「ホラー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ホラーとは

2018-09-25

anond:20180924084055

それな。

委員長10ちょっとでわかるシリーズで初めてvtuber面白いと思えたわ。

キズナアイ四天王先駆者&貢献者&中身プロってだけで面白さとしては微妙なのが残念。

田中おっさん無難ホラー実況してるしもったいない

anond:20180925030046

からマジレスなんだけど、

他人に公開できない情報持ってる奴がヤクザというより、

しろ他人に公開できない情報持ってない奴はホームレスくらいだな。

これってそんなもんかな?

色々なコンプレックス過去の間違いなどなど、普通に考えると同意だ。

 

しかし、みんな驚くくらい堂々と生きているから、油断すると公明正大人間なのではないかと思ってしまう。

逆に、そんな情報があるのに、堂々としていられるなら、それはそれでホラーだ。

ここら辺はなかなか知り得ないことなので、興味があるぞ。

2018-09-19

anond:20180919225512

金麦CMは「夫の死を受け入れられない未亡人」として見ると

ホラー色が強くなるのでムカつかないという知見をネットのどこかで見た

2018-09-13

実写版 地獄少女

そもそも実写だけでも問題外なのに

実写映画メガホンをとるのは、「ノロイ」「貞子vs伽椰子」などのホラーや「不能犯」といったサスペンスを手がけてきた白石晃士劇場公開は2019年秋を予定。

ノロイ」「貞子vs伽椰子

「貞子vs伽椰子

はい!終了!

追記:主演はいいとしても、監督が駄目すぎる。

貞子vs伽椰子がどんだけ爆死していたか…。

2018-09-07

anond:20180907161526

パニックホラー?かなにかではなかろうか。

ゴジラ日本蹂躙するところをみる映画

ジェイソンが人を殺すところをみる感じ。

2018-09-06

STEAMトップページとかディスカバリーキューみたいに

トップページ最近映画から映画を探したいけど、ホラー映画が苦手でサムネも見たくないので

ホラータグの付いた動画おすすめから除外、とかできる動画見放題サイトってないのかなあ

[]1-2 賭け事・耳を塞ぐ・ありがとう

※この増田ランダムお題で連続小説を書こうとする増田の無謀な挑戦である

 

その日、俺は同僚とある[賭け]をしていた。

このホラーハウスでは演出としてお経が館全体に響くことがあるのだが、それを聞いた時に日本人の中には[耳を塞ぐ]人がいるが、外国人はどうなのだろうか?

更衣室で同僚たちがダラダラとそんな世間話をしていたのが事の始まりである

同僚たちがアレコレ言い合うのを聞いて俺は、お経が霊を鎮めることを知っている日本人よりも、意味も分からずに不気味な声を聞かされる外国人の方が強い拒否反応を示すんじゃないかな、とまくしたててみせた。

何気ない日常の中でさらっと発想力を見せつけてマウントを取ろうとする俺の態度が嗅ぎ分けられたのか、同僚の何人かは何とも怪訝な顔を浮かべていた。

それならば、外国人日本人でどっちがリアクションが大きいか実際に観察しようじゃないか

つの間にか賭けが始まっていた。

当然のように俺は、外人が派手なリアクションをしなければ賭けの負け分を徴収されるポジションへと収められた。

慣れてしまえば以外な程に退屈な仕事に彩りが生まれたよ[ありがとう]、同僚の1人がそう言ってくれたのは、純粋GJなのか、失言へのフォローなのか、この賭けの勝利宣言だったのか。

1-2 完

anond:20180906115731

http://d.hatena.ne.jp/kaien/20080612/p1

2008-06-12(木)

香山リカの変節。

女子リベ」の「秋葉原事件コメントメモ」より、「日刊スポーツ」の記事引用

秋葉原無差別殺傷事件凶器となった「ダガーナイフ」。両刃殺傷能力が高く、有名なテレビゲームでは武器であるアイテム”としても頻繁に取り上げられている。販売規制も緩く、ゲーム好きの面を見せる加藤智大容疑者(25)の関心をひきつけた可能性もある。ダガーナイフは、ホラー要素の強い大ヒットゲームソフト「バイオハザード」ではショットガンなどと並び、亡霊を倒す武器として登場。キャラクターの成長を楽しむ「ロールプレーイングゲーム」の草分けドラゴンクエスト」では、ゲーム内のショップ自由に購入することができる。中学校時代卒業文集ゲーム美少女キャラクターを模した自筆イラスト掲載するなど、ゲームに傾倒していた様子をうかがわせる加藤容疑者精神科医香山リカさんは「非常に屈折した思いなのだろうが、ゲームアニメ文化の“聖地”で、あたかゲーム主人公のように振る舞ったようにも見える」と分析する。

この頃からからねぇ…

需要が多い所に流れたという引用元の分析は正しいと思う。そっちの方が受けるというので、自分最初からそういう意見だったと思うようになっていったんだろう。もういい歳とはいえあんなに年寄りを慰撫するだけのような事を書くようになるとは思わなかった。

2018-09-05

[]1-1 午前・ホラーハウスピアス

※この増田ランダムお題で連続小説を書こうとする無謀な挑戦である

 俺の名は増田ホラーハウスで働く怪人ピアス男の中の人


1-1 完

anond:20180905201842

日本ホラーで」という前提がつくなら

旧日本軍人体実験していたという廃墟」はあるあるなんじゃないかな。

ゾンビの由来が旧日本軍実験の成果というのもわりと多い模様。

anond:20180905122200

愛する妻との新居に見知らぬ女の幽霊が出る、みたいな導入のホラーを思いついた

2018-09-03

anond:20180829102605

アニメ見てる。原作未読。アニメの後半辺りからサイコホラーみたいになってて、おいおいって思った。ハッピーシュガーライフかよ。原作は違う感じなの?

anond:20180903204826

実際にあの漫画読んだことあるのかな。絵柄もなにもかもすべて怖いから昔から買ってない。ホラーでもない(一応不条理系)のにね。

あ、戦車とは混同しないでね。

あの漫画読める人はたぶん本人をテレビでみても平気なんだろうけど。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%AD%E5%AD%90%E8%83%BD%E5%8F%8E#%E7%AC%91%E3%81%84%E4%B8%8A%E6%88%B8  の後半みたいな話もあるし、自分は買ってもっていたくない。

[]死印 vita体験版 

1章まで

セールで500円だし中古も高いからとりあえず買うかと思ったけど、念の為体験版プレイ

うーんこれは・・・

セダンジョン探索にアイテム集めがかったるいし

見る・さわるみたいなコマンドもとっつきづらくてストレスたまる

絵はきれいだけど、ストーりーも特筆するものはないし、ホラーもまあちょっとびっくりくらいで、あとはグロとほんのちょっとエロって感じ

500円ならまあ・。。。と思わんでもないけど。。。うーん買うのが値段ならやめとけっていうし、やめとくわ

俺達の世界わ終わっているも体験版DLしたし、そっちにうつろう

2018-09-02

ホラー耐性ができてしまった

年をとって、もう滅多なことでは怖いと思えない、ときめかない

想像力が落ちたのかもしれない

 

なのにビックリだけはいくらでもするからムカつく

あと極端にグロくして怖がらせるのもムカつく、違うだろそれ

 

なおゴキ耐性はまるでつかない

いやついたほうか、子供の頃はもっと虫だめだった

2018-09-01

あのホラー展開が思い出せない

テレビチャンネルをカチカチ変更してると、テレビの声が1つに繋がって意味のあるメッセージになるあのホラー展開が見たいんだが、何の作品だったか思い出せない

[] #61-6「一人暮らしバイト

俺は部屋の中を注視する。

根拠のない直感をアテにするものではないが、気のせいなら気のせいで構わない。

今の精神状態では安眠が難しい以上、確認しなければ気が収まらない。

そうして調べること数十秒、意外にも早く変化に気づけた。

備え付けの電話、その留守電ランプが点灯しているんだ。

これは俺にとって珍しいことだった。

連絡する際はもっぱらケータイで、それだって基本はメールとかSNSからだ。

身内や知り合いもそれを分かっているため通話は滅多にしてこない。

というより、この家の電話番号は誰にも言ってないしな。

ここには短期間、住むだけなんだから言うだけ無駄だ。

そう、つまり珍しい以前に、そもそも電話がかかってくること自体おかしいんだ。

それに気づいた時、更に緊張感が高まった。

俺はゆっくり電話に近づくと、まずは留守電の番号を調べる。

103……そんな気はしたが、知らない番号だ。

知り合いの番号を全て正確に記憶しているわけではないが、これは桁が明らかに少ないので違いはすぐに分かる。

なるほど、マンションの内線か。

それなら納得がいく。

内線の番号は、そのまま部屋の番号となっている。

俺の部屋は104だから、つまり103は隣の部屋だ。

新しく住み始めた俺への挨拶か、或いは何らかのクレームだろうか。

後者だったら億劫だな。

こちらには覚えがないので、もしクレームだったら隣人はかなり厄介な奴ってことになる。

俺は留守電再生した。

「……」

だが録音内容は無言であり、周りの雑音が拾われているだけ。

「イタズラ電話か……隣人相手に随分なマネしてくるなあ」

まあ、だからといって、自分から進んでトラブルに首を突っ込むつもりはない。

売られたケンカは買う主義だが、こんなもの商品未満だ。

いずれにしろ、どうせあと数日の隣人関係なのだから不干渉に限る。

隣の……そういえば名前すら知らないな。

最低限、それくらいは覚えておくべきだろうか。

俺は部屋から出ると、隣の表札を見に行くことにした。


そうして扉前まで来たはいいが、度肝を抜かれた。

表札がないんだ。

そういうのをあまり立てたがらない奴もいるにはいるが……。

もしかして隣には、今は誰も住んでいないのではないか

なのに、隣からかかってきた内線。

まり……。

「いやいや……いやいや、ねーわ」

主語のない、否定言葉だけを口に出す。

しかし、ここまでくると俺の中で浮上した“可能性”は、そう簡単に沈んでくれなかった。


…………

その可能性を後押しするかのように、それからマンション内で奇妙な体験を何度もした。

ホラーものありがちな展開は大体網羅したと思う。

まあ、いくつかは俺の自意識過剰もあったと思うが、どちらでもいいことだ。

俺のやることは変わらない。

途中で投げ出すなんていう選択肢は初めからなかった。

自分で言うのもナンだが、俺の性根は割と図太いんだ。

最初の内は得体の知れなさから恐れを感じることもあったが、しばらくするとほぼ慣れてしまった。

本当に心霊現象だったとして、俺が気にしなければいい程度の問題

それに一応は仕事だし、金はやっぱり欲しいしな。

「いや、兄貴。何を馴染んでんだよ」

遊びに来ていた弟が、そう言うのも無理はない。

かに、この時の俺はかなり抜けていた。

「よしんば心霊現象だとかがあったとしてさあ。それに遭遇する確率はどれくらいなのさ。兄貴よくバス電車に乗ってるけど、大きな事故に遭ったのは一回だけだろ。それより低い確率が、今ここで何度も起きてるっておかしくない?」

「うーん……俺もにわかには信じがたいが、そういうのが起きやす場所なんだろう。俺の利用するバス電車運行が基本ちゃんとしているからであって、もし運転手とかが酔っ払いだったら事故は置きやすくなるだろうし」

兄貴意味不明な例えを出すなよ。このマンション酔っ払い運転手と同じだと思ってるわけ?」

「いや、例え的にはマンション乗り物で……」

俺は言葉を詰まらせた。

一見すると無意味な問答に、真相へと向かう道筋を見たからだ。

(#61-7へ続く)

2018-08-30

[] #61-4「一人暮らしバイト

なぜオカルトを信じないのか。

客観的説明をここでする必要はないだろう。

説明されきっているからだ。

そういうことは説明書に任せるべきで、俺がすることじゃない。

真面目に語れる領分じゃないしな。

まあ、俺だってそういうのを信じる、無邪気な時代もあったさ。

だが、そういった気持ち心霊番組ホラーものを観れば観るほど、むしろ薄まっていった。

だって、ああいうので出てくるもの人間か、動物なら犬猫ばかりだ。

キリンだとかゾウだとか、オオアリクイだとかも出てくればいいのに。

絶滅した動物とか、何なら古代生物とかでもいい。

そういった話がない時点で作り手の都合がミエミエだし、それらがフィクションだってことも暗に示している。

結局、子供へ恐怖を通じて学ばせたり、嘘だと分かりきった上で大衆が楽しむ、都合のいい存在しかないってことだ。

とはいえ俺は、今回の件をわざわざこうやって話している。

まりオカルトかどうかはともかく“何か”が起きるってことだ。


…………

最初異変は、それから数日後に起きた。

深夜で小腹が空いていた俺は、夜食を求めてコンビニに行った。

道中は特に何もなかったが、問題は帰りだ。

エレベーター自分の階へ上がっている時、思わず身震いした。

このマンションエレベーターは扉にガラスがついており、外の様子が窺えるようになっている。

そこでガラス越しに人が見えた。

“見え続けて”いた。

5階、6階、7階……同じ様相人間が、そこに佇んでいるのがハッキリと見える。

事態が上手く飲み込めていないが、自分の中で危険信号が鳴っていることだけは確かだ。

俺がエレベーター内で出来ることは、1階にもいるであろう“奴”に備えて身構えることだけだった。

この時、エレベーターは9階まできていた。

俺の部屋がある階は次だ。

拳に力が入る。

……だが、窓の外に“奴”は見えなかった。

扉が開く。

やはり、いない。

その状況に握った拳の力が弱まるが、まだ解かない。

ゆっくりエレベーターから出て、外の様子を見回す。

左右はもちろん、念のため上と下も見た。

気になって後を振り向くなんてこともしてみたが、やはり何もない。

ワケが分からない。

だが、もし“奴”がこの階に向かっている最中だとしたら……と頭をよぎる。

俺は逃げるように自分の部屋に滑り込んだ。

今になって思えば、完全な取り越し苦労である

他の階にはエレベーターに追いつける程のスピードで来ているわけだから、俺の階にだって既に追いつけているはずだからだ。

じゃあ、なぜそうならなかったのか。

この時点で、その不自然さについて考えていれば、もう少し早めに核心に近づけただろう。

あの時に、そんな余裕がなかったのが我ながら恥ずかしい。

(#61-5へ続く)

2018-08-29

ものすごくものすごく怖い小説が読みたい

この間実写版残穢初めて観て、夜トイレに行けなくなるほど怖いやつを期待したんだけど

めちゃくちゃ肩透かしだったので「観なければよかった欲」が満たされずにいる

現代近代日本舞台で直接的な殺人鬼が出てくるとかじゃなく

不条理出来事が起きて不条理なまま解決しなかったり

正体のわからないものじわじわ背後から迫ってくるみたいな小説いか

後味悪くて我が身に置き換えて恐ろしくなるようなのが読みたい

ホラーでもホラー入りミステリでもいいんだけどなかなか探すの難しい

おすすめ小説あったらぜひ教えてほしい

2018-08-27

anond:20180827202922

完全に私の趣味ですが、自分マイリストを書き出してみた

感想とか聞けたら嬉しいです

SFアニメ

SF

実際の映像構成されたドキュメント

その他のドキュメント

戦争映画

映画ドラマ

2018-08-26

youtube動画広告スキップ不可導入でふと思い出したのが、ゲーム海外版トレーラー見ようとしたら、そのゲームの日本版トレーラー広告で流れてどうしようかと思ったこと。

漫画系、youtuber、ジャンル関係なくお笑い芸人が出てる系じゃなかったら広告見るというか流しておくのは構わないけども。

前に1回だけ遭遇したホラー漫画棒読みでの読み上げ広告とかスキップ不可で出されたら、勢いでブラウザごと終了してしまいそう。

役に立ったことがないというかわざわざ不愉快ものを集めて嫌がらせしてんの的な「次の動画」もどうにかしてほしいところだけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん