「自分」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自分とは

2019-01-24

みんな、ブコメガンガンブクマすべき

どーせ三分もかけずに考えたことを適当に書いてるくせに、おかしなこと言ってないはずと思える方が頭おかしいんだよ。そうやってコンテンツ先にグダグダ言ってるくせに、自分はやられたくないとかバカじゃねぇの?

最近東スポ記事を信じたり、ソースといって取り上げる人が増えてきているように感じられる。

東スポといえばデマ飛ばしが多いメディア代表であり、裁判所をして「東スポ記事など誰も信用しないか名誉毀損されていない」と言われる有様だったのだが。

自分の主張に沿うものは無批判に受け入れがちなのは人間の悪い性質であるが、その傾向が強まっている気がしてならない。

これもまた、自身の考えのみを正しいものとして声高に主張し、対立する弱者意見は切り捨てるのを良しとする安倍政権弊害だろうか。

朝日新聞風)

「師よ。どうすれば文章力が身につくのでしょうか」

自分作家である最初に名乗りなさい」

anond:20190123214918

IT業界に限って言えば、確かに仕事リモートで出来る。

実際、今、複数拠点海外ともSkypeとかで会話しながらやってるし。

ただ、「出来るから≠なる」だよね。

自分会社を立ち上げる時に、人口の少なく、企業の少ない土地に、

会社建てるのかな?建てないと思うけどな。

顧客との打合せなんかで、結局客先に出向いたりすること考えるとそのコストデカいよね。

結局、東京大阪札幌福岡みたいな大きな都市拠点本社構えて

必要に応じ支社を展開する形になる気がするんだけど。

そうなると、やっぱり現状と変わらん気がする。

個人的には、そんなにドラスティックに変わるもんじゃないと思ってる。(近未来映画とかのイメージ好きだけど)

きっと、地方でも生活できる基盤は、増えている程度。

人混みや騒音が嫌いで、海が好き、自然が好きっみたいな人が、徐々に別の都市に流れて行って

拡散はするって感じだろうね。

日本では身長185cmくらいから生きづらくなる

アパートのドアやビジホ、公衆トイレ、あげたらキリがないくらい高さが足りてないもの日本には溢れてる。頭はぶつけるわ、気づいてても体が大きいから窮屈で動きづらいわでマジつらい。

会社では、しょっちゅうオバさん達に棚の上や高い所のモノを取るように頼まれる。脚立持って来いよと思うが、仕事中でも手を止めて取ってあげる。これがゴミ箱だったら自分で取りに行くのは当然だけど身長のせいでパシられる。

服が小さくてユニクロGUに着られるサイズがなかったりする。普段着は諦めてあんまり気にしてないが仕事で使う作業着だったり会社備品だと小さくて入らないんで困る。注文すれば良いものだったらいいが急用の場合そうもいかない。その場しのぎで何とかしてるが平均身長が羨ましく思う。

あと、一番うざいのが子持ちの女性に何食べたら身長伸びるかって訊かれること。あぁまたこの話かあと思ってテキトーに「好き嫌いしなきゃ良い」って答えてるが本当に面倒くさい。

身長が高いことで受ける唯一の恩恵女性に好かれやすいことぐらい。たぶんそれだけ。

自分増田記事を3ブクマ積んだらBAN食らった

BANになったのはブクマだけでよかった

真摯に書きためた増田は消えてないし今後も書けるようだ

この対応は本当にありがたい

ちなみにBANになったブクマは被ブクマから無効になってた

普通に反省しました

今後はブクマ工作しません

ごめんなさい

anond:20190124121920

人のクビよりご自身のクビを心配された方が・・

人間誰しも「自分だけは大丈夫」と思うものなんだな

anond:20190124145614

あたし女だけど男性の影がない自立した大人の女性とか言っちゃう女の人って…

ここまで条件つけといて選り好みするくせに

自分で書いて発表するって選択肢がない時点で

女オタから見てもクソむかつく非生産オタクわよね〜

しかもこの条件からするに作品を楽しみたいんじゃなくて作品を盾に自分の振りかざす権威が正しいと言い張るタイプ政治屋系くさいし同族として迷惑から女性代表面やめろってお仲間にも伝えといて

anond:20190124154413

どうせ自分が気に食わなかったら女性原作者でも叩くんだから関係ないんだよな

anond:20190124153213

自分はすぐ泣くのに、人には開き直ってる腐女子

ツイッターとかLINEとか普通に使ってんのに

からないことをインターネット検索するって発想がないやつ多すぎ。そんな言葉も知らねえのか。いちいち聞くな、今テメェが手に持っているであろうそれで調べろ。今どき、漢字の読みが分からなくてもなぞるだけで一発で検索できるぞ。自分はむしろ知らないものは速攻で調べて知っていた体で話を合わせるタイプから一生相容れん。

anond:20190124144347

出題者が必ずヒントを出して自分が考える答えに誘導していくようにしよう

答えが複数あるのはかなり問題

WEB小説書いたり小銭稼ぐくらい文章書いてるけど潰滅的に文章力がない

文章を書くのは好きなんですよ。タイピング速度の限界ぐらいまではつらつらと書けるっていうか。

ただ変換とか苦手なので、そこまで早いってわけではないですが。

ほらもう横道に逸れた。

自分でも自覚してるんだけど、(これ推敲したら自分自覚で被ってるから駄目ですね、なお本稿は無推敲文章力が無い。

一度、自分の書いた小説(初期作品)を感想掲示板みたいなとこで評価依頼出したら、くそほどダメ出しされた。

元々一文が長くなりやすく(当時は西尾維新さんとかむらかみはるきとかの影響も受けてたから余計)、そして前後の繋がりが悪かったり、途中で言いたいことが変わってしまったりして。

自分では繋がってるつもりなんだけど、冷静に読み返すと確かにナーと思ったりもした。

で、もう文章力の向上はある程度諦めて(いちいち文章として正しいかとか考えてたら折角のアイデアが消えてしまう、思いつき派の書き手なため)推敲をある程度頑張るようになったり、まあそれでもあんまり改善されないんですが。

人気出たWEB小説書いたときはその時の流行でもあったので、会話、3行ぐらいで短文の地の文、会話、みたいなのを繰り返すスタイルにしたら結構読みやすいと評価を得た。

でもこれって、文章が上手くなったわけではなく、料理で言うと味つけをシンプルにしただけで。

肉を醤油みりん、酒、砂糖とかで味つけしたらやっぱり美味い下手って出るじゃないですか。

でも塩胡椒だと差が出ないみたいな。

自分では味のある文章だと思ってて、ウケを狙わず好きなことを好きなように書くときは、長文多いんだけど、そんで自分では意味が通ってるつもりなんだけど、やっぱり人からみたら下手な文章なんだろうなって。

あと余計なことを書きすぎるのも悪い癖。

推敲なしの一発勝負で上手で綺麗な文章を書ける人が羨ましい。

人と話す時とかコミュニケーション能力に不便感じたことはないので、伝えることは出来てると思うんだけど、会話だと流されてるところが文章だと読み返して考えたりできるから余計ですね。

まあ、もう何年も続けてるからこれ以上成長しなさそうだし、努力する気はないのでこうやって増田になってるのも暇つぶしなんだけど。

さて、お仕事靴下の銀の小さいやつを折り曲げる)お仕事っと。

anond:20190124142818

ひばり君おじさんおばさんもそうなんだが

個性的政治的なパーソン(婉曲表現)は既存キャラアイコンにしないで欲しいよな

自分で絵を描いて欲しい

anond:20190124143256

そんなあほまんこそんなにおらんとおもう

一番苦労するのが自分なことぐらいわかるやろ

anond:20190124122710

よっしゃ。ちょっとキチガイの真似でもするか!

と言ってる時点で既にキチガイなんだそうな。

統合失調症の人にありがちな振る舞いなんだそうです。

自分自身キチガイな振る舞いを自己正当化するというか、自分キチガイの真似をしているだけで、

本当のキチガイではないのだと自分に言い聞かせて心を落ち着かせるみたいな仕組みらしい。


そもそも、正常な人はキチガイの真似なんてしないもんねw

とあるアニメイベントにて、人生を感じた。

そこそこ長いです。

この前、とあるアニメイベントに行った。

よくある中2病ハーレムラノベアニメ化したものだったが、そこそこクオリティが高く、面白かったので、イベントに行った。

イベントは、アニメの名場面振り返りや、アニメに関するクイズ大会など、まぁ定番な感じではあったが、それなりに盛り上がっていたとは思う。

自分も、こういうイベント自体は久しぶりだったので純粋面白かった。

これも定番かも知れないが、口々に「本当にみんな仲が良くて~」と言っていて、実際声優同士の会話の距離感は近かったと思う。

バラエティコーナーで、若手の声優が若干スベったり、どうしていいかからない空気になった時、ベテラン声優が助けに入ったりしているのを見て、なんとも言えない温かい気持ちになったものだ。

そして、最後OPED声優が熱唱し、一通り盛り上がり切ったところで、キャスト最後あいつの時間になった。

「もし、またこうやって集まれる機会があれば、次はもっと楽しいイベントに……!」

楽しげにアニメの思い出を振り返りつつ、最後言葉は大体こんな感じであったが、その時の顔には、どこか陰があったと思う。

何故だろうと思った時、ああ、と一人で合点した。

もう次がない事を無意識に悟っているからだ、と。

円盤は1500枚も売れず、話題性も薄い。

原作コミカライズ粛々と進行するだろうが、それ以外のメディア展開は恐らく望めない。

キャパは1000人くらいの小さい会場だが、多めに見積もっても700人くらいしかいなかったと思う。

そして、二期の発表はなかった。

夢を見せて幻想物語を売るのがアニメ漫画だが、現実非情だ。金を生み出さなければ消える。消えてしまう。

次はない。もう二度とこのメンバーで集まって何かする事はない。

それが分かっていながら、それでも「また次があったら」と言う。

ああ、と思った。これが人生だ、と。

大学生が言う「今度飲もうぜw」

遠い所に転校してしま友達に言う「絶対また会おうね。毎月手紙書くからね」

それらと同じだ。とりあえずその場を収めるための言葉だ。

本当にそう思って言う人もいるかも知れない。ただ大体の場合、その思いや熱は、いつの間にか散ってしまう桜のように、どこかへと消えていってしまものではないか

こんなに楽しいイベントだったのに、アニメあんなに面白かったというのに。

もう二度と、この時間は訪れない。もう二度と、キャラクター達が画面の向こうで活躍する新たな姿を見ることはできない。

そう思い至った時、なんとも言えない切なさと悲しさに、息が詰まりそうになった。

泣きそうになった。

帰りの電車に揺られている時、それらの事実にどうしようもなく寂しくなった。

ただ、ただだ。

過ぎ去っていく過去や、楽しかった時間いくらすがっても、時は進む。日々は続く。

きっといつか「またこうやって集まれる機会があれば」なんて言葉は忘れてしまうかもしれない。

俺のこの気持もきっと一週間もすれば――いや、3日も経たない内に忘れてしまうかもしれない。

ただいつの日かふと、アニメを見返してイベントの事を思い返し、「あの時は楽しかったな」と思い出せる事だろう。

世界の無情さも、現実非情さも、社会残酷さも関係なく、純粋な思い出として俺の胸で生き続けてくれる。

それだけは誰にも奪えないものだ。

それだけは、この世界で、現実で、社会の中で、なんとかもがいて生き続けている俺たちへの、人生からのご褒美なのかもしれない。

自分でも良く分からない、まとまりのない文章になってしまいました、すみません

「ジジババ」と「若者」を全く関係がない上に敵対するもの、と思い込んでる奴って

反抗期の子供なのか

それとも自分の親が毒親から親=クソ、みたいな奴なのか

普通大人だったら「ジジババ」≒「自分の親」→「親が持ってる財産はいずれ自分のもの」って感覚だよな

それを「(不特定多数自分以外の)若者に分け与えろ」なんてのに賛成するわけないじゃん

anond:20190124135451

ダウン症平均余命50年超

痴呆症平均余命10年超(アルツハイマーは5年未満)

ダウン症一般自分資産持ってない

痴呆症一般自分資産介護保険納付歴もある


ダウン症は余命だけで言っても痴呆症の5倍有り、それだけ社会負担インパクトがある

痴呆症はそうなる前に働いたり消費したりして社会に貢献する期間が50年ぐらいあるのに対しダウン症は生まれときから特別支援ケアを終生必要とするしそもそも働けない人も多い

更にいうならダウン症は発生予防法が確立してるが痴呆症はそうではない

anond:20190123231432

ほんとにフェイクだとしたらラノベ作家の下手な文章再現がとてもよくできてる。フェイ宣言自体フェイクだとしてもやはりラノベ作家の書く文章は下手だなというか。文章下手なのにラノベ大好きはてな民は「さすがプロ文章うまいなあ」などと絶賛してしまう。

今のはてなはまともな本を読んだことがないやつ多すぎる。ラノベオタク巣窟であるはてなは「インスタントな知」とでもいうべきもの支配されてる。ラノベオタクと話をするとわかるが、彼らはウィキペディアで今知ったような知識ネットで何の根拠もなく垂れ流されている説を平気で語り出す。当然諸分野に対する理解が浅いので話は噛み合わないのだが、彼らは自分知識教養人だと思い込んでる。

こういう安い態度がラノベ信者たちの「インスタントな知」であり、とても問題のあるものだと思う。

部下と二人きりで残業してたら告白された

どうしてもその日中に終わらせないといけない仕事があって、部下のK子(超巨乳)と残業してた。

 

他の社員がどんどん帰っていき、最終的に二人。深夜だ。

やっと仕事が終わって片付けをしながらK子と「がんばったねー」など雑談してたら、突然

わたし、○○さん(俺)のこと好きなんです」

と言われた。

顔を見たら真面目。

会社には誰もいない。

たぶんキスしようとしたらいける雰囲気

 

でも、

でも、

自分には妻もいるし、

「ありがとねー、ハハハハ」

と、あくまでも冗談として受け取った感じで逃げるように帰った。

キドキした。

もちろんK子とはその後はなにもなく、普通上司と部下に戻った。

 

数年前の話だけど、いまだに思い出して

「あのときキスしたらどうなったんだろうなー」

バタバタしてしまう。

ふふふ副業

数年前、所属するプチブラック会社の業績が悪かった時、くそ上司から

「なんか儲かるアイデア持ってこんかい!この役立たずが!」

てな暴言を受け(いやそれ上司仕事だろ)

儲かるアイデア考え、もちろん上司には言わず自分副業にした。

それが軽く当たって家計は潤ってるのだけど、その後上司左遷され、会社ホワイト化したので、なんか後ろめたく副業してる。会社情報ちょっと利用してるから罪悪感があってここに書き捨て。

通ってた町医者が反ワクチン主義者だった

インフルエンザワクチンとかなら、(例えば若い男性とかなら)接種する必要はないという考えもまだわかるのだけど、彼は種々の小児ワクチン否定していた。

皆がワクチンを接種していることによって感染が防がれ、この国の安全性担保されている、というのが私の認識で、それが医者共通認識でもあると考えていたのだけど、そう思わない医者一定数いるのだろうか。

それとも、みんなワクチン接種してるから自分だけは、自分の子供だけは別にしなくてもよいと考えているのだろうか。

それともたまたまハズレを引いてしまったのか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん