「多様化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 多様化とは

2019-04-17

容量の悪い人間です

ニュース番組著名人が亡くなったら

その追悼の内容 その人を讃える映像を見て

ワイプで微笑むキャスター達。

それを見て心底どうでもいい気分になる自分

言葉は悪いが自分に関わりのない人が亡くなって

別に何も思わない。

そりゃ 亡くなるだろ。 不老不死だと思ってんの?

世の中の常識信仰してやまない人達大勢いる

年相応な趣味を持ち知識を持ちマナー伝統

何より大切に生きている人は、

それを少しでもはみ出している人が許せないし

認められないのだろう。

いやいや、別に良くないか

どんな服着て何食べても、知ってても知らなくても人の生き方は、人の数だけあるのに

多様化する時代の流れの中で生き方ルール

みたいなものが消えて欲しい

どんな人がいても常識普通の人の定義

馬鹿にされない時代になって欲しい。

変人と呼ばれる人が非難され誹謗中傷対象

なってきたのをあなた達も目にしてきたのではないだろうか。

挨拶ができなくたっていいじゃない

したくないのだから

お酌がなくたっていいじゃない

自分で注いで自分で飲めば

もう息苦しいよ。

2019-04-15

anond:20190415042641

本当に1990年代から2000年代前半ごろのエロゲ

オタクサブカル最前線という地位」だったとして

その理由は何か?

エロゲクリエイターで今でも形を変えて繁盛してる型月とかニトロプラスとか見るに

「最低限エロが入ってれば何をやってもOK」な自由プラットフォームだった点だと思う

1970年代末の自販機エロ本の編集者もそんな感じだったらしい)

本当は泣かせる文芸ものがやりたいとか、ハードアクションがやりたいとか

凝りに凝りまくったオリジナル設定のファンタジー物がやりたいとか

そういう連中がエロゲーに関わってたのだと思う

奈須や麻枝や虚淵みたいな1970年代まれ団塊ジュニアクリエイター志望者は数が多かった

静止画シナリオ場合によってはCV無しでも可)で成立するエロゲ

金をかけずに表現できる最良の手段だったんだろう

――が、2000年代後半に入ると、クリエイター志望のオタの表現手段の幅も多様化した

ニコ動とかネット動画の台頭、ラノベレーベルの乱立でデビュー窓口も増えた

なろう系みたいな投稿サイトも出てきた

それで2000年代前半までならエロゲ業界に行ってた層の人材

ジャンルに行くようになったんじゃないかなあ、と

かには、もっと単純に

学生で暇で長大シナリオプレイできた層が就職して時間が無くなった

作品消費からイベント消費(声優ライブなど)への嗜好の変化

・高額なパッケージソフト全般の売れ行き不振

・実況動画サイトなどで手早く内容がわかるようになった

スマホの普及によるPC利用の衰退

などなどの即物的理由があるんだろうけど

2019-04-12

子どものころからまれ漫画で、男性とは女性とはを刷り込まれる人は多いと思う

もっと多様化して欲しいなーとは思う

キラキラ映画として最近実写化される少女漫画って

男性側が「俺様イケメン」「クールイケメン」「わんこイケメン」「不良系イケメン

女性側が「ふわふわ美少女」「元気系美人」「実は美少女」「実は美人

この掛け算に「学校」「部活etc.で味付けしたら成り立つんだよなあ

もちろんそうじゃない漫画もあるけどね…今書きながら思ったけど「俺物語」とか面白かったね…

2019-04-11

anond:20190411093834

ジェンダーバイアス」と決め付けた表現を「禁止」することが表現の幅を広げるとは笑止。

そもそも件のセリフはいキャラの外見からしジェンダーバイアス係りまくってるじゃん。もろ女。

五厘刈りとかならまだ「ああジェンダーバイアス捨ててるー」ってなるけど。

都合の悪いことは「バイアスの影響を受けたバイアス」と決め付ける気満々だし。

多様化」というなら「ジェンダーバイアス」も多様化の一員なんだよボケ

表現者に出来ることは自分表現を貫くことだし、それが他人に訴えかけるような秀作なら模倣者も現れ主流になれるかもしれない

それをなんだこのファシストは。「ガイドライン」「禁止」。これで多様性とは笑わせる。表現者の風上にも置けない

追記した

ジェンダーバイアスの件でギャッギャ言ってる人たちのうちの何割が、実際の記事を読んだのかな

「いいぞもっとやれ」って言ってる人も「ファシストめ!」って言ってる人もだよ

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5cab1d5be4b047edf95d101e

記事から一部抜粋するけど

描き手が従来通りの価値観踏襲して、特に疑いもなくジェンダーステレオタイプをそこかしこに散りばめた作品を産み出す。それが読者の意識に刷り込まれて、読み手の中から新たに描き手になった人が、またステレオタイプ作品を作る。負の再生産ですよね。

と書きつつも、

その人が本当に信念を持ってそう思っているのであれば、私は嫌ですが、仕方がないなと思うしかありません。

と言っているし、

女子力モテ女性が求める自由はもちろんあると思います。だから私は不作為ジェンダーバイアスを、まずなくしましょう、と言っています

と言っている。

漫画キャラクターを借りて言ったことと作者を完全同一視しているのも滑稽だし、そもそもジェンダーバイアスをなくすことは「表現規制する」意味ではなく「表現もっと多様化させよう」ってことじゃないか


追記

付いてるコメントを見る限り、やっぱりジェンダー問題は無条件に叩いても良いと思ってる奴が多い

表面的なところだけをなぞって、重箱の隅をつつくようなところで揚げ足を取って悦に入る

本質的議論にはならない

自分自身にそういうバイアスが掛かってることに気付いているのか気付かず無意識なのか

増田はやっぱり偏りが酷い

2019-04-06

あした選挙なので

あした選挙なので、いい機会だから自分理想社会像をザックリ考えてみることにした。ひとりで考えてるのもなんだから、ここに書いてみる。

地方

地方税を増やし、国税を減らす。自治体単位は今より小さく。地方格差を埋めるために国のお金を使う。

産業

インフラ事業もっと多く。全ての分野で自給率上げるような工夫。

外国人

観光客から移民まで、どんどん呼ぶ。東アジア東南アジア以外からも、もっと呼ぶ。

文化

著作権フリー拡大。税率は優遇。あとは放っとく。

教育

留学支援先生は生徒や学生もっと質問する。選挙関係いか

安全保障

自衛隊はそのまま。9条もそのまま。米軍にはお帰りいただく。防衛費は大幅削減。うーん

エネルギー

原発は段階的廃止

労働

給料労働時間のさらなる多様化

報道選挙関係いか

容疑者実名報道を控える。記者クラブ制度廃止。なんでもかんでもニッポンと呼ぶのもやめてくれ。

う~ん・・・

こう書いてみるとボクはたぶん左よりなんだろうけど、今の左は与党に反対するばかりで、理想社会像が感じられない(立民は左ではないよね)。与党のほうが未来像を語ってる。

から書いてみたんだけど、やっぱり像を結ばないなあ。そんなもんなのかなあ。それとも自分の中で整合性のない意見なんて、ただの我儘なんだろうか。

2019-04-05

自炊初心者のための食材評価主食主菜編)

承前自炊初心者のための食材評価



 今回は前回取り上げなかった主食系(炭水化物ソースとなる食材)及び主菜系(タンパク質ソースとなる食材)について述べる。これらの食材の保管に関しては、野菜類に比べると楽であることが多い。保存性の高いものが多かったり、加工品の場合賞味期限が明記してあるためだ。生肉類は例外だが、冷凍保存での運用によってカバーできる。
 このカテゴリー食材の扱いで注意すべきは、どの食材選択するかによって作る料理の大枠が決定してしまうところである野菜類以上に「メニューの相性」が問題になってくるのだ。それを頭に置きながら、生活リズムや嗜好に合わせた、自分なりの自炊スタイル模索していってもらいたい。



主食


白米
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
CAABAC

 白米の主食食材として優れた点は、何よりその汎用性の高さにある。和食洋食中華ほとんどの料理に無理なく合わせられるうえ、炊飯器という文明の利器によって調理も(多少時間はかかるが)手軽、調理後の米飯冷凍保存と相性が良い。白米をベース献立を組み立てるのは日本家庭での食事の組み立てとしてオーソドックスだが、一人暮らし自炊においても初心者に優しい選択肢といえよう。栄養的にはパンなどと比べてビタミンB群がやや少ないが、主菜系の食材で補うことが可能


食パン
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
CBDAAB

 日本一般家庭の主食食材として、白米の次に多く用いられているのが食パンであろう。だが白米と違い、その汎用性は高いとはいえない。洋食系以外だと合わせるメニューがどうしても限定されるため、食パンを主軸に献立を組み立てるのは自炊初心者にはややハードルが高い。朝食のみ食パンという運用でもよいが、そうすると「朝食に夕食の残りを使う」という選択肢が使いにくくなるかもしれない。カロリーあたりの費用は白米よりやや安価で、パン屋などで「食パンの耳」が手に入ればさら安価になる。


スパゲティ
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
CABCAA

 スパゲティ日本食に高度に順応し、使い方を多様化させてきた食材の一つである和食系や中華系の味付けとも相性は悪くなく、初心者にとっても使い勝手の良い食材といえる。一食を一皿に完結させてしまうのが簡単であるため、洗い物の手間を減らしやすいのも利点。ただし、一皿完結のスタイル一般的なスパゲティレシピだと炭水化物系に栄養が偏りやすい難点があるので、野菜などの具の量は麺に対して意識的に多めにするとよい。スパゲティ本体を茹でるのとソースを作るのでコンロが2つ必要になるのも欠点だが、ギャル子ちゃん式の茹で方採用すればコンロ1つでも済む。


インスタントラーメン(袋麺)
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
CADBAD

 インスタント名前のとおり、調理の手間の少なさで優位性がある。鍋で野菜などの具材を軽く炒めてから水を入れ、麺と付属の粉末スープを後から入れて茹でれば、手間をあまり増やさずに野菜も摂れる。最大の難点は他の選択肢に比べて割高なことであろう。粉末スープ塩分はかなり多いので、食塩過剰摂取が気になる人は粉末スープを半分だけ入れるという運用をするとよい。その場合の粉末スープの余りは、炒め物やスープを作る際の味付けに転用できる。


うどん(ゆで麺)
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
CDCABB

 うどんといえば和風のだし汁かカレーうどん焼きうどんといった調理法が一般的だが、トマトソースなどとも相性が良く、汎用性はそれほど悪くない。創意工夫次第で色んなうどん料理を作れる。ゆで麺は保存性に難があるが、そのぶん調理の手間が省ける。保存性を重視するなら乾麺うどんを使おう。



主菜


鶏卵
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
ABCBAA

 良質なタンパク質だけでなく各種ビタミンカルシウムも多く、高い栄養価を誇る。安く手に入る食材でもあり、卵殻膜という雑菌に対する優れたバリアによって保存性にも優れる。ただし、購入の際に殻にヒビが入ったり割れしまうこともしばしばあり、その場合は保存性がガタ落ちするため、割れものは早めに加熱調理すること。


豚小間切れ肉
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
BAABBC

 タンパク質ビタミンB群を豊富に含み、多くのジャンル料理に幅広く活用できる。基本的冷凍のまま解凍せずに調理できるのもポイントが高い。評価欄の保存性も冷凍での運用を前提にしているが、冷蔵庫冷凍室がない場合は取り回しが難しくなるので注意。類似品に「豚切り落とし肉」があるが、こちらもほぼ同じ運用でよい。


ベーコン
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
CBCABD

 肉類には珍しくビタミンCが豊富だが、1食あたりだと摂取量は大したことはないのでビタミンC源としては期待できない。1食分ごとに細かく包装してある商品もあり、初心者には便利。ただし、ベーコンを使う料理の多くは豚小間切れ肉でもかなり代用でき、その方が安上がりなのは念頭に置いておこう。


魚肉ハム
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
BBBABB

 通常のハムベーコンなどより割安で、賞味期限もやや長く、ビタミンB2ナイアシンカルシウムが多く含まれる。味は通常のハムより淡泊だが、その分色んな料理に合わせやすい利点を持つ。塩分がやや多いので、気になる人は料理の味付けに注意。


豆腐
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
CEDAAA

 豆腐の最大の利点は、切って醤油をかけるだけで1品作れてしまう圧倒的な手軽さにある。和食系のメニューを中心にするなら運用やす食材栄養的には、タンパク質含有量は肉類に劣るものの、鉄分カルシウム豊富という利点がある。一方で、調理バリエーションが限られること、足の早さなど弱点も多い。水に浸して冷蔵するのが基本の保存法だが、それでもあまり長くは保存できない。なお、冷凍するとスポンジ状になり食感が大きく変化するので注意(高野豆腐に近くなる)。ただ、敢えて凍らせた豆腐をメインに運用していくという選択肢もある。


納豆
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
AAEAAA

 タンパク質含有量豚肉を凌ぎ、カルシウム鉄分食物繊維も多いなど、栄養価は非常に優秀である。値段的にも手頃で、保存可能期間も長い。汎用性の低さだけが唯一にして最大の欠点である米飯にかけて食べる以外では、納豆トースト納豆スパゲティ納豆味噌汁などがよく使われる使用法であろうか。すぐに使い切らなくていい食材なので、買い置きしておいてもそれほど問題はない。


鶏胸肉
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
AACDAA

 疲労回復効果のあるイミダゾールペプチド類が豊富に含まれ脂肪の少ない優秀なタンパク源であることで知られるが、パサパサになりやす調理が難しいことでもよく話題になる食材。豚小間切れ肉と違い塊で売られているため、最初に小分けにしてから冷凍保存する必要があり、初心者が手を出しにくい一因となっている。だが、パサパサ感は煮物スープ系に使う場合はさほど問題にならず、値段も豚より安上がりのため、うまく使えれば自炊生活の強い味方となってくれる。冷蔵庫冷凍室がない場合に取り回しが難しくなるのは豚小間切れ肉と同様。


牛乳
栄養価保存性汎用性調理容易性入手容易性経済
BEDAAC

 豊富カルシウムを含むことで知られ、直接飲用にする以外に料理に使われる場面も多い。だが、非常に足が早いため、調理用に買い置きしておくとすぐに腐ってしまうことも珍しくない。使う前日か当日に購入するのが無難で、1L入りの紙パックは避けた方が良いだろう。飲用にしないのであれば液状の牛乳ではなく粉末状のスキムミルクを使うという選択肢もあり、これならば保存性が一気に増して取り回しが楽になる。

2019-04-03

朝の連続ドラマ小説

なーんか見てて、登場人物感情移入出来ない

自分問題があるのか?

あれって 子供子供らしく振舞っていて

親父は頑固で、母親は優しくて

年寄りは為になる事言ってくれて、恋人は頼りになるし爽やか。

なんだかテンプレばっかり。

今の世の中とそぐわなない、今の生き方多様化していてどんな人がいてどんな生活を送ってようがなんでもありの時代シフトしているか若者が見ると違和感があるのだろう。

別にいいけどね どうでもね

俺の人生となーんにも関係ないし

つか周りからどう思われようがどうでもいいんですけど、これもどう思われてもどうでもいいや

2019-03-24

anond:20190324194606

ファン多様化して流行というものが無くなったとか言われてる時代に生きてるとは思えねえな…

2019-03-16

anond:20190316135750

もう人が欲しがるのは物じゃなくてライフスタイルになってんじゃないか

あと趣味とかと一緒で大衆が画一に憧れるものがなくなったというだけで

個人個人が渇望するものは変わらずある気がするのでフラット化じゃなくて多様化なのでは

2019-03-13

anond:20190313114137

そのフェーズもわかるけど、その後複数に落ち着かない?

 

1つ当たる → 類似サービスが出てレッドオーシャン化 → 淘汰されて1強 → 多様化(勝った所を真似するから安定する)

2019-03-11

anond:20190311141314

GUは極端すぎるだろ。

普通の値段でジャストサイズの服着てればそれなりに見えると思う。ファッション多様化のおかげで、これはこういうファッションなんだろうなって見えるし。

ただサイズあってなくて生地いかにも安っぽいのは、無頓着ならだらしないやつという評価になる。

2019-03-05

多様化が認められる社会へ、なんて叫ばれる今日この頃だけど

うちの親世代(60〜70代)はやっぱり

ちゃん学校に行かなきゃ、大学に行かなきゃ、良い企業就職しなきゃ、結婚しなきゃ、子供を産まなきゃ、マイホームを買わなきゃ、お友達を作らなきゃ、ご近所づきあいをしなきゃ、「普通人間になれない。」という刷り込みが強すぎるんだなぁ。

そして、身近な人がそのレールから外れた現実を目の当たりにすると、この世の終わりかのようなショックを受けるらしい。

親戚の子供が不登校になってて、「将来その子の親に何かあった時、その子ちゃんと生きていけるか心配で夜中に起きてしまう」と私の母は言う。

でもさ…冷たいようだけどそれってそこまで思い詰めることかな?

血の繋がった関係だし、心配気持ちは痛いほどわかるんだけど、その子たちと私達は別の世帯で、違う人間。あれこれ考えても、直接私達ができることって少ないと思う。

もちろん、本人達から求められれば話を聞いたり、少しのアドバイスはしたいと思うけど。

普通に生きていれば」将来苦労する確率は下がるのかもしれない。

普通に生きなければ」遠回りしてしまうこともあるのかもしれない。

でも、その子幸せになるか不幸になるかなんて、今の段階でそんなのわかるわけないじゃん。

私にできるのは少しの話し相手になったり、

かに見守るだけだと思う。

2019-02-26

他人セックスしたいと思わないのがそんなに変なの?

な〜にが「そのうち慣れるよ」だよクソが

なんで上から目線?こっちが性経験少なそうだと思ったら急にマウントとってくんのなんで??

こちとら散々模索した結果、自分は「他人性的関係を望まない」ってことをやっと自認して、受け入れて自分らしく生きようとしてんだよ

セクシャルマイノリティの中でも更にマイノリティなわけ?話通じないもんな変な顔されるもんな

な〜にが多様化だってんだ

自分を認めてもらいたいからって多様化多様化言って、他人多様性は受け入れないのか?クソでちゅね〜〜〜あばば〜〜〜




はぁ、吐き出したらちょっとスッキリした

2019-02-23

万有引力発見みたいな気づきが、いま俺の中で起きてる(SF)

りんごが木から落ちる。

それは

世界構成する4つの力のうちの「重力」によって起きる自然現象

まだまだ世の中には解明できていないことがたくさんあるけれど、

ほとんどの物理現象はこの4つの力によって回っている…らしい。

…ここまでは分かる。

すげえわかる。

世の中の色んな物理現象は、何かの法則に則って起きてるんだな。

詳しい事は良く分からんけど、そこには何かしらのルールがあって、

細かなパラメータの誤差は有れども、物事規則的に起きているんだろう。

…ここまでは分かる。

ただ俺は小さなからずっと疑問に思っていたことがあって、

「世の中の全ての物が物理法則に従って動くなら、生物だって当然そうなんじゃない?」

生物も全て物理法則に従って動くだけなら、脳の動きだってそうなはずで、

じゃあ意識とか意思決定なんて存在しないんじゃない?」っていう奴。


この疑問を持つのもも定番ネタみたいなもので、

別に俺に限らずありとあらゆる人がこの疑問を持っていて、

それに対してこう結論付けているのも、今までさんざん見てきて知っている。

意識なんてものはない、そんなものは脳がつくりだした幻だ」

って奴。

でもいやちょっと待てよと。

俺の意識は確かに有るぞと。

俺は俺の意思を持って行動している。

今ここに俺がどんな文章を書くか。それは今俺がリアルタイム意思決定して行っている事であって、

決して物理法則に則って元から決まってた状況なんかじゃあねえぞと。

ただ、それを証明する事はどうしても出来ない。

この矛盾と疑問を子供のころからずっと抱えてた。

…ここまでが前説

で、

最近になって発想がそもそも逆なんじゃないか

と思い至り、

(ここからSFです)

生物とは、世界物理法則抗う事が出来る存在なんじゃないか

と思うようになったんだ。

より正確に言うと、

生物とは、世界確率に僅かに干渉出来る存在なんじゃないか

と。

何が言いたいかっていうと、

ネットにはじかれたボールがどっちに落ちてもおかしくない、みたいな状況で、

どっちに落ちるかを"意志"の力で選択する。

そんな感じの処理を実行していて、それが意思決定に相当する行為なんじゃないかと。

もう一歩踏み込むと、

意思決定の力による世界への干渉が出来る、

という状態が"生物"の最小単位であって、

それが出来なくなり、

物理法則なすがままに成らざるを得なくなる事が"死"に相当する。

という事なのでは無いかと。

そう考える事で、俺の中で色々と合点が行ったんだ。

まず生物起源について。

生物は「代謝して自己複製する、自己と外界の間に境界を持つ存在」で、

それが何度も何度自己複製して、複製時の微妙な誤差を積み重ねて多様化し、

多様化と淘汰を繰り返して進化してきたという考えが、今広く支持されている考えだと思う。

これもまあ分かるよ。

万年何億年とトライアンドエラーを繰り返していれば、

単細胞生物もそのうち人間になるだろうと。

でも最初最初代謝して自己複製する、自己と外界の間に境界を持つ存在

そんなもん、自然現象で産まれるか?

地球をこね回していたらそんなものが産まれると?

確率的に凄い奇跡なんじゃないのか?って。

ただ、そもそもその奇跡自体生物なんだ、

世界干渉して、どうにかギリギリ生物としての必要条件を満たした最初奇跡、それが生物なんだと。


次に生物進化繁殖とその目的、あと今後の世界の行く末について。

生物はどんどん進化繁殖を繰り返し、

単細胞生物から細胞生物になって、

ついには人間になって(人間以外にも色々居るけど)、地球中に満ちるようになった。

更に人間は群れて行動して、群体として生物のように振舞っている。

もう「会社」とか「国」とかは生物の一単位と言っていいんじゃないかなと思う。

この進化繁殖は何のために繰り返され続けているのか。

その答えは「世界干渉するサイズを大きくするため」なんじゃないかと俺は思う。

最初奇跡自然現象としてはそうそう起きないような確率インチキ)は、

極小サイズ自己を複製するっていうだけの、小さな干渉だけだった。

それが今では、

海を埋め立てたり、山を削ったり、月に辿り着いたり、

太陽系外に機械飛ばしたりするレベル奇跡を起こせるようになった。

この進化繁殖を繰り返していくと、

この世界は今後どうなっていくのか。

そのうち生物は、地球の引力に当たり前のように抗う存在になって

地球規模、太陽系規模、銀河規模で世界干渉するようになり、

そしていつか、宇宙のありとあらゆる全ての現象干渉するようになる。


そこから先はどうなるのか

宇宙の全てに生物干渉できるようになった時代

今の人類がやってる「ちょっとここにビル建てるわ」的なノリで、

ちょっとこの宇宙デザインいじるわ」みたいな干渉を出来るようになったとしたら。

それはもう、新しい宇宙誕生みたいなもんで。

そうしていじくり回された宇宙の中の、

どこかの銀河のどこかの星で、

また極小サイズ奇跡が起きて、生物が産まれてる。

そんな設定のSFが読みたい。

2019-02-16

anond:20190216103513

私立大学等経常費補助金

私立大学高等専門学校などの教育研究条件の維持向上、学生経済負担の軽減、経営健全化を目的交付される、国から補助金教職員給与教育研究の経費に当てる一般補助と、生涯学習時代社会人教育学習方法多様化などの特定の分野や課程に対応する特別補助とがある。私学助成金

私学助成の充実:文部科学省

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002.htm

Fラン問題

奨学金が支える「Fラン大学」の葛藤不安1300万円のハンデを負って通う価値はあるか:東洋経済
https://toyokeizai.net/articles/-/115203?display=b

日本大学経営が、奨学金という名の借金で支えられていることは、まぎれもない真実パチンコホールサラ金ATMが設置されて批判を浴びましたが、今の大学はこの状況と重なる部分がある。大学に進学したかったら奨学金を借りてこい、というのですから。何とも気が重いことです」

日本学生支援機構の遠藤理事長が言う、「奨学金の貸与にふさわしい教育サービス提供すること」の必要性もっとも実感しているのが、われわれFランクの大学です。「少人数で、面倒見がいい」ことを大学としても掲げているけど、こんなことは経営大前提なんですよね。

学生には「勉強する意味から教える必要がある など高等教育として意味をなしていない

関係性を志向するファンダムのこれから 前

 本稿では、現在の「ファンオタク」が「関係性消費」を志向するようになってきているという事象を踏まえ、その内部の「男オタク」と「女オタク」のジェンダー格差や、関係性消費の今後について多角的視点から分析を試みる。なお、本稿においての「オタク」は、二次元三次元を問わずある作品概念グループなどを愛好すると自認している人々のことを指すポジティブ言葉として用いる。拡散多様化するオタク文化は2次元と3次元の壁を超え、全体像画一的に語るのはほぼ不可能なため、ジャンルジェンダーに関する詳細については各部で詳細を補完したい。

1【現代オタクデータベース消費から脱却する】

日常系が売れるのは「関係性」を読み取れるから

 「日常系」は広大なオタク市場の中でもかなりの割合を占める作品群だ。基本的には複数女性キャラ日常生活描写した4コマ漫画が多く、それを原作としたアニメ2010年代以降各クールに2~3本は放映されている。基本的ドラマティックで壮大な展開や激しい戦闘を行わない、いわば反「セカイ系カルチャーともいえるだろう。源流としては美水かがみらき☆すた」(2004)や、なもりゆるゆり」(2008)などが代表的ものとして挙げられるだろう。00年代初頭から現代まで増加傾向にある「日常系」は、現在も各メディアで売れ続けている。この背景には、やはり弛緩した日常風景の一瞬・ごく短いセリフや1コマのシーンの行間を読む関係性消費への志向への高まりが一因であると思われる。日常系の「物語性のなさ」は、逆に巨大な「行間」を生み出し、そこにオタクが各々関係性や物語想像して消費することができるからなのではないだろうか。

・「行間を読む」相関図消費の“複雑さ”への萌え

 関係性消費について、2,5次元舞台での「リアリティ担保に参加しつつ、舞台裏も消費するファン」や、「タカラジェンヌの四層構造」(東 2015:96-98)*1 で取り上げられた「各レイヤーを横断し、その要素を複雑に融合させながら関係性を消費するファン」は非常に興味深い。これに似た位相にあるコンテンツに、「バーチャルYouTuber」が存在する。「バーチャルYouTuber」とは、2D3D二次元アバター現実の肉体の動きとシンクロトラッキング)させ、そのキャラとしてゲーム実況雑談配信などを行う人々の事を指す。そもそもYouTuber」の動画には前提とされる物語世界観はなく、その動画単体でも楽しめることが前提とされており、多くのバーチャルYouTuberも同じく、上記の「日常系」にも通ずる他愛もない放送を行っている。しかしここにおいて重要なのは、「日常系」を「実在人物が演じる」ことがコンテンツとして確立し、今流行していることである難波優輝は「Vtuberの鑑賞の構成要素は、パーソン、ペルソナキャラクタという三つの身体に分けられる。そして、ペルソナキャラクタ画像がつねに重ね合わせられ、かつ、パーソン/キャラクタとペルソナの層がそのつど関係づけられながら、装われるペルソナが鑑賞者の鑑賞の対象になっている」(難波 18:121)*2 と論じ、これを「Vtuberの三層構造」と名付けている。

そしてバーチャルYouTuberは、電子の肉体によって軽々と他のバーチャルYouTuberとの関係性を構築する。コラボ放送などでみられる仲睦まじい様子を、鑑賞者は「Vtuberの三層構造」を横断し、「彼/彼女らのパーソンのレイヤーでの関係性」が見え隠れする片鱗をSNS動画において意識しながら鑑賞しているのである。また、バーチャルYouTuber側も当然「パーソンを消費される」ことに対する意識を持っているため、現実世界でパーソン同士が実際に会い、その時食べた飲食物画像投稿する、それに対して「パーソン・レイヤーにおいても継続される強い関係性」を読み取れるようになる、といった事象もあった。これはまさにタカラジェンヌの四層構造における「芸名存在」におけるパフォーマンスと相似であり、その表象が3DCGやVR機器の発達によりさらに「オタク」向けに変化(美少女美少年だけに限らず多様化)したものではないだろうか。「日常系」と「関係性消費」の拡張であり、またジェンダー次元の攪乱への大きな手掛かりとなるムーブメントだと考えられる。

まり、「実在人物が裏に存在するという事実に裏打ちされた生々しい日常系関係性」が、液晶内のキャラクタバター動画配信という形態の手軽さにより、オタク関係性消費への志向次元を超えてさらに加速していくと予想できる。

2【やおい文化百合文化から読み解くオタクジェンダー格差

関係性消費における性別によるジャンル分け(女性向け/男性向け)の無意味

 前章で関係性消費への志向さら高まると予想したが、本章ではオタクジェンダー格差について女性向けジャンル男性向けジャンルという分類の持つ意味合いやその内部の消費形態差異があるのだろうか。

もちろんHL(異性愛文化を扱う少女マンガ少年マンガにおいても恋愛友情ライバルなどの相関図は存在するが、メインとなるカップル男女の恋愛関係がメインに据えられることが多い。一方BLGL文化ではそれ以外の登場人物関係性をより深く読み込み二次創作に落とし込む、あるいは理想の相関図を一次創作で描き出す。今後どんどん規模を増していくであろう関係性消費においては、性別によるジャンル分け(女性向け/男性向け)は無意味になっていくのではないだろうか。しかしここではあえて、わざわざラベリングされている「腐女子」と「百合男子」という言葉意味合いについて掘り下げ、BLGL同性愛ファン文化それぞれの特徴から考察してみたい。

・「腐女子特有の親密さ

女性オタク人文学社会学研究に関しては、特に腐女子論」か「ジェンダー論」による先行研究が数多くある。その中でも数多く散見されるのは、「主体的女性性的欲望解放」といった視座からの言説であった。特に腐女子論」と「ジェンダー論」を組み合わせた言説では、「自らの女性身体が侵されない安全領域において、性的表象を消費するためにやおい文化は発達した」といったもの存在する。しかし、現在においてこれらの言説に私は違和感を感じる。勿論そういった側面も確かに存在する(した)と思うが、現在日本混沌としたオタクカルチャーの中で女性オタクの中から腐女子だけを切り取って上記のように論じるのは既にごく限られた一部の事例においてしか適用されない理論であるように思う。

 今あえて「腐女子」を論ずるならば、私は「腐女子同士の関係性」に目を向けたい。腐女子であることによる世間からマイナスイメージ払拭しようとしたり、イベントSNSでの趣味スラングの共有による特殊連帯が、このコミュニティでは無数に形成されている。やおいコミュニティ特殊性について東は、「やおいを好む女性たちは、一様に異性愛から疎外されているわけでも、異性愛を拒絶しているわけでも、異性愛を欲しているわけでもない。彼女たちはただ、異性愛排除したところで成り立つ、女同士のホモソーシャルな絆がもたらす快楽を求めているのである。」(東 2015:236)と述べている。さらに、腐女子は扱う創作物特性セクシャルマイノリティに対する理解が深く、またホモソーシャルな絆から発展し、腐女子同士が交際していることなどもよく小耳に挟む。シスターフッドレズビアン連続体、ホモソーシャル関係性を含んだ腐女子コミュニティは、作品上においても現実世界においても強い「関係性」を追い求めている集団なのではないだろうか。

・「百合男子」はなぜ流行らなかったのか

 では次に、GLを愛好する男性オタクについて考察してみたい。残念ながら、男性オタクの先行研究は数多くとも、その内容は美少女キャラクタへの欲望コミケでのゆるやかなホモソーシャル交流などになり、「百合男子」単体にスポットライトを当てたものは見つけられなかった。なぜなら、GLというコンテンツ受け手ジェンダーによって大きくそ意味合いが変化してしま場合があるからである。そして男性GL愛好者は、「美少女キャラクタへの性的な消費」という使い古された言説の中に含まれ見えなかった存在であり、その消費の仕方は齊藤によって「腐女子との比較でいえば、男性おたくの『萌え』にとっては、関係性のプライオリティはそれほど高くない」(齊藤 2009:154)*3 と評されていたのだ。よって、ネット上でGLを愛好するファンは「百合厨」「百合豚」などと呼称され、その性別限定されていない。これはGLというジャンル男性けが消費することに対することが上記齊藤の言説のような文脈を帯びてしまうことに対する対策と、実際にファンの男女比がほぼ半々であるため、両方の理由によるものと思われる。逆説的に考えれば、「腐女子」という呼称流行ったのはBLというジャンル女性が消費することを蔑視されることに対するアンチテーゼとして、BLファン当事者たちが自らをそう名乗ったことに起原するのではないかとも考えられる。

 また、百合コミュニティにおける異性愛忌避姿勢は、腐女子コミュニティのそれに比べてはるかに厳格なものに感じられる。先に述べた「男性による女性キャラクタの性的消費」とは違うことを宣言するために「百合男子/厨」を名乗った男性オタクたちは、腐女子のようにホモソーシャルな絆を構築することはなく、二次元三次元を問わずして異性愛的な欲望を抑圧されるようになった。この構造腐女子ジェンダー論に見られた主体的な性消費の解放とは真逆の道を辿っており、非常に面白い点だと思っている。

関係性消費によるジェンダー越境可能

 こうして述べてきたように、同性愛コンテンツファン構造は非常に複雑で特殊ルールの基に成立している。しかし、上記性的欲望を抑圧される百合男子に関しては、百合というジャンルの男女比がほぼ同じであることに大きく由来するだろう。つまり、「同性愛コンテンツを扱うにあたり、そのファン異性愛忌避しなければいけない」といった暗黙の了解のようなものオタクの中で存在しているということである。これに関しては、創作物消費者セクシャリティは隔絶して考えるべきであるという立場をとりたい。そして、特殊連帯プラスにもマイナスにもなり得るBLファン界隈と、ジェンダー問題に揺れるGLファン界隈は、第一章で述べたバーチャルYouTuber関係性消費をモデルとして再構築されつつあると考えている。バーチャルYouTuber関係性消費は、非常に複雑なジェンダー攪乱が日常的に行われている。パーソンがシス男性ペルソナシス女性キャラクタがシス女性キャラ同士の「絡み」は、GLともBLともタグ付けをすることが難しい議論になってくる。しかし、その関係性に惹かれるファンキャラクタとパーソンのジェンダーを軽々と越境し、その複雑な「関係性」を消費することができるようになるのである。これに似た現象アニメ漫画においても進んできており、創作物受け手ジェンダー必要以上にファンを語るうえで関係づけられることも少なくなっていくのではないだろうか。

【続きと参考文献リスト

https://anond.hatelabo.jp/20190216024058

2019-02-14

anond:20190212122924

若者のどんな思いも代弁する者はいろんな分野にたくさんいる

でも昔のように皆で同じような思いを同じ一人の歌手に見出すようなことはない

多様化だよ

anond:20190212122924

その鬱屈具合も今の若者多様化分散化しすぎて少数のまとまりの中でしか共感を得られなくなっている

世代でも他グループ鬱屈には共感不能

から時代鬱屈表現したような尾崎豊みたいなのは現代には現れ得ない

2019-02-12

anond:20190211202811

じゃあ俺もPRをつけろっていってる人に対するモヤモヤを吐き出そう。

マンガまるまる一話読んで広告呼ばわりする奴、マンガに対するリスペクトなさすぎてビビる~!

今回、PRつけろって言う人と無くてもいいと思える人の違いはそこでしょ。

漫画好きな人1話という作品が読めたこ自体価値だと受け取っているので、一話で完結しないのが納得いかないにしろ、少なくとも広告を読まされたとは思わない。つまり漫画作品の後に続きへ誘導する広告があり、この二つを別個のものととらえることができている。だから作品の頭にPRは必要ないのだ。

しか漫画が一話読めるという事に価値を感じない人は作品部分も最後広告も同じとしか認識できないので、作品の頭にPRつけろとか言ってしまえる。

俺も最初作品性質を分かるようにしろというのは同意できるよ。例えば一本の映画を見た後に第一章完!続きは後日公開の第二章で!とかやられたらふざけんな最初から完結しないって言っとけよボケって思うよ、だから完結しない作品であるならそれを事前に言っておくのは正しいだろう。

しかしじゃあ今見た第一章は第二章の宣伝だったのだ、映画ではない広告だ、PRつけろとは普通思わんだろ、なぜならそれは未完であれ一つの作品を受け取ったからだ。ツイートで一話を読んで腹が立たない人は自然にそう感じている。リスペクトのない人はそれが感覚として分からないので作品まで宣伝呼ばわりできてしまう。

まぁ娯楽が多様化する現在マンガにそんな敬意を持っている人間なんて趣味の場でしか出会わないわけで、わからないのが普通なんだが、そういう奴は自分マンガ好きとか思わないようにしような。

2019-02-05

anond:20190205001044

日本語ラップカルチャーに捕捉された事で

キャラクター性や世界観は要所以外はどうでもいいけどラップは聞くってファン増えたか

ファン多様化したコンテンツって印象ある

男性声優男性ファンが多いのもあるから需要はあるんだなって

2019-01-30

anond:20190129224002

プリキュア批判女性を見ると、どうせお前も女児を育てる様になったらプリキュアを見る様になるんだよ。と思いまする。

の子の時に安易に見せたらつまらなくて付き合って見るのが苦痛レベルだったし

買わされたプリキュア絵本もつまらなくて読み聞かせるのが苦痛だった

おもちゃはやたら高いし子供もすぐ飽きて放置されるのみになって金をドブに捨てたようなもん

それで凝りて下の子には見せなかったけど

もう上の子の時ほど流行ってなくて、友達も誰も見てなかったから見せなくても何の支障もなかった

そもそもの子の時もプリキュア見てない子も周りに沢山いたから、今考えると別に見せなくても支障なかったと思う)

の子本人も上の真似したがるから上が見てるもの(とっくにプリキュア卒業済みで別のもの)を一緒に見たがるし

なんか、女児は皆プリキュア見てるから嫌でも見せないといけないそうしないと仲間外れになると思ってる人一定数いるけど

の子供の趣味って多様化してるから、どれか一つに集中って事はないんだよね

上は今は小学生だけどやはり多様化してる

2019-01-29

anond:20190129123847

十分かどうかは愚か全く可視化文化されとらんのやで?

そもそも全体的文化みたいなのがほぼ無くなるまで文化思想多様化した時代お気持ちなんか無用やで?異文化しか無いんやで?

2019-01-28

暴力キャラは何故ウケたのか

1990年代2000年代くらいに、よく暴力を振るうツンデレ女キャラ結構ウケたんだが

俺も結構好きなんだが

そっからの揺れ戻しとして、2010年代くらいには「ツンデレ女でも理不尽暴力はよくないよね」みたいな流れがきて

言われてみればまあそうなんだよね

じゃあなんで流行ったのか

 

考えてみれば、うる星やつら時代からあい暴力キャラは居た

でもあの頃は男キャラがそれなりのことをしてる

エロボケとツッコミ、が成り立ってた

そういえば暴力的なツッコミってお笑い業界でもそうだったな

8時だよ全員集合の時代から、大げさなツッコミをするほど面白いみたいな風潮が合ったと思う

ラムちゃんの電撃ツッコミは実際面白い

 

それが1990年代くらいからか、男キャラが草食化していった気がする

草食系になって、あくま事故でうっかりエロボケかまし、それに暴力的なツッコミが来ることで理不尽度が上がったんだ

いつ頃からだろう、ラブひなあたり?

 

読者の年齢が上がったのもあるかもしれない

子供のほうが暴力的なツッコミ好きだろう、たぶん

あとはアニメ化してより「痛そう」になったとかもあるかも、推測だが

 

そんなこんなで、様式美が瓦解したわけだけど

様式美がなくなったので、実はエロボケしづらくなってきてる感じもする

暴力的な過度なツッコミができない→エロボケしづらい

結果、女性女性セクハラが増えたのではないか

いやでも最近もっと多様化してるか?

このすばのかずまの、暴力ヒロイン否定しつつ自分クズというタイプもいるし

 

まあ全部妄想だけど

あれ、結果何の話だったっけ? まあいいや

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん