寒い夜だった。

帰宅して部屋に入ると吐いた息がほのかに白かった。

私の住むアパート灯油ストーブが使えないのでエアコンに頼るしかないのだが、昨夜の冷え込みには力不足だったようで、私は寝酒をサッとかっ食らってとっとと寝てしまうことにした。

だけど、いつもより一時間も早く布団にくるまたからといってすぐに寝つけるもんでもない。

寝よう寝ようと念じながらとりとめのない思考を巡らせてるうちに、ふと昔のことを思いだした。

長野実家に住んでいたころのことだ。

言うまでもなく長野東京よりずっとたくさんの雪が降る。そして寒い

我が家は造りが古く隙間が多かったので特に寒い家だった。

家族が起きているうちはストーブを炊いているからいいのだけど、火の気がなくなると途端に冷気が忍び込んでくる。

夜も更け家の中がすっかり冷え切ったころ、私の部屋のふすまがガタガタとやかましい音を立てながらスッと10センチばかし開く。

そして空いた隙間からのそのそ入り込んでくるのは2匹の猫だった。

そのころ我が家で飼っていた“ごま”と“しょうゆ”だ。

2匹とも団子みたくまんまるに太っていた。

やつらはベッド前までやってくると、「へへっ、温かいところをみつけたニャ」とばかりに私の上に飛び乗る。

だいたい足下のふくらはぎの辺りが定位置だった。

たぶん二匹分で10キロ以上あったろう。

子供だった私には、たまったもんじゃない重さだった。

足をジタバタさせてもちっともどいてくれる気配はない。

私は仕方なくやつらの重みから逃げるようにして布団の中で体育座りみたく脚を畳むしかなった。

しかも、やつらの訪問は冬の間ずっと続くのだ。

おかげで大人になってからも脚を畳んで寝る癖がすっかり身体に染み付いてしまった。

私の背があまり伸びなかったのは寝姿に原因があったような気がしないでもない。

あのころからずいぶんと時が経ち、すっかり大人になった私は布団の中で脚を伸ばしてみる。

邪魔なやつらはもういない。

だけど、どうにもしっくりこなくて、私は結局いつものように脚を畳んで眠りに落ちるのを待つのだった。

そんな、東京に雪が降った日のこと。

足下のずっしりした重みがちょっとだけ懐かしくなった冬の夜のこと。

2018-01-13

電気風呂ヤバすぎ

近くの銭湯電気風呂が付いてるんだが、足を入れた瞬間ふくらはぎが収縮して浴槽にザブン⇒全身電気ショックで「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁあ」って変な声出た

死ぬかと思った

2018-01-12

嫌いな人と離れられない。

零細企業に勤めてるんだけど、社員の一人が大嫌いすぎて困っている。

コップをものすごい音を立ててすするところと、

(共同)トイレにいつも大便と淫毛を残していること、

仕事いまいちできないところと、

人のマイ箸とか勝手に使うところと、

独り言タイピングの音がうるさいところ、

「はーい」と、返事ひとつ語尾を伸ばして話すところと、

いつも「彼女が欲しい」と願っているところと、

服がダサいところと、

歯ブラシを直に机の上に置いているところと、

飲み会で一度、ふくらはぎをススーッと指添わせて触ってきたところが死ぬほど嫌い。

 

主に、最後の一行ですべてが無理になった。

あと、仕事ができないところ。

 

これだけ人のことを嫌いになるの珍しいなと思っていたんだけど、

こいつと半年一緒に働いてわかったけど、

私は単に、「合わない」と思った人と一切接触をしないだけだったんだわ。

興味もないし、触れたくも見たくも視界にいれたくもない。

そんな人には近づかないもんね。

でも、机は隣だし、いやでも関わらないといけないし、本当に最悪。毎日本当にいや。

こいつが後から入ってきたことで、より最悪。

 

まったく興味がない人とここまで一緒にいると、こんなに苦痛になるんだな。

2017-12-07

私の背中に棲むなにか

結婚式に向け、独身時代最後の贅沢として、エステに通っている。

内容はあれこれ変えてみたけど、今はサウナとオイルマッサージ

元々は痩身が目的だったんだけど、昔から肩周りの凝りがすごかったので、今は美容というよりリラクゼーションを兼ねた至福の時間

1週間~10日に1度くらいの頻度で通い、部位によっては嘘でしょって位痛かった時期も越え、やっとうとうとできる位になってきた。

が、1ヶ月弱通えない時期があって、久々に行ったら、「背中全然指が入らない…!」と担当のお姉さんに大変困惑された。

事前の会話で「最近背中~腰回りがどうもヤバくて」とは言ってあったのだが、浮腫んだふくらはぎの硬さが思ったより軽度だったこともあって油断していたらしい。

「えぇー…」の連呼がとにかくすごい。カウンターをかちかちしたいレベル

あとは「今12月ですけど、間違いなく今年一番ヤバいです」「最近肩こりが~っていうお客さん来ましたけど、比じゃないですよ」「ちょっと今本気でどうしようか考えてます」「これ何が入ってるんですか。鉄板入れてるんですか」等々。以前から「何かが棲んでいる」と言われていた私の背中だが、鉄板とは…お好み焼き食べたい。

とにかく太もも付け根やらおしり・腰のあたりがめっちゃ痛かった。いつもは穏やかに会話が弾むんだけど、今回ばかりはもう腹の底から「うおっ」「あ゛あ゛あ゛あ゛」と取り繕えない悲鳴が出た。

「これはヤバいですよ」っていうのは、セールスの一環であって、つまりもっとこのメニューも付けて!」「この商品を買って!」っていう流れの一環なのかと疑う気持ちはある。

が、周囲のブースからあん困惑に満ちた反応や、野太い悲鳴なんて聞いたことないんだよ…

かに肩甲骨周りの硬さは感じていた。腕の可動域がおかしいとは思ってたんだ。腰痛がきてる自覚もある。あれこれストレッチを試みてはいものの、すぐどうこうなるわけでもなく。デスクワーク時間が長いのも姿勢があまりよくないのも悪化拍車をかけているだろう。反り腰猫背から解放される日は来るのか。

健康尊い。みんなはどうやってこのリンパのつまりなんだか筋肉の強張りなんだか鉄板なんだかから逃れているんだ。

エステにお姉さんは何人かいるんだけど「これスタッフルームに戻って○○にも伝えないと!」と言われた。

帰りに○○さんに会った。「増田さん、背中相当ヤバいんですって?」「えっもう聞いたの?」「秒で」単なる業務内容の共有であることを願いたい。

お姉さんたちはきゃぴっとして可愛らしい。私は来週も増やしたメニューを受けに行く。

2017-11-23

anond:20171123103756

大丈夫ですよ寸胴の人はふくらはぎがしっかりしてますから

まあ繰り返しになりますがブスは親のせい(仕業)に出来る最高の言い訳なので責め立ててくれ

2017-11-20

なんでスーパーカートってかかと破壊する設計になってるの

ちょうど靴でカバーしきれてないところにフレームが当るじゃん?

かかと削れるじゃん

あれもう少し高いところにできんの?カバーつけるとかさ。

ふくらはぎの高さでぶつかるならなんとかなるが、かかとはやめてくれ。

2017-11-13

極左増田極右増田

極左増田極右増田はとても仲が悪い。

しかし、ちょっとだけ話してみると、

お互い部活をしているJK日焼けしていれば尚よし)のちょっとだけ筋肉がついたふくらはぎ死ぬ程好き、

ということが分かりました。

二人は少し考えを改めました。

性癖が同じであれば、仲良くなれるかな。

2017-10-31

踏み台昇降

一ヶ月くらい前から、1kgの軽いダンベルを両手に持って踏み台昇降運動を始めた。

30分くらいやると腕、胸、背中ふくらはぎもも、そして下腹の腹筋に筋肉痛が翌々日くらいまで残る。

踏み台昇降有酸素運動から並行して筋トレもしようと思ってたんだけど、この調子じゃしばらく止めといた方がいいかなあ。学生時代はいちおう運動部だったのに、ずいぶん鈍ったもんだなあ、俺の身体

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん