「パジャマ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パジャマとは

2018-05-22

眠れない

最近眠れないのだ

つらたにえん

彼女が一足先に社会人となって、

会う頻度がめっきりと減った。

それまでは自分一人暮らしの部屋で、

ずっとパジャマ姿でくつろいでいてくれたのに。

ストレス半端ない

将来の不安もそうだけど、

なによりも彼女と過ごす時間が短すぎる…

土日じゃ全然足りない。

2018-05-15

夢の中でセックスしてたら射精と同時に目が覚めた

パジャマにしてたハーパンに精液がぶっかかってたんでティッシュで拭いた

拭きながらブラウザ開いてはてな見たら俺のはてブアカウントお気に入られ数が27億とかになってた

そのあと女の子が現れて「なんで夢だってわかったの?」って聞かれたので「俺こんなにフォロワーいねえもん」とか言いながらセックスした

はてブで偽りの目覚めを見破るというのは流石に初体験だった

2018-05-14

このあいだ数十年ぶりにおもらしした。

アニメとかで夢の中でおしっこしたら現実でも漏れてたってシーンよくあるけど

あれは寝言でもう食べられないとかそういうお約束とか分かりやす記号なんだと思ってた。

マジで夢でもおしっこするんだなあれ…

しかし流石は大人になったというべきか、夢の中でもこの気持ちよさに負けたら大変なことになる!っていう危機感が働いて急速に覚醒してから途中で栓を閉めることができた。

そのお陰か布団への被害は無し。

汚れたパジャマ洗濯かごへ入れ、着替えて寝て、朝何食わぬ顔をして家族おはようと言った。

昨日とパジャマが違うことに気付かない鈍い家族で助かった。

父親尊厳は守られた。

2018-05-13

お母さんのにおい

めっちゃ好き とっても安心する

なんか甘いような香ばしいような優しいにおい。

小さい頃は母親衣服を抱いて寝ていた時期がある

なんだっけ?スヌーピーにそういう子おったよね?

でもここ数年でそのにおいがしなくなってしまった。さみしい

と思っていたら自分パジャマから若い頃の母親のにおいに似たにおいがするようになってめちゃくちゃ驚いた ママーッ!!!

というかつまり母親自分を産んだ年齢になってしまったという事なんだけどね…

お前がママになる年齢だよ…

から最近自分寝床がとっても落ち着くにおいだったのだけれど

こないだ風邪引いてそのにおいも分からんようになってしもうた

しかしたら風邪の時って体臭変わるから一生懸命風邪菌を白血球が殺してくれてにおいが変わってしまったのかもしれんけど

あーーーあのにおいをすんすんしたい

2018-05-12

パジャマしか性的に興奮しない

パジャマという衣服のものしか性的興奮を抱けない。

生身の人間に対する性的欲求は一切ない。

エッチな本を読んでも特に興奮しなかった。

時々パジャマを着て自慰行為に及んでいる。

「今パジャマを着ているんだ」というシチュエーションで股間の逸物が怒張し、白くてイカ臭い液体が発射される。

パジャマのものを目の前において自慰行為に及んだことだってある。

ヤフオクとかで拾った写真をもとに、自分がそのパジャマを着ているところを想像して自慰行為したことも多い。

とにもかくにも、パジャマという衣服のものしか性的に興奮できないのだ。

 

それに比べたら同性愛とか両性愛とかノーマル範疇

LGBTなんて普通なんだからとっとと権利保障しろよ。

同じ人間性的欲求を抱くだけまだ正常なんだよ。

2018-04-25

寝るとき何着てる?

ちゃんパジャマ着た方がいいらしいぞ。

睡眠の質が上がるらしい。

2018-04-21

詩織愛海の「らぶ!」」第38回4月22日放送 レゴランドの話書き起こし

詩織「この番組は海を愛する…… 瀬名詩織と」

愛海「お山を愛する棟方愛海が」

詩織「新たな愛を見つけるラブ発見型新感覚ラブリーラジオです」

愛海「この番組は磯端交流提供でお送ります

詩織「……赤福、お醤油味のみたらし団子、鬼まんじゅう

愛海「なんですか急に? 今食べてる赤福だけじゃ不満ですか?」

詩織「……先週みたらし団子だったでしょ」

愛海「そうでしたっけ?」

詩織「先々週は、鬼まんじゅう

愛海「おいしいよね」

詩織「……あなた、なにをそんなに東海地方に行く予定があるのよ」

愛海はい?」

詩織三重岐阜名古屋東海お土産ばかりじゃない」

愛海愛知ね」

詩織「……ははーんだわ。あれでしょ、お嬢さんをくださいでしょ。智絵里ちゃん三重県だものね」

愛海詩織さんの恋愛脳極まりだよ。たまたまだわよ」

詩織「だわよて…… じゃあ何でそんなにこの地方お土産ばかり……」

愛海レゴランドでの営業お仕事がうちのプロダクションに毎週あるんですよ」

詩織「……なにそれ。なにその面白くなさすぎて面白そうなお仕事

愛海レゴランドに失礼の極みだよ!」

詩織「……じゃあなによ。レゴランド楽しいわけ……?」

愛海「聞いてください! この間、休憩時間レゴでできたスパイラルタワーの近くで朋さんがくつろいでたんですよ! これじゃあ名古屋占いカフェ名駅店の再現じゃないですかー! もう思わず、ラの壱食べたくなっちゃいましたよー! げらげらー!」

詩織「もう…… 固有名詞が何一つわからないわ」

愛海詩織さんひどいよ! 藤居朋さん知らないんですか? 我らが346プロの同僚ですよ!」

詩織「……知ってるに決まってるでしょ。同い年だし」

愛海「え? じゃあそれ以外に難解な固有名詞ありました?」

詩織「藤居朋を難解な固有名詞判断しことが…… もはやあなたの失礼さの象徴よ……

他にないわけ…… レゴランド面白……」

愛海「じゃあもう、時子さまがコメダのKOMECAを持ってるだけでなく金シャチ会員だったこととが一番面白かったです」

詩織「……レゴランドいっさい関係ないじゃない。あとそれ…… ここで言ったことバレたら……」

愛海「……間違えました。仁美さんでした」

詩織「それじゃあ面白くも何ともない普通エピソードよ……

レゴランドはともかく…… そうも地方巡業ばかりだと大変そうね……」

愛海ホテルで泊まったりするの楽しいですよ? あっ!」

詩織「……それはパジャマパーティー的な?」

愛海「同部屋になることはあまりないですけどね。家でも寮でもないところで夜に友達と一緒ってウキウキしません?」

詩織「……わからなくもないけれど。ほら…… 私ってアイドルときは蒼いところあるから…… あのノリでいるの疲れるのよね……」

愛海「そうなんですよねー、あたしのピンクっぽいノリを要求されるの疲れちゃうんですよー」

詩織「……ピンク意味意味深すぎるし、あなたピンクっぽいノリは間違い無くありのままから心配しなくてもいいわよ……」

愛海「もー」

2018-04-12

娘とチーズ

2歳の娘をパジャマから保育園の服に着替えさせないといけない。

「みっっっきぃぃぃがいいのぉぉぉぉぉぉ」

ミッキーマウスパジャマを頑なに脱ごうとしない。

強引に脱がす。

「みっっっぎぃぃぃぃ」泣き叫ぶ子供

俺のことを叩きながらパジャマを取り返そうとする。

チーズ」と唱える。

一瞬泣き声が緩むがまだ泣いてる。

冷蔵庫からさけるチーズを取り出す。

娘の目がチーズに奪われる。

バター醤油味」追い打ちをかける。

「食べる」泣き止む娘。

「服着てから食べるか」

「うん」

チーズにつられて誘拐されないか心配

2018-04-10

昔のAVをもらった

昔と言っても90年代ぐらいだと思う。

VHSDVD-Rダビングしたようなやつで、タイトル不明

感想というよりは内容の羅列になってしまった。

1本目

安達祐実っぽい三つ編み赤メガネっ子が薄暗い部屋で座ってる。

6畳ぐらいの職員室みたいな部屋。

先生「生徒の親たちもみんな心配してるんだ」

ダビングが雑なせいでいきなりここから始まる。

先生「いい加減に居所教えてくれないか。彼らのためにも。」

メガネ「言えません。どうしてもそれだけは」

倒置法会話。

鐘のような効果音不安を煽る。

次の瞬間、いきなり女の子パンツ一丁でおっさん二人に囲まれて体中舐められるシーンに。

メガネ取ったせいか同じ子かすら分からん

こじるりを素人っぽくした感じ。

胸は普通ぐらい。

若そうなだけあってプリンみたいにぷるんぷるん揺れる。

モザイクがめちゃくちゃ濃い。

白い丸の中にモザイクでぼやっと見える感じでほぼ見えない。

パンツ履いてるか、足で局部が隠れてるシーンの方がエロい

冒頭のストーリーには全く触れず。

2人とも口周りに出してfin

ぷるんぷるんの胸は良かった。

2本目

セーラー服(冬)の子パンチラしながらこっちへ来る。

吉行和子西田ひかるを足して2で割ったような?90年代女の子

上手く例えられないけど、悪くはない。

ブランコジャングルジムで遊んでる。

主にパンチラシーン。

ぶら下がってブラもがっつり見せる。

ボールを蹴ると森の中へ(唐突

がっつり山奥。

ちょっとひらけたところにマットがある。

どうぞ着てくださいとばかりに体操服が置いてある。

体操服がキラキラリンッ☆とマットから胸まで舞い上がってきた。

着てみる…か…(首をかしげる)

ちなみにボールはマットの横にある。

森の中で普通に着替えちゃう

白いレースでザ・ノーマルな感じの下着。

お腹までしっかりブルマを上げる。

せっかくのマットだ。でんぐり返しでもしてみるか。

足開くじゃん。そこで誰かが枝でおまたをつんつんし始める。

でも人はいない。

ってか枝が浮いてる!?

女の子もムラムラしてくる。

ブラでけぇなとは思ってたけど本当にデカい。

その割には乳首ちっちゃくて綺麗。

風がビュービュー吹いてる。寒そう。

木を支えに膝立ち。良いですね。

果ててしまうとマットにゴロン。

あ、頭上にボール…あったわ…(おわり)

ところ変わって台所。

主婦役もいけるぐらいだから30近くかもしれない。

ホットケーキを作るみたいだ。

牛乳無かった…んだ…」

愉快な音楽が流れ始め、おかあさんといっしょみたいなスタジオで牛のパジャマ着てる。

ハイハイして牛っぽくなってみる。

おっぱい出してモミモミ(真顔)

なんと、明らかに母乳じゃない太さの白い液体が出たではないか

すごく楽しそう。

さぁ牛乳できたーっとホットケーキミックスにin。

パッケージがこっち向いてるせいかホットケーキミックスのCMにもいけそう。

男が窓から覗いてる。

「また見てるあの子ちょっとからかってみるか」

おもむろにスカートを降ろしておぱんつ丸出し。

テーブルクロスありがちなおばさんっぽい花柄

しばらく様子を見て、部屋にお招き。

パンツ一丁にされて両腕を縛られる。

奥様「あんはいつも覗いてばっかりで…それで満足?」

呆れつつホットケーキを食う。

こんな奥様になら捕まってみたい。

奥様「ちょっと食べてみる?」

野郎「いや…ケーキちょっと…」

そこ拒むとこ!?

ホットケーキ嫌いな人なんて初めてだ。

奥様「違うわよー。私をよ。」

おっぱいポロン。乳首蜂蜜を付けた。

ベタベタになるんじゃないの…

ぺろぺろされながら両腕をほどいてあげる。

ベッドに押し倒される奥様。

男「もうしっとり染みてきましたよ…ここにも蜜が…」

うるせぇよw

モザイクが男の顔も隠れるぐらいデカい。

もうパンツ履いといてくれ。

おっぱいの揺れが凄い。こいつは中に出す。

事後、またホットケーキを食べるよう勧める。

「えー…」ってうんこ食べる時ぐらい嫌そうな男。

牛乳が違うの。」って違いすぎるわ。

渋々食べると、手のひら返したように「美味い!」

振り返るとさっきの牛のパジャマ姿に。「美味しいでしょ?もぉ~~」(おわり)

このDVDはおじいちゃん遺品整理してたらたまたま出てきた。

見つけたのが俺で良かったね。

2018-04-08

35歳ではじめてセックスした話

35歳まで処女だったがギリシャ人ワンナイトラブセックスをした。

ちんこまんこに入れることは思い描いていたような強烈な体験ではなかったが、今後2度とない体験かもしれないので覚えているうちに書き留めておく。

物語に描かれるセックスはとても魅力的にみえたしそう描かれることが多いように思う。

から興味はあったがセックスには相手必要なのでこれまでする事がなかった。。。でももしかすると性に関して人並みの興味がなかったのかもしれない。

ネット環境があったのにエロ動画を初めて検索したのは30過ぎてからだし、女性オナニーをすることを知ったのは19歳の時だった。

浪人生活中のお昼休み、地下のフードコート高校時代クラスメイトで同じ予備校に通っていた女子自分は性欲がないかオナニーほとんどしないんだと言っていた。

その時に初めて女性オナニーをすることを知った。

なんと返答したかは覚えていないが部屋に帰り下宿先のこたつの上に設置されたノートPCで「オナニー 女 方法」と検索したことは覚えている。

机の角にこすりつけたり、鉄棒に登る等の方法を目にしたがとてつもなく痛そうに感じられて心底驚いた。

そんなことが気持ち良い事になるとは到底思えず信じられなかったが、しかし今にして思うとはっきりと性的気持ち良い感覚を私は知らなかった。

性的イラスト映画を見て乳首が立ったり若さゆえにまんこが濡れまくってパジャマまでびしょびしょになっていたが、それはじんわりとしたものでそれ以上自分の体を触って性的気持ち良さを追求出来るとは夢にも思っていなかったというか発想がなかった。

オナニーちんこを擦って気持ちよくなることだったので、ちんこのない女はできないと思い込んでいたんだと思う。

男性オナニー描写は成人向けでない漫画小説映画に描かれているが女性描写は少なく、完全な成人向けの表現は当時ゾーニングもされず売っていた雑誌の印象が強く、それがあまりにもグロく映ったので手に取りたい知りたいと思う事もなかった。

3大欲求の食欲も睡眠欲も生まれてすぐに自動的に行われて実施しないと死ぬが、性欲はこれが性欲である意識しないとわからない人間もいるし別に死なない。

多分自分はとろい。

これまで自分セックスしたいのかどうかも分からなかった。

男性から好意を示されると全く意中にないと強烈に拒絶しそこそこだと2回のデートまでは合わせるがそれ以降どうしても肉体的な接触に進む事が気持ち悪くなり逃げ出してきた。

なのでそもそも男性セックスがしたくないのかとも思っていたがだからと言ってレズビアンでも無く自認は明らかにヘテロだった。

そして今回初めてセックスしたギリシャ人に会って分かったがセックスしたい人間に会うとちゃん自分発情してセックスしようとしていた。

まりただただ理想が針の穴を通すように小さくこれまでそういう人に出会ってこなかっただけだった。

性欲が沸き起こるというよりはこの男性とならセックスが出来る、みんながしているセックスというものを私も出来るチャンスが来た、という感覚だったので性欲だったのか難しいところだがセックスが出来ると感じれた事は喜びだった。

そのギリシャ人陸上選手大会出場のために来日していた男性だった。

大会中だったので20代後半の筋肉質な非常に良い身体をしていた。それに私は発情した。

セックスする前のただのファン選手だった時に撮影した写真がありその時の自分の表情が見れるのだが、発情のお手本のように頬に赤みが差し瞳孔が開き目がキラキラと潤んでいてすごく可愛い顔だと自画自賛出来るので撮影しておいて本当によかったと見返すたびに思う。

痩せている色白の小柄な星野源華丸大吉が好きだったので肉体に惹かれる事に自分自身でも驚いたが頭で考えたタイプではなく原始の欲求自分に沸き起こった事が嬉しかった。

今回セックスして嬉しかったのは自分にも欲求があるんだとはっきり分かり普通人間になれたと思えたことだった。

世の中にはセックスという美味しい物があり皆食べたがっているしほとんどの人が一度は食べた事があり又男性お金を払えば食べる事も出来るようになっているが、女性にはリスクが大きくまたお金を出して気軽に買えるものでもなく社会的にも恋人とのセックスという物が推奨されているが、それは余りにも手の届かない存在だがしかしセックスしたいしする事が普通人間であり皆セックスの話をするのだ。

私はセックスを食べた事がないので知識だけで得た事をなんと無く言うだけで、セックスの話はあまりしたくないけどした事ないわけではないと言う嘘つき童貞と同じスタンスでいた。

35歳にわざわざセックス話題を振ってくる者はまさかやった事ないとは思ってないので非常に嘘がつきやすい。

20代前半の時は処女かどうかの探りが入っているようでどう答えても気持ち悪かったので出来るだけ嫌悪感をだしていたと思う。

35歳ではじめてセックスした話

35歳まで処女だったがギリシャ人ワンナイトラブセックスをした。

ちんこまんこに入れることは思い描いていたような強烈な体験ではなかったが、今後2度とない体験かもしれないので覚えているうちに書き留めておく。

物語に描かれるセックスはとても魅力的にみえたしそう描かれることが多いように思う。

から興味はあったがセックスには相手必要なのでこれまでする事がなかった。。。でももしかすると性に関して人並みの興味がなかったのかもしれない。

ネット環境があったのにエロ動画を初めて検索したのは30過ぎてからだし、女性オナニーをすることを知ったのは19歳の時だった。

浪人生活中のお昼休み、地下のフードコート高校時代クラスメイトで同じ予備校に通っていた女子自分は性欲がないかオナニーほとんどしないんだと言っていた。

その時に初めて女性オナニーをすることを知った。

なんと返答したかは覚えていないが部屋に帰り下宿先のこたつの上に設置されたノートPCで「オナニー 女 方法」と検索したことは覚えている。

机の角にこすりつけたり、鉄棒に登る等の方法を目にしたがとてつもなく痛そうに感じられて心底驚いた。

そんなことが気持ち良い事になるとは到底思えず信じられなかったが、しかし今にして思うとはっきりと性的気持ち良い感覚を私は知らなかった。

性的イラスト映画を見て乳首が立ったり若さゆえにまんこが濡れまくってパジャマまでびしょびしょになっていたが、それはじんわりとしたものでそれ以上自分の体を触って性的気持ち良さを追求出来るとは夢にも思っていなかったというか発想がなかった。

オナニーちんこを擦って気持ちよくなることだったので、ちんこのない女はできないと思い込んでいたんだと思う。

男性オナニー描写は成人向けでない漫画小説映画に描かれているが女性描写は少なく、完全な成人向けの表現は当時ゾーニングもされず売っていた雑誌の印象が強く、それがあまりにもグロく映ったので手に取りたい知りたいと思う事もなかった。

3大欲求の食欲も睡眠欲も生まれてすぐに自動的に行われて実施しないと死ぬが、性欲はこれが性欲である意識しないとわからない人間もいるし別に死なない。

多分自分はとろい。

これまで自分セックスしたいのかどうかも分からなかった。

男性から好意を示されると全く意中にないと強烈に拒絶しそこそこだと2回のデートまでは合わせるがそれ以降どうしても肉体的な接触に進む事が気持ち悪くなり逃げ出してきた。

なのでそもそも男性セックスがしたくないのかとも思っていたがだからと言ってレズビアンでも無く自認は明らかにヘテロだった。

そして今回初めてセックスしたギリシャ人に会って分かったがセックスしたい人間に会うとちゃん自分発情してセックスしようとしていた。

まりただただ理想が針の穴を通すように小さくこれまでそういう人に出会ってこなかっただけだった。

性欲が沸き起こるというよりはこの男性とならセックスが出来る、みんながしているセックスというものを私も出来るチャンスが来た、という感覚だったので性欲だったのか難しいところだがセックスが出来ると感じれた事は喜びだった。

そのギリシャ人陸上選手大会出場のために来日していた男性だった。

大会中だったので20代後半の筋肉質な非常に良い身体をしていた。それに私は発情した。

セックスする前のただのファン選手だった時に撮影した写真がありその時の自分の表情が見れるのだが、発情のお手本のように頬に赤みが差し瞳孔が開き目がキラキラと潤んでいてすごく可愛い顔だと自画自賛出来るので撮影しておいて本当によかったと見返すたびに思う。

痩せている色白の小柄な星野源華丸大吉が好きだったので肉体に惹かれる事に自分自身でも驚いたが頭で考えたタイプではなく原始の欲求自分に沸き起こった事が嬉しかった。

今回セックスして嬉しかったのは自分にも欲求があるんだとはっきり分かり普通人間になれたと思えたことだった。

世の中にはセックスという美味しい物があり皆食べたがっているしほとんどの人が一度は食べた事があり又男性お金を払えば食べる事も出来るようになっているが、女性にはリスクが大きくまたお金を出して気軽に買えるものでもなく社会的にも恋人とのセックスという物が推奨されているが、それは余りにも手の届かない存在だがしかしセックスしたいしする事が普通人間であり皆セックスの話をするのだ。

私はセックスを食べた事がないので知識だけで得た事をなんと無く言うだけで、セックスの話はあまりしたくないけどした事ないわけではないと言う嘘つき童貞と同じスタンスでいた。

35歳にわざわざセックス話題を振ってくる者はまさかやった事ないとは思ってないので非常に嘘がつきやすい。

20代前半の時は処女かどうかの探りが入っているようでどう答えても気持ち悪かったので出来るだけ嫌悪感をだしていたと思う。

2018-04-06

献身と思いやりの間(追記)

先日結婚し、夫になった人と同居を開始した。

同時に夫は部署が移動になり、定時上がりから急に激務になった。毎日帰りは23時を過ぎる。

結婚前は家事分担について話合ったりもしたが、これでは家事分担どころではない。

結婚前の話でも、きっちり家事折半しようとは思っていなかった。

気付いた方がやる。できる方がやる。やりたい方がやる。

ただしここでいうできる、とはスキルの話ではなく手が空いてる方という意味

どの家事においても俺できないからわかんないからやってよ、というのは勘弁してくれとは話しておいた。

私たち結婚前にも何か月か同棲経験があり(諸事情ですぐに解消したが)

このときは私の方が帰宅が1~2時間早かったが、私ばかりが家事をやり当然のような顔をしているので一度怒ったことがあった。

その際彼は反省していたが、同棲を解消し一人暮らしに戻って考えてみると

私が気をまわしすぎて一人で勝手に疲れて爆発していた感もあったな~と思ったので

これからは私もしたいことだけ、頼まれたことだけしようとひそかに自分ルールを決めた。

しかし蓋を開けてみればこの激務。

私は尽くすタイプでも長女気質でもないのだが、色々してあげたくなってしまう。

お昼出る時間が無いと言われればお弁当作ろうか、とか。(今は自分の分もたまにしか作っていない)

今まで自分でやってもらっていたことでも、いいよやるから置いといて~とか。

言いたくなってしまうし多分今までなら言っていたのだけど

でもこれから毎日これが当たり前になってお礼も言われず当然のような顔をされたら

私は確実に以前のようにイライラして爆発すると思う。

色々やってくれるけど常にイライラしているよりも

最低限の家事でいつもニコニコしていた方がお互いのためにもいいよな~

と思いながら、頼まれるまではこれ以上何もするまいと自分を戒めている。

でもこれちゃんとやってよ~系も非常に言いにくい。

自分で食べた食器を下げるとか洗濯物を出すとかのレベルなんだけど。

これくらいはだまってやるべきかが今の悩みどころ。

激務の方がいたら感想を聞きたい。

ような聞きたくないような。

追記(長い)

いろいろアドバイスや励ましありがとうございます

最初が肝心は本当にいろいろな方面から言われます

この状態が長く続くわけではなく、異動したばかりだからもう少し落ち着け改善する、また何年かでまた異動もしくは転勤するのが慣例だと本人は言っています

子供についても、結婚したのは最近ですが付き合い自体は長いのでそろそろという話はしています。両親が遠方・保育園激戦区・私が薄給キャリア志向ゼロ)と三拍子揃っているので、子供ができれば退職する予定です。ただ子供ができるとも限らないのでできるまでは共働きで頑張ろうと話しています。この状態子供ができて、つわりがひどいようなら共倒れ危険があるので躊躇してしまますが…もうすこし時機を見てという年でもないのでなるようになれと思っています

この状態家事全面的負担するのは仕方がないと思っていて、納得もしているし適度にやっていけるだろうとも思っています

まれたこしかしない、というのは彼のみの事。

先に書いたようなパジャマバスタオルをかごに入れる、彼のみが食べた食器を下げる・洗うとか。

できるできないで言えば私も彼も一人暮らしが長かったので家事は一通りできる。

しろ私よりきれい好き。私は基本面倒くさがりでズボラなので。料理は私の方が得意。

ただ悪気なく私が彼の世話を焼くことを当然だと思いがちな感じがある。

自分で買ってきた牛乳を置きっぱなしにしておいて

後でなんでまだ冷蔵庫しまってないの~みたいなことを言う。(買ってきたの知らなかったし)

カフェが混んでいると席取ってるね~と私がレジに並んでる間座って待っている。

(一度先に座ってて、と言ったから)

要は気付いて気を利かせてやってあげたことがあたりまえになって、なんで気づいてやっといてくれないの!って言われるようになるのが嫌なだけなんですよね。

なんでもやってあげたいけど、やってあげられない時に不満に思われても困るというか。

からそれを助長させてしまわないように、頼まれた時だけと思ってはいるのだけど、いちいちやってないよと指摘するのも気が引ける。(放置しても問題ないものはそうしてるけど)

彼が忙しすぎてそのさじ加減が難しいなあ、という話。

書いていて自分で整理できてきた、ありがとう

2018-04-03

働くために金を使う、外で働くのを辞めると貯金が貯まる

これ本当にそうなんだよな。

外で働いてたときの出費すごかった。

毎日昼飯500円〜2000円(付き合いで行かなきゃいけないときもある)。

夕飯も作れないときコンビニ弁当

服や靴も多少職場向きのものを買う。

靴下タイツなんかも消耗品もすり減るのが早い。

美容院も2ヶ月半に1度くらいは。

マスクなんかも冬〜春は毎日するし、少しでも体調悪いといけないので薬も常備する。

クリアファイルや付箋、ノートなどの文房具なんかも割とよく買ってた。

ひざかけやスリッパ会社用のiPhone充電器、座椅子、小さい加湿器なども。


自宅で仕事するようになって驚くほど出費が減った。

本当に外に出ないし人と会わないか美容院は3-4ヶ月に一度だし、

洋服も会っても着ないから全く買わない。持ってるもので十分着回せる。

前に服買ったの1年前だと思う。それも3、4回しか着ていない。

基本的パジャマで寝てパジャマで起きてそのままPCに向かって仕事をしている。

しろパジャマいっぱいほしい。

ご飯ももちろんすべて自炊なので安く上がる。

付き合いのランチ飲み会も一切ない。

加湿器だってデカイのがひとつどーんとあるスリッパだって

ひざかけはいらなくて、そのへんにある薄い毛布を適当に被ったりしてる。

金を本当に使わない。基本的な食費と趣味のもの少し。そんだけ。

2018-03-29

無印ボーダーT

パジャマ代わりに使ってるので外で見かけると「うわーあの人パジャマで外出してるー」と思っちゃう

2018-03-25

anond:20180324010631

おほ、天才!と思い実践してみたのですが、タオルパジャマだとダメみたいです。。。

温度かな?湯たんぽ入れてみようかな。

2018-03-24

anond:20180324010226

別のパジャマタオルでも入れて

にせ腕枕で誤魔化してみてはどうか

騙されるかなあ

ねこ

2018-03-22

ガスが止まったからあと1時間で振り込みしないと今日風呂入れないのにやる気が起きなくていま家でパジャマ

だれか力を分けてくれ

2018-03-19

仕事がつらい

うつ病から復職して半年足らずで社内に全例のないプロジェクトに投入された。

2ヶ月後リーダー退職カバーに入ると約束したはずの管理職は口だけで何もしない。

自分作業だけでも大変なのに調整事や管理もさせられるはめになった。もう一人のメンバーはまだ若くやはり自分作業外に関心を持つ余裕なんてない。カバー必要

上司問題が起きてるのはわかっているけど実験だと思って頑張ってほしい、と言う。そうだね、あんたはつらくないもんね。

起きると寝汗でパジャマがぐっしょり、頭痛がひどく吐き気もする。

週の半分ほど会社に行けず、関係部署から苦情が出ているらしい。知るか、おまえら失策のしわ寄せ食ってるんだ。

ボロボロになりすぎてからやっとプロジェクト外そうという話になったらしく、どんな仕事に興味があるか聞かれた。

もうあんたの下で働きたくない。ふざけんな。

2018-03-16

ギザギザだいすき

服飾的に何という名前なのか知らないけれど、服の袖口とか裾のギザギザした部分を撫でるのが、子供の頃からまらなく好きだ。

「さりゅっ…ざりゅっ…」って撫でていると不思議快感安心感があって、手持ちぶさたになると、つい触ってしまう。

行儀悪いけど、パジャマとかスウェットとかだと、寝てるとき無意識に唇でもやってたりする。

ギザギザ部分が擦り切れて薄くなってしまった服もある。

ギザギザは幅が広すぎても狭すぎても、溝が深すぎても浅すぎても気持ちよくない。

いい感じの全面ギザ生地の服来てる人見ると、思わず二の腕とか撫でたい衝動かられる。撫でないけど。

あと、服ではないけど、長時間はいハイソックスを脱いだときふくらはぎにできる跡なんかもたまらない。どぅるどぅる感を求めて、つい撫でてしまう。

他人にはあまり理解されないんだけど、何なんだろうこれ。幼少期の体験か何かだろうか。そっち方面気持ち良さとはまったく違うんだけど、フロイト先生的な案件だったりするのだろうか。

まぁ何にしろギザギザだいすき。

屁のにおい

布団のなかでパジャマに手を突っ込んで屁をこいたときのにぎりっぺをかいてみた

肛門のにおいした

てっきり腐った卵のにおい期待してたのに

2018-03-15

ノーブラパジャマ着て寝るんだけど

夢の中で「ハッ、私外にいるのに真っ裸だ!」って気づいて困ったあと目覚めることがよくある

動物園内で下着なしでバスタオル巻いてたり

露出願望無いのに

2018-03-14

家の中では靴を脱ぐ、履く分かれ目って何?

別に、よその文化文句つけたいわけじゃないことだけ、前置きしておく。

単純な疑問だ。

日本じゃ靴を脱ぐのが普通だけど、そうじゃない国もある。

国によっては、家庭の采配で、靴を脱ぐか脱がないかに分かれたりする。

うちは日本によくある、玄関で靴を脱ぐ家庭だ。

ちなみに留学経験はない。

逆に家の中でも靴を履く家庭って言うのも、少数だが日本にもあるかもしれない。

だが外国でも室内でカーペットを敷いて、泥で汚れたら定期的にクリーニングしていると聞いてから「なんでだ?」と思った。

なぜ汚れるようなことをしているのか、意味がわからない。

土足なんだから汚れるに決まってる。

逆になんで汚れるのがいやならカーペットを敷いているのか。

クリーニングするということは、きれいに保ちたいということじゃないのか?

ますます訳がわからない。

外では何を踏んでいるかからない。

酔っ払いゲロとか犬の糞とか吸い殻とか、目を背けたくなるものも大量に踏んでいるはずだ。

バスルームではどのタイミングで靴を抜いでいるんだろう。

靴下はいつ履き替えているのか。

寝るときバスローブやパジャマに着替えるとき、どうやって着替えるのか。

水虫や足の臭いが、ものすごいことになっていそうだ。

考えれば考えるほどわからなくなった。

靴を脱ぐことそのものに抵抗を感じて、よその家で靴を脱ぐように言われたら、帰ろうとしたという話も聞いた。

結局、ビニール袋で靴ごと足を覆ってから家に上がった、なんていう話を聞いたら、さらに分からなくなった。

もやは靴をはき続けることにこだわっているというか、靴は体の一部だと思っているらしい。

靴を脱ぐことは裸になるのと同義、というぐらい恥ずかしいことだと、考えているみたいだ。

プール海水浴の時、どうしているんだろう。

靴を履いたままでいる外国人なんて見たことないぞ。恥ずかしくないの?

それとも、水泳の時は「それとこれとは別」なのか?

じゃあ逆に、なぜ土足で家に上がることにこだわりを感じるんだ?

その羞恥心水泳の時だけ消える都合のいいもの

謎だ。

出かけるかどうかの迷い

休みの日は一日中パジャマズボラ

今日は14日だからシャンテが安い。

グレイテストショーマン見に行こうか迷う。

2018-03-11

フライデーナイトファンタジー

ざっと25年から30年ばかり前の話だ。

小学生の俺は東北地方都市で、家族4人の次男として暮らしていた。

家は特に貧しいわけではなく、無駄遣いはできないにせよ不自由なく暮らせるレベルだった。

当時ファミコン大人気だったがうちにはなく、

テレビは小さいカラーテレビが一台だった。

そこそこ厳しめの家で、テレビを好きに見せてはくれなった。

一週間に一度、ドラえもんだけ観ても良い事になっていて、いつも兄と見ていた。

ときおり、金曜ロードショー面白そうな映画があると、見ても良い事になって父母も入れて4人で見た。

金曜ロードショーが終わるのは夜11時で、その時間まで起きていると夜更かしなので、

金曜ロードショーが始まる前に夜ご飯と歯磨きと風呂を済ませて、パジャマで見る事になっていた。

見終わったらすぐ寝るためだ。

特に冬は東北寒いので、ストーブをつけた部屋で、毛布をかぶって見る事もあった。

金曜ロードショーは開始時にフライデーナイトファンタジーという曲が流れる

それが始まったら、「はじまったよー」と呼ばわると、家族が集まって来て皆で見始めた。

解説水野晴郎淀川長治だった。

CMになると、その隙にトイレに急いで行った。

廊下は暗くて寒かったが、急いで用を足して急いで戻り、また毛布にくるまった。

俺はそんな時間がすごく好きだった。幸せだった。

土曜日半ドンだが学校があり、クラスでは金曜ロードショーの話に花が咲いた。

いつしか時は流れて、今家族は別々に暮らしている。

有難い事に父母も兄も息災で、兄は所帯を持ち子供がいる。

たまに実家に帰る事はあるが、もう一緒に金曜ロードショーを見る事はない。

動画はいつでもどこででも見られるようになり、トイレに行きたければCM時間を気にする必要もない。

あの幸せだった時間は二度と帰ってくることはないが、その代わりに別の幸せ時間もある。

ただそれだけの話。

四半世紀前の中流家庭の子供が、何を楽しみにして、何を幸せとしていたのか、なんとなく書いておきたくなって書いた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん