「ふくらはぎ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ふくらはぎとは

2023-09-13

はじらいの現実

よく漫画アニメ普段はき慣れていないミニスカートの裾を抑えながら恥じらう女の子を見るけど、自分も実際に見たことがある。

会社飲み会罰ゲームミニスカートをはかされた上司54歳男(ハゲ)が給湯室からスカートの裾を抑えながら「こ、これは恥ずかしいな」ともぞもぞしていたのを見た。

その上司の右太ももから右ふくらはぎにかけて大きな傷があって、皆押し黙ってしまった。

2023-08-21

30になる妹のツイートが悲しすぎる

妹はイラストを見てもらいたくてTwitterに絵垢なるものを持っている

30になる妹は不登校で中卒でニート実家暮らし体重は90キロ趣味はapex

描いてる絵はわざわざアカウント作るほどか?というクオリティで、ワンチャンプロになるのも難しいと思う。

さらに悲しいのがその絵の内容で、

8月夏休みの絵日記イラストなのに、なぜか冬服を着た女子高生が出てくる。

不登校だったから冬服の概念を知らないみたい。

朝4時まで徹夜でapexやって有給使うか悩むイラスト、当日に私用で有給くれるバイトって無いよ。

冷凍庫を発掘してたらアイスが出てきた!のイラスト、ウチの冷凍庫汚いもんね。

すごく太ってる自分の体型が自然と絵に現れてて、絵のキャラふくらはぎストーンとしてる。

女子高生証明写真を撮って働きたくね〜みたいなイラスト、そのままの妹の姿で悲しい。

apexで知り合った人が「うまーい!」とか何も知らずに褒めてて、「もうこの子完全に人生終わってるんです。褒めてハンパに寿命伸ばすのやめてください」って思う。

早く死んでほしい。

2023-08-03

35歳になって、身体の変化

・太った

アラサーの始め、20代半ばの転職以来、ストレスの過食がやめられていない。なので正しくは「太っている」。

シルエットが明らかに変わったな、と思うようになったのが最近。横から見た時の厚みがすごい。太もも丸太のようになった。

太っても太っても残っていた「ウェストくびれがある」「ふくらはぎはまだ細い」のうち、前者が死んだ。くびれができる体操はわかっているので、ちゃんとやりたい。

・目の下のクマが消えない

数年前から仕事体制が変わり、睡眠時間を削ることを強いられている。それでも休日寝ればクマは消えていたが、ここ半年くらい目のクマが消えない。

化粧のしがいがあるのは化粧のモチベーションにつながってありがたいが、鏡を見るたび「クマすごいな」と思うのは少し悲しい。

・シミ

子どもの頃ほくろだったものが、じわじわシミに変化してきている気がする。

自分の中では目立つほくろでかわいいな、と思っていたので、「あの、これはもともとはほくろで」と弁解したくなる。

いろいろあるなぁ。

面白くもあるが、大変だ。

2023-07-21

ふくらはぎに1本だけ毛が生える

いっこうにボーボーにならない

いつも同じところから生えてる

そう長くないから、どこかでほどよくちぎれたりしてるんだろうか

不思議な一本毛

2023-07-12

anond:20230712101815

骨ストワイ、最近ストレッチ始めたんやけど、みるみる太腿もふくらはぎもほっそりしたやで

ストレッチしてなかったらおすすめやで

2023-07-11

パイズリの気持ち良さが分からん

いや、私は女なので今生でその良さが分かることはないんだけど。

フェラチオ気持ちいいのは分かるんだよ。通常の性行為と同じ粘膜接触だし、吸ったり舌這わせたりで刺激も多いだろう。

手コキも分かる。指の動きで圧迫の強弱つけやすいし。

でもさ、脂肪質量による柔らかさはあれど、おっぱいってただの肌じゃん。二の腕やらふくらはぎやらと変わらんじゃん。

そりゃ視覚的なエロさはあるだろうけど、おっぱいじゃ指や舌ほどtntnに刺激送れんだろ。

幸いにも実行可能レベルの乳はあるので、彼氏に頼まれてやったことはある。最初は嬉しそうにしてたけど、最近全然頼んでこなくなった。単純に私が下手なのもあるだろうが、言うて上手なパイズリ is 何?

2023-06-29

[]

2年引きこもりしてて清掃のバイトに応募して受かったので働く

体力の低下が著しく、最寄り駅まで10分歩くだけでびっこひくくらいふくらはぎが痛い

初日と2日目で腰を痛めて仕事中本当に辛かった

汗が滝のように流れ、ふうふうと肩で息をしながら使ったばかりの湿度の高い風呂掃除した

今日これから3日目だが、もう既に辞めたい

辛いのは最初だけというけど、最初はいつまでなんだ

2023-06-24

最近毎日km歩いたりジョギングしてるのに

昨日合計12km程ママチャリで市内走ったらふくらはぎ筋肉痛になってワロタ


使う筋肉だいぶんちがうのかな

2023-06-13

美容体重経験と回想

当方女性最近SNSダイエットの話が出てくるが、ルッキズムが誤った方向に行ってないか心配になることがある。何より、自分自身仕事をして犠牲者だったからだ。

先に結論を述べると、痩せることが美しくなれるのは、肥満の人が普通になることだとしか思ってない。BMI30の人が24とか。

業界の美の基準特殊だ。

オーディション書類選考通過して呼ばれて複数事務所に行ったことがある。それまでも何らかの業界経験はあった。スカウトも受けたことがある。

当時の増田の体型はBMI18程度。普通よりはずっと痩せている方だ。

しかし、複数事務所もっと絞らないとね…と言われた。某事務所からは120%仕事来ないと断言さえされた。

問題は骨格か、顔の大きさだろう。ビジュアルが悪いことは認める。が、それにしてもこの業界の人々の細さに驚く。どう頑張っても痩せられない域の細さなのだ。華奢、あるいは作りが先天的に小さいという言葉が適切だろう。

普通体型の人が、同じように目指したら見事に摂食障害になるレベルの細さ。ふくらはぎが、増田の腕よりも細いのは珍しくない気がした。時に、ギョッとすることもある。何を食べたらそんなに細くなれるのか。

メディアで良しとされる体型は現実では痩せすぎなことが多いから、自分のこと太ってるなんて思わないで美容体重なんて目指さないでほしい。

激しいダイエットで体を壊すと歳を取ってから歪みがくる。胸も痩せるし、デコルテ部分があばら骨が見えるとだいぶ貧相で老けて見える。痩せても胸が大きいとかは経験神話に近いと思ってる。

周りでダイエット頑張りすぎてる人がいたら今のままで充分可愛くて美しいって言って危ないので止めてあげてほしい。

2023-06-12

ねこが1歳になった(追記しました)

(前回のご報告)https://anond.hatelabo.jp/20230107233400

昨年8月に生後おそらく2ヶ月で行き倒れて保護されたこねこ10月にお迎えしたので、今月でちょうど1歳を迎えることになりました。そのお祝いとして獣医師さんに三種混合ワクチンを接種いただいたことを記念し、ここに駄文を残しておきたいと思います

今年の年明けにねこエイズ検査をしていただいた時と比較すると体長体重とも成長はほぼ止まった感じですが、見た目はこねから一回り大きくなったくらいのイメージなので、けっこう小柄なほうのねこだと思われますとはいえ抱きかかえるとずっしりみっちりしていて、増田の腕に残っている同じくかなり小柄だった先代ねこの重さの記憶との違いに、ぎゅっとつまった密度を感じたりします。もちろん22歳の老ねこと比べる方が間違っていることは承知していますが、ツチノコを想起させるシルエットからの猛然としたダッシュと、空気がいっぱいつまったゴムまりのような軽やかな弾性をもって部屋中を駆け回る日々を過ごしていただけていること、共に暮らす増田はとても嬉しく思っています。幸い増田はまだ在宅勤務を主体とさせていただいているのですが、ちょっと留守番できるねこになってもらいたいという不遜な理由から週に幾日か見計らって出勤したりもしています。そうこうしているうちに、彼女のほうも距離感が掴めてきたのか増田の在宅勤務中はデスクの上またはPCの上またはモニタキーボードの間等でおとなしくおやすみいただくことが増えてきました。たまにESCとかいろんなFnキーを押下してくださるので、初めて見るようなOutlookの画面が突然出てきて増田勉強になっています

ところで、ねこトイレの後走り回るのは不安と緊張の反動である。ということをこねこをお迎えするとき講習会で教えていただきました。そして不安や緊張を感じさせないように十分大きくて清潔なトイレを準備してくださいとも。増田宅ではトイレが下手になった先代ねこのために購入したベルギー製の巨大ねこトイレを今もそのまま使い続けていて、ゴムまりちゃん五匹くらいは同時に用を足せる広さがあるのですが、たしかによいうんこをした後でも走り回ったりしないんです。ねこと共に暮らすことについてはいっぱしのものだとの自負を折られたわけですが、それでもご飯は下を向かずとも食べられる高さに置くとか、ご飯から離れた(複数の)場所たっぷりお水を飲めるようにするとか、カリカリやウェットフードの選び方とか差し上げ方とか、22年間学んだことでよいお世話ができていると思いますし、同時に本当は22年前にもっともっといいお世話ができたはずなのにとなんとも申し訳ない気持ちになったりします。

増田がベッドに入るとしばらくしてねこがやってきます。決まって左のわきの下で一周ぐるんとまわったあと肩にしりを乗っけて増田の手のひらで耳のうしろを撫でてもらう体勢に入ります増田ねこの耳のうしろを撫でながら、先代ねこが同じ場所で(ただし向きは逆であごを肩に乗せる)眠っていたことを思い出したりします。ふと目を覚ますとわきの下からねこはいなくなってますが、かわりにふくらはぎのよこに背中をくっつけて寝ているねこを感じます。そのような日々がこれまで20年続いてきて、そしてこれから20年続くことを願いつつ、かわいいゴムまりちゃん、弾むように踊る。と口ずさんだりしていますこちらからは以上です。引き続きよろしくお願いします。

https://imgur.com/a/QLlH1Yu

追記

読み返してみるといつも以上に主観丸出しなポエムになっててまた呆れられそうなのですが、こねこ(若ねこ)って入力aに対してシンプルに出力a'(*かわいい)を返してくるから増田の反応も主観(^かわいい)になってる気がします。ねこが年を経るにつれ入力aに加えて昨日の入力zと3日前の入力yと2週間前の入力xとどんどん出力に関連するパラメーターが増えていくので、「この反応は先月差し上げてしまったまずいご飯の影響がまだ残ってる!」などとねこのお考えを察するように増田側も成長していくと思われます。ということで、いまの増田リセットされかわいい以外の表現言語を失っているとご理解いただけると幸いです。あとはてのさんにブックマークコメントいただけてうれしいです。

2023-06-06

最近自分が本当に変わってしまったなと感じたのは村上春樹の新作を立ち読みした時で、冒頭1ページ目で主人公の前を歩く少女ふくらはぎだか太ももかに葉っぱか砂利か何かがくっ付いてるさまをなんか良いよねって感じに書いてて ウワッ無理ッッッてなったんだよな

 何でか分からんけど村上春樹がどういうつもりで書いてるか分からんけど少なくとも昔の俺は「むっちゃエロい脚やん」てだけの性欲をエモだ愛だと糊塗して悦に入ってて、その当時の俺を思い出して無理ッッッてなるんだと思う

そういう無意識嫌悪感みたいなものを一瞬でこじ開けられたのはやっぱ村上春樹文章力ってすごいのかも

2023-05-31

おっさんはまずは片脚前屈に集中しろ

まずはこの画像あなたはこれができますか?

https://img.magazineworld.jp/2019/04/17172453/cro996-kobore-01.jpg

脚を前に伸ばして床にL字型に座るこの姿勢を長座というのだけれど、絶望的に身体が硬い人は、これができない。

常に腹筋で上体を支えていないと後ろにひっくり返る。

そういうおっさん向けに書く(おばさんが読んでも大丈夫なようには書く)。

脱力したままいつまででも長座していられるくらい柔軟な人間は、年齢性別わず読まなくていい。

 

さて、長座ができないくらい硬いおっさんは、あれこれやるより、今はただ、ひたすら片脚前屈にだけ集中しろ

https://www.my-yoga.love/wp-content/uploads/2020/04/p1280x1280_18106d0f.jpg

 

やり方!

床に腰をおろして片脚を前に伸ばし、反対の脚はあぐらをかくように内側にたたむ。

そして、伸ばした脚の方向へ上半身を倒していく。

これが片脚前屈。

 

もっと詳しいやり方!

胸を張って、顔は正面を向ける。 

そして、倒すというよりは下腹部から上全部をまるごとズズイと前進させるようなイメージで、じんわりと、骨盤から前に倒す。

「C」のようにたわませるんじゃなくて、「く」のように折り曲げるのです。

ひざの裏が少し浮いてしまってもいい。足首は曲げてても伸ばしててもいい。

ただし猫背にならないこと、うつむかないこと。

腿の裏が「痛気持ちいい?」くらいのところで止めて、20秒。

両脚交互に3回ずつやる。

 

1回ごとに前よりもちょっとだけ深く曲がるようになるので、さっき痛かったポイントイメージはいったん捨てて、止めるポイントを毎回探すこと。

翌日はちょっと硬さが戻って、今日の1回目は昨日の3回目よりは曲がらないと思う。

でも、今日の3回目は昨日の3回目よりは曲がる。ごくわずかな差だけど、これが積み重なるんだ。

時々サボりながらでもこれを3週間くらい続けると「俺の身体ってこのくらいは曲がるのね」とちょっといい気分になれるくらいは変化するぜ。

 

もちろん長座もできないようなおっさん最初から上の写真みたいに深々と曲がるわけがない。

たぶん最初は鈍角かせいぜい直角がいいとこだろう。ほんのちょっと曲げただけでも腿裏がビーンと張って痛いだろう。こんなに曲がらないものなのかとショックだと思う。

それでいいのです。

倒れてる感じを出したくて上体が水泳飛び込みみたいな姿勢になってしまうのがダメ

指先がどこまで遠くに届くかを競っているわけじゃないので、両手はひざのあたりにでも置いとけばいい。

大事なのは「腿の裏を伸ばしている」という感覚

骨盤の前傾を使って上手に腿の裏を伸ばせていると、テコの要領でかかとがギューッと床に押し付けられるはず。

この感じがないなら、骨盤を前傾方向にうまくプレスできていない。

 

粘り強くこれを続けているうちに、どんどん曲がりが深くなっていくのが楽しくなってくると思う。

そうしたら、今度はひざをしっかり伸ばしてひざの裏も伸ばそう。

足首も直角に立ててふくらはぎも伸ばそう。

腿裏~ひざ裏~ふくらはぎは全部つながっていて、手のひらが地面にベターッとつくような前屈は、これら全部が柔軟じゃないと無理なんだ。

 

それじゃグッドラック! チャオ!

2023-05-30

最近、寒暖差が激しい

寒いと思ったらカッと暑くなり汗だくになる

上着を着たと思ったら脱ぎ、脱いだと思ったらすぐに着てと延々繰り返してる

季節のせいもあるだろうと思っていたが、もう2週間ほどもこんな状態

これは更年期ホットフラッシュってやつなんだろうか、やっぱり

上半身が急にほてり、でも足などは冷えてるなんて症状なんかも当たってる

ふくらはぎが冷たいくらいなのに、顔は暑くてしょうがない、みたいな

治療ホルモン治療がメインのよう

改善のためには運動して健康的な生活をとのことだった

そんな漠然と言われても、という気分だ

しかしまあ何もしないよりは遥かに良い

ウォーキングはじめ足腰使う運動をやることにしてみたい

2023-05-26

サッカーできるだけじゃ人生ダメなんだな 1/3


先日、不惑(forty years old)を迎えた。今では草臥れたおじさんだけれども、昔はサッカーが大好きで、自他ともに認めるサッカー馬鹿だった。

小学校から始めた。当時は、とにかくドリブルが大好きで、どんな形でもゴールを決めたら嬉しくて、勝っても負けても楽しかった。何も考えずにサッカーやってた。そんないい思い出もあるが、人生トータルでは辛い思い出の方が多い。

この日記は当時の個人情報でいっぱいだけど、俺はもういいよ。十分に生きたと思ってる。どうなってもいい。特定されても大したキズじゃない。クビになるのを恐れるような会社勤めでもない。

小学校中学高校も、部活一筋だった。中学時代にユースに誘われたことが一度だけあるが、自分は超一流にはなれないと何となくわかっていた。本当に才能がある奴は輝きが違う。自分サッカーを楽しめればそれでよかった。全国優勝とかには興味なかった。

高校は、京都府内にある名門校だった。懐かしい。思い出すにつれ、いい思い出と悪い思い出とが交錯するみたいになって、感傷的な気分になってくる。今はトニックウォーターを飲みながら書いてるけど、気分がいい。

それでさ、高校で補欠or正レギュラーに選ばれるようになったのは高二の秋以降だったんだが、最後の年になると1回戦から最後試合までフルで出場できた。国立競技場で戦えなかったのは残念だが、あの時の自分は輝いていたと思う。輝いていたのだ……。

大学は、とその前に、当日記は、いわゆる人生の落後者の振り返り日記になる。たまに、増田とかはてなブログでもそういうの投稿してる人いるだろ。自分もやってみようと思ったのだ。

俺という人間が落っこちきっかけは、大学だった。これから書く文章を要約すると、高校卒業後はスポーツ推薦(セレクション)で同志社大学に入った。そこでも、運や努力甲斐があって人並以上に活躍ができて、チアリーダー彼女ができて、学業も順調で、アルバイトも楽しくて、四回生になって、さあ就職活動だ、、、というところで人生の敗北を味わった。そこから転落していった。

俺より凄い奴なんて、世の中にはいくらでもいた。その一人が、当時の大阪大学サッカー部でキャプテンをやってる奴だった。以下アイツとしよう。

これがまた凄かった。価値観大人びていて、熱血漢で、スポーツは当然できて、面白い小話ができて、総合商社内定して、それで最後に、俺の彼女そいつに取られてしまった。あの時は、そりゃあキツかったよ。

俺がいい会社内定できていればもしや、という思いは当時あったがその線は薄いだろう。俺がアイツより優れていたのはサッカーだけだった。俺とアイツは、サッカーで対戦したことが一度だけある。高校時代に府大会でやり合った時、圧倒的な差で点をもぎ取って勝利を収めた。

ピッチ上で1on1にもなったが、俺の勝利歴然だった。見え見えの目線トラップに引っかかって、アイツは筋違いの方向に足を蹴り出した。それで、スルッと抜いてやった。高二の春季大会だったと思う。

大学以降は、リーグが違ったので対戦することはなかった(うちは一部で、阪大は二部)。しかし会場で見ることは稀にあった。

まあ、これから昔の日記を読みながら、ちょっとずつ書いていく。辛い思い出にはなるけど、他者から見たら参考になることがあるかもしれない。そう願っている。

今回、この日記を書こうと思った最初の切欠は、先日まで放送されていたアニメブルーロック』の影響だったりする。あれだけ見事なサッカーアニメを見せられて、つい昔を思い出してしまった。

今の自分は、アニメの後半で出てきた、サッカーを諦めた馬狼照英が自宅テレビサッカー試合を見ながら発泡酒を開けるシーンがあっただろ。まさに、あれだ。あれが今の自分なのだ契約社員で、ワンルームマンション暮らしで、あんまりお金がなくて、実家も太くないから帰るわけにもいかない。

それでも、人生一度くらいは筆を取ってみたい。思い立ったが吉日ということで、ちょっと書かせてもらう(4/27時点)。どれくらいかかるかな。三週間くらいか。みんな五千字は書いてるイメージがあるから、それ以上の文量でいくことにする。ほとんど大学生になってから体験記になる。



1. 高校大学に入ってから

 運のいい人間だった。サッカーというのは、誰でも想像はつくだろうが足を酷使する。高校時代全国大会活躍するような選手でも、ある時から怪我に悩まされてしまい、まともに練習ができなくなり、実力が落ちて試合に出してもらえなくなり、ハード練習をしてまた怪我を……といった悪循環に陥る選手が少なからずいる。実際、俺の同期の一人はそれでサッカーを辞めた。

 高校と違って、大学場合セレクションで入って部活を辞めても大学生をしていいのだが、律儀だったそいつは、出身高校に詫びを入れたうえで潔く退学していった。

 幸いにも、そういう怪我とは無縁だった。かといって、そこまで実力があるわけでもない。府のトレセンに選ばれた経験もない。選ばれかけたことは何度もあるらしいのだが。ポジションは……すまないが内緒でお願いしたい。フォワードみたいに目立つポジションじゃない。

 大学回生までは順調だったかな。部活毎日キツイけど成長している感覚があったし、トレーニングメニューとか選びやすかったし、アルバイトも始めた(木屋町居酒屋だった。どんがまと、さざんか亭と、あとはジャンカラでも働いたっけ)。

 本当に順調だった。学生生活は楽しかった。サッカーの腕前も上がって、二回生秋季にはベンチ入りして、三回生になる頃にはスタメンが基本だった。関西サッカー一部リーグ活躍してる大学生、といえば聞こえはいいけど、実際、精神的にはそんじょそこら学生と一緒のレベルだった。

 練習中に調子に乗ることはあったし、アルバイト先で後輩にマウント取ることもあったし、体育会の悪い連中に至っては、女遊びに夢中になって、今だと警察沙汰逮捕されてニュースになるようなこともやっていた(俺は無縁とは言わないが、断じて犯罪は冒していない。むしろ、やりかけた先輩も後輩も止めていた)。

 勉強部活もマジメにやったつもりだ。普通大学生だった。でも、三回生の夏前だったかな、幸せ大学生になったのだ。

 関西地区での試合だと、応援団チアリーダー部がやって来ることが稀にあった。本当に稀だったけど。それで、ある交流試合だったんだが、その日は調子がよくて活躍できた。敵味方の動きを読んだポジショニング完璧だったし、要所要所で相手ドリブルカットして、俺が蹴り上げたボールセンターラインを飛び越えて味方のところにドンピシャで飛んで行った。ただ、ゴールを決めることは叶わなかった。ゴールを決めるポジションじゃないので、どうしようもないのだが。

 試合が終わった後で、帰りのバスを待つ最中チアの子達とちょっとした話になったんだが、その時にメアド(※TwitterLINEは当時ない。GREEmixi黎明期だった)を交換した女の子がいた。

 その子(千亜子とする)の見た目は、そりゃあ可愛かったけど、英語が話せるところとか、知的なところとか、お酒に酔ったら暴れがちなところとか、某飲食チェーン店花形店員だったのとか、品のあるところがよかった。性格は明るかったりドライだったり、区別が難しかったな。演技するタイプだった。

 体型は普通だった。ふくよかとか、細いとかは何ともいえない。胸はそれなり。好みのタイプではあった。オムライスとか作るのうまいし、たまに唐突に泣き出したりする。

 千亜子は、恋愛積極的な方だった。デートではよく手を繋いだ。セックスの相性はよかったと思う。最中はよく緊張してたけど、段々と気分が乗ってきて、いろんなことを言ったり、やったりしてくれた。

 交際期間は、三回生の秋から一年と少しだった。まあ、平凡なカップルだったと思う。喧嘩とかもなくて。終わりはあっけなかった(最後のあたりに後述)。単位をほぼ取り終えて、学生生活最後満喫してる一月頃に遠回しな言葉でフラれてしまった。



2. キャプテン君のこと

 三回生の秋頃だった。ある男子学生と知り合った。阪大サッカー部でキャプテンをしていた。上で説明した『アイツ』のことだが、さすがに失礼なので以後はキャプテン君とする。彼とはリーグこそ違えど、顔を合わせる機会はたまにあった。といっても、こちからしかけることはなく、せいぜいすれ違ったり、試合を遠目で見たりする程度だった。

 それで、ある時に知ったのだが、そのキャプテン君は、千亜子と同じアルバイト先だった。二回生の時に同時にその飲食店に入って、それから一緒に働いていたらしい。

 俺がそのキャプテン君と千亜子が一緒にしゃべっているのを見たのは、ある試合場での一度きりだった。まあ、普通アルバイト友達みたいな感じだったな。千亜子マイミク繋がりで、俺のアカウントにもキャプテン君の情報が表示されていた。

 ところで、キャプテン君の試合風景だが、圧倒的闘志でもってプレーするスタイルだった。反則スレスレチャージは当たり前であり、プッシング(相手を押す)やトリッピング(相手を蹴る)も恐れなかった。本人がどんなつもりなのかはわからないが、とにかく闘志が凄かった。

 ただ、残念ながら……実力が足りなかった。キャプテン君は反則っぽいプレーをするにしても、審判からするとモロバレの位置取りで、かつ見えるようにやっていた。相手身体に触れることで反則を取られていた。あれではダメだ。

(注)

サッカーでどこまで相手接触してよいかだが、概ね次の三点に要約できる。サッカー試合を見ることがあれば意識するのも面白い

自分から接触するのは、肩だけで押す行為に限って可。腕や手や足はダメ

自分から触れない不可抗力とみなされた場合は、相手接触しても反則にならない。。

ボールを狙った行為でも、真後ろからスライディングなどは危険行為とされる。

 そのうえキャプテン君は、まともなプレーについても大学レベルに達してなかった。いや、そこらの高校生に比べると遥かにうまいが、大学サッカー活躍できるレベルにはないという意味だ。

 当時の阪大は、関西二部リーグと三部リーグを行ったりきたりだったと思う。大学練習設備もおそらく不十分であり、練習時間だって他の部活と融通を効かせてやっているようだった。そんな環境だし、受験勉強サッカーも一流の選手なんて、そうそういるはずもない。

 キャプテン君の試合最後に見たのは大学四年の時だった(リーグが違うと試合を観る機会がほぼない)。相手選手と1対1になってる時に、ボールを取るために肩をぶつけに行っていた。右足でボールを手繰り寄せようとしたらしいが、相手ふくらはぎを蹴ったうえ、身体をぶつけて吹き飛ばしていた。わざとか……? と思ったが、それにしては迷いがなかった。

 レッドカードと思いきや、イエローで済んでいた。が、その十分後にはまた相手の足を狙ったスライディングをかまししまい、さらイエローを食らって……しょっぱい試合になった。

 当時、俺はある意味キャプテン君を尊敬していた。これまで俺がいたサッカー部で、あそこまで勝利にこだわる人間を見たことがないからだ。下手ではあったが、精一杯にボールを取りに行って、仲間に檄を飛ばして、試合を終始いいムードにしようとする。

 ある時などは、試合が終わった直後の屋外ミーティングだったと思うのだが、別の選手試合場の壁に押し付けて怒号を発していた。「俺らは本気になる力が足りとらん。もっと自分を主張せんと!!」みたいな要旨だった。

 人に対して、ここまで熱くなれるヤツを見たことがなかった。中学でも高校でも大学でも、ここまで自分言葉自己主張できるヤツはいなかった。キャプテン君は、俺の心に爪痕を残していた。

 続き

 https://anond.hatelabo.jp/20230526212235

2023-05-24

未来のぼくへ。イオンで足のサイズだけ見て靴下を買わないこと

あれは!

ふくらはぎとか!

細い人向け!

2023-05-11

軽い気持ちで昨日つま先立ちして過ごしたんだよ。

今日ありえないほどふくらはぎ筋肉痛

これ繰り返したらむきむきになれるかな

2023-05-04

追記アラサーを1年経験した感想

追記

コメントで気づいたのだが、アラサーって20代後半からのことでもあるのですねもう数年経験してるじゃん私

てっきり30歳からのことだと思ってました

自分無知さが露呈して恥ずかしい…!!

-----

初めてここに書きます

成人してから10年とアラサー経験して1年

未だに独身恋人フラグもない

だが31になって、昨年までに感じなかった様々な変化が現れてきた

全部で5つ

今回は思考の整理を兼ねて、感想を述べていこうと思う

  

まず体重

20代の頃とおなじ食生活を送っていたのにこの1年で5キロ以上増えた

子供でもいるのか???」と思うぐらいの体重の増加とお腹脂肪にここまで太ったことの無い私は寧ろ感動した

脂肪の蓄積具合がやべぇすげぇ

胴体と二の腕と太ももはぶっといのに、顔と首と肘から先とふくらはぎはほっそりしてるんだよな

毎回鏡を見る度に、体のバランスの悪さがとても気持ち悪いと思う

  

次に肌の変化

肌の色は色白な方

そして私は元々、顔にできものニキビができたら潰して白いのを出してしまう悪癖があった

そのせいか手穴は開き、潰した箇所にシミのような痣?がいつの間にか複数箇所できていた

最近では毛穴に黒ずみができびっくりする

日焼け止めを塗ったり化粧水をつけたり等スキンケアは最低限していたはずだが意識が足りなかったのだろう

あと、潰す悪癖を辞めるよう意識しようと思う

こうなり始めてから洗顔LUSHブラックダイヤを使い始めてみた

今後に期待

  

そして睡眠不足

これは100%私の意識の低さが原因なのだが夜中までTwitterをしたり絵を描いたりぬいぐるみ作りをしているせいで毎日睡眠時間が4、5時間しょっちゅうある

その影響でクマができて肌は荒れるし仕事中も何度かうたた寝してしまった

社会人失格だ

と同時に20代の頃と比べて睡眠不足状態が続くと肌荒れに直結したり休日の日に長時間寝ても寝足りない事案が発生している

若さは偉大

  

4つめは周りの結婚出産ラッシュ

友人の結婚出産お金が飛び、それと同時に未だに子供結婚どころか恋人すらいない自分に情けなくなった

結婚出産した友達におめでとうの気持ちはあるが、子供にあまり興味は無い

でも幸せになって欲しいとは思う

私も結婚はしたいが子供は?と聞かれると困る

子供可愛いとは思うし育ててみたいとも思う

けど、命の危険があるし怖い

それに痛いのは無理なので無痛分娩にしても出産後の育児にも継続して莫大な費用がいる

もし、無事に出産できたとしても私が結婚して子供を作る頃には両親はこの世にいないだろうし、子供配偶者の親に頼みたくは無い

おまけに体力もない病弱な私は赤ちゃん夜泣きわがままに耐えられる自信が無いし、配偶者家事育児ノータッチ仕事人間だったら子供を殺しかねない

結論、私に子供を与えてはダメ

  

最後に、親の高齢化

今年で父は65歳、母は71歳だ

配偶者なし恋人フラグもなし一人っ子親戚とも疎遠の私に前々から感じていた将来への不安が重くのしかかる

周りの友人知人も親の高齢化による病気事故で亡くなる人が増えてきた

飼い猫達やリアルの友人、たくさんのネ友がいるとはいえ、両親が死ねば私は一人だ

相談できる人も、自分が窮地の時に頼れる人もいない

おまけに貯蓄も不安

成人してから今まで働いた年数よりも親のスネかじって飼い猫達を世話しニートしてきた年数のが長いド田舎暮らしの私

今それをとても後悔している

2年前から会計年度任用職員というものになれたが、障害者枠で就職したので税金交通費抜いたら手取り10万にも満たない

さらに、昨年は飼い猫の手術や通院費で貯蓄のウン十万が一瞬で吹き飛び私の貯蓄はほぼゼロ

おまけに父は恐らく今年で定年退職だし両親達も通院や家の修理費などで貯蓄は期待してない

なので私のボーナスが非常に楽しみだし、来年会計年度任用職員にも勤勉手当がつくので引き続き働けるよう頑張りたい

あと、ゴミ屋敷となった自宅をどうにかしないとな…

  

  

と、まぁアラサーというもの経験し始めてから感じた変化はこれぐらい

なんか、振り返ったらお金生活精神ギリギリである

とりあえず、両親と飼い猫立ち寄り先に死なないように気をつけたいと思います

健康大事

  

2023-05-01

28cmの靴下なら大丈夫かと思ったのデブ

ふくらはぎパンパンで血行に悪いデブ

履き口がゆったりとかそういうの選ばないとダメなんデブね…

2023-04-04

視覚刺激だけで体の一部が起き上がって老廃物を排出する可能性がある。

左手は添えるだけ。服は胸、むくんだお腹ビキニラインに合わせると良い。足裏の反射区は第四の心臓と言われ、心臓に近い場所を刺激することで血行を促進させることが出来る。なので、太ももの裏に第二の心臓と言われるふくらはぎを刺激すると効果的。はじめに鍛え方は、左右太もものひらきからゆっくり息を吸って、吐く。そしてゆっくり足を前に曲げて、ふくらはぎの下を意識する。ゆっくり

Anond AI作成

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん