「遺伝子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 遺伝子とは

2017-06-23

生きる目的意味について。

生きている意味目的がわからない、とかないといった告白的な投稿増田などでよく見かけられるように思う。

それについて、子孫や遺伝子を残すためであるとか、社会を良くするであるとか、そうした回答めいたものを脳裏に想定して、例えば前者であれば自分結婚できそうにないから、後者であれば無能であるからとなどといって、自身にはそうした意味目的を見出すことが出来ないと言うような自己否定的な結論に持っていくと言うのが多くの投稿共通する一つのパターンであろう。

なるほど、生きている意味目的をそのように持って生きている人もいるだろうが、おそらくそう言う明確な考えを持って生きている人は少ないように思われる。

から考えてしまうから悩むだけであって、考えなければそうしたいわば「自分探し」にわざわざ失敗することもないとも言えるのであるが、そうした悩みに一旦とらわれると考えないと言う悩み解消法は困難であろう。

私自身そうであった。

目的がわからないとどう生きていいのかもわからない、みたいな感覚思春期から今に至るまでずっと続いている。

たとえ暗闇であっても、どうにかして目的意味を探し出せるのであれば、闇雲にでもとにかく探すことがまずは必要となることははっきりしているからだ。

だが、それがあるのかもどうかもわからない、徳川埋蔵金のようなものであれば、探すことそれ自体自己目的化してしまい、探すだけに生きがいを持って生きることになってしまい、それではまるでドン・キホーテだ。

でも、最近になって強く思うようになったのは、多分私は、探そうと探すまいと意味目的を全く知らないのに、哲学用語でいうならばカント哲学言う所のアプリオリ意味目的を目指してすでに生きているのではないか、と。

まるで運命論者のようであるが、そうでもない。何故ならば、そのことに自覚的でなければ、私は自分探し迷宮に陥るだけだからである。それが運命だというのであれば別だが。

では「そのことに自覚的である」とどういうことなのだろうか。一言で言えば「生きがいを感じる」ということになると思う。

私には確かに人生に何度か、嬉しかろうと楽しかろうと悲しかろうと辛かろうと生きた実感を持った瞬間は確かにあった。

それが他人からどんなにつまらなく見えようとも些細に見えようとも、あるいはひどい場合には悪事であったとしても。

具体的な例を、非常につまらないと思える例であげると、一生懸命働いて帰宅し、ぐいっと飲み干したビールが喩えようのない程美味かった、というような時に「嗚呼、俺はこのために生きてきたんだ」と思えるならば、それで良いのではないかと。

無論、「自分探し迷宮」に落ちている多くの人に納得できる話ではないだろうが、ほんの僅かでも「生きてて良かった」と思えたらなら、それこそが目的意味をしっかり目指して生きてきたことの証左ではないか、と思った。

人生、残りの期間であと何回生きがいを感じることができるかはわからないが、そのためにならこのまま生き続けるのも悪くはないと思う。

https://anond.hatelabo.jp/20170622232950

結構叩かれてるからもういいっちゃいいんだけど、入院とかなんなんだろう。反省する振りだけしておいて、まだ姑息なことをしようっていうんだろうか。

開き直って「秘書がどうしようもなく愚かだったんです」って言ったほうがなんぼかマシ。

国会議員でありながら、暴露されたら恥ずかしくて自分ダメージを負うようなことを臆面もなくやり、バレたら逃げまくる。

秘書の娘の殺害予告でもしているんじゃないかと思うほどの卑劣発言をしたのは、キチガイ議員の息子娘に跳ね返ってくるんだろうな。

あのキチガイ遺伝子を受け継いでいるとか、いじめられたり、結婚もできないかもよ。だってさら遺伝しちゃったら嫌すぎるでしょ。

かわいそうだから海外とかに移住させちゃいなさいな。

あ、結構叩かれてるからもういいって言いながら、叩いちゃったよ。ごめんごめん。

2017-06-22

SNSは恐ろしい

ここ数日、僕を悩ませていることがある
Facebook何気なく友達候補を見ていたら、表示された何人かの中に、もう会うことは無いと思っていた女性が表示されたからだ

僕がいままで生きてきた中で、同名の人とは出会ったことがない
比較的珍しい名前だと思う(キラキラネームではない…はず)
から「もしや…」と気になったのだが、でも苗字は昔と変わっていた

友人とのプリクラで撮ったであろう目がパッチリしたアイコン
プロフィールに飛んで過去投稿を遡ってみると、加工していない写真がいくつかあった
広いおでこ、凛々しい眉毛、力強い瞳、やや厚みのある唇…やはり見覚えがある

たまたま名前が同じだけ
たまたま顔が似ているだけ
たまたま共通点があるだけで、僕の知らない赤の他人かもしれない
そこで彼女名前でググってみたら、簡単InstagramTwitterアカウントが見つかった
こちらも過去投稿を遡ってみた
友人たちに誕生日のお祝いをしてもらったという投稿
祝ってもらった日を確認し、そして確信した

10数年前に離婚した元嫁との間に生まれた娘だ、と

改めて娘のFacebookInstagramTwitterを見てみた
顔は元嫁に恐ろしいほどソックリ
今年の春から大学生になったそうだ(なんと元嫁と同じ女子大…)
そしてどうやら元嫁同様かなりの遅刻魔らしい
娘よ、そこは似たらダメ(笑)
友達より背が高かったり、中学高校時代吹奏楽部だったり、写真の写り方によっては僕の母に似ていたり…
多少は僕の遺伝子を継いでいるのかもしれない

僕が言うのも何だが、娘は(写真しか判断できないが)かなりの美人である
会いに行けるアイドルグループに入ったら間違いなく選抜メンバーに入るであろうレベル
まぁ美人だった元嫁に似ているのだから当然か

投稿を見る限りでは友達も多く、皆から慕われている様子
どうやら素直で良い子に育ったようだ
そこは元嫁と再婚相手感謝しなくちゃいけないなぁ…伝えることは出来ないけど
ところで女友達とばかり仲良くしていて男の気配が全く無い
単に投稿していないだけなのか?
君の容姿なら相当モテるだろうに
僕のようなダメ男と付き合うことのないよう切に願う

そして疑問が2つ

まず1つ目
なぜ娘が友達候補に現れたのだろうか?
元嫁とは学生時代バイト先で出会った
そこで仲良くしていた友人は多数いたが、Facebookで繋がっている人は1人もいない
もちろん元嫁とも繋がっていない(元嫁を検索してみたが出てこなかったので、Facebookをやっていないか、それともブロックされているのかのどちらかであろう)

そしてもう1つ
僕の方に現れたということは、娘の方にも僕が現れているのだろうか?
離婚したとき娘は2歳くらいだった
子供たちとは会わない、という約束で別れた
元嫁は離婚したとき旧姓に戻さなかったので、幼い娘は僕のことは記憶に無くても僕の苗字は覚えているかもしれない(元嫁がいつ再婚たかにもよるが)
そして兄(すなわち僕と元嫁との間に生まれた息子)と僕とは名前がかなり似ている
もし僕が娘の方の友達候補に現れていたら「もしかして…」と同じように気付くのではないだろうか?
年代友達ばかりの中にいきなり僕のようなオッサンが登場したら目立つだろうし

それにしてもSNSというものは恐ろしい
この年になってこんなことで悩むことになろうとは思ってもみなかった
何年も連絡を取っていなかった中学高校同級生との再会とは訳が違う
そして検索すれば個人情報がどんどん出てくる
これが時代というやつなのだろうか…

僕が使っているSNS
Facebook友達候補に娘が出てきたwww」
と草を生やして投稿しようかと思ったが
良い年してそんなバカなことするのも情けないし
かと言って誰かに相談することでもないし
でもどこかで吐き出してスッキリたかったので増田投稿することにした次第

2017-06-21

乳首いからさ

将来結婚して子供作って女の子が生まれたとして、

俺の遺伝子によって乳首黒くなったら可哀想だなとか考えちゃうんだけど、

どうしたらいいと思う?

2017-06-20

高野連はさ

メガネ視力矯正するのはセーフと考えているんだよね。

だったら、投手の投げた球の軌跡と到達予想時刻とを網膜に表示させるアプリケーション入れた学生を出場させても良いはずだ。

もちろん初めはダメだったんだろう。

けれど、遺伝子を改変する事で網膜表示を形質として発現させる人が増えて以降、生まれながら網膜ネットワークを持つ子供も増えたわけ。

まれながら投球や打球が「良く見える」球児たち。彼らをルール違反として退けるのは差別だと思う。

人類消滅ボタン

そーゆーボタンがあったら間違いなく推す人間だった。

そもそも家族愛情を感じたこともなかった。

親友と呼べるようなやつは何人かいたけど所詮他人

森を護れーと叫ぶわけじゃないけど動物たちに罪はないか地球破壊ボタンは押さない。

結婚して子供が出来てからも変わらなかった。

遺伝子を残す意味なんてない

ところが数年前から事情が変わってくる。

推しアイドル)が消滅してしまうなんて考えられない。

毎期毎期沢山のゴミアニメと神アニメが生れてくる。

漫画だって小説だってそうだ。

知らんかっただけで人間には創造性ってもんがあるらしい。

文化カルチャーだ。

相変わらず人間ゴミだし、アイドルだって幻想産物だとわかってるけど

くさいものにふたをすればそこそこ楽しい人生を送れるような気はしてる。

酷い精神状態とそれでも文化に騙されて娯楽を得てなんとか生きながらえている綱渡り状態だけど。

今の僕は全人類消滅ボタンは押さない。

推し未来を失わせたくないのがそのうちのほとんどの理由だとしても。

2017-06-19

https://anond.hatelabo.jp/20170619211109

ゴキブリ、それ自体危険性は無いのだが、

食欲旺盛で、あらゆる場所、つまり糞尿の上も平気で徘徊するので、

悪性の病原菌媒介者として人類を長年に渡って苦しめてきた過去があるのだ。

その結果、ゴキブリ忌避しない遺伝子を持った人間感染症で死に絶え、

ゴキブリ忌避する遺伝子を持った人間けが生き残った。

2017-06-18

人類による様々な生物種を地球全土に頒布させるという行為唾棄されるべきことだろうか

既存生態系破壊という観点のみで見て良い事柄だろうか?

生物種にとって広範囲に種の生存域が広がることは利益である

そしてその結果既存生態系破壊されたとしてもそれはその種がその環境変化に耐えられなかっただけにすぎない

地球に起きてる状態人類グローバルな移動を可能としたことによって生じた種の均一化と有益遺伝子抽出のようなものとも捉えられる

既存生態系破壊されることは悲しいことかもしれないがそれにより優位な種が繁栄世界規模のグローバルな生態系が構築されているとも言えるのではないだろうか

それはつまりより強い種が地球に残ることを意味するし地球全土で多くの種が競争することにも繋がる

これは一概に悪いことと言えるのだろうか?

2017-06-17

シュレーディンガー著 生命とは何か概略

謂わく生命体が多くの分子を含み存在しまたそれら分子一つ一つに対する知覚を持たないのは分子単体ではランダム的で不規則な動きをするために秩序だったシステムを構築できないからだそうだ

だが分子は多く集まれ総体の中で規則的な周期的な振る舞いをするらしい

故に生命は多くの分子を集めそこから規則的で周期的な振る舞いを抽出し秩序だったシステムを構築するそうだ

しか遺伝子はとても小さく秩序を抽出できるほどの分子を含んでいないそれにも関わらず分子基本的に安定した構造を持っている

それは極めて長い間形を維持している結晶が持つようなような凝集性を持っているかなのだそうだ

遺伝子は凝集性によって強い結びつきを持った非周期性の固体で構成される複雑で高度の秩序をもった配列なのだ

生命結晶を溶かそうとするといったようなエントロピーの増大に様々な場面で耐えている

これは生命あるもの自己破壊により余分なエントロピー排出し外部から負のエントロピーとも言うべきものを吸収することでそれらを相殺自身恒常性を低い水準に保ってるからなのだそうだ

生命

安定状態になることが出来ず不確定の領域存在する以上

不確定の領域を走査、探索することは生命生存するためには不可欠のことなのだ

そして自身が不確定領域を創出することも是とされる自身不安定要素が増すことになったしてもそれは行われる

生命体は生存のためにあらゆる手段を用いあらゆる行為を実行するそれが自身生物全体を危険晒すとしても不確定領域存在はそれ自体危険であり

その領域放置した状態で将来その危険に接触すれば破滅被害は免れ得ないかである

死ぬのも将来死ぬのもコードの耐久期間が違うだけで結果が同じである遺伝子からすればそれは生存の失敗でありさした違いはない

また不確定である領域危険性を把握することは出来ずそのためその領域を探索するべきかどうかという選択肢を持つことは厳密な意味では出来ない

故に接触した不確定領域は随時、走査、探索が行われる

生命とは第一原理である遺伝情報の維持に失敗し、なおも

現状を維持しようともがきながら誤謬を繰り返し続け歪に変形し、異様な複雑さを獲得するしかなかった悲しき原初生命残滓であるという

スタニスワフ・レム虚数の考えに対してこういう見方もできる遺伝子コード生存必要な基礎コードを維持し続けていると

自己拡張自己改変が行われたとしてもはどのようなものであっても生存否定生存、複製を継続させることは出来ない

自己拡張自己改変もまた事前の遺伝子コードの内容から大きな影響を受ける、継続するものは事前に存在するものの影響から逃れられない

このため私達が何らかの存在自分たち生存目的に適合させ生存、存続させようと意図した場合でも事前のもの(私達)のコードの影響を受けることになる

この場合においては直接的影響じゃないため幾つかの曖昧さがや別の意図が付加されるだろう

しかしどの場合においても生存否定内包存在継続することは出来ず生存必要な基礎コードの伝達に成功する

そして不安定状態を孕み生命継続するということは上記の理由によりあらゆる面においてあらゆる生命変異形を作り出すことに繋がる

生命とは存在し続けることを意図するものであり、あらゆる面で生存領域を無制限に拡大、拡散する機構とも捉えられる

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615154639

は?

「不平等こそが悪」だって当初の人間である現在リベラル派が唱えてるじゃん

なら出生段階で均一化されたら不平等なんて発生しようがないだろ

規格化された社会で全員同じ最大幸福を得ているところにイチャモンつけられる人間なんているわけ?

全員「これが最高に幸せ!」って思ってるのに水を差す権利がどこにあんの?

少なくともお前にそんな権利はない

自由意志云々いうなら自由意志がそうなるように遺伝子操作して生み出せばいいだけだろ

本人が自由選択したという自己認識が最も自由にとって必要なんだから操作した事実を教えても平気な操作してればALL解決

問題だと思うお前が問題

そもそもの話現生人類は産まれた時から国家権力にひれ伏すように洗脳されてるんだから法治国家を良しとしてご丁寧に生きてるお前は

操作されて不幸か?

意味のない社会か?

https://anond.hatelabo.jp/20170615153439

AI遺伝子チューニングロボットで人工生産できるようになった時点で無意味工程になる

これも

現実世界では適当な個数の猿を飼育しとくという結論に落ち着くと思う

仮想現実人格人権はないか残酷仮想現実でもOK

これも

俺が別ツリーで言ったことをほぼまんま踏襲してて乾いた笑いが止まらないのだが

付け加えるならマトリックス的な世界から一歩も出てなくて本当に下らない

体験の不確実性とか持ち出しそうではあるが()

先程のツリーで述べた、AIのみが保存される社会意味って人間的にはないよね?

何の意味があって当初の人間がそれを作り出さなきゃならんのかと

起点がおかしすぎだろ

https://anond.hatelabo.jp/20170615144326

AI遺伝子チューニングロボットで人工生産できるようになった時点で無意味工程になる

既に植物遺伝子組み換え作りまくってんのにあえて手作業受粉するのにこだわる意味がない

数を増やして天才を作りテクノロジーを後押しするって利点はAIが完成したら全くの無意味になる

AIメンテ人間が?馬鹿

AIからしたら赤子に原子力発電所任せるようなもんだぞ

自分と比べるのもおこがましいくら低能心配してきたらマジで黙ってろと思うだろ

まあ、最終的に仮想空間の中で遺伝子多様性(笑)を維持して

現実世界では適当な個数の猿を飼育しとくという結論に落ち着くと思う

あえて外でお猿さん育てる意味があるかどうかというのは人間矛盾性をAIが許容してくれれば成り立つ

仮想現実人格人権はないか残酷仮想現実でもOK

https://anond.hatelabo.jp/20170615144848

そんとき遺伝子いじればいいんじゃね。

AIメンテAIがやるに決まってんでしょ。

2017-06-14

ロリコンとか痴漢強姦願望が全くなくなった

小学生の頃から世代の異性に興奮して、対象はそのままに自分けが歳を取っていった。中高生になって回りが恋愛を始める頃でも、同世代以上の女性には興味もわかなかった。自分が人とは違うかもしれないと感じ始めた頃から、周囲が女優アイドルの話で盛り上がる中、怪しまれないように好きでもない誰もが好きそうなアイドル名前を出してはその場をしのいでいた。社会に出てからも、表向きはどこにでもいるような流行りの女性が好みだと吹聴しては、周囲には絶対に気づかれないように振る舞い続けた。

自分理想とする相手とはまともな恋愛セックスまでのプロセス通用するわけがない。だから行為に至るためには痴漢強姦という選択肢しかなかった。もちろん実際にそんなことをしてしまったことなんかない。そうならないために、漫画やそれ風のAVなどで処理をしてきた。

そんな自分にも、子供がほしいという願望はあった。それは間違っても性処理のためというわけではなく、純粋自分の子孫を残したいという願望だ。適齢期を過ぎかけたころ、見かねたから提案された見合いに乗っかってすんなりと結婚し、さらに何事もなく子供まで授かることが出来た。見合い相手のことは好きでも嫌いでもなかった。ただ、子供を生んで育ててくれそうだという理由だけで結婚した。性的にも全く興味は沸かなかったのだが、お互い未経験同士だったこともあり気持ちが一向に高まろうとしないことを緊張という言葉で置き換えることができたのは幸いだった。

妊娠後、数回目の通院で生まれてくるのが女の子であろうことがわかった。このときは正直不安になった。この子が程よい年齢に至った時、自分からの愛が親からのものであり続けられるのだろうか。自分の子自分の子として見続けることができるのだろうか。出産が近づくにつれてその不安は強くなる一方だった。そうしていよいよ出産の日。陣痛より前に破水してしまったことで慌ただしいままに病院に行き、そのまま大騒ぎのうちに産声を聞くことになった。あまりの忙しさと、陣痛促進剤によってあれよあれよと野生を露わにし始める妻を前に、つまらない不安を思い返す余裕などなくなってしまっていた。

看護師の大げさに芝居がかった「おめでとうございます。」という言葉とともに、赤黒い顔に拭いきれない鮮血が着いたまま精一杯に泣き叫ぶ赤子が手渡される。両の手でその重さを実感した途端に、全く意図していなかったにも関わらず目から涙が溢れた。自分の命をかけてでもこの小さな命を守らなければならない。そして、自らの命を危険晒してまでこの生命を産み落としてくれた妻に対して、いままで持ち得たことのないような気持ちが沸き上がってきたことがわかった。

その日を境に、自分を苦しめ続けてきた児童性愛願望はさっぱりとなくなってしまった。むしろ自らの娘がそうなってしまうことを想像しようものなら胃袋ごと口から嘔吐してしまいそうな焦燥感に駆られるようになってしまった。自らの子供を愛するという気持ちは自らの娘を性の対象として見てしまうかもしれない不安をいとも簡単に一蹴してしまものだということがわかった。それから数年経ち、娘は小学校に通うようになった。娘の周りには、かつて自分欲求を刺激してやまなかった年頃の女子たちで溢れている。しかしそれを目の当たりにしても、かつてのような邪な衝動は一切湧いてくることはなかった。むしろ自らの娘を見るのと同様に、彼女らが安全に、健全に育つことを願うようになってしまった。

自らの性的嗜好を棚に上げるつもりはない。しかし、自分性的対象は気付いたときにはすでに決まっていたものコントロールできるものではなかったのだ。今だに過去自分を憎む気持ちとどうしようもなかったと同情する気持ちとが葛藤を続ける日々を送っている。世の中の同じような境遇人間自分と同じことが当てはまるかはわからないが、少なくとも児童性愛に対して嫌悪感が芽生え始めていることは確かだ。かと言って自分普通に女性を愛せるようになったかと言われるとそうではない。いうなれば、児童性愛がなくなると同時に性の対象のものがなくなってしまったのだ。自らの遺伝子を受け入れ命をかけてまで産み落としてくれた妻には今でも変わらぬ感謝と、一緒に生活をしてくれる家族としての深い愛情がある。しかしそれ以外の感情が一切湧き上がってこない。そのことを妻はこれからも受け入れ続けてくれるのだろうか。

2017-06-12

そのうち日本でも代理母ビジネスが盛んになるんだろうか。

@バリバリ働いてる時期に妊娠産休とか無理

@代理母なら出産後も健康に影響なし

@遺伝子自分のものを使える

インドでは80万円くらいでやってくれる。

https://www.cnn.co.jp/m/world/35039870.html

2017-06-10

生命とは

安定状態になることが出来ず不確定の領域存在する以上

不確定の領域を走査、探索することは生命生存するためには不可欠のことなのだ

そして自身が不確定領域を創出することも是とされる自身不安定要素が増すことになったしてもそれは行われる

生命体は生存のためにあらゆる手段を用いあらゆる行為を実行するそれが自身生物全体を危険晒すとしても不確定領域存在はそれ自体危険であり

その領域放置した状態で将来その危険に接触すれば破滅被害は免れ得ないかである

死ぬのも将来死ぬのもコードの耐久期間が違うだけで結果が同じである遺伝子からすればそれは生存の失敗でありさした違いはない

また不確定である領域危険性を把握することは出来ずそのためその領域を探索するべきかどうかという選択肢を持つことは厳密な意味では出来ない

故に接触した不確定領域は随時、走査、探索が行われる

生命とは第一原理である遺伝情報の維持に失敗し、なおも

現状を維持しようともがきながら誤謬を繰り返し続け歪に変形し、異様な複雑さを獲得するしかなかった悲しき原初生命残滓であるという

スタニスワフ・レム虚数の考えに対してこういう見方もできる遺伝子コード生存必要な基礎コードを維持し続けていると

自己拡張自己改変が行われたとしてもはどのようなものであっても生存否定生存、複製を継続させることは出来ない

自己拡張自己改変もまた事前の遺伝子コードの内容から大きな影響を受ける、継続するものは事前に存在するものの影響から逃れられない

このため私達が何らかの存在自分たち生存目的に適合させ生存、存続させようと意図した場合でも事前のもの(私達)のコードの影響を受けることになる

この場合においては直接的影響じゃないため幾つかの曖昧さがや別の意図が付加されるだろう

しかしどの場合においても生存否定内包存在継続することは出来ず生存必要な基礎コードの伝達に成功する

そして不安定状態を孕み生命継続するということは上記の理由によりあらゆる面においてあらゆる生命変異形を作り出すことに繋がる

生命とは存在し続けることを意図するものであり、あらゆる面で生存領域を無制限に拡大、拡散する機構とも捉えられる

2017-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20170609132013

群れないといけないってのが遺伝子レベルインプットされてるから

だのに、同じところに群れてると病気人災で全滅するからコミュ障因子もある程度ばらまいてる

もたされたのが天才ならいいが凡人なのにこんなのもたされたら不幸でしかない

2017-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20170608042835

まあ若いから仕方がないと思うけど、はっきり言って努力なんて皆やってるんだよね。そんなの当たり前なの。

それで、人生努力なんかじゃ決まらないんだな。じゃあ何で決まるかというと運で決まる。

金があるかどうかだけじゃなく、知性があり意識の高い親の下に生まれる運、優れた遺伝子を持って生まれてくる運、優れたロールモデルメンター出会う運(それをお膳立てできる親に恵まれた運)、時代の流れと興味関心が合致する運、その他諸々。

(こう言うと馬鹿はすぐ勘違いするが、努力意味無いと言っているわけではない。努力はみんなやっているので、努力するのは当然の前提というだけ)

大人になれば努力なんかでは物事が上手くいかないという局面に嫌と言うほど出会うことになる。その時に、例えば運良く親の持ち家を相続したとかそういうところが個人成功根本的に効いてくるわけだ。

君もいずれ、君よりも遥かに運が良い人間が君がどんなに努力しても越えられない壁をあっさり越えていくことを見ることになり、そこで初めて「運」の意味に気がつくことになるだろう。

http://logmi.jp/103087

追記

ふと思い出したが、高校の頃、君と似たようなことを言っている同級生がいた。定期テストだかの成績が多少良いのとかを「才能があっていいな」と言われるのが気に入らず、「俺は努力をしているからこうなっているんだ」と強く主張していた。

(今どうなっているかはわからないけど)そいつ地元の低レベル大学に入った。それは努力が足りなかったからではないと思われる。単に素質が足りなかったんだ。なぜならそいつが(本人曰く)必死努力して達成していたような水準を俺は努力無しでも平気で越えていたからだ(もちろん俺はその上で努力をしていた。努力するのは当たり前)。俺は物心ついた頃から算数が得意だった。努力なんか一切していない子供の時点でだ。これが運でなくてなんなんだ?

将棋の某四段が20連勝したニュースを聞きながら親がひとこと

あんた昔将棋上手かったじゃない。あのまま続けていれば強かったかもしれないのに……」

昔上手かったってなに基準?(将棋ルールも知らない)家族内で一番強かったあたり?趣味将棋指しおっちゃんに接待で勝たせてもらったあたり?もうちょっと書き連ねられればよかっただろうけどそれくらいしか思い付かないよばか!

せめて小学生大会とかに出場させてから言えよ。教本もノータッチなんだぞ。神童なら学ばなくても勝手に育つとか信じているのか、信じていてもいいけど手前らの遺伝子神童が出てくるとおもっているのかあほたんちん。

そういえば水泳とか野球でも同じこと言われたなぁ。習わせてもらっていたのには感謝するけども常に結果を求められるのがしんどくてやめたんだよ。趣味でまた始めたけどくそ楽しいぞ。筋トレ以上の意味あるの?って顔されたけどな!

あー早く家出てぇ。

2017-06-07

「肌の色が混ざってエロい」という感覚

肌の色の話題って割りとタブー視されがちだからあんまり共有したことないし共感もされたことないんだけど、

自分は昔から褐色ヒロインというのがやたら好きだった。普段深夜アニメなんてあんまり見ないのに今期は褐色姉妹を見るためだけにソード・オラトリアを毎週追ってるし、対魔忍ユキカゼなんて何百回プレイたかからない。

で、なんで好きかっていうと、変態ぽいんだけど「褐色ヒロイン白人or東洋主人公との間に産まれ子供想像するのが好きだから

子供の頃、ふしぎの海のナディア最終話大人になったジャンとナディア、そして白人黒人である二人のちょうど中間くらいの肌の色をした子供たちがほのぼの暮らしているという物語エピローグにやたらとムラムラしたことがあった。

そう、自分18禁ゲームなんてものがこの世に存在すると知るずっと前からこの「肌の色が混ざってエロい」っていう感覚本能的に感じ取っていたのだ。

白と白は白だし、黒と黒は黒だし、黄色黄色黄色だ。

でも白と黒だと?黒と白だと?黄色と黒だと?白と黄色だと?

なんか遺伝子が混ざり合ってる感じがしていやらしくない?

この感覚共感する人いるのかな。

http://anond.hatelabo.jp/20170607112825

クローン=一卵性双生児と同じレベル遺伝子情報が同じ

であるならば、少なくともDNAレベルでは同一人物と言えるのではないですか?

2017-06-05

自分がいいとおもう異性と自分遺伝子をかけ合わせて新しい命が生まれるんだぜ。

素敵やん。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん