「復職」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 復職とは

2020-05-23

踏んばれない記

この一年すったもんだ色々やって色々失ったのを振り返る。


5年くらい続けていた仕事がジワジワといやになって、あと若いうちに東京暮らしてみたくて転職アンド上京をした。

このタイミングで親が急死したのもまぁショックではずみになってしまったんだと思う。


いくつか出た内定から死ぬほど悩んで決めた転職先は、なんか聞いたことのあるデカめの企業で、前職より給料は上がり、都心のきらめくオフィスだった。

でも前職と仕事内容が似たようなもので、元々それがうまく出来なかったり納得できずにフラストレーションがたまっていたような自分は、キラキラオフィス場所が変わったところで仕事をうまく回せなかった。

さらに当たり前だが人間関係ゼロから構築なので、上手くいかない仕事に先輩や上司への気遣い申し訳なさ自信のなさが必要以上に絡みついて、全然元気が無くなってしまった。元気もやる気もなく卑屈に過ごす日々に耐えられなくなって、仕事ができそうにない、しばらく休ませてほしいと上司に伝えた。根本的に仕事内容が合ってないんだったら果ては退職じゃない?(要約)とも言われたが、それは怖くて診断書を出してとりあえず休職した。


休職生活では、傷病手当なんやかんや月10万円くらいが手元に入って、そこから家賃8万と奨学金1万が出ていく。足りない分はこれまでの貯金をなめらかに溶かして補う。自分のえらいところはこの状態でもしばらく生きていけそうな貯金があったことだ。まぁ養うべき人や動物もおらず自分1人だけ面倒みりゃいいからというのも大きい。


休職してももちろんいきなり元気もりもりになるわけではなく、今は休むのが仕事と思ってぼんやりと過ごした。料理をしたり筋トレをしたり、自身無能さ不甲斐なさに苛まれたりしながら日々を過ごした。そして元気が出てくるとこんなことしていていいのだろうかと焦りはじめる。しかし今の職場に戻れる気がしない。そもそも仕事内容がやっぱり無理なようだし、こんな半年でトんでおいて復帰するイメージがつかない。そんなの他人は気にしてないというのも分かっているが嫌なものは嫌だ。理解と受容は別だ。

から少しずつ転職活動をして、また心を削られたりしながら一喜一憂、一進一退してようやく1社内定を得た。その間に世間コロナてんやわんやしていた。


内定を得た会社仕事内容が希望に近く、商材も個人的に好きなもので、働き方もそんなに無茶ではなさそうだ。ただ何せ給料が低い。手取り16マンかにならんかこれは?会社自体は儲かってそうなのになぜこんなに低いのか、人材投資する気ない?

そして勤務地はかつて働いていた北の地であった。はるばる東京にやってきたのに、ここでまた…。

このカードを捨てて、コロナ禍の中より良い職を求めてまた戦えるか?メンタルやって休職中&短期離職という経歴を抱えながら?自分には無理だった。これ以上先行きが見えない状況を考えると腹の奥がヒュッと縮む。


でも、お金のことやキャリアのことを考えると、よくないとは分かっているが、なぜもっと踏んばれなかったんだろうと思ってしまう。最初会社で、最初転職活動で、転職先で、次の転職活動で。

正直、次に勤める会社待遇には満足していないし、隣の芝をみたらぐぅと落ち込んでしまう。今休職している会社待遇と比べると能面のような顔になる。でも自分はそこでは上手くできなかった。…上手くできなかったのだろうか。もう少し踏ん張れば乗り越えていたのではないだろうか。今回の転職活動だって、もう少し不安定な状況に耐えて踏ん張っていれば、もっといいところと出会えたのではないだろうか。もしくは、もっと時間をかけて自分の心身の回復を徹底させ、進むべき道は何か?と向き合い、そこからようやく転職なり復職なりを考えるべきではなかったか。変な焦りで下手な手を打っていないだろうか。

そんなこと考えても意味ないとは思うが、やっぱり未だに欲深い自分がいて、踏ん張らなかった自分を責めてしまう。次の会社ではせめて、少しくらいは踏ん張りたい。

2020-05-19

anond:20200519182227

まぁ、コロナ終わった頃に、みんな復職して。お金もらって。おれはたぶん、そのころにコロナで倒れて、お金もらわずさようなら。よくあるはなしだった。

大手企業退職しようか迷ってる

私は今、某大手企業に勤めている。

給料がよく、福利厚生が充実していて、私の勤め先を知らない人に説明すると、

誰もが「ああ、あの!」とリアクションされることが少なくない、よほどのことがない限り入社困難な有名企業だ。

だが、私は今その会社を凄く辞めたいと思っている。


きっかけは去年、過労で休職した事だ。

私は他人が容易に真似できない少し特殊スキルをいくつか持っていて、

そのお陰で常にいろんな業務を掛け持ちしていた。

ざっと、人の3倍〜最大で10倍は仕事をしていたように思う。

マネージャー、人事、制作部署がやるような他職種分の仕事内容だった。

周りは「凄まじいパワーとタフさだ!」と称賛してくれたが、

会社評価方法特殊で、あくまで本職用の評価項目を満たしているかどうかでしか評価がされないために、

数を適格にこなすタイプだった私にとって1職種分では一向に評価が上がらず、

周りより並かそれ以下なのに常に他人仕事を抱えて馬車馬のように働いていた。

上司は「まだ評価を満たしていない、もっと努力しないと上にはあげられない」とケツを叩くばかりで、なかなか認めてはくれなかった。


そんな中、ある日を境に身体限界に達してしまった。

元々ガタが来ていることを感じて、仕事他人に引き継ぐための活動はしていたが、

ずっと手厚くお世話をしていた部下が何人か退職してしまい、心が折れた。

貴方は万能すぎて、貴方のようになれる気がしない。

この会社で成り上がろうと思ったら貴方のようにならないといけないのかと思うと、絶望してしまった。

別の会社のんびり好きなことをやって生きていこうと思う」

と言われた。

ショックだった。

あんなに毎日一緒に仕事して、ランチを食べて、たまに飲みに行ったりしていたのに。

最後はよそよそしく気まずそうに打ち明けるだけで、あっけないものだった。

そもそも自分仕事スタイル特殊だということは自覚していて、

誰でも再現できるシステムを構築しようとしていた最中出来事だった。


突然、それまで普通だった身体が全く動かなくなった。

心身に病気がいくつも見つかり、救急車を呼ぶ事態になって、私は休職を決意した。

今まではずっと気力で持っていただけで、私の身体限界だった。

それからは、両手でなんとか収まるくらいの数の病気共存していくために苦心する日々が始まった。


終わりの見えない闘病生活に怯えた私は、たった1ヶ月で復職してしまった。

思えば、それが間違いだった。


復職後の私は、見るも無残な有様だった。

集中力が以前の1/10以下になっていた。

生産性がガタ落ちし、同じ人物仕事とは思えない仕上がりだった。

私が作った資料は抜け漏れだらけで、他人迷惑をかけてばかりだった。

今まではずっと、仕事希望を持っていた。

やりがいを感じてやる気を持って取り組んでいた。

そのポジティブな全てが幻で、ひたすら労働力搾取されていたことに気づいた私は、

仕事に対する全ての気力を失ってしまっていたのだ。


それでも、かつてのプライドだけは健在だった。

今の自分は何かの間違いで、きっとどこかで復活できると信じていた。

それもどうやら間違いだったようだ。

復職してから数ヶ月経ったが、全盛期には遠く及ばない。

日に日に心身は衰える一方で、会社からの信用も喪われていく。


カウンセラー家族、友人、いろんな人に相談してみた。

皆、口を揃えて、「会社に残るべきだ。せめて少しでも復活の兆しが見えたところで、後腐れなく退職すべきだ」と意見してくれる。

全盛期の私しか知らない人達は、「君は凄い奴だから何をしても成功するさ!応援してるよ!」と背中を押してくれる。


客観的自分を振り返ると、これ以上前進しようがないように思える。

組織上司はここまで追い詰められた私に全く救いの手を差し伸べてくれなかった、という事実が、深い絶望をもたらして、癒えない傷を与えてしまったようなのだ

元々気力と仕事の成果が密接に結びついているタイプなので、この会社への不信感がある限り、どうしようもない気がするのだ。


最悪に落ちている今、退職してしまうと、今後のキャリアに響かないだろうか。業界に悪い噂を流されないだろうか。そればかりが気になる。

気持ちは「退職したい」でいっぱいだが、一歩踏み込む勇気がない。

答えは未だまとまっていないが、自分の考えをまとめるためにこの文章を書いた。


私はかつての「自分が好きだった自分」に戻れるだろうか。

特にオチもないまま、不安を抱えてこの文章を閉じる。

2020-05-14

会社に嫌いな人がいる。ので復職したくない。

コロナで死なないかな、とかかんがえる。たすけてください。

2020-05-12

教師の息子(失敗作)です

 

大学大学院とのんびりと生きてきた。その後シンクタンク就職したが出来ない仕事を振られ精神的に摩耗し精神病を発症

紆余曲折があり「本物の」障害者になった。

最終的に復職できずそのまま解雇され、実家から離れた遠い東京砂漠の片隅で親の経済的支援公的保障で何とか一人暮らししながら食いつないでいる(無職)。

結局自分は失敗作だったんだなと。誰の期待にも応えられていない。親に経済的負担ばかりかけている。

月刊少年ガンガンJOKER』を近所の本屋で買うという禁忌を犯したし、もうだめです。

実家の両親(特に父親)は自分障害者だということを知って内心せせら笑っているだろう。

教師の息子でも失敗作。それが自分

2020-05-10

今年の2月頃からお面が外れない

最初の何週間かは休職してたんだけど、コロナリモート勤務になってからカメラが無いと理由を付けて映像を切って復職してる。不幸中の幸いで今は何とかなってるけど、コロナが落ち着いたらどうしたもんかと途方にくれてる。

2020-05-09

anond:20200509152707

子育て年収を両立するのはメチャクチャ困難。

たぶん世界中どの国でも。

子が幼稚園入ったら復帰というのでも、医者弁護士会計士みたいな資格職じゃないと元のトラックには戻れない。

NYとかシリコンバレーとかシンガポールとかの高給キャリア女性は、産休とらずにできるだけ早く復職して子育て外国人住み込みメイドにまかせてる。

貧困女性への外注良心が痛まないのならどうぞ。

コロナ前に病気をして復職しようとしていたひとに対する支援がない件

私もその立場なんだけど気になってる。うつ病一年ほど仕事ができなくてやっと回復したときコロナがやってきた。

きついのは①そもそも制度問題会社に勤めてなくて休職してたひとがいないことになってることによる絶望、②テレビ報道を見たりすると①により自分関係ないひとの人達給付についての「かんけーねーよ」っていう心のすさみ、これがきつくて悩んでる。

みんな悩んでるのはわかるけど「自分そもそも議論対象として存在しない透明な人間かのか」ということが苦しい。

2020-05-08

たった2日でリタイア

5月からせっかく復職したのに

もうだめなんだな。はやいよ自分

社内の知り合いに会うだけで頭が真っ白になる

逆に今まで関わりがなかった人とは普通に喋れたし業務簡単ものはできた。

まり自分は相当なトラウマを負っててそれはまだ癒えてなかったってことだな。そしてそのトラウマ仕事自体でなく人に対してだった。うん、そうか、じゃあ転職しかいかなぁ。コロナァ。

まぁ復職してもダメだろうと元々思ってたし。こんな早いとは思ってなかったけど。現職に諦めついてよかったと思うしかないのか…

2020-05-03

誰も読まない弱音

普段増田を書くとき身バレ防止でフェイクを織り交ぜておくがめんどくさいし、深夜なので誰も読まないだろうと読まれても数人だろうと高を括って今の気持ちを書いていく。

ちょうど1年前の今頃、休職した。理由はよく分からない。いつもだったら聞き流す上司の叱責をその時は聞き流せなかった。1時間ほど、ぼーっと自分デスクPCを眺めた後「あぁもう無理だな、まぁ転職できるっしょっ」と思いながらPCシャットダウンし、上司の目を見ず早退することを告げ、朝バタバタと用意した弁当を食べずにそのまま持って帰った。家に帰ったらちょうど昼食の時間帯だったが弁当は食べる気がせず捨てた。

休職可能期間は1年半。転職活動はあまり真面目にしなかった。資格試験勉強もあまり真面目にしなかった。通院だけは真面目にした。自分でも意外だったが自分は相当参っていたらしくほとんど寝て過ごした。休職可能期間の半分を過ぎた頃ニュースではコロナウイルス中国で猛威を奮っていると伝え始めていた。なんとなく「世界的に不景気になるのでは、そうなれば自分転職先など見つからないのでは」と自分漠然とした不安に襲われた。そして復職しようと急に思いたった。たぶんその前の月に資格試験不合格通知を見た影響も大きい。ちょうど思い立った次の週に通院と人事部との面談があったので、復職希望と伝えた。主治医許可してくれ、人事は私のリバビリ出勤受け入れ部署も用意してくれた。

4月上旬、私の新しい上司となる予定の方と面談した。良い人そうだった。しかし私が復職するにあたって人事に要求した条件(なんて言うと偉そうだが、残業なしが可能部署復職したいという旨をお願いしていた)が全く伝わっていなかった。全員毎日3時間残業してるらしい。そして私1人だけ残業なしは難しいと。

とりあえずリハビリ出勤の間は数時間の勤務で8時間労働可能となった時点で残業については話し合おうという結論になった。GW明けからリハビリ出勤が始まる。席とPC用意しておくね、と上司になる方は言ってくれた。このご時世本当にありがたいと思う。

しか帰宅後猛烈な不安に襲われた。みんなが残業してるから自分も帰れない、定時で帰る人は悪口を言われる、そんな環境は明らかに休職の原因のひとつだったのに結局同じことをまた繰り返すのではないか、それに異動できたといえ、前の部署も同じ建物内にあるため前上司と顔を合わす機会、仕事で関わる機会も出てきてしまうのではないか、そんなの絶対いやだ。そんなことを考えてるうちに眠れなくなった。しかもよくよく調べてみるとリハビリ出勤では給料は出ず傷病手当金生活する必要があるとのこと。だったら傷病手当金もらいながら転職活動した方がよくないか?でもこのご時世にロク就職先なんてあるのか、でもこのまま復職できるイメージが全く湧かないし、でも案外出勤してみたら何とかなるかも、そんな思いで毎日ボンヤリしてしまってる。寝つきがまた悪くなってしまった。

2020-05-01

危機管理

自分危機感がないことに気付いた。

コロナとか生活資金とか将来のこととか復職とか、考えてる?って言われたら「考えてない」といえる。そう思う。

自分のしたいように生きてます。でもそれが楽しくて、反面こうやって現実を考えると苦しい。

どうやったら現実に向き合えるのか。ちょっといろいろ自分心配になるようなことを調べてみよう。

一回心が折れるとなかなか元に戻らないらしい。元の生活世間普通なのかはわからないけど。

あと13日。

2020-04-30

今の生活が心地いい、快適、幸せ

コロナと騒がれる前から精神が不調で休職。そのおかげで実家から離れて一人暮らしが始められた。

4月になってからは毎朝6時20分に起きて、朝ごはん食べて、身支度して、8時30分から復職勉強をしている。終われば好きなことをしている。

でも、このままじゃいけないんだ、やばいと思う。解決しなきゃと思う。

働かないと、会社に連絡しないと、貯金がなくなってきているし定期預金を解約しないと、もっと精神的に強くならな同じことの繰り返しだと。いろいろ思いつく。

完璧解決ていうのはなくて、これが解決しても必ずどっかで新しい問題が発生してる。そう思うと自分が感じる解決方法を信じて進むしかないと。実感を信じると。自分に言い聞かせたい。今はゆるやかな下り坂に立ってると確認しないと。

2020-04-29

人生の節目

悲しいかな、友達いない、三日坊主ブログも続かない、めんどくさがりでSNSもやってない自分人生の節目、不安を感じた時はいつも増田を書いていた。

就職の時。新卒1年目のグチ。慣れてきた頃の後輩へのグチ。転職したいと思った時。うつ病での休職前。休職直後。復職面談。そして、今の復職直前。

バズる時もあればなんの反応もない時もあった。優しいトラバ勇気づけられた時もあった。この後もダラダラと復職後の不安やら、もしかしたら再休職やら続いていってしま可能性もあるが…

とにかく不安不安だ。不安という気持ちをここに記しておく。あと増田というサービス感謝

2020-04-28

[]

病院いってきた

月イチ

じつはもう復職してる

2020-04-24

デザイナー漫画家を志すのはやめろ

デザイナーになりたい、漫画家になりたい、アニメーターになりたい、3Dモデラーになりたい、職人になりたい‥そんなクリエイティブ職を目指す皆さん、ならびに搾取され続ける地獄を味わっている最中クリエイティブ職のみなさん、こんにちは。こんばんは。

ところで、デザイナーって言葉の響き、めっっちゃかっこよくね?仕事内容はともかく名前は本当に好きだわ。

わたしデザインが好きだった。ので、デザイナーを目指しそれっぽい専門学校卒業した。そして企業に属するプロダクトデザイナーになった。

デザイナーというと響きはかっこいいが、しがない企画である転職は一度したものの、今の職場は安定して勤めていた方である

そして少なくない年数勤めた結果、体調壊した。体調を壊すまで、わたしは頭がおかしくなっていることに気がつかなかったし、搾取されていることにも気がついていなかった。こんなもんかと納得し、騙し騙しなんとかやっていこうと思っていたのだが、遂に顔面が痙攣し始めて退職することと相成りました。

漫画家になりたいと言って周囲に反対されない若者はそんなにいないと思うが、デザイナーも然りだし、クリエイティブ職なんてもんは目指すもんではない。一部を除いて搾取され続けることを約束された未来である

そんなわけで、私の体験したこと愚痴としてここに書き残しておくので、クリエイターを目指そうと考えている若者に読んでもらえると嬉しい。

私の所属する会社お客様として相手をしていた企業は、某超大手キャラクターメーカーだった。某ネズミであるネズミなんて何人もいるので察することは出来ないと思うが、ネズミ相手だった。

私はネズミのことが別にすきではなかったが、デザインしたりするのを、絵を描くことを苦に思ったことはなかった。何故ならそれがよくてこの職種を目指したかである。夢を叶え続けてかわいい商品店頭に並ぶ時はとても嬉しかったし、楽しかった。お客さんが次々きては、これかわいい!買う!と言ってくれたときの喜びは計り知れない。開発段階での苦労や納品時のトラブルはすぐに忘れてしまえるほどの喜びだった。

ただ圧倒的に搾取だった、と気がついたのは、先方にデザインを盗まれときだった。

勤務時間が長かろうと、残業代ボーナスが出なかろうと、寝れなくとも、私の勤めている会社搾取されるのは、最早どうでも良かった。一般的に良くなくともデザイン業界なんてこんなもんだと、もはや諦めていたのはあった。休みが取れるだけマシだと思った。やりがいで十分お釣りがくるし、暮らせるだけいいと思った。

先方のネズミ企業デザインが盗まれることが増えた。盗まれる、というと語弊があるかもしれない。提出されたデザインが私の勤める会社ではなく、他企業に回され商品化されることが増えたのである

理由はいくつかあるだろう。先方にもいろんな取引先との関係性があり、商品数のバランスがあったりするだろう。先方にうちの会社の作るプロダクトはあまり品質が良くないと、たびたび苦言を呈されることがあったりすることもあり、会社内でもチームでなんどもミーティングを行い、改善してきた。うちの会社信頼度が落ちていた、そのせいはあっただろう。

それでも、何も言わずに、私が足りない頭を働かせて提出したデザインが、夜中まで考えて描いたデザインが私が携わることなく何故か店頭に出回っている。あのときの私の虚無感は、口にすることが出来ないほどだった。

お客さんがお店に来て可愛いと言って買ってくれたとき、それデザインしたけど開発したのは他企業なんだよな、と思った時に悔しくて虚しくて仕方なかった。

私が本格的に体調にトドメを刺されたとき、私がデザインしたのに知らないうちに何故か店頭に並んでいる商品は1シーズンおよそ15種類にものぼっていた。

一度は復職しようと頑張った。体調が良くなり店頭に行ったとき、またデザインが盗まれていることを知った。また知らないうちに、先方に10種類ほどデザインを盗用されていた。

私の勤め先の会社で売り上げが落ちていると叱責された。だが私に何か出来たのだろうか。デザインを盗用されたと言ったら先方を訴えられるのか。うちの会社に回ってきて売り上げにつながるはずだった商品を別企業に回されていると言えたのか。あの大手企業を敵に回して生きていけるのか。

私は何も出来ず口を噤むことしか出来ない。

今の私は疲れ切っていて、日中頻繁に起きて動くことが出来ない。1日動けなかったり、食べても吐いてしまったり、とにかく怠かったり、耳がぷつぷつと水中にいるような感覚に陥ったり、外に行くと漏れなく吐き気が襲う。気圧差にかなり過敏になっている。

デザイナーなんてロクなもんじゃない。搾取されて搾取されて、大手企業ですら筋を通してくれない。商品を買おうとネット通販を見ても、この商品の裏には私のようなデザインを盗用されたデザイナーがいるのかと考えるようになってしまった。

デザインを盗まない。たったそれだけのことが誰にも出来ない。個人デザイナーだってネットデザインをあげれば、絵をあげれば盗まれる。何故そのデザインに金を払えないのか、何故その労力を買うことが出来ないのか、私にはわからない。

少ない横の繋がりでも搾取されて辟易としてデザインを辞めた人を何人も知っている。3DCADなどのプロダクトデザインも然りだ。

それでも私はデザインしかできない。デザインで生きていくことしか出来ない。それしか学んでこなかった。そのことを後悔している。なぜデザイン一本で学んできてしまったのか、心底後悔している。体調が良くなったら私はまたデザイナーになるんだろう。

こんなに辛くて苦しいならデザイナーになんてなるんじゃなかった。本当にそう思う。

2020-04-07

しょぼぼん

一年ほど休職させてもらってて今月から復職予定だったのに、復職予定日の3日前に配属先から受け入れ拒否くらって自宅待機中。

人事課の人が受け入れ先探すから〜って言ってくれてたけどどうなることか。もう居場所なんてないんだろなーー

2020-04-05

去年鬱で入院したときに知り合った60才のおじさんとラインをしている

自分退院して復職もしたけど、そのおじさんは入院したり退院したりを繰り返している

20年間働いておらず、パニック障害身体症状症(旧 身体表現障害)で苦しんでいる

身体表現障害っていうのは、精神的な原因から身体的な苦しさ、つらさが出る病気

身体的には何も問題いから、検査しても何もみつからない

からクスリを飲んでも治らない

でも身体的に問題があるんだと思いたくて、しつこく検査をしてしま

あとはうつ不安症、冠攣縮性狭心症、脳動脈瘤もあるらしい

そっちはクスリ飲んでればどうにかなるもんだから特に問題じゃないけど

入院から現在に至るまでのこの半年くらい、そのおじさんを対面、口頭、ラインで励ましたり、治療法を一生懸命探したりしたけど、

そういった関わり方はやめることにした

普通のやりとりだけにする

もともと入院中にそのおじさんに話しかけてもらったことがきっかけで体調がよくなったと思ってた恩を勝手に感じてた手前、

自分もその人のためになにかしてあげたいと思ったこから始めたことだったけど、

やっぱり20年間も治らない人を一朝一夕でどうにかするのは浅はかだった

まりにも疾病利得(病気になっていることで得られる利益があること。他人から心配してもらえたり、仕事をしなくてよかったり)が大きくなりすぎてて今更どうにかなるもんじゃない

一応また働きたいとは言ってるけど、到底ムリだと思う

住民税とか非課税だし入院費も安い

でもその浮いたぶんでお菓子とかを買いまくったり外食しまくってるのを見たり聞いたりすると複雑な気分になる

自分うつになってたくせに、他人がおなじようなことをやってると甘えだと思ってしまっていることに絶望する

復職して数ヶ月たつけど、こないだ久しぶりに仕事ができなくなるくらいの状態になったか仕事を休んだ

そんなときにもその人を気遣うラインをしたけど、適当な返事をされたから、ぷっつり切れた

まだ自分もこんな状態なのに、他人なんかかまってるヒマはないんだって

だいたいラインをしててもこっちからなにかをきいて答えるくらいで、向こうがこっちを気遣ったり様子を伺ってくることはほぼないに等しい

相手自分より弱いということで上からになっていたところは絶対あったと思うから自分も少なからず悪かった

やっぱり対等に付き合えない人間とは、プライベートで付き合うべきじゃないんだろうなと思う

ただ、本当にその人のおかげで治った部分があったと思ってるのは今でも変わらない

むなしさとさびしさを感じる

2020-03-17

反転版

もうすぐ夫と息子と別居して1年になる。

2年半前、私は仕事の激務からうつ病発症し、仕事を休むことになった。

社会からドロップアウトしてしまたことは、もともと上昇志向の強かった私の復職意欲を容赦なく奪っていった。

体調が良くなっても復職意欲がわかない。

甘えもあったと思う。

結局、うつ病はなかなか良くならなかった。

家の中で悶々とする日々が続き、いたずらに時間けが過ぎていく。

苛立ちだけが募っていった。

私も夫もイライラしていた。

まらないことで夫婦喧嘩をした。

何度目かの夫婦喧嘩の後、夫は息子を連れ、私の知らない間に家を出て実家に帰ってしまった。

離婚意思を告げられたのはその1ヶ月後だった。

私には離婚意思はない。

しかし、夫との話し合いを望むも、夫は今さら話すことはないと一切応じない。

息子にも会わせたくないと言われた。

このままではいけないと思い、まずは療養に専念した。

人生で一番つらい期間だったが、家族のことを思うと頑張れた。

その甲斐あって、私は社会復帰を果たした。

裁判所から一通の手紙が届いたのはちょうどその頃だった。

離婚調停だ。

私は離婚調停真剣に向き合い、調停委員家族への思いを伝えていった。

その気持ちが届いたのか、調停委員はどちらかと言えば私に肩入れしてくれたと思う。

何度か調停を重ねた結果、離婚調停は不成立に終わり、当面の離婚自体回避できた。

あわせて息子との定期的な面会が決まった。

今後は家族3人で暮らせる日を目指して、夫に誠意と安心を伝えていくしかない。

そして1週間前、私は久しぶりに息子に会った。

息子は3歳半になっていた。子どもの成長はとても早い。

私を見るなり、息子は「ママー」と駆け寄って飛びついてきた。

涙が出そうだった。

息子とは公園遊んだ

息子は終始笑顔で「ママ大好き!」と繰り返してくれた。

私も会えなかった時間を埋めるように、息子に今注げるだけの愛情を注いだ。

そして別れの時間が近づく。

今日はそろそろバイバイだね」

僕がそう言うと、息子は

ママと一緒に暮らしたいー!」

と言って泣き出した。

下唇を前に出し、大粒の涙が小さな頬をつたっていた。

驚いた。

3歳半でこんなことが言えるのか。

この小さい体で息子は今までどれだけさびしい思いを我慢していたのか。

本来感じる必要のない気持ちを息子に感じさせてしまった自分が情けなかった。

私は泣きながら、息子の小さな手を握りしめることしかできなかった。

自分の無力さを感じた。

夫に息子を引き渡す時も、息子は「ママがいい!」と言って、私の胸に顔をうずめ、ずっと泣いていた。

それを見た夫がどう感じたかは私にはわからない。

今わかっていることは別居はまだ続き、息子はこの先もさびしい思いをするということだ。

自分の無力さが情けない。

ーーー

どっちかというと反転版の方が可哀想度が増す

anond:20200317200927

妻と別居して一年が経つ

もうすぐ妻と娘と別居して1年になる。

2年半前、僕は仕事の激務からうつ病発症し、仕事を休むことになった。

社会からドロップアウトしてしまたことは、もともと上昇志向の強かった僕の復職意欲を容赦なく奪っていった。

体調が良くなっても復職意欲がわかない。

甘えもあったと思う。

結局、うつ病はなかなか良くならなかった。

家の中で悶々とする日々が続き、いたずらに時間けが過ぎていく。

苛立ちだけが募っていった。

僕も妻もイライラしていた。

まらないことで夫婦喧嘩をした。

何度目かの夫婦喧嘩の後、妻は娘を連れ、僕の知らない間に家を出て実家に帰ってしまった。

離婚意思を告げられたのはその1ヶ月後だった。

僕には離婚意思はない。

しかし、妻との話し合いを望むも、妻は今さら話すことはないと一切応じない。

娘にも会わせたくないと言われた。

このままではいけないと思い、まずは療養に専念した。

人生で一番つらい期間だったが、家族のことを思うと頑張れた。

その甲斐あって、僕は社会復帰を果たした。

裁判所から一通の手紙が届いたのはちょうどその頃だった。

離婚調停だ。

僕は離婚調停真剣に向き合い、調停委員家族への思いを伝えていった。

その気持ちが届いたのか、調停委員はどちらかと言えば僕に肩入れしてくれたと思う。

何度か調停を重ねた結果、離婚調停は不成立に終わり、当面の離婚自体回避できた。

あわせて娘との定期的な面会が決まった。

今後は家族3人で暮らせる日を目指して、妻に誠意と安心を伝えていくしかない。

そして1週間前、僕は久しぶりに娘に会った。

娘は3歳半になっていた。子どもの成長はとても早い。

僕を見るなり、娘は「パパー」と駆け寄って飛びついてきた。

涙が出そうだった。

娘とは公園遊んだ

娘は終始笑顔で「パパ大好き!」と繰り返してくれた。

僕も会えなかった時間を埋めるように、娘に今注げるだけの愛情を注いだ。

そして別れの時間が近づく。

今日はそろそろバイバイだね」

僕がそう言うと、娘は

「パパと一緒に暮らしたいー!」

と言って泣き出した。

下唇を前に出し、大粒の涙が小さな頬をつたっていた。

驚いた。

3歳半でこんなことが言えるのか。

この小さい体で娘は今までどれだけさびしい思いを我慢していたのか。

本来感じる必要のない気持ちを娘に感じさせてしまった自分が情けなかった。

僕は泣きながら、娘の小さな手を握りしめることしかできなかった。

自分の無力さを感じた。

妻に娘を引き渡す時も、娘は「パパがいい!」と言って、僕の胸に顔をうずめ、ずっと泣いていた。

それを見た妻がどう感じたかは僕にはわからない。

今わかっていることは別居はまだ続き、娘はこの先もさびしい思いをするということだ。

自分の無力さが情けない。

2020-03-08

anond:20200308090536

いやいや。転職した職場部署KKOうつ休職からから復職してきた人も両方いるんだけど、注意散漫な自分よりふたりとも仕事できるので、差別はおろか劣等感を感じる。復職した人の方は横にいて観察してると、つまるところ完璧主義者なんだろうなと思う。

2020-02-24

anond:20200224160458

新型コロナと診断されない方がいいと思うけど…

そのまま家で寝てて治るようなら尚更。

下手に新型コロナと言われたら全国報道された上に夫も含めて自宅謹慎だよ。その後復職できるかどうかも怪しい。

2020-02-18

休職から復職

1年近く休職した後、復職して上手く行く人ってどれくらいいるんやろ

4月から復職するか悩んでるけど今更復職しても絶対気まずいし、異動させてもらえてもパワハラ上司と同じ建物仕事してすれ違うこともあるってだけで想像したら汗が出る

かと言って転職できるあてもなく…資格試験も落ちちゃったしなまぁ薬のせいでロクに勉強できなかったし当たり前なんだけど

でもいま復職しなきゃクビだろなはぁ

2020-02-17

anond:20200217082519

増田会社独自の育休手当あるの?ホワイトだな~

大多数はそんなもんなくて、雇用保険から育休給付金が出るだけだし

最初から復職する気ない人にそっちを給付しないのは難しいだろうな

再就職する気なくても失業手当貰ってる人が山ほどいても黙認されてるのも同じ事だし

企業からしたら自分の懐が痛む訳でもないのでどうでもいいだろうけど

2020-02-13

傷だらけの履歴書

初めてだけど、うまく投稿できてるかな。

転職活動してる。

私が堪え性がないせいで、転職回数が多く、それぞれの在職期間が短い。

面接でそこを指摘される。

本当に続けられるか?

経験が不足しているのでは?

こんな傷だらけの履歴書、破り捨てたい。でも、今破り捨てたら、もう次がなくなると思う。

もう転職活動なんてしたくない。

から、早く、安心して続けられる会社就職したい。

本当は下のような感じで流れに流れてきたけど、就活の場では本音と建前を分けて説明してる。

新卒で入った会社ブラック激務でうつ病発症

休職させてもらったけれど、復職する時に折り合いがつかなかった。

うつ病を隠して同業界の別職種転職

健康なふりをしながら必死に立ち直った。

けれどもこの仕事もかなりハードで私には続けられなかった。

疲れて心折れかけているタイミング結婚・転居。

これをきっかけにまた同業界の別職種転職

前より多少楽な仕事になったはずなのに、結婚・転居・転職が重なり、環境の変化についていけなくなった。

家庭と自分精神が荒れに荒れてドロップアウト

ブランクを開けてまた転職。今度は少し業界を変えた。ただし非正規

とてもいい職場だった。ずっとここにいたいと初めて思えた職場

けれども今度は夫が転職・転居。

泣く泣く気に入った職場を辞め、転居先で同業界の同職種転職

ただし、また非正規

はずれだった。

初めて職場人間関係ボロボロになった。休日ごとに寝込むようになったので、逃げるように辞めた。

こんなキャリア人間経験を積もうとか、キャリアアップしようとか、

考えられる身分ではないのかも。

せいぜい派遣パートで、切れそうなとこを繋いでいくしかないのかも。

自分に期待してはいけないのかも。

2020-02-12

人生が順調なら老後2000万円問題クリアした

あくまリストラされない、給料が下がらない、大きな病気で働けなくなるなどがないことを想定して。

俺35歳妻30歳、共に大卒で働いて一人暮らしから2年前に結婚現在2歳の子供1人、今年生まれる予定の子供がもう1人。

さすがに子供が2人になったら今の家は狭くなるので転居、もしくは家の購入を考えている。

現在時点で貯蓄は株式外貨投資信託等で1200万、現預金が800万、確定給付企業年金が500万くらい。

年収世帯で1200弱くらい、妻は今時短でこのあと産休育休、復職してもまたしばらくは時短

子供は2人でいいか、という話をしている(2人目の性別によっては3人目も)。

付き合っていた時からお互いあんまりお金を使わなくて、

将来のことを考えてお金貯めておかないとね、と言っていたが

子供に毎年平均で100万円かかる想定(1人育てるのに2000万という話があるので)でも結構な額の資産になる。

(どれだけ悲観的に計算しても60歳時点で持ち家と3000万円以上の資産が残る)

家の購入が人生で一番の買い物(総額で6000万円ぐらいを予定)で、

いったん家計を洗ってみたんだがとりあえず一番最初に書いた通り「順調なら」大丈夫そうだな、ということがわかった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん