「公式」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公式とは

2017-08-19

ギャルゲーあんまりきじゃない

自分は男で、所謂オタクカテゴライズされる人間だと思うのだけれど、百合関係結構好きだ。

特にプリキュアはずっと見てて、今年はあきゆかが(公式推してるのもあって)毎週ヘブン状態だし、ラブライブはにこまきを見ながら毎週悶絶してた。

やが君の最新刊はすごく楽しみにしている(百合姫個人的あんまりきじゃない)。

からどうか分からないけど、ギャルゲーあんまりきじゃない。

女の子がいっぱいいるゲームアニメがあっても、主人公が男で特に何もしてないのに女の子勝手自分好意を寄せてくるシチュエーションに全く投影できなくてすごく興ざめする。

女の子がいっぱいいるなら、女の子同士でいちゃいちゃしているのを、女の子が頑張っている姿を、俺はただビールを飲みながら楽しみたい。最近はそれが一番の幸せの一つになっている。

でもそれが分かる人に巡り合わないし、人にそういうのを布教する気もない。自分一人の趣味として完結している。

ただ、どうも世間一般は違うらしい。どうなんだろう。

2017-08まぐまぐ勝手登録されてたようなので

とりあえず運営会社スパムいたずら報告しとく

※以下メルマガ運営者がやったとは限りません

08/14 07:x6:52

0001024083 幸せを引き寄せるメール

08/14 07:x6:52

0001628095 3連単3頭ボックスで超簡単万馬券をゲットする競馬プロジェクト

08/14 07:x6:53

0000059907 ハロー株式

08/14 07:x7:03

0001501010 オンラインカジノ情報ドットコム

08/14 07:x7:05

0000258149 サラリーマン年収1000万円を目指せ。

08/14 07:x7:07

0001575646 生きる意味仏教に学びなさい

08/15 12:x3:57

0000202500 日本株投資家坂本彰」公式メールマガジン

08/17 12:x6:24

0000282526 水戸市サラリーマン大家さん

08/17 12:x6:29

0000249193 WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン

08/17 12:x6:32

0001680148 「竹中亮祐」×「長倉顕太」 海外自由生活をしながら1億稼ぐ方法

08/17 12:x6:32

0000228369 原田武夫国際戦略情報研究所公式メールマガジン

2017-08-18

サマーウォーズ公式企画が劇スベりしてるから皆見てあげてほしい

https://yoroshikuonegaishimaaaasu.com/

>健二と一緒によろしくお願いしまぁぁぁすっっ!!

クライマックスシーンに近づくと、サイト上に突如エンタキーが出現。テレビ放送エンタキーが押されるタイミングに合わせて、サイト上のエンタキーを叩き、健二と共に世界を救おう!

アニメ視聴者数って何人くらい居るんだ?

アニヲタ向けのサービス調べてたらことごとく過疎ってるから

ひょっとしてそもそも市場規模が足りてねーんじゃ? と思った

 

アニメ見たことある人とかだと際限がないので

深夜アニメ見てる人で考えよう

 

いつだったか見たアンケ

https://smartanswer.colopl-research.jp/reports/d67f1fee-3c25-4526-b132-112547e5c560

1ヶ月以内に深夜アニメを見ましたか?

10代〜30代でざっくり3割ちょいだな

 

15歳〜39歳だけで見ると

だいたい15〜39歳で4000万人くらい

4000万人の3割なら、1200万人 

多すぎね? 怪しいなぁ

 

Twitter20〜30代利用率が40%以上

リアルタイムでのアニメの最高公式フォロワー数が大体20万くらい(だいたい女性向け)、男性向けだと15万とか

1/0.4=2.5倍しても50万人程度しかいかない

あ、ラブライブが80万か、2.5倍で200万人?

あ、声優だと杉田智和フォロワー数が135万人だから、2.5倍すると330万人まで行く

あれ、声優ファンくそ多くね?

 

うーん結論が出ない

ヲタが400万人、ライトアニメ視聴者が800万人とかそのくらいでいいか

割合に直すと1割と2割

30人クラスならヲタ3人、ライトアニメファン6人 割としっくり来るな

 

1200万人が平均1万円使ってくれると、1200億円だ

400万人から平均100円取れるコンテンツなら、4億円

うーん十分な気がする

アニメサービスはまだプロダクトマーケットフィットしてるもの少ないのかもな

 

今度ちゃんと調べよう

ところで、アニメ業界市場規模調べたら1.2兆円とか2兆円とか出てきたけど、さすがに盛りすぎでは

クレーマーは先に説明書を読んで

https://anond.hatelabo.jp/20170817185242

https://anond.hatelabo.jp/20170816202927

おっしゃりたいことはわかりますしかしその前にそもそも、あの動画炎上が先にあって、そのバイアスからそういう解釈をする人が出てきたのだと思っています。「不穏な割に~」ももちろん理解できますが、炎上バイアスがなければもっと違った反応だったのではないかとも思います

まり馬鹿馬鹿しいと思ったので書きませんでしたが、あの動画には、「あらすじ、簡単説明文章で書かれている」のです。

説明文と映像本編を理解する手間をすっ飛ばして、出来もしない下手な考察や、裏の読み取りや妄想披露していた人の言葉などに価値があるとは一切思いません。説明書無視して騒ぐクレーマーとまったく同じですよね。勘違いさせる方が悪いのだ、というのがそういう人の論理しょうが果たしてそれだけでしょうか。

普通説明文と実際自分が手にしたもの、見た物が違うと思えば、まず照らし合わせて考えてみるのではないでしょうか。そういう目で見れば、あの映像簡単にわかるようによく作られているよ、というのがあの増田でした。そもそもわかりやすい=よくできている映像、でもありませんよね。(CMなのでそこは難しいところですが)

疑問の声を上げる人の気持ちもわかりますが、一足飛びに妄想押し付け強い言葉で罵り拡散することを正しいとは思いません。(もちろん、あの動画に一切問題が含まれていないとは思いませんが)

今回は、多くの人にとって炎上が先にあって、そこでの非難の内容がバイアスになって、動画おかしミスリードが「加えられた」のだと思っています。「動画主人公いかに『家族思いのパパ』だと勘違いしてる酷いCMか、見て!しかもみんなが好きにヘイトをぶつけても許される電通だよ!叩く要素はばっちりだよ!」という意味拡散がされているのです。

公式説明より先に、こういう感情的で刺激の強い表現を見てしまえば、そちらに何らかの形で引きずられるのも当然だと思います。だからそういうバイアスの影響下で見てしまった人に、少しでも伝わればと詳しく説明してみました。あの文章が嫌味ったらしいのは、あんなくだらないバイアス簡単に引っかかるなよというイラ立ちからです。

また、あの増田は長い割にわかりにくくてすみませんが、「誕生日=生まれ変わり」はわかって当然、などということではなかったです。他にもオープニングとエンディングで同じ状況を見せていたり、映像を見れば主人公の変化を描いている、その詳細もわかる箇所はたくさんあるよ、誕生日はその一つだよという説明でした。

一見して内容がわからなくても、あの構成なら普通ラストで変わった箇所がどこなのかをちょっと考えますよね。序章と終章が対になっている小説と同じです。もちろん考えなくても全然いいです。しかし、映像が描いていることを無視して、僅かな箇所から自分に都合のいい要素を拡大し、違うメッセージ本来自分の中にある思想のためのスケープゴートにして叩く、またそれを拡散するというのは、非常に嫌な嫌な行為だと思います

ジェンダーロールなどは社会的問題だと思いますが、なぜわざわざ物凄く個人的内面わずかな変化を追った、一企業作品槍玉にあげるのかがわかりません。代理店がらみの問題など、最近CMを叩くと炎上させやす簡単正義を気取れるからだと思いますが。あの話は一貫して主人公視点です。「主人公の目からそう見えている」という作品なので、歪みがあるのは当然です。そしてそれを克服するストーリーです。一人称個人的内面の変化を描く小説と同じです。攻撃対象としてそもそも正しいのでしょうか。

しかしそうは言っても商品CMなので、策に溺れた感がある点などは、個人的同意します。

お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか? エッチの準備もまだですか? 感想

https://anond.hatelabo.jp/20170811183815

FDという位置づけなので前作が気に入った人向け、そこまで気に入らなかった人はやらなくていいかなという印象

ロープライスなのでBGMや基本の背景・立ち絵は使い回し、まあこのゲーム重要なのはHシーンとボイスだと思うのでそこまで問題なし

そもそも1作目のインストールファイルが5GBでかなり頑張っていだだろうし素材を使い回しても許されるだろう

システムの変化は余りないと思われるがキスの度に選択肢が出なくなり1作目よりは改善していた

兄の異常さは尺の関係もあってマイルドに感じた、まあFD買うような人は許容できてるか…

ハーレム後のシナリオなので妹と初Hに及ぶ際の背徳感などは一切感じられず、そういのが好きな自分は今作のHシーンはそこまで興奮できなかった

キャラ魅力はだいぶ平坦化されたように思える

今回は1作目で評価の低かった順にキャラ回収した

あさひ

1作目同様、比較的ブレの小さい安定感のある内容・Hシーンで他ヒロイン比較するとよく出来ていた

デートでは自然な展開で主人公の鑑定眼設定も活かし、他ヒロインにも配慮された展開はGOOD

Hシーンもアフターに相応しく濃いものだった、FDの中では一番頑張っていたように思う

一点、1~3回の選択肢の中で実写化話題になるがああいネタはわざわざ個別ルートでしなくてもいいかなあ

そもそもヒロイン関係ないし、その話に尺を割く必要ないだろうと

■まひる

このキャラは照れやデレが始まるとふにゃふにゃし過ぎて正直言って苦手になってしまった

一番妹キャラらしい性格なのだろうけれど、なんだろう他の姉妹キャラが立ちすぎて霞んでしま

FDでは取ってつけたようなHENTAI的な味付けも加えられて、正統派妹の雰囲気も失われてしまった

Hシーンも普通…あまり公式から優遇されていないのではと疑ってしま

■さや

前作から思っていたがさやのトロ顔はあまり合っている気がしないのは自分だけだろうか

歯磨きや膝枕?のような眼をぱっちり開けている一枚絵の表情でHしていてくれた方が個人的エロいと思う

というかHシーンになるとヒロイン殆どトロ顔になってしまうので、1人ぐらいノリノリ…いや普段のペースを崩さずにHしている様子が見たかった

まりそれがさやであってほしかったのだが、どうも制作側はロリが性に溺れるシチュのが好きだったのかもしれない

まあロリ系のエロ漫画でも急にロリキャラトロ顔なったりするし、そういうのに見飽きた・見たくなかったんだろう自分

デート内容はなかなか良く、私服は一番可愛い、Hシーンは普通

■やよい

鏡に向かって姉妹の真似をするシーンがまず可愛すぎて悶た人が多いだろう、前作に続き最カワヒロインの3女様

前作ではいちいち面倒な印象であったがFDまでくれば素直でないやり取りも予定調和可愛いという感情以外湧いてこない

Hシーンは前作のが圧倒的にエロかったかな、唾液垂らしているのとデートの手コキは他にないものだったので割りと良かった

デートでは前作個別ルートのようなデレっぷりが見れたので◯、全体的に表情豊かになり満足

私服は…展開でフォローも入っていたのでなんともいえないかなあ、私服に関してはさやが良すぎて他はどっこいどっこい

総評…38/50

妹ゲーにおいてのHは背徳感があってこそと考えているので、FDにおけるHは普通にするといった構えは喜べないところ

妹要素は今作でも健在なので、前作で気に入ったキャラがいればプレイしても良いか

メインシナリオは薄いので素直にキャラ萠え出来なければスルーが吉

はいえ、最近プレイしたゲームの中では一番はまり込んでやれたシリーズであったのは確かだ

Tinkle Positionの次回作にもかなり期待が持てたタイトルだった

2017-08-17

https://anond.hatelabo.jp/20170815040241

ガウェイン持ってないかWikiで読んでみたけど

確かにゴリラ扱いの一方で、「さわやかイケメン」「心の細やかさ、強さ、そして厳しさ」とか誉めることも書いてるじゃん

そんな騒ぐほどか?

といっても男は基本どうでもいいから、自分の一押しで考えると…

清姫公式からストーカーとか蛇とか書かれるようなもの

何の問題もないな!

https://anond.hatelabo.jp/20170813014010

一ノ瀬志希が好きで、LIPPSが好きではないという話。」じゃなくて「LiPPS以外の一ノ瀬志希の魅力を知ってほしい」って文章書いた方が周りの人も共感して応援してくれるんじゃないかな、って思う。

SSイラストできなくてもニコ動Twitterプレゼンみたいな感じでLiPPS以外の一ノ瀬志希の魅力を地道に伝えていけばその内報われるかもしれないし。

公式の出すネタを口開けて待ってるだけでこれ嫌いとか言われても何言ってんのお前としか思わない。

コンテンツは好きだけどコンテンツにくっつくファンが嫌い

こんなパターンが多すぎる

最近だとFGOイベント不手際があったからって鬼の首を取ったように公式罵詈雑言のリプを飛ばしている連中を一人残らず焼却したくなる

絵が描けない

どうにも男性同士のカップリング要素に対して凄く嫌気がさしてしまった。

というか女性同士の友情感を男キャラに持ち込んでる感じがダメになった。

顔がやたら近くてボディタッチが多くて仲良しアピールが過ぎるやつ。

ミュージカルが出る前はマイナー普通中学生って感じも多かったのに、

ミュージカル役者同士がやたら仲良しアピールベタベタしているのか(ブロックしてるから知らない)、

単純にミュージカルを契機に人が増えたからか、

仲良し!もはや家族!みたいなのが公式扱いぽくなってしんどい

人気なんてでなくてよかったのに。細々と愛でるだけでよかった。

自分の絵を好きって言ってくれる人や未だにフォローしてくれる人に申し訳ないけど、

もう自分はこうして人を不快にさせる愚痴を垂れ流すだけでもうあのキャラ達の絵は描けないや。

アイマスについて考えた」の続き

これの続き→(https://anond.hatelabo.jp/20170816030530#tb

はじめに

友人から教えてもらい、ツイッターふくめ何やらだいぶ反応をもらえていたようであることを知ったので(批判ばかりだったけど)、ありがたいことだなぁと思い続きをしたためますちょっとズレてます明日ようやく仕事に帰るのですよね、暇なのです。


イチローとか羽生の例えが不適切

彼らは清宮や藤井四段より遥かに上であったり、勝ち続けた経歴があるからこそ人気があるのだからなんかおかしい。といった趣旨批判いただきました。お目通しありがとうございました。


しかにそうですね、勝ち続けたからこそのドラマであると思います。ここは例えがちょっと極端だったかもしれません。要は「実力があろうとなかろうと、彼らに語ることができるだけの哲学のようなものがあるかどうか」ということを言いたかったのです。

例えば、名前ちょっと出てこないのですが、全敗しつつも走り続けたあの競走馬のようなところでもよいのです。馬に人格ドラマがどうこうという話ではないのですが、読み取ることができるだけのドラマ性があるかどうか、という話であります


「765は歴史があるからすごい、後発は歴史がないかダメと言ってるのと同じ」という指摘もいただきましたが、誤魔化さずに言えばこれはその通りです。歴史というよりはキャラクターとしての物語性による厚みの話なのですが、765アニメなどと比較して考え、「強固な物語性があるキャラクターが好き」と結論づけておりました(先の文章でもたしか)。まぁそんな感じ…そんな感じですね。


理由をつけて貶めたいだけ。ただのダメオタク

へい、まったくもってその通りでありやす。現状のデレミリは、それなりに考えてみて自分には合わないなと思い、遠巻きに応援していこうと決めてしまいました。リアル体験併用が推奨される最前線には行けず悲しいですが、やはり人が増えていると、このような強く雑な言葉を使う方々がいるものなのだなとも確認できたので、自分はやっぱり主な住所である過疎コンテンツ平和に過ごします。しかし10RTもされてるの怖いですねアレ、765もアニメ以前はあん場末感あふれる感じだったのでしょうか…。


わかる気がする

「細かいところはともかくとして、強いストーリー性とか完成されたキャラクターという点ではやっぱりエロゲーヒロインとかの方があってるような気がするんだよな、多分この人には(だから765ASがその中間にあるものとして受け入れられている)。だから生きづらさを感じるのもわかる」


ありがとうございます。まったくもってその通りであり、わかりやすい要約であります私的にはミリオンアニメがとても楽しみで、細々とCDなど購入しつつ自分が好きな方向性のものが新しく始まるのを楽しみに待っています


また引用させていただきます

「まるで後発キャラには物語や背景ないかのような言い方。ASだってコミュから読み取って保管されていったりを繰り返してバックボーンが出来上がったやん。」


後発キャラにも物語や背景があることは理解しています。ただ、自分が765アニメを観て本格的に好きになり始めた頃の「劇場アイドル」の雰囲気を感じることができず、現状はそこが重視されていないなと感じる次第です。765の各コミュが漁られている段階では、自分ニコマスを観たりたまにCDを買ったりといった程度でした。つまり自分がいま後発のアイドルに抱いている感覚とその頃の感覚は近いものなのかなと改めて考え直しています。先日の文章自分が持ち上げているのは「アニメ放送期の765プロアイドル」であった、と認識してくださると幸いです。


シンデレラミリオンアイドルと向き合わかなかっただけ

その通りです。自分は変質する時代と、それに合わせて変化したアイドルについていくためのスイッチを切り換えることができませんでした。やはり孤独ぼっち自分性格にはあっていて、765のメンバーでのニコマスアニメは楽しかったのですが、メンバーが極端に増え、ソーシャル性が求められるようになっていった結果、自分は置いて行かれました。しかアイマス全体の雰囲気はいまでも好きです。陰ながら新しいアイドルも買って応援しています


団塊オタクって感じだ

そう思います。いい語呂なので、今後はこれを名乗らせていただこうと思います


今のデレミリは「ソーシャル型」から劇場型」への過渡期

これを読んで様々な意味で嬉しくなりました。ミリオンアニメ錦織監督でやってほしいです…。


ストーリーに重きを置きすぎると解釈の幅が狭まる

アイドルの「要素」を最も大事にして、そこからまれる「物語」は8通りくらい考えておくのが、アプローチをかけるうえでベストなんだと思う」


やはりいろんな方がおられるなぁと思いました。素直にすごいバイタリティだと尊敬します。自分は出されたものをしっかり理解して、それをわかった上で応援したいタイプだと気づきました。ゆえにアニメニコマス派だったなと。みんなで解釈を共有して楽しんだり、自分ひとりでワクワクするのも自分には難しいです。団塊オタクですね…。


薄利多売なわけない。もう6年やってるんだぞ。

薄利多売ではないというのは、「ソーシャル性を重視した結果としてのちょうどよいキャラの厚み」なのだなという理解文章を書いておりました。文面にもしたと思うのですが、走り書きゆえ伝わりにくかったのだと思います申し訳ないです。


年数についてはあまり関係ないですね。上にも先の文章にも書いたとおり、ソーシャルアイドルの持っている性質として書いただけです。


うーん?

 「"「社会」が乱される" 社会の変化についてけない時に新しいものを腐す人というのが居るが、そうでもしないとそのことを受け入れられない・踏ん切りがつかないということなのだろう」


別に腐してはいません。


デレマスの界隈は遠巻きに眺めてるが

彼女らとそれを応援する彼らの爆発力も大事だしすごいと思う。自分は入っていけないのだけれど。 」


その通りですね。なんだか仲間意識を感じます


765ASさんの活躍の中で

ニコニコでのファン動画存在も大きいのではないかと思うのですけど(私が最初に知ったのもニコマス)、公式だけでなくファン(P)と一緒に紡いできた物語ではないのかしら」


その通りですね。自分としてはその集大成としてアニメ劇場版があり、完成した(させられた)様を観て、深く感動したタイプです。ニコマスは当時から好きでした、こないだ見たときはあまり765アイドルのものがなくて寂しく思いました…。


おわりに

様々な反応があり嬉しく思いました。自分普段いる過疎コンテンツは、平和というか、自分と同じように一人で完結できる人が多いため、今回ちらほらいらっしゃったような深読みしない・言葉が強い方の反応はなんだか新鮮でした。やはり怖いので遠巻きに応援していようと思います


先の文章で書いたとおり、「アイドル/神は一方的に与えてくれる存在ではない」ということを理解せず、ただ「狂信」しておられる方だなと、怖い方々がされていた他のツイートからは感じられました。コンテンツバブルお祭り騒ぎは得てして彼らのような狂信者によって支えられており、それを理解してはいましたが、今回はそれを実感として理解できたのも大きな収穫のひとつです。とじまりすとこ(団塊オタク語)。


いやー楽しいですね。よければまた、どんなものでもコメントいただけると幸いです。では寝ます

ネットの知り合いと交流するためのついったーアカウントを削除して、

誰もフォローせず非公開リストにその知り合いや好きな作家さんやゲーム公式を入れて必要情報や近況を眺めるだけの鍵アカウントを作ってから

自分が気に入らないツイート過剰反応することが明らかに減って、

なんでもっと早くこうしなかったんだろうって思ってる

下手に他人と会話ができるようにすると同意を求めるかのように自分意見をダラダラつぶやいて一人で勝手イライラするし

このままでは心が死ぬって思った

その知り合いの人たちとも別に一生会えないわけではないし(ゲーム内で会えることもある)

思った以上に不便でもない、むしろ自分と考えの違う人に振り回されて劣等感を抱くこともないからとても気持ちが楽

トレンドも見ているとイライラすることばかりなので今は読めない地域言語ロシア語とかアラビア語とか)を設定して興味をなくすようにしているけれどこれが効果てきめん

というか開けばパクツイ違法アップロード動画で溢れかえってる(「見れなかった人へ!」などと善人ぶってMステキャプチャ上げてる中高生がいい例)トレンドなんてストレスしかならない

私はSNSなんかに殺されたくないのだ

そのうちここにも投稿することがなくなるようにしよう

もう顔も名前も知らない人間にいちいち目くじら立てるのは嫌だ

2017-08-16

アイマスライブ名刺交換写真撮影行列は作るな!

シンデレラガールズ5thツアーも無事に終了して3日目。キャストスタッフライブに参加したpちゃんお疲れ様です。

僕もライブに参加させていただいたが、素晴らしい思い出が作れてたと思うし、本当に今回のライブに参加できて感謝しかない。

なので、次回行われる6thの単独ドーム応援出来たら幸いだ。

さて、ここへ本題に入るのだが…

アダルト関連の女優ヲタサー姫()による騒動でいろいろ物議を醸しているが、今回の騒動を色で例えると…

ヲタサー姫()は "真っ黒"

女優は "濃いグレー"だ。

まずヲタサー姫()に関しては、確実に真っ黒だ。彼女は、主に職業差別問題視されているが

からして見れば、何もたわいない、くだらない嫉妬だ。これ以上に理由はなかろう。ましてや、今回の妬み騒動以外でも問題は起こしているのでヲタサー姫()を援護なんて誰でも無理だ。

次に某アダルト関連の女優に関しては、上記で書いた通り"濃いグレー"だ。では何故"濃いグレー"なのか?

巷では彼女コスプレ参戦が問題視されているが、個人的意見としてライブでのコスプレ参戦は問題ないと思う。

アイマスライブレギュレーションコスプレ記述は無いが、pキャップを被ってライブ会場に来てる方もいるし、今のところ特に大きな問題は見られていない。(会場内でPキャップは外しているだろう…)

僕はここで問題視するのは女優が行なった名刺交換写真撮影の"行列"だ。

SSA会場付近は、一般の通行人も利用されている。そんな公共の場所で女優目当ての行列なんて作ってみろ?

確実に迷惑だ。

実際、一日目では近所住民による通報が入ったらしいではないか

それだけでもグレーだと言うのに、女優名刺には…

無断で印刷された藤本里奈(デレマスキャラ)の公式イラストが使われている。

一応補足するが、アイマスキャラクター印刷された名刺交換悪魔非公式であり、基本アイマス公式の見えない所で行なうモノだ。

なのにも関わらず今回の騒動では、彼女ライブ数日前、Twitter名刺交換の告知まで行なっており、名刺交換行列ができた影響は、この告知であろう。

今回このような騒動が起きて、僕としては非常に残念な気持ちである。今後もこのような騒動が起きるのであれば、会場スタッフ警備員にお願いして退けてもらうしか方法はない。

一人でもライブを楽しんで帰れる為にもPの皆様にはマナーを守って欲しい。




以上。

https://anond.hatelabo.jp/20170816191917

コンビニ店長10年どころか50年かかってもファミマ社長になることなんて不可能に近いのに、公式キャラがそれを目指してるってどうなんだろう

ひろゆきニコ生と(ガジェット通信雑談配信公式生放送可能

凋落の一途をたどるニコ生ですが

何が悪かったのかひろゆきも先日のガジェット通信で言っていましたが

私もかねがね同意です。

ひろゆきのこの主張は今更後づけて言い出したわけではなく、

ひろゆきはこの主張を以前から主張しておりぶれていません。

そして多くの生主同調していました。

しかニコ生運営は一切聞く耳持たず現在路線をひた走った結果こうなています


全てはカワンゴと夏野の先見性の無さと判断の誤りだったと思います

そして二人はその最重要人物であるひろゆきをうざいとばかりに排除しました。

ジョブズアップルを追われたのと同じように。

故に今の現状になるべくしてなったという他ありません。


本来配信サービスにおいてYouTubeのような巨大モンスターに勝てる見込みはなく

そことの勝負は避けて胡散臭い路線をひた走るべきだったのですが、

カワンゴもそこは当時は分かっているような発言をしていましたが

どこかで勘違いしたのか、

あるいは会社が大きくなっていろんなしがらみや大人の事情から逃れられなくなったのか

多くのサービスが陥る罠にニコ生もまんまと嵌っていきました。

最後のあがきで10月に大幅な機能改善をするようですが数年遅すぎました。

もう何をしても復興は無理でしょう。


そんな状態でもひろゆきはたった一人ニコ生可能性にかけて細々と地道な活動を続けています

全くの無償一見するとただのおふざけですが

おそらく今ニコ生活動の中で1番可能性を秘め面白実験的で

ニコ生でやるならこれしかないというポイントを自ら実践し続けています

まだ誰もその意味に気づけていないと思います

ニコ生が残るとしたらこしかありません。


それがガジェット通信と「雑談配信者」公式生放送です。

ガジェット通信は大概夜中に突発的に始まるのとだらだら時間が長いので

ちゃんと見れている人は少ないと思うのですが、

とんでもない情報の宝庫です。

これを無料で垂れ流しているのですからひろゆきサービス精神も大したものです。


ガジェット通信はそれでも見る人がちゃんと見ればその凄さに気づけると思います

もう一つの雑談配信者」公式生放送意味可能性に気づけている人は

まだほんの一握りなのではないでしょうか?


最初このシリーズが始まった時、

レベルでまともにトークもできない底辺のだめ人間である生主を集めて

ひろゆきだけまともでひろゆき一人で七面六臂の気配りと活躍番組をまとめている様子を見て

ひろゆきが頭にきてバカバカしくなって

番組を放り出すのも時間問題だろうとタカをくくっていました。


しかしそれは私が浅はかでした。

ひろゆきの狙いが当時私も見えていなかったのです。

彼がここでやろうとしているのは一言で言うと人材の発掘です。

山のようなゴミの中からダイヤモンドを探そうとしています

そして普通ならこんなゴミの山にダイヤモンドなどあるわけないと思われる場所

ダイヤモンドは転がっているとひろゆき確信しているんだと思います

なんでみんなただで転がってるダイヤモンドを拾おうとしないの?

ばっかじゃね?くらいに思っているんだと思います


ゴミに見えるのは使い方が悪いだけで

使い方をちゃんとすればダイヤモンドになる素材もあるんですよ

ひろゆき実証している場です。



ひろゆきがなぜここまでニコ生可能性を感じ

無償奉仕しているのかよく分かりませんが

もともと彼は何もない場所に何もない人を集め

予測不可能人間同士の化学反応を見るのが凄く好きな人なので

そういう部分に可能性と興味を持って遊んでいるのかも知れません。

2ちゃんを作ったときのように。

ひろゆき的には同じ延長線上で今興味が有ることをやっているだけなんだと思います


夏野さんはニコ生規律と平安をもたらしました。

しかいかんせんまっとうすぎるのです。

本人は凄く先鋭的なつもりでいますが古いのです。

夏野さんのおかげでニコ生にすっかり尖りがなくなってしまいました。

一言で言うととてもつまらないのです。

ご尽力は確かに評価します。

しかニコ生が生き残るにはそういう正攻法では無理なのです。


ジョブズ追放マイクロソフト駆逐され崩壊寸前まで行ったアップル

再びジョブズを登用し復活したように

ひろゆきを再び登用しニコ生が復活することを願ってやみません。




PS

https://www.youtube.com/watch?v=tlKlMt58mbk&feature=youtu.be&t=1329

8月14日のガジェット通信ニコニコ動画について語るひろゆき

22分くらいか

アイマスラブライブは凄いな

マクロスリズムゲーム出たんですよ。

リズムゲーム得意じゃないけど、何とかハードクリアベリーハードも一番低いのならなんとかって感じ。

そこでポイント加算式のイベントが始まったら

ガラケー並の仕様

そもそもガチャの最高レアリティ複数枚集めてやっとまともに遊べる仕様なのに、ここに更なる廃人仕様を追加とかね。

金と時間がある暇人けが楽しめるゲームになったよ。そこそこの腕前の微課金勢は1週間張り付いて、それこそ睡眠食事を削って最終日になんとか限定アイテムを1個取れるレベル

そして、文句を言おうもんなら公式の書込みと廃人廃課金からの「甘えるなコール

アイマスラブライブもこんな感じがずっと続いていると思うと、なんか尊敬するわ。

スマホゲーはバカのやる物だと思ってたけど、自分の好きな作品は違うと思ってたよ

https://anond.hatelabo.jp/20170815101755

SideMに限らずだけど、多数キャラの出る育成ゲーのコンテンツで、

キャラ出せない以上は、公式提示してくるのはあくまで一つのパラレルワールドだよね。

あの手のゲームプレイヤーの数だけ世界線があるんだから増田もPの自覚を持って、あくま自分とこのアイドルを育てればいいんじゃないのかなあ。

自家醸造できなくても、例えば、推しキャラの良い感じの二次コンテンツを拡散するとかやりようはありそう。

anond:20170816102537

劇場版で描かれた、春香の本懐としての「私は天海春香から」というセリフが、自分の中では決定的なものですね。

天海春香というキャラクターを、公式が「描ききった」という感覚がいまでも確かにあります

寂しいものではありましたが、物語キャラクターを強くすると考える自分としては、とても心強くもありました。

「みんなのアイドルからアイドルマスター象徴」としてクラスチェンジした、という話はかなりしっくり来ます


「デレミリが765のような確固たる形を持っていない」、「それでは継続型のアイドルたりえない」、

「765が消費型から継続型へのシフトで完成していたとしても、ソーシャル型ではキャラが多すぎて難しい」、

自分は元の日記で書いていました。

勢いで書き出してましたが、あくまで765がたどりついた完成形にこだわるという前提なら、結構的確かなーと思います


で、今度は「私は天海春香から」というセリフにデレミリアイドルがたどりつけるか? という考えをしてみました。

でも多分、そういった「キャラクターの完成」という形はたぶんソーシャル型のPは望んでいないのではないのかな、と思いました。

おそらく、より長く、劇的にアイドルとの距離が縮まったからこそ「デビューから引退まで」と言いますか。

もっと大きなスケール感というか、物語のなかだけでは留まらず、それこそ中の人事情引退するまで続くのが望まれてるのかなと。

実際に時代が変わってみないとわからないものですが、リアルにより深く溶け込ませているからこそ、今度はそれをやってほしいなとも思います

自分が765アイドルをずっと観ていたいと思うように、デレミリの方々も同じような願いを持っていると思うのですね。

きっとまた新しいアイドルは出して来るでしょうが現実的ものとして、デレミリは(765も含んでますし)ずっと続いてほしいです。


気づきかもしれませんが、自分アニメから入った遅めな人です。

ニコマス楽曲はずっと好きで、たぶん09年くらいには熱心に観ていたのですが、お金まで使うようになったのはアニメ制作された後です。

自分キャラクター以上に物語が好きで、始まりと終わりを明確に描くことで「寿命」を作ってしまうのだとしても、やはり物語に裏打ちされた強いキャラが好きです。

天海春香をカッコいいと思うようになったのも、ニコマスで転んだり閣下したりのヮのしたり、ライブをいろいろ見たからではなく、アニメを観たからこそです。

二次元アイドルに「生き様」を見出し自分としては、「消費型」から継続型」にシフトする瞬間が、自分にとって一番だったのだなと考えがまとまりました。

今までこの辺が曖昧で、日常生活のなかでずっとモヤモヤしていましたが、今後はキレイな目でデレミリを見ることができそうです。


キャラクターの軽薄さをソーシャル性で補完するにしても、新しい感覚すぎて孤独自分はついていけねえ!」とは思いますが、まぁ外巻きでもそれは楽しいかなぁと。

自分は今年で大学卒業という比較若いとこにいるはずで、世代としてはデレミリど真ん中のはずなのですが、そういった点もやや切なさ増幅要因ともなってます

アイマスの話を振られて当然のようにデレミリ前提されたとしても、自分はきっと強く生きて行けると思います。書いてよかった…。 


デレミリは本当にどうなっていくのでしょうねー。765でひとつの完成の形を見たので、何かゴールがあると思いがちではあります

そんな考えばかりの自分としては、やっぱり前述したように「ずーっと続いていく」のかなぁと。

765は00年代10年代ネット環境シンギュラリティで落ち着きましたが、今後はしばらくそういったこともないでしょうし。

キャラは成長するからこそ面白いものですが、それを曖昧にすれば、ずっと「成長(?)」を続けられますし。

早々にアニメ化したのも、ある種の「枷」を取っ払うことを意図してたのかなぁという実感もあります。前述した物語ゆえのハードルというか、そこをうまく越えたのかなと。

からこそデレミリsideMでは何をどうするのかなー、という不安もなきにしもあらずで。まあでもうまいことやってくれるでしょう。

これから先50年100年、というと本格的に神話性が増してきますが、765もデレミリsideMも、ずっと長く続いてくれることを祈っとります。


またちょっと考えることができました。トラバありがとうございましたと思います

VALUについて雑記

VALUというのに興味が出たのだけど、例えばある人のVALUを私が買い占めたら、その人の人生を私が決めていいことにはなるだろうか?

金に困ってる若者のVALUを買い上げて、誰も就きたがらない仕事に売り飛ばす、まさに人身売買個人証券化

それが出来たらなんと便利なことか。

生活保護奨学金の返済も、自らを売ることで解決する。

しかし、それは出来ない。

なぜなら、VALUには議決権配当もない。

例え、youtuberのVALUを買い占めたところで、売り上げのいくばくかを貰えるわけでも、youtube自分宣伝をしてもらえるわけでもない。

宣伝くらいしてくれるかもしれないが、強制力は全くない。

プロ野球チップスカードくらいの意味しかない。

堀江貴文氏はその辺の感覚流石で、ホリエモンカードというものを出していた。

カードといっても、仮想コインだが。

プロ野球チップスの発行数は、公式アナウンスを信じる以外にないが、ホリエモンカードブロックチェーンで売買履歴が押さえられているので、水増し発行がないことが担保されている。

強みはそんなところしかない。

仮想通貨もVALUも、現在はまだネタしかないと思う。

何も価値担保していないので、投資ではない。

それは公式も言ってる。

VALUはさておき、ブロックチェーン可能性を秘めてる。

身近なところでも、例えばそのうち、オンラインゲームアイテムの売買に使えるんじゃないかと思う。

所有権の売買をブロックチェーンで行えばいい。

発行枚数や売買履歴改竄が出来ないならば、運営個人取引に寛容になれる。

ブロックチェーンで発行数されたアイテムの決済もまた、ブロックチェーン暗号通貨

ブロックチェーンはそういうところから広まっていくしかないんじゃないかと思う。

ビットコインを使えるリアル店舗を作ろう!

とか、個人上場して資金調達

とか、けっこうヤバいのではないかと思ってる。

特にVALUは、ネタであることが理解されてない感がある。

例えば、本当にさっきの例が起きたらどうなるだろう?

youtuberのVALUが買い占めたらとして、買い占められたyoutuberが「あれはネタ、なんの強制力もないし、俺は何1つ従わない」と発言したら?

それは至極当然の発言だとしても、騒ぎになる。

VALU相場は大暴落するだろう。

課金しまくったオンラインゲームが停止するくらいの意味しかないのだが

、VALUに群がった当人たちは投資のつもりだったりすると非常にまずいことになりそうに思うのだ。

投資自己責任という言葉も通じなければ、そもそも投資ですらないという言葉も通じない可能性がある。

VALUの全てを、ブロックチェーン詐欺呼ばわりして、破壊するまで止まらないムーブメントが起きやしないだろうか。

2017-08-15

コスプレ参加すんなまじで

今回初めてアイドルマスターシンデレラガールズライブに行った。担当アイドルのひとりが出演しているSSA2日目。すっごく楽しかった。アイマスは最高。

ライブが終わって、帰宅して、ツイッターを見て、SSAをみたPさんたちの感想やレポを見て「それ~~~わかる~~~~!!!はぁ・・・・」みたいな、ライブ終わり独特の空気を楽しんだ。

SSAコスプレ参加しているセクシー女優さんがいたことを知った。とてもショックだった。てかSSAだけじゃなかったんだ。情弱つらい。

ま~~~たキモオタデブス女の妬み嫉みブログかよ!と思われるかもしれない。正直キモオタデブス女であることは全く否定できないし、彼女かわいいお顔、そして恵まれプロポーションに対する羨望のまなざしは隠すことができない。

私がプロデューサーになる前からいる界隈では、現地コスプレ参戦はタブー暗黙のルールだ。

「昔からアイドル現場コスプレした人間はいから、お前のいた界隈のことなんて知らねえよ。」と言われてしまうと、新規Pの私としてはお返しする言葉がない。

でも、私はどの現場でも誰でもコスプレ参戦は許せない。

私は現地で彼女出会うことはなかったから、直接彼女出会った人たちの気持ちは分からないけど、私がもしSSA現地で担当アイドルコスプレをしたセクシー女優さんに出会っていたら、

オメ~~~~~~ェの知名度アップにアイドルを利用してんじゃね~~~~~~~~よ。マジであり得ない。あんたも一人のプロデューサーなんだったらわかるだろ!まじで!あんたがコスプレして参加することによって、そのアイドルあんたのイメージがついちゃうんだよ!!!!!

って泣きながら怒ってた。絶対。てか担当アイドルじゃなくてもこう思ってる。

私は現場に出かけるとき、私の大切な推し担当)が少しでも恥ずかしい思いをしないように!と思って、服装はいつもよりキレイめで、化粧だって時間をかけて会いに行く。本当に大好きだからだ。

で、現場に行ったらいるコスプレ。いやいやいや、違うじゃん。私はあんたを見に来たわけじゃないんだよ。何?目立ちたいの?まじで意味わかんない。

推し宣伝?アホか、現場にいる人間ほとんどファンなんだよ。努力の方向間違ってない?

アイドルマスター世界はみんな平等だって誰かが言ってた。いい世界

でも、プロデューサープロデューサーアイドルにはなれない。あくまで陰で支える側の人間じゃないと。うちら秋月律子なっちゃいけないんだよ。

コスプレしたいだけならそういうイベント行ってくれ?ここはお前のための会場じゃない。アイドルと、それを支えてきたみんなの会場なんだよ。

つーか喜々として名刺交換してる男オタクたちも意味わかんない。お前が好きなのはコスプレ女じゃねえだろ。ツイッターとかで、俺の担当コスプレだったらシコってたみたいなこと言ってるやつもほんとキモイ

二次元しか俺にはない!みたいなこと言ってても結局女体の前ではただのチンポコなんだね。

こういう男オタクのこと一生理解できないと思う。

は~~~~~~~~~~~楽しい気持ちで5th終わりたかったな~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


追記

たくさんの反応ありがとうございます

Mマスのことは何にも知らないか申し訳無いんだけど、コスプレって賛否両論ある中で公式場所で好反応示したってすげえなと思った。Mマス好きになったとしても現場絶対行けねえ。現地コスプレ参戦反対の民には地獄じゃん。

私はコスプレ嫌いなわけじゃないです。友達コスプレしてる人たくさんいるし、すげえなって思う。でも本当にコスプレライブとか参加しちゃう人の気持ちがわからない。

追記2

私が思ってる以上に公式現場コスプレして参加するの賛成の人が多くてほんとにびっくりしてる。

歌舞伎観に行くのに歌舞伎大好きだからって隈取して行くやつがいるか?

https://anond.hatelabo.jp/20170815191448

今もめてるのは「では公式が信用できるのか?」という話だと思う。

どうせ実写化でめちゃくちゃするのは最近定番だし、

いまも清純イメージが求められるアイドルコスプレAV女優AV女優だと明言して出したという話。

公式といっても色々あるけど、「信頼できない運営公式」があるという前提で、

「信頼できない運営公式の物は、しょせん二次創作の一つだ」と割り切ってしまえば楽だと思います

ただでさえ、もうけ主義で、メディアミックスという名の、応用コンテンツ作るけど、儲け第一主義だったらその応用コンテンツの質まで問われないのはそりゃそうだ。

でも、それを嘆いても、信頼できない運営公式が変わるわけじゃない。

好きなものを変えるか、どうせ二次創作物では散々ひどい扱いされてるのだし、二次創作物たまたま金がかかってるが自分の好まないものが出たなー程度と割り切るしかないと思いますよ。

公式CPだと何が嬉しいのかよく分からないんだけど何が嬉しいの?

公式二次創作(腐)について

拙い文章ですが、それでもよかったらお読みください。

まず大前提として、私は腐女子です。

最近はかなり落ち着いている?ので、それについてTwitterで呟いたり人の作品を見たり ということはしてません。RTなんかで回ってきたときは見るけど、自分から見ることはほとんどない状態です。

以前は毎日のようにcpについて呟いていたり検索をかけていたりしていたのですが、そのころから思っていたことがあります

「世の腐女子公式に対して『これは(cp名)』って言い過ぎじゃない?」って。

コンビ名として、という場合もあると思いますが、私がずっと気になっていたのは公式ストーリーなどにに対してcp名を当てはめる人です。

そもそも私も腐女子なので、あまり強く言える立場ではないのですが、公式公式 cp二次創作という区別があるはずなのになんで公式のものにたいしてcp名を言うのか正直理解できません。

「お前のほうが理解できねえ!」って人もいると思うので、適当に流してください。

でも、私はやっぱり公式のものは「友情」とか、同性同士の恋愛以外として見たいなと思ってしまますそもそも公式から「この二人はそういう関係です」とか言われていたら別なんですが…

何が言いたいのかわからなくなってきてしまったのですが、もう少し公式二次創作の境目をはっきりさせるべきな気がします。腐女子どうこうに限らず、連日いろいろなところで二次創作に関しての問題が発生しているのを見ると微妙気持ちになります

私自身、世間的に見たら最近の若者に分類されてしまうような年齢なので、今までどのようにしてここまで二次創作という文化が広がったのかはわかりません。

ですが、いまよりもっと一つ一つのことに神経を使っていたはずです。

そのような状態からこそ、もういちど公式二次創作というものについて見直すべきなのではないでしょうか?

デレマスアイドル間に格差がある、俺の推し運営に推されていないという話で盛り上がっているが、アイドルマスターという巨大プロジェクトにはそもそもコンテンツ間の格差というものがある。

その最たるものアイドルマスターXENOGLOSSIAの扱いだ。

ゲームアイドルマスター(以下原案ファンから蛇蝎のごとく嫌われ、罵倒憎悪対象として認知されているアニメ作品。もしネガティブ意見を向けることを目的とせずにその名を出そうものなら古参寄りの原案ファンから人非人扱いされてしまう。

なぜならばそれは、原案とは排他的な設定や配役やデザイン採用されているからだ。彼らにとってアイドルマスターゼノグラシアはこの世に存在してはならない作品なのだ

今やゼノグラシア肯定的に語ることが許される場はほとんど無い。

もちろん10年以上前アニメから公式にはまったくと言っていいほど動きがない。完全に終わったコンテンツ。終わったのに名を出せば原案ファンから死体蹴りをされる。

そんな中できっと救いになるはずだと思っていたスパロボ参戦も、現状ではクロスオメガアプリゲー)のみ。

それも一度きりの期間限定参戦に終わってしまった挙句、後からパロネタ原案やその派生作品が参戦してきてお株を奪われる始末。巨大ロボットが登場することはProject IM@S内での作品アイデンティティだと思っていたが、なんてことはない。安易パロディによって剥奪することができる程度のものだったのだ。

スパロボ参戦から新たな展開を妄想していた頃に戻りたい。あの頃は可能性だけはあったから。でもそんなものゼノグラシアにはなかった。

アイドルマスターゼノグラシア原案界隈からその存在を消し去られる日も近い。

そうなればG.G.F.のように、井口裕香ラジオでたまに存在を思い出されるコンテンツになるだろう。

思い出にはもう未来可能性も無い。

それでも俺の「推し」は思い出の中に閉じ込めておくしかない。好きだと言えば俺も推しも刺されるから

https://anond.hatelabo.jp/20170815051449

まぁほんまアウトだったら公式から抗議が入るでしょうよ

外野がやいのやいの言うなし

もしくは公式通報すればいい話で拡散する意味ある??

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん