「マニキュア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マニキュアとは

2021-06-17

爪を伸ばしている

育休から復帰して1年ぶりくらいにパソコンキーボードに手を置くと、手の老化が気になった。

節々が黒ずみシワっぽい。爪も縦線が目立つ。

パソコンで「綺麗な手」を検索し始めた。仕事が暇なのだ

手のUVケアハンドクリームによる保湿、水仕事の際にはゴム手袋をすること、etc…全てやっていない。今まで手に興味が無かった。

「育爪」という言葉にもたどり着いた。ジェルネイルが(おそらく)主流な中で、自爪をきれいに育てようというムーブメントである

友達がいつもきれいなジェルネイルをしているので聞いたことがあるのだが、ジェルネイルは月に1度くらいネイルサロンに通い、費用は5000円程かかるとのこと。

月一通いも5000円の出費も嫌だしDIYが好きな性分なので自爪を育てて最近マニキュアを塗っている。

グラデーションを付けたりして、ピカピカした爪を見るだけでテンションが上がる。

ただ、爪が長いと何かと不便である

分かっていたことではあるが実際めちゃくちゃ不便。指の先から1ミリくらい伸ばしただけなのに。

シャンプーができない。(シャンプーブラシを買った)

指先に力を入れると爪が割れそうになるので大きめのネジを回すようなこともできない。

ピーラー野菜の皮を剥いた時に爪の先が削れた。

爪の先でシールカリカリ剥がすのも爪に良くないらしい。

スマホ操作もたまに反応しない。

とりあえず親指と人差し指の爪は伸ばすのやめるつもり。不便すぎて耐えられない。

マニキュアは続ける。楽しい

2021-06-01

anond:20210601104204

もちまるの下僕さんがハンドクリーム塗ってマニキュアしてるのが気になってもちまるが見れない

2021-05-10

車内でマニキュア塗んな

車外の工場溶剤つかってるような所、あったっけ?と、いつもの通勤電車の中で不意に鼻をくすぐるシンナー臭に訝しむと、仁王門ポジ制服女子が手摺のフチに小瓶のっけて器用にヌリヌリしておったわ。。。

2021-02-19

たすけて!爪噛むのがやめらんないよー!

子どもの頃からずっとなんだ

いっときマニキュア塗るようにして少し噛まなくなったりしたけど

ストレス溜まってたり何かに集中したりしてるとダメだ、噛んじゃう

もうボロボロだし、恥ずかしいし、第一衛生的によろしくない(コロナ下では尚のことだ)からやめたいんだけど、やめらんないよ〜

2021-02-15

anond:20210215211217

ツイッターアカウントを作る

マニキュアを塗った手の映り込んだ写真を上げる

キモい男が寄ってくる

→Success!

2021-01-23

anond:20210121190833

嗅覚異常がコロナの症状にあるらしいけれど、においがしないというだけの症状ではないらしい。

嗅覚バグってなんでもマニキュアのにおいに感じることもあるらしい。

https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/article/my-asa/f285cA3jQR.html

それに、回復したと言っても後遺症に悩まされる人は本当に大変みたい。何度も入退院する人もいるみたいだし、嗅覚異常も継続するらしいよ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/81aad56ef50f4bb245e29efd3ed636bde622435c

ワイはかからないで済むなら、かからないでいたいよ。

2021-01-17

エンドロールのその先

自分の整理のために記録として書いています

長いし、読む価値は無いので、読んでからガッカリしたとしても自己責任でお願いします。




子供の頃からなんとなく漠然と、自分人生は二十歳で終わると思っていた。

高校受験学校見学で魅力的な学校を見つけ、どうしても入りたくて、頑張った。

憧れた高校入学して、そのあと何をしたらいいのか分からなくなった。

受験が、入学が、私のゴールだった。

高校生活は何をすればいいのかわからなくて、とりあえず「それっぽい」ことをして終わった。

憧れた高校生活は、ほとんど何もせず、ただ好きな制服を着て、かっこいい校舎を彷徨くだけだった。

それで満足していたし、それ以上はなかった。

大学は行きたくなかった。

やりたい事はほぼなくて、勉強もできないし、将来の目標も無いから、行く意味が分からなかった。

小学生の頃の昼休み友達に「絵が上手いか漫画家になればいいじゃん」と言われた。

その時からなんとなく漠然と、自分漫画家になるんだ、と思っていたし、漫画家になるなら専門学校の方がいいと思っていた。

あとは、当時見た3D映画がかっこよくて、そういうのを作る人になりたいと漠然と思って、そういう専門学校も考えていた。

結局、絶対大学じゃなきゃダメだという両親に説得され、漫画3Dも学べる大学に入った。

入学から半年後、学部全体説明会で、学長に言われた。

「お前ら今すぐ全員大学辞めて専門学校行け」

新設の学部だったし、入試説明会や案内には、漫画アニメ…それこそ専門学校のようなラインナップが書かれていて、親が許さず専門学校ではなくこちらにきた、という人が私以外にも大勢いた。8割はそうだったと思う。

実際、入学前に散々確認した3Dモデリングに関する知識のある講師は、入学後には存在しなかった。

かろうじて漫画講義はあったが、ただのオタクおじさんが自分ロリ趣味を語って聞かせるだけで、そこに学べるもの(例えば、そのロリの魅力、なぜいいのか、どういうところがファンの心を掴むポイントなのか、などを話されればまだしも、ただ「かわいい」としか話されなかった)は無かった。

これは、このままここにいても意味がない。このままじゃ無駄時間を過ごしすぎる。

だって私の人生はあと数年で終わってしまうのだから

二十歳まで残り2年、アルバイトを頑張って、大学在学中に夜間の漫画専門学校に通った。

ぶっちゃけ漫画専門学校に通わなくても描ける。

それでも学校に行ったのは、私自身がそうしないと一作も描けない人間だったからだ。

まり、この時点で気づくべきだった。

私に漫画は向いてない。

専門学校では初めこそ有意義時間を過ごせた。

話の組み立て方、起承転結コマ割り…

授業は週一、1年間。必死で稼いだバイト代ほとんどを注ぎ込んだ。最大限に有効活用して作品作りに役立てようと息巻いていた。

入学特典として、時間外でも個別相談作品を見てもらえたので、入学2ヶ月後、早速初めてのネームを見てもらった。

ストーリーも何もかもボロボロで、とても酷いネームだったと思う。

それでも、丁寧に指導してもらえて、学ぶことがたくさんあって嬉しかった。

教えてもらった事を活かすために、早速新しいものを描いて、2週間後にまた持っていった。

あなたネームは長いし、見るのに時間がかかるからなぁ。僕、家が郊外で遠いし、嫁が家で待ってるから

今思うと、先生だってそりゃ家庭があるし、仕方ない話だ。

それ以来、週一の授業も休みがちになり、半年をこえた頃には専門学校は行かなくなった。

自分でなんとかしなきゃ。

とにかく、まずは一作。

そうして、専門学校卒業前に1人で作品を完成させ、初めての持ち込みに行った。

せっかく描いたし、なるべくたくさんの意見を聞いて次に活かしたい。

5個の編集部に持ち込みに行った。

うち2箇所で、二度と漫画を描くなと言われた。

そんなバカな、誇張が過ぎると思うでしょ?一箇所はあくまでやんわり、自分担当作家と私との違いを長々と話した上で、向いてないと思うと言われた。

もう一箇所は誇張無しでハッキリと、「二度と描くな」だった。

そりゃ、最初から傑作が描けるとは思わなかった。

まして、今回は誰にも見せてなかった。ダメ出しも覚悟の上だ。

でも、2度目を描くことも許されないとは思わなかった。

帰り道の足取りは重かった。

初めての単身上京、知らない街。

憧れた新宿から半蔵門まで歩いた。

足を止めたら消えてなくなる気がしたから。

そんな作品だが、一応残りの2箇所では名刺をもらった。

うち一つは、みんなの憧れで厳しいと言われる場所で、なんならそここそ絶対無理だと思っていた場所だ。持ち込み予約の電話時点で扱いが悪かったし、当日も約束時間に行って、30分待たされて、待ってる間他の人が酷評されているのが聞こえて、怖くて途中で帰ろうかと思っていた。

でも、そこの編集者が1番優しくて、また見せてほしいと言われた。

社交辞令かもしれなかったけど、それが嬉しかった。

でも結局、編集部名前が凄すぎて恐れ多いし、なにより田舎者自分はそう簡単に持ち込みに行けないので、もう1箇所の名刺をくれた人にネームを送るようになった。

結果から話すと、うまく行かなかった。

私の実力と、担当さんの期待値が合わなかった。

その頃には大学卒業の年になり、最後の思い出のつもりで卒業制作を別の編集部投稿した。

ついでに、同じ雑誌イラスト賞にも応募した。

持ち込みの時にも行った編集部だが、持ち込みの反応はかなり悪かったし、きっと今回もダメだと思っていたが、卒業旅行中の魚市場で受賞の連絡を貰った。

カニを見ながら泣いた。嬉しかった。

漠然と、自分漫画家になる、と思っていたから、就活はしていなかった。

元々していたアルバイトフルタイムにして、漫画を描いていた。

しかバイトハードすぎて漫画を描く時間はなかった。休憩時間事務所トーン貼りしたりしてた。

鬱になった。

正確には鬱になったのは卒業制作中、同じゼミの子と比べられるプレッシャー作品ができない焦り、バイトの繁忙期が重なってパンクした。

ある日突然、プツンと何かが切れるような感覚があって、それ以降、目の前で話しかけられても、音声として認識できても言葉として理解できなかった。

話を聞いているのに、聞き取れない。理解できない。

当時の店長相談して、接客から裏方作業に切り替えてなんとか過ごしていたが、色々あって結局辞めた。

元々2年で辞めるつもりだったし、漫画バイトもうまく行かなくて、就活を考えた。2年以内ならまだ第二新卒枠がある。

何社か受けて、履歴書を見て笑われたこともあった。

それでも雇ってくれるという会社があった。絵を描ける技術を買ってくれて、新しく雇用形態も増やして、漫画の夢を追いながらうちで働けるようにサポートしてくれる、と。

すごく嬉しかったが、断った。

私は、言葉呪いが効きやすタイプだ。

そして特に、親の言葉は。

雇ってくれるという会社は、夜の街に近かったし、それに隣接するお店も取引先になっていた。

両親はそれが心配だったらしい。

「周りの人に、そんなとこで働いてるって言えるの?」

私は働いた事がないから分からないけど、親が言うならそうなのかも、と思ってしまって、断った。

今思えば、あの時あの会社で働いていたのが、1番幸せ分岐だったのかもしれない。

面接をしては落ち、を繰り返している間にふと、どうせ働くなら漫画に近い場所の方がいいのでは?と、アシスタント先を探すことにした。

当時はまだアナログが主流で、どこも都内で通いの募集ばかり。田舎者自分には不可能だった。

そんななか、本当に偶然、地元募集を見つけた。

から自転車で行ける場所、未経験者可、自分にとっては最高の条件。

早速応募して、面接

そこで初めて、現役の漫画家さんと話した。

採用になり、週に四日、6時間勤務。

作家さんの仕事場はフルデジで、ワンルーム作家さんと私用のPCと液タブが、それぞれ壁を向いて設置されていた。他は何も無い。

お互いにコミュ障で、会話はあまり弾まなかった。それでも、ネームを見てもらったり、トーンの貼り方をなんとなく教わったりした(基本的には「いい感じにして」の指示だったので、ほとんどは独学だった)。

その作家さんは漫画業界の闇に触れすぎて疲れていたので、ほとんど話し相手役割だったが(そもそも週刊と月刊の2本連載をほぼ1人で描く狂人だった)、私にとっては貴重な話がたくさん聞けた。

あと、その話を聞いてて、「漫画家なんてなるもんじゃないのかもしれないな」、とも思った。(作家さんが毎日のように辞めたいと言っていたから。そもそも異常な執筆量を1人でこなしてたし、そりゃ辞めたくもなるわな、と今は思う。)

そこで1年半すごし、作家さんの連載の終了と共に辞めた。

その頃は、何度か原稿を送って、1番小さい賞を何度か取っていた。しか担当さんとはうまくいかないし、原稿送っても「悪くは無いけどよくもない」しか言われず、何をどうしていいかからない状態だった。

そしてふと、自分は今まで一度も漫画を楽しく描いた事がないことに気づいた。

展開が、目線誘導が、読者の盛り上がりが…

初めて描いた時から、そんな事を気にしてばかりで、自分自身が楽しく漫画を描いたことがなかった。

アシスタントも無くなり、名実ともに無職になり、再度就活を始めた。

相変わらず履歴書を笑われて、嘘つきな採用担当意味不明な事を言われながら、最後自分の好きなものを描いてみようと思った。

何を描いても、誰にも何も言われない。

好きなように、楽しく。

結果的にやっぱり「読者の目が〜」とか「起承転結が〜」とかを気にしてしまい、完全には楽しくなかったけど、それでも、今までで1番気楽に描けた。

せっかく描いたし、SNSにあげてみた。

今まで私の漫画学校先生と、編集部の人くらいしかたことがないし、反応をもらえた事はない。

いいねが1万件ついた。

びっくりした。

たった一晩で想像もしない人数が見てくれた。感想コメントもいっぱいついた。

しかった。

それから就職が決まるまでの間…と、少しずつ好きな作品を描いた。

編集部酷評だったけど、SNSコメントは優しかった。

これで漫画最後にしようと思っていたのに、やっぱり描きたくなった。

SNSにあげた漫画を、編集部に送ってみた。

ジャンルが違うので、今までのところではなく新しい編集部だ。

ほとんど返事はなかったが、1箇所だけ返ってきた。

そしてそこで、いきなり連載になった。

今までもらった事ない反応が続いて、ある種のハイ状態だった事もあり、その連載もうまくやれる気がしていた。

電子のみの連載だったが、書籍化もできる自信がなぜかあった。

そして実際単行本も出した。

これだけ聞くと、SNSで人気出て連載、書籍化、すごく順調っぽい。

当時の自分もそう思っていた。

でも実際は違う。

話数が増えて、人気もちょっとずつ出て、物語ちょっと複雑な内容を追加した。

すると担当から言われた。

エロがあればいいから、余計な事はしないで」

私が描いていたのは、エロ系の漫画だった。

とはいえ、ただエロシーンが続くだけでは読者も飽きるし面白くない。何より話が続けられない。

そして元々少年漫画が描きたかった私は、エロだけを描くのは本意では無い。

今までは「いつか人気が出れば複雑な話も描けるから」と言われて頑張っていたが、その「いつか」が来ない。

担当にはっきりと、「絵がそこそこ描ければ話なんてどうでもいいから」と言われ、自分から打ち切りを申し出た。

今でも配信サイトコメント欄には続きを望む声が書かれていて、非常に申し訳ない。

描けなかった。

今度こそ、きちんと、話で勝負できるように。

単行本と、新作のネームを持って持ち込みに行った。

連載の経験もあるし、単行本も出てる。今までとは違う。採用にならなくても、作品を良くする話をしてもらえるはず。

「よくこれで本が出ましたね」

持っていったネーム単行本も、今までのどの持ち込みよりも酷い評価だった。

曲がりなりにも約2年、頑張って描いていたのはなんどったのか。

当たり前といえばそうかもしれない

過去に2社で連載をしたが、その二つ共が作品の打ち合わせはほぼ無かった。

一社に関しては一応ネームチェックがあり、エロの量だけ指示された。

もう一社に関しては、企画段階で一度だけ電話があり、メールの内容の復唱だけして終わった。以降は何を送っても「いいですね!」何も良くない。こっちが頑張って、相談しても特に取りあわれず、返事は全て「いいですね!」

1人で何度もネーム再考して、完成原稿を期日までに送る。

一応お金をもらっていたけど、やってる事はSNS投稿漫画と同じ。

商業作品の魅せ方のノウハウはもちろん無く、作品作りの才能がない自分には、自分だけの力で読者を惹きつける漫画を描くことはできなかった。

3度目の、「もう漫画やめよう」が来た。

悔しいけど、やっぱり自分には描けない。

でも、今日まで頑張った事を無駄にするのも惜しい。

また、「最後」と言う名目で、好きな漫画を描いて本にした。

作画配信したりしたおかげで、完成前から応援の声は多かった。

そして初めて、オリジナル同人誌完売した。

その漫画は、内容にアラは感じていたが、今までで1番楽しく描けた。

初めて感想差し入れもたくさんもらえた。

その作品を持って出張編集部に行って、そこでも2社声がかかった。

あの時がたぶん、私の漫画人生ピークだった。

その後、持ち込んだ漫画を元に読み切りを描き、運良く掲載

SNS時代ファンの皆様の応援もあり、連載化が決まった。

描けなかった。

私の中でイメージするキャラは持ち込みの時から変わっていない。けれど、いくらネームを描き直しても、担当さんからキャラブレ、別人になってるという指摘をされた。

だんだん自分でもそのキャラがどんな子なのかわからなくなった。

しばらく練り直して、やはり変わらなくて。

諦めて別の話を描くことにした。

そこからは真っ暗闇だった。

どんな話を描いても、中身が全部同じと言われる。

当然だ。「好きなもの」を描いてるから

下手に考えるより、自分の好きなものを好きなように描いて、それを膨らませる。

そう言う方法で描いた方がうまくいくタイプなのは自覚していたから、そのように描いていたつもりだ。

結局実力も追いついていなかったし、描きたいものも分からなくなってダメだった。

そんな事が2年近く続いた。

別の編集部の人に、考えている途中のネームを見せたこともある。

足りないのは実力じゃなくて話の一番の見せ所だ。あとちょっとでうまくいきそうだし是非頑張って。

それは、私が初めての持ち込みの時からずっと言われている事だった。

初持ち込みから10年。

結局自分は、10年経っても何も変わらなかった。

そろそろ30になる。

二十歳で死ぬと思っていたのに、10年もロスタイムを生きてしまった。

友達は1人もいない。比喩表現ではなく、本当に誰もいない。

小学時代、一番仲が良かった子に、ある日突然いじめられた。

一番仲がいいと自分では思ってたし、昨日まで仲良く遊んでたのに。

転校して、中学時代もそうだった。

突然クラス男子からいじめに遭い、それを一番仲が良い友達相談していた。

男子を使ったいじめの首謀者がその子だと気づいた時は目の前が真っ白になった。

「そう言う事するなら、あなたとはもう友達じゃいられない」

はっきりと意思表示をした。思い直してくれることに期待した。

別にいいし」

友達を作るのが怖くなった。

どんなに仲良くなっても、弱みを握られるだけだ。

お陰で高校の2年間はクラスで1人で過ごした。

ある程度損得が考えられる生徒が多かったから、いじめにはならなかった。

触れてはいけない、祟り神みたいな扱いだった。

3年でようやくできた友達は、卒業と同時に「私たち高校の間だけの友達じゃん」と言われた。

友達って難しいな。

中学時代、好きな男の子にはペットボトルを投げられた。

親には言えなかった。

高校時代、好きな子相談を親にした事があった。

友達に言うとまたいじめられるかもしれない。親なら相談に乗ってもらえるだろう。

あんなこ辞めときな。大学生になったら彼氏できるから!」

大学時代バイトと専門、学部女子が圧倒的に多い。

そのまま卒業した。

「いつかいい人が現れるから

そう言われ続けて卒業した。

卒業した瞬間、「いつになったら彼氏できるの」に変わった。

友達の作り方も分からないのに、彼氏ができるわけない。

一応婚活とか街コンには何度か行った。

まずは友達が欲しかった。

何人か連絡先を交換して話したりした。

仲良くなった人もいる。

その頃の私はマニキュアを塗るのが楽しかった。

ちょうどアシスタントを始めた頃で、それまでバイトの都合で服装制限があったし、オシャレはほぼした事がなかった。

ネイルと言うにはお粗末だが、100均の安いマニキュアを買ってなんとなく色をつけて喜んでいた。

100均のマニキュアを使った事がある人なら分かると思うが、乾くのが早い代わりに、木工用ボンドみたいにペロッと剥がす事ができたりする。

オシャレに無頓着な私はそれが何となく楽しくて、塗った後しばらくたって剥がれたマニキュアをめくったりもしていた。

ある日、LINEのやりとりで仲良くなった1人に食事に誘われた。

趣味の話とかゲームとか、そう言う楽しい話をしていた、異性で初めてできた友達感覚だった。

自分の指先が、剥がし掛けのマニキュアボロボロなのを完全に忘れて食事に行った。

かい合った個室のテーブルで、その爪に気づいたその人に、「ネイルやってるの?見せて」と手を握られた。

そして、ボロボロの爪を見られた。

「オシャレだね」

怖くなった。

ボロボロハゲ公園遊具ペンキみたいな指先を綺麗と言ったのだ。

しかも、気持ち悪い笑顔を貼り付けて、視線は全く手を見ていなかった。

メガネの奥の瞳と視線があって、二度と会わないことを決めた。

男女でただの友達になれるのは大学まで、そのあと仲良くなれるのは下心のある人だけらしい。

それがたまらなく怖かった。

その後も何度か友達までの付き合いの人はいたが、例えばふとした瞬間肩を触られたり、手を握られたり。

そう言うのが怖くて続かなかった。

そのままもうすぐ30だ。

家を出る能力がないので実家暮らし毎日両親…特に母に怯えて生きている。

「家にいるんだから家事しなさい」「他の人は外に働きに出てるんだから

少ないながらに在宅でアシスタントはしている。

両親の中で、外に通勤していない、在宅労働は「仕事」ではないらしい。

本当は拘束時間が長い職場だが、家事があるため作家さんに頼んで短くしてもらっている。

当然、その分給料は減る。

給料が少ないから、その分早く自分原稿で稼げるために作品作りに励む。焦る。

それでもようやく希望が見えてきて、前向きに色々挑戦できそうになってきた。

真夜中に叩き起こされ、いつ結婚するのかと叱責された。

完全に寝ていたので、はじめ何を言われているのか分からなかった。

真っ暗な部屋の中で、Permalink | 記事への反応(1) | 16:44

2021-01-03

清楚な女の子が減ったなぁ

髪の毛を染める女ばかり

日本人黒髪が綺麗なのに

化粧する女ばかり

ファンデーション程度ならわかるがカラコンアイプチアイシャドウつけまつげチーク口紅マニキュア、付け爪、まゆげペンで描くとか厚化粧な女

服装も乱れて肌の露出が多い

礼儀がなく言葉使いも汚い

料理掃除なども得意ではない

金遣いのあらく服にやたら金をかける

男に尽くそうという気持ち微塵もない

清楚な日本人女性はどこへいってしまったのか

2020-10-23

垢抜けない女オタクあるあるー!!

1. 髪がボサボサ

アイロンコテ、縮毛矯正、トリートメントなどを知らない。

髪がサラサラふわふわ人達はそういう髪に生まれたのだと認識しているし、自分の髪がボサボサでパサパサなのはまれガチャのせいだと思ってる。

しかも「髪を縛る」くらいは知ってるから無駄ツインテールとかしちゃう

2. コンタクトにしない

頑なにコンタクトにしない。

なんとなく怖いし、自分眼鏡姿で十分可愛いのでコンタクトにする必要が無いと思っている。

3. 化粧もしない

化粧は「可愛くなるのに必死にな人がやるもの」として見下してる。

私は化粧しなくても可愛い(笑)とか思ってる。

4. でもマニキュアはする

マジで謎だけどマニキュアはする。

推し色のネイルとかしちゃう。なおムラだらけ。

5. でもイヤリングもする

これも謎だけどイヤリングもしてる。

マニキュアとかイヤリングする前に土台変える努力しろって。

6. 服の色味が暗い

明るい色は着ずボルドーとかネイビーとかブラウンになりがち。

アクシーズアマベルみたいな。(可愛い人が着れば可愛くなる服だが、垢抜けない女オタクが着るとただの暗いもっさりした格好になる)

7. 肌を隠す

夏でも黒タイツ履いてる。

色味の暗い服+黒タイツもっさりしがち。

8. 自分のこと可愛いと思ってる

ちょいちょい書いたけど、こういう人達自分のことを可愛いと思っている。

身内で「○○ちゃん可愛い〜☆」と舐め合いしがち。

から垢抜ける努力をしない。

自己肯定感、分けて欲しい。

~~~~

過去自分を振り返って書いてみました。

私も自分のこと可愛いと思っていたクチです。

自分は内巻きボブや毛先カールの人たちはマジでそういう髪に生まれたのだと思っていたので、アイロンコテ存在を知った時は驚きました。

可愛い女の子努力してるんだなあ。

2020-07-31

パンケーキハイヒール

世の中多様性が重視されるようになって、

昔よりも性別の縛りが緩くはなったとは思う

実際化粧品シャンプーメンズ用が増えてきたし

パフェ男子パンケーキ男子なんかもいるらしいし色々変わっては来てる


でもマニキュアとかフリフリの服とかハイヒールとかは着てもOK!ってならないよな

別に全部垣根を無くせって主張したいんじゃなくて

そこの境界線って何なんだろうなって思うんだよな


化粧品を使うのも、パフェパンケーキ食いにいくのも性別関係なく好きにすればいいと思う

例えばパリッとスーツ着た男性ニュースキャスターパンケーキ好きなんですよって言ってもなんも思わんのに

急にハイヒール履いてニュース読み始めたらびっくりするし、ネットはその話題で持ちきりになるだろうな

本来当人自由なはずなのに、自分違和感覚えると思うんだよな


からパンケーキハイヒールにはなにか境界線があるんだと思うんだけど

頭が悪いからよくわからん

2020-07-25

マニキュア塗った後って

乾くまでデバフかかってる感じある

器用さ-2000

2020-07-22

煙草銘柄イメージ

ずっと紙巻き煙草を吸ってる喫煙者だ。

「その銘柄を吸ってそうな人」を勝手妄想するのが好きなので、つらつら書き出していきます。全銘柄網羅とか全然してないのでごめんね。



セブンスター

銘柄渡り鳥をしない。高校の時からこれしか吸ってこなかった。セブンスター世界で一番旨い煙草と信じて疑わない。禁煙は多分できない。

「やっぱセッターなんだわ…うまく言えないけど」が口癖

ハイライト

自他共に認める音楽好き。そして常に金欠気味。安いからこれ吸ってるという層も一定数いる。煙草咥えながら楽器弾くのがアイデンティティー

緑はロックとかパンク、青はフォークとかジャズとか好き。

ラッキーストライク

髪型、髪色、ファッション、なんかしらが奇抜。背が高くて体が細い。肌が白い。ボディーピアス率が高い。タトゥー率も高い。マニキュアは黒が好き。

忘れ物が多いとか寝坊するとかうっかりさんが多い気がする

ケント

野心家。外面と内面ギャップがすごい。真面目そうなのに喋ってみると結構口が悪い。黒髪短髪が多い。ソフトよりボックス何となく好き。

頭がいい。理屈の通った会話しがち。国語より数学が得意。

アメリカンスピリット

三大欲求メチャクチャ従順、中でも特に性欲。飯を食う感覚セックスする。言動がいい加減なくせに何でか魅力的なので、すぐ人を引っ掛ける。ヒモヒモ女率が高い。犬か猫かで言うと絶対に猫。

ラーク

男なら十中八九ヒゲが生えてる。(ごめん女ラークイメージ分かんない)

屋内でどっしり座ってゆっくり吸うのが好き。

声がデカい。海賊みたいな「ガーッハッハッハ!」って感じの笑い方する。

マルボロ

圧倒的大学生率。大学生はみんなマルボロが大好き。煙草の味へのこだわりがそんなに強くないので、どんな銘柄の貰い煙草しても大概「これ結構おいしいね」と言う。

社交的でライト喫煙者が多いので、ぜひ、世に蔓延嫌煙ムードをまろやかにしてほしい

ピアニッシモ

自爪が綺麗な女たち。つけ爪に頼ったことはない。やや吊り目のやや高身長が多い。スキニージーンズが大好き。スッピンの日もあればガッツリ化粧してる日もあり、その法則性は謎。

「あたし、中身は男だから」が口癖。

クール

圧倒的美女&圧倒的美男外国の血が混ざってそうな顔立ち。クールを吸う女の子の9割が名前に「り」の文字が入っている。男はたぶん「し」の文字

だいたいB型かAB型クールの女とピアニッシモの女は友達にならない。

メビウス

占いとか都市伝説とかオカルトとか好き。話のネタいつもいっぱい持ってて、休憩中は周りに人がよく集まる。なんかスーツを着る職種率が高い。

食べ物好き嫌いメチャクチャ多いので食事の時相手に驚かれる。

ウィンストン

楽して生きることばかり考えている。家事が嫌い。自炊掃除洗濯意味を見いだせない。コンビニ飯とコインランドリーにいつも世話になっている。

ホントコーヒー飲みたいけど、まあ水でいいかって水道水飲んでる。

ピース

背がちっちゃい女の子か、もしくは初老の体細い男性が吸ってる。並々ならぬ濃度の独自世界観を持っててマイルールとかルーティンとかがいっぱいある。変人なんだけど割と心の中は健やか。

無音とか無人とか無色とかが好き。






思いついたら追記するかも。

当たってたら笑ってください。ハズれてたらその場合も笑ってください。

それにしても…

改正法案によって喫煙場所がどんどんなくなって、喫煙者安息の地だった筈のカフェですら、狭い喫煙スペースの椅子撤去され飲食物持ち込み禁止で立って吸わなきゃいけなくなっちゃった

悲しい〜〜やだやだ。

ネカフェ喫煙ブースすら紙巻き煙草NGだってカラオケでもダメって説明された。灰皿は変わらず置いてあるのに、それは紙巻きじゃなくて電子用。個室を出て喫煙スペースに出向いてそこで立って吸ってくださいって。

…はー……電子に切り替えようかなぁ。

2020-07-07

女帝 小池百合子 」の感想

削除されたamazonレビューの供養として140字制限のあるSNSで以下を画像投稿したら、思わぬ反響とともにテキストにしてほしいとの要望も一部頂いたので、増田の使い方として正しいのかよく分からないが、とりあえず貼り付ける。

投稿した画像文章(=amazon投稿した内容)からタイポ1か所とamazon規約に引っかかったのではないかと思われる1か所の2点のみ修正してある。

ちなみに星は最初4をつけて、追記時点で3に落とした。

------------------------------------------

女帝 小池百合子 (文春e-book)』

レビュータイトル:逆に小池百合子凄くないか

本文:

まだ半分ほどしか読んでいないので追ってこのレビュー修正する必要があるが,小池百合子の虚飾を良く暴いたという絶賛レビューしかないことに違和感を感じる。この本の記述をそのまま受け取っていいものだろうか。

この本の記述が確かなら,小池百合子芦屋とは名ばかり(とまではいかないかもしれないが)の中流より少し上の家に生まれ,周囲のお嬢様との格差才色兼備のいとこと何かと比較されることにコンプレックスを抱え,ほら吹きで政治に散財する控えめにいってもクズ父親趣味1970年代カイロに19歳の少女の身空で体一つで放り込まれたことになる。

そこから(著者によれば)アラビア語も全くできない中で,自分の外見と若さだけで周囲の駐在日本人を誑し込んで人脈を作り,カイロ大学首席卒業という大法螺ひとつ日本社会自分を売り込み,首脳夫人通訳番組アシスタントワールドビジネスサテライトキャスター政治家への転身を決め,閣僚都知事まで上り詰めた。小池には何ら専門知識がなく,頼みの学歴すら嘘であるというなら,むしろまれているとは言えないスタート地点から自分の強烈な上昇志向だけでここまで上り詰める才覚は凄まじすぎる。よって立つものがないから法螺で戦ったのであれば,そのクソ度胸は同じ人類とは思えない。

小沢一郎からゲッベルスになれる」と称賛?された小池PR能力について著者は所詮お飾りといったような評価で冷淡だが,クールビズは実際定着したし,最近では「密」など,天然ボケ的なセンスかと思われたPRが,〇〇〇〇〇である彼女の冷静な計算に基づいていたものだったのであれば驚嘆するしかない。著者はこれをテレビセンスと片付けるが,テレビ界で数年アシスタントキャスターを務めただけの小池一人で電通博報堂と肩を並べる力がある。

田島陽子などの声を取り上げて,小池は他の女性政治家と違う名誉男性であるかのような言い振りをするのもフェアではない。そういう同調圧力女性進出を阻む最たるものなんではないだろうか。この本では,(少なくとも自分が読み進めた半分くらいのところまでは)小池がチャンスをつかむたびに,その理由は周囲の男性を誑し込んだから,ということで片づけているし,それ本当かなーという気がしてくる。

また,震災被災者陳情マニキュアを塗りながら聞き,塗り終わったらから帰れ,自分はもう選挙区変えたと言い放つ場面は,その是非はともかく,事実なら小池が並みの政治家とは一線を画す存在であることを浮き彫りにする。こんなの表に出た瞬間政治生命が終了する話であって,そういった態度を政治家が本当にとれるものなんだろうか。地盤のない小池にとっては評判が命だと思うのだが。

正直,著者の描写する小池が凄すぎて,著者の描写も一面だけを捉えた虚像なのではないかという気がしてくる。こうした悪評をすべて小池権力で抑え込んでいるというなら,小池権力総理大臣はるかに超えているんではないだろうか。証言者もナミレイの朝堂院とか,小池に劣らず胡散臭かったりする点も気になる(これはそもそも小池家が胡散臭いことをやっていたことにも起因するんだろうが)。

また,もしこれが小池実像であれば,むしろ僕は小池が凄すぎてその評価上方向に改めなければならないし,その立身出世物語は痛快な小説を読んでいるかのよう。小池豊洲無駄にした120億円を使ってこれを本人主演の映画にすれば,日本映画史に残る名作になると思うので,ぜひ小池にはスクリーンで注目を浴びてもらって,政治世界から永遠に離れて頂きたい。

6月9日追記-----------------------------------------------------------

最後まで読了したが,途中まで読んだ違和感は強まるばかりだった。著者は小池なすことすべてにケチをつけずにはいられないようで,例えば著者は核兵器使用違法性についての小池の答えを自分意見がないと批判的に述べつつ,テロ特措法の延長を努力すると述べたことについては「国内で審議も経ていないのに防衛大臣が早々に自分の考えを明かしてしまう」などと批判する。結局自分の考えを言えばいいのか言っちゃだめなのか。当然ながら防衛大臣核兵器合法性について突飛な持論を展開したら大問題だし,逆に担当閣僚法案の成立に努力することを述べるのは普通のこと。もはや小池憎けりゃ何とやらの世界おかしいのここだけではなく,後半に入るにつれてこうした強引な記述が各所に目立つようになる。多すぎてここには書けないが,終盤は一事が万事この調子。また,丸川珠代の主張はともかく,「日本人で良かった」というキャッチコピーだけで「人種差別的」と断じてしまう著者の姿勢客観的とは言えないだろう。

本書を書くことで著者は身の危険すら感じているようだが,小池裏社会のつながりが明かされるわけでもなく,小池秘書の怪しげな不動産取引を指摘するだけ(その内容は新潮が報じたものの枠をでるわけでもない)。日本ODAが入っているかエジプト小池の言いなりのような主張もエジプト舐めすぎ。日本より多くのODAエジプトに出してるドイツフランスもっとやりたい放題なんだろうか。

こう考えていくと,著者のインタビュー相手が一様に口が重いのも,小池理由なのかも怪しくなってくる。いずれにせよ,小池という一級の面白材料調理するのには著者の力量が足りてないのは間違いない。

2020-04-26

在宅なので気分を変えてみようと思いたち

マニキュアを塗ってみた。ダイソーのやつ。ピーオフというので、水で落とせるらしい。早速家で塗ってみる。割と乾燥も早い。溶剤匂いもしない。しか簡単に落とせるんでしょ?いいじゃん。人前では見せられんけど、なんかテンションあがる。取り敢えず効き手と逆の手に全部塗ってみる。よいよい。

その後出かける用事があったんだけど、じゃあ落とすかと思ったらこれが落ちない。えっ、水でふやけるって書いてあるけど?全然落ちないんですが???すぐにネット検索してみる。「ペリペリって剥がれますよね〜」って画像付きで出てくるんだけど、いやいや、そんな柔らかい塗膜じゃないよこれ?

ポイント温度か?と思い必死でお湯をかけるものの、全然落ちない。迫る約束時間ヤバい。あわててカッターで削る。確かに削れるけど、そこからうまく剥がれるでもない。爪まで削ってしまう。こりゃダメだ。台所ゲキ落ちくん!いやこれ表面が艶消しになるだけだ……プラモの作例でやってるやつだよ……

しょうがない。意を決してあわてて駅ナカドラッグストアで除光液を買って(右手必死に隠す)、駅のトイレで落としてみる。落ちるのか?溶剤が効くのか?不安になりながらゴシゴシやると、無事に剥がれてくれた……

お前らも何かする時はリカバリーまで考えて準備しような。

2020-04-01

初めての爪切り

小さい頃から爪を噛む癖があり、爪切りを使った記憶は無い。足の爪は手で剥がしている。この癖をやめたいとずっと思っていたが、やめられないまま20歳を迎えた。

指も短く太いことから手にはコンプレックスがあり、冬場はよく手袋をした。当然ネイルなんて出来なかった。人前では絶対に爪を噛まないようにしているため、8時間を超えるバイトシフトを多く入れたり、子供用の舐めると苦いマニキュアを塗ったりと自分なりに色々と工夫したが、結局深夜には寝床で爪を噛んでいるのだった。

今度のコロナウイルス感染拡大と各メディアの連日の報道によって、やっぱり爪を噛むのは不衛生だと思った。そしてそのまま1ヶ月ほど爪を噛むのをすんなりとやめた。マスクを着用し、しょっちゅう手洗いをし、うがいをしてあらゆるもの除菌する。そこまでして爪を噛むことだけ続けるのは心底馬鹿らしい。

手をグーにすると、手のひらに爪が当たる。タイツに爪がひっかかる。新鮮で心地良い体験だった。そしてついに爪切りを使った。不器用自分にとって、利き手の爪を切るのは難しい。歪な形になってしまったが、とても誇らしかった。

爪を噛む癖はいつか再発するだろう。しかし、この冬から春の1ヶ月間、爪を噛まなかったという経験は大げさではなく、自信に繋がるのだ。

2020-02-21

ペディキュアはどんだけ派手でも気にならないのにマニキュアは少し濃いくらいのピンクでも男ウケが気になる

2020-02-19

anond:20200219112013

バランス問題やろ。

たとえ美女でも股間マグナム付けてたら多くの男性はお誘いを遠慮してしまうところだが、マニキュア携帯している分には警戒しない訳じゃん。

相手に警戒させずに携帯できる護衛兵器」ってジャンルはぜってー需要あるはずなんだけどなあ。

2020-02-13

anond:20200213162454

セルフジェルおすすめ

すぐには剥げないしマニキュアよりきれいにできるしサロンより安いよ

上手になると楽しい

でも服の方にかけたいなら普通に服買ったらいいね('ω')ノ

2019-07-13

微妙な呼び間違いがすごく気になる

コスメブロガーで、たまにブランド名とか商品名をずっと間違ってる人がいてすごく気になる。

マニキュアを「マネキュア」とか、メイベリンを「メイビリン」みたいなの。なんかおばあちゃんと会話してるような気持ちになる。

かにややこしいブランド名とか商品名とかはあるし、「クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールエクラプールレジュー」なんて商品名を噛まずに正確に覚えるのは難しいけど。

あと、そういう人ってバッグのこと「バック」っていうし、ベッドのこと「ベット」っていう傾向あるよね。

2019-07-10

anond:20190710215608

今も絶賛有効痴漢避けテクニックだよ。

髪はより明るい方がいいし、より奇抜なカラーの方がいい。

化粧は濃いほうがいいし、ピアスは多いほうが安全サングラスは強力アイテム

マニキュアは赤とか黒とか。

なんかあったら騒ぎそうな雰囲気、声がでかそうな雰囲気、厳つい彼氏がいそうな雰囲気出すのも有効

2019-07-08

anond:20190704120716

自分もブスだから、ブスな自分結婚して子供作るなんて子供可哀想すぎると思って結婚出産も一生すまいと思って生きてきたよ。

小さい頃からオシャレなんて大嫌いで、料理をはじめとする家事なんか女が男に媚びるためにするもんだろと思ってて、ゲーム漫画仕事だけして独りで生きていく人生を至高だと思ってたよ(今でも半分そう思ってるよ)。

そうしたら自分顔面が全く同レベルのくせに自信満々で両親にも愛情たっぷりに育てられた男とうっかり出会って、子供産んでくれるあてが他にないって言うもんだからしょうがなく駄目元で結婚して、義父母がめちゃくちゃいい人だから孫の顔見せられないのも気の毒だなって思ってしょうがなく駄目元で子作りしてみたら娘が出来て育って今に至るよ。



この娘がいま4歳なんだけど、4歳のくせにもうオシャレ度親を超えてるよ。

どこで覚えてきたのかお化粧とマニキュアをやりたがって先日子供コスメを買ってあげたら大喜びで鏡に向かいっぱなしだよ。親は眉毛化粧水BBクリームしかつけないのに。

休みの日には西松屋で買ってあげた派手なワンピースを「ドレス」と呼んでこれらを着っぱなしでズボンなんか履きやしないよ。親はジーンズチノパンしか履かないのに。

寝る時もオシャレでいたいのか、丈が足りなくなった去年のワンピースネグリジェ風にして着て寝てるよ。親はいつ買ったか記憶にないTシャツと半パンで寝てるのに。

プリキュアファンミラージュの歌や踊りを覚えて親のスマホで撮ってもらうのが大好きだよ。親は自分の顔どころか声も嫌いで映像になんか1秒も撮られたくないのに。

将来の夢はディズニープリンセスになることだよ。同時期の親の将来の夢は婦人警官看護師で今はクソザコ零細労働者やってるのに。

なお娘の顔は目元を除くと大体夫そっくりで夫はペナルティワッキーに似てるよ。



自分なんかが子供産んだら子供母親譲りの劣った容姿能力を恨んで一生幸せでない気分を引きずったまま育つんだと思ってたよ。

「どうせこちとらクソダラの地味ブスだあ、知るかよ。誰に何言われようが好きなことやるんだよ」と目に見えない血を流しながら開き直るのに35年かかったから。

でもそんなことなかったわ。我が娘は有能で、4歳にして早くも親を乗り越えていかれたわ。

からこのまま、意地悪な誰かに勘違いブスだの何だの言われたって気にせずに、自分の好きなものだけ見て胸張って生きていく娘に育ってくれたら嬉しいよ。



増田の子はいくつか知らないけど、多分まだうちの娘ほどは大きくないでしょう。

大丈夫だよ。お子さんが大きくなるにつれ、子供能力可能性に己の浅はかさを思い知らされる日がきっとやってくるよ。

うちの娘は生まれからずっと今が一番可愛いよ。きっとこれからもそうなっていくよ。増田のお子さんも必ずそうなるよ。



追記

呪い全然解けてないよ。ブコメでもトラバでも否定的意見の奴ばっかり頭に入れる癖がついちゃっててもう血だらけだわ。

それとは別の、この増田とは関係のないことで「自分のようなもの子供なんか育ててるからこういう事になるんだ」と落ち込むことがあったけど、早朝に目が覚めて娘の寝顔見たらやっぱかわいいわ。

起きたらもっとかわいかったわ。「お母さん嫌なことあったの? じゃあ〇〇ちゃんご飯屋さんに連れてってあげる。なんでも食べたいもの食べさせてあげるからね! そんで、お母さんに変なこと言う人は入っちゃいけませんってお店にバツつけておくから!」って言ってくれたわ。

4歳にしてオシャレ度のみならずメンタルの強さまで追い越されてもう遠く及ばないわ。うちの子すごいわ。

その時のこと思い出して今泣いてる。

2019-06-25

総員!今日もベッドまで辿り着いた!

化粧落としよーし!洗顔よーし!保湿よーし!美顔器よーし!むくみ取りマッサージよーし!歯磨きよーし!トリートメントよーし!ドライヤーよーし!マニキュア塗り直しよーし!

いざ寝るのだ!

2019-06-20

マニキュアがきれいに塗れない日

友だちの結婚式の当日、どうしてもマニキュアがきれいに塗れない。

手元には100均マニキュアしかないし、普段塗らないから、不器用自分には左手右手をはみ出さずに塗るなんてできない。

ネイルサロンになんて行ったこともないし、行く暇もない。

着ていく服でさえ、前日に店員さんにやっとの思いで「この中で一番地味なやつをください」と言って、買ったもので、なんでこんな思いをしてまで、結婚式に行かなければいけないのか、銀行の窓口にだって行く時間がないから、お祝いのピン札さえ用意できなかった。

出発の時間が迫る中、結婚式の出席者はトップコートだけでも失礼にはならないというネット情報にすがり、マニキュア必死に除光液で拭きとって、なんとかトップコートだけを塗る。

なんで、普通の人が当たり前にできていることができないのか。

みじめな気持ちで式場にでかけた。

式場では結婚する友だちには気の利いた言葉ひとつかけられなかったけど、なんとか普通の人のふりをした。

そんな、みじめな一日だったけど、式から帰ってきたあと、彼がまっさきにわたしの爪を見て、今日の爪きれいだねって言ってくれて、だからわたしはこの人のことが好きなんだなと思った。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん