「スタイル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スタイルとは

2017-07-27

ファミマおにぎり

コメの炊き方から見直したとかでリニューアルしたらしいけど

今日セブンイレブンと同じスタイルの100円セール

(100~150円→100円、160円以上→150円)やってたから買ってみたら

そもそも生炊けのようなかったいコメで100円でも買って損したって思った

セブンイレブンの頂は本当に高いんだなぁ

30

30才になってしまった。

つくづく思う。若さがもたらすエネルギーはすごい。10代の頃を思い返すと、とても正気だったとは思えない。

誕生日の記念に自分人生ざっと振り返ってみたい。長くなるか、すぐに終るか、それは書いてみないとわからない。

2年前からイーストヴィレッジセントマークスで仲間達とバーをやっている。大抵はヒップホップがかかっている。客層は黒人日本人ヒスパニック

日本酒がメインのバーにするはずだったが、すぐにうやむやになってしまった。夏はフレンチスタイルのパナシェがよく売れる。地元の人がこれを読んだら、もう場所特定できてしまうと思う。

大儲けとはいえないが、店はそれなりに繁盛している。僕はほぼ毎日カウンターDJブースにいる。ちなみに趣味ボディビルで、アマチュア大会で2回ほど入賞したことがある。

まさか自分がこんな生活を送るようになるとは思わなかった。中学生の頃は、江戸川乱歩京極夏彦に傾倒していた。将来は図書館司書になるつもりだった。顔は青白く、ひどい猫背だった。ある女性との出会いが僕を大きく変えた。

そうだ、あの子について書こう。

最初彼女と遭遇したのは、高校に入ってまもない頃だった。校庭と校舎をつなぐ階段の途中ですれ違った。彼女ジャージ姿だった。背が高く、涼しげな目が印象的だった。かっこいい人だと思った。一瞬だけ目が合い、僕はあわてて逸らした。

当時の僕は最低だった。勉強も出来ないし、スポーツも苦手。しかクラスではパシリだった。どういう経緯でパシリになったのか、まったく思い出せない。梅雨の訪れのように自然な成り行きだった。

僕をパシリに任命したのはNというクラスメートで、彼は教室内の権力を一手に握っていた。髪を金色に染め、足首に蛇のタトゥーをいれていた。15才の僕にとって、蛇のタトゥーはかなりの脅威だった。

休みになると、僕はNを含む数人分のパンジュースを買いに行かされた。金を渡され、学校の近くのコンビニまで走らされる。帰りが遅かったり、品切れだったりすると怒鳴られる。そういう時はヘラヘラ笑いながら謝った。歯向かう勇気はなかった。そんなことをすればさらに面倒なことになるのは目に見えていた。

いじめられていないだけマシだ、パシリに甘んじてるのもひとつ戦略だ、そう自分に言い聞かせていた。

ある日、いつものようにパンジュースを買って裏門から教室に戻ろうとした時、また彼女とすれ違った。相変わらずクールな表情。今度は制服姿だ。ジャージの時より断然かっこいい。ネクタイをゆるく結び、黒いチョーカーをつけていた。目が合う。すぐに逸らす。前と同じだ。

僕はすっかり彼女に魅了されてしまった。教室に戻るのが遅れて、Nに尻を蹴られた。いつも通りヘラヘラ笑いながら謝った。

それから広場廊下で何度か彼女を見かけた。一人だったり、何人かと一緒だったりした。彼女は常にクールだった。それにどんどん美しくなっていくようだった。どうしても視線が吸い寄せられてしまう。そのくせ目が合いそうになると、僕はすぐに逸らした。

彼女のことをもっと知りたいと思った。気を抜くとすぐに彼女のことが頭に浮かんだ。できれば話してみたい。でも僕ごときにそんな資格は無い。きっと冷たくあしらわれて終わりだろう。遠くから眺めているのがちょうどいい気がした。

なんだか出来損ないの私小説みたいになってきた。こんなことが書きたかったんだっけ? まぁいいか。もう少し続けてみよう。

30才になった今、少年時代気持ちを思い返すのはとてもむずかしい。あの頃は恋と憧れの区別もついていなかった。おまけに僕は根っからの小心者だった。彼女の目を見つめ返す勇気もなかった。世界は恐怖に満ちていた。蛇のタトゥーが恐怖のシンボルだった。

1学期の最後の日に転機が訪れた。大げさじゃなく、あれが人生の転機だった。

よく晴れた日の朝。バスターミナルに夏の光が溢れていた。まぶしくて時刻表文字が見えなかった。僕はいものように通学のために市営バスに乗り、2人掛けのシートに座った。本当は電車の方が早いのだが、僕は満員電車が嫌いだった。それにバスなら座れるし、仮眠も取れる。僕は窓に頭をあずけて目を閉じた。

発車する寸前に誰かが隣に座った。僕は目を閉じたまま腰をずらしてスペースを空けた。香水匂いが鼻をくすぐった。

ふと隣を見ると、彼女が座っていた。目が合った。今度は逸らすことができなかった。彼女がにっこり微笑んだのだ。彼女は気さくに話しかけてきた。

校内でよく僕のことを見かけると彼女は言った。その時の驚きをどう表現すればいいだろう。うまく言葉にできない

さら彼女は僕の頭を指して「髪切ればいいのに」と言った。たしかに僕の髪は無造作だった。でもそんなに長いわけでもなかった。わけがからなかった。彼女が僕の髪型を気にかけるなんて。

彼女ひとつ上の2年生だった。ふだんは電車で通学しているが、初めてバスに乗ってみたという。色々なことを話した。幸福なひとときだった。なぜだろう、初めて喋るのに僕はとてもリラックスしていた。きっと彼女のおかげだと思う。人を安心させる力があるのだ。

車窓から見える景色がいつもと違った。こんなにきれいな街並みは見たことが無かった。行き先を間違えたのだろうか。ふたりであてのない旅に出るのか。落ち着け。そんなはずはない。もういちど景色確認してみる。いつもの道だ。たまに彼女の肘が僕の脇腹に触れた。スカートから伸びるすらりとした足が目の前にあった。目眩がした。

特に印象に残っているのは、彼女小学生の時に"あること"で日本一になったという話だ。でもそれが何なのか、頑なに言おうとしないのだ。絶対に笑うから教えたくないという。それでも僕が粘り続けると、ようやく白状した。それは「一輪車」だった。

一輪車駅伝全国大会というものがあり、彼女ジュニアの部で最終走者を務めた。その時に日本一になったらしい。僕はそんな競技があることすら知らなかった。

まり想定外だったので、どう反応すればいいかからなかった。でもこれだけは言える。彼女が恥ずかしそうに「一輪車」とつぶやき、はにかんだ瞬間、僕は本当に恋に落ちた。

彼女一輪車燃え尽きて、中学から一切スポーツをやらなくなった。部活に入らないのも体育を休みがちなのも、すべて「一輪車燃え尽きたから」。ずいぶん勝手理屈だ。なんだか笑えた。そんなことを真顔で語る彼女がたまらなくチャーミングに見えた。だいぶイメージが変わった。

会話が途切れると彼女はバッグからイヤホンを取り出して、片方を自分の耳に差し、もう片方を僕の耳に差した。ヒップホップが流れてきた。ジェイZだった。いちばん好きなアーティストだと教えてくれた。

僕はジェイZを知らなかった。そもそもヒップホップをあまりいたことがなかった。素晴らしいと思った。リリックなんてひとつもわからなかったが、極上のラブソングだった。本当はドラッグの売人についてラップしていたのかもしれない。でも僕にとってはラブソングだった。

あの日バスは僕を新しい世界へと導く特別な乗り物だった。バスを降りて、校門で彼女と手を振って別れた瞬間から、あらゆる景色が違って見えた。すべてが輝いていた。空は広くなり、緑は深さを増していた。

次に彼女と目が合った時は必ず微笑み返そう。蛇のタトゥーはただのファッションだ。この世界はちっとも怖い場所じゃない。

新しい世界の始まりは、夏休みの始まりでもあった。僕は16才になった。(14年前の今日だ!)人生が一気に加速した。そう、書きたかったのはここから先の話だ。ようやく佳境に入れそうだ。やっと辿り着いた。

僕は髪を切った。坊主にした。そして体を鍛え始めた。近所の区民センタートレーニングルーム筋トレに励んだ。それから英語勉強に没頭した。図書館自習室で閉館まで英語と格闘した。単語熟語文法、構文、長文読解。最初暗号のように見えていた文字の羅列が、だんだん意味を紡ぐようになっていった。

英語筋トレ。なぜこの2つに邁進したのか。理由は至ってシンプルだ。ジェイZになろうと思ったのだ。彼女いちばん好きなジェイZだ。

①僕がジェイZになる

彼女は僕に夢中になる

ふたりはつきあい始める。

完璧シナリオだ。僕はこの計画に一片の疑いも抱かなかった。

できれば夏休みの間にジェイZに変身したかったが、さすがにそれは現実的では無かった。でもとにかくやれるところまでやろうと思った。僕は筋トレ英語に励み、ジェイZの曲を聴きまくり、真似しまくった。日差しの強い日には近所の川べりで体を焼いた。

夏休みが終わった時、僕の見た目はジェイZにはほど遠かった。当然だ。そう簡単に変われるわけがない。日焼けして、少しだけ健康的になっただけだった。でも内面は違った。ヒップホップマインド根付いていた。誇りがあり、野心があった。闘争心に溢れていた。

僕はパシリを断った。特に勇気を振り絞ったという感覚もない。単純に時間がもったいなかった。昼休み英文リーディングに充てたかった。誰かのパンジュースを買いに行ってる暇はない。

パシリを断ると、彼らは一瞬どよめいた。こいつマジかよ、という顔をした。Nが笑いながら尻を蹴ってきたので、笑いながら蹴り返した。教室全体がざわついた。Nはそこで引き下がった。

それからしばらくの間、 嫌がらせが続いた。机や椅子が倒された。黒板には僕を揶揄する言葉が書かれた。でも相手にしている暇はなかった。早くジェイZにならなければ。僕は黙って机を立て直し、Nをにらみつけながら微笑んで見せた。Nの表情にわずかな怯えが走るのを僕は見逃さなかった。

筋トレ英語ラップ筋トレ英語ラップ。その繰り返しだった。僕は少しずつ、でも着実に変わっていった。あの日からいちども彼女と会っていなかった。校内でも見かけなかった。でも焦ってはいけない。どうせ会うなら完全にジェイZになってからの方が良い。

そんなある日、柔道の授業でNと乱取りをすることになった。たまたま順番が当たってしまったのだ。組み合ってすぐにわかった。こいつは全然強くない。いつも余裕ぶった笑みを浮かべてるが、体はペラペラだ。とんだハッタリ野郎だ。絶対に勝てる。

Nが薄ら笑いを浮かべながら、足でドンと床を踏んで挑発してきた。腹の底から猛烈な怒りがこみ上げてきた。なぜこんなやつのパシリをしていたのだろう。さっさとぶちのめすべきではなかったのか?

僕はNを払い腰で倒して、裸締めにした。Nはすぐにタップしたらしいが、僕はまるで気付かなかった。先生があわてて引き離した。Nは気絶しかけていた。僕は先生にこっぴどく叱られたが、その日から誰も嫌がらせをしなくなった。勝ったのだ。

でも連戦連勝というわけにはいかない。ヒップホップ神様残酷だ。僕は恋に敗れた。いや、勝負すら出来なかった。なんと彼女夏休みの間に引っ越していたのだ。僕はそれをずいぶんあとになってから知った。

彼女とは二度と会えなかった。筋肉英語ヒップホップけが残った。なんのための努力だったんだろう。せっかく坊主にして、体つきも変わってきたというのに。仮装パーティーで会場を間違えた男みたいだ。マヌケ過ぎる。しかし、そんなマヌケ彷徨の果てに今の僕がいる。

高校卒業して、さら英語を極めるために外語大に入った。それからNY留学して、今の仕事仲間と知り合い、色々あって現在に至る。仲間達はみんなヒップホップを愛している。それだけが共通点だ。すべてのスタートあの日バスの中にある。

ずいぶん長くなってしまった。まさかこんな長文になるとは思わなかった。そろそろ止めよう。

僕は今でも週に3回は筋トレをしている。当時よりずっと効果的なトレーニング方法も身に付けた。知識も格段に増えた。でも本当に必要なのは、あの頃のような闇雲な熱意だ。

30才になってしまった。

つくづく思う。若さがもたらすエネルギーはすごい。10代の頃を思い返すと、とても正気だったとは思えない。

2017-07-26

https://anond.hatelabo.jp/20170725203520

私はぜひ欲しい。素晴らしいアイディアだと思う。車体価格上がっても構わない。ユニバーサルデザインに近い、万人に必要となる機能だと感じる。私は認知症の親を介護して暮らしているんだけど、認知症からといって家からどこにも移動しないわけじゃない。周囲に頼って暮らすスタイルを実現しようとするほど、外出の機会も増える。それは子育て障害者も老人も同じなのではないかな。弱者の移動に車は本当に便利。マイペースで進めるし、人目も無いか迷惑も掛けにくい。そして、車での移動の途中、コンビニで水分を買ってあげたい、介護料金を郵便局から振り込みたいなど、ちょこちょこ足したい用事がある。大人の健常者であれば「車内でちょっと待っててね」で済ませられる五分の用事が、同行者が弱者になるとそうは行かなくなる。クーラーをかけていても年々暑くなる日本ではリスク高まる。一寸たりとも目を離さないなど理想大事だし目指すべきだと思うけど、現実暮らしを保たないといけないとき、その機能は素晴らしいお守りになると思う。思いついてくれて、ありがとう

私もいつかは弱者になるから、そのとき自分を守ってくれる機能社会の仕組みを、元気な今のうちに求めて行きたい。

https://anond.hatelabo.jp/20170725235838

赤の他人の、全く生活スタイルも豊かさも違う王様が、いつでも貧民のための施政を行う保証はないよね。

結局、王様善意を期待する以外なにもできない奴隷には変わりないわけで

2017-07-24

ティッシュリスト

ティッシュ配りって歩合制?時給制?

知らないけど、新宿とかのティッシュ配りだとその道のプロですか?みたいな人いるよね。

このまえ、東口から出てすぐの交差点のとこに三人いたんだけど、全員自分スタイル確立してた。おっさんおっさんとおばさん。

共通してたことは、なんて言ってるかよく分からないことと、貰われても貰われなくても一定リズムで渡し続けるところ。

正直ちょっと感動したよ。日本には柔道とか茶道とか、色々と「~道」があるけど、それに加えてもいいんじゃないかと思った。「ティッシュ配り道」。

道場には師範がいて、日々弟子たちにティッシュ配りの精神を教えている。たまに道場破りがきたときは、一番弟子同士の決戦。相手ティッシュをもらった方が負け。負けた流派看板おろして、稽古につかうはずだったティッシュで涙をふく。

人間のすごさを感じた。この無駄な洗練。機械にとって代わることができるのか?

で、ティッシュ配りは歩合ですか?時給ですか?

「気が付かなかった…」突然の肌荒れ地獄を救ったおばあちゃん医師

化粧品なんてなんでもいい。正直そう思っていた。



肌が強かったのか、これまで肌の悩みはなかったし、口コミサイトで人気の化粧品を使っておけばいいや。そう思っていた。



そもそも化粧品なんて男性みたいなもので、本当の意味自分に合っているかどうかなんて絶対にわからないし、一生懸命探せば確実に見つかるものでもない。



評判が良くても使ってみなければわからないし、それもある程度の期間を経なければ真価なんてわからない。



からあんまり気にする必要はない。そう思っていた。



でも全然そうじゃなかった。

化粧品の正しい知識選択女性にとって人生の質に関わってくる。



肌の悩みは女性にとって人生の質にかなり関わってくる。



肌に問題があると心に余裕がなくなり、外部との接触も減って自分世界が小さくなってしまう。



職場人間関係もぎくしゃく、友人が減り、彼との関係も悪くなっていく。



私はそれに気が付かず大変な苦労をしてしまった。



大げさに聞こえるかもしれないが、私は化粧品選択違いで、肌荒れ、ニキビ、最終的にはシミ。肌の悩みで長い期間苦しんだ。



死に物狂いで解決しようとも、方法を見いだせず、ノイローゼ寸前、そして金銭的にも危機的状況にまで追い込まれた。



肌に関して悩みに、悩みに、悩んだ結果、幸運出会いもあって、今は奇跡的に肌の悩みが全くない状態人生を前向きに楽しむことができている。



もっと早く気がついていれば、知っていれば」



今の肌にはもちろん満足しているが、ちょっとばかり吹き出物のあとが残ってしまった部分をみると、この後悔が湧いてくる。



基礎化粧品についての体験談なんて、あまり多く出るものではないと思うけど、私と同じく「根本的な間違い」によって多くの人が肌トラブルを抱えて苦しんでいるんじゃないかと思って、私の経験を伝えてみたいと思った。



今の基礎化粧品が合ってないと思う人、長年肌トラブルで悩んでいる人、最近になって肌質が変わったなと思う人は参考になると思う。



興味があったら読んでみてください。

普通の私の唯一の「自慢」



私は特に美人というわけではない。
学生時代も注目をあびることなく平凡に過ごしてきた。



30歳になればそのくらいはもう痛いほど自覚している。
美人生き方は到底できない。



からまり目立つことはせず、「普通女性」として生きて来た。普通大学を出て、普通に就職をした。



そんな私だが顔もスタイルも平凡な割には昔から男性受けは良い方だった。性格特別に良いわけではない。



ただ、肌だけには自信があった。



色の白いは七難隠すとは良く言ったもので、男性は本当の私の見た目以上に私を評価してくれているようだった。



「美香ちゃん肌キレイだね。」



というのが男性からもらえる唯一の褒め言葉だった。



肌こそが私の女としての価値



他になんの取り柄がない。



そう思っていた私は、いつしかこんな考えに取り憑かれていたのかもしれない。。。

突然訪れた絶望の序章



そんな私に突然変化が訪れたのは30歳時、冬に差し掛かる頃だった。



朝起きて顔を洗うとフェイスラインの部分に違和感があった。



「ん??なんだろう・・・」



そう思ってもう一度触ると、フェイスラインにそって大きな吹き出物が一つ出来ていた。



肌が強いといっても生理前などには吹き出物ができることはあった。



少し大きいから嫌だなと思いながらも、メイクで隠せばいいやと気にせずに放置していた。



いつもはこれでOK。忘れたころには治っていた。



しかし、この時は違った。ここから悲劇の始まりだったのだ。。



翌朝、気になってフェイスラインを見てみると、



「もう一つできている。。。」



フェイスライン上にもう一つ大きな吹き出物ができていた。これだけではない。



よく見ると鼻の頭にもニキビができていた。赤く腫れ上がった鼻は触ると痛みもあった。



初めての経験。



そして、見た目にかなり影響のあるその赤さに軽いパニックに陥った。



化粧水を塗る手が汚れていた?」


「昨日食べた揚げ物が悪かった?」


「枕カバーを洗ってなかったから?」


寝不足が原因?」


「なんで?なんで?」



化粧品食べ物生活スタイル、何かを変えたわけではない。



年齢によるホルモンバランスの変化なのだろうか。



考えうる原因が多すぎて対策が全くわからない。



肌になんて一度も悩んだことになかった私の頭の中は肌の悩みで一瞬にして埋め尽くされた。



ネットで肌の悩みを検索するが何が原因かなんてわからない。私はたまたま目にしたキュレーションメディアの「化粧品が合ってないのでは」といったトピック記事を読んで、それを鵜呑みにした。

化粧品甘い罠



まずは化粧品を変えてみよう。



肌は1日2日で改善するものではないが、一度荒れ始めると特効薬がどこかにあるのではとそれを探すようになる。



私は「高い化粧品こそは特効薬」と浅はかな意見に取り憑かれ百貨店に急いだ。



冷静な判断力を失っていた私はとにかくネット情報鵜呑みにした。



口コミサイト上位の化粧水美容液ニキビ対策化粧品、これらを探して店を回った。



美容部員アドバイスも受けず、ほしいものだけを提示し、購入した。



化粧水8000円


美容液:12000円


ニキビ対策美容液10000円



正直とんでもなく高い。


以前の私なら絶対に手を出さな金額であったが、悩みがあると不思議と安く感じてしまう。



高い=良い=効くはず



という思い込みも強くなる。



「これで開放されるんだ・・・」



この全く根拠のない安心感に包まれたのを覚えている。



早速家に帰り、使用量よりも多めに使って、翌朝には治っているかのような期待感で眠りに就く。



当然1日で肌が改善するわけはないのだが、現状維持をしているだけで、改善しているように感じる。

1週間くらいは荒れた状態ではあるが、その状態は維持できていた。



しかし8日目、また新たな吹き出物が発生した。



「どうして・・・」



高くて評判の化粧品、足りないものがないようセットで揃えたのになぜ?



信じたくないその事実にまたも混乱をした私は



もっといいもの必要なのか?」



とより良い化粧品を探しに走った。

いわゆる最高級化粧品だ。



今まで目にも入らなかったので気が付かなかったが、化粧品というのは実に多様で、高いもの美容液10万円なんてものである



何とかしたい。その一心で私はフランス最上級ブランド美容液にすがることになった。



一本40,000円の美容液、吹き出物対策のジェルで25,000円、UVも吹き出物に影響するとのことでUVクリーム22,000円



結局10万円に近づいてしまった。それでも私は



「今度こそ救われる・・・」



と素晴らしい安心感に包まれていた。

今思えばこれは完全に化粧品依存症だった。


当然ながらこれも根本的な対策とはならず、数日間肌が改善したようには思われたが、またフェイスラインと鼻に新たなニキビができてきた。



「ここまでやってもだめなのか・・・

噂の人たちはどうだ??



肌問題解決人生の全てになっていた私は新たにインターネット情報を探し、最終手段としてテレビなどでも度々話題になる有名美容皮膚科に足を運んだ。



予約の電話を入れると、1週間先なら空いているとのこと。その人気振りに「ここなら何とかしてくれるかも」という期待感が芽生えた。



そして診察当日、中世ヨーロッパのような豪華な内装に驚きつつ、診察室に入ると、テレビで見たことがある先生看護師を背後に2人も携えて登場した。



私は、



突然肌が荒れるようになったこと



化粧品を色々と試し、


食事野菜中心にした


カバー毎日洗っている



これらの対策をしても改善せず定期的に吹き出物ができてしまうこと

を伝えた。

それを受けて先生は何やら色々と説明をしてくれた。対症療法としては吹き出物はレーザーで焼く、食事面は糖質を減らしていく。そして食事で補えない栄養素はサプリメント補給するとのことだった。



正直ウルトラCを期待してしまっていた私はあまり新鮮味のない回答に拍子抜けしてしまった。



ただ、先生権威もあったので、勧められるまま、試してみることに。



しかレーザーで焼いた部分はかさぶたになってメイクでも隠しきれない状態になった。また糖質制限をするにしてもどの程度までやっていいかからず、かえってストレスが溜まった。



当然吹き出物もまた出来た。



翌週の診察であまり改善しない旨を先生に伝えると今度はサプリメントによる栄養補助を進められた。ビタミン剤が30日分9,000円程度と非常に高くびっくりしたが、藁にもすがる気持ちで私はそれに飛びついてしまった。

安らぎの「代償」



それでも一向に状況が改善はしなかった私はとうとう何をしていいかからなくなってしまった。そんな私に追い打ちをかけるようにクレジットカード請求書が届いた。



請求金額:368,781円・・・



殆ど化粧品美容皮膚科自由診療費、そしてサプリメント費用だ。



私は肌荒れの苦痛から逃れることに必死になりすぎて後先考えずに行動を取ってしまっていた。



幸い何とか支払いをすることが出来たが、一般OLの私のなけなしの貯金の大半を取り崩すことになってしまった。



ほんの些細なトラブルから私は精神的にも肉体的にも、そして金銭的には追い込まれしまったのだ。



もはやお金もかけられない。でも肌トラブルは治まらない。解決策も見いだせないけど、症状を受け入れて生活することもできない。



徐々に私は精神的にも不安定になり、外に出るのが怖くなった。会社休みがちになっていた。

カミングアウトそして意外な展開


そんな私の様子を感じ取ったのであろうか。実家の母が突然私に電話をしてきた。近くにくる用があるので、家に立ち寄るという。



あってすぐ私の様子が違うことがひと目でわかったのだろう。母は大事のようには言わないが落ち着いたトーンで



「どうしたの?」



と一言だけ聞いてくれた。



傍からみればたかが肌荒れ、でも私に取っては存在に関わる大きな問題。友人にすら言いにくい悩みをやっと打ち明けることができると思った途端、安堵感から涙がこぼれた。



母には率直に



「急に肌が荒れはじめて、原因も対策もわからない。自分に自信がなくなって、人に合うのも怖くなって精神的に辛くなっている」



と伝えた。



母は、「全然気にすることないのにねー」というが、私は



「みんなそう言うんだよ・・・」



と心の中で思う。



すると母が、「じゃあ、肌がキレイに戻ったら元気がでるの?それならカンタンよ。」



「え??」



私は思いもよらない母の言葉に耳を疑った。



「私が昔から行ってる皮膚科先生相談すれば一発よ」



「何!?魔法の薬でもあるの??」



そう思いながら翌日すぐに母の紹介で実家付近皮膚科に行った。

おばあちゃん医師の知恵?



クリニックは現在風の要素は皆無。マッチ箱のような規模感の古びた建物にひっそりと存在していた。以前にいった美容皮膚科の豪華絢爛さとは全く違う。その外観に私は失望を隠せなかった。



「でもここまで来たのだから診察は受けておこう。」



受付を済ませるとすぐに診察室に呼ばれた。



中に入ると小太りのおばあちゃんが座っている。



「こりゃだめだ」



私は心の中でつぶやいた。するとおばあちゃん先生は



あんた飯村さんちの娘さんね。肌が荒れてるんだって?」



「はい・・・



私は既に期待もなにもないので適当に返答をした。



すると先生は、



「私の肌見て、はいキレイでしょ。私80歳ね。」



「早く診察してくれよ」

と思ったけど、確かに80歳には見えない。肌だけみたら60台前半には見える。何より肌のキメが細かくシミ・シワが異常に少ない。



「私は化粧品使ってないの。保湿剤だけ。今の若い子はほとんど保湿が出来てないから、肌が荒れるのよ。はい。保湿剤あげるからこれを朝晩ちゃんと塗ってね。」



診察はわずか1分。薬などは一切なし。プロペトという保湿剤を処方されただけ。
あまりのあっけなさに怒りすら感じ、母に連絡をした。すると



「なんでもいいか先生の言うとおり保湿に注意してみなって。」

と突き放す。

意外な効果、あの肌を再び



まあお金もかからないし、やってみることに。夜寝る前と朝に塗れとのことなので、貰ったプロペトという保湿剤を風呂上がりに塗って試してみることにした。。



顔がすごくベタベタになるのが本当に嫌だったが確かに顔を守られているような感覚はあった。



ベタつく感覚違和感を覚えながらも、そのまま眠りついた。翌朝、意外にも早速効果が現れてきた。吹き出物が少し小さくなったような気がするのに加え、乾燥する感じは全くなく、もちもち肌になっていた。



「これはいいかもしれないぞ・・・

そう思う気持ちもあったが、シンプルすぎる対策に疑問を隠せないこともあり、もう少し様子を見ることに。



様子を見ること1週間。



新たな吹き出物は一切できない。



その間付き合いで少し脂っこいものを食べようが、夜更かしをしようが寝る前に保湿剤をきっちり塗るだけで一切肌が荒れなかった。



「え??もしかして私が悩んでたのってすごく単純なことだったの??」



きちんと肌を保湿をする。



そんな単純なことが出来ていなかったために私はこんなに苦しんだのだ。



肌に塗るもの第一優先は保湿なのだ。肌の水分を減らさないために保湿をする。それが一番大事あくまでその他の効果は2の次なのだ。



保湿をすることで肌本来機能を発揮してもらうことの方が、新たな成分を肌に付加し、浸透させようすることよりもよほど重要だと今では思う。



この経験を元に、保湿を中心とした化粧品選びを行った結果、今では昔と同等もしくはそれ以上の肌を取り戻すことが出来た。



始めて合う人からも「肌が綺麗ですね」と言われることが増えてきた。



吹き出物が多く出来た時期に跡が少し残ってしまったのだけが後悔だが、今は自分の肌に満足できて、自信も取り戻すことができた。

あなたに伝えたいこと



今まで化粧品に費やしてきた多くの金額無駄なのではないかと今は思っている。



もちろん身だしなみとしてのメイクファッションと同じで好みに応じてお金をかけてもいいと思うけれど、



基礎化粧品に関しては月に数万~数十万は掛ける必要はないと思う。



保湿力の高い基剤を使った基礎化粧品を一個使っていればいい。



私は最初病院で処方されたプロペトという保湿剤を使っていたけど、これだとベタつきすぎてメイクができないので今は月に4000-5000円のオールインワンジェルを使っている。



もし、あなたが肌の問題で悩んでいるのであれば、使うもの別に何でもいい。ただ、他の成分は無視して、まずは保湿力の高い化粧品だけを使ってみて欲しい。



高級化粧品なんて決していらない。



もちろん高級化粧品は素晴らしい製品だとは思うし、私達女性にとっては見ているだけで楽しい一種エンターテイメントだ。



だがそれによって本来の悩みを解決できず、むしろ更にあおり金銭面でも追いつめられてしまうこともある。



重ね重ねになるが。肌に悩みがあるならまず保湿。これをやってみて欲しい。



その効果にきっと驚くはずだから

。

私のような経験者の話が少しでも役に立てば嬉しいです。




ナイトプールって

インスタに自分水着写真載せられるくらいには顔とスタイル自身をお持ちの方々の水着写真が見放題、ということでかなりありがたい風潮だよね。

いいぞどんどんやれ

ファミレス

ジョナサンとかデニーズって都会にしかなくない?

都会(都心)のファミレスって昼と夜、平日と休日利用者のどっちが多いのか気になる。

政令指定都市や中核都市とは使い方が違うだろう。


イオン東京都市圏三重創業者地元?)と他んところじゃ入ってる店が違うだろうし。

利便性とか生活スタイルはお給料による。のか?

給料(と地価)上がって行ったらお店どうなって行くかね。

2017-07-23

声優が顔出しする特番」を「声優が顔出しする特撮」に読み間違えてもしかしてボイスラッガーの話? と思ったら全然違ったので罰ゲームとしてアイスコーヒーの代わりにホットコーヒーを飲む。暑い

デレステの前イベントは日菜子さんをドロップしなかったのでポイントでお迎えした。

体調崩したり急な用事が入ったりでイベントコミュはまだオープニング以外見てないけど、とりあえずゆかりさん確保までは到達したのでポイント的には後半分。

ミリシタもイベント来たけど、14000ポイントが遠いのかそうでもないのかがまだよくわからない。

ふれあいの会話パターン何気にこなしたコミュからパターン増えてるみたい。

覚醒コミュデレステの特訓コミュみたいにカードの絵柄出てこないから、後からまとめて見たりすると何の話? ってなったりする。

安い耳をしてるから音質とかは気にならない方なんだけど、一部の曲で伴奏が歌を食ってるのが気になる。そういうスタイルの曲なのか調整がダメなのかは知らないが。

名言人生とは何か?この記事のような哲学めいた本を読んでいる場合ではありません

名言ぽいことを書いている本などを読むと、「人生とは何か?」「人生とは旅である」といったことがよく書かれています

別にそれらを否定するわけではありませんが、本当に人生について考えるときに「人生とは何か?」と、哲学めいた本を読んでいる場合ではないということ。

あらゆる名言本に一時的な安らぎを求めるのはいいですが、それではいつまで経っても人生について何もわかりません。

人生とは何か?

今回はこの哲学いたことについて、気軽な気持ちで少し考えていきましょう。

本気で考える!人生とは何かということ

私なりの自論で「人生とは何か」というと、それはできる限り怠けること。 

毎日日曜日的な生活実践することです。そのためにも経済的な余裕はもちろんのこと、精神的な余裕は必要不可欠。 

どちらが欠けていてもこれらの生活は成し遂げられません。

中には仕事一筋の人生の方がいいという人もいるでしょう。それはそれで素晴らしいことですし、考え方は本当に人それぞれ。

大切なこと自分にとって、「本気で楽しい人生とは何か?」を追求し続けることですからね。

そこに他人の目やくだらないプライドなどは必要ありません。あるがままのスタイル自分人生を築きあげていきましょう。

真面目に生きることだけが全てではない

世の中の大半の人達は、他人と同じような生活をしがちです。

違うレールに外れることを極度に恐れすぎては、望んでいない人生勝手に歩んでいます。それ故に文句愚痴を吐いては精神病み毎日まらないとボヤキ倒す生活

果たして、それらの人生は本当に自分自身が望んでいた人生なのでしょうか。

真面目に生きることだけが人生ではないですし、全てではありません。もちろん、犯罪者になろうということではありません。

 真面目に生き続けてきた中で、ふと「人生とは何か?」と哲学めいたら、それは少し危険信号ということだけは理解しましょう。

人生とは何か?」と寝る前に考えてしまう人へ

人生とは何か?」と哲学いたことを考えるのは、寝る前に多いという人は結構ます

私自身も寝る前にはよく「人生とは何か?」と哲学しました。

別にそれを考えること自体は悪いことではありませんし、むしろ考えるべき行為いつまでも他人人生ばかりに嫉妬している人生よりかは数百倍マシですからね。

けれども、毎日のように「人生とは何か?」と哲学めいては、名言本などを読んでいる場合ではないということ。

人生は行動なくして変化は訪れません。頭の中やネット上の妄想だけでは何も生まれないということです。

今のつまらない人生を作り上げてきたのは、紛れもなく自分自身です。

人生とは何か?」と疑問に感じたら、まずは過去の人生を見つめ直すチャンスですよ。

名言人生とは何か?この記事のような哲学めいた本を読んでいる場合ではありませんのまとめ

人生とは何か? 

究極の名言であり、究極の疑問でもあり、究極の課題でもある言葉

あなたにとって本当の人生とは何でしょうか。

まらない日常を繰り返しては、ストレス解消のために他人を傷つけることでしょうか。

嫉妬愚痴に侵されては、安酒でも飲みながら一時的感情を忘れることでしょうか。

いつまでも哲学めいた本を読んでいる場合ではありません。また、このような記事検索から見つけては読んでいる場合ではありません。 

もっと他にするべきことがきっとあるはず。いえいえ、必ずあります。 

兎にも角にも、この記事が「人生とは何か?」という道しるべ的なきっかけになれば、本当に嬉しい限りです。

2017-07-21

明日ネットで知り合った人と会う約束をしたんだけど

見た目やスタイルが無理で振られた人っている?

正直自分不細工でまったく顔に自信がなく

それを相手に伝えてはいるんだけど

それが原因で振られたら死にそう

性格OKだけど顔は無理って

どれくらい妥協してもらえるもんなんだろう

ナヨッとした男に認定された

幼少からガリガリ君

運動音痴もあって、バレーのレシーブなんてしたら腕折れるんじゃね?wwwとか言われたし、生まれたての子鹿とも言われたっけ。

加齢により体重10キロ増量、というか激増した今でも、依然痩せ形。

しかも痩せているうえに、男らしい体つきのポイントである筋肉も骨も細くできていて、どう頑張っても細マッチョしかならない。

胸板の厚みなんてないどころか、横から見たらペナッペナの板切れみたいだ。

しかも男顔というより男の子。要するにいくら年取っても子供っぽい。

それが嫌で、見た目だけでも何とかしようと、シックな格好やワイルドな格好を試してみるも、鏡と相談した時点でしっくりこない。

本格的な造りのテーラードジャケットパリッとしたドレスシャツ、きちっとしたウールパンツ、革ジャン、ネルシャツカーゴパンツ…どれもイマイチだった。

うーん、何故だ。


という疑問を専門家にぶつけてみたところ、ハードな服は似合わないとバッサリ。

着られてる感じになるからやめろと。

代わりに提案されたのが、とにかくソフトな質感の、できれば伸びるor透ける生地で作られた、タイトナローショートな、なおかつ装飾的なデザインの服。

具体的には

…っておい、これ皆Web広告からワンクリックで飛べる通販サイトで、イケメン優男モデルが着てるアレやコレじゃねーか!

どれもこれもすげーナヨナヨしているというか、繊細さと優しさを武器にするアイテムばっかり。


でも実際試着すると、腹が立つくらい似合うんだわこれが。

まあアドバイスされるまでもなく、今まで買ってきた服はほぼ全て細身の服だったり。

元来ほとんど着膨れしない上に、少しでもダブついてると途端にバランスが崩れるのは、俺も自覚はしていたってことだな。

しかし男臭さ全否定ですか。

女性受けはいいんだろうけど。


それで、このクソ暑い季節に俺はいったい何を着ればいいのかという感じ。

俺みたいなナヨナヨ氏的に、気取らないラフな格好ってどうなるんだ…。

2017-07-20

https://anond.hatelabo.jp/20170720220418

自信がないか姿勢が悪くなるんだよ

自信が付けば姿勢も良くなってスタイルも気にして痩せてくるんるだろうね

相互作用だね

なんで姿勢良くしようとしないの

糖質制限やらサプリやら飲む前になんで姿勢直そうとしないのか不思議でならない。

ダイエットだと大騒ぎしてるやつに限って絶望的に姿勢が悪い、特に下半身デブ

痩せたきゃまず姿勢を直せ、背筋を伸ばせ。

柄や色でごまかすな、シルエットの美しさに拘れ。

そういう意識が身につけば自ずと痩せる

何も意識せずスタイル維持してると思うなよ。

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719141453

書式と内容の分離って書いてあるじゃん

プレーンテキストマークアップ文章を書くと自動で書式の整ったドキュメントをだしてくれるとか。

そこまでやらなくても、無意味に罫線を多用するフォーマットをやめて、wordスタイル対応できる程度のシンプルな書式にするとか。

まあ、wordスタイル程度でも難しいとか、教育コストが~とか言われちゃうから無理だけど。

最近?のアムウェイ

前によく遊んでいた友達アムウェイにはまった

せっかくなのでウォッチを始めた。昔から同じ手法なのかもしれないが、個人的には気づきもあったので記載

アムウェイマルチというのはいわゆる一般人の中では周知の事実なわけで、そこからはまっていく人がどういう心理状態なのかが気になっていた。

前はただのマルチだと思っていたが、ちょっと違う心理が働いているのが見えてきた。気がする。

アムウェイの初期の上位会員は、既に良い暮らしをしている人が多い。

でも働いてくれる下位会員を見つけないと売上のマージンが入らない。

そこで、どうカモを見つけるか。

上位会員は、派手に遊ぶのが好きで、容姿の良い、ちょっと頭の悪そうな、素直な人をカモにしようとする。

すぐに自分の家(豪邸)や六本木やらで開かれるパーティに(特別に)招待をする。

初期会員の家は豪邸を持つ人が何人もいるので、代わる代わるそういった人達パーティをして(仲間という名の)カモを増やしていく

するとどうだろう。周りには、そんな風に集められた人がたくさんいるわけで仲間感が出てくる。

そしてその集客経緯からも言えるように男も、女も割りと整った人が案外多い(価値観はずれているが)。

そのうち、仲間どおしで海外旅行に行ったり(若干の資金源は上位会員が負担しているのだろう)するようになってくる。

パーティなどの様子は、すぐにfacebooktwitterInstagramなどに

フォトジェニックな感じであげてくるようになる。

若いきれいな女の子実業家っぽい若い男子が、うぃーってなっている写真だ。

だいたいは豪邸にいる写真で、その人の生活では不自然なほどのセレブ感を漂わせてくる。

SNSで反応してくる友人がいたら、次のカモとして引き込んでいく。

次にまた新たなメンバーが入りそうなときには、みんなでそのパーティに誘い込み仲間にしてしまおうとする。

新しいメンバーは稼ぎが全然無いわけで、そういった上位会員の豪邸に入り浸るようになる。

そこには、(友達?)カモ仲間もたくさんいる。

よく考えると、これは芸人の構図と近しい。

芸人が、芸人若い子に飯を食わせるようなそんなスタイルのものができあがる。

「いつかブレイクすれば、金も稼げるようになるよ」みたいな感じで、どんどんその自分たちだけの世界を完成させていく。

仲間が増えると完全に完成形になって、それまでの友達の輪から離れてしまう。

3年ほど頑張って、彼は20万ほどの収入を得られるようになったららしいが・・・

成功体験みたいなもの自動的に作り上げられるシステムというのは、何か人を引き込む力があるのだろう。

何にせよ彼の人生はそれがベストだったのかもしれないし、結局何とも言えない。

2017-07-18

私が選んだ【ガチでシコれる】最高のライブチャットランキング

私が選んだ【ガチでシコれる】最高のライブチャットランキング

ライブチャット検索しても、スマートフォン向けのアプリとかサイトが見当たらなかった。

そこで、私なりにライブチャットサービスを行っている優良アプリをまとめてみました。

1位

NEXT

goo.gl/h44csp

知る人ぞ知るアプリですね。

広告も少ないですしとにかく相手マッチやすいです。

ガヤガヤしていないので、シンプルイズベストの極みです。

ライブチャットアプリ王様と言っても良い。

素人の数がとにかく段違いなので業者対応は少なめ。

とにかく使ってみれば分かりますよ。素晴らしいと。

2位

eazy

https://itunes.apple.com/jp/app/eazy-%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E9%80%9A%E8%A9%B1%E3%81%A7%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%81%97%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8Bsns%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id906202514?mt=8

アプリデザインがすごい。

在籍女性の数もなかなかのボリュームなので欲張りさんには断然オススメ

スタイルと年齢重視の私にとっては検索機能が超便利。

3位

ビデオ通話女の子とつながるビデオチャットアプリjambo

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E9%80%9A%E8%A9%B1%E3%81%A7%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AAjambo-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E7%94%9F%E9%85%8D%E4%BF%A1%E3%81%A7%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E9%9B%BB%E8%A9%B1/id901769559?mt=8

http://www.yourlifehost.jp/

からある有名ライブチャット

使用していて非常に見やすく使い勝手が良い

読み込みが速いのでストレスが少ない

スグヌキアプリ。お世話様です。

4位

ビービーチャット - ビデオチャットトークするライブチャットアプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%84%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1199379608?mt=8

新進気鋭のライブチャットアプリ。内容は抜群。

M男くんにはガチおすすめします。

M男には最強のアプリと言ってもいい。

もちろんS男でも使える。

5位

SHOWROOM - 配信と視聴ができるショールーム

https://itunes.apple.com/jp/app/showroom-%E9%85%8D%E4%BF%A1%E3%81%A8%E8%A6%96%E8%81%B4%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0/id734256893?mt=8

人気アイドルアーティスト声優スポーツ等の配信無料で視聴できるアプリ

エロ系ではなくグラビア系でシコりたい時はこっちを利用している。

6位

Pococha(ポコチャ)- ライブ配信生放送したり、ライブを視聴できるアプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/pococha-%E3%83%9D%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%A3-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%92%E9%85%8D%E4%BF%A1-%E7%94%9F%E6%94%BE%E9%80%81%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8A-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%92%E8%A6%96%E8%81%B4%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1175969205?mt=8

こちらもノンアダルトであるが、なかなか重宝している。

資本力ものをいわせた圧倒的な画質なので毛穴まで確認出来てしまう。

そんなに課金を促してこないのでストレスフリーでシコれる。

7位

キドLIVE - カラオケを楽しめるライブ配信&生放送アプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%89%E3%82%AD-live-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E9%85%8D%E4%BF%A1-%E7%94%9F%E6%94%BE%E9%80%81%E3%81%97%E6%94%BE%E9%A1%8C%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1149703708?mt=8

最近大人気のライブチャットアプリ

こちゃと同じエンジン使用していると思われるが

女性の質がそんなに良くなかったので低評価にしておいた。

8位

ビデオ通話大人トークができるビデオチャットアプリ大人時間-テレビ電話で生配信-

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E9%80%9A%E8%A9%B1%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%AE%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%84%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E6%99%82%E9%96%93-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E5%8D%B3%E4%BC%9A%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E6%81%8B%E4%BA%BA%E6%8E%A2%E3%81%97/id1126687884?mt=8

大人向けのライブチャットといえば大人時間

女性も多い。

ただ、使いにくい点が評価を下げた。

少々使いにくいが女性豊富なので利用します。

もっと使いやすくなれと心底感じる。

他にもappstoreにおいてライブチャット存在しているが、悪質なものが多いためここまでにしておく。

上記で挙げたアプリで向こう5年は持つと思います

いいよね。ライブチャット

番外編

appstoreのエロアプリ専門で情報をまとめているブログ

http://fucked69.com/

ときどさんは最初スタートダッシュだけよくて

あとはずるずる落ちていくゲームスタイル

勝てばよかろうなのだ精神だったんだけど

格ゲー界のレジェンドウメちゃんに感化されまくって

観る人を魅了するようなプレイをする人になりたい!って

本当にそれを実現させちゃったわけだよ

自身を、誰かについていかないと燃える事ができないって評してたけど

心の底から本当にくらいついていったのなら

もう立派な本物だよ

本当に変わったんだなって誰にも文句がつけられない形での優勝

おめでとうときどさん

2017-07-17

https://anond.hatelabo.jp/20170717211947

もともと日本ネット文化なんて2ちゃん人口増加に貢献したくらいだし匿名罵倒し合うスタイル一般的だったんだよな。(パソコン通信の頃はもうちょい真面目なインテリオタク層が多かったかもだけど)。

それが急に「コドモニガイアクガー」なお上品な主婦様連中が大挙としておしよせてきて、なんざますこの場所は!掃除必要ます!とか言い出した感じ。

お上品な議論がしたければFacebookとかちゃんと発言主がしっかりわかるとこでやればいいのに、匿名ダイアリーまできて「ここは治安が悪いざます」とは余計なお世話だと思う。

罵倒したくて来てる連中もいるんだからほっとけよ。

先週の波紋 (1)

承前https://anond.hatelabo.jp/20170707021221

過去7日分の「波紋」の検索結果のトップを拾ってみた。

全英OP男子ジュニア選手への白のパンツへの厳格履き替え指令が波紋

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6246925

いきなり白パンツで波紋である大丈夫なのか。

残業代ゼロ連合容認に波紋 「次期会長候補が独走」

http://www.asahi.com/articles/ASK7G61ZJK7GULFA02G.html

パッと見どこへ向けて広がってるのかわからない朝日らしい波紋。

波紋の予約キャンセル客の電話番号共有サイト、利用する飲食店違法可能

http://biz-journal.jp/2017/07/post_19761.html

波紋って予約できるんだ、と一瞬思いました。

工藤静香草なぎ剛誕生日にインスタで「1本満足バー」! 偶然か確信犯か波紋広がる

http://www.cyzowoman.com/2017/07/post_145301_1.html

私方向へは特に広がってこないタイプ。ていうか放っといてやれよ。

ジョジョ】波紋と回転の技術どっちが強いと思う? | ジョジョ速

https://jojosoku.com/archives/post-303351.html

強さだけではない点で波紋が優れていると思います

娘の「代役」が波紋=G20米大統領時事ドットコム

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071100729&g=int

これも広がっている方向がいまいち不明

大統領夫人に「スタイルいい」=トランプ発言が波紋

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071401331&g=int

波紋っていうか素直にセクハラじゃないでしょうか。

[] #30-5「女子ダベかく語りき」

====

ディレクターズカット

カナコ「何のために生まれてきたんだろう、て」

スミレ「人は死ぬために生まれてきたんです」

サクラ「何だ、悟ったみたいなことを言いやがって」

カナコ私たちの年齢でそういうこと言うと、ただイタイだけだよね」

サクラ友達なんだから、もう少し優しい言葉でツッコんでやれよ」

カナコ「えー、じゃあもう少し女子高生っぽい、無意義な話に時間を費やそうよ」

サクラ「そうだ。もっと年頃の女子特有のフワッフワした感じの話を」

スミレ「だったら、そもそも最初の議題の時点で破綻していると思うんですけど」

サクラ女子高生フィルターを甘く見ちゃいけない」


====

カナコまさか浴衣を誰も着てこないとは」

スミレ私たち、そういうの着たいと思うようなタイプじゃないですからね」

サクラ「見栄を張るような相手もいないしな」

カナコ「でも……何かわからないけど、これじゃ駄目な気がする」

サクラ「何だよそれ」

スミレ「“顧客の望んでいるもの”ですか」

サクラ「何の商売だよ」

カナコ「今からでも間に合う、浴衣に着替えよう!」

サクラ「うげえ……」


====

カナコもっと何かしよう」

サクラ「いや、だからダベってるじゃん」

スミレ「カナサさんが言いたいのは、エンターテイメントにおいて飾りっけなしの日常をそのまま切り取ることに『何か』は含まれていない、と」

カナコ「そうそう、そんな感じ」

サクラ「ほんとかよ」

カナコ「まあ分かるよ。私たち見目麗しい女子高生日常謳歌すること自体が、エンターテイメントとして成立するからね」

サクラ「お前のその、自分女子高生に対する評価の高さは一体」

カナコ「分かった分かった。サクラのように取り留めもない会話のボケにすら、常に全力で、大声でリアクションしよう」

サクラ「一歩引いた所から分析やめてくれない?」

カナコ「ね?」

スミレ「なるほど。でも私にこれを真似しろってのは色んな意味で酷だと思うんですけど」

サクラ「遠まわしにディスってない?」

カナコ「ちょ……今は普通に会話していきたいから、いちいちツッコミしてくるのやめて」

スミレ自分役割に全うしようとする心意気は買いますが、もうちょっと弁えましょう、サクラ

サクラ「この場は従うけど、別に自分役割意識してツッコミしているわけじゃないからね?」

カナコ「ね?」

スミレ「なるほど。こういう我を出しつつも、ちゃんとその場に順応しようとするスタイルを見習え、と」

カナコ「そう。自我社会共存だあ」

サクラ「私が反応に困るスミレ分析力と、カナコ解釈力のエグさ」

カナコ「そしてボキャブラリがそこまでないけど、その上で表現に工夫を凝らそうとするサクラ努力

サクラ「え、何この意味不明趣旨の誉め合い。またちょっとディスり入ってるし」

(#30-6へ続く)

2017-07-16

プログラマデザインがひどすぎる

プログラマにはデザインも拘る人もいれば、「デザインとかみれればどうでもよくね」って人もいる。

ウチでは後者の人が多い。

企業向けシステム受託で作ってるんだが、これを売るのかってレベルで醜い。

webシステムなんだが、ボタンテキストボックスマージン0でくっついて並んでたり、

テーブルは枠に収まらないのではみでて全体にスクロールバーがついてたり、

フォントフォントサイズマージンは揃ってないし、

ユーザ入力によってはさらに崩れるし、

ある程度までウィンドウリサイズすると崩れるのに最低幅を指定もしてない。

マージンは揃えないのに、同系統は同じで別系統別になるように作っていたところを全部同じに統一しろ言ってたりもする。

見た目には影響ないが、9割のタグがdivでできているプロジェクトもあった。

公開するwebサービスだったら一瞬で叩かれるだろってレベル

勉強仕立ての学生に無茶な納期押し付けてできたものと言っても信じられるほど。

私自身でも使わないだろう。

動作チェックなどで使っているときに見た目でストレスを感じていた。


もちろん納品先からもっと統一してとか幅がおかしいとかマージンがどうとか言われてる。

ただ最低限の言われた部分しか対応しないし、言われたことに「こんなの別にいいだろ」なんて言ってる。

いや、どうみてもおかしいしこれでいいとか美的センス大丈夫なのかと言いたい。

結局、納品先からの注文も途中でどうしようもないと思ったのか最低限見れる程度、になってる。

受託といえど、使うのがその会社だけでなく一般の人という場合もある。

それでもいつもどおりの残念な見た目だった。

自分で作るところは上記のようなものだと気持ちいからどうにかするが、全体で読み込まれCSSのせいでどうにもできないこともある。

そこだけ上書きで何かしようとすると、一部だけ特殊なことはしないでと言われる。

プロジェクト管理する人兼全体の枠を作る人がデザインに対するこだわりなんて全くない人だからどうしようもない気がする。

せめてマージンくらい揃えたいと思っても全体的にひどい(もちろんできるかぎり揃えてる人もいるが)ので他人担当箇所まで直してられない。


たまたま見つけてデザイン的なズレのせいでバグにも見える挙動があったので、直すべきでは?と提案してみてもそのスタイル使ってるところ多いから全体的に影響多いし、とそのままにするらしい。

デザイナはいないのか、と思う人もいるだろうが、少し前まではいた。

いたところで、デザインを作ってという仕事が来たら担当していただけで、webシステム場合は基本関わってこない。

プログラム書くひとがCSSもできるということでデザイナはそもそもプロジェクトがどういうものか知ってるのか不明というくらい。

ところで、プログラマについての愚痴を書いたが私も職業プログラマ側だ。

ただwebデザインが好きで、もとはwebデザイナになろうと思っていた(就活中に日本だとCSSスキルじゃなくてフォトショ画像作るのばかり求められていてやりたいことと違ったのでプログラマにした)。

今でも頻繁にこういうデザイン作りたいなと思ってはHTMLCSS書いてるし、技術文書を読んで次に使えるようになる新しい機能を調べてたり、一部ブラウザで使えるようになればすぐに試したりしている。

デザインセンスについても、昔は絵を書けば何らかの賞はもらったし、学生時代ポスターでは、数百人の中からデザイン系で最優秀となったことがあるので、平均以上にはデザインもできるとは思ってる。

なので、デザイン苦手なら任せてくれればやるつもりだった。

しかし、そういった先輩方がいうにはおまえはデザインセンスがない、らしい。

「え、あなたがそれ言うの?」ってすごく言いたかったが仮にも先輩なので、「そうですか」とだけ言っておいた。

まあ、プログラマとして入社したんだし、変なセンス上司からあれこれ言われながら作らなくて済むから別にいい。


ただ、センスない人が管理してるばかりにエンドユーザになる人達がかわいそうだなと思う。

デザイナがいなかったり重要視されてない会社ならどこもこんなものなんだろうか。

これで思ったのは、プログラマとして優れててもデザイン的な理解がない人を上にしてはいけないということ。

社長が取ってきたプロジェクトだと社長がチェックするからこういったひどいデザインだと厳しく指摘されてる。

ただそれ以外までチェックはしていなくて、プロジェクト管理する人はあの見た目でOKしてる。

こういう人が上だとだめだなって思った。

クレカ難民におせーて+若干マイレージ

数年前はいろいろ調べて放浪や併用もしてたけど、ここんとこ還元率の高さ(1.75%)から漢方スタイルクラブカードに安住してました。

なんだかじりじり還元率が下がってきたな・・・と思ったら、とうとうサービス終了のお知らせが来ちゃいました。

後続サービス還元率1.1%とよくない割に、うっかり30万切っちゃったとき年会費イタいので、次のメインカードを見つけなければならない。

が、年単位情報更新をサボってた身には、今はどこがよいんだかさっぱり。

情弱なりに探した結果としては、今は還元率の良いマルチカードは無いっぽい。新規獲得の売りはキャッシュバックメインな感じ?

こうなると、以前は確実に使うか分からいから見送っていたマイレージカードなども視野に入るかも。

当方、年に2~3回、日本ヨーロッパを往復します。最寄空港から目的空港への直行便は無いため、

使うエアは定まっておらず、中東系(深夜発便が有難い)か、タイ航空か、ごくごくまれ中華系。

年間マイル数は飛んでる割に、なんだかんだで特典航空券には全く縁がない、勿体無い使い方をしてきました。

この機会に見直して、クレカ還元率の代わりに特典航空券狙いに切り替えてもいいかと思っています

中東経由はトルコが使いやすかったんだけど、こんな状況で使いにくいから、今はエミレーツJAL提携有)一択

タイ航空は、ANAという選択肢もある。中華系は、手持ちのデルタUAに放り込みます

年間のクレカ使用額は、航空券30~40万円分。あとは生活費で月に1~2万と、100万円未満。

会社のコーポレートカード導入で立替払いが原則無くなったのと、

雑多なネットショッピングヤフーマネーで賄うようになったので(原資はヤフオクの売上)、がくんと減ったところ。

100万くらいのケチな額なら、還元率なんて気にせずにドブに捨てろ?

なんてことは言わないで、この分野にくわしい増田がいたら、アドバイス求む。

2017-07-15

連邦議会・党試案 2

https://anond.hatelabo.jp/20170715102110

↑1「連邦議会・党試案」

ベンチャー政党

党員数が多い順に掲載・1~10ランク付け。10は1万人以上。

選挙前に調整があった場合は「事前協定」と記載

連邦各地で活動する大きめなベンチャー政党政治組織

同胞

(→穏健な複数宗教団体が共同で結成した救貧運動団体

宗教保守主義地域家族の絆、反新自由主義を掲げる。

連邦レベルでは、保守共和党リベラル派や緑の協同体と連携している。

郡部や小都市の地方議会議席を持つ。与党のケースも多い。

「反新自由主義、反無神論、反ファシスト」を掲げており

示威行動の一環として、国政選挙出馬したこともある。10)

実践家同盟(反資本主義者党、共同体党が中心)

(→反資本主義左派(毛沢東思想)グループ

直接行動を得意とするが、地方議会には党員を送り込み

地方にまず合法的事実上解放区を作る方針も持つ。郡部では半ば成功している。

都市では労組組織化企業組合の設立と地方では共同体建設も行う。

へき地など、経済的に貧しい地域では保守層にも浸透を図っている。8)

③公民ファーストの党

(→行政議会改革福祉国家建設など穏健な政策を並べているが

実は移民反対派のファシスト

都市部支持層が多い。

隠れた国家革新党の別働隊との声が高い。

一見すると穏健で柔らかそうなイメージ

革新党住み分ける形で近年、国政選挙にも出馬し始めている。

同時に地方議会でも議席を増やしている。8)

地方改革同盟

(→自由改新党を除名された地域主義者の集まり。中道右派

行政改革を掲げるが、中央集権を必ずしも志向しない。

各地の地方議会議席を持つ。連邦議会には議席を持たない。

連邦レベルでは、保守共和党民主中道同盟に所属する一部の連邦議員を非公式支援している。7)

地域生産同盟

(→特定地方州に基盤を持つ小政党農民や漁民など「生産者」のための政党

地方議会や公益農業漁業法人、福祉法人、土地改良区などの議員、役員にメンバーを送り込む。

農民と漁民のネットワークを持つ。

農本主義政党。緑風共生党や緑風社稷党とは共栄関係にある。6)

⑥新○○連合

(→連邦西部地域独立過激派

直接行動をしつつも「合法部門」が一部の州や郡部の議会議席を持つ。6)

自由改革連絡会(リバタリアン党・急進減税改革党表現の自由党)

(→3党はそれぞれ自由改新党から急進主義を理由に分離したグループ

平和裏に分離したため、除名されたわけではない。

今でも非公式のつながりはあるため、改新党の「別働隊」という見方もある。

夜警国家経済的自由放任主義。減税を掲げる。

都市部に支持者が多い。連邦議員はいないものの、若干の地方議員がいる。

連邦レベルでは、非公式自由改新党を支持している。5)

⑧生存のための共闘

(→マイノリティ主体の運動。全国的活動

非暴力の直接行動をモットーとする。

行政や半公的組織が設立した「差別に関する諮問組織」には若干の役員を送っている。

人民戦線」とは、相互に協力している。5)

解放戦線

(→アナルサンディカリストかつトロツキー主義者政党

街頭や職場労組での直接行動を得意とする。都市部に支持者が多い。

国境線の廃止と政府の解体を呼びかけており、世界革命志向する。

労組組織率はかなり高く、ストライキなどの中核を担う場面も多い。5)

10.女性の権利

(→左派系のフェミニスト団体

左派各党に入らず、独自の動きをするメンバーが結成。

役所企業に対しての直接抗議がモットー

行政や半公的組織が設立した「性差に関する諮問組織」には若干の役員を送っている。社民党の一部政治家を支持している。5)

11.地球戦線(動物の権利党・反炭素党・菜食者党)

(→環境グループトロツキー主義的な左派全国的活動

時に直接行動(街頭活動対象企業への直接抗議)をモットーとする。

過去に数度選挙擁立例があるもの

現在は他の緑系の政党のような議会主義は取らない。

ただし、一部の地方議会には少し議席がある。4)

12.スポーツ新党

(→スポーツの普及のために結成。健康志向地方議員が若干いる。

タレント性のある選手を選挙擁立して闘い始めた。3)

13.連邦進歩同盟

(→古い時代連邦政党の生き残り。

中道政党連邦主義進歩主義を掲げる。

現在は名目名誉存在に近い。

国政から遥か昔に議席を失っている。

余り独自の動きを取らず、事実上中道系の地方議員交流会となっている。

国政では民主中道同盟に協力。

今後も最低限度の地域ネットワークは、維持し続ける方針。3)

14.王党派連盟

(→連邦建国功労者宗教権威に「王位」や「爵位」を授与するべく活動する団体

右派。王党派貴族制の創設、立憲君主制派。

ただし、当の当事者の多くは君主制には興味がないため、活動は一部にとどまる。3)

15.連邦前衛党

(→連邦政府が積極に対外進出することを求める。前衛右派。

世界中を「連邦」の枠組みに取り込み、「世界新秩序」の確立を目指す。

現状の社会スターリズム規定しており、それに反対している。

自らを「前衛政治集団」と規定しており、街頭活動を盛んに行う。3)

16.自由教会(連邦シェアスぺース連絡会議隠者当事者連合

労働時間短縮会議・最低所得保障を求める市民の会・教育制度を考える会)

(→自由主義者福祉国家を求める者、宗教リベラルグループ

自由な働き方、学び方を求める。最低所得保障多文化共生も求めている。

既存の労働学校批判的な教育者市民連合体。3)

17.セックス新党

(性風俗業界に勤める人たちの団体性風俗業界の正しい認知の拡大や雇用環境向上を掲げる。雑民の党とは友党関係にある。3)

≪小さなベンチャー政党組織

連邦議会選挙に参加経験が一度でもある組織。≫

①理性会議

(→理性主義を掲げる。科学者哲学者団体

社会的アピールのための「選挙への出馬」であり

そのたび毎に活動している。2)

②愛酒・愛煙家同盟

(→いわゆる「民酒主義」を掲げる。

アルコール飲料たばこ販売や消費の推進を呼びかける。

夜の社交場こそが民主主義の原点という信念も持つ。2)

愛国会議愛国団体国家夜明け」など右派各団体。)

(→右派、直接行動主義

右派各党から金銭的援助を受けて

左派系への政治妨害目的とした政治ゴロ団体

独特の示威スタイルは一部で話題になっている。2)

④自然大麻

(→大麻合法化を目指す団体環境保護派、アニミズム

都市中心の街頭活動から山間部、離島コミューンを作る方向にシフトし始めた。

郡部の議会に隠れた支持者を送り込んでいる。2)

快楽至上党(正式名:ポゴ無政府主義者耽美主義者のための政党

(→反議会制民主主義反資本主義、脱労働耽美主義を掲げる。

労働小国寡民ブロック国家論)、快楽至上主義を掲げる

支持層サブカル層やアーティスト、ニヒリストが多い。都市部が拠点。2)

⑥憂国無境輪

(→万物尊いとするアミニズム政党。1)

禁欲

(→禁欲主義を掲げる。

アルコールタバコ販売停止は勿論、ポルノ雑誌性風俗禁止を求めている。

宗教右派系の影響を受けている。1)

意識電脳化党

(→自身意識インターネット移植して、実質的不老不死可能とする

ことを求めている党。1)

銀河連邦連邦支部(宇宙人民党、宇宙神秘党、次元同盟)

(→前衛的な宇宙人肯定派の集まり。

主張としては…

「開星」して「銀河連邦」へ加入すべきと訴える。

宇宙人次元超越者に対する連邦政府人権保護を訴える。

宇宙港」と「タイムトラベル駅」の建設を呼びかける。

突飛な主張で話題さらう。

オカルト雑誌の発行や示威行為選挙活動マス・メディアへの露出を図る。1)

10.反文明党

(→現状の世界は文明発展を急ぎすぎ、このまま行くと世界破滅が起きると信じる集団。

文明を退化させ、人口を減らして、人は自然に還るべきと主張する。1)

[] #30-3「女子ダベかく語りき」

====

第7話

マスダ:いわゆる水着回ですね。

シューゴ:実のところ楽なんだよな。制服私服ときより線が少なくなるから

マスダ:受け手も求めていて、作り手も楽ができる。ウィンウィンって奴ですね。

シューゴ:というか、普段の格好が線多すぎるんだよ。キャラデの奴、なんで作画事情を考えないんだ。原作者ファンに褒められたからって調子乗るんじゃねえ(笑)

マスダ:ははは(笑)

シューゴ:それにしてもこの場面、冷静に考えてみると変だよな。

マスダ:予想外なデザイン水着主人公が憤っているシーンですね。お約束の。

シューゴ:『ちょっと~、なによコレ~』って、何で着てからそんなこと言うんだ(笑)

マスダ:ああ、確かに。着る前に気づかなかったんでしょうかね(笑)


====

マスダ:で、入浴シーンテレビ放送とかだと修正されていますが、円盤のほうはそういうの無くなっていますね。

シューゴ:無修正だが、思っていたほど過激ってわけではないなあ。

マスダ:まあ、湯気が多少薄くなっている位ですかね。

シューゴ:ここらへんは入浴シーンでのお約束みたいなもんだな。スタイルがどうとか、触りあいっこだとか。

マスダ:ただ、『女子ダベ』ってこういうのは茶化したがる作風ですよね。ややメタフィクション的。

シューゴ:ただその上で、結局はお約束収束する構成だし、かえって会話シーンが長くなって冗長になっているキライはあるよな。

マスダ:そうさせないように、色々と工夫しているわけですね。

シューゴ:んー……そうなんだが、作っていくと不安になっていくんだよな、こういうのって。方向性は間違っていないはずなのに、本当にこれで受け手は満足できるのかなって。

マスダ:シューゴさんは一時期この手のアニメ連続して作っていましたから、若干ノイローゼ気味だったとか?

シューゴ:かもな。多くの同ジャンル作品に関わっていくと、いずれ同じ作品しか見えなくなってくるんだよな。細かな差異はどうでもよくなって、こだわりすら薄れていく。坦々と作っていくしかなくなる。

(#30-4へ続く)
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん