「写真」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 写真とは

2018-01-19

anond:20180119034103

橋本琴絵」アカウントは9月に作成された初めのツイート以降放置され、1月になって再開。

ツイートには橋本現実活動を示すものもなく、写真もない。

 

https://www.j-cast.com/2018/01/17318910.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.j-cast.com/2018/01/17318910.html

J-CAST記事橋本取材している痕跡もなく、これで橋本本人を非難するのは軽率

アカウントツイートに対して非難するだけならわかる。

普段、Jカスと読んでるような人も、非難したい欲求かられて選択的に盲目になってるよう。

 

 

大体、再開して初めてのツイート若い女性を名乗るアカウントによる写真ツイートへのこれ

ぎらちゃん、こんなに可愛かったんだ!

https://twitter.com/HashimotoKotoe/status/948391507018506241

小学校司書をしています

小学生10歳までに読みたい名作シリーズの本が読みたくて図書室に行ったら先生に断られた』→その理由あなた11歳だからダメ

https://togetter.com/li/1191269


ざっくりと説明

学校司書学校司書をしている人。基本司書資格を持っている人が採用になります必須ではないので持っていなくても場合によっては採用になります。配属先は選べないので公共図書館で勤務したかったのに小学校に配属になってこんなはずじゃなかったという思いをしている人もいるか

司書教諭教員かつ司書教諭資格を持っている人。学校司書サポート役だったり、他の先生学校司書の橋渡し役等をしてくれる先生、のはずですが担任を持っていたりすると忙しくて図書館業務全然関われないという場合も……

その他、地域によっては司書資格も何もないボランティアの方が司書の代わりをしているという話を聞きます

ツイート元の方の言う学校司書がどれに該当するかによって話が少し変わってきそうです


発端のツイートのように、「この本は借りてはいけない」

または「この本は購入しない」「この本は戸棚の中や倉庫に隠す」というのはウチの学校や他の学校でもあります

フェイクのためどれが自校でどれが他校の話かは伏せさせてもらいます

また、それらのルールについては司書意思の他に「司書教諭の命で仕方なく実行している」「学校方針」「前々々々任の司書が決めたルールで、変える機会がなくずっと続いている」などさまざまなケースがあります

図鑑百科事典は貸し出し禁止。これらの本は授業で使う機会が定期的にあり、いざという時図書館にないと困るから。また、飛び出す絵本など貸し出ししたら即ボロボロ破壊されそうな本も貸し出し禁止。禁帯出マークの赤いシールを貼って見分けられるようにしている。

・本は3冊借りることができるが、かいけつゾロリのみ例外で1冊までしか借りられない。子どもたちには「ゾロリはとても人気だから、1人が1冊までなのよ」と説明しているが本当は「字が大きくて漫画じみて幼稚な内容のゾロリはあまり借りて欲しくないから」。ゾロリを一斉に廃棄処分にして0冊にした学校

強制ではないが、高学年はあまりゾロリは借りないようにすること。6年生にもなってゾロリばかり読んでいるなんて恥ずかしいから。低学年向けの絵本や○○のひみつシリーズもなるべく借りてほしくない

あさのあつこNo.6教科書に紹介されているのだが、だんだんBL描写が激しくなっていくので購入するのは1巻のみ。公共図書館から取り寄せたいという時だけ対応する(自校の図書館にない本を公共図書館リクエストして配達してもらうというシステムがある)

公共図書館から取り寄せてほしいとリクエストがあった本でも、漫画ノベライズ版、オカルト本などこれはちょっと……というものは「こういうのは駄目よ」「近場の公共図書館になくて……(嘘)」などと言って諦めてもらう

・保健体育系の本は、性器などの写真がモロに載っていてそれを見て騒ぐ子がいるので普段は戸棚の中に隠していて、勉強必要になった時だけ出す。何回注意してもやめない、もし一人が注意を受け入れて騒ぐのをやめても別の子が騒いでまたその子を何回も注意して……と大変疲れるので隠した方が早いし楽

・「表紙がキラキラしててかっこいい!」「表紙にドラゴンが載っててかっけー!」などの理由で、漢字どころかカタカナもまともに読めないような小さい子が、挿絵もルビもない重厚ファンタジー小説を借りようとすることがあるが「借りても全然読めないでしょ」と説得して貸し出しをやめさせる


思い出せないだけでもっとあるかもしれませんがこんな感じです

低学年向けに購入した新しい本を高学年が いの一番にごっそり借りていくと、うーん……とは思いますが口には出さないですね

あと、1年生から6年生まで各学年向けの本を並べたコーナーを作っています自分の学年じゃない本を借りてもOKです

今回、ツイート主の親戚の子が年齢を理由に貸し出しを禁止された本は

赤毛のアン」「西遊記」など児童書としてはド定番作品ばかりで

学研出版している「10歳までに読みたい世界名作名探偵シャーロック・ホームズ」は11歳になったら借りちゃ駄目だけど

講談社が出してる青い鳥文庫の「新装名探偵ホームズ」はOK!みたいな感じになってるんでしょうか

大なり小なりどこもローカルルールがあると思うので「誰でもどんな本を好きなだけ借りられるようにするべき!反対するなら教育委員会に言いつけるぞ!!」という流れになるのはちょっと困りますがさすがに今回は理不尽すぎるので炎上もやむなし

とか書いてる間に追記を読みましたがそんなギチギチにルールのある図書館なのに他の先生が把握してないって色んな意味問題ですね

私の周りだと司書立場が弱すぎて先生たちにNOと言えなくて……という悩みは山ほど出てくるんですが司書独裁国家築いてるパターンとは


関係ないですがオオカミ王ロボ小学生の時から大好きなので元ツイの子が無事に借りられることを願っています。ロボはイケメン

24から婚活感想

結果

24から婚活して26歳で良い相手と付き合え27歳で結婚、30を目前に先月末出産

求めた相手

年代年収自分と同程度、同業界勤務(エンタメ系)か、オタク男性で、引っ張っていってくれるよりは相談して一緒に決められるような人

自分スペック

普通、小太り(身長体重が100くらい)、年収600↑、オタク

簡単な流れ

24歳でハイスペ狙いで婚活パーティー

→すぐにハイスペにあまり興味がないことがわかり、オタク婚活狙いへ。また婚活パーティー微妙だなとなり、ネット婚活に移行

→段々と具体的な結婚相手理想像ができる

→良い男性出会いお付き合い開始

詳細(長い!ごめんなさい)

24増田推しが突然のキャラ変で絶望。それまで毎日ツイート、毎週末遠征と忙しく活動していたが予定が空き、結婚でもするかと婚活パーティーへ参加を決める。

最初に参加したのはハイスペ婚活パーティーで、年収4桁万円の人や立派なお仕事男性が来るというものだった(女性側にもそれなりの条件があったはずだけど忘れた)。

年齢が若いからかとにかく引きがあってオオ〜と一瞬鼻の穴が膨らんだが、

「すぐにでも子供を作りましょう」

「こっそり連絡先交換しませんか?車で送るのでこの後ゆっくりどこか行きましょう(終了22時くらいだった)」

若いのにこんな所に来るなんて、少子化を止めようという気概がある素晴らしい方ですね!」などマジで山のように言われ恐ろしくなり第一希望など誰も書かずに帰った。

余談だがこっそり連絡先交換しましょうの人は名前を書くタイミングこちらを見てウインクなどしていたが、カップル不成立とわかると会場のゴミ箱を蹴飛ばして帰っていった……。

というわけで恐怖を味わったのでハイスペ婚活パーティーへ行くのは早々にして辞め、

オタクごとの遠征もまだちょこちょこ残っていたのでそういうのに難色示されたら嫌だなぁ、どうせなら同じオタクが良いとオタク婚活パーティーへ。

初回参加の時、優しそうでかなり良い方(Aとする)がおり相手も気に入ってくれたようでフリータイムに2回ほど指名もらえたのだけども、

私:第一希望を高嶺の花、第二希望をAさん、第三希望をBさんに

Aさん:第一希望を私に、第二希望をA子さんに

A子さん:不明だがAさんを記入

Bさん:第一希望を私に

ということで私・Bさん、Aさん・A子さんのカップルとなってしまった。

パーティー側はたくさんのカップルが成立するほうが良いもんなぁと気づきを得たけれども後の祭りで、

エレベーターホールでAさんから第一希望だったことを告げられ連絡先を尋ねられたけれどもA子さんに悪いのでお断りしてしまった。

しかしその後何回かオタク婚活パーティーに参加してもAさんより良い方に出会えなかったのでネット婚活へ。

ネット婚活では最初完全に迷走してしまい、また年上のハイスペ男性メッセージを送りやりとりを続けていたが、

実際会おうという段でどうしても怖くなってしまい当日にドタキャンしてしまった…本当にすみません……

この辺りで、実生活では仕事相手男性結構年上)が私に好意を寄せてくれたらしいんだけども、だんだんメンヘラになってしまい、

つきまとい、仕事の場での恫喝(他の男性と喋っていたことへの怒り等)、

周りを巻き込んでの囲い込み(周りの人が●●さんとお似合いだよね!好きって言ってたよ!などと伝えてくる)があり、

やっぱり彼氏がいないという事実があるとこういう事に巻き込まれるのか、早く結婚しようと強く決意。

このようなことがあり、やっぱり一緒に生活するなら上からくる相手よりもお互いが同じ立場で話し合える相手がいい!

とひとまず相手の年齢を自分の±5までと狭め、ようやくネットでやりとりしている男性とも会えるように。雑感は以下の通り


ネット婚活の方が相手の条件を色々と見られること、文章でのやりとりを長めにできるので個人的には良かった

男性メンヘラが多い。また男性コスプレイヤーの人はコスプレ写真プロフ画像にしてることが多いが、

 実際会うとイメージが違うので(肉付きや毛髪の量など)引いてしまう。変にギャップを生むよりもありのまま写真の方が嬉しい

・思ったより相手年収にこだわりがないことに気づいたが、

 相手自分年収より低い(プロフィールでお互いわかる)と卑屈になりメヘラ化することが多かったので、同程度がいいなと決心する

アカウントは三回作り直した。

 1度目はドタキャンした後すぐ

 2度目は良い感じだなと思った男が定期的にデートするようになった途端メンヘラ化した。

 五分に一回のLINEに返信しろ強要し断った途端勤務先を調べて電話をしてきたので激怒してLINEブロック、退会。幸いにもそれから勤務先への凸はない

 3度目も相手が明るいメンヘラになってしまったのでLINEブロック&退会。

 数ヶ月後間違ってLINEブロックを解いてしまった時、1分後にその男から「おーい」「見えてる?」「久しぶりー」「返事して」とメッセージが届き、ずっと送り続けてきたのかと恐ろしくなった

・などと恐ろしいことを書きつらねたけども、こういうことは記憶に残りやすいだけで、基本的にはすごく婚活は楽しかった。

 狙い通りオタク婚活の場にはエンタメ業界の人も多く(仕事への理解が欲しいからかな?)、仕事趣味の話を聞くのはかなり興味深かった。

 誰もが聞いたことあるような大きい会社の人が、下請け会社に対してのエーッと思うような考えを話してきたり、会って見たら知り合いの知り合いだったり。

 エンタメ業界でなくとも知らない人の知らない仕事の話や、好きなものや興味があることの話、趣味のこだわりの話を楽しそうに話す人と会うのは刺激をもらうことが多かった。

 自分意見と違っていても否定はしなかったので、前述の下請けに対してビックリする意見を言われてもそれはなぜ?なるほどね〜と否定はしないようにしていたので相手も話しやすかったのかもしれないな〜。

・というところでのちの夫に出会い初見で好みの外見だったのと性格がとてもよく、半年ほどデートを重ねて付き合い、婚約ともろもろスムーズに。私にはもったいないくらいの良い人で毎日楽しいです。

・ちなみにデートの時のお金は、初回は奢りで2度目は相手多目の割り勘が多かったかな?

 個人的に思い出深い失敗は、相手が年下だったのでお茶代をちょっと強引に出したら引かれたことと、

 机の上に落ちたポップコーン何気なく食べてしまったら瞬間相手が冷めたなというのがわかったことかな…。

 普段は食べないのになんで食べてしまったんだろうと今でも思うけど、テンションが上がってしまったのかな……。

 逆に自分ちょっと引いてしまったのは、駅で待ち合わせたら予約してもらっていたのが高めのお店で、

 四万のコースを奢ってもらった時は悪いな〜という気持ちで少し引いてしまった(それが一番安いコースだった)。

 あとはサプライズ系かな……。行き先を言わずにとにかく来いと言われて行ったらヘリがチャーターされてたとか……(高所恐怖症なので死に物狂いで断った)。

 あと観覧車サプライズは五回は断りました…。告白観覧車でって男性多かったです。

婚活して見て思ったのは、やはりどういう相手がいいのかということを早めに自分の中で決めた方が探しやすいということと、

 決められなさそうであれば迷走期間含め早めに行動してみることかなと思う。あとは断ることも多かったけど逆に良い人ほど向こうに断られることも多く、

 凹んだ気持ちをどこで回復させるかかな……。女性は年齢が若い方がサクサク会えるので、早めに色んな人に会えると見えてくるものがあるんじゃないかな。おわり

成人式

色々考えてこれが一番いいと思ったか成人式には出なかったし、みんなが載せてる写真見て心の底から行かなくて良かったって思ったけど、母は「なんかかわいそうだから」ってケーキ買ってきたし、姉は友達のお母さんから娘の振袖写真が送られて来たことに対して「嫌味ったらしい」って言った。

私は自分のことをかわいそうだなんて思ってないのに、周りの人が私をかわいそうにする。

失恋した 相手は私の名前を知らない

コーヒーショップで好きなアイドルにどこかが似ている人をみつけた ネームプレートがついていなくて、その人のことは何も分からなかった 毎日のように通って、バレないように席に座ってからも顔をみた

なにも情報がないから、通うことが唯一の出来ることだった

ある日 インスタグラムでその店舗名ハッシュタグ検索していたら 店員アカウントを見つけて その人のタグ付けされている投稿から 好きな人もいっしょにタグ付けされている投稿を見つけた

こうやってアカウントは見つかるんだな、気をつけないと行けないと思った こんなよはダメだし危ない奴のすることだと思ったけど、止められなかった

名前とか大学名とか、フォローしてる欄から好きなバンドとかもわかった

全然、ていうか一枚も顔を載せていなくてがっかりしたけどそんな感じはしていたから、裏切らないな、みたいな気持ちだった

その人はもとからそんなにシフトに入らない人だったけどもう二週間くらいきてないんじゃないの、ぐらいのノリで本当に来なかった こっちがサブのバイトなのかと思った

年末に一度見た レジにはあたらなかったし飲み物も作ってもらえなかったけど、泣きたくなるくらい嬉しかった その人がいるかもわからないのに、服とかメイクとかもちゃんとしていってたから毎回 バカすぎ

それで年明けてまた来なくなった

一昨日その人っぽい人をみた マスクをしてたか微妙だけど金髪だった その人のツイッター(インスタとidがほぼ同じで見つけた)を調べてる時にみつけた、金髪だったころの写真のその人と似てたし身長も同じぐらい、遭遇した場所場所から合ってると思った

そのまま一回は通り過ぎたけど、こんなチャンスあるか、と思ってついていった 文章にしていて、本当にこれは犯罪だと思った アウトだ もうしませんから その人はcdショップに行って、なんのcdかわからないけど表紙がベージュっぽいものを買ってた そして改札に入っていった 雨で、スエードの濡れちゃいけないヒールを履いていたのに走って中までびちょびちょになって、家で脱いだらふやけた足が出てきた

またその人のアカウントをみた 昔の投稿に珍しく人をタグ付けしてた 複数人いる中にあまり有名じゃない女優がいた 前も見たことのある投稿で、前に見たとき複数人だし2年くらい前のだからと思って何も気にしていなかった

でも、そのアカウントも、好きな人の最新の投稿も同じ、マイナー劇場で撮った演劇ポスターだった 同じ日の

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜なるほどねなるほどねなるほどね!!!!!そういうことでしたか!!!!って、なって 涙は出なかったけどちょっとその日は笑ったりできなかった ショートカットの、"彼女"感のある人。むりむりむりむりむりすぎこんな、こんなことってあるかよって思った これにタグ付けしてないのは相手女優からか、ああそうか、もし一般人ならもっともっと心をえぐられる投稿をしてたんじゃないか、って思った

こんなにつらいのに、友達には何も言えないのがまたつらかった 犯罪じみているから え、なんでしってるの?ってなるから

それと、好きな人金髪になってたのは昨年付でお店を辞めたからじゃないかと思った あのチェーン店金髪は見たことがないか

お店にはもう2度といけないなと思った あそこには 普通に場所としても好きではあったけど 苦しすぎてむり

それで、これがおとといのはなしだけどなんか更に心が沈んでいて、前にその人の好きなバンドの中で珍しく私好みのガールズバンドがあって 丁度よく暗いからそれを聴いてたけど、どの曲もあの人っぽさがあって ああ、ってなってた

私はこんなになってるのに、相手は私の名前も知らないと思うと、本当に何をやっているんだろうと思った けどあの人のおかげで去年の秋から幸せだった あー別れちゃえ、でも三つも下のガキは無理だろうし、どっちにしろもう2度と会えないな

くるしいから好きなアイドルをみて癒されようと思っても、その人を気にしだしたきっかけが"推しに似ている"だったから、見たらやっぱり似ててもっとダメになった いつになったら彼を楽しく見ることができるだろうか

アカログ

ネットでヘアカログを見ている。この髪型可愛い!と思ってよくよく見てみると、それは髪型可愛いと言うよりモデルさんが可愛いのではないか、という…

自分が同じ髪型にしたらこんなに可愛くならないってのは分かってるんだ。そういうことではなくて、数あるヘアモデルさんの中から髪型を選ぶ時に、自分髪型の良さではなく顔の可愛さ(と写真雰囲気の良さ)で好みのモデルさんを選んでいるだけな気がする。

からあんまり参考にならなくて困った…

2018-01-18

anond:20180118221426

オタク雑誌買うといいんじゃないかな。もう読んでるかな。

写真とかイラストレーションとかなんでもあるじゃん

あるとき面白さが爆発的に湧き上がってくる日が来るから、その日から自由ぞ。

サークルの仲間に誘われない

サークルの仲間が俺以外の少人数で遊んだり飲み行ったりしてる。

全体で同期が20人くらいいるサークルで、俺以外の人はいろんな組み合わせの3〜4人で焼肉行ったりスノボ行ったり。

そういう写真とかがインスタとかで流れてくる。だけども俺は一向に誘われない。

だいたい半年前くらいまではちょくちょく飲みの誘いとかあったんだけど。

だんだん減ってここ数ヶ月何もない。

だけど俺以外のメンバー普通に同じ頻度で遊んでる。

特に忙しいアピールとかしてないし他サークル彼女がいるわけでもないのに何で誘われないんだろう。

結婚が怖い

長くなるが、書き殴る。本当にチラシの裏のようなくだらない話。

5年付き合った彼にプロポーズをされた。

長年、遠距離恋愛を続け、ようやく掴んだ幸せだ。そんな彼にプロポーズされ、幸せだなと思うと同時に、恐怖を感じる。

私と彼は何もかも正反対だ。

から愛情を受け、自分卑下することなくすくすく育った、人に愛される彼。

一方私は、所謂毒親に育てられ、生きている価値がないと言われ続け、死ぬ気で大学を出た。

幼い頃から転勤だったため、長く付き合いのある友人もほとんどおらず、新卒で入った会社病気退職し、今の職場では同年代の人がいない。結婚式に呼べる人はもちろんいない。

彼は親のため友人のため、盛大な結婚式を挙げたいという。披露宴に呼びたい人は友人だけで80名を超えるという。

私は呼べても10名もいない。お酒が飲めない子が多く、二次会は皆たぶん不参加である

親も親族もあまり呼びたくない。体裁のため呼んだとしても、感謝手紙なんか読めるわけもなく、ただ席を埋めてもらうだけになりそうだ。

友人代表スピーチを頼める友人がいない。結婚式に話せるような友人とのエピソードがない。流せる写真もない。

その時その時をそれなりに生きてきたとは思うが、人と長期の関係を築くのを怠ってきたツケが回ってきたとしか思えない。

彼は子供が欲しいという。だが、私は子供が欲しくない。両親が私にしてきたことをしそうで怖い。子供笑顔で笑っている自分が全く想像できない。ヒステリックに怒鳴りつける自分しか想像できない。

子供は欲しくないと彼に伝えたが、「そのうち変わるって、子供可愛いよ」と本気で取り合ってくれない。

外面のいい両親を見て、なんでそんなにトラウマを抱えているのかわからないと言われた。

まれてこなければよかったのにと毎日言われ、一人で暮らそうとすると自殺未遂をされる私の苦しみは彼には一生わからないと思う。

わかって欲しくないとも思う。私は彼の屈託のない、誰も疑ったり、誰かに怯えたりすることのない、自由な姿に憧れたから。

ただこの先、この違いを受け入れたり、乗り越えたりしていけるのか自信がない。

マリッジブルーと言われたら、それまでだけど今の私の気持ち

トイアンナ氏の恋愛障害について雑な解説

トイアンナ氏について特に詳しいわけじゃない。

ただ、「クリスマス4℃アクセサリーを貰って喜ぶ女はチョロい」というブログホットエントリーしたときにはカチンときた。

この記事魚拓が残っている。

http://megalodon.jp/2016-1221-2320-10/toianna.hatenablog.com/entry/2016/12/21/222010

何なのこの人?と思って当時ほんの少しだけ調べた。

トイアンナ氏は歴代彼氏に「愛されたいのに愛されない」扱いを受けてきたらしい。

このことを「恋愛障害」と呼ぶ。

何をどうしたのか知らないけど、「恋愛障害」を見事克服して結婚

恋愛障害解決・克服方法書籍にして販売

https://www.amazon.co.jp/dp/B01I2W9M4W/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

読んでないけど、レビューを見た感じ「自分を好きになれ」ってことらしい。

さら恋愛オンラインサロンを開設。

このサロンについては、はあちゅう氏のTwitterスクショが残っている。

https://twitter.com/ha_chu/status/747583386449903617?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Flineblog.me%2Fha_chu%2Farchives%2F62457495.html

タイトルは「恋愛障害保健室」、副題に「愛し愛されるあなたになるエクササイズ」。

2,000円/月で100人募集したようだ。

ちなみに写真は本人じゃないらしい(知らんけど)。

トイアンナ氏は別居婚を大絶賛している。

https://tofufu.me/toiannna_16/

今回のブログを読むと、離婚しても元夫とは仲良しらしい。

なら別に何の問題もなくね?って思うじゃん。

トイアンナ氏が何にダメージを受けたかというと、「夫に愛されていなかった」ってことにつきる。

だけど友達やら取引先の人やらの愛があるので、「離婚をしたけれど、私の世界には愛しかない」わけ。

恋愛障害、治ってなかったじゃん。

ゲスの勘ぐりだけど、この人が愛されない理由って、男を見てくれで選んでるからだと思うね。

現役ツイッター社員が衝撃暴露「あらゆるツイート写真DM永久保存され、社員自由に閲覧可能」「削除してもムダ。ペニス画像多すぎ」

http://tocana.jp/2018/01/post_15691_entry.html

「あらゆる増田永久保存され、社員ID自由に閲覧できる。削除しても無駄」という暴露はまだはてな社員はしていない。

anond:20180118114300

最近元気一杯は改心したのか知らんが写真も撮れるし高菜食べても退出までは要求されないらしいぞ

欧米人は奇妙なJAPANが大好きという話

http://b.hatena.ne.jp/entry/bunshun.jp/articles/-/5906

をみて知ってほしいことを書く

例のyoutuberもつながる部分だけどあれはべつにジョック限定の話じゃねーってことを言いたいのよね

リベラルエリートのなげき芸ってのがあるのよ

社会的正義と照らし合わせてなげいているのですっていう錦の旗掲げながらのなげきいじりね

シャルリーがこれ、BBCCNNガーディアンもこれ


個人評価をくだすと責任を負う必要があるし人種問題も出てくる

そこでマック女子高生論法代表されるように、外部の第三者がそう言っていたというテクニックをつかうのよ。

リベラル社会正義もそれで評価をしているのは私ではない、私は報告をしているだけですというかんじで白人連中は欲求を満たしているわけ

責任を外部化できるテクニックなのよね社会正義って

redditとかimgur見てる人ならわかると思うんだけど、奇妙なJAPAN欧米需要あるんだよね。

そんで楽しむだけ楽しんで上から目線そのままでいてねという意味でNever change Japanっていうのが決まり文句


自分から奇妙な部分を見に行っといて、JAPANはなんでいつも奇妙なんだ?とかまじめに議論してて

まさにそれが奇妙なんだけど、連中はマジでやってるわけ。奇妙な部分見に行ったんだからそりゃ奇妙だろうにって

なかに偏見とか、おまえらのほうがおかしいだろってのを無視したりするのも多い

物事ってのは観測者によって決まるっていうが、まさに最初からそれ好んでみたらそうなるわ

眼鏡って便利な言葉があるが連中はなぜかそれをまじめにやるわけよ

東京メディア大阪特集するとき道頓堀パーマな虎柄のおばちゃんをみせるのとにてるわけ


参考資料

http://blogos.com/article/252158/


日本ってちょうどいいのよ

途上国でこれやったら炎上するけど、連中のなかにあるコンプレックスがこの嘆き芸をやる正当性を強化してるのよ

あのね、欧米人ってアジアコンプレックスあんのよ、意外かもしれないけど、これは英語よめるならむこう掲示板みればわかるよ

正確に言うと脅威に感じてるっていうのかな。アジア人って頭いいからな。黄禍論みたいなかんじ。

そんでそのなかでいじっていい候補JAPANなのよ。JAPAN相手ならちょっとくらい小ばかにしてもいいんじゃねーの?ってね

コンテンツ発信能力的にJAPANが便利なの、中国はまだよくわかってないのよ、政治とかでネタにはできるけどポップじゃないんだよね中国って。あと北朝鮮とかね

ポップな点でJAPANは不動だよね、テレビ番組とかアニメとか漫画とかゲームとか奇妙なものがいっぱいなJAPAN大人気なのよ

それがリベラル的に許せないものなら待ってましたって感じよ

もちろんリベラルとかどうでもいいのよ、奇妙さをいじりたくてそれに正当性が欲しいの

そういう時にBBCCNNは奇妙なJAPANWhy?するわけ。

東京メディア大阪はいじっていいと思ってるでしょ?

そのくせほかの地域はいじれないじゃん?田舎すぎる所をいじったらいじめになるでしょ

欧米におけるJAPANは、東京における大阪なのよ


あーあと、連中は最初散々奇妙だなんだと言っておきながら面白そうだなと思ったらパクるから注意な

素直に最初から評価するなんてことなくて、馬鹿にしてまーたJAPANが奇妙なことやってるわとか言って、そんで真似するから

そういえば奇妙なJAPAN元祖ともいえる本があってさ

"101 Un-Useless Japanese Inventions"

ってやつ

奇妙なJAPAN発明馬鹿にする本なんだけど自撮り棒がその中にあったって話で、こういう話はほんと多いからね

そういえばケータイカメラが付いた時もおなじような反応してて、あいつら写真ばっかとってて奇妙とか言ってたじゃん

いつだったか毎日新聞外国人記者日本母親は息子に生処理させるとか適当なこと書いてたのもそう

右もだけどリベラルもたいがいって話

anond:20180118083816

グッズ敷き詰めてケーキとか用意して写真とってる人みたら発狂しそう

anond:20180118032911

絵とかの無断転載にはうるさいくせに動物写真とかの無断転載になると平気でRTしたりする奴多すぎるよな。わかる。

グロ画像テロ事件

???グロ画像見てしまった貴方癒し画像を送るね★」(無断転載画像

画像の撮った人(例、猫写真の猫の飼い主さん)に対してのことを全く考えて無くて正に偽善者だよね

いつも無断転載は良くないと対応してる人も今回の癒し()に何もコメントしてなくて……

自分の飼い猫の写真をそんな扱いされたくないんだが

違法ダウンロードサイトときは反応してた人は写真家や撮った人に対してはどうでもいいんだなって…

グロ画像通報人達も「あの人達はいい人だから通報しないようにね」って書いてる

自分が思ってることはおかしいのか?グロ画像に対抗してるからって無断転載しても良いわけではないと思うんだよ

チケット詐欺のやり方

年々少しずつやり方が変わっていくが、代表的ものを紹介する。

手順0:最初に用意するもの

スマートフォン(PCはあってもなくても良い)

手順1:Twitterアカウント大量生産と育成

詐欺に使うTwitterアカウントを大量に作り、しばらく適当ツイートを行って育成する。育成するのは、詐欺をするために即席で作られたアカウントであると思われないようにするため。半年以上育成すれば十分活用できるアカウントが出来上がる。

手順2:身分証明書の偽造

これは、次の手順で行う口座準備のために行う。偽造は業者に頼むのが確実だが、自分で行ってもよい。ただし、その場合ラミネート機を自腹で購入して使う必要があるなど、割と手間がかかる。一番理想的なのは赤の他人免許証などをこっそり撮影して、それを複製することだ。こうすれば後工程詐欺がバレた場合でも、その赤の他人が容疑を一身に負ってくれるようになる。この手順はTwitterアカウント育成と並行して行うのが良いだろう。

手順3:代金振り込み口座の準備

偽のチケット代金を振り込んでもらう口座を準備する。この時に身分証明書必要になるが、今は楽天銀行などが「身分証明書写真アップロード」でも口座開設可能にしてくれてるので、そういう敷居の低い銀行活用しよう。これもTwitterアカウント育成と並行して行う。

手順4:プリペイド携帯の準備

電話番号相手に伝えることは、相手安心させて騙しやすくするために重要ファクターである。そこでプリペイド電話の出番である。これも、ソフトバンクあたりは「身分証明書写真アップロード」で契約可能にしてくれているので、そういうキャリア活用しよう。ここまでを手順1が終わるまでに並行して終えているのが理想的

手順5:偽チケット譲渡先の募集

Twitterに「都合が悪くなったのでチケットを譲ります希望される方はリプください」と書き込む。値段は定価+送料を上限にするのがポイントである。下手に高くするとダフ屋と思われ、別の意味で怪しまれる。ターゲットとしては、今なら安室奈美恵の最終ライブツアーあたりが最も食いつきが良い。一日に何十人も釣ることも可能だろう。

手順6:丁寧な世間話

ここからが本番である。何十人~何百人と来ているチケット譲渡希望者というカモ1人1人に、丁寧な応対を行う。すぐにお金要求せず、最初ターゲットにしているアーティストの話をしておき、「この人はファンだけど本当に都合が悪くていけなくなっちゃったんだな」と思わせるのが理想的である。手順4で準備したプリペイド電話の番号を教えて電話させることも効果的だ。一方で、絶対やってはいけないこととして、「相手名前を間違えない」ことが挙げられる。相手名前を間違えると、同時並行で複数人取引しようとしていることがバレてしまい、詐欺ではないかと怪しまれるからだ。

手順7:口座振込の要求

頃合いを見計らって、取引の話を始める。手順3で作っておいた口座にチケット代を振り込むように要求する。これに対して、相手が代引郵便要求してきたら断固断る。郵便宅急便の不達が問題となっている昨今では、この問題を伝えて代引を断るのは割とたやすい。それでも代引をしつこく要求してきたら、「すみませんが他の方に決まってしまいました」と一言告げて取引を打ち切るのが良い。その分実入りは減るが、下手に怪しまれて詐欺がバレるよりはよっぽどマシである。ここまできっちり行えば、連日10万円以上のお金が口座に振り込まれるようになるはずだ。

手順8:お金の引き出し

チケット対象としているライブイベントが近くなったら、少しずつ口座からお金を引き出す。引き出すのはもちろんATMだ。1日あたりの引出し上限枠をめいっぱい使おう。ライブイベント当日までは詐欺だと断定されないため、そこまでは口座が凍結されることは先ずない。当日の開演時間まで引出しを続けよう。

手順9:被害者になりすます

ライブイベントの終了時間を過ぎると、一連の出来事詐欺であることが確定する。この1日~数時間前あたりからチケット詐欺に遭った!このTwitterアカウントに騙された人は他に居ませんか?情報ください!」と騒ぎだす人が出てくるので、手順5から使ってきたTwitterアカウントとは別のアカウントを使い、その被害者コンタクトを取り、自分被害者だと偽った上で冷静な応対を行う。詐欺に遭ったことで混乱している被害者から見たら、詐欺師の冷静な応対は非常に頼もしく見えるはずだ。そして、「一緒に警察に行ってくれませんか?」と言ってくるようになれば完ぺきだ。詐欺師の元に次々と被害者から連絡が来るようになる。

手順10:被害者をあきらめさせる

手順9でコンタクトを取った被害者達に、「警察相談してきました」とウソの報告をする。その中で、「今の情報だけでは被害届は受け付けられない。○○と○○をそろえてもう一回来てください、と言われた」と付け加え、通信ログなどの証拠が揃えられないと警察も動けないと連絡する。これをやるだけで、被害者の8割は引っ込んでしまう。あと2割は残るが、同じように「警察に行ったフリ」をしておけば、1か月後には詐欺師に対して誰も何も言わなくなる。手順5を正しく行っていれば、被害者1人あたりの被害額はせいぜい数万円なので、被害者のほうが追いかけるのを早々にあきらめてしまうからだ。

Goal:逃げ切り

おめでとう、あなたは数百万円の小遣いを得ることが出来たはずだ。

これを行っても捕まってしま可能性はあるが、当増田は一切責任を取らない。健闘を祈る。

かつて私たちは地下に暮らしていた

特に何を主張するでもない駄文です。1級暇人の方はどうぞお読みください。



昔々ある人間たちが、誰の目にもとまらないような陽の射さない地下で他人との交流を細々と持っていた。顔も見えず声も聞けないそのコミュニティには、陽の当たるところへは出せないような声が星の数ほど集まって、カオス文化が生まれた。

それは大抵の場合根暗で、ウジウジドロドロして、「何だこんなもの」と地上の人々に馬鹿にされていた。が、確かに光るものがあったこともまた事実で、そんな一期一会フラフラした心地よい集まりを求めて多くの人間が暗がりへとやってきた。

おとぎ話ではない。他者との交流ネットワーク一般に拡がり始めた頃の話である

インターネット私たち生活に深く入り込んできてからの年月はまだ浅い。日本へ今の形の原型となるネットワークが入ってきたのもたった30年ほど前。それ以前からあった今は亡きパソコン通信も、全盛期は2、30年前あたりだ。ましてや冒頭のような光景掲示板などで繰り広げられていたのだって、(今の現役ネット世代若者が考えるとけっこう昔に思えるが)20年やそこらではないか

パソコン通信というクローズドネットワークからインターネットというオープンネットワーク時代が移る中、個人サイトやら電子掲示板やらがぽつぽつと栄え始めた。顔も見えない声も聞こえない文章だけのコミュニティは、この時地上の現実からひとつ階層を落とした地下世界を構築したのだろうと思う。決して表には出せない愚痴嘲笑も争いも裏事情も何もかもを内包したカオス空間だ。

まもなくインターネット上にはその場の思いつきや便所の落書きレベルからなぜ本気を出したと言わんばかりの美文やイラスト企画まで、さまざまなもの漂流し始めた。地下世界スラム街のような様相を呈し、いわゆるオタクを中心に物好きな人間たちを取り込んでブクブクと膨れ上がっていったわけである

その頃の地上世界では「ネットなんて」「掲示板なんて」「オタクなんて」みたいな認識が当たり前だった。相手の顔も見えない世界なのに、現実を見もしないで貴重な時間をムダにして、と。基本的に地下世界の住人も生身は地上に置いているから、そんな後ろめたさを背中に抱えて、それでもただのらくらと面白いものを求める。

漂う気配には地上世界で吐き出せない陰があり、カキコによる争いは絶えずどこかで起こって燃え上がり、でもたまにいいものを見つけて嬉しくなるような、全くもってグチャグチャの空気が流れていた。

当時の地下世界において人々の理性や社会性は普段より3~8割減っていたと見ていいだろう。感情の赴くままに場を荒らしてはゲラゲラ笑い、煽られては顔真っ赤にして怒る、老若男女が子どものように感情を表せる場だったと言える。そこに地上世界倫理を持ち込むのはお門違いなのであった。

嘲笑・叩きはお構いなし。グロ画像やら有名人やら見知らぬ一般人写真までもがジャンジャン流れ、肖像権何それ美味しいの状態である淫夢の語録やクソコラなども、そのあたりの流れによって大きくなったものニコ動などに共有されて爆発したようなものだろう。そういうアングラ文化電子掲示板界隈からニコ動mixiTwitterといった拡散力の強いサイトへ流れこみ、2000年代に大きく盛り上がった。

さて、今は2010年代もそろそろ終盤である。この日記タイトルで、かつて私たちは地下に暮らしていた、と書いたのは、今やインターネットは地下世界ではなくなったのだと個人的に思ったからだ。

インターネットで出されたコンテンツが瞬時に世界中へ回る時代。昔だってそうだったが、今では拡散スピードが違う。LINEFacebookInstagram若者たちコミュニティを作る。「微レ存」が女子高生にまで浸透したりして、一般人といわゆるオタクとの境界線も昔に比べると曖昧になりつつある。

もはや掲示板にもTwitterにもニコ動にも、陽の当たらない場所はほぼない。全てが地上世界に引き上げられ、インターネットはれっきとしたひとつ社会として君臨するものになったのだ。

れっきとした社会として認められるということは、当然利用する人々の意識・行動にも倫理や理性、ルールが付きまとう。今もかつての地下のノリは受け継がれ、クソコラ炎上煽りも健在だが、「そういうのはどうかと思う」というような理性的意見によって自主的規制されることも増えた。

からと言ってそれが悪いと言うつもりは全くない。むしろ当然の結果である人間が一つ所に固まれば、そこに独自ルール生まれる。ルール文化となって拡がり、人が大きく増えればひとつ社会になる。そうなれば法や倫理が、社会における不都合を放っておくはずはないというものだ。

ただ少し寂しいとは思うが。

冒頭で言ったように、私はこれに関してどうこう主張したい訳ではない。ある日何となくネット窮屈だな」と感じ、地下世界文化の流れを思い、ちょろっと考えをまとめてみようか、となっただけの戯れ言である批判意見も大いに結構だし、むしろここまで読んでいただけていたらそれだけで驚きだ。よっぽど暇なのか。

これからインターネットひとつ社会として、ちょっとの闇を内包しつつ地上世界に在り続けるだろう。さらに月日が流れて、今の世の中では想像もつかないような新しいネットワークが出てきたら、また物好きな誰かがそれを使って地下に新しい世界開拓するかもしれない。

また新しいカオスが生まれて膨らんでいく過程を、できればこの目で直に見届けてみたいものだ、と考えているところである

2018-01-17

anond:20180117200750

キャラグッズやら人形やらを入れた写真無関係な出先、かつ人前で撮って上げてるあの手の人種マジで頭のどこかに異常あるとしか思えないからな

他人のフリしたくなる気持ちは痛いほどわかる

20代前後ならまだしも、明らかに40以上っぽいのがガキの人形遊びじみたことやってたりすると戦慄するわ

あの手のは本当に勘弁してほしい

写真に意地でもキャラグッズを写すオタクが嫌

しょーもない話だがどのジャンルで繋がった奴にも大概ひとりは居るので匿名でないと言いづらい。世知辛いのじゃー。同じようなことはもう言われているかもしれない。もうただ愚痴を書きたいだけだ。不快にさせたらそれは申し訳ないがタイトルで察してくれと言いたい。

オタクだって写真を撮る。そりゃそうだ。10連のスクショ以外の画像データメモリに貯まるだろう。私だってオタクだがたまには美味しいものとか食べる。インスタ映えは知らんがなんとなく写真も撮る。

アニメとのコラボカフェとかなんちゃらタウンとかでの食事もする。特にコラボカフェではメニューを頼むとコースターなんかが貰えたりする。だから、そういう経緯で得たコースター等を頼んだメニューと一緒に写真に撮ることはわかる。合理的だ。

だが、至って普通の、何でもない、もちろんコラボカフェではなく、聖地でもないただのお店のご飯と、持参したキャラのグッズをわざわざ一緒に写す奴。こういうのが嫌。なにが嫌ってご飯に近付けたらグッズが汚れそうだし、衛生的にアレな気さえする。でもこういう写真撮り方をするオタクがどのジャンルにもひとりは居る。マジで。なんならラバストやらぬいやらのグッズが皿の縁ぎりぎりに置いてあったり、もはや食事に触れちゃってたりして何なんだよアレ本当。汚れちゃうだろ。嫌じゃないのか?あとこれから食べるものに対しての配慮サムシングはねえのか?やってるのは女オタクに多い気がするが(めちゃくちゃ主観)だいたい皆こういう写真一回は見たことあるんじゃないかなと思う(主観)。持参したグッズと写真を撮る、というところもなんか、キツい。撮ってる図がなんとなく頭に浮かびかけてキツい。"普通のお店"でオタクを丸出しにする感じ、居心地悪くないんだろうか。ないのかもな。別にオタクであることは何も悪くないし、オタクも美味しいものは食べる。だが、私はもし普通の店に一緒に行った人間がこれをやり出したら絶対他人の振りをする。もはやその瞬間から他人になるレベルだ。場所をわきまえてほしい、と言うと近いのかもしれない。

表現の自由とかあるしぜってえ撮るなとも言えないが、こう、これ見ていて嫌じゃない?と思って書いてみた。少なからず私は嫌だ。嫌なら見なければいいという話はもっともだし、実際そういう写真を撮る奴とは繋がらない。奴らとはだいたい人格も合わない。ならTwitterでもどこでも吐き出せばいいだろ、ということに関しては(私から見える範囲には居なかろうと)どうせジャンル内には割と居るタイプ人間に対する愚痴だったから伏せた、というだけだ。結局個人自由ではあるし。別に見つけしだい即刻駆逐したいほど憎いわけでもイェーガーなわけでもない。だからしょーもない、何にもならない愚痴だった。嫌いなものの話に終始してしまって申し訳ない。もしタイトルで察さずここまで読んだ、キャラグッズを食事と一緒に写すタイプの人が居たら、まあ居ないだろうが、なんか気になるから汚れないような距離だけは保ってくれ、とだけ最後に伝える。

オタクってネットで無敵過ぎるよな

高校時代に酒を飲んでる写真をアップしたせいで炎上し、進学が潰れ一緒に写ってた友達友達彼女エロコラを作られまくりその後ずっと人生に悪影響を受けている人の記事を見た

オタク達がセンター試験当日は遅刻できないから突き出されないぞ学生痴漢しまくれるチャンスだ、痴漢に行きたい行けば良かった行って痴漢してきた等々騒いでも、炎上してもネタじゃん糞フェミうざーで人生になんら不利益を受けない

これがオタクじゃない人達が、コミケ大金持ったオタク達が無防備に集まっててカツアゲ窃盗のチャンス同人誌も盗んだら金になるぞ、行きたい、行けば良かった、行って盗んできた等々騒いでネタじゃんキモオタうざーと反省もしないでいたらオタク達によって人生破壊されるだろう

高価なエジプトグッズを妻に無断で買おうとする旦那はお前が悪いといわれるが、オタクグッズなら擁護され妻が叩かれるだろう

オタク無敵過ぎ

都会のガールズバー地元のそれとはやはり違う

違う店なのだからそもそもシステムが違うのもあるだろうけど、都会のは「THE夜の女」ってカンジで、親しみやすさを微塵も感じさせなかった。

同伴ではなく2人で食事に出かけたことはあったが、それ以外には特に何かあったわけでもなく、かといって営業的なメール等がきたわけでもなく、その後仕事が忙しくなって店に行かなくなるとそのままフェードアウトしていった。

まりにもあっさりしすぎていた。

夜の女、それも「ガールズバー」ってのは、もっと(色恋)営業使いながら客に金を出させる商売じゃなかったのか。

単に俺に魅力がなかっただけか。

他方、地元のも「夜の女」であることは間違いないのだが、同じ地元人間同士だからそれだけで少しは親近感を覚えるし、お互いの昔話や共通して知っているごはん屋さんの話題などで話が広がる。

店以外の場所で偶然出会うこともあるし、そんなとき避けられないどころか多少の世間話をすることも嫌がられない。

さすがにプライベート時間を共有できるには至っていないがな。

メールLINE)は通い始めて3ヶ月くらいに向こうから尋ねられ、なにせお気に入りの子だったものから内心舞い上がりながら平静を装って交換したんだが、営業的なメール覚悟したがほとんどないに等しいレベル。(約3ヶ月間で1回だけ、LINE自体はもう少し多い頻度でしてる)

店には月1,2回程度の頻度でしか足を運んでいない(最初の頃週1くらいで通って名前、顔、おおざっぱな特徴を覚えてもらうよう努めたが)が、来店時には指名制がない店にもかかわらずそのお気に入りの子が必ずついてくれる。

(あるときママ(店主)に「お気に入りの子いるの?」と聞かれて答えたことがあったから客をつかむために意図的にそう仕向けているのだろうが)

その他にもたまに「どこどこ行った~」的なLINEが短い動画写真(さすがに本人の顔は映っていないが場所や足や手など身体の一部は映っているレベル)とともに送られてきたり、比較的長文で近況や気遣いLINEが送られてくる。

LINEでやり取りした内容も踏まえつつ話ができるので、月1,2回の頻度でも数千円程度/回支出するだけで十分に楽しめるし、向こうもいつもでき得る限りの応対をしてくれる。

しかし改めて冷静に振り返ると、これはキャバ嬢でいうところの色恋営業ではなく友達営業なんだとわかる。

LINEのやり取りの中に「お互いがんばろう」とか「(体調や精神面が)心配顔文字)」とかいう類のがあって、こういうのは男目線だと意味ありげに勘違いしたくなるが、女目線では何の特別性もなく普通に友達同士でやり取りするレベルことなんだろうから、やはり友達営業」の域は出ない。

絶妙な親近感を抱かせつつ、ときに気のあるそぶりを見せながらも一線は越えさせない。

元来魅力のない俺でも、営業対象程度には見てもらえている。

これぞ夜の女の醍醐味!!とでも言うべき地元ガールズバー最高だ。

同伴でもアフターでもいいから一度2人きりを狙ってみようか。(まだ誘ったことすらない)

2018-01-16

anond:20180116183258

それ、まんまインターネットの怖さガーとか炎上ガーとか小うるさい大人たちの常套句だけどさ、本当に全世界の人が見るわけじゃなくね?周りの関わりある人たちに見られるくらいでしょ。ネット写真なんか無限にあるわけだからそんなのいちいちチェックしてるわけないじゃん。

オッサン若者SNSやるな

オッサンJDのふりしてインスタ見てるっていう増田読んで吐き気がした。

anond:20180116164627

オッサン若者領域覗き見してんじゃねーよ。オッサンが女湯覗いたら犯罪でしょ。それと同じだよ。こっちは友だち同士で楽しむためにインスタやってるんであって、汚いオッサンに見てほしくて写真上げてるわけじゃない。

だいたいTwitterも、若者が楽しんでたところに気持ち悪いオッサンたちが入ってきて荒らし出してからつまんなくなった。だからこぞってインスタに流れたんだよ。それなのにマスコミが騒ぎ立てるからオッサンたちが嗅ぎつけてきやがった。見られてるだけでも寒気がするのにオッサンはいちいち頭のおかしメッセージを送ってくる。お前の感想は知ったこっちゃないんだよ。

オッサンがいい年して若者に混じる努力をしてる姿は滑稽だ。若い女に手を出すな。オッサンはオッサンらしく、おばさんとだけ絡んでてほしい。

とうとうインスタも汚染されてきた。新しいSNS流行らないかな。

https://anond.hatelabo.jp/20180116071707

一枚の絵画でも写真でも物語はあるんですよ。

その物がもっているのではなくそれを見る人に同じ順序の時間を過ごさせることが物語で、

物語を発生させるモノ探しという物語を書くのは村上春樹

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん